放射能に汚染される山河


 
2011年9月10日 (土曜日)
 
 
放射能に汚染される山河
 
 

件名:バンクーバーは3連休でした

きゃはははは。。。

Tue, Sep 6, 2011 2:22 pm.
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 9月7日(水曜日)午前6時22分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

小百合さん元気ですか?
今日、月曜日(9月5日)はLabor Day で土、日、月と3連休でした。
バンクーバー図書館は、土日は開いていたけれど今日は閉館で、だからパソコンもネットも使えません。
それで、今朝はクロワッサンとカフェオレで朝食を済ませてからイングリッシュ・ベイを散歩したのですよ。

雲一つない快晴で、これ以上すばらしい天気は望めないほどにカラッとした青空がどこまでも続いていました。
気温は午前10時で20度。

スタンレーパークのSeawall のベンチに座って『ヨーロッパ・カルチャーガイド イギリス』(株式会社トラベルジャーナル)を読み始めました。
33ページに面白いことが書いてあった。
イギリスの映画界には「映倫カット」がないとか。。。
ビクトリア朝時代には椅子の脚を露出させることもワイセツだとされて曲線を隠さねばならなかったとか。。。
どうりでビクトリア朝の時代の女性は足を見せないように長いスカートをはいていた。

しかし、椅子の脚の曲線がなぜワイセツなのか?
マジで理解できませんよ。

でも、思い当たることがありました。
そう言われてみると『裸はいつから恥ずかしくなったか』(新潮社)の31ページに次のように書いてあった。
「ピアノの足に小さいスカートを巻き付けて、その曲線を隠した」
しかもビクトリア時代の男の中には
「初めて見る新妻の恥毛に腰を抜かした」新郎が居たとも書いてある。
マジかよう!?

とにかく、その反動で映画界では「映倫カット」がないのだそうです。

読んでいて呆れたと言うか、バカバカしくなったので本を閉じてハイキングでもしようと思いたちました。
10数年ぶりにスタンレーパークを一周しようと歩き出したのです。
午前11時に歩き出してマンションに戻ったのが午後5時。
ゆっくり歩いて途中で1時間休憩して昼食代わりにバナナを二本食べたけれど、結構しんどかった。
右足の親指に小さなマメができた。
最高気温は午後2時に26度。

コペンハーゲンにある「人魚の像」と瓜二つのように見える“Girl in Wetsuit”というブロンズ像が岸辺の岩の上に座っているのですよ。
その辺りに人だかりがしていたので何かな?と思って近寄ったら、
なんとカワウソの一家(両親と子ども2匹)が岸壁の石段に上がって来て、じゃれているのですよ。
よく見ると通行人から餌をもらったようで、それを取り合うようにして食べているところでした。
野生のはずだけれど人に馴れてしまって餌をねだったりしている。
子どもたちは「かわいい、かわいい」といいながらデジカメで写真を取りまくっていました。

今年の夏はいつもより日焼けしました。
例によって秋には行田に帰省する予定です。
また小百合さんと会いたいですね。
たぶん、僕があまりに日焼けして黒くなったので小百合さんは驚くことでしょう!?

また、「さきたま古墳公園」の休息パビリオンで“アイリッシュ・コーヒー”を飲みましょう!
SAFEWAYで Irish coffee beans を一袋買ってゆきます。
今度はパビリオンの向かいにある「田舎っぺうどん」を小百合さんと一緒にぜひ食べたいですね。

小百合さんもたまには息抜きをするつもりで、
癒しも兼ねて、
それに、思い出を作るためにも愉快なプランを考えておいてください。
楽しみにしています。
じゃあね。

パソコンとネットが使えないとデンマンさんはバンクーバーの休日を楽しむのですわね?

そうですよ。。。マンションにパソコンがあると、のべつ幕なしにキーボードをたたいてしまうので休む暇がないのです。

マンションにある自分のパソコンは相変わらずダウンしたままなのですか?

そうです。。。しばらく図書館のパソコンを使うことにしたのですよ。

どうして。。。?

