プロメテウスの第2の火


 

2012年8月13日 (月曜日)

 

プロメテウスの第2の火

 


(promethe2.jpg)

 



(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。どうして急に「プロメテウス」などを持ち出してきたのでござ~♪~ますか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、昨日、バンクーバー図書館で次の4冊の本を借りたのですよ。


(lib20813.gif)

番号のふってある4冊でござ~♪~ますか?

その通りです。

つまり、3番の『プロメテウスの罠』を読んだのでござ~すわね!?。。。それで、そのタイトルをもじって「プロメテウスの第2の火」としたのですね!?

あれっ。。。卑弥子さんは見かけによらず、頭がいいんですねぇ~。。。うへへへへへ。。。

下卑た笑いを浮かべないでくださいなァ。 これでも京都の女子大学で「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授なのですから。。。んもおお~~。。。デンマンさんは昨日借りたとおっしゃいましたけれど夕べ読んだのでござ~ますか?

そうですよ。。。夕べ午後8時に読み始めて今朝の午前4時までかかって『プロメテウスの罠』を読んだのですよ。

それで急にこの記事を書きたくなって国際電話であたくしを呼び出したのですか?

その通りですよう。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいなァ。 日本はいったい何時だと思っているのですか?

バンクーバーは、現在8月12日の午後1時だから。。。日本時間にすると。。。ええとォ~。。。13日の月曜日、午前5時ですね。 うしししし。。。

笑っている場合ではござ~ませんわ! プロメテウスの事がそれほど重要なのでござ~ますかあああ?

もちろんですよ。

それで。。。、それで。。。。、月曜日だというのに、あたくしを午前5時に目覚めさせたのでござ~ますかあああ?

いけませんか?

どうして。。。、どうして。。。「プロメテウスの第2の火」がそれほど重要なのですか?

あのねぇ~、僕は何も今朝の午前4時までかかって1冊の本を読み終えるつもりではなかったのですよ。

誰も8時間もかかって読みきれ!と命令したわけではないのでしょうに。。。 んもおお~~。。。

もちろんですよ。

だったら馬鹿みたいに一晩かかって読むことはないではござ~ませんか! 明日、地球が滅亡するわけでもありませんわあああ!

あのねぇ~。。。僕だっていい加減にして寝ようかと思いましたよ。 でもねぇ~、読んでゆくうちに目がさえてきて手が離せなくなってしまったのですよう! 1冊読み終えたら午前4時だったのです。

それから8時間近く眠ってお昼前に起き出してバンクーバー図書館からあたくしを呼び出しなのでござ~ますか?

そうです。。。いけませんか?

いけませんわよう! んもお~。。。で、いったい何がそれほど重要なのですか?

だから、「プロメテウスの第2の火」ですよう!

原子力の火ですか?

その通りですよ。 原子力の火が日本を滅ぼすのですよう!

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいな! その程度のことで日本は崩壊しませんわよう! オーバーですわよう! 過剰反応ですわ! そんなことであたくしを午前5時に起さないでくださいな。

あのねぇ~、『プロメテウスの罠』の最後に次のように書いてある。

東芝社長の佐々木則夫は13日午前11時すぎ、執務室で首相の菅直人に会った。
菅が招いた日比野靖も同席した。
佐々木は「2号機、3号機も爆発する可能性があります」と答えた。
菅「建屋の天井に穴を開けて水素を抜けませんか」
佐々木「火花で爆発する可能性がある。 高圧水で切断しましょう」
14日にその準備が整ったが、3号機は爆発した。
間に合わなかった。

日比野は官邸の印象を語る。
総理に助言すべき組織が機能せず、当事者意識が欠如していた。 組織の都合が優先され、必要な知識を持った人間が役職にいなかった

東電社長の清水正孝に会おうと広報課長の長谷川和弘に取材を申し入れたが、応じてもらえなかった。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています)


257ページ 『プロメテウスの罠』
著者: 朝日新聞特別報道部
2012年3月26日 第3刷発行
発行所: 株式会社学研パブリッシング

僕は本を最後まで読んで、日本は一体どうなってるんだ?とマジで危機感を覚えましたよう。 大体、首相官邸で菅総理を補佐しなければならないはずの大黒柱である原子力安全委員長・班目春樹氏と保安院長・寺坂伸昭氏の二人が全くの「昼行灯(ひるあんどん)」で、その辺を歩いているミーハーと全く変わりがない! 原子力について一般人と変わりがないような知識しか持ってない! 僕は読みながら呆れてしまいましたよう。

つまり日本を動かしている政府の中枢が福島原発以上にヤバくなっていたとデンマンさんはおっしゃるのでござ~♪~ますか?

