Posts Tagged ‘vancouver’

Life or Death

2017年1月31日

 

Life or Death

 


(lifedeath2.jpg)


(lifedeath3.jpg)


(lifedeath4.jpg)

 


(diane02.gif)

Kato, how come you become so serious?  Are you thinking of killing yourself because Donald Trump has become President of the States?


(kato3.gif)

Oh no, I’m NOT… I definitely want to live at least four more years to see the demise of the Trump administration.

What if he goes for the second term?

Then I’ll live on for another four years.

Anyway, Kato, what makes you jot down the above title?

Good question!  Well…, I’ve recently watched the following movies at Vancouver Public Library.



(lib70122a.png+lib70122a2.png)

“Actual List”

On January 5, I watched “the Book Thief.”


(lib70125b.png)

“Actual Page”


(thief21.jpg)

This is a 2013 American-German war-time drama directed by Brian Percival, based on the 2005 novel of the same name by Markus Zusak.


(thief20.jpg)

A young girl living with her adoptive German family goes through hard times during the Nazi era.

Taught to read by her kind-hearted foster father, the girl begins “borrowing” books and sharing them with the Jewish refugee being sheltered by her foster parents in their home.


(thief23.jpg)


(thief24.jpg)

It is a well-crafted story that focuses on the consistent thread of humanity.

Superb is the performance of Sophie Nélisse as Liesel Meminger, the titular “book thief.”

With incredible acting and a gripping, heart-warming yet chilling story, this is one of the best war-time movies.

A warmth of humanity will probably nestle in your mind long after the end of the film.


(thief22.jpg)


(thiefanm.gif)

Another Holocaust story?

No, not really… Although a Jewish man is sheltered by the girl’s foster parents, the film focuses on the ordinary German girl and her friend as well as the war-time situation under the Nazi.

What impressed you most of all?

Well…, you see, nobody wanted to die even under the Nazi resume, but some people had no other choice even if they desperately wanted to survive.

I see…

Hitler was elected under the so-called democratic system as Doland Trump was elected in the States.

How come Hitler was elected in the first place?

…’Cause German factory workers were unhappy and unsatisfied with the on-going goverment because of the high unemployment rate.  And Hitler took advantage of the situation and blamed the Jews just like Donald Trump blamed the Mexicans and illegal immigrants.

So unhappy German factory workers supported Hitler as unsatisfied US factory workers voted for Trump, huh?

You’ve got it, Diane… Besides, Trump seems to mimick Hitler.

Why is that?

Trump is thretening Mexicans as well as illegal immigrants.  And now comes Trump’s immigration ban against nationals from seven countries where Muslims make up the majority of the population.

Another day, another anti-Trump protest, huh?

You’re telling me, Diane.  Trump might just as well order a Muslim registration.  It’s a good time to remember German Chancellor Adolf Hitler began his reign of terror by first registering Jews.

So the United States is no longer democracy’s leader, huh?

You’re right on, Diane… A corrupt political system by corporate interests and money, a militarized police force, increasing racial tensions, and an ever-increasing track record of human and civil rights violation don’t sound like pillars of a nation built on democratic ideals and personal liberty.  Anyway, after the above movie, I happened to watch the following documentary.


(lib70125a.png)

“Actual Page”


(bridge83c.jpg)


(bridge81.jpg)

This is a 94-minute documentary about suicide at the Golden Gate Bridge produced in 2007.

In 2004 alone, 24 people jumped to their deaths from the bridge.

Three bodies have never been recovered.


(bridge83b.jpg)

Other people tried to jump but, fortunately or unfortunetely, intervened by somebody else who happended to walk by.

Miraculously, one of those jumpers has survived the fall and talks to you about his feelings before and after.

We all experience moments of despair.

For most of us, the sun comes out, and then tomorrow is another day, and our days continue as usual.


(realize02.jpg)

Some people, however, chose the bridge.

More people have chosen to end their lives at the Golden Gate Bridge than anywhere else in the world.

This is a profoundly thought-provoking documentary.

Diane, listen to this!  More people have chosen to end their lives at the Golden Gate Bridge than anywhere else in the world.

Amazing, isn’t it?

Diane, have you recently heard that some Vancouverites jumped to their death from the Lions Gate Bridge?


(seawall3.jpg)

No, not that I know of.

You see, Diane, so many Americans feel lost.

Why is that?

…’Cause many Americans don’t trust the US government and establishment any longer as the following clip shows:


(lehman90.jpg)

Are you saying that some Americans lost their hopes and got so depressed that they jumped from the Golden Gate Bridge?

Yes, I think so because no Vancouverites have tried from the Lions Gate Bridge in these days.  Apparently, Vancouverites and Canadians in general are happier here than in the States.

Canadians appear happy enought to live on as usual, I suppose.

I believe so, too.  That’s the reason Donald Trump won the election.  You see, the major media predicted Hillary Clinto would be the next president, but most media ignored so many unhappy and unsatisfied American factory workers, who chose Trump rather than Hillary.

Kato, are you saying that some of the unhappy, unsatisfied Americans jumped to their death before the election?

Yes, I believe so.  That’s another reason so many young Americans applied for Canadian universities and many Americans decided to move to Canada after the election.

I know… Some Americans and even poeple overseas protested against Trump presidency.


(trumprat2.jpg)

Manhattan, New York

A great number of New Yorkers were protesting in Manhattan when they got to know that Trump had been elected as their next president.

I don’t think I’ve ever seen such an angry protest in the previous US presidential elections.

As a matter of fact, there were some other protests:


(trumpla2.jpg)


Downtown, Los Angeles



(trumport.jpg)

In Portland, USA



(trumpen2.jpg)

In London, England



(trumpjpn.jpg)

Worldwide Reactions

So many people in the whole world aren’t happy to have Trump as US president, are they?

