Posts Tagged ‘風呂’

夫婦de風呂

2017年7月11日

 

夫婦de風呂

 


(fukiage7.jpg)


(furo110.jpg)


(manila05b.jpg)

デンマンさんは夫婦でお風呂に入るべきだと思っているのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? どうして夫婦が一緒に風呂に入るのがいいとレンゲさんは思うのですか?

デンマンさんが上のようなタイトルを選んだので、あたしが尋ねているのですわァ~。。。

僕は別に夫婦が一緒に風呂に入ることにこだわってないのですよ。

でも。。。、わざわざタイトルに夫婦が一緒にお風呂に入るのがいいよ、と言うように書いているではありませんかァ!?

あのねぇ~、実は、名古屋市に住んでいる布路 好子(ふろ よしこ)さんが、風呂に夫婦で一緒に入りたいと思いながら僕の記事を読んだのですよ。

どういうわけで、名古屋市に住んでいる布路 好子(ふろ よしこ)さんが、デンマンさんの記事を読んだと判ったのですか?

次のリストを見てください。。。


(liv70709a.png)


『拡大する』

『夫婦でお風呂』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の7月8日の午後5時16分から9日の午前3時16分までの約10時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。

あらっ。。。 7月8日の午後6時37分に『夫婦でお風呂』を読んだのですわねぇ~。。。 で、上のリストに貼り出してある写真の女性が名古屋市に住んでいる布路 好子(ふろ よしこ)さんなのですか?

そうです。。。 いけませんか?

好子さんがお写真を提供してくれたのですか?

いや。。。 好子さんのプライバシーを保護するために、上の写真はコラージュして身元が解らなくしてあります。。。 本人はもっと美人です。。。 (モナリザの微笑)

でも。。。、でも。。。、布路 好子(ふろ よしこ)さんが読んだと どうして判ったのですか?

IPアドレスを調べたのですよ。。。


(ip21684b.png)

『拡大する』

でも、IPアドレスを調べても アクセスしたネット市民の名前まではゲットできないはずですわァ~。。。

レンゲさんは きついツッコミを入れるのですねぇ~。。。 もちろん、好子さんが 僕の記事を読んでから、「面白かったです」というメールを書いてくれたのですよ。。。

つまり、好子さんはデンマンさんのブログの常連さんの一人だと言いたいのですかァ~?

その通りです。。。

。。。で、好子さんは どうやってデンマンさんの記事を見つけたのですか?

次のように検索したのですよ。。。


(gog70709a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「夫婦でお風呂 徒然」を入れてGOOGLEで検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 183,000件ヒットするのですよ。。。 赤枠で囲んだ 9番目の記事を読んだわけです。。。

でも。。。、でも。。。、夫婦でもないのに、どういうわけでデンマンさんと一緒に露天風呂に入っているのですか?

布路 好子(ふろ よしこ)さんは、僕のブログの常連さんだからですよ!

馬鹿バカしい!。。。 そのような事をこの記事を読んでいるネット市民の皆様が信じると思っているのですかァ~?

あのねぇ~、昔の人は“真実は小説より奇なり!”と言ったのですよ。。。 だから、レンゲさんも信じてくださいねぇ~。。。 それに、もっと昔の人は“信じる者は救われる!”とも言いましたからねぇ~。。。 (微笑)

それでも、あたしは信じられませんわァ~。。。。

分かりました。。。 じゃあ、信じなくてもいいですから、好子(ふろ よしこ)さんが僕の記事を読んでビックリしたけれど、面白かった事を書くので読んでみてください。。。 僕は2008年の9月に好子さんが読んだ記事を書いたのですよ。。。 その当時 僕が検索した結果を好子さんも見たのです。。。

夫婦でお風呂 の検索結果

約 385,000 件中 1 – 11 件目


(furo112.jpg)

1) 夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が …夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が「一緒に入る… ID非公開さん. 夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が「 一緒に入るところなんて、 そんなに無いよ!」と文句を言いつつ仕方なさそうに入っ …
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112117921 – 43k

2) 夫婦でお風呂に入るのはいいこと?悪いこと? 一緒にお風呂に入れば …2008年8月25日 … 夫婦でお風呂に入るのはいいこと?悪いこと? 一緒にお風呂に入れば光熱費の節約にはなりますよね。 でも、毎日入っていると相手の裸も見飽きてなんとも思わなくなりますよね… セックスレスの原因にもなっている気がします… …
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018672565 – 33k

