Posts Tagged ‘Sayuri’

Halloween@Shibuya

2017年11月3日

 

Halloween@Shibuya

 


(shibuya02.jpg)


(shibuya90.jpg)


(sayuri88b.jpg)


(hallowe05.jpg)


(hallowe04.jpg)


(hallowe02b.jpg)


(sayuri201h.jpg)


(diane02.gif)

Kato, who is the above lady in East Indian costume?


(kato3.gif)

She is Madame Taliesin.

Is she your wife?

Oh, no… She is the queen of Halloween.

No kidding!

I’m dead serious!  She is MY queen of Halloween.

Are you telling the world that she is a queen of Halloween ONLY for you?

Yes, that’s right.  You’re telling the world, Diane.

But why is she wearing an East Indian costume instead of kimono?

Good question! … It is a long story.

Then make it short and tell me the story.

Well … When I arrived in my hometown, Gyoda, on October 18, it was so hot that Madame Taliesin welcomed me while bathing in bikini.


(sayuri82.jpg)

Kato, were you dreaming or what?  It was terribly cold in Vancouver on October 18.  No Vancouverites could take a dip in the water.

I know, I know, … I’m sure you were almost frozen to death, but I felt as if I were in Hawaii when I arrived in Japan on October 18.

How come it’s so hot in your homwtown at this time of year?

Good question, Diane!  It is because Gyoda is famous for its fire festival.


(firef06.jpg)


(firef07.gif)


(firef02.jpg)


(firef03.gif)


(firef05.gif)


(worldjp.gif)

        
(down11.gif)


(shibuya90.jpg)


(diane02.gif)

Kato, are you saying that the fire in the festival makes it hot in Gyoda at this time of year?


(kato3.gif)

Yes, you’re absolutely right.

I think you’re definitely kidding me.  Who could believe you?  By the way, who are the couple in the above video.  They seem to wear old Japanese costumes.

Yes, they do… The festival is about Konohanasakuya-hime and her husband.

Who is Konohanasakuya-hime?

She is a famous character in Japanese mythology.

Konohanasakuya-hime


(firef02.jpg)

Konohanasakuya-hime (木花咲耶姫) is the blossom-princess and symbol of delicate earthly life.

She is the daughter of the mountain god Ohoyamatsumi.

She is often considered an avatar of Japanese life, especially since her symbol is the sakura (cherry blossom).

Kono-hana is also the goddess of Mount Fuji and all volcanoes.

Kono-hana-hime is the wife of the god Ninigi.

She met him on the seashore and they fell in love.

Ninigi asked Oho-Yama, the father of Kono-hana-hime for her hand in marriage.

Oho-Yama proposed his older daughter, Iwa-Naga-hime, instead, but Ninigi had his heart set on Kono-hana because Iwa-Naga-hime was ugly.

Oho-Yama reluctantly agreed and Ninigi and Ko-no-hana married.

Because Ninigi refused Iwa-Naga-hime, the rock-princess, human lives are said to be short and fleeting, like the sakura blossoms, instead of enduring and long lasting, like stones.

Kono-hana became pregnant in just one night, causing suspicion in Ninigi.

He wondered if this was the child of another kami.

Kono-hana was enraged at Ninigi’s accusation and entered a doorless hut, which she then set fire to, declaring that the child would not be hurt if it were truly the offspring of Ninigi.

Inside the hut, Ko-no-hana had three sons, Hoderi, Hosuseri and Hoori.

Shrines have been built on Mount Fuji for Konohanasakuya-hime.


(fuji199.jpg)


(fuji198.jpg)

It is believed that she will keep Mount Fuji from erupting, but shrines to her at Kirishima have been repeatedly destroyed by volcanic eruptions.

She is also known for having tore up the Yatsugatake Mountains, because it was higher than Mount Fuji.


SOURCE: “Konohanasakuya-hime” from Wikipedia

I see… Quite interesting… But, Kato, how come Madame Taliesin wore an East Indian costume, instead of the traditional Japanese costume?

Diane, have you ever heard of an old saying—“Fight fire with fire”?

Yes, I have. But I can hardly understand why the above saying has to do with Madame Taliesin’s East Indian costume.

Well…, Madame Taliesin is crazy about East Indian currey.


(sayuri201.jpg)

Kato, are you saying that I’m crazy about East Indian curry?

Yes, I am. The other day, You ate Indian curry at Kumagaya Station shopping mall!


(binjdi01.jpg)


(binjdi02.jpg)

Even if you’re not addicted to East Indian curry, you’re still crazy about curry in general.

Do you have any proof?

Yes, of course.  You ate soup curry yesterday (November 4, 2015) at Neco Curry Shop.


(neco002.jpg)


(neco001.png)

『Actual Page』

Did you see me eat the soup curry?

Yes of course I did.  You ate it in front of me.  I couldn’t help but see you enjoying it to the hilt.


(neco003.jpg)


(neco006.png)

So, Kato, you enjoyed seeing my eating, huh?

Actually, I was a bit surprised.

Why is that?

…’Cause you told me that this place was a secret romantic spot.

Did I really say that?

Yes, you did.  You even showed me the following page:


(neco001b.png)

『Actual Page』

Then you even asked the owner to play some romantic music.

Did I?

Yes, you did.  You requested “Black Orfeus”—romantic Bossa Nova.


(orphe800.jpg)


(orphe801.jpg)

You told me, “I wish I could eat with you on the beach in Rio de Janeiro.

Did I really say that?

Yes, you did.  I’m pretty sure that if you hear the following music, you’ll certainly recall it.


(orphe802.jpg)

Now, Madame Taliesin, did you remember what you said at the time?

I’m afraid not.  There are no stages in that curry restaurant in the first place.

Is that right?

I’m quite positive, Kato, that you were probably daydreaming.


SOURCE: 『Soup Curry @ Gyoda』
(November 5, 2015)

You see, Diane, Madame Taliesin is crazy about curry. That is, she fights hot weather with hot East Indian curry.

Are you saying, Kato, that’s the reason Madame Taliesen wore an East Indian costume in the Halloween party?

Yes, that’s right!  You’re telling the world.


(dianelin3.jpg)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Kato enjoys his atay in his hometown—Gyoda-city.

A couple of days ago, he visited and watched the rice-paddy art, which was registered in 2015 as the world-largest rice-paddy art by Guinness World Records.


(tanboart2.jpg)

It looks amusing and amazing, doesn’t it?

In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

3月のバレンタイン

2014年3月27日

 
3月のバレンタイン


(valent99.png)
 

(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 バレンタインは2月でしょう?


(kato3.gif)

でも、3月にバレンタインがあってもいいじゃありませんかァ!

バレンタインは2月と決まっていますわ。 どうして3月にバレンタインを持ち出してきたのですか?