その通りですよ。 官僚の一人がすでに次のように指摘していたのですよ!

役人たちが暴走する仕組み


(longhn1.gif)

現在の霞ヶ関の最大の問題は、繰り返すが、官僚が本当に国民のために働く仕組みになっていない点である。
官僚志望者の大半は、国民のために持てる能力を発揮したいと望み、官僚を目指す。
ところが、この純粋無垢な気持ちは、いつの間にか汚濁(おだく)にまみれてゆく。
そういう構造的な欠陥を現在の官僚機構が宿している。

 (中略)

省利省益の確保と縄張り争いに血道(ちみち)を上げ、(省内職員のためで、国民のために働かない。) 職員の生活が豊かになっても、国民の誰も賞賛はしないどころか、それは悪でしかない。

 (中略)

霞ヶ関では「先輩に迷惑がかかる」ようなまねは一切許されないのだ。
年功序列による負の連鎖は連綿と続いており、若手が改革案を実施したいと考えても、現役の上層部だけでなく、OBからも圧力がかかり潰される。

核燃料サイクルに反対した若手官僚3人が左遷され、うち一人は経産省から退職を余儀なくされたこともあった。
電力業界の逆鱗(げきれん)に触れ、OBからもクレームがついたのだろう。

公務員制度改革に賭けた原英史氏、埋蔵金をはじめとする数々の霞ヶ関のカラクリを暴(あば)いた高橋洋一氏、小泉改革を支えた岸博幸氏ら、改革意欲に燃える能力の高い役人は結局、自らの組織を見切るしかなくなるのだ。

…国民に対して、結果を出さなければ責任を取るべきなのに、悪事を働かない限り降格もない。
年金がなくなっても、歴代の社会保険庁の長官は、いまだに天下りや渡りで生活が保障されている。

実績は関係ないのだから、国民のために働こうという意欲はどんどん失(う)せていく。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


146-150ページ 『日本中枢の崩壊』
著者:古賀茂明 (経済産業省官房付
2011年6月30日 第5刷発行
発行所: 株式会社 講談社

暴走も何もあったもんじゃない! 危機管理を正常に行うべき原子力安全委員長・班目春樹氏と保安院長・寺坂伸昭氏の二人が菅総理の足を引っ張っていた。 だから、菅総理も最後にはこの二人から離れて独自の情報網を構築しようとして友人の日比野靖氏を呼んだわけですよ。 ちょうど、僕が午前5時に卑弥子さんを電話でたたき起こしたように。。。うへへへへへ。。。

笑ってる場合ではござ~ませんわよう。。。そんな事はもう日本では誰でも知っていますわよう。

マジで。。。?

政府に対する不信感。。。福島原発を管理する東電の重役たちに対する不信感。。。そのような事は今に始まったことではござ~ませんわ。

あれっ。。。卑弥子さんも知っていたのですか?

もちろんですわ。 日本は今ひどい事になっているのですから。。。

マジで。。。?

でもねぇ~、日本では相変わらず福島原発に懲りてないじゃありませんか!

デンマンさんはどうしてそのような不埒(ふらち)な事をおっしゃるのでござ~ますか?

だってぇ、僕は6月に次のようなラジオニュースをバンクーバーで聞いたのですよ。


(judge12.gif)

原子炉の稼動を許可する法案が日本の国会で可決されました。
去年の3月11日の福島原発事故以来、日本のすべての原子炉は停止しておりましたが、この法案が可決されたことにより西日本の大飯原発の原子炉がまもなく稼動の予定です。


バンクーバー AM Radio 1130 ニュース
2012年6月16日(土曜日) 午前9時20分
(日本時間: 6月17日午前1時20分)

福島原発で日本人は懲りているはずなのに西日本の大飯原発の原子炉がまもなく稼動の予定ですと。。。そう言ってましたよ。 地震の多い日本で原発を稼動すること自体が問題なのですよ!

