愛の追憶


 
 
2012年7月13日 (金曜日)
 
 
愛の追憶
 
 

 

Subj:ただいま 戻りました

Date: 08/03/2008 10:26:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間: 3月9日午後3時26分
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

 
東京ではホテルでゆっくりしました。
横浜は久しぶりで 山下公園の港の景色を見て
本当にリラックスできました。

そして好きな街だから
関内のほうまで たくさん歩いて

ふと バンクーバーの夕暮れ時のダウンタウンの冷たい空気を感じました。
東京では感じません、

広い道路 高い古いビル TAXIの多さ
サイレンとノイズ、レンガや石畳
歩く人の多さ。

田舎では道路は広いが歩いてる人は少なく、
新都市計画で建物は真新しく。
横浜は軽井沢の次に住みたい街です。

デンマンさんの住んでる建物はどんな感じ?
ビル全体 ツタに覆われて、
ダウンタウンの匂いがするの?

小百合より

デンマンさん。。。、ずいぶんと古いメールを持ち出してきましたわね。

2008年の3月ですよ。。。それほど古いメールではないですよ。

ネットで3年は一昔だとデンマンさんは言っていたではありませんか。

それはネットの技術的な進歩を考えた場合で。。。過去の出来事を追憶する時の3年など、まだまだ記憶に新鮮によみがえってきますよ。 そうじゃありませんか!?

確かに言われてみればそうですわね。 東京でくつろいで、それから横浜へ行って山下公園をそぞろ歩いて。。。考えてみれば4年が過ぎているのですわ。。。でも、こうして読み返してみると、なんだか3ヶ月か4ヶ月前のようにも思えますわ。

「横浜は軽井沢の次に住みたい街です」と書いていたけれど、小百合さんはそれほど横浜が気に入っているのですか?

横浜には、どことなく「海外への窓」のような雰囲気があるでしょう!? 日本に居ながら外国の空気に触れるような。。。すぐに海外に出てゆけない身にとっては、横浜の街を歩いていると、なんだか自分が遠い異国に居るような夢とロマンを感じますわ。

横浜レンガ倉庫

横浜レンガ倉庫の夕暮れ


(hill10.jpg)

「港の見える丘公園」

「港の見える丘公園」のイギリス館


(hill30.jpg)

「港の見える丘公園」から見た横浜の眺め


横浜・港の見える丘公園

バラが見ごろ

小百合さんの口から「夢とロマン」が飛び出すなんて珍しいですね。

しばしば「夢とロマン」を口にするデンマンさんの影響ですわ。

山下公園のすぐそばにある

ホテル・ニューグランド

横浜は久しぶりでホテル・ニューグランドで食事をしてから山下公園の港の景色を見て本当にリラックスできました。

山下公園ですかあ。。。懐かしいなあぁ~。。。数少ない僕のガールフレンドの顔が浮かんできますよゥ。 ヽ(´ー`)ノ

デンマンさんは山下公園でたびたびデートしたのですか?

たびたびではありません。。。数えるほどですよ。 今、思い出したけれど、僕はかつて横浜市民だったのですよ。

マジで。。。?

僕は横浜の港北区にある松下通信工業の社員寮で暮らしていた事があったのですよ。 確かに住民票を行田市から横浜市に移した事がありました。 あのねぇ~、今でも僕の机の上にあるのだけれど、三省堂新明解国語辞典の扉の裏を見たら、「昭和51(1976)年2月20日神奈川県よりの記念品」と書いてあるのですよ。

あらっ。。。どうして神奈川県から記念品をもらったのですか?

カナダへ移住するというので住民票を移動するときに記念品として国語辞典をもらったのですよ。

デンマンさんが元横浜市民だったなんてうらやましいですわ。 横浜からカナダへ飛び立ったわけですのね!?

そう言う事になります。 しかし、小百合さんも海外に行こうと思えば、いつだっていけるじゃないですか! 日本は鎖国しているわけじゃないんだから。。。

確かに無理をすれば行けますわ。。。でも、それができないのが現実ですわ。。。自分の事ばかり考えているわけにはゆきませんもの。。。カナダの「湖畔の家」を引き払って日本へ帰ってきたのも自分の事ばかり考えているわけにはゆかなくなってきたからですわ。。。

う~~ん。。。そう言えば小百合さんは次のように書いていましたね。

Subj:長い電話お疲れ様でした

Date: 01/10/2007 1:52:14 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 10月1日 午後5時52分 
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、
デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。

実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は
私の人生にとって良かったと思います。
ではまた。。。

小百合より


『ロマンと悪妻』より
(2008年7月31日)