3月にもバレンタインがあった方がいいと思う人だって けっこう居ると思うのですよ。

それはチョコレートを作っている会社だけだと思いますわ。 

でもねぇ~、2月だけに限らず、バレンタインに興味を持っている人は1年中いると思いますよ。

どうして、デンマンさんは急に そのようなことを言うのですか?

いや。。。 僕だけがそう思っているわけではないのですよ。

じゃあ、他に どなたが そう思っているのですか?

ちょっと次の棒グラフを見てください。


(ame40325a.gif)

これはアメブロの僕のブログの2月24日から3月25日までの 30日間のアクセス数の記録ですよ。

3月23日がダントツですわね。 延べ 1,413人のネット市民の皆様がデンマンさんのブログにやって来たということですか?

そうなのですよ。

。。。で、どの記事が読まれたのですか?

次の記事ですよ。


(ame40323e.gif)

『実際の記事』

あらっ。。。 『失われたバレンタイン』じゃありませんか!

だから、言ったでしょう! 3月になっても バレンタインの人気は衰えないのですよ!

でも、マジで『失われたバレンタイン』が読まれたのですか?

小百合さんは 僕の言葉をイマイチ信用してないようだから、次のリストも見てください。


(ame40323b.gif)

これは3月23日の「リンク元URL」のリストですよ。 赤枠で囲んだ1番に注目してください。 

「お気に入り」と「ブックマーク」のページからやって来たネット市民が 延べ 1,267人いたということですか?

そうですよ。 この人たちは僕のブログの常連さんたちですよ。

どうして常連さんだと判るのですか?

次のリストを見れば すぐに解りますよ。


(ame40323c.gif)

検索してやって来たのはたったの3人ですよ。 つまり、ほとんどの人たちが「お気に入り」と「ブックマーク」のページからやって来た常連さんだということですよ。 それに、もう一度「アクセス元URL」のリストを見てください。


(ame40323b.gif)

赤丸で囲んだ 18番に注目してください。 この人は『失われたバレンタイン』というタイトルに惹かれて、僕のTWITTER のツブヤキを見てやって来たのですよ。

どうしてデンマンさんのツブヤキを見てやって来たと判るのですか?

証拠がありますよ。 僕のツブヤキを見てください。


(twi40323.gif)

『実際のページ』

これは僕のTWITTERのツブヤキを毎日 自動的にまとめて ブログにしてくれるアプリです。 上のリストの赤枠で囲んだのが 18番のネットサーファーが見たという僕のツブヤキですよ。 短縮形のURLに注目してください。 「リンク元URL」リストの中の URL とすっかり同じでしょう!?

でも、たった一人ではありませんか!

たった一人でも、『失われたバレンタイン』というのを僕のツブヤキの中に見つけて、興味を惹かれて僕のブログにやって来たたという事実が、とりもなおさず、バレンタインが2月だけじゃなくて、1年中興味を惹く話題だということが解るじゃありませんか!

。。。で『失われたバレンタイン』の何に惹かれたのですか?

何ってぇ~。。。 たぶん、“失われたバレンタイン”という言葉でしょうね。。。 つまり、バレンタインに何を失ったのか? “失われたバレンタイン”とは、どういうことなのか? そういう疑問を持って僕の記事を読んだと思うのですよ。

それだけのことで、延べ 1,413人の常連さんがやって来たのですか?

だから、口コミですよ。 卑弥子さんのようなオシャベリが 次のように女友達に連絡するのですよ。


(himiko22b.gif)

ねえ、ねえ、ねえ。。。 バレンタインのことで

面白い記事を見つけたのよゥ。

デンマンさんが いつものように

馬鹿げた 可笑しな事を言ってるのよゥ。

面白いから見てみてぇ~。。。

。。。で、その可笑しい事ってぇ、いったい どういうことなのですか?

ちょっと、読んでみてくださいよ。


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 今日はアメリカ映画のお話でござ~♪~ますかァ~?


(kato3.gif)

いや。。。 タイトルを「失われたバレンタイン」と書いた時に、「そう言えば、これに似たアメリカ映画があったっけぇ~。。。」とふいに思い出したのですよ。

それで、わざわざ“The Lost Valentine”の予告編ビデオ・クリップを貼り付けたのでござ~ますか?


(valent101.jpg)

The Lost Valentine (Trailer)

あらすじ


(valent121.jpg)

舞台は第二次世界大戦中のアメリカ。
慎ましいながらも愛に溢れていた新婚夫婦のキャロラインと二ールでしたが、二ールに出征命令が届き、妊娠中のキャロラインを残して戦線へ向かうことになります。
二人はUnion Stationで、1944年のバレンタインデーの日に別れるのでした。
しばらく文通で近況をやりとりしていた2人でしたが、ある日、子どもが生まれる前に二ールの乗った飛行機が太平洋に墜落したという電報が届きます。

そして現代。
あれ以来、キャロラインは毎年、バレンタインデーの日にUnion Stationを訪れ、二ールのことを思い出していたのですが、それが地元テレビ局で働くスーザンの耳に入ります。
スーザンは興味を抱いて、キャロラインを取材することに。。。

二ールは“行方不明”のままで、その後どうなったのか全く解らなかったのですが、スーザンの取材によって明らかになる、というお話です。


(valent120.jpg)

バレンタインにふさわしい映画だと思ってねぇ~。。。 卑弥子さんも、上の映画を観てみたくなったでしょう?

。。。んで、今日は その映画のことで もっと詳しくお話になるつもりなのですか?

いや、違いますよ。 僕の「失われたバレンタイン」の話をしようと思っているのですよ。

あらっ。。。 デンマンさんも赤ちゃんが生まれる妻を日本に残して太平洋戦争に出征したのでござ~ますかァ?

卑弥子さん! 笑いを取ろうとして、そのような時代錯誤のことを言わないでくださいよ! 誰も笑いませんよう。 僕は戦後生まれですからね、んもおおおォ~。。。 僕のオヤジの話ならば、いざしらず、僕が太平洋戦争に出征するわけがないじゃありませんかア!

そう言われてみたら、デンマンさんのお父様は沖縄の宮古島で戦ったのですわね。

そうですよ。 アメリカ軍は宮古島を無視して 沖縄本島だけを集中的に攻撃したのですよ。

それで、デンマンさんのお父様は生き延びて、埼玉県の行田に復員して、やがて、どうにか結婚相手が見つかって、それで、遅ればせながら、デンマンさんが生まれたわけでござ~ますかァ?

話を簡略にまとめれば、そういうことになるのですよ。

。。。んで、今日はお父様の「失われたバレンタイン」のお話でござ~ますかァ?

やだなあああァ~。。。 違いますよう。 当時の日本は英語を使ってはダメでしたからね。 それに、“バレンタイン”などという敵性行事など 日本人には許されない行為だったのですよ。 だから、僕のオヤジに「失われたバレンタイン」の話があるわけがないでしょう!

じゃあ、つまり、デンマンさんの「失われたバレンタイン」のお話ですか?

だから、そう言ったでしょう!

