日本では心が晴れない軽井沢タリアセン夫人


 
2010年5月10日 (月曜日)
 
 
日本では心が晴れない
 
軽井沢タリアセン夫人

 
 
トキとカラス
 
 

Subj:小百合さん、おはよう!

GWを楽しんでますか?

きゃははははは。。。

Date: 04/05/2010 11:26:20 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 5月5日(水)午前3時26分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

おおおおォ~~、雛が初めて頭をもたげたよう!
小さいけれど、頭と比べたら馬鹿でかい口ばしを広げて母カラスから餌をねだっているのがわずかに見えましたよう!
オレンジ色の口ばしが見えました。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

生まれていたんだよう!
父カラスが忙しそうに餌を運んでいますよう!
本能とは言え、父カラスが餌を頻繁に運んでいる姿は涙ぐましいですよう!

やっぱり野生の命の息吹(いぶき)を感じますよね。

カナダにはバンクーバーのような大都会にも自然があちらこちらに残っていると言う、何よりの証拠だよね。
だから、金メダルが14個も取れるんだよね。

デンマンさん!

それは論理の飛躍ですわよう!

小百合さんが、そういって笑うのが聞こえてくるようですよう。

でもねぇ~、考えてみれば、日本ではトキが絶滅してしまった。
現在居るトキは中国産のトキですよう。
完全な野生のトキではない。
だから、ニュースでも“放鳥のトキ”となっている。
つまり、人間の手がかかっている、いわば「人間に育てられたトキ」ですよう。

要するに、野生のトキが生活できるような自然が日本から消え去ってしまった。
だから、トキが無精卵を抱いて卵を孵そうとしたけれど、結局、口ばしでつまんで巣の外へ捨ててしまった。

野生のトキなら、初めから無精卵など抱えないよう!
やっぱり、野生の本性が失われてしまっているんだろうね。
今の日本を見ていると、正に“野生の本性を忘れてしまった日本人”を見るような気がするのですよう。
だから、バンクーバーオリンピックでも金メダルがひとつも取れない。

人口が日本の4分の一でも、カナダ人は金メダルを14個も取ってしまった!

それに比べて、日本は自殺者を毎年3万人以上も出している!

一日に100人近い人が自殺している。

一時間に4人が自殺している。

かつての経済大国日本は自殺天国になってしまっている!

今になって、ツケを払わされているようなものですよう。

そのツケとは。。。?

無能な政治家がやっている日本の無能な政府が「ゆとり教育」を失敗させてしまった。

あれだけ拍手で迎えられた民主党政府も、今では支持率が20%!!

自民党は、もうガタガタになってしまった!

つまり、放鳥のトキが3つ目の卵を捨てたように、現在の日本は、経済大国も投げ出し、ゆとり教育も投げ出し、ただ自殺者だけを毎年3万人以上も生み出している!

そして、小百合さんまでが、役所のヤラシいおっさんにいじめられ、心にゆとりのない学校の先生にいじめられている!

小百合さん、分かるでしょう!?
小百合さんがバーナビ-に居たら、そのような問題もなく、ルンルンル~♪~ン、ランランラ~♪~ンと言って楽しく陽気に充実した毎日を過ごしてこられたのですよう!

きゃははははは。。。

だから、今は、嫌な事は何もかも忘れてGWを楽しんでねぇ。

では、いつものように小百合さんが軽井沢タリアセン夫人になって、楽しく陽気に愉快に一日を過ごせるように祈ります。

ラーメン。。。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

じゃあ、小百合さんのために書いた楽しい記事を読んでね。

『ロンドンの軽井沢タリアセン夫人』

(2010年5月4日)

じゃあねぇ~♪~。

 

小百合さん。。。GWはどうでしたか?

まあまあでしたわ。

なんだか、あんまり嬉しそうではないですねぇ~?

デンマンさん。。。あまり私をイジメないでくださいな。

僕は小百合さんをイジメてませんよう。。。それどころか、いつでも元気付けながら応援しているのですよう。。。小百合さんにも僕のこの気持ちが分かっているでしょう?

ええ。。。分かっているつもりですけれど。。。日本に居ると心が晴れないのですわ。

だったら、カナダへ来ればいいじゃないですか!

デンマンさんは、簡単に言いますけれど、角のマクドナルドへ行くのとは訳が違いますわ。。。そんなに気楽にヒョイヒョイと行けるものではありませんわ。

でも、小百合さんだって10年以上も、毎年、夏休みをカナダで過ごしたのでしょう?

