毘沙門堂と菊ちゃん


 

2008年1月7日 (月曜日)

 

毘沙門堂と菊ちゃん

 

平成の紫式部、橘卑弥子さんと菊ちゃんが登場します
(kiku006.gif)

(bisha3.jpg)

ゼリーフライを小百合さんと

行田で食べる機会があると楽しいですね。


(zenifry3.gif)

From: barclay1720@aol.com
To: fuji@adagio.ocn.ne.jp
Date:Mon, 5 Nov 2007 10:59 am

 


(sayuri5.gif)

> 昨日は あっさり 用事をすませて
> 帰ってしまってすいません。
> ウルサイ子供がいると、お茶も食事もできません。
> あれから、長男坊がイタリアン レストランで食べたい
> と言うので さっそく寄りました。魚介類のスパゲィー
> を頼んで、ドリンクを 3杯おかわりして 満腹でした。
> 三男坊のうるさいコウタもいろいろドリンクだけは
> おかわりしてました。
> その後、大長寺にいって大仏を見て、2時30分ぐらいに
> 行田を出ました。
> 思い出の行田旅行です。
> 何年かたって、子供が思い出すよう。
> 今日の1日を、記憶させた日曜でした。

うん、うん、うん。。。
思い出の楽しい家族旅行になったことでしょう。
大仏を見せましたか。。。


(daibutsu7.jpg)

僕が大仏の事でホムペに記事を書いていますから、
大きくなってから長男、三男が僕が書いた記事を目にすることがあれば、
懐かしく思い出すことになるかもしれません。

これから僕は大仏の事、行田郷土史の事でもっと記事を書くつもりでいます。
そもそも、あの大仏の記事を書いたのは、小百合さんが僕の実家を訪れるために地図を書こうと思い立ったのがきっかけでした。
出会いというものは不思議なものですよ。

小百合さんとの出会いが行田郷土史を書くきっかけになったのです。

では。。。

デンマン


『懐かしい思い出 (2007年11月5日)』より



おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。

もう少し、バンクーバーに

居たかったのですけれど、

デンマンさんが、

安部首相のように

身勝手に、無責任に

辞めてはいけない、

とあたくしを説得したので

ござ~♪~ますわ。

考えてみれば尤もなので

あたくしは日本に戻って

真面目に再び

教壇に立つ気持ちを

新たにしたので

ござ~♪~ますわよ。

それにしても、この十二単というものは

メチャ動きにくいものだとダサい感を

身にしみておりますわア。

おほほほほ。。。


(polar10.jpg)


(kato3.gif)

卑弥子さん!。。。すでに日本に戻ったのだから、名残惜(なごりお)しそうにバンクーバーの写真など貼り付けないでくださいよゥ。


(himiko22b.gif)

いいじゃあ、ござ~♪~ませんかぁ~。。。あたくしの懐かしい思い出なのでござ~♪~ますわア。

この上の写真を僕はもう見飽きましたよゥ。


(polar05.jpg)

デンマンさんは見ているだけで、こうして震えていたのでござ~♪~ますよねぇ。 んもお~

だってねぇ、真冬の元日ですよ。まかり間違うと心臓麻痺を起こしますよゥ。とにかく気温が4度で水温が6度でしたからね。実際、心臓麻痺を起こして亡くなってしまった人が居たのですよ。

そうですわね。でも、そのような不測の事故というものは寒中水泳でなくても起こるものでござ~♪~ますわぁ~。

卑弥子さん!。。。もう、寒中水泳の思い出は充分だから、本題に入ってくださいよゥ。

分かりましたわ。。。んで、今日のお話は小百合さんの事ではなくて菊ちゃんのお話ですか?

もちろん小百合さんの事も書くのですよ。小百合さんとの再会がなかったら、この話はないのだから。。。

それで、また上のメールを持ち出してきたのでござ~♪~ますか?

そうですよ。


(daibuts90.jpg)

実は、こうして大仏の前で僕は小百合さんと会ったのですよ。この事については、すでに記事に書いたので関心のある人は次のリンクをクリックして読んでみてください。

『菊ちゃんと小百合さん (2007年12月8日)』

菊ちゃんがどういう人なのか?その事も上の記事の中で書いています。

それで、デンマンさんは「行田郷土史」を書き始めたのですか?

