懐かしのバーナビー


  
2010年9月10日 (金曜日)
 
 
懐かしのバーナビー
 
 

Subj:小百合さん、おはよう!

子カラスが古巣に

戻ってきましたよう。

きゃはははは。。。

Date: 01/06/2010 10:32:33 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:6月2日(水)午前2時32分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

やっぱり、巣立ったとは言え、自分が生まれ育った古巣が懐かしくなるのでしょうね。
今日のバンクーバーは北の空に雨雲が見えるけれど、空の8割ほどは明るい花曇で、雨が降る心配はまず無いのだけれど、子カラスが羽を休めるためなのか?
今、古巣に戻ってきましたよう。

母カラスと父カラスは、やっと育児から開放されて自分の人生を自由気ままに生き始めたのでしょうね。
でも、子カラスの世界は、かつて自分が育った古巣しか知らない。
それで、ついつい懐かしくなって、羽を休めるために古巣に戻ってくるのだと思うのですよう。

カラスといえども記憶があるんだよね。
きゃははははは。。。
懐かしそうに、じっとして考えにふけっている姿は、なんだかとっても寂しそうで、小百合さんがバーナビーの夏の家を懐かしいんでいる様子が僕の瞼(まぶた)に浮かぶのですよう。

では、いつものようにお祈りしたいと思います。

小百合さんが懐かしいバンクーバーにこれますように。。。

天にましますわれらの神様、八幡様、観音様、大仏様、お稲荷様、お地蔵様。。。、
どうか、小百合さんのお願いを聞き届けてバンクーバーに来させてくださいね。

ラーメン。。。

バンクーバーの曰(いわ)くつきの豚骨ラーメン。。。

小百合さんが送ってくれた懐かしい日清の“麺職人”ラーメン。。。

そして、あの素晴らしかった仙台辛味噌ラーメン。。。

これだけ祈りの言葉をささげれば、神様たちも、きっと僕のお願いを聞き届けてくれることでしょう。きゃははははは。。。

では、子カラスと共に小百合さんがバンクーバーにやって来るのを心待ちにしていますね。
 
時間があったら次の記事でも読んで気分転換してね。

『地球が死滅しても』

(2010年6月1日)

タグ: 経済大国の問題点, 自殺者, 自殺天国, 地球が死滅しても, 地球物理, 地球消滅, 地球滅亡, 太陽の寿命, 宇宙物理, 宇宙観

カテゴリー: Denman Blog (WordPress), デンマンさんが登場, パソコン・インターネット, ブログ入門・虎の巻, 人生論・人生哲学, 卑弥子さんが登場, 即興の詩・極私的詩集, 小百合さんが登場, 小百合物語, 小野小町・文屋康秀, 愛と性, 愛のコラボ, 政治・政局・政策・政党, 源氏物語, 病める日本, 笑い話・ユーモア・コミック, GOOGLE検索

地球もいづれ死んでしまうと言う嘘のようなホントの話。
結構、面白いよ。  
じゃあ、またねぇ。

デンマンさん。。。、どうしてまた6月のメールなどを持ち出してきたのですか?

バーナビーが出てくるメールを探したら、上のメールが目に入ったのですよう。

それでバーナビーの事を書こうと思ったのですか?

いや。。。違うのですよう。

だから、どう言う訳でバーナビーの事を書こう思ったのですか?

実は、次の記事を読んだのですよう。

『また不倫なのね?』

(2010年9月9日)

これはライブドアの不倫の記事ではありませんか!

そうです。

どう言う訳でバーナビーの事を書こう思ったのですか?と私は尋ねたのですわ。

だから、その理由を説明するために上の記事を持ち出してきたのですよう。

でも、不倫の記事ではありませんか!

そうです。

そうですってぇ。。。デンマンさんがバーナビーで不倫したのですか?

やだなあああァ~。。。小百合さんまでが卑弥子さんのような事を言わないでくださいよう。んもお~~。

デンマンさん!。。。回りくどいお話は結構ですから、細木数子さんのようにズバリ!と言ってくださいな。

分かりました。。。あのねぇ、記事の内容ではないのですよう。。。上の画面の左のサイドバーにある  Live Traffic Feed  を見てください。

そのどこを見るのですか?

リストの一番下です。 僕は FEEDJIT の  Real-time view  をクリックして詳しいリストを見たのですよう。 ソフトカメラで撮っておいたから小百合さんも見てください。

あらっ。。。カナダのブリティッシュ・コロンビア州のバーナビーから、はるばるライブドアの『また不倫なのね?』を読みにやって来た人が居るのですわね。

あのねぇ~、クリックすれば、バーナビーに居ながら僕のブログが読めるのだかから、何も“はるばる”と言うほどの事ではないのですよう。

分かっていますわ。。。ちょっと驚いて見せたのですわ。うふふふふふ。。。

小百合さんは、最近、卑弥子さんに似てきましたねぇ。

デンマンさん。。。また、脱線しますわよう。。。余計な事は言わないでくださいな。。。で、バーナビ-に住んでいる人がデンマンさんの不倫の記事を読みにやって来たので、この記事を書こうと思い立ったのですか?