ええ。。。でも、家庭の事情で、もう別荘は借りないことにしたのですわ。


   

せっかく自然に囲まれたカナダの素晴らしい環境の中で別荘生活を楽しんでいたのに、まるでカナダと絶交したようにして日本に引きこもってしまった小百合さんの心が僕には良く分からないのですよう。

家庭の事情で、どうしても日本に留まらねばならないのですわ。

家族、丸ごとカナダに引越しすればいいではありませんか?

そのような訳にもゆきません。日本から離れられない事情もあるのですわ。年老いた母親を置いてゆくわけにもゆきませんもの。

だから、いっそのこと年老いたお母さんも連れてカナダへやってくればいいではありませんか!

デンマンさんは、なんでも簡単に考えてしまいますけれど、平均的な日本人にとって、海外に生活の場を移すということは、生まれ変わるような大決心が必要なのですわ。

だから、大決心をするのですよう。

でも、大決心ができないような“しがらみ”があるのです。

小百合さんの話を聞いていると沈んでゆくタイタニックと共に沈んで行くように聞こえるのですよう。何も沈んでゆくタイタニックと運命を共にする必要はないのですよう。

デンマンさんの目に、日本は沈んでゆくタイタニックのように見えるのですか?

小百合さんは放鳥のトキが3個目の卵を捨てたというニュースを聞いたでしょう?

ちょっと忙しかったのでトキの卵のことまで心配する心の余裕がありませんでしたわ。うふふふふふ。。。

分かりました。じゃあねぇ、小百合さんのために、そのニュースを書き出しますから読んでみてくださいね。

トキ、3個目卵も捨てる

ひな誕生期待、次は5月か

新潟県佐渡市の山林で巣作りし、自然界では34年ぶりとなるひな誕生が間近とみられていた放鳥トキの雄(4歳)と雌(1歳)が29日夕、3個目の卵を捨てたことが環境省の観察で分かった。
環境省は巣の中に卵はなくなったと発表。このつがいが温めていた卵からのひな誕生はなくなった。

佐渡市ではほかに1組が産卵したとみられていて、5月にふ化する可能性を残している。

環境省によると、卵を捨てる際に黄身のようなものが見えたといい、無精卵か発育が止まった有精卵とみられる。

巣に座って卵を温めていた雌が午後4時半ごろ、くちばしで卵を割って、巣の外に放り投げた。
雄はいなかった。このつがいは22日に雌が、26日に雄が卵を捨てていた。

SOURCE: 【共同通信】 2010/04/29

放鳥のトキが3個目の卵を捨てたというニュースがそれ程大きな問題なのですか?

あのねぇ~、確かに放鳥のトキが3個目の卵を捨てようが4個目の卵を捨てようが小百合さんの生活に直接かかわってくるような問題ではありません。

だったら、どうしてデンマンさんは、さも重要そうにトキの卵の事を取り上げるのですか?

あのねぇ~、放鳥のトキが3個目の卵を捨てたと言う事が、僕には、沈みゆく日本丸を目にするような気がしてならないのですよう。

トキが3個目の卵を捨てたぐらいで、日本が国際的に沈んでゆくようにデンマンさんには見えるのですか?

ちょっと、トキの受難の様子を読んでみてください。

日本産トキの絶滅

かつてトキは日本国内に広く分布したが、肉や羽根を取る目的で乱獲されたため、1925年か1926年ごろには絶滅したとされていた。
その後、昭和に入って1930年から32年にかけて佐渡島で目撃例が報告され、1932年5月には加茂村(→両津市、現佐渡市)の和木集落で、翌昭和8年(1933年)には新穂村(現佐渡市)の新穂山で営巣が確認されたことから、1934年に天然記念物に指定された。
当時はまだ佐渡島全域に生息しており、生息数は100羽前後と推定されていた。

終戦後は、1950年を最後に隠岐に生息していたトキの消息は途絶え、佐渡での生息数も24羽と激減していたことから、1952年3月に特別天然記念物に指定され、1954年には佐渡で、1956年・57年には石川県で禁猟区が設定された。
しかし、禁猟区には指定されたものの生息地周辺での開発などは制限されなかった。
また、民間の佐渡朱鷺愛護会や愛好家の手でも小規模な保護活動が行われるようになったが、1958年には11羽(佐渡に6羽、能登に5羽)にまで減少した。