でも。。。、でも。。。、じゃあ、デンマンさんはベトナム戦争にカナダ兵として志願して参戦したのでござ~ますか?

なんでぇ~。。。、なんで、僕がカナダ兵として志願してベトナム戦争に行かねばならないのですか!?

だってぇ~、“The Lost Valentine (失われたバレンタイン)”は戦争と関わる映画でしょう?

だから、それはアメリカ映画の話ですよゥ。

じゃあ、デンマンさんの「失われたバレンタイン」のお話は、戦争とは全く関係ないのでござ~ますか?

全く関係ありません!

じゃあ、デンマンさんの「失われたバレンタイン」のお話では、デンマンさんは行方不明にはならないのでござ~ますか?

なんで僕が行方不明にならなけらばならないのですかァ!?

だってぇ~、わざわざアメリカ映画の“The Lost Valentine”を持ち出してきたということは、デンマンさんのお話でも、どなたかが行方不明になるのでしょう?

誰も行方不明にはならないのですよ。 でもねぇ~、僕はまさに死にそうになったのです。

あらっ。。。 死ななかったのでござ~ますかァ~?!

卑弥子さん! 残念そうな顔をしてぇ~。。。んもおおおォ~。。。 僕が死んだ方がいいのですかァ~?

いえ。。。 でも、デンマンさんご自身が「死にそうになった!」と言うから。。。 ついつい、期待してしまったのですわ。 うふふふふふ。。。


『失われたバレンタイン』より
(2014年3月23日)

つまり、卑弥子さんのようなオシャベリが女友達に口コミで伝えたので 読みにやって来る人が増えたと言うのですかァ~?

それ以外に考えられないでしょう!?

要するに、その事が言いたくて この記事を書くことにしたのですか?

いや。。。 それだけじゃありませんよ。 せっかく、小百合さんを呼び出したのだから、小百合さんのために、何か慰めになることでもと思ったわけですよ。

慰めですか? また、どうして私を慰める必要があるのですか?

だってぇ、小百合さんが僕に送ってくれたバレンタインの小包が失われてしまったのですよ。 小百合さんが落ち込んでいると思ったのですよ。

失ったものは仕方ないじゃありませんかァ~。

つまり、小百合さんは もう、すっかり諦めてしまったのですか?

そうですわ。。。 もちろん、ちょっとばかり、落ち込みましたけれど。。。

でしょう。。。? だから、僕が小百合さんを慰めようと。。。

私を慰めようと、いったいデンマンさんは何をするつもりなのですかァ~?

いろいろ考えたのだけれど、歌でも唄おうと思いましてねぇ~。。。 ただ歌を唄うのも芸がないので、フランク・シナトラのモノ真似をしながら、小百合さんの気持ちを慰めようと思います。 ちょっとの間、聴いてください。 じゃあ、唄いますゥ。。。


(sinatra.jpg)

なかなか 心にしみる歌でしたわ。 デンマンさんってぇ、物真似の素質もあったのですわねぇ~。。。 うふふふふふふ。。。

うへへへへへ。。。 隠し芸大会には、いつもこの歌を唄うのですよ。

じゃあ、お返しに 私もモノ真似で唄わせてもらいますわァ。

あれっ。。。 小百合さんまでがモノ真似で唄うのですかァ~?

だってぇ、デンマンさんが心を込めて歌ってくださったのですものォ~、私が 唄わないわけにはゆかないじゃありませんかァ!

そうですねぇ~。 うししししし。。。 で、いったい小百合さんは誰のモノ真似をするのですか?

若々しい マリア・グロスマンさんに成りすまして 唄いますわァ。 デンマンさんも驚かないで、静かに聴いてくださいねぇ。 じゃあ。。。


(mariah.jpg)

う~♪~ん。。。 心にしみましたよ。 小百合さんも モノ真似がうまいのでマジで驚きましたァ。 (爆笑) バレンタインの小包が迷子になってしまっても、小百合さんのバレンタインの歌を聞いたので、僕の心は満たされましたよゥ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
馬鹿馬鹿しいですわア!
あたなだってぇ、白けてしまったでござ~ますでしょう?

では、ついででござ~ますから
あたくしも モノ真似で唄わせてもらいますわァ。
うふふふふふ。。。

ええっ。。。 誰のモノ真似をするのかってぇ~。。。?

実は、あたくしは“タレント発掘”という番組に出場したのですわ。
その時の映像がありますから、ここにビデオ・クリップを貼り出しますう。
どうか驚かないで聴いてくださいまし。。。 では。。。

ついに、あたくしの素顔をご覧に入れてしまいましたわァ。
おほほほほほ。。。

でも、あなたは 信じませんわよね。
うふふふふふふ。。。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(kinuga25.jpg)

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』

■ 『ポックリゆきたいの?』

■ 『ツナサンド』

■ 『消えたカラスの巣』

■ 『ハルヴァと軽井沢』

■ 『トリュフ、梅毒、ポテト』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のハルヴァ』

■ 『ハルヴァの面白い話』

■ 『松茸と靴下』

■ 『気になる臭い』

■ 『ハルヴァの面白い話再び』

■ 『ベーグルの夢』

■ 『私、食べるの大好き』

■ 『べーグルの面白い話』

■ 『まりちゃんのべーグル』

■ 『駅前のヌード』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)
 

Typhoon 26

2013年10月18日

 
Typhoon 26
 
 

(typhoon3.png)

Gyoda—My hometown


(typhoon2.jpg)


(oshima02.jpg)

22 people died

on Ohshima (Big Island)


(oshima03.jpg)

Deadly Land Slide


(oshima04.jpg)

(In English)


So, Kato, are you alive, aren’t you?

Yes, of course, I am.

But the typhonn hit your hometown, didn’t it?

Fortunately, it slightly stepped out of the direct course to my hometown—Gyoda.

Oh, you’re so lucky, aren’t you?

Yes, I certainly am.  The typhone, however, hit Ohshima (Big Island) in its course and downpoured, causing a deadly land slide and killing 22 people.  Thirty-five people are still missing.

Kato, I’m glad to know that you’ve just survived.

Thanks.  I think I’ll meet you again back in Vancouver.

I’m pleased to know that you’ll be able to return to Vancouver next month with a lot of tastes of Japan.

Yes, I should be able to go back to Vancouver with a number of delicasies.


(wagashi2.jpg)


(wagashi3.jpg)

Wagashi (和菓子)

or JAPANESE SWEETS

So, Kato, you’re gonna be a Japanese Santa Clause, huh?  Christmas is far away, though.

You’re telling me, Diane.

Kato, tell me how come Japan has suffered from so many natural disasters such as earthquakes, tsunami, typhoons—let alone the Fukushima disaster.

… beats the hell out of me.  I suppose God gives the Japanese hard times so that the folks become strong, hard-working and industrious.

I see.  So, Kato, you’re enjoying the stay in Japan despite the deadly typhoon, aren’t you?

Yes, of course, I am.  I always see the bright side of the deadly disater, thinking positively.