3) 「夫婦でお風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで 洗いっこバス …暮らし・恋愛・結婚 トップ · 生活実用 · 家事 · ライフスタイル · エコ · ペット · 恋愛・結婚 · 受験 · 関西 · All About > 恋愛・結婚 > 結婚生活 > 「夫婦でお風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで 洗いっこバスタイムで夫婦の絆を …
allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20050328K/ – 33k

4) モロッコローズの香りでスキンシップ復活! – [結婚生活]All About「夫婦でお風呂に入るなんて・・と馬鹿にしないで 洗いっこバスタイムで夫婦の絆を」というタイトルです。 … 夫婦でお風呂にはいってリラックスしてください。 モロッコローズの香りに包まれて。疲れたご夫婦は、日常、なんとなくとげとげしくなってきて …
allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20060524U/ – 33k

5) 妻と彼女には言えない事 夫婦でお風呂2005年11月6日 … いいですねえ、夫婦でお風呂。 ほんとなら、いい雰囲気になってそのままって感じなのに、いかにもツマさん … 夫婦でお風呂いいですよね♪ 私は、旦那の悪口はあまり言わないようにしてます。旦那を知ってる人ならなおさらです。 …
libertarian.blog7.fc2.com/blog-entry-307.html – 52k

6) 妻と彼女には言えない事 夫婦でお風呂コメントの編集. Name: Subject: Mail: URL: comment:. 私も彼が2人います。 二人とも愛してます☆ (女性からは反論買うかな) でも,2番目の彼(4年)とイクようになったとたん,1番目の彼とのSEXでイカナクなりました。罰かもしれないなって思って …
libertarian.blog7.fc2.com/?mode=edit&rno=4494 – 32k

7) 50歳未満お断り!海外旅行情報–【STAGE ステージ】シニア向け …私も「夫婦でお風呂に入ろう!」と、お勧めしています。 お風呂の時間を通して、二人だけの会話の時間やスキンシップが確保 … お風呂の秘策も書いています。 「夫婦でお 風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで洗いっこバスタイムで夫婦の絆を …
http://www.stage007.com/love/advice_couple/couple13.html – 28k

8) 夫婦で混浴露天風呂 – 気ママに競艇 – Yahoo!ブログトラックバック先の記事. 練習用 | ♨ 夫婦でお風呂 ♨. この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/redmimichan/14024168.html · 傑作 · 転載. [ 前の記事へ ]; [ 次の記事へ ] . レッドみみちゃん メッセンジャーオフライン. レッドみみちゃん …
blogs.yahoo.co.jp/redmimichan/14024168.html – 61k

9) 金運アップ 金運神社参拝ツアー – サンライズコーチング – 楽天ブログ …最近の 我が家の夫婦円満の 秘訣は、夫婦一緒にお風呂に入ることです。 お風呂の時間の短縮にもなるし、お風呂のガス代の節約になるし、夫婦のスキンシップにもなり 一石三鳥です。 お子さんの手がかからない ご家庭は 夫婦でお風呂もいいかも~♪ …
plaza.rakuten.co.jp/sunrisecoaching/diary/?ctgy=10 – 47k

10) 潤滑ローションで夫婦愛復活たまたま友人の家庭では、家族または夫婦でお風呂に入ることが習慣だったみたいですので このローションを差し上げたところ、、、子供が起きていてもお風呂の中でローションをお互い塗りながら、イチャイチャして夫婦愛を確かめるようになったということ …
http://www.tenpaku.nu/m_roshon.htm – 97k

11) 親のセックス掲示板 (お悩み掲示板@ミクル) 2008年3月13日 … 夫婦でお風呂に入ってて… 父が上がるときたまたま通り掛かってしまい見たら○○○ました あと前犬が何かくわえてきたと思ったら使用済みのゴムでした。 悪いことではないのですがとても切ない気分になりました. このスレを 携帯 …
http://onayamifree.com/dispthrep.cgi?th=507780&disp=1 – 28k

2008年9月18日午後4時現在


『夫婦でお風呂 の検索結果』より

上の検索結果の中に 好子さんがビックリしたけれど、面白かった記事があるのですか?