いや。。。違いますよう。。。バーナビーに住んでいる人は不倫の記事が読みたくってやって来た訳ではないのですよう。

どうして、そのようなことがデンマンさんに分かるのですか?

もう一度バーナビーの人のエントリーをよく見てください。

このバーナビーに住んでいる人は、バンクーバー時間で9月8日の午前10時37分に GOOGLE の検索エンジンで“デンマンの徒然”を入れて検索して、その結果の中に表示された『徒然ブログ』をクリックしてやって来たのですよう。

マジで。。。?

やだなあああァ~。。。このような所でデマカセを言っても、すぐにバレてしまいますよう。

from google.co.jp on “徒然ブログ” by searching for デンマンの徒然.

エントリーに書いてある上の箇所は、GOOGLE の検索エンジンに“デンマンの徒然”を入れて検索して、その結果の中に表示された『徒然ブログ』をクリックしてやって来た、という事が書かれているのですよう。

何か、証拠でもあるのですか?

もちろんですよう。。。僕は上のリンクをクリックして実際の検索結果を見てきました。小百合さんのためにソフトカメラで撮っておいたから見てください。

あらっ。。。4,510件のトップにデンマンさんのライブドアのブログが表示されていますわ。

そうなのですよう。。。バーナビーに住んでいる人は、そのリンクをクリックして僕のブログにやって来たのです。。。つまり、“おばさんパンツ” とか “不倫” で検索してやって来たのではないのですよう。うししししし。。。

。。。で、その事が言いたくて今日の記事を書き始めたのですか?

いや。。。もちろん、それだけではありません。

他に何をおっしゃりたいのですか?

やだなあああァ~。。。もちろん、小百合さんがバーナビーが懐かしいだろうと思ったから、タイトルを『懐かしのバーナビー』としたのですよう。

私のために。。。?

そうですよう。。。小百合さんが次のメールを読めば、きっとバーナビーが懐かしくなるはずですよ。

Subj:長い電話お疲れ様でした。

Date: 01/10/2007 1:52:14 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 10月1日 午後5時52分 
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。

実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は私の人生にとって良かったと思います。
ではまた。。。

小百合より


『バーナビーと小百合さん』より
(2008年11月18日)

どうですか?。。。機会があったら、また、バーナビーへ行って芝のクローバむしりや、りんごの木の手入れをしたいと思いませんか?

そうですわねぇ~。。。なんだか遠い昔のような。。。でも、メチャ懐かしいですわ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
デンマンさんは、小百合さんに対して“懐かしさ”の押し売りをしているのでござ~♪~ますわ。
んもお~~。
いけすかない!

あたくしに対しては、何も言ってくださらないのです。
胸の内がキュウ~♪~と締め付けられるようで
とっても寂しくて、悲しいような気持ちでいっぱいですわ。

あたくしは吹上温泉が懐かしいのでござ~♪~ますわ。
ええっ。。。? なぜかってぇ。。。?
次の写真を見ればお分かりになるでしょう?

うふふふふふ。。。

次回も、面白いお話が続きます。
だから、あなたもどうか、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では、またぁ~。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水(2009年10月14日)』

こんにちは。ジューンです。

あなたも写真を見たり、

小説などを読んで

かつて訪れた場所などが出てくると

急に懐かしく思うことってあるでしょう?

わたしにもありますよ。

デンマンさんとご一緒に

わたしは軽井沢へ

一度だけ出かけたことがあります。

こじんまりして素敵な町ですよね。

この湖は“Swan Lake”という

英語名がついているのです。

昔、宣教師の方が軽井沢に

別荘を持っていたのですって、

その家族の人たちが名づけたらしいのですわ。

10月でしたが、紅葉が見ごろになっていました。

まだ冬景色には程遠かったのですけれど、

湖にしては小さなその池のほとりに立ったら、

どこからともなく白鳥が飛んできそうな

感じがしましたわ。

そう言えば、バンクーバーの

クイーン・エリザベス・シアターで

デンマンさんとご一緒に

バレー『白鳥の湖』を見たことがありましたわ。

あの時のチャイコフスキーの曲が

聞こえてきたものですわ。

それで、わたしはいつになく

感傷的になったことを覚えています。

ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『心にジ~ンとくる動物感動物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。