How do you enjoy your stay in your hometown?

I visited the ancient burial mounds in my hometown.


(maruhaka53.jpg)

Maruhaka-yama Burial Mound

(丸墓山古墳)


Sakitama Ancient Burial Mounds

How come you visited the burial mounds among all other nice places?

Well … When I was a kid, I played around the mounds.


(sakitama9.gif)

Besides, I enjoyed picnic with Madam Taliesin in the pavillion after seeing the mounds.


(pavilion90.jpg)

【Himiko’s Monologue】

Japan has been suffering from a lot of natural disasters.
However, there are many other disasters in the world.

Natural Disasters

National Geographic Classics

This is a nearly six-hour-long documentary about natural disasters.
Disc One contains two programs: Storm of the Centry and Violent Earth.
Disc Two has two programs: Drowning New Orleans and Tornado Intercept.
Disc Three also shows two programs: Avalance—The White Death and Tsunami—Killer Wave.

It is such a fascinating and informative film that you should be able to prepare yourself for all those natural disasters.
The “Tornado Intercept” is quite thrilling and interesting because an enthusiastic twister chaser has created a huge tank-like vehicle so that he could get into the center of tornado to film an unprecedented inside look.


SOURCE: “Kato’s comment on the DVD”

It really sounds thrilling and exciting!

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.
So please come back to see me.

Have a nice day!
Bye bye …


(hand.gif)


(renge62e.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(chiwawa5.gif)

“Bliss for Diane!”

“Romantic Bohemian”

“TD Bank or Mozart?”

“Diane@TD Bank”

“Tear Jerker”

“Diane in Chorus Line”

“Pork or Friend?”


(cat603.jpg)

“Easter Bloopers”

“Beauty is Heart-deep”

“Romance@South Pacific”

“Art Gallery”

“Diane Hypatia”

“Cherry and Silk”

“Price of Your Life”

“Elephant Cries”

“Banana @ Eden”


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”


(surfing9.jpg)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

There have been at least five mass extinctions in the history of life on earth, and four in the last 3.5 billion years in which many species have disappeared in a relatively short period of geological time.

The massive eruptive event is considered to be one likely cause of the “Great Dying” about 250 million years ago, which is estimated to have killed 90% of species existing at the time.

There is also evidence to suggest this event was preceded by another mass extinction known as Olson’s Extinction.

The Cretaceous–Paleogene extinction event occurred 65 million years ago at the end of the Cretaceous period and is best known for having wiped out non-avian dinosaurs, among many other species.

Cause of the Cretaceous–Paleogene extinction?

Many scientists believe that a comet or meteor triggered the mass extinction of the dinosaurs.

You might wonder if another comet collides with the Earth in the near future.

Super Comet After the Impact

This is a 2007 speculative documentary produced by ZDF and the Discovery Channel.
It was directed by Stefan Schneider.
The 84-minute film hypothesizes the effects on modern-day earth of a large comet impacting in Mexico near the same location of the Cretaceous–Paleogene extinction event, the ancient impact of a comet or meteor that is believed to have triggered the mass extinction of the dinosaurs.

It alternates between interviews with climatologists and researchers and dramatized scenes following several groups of people as they attempt to survive in the days and months after the disaster: a separated family in France, a pair of scientists in Hawaii, a man who manages to survive for a period of time near the ground zero impact in Mexico, and a tribe in Cameroon.
It is such a thrilling, exciting and profoundly astounding docu-drama that you would forget to take a pee during the show.


SOURCE: “Kato’s comment on the DVD”

The film seems quite fascinating and interesting.
If there is a rental shop around you, why don’t rent the above DVD?


(karuhap8.jpg+bare04e.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

軽井沢タリアセン夫人とカナペ

2013年10月10日

 
 
軽井沢タリアセン夫人とカナペ


(canape03.jpg)


(canape02.jpg)


(salon22.jpg)


(foolw.gif)

元気で再会しましょうね。

差出人: デンマン (green@infoseek.jp)
送信日時: 2013年10月7日 (日)7:23:21
(Vancouver Time: Sun., October 6 3:23 PM)
宛先: 小百合 (sayuri@yahoo.co.jp)

ルンルン気分で毎日を過ごしてますか?
再会が楽しみですよ。

さきたま古墳公園のパビリオンでピクニックでもしましょう!
Lemon-pepper のツナ缶を持ってゆきます。


(tuna08.jpg)


(tuna10.jpg)


(pavilion90.jpg)

大長寺から さきたま古墳公園へ行く途中でベルクに寄って
厚切りのトースト用のフカフカした食パンと「青海苔ふりかけ」を買って、
パビリオンでピクニック。
きゃはははは。。。

食パンを4つ切りにして、
その上にLemon-pepper のツナ缶から
フレーク・ツナを取り出して載せ
「青海苔ふりかけ」をかけて食べるのですよ。


(vienna2.jpg)

アイリッシュクリームコーヒーを飲みながら食べる
「青海苔ふりかけ」Lemon-pepper のツナのカナペ(canapé )は
小百合さんと一緒に食べれば
ホッペタが落ちそうになるくらいに旨いはずですよ!
きゃははははは。。。

再会が待ち遠しいです!
じゃあね。


(denman01.gif)



(sayuri55.gif)

デンマンさんは食パンを4つ切りにして、その上にLemon-pepper のツナ缶からフレーク・ツナを取り出して載せ「青海苔ふりかけ」をかけて、それをカナペと呼ぶのですか?


(kato3.gif)

いけませんか?

普通はクラッカーや、食パンでもトーストにして その上に具を載せるのではありませんか?

あのねぇ~、食パンも ありなのですよ。

マジで。。。?

ウィキペディアには次のように書いてあります。

カナッペ


(canape05.jpg)

カナッペ(仏:canapé、カナペとも)とは、一口大に切った食パンや 薄く切ったフランスパン、クラッカーなどに、チーズや野菜などをのせた料理。
軽食のひとつ。

名称はフランス語で「背もたれのある長いす、ソファー」の意味、
イタリア語では、トラメッツィーニ (tramezzini) またはタルティーネ(tartine)と称する。

コース料理の前菜、あるいは酒の肴として供されることが多い。

上にのせる材料はあまり水分が多いものでなければ何でもかまわないが、代表的なものとして、フォアグラ、ローストビーフ、蒸し鶏、ハム、パテなどの肉類、キャビア、ゆでたエビ、スモークサーモン、オイルサーディン、イクラなどの魚介類、カマンベールチーズ、ブルーチーズなどの乳製品、トマトやキュウリのような野菜類、鶏やウズラのゆで卵などがある。


出典: 「カナッペ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クラッカーやトーストでなくても一口大に切った食パンや 薄く切ったフランスパンでもいいのですよ。

でも、食パンに載せたものってぇ あまり見ませんわ。

そうですか? 僕はクラッカーに載せたものよりも、フカフカした食パンに載せた方が食欲が増すのですよ。

でも、食パンだと、おなかにたまるでしょう?