そうなのです。。。 11番目の記事なのですよ。。。 長くなるけれど引用してみます。 アダルトっぽいところは○○で伏字にしました。 ちょっと読んでみてください。

No.507780 by 悩める人(22♀匿名) 08/03/13 08:49

親がお風呂でセックス?してました…

夫婦でお風呂に入ってて…

父が上がるときたまたま通り掛かってしまい見たら○○○ました。

あと前犬が何かくわえてきたと思ったら使用済みのゴムでした。

悪いことではないのですがとても切ない気分になりました。

 

返信 (レス)


(roten876.jpg)


No.7 by 通行人7(27♀匿名) 189日前 (08/03/13 09:45)

私も親のそんなとこ見たら相当ショックです…。

子供にとってはかなり見たくない現場ですよね。

夫婦だし、やるなというわけではないけど、もう少し子供に気を遣ってほしいですね。


No.8 by 通行人8(♂匿名) 189日前 (08/03/13 09:49)

それが有るから 君がいる


No.9 by 通行人9(匿名) 189日前 (08/03/13 10:01)

主さんも親になれば、解るよ、両親のSEXが現在の主が存在するんだよね、そんなにショックかな?


No.10 by 匿名希望10(25♀匿名) 189日前 (08/03/13 10:13)

うちもありましたよ。

父が風呂に入ると、母も後から一緒に入り…しばらく出て来ませんでした。

両親が出た後、私が風呂に入ると、変なにおいが…。

高校生だった当時は分からなかったけど、今考えると風呂でしてたんだろうなと…。


(mona103.jpg)


No.11 by 悩める人11(匿名) 189日前 (08/03/13 10:23)

うちなんか性に関してはオープンだから…子供の前でエッチするよ


No.12 by 匿名希望12(♂匿名) 189日前 (08/03/13 10:33)

そういえば、夫婦仲良くしている時、うちの犬にお尻をなめられて大笑いをした事がありました。


(tosaken2.jpg)

関係ない話ですが、ふと思い出しました。


No.13 by 通行人13(27♀匿名) 189日前 (08/03/13 10:34)

ウチなんか、ベッドの下にオモチャが隠れてましたよ

使用済みコンドームは灰皿に置かれてるし


No.14 by 匿名希望14(♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:17)

主さん自立して家を出ればいいのに。

仲良き事は良い事です


No.15 お礼 189日前 (08/03/13 11:22)

みなさんありがとうございます!

ショックだけど悪いことではないから…

いいんですけど、そのあと私がお風呂に入るわけですから、

出来たらお風呂でやらないでほしいです。


(back110.jpg)


No.16 by 匿名希望16(22♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:26)

ごもっとも


No.17 by 通行人17(♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:29)

私もまだ子供が風呂に入ってないのに旦那と風呂に入ってエッチすることよくあります

言い訳でしょうが私は浴槽ではしません

寒くても浴槽の外でしてます。

子供が大きくなるとなかなか寝ないから場所探してたらついお風呂になってしまいました


(tatoo90.jpg)


No.18 by 通行人8(♂匿名) 189日前 (08/03/13 12:39)

年齢大幅詐称ですか?


No.19 by 匿名希望19(匿名) 189日前 (08/03/13 15:57)

ちょいと…恥ずかしいネ…でも、仲良くていいじゃないかなぁ

(セックス)レスの方が、怖いょ(笑)


No.20 by 通行人20(♀匿名) 189日前 (08/03/13 16:02)

悩める人11さん、有り得ないし( ̄ω ̄;)

それが事実なら悩みがある人とは思えない(笑)


No.21 by 匿名希望21(♀匿名) 188日前 (08/03/13 16:41)

良い事ですよ夫婦仲良しなんでしょ。


No.22 by 匿名希望22(♀匿名) 188日前 (08/03/13 16:50)

11番のは虐待

主さんの気持ち分かります

両親が仲が良いのはいいですが、なんか複雑な気分になりますよね

私も両親の部屋でコンドーム見つけた時は軽くショックを受けました


No.23 by 通行人23(匿名) 188日前 (08/03/13 17:15)

お互いのために早く自立した方がいいですね

御両親の寝室ってないんですか?


No.24 by 匿名希望24(匿名) 188日前 (08/03/13 19:35)

年齢書いてないから。

落ち着け


No.25 by 匿名希望25(匿名) 188日前 (08/03/13 20:34)

しかし、○○してる親父なんか見たくないよね


No.26 by 通行人26(♂匿名) 188日前 (08/03/13 23:12)


(34rou03.jpg)

主の父親っていったら、けっこうな年齢ですよね?