図書館に通うとなれば毎日往復、1時間かけて歩きますからね。。。いい運動になるのですよ。 街路樹にはさまれて森林浴をしながらルンルン気分で散歩するのです。 いい気分ですよ。 それにシルヴィーさんとダイアンさんも、ほとんど毎日図書館にやってきますからね。。。

仲良しのお友達ができたようですわね。

うししししし。。。パソコンがダウンしたおかげですよ。

それに大きなお尻のMarwa (マーワ)さんとも知り合いになれたようですわね?

あれっ。。。小百合さんはよく知ってますねぇ~。。。

次の記事を読みましたわよ。

『美尻 (2011年9月9日)』

面白かったでしょう?

写真狩りに遭(あ)わなかったのですか?

いや、実は、またアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の写真狩りに遭いましたよ!

やっぱり大きなお尻の写真がダメだったのですか?

多分、裸で写っている別の大きな尻の写真がダメだったと思いますよ。 でもねぇ、問題の写真が掲載されている次の記事は Tripod のサイトで、すでに10年近くも問題にされてないのです。

“Sticking-out Buttocks”

(2002年9月26日)

他のブログではどうなのですか?

全部チェックしたわけじゃないけれど、僕の知る限り『美尻』が未公開にされたのはアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)だけですよ。

僕の記事に関する限り、アメブロの愚かな管理人だけが言葉狩りと写真狩りをしているようです。

デンマンさんが書いた「美尻」についての記事が 2,800件以上も表示されているではありませんか!

そうなのですよ。 僕の知る限り、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人が最悪です。 芸術を理解する教養を持ってないし、記事を読んで判断していない。 つまり、文字離れして国語の読解力がからっきし無いのですよ。 無教養な管理人がムキになって言葉狩り・写真狩りをしているのです。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。 次の検索結果を見てください。

分かるでしょう! アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の芸術が理解できない、国語の読解力がからっきし無い管理人がムキになって 990,000件以上の記事を検閲して未公開にしているのですよ。

デンマンさんも、あまりムキにならずに、寛容の心を持って見守ってあげたらどうですか?

あのねぇ~、アメブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人のような人間が日本に多くなると日本はますます暮らしにくくなるのですよ。

ところでデンマンさんは、いつ日本へやって来るのですか?

9月の下旬です。 また例によって1ヶ月ほど日本に滞在しますよ。

「さきたま古墳公園」へも行くつもりですか?

そうです。 小百合さんも「さかもと」でまたゼリーフライが食べたいでしょう?

そうですわね。。。上の写真を見たら無性に懐かしくなってきましたわ。

また休憩パビリオンで小百合さんといっしょにローズティーを飲みましょうね。

そうですわねぇ~。。。私ものんびりとローズティーでも飲みながら生八ツ橋を食べたいですわ。

小百合さんは栃木に居るのだから、出かける気になればいつでも「さきたま古墳公園」に行けるでしょう?

でも、子供が学校で、なにかと問題を起こすのですわ。 のんびりとした気持ちで「さきたま古墳公園」へ行くようなわけにはゆかないのです。

あのねぇ~、子供の世界で子供はいろいろと悩んでいるのだから、小百合さんまでが子供と一緒に悩んでも仕方がないのですよう。

そうでしょうか?

そういう時には母親はおおらかな気持ちで子供を温かく見守っていればいいのですよ。 子供が母親の笑顔を見てホッとするような、そんな場を作ってやることですよ。 家に帰ってきて母親の笑顔を見ると子供はホッとして安心できる。 家に帰って来た時ぐらい子供は学校での嫌な事を忘れたいのですよ。 小百合さんにだって、そんな子供の頃があったでしょう?

確かに、言われてみればそうかもしれませんわね。 でも、うちの子供は手に負えないのですわ。

あのねぇ~、母親がそう思ってしまってはダメですよ。 先生や友達がダメな奴だ!と思っていても、小百合さんだけは常に子供の味方をしてやらないと。。。そうでないと、子供がホッと一息つく場所がまったく無くなってしまうでしょう。 子供をますます追い込む結果になってしまいますよ。

でも、子供の味方になるということは甘やかすことになりますわ。

でもね、子供が孤立してしまって、さらに母親がガミガミ小言を言ったら子供はますますひねくれてしまいますよ。 最悪、自殺に追い込んでしまうかもしれませんよ。

そうでしょうか?