No, they are NOT…

But why not?

Well…, if anything goes wrong, Donald Trump is likely going to press the nuclear button.  That’s the reason, I suppose, many people protest Trump’s presidency.

Many people in the world don’t like Trump’s ideas at all, do they?

No, they do NOT.


(trumplv2.jpg)

Besides, many people know about Trump’s shortcomings and dark secrets:

5 Darkest Donald Trump Secrets


(trumpsec2.jpg)


10 Shocking Donald Trump Facts


(trumpfct2.jpg)



(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Well…, what do you think about the Trump administration?

Can you see many happy and bright aspects of his policies?

Thousands gathered near the White house on Sunday in response to US President Donald Trump’s immigration ban against nationals from seven countries where Muslims make up the majority of the population.

It marked the second consecutive weekend protest organized against Trump’s policies.

Here is five Nostradamus Predictions for 2017, in which you might be interested:


(trumpnos.jpg)

However, I really hope that 2017 will be a happy year.

In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

カワウソ@スタンレー公園

2016年3月13日

 

カワウソ@スタンレー公園

 


(otter01.jpg)


(otter04.jpg)


(otter03.jpg)


(mayumi40.jpg)

デンマンさん。。。 カワウソってぇ、本当に可愛いですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

真由美ちゃんもそう思いますかァ~。。。

ええ。。。 日本では見たことがありませんでしたわァ~。

バンクーバーへやって来た甲斐がありましたねぇ~。。。 (微笑)

カワウソを見にバンクーバーへやって来たわけではありませんけれど、なんだかペットにしたいと思いましたわァ~。。。

うん、うん、うん。。。 ペットにできるものなら、僕もスタンレーパークから一匹連れて来たいですよ。。。

最近、デンマンさんはスタンレーパークへ行きました?

あのねぇ~、この頃雨が多くて、とてもスタンレーパークへ行くような気分ではないのですよ。。。 でもねぇ~、バンクーバー市立図書館が休館日で、しかも天気がいいときには、決まってスタンレーパークへ行くようにしているのですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)


(stanley134.jpg)

あらっ。。。 スタンレーパークをジョギングで一周したのですかァ~?

最近は、億劫(おっくう)になって、ジョギングすることはないですよ。。。 

じゃあ、スタンレーパークへ行って何をするのですか?

あのねぇ~、Seawall(遊歩道) を歩いて1周しながら、疲れた所で休憩して バンクーバー市立図書館で借りた本を読むのですよ。


(stanmap3b.jpg)

あらっ。。。 デンマンさんは、赤字で書いてある Seawall(遊歩道)を歩いて一周するのですか?

そうです。。。

そうですってぇ~。。。、一周すると約8キロメートルを歩いたことになりますよねぇ~。。。 マジで“手ぬき”じゃなく。。。 “足抜き”しないで 8キロメートルを歩くのですかァ~?

そうです。。。 2時間半から3時間ぐらいかけてゆっくりと歩くのですよ。

上の地図に ”9 o’clock Gun” というのが出てますけれど、これは鉄砲ですか?

午後9時に時報を知らせる大砲(Nine o’clock Gun)ですよ。。。


(stanleygun.jpg)

。。。で、どこで休憩するのですか?

ウェットスーツを着た銅像が見えるところで、たいていお昼のサンドイッチを食べながら本を読むのですよ。


(wetsuit.jpg)
Girl in a Wetsuit

どうしてウェットスーツの少女を見ながらサンドイッチを食べるのですか?

上の像を見ていると、ジューンさんが重なって 僕に微笑(ほほえ)んでくれるのですよ。。。(微笑)


(wetsuit.jpg)

デンマンさんは白日夢を見ながら。。。妄想をたくましくするのですわねぇ~。。。

うへへへへへ。。。 いけませんかァ~。。。? でもそれだけじゃないのですよ。。。 僕になついたカワウソが顔を見せるのですよ。


(otter01.jpg)


(otter04.jpg)

マジで、デンマンさんを覚えているのですか?

僕が時々エサをやるので、またもらえるかと思って近寄ってくるのですよ。


(otter05.jpg)

でも、エサをやってはいけないことになってるのでしょう?

だから、誰にも見られないようにこっそりとエサをやるのですよ。

カワウソと遊んでから どうするのですか?

2時間ばかり本を読んでから、おもむろに歩き出して Coal Harbour の方へ歩いてゆくのです。

私もコール・ハーバーの辺りが気に入りましたわ。。。

ほおォ~。。。、それは、どういうわけで。。。?

デンマンさんに連れて行ってもらった Lift Bar & Cafe がとてもよかったのです。


(lift02.jpg)


(lift01b.jpg)


(lift06.jpg)

のんびりとブランチをいただきながら あたりの景色を眺めて、癒されましたわ。

あの辺りは20年ぐらい前は 昔の“石炭受け入れ港 (Coal Harbour)”の面影が色濃く残っていて、うら寂しい場所だったのですよ。


(coalh0.jpg)

この上の写真のような場所だったのですよ。。。 Coal Harbour の近辺を8年ほど前に再開発していたとは耳にしていたけれど、まだその場所を訪れたことがなかったのです。 それで真由美ちゃんと一緒に辺りをそぞろ歩いたわけなのですよ。

デンマンさんもLift Bar & Cafeに立ち寄ったのは初めてだったのですか?

そうです。。。 今では、まるで昔の面影はありませんよ。。。 フランスのコートダジュールの港町に来たような印象を持ちましたよ。


(coalh03.jpg)


(coalh04.jpg)


(coalh05.jpg)


(coalh06.jpg)

それに、近くに Convention Centre ができたのですよ。

出来てから、デンマンさんは一度も訪ねたことがなかったのですか?