そうですよ。小百合さんが車を運転して僕の実家にやって来るというので、目印になるものが欲しい。それで僕はこの大長寺の大仏を選んだわけですよ。この大仏を目指してやって来れば迷う事はないと思ってね。。。

小百合さんは迷わずにやって来られたのですか?

そうですよ。僕は地図まで描きましたからね。。。それで、ついでだから大長寺の大仏の説明を書き始めたのですよ。だんだん長くなって。。。これならば、いっそのこと行田の郷土史でも書いてみたらどうだろうか?卑弥子さんも知っての通り、僕は次のサイトも立ち上げましたからね。

■ 『面白くて興味深い意外に新しい古代日本史』

ええ、ええ。。。あたくしは、そのサイトのマスコットギャルをやらせてもらっているのでござ~♪~ますわぁ。おほほほほ。。。それで、行田の郷土史は書きあがったのでござ~♪~ますか?

1週間や2週間では無理ですね。これから1年がかりで書こうと思っているのですよ。

それで、小百合さんはわざわざお子さんたちにも大仏をお見せしたと書いてありますけれど、大長寺の大仏はそれほどのモノなのでござ~♪~ますか?

せっかく行田までやって来たので、他に見るものがないから見せたのでしょう。その日の行田旅行の目的はパスタだと思うのですよ。


(pasta22.jpg)

■ 『パスタをきれいに食べきった小百合さん (2007年11月22日)』

とにかく小百合さんは、このパスタに感銘を受けたのですよ。だから、まず、このパスタの店に入って腹ごしらえをした後で大仏を見に行ったわけですよ。

つまり大仏様は、さしみの“つま”のようなものでござ~♪~ますわね?

そう言う事でしょうね。

それで、今日のタイトルは“毘沙門堂と菊ちゃん”と言うことでござ~♪~ますけれど、この毘沙門堂も大長寺にあるのでござ~♪~ますか?


(bishamon2.jpg)

そうですよ。 この写真は僕が生まれる前に撮られたものです。写っている大仏は現在の大仏ではないのですよ。これは江戸時代に忍藩(10万石)を治めていた阿部氏が享保年間(1716-1736年)に寄進したものです。詳しくは次の記事を読んでください。

■ 『行田市と大長寺』

300年ほど前に作ったものでござ~♪~ますか?

そうです。

なぜ、その古い大仏が新しくなったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ、太平洋戦争中に鉄だとか銅が不足してしまったのですよ。戦況が思わしくなくなると共に、占領していた中国や南方諸国がアメリカ軍や共産軍に奪いかえされてしまった。だから、金属の原料になる鉱石が日本へ来なくなってしまった。しかも、日本で鉱石を掘り出しているのでは間に合わない。

それで大仏様まで政府が取り上げて、溶かして戦車や鉄砲の玉にしたのでござ~♪~ますか?

そうですよ。平安と平穏を願う大仏様や観音様までが戦争のために狩り出されたわけですよ。これじゃあ、戦争に勝つ訳がないですよねぇ~。だから、僕が生まれた頃には台座だけが残っていたけれど、大仏様はなかった。僕が小学生の頃はその台座の上に登って遊んだものですよ。

それで、新しい大仏様はいつ頃できたのでござ~♪~ますか?

最近の事ですよ。平成7年(1995年)に作られたのですよ。

それで写真の毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市山科区にある天台宗の寺院と関係があるのですか?

確かに、毘沙門堂と言えば、京都生まれで京都育ちの卑弥子さんには京都市山科区にある天台宗の寺院が思い浮かぶのでしょうけれど、大長寺の毘沙門堂は京都の毘沙門堂とは直接の関係はなさそうですよ。ただ毘沙門天を祭っているお堂のようですよ。

いつ頃建てられたのでござ~♪~ますか?

はっきりとは分からないけれど、江戸時代の初めの頃でしょう。1639年に阿部忠秋が忍藩主としてやって来た時に大長寺を阿部家の菩提所としたのですよ。やがて七堂伽藍が整い、全盛を極めたと言われています。だから、おそらく1650年頃に建てられたのでしょうね。でも、写真に写っているお堂は建て替えられたものでしょう。

どうして分かるのですか?