1960年、東京で開かれた第12回国際鳥類保護会議において国際保護鳥に指定され、会議を記念してトキをあしらった記念切手も発行された。
1971年には、能登半島で捕獲された『能里(ノリ)』が死亡し、佐渡島以外では絶滅した。
トキの減少の一因として農薬(による身体の汚染・餌の減少)が取り上げられることが多いが、日本で化学農薬が使用されるようになったのは1950年代以降であり、その頃にはすでに20羽ほどにまで個体数を減らしていた。

1965年、幼鳥2羽(『カズ』と『フク』)を保護したことから人工飼育が試みられるが翌年、カズが死亡。
解剖の結果、体内から有機水銀が大量に検出されたため、安全な餌を供給できる保護センターの建設が進められる。
1967年トキ保護センター開設。
フクと、1967年に保護された『ヒロ』『フミ』の計3羽がセンターに移された。
翌1968年『トキ子』(のちに『キン』と命名される)を保護。

1970年には能登の最後の1羽『能里(ノリ)』を保護し、トキ保護センターに移送する。
キンがメス、能里がオスだったことや盛んに巣作りを行っていたことから、繁殖に期待が持たれたが、1971年に能里が死亡。
人工飼育下のトキはキン1羽となった。
(フク、ヒロおよびフミは1968年に死亡)

1968年にNHKがトキの営巣地である黒滝山上空にヘリコプターを飛ばし空撮を行ったが、1969年にトキが黒滝山の営巣地を放棄し人里近い両津市へ移動したのは、そのためだという指摘がある。
番組の放送があるまで空撮があったことに気付いていた者はいなかったが、空撮は通年にわたって行われた(はずだ)と批判する声もある。
しかし、番組の責任者によるとヘリコプターを飛ばしたのは一度だけで、それも営巣期を避け、空撮以外の取材も慎重に行ったという。

1981年1月11日から1月23日にかけて、佐渡島に残された最後の野生のトキ5羽すべてが捕獲され、佐渡トキ保護センターにおいて、人工飼育下に移された。
(センターで付けられた足輪の色から『アカ』『シロ』『ミドリ』『キイロ』『アオ』と命名される)

その後、繁殖の試みが続けられたが全て失敗し、2003年10月10日朝、最後の日本産トキ(キン)の死亡が確認され、日本産のトキは絶滅した。
ただし、生物学的にはまったく同一種である中国産のトキを用いて人工繁殖を行っているため、日本におけるトキの扱いは「絶滅」ではなく「野生絶滅」のままである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、日本人がトキに迷惑をかけてきたとデンマンさんはおっしゃるのですか?

その通りですよう。かつてトキは日本国内に広く分布していたのですよう。江戸時代にはトキは害鳥として考えられていたのです。でも、やたらに殺生をしてはならないという幕府の考えで、どの鳥も保護していた。でも、トキがあまりに増えて田んぼを荒らすので、百姓たちは幕府に願い出て害鳥のトキを殺そうとしたほどです。それ程、江戸時代にはカラスのように、ありふれた鳥だった。

つまり、日本人が経済大国を目指すあまり自然を破壊してきたとデンマンさんはおっしゃるのですか?

その証拠が上のウィキペディアの記事に書いてありますよう。

解剖の結果、体内から有機水銀が

大量に検出された

。。。で、何が問題だとデンマンさんはおっしゃるのですか?

日本の政治の頂点に立つ人が大切な事をないがしろにしているのが大きな問題ですよう。

その頂点に立つ人というのは鳩山首相ですか?

そうですよう。鳩山さんが首相に就任した頃に僕が書いた記事をちょっと読んでみてください。

“国敗れて山河あり!”

富士山はいいね。
やっぱり日本の自然は素晴らしい。
日本の政治が駄目でも、日本は僕のふるさとですからね。
ふるさとは、やっぱり素晴らしい。
この素晴らしさだけは、政治が駄目でも存続してほしい。

残念ながら、現在の日本は歪(ゆが)められ、病(や)んでいる。
テレビを見ていても悲惨なニュースは後を絶ってないよね!

自殺者は1年に3万人以上!

