バンクーバーから日本へアクセスする時の問題点


 
2009年7月21日 (火曜日)
 
 
バンクーバーから日本へ

アクセスする時の問題点
 
 
エラーに身を焼く
 
 

デンマンさん。。。“エラーに身を焼く”って、めれんげさんの短歌「恋に身を焼く」をもじって付けた冗談ですか?

いや。。。僕はマジですよう。レンゲさんを笑わせるために考え出したタイトルではありません。

。。。で、そのエラーってどんなエラーですか?

僕がめれんげさんの恋の短歌にコメントを書いたのですよう。

このコメントって、めれんげさんの短歌「恋に身を焼く」に書いた、あの長~いコメントですか?

そうなのですよう。書き終わって submit ボタンを押したら次のようなエラーが表示されたのですよう。

“またかよう~~ オイ!。。。海外からのアクセスをまた禁止したのォ~!?” 僕は、そう思いましたよう。

以前にもデンマンさんは、めれんげさんのサイトにアクセスができなかったことがありましたよね?

そうなのですよう。その事で僕は記事を書いたことがあります。関心のある人は次のリンクをクリックして読んでみてください。

『愛の天使 (2009年6月25日)』

。。。で、HTTP 403 Forbidden というエラーメッセージはどういう意味なんですか?

僕も調べてみましたよう。読んでみてください。

Q.「403 Forbidden」という

 エラーが表示される。

A.「403 Forbidden」は、「アクセスが禁止されています」というエラーです。
以下の対処法に従ってダウンロードを試して下さい。

考えられる原因

1.アクセス権が与えられていない。
サーバー側の設定で、目的のファイルもしくはディレクトリ全体で外部からのアクセスを禁止している。

2.サーバーへのアクセスが混み合っている。
アクセスが混み合っていると、このエラーが表示される場合があります。

対処法

1.何回かアクセスを試す。
サーバーへのアクセスが混み合っている可能性があるため、ファイルのダウンロードを何回か試して下さい。2、3回試してもエラーが表示される場合は次の項目をご覧下さい。

2.その他の対処法
アクセスが混み合っている場合の対処法として、こちらのページも参考にして下さい。

3.以上の対処法でも解決できない場合。
以上の対処法を試してもエラーが表示されるのであれば、アクセス権が与えられていないと考えた方が良いでしょう。
これ以上は、サーバーの管理者かホームページの管理者でないと対処のしようがないため、管理者に直接問い合わせて下さい。

無料ホームページサービスのサーバー(例えばGeocitiesやTripodなど)で、403エラーが表示される場合は、サーバーの管理者が外部からのアクセスを禁止する設定を行っています。

無料サーバー以外の場合は、単にホームページの管理者が設定を間違えている可能性が考えられます。


『「403 Forbidden」というエラー』より

確かにこれを読めば、サーバの管理者が海外からのアクセスを禁止していることも充分に考えられる。

これまでは、めれんげさんのサーバの管理者が海外からのアクセスを禁止したために上のエラーが出たのですか?

そうなのですよう。海外からのスパムコメントが多すぎてサーバの管理者がめれんげさんの『即興の詩』サイトに付いたスパムコメントを去年の暮れに多量に削除したのですよう。

今度も海外からのスパムコメントに対処するために海外からのアクセスを禁止したのですか?

僕は、これまでの経験から、当然そう思ったのですよう。

。。。で、デンマンさんはサーバの管理者に“とばっちりを喰っている”と文句を言ったのですか?

いや。。。時間の無駄だと思って、そのような事はしません。何をするのもサーバの管理者の自由ですからね。気に喰わなければ、利用者は他のサイトに行けばいいのだから。。。

。。。で、デンマンさんは、どうなさったのですか?

しばらく時間を置いてから再度試みたのですよう。

そしたら。。。?

うれしい驚きですよう。。。書けたのですよう。

どのコメントですか?

次のコメントです。

さっき、午後2時10分(日本時間では16日午前6時10分)頃書いたら書けなかった。
今度は書けるかな?

バンクーバー時間:
7月15日午後3時20分

by 愛の天使 (デンマン)

2009/07/16 7:22 AM


『即興の詩 夢見たときが今…』のコメント欄より

海外からのアクセス禁止が解除になったのですか?

そうらしい。。。禁止のままだったら、書けないはずだから。。。うへへへへへ。。。それで、僕は喜んで「恋に身を焼く」のページへ飛んで行って、さっそく長いコメントをコピペして submit ボタンをクリックしました。

書けました?