だからねぇ、悪い事を言わないから、そういう時には小百合さんが自分の気持ちを静めるのですよ。 冷静になって子供を温かく見守るつもりになるのですよ。

でも、なかなか、そのような温かな気持ちになれないのですわ。

だから、そういう時には無理をしてでも気分転換に外出するのですよ。

「さきたま古墳公園」へ行くのですか?

「さきたま古墳公園」が飽きたら「古代蓮の里公園」か「水城公園」へ行けばいいじゃありませんか? 小百合さんも懐かしいでしょう!?

件名:おはよう!昨日はお袋を見舞った後で、

叔母と「つるや」で手打ち蕎麦を食べました。

きゃはははは。。。♪┌(・。・)┘♪

日付: Sun, 01 Nov 2009 12:32:49 +0900
差出人: “denman@coolmail.jp”
宛先: “sayuri@hotmail.com”
CC: “barclay1720@aol.com”

10月30日の金曜日は盛りだくさんの一日になりました。
僕の実家の近くにある「とんでん」で食べた“茶蕎麦”はメチャうまかった。
10年ほど前に親父がまだ生きていた頃、両親と一緒に食べた茶蕎麦の味でした。

本当に懐かしかった。
小百合さんは伝統的な昔ながらの蕎麦を食べたけれど、今度は、ぜひ僕の好物の茶蕎麦を食べて行田の思い出を懐かしんでね

蕎麦を食べてから「古代蓮の里公園」へ行って直売店で行田市で取れるいろいろな野菜やお土産物を見たけれど、改めて行田の豊かさを感じましたよう。

“ふるさとは遠くにありて思うもの”

うん、うん、うん。。。室生犀星の言葉だけれど、
こうして故郷にやって来ると改めて故郷の豊かさに気づきます。
小百合さんと一緒に古代蓮の神秘的な花を見ながら語り合えたら、さらに幸せな気分に浸ることができたかもしれません。
残念ながら古代蓮の花は咲いてなかった。
8月だけでなく、秋にも咲く古代蓮を作れないものか?

もし、秋に古代蓮が咲いているなら、
今度は古代蓮を見ながら“Hよりも感じるハグ”をして
再会を喜び合いたいものです。

\(^ヮ^)/ ギャハハハハ。。。

「古代蓮の里公園」でのんびりと散策した後で「水城公園」へ行きました。
まさか小百合さんがまた“とうもろこし”を焼いてくれるとは思いませんでした。
簡易コンロを持ってきて、刷毛(はけ)でタレを塗りながら旨そうに焼けた“とうもろこし”は小百合さんの真心の味がしました。
マジで。。。!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

公民館の前の池の端(はた)で、何も知らない人が見たらホームレスのカップルが貧しい夕食を取っているように見えたかもしれません。
ちょうで池に住む一匹のガチョウのために近所で暮らす30代の女性が餌をやりにやって来ていました。
パンの耳とレタスをガチョウにあげていたけれど、とうもろこしの焼ける旨い匂いがガチョウの食欲をそそるのか?小百合さんがコンロでとうもろこしを焼いている池の端(はた)に寄ってくるのでした。

“チョウ助”も、とうもろこしが食べたいの?”

その女性はそんなことを冗談で笑いながら言っていたけれど、小百合さんが答えて言いました。

“このガチョウは、とうもろこしを食べませんよね(笑)”

そうなんだよね。10月16日に小百合さんが初めて水城公園にやって来た時、Pure Whiteのとうもろこしを僕に焼いてくれたけれど、その前に、生のとうもろこしを COB からとって僕は“チョウ助”に食べさせようとしたのでした。
でも、食べなかった。
たぶん、量が少なかったのでガチョウには良く見えなかったのかも?