僕も初めてでした。。。 その奇抜なエコ・デザインに たまげましたよ。


(conven02.jpg)


(conven03.jpg)


(conven04.jpg)

しばらく見ないうちにウォーターフロントがすっかり変わってしまいました。

デンマンさんがマンションと図書館の往復だけに時間を費やしていたので、バンクーバーでも浦島太郎になってしまったのですわ。

うん、うん、うん。。。 その驚くべき変化を見て僕は少し反省したのです。。。 考えてみたら、真由美ちゃんがバンクーバーにやって来たので、改めてバンクーバーの町を散策してみたのですよ。。。 懐かしいメールがあったので、ここに貼り出します。。。 真由美ちゃんも久しぶりに読んでみてね。


(foolw.gif)

2014年07月03日 03:24 AM

真由美ちゃん、おはよう!
昨日、7月1に日はカナダの147歳の誕生日でした。
素晴らしい1日でしたよ。
珍しく31度まで気温が上昇しました。

図書館は閉館だったので、ランチのサンドイッチを作って、カフェオレをTHERMOSに入れて、バナナ2本とピーチ味のヨーグルトを持って、いつものように“出勤”しました。
きゃははははは。。。

それで、図書館の代わりにスタンレーパークを歩いて 8キロメートルの Seawall を1周しました。
今日、7月2日は、“147歳の誕生日”というタイトルで楽しい記事を書くので、ぜひ読んでみてね。
バンクーバーの楽しさが解って、真由美ちゃんが ますますバンクーバーへやって来たくなることでしょう! 

「血の絆」を読んで、私もデンマンさんのように血の繋がり、を深く感じています(*^_^*)


(family02.jpg)

『血の絆』

そうですか。。。そうですか。。。

そうでしょうね。。。 やっぱり、血がつながっているからでしょう!。

今少しずつ準備をしていく中で、徐々に夢に近づいていける事の喜びを感じています。
それはデンマンさんの協力があっての事なので、本当に感謝しています。

実際の所まだ履歴書作成が完成しておりません。。。
デンマンさん、カバーレターというものはレストランやカフェなどの職業などはほとんど必要としない、という情報がありましたが、それは事実でしょうか?

どのような職業にしろ、初めて雇用主に手紙を書くときには カバーレターは必要だと僕は信じていますよ。

“オンサイト就活”というのがあるのですよ。
つまり、工事現場や、工場などへ出向いて、“ここで働きたいのですが。。。”と言って担当者と面接するのです。
そのような時には、カバーレターを書く必要はありません。
履歴書だけを持参すれば、それですみます。

でも、手紙で就職活動をする時には、カバーレターは絶対に必要だと思いますよ。
その方が、雇用主の印象も良いはずです。
もちろん、カバーレターは1枚に限ります。

とにかく、雇用主がカバーレターと履歴書を読んで、真由美ちゃんを雇いたくなるような気持ちにさせることです。
いかに、そうさせることができるか!?
それが勝負の分かれ目です。


(cv02.jpg)

BLOGを書いていることは、本当に強い味方になってくれるはずですよ。
なぜなら、ネットはバンクーバーの個人商店主にも知れ渡っています。
最近では、個人商店が Facebook や TWITTER に登録していることを店のドアなんかに貼り出してますよね。(ステッカーをつけて。。。)

だから、素晴らしいBLOGを書いていることを個人店主が知ったら、真由美ちゃんに対して“素晴らしい印象”を持つはずです。
つまり、内容の充実したBLOGを書くことは、就職の際に、絶対に強力な味方になってくれるはずです。

デンマンさんが載せた「とんでん」 の写真を見てますます食べてみたくなりました。


(tonden9.jpg)


(tonden8.jpg)

何故ですかね。小鉢にいろいろのってくると、ウキウキテンションが上がってしまうんです。笑o(〃^▽^〃)o
きっと 芳江おばさんもそうなんでしょうね(=⌒▽⌒=)笑;;

そうです。。。そうです。。。僕の母親は、とにかく食べることが“人生の楽しみ”ですからね。
「おおぎや」よりも「とんでん」の方が気に入っているのですよ。
品数が多いことと、小鉢にいろいろのってくるので、楽しめるからでしょうね。

デンマンさんが思っているように、
私も何故だか、会った事がまだ一度もないのに、
デンマンさんとはもうずっと小さい頃から会っているかのような感覚がしてならないんです。

それは初めてデンマンさんと電話でお話をした時から思いました。
初めてで、あんなにもいろいろお話が出来た事、
何よりも不思議と次から次へと会話が出てきて、他人とは違う何かを感じました。

その日は嬉しくて私も母にデンマンさんと1時間近く話しをしたんだと伝えた事を思い出しました。笑
母も嬉しそうでした。

はい、はい、はい。。。
そういうものでしょうね。
“血は水より濃い”と昔の人は言いました。
赤の他人には感じられない近親感を覚えるのは当然でしょうね!

また夏8月位にでももう一度会いに行けたらいいなと思っています。
私一人で行ってみようかしら。。♪
なんてのも考えてみたり。。(^ε^)♪


(senko3.gif)

もし、夏、真由美ちゃんに会えるなら、僕の母親も喜ぶでしょう。

今 保険の事もいろいろあってどうしようか考えていました。
保険もたくさんあるんですね。。

まだまだカナダへの準備が整っておりませんで、焦ってはいけないと分かりつつ、
何故だか気持ちが焦ってしまいます。。。


(petticot5.gif)

焦る事はありませんよ。
“せいては事を仕損じる!”と昔の人は言いました。

真由美ちゃんの人生は、これから、まだまだ長いのです。
じっくりとかまえて、あせって、物事を台無しにするよりも、時には回り道をすることも大切です。
どのようなことになろうとも、あくまでも、自分の気持ちを大切にして、マイペースで、ルンルン気分ですごしてください。

また何かあったらご相談に乗って頂けたら嬉しいです。!!