ところがまた同じエラーメッセージが表示されたア!

“オイ! いったい、

どうなってんだあアアア~!”

僕はムカつきましたよう。

。。。で、今度は、デンマンさんはサーバの管理人に噛み付いたのですね?

いや。。。そういう無駄な事はしません。。。時間がかかる上に、相手にされないのがオチですよう。

。。。で、どうしたのですか?

冷静になって僕はじっくりと考えましたよう。。。第一、「海外からのアクセス禁止」をこれほど素早く切り替えることができるはずがない!

それで。。。?

上のコメントを書いた時と、長いコメントを書いた時と何が違うのか?。。。明らかですよね。。。上のコメントは5行ですよう。「恋に身を焼く」のページへ書き込んだコメントはめちゃ長~♪~い!

つまり、語数制限をオーバーしていると。。。? デンマンさんは、そう断定したのですか?

それ以外に考えられない!。。。とりあえず、長いコメントを半分にして投稿してみたのですよう。

書けました?

それが、見事に書けたのですよう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

僕は成りすまし馬鹿のようにスキップして喜んでしまいました。馬鹿馬鹿しいけれど、本当の話ですよう。だから、エラーメッセージってぇ、時にはまったく当てにならない!

でも、良かったですわね。

ただし、長いコメントを2つに分けなければならなかった。ちょっと残念でしたよう。初めて読む人のために、そのコメントの全文をここに書き出します。笑ってくださいね。

めれちゃん。。。急に元気になったなァ~!

そうですねん。あんさんのやって来るのを待っていましてん。

めれちゃんは、うれしい事を言ってくれるなァ~。。。夏はめれちゃんの季節やさかいにィ、きっと素晴しい短歌を詠んでいると思って、わくわくしながら見に来たのやでぇ~

わたしも、うれしいわァ~

それにしてもすごい短歌を詠みよったなァ~!?

ん。。。?すごい短歌ですかァ~?

そうやがなァ~。。。『恋に身を焼く』って。。。『裸エプロン』の続きやないかいなァ~。

あんさんにも分かりますかァ~?

分かるがなァ~。。。一度読めばすぐに『裸エプロン』の続きだということが分かるでぇ~

そうですかァ~?

そうやがなァ~。。。初めて読む人には次のリンクをクリックして読んでもらおうやァないかいなァ~。

『誠意と悪意』の中の『裸エプロン』

あんさんは、わたしの気持ちが分かってくれましたのかァ?

分かってるがなァ!

燃えつきぬ

想いをきみに

ささげたし

消せぬ炎の

中に身を焼き

by めれんげ

『誠意と悪意』の中の『裸エプロン』

上の『裸エプロン』を読むと、めれちゃんの「燃え尽きぬ想い」がよ~く分かるがなァ~。

そうですやろう!?わたしは消せぬ炎の中で身を焼いてますねん。。。あんさんにも、このわたしの熱い想いが分かりますやろう?

もちろん、分かるでぇ~

じゃあ。。。そろそろ始めまひょかァ~

めれちゃん!。。。ちょっと。。。ちょっとォ、待ちいなァ~。。。ここでエプロンを取ったらあかんでぇ~。。。

そやかて、わたし、もう待ちきれえ~へん。。。もう成りすまし馬鹿さんも居ませんよってにィ~。

めれちゃん!。。。冷静にならんとあかんでぇ~。。。まだ、そこで覗いておるがなァ~

でも、わたしには見えへん。。。

あのなァ~、めれちゃんは消せぬ炎の中で身を焼いているから、見えるものまでが見えへんのやァ!“恋は盲目”と言うやろう?。。。めれちゃんは盲目になっておるから、そこでアホヅラさげてめれちゃんのヌードを垣間見ようとしている成りすまし馬鹿が見えへんのやでぇ~

でも、わたし、かまへんでぇ~。。。

めれちゃん!。。。何度言うたら分かるのやァ~!?。。。ここはアダルトブログやないんやでぇ~。。。ここでめれちゃんがエプロン取ったら、このブログが閉鎖されてしまうのやがなァ~!あかァ~ん!

そやかてぇ~、わたし、消せぬ炎の中で身を焼いていますのやでぇ~。。。もう、待てへん!。。。どないしたらよろしいのォ~?