風呂でしてたとして、出てきた時にまだ○○が持続してたのなら、凄いなぁ

羨ましい持続力 または 回復力ですね

これからは

主が先に入ってしまいましょ


『お悩み掲示板@ミクル』より

まず、僕が驚いたのは22才の悩める女性が悩みのカキコをしたのが9月13日の午前8時49分ですよう。それから午後11時12分までに、つまり、12時間半の間にレスが20も付いているのですよね。

人気のある掲示板なのですわねぇ~。。。

そうなのですよう。 2ちゃんねるであれば、このぐらいの参加者が居ても不思議ではないのだけれど、あまり名前も知られていない個人の掲示板で、これだけのレスがついている事はすごいと思いました。

やはり、話題がセックスの事に関しているからでしょうか?

それも影響していますよう。 僕のブログのキーワードランキングを見ても性的な話題やエロい言葉は上位を占めていますからね。

それで、デンマンさんは、長々と引用して何がおっしゃりたいのですか?

僕は夫婦で一緒にお風呂に入る事は良い事だと思うのですよう。 仲が良い事は素晴しい事ですよう。 スキンシップにもなるし。。。、最近、セックスレスが問題になっているようだからスキンシップを保つ意味でも一緒にお風呂に入る事は良い事だと思いますよう。

つまり、お風呂の中でエッチしても良いとデンマンさんはおっしゃるのですか?

いや、そこまでやれ、とは言いません。 でも、もし洋風の風呂であれば、かまわないと思うのですよう。 次に入る人はお風呂の湯を新しくバスタブに満たしますからね。 でも、日本の風呂は、後から入る人が前の人のお湯を使いますからね。。。 その事を考えれば、洗い場でエッチしても良いけれど、風呂の中では遠慮すべきですよう。

確かに、上のレスの中でも、お風呂の中ではしないけれど、お風呂の外でならすると書いている人が居ますよね。

そうですよう。。。 考えてみると日本の住宅事情にもよると思うのですよう。 日本の部屋は狭いし、壁は薄いし、夫婦のプライバシーが確保できない。 それで、お風呂で事に及ぶ、と言うことも充分に考えられますよね。 上のレスの中でも“子供が大きくなるとなかなか寝ないから場所探してたらついお風呂になってしまいました”と書いている人が居ますよう。

そうですね。 若い夫婦で狭いアパート暮らしだと、子供と同じ部屋に寝ていると言うことも日本でならば充分にあり得ますよね。 カナダではそのような事はないのですか?

ありません。 子供が赤ちゃんであれば、ベビーベッドを夫婦の寝室に持ち込む事はあるだろうけれど、話ができるくらいになれば、どんな小さな子供でも夫婦と一緒に寝ると言うことはカナダでもアメリカでも見たことがないし、話に聞いた事もありません。

夫婦のプライバシーは確保できていると言うことですか?

そうですよう。 だから、プライバシーがなくて仕方なくお風呂でエッチするというケースは、カナダでもアメリカでも考えられないですよう。

ところで、お悩みを相談した22才の女性は、お風呂から出てきたお父さんの体がまだ興奮していた、と書いていますよね。

 

“親しき仲にも礼儀あり”

 

こういう諺もありますよう。 だから、お父さんのエチケット違反だと思いますよう。

 

「うちなんか性に関してはオープンだから…子供の前でエッチするよ」

 

このレスについては、デンマンさんはどう思いますか?

それは決して“オープン”ではないのですよう。 僕ならば、次のように書きますよう。

 

「うちなんか性に関してはオツムがいかれてしまっているから…子供の前でエッチするよ」

 

その夫婦は、そこまでやると精神異常者ですよう。

。。。で、布路 好子(ふろ よしこ)さんは 上の記事を読んで その晩 旦那さんと一緒にお風呂に入ったのですか?

いや。。。 よくよく考えてみたら 旦那と入ってもつからないので、いつかデンマンさんと一緒に露天風呂に入りたいです、とメールに書いてよこしたのですよ。。。


(furo110b.jpg)

信じられませんわ。。。

レンゲさんはマジで疑り深いのですねぇ~。。。

誰も そんなことを信じませんわよう。

あのねぇ~、昔の人は“真実は小説より奇なり!”と言ったのですよ。。。 だから、レンゲさんも信じてくださいねぇ~。。。 それに、もっと昔の人は“信じる者は救われる!”とも言いましたからねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなただってぇ、信じないでしょう?