だから軽食として食べるには都合がいいのですよ。

私はダイエットをしているのでクラッカーにしますわ。

食パンもクラッカーも、たいして変わりがないじゃありませんか!

イメージの問題ですわ。食パンだと、見た目にも太るような気がしますわ。

そういうものですかねぇ~?

ところで日本へ帰ってきてどうですか?

暑いのに参りましたよ。 バンクーバーのマンションを出てエアポートに向かう時には小雨が降っていて 11度でしたからね。 それが成田についたら28度ですよ。 ムッとしましたよ。 まるで夏日に戻ったようでした。

台風の影響ですわ。。。で、今回の旅行は何も問題がなかったのですか?

ありましたよ。 僕はエコノミークラスの通路側の座席を予約しておいたのですよ。それがグレードアップされてビジネスクラスになっていたのです。

グレードアップされたいたのなら、何も問題がないじゃありませんか! 普通ならば、喜んでビジネスクラスに移るはずでしょう?

そうでしょうね。 ビジネスクラスに移れば、座席もちょっとばかり広いし、食事もエコノミークラスよりも いいものが出ますからね。

それなのに、何が問題だったのですか?

あのねぇ~、僕はトイレが近いのですよ。 だから、この5年間、いつでも通路側の席を予約しているのですよ。

トイレが近いってぇ、デンマンさんは10分ごとにトイレに通うのですか?

まさかァ~。。。 それほど頻繁にトイレに行くわけじゃありませんよ。 ただねぇ、窓際に座っていてトイレに行きたくなって、隣の人が眠っている時ってぇあるでしょう。。。 そういう時ってぇ、起こしてしまうのが悪いような気がしてきて、つい我慢したりしてしまう。

あらっ。。。デンマンさんでも、隣の人を気遣うことってぇあるのですか?

やだなあああァ~・・・ 小百合さんは僕が血も涙も無い、思いやりも同情心も無い冷血動物だと思っていたのですか?

デンマンさんならば、隣の人が眠っていようが食事をしていようが、トイレに行きたくなったら、ズケズケと立ち上がって道を開けるように言うだろうと思っていましたわ。うふふふふ。。。

あのねぇ~、僕は意外に気の小さいところがあってぇ、ついつい隣の人に遠慮して我慢してしまうことがあるのですよう。

信じられませんわ。

信じてくださいよう。 昔の人は「信じる者は救われる」と言ったでしょう?

つまり、ビジネスクラスにグレードアップされていたにもかかわらず、もとの通路側のエコノミークラスの座席に戻してくれとフライトアテンダントに申し出たのですか?

その通りですよ! グレードアップされたビジネスクラスの座席が通路側ならば問題なかったのですよ。 ところが、あいにく窓側だった。だから、僕は通路側のエコノミークラスに戻してくれとアテンダントに言ったのですよ。

信じられませんわ。 眠っている隣の人を起こすのがいやで、わざわざビジネスクラスにグレードアップされた席をエコノミークラスに戻して欲しいとデンマンさんは言ったわけですか? グレードアップされる食事にも未練を感じなかったのですか?

あのねぇ~、いちいちトイレの時に隣の人を気にするのがいやなのですよ。 トイレに行く時には誰にも気兼ねなくトイレに行きたいのです。 隣の人が寝ていたりすると、ついつい僕は気を遣ったりして、遠慮してしまうのですよ。

でも、そもそも、どういう訳で座席が変わっていたのですか?

戻されて座ってみると 僕の座る席は二人席の通路側なのですよ。 隣は日本人の女性でした。 恐らく、その人の旦那か愛人か恋人が座っていたのでしょうね。

要するに、二人は離れ離れの席に座ることになったので、並んで座るようにならないかとチェックインの時に係員に頼んだわけですか?

そうだと思いますよ。 それで、係員は僕に連絡もせずに、気を利かせたつもりで、僕の席をビジネスクラスにアップグレードして、はじき出し、その席にその女性のパートナーを座らせることにしたと思うのですよ。

それを、デンマンさんは無理やり戻せと言ったわけですか?

あのねぇ~、僕はもともと3週間前からその席を予約してあったのですよ。 通路側を選んだのには、今説明したように理由がある。 それなのに、僕に連絡しようと思えばできたのに 係員は独断で勝手に席を変えてしまったのですよ。 これは僕に対する人権無視ですよ。

要するに、デンマンさんは、クドクドと今言ってきたようなことをフライトアテンダントに説明して無理矢理もとの席に戻してしまったというわけですか?

だってぇ~、僕がその席に もともと座るはずだったのですよ。 僕は権利を主張したまでです。 だってぇ、快適な旅をするために あらかじめ十分に時間を取って予約していたのだから。。。 それを係員の独断で変えてしまったのだから、それは係員の落ち度ですよ。 航空会社は責任を持って僕の権利を認めるべきです。

。。。で、結果としてパーサー(フライト責任者)はデンマンさんの言い分を認めて デンマンさんを元の席に戻したわけですか?

当然でしょう! それが民主主義・自由主義の権利と責任の掟(おきて)だと僕は信じていましたからね。。。僕はパーサーに十分に説明しましたよ。 パーサーも僕の言い分を認めて もとの席に座らせてくれたのですよ。

その女性の隣に座っていたパートナーの男性は おとなしく席を移動したのですか?

あのねぇ~、僕とそのパートナーの男性が直接顔を合わせると問題が起きるとパーサーは思ったのでしょうね。。。 その男性が席を移動しおわるまで僕を待たせておきましたよ。

じゃあ、デンマンさんはその男性の顔を見なかったのですか?

見ませんでした。

じゃあ、隣に居た女性はデンマンさんいやみを言ったのでしょうね?!

いや。。。 おとなしい女性でしたよ。僕には いやみなど言いませんでした。 恐らく僕が口うるさい男だと思ったのでしょうね。。。僕に何か一言でも苦情を言えば10倍の反論が返ってくると思ったのでしょう。 むしろ、恐縮しているような素振りでした。

じゃあ、成田に着くまで、その女性とは一言も言葉を交わさなかったのですか?

当然でしょう! 言葉を交わせばお互いに不愉快な思いになるでしょうからね。。。それに、僕はすぐに映画を見始めました。 その女性と言葉を交わす気持ちなど、全く起こりませんでした。

分かりましたわ。。。

何が。。。?

急に日本が夏日に戻った理由が。。。 デンマンさんがその男女を無理やり離れ離れにさせたその報(むく)いですわ。(微笑)

まさかァ~。。。? そうだとしても、僕はかまいませんよ。 陽気もいいことだし、さきたま古墳公園のパビリオンでピクニックをするにはうってつけですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
デンマンさんらしいですわ。

フライトアテンダントも、パーサーも、まさかデンマンさんがビジネスクラスからエコノミークラスの席に戻せ!とは言わないと思ったのでしょうね。
デンマンさんは権利にこだわるのです。
そこが純然たる日本人とカナダで20年以上暮らした日本人の違いなのだと、あたくしは思うのでござ~♪~ますわ。

あなたは、どう思いますか?