はい、はい、はい。。。
できる限り、真由美ちゃんのために応援いたします。

では
今日もデンマンさんはルンルン~~~♪で
ウォーキングを楽しんでいる事でしょう(^ε^)♪
良い一日でありますように。。。(*^ー^)ノ

ありがとう!
一日、一日を、納得の行くように、ルンルン気分で生きるように僕は心がけています。
きゃははははは。。。
じゃあね。
バイバ~♪~イ。。。


(denman01.gif)

07月03日 03:24 AM

(Vancouver Time: Wednesday, July 2, 2014 11:24AM)

念願がかなって 2014年の11月に私はバンクーバーにやってきたのですわァ~。。。 月日の経つのは本当に早いですねぇ~。。。

うん、うん、うん。。。 確かに“光陰矢のごとし”ですよ! 来年(2017年)のカナダの150歳の誕生日には、バンクーバーでも一大イベントを企画しているようです。。。

私も、楽しみですわ。。。 ちょうど、いい時期に私はバンクーバーにやって来たのですわねぇ~。。。

そうです。。。 そうです。。。 今度 真由美ちゃんとスタンレー公園に行く時には 一緒に可愛いカワウソ見ましょうねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

Trump @ Vancouver

2016年3月4日

 

Trump @ Vancouver

 


(trunp03b.jpg)


(trunp02b.jpg)


(diane02.gif)

Kato, have you seen Donald Trum in Vancouver?


(kato3.gif)

Yes, I have, but only on the above YouTube clip.  How about you, Diane?

No, I haven’t, but I watched the following video, in which President Obama made fun of Donald Trump at the White House correspondents’ dinner.


(obama008.jpg)

You know, Diane, Trump is building a hotel-residential-condominium complex on West Georgia Street.


(trunp02.jpg)

Wow… looks like a luxurious hotel and top-class residential condo.  No wonder the house prices have gone up lately.

You’re telling me, Diane.  But Vancouver is still the nicest city in North America.  Do you know that?

No kidding.

Well… read the following article.

We’re No. 1 in North America

Vancouver tops in Mercer quality of living survey

Vancouver is once again ranked the top city in North America in the latest annual quality-of-living survey released Tuesday by consulting firm Mercer.

The city also maintained its fifth spot among cities around the wirld.

Vienna was tops for overall quality of living, followed by Zurick, Auckland and Munich.

“Our sustained high ranking is attractive to multinational corporations and their employees as they look to expand in Canada and provide significant opportunities to both Canadians and workers from abroad,” said Gordon Frost, leader of Mercer’s talent business in Canada.

The rankings are based on a broad range of factors including social and economic conditions, public services, recreation and environment.

Vancouver’s place at the top for North America comes despite concerns about the cost of living and home prices due to the city’s red-hot real estate market.”


Page 3, Metro News
Wed., February 24, 2016

Donald Trump must’ve smelled this popularity and chose to build his tower in Vancouver.

Maybe…

But Trump isn’t liked by many Vancouverites.

Why not?

Have you noticed the following news article, Diane?


(trump10.png)

“Actual News article”

Yes, I have.  He made a racist remark—“total and complete shut down of Muslims entering the United States.”

Even the English men discussed Trump’s hate speech at the British parliament.


(trump65.jpg)

What happened to the swanky “Trump Tower” name here in Vancouver?

Well…, we’re living in the free world.  So he could name his building whatever he would like to call.

So, Kato, you still believe that Vancouver is a paradise in North America, don’t you?

Yes, I do.  How about you, Diane?

Well…, it seems to be a nice city, but I don’t like too many rainy days here.  As a matter of fact, one of my brothers left Vancouver for the French Riviera because of too much rainfall.

So your brother loves the Côte d’Azur, eh?


(riviera01.jpg)

It would be nice if I had a second home over there.

But Diane, some people like rainfall.

No kidding!


(rain009.jpg)

I don’t like too much rain.  But I can sing in the rain like Gene Kelly.  You see, I’m as happy as Gene Kelly because you and I are living in Vancouver—a paradise in North America.

Do you really think so?

Yes of course, I do… but I’ve got a serious concern.

What is it?

I’m worried about the result of Super Tuesday, when Donald Trump had won at least 175 delegates.  Overall, he was leading the Republican presidential nomination with 257 delegates.

Yes, yes, yes… I know that.  Trump might be nominated as a Republican candidate for the November election.

But that’s a crazy idea, Diane.

Why is that?

Last Friday, I read the free Vancouver daily news, which said that Americans living in British Columbia were signing up to vote before Super Tuesday.  Maureen Harwood, chair of the Vancouver chapter of Democrats Abroad, was urging American Democrats to cast their ballots on Super Tuesday at one of three voting centres in the Lower Mainland, saying, “It’s important that we counterbalance what the Republicans are doing, because the lunatics have taken over the asylum.

The lunatics have taken over the asylum, huh?

I feel the same way, Diane.  When I heard that Donald Trump ran for the presidency, I thought it was a big joke, but it seems like a reality.  Now, after Super Tuesday, Trump’s campaign seems to build momentum.

Don’t worry too much, Kato.

I’m really concerned because the US president sneezes, the whole world catches a cold.  If Donald Trump becomes the president, everything will change for worse.

Why is that?

Well…, look at the following picture:


(trumphous2.jpg)

If Trump becomes the US president, he might install a casino in the White House.

Don’t worry too much, Kato.  There are still many Americans with a good political sense.

How do you know?

Because on the Net some interesting YouTube video clips show that many Americans know Trump’s many shortcomings:


(trump61.jpg)

Top 10 Reasons Why Donald Trump

Would Make a Controversial President



(trump62.jpg)

Top 10 Crazy Donald Trump Moments



(trump63.jpg)

Donald Trump’s Top 20 Insults



(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Well…, we’re living in the free world.