。。。ですよねぇ~。。。

でも、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ているのですわよう。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないというのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』


(renge62e.jpg)

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』


(rengfire.jpg)

『めれちゃんの人気再び』

『愛はスミレの花よ』

『肥後ずいきで検索』

『加賀の千代』

『千代に再会』

『カフカの銀河鉄道』

『12歳少女の死』

『結婚するの?しないの?』

『浜美枝と宮沢りえ』

『きみのぬくもり』


(babdol6.jpg)

『壁に耳 障子に目』

『もう一つの世界』

『肥後ずいきブーム?』

『阿部定ブーム?』

『ノルウェイの森』

『大奥女中の淫らな恋』

『愛と追憶の謎』

『タンパク質の音楽』

『あげまん女なの』

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

露天風呂の女神

2011年12月11日

 
 
露天風呂の女神
  
 

銭湯には、一般社会がそうであるのと同じように、常識的な人間や非常識な人間、何をしても目立ってしまう人間や印象の薄い人間、周囲に気を遣いっぱなしの人間、他人のことなど一切目に入らない人間がいる。
何の根拠もなく好意を持たずにはいられない人間もいれば、何か気に入らない人間もいる。
相手のことを何一つ知らないのに、なぜあの人を嫌ったりこの人を好いたるするのだろう、とよく思う。
そして自分もまた、この人には漠然とした好意を持たれ、あの人には敵意を持たれているということを確かに感じる。
人間というのは、ただそこに存在しているだけで、他人から勝手に感情を持たれる存在なのだなとつくづく思う。

裸の人間を眺めていると、その行動のあまりの多様さに、希望か絶望かよくわからない、底なし沼のような感情に陥ることがある。
脱衣所に上がって体を拭くと、まず靴下だけを履き、しばらくして体が乾くとブラジャーをつけて上着をつけ、いつまでたってもパンツだけを穿かずにうろうろしている人。
頭にシャンプーをつけ終わると、立ち上がってわざわざ私の隣までやって来て、ものすごい勢いでシャワーを流す人。
泡だらけの頭をマッサージしながら、独り言をいって洗い場じゅうを歩き回る人。
自分の気に入った席以外には絶対座らず、そこに先客がいると隣にぴったりはりついて空くのを待つ人。
洗い場に入ってきた途端、ものすごい勢いで—あまりの勢いに、思わず止めに入りたくなるほど—性器をこすり始める人。

彼らがどんな社会生活を送っている人かは知らないのに、その人物の核心を垣間見てしまう。
だからこそ銭湯を一歩でたら、互いに街で顔を合わせたとしても素知らぬ顔をする。
それが銭湯を利用する人間の守るべき一線なのである。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


142-132ページ 『銭湯の女神』
著者: 星野博美
2002年2月20日 第3刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

デンマンさん…ジューンさんが「露天風呂の女神」だとおっしゃるのでござ~♪~ますか?

いけませんか?

なんだかイメージが湧いてきませんわ。

どうしてですか?

だってぇ~、露天風呂というのは純日本的なものでござ~♪~ますう。 カナダの露天風呂は水着を着て入るとデンマンさんはおっしゃったではござ~♪~ませんか?

その通りですよ。

バンクーバーからフェリーに乗って、ブリティッシュ・コロンビア州の州都・クトリア市があるバンクーバー島に行くと、西海岸には露天風呂もあるのですよ。 でもねぇ、日本のように素っ裸になって入るわけにはゆかない。 こうして水着を着て入るのですよ。

海水浴とあまり変わりがございませんわね。

その通りです。 水が温かいだけの違いですよ。 温水プールのようなものです。

。。。で、どうしてジューンさんが「露天風呂の女神」なのでござ~♪~ますか?

だから、僕は星野さんが書いた上の本『銭湯の女神』を読んだのですよ。 そして上の箇所を読みながら、ふとジューンさんのことが思い出されてきたのです。

どうして。。。?

人間というのは、ただそこに存在しているだけで、他人から勝手に感情を持たれる存在なのだなとつくづく思う。

裸の人間を眺めていると、その行動のあまりの多様さに、希望か絶望かよくわからない、底なし沼のような感情に陥ることがある。

あのねぇ、ジューンさんも日本でこうして露天風呂に入ったことがある。

あらっ。。。マジで。。。? 上の写真はデンマンさんがいつものようにコラージュしてでっち上げたものなのでしょう? うふふふふふ。。。

判りますか?

