軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン


 
 
2013年3月7日 (木曜日)
 
 
軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン
 
 


(salon22.jpg)

デンマンさん。。。 私が送ったバレンタインの小包届きましたか?

届きましたよ。 3月4日に郵便屋さんがマンションの僕のメールボックスにカードを残しておいたのです。

どうしてカードなのですか?

見ると3月1日に僕のマンションのドアをノックしたけれど誰も居ないので本人が取りに来るように手配したというカードが入っていたのですよ。

3月1日はいつものようにデンマンさんはバンクーバー市立図書館に行ったのですか?

そうです。 最近、またパソコンがダウンして使えなくなりましたからね。。。

新しいのを買えばいいではありませんか?

小百合さんも新しいパソコンをまだ買ってないでしょう。

私が買うと子供たちが取り上げてしまうのですよ。 買う意味がないのです。 でも、デンマンさんはマンションに一人で住んでいるのですから誰も横取りしないでしょう?

あのねぇ~、最近、『ウォーキングで病気が治った』という本を読んだのですよ。


(lib30305.gif)

赤枠で囲んだ本ですか?

そうです。 もともと歩くことが健康にいいことは知っていたけれど、この本を読んだら毎日1万歩ぐらい歩くと常に健康で明るい幸せな暮らしができるということをしみじみと実感したのですよ。

つまり毎日、図書館に通うためにパソコンを買うことを止めてしまったのですか?

そうなのですよ。 毎日1万歩とまではゆかないけれど、行きと帰りで1時間歩くのです。 僕の歩くペースは1秒に2歩なのです。 。。。ということは1時間は60分。 秒に直すと 3、600秒、 つまり、僕の歩くペースでは1時間に 7,200歩の運動をしているのですよ。

1日に 7,200歩あるくと健康に良いのですか?

理想的には1日1万歩らしいのですよ。。。

私は家の中を歩くくらいで、外に出るときはいつも車だから、1日に500歩ぐらいしか歩いてないかもしれませんわ。

小百合さんも、いつも車ばかりじゃなくて歩いてくださいよ。

そうですわね。。。 最近ちょっとおなかが出てきたのですわ。

小百合さんも毎日図書館に歩いて通って本でも読めばダイエットしなくても胴回りの脂肪が取れますよ。 (微笑)

そうですわね。。。 考えて見ますわ。

いや。。。 考えるまでもありませんよ。。。 実行あるのみです。

そういうわけにも行きませんわ。 いろいろと用事があるし、トロトロと歩いていては、いつになっても用事が片付きませんわ。 それはそうと、バレンタインの小包が今年はずいぶんと長くかかってしまったのですわね。

そうですよ。 消印を見たら栃木の田舎の郵便局で1月30日に出したことになっていますね。。。

そうですわ。 私は1月29日に小包を作って、翌朝、子供を学校へ送って行った帰りに郵便局に寄って出したのですわ。

あのねぇ~、たぶん今年は船便船の都合が悪かったのだと思いますよ。 飛行機と違って郵便船は毎日、横浜港から出ているわけではないでしょうからね。

それにしても3月1日に郵便屋さんがデンマンさんのマンションにまで届けたとすると、それまでに1ヶ月かかているということですわ。 ちょっとかかりすぎですわよねぇ~。。。 早い時には2週間ほどで着いた時があったと思いますわ。

そうでしたか?

デンマンさんは忘れてしまったのですか?

言われてみれば、2週間ほどで小包が着いたことがあったような。。。 とにかく久しぶりに小百合さんの手紙を読んで心が豊かになりましたよ。

前略

元気ですか?

デンマンさんがロブソン通りを

ルンルン気分で図書館まで

歩いてゆけるように

心躍る甘酸っぱさの

フルーティMINTIA!

を入れました。


(mintia10.jpg)

最近、私もカバンに入れて

持ち歩いてます。

1年に一度ぐらいは

女の子の気持ちになって

ルンルン気分で

スキップしながら

舐めてみてください。

うふふふふ。。。

グリコ・アーモンドチョコも

入れました。

うららかな春のバンクーバーの

街を歩きながら。。。

また、フードストアに向かう

買いものついでに舐めてください。

それから、思いつくままに

お煎餅や、即席スープ

即席ラーメン、山菜そばも入れました。

日本の味を懐かしみながら

食べてみてくださいね。 

では。。。

早々

小百合より

2013年1月29日

デンマンさん。。。 イチイチこうして書き出さなくてもいいですわよ。 恥ずかしいですわ。

別に恥ずかしがらなくてもいいではありませんか。 手紙を読むと小百合さんが以外にギャルっぽいので微笑(ほほえ)ましいですよ。  それはそうと、奇妙なモノが入ってましたよ。

奇妙なもの。。。?

そうです。 GODIVA の PEARLS というミルクチョコレートですよ。


(godiva90.jpg)

どこが奇妙なのですか?