So, even Doland Trump could become the US president.

However, when America sneezes, the whole world catches a cold.

I wish Americans would choose a politicall healthy person for the next president.


(trump64.jpg)

Donald Trump’s Most Idiotic Moments

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

大通りde水の滑り台

2016年2月18日

 

大通りde水の滑り台

 


(slide01.jpg)


(slide02.jpg)


(slide03b.jpg)


(mayumi40.jpg)

あれっ。。。 真由美ちゃんもノースバンクーバーの大通りに立ち上げた“水の大滑り台”で滑ってしまったのですかァ~?

そうですわ。。。 うふふふふふふ。。。


(slide03c.jpg)

どうして僕に連絡しなかったのですかア~! 真由美ちゃんと一緒に滑りたかったなあああァ~。。。!

だってぇ~。。。、デンマンさんは心臓麻痺を起こすと言って水に入るのを嫌がったじゃありませんかァ~!


(vanc2016.jpg)

寒中水泳@元旦

Polar Bear Swim


(polar110.jpg)


(swimv01c.jpg)


(santa85b.jpg)

デンマンさん。。。 明けましておめでとうございます。

真由美ちゃんも良い元旦を迎えましたか?

ええ。。。 今年は残念ながらデンマンさんと一緒に寒中水泳を見に行けませんでしたけれど、第96回目の寒中水泳は今年も行われたのですか?

もちろんですよ。。。 1920年から続いている世界でも最も古い寒中水泳大会ですからね。。。

今年はデンマンさんも泳いだのですか?

いや。。。 新年早々 心臓麻痺で亡くなってニュースになりたくないから 僕は泳ぎませんでしたよ。。。 (微笑) でもねぇ~、ジューンさんが3年ぶりにバンクーバーで元旦を過ごせるというので ぜひとも寒中水泳に参加したい。。。 そう言うのですよ。。。 だから一緒に出かけたのです。


(swimv03.jpg)


(swimv02.jpg)


(swimv01c.jpg)

デンマンさんもジューンさんと一緒に水の中に入ればよかったではありませんかァ!

僕は見ているだけで震えがきて止まらなくなりましたからね。。。 死にたくないから今年も水の中には入りませんでしたよ。


(polar05.jpg)


『新年@バンクーバー』より
(2016年1月9日)

これは今年の元旦の寒中水泳ですよ!。。。 真由美ちゃんが“水の大滑り台”で滑ったのは去年の夏でしょう!?

そうですわァ~。。。

だったら、心臓麻痺の心配はないのですよゥ。。。 真由美ちゃんはわざと僕に知らせなかったのですかァ~?

いえ。。。 そのような事はありませわァ。。。 実は、私自身も知らなくて、友達が誘いに来たので それで一緒に出かけたのですわァ~。。。 デンマンさんはケイタイを持っていないので連絡をとろうにも取れなかったのです。

残念だったなァ~。。。 でも、メールもくれなかったでしょう!?

だってぇ~、“水の大滑り台”は8月22日の1日だけのイベントだったのですわァ~。。。

そうだったのォ~。。。? 僕は全く知りませんでしたよ。。。 でも、どうして季節はずれなのに、真由美ちゃんは こうして“水の大滑り台”を持ち出してきたわけぇ~。。。?

去年は人気がすごくてチケットがすべて売り切れて、参加できない人がたくさん出たのですってぇ~。。。、それで今年は2日間にするそうです。。。 だから、今年の夏ならばデンマンさんと一緒に“水の大滑り台”で滑れると思ったのですわァ~。。。

そうだったのォ~。。。 それは楽しみだなあああァ~。。。

デンマンさんは日本で“水の大滑り台”で滑ったことはないのですか?

あのねぇ~、昔 船橋ヘルスセンターに“水の大滑り台”ができたというのを聞いたことがあるけれど、一度も試したことがありませんよ。

ウォータースライダー

ウォータースライダーとは、プール施設などに設置される遊戯施設であり、長いすべり台の一種である。
ウォータースライドともいい、この呼称は行政上・建築上の用語として用いる場合が多い。

ウォーターパークやレジャープールなどの遊泳プール施設に設置されることが多い。
階段を使ってスタート台へ上り、水の流れたすべり台を滑り降りる。
利用者が滑走面に直接座る形式のものの他に、専用の補助用具(マットや浮き輪など)を使用して滑走するものがある。
コース形状は直線または曲線、および両者を組み合わせたものが作られており、出発点から着水まで一直線のもの、とぐろを巻いた長いものなど、さまざまな形状がある。

比較的緩い傾斜であっても意外にスピードが出る事から、身長や体重、年齢・持病の有無などによっては利用を制限もしくは禁止しているところが多い。
特に幼児や中高年・高齢者は利用制限されている場合が多く、また持病や身体上・年齢上の問題はなくとも運動神経が通常より劣る人は利用を避けたほうが安全上好ましく、眼鏡やコンタクトレンズ、その他アクセサリー類を身体に装着している場合も利用制限される場合が多い。

日本国内においては、1963年に船橋ヘルスセンターに設置されたものが最初であるとされる。


(funaba02.jpg)

初期のウォータースライダーは直線型で勾配はゆるく、滑走路の材質は鋼鉄製であった。
1970年代にはコース形状に曲線を用いたり一回転するもの、材質についてはアルミ製やステンレス製、FRP製のものが現れた。

1970年代末、曲線蛇行型ウォータースライダーが北アメリカで登場し、それを受けて同様のものが日本でも登場した(国見ジャルダン、1979年)。
以後、各地に700ヶ所に及ぶさまざまな形状のウォータースライダーが開発・設置された。


出典: 「ウォータースライダー」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらっ。。。 ずいぶん昔に日本でも“水の大滑り台”があったのですわねぇ~。。。

でも、船橋ヘルスセンターのウォータースライダーは常設の短い滑り台ですよ。。。 ノースバンクーバーの“水の大滑り台”は大通りを通行止めにして臨時に滑り台を作ったもので 長いのでしょう!?