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』


(kinuga25.jpg)

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』

■ 『季節はずれのバレンタイン』

■ 『ホワイトソースの思い出』

■ 『レモンと胡椒と愛情』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

■ 『国際化の塩を求めて』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の知名度』

■ 『ドコモのタリアセン』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のトマト』

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)
 

バレンタイン届いた?

2013年3月10日

 
 
バレンタイン届いた?

デンマンさん。。。 私が送ったバレンタインの小包届きましたか?

小百合さんは僕のブログを読んでないのですか?

だってぇ~、いろいろとやる事があって忙しのですわ。。。 なかなか読む時間がないのです。 それで、どうなってるかと思ってメールを出したのですわ。 メール着きましたか?

着きましたよ。


(inf30308.gif)

僕はさっそく返信を書きました。 

読みましたわ。

それにしても、小百合さんのメールボックスは時々誤作動を起こすのですか?

誤作動するってぇ。。。?

1月19日に、僕は次の記事を小百合さんに転送しようとしたのですよ。


(wp30119z.gif)

『実際の記事』

この上の記事を私にメールしようとしたのですか?

そうですよ。 ところが転送することができなかった。 次のようなエラーメッセージが出たのですよ。


(inf30308b.gif)

あらっ。。。 変ですわねぇ~。。。 でも、言われてみればデンマンさんから1月19日以降の記事が転送されてませんでしたわ。

1月19日以降、小百合さんのメールボックスでは他のメールは受信できていたのですか?

問題ないようでしたわ。

小百合さんがYahoo!のメールボックスをクローズしたのかと僕は思いましたよ。

どうして、そう思ったのですか?

だってぇ、子供たちが小百合さんのメールを覗くことがあると言ってたでしょう?

あらっ。。。 私がそのようなことを言ったことがありました?

ありましたよ。。。 ずいぶん前のことだけれど。。。 それで、仕方ないと思いながら、僕はそれ以来メールを出さなかったのですよ。 でも、3月8日にメールをチェックしたら小百合さんからのメールが来ている。 アドレスを見たら以前と同じメールアドレスですよ。 いったい何が起こったのですか?

私にも解りませんわ。 デンマンさんに言われるまで、何も問題はありませんでしたわ。 他の人たちからも別にこれといって変わった事を言われてませんわ。

不思議なことですよ。 このような事はINFOSEEKでは初めての経験です。 でもAOLのメールシステムでも時々不思議なことが起こるから、それほど驚く事とは思ってませんけど。。。で、メールの中に書き込んだ URLをクリックして3月7日の記事を読みましたか?


(ame30307x.gif)

『実際の記事』

読みましたわ。 でも、私とデンマンさんは記事の中で対話していることになっているのですわ。 デンマンさんがこのようなメールを公開したら、私とデンマンさんが実際には対話していないとバラしてしまうようなものですわ。

あのねぇ~。。。、そのような事は僕のブログの常連さんであれば、とっくの昔に知ってますよ。

そうでしょうかしら。。。?

ジューンさんや卑弥子さんが記事の中に出てくるけれど、実際にジューンさんや卑弥子さんが書いていると思っている人なんて居ませんよ。

そうかしら。。。?

ネット市民の皆様は愚かではありませんからね。。。

でも、中には私とデンマンさんが記事の中でマジで対話していると思っている方も居ると思いますわ。

いません。。。 いません。。。 そのような純粋で素直な人は今どき居ませんよ。

そうかしら。。。? 。。。で、どうしてこの記事を書こうと思い立ったのですか?

だから多分、小百合さんは最近の僕の記事を読んでないのではないか? 。。。 そう思ったのですよ。

でも、メールには「軽井沢タリアセン夫人で検索して記事をたくさん読んでみてね」と書いてあるじゃありませんか。


(inf30308.gif)

。。。で、「軽井沢タリアセン夫人」で検索してみましたか?

やってみましたわ。 次のような結果が出ましたわ。


(gog30302.gif)

。。。で、タイトルをクリックして読んでみたのですか?

19,000件もヒットするのですわ。 ちょっと多すぎて。。。

ヒットの数が多いからって圧倒されることはありませんよ。 トップのタイトルをクリックして読んでみればいいのですよ。

クリックしてみましたけれど、トップのタイトルをクリックしても記事はすぐには表れませんでしたわ。 リストが出てきただけです。

じゃあ、2番目をクリックすればいいではありませんか!

しましたわ。 でも、やっぱり、記事がすぐに表示されませんでした。 記事の一覧表が出てきたのですわ。

だから、その中から面白そうな記事を読めばいいではありませんか!

でも、他にもする事があったので、ちょっと面倒だ思ってぇパソコンを切って出かけてしまいましたわ。 (微笑)

そんな事だろうと思いましたよ。

それを予想していたので、こうして記事を書き始めたのですか?

その通りですよ。 小百合さんは、まず僕の記事を読んでいないだろうと思っていましたからね。。。

やっぱり、そのような予感がするものですか? うふふふふふ。。。

うふふふじゃありませんよ。 小百合さんはネットでは「軽井沢タリアセン夫人」として有名になりつつあるのですよ。 だから、たまには僕が書いた記事を読んでくださいよう。

そのために、今日の記事を書き始めたのですか?

そうですよ。

それでいったい何が言いたいのですか?

あのねぇ~、小百合さんがGOOGLEで検索して僕が書いた記事を読むのでは、まず面倒がるだろうと思ったのですよ。

その通りですわ。 19,000件もヒットするとウンザリしますわよう。

だから、ウンザリしないように読める方法を考え付いたのですよ。

どのようにするのですか?

ちょっと次のスクリーンショットを見てください。


(twi30310.gif)

『実際のページ』

これは僕のツイッターでの呟き(ツイート)を毎日、自動的に集めてブログにしてくれる便利なアプリなのですよ。

デンマンさんは何もしないのに自動的にこのようなページを作ってくれるのですか?

その通りです。

。。。で、私がこのページを見て何をするのですか?

赤枠で囲んだ#valentineというハッシュタグ(hashtag)を見てください。

ハッシュタグ(hashtag)って何ですか?

次のようなものです。

ハッシュタグ (hashtag)

特定のトピックに関する投稿を、公式のツイッター検索から一覧して見ることができるように、キーワードの前に#を置いて投稿する。
以前は日本語に対応していなかったが、2011年7月13日から利用できるようになった。

便利なものができたのですわね。

そうです。。。 小百合さんが興味を持って読みたくなるようなトピックスについて僕が記事を書く。 例えば、バレンタインですよ。 小百合さんにバレンタインの記事を読んでもらいたい。 それでツイッターで呟く時に #valentine というハッシュタグをつけて呟く。 そうすると、GOOGLEで検索しなくても小百合さんがバレンタインについて書いてある記事をすぐに見つけることができる。

どのようにするのですか?