デンマンさんとも10年以上のお付き合いになりますからすぐに判りますわよ。 (微笑)

写真は確かに僕がコラージュして作り上げたものなのだけれど、ジューンさんは実際に日本へ行ったことがある。 次のような思い出を記事の中に書いていましたよ。

私はデンマンさんとご一緒に

一度だけ軽井沢を訪れたことがあります。

この湖は“Swan Lake”という

英語名がついているのですわ。

昔、宣教師の方が軽井沢に

別荘を持っていたのですって、

その家族の人たちが名づけたらしいのですわ。

10月でしたが、紅葉が見ごろになっていました。
 
 
軽井沢・雲場池の紅葉


 
 
まだ冬景色には程遠かったのですけれど、

湖にしては小さなその池のほとりに立ったら、

どこからともなく白鳥が飛んできそうな

感じがしましたわ。

そう言えば、バンクーバーの

クイーン・エリザベス・シアターで

デンマンさんとご一緒に

バレー『白鳥の湖』を見たことがありましたわ。
 
 

 
 

 
 
あの時のチャイコフスキーの曲が

聞こえてきたものですわ。

それで、私はいつになく

感傷的になったことを覚えています。


『愛と死のオーラ』の脚注より
(2011年12月5日)

この時にジューンさんは露天風呂にも入ったのでござ~♪~ますか?

そうなのですよ。 この時のジューンさんの存在と、それを目にした日本人の反応を見た僕は、星野さんの文章を読んで思わず、その時の僕の感想が書かれていたと思ったものですよ。

つまり、その様子を見てデンマンさんは「希望か絶望かよくわからない、底なし沼のような感情に陥」ったのでございますか?

その通りですよ。 もう10年以上も前の話ですよ。 当時はヘアヌードも解禁前だった。 だから、金髪外人女性が素っ裸で露天風呂に現れたら田舎のおじさんやおじいさんはめちゃビックリしたのですよ。

マジで。。。?

このような時にウソやデマカセを言えませんよ。

でも、上の写真は金髪ではなくて黒髪ですわ。

だから、その時のエピソードがあったので、それ以来ジューンさんは髪を黒髪に染めたのですよ。

それほど衝撃的なエピソードなのでござ~♪~ますか?

そうですよ。 なにしろジューンさんはヌーディストビーチに行き慣れているから、まったく裸に対する恥ずかしさを知らない。 知らないと言うよりも裸に対して極めて鈍感になっている。 だから、アソコを隠そうとする気がまったくない。 しかも、根っからフレンドリーなところがあるから、知らない男が露天風呂に入ってきても、全く警戒しないでニコニコと笑顔を浮かべてしまう。 

ジューンさんってぇそれほどフレンドリーなのでござ~♪~ますか?

そうなのですよ。 僕を含めて日本人に対しては好感を持っている。 僕が学生時代は「金髪ショー」と呼ばれるストリップショーも、日本人の女の子が髪を金髪に染めて、それでステージに立つのですよ。 バカバカしいものでしたよ。 そのような時代に育った人たちが、実物の金髪の白人女性がアソコを隠しもしないで笑顔を浮かべて露天風呂に入ってきたら田舎のおじさんやおじいさんは、もう度肝(どぎも)を抜かれてしまいますよ。

それで、そのおっさんたちは、どのような反応を示したのでござ~♪~ますか?

ジューンさんの笑顔を見てニッコリと笑い返した人など一人として居ませんでしたよ。 もう。。。何と言うか。。。火星人か宇宙人の女が突然現れたような。。。誰もが目の玉をムキムキして。。。あるおじさんは石の地蔵になったように身を硬くしたまま、催眠術にかけられたようにボーっとしてジューンさんの姿に見とれている。 そして、またある人は、ジューンさんの全身から立ち上る後光のような。。。オーラを感じて、あまりにも恐れ多いと、まるで仏様か観音様が、この世に現れて、このまま見ていたら目がつぶれてしまうと思うのか? こそこそと風呂から出て行ってしまう。

マジで、、、?

露天風呂に留(とど)まっている人も、もう話を止めて隅の方に隠れるようにして、時々チラリ、チラリとジューンさんを盗み見て、そのうち出て行ってしまった。 「デンマンさん。。。どうしてみんな出て行ってしまうの?」 ジューンさんは訳が判らないから不思議な顔をして僕に尋ねる。

デンマンさんが説明してあげたのでござ~♪~ますか?

そうですよ。 それ以来、露天風呂に入る時には、なるべく目立たないように髪を黒髪に染めて、手ぬぐいで前を隠すようにして、他の日本女性のように恥ずかしそうにしながら入るようになったのですよ。

それで注目されなくなったのですか?