文献を見ると、それ以来、火災や洪水がありましたからね。。。この上の写真に写っている毘沙門堂の近くで小学生の頃、僕は良く遊んだものですよ。いつも鍵がかかっていて中には入れませんでした。1年にただ一度だけ、お祭りの時だけご開帳になりました。何の祭りだか忘れたけれど、その時には堂の中に祭ってある毘沙門天をじっくりと見ることができましたよ。

毘沙門天

毘沙門は、多聞(たもん)の意のサンスクリット語の音訳。
仏教で四天王の1つで、怒りの姿を見せ、よろい・かぶとを着け、手に矛を持って、北方を守る。
密教で金剛界の西方に配せられ、福神とされるので、俗に七福神の一つとして数えられる。


出典: 三省堂
「新明解国語辞典」


(bishamon5.jpg)

実際に見た感じでは、この写真に写っている表情よりももっと怖そうな顔をしていましたね。子供だったから、怖く感じたのかもしれません。

それで、どうしてこの毘沙門堂と菊ちゃんが関わりがあるのですか?

実はねぇ、僕が小学生の頃、菊ちゃんは僕のお袋になついて、よく遊びに来たのですよ。

その頃から菊ちゃんはデンマンさんのお嫁さんになりたかったのですか?

当時の菊ちゃんは20歳を出ているか出ていないか。。。とにかく子供の僕の目には、もう大人でしたよ。

でも、精神年齢は7つぐらいだったのですか?

そうなんですよ。でもねぇ、いくらなんでも、まだ小学生の小さな僕を見て僕のお嫁さんになろうとは思わなかったでしょうね。菊ちゃんが僕のお嫁さんになりたくて、お母さんに頼みに帰ったのは僕が中学生の時のエピソードですよ。

それで、デンマンさんが小学生の頃、どのようなエピソードがあったのでござ~♪~ますか?

時々、僕の家に興奮して駆け込んで来たのですよ。

一体何があったのですか?

大事件が持ち上がった訳ではないのですよ。実は、菊ちゃんは言葉がはっきりと話せないのですよ。確か“お嫁さん”のことを“いーやん”と言っていたように思うのですよ。毘沙門堂の方を指差して、息を切らせながら“いーやんがきたぁ~。。。いーやんがきたのよゥ”。。。そう言いながら、アイドル歌手がやって来たように、うれしそうにはしゃぎ回ったのですよ。

それで、お嫁さんが毘沙門堂にやって来たのでござ~♪~ますか?

そうなんですよ。“お宮参り”なんでしょうね。上の説明にある通り、毘沙門天は七福神の一つですからね、縁起のいい神様ですよね。それで、大長寺の檀家の娘さんが末永く婚家で幸せで居られるようにと願(がん)をかけるために毘沙門天にお参りにやって来るのだと思いますよ。


(bride12.jpg)

上の写真には男が写っているけれど、やって来るのは決まってお嫁さんだけなんですよ。花婿が一緒に来たのを見たことがありませんでしたね。ほぼ間違いなく付き添いの中年婦人と一緒に二人でやってくるのですよ。多分その中年婦人は仲人さんだと思うのですよ。

それで、菊ちゃんは必ずデンマンさんの家まで知らせに飛んでゆくのですか?

そうなんですよ。お袋だって忙しい時がありますからね。菊ちゃんが来るたびに一緒に見に行けませんよ。だから、お袋が忙しい時には、せっかく知らせに来たのだから僕に一緒に見に行くようにと言うのですよ。

それで、デンマンさんは菊ちゃんと一緒に見に行ったのでござ~♪~ますか?

小学生で暇をもてあましている事が多いからねぇ、付き合いましたよ。うへへへへ。。。1年に4,5回そう言うことがありましたよ。菊ちゃんは、もう、アイドル歌手がやって来たように嬉しそうにはしゃぐのですよ。“ちれいねぇ~、ちれいねぇ~” 感に耐えないような声を上げながら、うらやましそうにはしゃぎ回るのですよ。 よっぽど白無垢の衣装が素晴しいものに見えたのでしょうね。だから、お嫁さんになる事がいつの間にか菊ちゃんの夢と言うかロマンになったのですよ。いつか、自分もあのような白無垢の衣装を着て毘沙門堂にお参りしよう!そう思っていたのでしょうね。

そう言う“お宮参り”の風習が行田にはあるのですか?