上のページの中にある#valentineというハッシュタグをクリックするのですよ。 そうすると次のページが表示される。


(twi30310d.gif)

すると #valentineというハッシュタグが付いた4つの記事が表示されるのですよ。 その中から興味のある記事のタイトルをクリックする。

それでバレンタインの記事が読めるのですか?

読めます。 小百合さんのために特別にURLを貼っておくから今度はじっくりと読んでみてね。


『愛と夢のチョコ』

『義理チョコと本命チョコ』

『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

とにかく、興味深い話題が続きますう。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『桜のメルヘン』

■ 『愛とロマンとダイエット』

■ 『愛の追憶』

■ 『午前3時のあなた』

■ 『ビミョ~っていうか』

■ 『お股の花々』

■ 『ロマンの追憶』

■ 『ヒシしようよ』

■ 『デンマンと松本清張』

■ 『愛犬と神さま』

■ 『思い出@天の川』

■ 『ばあやと小百合さん』

■ 『座薬と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『東電社員と愛の自転車』

■ 『梅から桜の国へ』

■ 『小百合さん@行田』

■ 『夢をかなえる』

■ 『やっぱり魂あるよね』

■ 『名物先生と斜陽日本』

■ 『言うことは誰でもできるけど…』

■ 『病気を診ずして病人を診よ』

■ 『ネットと行田中央総合病院』

■ 『行田中央総合病院』

■ 『病院の悪い評判』

■ 『どっちが親切?』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『桜と名女優』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『義理チョコと本命チョコ』

■ 『肥後ずいきと洲浜』

■ 『北本と洲浜』

■ 『小百合さんお呼びですよ』

■ 『ワンワンちゃん』

■ 『熊谷駅中のベーグル』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』

こんにちは。ジューンです。

ゴディバは国際的に有名なチョコレートのブランドです。

ゴディバ・ショコラティエ(Godiva Chocolatier)は1926年、ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立しました。

その後、1958年パリに販売店を開いて国外に進出したのです。

1966年にはキャンベル・スープ・カンパニーの支援を受けてアメリカにも進出しました。

1972年にはキャンベル社が買収し、その傘下に入ります。

でも、2007年12月になると、経営戦略の違いなどからキャンベル社は売却を決めました。

トルコの企業であるユルドゥス・ホールディングス(同国最大の食品企業「ウルケル・グループ」の親会社)が買収しました。

現在、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの80ヶ国以上で専門店を持ち、北アメリカだけで1000店舗以上の販売店を展開しています。

日本では、昭和47年(1972年)に日本橋三越に第1号店がオープンしました。

現在では、200店舗以上が日本各地に広まっています。

インターネットでの通信販売も手掛けています。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

Forest Bathing

2012年6月8日

    
  
 
 
Forest Bathing
 

(forest2.jpg)

Subj:Your belief makes my day!

From: barclay1720@aol.com
To: diane@vancouver.ca
Date: Tues., May 22, 2012 11:24:29 PM
Pacific Daylight Saving Time

Hi, Diane,

Good to see you tonight.
Your sparkling smile always makes me feel like skipping around in the library.
But I had to suppress my urge to do that since we were in the sacred library.


(edison3.jpg)

Yes, Thomas Edison is right!
A failure is not a failure at all.
It brings you closer to finding what you want to find.

And as you said, this lesson is transferable to love relations.
You’re absolutely right there.
I can understand that.

So what if she’s not the right one?
Each time you meet a new woman and attempt to connect you learn more about yourself, about what you want in a woman, about what you have to offer.
It’s all good.
You may want to try “Plenty of Fish”.
It’s free and if you’re honest about who you are and what you want in a woman, there’s a good chance you’ll find it.
I think the key is to be as honest as you possibly can.

Your belief makes my day!

You said, good women who actually want a boyfriend seem rare these days for some reason.
You also said, there are lots of good women my age who are quite content without a man.
Is it hard for you to understand how those women remain content?

Well, I have an answer.
So, as usual, I’ve written an article about it.

Please click the following link:

“Infidelity Neighbourhood”

(May 22, 2012)

I hope you’ll get a lot of sunshine when you get your butt off of your place.

Have a nice sweet dream.

Your truly faithful follower, Kato

 


(dianef02.jpg)

Subj:I’m fascinated by

forest bathing.

From: diane@vancouver.ca
To: barclay1720@aol.com
Date: Wed, May 23, 2012 7:53 pm
Pacific Daylight Saving Time

Hi Kato,

I was glad to see you as well.
I thought when I didn’t see you at your usual terminal that perhaps you had gone back to Japan for a visit.

By the way, speaking of Japan, there’s a highly recommended Japanese restaurant on Robson Street (almost across from the Whole Foods Market) called “Hokaido.”

My piano teacher told me they have the very best ramen he has ever tasted in his life (and he’s supposedly had lots of ramen in his time).
I don’t know if you’ve tried the place or not.
I’ll be going there this Friday so I’ll see firsthand and report back to you, if you’d like.

I read the above article.
Thanks for your story, which is quite humourous and fascinating as usual, kiddo.

Oddly enough, I too saw that newspaper article in the Metro about Symonds and her supposedly hot love affair with Chef Gordon Ramsey.
The newspaper story is quite intriguing of course.
I saved it to show my boyfriend this weekend, especially the Top 10 Cheating Neighbourhoods of which his, Kitsilano, is at the very top of the list!

Well, I’m not worried about my boyfriend because he says I’m the best thing that ever happened to him and he doesn’t know what he’d do without me, AND he’s so loving and thoughtful I just have to believe him.

The point I was making is that sometimes it’s better to have one person who loves you, wants to know how your day is going, one person to go to movies & plays & events with, someone to hold hands with, cook with and stuff then it is for thousands to adore you from afar.
But we’re all different as the wise old sages are found of saying “follow your bliss”.


(biker303.jpg)

Nevertheless, Kato, I’m still keeping my eye out for you.
It won’t be a biker chick, I don’t think, but what the heck … we’re not biker material ourselves, true?

By the way, I read the following newspaper story:

For those of us lucky enough to grow up riding bicycles on country roads and catching frogs in ponds, today’s ‘nature as medicine’ approach is a sad comment on how divorced we’ve become from our environment.
But before we get too down on ourselves, check out what’s going on in highly urbanized Japan.

That’s where ‘forest bathing’ (shinrinyoku) is being promoted for health.


(dianewd3.jpg)

A study by Yoshifumi Miyazaki, director of the Centre for Environment Health and Field Sciences at Chiba University, observed 288 volunteers at 24 different sites who merely sat down and enjoyed the forest view.
When their blood samples were compared to an urban control group, researchers found a 13-per-cent decrease in the stress hormone cortisol, six-per-cent decrease in heart rates and a two-per-cent decrease in blood pressure.