300メートルぐらいありましたわ。。。 デンマンさんは海外の“水の大滑り台”に挑戦したことがあるのですか?

イギリスのブリストル(Bristol)に行った時に“水の大滑り台”を見たけれど、すべる気にはなりませんでした。


(bristol2.png)

『拡大する』

あらっ。。。 どうして、滑らなかったのですか?

滑っている人を見ると、イマイチパッとしないのですよ。。。 ジーパンをはいたままで滑っている人がいたりして。。。 なんとなくサマになってないのですよ。。。 でもねぇ~、アイダホ州のボイシ(Boise)に行った時には滑りましたよ。。。 これは、まるで大自然の中の“水の大滑り台”という感じで、見るからにワクワクしてきました。


(boise2.png)

『拡大する』

あらっ。。。、なんとなく、感じがノースバンクーバーの“水の大滑り台”に似てますわねぇ~。。。

うん、うん、うん。。。 僕もそう思いますよ。。。 だから、今年の夏は真由美ちゃんと一緒にすべるのが楽しみです。 うししししし。。。

でも、デンマンさんは大丈夫なのですかァ~?

何が。。。?

何がってぇ~、心臓麻痺ですわァ~。。。

やだなあああァ~。。。、寒中水泳じゃないのですよ。。。 滑るのは真夏ですよ!。。。 僕は小学生の頃から水泳が得意で、学校対抗の水泳の選手に選ばれたほどですからね。。。 末はオリンピックに出られるのじゃないか!?。。。 それほど泳ぎが得意だったのですよ。

マジで。。。?

冗談です。。。 でも、小学生の時に水泳の選手に選ばれたのは事実です。

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

Scary Quake

2016年1月8日

 

Scary Quake

 


(scary01.jpg)


(quake101.jpg)


(quake102.jpg)


(foolw.gif)

Subject:

Are you alright

after the big quake last night?


(laughx.gif)

From: barclay1720@aol.com
Date: Wed., Dec. 30, 2015 7:57 PM

To: diane705@yahoo.ca

Hello Diane,

We had a terrible quake last night, didn’t we?

I was reading a book titled “Primate’s memoir” written by Robert M. Sapolsky.

I really enjoyed reading it immensely while listening to the AM1130 news program.

Then suddenly at about 11:50 PM, a big quake shook the whole building.


(cry121.jpg)

I thought, “Oh my Gosh, that giant maginitude-9 earthquake finally hits Vancouver

and we all Vancouverites die at this moment!”

To my relief, however, the quake wasn’t as big as I expected.
Anyway, your God as well as my God seem to have saved all the Vancouverites.

Hallelujah!

I kinda expected another much bigger quake, but fortunately it didn’t take place with a big bang.

Then the female annouuncer of the AM1130 screamed:


(announce02.jpg)

“Folks, there are so many calls to 911, almost jamming the phone line.

Please call 911 only in emergency.”

I gathered that so many Vancouverites felt the big jolt, thinking as I did—the mega earthquake has hit Vancouver eventually!
So they called 911.

This morning, when I stepped out of my suite to walk to the library, I came across one of my neighbours.
Nancy is a woman like an Amazoness in her late forties.


(amazon2.jpg)

I thought she would be the last and sole survivor because she appeared to be a strong-willed, strong-limbed, powerfully-built woman with big boobs.

However, she seemed utterly terrified with the last night’s quake.


(ahhh2.jpg)

“Kato, did you feel the giant quake, last night?” she cried.

“I thought I was going to die!

That’s the biggest quake I’ve ever experienced in my whole life.”

Suddenly your image appeared to the back of my mind.

Even Amazoness-like Nancy got shocked to death.

So, Diane, you might as well have been thrilled to death.

Now I’m really asking you.

“Are you alright after the big quake last night?”

Ten minutes after the quake, the female announcer told the audience that the epicenter was somewhere 23 kilomenters north of Victoria.
Its magnitude was 4.8.

Mind you, I was expecting a magnitude-9 quake.

Compared to magnitude 9, 4.8-quake is such a tiny quake that most of the Japanese would ignore it.


(vanquake1.jpg)

MegaQuake Could Hit North America


(vanc701.jpg)

Anyway, I was really worried about you, Diane, because you’re not accustomed to big quakes.

You might have got a heart attack.

Just kidding….

In any case, enjot the holiday season and have fun.

…see you soon.


(laugh16.gif)

Your smiling Bohemian, Kato
with a lot of love as always


(diane02.gif)

Kato, you’re preoccupied with a mega-quake.


(kato3.gif)

You think so, don’t you?

Yes, most definitely.

I think the one that shook Vancouver on December 29 is a harbinger of the coming mega quake.

You gotta be kidding.

Well… many Vancouverites think as I do.

How do you know?

Diane, have you read the metro news papers lately?

Yes, I have.

Then you’ve probably read the following news.


(met51229.png)

“Actual Page”

You see, Diane… On December 29, the Lower Mainland was rattled by a 4.7-magnitude earthquake. And now many Vancouverites are buying emergency kits before the big one will hit.

I don’t believe it.

But, Diane, that’s what the above article says… Many Vancouverites are getting ready for the big one.  Diane, are you aware that we had several quakes in the past?

No, not really.  As a matter of fact, I’ve never felt a sizable quake here in Vancouver—except for the one on December 29.

So, the last one might be a harbinger of the mega quake.

Tell me, Kato, if there were any recorded quakes in and around Vancouver.

Yes, there were quite a few.

You must be kidding!