あのねぇ~、DUTY FREE のレベルが貼ってあって $7.00 という値段が表示されている。 しかも、Made in Greece. Distributed by GODIVA Chocolatier Rue de l’Armistice 5 Wapenstilstandstraat Bruxelles 1081 Brussel と書いてある。 それに、成分(Ingredients)には、なんと英語、日本語、中国語、ロシア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、アラビア語、ポルトガル語で書いてある。 いったい、これはどこで手に入れたのですか? ベルギーに行ったわけではないでしょう! 最近、アメリカの西海岸へでも行ったのですか?

そんな暇は、ありませんわよゥ。 もしロスかシスコに行くのだったら私はバンクーバーへ行きますわ。 たまたま、お友達がシスコへ行った帰りにデューティ・フリーでゴディバのチョコをお土産に買ってきてくれたのですわ。

そのおすそ分けですか?

そうですわ。 デンマンさんはGODIVAに拘(こだわ)っていたではありませんか。

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

小百合さんはよく覚えていましたねぇ~。。。 でも、GODIVA じゃなく Madame Godiva ですよ。

とにかく、普通のチョコでは面白くないと思って、ゴディバのチョコをおすそ分けしたのですわ。 (微笑) ところで、ロブソン・ストリートも変わったでしょうね。 「エゾ菊」というラーメン屋さんが、15年ぐらい前にシェラトン・ランドマークホテルの近くにあったのですけれど、今でもありますか?

1333 Robson Street でしたよね。 もうありませんよ。 つい最近、「Maruko Japanese Ramen」という店に変わりましたよ。


(maruko02.jpg)


(maruko03.jpg)


(stanley98b.jpg)

ホテルの名前もエンパイア・ランドマークホテルに変わりました。


(stanley97.jpg)

やっぱり、変わってしまうものですわね。

15年といえば二昔も前ですからね。 ネットの世界でなら、大昔ですよ。

その内、暇ができたらバンクーバーに行ってみようと思いますわ。

ぜひ来てください。 スタンレーパークの入り口の近くがマジで変わりましたよ。 レジデンシャル・ビルが立ち並び、入り口近くの公園も整備されて、もう昔の面影はありません。


(stanley93.jpg)


(stanley92.jpg)

小百合さんがやって来たら、全く違う場所にやって来たという錯覚を持つかもしれませんよ。

それほど変わりましたァ~?

僕の目にも変わったように思えるのだから15年も見ていない小百合さんの目には、別の街に来たような印象を持ちますよ。 


(stanley96.jpg)


(stanley95.jpg)


(stanley94.jpg)

このような所がスタンレーパークにあったかしら?

スタンレーパークの近くにあった昔のベイショアイン(Bayshore Inn)の近くの風景ですよ。

言われてみれば、確かに、こんな風景があったと朧(おぼろ)に思い出しましたわ。
 
小百合さんも物忘れが激しくならない内にやって来てくださいね。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

とにかく、興味深い話題が続きますう。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『桜のメルヘン』

■ 『愛とロマンとダイエット』

■ 『愛の追憶』

■ 『午前3時のあなた』

■ 『ビミョ~っていうか』

■ 『お股の花々』

■ 『ロマンの追憶』

■ 『ヒシしようよ』

■ 『デンマンと松本清張』

■ 『愛犬と神さま』

■ 『思い出@天の川』

■ 『ばあやと小百合さん』

■ 『座薬と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『東電社員と愛の自転車』

■ 『梅から桜の国へ』

■ 『小百合さん@行田』

■ 『夢をかなえる』

■ 『やっぱり魂あるよね』

■ 『名物先生と斜陽日本』

■ 『言うことは誰でもできるけど…』

■ 『病気を診ずして病人を診よ』

■ 『ネットと行田中央総合病院』

■ 『行田中央総合病院』

■ 『病院の悪い評判』

■ 『どっちが親切?』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『桜と名女優』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『義理チョコと本命チョコ』

■ 『肥後ずいきと洲浜』

■ 『北本と洲浜』

■ 『小百合さんお呼びですよ』

■ 『ワンワンちゃん』

■ 『熊谷駅中のベーグル』

こんにちは。ジューンです。

ゴディバ・ショコラティエ(Godiva Chocolatier)は1926年、ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立しました。

その後、1958年パリに販売店を開いて国外に進出したのです。

1966年にはキャンベル・スープ・カンパニーの支援を受けてアメリカにも進出しました。

1972年にはキャンベル社が買収し、その傘下に入ります。

でも、2007年12月になると、経営戦略の違いなどからキャンベル社は売却を決めました。

トルコの企業であるユルドゥス・ホールディングス(同国最大の食品企業「ウルケル・グループ」の親会社)が買収しました。

現在、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの80ヶ国以上で専門店を持ち、北アメリカだけで1000店舗以上の販売店を展開しています。

日本では、昭和47年(1972年)に日本橋三越に第1号店がオープンしました。

現在では、200店舗以上が日本各地に広まっています。

インターネットでの通信販売も手掛けています。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック2件 to “軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン”

  1. 軽井沢タリアセン夫人の真珠 | Denman Blog Says:

    […] ■『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』 […]

  2. また、バレンタイン? | Denman Blog Says:

    […] 『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』より (2013年3月7日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。