実は、この記事を書くまで僕は良く知らなかったのですよ。それで、ちょっと調べてみました。次のような記事に出くわしました。

仏壇参り

婚家の仏壇にお参りをする儀式。
花婿の両親と花婿と仲人が同席をされ、ご先祖様に家族の一員になることを報告します。
仏壇参りが終了されてから、花嫁衣裳に着替えて式場へ向かいます。
仏壇参りがあると聞くと、近所の方が見に来て下さり、その方へもお菓子や缶ジュースのお土産を持たせるようです。

これとは別に花嫁が実家の仏壇や神棚にお参りをする儀式もあります。
草履は玄関に下ろさずに上から履いて出る風習があり、生きて再び実家に戻ることがないようにの覚悟を促した習慣です。


『挙式当日の婚礼のしきたり』より

つまり、“仏壇参り”の延長でしょうね。この毘沙門堂はお寺にありますからね。ご先祖様のお墓にお参りするついでに毘沙門天に願いをかけるのでしょう。

でも、菊ちゃんは白無垢の衣装を着ることもなくあの世の人になってしまったのでござ~♪~ますか?

そうなんですよ。可哀想だけれど。。。奇病にかかってねぇ、40代で亡くなってしまったのですよ。でもねぇ、エピソードはそれだけで終わりじゃないのですよ。“馬鹿の一つ覚え”という言葉があるでしょう?

ええ。。。よく聞きますわ。うふふふふ。。。

この菊ちゃんは、同じ事を切りもなく話すのですよゥ。お嫁さんがやって来てから1週間ばかりは、その話を飽きること無く繰り返すのですよ。“いーやんがちれいなおべべを着てきたにィ~”。。。で始まって、お宮参りの様子を何べんも何べんも話すのですよ。もちろん僕だけに話すのではなく、顔見知りの人には誰にでも話すのですよ。僕はお袋から「7才のバカ」 じゃなく、「7才の女性」として付き合うのですよ、と言われているから、よほどの事が無い限り、適当に相槌を打って、うん、うん、うん。。。そうだったねぇ~。。。と聞き役になるのですよ。

子供の頃からデンマンさんは話を聞くのが好きだったのでござ~♪~ますわね?

聞き上手になったのは菊ちゃんと付き合うことが多かったからでしょうね。うしししし。。。でもねぇ、他の子供は正直ですよゥ。きりもなく同じ事を繰り返すから。。。“バカァ~!同じ事を何度も何度も言うなア!あっちへ行ってろォ~!” たいていの子供や中学生ぐらいまでは、このように怒鳴りつけますよ。大人は無視して歩き去りますよ。そうすると最後には僕のところにやってくるのですよ。

デンマンさんは、菊ちゃんの話を聞いてあげるのですか?

もちろん、内心では“んも~~ またかよウ!?”。。。と思いますよゥ。でもねぇ、菊ちゃんが怒鳴り散らされたのを知っていますからねぇ~、なんとなく可哀想じゃないですかァ~。。。だから、半分上の空(うわのそら)で相槌打ってやるのですよ。

つまり、そう言う訳で菊ちゃんに好かれるようになった訳でござ~♪~ますわね?

多分、そうだと思うのですよ。まともに相手になってあげるのはお袋を除くと僕ぐらいでしたからね。。。

納得しましたわ。それで菊ちゃんはデンマンさんのお嫁さんになりたかったのですわね?

おそらくそうでしょう。。。

でも、小百合さんのお話にどうして菊ちゃんのことを持ち出したのでござ~♪~ますか?

実は、大仏の前で小百合さんと会った時に白い椅子に座りながら、この話をしようと思ったのですよ。

。。。んで、お話になったのでござ~♪~ますか?

いや、途中で気が変わりましたよ。

どうしてでござ~♪~ますか?

毘沙門堂は日光に移築されて影も形も残っていないのですよ。今では、そのあたりは更地(さらち)になって駐車場になっていますよ。

それで、どうしたのでござ~♪~ますか?