Well…, if you don’t believe it, look at the following chart.


(plates93b.gif)

The mark on the left means a big quake that happened in ths past.

Wow! …  So, in 1909 there was a big one in Vancouver, wasn’t it?

You’re telling me, Diane… Another big one is coming.

You mean, a giant quake like the one that took place in 1700?

That’s right.

No kidding!  How do you know?

Well … I’ve watched the following DVD.


(lib20926c.gif)

■”Actual Listing Page

DVD Description

Uses earthquake survivors’ account and interviews with experts to uncover the significant earthquake dangers that are unique to Cascadia, the region that surrounds the Cascade mountain range, extending from southern British Columbia to northern California.

Discusses the effects of previous earthquakes in the region, including the 1964 Alaska earthquake and the 2001 Nisqually Quake.

 

Kato’s Comment – Aug. 15, 2012

If you live in the northwest of America—that is, Cascadia, you should be prepared for a giant earthquake.
Since 10,000 years ago, 18 earthquakes of magnitude 9 and over (equal to the East Japan Great Earthquake that devastated Fukushima and its surrounding areas in Japan on March 11, 2011) have caused catastrophic damages on the coasts of Cascadia.

Seemingly, a super-quake occurs approximately every 500 years.
The last super-quake attacked Cascadia on January 19, 1700.

So, a super-quake might take place along the Cascadia subduction zone any time because 312 years has already passed since the last super-quake.
Mind you, a 500-years cycle is an approximation.

If you’re in doubt, watch the DVD for yourself.


(scary01.jpg)

Tōhoku Earthquake 2011

(東北地方太平洋沖地震)

But, Kato, how do you know that the super quake occurred in 1700?

A certain geologist dug up the old layers of the earth near Vancouver and found out the trace of giant tsunamis that had taken place 18 times since 10,000 years ago.

Amazing!

Besides, the 1700 mega-quake was recorded in the Japanese chronicle.


(plates97.jpg)


(plates96.jpg)

Why on earth in the Japanese chronicle?

Well …, the super quake in 1700 created the super tsunami, which hit the pacific coast of Japan.


(plates98.jpg)

The Japanese people at the time were totally puzzled because they didn’t felt any quake at all.

So scientists found out recently that the 1700 super quake caused the super tsunami that devastated the pacific region of Japan, didn’t they?

You’re telling me, Diane.

But I can hardly believe that a big one is coming to Vancouver.

Well…, I searched for the video clip on the Net so that you could understand the imminent danger caused by a super-quake.

Did you get it, Kato?

Yes, I did.  Here it is.

Cascadia Subduction Zone

M9 Earthquake Imminent

(Documentary)

Amazing! … Unbelievable!

Seeing is believing, isn’t it?

I wish I hadn’t seen it.

Diane, a super quake is coming to Vancouver for sure.

I hope not.

Vancouver Earthquake

You must face the reality, though nobody can tell exactly when a big one will come.

If a mega quake occurs every 500 years, then we still have many more years before the estimated mega quake hit Vancouver.

Diane, the 500-year cycle is an approximation.  A super quake may occur tomorrow.  Nobody knows for sure, but the big one will certainly come in the future.

I hope, a super quake won’t hit Vancouver in my lifetime.

But you see, Diane, we had an amazingly sizeable quake on December 29… So the big one might come in the near future.  That’s a possibility, isn’t it?


(top65.jpg)


(top66.jpg)

So the top of Vancoure revolving restaurant might disappear in the case of a mega quake… That’s why you went up there with Mayumi the other day and enjoyed dinner with her, isn’t it?


(top03.jpg)

The Vancouver Lookout


(top02b.jpg)


(top01b.jpg)

You’re telling me, Diane.  You cannot visit the World Trade Center in New York any more, can you?

So, Kato, you enjoyed the Vancouver view from the top of Vancouver before a meg quake hits Vancouver.  Is that it?

Yes, you’re right on… In any case, Diane, why don’t you get ready for the big one?

You know what, Kato, if a mega quake hits Vancouver, what can I do anyway?

You need an emergency kit to survive the mega quake… So, the people in Vancouver start ordering those from the Burnaby firm.  According to the above news article, the staff at the firm have been working around the clock, seven days a week, to get the shipments out.

I think it’s mass hysteria.

Maybe, you’re right, Diane.  But the quake on December 29 is a good wakeup call because people are now realizing that we gotta prepare for the disaster.  So, why don’t you get yourself an emergency kit?

I’m still busy because I’m in the holiday season mode.

That’s one of the top three barriers for not being prepared. 1) Apathy, or it-won’t-happen-to-me attitude, 2) money, too expensive, and 3) time, too busy doing trifle things.

Kato, don’t get worried about me…  I’ll build my own emergency kit.


(2004ft.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Have you been to Canada?

Canada extends from the Atlantic to the Pacific and northward into the Arctic Ocean, covering 9.98 million square kilometres (3.85 million square miles) in total, making it the world’s second-largest country by total area and the fourth-largest country by land area.

Canada’s common border with the United States forms the world’s longest land border.

Naturally, many wild animals live in the vast land—especially in the northern part of the country.

Some of these animals are shown in this documentary called “Snow Babies,” which depicts the first year of baby animals and their families originally broadcast on television as individual episodes in 1996.

Prepare for your heart to melt as the “BBC Eath” program brings you an in-deapth look at adorable baby animals in the beautiful but harsh world of ice and snow.

It is a fascinating and entertaining documentary.

Please take a look at the following trailer.


(snowbabies.jpg)

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies by the end of this year.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ディープコーヴ

2015年6月24日

 

ディープコーヴ

 


(deepcov30.jpg)


(kayak02b.jpg)


(deepcov21b.jpg)


(deepcob13b.jpg)


(canhous3.jpg)


(deepcovmap.png)

『拡大する』


デンマンさん。。。 今日は“ディープコーヴ”のお話ですか? 