水城公園で黄色い“とうもろこし”を食べてから小百合さんと一緒にイオン(eaon)モールへ行きました。
“シナモンメルツが食べたいわ。”
小百合さんは、かなりこだわっているようでした。
僕は、別に食べたいとは思わなかったけれど。。。

でも、モールの中にあるマクドナルドの店でのんびりと語り合うことができました。
カナダで食べるシナモンメルツとは形や感じがちょっと違うんだよね。
ほんの少しだけシナモンメルツを小百合さんが食べさせてくれたけれど、
味はシナモンロールとあまり変わらなかった。

小百合さんによると、サワークリームに砂糖を混ぜてあるらしい。
そう言われて味わってみると、確かにサワークリームのすっぱさが舌に感じられたような。。。
でも、言われなければ分からないすっぱさでした。

マクドナルドでコーヒーを飲んだ後で小百合さんと一緒にお袋を見舞いに行田中央総合病院へ行きました。
小百合さんと再会してお袋も喜んでいましたよう。
小百合さん、ありがとう!
お袋は、小百合さんと再会して元気をもらったようでした。

昨日(10月31日)は、叔母と一緒にお袋を見舞いました。
その後で「つるや」で手打ち蕎麦を食べました。
小百合さんも手打ち蕎麦にこだわっているけれど、叔母も蕎麦にはかなりのこだわりを持っています。

それで、10月30日に小百合さんと一緒に見つけた手打ち蕎麦の「つるや」に行ったのですよう。
蕎麦屋らしい昔ながらのインテリアに、日本に居る事を実感させられました。

「つるや」のあとで行田中央総合病院の近くのBelc の敷地内にある Mos Burger でコーヒーとコロッケを食べながら2時間ほど粘(ねば)って積もる話をしたのでした。

ところで、昨日、行田観光協会のフライマップには出ていないゼリーフライの店を見つけました。
お袋を見舞いに小百合さんと行田中央総合病院へ行ったけれど、まだ小百合さんの記憶にあると思います。
国道125号線からそれて病院の駐車場へ行く、その道の角。
つまり、駐車場の前の道に進入する角のすぐ近くの肉屋さんでゼリーフライを作っていますよ。
一枚60円です。
買って食べなかったけれど、多分、衣(ころも)にはパン粉が入っているかも?
今度、行田へ行く機会があったら食べてみたらいいよ。

大体書き終わったので、これから「ネットカフェ・ミルミル」で牡蠣フライカレーを食べ、その後でウィンナコーヒーを飲みながらブログの記事を書きます。
記事のタイトルは「心のぬくもりを感じさせる医療」
小百合さんと再会した幸せを噛み締めながら。。。

ヽ(´ー`)ノ きゃはははは。。。

ありがとう。

じゃあね。

(V__/)
(+’.’+)
(“)_(“)


『心のぬくもりを感じさせる医療』より
(2009年11月2日)

そうですわね。。。デンマンさんがやって来れば出かける気になるかもしれませんわ。

小百合さん一人でも「水城公園」に出かけてガチョウの“チョウ助”と遊んでやってくださいよ。

あのガチョウ、まだ生きているかしら?

独りぼっちになって寂しそうに生きてましたからね。 どうしているのか? 行田市役所も独りぼっちになってしまったガチョウの気持ちになって仲間を連れて来てやればいいのだけれど。。。

日本は原発の放射能汚染騒ぎで、気分的にガチョウの寂しさまで考えてあげるゆとりがないのですわ。

あのねぇ~。。。日本は狭い国に人が多すぎるのですよ。 だから人が住んでいるすぐそばに危険な原子力発電所を建ててしまう。

でも今更、原子力発電所を他の場所に移すのは遅すぎますわ。

だから、いっそのこと日本政府に不満を抱いている人たちがブータン王国に移住すればよいと思うのですよ。

ブータン王国ってそれほど素晴らしい国なのですか?

今、僕は『幸福王国ブータンの智恵』という本を読んでいるのですよ。 その本によると、国民の97%が幸せだと感じているそうですよ。 日本のいったい何パーセントの人が幸せだと感じていますか? 小百合さんはどうですか?