Being serious about their relaxation, Miyazaki says reporters want him to describe the “correct” principals of natural therapy.

“Also, I am often asked to answer the question of which type of forest is better conifer or broad-leaved.
Based on the results of our indoor studies, I can only say that the relaxation effects may differ due to the individual tastes and values of the volunteers.”


SOURCE: “To Your Health”
Posted by: Erin Ellis, Vancouver Sun

PICTURE: from Denman Library

As a nature-lover, I’m fascinated by “forest bathing.”
Kato, have you ever enjoyed bathing in the woods?

Anyway, so good to hear from you,

Love, Diane ~


So, Diane, you love to bath in the forest, don’t you?

Yes, I do.  You’re telling me, Kato.  I like a natural way of life.

Do you?

Yes, I do.  As a matter of fact, I enjoy jogging around the seawall, especially when we have a lovely and gorgeous weather.

Yes, I know that you enjoy your active way of life.

Why don’t you join us someday, Kato?  It’s a pity for you to stay all the time in the library.  You’re really attached to the library, if not permanently connected to the the computer at Joe Fortes Library.

You’ve seen only part of my life.  That’s why you think I’m permanently confined in the library.

But whenever I drop in at the library, you work at the keyboard or watch a DVD as if there was nobody around.  You seem to be completely engrossed in your own world.

Well… that’s true in a sense, but I’m well aware that a natural way of life is quite important to us.

Oh, do you?

Yes, of course, I know that.

Then how come you always stay in the library?

Oh, C’mon Diane.  You’re exaggerating. Don’t make a mountain out of a mole hill.

I’ve never seen you jogging around the seawall.

Well… one in a while I enjoy forest bathing.

I don’t believe it.

I know nature’s value to human society. So I believe that we should protect green spaces, trees and water.  You believe or not, Diane, I’m a believer in the healing power of nature.  So once in a while, I go to the woods.

Oh … do you go to the woods alone?

With Madame Taliesin.

I don’t believe you.

Oh, Diane, you’d better believe it since I’ve written the following article:

“Forest Bathing @ Karuizawa”

(森林浴@軽井沢)

(August 16, 2008)

Did you really write the above article in 2008?

Yes, I did.  Why don’t you click the above link and read it for yourself?

It was written in Japanese, I suppose.

You can use the GOOGLE translator, Diane.

I once used it, but the translator is far from a perfect machine.  It translated your story into English, but the translated story didn’t make sense at all.

Well… nothing is perfect as nobopdy is perfect.  Don’t expect too much from a free translator.  In any case, a forest bathing trip was quite popular at the time. A leisurely visit to a forest is regarded as being similar to natural aromatherapy.

Oh, is it?… natural aromatherapy?

Yes, some westerners also believe in forest bathing as the following video clips show:

Forest Bathing

Forest Therapy

A forest bathing trip involves visiting a forest for relaxation and recreation while breathing in volatile substances, called phytoncides (wood essential oils), which are antimicrobial volatile organic compounds derived from trees, such as a-pinene and limonene.

Incorporating forest bathing trips into a good lifestyle was first proposed in 1982 by the Forest Agency of Japan.

It has now become a recognized relaxation and/or stress management activity in Japan.


SOURCE: “Forest Bathing”
Wikipedia, the free encyclopedia

So you went to Karuizawa to enjoy forest bathing with Madame Taliesin, didn’t you?

Yes, I did.  Madame Taliesin is also a believer in the healing power of nature.

I see.  Madame Taliesin seems to enjoy it to the hilt.

You’re telling me, Diane.  In fact, she literally bathed in the forest like this:

I don’t believe this.

They say, seeing is believing.

But you made up the above picture, didn’t you?

Yes, but forest bathing sometimes makes a woman feel like standing in the semi-nude.

I doubt.

You’d better believe it, Diane, because you also seem to like visiting the woods in Stanley Park.


(dianewd.jpg)

This isn’t in Stanley Park, is it?

No, it is not, but someday, I think we’ll be able to enjoy forest bathing in Karuizawa.

Well … God only knows …

【Himiko’s Monologue】

Yes, I’d also like to take a stroll in the forest in Kyoto, which makes me feel refreshed without thinking of worldly matters.
Even if I’m alone in the woods, I feel as if I were surrounded with forest fairies.
I know this sounds childish.
But I believe that we should stay away from an urban living once in a while so that we could think about a natural way of life—which is stress-free.

Well… I hope Kato will write another interesting article soon.
So please come back to see me.

Have a nice day!
Bye bye …

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


“Hello Diane!”

“I wish you were there!”

“Jane Eyre”

“Jane Eyre Again”

“Jane Eyre in Vancouver”

“Jane Eyre Special”

“Love & Death of Cleopatra”

“Nice Story”

“Scrumdiddlyumptious”

“Spiritual Work or What?”

“What a coincidence!”

“Wind and Water”

“Yoga and Happiness”

“You’re in a good shape”

“Hellelujah!”

“Ecclesiophobia”

“Uncorruptible”

“Net Travel & Jane”

“Net Love”

“Complicated Love”

“Electra Complex”

“Net Début”

“Inner World”

“Madame Riviera and Burger”

“Roly-poly in the North”

“Amazing Grace”

“Diane in Paris”

“Diane in Montmartre”

“Diane Well Read”

“Wantirna South”

“Maiden’s Prayer”

“Bandwidth”

“Squaw House and Melbourne Hotel”

“Tulips and Diane”

“Diane in Bustle Skirt”

“Diane and Beauty”

“Lady Chatterley and Beauty”

“Victorian Prudery”

“Diane Chatterley”

“From Canada to Japan”

“From Gyoda to Vancouver”

“Film Festival”

“Madame Taliesin”

“Happy Days”

“Vancouver Again”

“Swansea”

“Midnight in Vancouver”

“Madame Lindbergh”

“Dead Poets Society”

“Letters to Diane”

“Taliesin Studio”

“Wright and Japan”

“Taliesin Banzai”

“Memrory Lane to Sendai”

“Aunt Sleepie”

“Titanic @ Sendai”

“Birdcage”


(sylvie121.jpg)

“Roly-poly in the wild”

“Silence is dull”

“Zen and Chi Gong”

“Piano Lesson”

“Dangerous Relation”

“Electra Complex”


(juneswim.jpg)

“Covent Garden”

“Fatal Relation”

“Notre Dame”

“Anne Frank”

“Biker Babe”

“Diane Girdles the Globe”

“Diane in Casablanca”

“Infidelity Neighbourhood”

Hi, I’m June Adams.

I love forest bathing.

How about you?

The effect of forest has been said to have a greater spiritual value than scientific one.

Some of the effects are as follows:

○ Air in the forest is friendly to the body than in urban areas, where exhaust gas is prevailing.

○ The scent of trees soothes the mind.

○ You can feel at ease in the forest because it has a relaxing effect.

○ You can forget the worldly thoughts so that your stress level is greatly reduced.

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。