あのなァ~、だから、わては次の記事をめれちゃんのために書いたのやがなァ~。

『昇華とカタルシス (2009年5月10日)』

消せぬ炎の中で身を焼くか?身を焼かれるか?という時に、フロイトの言ったことなど持ちださんでおくれましなァ~。

あのなァ~、フロイトも同じような事を言ったけれど、わては、めれちゃんのために江戸川乱歩先生の言った事を持ち出してきたのやでぇ~。。。めれちゃんは忘れてしまったのやァ。。。もう一度じっくりと読んでみィ~なァ。

江戸川乱歩(左)と三島由紀夫

読んでいる暇などありしませんわァ。。。消せぬ炎の中で、わたしは身を焼かれてしまいますよってにィ~。

めれちゃんの消せぬ炎ってぇ、それほどすごいのかァ~?

そうでおますう。。。じゃあ、わたし、熱い炎を消すために、このエプロンを取りますゥ。

めれちゃん!。。。ちょっと。。。ちょっとォ、待ちいなァ~。。。何度言うたら分かるのやァ?。。。ここでエプロンを取ったらあかんでぇ~。。。

どうしてぇ~。。。?

あのなァ~、めれちゃんも次の格言を聞いたことがあるやろう?

Art is long, life is short.

もちろん、聞いたことがありますう。

「芸術は長く、人生は短い」と訳されておるのやでぇ~。人生は短いけれど、芸術は長く、後世まで残るのやァ。

だから、どうだと、あんさんは言いはるの?

だから、消せぬ炎の中で身を焼いている暇など、めれちゃんにはないはずやでぇ~。。。

わたしに、どないしろと、あんさんは言いはるのォ~?

だから、めれちゃんの燃えつきぬ想いを、消せぬ恋の炎を王朝小説の中で燃やし尽くすのやないかいなァ~。

わたしに『ネット源氏物語』を書けと、あんさんは言い張るのですか?

そうやがな。『めれんげ女三代記』でもいいでぇ~。。。『わたしと三匹の猫ちゃん』でもいいでぇ~。。。めれちゃんの恋の炎を芸術の炎にして燃やし尽くすのやがなァ~

どうしてぇ~。。。?

めれちゃんは1000年後にも生きるのやがなァ。。。

1000年後にも?

そうやがなァ~。。。次のランキングを見てみィ~なァ。

世界一有名な日本人
 
 
1.水木一郎(歌手) 91言語
2.黒澤明(映画監督) 71言語
3.昭和天皇 64言語
4.松尾芭蕉(俳人) 62言語
5.明仁(今上天皇) 54言語
6.小泉純一郎(元首相) 53言語
7.福田康夫(元首相) 51言語
7.葛飾北斎(江戸時代の浮世絵師) 51言語
9.安倍晋三(元首相) 50言語
10.紫式部 (平安時代の作家) 45言語


『世界一有名な日本人』より
(2009年5月20日)

紫式部は、今から1000年ほど前の女性やでぇ~。上のリストの中で、女性はただ一人やがなァ~。しかも、500年以上前の人物でリストに載っているのは紫式部だけなんやでぇ~。

それが、わたしと関係あるのォ~?

関係あるがなァ~。。。めれちゃんも芸術の中で永遠に生きるのやがなァ~。。。

燃えつきぬ

想いをきみに

ささげたし

消せぬ炎の

中に身を焼き

by めれんげ

こう言う萌え萌えの短歌も実に素晴しいのやでぇ~。。。でもなァ~、早まって裸エプロンになって、ここでヌードになるのだけはアッカ~♪~ン!

どうしてぇ。。。?

どうしてってぇ~。。。やだなあああァ~。。。このブログはアダルトじゃないんやでぇ~。。。そのエプロンを取ったら、このブログは削除されてしまうがなァ~。。。『即興の詩』は、めれちゃんと同じぐらい大切なサイトなんやでぇ~。。。だから、早まったらアカンでぇ~。。。

分かりました。

でもなァ~、わては本当にうれしいでぇ~。。。

どうして。。。?

めれちゃんが7月15日を忘れていなかったからなァ。。。5年前の7月15日に、わてとめれちゃんは初めてネットで出会ったのやがなァ~。。。途中で、成りすまし馬鹿のような哀れな道化師が顔を覗かせたけれど、『即興の詩』も、めれちゃんも永遠やでぇ~。。。だから、裸エプロンを取ろうなんて考えたらアカン!