平成20年の自殺者は、

3万2249人と11年連続で

3万人を超えた。

10月19日には、18歳の少女がヨットスクールの屋上から飛び降り自殺した。
派遣切りに合い、仕事がなくなって、生活保護も受けられず
30代の男が一人さびしく餓死をした。

この男のことを10月8日にNHKの「クローズアップ現代」が取り上げていましたよう。
「“助けて”と言えない~いま30代に何が」
見ていて本当に悲惨な事件だと思いましたね。
働き盛りの30代が餓死している現状。

昨日(10月26日)の鳩山首相の所信表明演説の中でも、若者の自殺について触れていた。
首相が8月に衆院選の応援演説で青森県を訪問した時、職に就けずに息子が自殺した老母から
「毎年3万人以上の命が絶たれているのに政治には実感が乏しい」
と訴えられたエピソードを鳩山さんは紹介していました。

所信表明演説の中で鳩山さんは次のように言ったのでした。

おばあさんのその手の感触。
その目の中の悲しみ。
私には忘れることができないし、
断じて忘れてはならない。

(中略)

『最も大切なこと』をおろそかにし続けた政治と
行政への痛烈な批判。
その声に謙虚に耳を傾ける。

うん、うん、うん。。。
鳩山さんの所信表明演説は実に素晴らしかった。マジで。。。
友愛政治。
弱い者・少数派のための政治。
人間のための経済。
政治主導。
国民が主役の政治。

確かに鳩山さんが言う政治理念は素晴らしい!
よい事尽くし!
もし実現したら素晴らしい日本が出来上がるでしょう!

でもねぇ、現在、それは絵に描いたモチでしかない!
実績が出ていない事を紙の上で作文して読み上げているに過ぎない!
誰にだって同じような事を言うことができる。

“政治は可能性のアート”だとビスマルクは言ったらしい。
つまり、“絵に描いたモチ”だけを並べても駄目だと言う事ですよう。
何をどのようにするのか?
具体的な政策は何なのか?
そこまで突っ込んで話せば、説得力があった。

でも、現在の民主党政権は理念に先走って、現実の政策が地に着いてない。
浮き足立っている。


『自殺者の少ない、愛がいっぱいの日本にしたいよね?』より
(2009年10月29日)

鳩山さんは分かっているのですよう!

『最も大切なこと』を

おろそかにし続けた政治

分かっているのに鳩山首相は、なぜ大切なことを実行しないのですか?

したくても鳩山首相にリーダーシップがないからできないのですよう。

マジで。。。?

国民の期待を裏切ってしまったから、現在、支持率が20%に急落してしまった。

鳩山首相は何をすべきだと。。。?

まず自殺者を無くす政策を推し進めなければならないでしょうね。それに、ゆとり教育をもう一度見直さなければならない。また、自然を破壊することを絶対にさけねばならない。トキだけの問題じゃない!やがてブーメラン効果で人間に災難が降りかかってくる!

デンマンさんが政治家になって日本を良くすればいいじゃありませんか?

あのねぇ~、政治家2世や3世が国会でやっている政治に参加したとて、まったく意味がない。僕は人生を無駄にしたくありませんからね。

じゃあ、デンマンさんは日本を良くするために何もしないのですか?

だから、こうして記事を書いているでしょう!

記事を書くぐらいで日本が良くなるのならば、政治家は要りませんわ。

あのねぇ~、国会の中をうろついている現在の政治家は、どいつもこいつも自分の事だけしか考えてないロクデナシですよう。そういう中に入って政治をやっても良くなるはずがない!

こうして記事を書いたってぇ日本が良くなるとは思いませんわ。

“言論は武器に勝る武器である。”

あのねぇ~、鳩山首相は“無血の平成維新”と言ったのですよう。でも、僕は現在の政治家に絶望しています。

デンマンさんは、絶望しながら記事を書いているのですか?

いや。。。希望を持っていますよ。近い未来に、その“無血の平成維新”をやってくれる中学生、高校生に僕は語りかけているのですよう。うしししし。。。
 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
現在の中学生や高校生の中から“無血の平成維新”をやってくれる志士が現れるでしょうか?

今の政治を見ていると、ダメになるところまで日本がダメにならないと、本当に日本を良くしようと立ち上がる“平成維新”の志士が現れないと思うのでござ~♪~ますわ。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、まだ興味深い話題が続くと思いますう。
あなたもどうか、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では、またぁ~。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水(2009年10月14日)』

こんにちは。ジューンです。

“言うは易し行うは難し”

あなたも何度となく

耳にしたことがあるでしょう?

この諺は世界的に

共通なのかもしれませんよね。

英語にも同じ諺がありますよ。

次のように言います。

“Easier said than done.”

“行うより言う方が易しい”

つまり、“言うは易し行うは難し”です。

要するに、なかなか思っているようには

あの世に行けないと言う事でしょうね。

ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『動物感動物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。