このメールを書いたのは2007年の10月ですか。。。すっかり忘れていましたわ。

お父さんが生きるか死ぬかの瀬戸際に立ち遭って小百合さんは決断を迫られたのでしょうね。 言わば人生の転機だったのですよ。

そうでしたわ。 父の存在がなかったら私はあのままバーナビーに居たかも知れませんわ。 

バーナビーの「湖畔の家」がとても懐かしいですわ。

うん、うん、うん。。。解りますよ。 小百合さんが軽井沢に惹かれるのは、もしかすると軽井沢の「雲場池(スワン・レーク)」が「湖畔の家」があったディーア・レーク(Deer Lake)に似ているからかもしれませんよ。

雲場池(スワン・レーク)

偶然ですわ。。。でも、確かに言われてみると、なんとなく似ていますわ。

それにしても、上のメールをもらってから、しばらくしてマジで小百合さんが軽井沢に別荘を持ったので僕はビックリしましたよ。

あらっ。。。デンマンさんはそれほどビックリしたのですか?

人は見かけによらないと言うけれど、小百合さんを見て、しみじみと納得しました。

私は軽井沢に別荘を持つような身分じゃない。。。デンマンさんはそう思ったのですか?

いや。。。身分だとか。。。そういう事じゃなくて小百合さんの普段の姿や話し振りから軽井沢という昔の別荘族のイメージが噛み合わなかったのですよ。

私は見かけと中身がそれほど違っているかしら。。。?

違ってますよ。。。小百合さんはブランド品で身を飾っていないし、スッピンにちかいし、どこから見てもごく普通のアラフォーに見えますよ。 その人が意外な行動力を見せますからね。 ノース・バンクーバーで町子さんが初めて小百合さんを見た時、赤ちゃんを背負ってロッキー山脈を見て来たと聞かされて度肝を抜かれたと言ったけれど、その驚きが僕にも手に取るように判りますよ。

私はそれほど突飛(とっぴ)な事をしますかしら?

20代の女性が赤ちゃんを負ぶってまでロッキー山脈を見に行くなんて、普通の日本人の女性には思いつかない発想ですよ。 僕にメールを出してから、半年もしないうちに軽井沢に別荘を持ってしまうというのも、ちょっと平均的な日本人の女性のすることとは思えない。

それ程私は変わっているかしら?

風変わりな人は自分では変わっていると思ってないものですよ。 小百合さんには、それだけの財力があるという幸運もあるけれど、ただ幸運だけではすべてを説明できませんからね。 やっぱり、小百合さんには行動力があるのですよ。 “言うは易し行うは難し。” なかなか思うようには行かないものです。 それを何とかやり遂げてしまうのだから、小百合さんは、どこか普通の女性とは違うのですよ。

そうかしら?

考えてみたら、小百合さんが普通の女性だったら僕とカナダで出会うこともなかったわけだから。。。こうして巡り合ったのは僕も小百合さんも平均的な日本人ではなかったと言うことですよ。

そうかしら?

今でこそ旅行や語学留学で海外へ出てゆく日本女性は増えたけれど、20年前にはせいぜい JALパックの団体旅行でしたよ。 赤ちゃんを負ぶって一人でカナダにやって来る女性なんて探しても、まず見当たりませんでした。

Subj:3月10日

グルメではないですよ

Date: 09/03/2008 6:46:49 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 3月10日午前10時46分
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

デンマンさんのように
頭がコンピューター化してないから
食べて思い出を再現させて確認しているのです。
それは 贅沢でも おいしいものでもなく、
ただ思い出を食べに行ってるだけです。
あの時、その時を

身近で手に入らないと思うと、
どうしても食べたくなって
デンマンさんもない?

たとえば 日本の みょうが 
売っているのを見たことないです。
今は売ってる?

根を洗い土を落としガーゼをまいて
日本から持って行って バーナビーの庭に
植えました。
気温が足りないのか、増えません。
毎年みると枯れてはいない。

今回は自分の欲しい物を買ってきて100% 満足。

神保町でバックナンバーの古い保存版の本を探したり
生のパクチー、ジャスミンライス、フォーのスープに入れるFHOGA、
(コブミカンの葉 レモングラスは 買えませんでした)

ダッチーオリジナルのジンジャービスケット、
キャドバリーのチョコ
新宿に行列のクリスピークリームドーナッツ、
中華菓子どっさり
キングバーガーにも行き、本場のインドカレー
緑色の辛いものでした。
ベトナム料理アジアンダイニングと
中華街の飲茶

デンマンさんがメール読みながら、
胸がつまりそうなので この辺で、

あと 香水2箱

全然グルメではないですよ、
向田邦子さんはおいしいものを食べに
行った時 不幸にも飛行機事故で・・、
きっと素材にもこだわっていて
赤坂の妹さんがやっている店は以前テレビで見ました。
小料理屋という感じで 日本食です。
サツマイモのレモン煮とか
和食です。
85%で行ったと思いこんでますが、大人の店でしょう。