上の毘沙門堂の写真をよく見てください。

上の写真がどうだとおっしゃるのですか?

よく見ると毘沙門堂の向かって左側に小さなお堂があって、その中に石像が見えるでしょう?

ええ、ええ。。。見えますわ。。。

これはお地蔵さんなんですよ。“塩なめ地蔵”と言うのですよ。このお地蔵さんが白い椅子のすぐそばに移されたのですよ。だからねぇ、僕はそこへ小百合さんを連れて行って、“僕が小学生の頃は、このお地蔵さんがアソコにあったのですよ。” そう言って毘沙門堂がある辺りを指差したものですよ。

それで。。。?

なんだか菊ちゃんの姿が思い出されてきましてねぇ~。。。それ以上話すのがつらくなって、話題を変えましたよ。

小百合さんはデンマンさんのその時の微妙な気持ちが分かったでしょうか?

菊ちゃんの事は一言も話しませんでしたからねぇ、小百合さんは何も分からなかったでしょうね。僕は、ただ、全く関係ない話を長々と続けましたから。。。

いつものようにでござ~♪~ますか。。。?

そうですよ。。。。でもね、おそらく、この記事を小百合さんが読めば、“塩なめ地蔵”の事をなつかしく思い出すと思うのですよ。

つまり、そのためにこの記事を書いたのですか?

うへへへへ。。。そうなんですよゥ。

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

菊ちゃんが“バカの一つ覚え”のように、
お嫁さんが白無垢の花嫁衣裳を着てお宮参りをした事を
1週間ばかり何度も何度も話したようですけれど。。。

今のあたくしは、長々とデンマンさんのお話しに付き合わされて、
最後にこの記事が小百合さんのために書かれたと聞かされた時に、
デンマンさんが菊ちゃんの相手をさせられていた時の気持ちが分かったように思いましたわ。
うふふふふ。。。

あなただって、あたくしの言うことが理解できるでござ~♪~ますでしょう?


(artface2.gif)

では、また、あさってあなたにお目にかかりますわ。
じゃあね。


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(manila85.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(bare04e.gif)

とうとう卑弥子さんが日本へ帰ってしまいましたわ。

なんだか急にバンクーバーが静かになったように感じます。

そう言う訳で今日も、わたしが代わりに登場いたしました。

実は、わたしは卑弥子さんと一緒に

ポーラーベア・スウィムに参加したのです。


(cute306.jpg)

やっぱり寒かったですわよ。

気温が4度でしょう。

水温の方が6度であったかかったのですわよ。

でも、震えてしまいましたわ。

日本でならば、きっと甘酒で体を温めるのでしょうけれど、

こちらでは温かいホットチョコレートかコーヒーですわ。


(coffee3.gif)

わたしも小百合さんのようにコーヒーがメチャ好きなのですわ。

デンマンさんが心配してくれて、

珍しくヴィエンナ・コーヒーを入れてくれたのですわ。

日本ではウィンナ・コーヒーというのですわよね。

本当に心と体が芯から温まりましたわ。

でも、そのあとで卑弥子さんがお雑煮を作ってくれたのですわ。


(zoni03.jpg)

メチャ美味しいと思いました。

私は初めてお雑煮と言うものをいただきました。

お餅の代わりにおソバを入れても美味しいと思いましたわ。

ところで、小百合さんのお話をデンマンさんがまとめました。

もし、興味があったら

ぜひ次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

■ 『ロハス的な素敵な生活をバーナビーと

軽井沢で実現させようとしている小百合さんの物語』

わたしも読んだけれどねぇ、結構面白いのよゥ。

あなたも上のリンクをクリックして読んでみてね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bitegirl2.gif)


(smilerol.gif)

コメント / トラックバック3件 to “毘沙門堂と菊ちゃん”

  1. 軽井沢タリアセン夫人 愛の写真 | Denman Blog Says:

    […] ■『毘沙門堂と菊ちゃん』 […]

  2. 菊ちゃんと阿部忠秋 | Denman Blog Says:

    […] ■『毘沙門堂と菊ちゃん』 […]

  3. 菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋 | Denman Blog Says:

    […] ■『毘沙門堂と菊ちゃん』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。