愛しい人


 

2008年11月14日 (金曜日)

 

愛しい人

 


(giou-ji2.jpg)


(sayuri5.gif)

美味しかったです

投稿日時: 2007-11-29 10:13AM

デンマンさんが帰国する前日(11月10日)、お会いしましたが
忙しかったのですね。
あれから デンマンさんにいただいたフライマップを見て
お薦めの「かどや」に寄りました。

夕方だったので お酒をのんでいる人がいて二人。
でも私はきどってないので、その方達と話しながら、
やきそば、ゼリーフライ、それに、とってもでかい行田のフライを食べました。
あの日もずっと移動でお腹が空いて速く食べたくて 食べたくて。。。

2人のおじさんは 私が地元の人でないと分かると、すぐ館林と当てました。
学校も。
正田美智子さんの話や花山のことや分福茶釜のことも飛び出しました。
私はあんな20分位の時間を一生忘れない思い出にしてしまいました。 

いつも病院通いです。
移動してばかりいます。
最近の私には楽しいことさえ無く、おいしい物さえ食べてなく
ただ息してました。


(zenifry3.gif)

美味しかったです。
特にゼリーフライ(2枚)
なんなんなん?
と思うぐらい不思議なものでした。
コロッケでもなく もちでもなく、
パン粉がついてないのでパクパクと食べられました。

ゼリーといっていいかもしれない。
熱いくず粉のソース味のゼリーでした。 
原料は葛ではないだろうけど感触が私には葛に似ていた。

カラシ付けて食べるお肉のシュウマイでなく、
葛のような色が透明で玉ねぎ味のソースを付けて食べるシュウマイを
デンマンさんは知ってますか? 
おまえ 何でできてるの?といつも不思議です。


(shrimp2.jpg)

お肉のシュウマイは3個でご馳走様だけど
あれは6個ぐらい 食べられます。
スーパーボウルのように透明で、子供のおもちゃのような、
食堂の入り口に飾ってある食べられないサンプル商品のように
かじったら、口のなか ろうそくの味になってしまいそう。

カナダには無いと思う。
あのシュウマイの次に不思議な食べ物でした。
。。。というか 物体でした。
行田のフライも大きくて色からして物体でした。


(gyoudafry3.gif)

焼きそばは鉄板の味がして
自分が作る物とは違い、屋台の味です。
お腹きつくなって、あの日実家に泊まったのでご飯も作る気もなく
「かどや」で夕飯を済ませました。

こんな コメントでデンマンさん がっかり?
おいしい アツアツの物体でした。  

by 小百合


(sayuri3.gif)


『いきいきのびのび』より
(2008年11月12日)


2007年11月29日に小百合さんは、上のメールを書いたのです。
去年のことです。

懐かしいなあああぁ~

このメールに基づいて2007年の11月30日に僕が書いたのが次の記事です。

■ 『いきいきのびのび小百合さん(2007年11月30日)』

今年(2008年)の11月12日には記事を3つ書きました。

1) 『手加減(2008年11月12日)』

2) 『いきいきのびのび(2008年11月12日)』

3) 『心優しいハグ(2008年11月12日)』

2番目の記事は、実は2007年11月29日に書いた記事の丸写しです。
3番目の記事は、おととい(11月10日)書いた記事を11月12日のために予約投稿したものです。

不思議だと思ったのは、小百合さんも僕も去年の今頃を思い出していたのですよね。
小百合さんは11月10日に次のようなメールを書いたのです。


(karu003.jpg)

日付: Mon, 10 Nov 2008 10:17:26 +0900 (JST)
差出人: “dominion@yahoo.co.jp”
件名: ブログに出さなくてもいいよ。
宛先: “デンマン さん” greenok@infoseek.jp


(sayuri31.jpg)

おはよう ございます
11月9日は 寒い日曜日でしたね。

でも デンマンさんのお母さんは
少し忙しくなった日々を 楽しんでいるでしょうね。
(今朝は何を 食べさせて あげようかな?) なんてね。

朝方 冷えたね~、
毛糸のニット帽を かぶって 寝るんだけど どっかいってしまい
寝ぼけまなこで またかぶって 一晩に何度も かぶり直して。
頭に湯たんぽ しよう。

10日(月曜)はミルミルでしょう? 行田に行こうかな?
デンマンさんはパソコンやってれば! 私 本読んでるし、 
でも ひどい 寒い雨だったら 行かない、 次の日にします。