幸福王国

2005年の調査で、国民の97パーセントが幸福だと感じているという結果が出たそうです。 今はどうなのか、政府関係者にたずねてみました。 「数字で表すのはむずかしいけれど、多くの人が幸せだと思っているはず」との答えが返ってきました。 いま、実際には失業者もわずかですが存在します。 多くの人たちが幸せそうではありますが、貧富の差があることを首相も認めています。

しかし、国民の多くが幸せだと感じているこの国は、世界中の国々とくらべてもまれな存在です。 町の人たちに聞くと「ブータンに生まれてよかった」と口々に言います。 「ブータンにいるから幸せだ」と胸を張ります。 ただの能天気なのかと一瞬思えるほどです。 日本で同じ問いかけをしたら、いったいどれほどの人が幸せだと答えるでしょう。

(注: 赤字はデンマンが強調
写真はデンマン・ライブラリーから)


91ページ 『幸福王国ブータンの智恵』
2009年7月8日 初版第1刷発行
著者: アスペクトブータン取材班
発行所: 株式会社アスペクト

“BHUTAN: Taking The Middle Path

To Happiness” Trailer

私の場合、日本政府に対しては不満だらけですわ。

でしょう!? だから、小百合さんの場合にはカナダに移住すればよいのですよ。

でも、そのようなわけにもゆきませんわ。 私一人ならば移住してもかまいませんけれど、一家で移住なんて、まず主人が反対しますわ。 土地、家、事業まで、すべてを売り払うなんて考えられませんわ。

でも、昔の移住者たちは皆そのようにして移住したのですよ。 だからねぇ、やってできないことはない。 意識の問題ですよ。

じっくり考えてみますわ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
あたくしはイギリスへ移住しようかしら?
ええっ。。。なぜイギリスなのかってぇ。。。?
だってぇ、あたくしはビートルズの熱烈なファンなのでござ~♪~ますもの。。。
うふふふふふ。。。

“キャ~ 素敵ィ~♪~”

でもねぇ~、日本も含めて世界中にビートルズの熱狂的な嵐が吹き荒れたのは、あたくしが生まれる以前のことでしたわ。
ところが何度も何度も、あたくしはビートルズの夢を見るのでござ~♪~ますわ。
軽井沢の万平ホテルに行くと
ジョンレノンとあたくしがカフェテラスで会うような気が、マジでするのでござ~♪~ますう。

滞在中のジョン・レノンは朝9時半ごろ、

このカフェテラスに下りてきたのですよ。

わたしたちに「おはようございます」と

日本語であいさつしたものですわ。

いつも庭に面した一番奥の席にすわって、

他のお客様には背を向けるような格好で

腰掛けていました。

ジョン・レノンのお気に入りは

ローヤルミルクティーでしたわ。

『幸福の谷』より
(2008年4月6日)

あたくしは万平ホテルのカフェテラスでマジでジョン・レノンとローヤルミルクティーをいただいている記憶が鮮明に甦ることがあるのでござ~♪~ますわ。
あなたは信じられないでしょう?
あたくしだって信じられないのですから。。。
おほほほほほ。。。

とにかく次回も面白くなりそうですわ。
だから、あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあねぇ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんはコラージュの名人ですわ。

これもコラージュで、でっち上げたのですわ。

この上のサイクリングの写真は次のようにして

コラージュしたのですわ。

この上の写真がバックグラウンドになるのです。

この写真から3人のサイクリストを取り出します。

余計な部分を取り除きます。

そして一人をコピーして描き加えます。

それから背景の上に重ね合わせます。

わたしも、おばさんパンツを穿かせられて

何度となくデンマンさんのブログに

登場していますけれど、

すべてコラージュですわ。

これもコラージュです。

実物のわたしは、もう少し

太っているのですわ。

うふふふふふ。。。

写真を撮ってお見せできるような

スタイルではありません。

減量してスマートになったら、

実物のわたしをお見せできると思います。

期待しないで待っててくださいね。

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてくださいね。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。