でも、石油資源の乏しい日本では原子力に頼る以外にないのでござ~ますわ。

大体世界で唯一の原子爆弾の被爆国である日本が原発開発すること自体が間違っている! 被爆の恐ろしさを身をもって実感した日本人が、今度は原発によって自ら被爆している! こんなバカバカしい事が許されていいはずがない! しかも、福島原発に懲りずに、大飯原発の原子炉がまもなく稼動しようとしている。

でも、反対の声が上がって、どうやら中止になるようでござ~♪~ますわ。

当然の事ですよう! 日本人だって原発の恐ろしさを知っている人はたくさんいたのです。 ところが一部の官僚と政治家と電力会社の重役の思惑で原発をどんどん作ってしまったのですよう。

闇に葬られた秘密報告書

この当時(1960年4月)、わが国最初の商業用原子炉として計画が進められていた茨城県の東海発電所で最悪の大事故が起こった場合に、どれほどの被害が発生し、日本政府がその被害を補償できるか、保険会社がそれを引き受けられるかどうかを、真剣に検討したものである。

秘密報告書であるから、沖縄返還における外務省の「核密約」文書と同じように、私たち国民はまったくその内容を知らされずに今日まできたが、私の知る限り一度、この秘密報告書の存在を毎日新聞が報道した。
この1974年の報道では、これを書いた日本原子力産業会議にその存在を確認しても、外務省と同じように「報告書はない」とシラをきったという。

 (中略)


(japan13b.jpg)

「物的損害は、最高では農業制限地域が長さ1000Km以上に及び、損害額は1兆円以上に達しうる」と小さく書かれており、東海村からの半径が同心円で示されていた。
つまり図にやや濃く描いた園内の矢印範囲は、農業できない地域になる。
日本全土で農業ができないのだから、日本人が日本列島に住めないと考えてよいだろう。

 (中略)

三段論法に従ってここまでの説明をまとめると

①原発の大事故は起こりうる。

②大事故が起これば日本はほぼ壊滅する。

③その可能性が最も高く、こわい原因として大地震が考えられる、という結論になる。

原発震災の被害を誰も償えないので、外国の保険会社は日本との契約を放棄した。
それなのに、当の被害者になる日本人がそれを知らずに生きているのは、大変不思議なことであると、読者はお考えにならないか。

 (中略)

いよいよ迫る東海大地震と、

予期される浜岡原発震災


(hamaoka2.jpg)

日本列島のちょうど真ん中、静岡県の駿河湾に面した御前崎というところに、トヨタ自動車などの名古屋経済圏のために建設された、中部電力の原子力発電所がある。
この浜岡原発には現在、三基の原子炉が稼動している。
浜岡原発は、今を去る34年前の1976年3月17日に、1号機が営業運転を開始した。

その運転開始からわずか5ヶ月後の8月23日に、当時東京大学理学部助手だった石橋克彦氏が地震予知連絡会で「駿河湾でマグニチュード8クラスの巨大地震が起こる」と、東海地震説にもとづく重大な警告を発した。
マグニチュード8.0とは、10万人を超える死者を出した関東大震災の、さらに1.4倍の破壊力を持った大地震ということになる。

 (中略)

こうして、石橋氏の警告は、後年に確立されるプレート運動の理論によってその正しさが、次々と実証されてきた。
ところが、その警告が発せられて以来34年間にわたって、浜岡原発はこのとてつもない巨大地震の危険性と同居しながら、綱渡りの原子炉運転を続けてきた。
石橋氏は東京大学理学部で地球物理学課を学んだ屈指の地震学者であり、神戸大学の教授として、浜岡原発の危険性を裁判で訴え続けてきた。

(中略)

2004年には、浜岡原発を止めるために起こされた「原発震災を防ぐ全国署名」の賛同人に、京セラ創業者の稲盛和夫氏が名を連ねた。
「東海地震が今後30年間に起こる確率は87%」というのが、政府の地震調査研究推進本部の判断である。
これは、30年後に起こるということではない。
30年後かそれとも明日か、確率は発生時期を教えてくれない。
しかし87%なのだから、必ず起こる、ということは断言できる。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています
写真と地図はデンマン・ライブラリーより)


12-21ページ、28-29ページ
『原子炉時限爆弾』 著者: 広瀬 隆
2011年4月28日 第6刷発行
発行所: ダイヤモンド社

『日本の崩壊』に掲載
(2012年6月17日)

あらっ。。。このような事が語られていたのでござ~ますか?