そうですよ。。。 真由美ちゃんが気に入ったと言ったのでねぇ~。。。、こうして取り上げる気になったのです。

先日の日曜日にキャッシーちゃんと二人で行ったのですわァ。

キャッシーちゃんというのはカレンおばさんの娘ですよねぇ~。

そうです。。。 現在、UBC (ブリティッシュ・コロンビア大学) の地球環境学部の3年生です。


(drive61.jpg)

ほおおォ~。。。 キャッシーちゃんは ずいぶんときれいになったもんだねぇ~。。。 僕は 小学校の時のキャッシーちゃんしか覚えてないのですよ。。。 

あらっ。。。 マジで。。。? キャッシーちゃんは21歳になるのですよ。

。。。で、真由美ちゃんは“ディープコーヴ”のどういうところが気に入ったのォ~?

こじんまりとしていて、おしゃれで、それでいて自然がいっぱいあるところがいいですわァ。


(deepcov14.jpg)


(deepcov19.jpg)


(deepcov17.jpg)


(deepcov18.jpg)


(deepcov20.jpg)

上の写真は キャッシーちゃんのお友達のリンダさんですわァ。。。 この人の家に呼ばれて、わたしはベーグルを作ったのです。


(deepcob13b.jpg)


(bagel405.jpg)

ベーグルを焼いて、カキフライを作って、カキフライ・サンドイッチにしていただいたのですけれど、これがウケましたわァ~。

うん、うん、うん。。。 これはマジで旨そうだねぇ~。。。 僕もぜひ食べてみたいですよ。

いつか、機会があったら ぜひデンマンさんにも食べていただきたいですわァ~。。。 次の写真のようにチーズとハムをサンドしたのも、けっこうウケました。


(bagel706.jpg)


(bagel707.jpg)


(bagel708.jpg)

う~♪~ん。。。 これも旨そうだねぇ~。。。 で、食後にカヤックにも乗ったのォ~?

そうなのですわ。。。 リンダさんの妹のメアリーちゃんが一緒に乗ってパドルの使い方を教えてくれたのです。


(kayak02b.jpg)

う~♪~ん。。。 面白そうだねぇ~。。。

充分楽しみましたわァ。

それで、就職の方は。。。?

キチラノ (Kitsilano) のベーグル店で何とか働いています。


(kitsilano5.jpg)

キツラノ・ビーチ(Kitsilano Beach)


(kitsilano6.jpg)

それはよかったねぇ~。。。

でも、本採用ではないのです。。。 たまたま産休をとっている女の子がいて、その子が戻ってくるまで試用期間ということで働かせてもらっているのですわ。 私の働き振りを見て、もしオーナーのお眼鏡(めがね)にかなうようだったら本採用にしてくれるということですわ。

ふ~ん。。。 とにかく、マイペースで頑張ってみたらいいよ。

駄目だとしても諦めないで、いつか必ずバンクーバーにやって来たいですわ。

やっぱり、真由美ちゃんはバンクーバーが気に入りましたかァ~?

そうですねぇ~。。。 バンクーバーにやって来るのは小さな頃からの夢でしたし。。。 今では、バンクーバーと、それにホームステイしているノースバンクーバーで たくさんの友達ができましたわァ。。。 何とかしてバンクーバーで暮らせるように頑張るつもりです。

大丈夫ですよ。。。 真由美ちゃんならば、バンクーバーで生活してゆくことができますよ。

そうでしょうか?

あのねぇ~、67歳でカナダに移住したおばあちゃんがいますからねぇ~。。。


(granny21.jpg)

『きびしい暮しの中のロマン』

この上の写真のおばあちゃんが その人ですか?

そうですよ。。。 もし、今回、真由美ちゃんが就労ビザをゲットできなかったとしても、まだまだ何度でもトライできるからねぇ~。。。 諦めないでバンクーバーで暮らす夢を叶えてねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【真由美の独り言】


(mayumi40.jpg)

私は小さい頃の夢が叶ってバンクーバーにやって来ました。


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

幸運にも、ボランティアでカーネギーセンターのキッチンで働くことができました。

でも、これは無報酬のお仕事です。


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)


(carnegie06.jpg)

お給料をもらいながらパン職人、ベーグル職人、
あるいは調理師として働くためには、
どうしても語学ができないと駄目です。

私も一応、そのために日本で英会話を勉強しましたが、
実際にバンクーバーにやって来てみると、
私の英会話の能力では、
面接の受け答えには不十分だということが実感できました。

もし、あなたが、カナダ移住を目指しているならば、
ぜひ、語学力をしっかりと身につけてから、渡航してくださいねぇ。

どの程度の語学力が必要なの?
あなたは、そのような疑問を持つかも知れません。

それは、カナダ大使館のウェブサイトを見れば解るはずです。

私は、残念ながら 渡航する前に、語学力のことを充分に調べませんでした。
現地の人とコミュニケーションが充分にとれないと、
大きなハンディーを 最初から背負うことになります。

とにかく、語学力が大切だという事を身にしみて理解することができました。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?
とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんも バンクーバーにやって来たことがあります。
2008年の元旦の2週間ほど前に来たということです。
クリスマスをバンクバーで過ごして、
それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのですってぇ~。。。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?
ところが気温は2度ぐらいだったそうです。 
水の中の方が暖かかったとか。。。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。
あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。
だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
では。。。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(juneswim.jpg)

“My Name is Mayumi”

“Mayumi’s Bagels”

“Mozzarell & smoked chicken

Bagel Sandwich”

“Bagels@Granville Island”

“Matcha Bagels”

“Scones & Puddings”

“Lox and Bagels”

“Oyster Bagel Sandwich”


(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)