いや。。。そのような小細工をしてもダメでしたよ。 ジューンさんは、とにかくギリシャの女神像のようにボインな肉体を持っているから、日本人の女性と比べてどうしても目立ってしまう。 どこへ行っても露天風呂に入って日本人の眼を惹かないことはありませんでした。

人間というのは、

ただそこに存在しているだけで、

他人から勝手に感情を持たれる

存在なのだなとつくづく思う。

僕も、ジューンさんと田舎のおっさんたちの反応を見ながら、しみじみとそう思いましたね。

でも、上の本に書かれているニュアンスとは微妙に違うように思うのですけれど。。。

10人10色ですからね。。。僕は上の箇所を読んでジューンさんのことが思い出されてきたのですよ。

。。。で、その事を言うために、あたくしを呼び出したのでござ~♪~ますか?

違いますよ。 そのことだけじゃありませんよ。

他に何が。。。?

洗い場に入ってきた途端、

ものすごい勢いで—あまりの勢いに、

思わず止めに入りたくなるほど—

性器をこすり始める人。

このように書いてあるでしょう?

そうですわね。。。これってぇ、公衆浴場の中でする事ではないと思いますわ。

卑弥子さんでも、そう感じるのですか?

もちろんでござ~♪~ますわ。

あれっ。。。卑弥子さんが、そう言うとは思わなかったなァ~。。。

どうしてでござ~♪~ますか?

だってぇ~。。。卑弥子さんは、もっとすごい事をしたでしょう!?

あたくしがですか?。。。もっとすごい事をですか?。。。いったい、どのような事をしたと、デンマンさんはおっしゃるのでございますか?

やだなあああァ~。。。とぼけないでくださいよ! んもお~♪~。。。忘れたわけじゃないでしょう! 次のようなことですよ。。。

ユニークな女心を持った卑弥子さん

僕はねぇ、卑弥子さんがヨガをする、と言うから、当然このような事をするものだとばっかり思っていたのですよ。

この型もやりましたわ。

でも、最初にやったのは、そのような静かで落ち着いた姿勢ではなかったのですよゥ。んもお~

僕がいい気持ちで露天風呂に浸かっている時に、卑弥子さんは急に外に出たのですよ。ガバァッと立ち上がって。。。そして、さも自慢そうに言ったものですよ。“デンマンさん。。。デンマンさん。。。見て。。。見てぇ~。。。あたくし。。。あたくし、このような事までできるのでござ~♪~ますわよゥ。” 僕は、一体、卑弥子さんが何を始めるのか?とあっけにとられて見ていると、次のような驚くべき姿勢をとったのですよ。

僕は風呂に首まで浸かったままで、口をあんぐり開けて見上げましたよ。


 
 
すっげぇ~♪~
 
 
 

僕は内心、本当に驚きましたよゥ。心臓麻痺を起こして死んでしまうのではないかと、ボクは。。。僕は。。。念仏を唱(とな)えたほどですよ。

いいえ、デンマンさんは決してそのように驚いていませんでしたわ。

ん。。。? 僕が驚いていなかったぁ。。。?

デンマンさんは少しも驚いていませんでしたわ。

ど。。。ど。。。どうして、分かるのですか?卑弥子さんは上の画像でも分かるとおり、僕とは反対方向に顔が向いているのですよ。僕の様子を見ることができなかったはずですよ。

あたくしはちゃんと見ていたのですわ。

まさかぁ~。。。頭の後ろに目が付いていない限り僕の様子は見えないはずですよ。。。んもお~~。。。いい加減な事は言わないでくださいよゥ。

デンマンさんは夢中になって、瞬(まばた)きもしないでじっとアソコを見ていたから気づかなかったのですわ。あたくしは右手に小さな鏡を隠し持っていたのですわ。そうやってデンマンさんの反応をじっと確かめていたのですわ。

ま。。。ま。。。まさかぁ~。。。?

デンマンさんは驚くどころか冷静に落ち着いて、さも興味深そうにマジマジとアソコを見つめていましたわア。

やだなあああァ~。。。卑弥子さんは。。。卑弥子さんは。。。そのような性格の悪い事をするのですか?。。。僕を。。。僕を。。。試したのですね?


『いきいきのびのび小百合さん』より
(2007年11月30日)

デンマンさんは。。。デンマンさんは。。。あたくしが忘れようとしている事を思い出させるのですわね?

やっぱり、してはいけなかったと思っているのですか?

いいえ。。。そうではありませんわ。 露天風呂でヨガをしたことがいけなかったとは今でも思っておりません。

でも、このエピソードを忘れたいと思っているのでしょう?