10日 ミルミルで メール読んだら 返信ちょうだい。  
このメールはブログに出さなくて イイよ。 

もう ミルミルに着きましたか?
今日も寒いけど これから 母のとこに 行ってきます。
暖かい日 だったら 行田に行こうと思ったのですが・・

明日(11月11日)の火曜日、デンマンさんは 何か用事があるの?
天気よかったら 館林駅に来たら?
ケイタイに電話ちょうだい。


(zenifry3.gif)

私が行田に行っても いいけど たまには こっちもイイよ。
ついでに かどやのゼリーフライ 買ってきてね!
私 イモフライ 買っていくよ。 
じゃあね。


(imofry10.jpg)

こんなの ブログだしたら ダメよ。

11月10日 10:16 AM


『心優しいハグ(2008年11月12日)』より

“思い出を食べるグルメ”の小百合さん。

思い出を大切にする小百合さん。


(sayuri80.jpg)

うん、うん、うん・・・
そんな小百合さんのことを改めて思い知らされたのでした。

館林駅で小百合さんと別れてから僕は羽生で秩父線に乗り換えて
東行田駅で降りて「かどや」に歩いていったのでした。
5分も歩けば「かどや」です。
開いていました。
午後4時半でした。
家族の土産にと、ゼリーフライ4つと焼きそば4人前を注文してから
お店をやっている60代のおばあちゃんとおじいちゃんに
営業時間を尋ねたのです。

小百合さんがかつて午後4時半ごろ「かどや」に行ったら閉まっていたと言ったのです。
それで、僕が確かめたのですよう。
そうしたら、営業時間は午前11時半から午後6時までと言う事でした。
定休日は日曜日。

バンクーバーでは午前10時になると、ほとんどのお店が開くのです。
そのつもりで僕は11月12日午前10時頃、実家を出て「かどや」を目指して歩いていったのです。
ところが、ほとんどの店が閉まっているのですよね。
もちろん「かどや」も閉まっていた。

そう言う訳で、小百合さんのためにゼリーフライのお土産を買って持ってゆこうと思ったけれど
それは、かなわなかったのです。

僕は何十年ぶりかで「かどや」のあたりを歩いたのですが、
子供のころの面影はまったくありませんでした。
下町の気取りのない店で“寅さん”が出てきそうな雰囲気です。


(tora06.gif)

お店をやっているおばあちゃんもおじいちゃんも
“寅さん”の映画に出てきそうな好人物でした。

実家に持って帰ったら、「かどや」の“焼きそば”はメチャ受けた。
実にうまかった。

ゼリーフライは、僕が子供のころ食べた味と違うのですよう。
子供のころ“ゼニ(銭)フライ”と呼んでいたオリジナルのゼリーフライは“オカラ”をたくさん使っていた。
でも、「かどや」のゼリーフライは“オカラ”特有のパサパサ感が無くてモチモチしているのです。

“冷たくなったゼリーフライを食べたら草履(ぞうり)を食べたような気がした。”

小百合さんがそう言っていたので、じっくり味わいながら食べてみたのだけれど、
なるほどォ~。。。
実にうまい形容でした。


(gyaha.gif)

僕は食べてみて、すぐに納得できましたよう!
うしししし。。。

でも、焼きそばはマジで、うまかった。
“また買ってきてね。”
お袋は、絶賛していましたよう。


(giou-ji5.jpg)

小百合さんが11月7日(金曜日)に行田にやって来ました。
かつて子供と一緒に行ったという行田市役所の近くの「駒形屋」へゆきました。
ゼリーフライの店です。
行田観光協会のフライマップにも載っている店です。
コーヒーも飲めるので、小百合さんは、この店に行きたくなったと言うことでした。
この店のゼリーフライはオリジナルの“ゼニフライ”に近い味でした。
“オカラ”を使って揚(あ)げた懐かしい味でした。


(zenifry3.gif)

でも、中に入っている具が、わずかに違っていました。
同じゼリーフライでも、お店によって味が違うのでしょうね。

2008年の日本への帰省は、なぜか不思議に白鳥と縁がある。


(swan0023.jpg)

館林駅に着くと小百合さんが迎えに来てくれて「花山」へ行きました。
「花山」と呼ぶのは地元で育った40代の人たちが、そう呼ぶらしい。
館林市のガイドマップを見ると「県立つつじが丘公園」と書いてある場所です。


(tsutsuji2.jpg)

五月ごろ来れば、きれいな“つつじ”がたくさん咲いているのでしょう。
当然のことですが、11月なのでつつじは咲いていなかった。
ところが桜が咲いているのですよね。


(cherry21.jpg)

11月に桜が咲いている!
ビックリしました。
この写真ほど見事なものではありませんでした。
でも、間違いなく桜の一種です。
小百合さんもビックリしていました。
名前は分かりません。