大体、地震の多い日本で原発を作ることが端(はな)から間違っていたのですよう。


(quake.gif)


(lostmess2.jpg)


(lostwrld6.jpg)

300年周期の大地震がそろそろ起こるかもしれないという時に、すべての原発を廃止することは当然の事なのですよ。 そうじゃないと日本はマジで崩壊してしまいますよう。

デンマンさん。。。ちょっとオーバーではござ~ませんか?

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。
そうですわよねぇ~。。。
本来国民のために働くべき日本の官僚は自分の属する組織のためばかりを考えているようです。
日本国民の健康と幸福など、どうでもよいと思っているようですわ。

だから、一部の政治家と電力会社の重役とグルになって危険だと分かっている原発を建造してしまったのですわ。
やっぱり、駄目な政治家を国会から。。。自分勝手な官僚を霞ヶ関から追い出すことが大切だと思いますわ。

ええっ。。。そう言うほどうまく行くもんじゃないってぇ。。。?

ところで、あなたは選挙に行ったことがありますか?

ええっ。。。誰を選んだって日本が良くなるわけじゃない?!
だから、選挙に行かないのだよ!

あなたがそのような考えだから、いつになっても日本が住み良くならないのですわ。
幕末に明治維新を起こそうと立ち上がった「改革の志士」の事を考えてくださいな。
皆さん若かったのですよね。。。
ほとんどの「改革の志士」が20代から30代でしたわ。


(ryouma2.jpg)

あなたも「改革の志士」になったつもりで、日本をこれ以上駄目な国にしないために立ち上がってくださいね。

ええっ。。。どうするのかってぇ。。。?

まず、あなただけは、私服をこやしたり、権力欲に駆られて組織を私物化するような事がないようにしてくださいませ。
それから、そのような人を見かけたら、断固として立ち向かってくださいね。

ええっ。。。そんな事をしたら今の職場を追い出されるって。。。?

あなたは、チキンなのねぇ~。。。だから、日本が良くならないのよ。

幕末に明治維新を起こそうと立ち上がった「改革の志士」の事をもう一度考えてください。


(vanc700.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを
やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして
覗いてみてください。


(bitegirl2.gif)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(2ndbeach.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(ebay5.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

コメント / トラックバック49件 to “プロメテウスの第2の火”

  1. 天神様と東日本大震災 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  2. 色男不比等 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  3. 目の前で米軍のヘリが落ちた « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  4. 目の前で米軍のヘリが落ちた « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  5. 見ちゃだめよ! « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  6. 白い鯛焼き « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  7. 真夜中のマリア « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  8. 女に溺れる清盛 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  9. 桓武天皇のママ « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  10. エロチカ平家物語 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  11. 応天門の火事 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  12. 北本から見る富士 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  13. エロい源氏物語 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  14. 伎楽は呉の音楽? « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  15. ロマンと弥勒と阿修羅 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  16. 冷血頼朝 « Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  17. 黙庵 四睡図 エピソード | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  18. 蕎麦屋と忠臣蔵 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  19. ピンクと桃色 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  20. 妻の不貞 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  21. 卑弥子さん、ご指名ですよ! | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  22. 徳子と小督の悲話 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  23. 美貌の女院 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  24. カン違い大岡越前 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  25. ロマンのカシオペア | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  26. カシオペアの現実 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  27. エロい徳子を探して | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  28. 紫式部と皇国史観 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  29. エロい道鏡と薬師如来 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  30. 天平の麗しき淑女 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  31. 元からの饅頭 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  32. なぜ唐に留まったの? | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  33. 下着美人 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  34. 一所懸命 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  35. ねぇ、ねぇ、ねぇ効果 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  36. 遊女と三つ子 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  37. 布袋さんの魅力 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  38. 今、エジプトに? | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  39. 鍋かむり祭り | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  40. 日本人はどこから来たの? | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  41. 卑弥子も待ってます | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  42. 卑弥子の源氏物語 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  43. 源氏物語もエッチなのに | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  44. 失意の紫式部 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  45. めちゃムカつく足枷 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  46. 床上手だよ! | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  47. 床上手な女になりたい | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  48. 吉田兼好とアレクサンダー | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

  49. 東電八分 | Denman Blog Says:

    […] ■『プロメテウスの第2の火』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。