まだです、そのうち行ってみます。

キングバーガー おいしかったよ!
マクドと違って鉄板でなく 網焼きって感じ

主人もハンバーガーは食べないし、
ファミレスも行きません。
私がつくったチリビーンズやタコスも
駄目ですね。お互い好みが合わなくて
飲茶はOKです。

私はグルメではないですよ。
生ものが食べたいとかステーキが食べたいとか
めったに言いませんよ。
ただ身近にない物を 時々欲しくなるのです。

Barclayの通り わかります。
Barclayホテル 段差の多いホテルだったのを覚えてます。

私が歩いた横浜を 何十年か前デンマンさんも歩いてたんだね。

小百合より

そうです。 小百合さんが歩いた横浜を何十年か前に僕も歩いていたんですよ。

。。。で、デンマンさんの住んでる建物はどんな感じ? ビル全体 ツタに覆われて、ダウンタウンの匂いがするの?

イングリッシュ・ベイの遊歩道

イングリッシュ・ベイの街路樹に隠れて

ほとんど見えないけれど

“日よけ(awning)”の下に

チョコレート色の外壁が

わずかに見えるのがシルビアホテル。

この写真を撮った時は

冬でツタは枯れている。

ツタがホテルの前面を覆うシルビアホテル

1912年(大正元年)に建てられた。

小百合さんが思い浮かべるのはこのようなビルかもしれないけれど、僕のマンションは12階建ての古い建物ですよ。 30年以上になる鉄筋コンクリートのビルです。 ツタは生えていません。 リスが僕の住んでいる階まで外壁を伝わって上ってくる事がありますよ。

僕のマンションの窓辺に

やって来るリス

それに野生のスカンクがスタンレー公園から遠足でやって来るのか? 時たまくさいガスを撒き散らす事がありますよ。 (微笑)

僕のマンションの庭で

オナラをぶっ放すスカンク

まだまだ自然がすぐそばにあります。 バンクーバーは僕にとってパラダイスですよ。 心が癒される町です。

懐かしいですわ。 Barclayホテル 。。。 段差の多いホテルだったのを覚えてます。 確かロブソンストリートにありましたわね?

よく覚えていますねぇ~。。。

またバンクーバーに行ってみたいですわ。

来てくださいよ。 待ってますよ。

今すぐにでも生きたいのですけれど。。。そう言う訳にも行かないのですわ。

小百合さんの行動力はどうしたのですか?

“言うは易し行うは難し”ですわ。 うふふふふふ。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~♪~。。。
あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

あたくしは一度行ったのですわ。
とっても素晴らしい街でござ~♪~ました。
バンクーバーにクリスマスとお正月だけお邪魔したことがありました。
元日の寒い朝、寒中水泳に参加したのでした。
東京で言えば、さしずめ、お台場で寒中水泳をするようなものですわ。

これが、マジで、その時の写真なのでござ~♪~ますわ。
2008年の元旦でした。

どうですか?
あたくしってぇ、かな~♪~りボインでしょう?
あたくしのボーイフレンドになりたいと言う個性的な男性はおりませんか?
うふふふふふ。。。

とにかく、次回も興味深いお話が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

こんにちは。ジューンです。

私も横浜には何度か行った事がありますわ。

最も思い出に残っているのは

外人墓地ですわね。

異国に眠る事がなんとなく

悲しいような侘(わび)しいような。。。

もし、わたしが生まれた国、カナダではなく

例えば、韓国だとか、

アフリカのルワンダで亡くなったら

どのような気持ちで

あの世に行くのだろうか?

わたしは横浜の外人墓地に

佇(たたず)みながら

そのような事が胸に迫ってきたのですわ。

身につまされた思いがしたものです。


(stargra2.jpg)

これはハリウッドの有名人たちのお墓です。

ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて

次のサイトを立ち上げました。

時間があったら下のリンクをクリックして

覗いてみてくださいね。

『夢とロマンを持って前向きに生きる

小百合さんの物語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック23件 to “愛の追憶”

  1. 虹のかなたに « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  2. 小さな親切 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  3. 病院を批判する意味ある? « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  4. おいしいぬくもり « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  5. ひねくれた大人 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  6. 虹のかなたの奇跡 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  7. 虹のかなたから生還 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  8. 義理チョコと十三夜 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  9. 愛のゼフィルス « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  10. 義理チョコと本命チョコ « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  11. 肥後ずいきと洲浜 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  12. 北本と洲浜 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  13. 小百合さんお呼びですよ « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  14. ワンワンちゃん « Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  15. 熊谷駅中のベーグル | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  16. 軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  17. バレンタイン届いた? | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  18. 小百合さんと幻想のルビー | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  19. 味もめん | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  20. 福豆と軽井沢タリアセン夫人 | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  21. 行田中央総合病院 | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  22. 病院の悪い評判 | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

  23. 名物先生と斜陽日本 | Denman Blog Says:

    […] ■ 『愛の追憶』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。