分かりました。

じゃあ、名作を書いてなァ。。。その名作の中で燃えつきぬ想いをささげるのやでぇ~。。。消せぬ炎を名作の中で焼き尽くすのやでぇ~

は~♪~い。。。あんさんのためにも、がんばりますう。

わては、いつまでも、めれちゃんを応援しているからなァ~。

は~♪~い。

でも、その裸エプロンも素晴しいでぇ、うへへへへ。。。。じゃねぇ~。

バンクーバー時間:
7月15日 水曜日 午後2時8分
(2度目:午後3時28分)

2009-07-16 07:37 AM


『即興の詩 恋に身を焼く』のコメント欄より

今日はこれだけですか?

いや。。。これで終わりにすると、いつもの記事に比べてあまりにも短いので、今日はうれしいニュースを一つだけ加えますよう。

どういうニュースですか?

QLEP の 『バークレーの書きたい放題』

上のブログの通産アクセス数が百万を突破したのですよう。

いつ突破したのですか?

7月14日です。

毎日更新しているブログですか?

それがねぇ~、2007年7月25日から更新していないのですよう。

2007/08/22

QLEP の 『バークレーの書きたい放題』ブログ Last 24-hour access at 3:00 p.m. 5697 (=470436-464739) 7月25日よりログインできても書き込みが不可能。


『デンマンの自分史』より

更新していないのに 2007年7月25日から50万以上のアクセスがあったわけですよね。。。でも、なぜ更新していないのですか?

ログインできても書き込みが不可能なのですよう。

。。。で、デンマンさんは管理人に噛み付いたのですか?

確か、一度メールを出したと思うのだけれど、返事をもらってないのでそのままにしてあるのですよう。

どうして。。。?

このブログは、他のブログと比べて書きにくいブログなのですよう。手間がかかる。それに、他のブログではきれいに表示されるのに、このブログでは、うまく表示されない。それで、管理人に注意を促すために、すべての記事の最後に次のようなコメントを書いたのです。

ぜ ひ 読 ん で く だ さ い ね。

僕の記事のHTMLを“HTMLの編集”に入れてから
“記事の作成”で表示させると

http://blog.plaync.jp/denman/98361

この上の PlayNC のページのように正しく表示されます。

しかし、送信ボタンをクリックしてから表示を見ると
上の PlayNC のページのようには表示されません。

QLEPのソフトに間違いがあると思うのですが、善処をお願いします。
他のブログでは同じ記事(コード)が美しく表示されています。
よろしくお願いします。


『あなたの心理が分かる』のページの下端より
 (2007年7月25日)

メールを書いても返事が来ないので、デンマンさんは、このようにしたのですか?

そうです。

だから、陰険なことをする男だと思って管理人さんが書き込みを不能にしてしまったのですわね。うふふふふ。。。

多分、そうかもしれません。でも、削除しませんでしたよう。これだけアクセスがあるのだから、削除するよりもカキコ不能のまま無視していた方が得だと管理人も判断したのでしょうねぇ。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
それにしても、更新していないのに50万以上のアクセスがあったと言うことは驚きですよね。
デンマンさんのブログを書き込み不能にして、放置しておく管理人さんが居ると言うのも驚きです。
 
とにかく、興味深いお話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

こんにちは。ジューンです。

Art is long, life is short.

「芸術は長く、人生は短い」と訳されています。

人生は短いけれど、芸術は長く、後世まで残る。

上のような意味に考えている人が多いですよね。

でも、本当の意味は違うのですって。

「あまりにも学ばなければならないことが多すぎる。

でも、学ぶための時間が少なすぎる」

これが元々の意味だそうです。

ギリシアの外科医であるヒポクラテスが言ったそうです。

つまり、ここで言う “Art” というのは、

美術のような芸術をさすのではなく、

「医療のための技術」だそうです。

ヒポクラテスは、日々の医療活動の中で、

「学ばなければならない技術は、

あまりにも多い。

しかしそのための時間はあまりにも少ない」

と嘆いたのです。

ヒポクラテスの言葉が英訳されて

Art is long, life is short.

…のようになったそうです。

Chaucerは、つぎのように訳しています。

The life is short, the craft so long to learn.

「学ばなければならない技術は多く、

そのための時間は短い」

Sir. John Davies は次のように訳しています。

Skills come so slow, as life so fast doth fly,

We learn so little and forget so much.

「人生はあまりにも早く過ぎ去り、

技術が身につくのは、遅い。

私たちはほとんど学ばず、多くのものを忘れる」

いづれにしても人生は短いのです。

あなたも短い人生を最大限に活用して

生きがいのある人生にしてくださいね。

ところで、愛とロマンに満ちたレンゲさんのお話を

をまとめて『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『愛とロマンのレンゲ物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。