バンクーバーやバーナビーの植物園のように名札をつけてくれればいいのに!
小百合さんは、そう言っていましたね。
ごもっともです。

旧秋元別邸(最後の館林藩主・秋元家の別邸)の菖蒲園(しょうぶえん)のすぐそばにある橋の近くに
白鳥が3羽居ました。
泳ぎ疲れたのか3羽とも岸辺に上がって草原(くさはら)の上で羽を繕(つくろ)って
これから昼寝するところでした。
小百合さんは近寄るのが怖いと言うのですよう。

40代の女性の怖さを持っている小百合さんにも
こういう童女のような繊細さがあるのですよね。
小百合さんの“かわゆい”ところです。

僕は50センチまで近寄りましたが
その白鳥たちも、人に慣れているようで
全くビクビクしませんでした。

旧秋元別邸の近くに田山花袋が9歳から14歳まで住んでいたという旧居が保存されていました。
田山花袋の『田舎教師』を読んだ事がありますが、
僕の記憶では、主人公は羽生の田舎にあるお寺に下宿して僕の母校・熊谷高校(当時の旧制熊谷中学)に毎日、朝4時から5時ごろに起きて4時間歩いて通っていた、というような事を読んだことがあります。
初めて読んだ時、信じがたい事をしていたものだと驚きました。
僕が通ってた頃、校長室の前の廊下にガラス張りのケースがあって、
その中に旧熊谷中学校第三回卒業生の写真の中に、
田山花袋の少年時代の姿を見たことがあります。

小百合さんが卒業した館林女子高校は田山花袋の旧居から歩いて5分のところにありました。
女子高時代、校門の近くの食べ物屋さんで
ラーメンだか、うどんだか、あるいはカップヌードルだったか。。。
それを買って戻って来る時に校門のすぐ前で、それをぶちまけてしまい、
後片付けをしなければと思ったけれど、
結局、何もしないでそのままにして教室に戻ってしまった。
そんな事をいつだったか小百合さんが書いていました。

12月にバンクーバーに戻るまでに
小百合さんの面白いエピソードが、もっともっと聞けるような気がするのです。
楽しみにしていま~♪~す。

では、小百合さんに捧げる短歌を。。。

館林

季節外れの

桜咲き

かわゆいきみに

胸ときめかせ

(cherry81.jpg+sayuri78.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

今日は小百合さんとデンマンさんの投稿のやり取りだけの記事になりました。
あたくしもデンマンさんにお会いしたいのでござ~♪~ますわ。
でも、来年(2009年)の秋に軽井沢に一緒に行くから、今年は京都に閉じこもっていなさい!
デンマンさんは、あたくしに、そのようなつれないことをおっしゃるのでござ~♪~すわぁ~。
繊細な女心をちいっともご理解していないのですわ。んも~~。

去年(2007年)のクリスマスに、あたくしは初めてバンクーバーに行きました。
デンマンさんと過ごした楽しいクリスマスが思い出されますう。
バンクーバーは、とっても素敵なところでしたわ。

そして今年の元旦には寒中水泳に参加したのでござ~♪~ますわ。
毎年、元旦になるとバンクーバーのイングリッシュベイで行われるのです。


(polar10.jpg)

これって、マジで元旦の寒中水泳ですわ。
真冬なのです。
ビックリするでしょう?

確か水温が5度で気温が4度だったように記憶していますわ。
そうなのですわよう。
水の中の方が1度だけあったかかったのでござ~♪~ました。
おほほほほ。。。

とにかく、あさって、まだ面白いお話が続くと思います。
あなたも、どうか、読みに戻って来てくださいましね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(karumika.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(bare04e.gif)

こんにちは。ジューンです。

そうなのですわ。

毎年元旦にはイングリッシュベイで

ポーラーベア・スウィムが行われるのです。

文字通りに訳せば

“北極グマと一緒に泳ごう”

とでも訳すのでしょうか?


(polar20.jpg)

Polar Bear Swim

日本で言う“寒中水泳”ですわ。

2008年元旦のポーラーベア・スウィムは

第88回目でしたわ。

2009年は89回目になります。

わたしは卑弥子さんと一緒に

泳ぎました。

でも、デンマンさんは震えながらただ見ているだけでしたわ。


(polar05.jpg)

“どうして泳がないの?”

“バンクーバーで心臓麻痺で死にたくないんだよう”

ですってぇ~ (微笑)


(june001.gif)

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間が合ったら次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(shark03.jpg)


(byebye.gif)

コメント / トラックバック1件 to “愛しい人”

  1. 昭和の表象空間 | Denman Blog Says:

    […] 『愛しい人』より (2008年11月14日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。