それはヨガのことではなくて、私の傷ついた心をですわ。

ん。。。? 卑弥子さんの傷ついた心をですか?

そうですわ。 あたくしの心は次のように、マジで傷ついてしまったのでござ~♪~ますわ。

いいえ、デンマンさんは、あたくしの繊細な女心をちいっとも理解してくださいませんわぁ~。

ん。。。?  繊細な女心。。。?

そうですわぁ~。あたくしの繊細な女心ですわ。

しかし。。。しかし。。。僕と卑弥子さんは相思相愛の愛人なんですよ。1日4万5千の人が僕と卑弥子さんの赤裸々な愛人関係を読んでいるのですよゥ。
 
えっ。。。?デンマンさんとあたくしの赤裸々な愛人関係ですかア?

やだなあああぁ~。。。いまさら、とぼけないでくださいよゥ。僕と卑弥子さんは裸の付き合いをしているのですよゥ。

ほらぁ~。。。見てくださいよゥ!。。。こうして露天風呂めぐりをしているのですよゥ。。。これが裸の付き合いでなくて何ですかぁ~?

でも。。。でも。。。

でも、何ですか?

裸のお付き合い、と言っても。。。あのォ~。。。裸なのはここまでですわぁ~。。。あたくしとデンマンさんの裸のお付き合いには、この後が欠落しているのですわア。

ん。。。? この後が欠落している。。。?

そうですわア。 露天風呂から出て、いい気分でお布団の中に入って、ワクワク、ウキウキしながら寝物語を始めようとすると、デンマンさんは、あたくしのお布団とデンマンさんのお布団の間に“ついたて”を立ててしまうのですわア。。。あたくしの。。。あたくしの。。。繊細な女心を踏みにじってしまうのですわぁ。


『いきいきのびのび小百合さん』より
(2007年11月30日)

あのねぇ~、このような事を卑弥子さんが書いても、誰も信用しないと思うのですよ。

そうかもしれませんわ。。。10人10色ですから。。。でも、だからこそ、あたくしの傷ついた心に共感してくださる女性も、きっと居るとあたくしは信じているのでござ~♪~ますわ。

【卑弥子の独り言】

あなただってぇ、あたくしの傷ついた心を理解することができるでしょう?

ええっ。。。? でも、露天風呂でヨガをするのは非常識だとおっしゃるのでござ~♪~ますか?

だから、それも10人10色でしょう!?

表現の自由と言うものがあるのですわ。
あたくしは、あのようにしてあたくしを表現したのですわ。

ええっ。。。? その表現の仕方が非常識だとおっしゃるのでござ~♪~ますか?

だから、それも人それぞれでしょう!?んもおォ~♪~

とにかく、水掛け論になってしまいそうなので、これくらいにしますわ。
それよりも、来年の秋には、あたくしは榛名湖へ行って紅葉を楽しみたいと思いますわ。

榛名湖紅葉
 

榛名湖へ行ったら榛名山の中腹にある伊香保温泉に寄らないで帰ったら損をしますわよね。
ええっ。。。どうしてかってぇお聞きですか?

だってぇ、伊香保温泉は竹久夢二ですわよ。
竹久夢二の記念館もござ~♪~ますわ。

秋の伊香保温泉
 

そして帰りにはデンマンさんのように黒豚トンカツを食べるのもようござ~♪~ますわ。
あたくしもいただきたいと思います。

黒豚トンカツ

とにかく、次回も、面白い話題が続きそうでござ~♪~ますう。
あなたも、どうか、また読みに戻ってきてくださいましね。
では。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

■ 『愛と詩のレンゲ物語』

こんにちは。ジューンです。

小百合さんは「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれています。

どうして。。。?

あなたは不思議に思うかもしれませんわね。

あのねぇ~、小百合さんは

軽井沢がとっても好きなのですわ。

特に軽井沢タリアセンが気に入っているのです。

軽井沢タリアセン
 

 
この公園の中にはレストランもあるのですわ。

 レストラン 湖水

でも、デンマンさんとご一緒に出かけた時には閉まっていましたわ。

小百合さんは睡鳩荘にロマンを感じているのです。
 


 
 
 睡鳩荘(すいきゅうそう)


 
わたしは睡鳩荘よりもレストラン・ソネットの方が好みに合っていますわ。

 レストラン ソネット
(1階がレストランで2階は「深沢虹子・野の花美術館」)

デンマンさんとご一緒にチーズケーキをいただきながらコーヒーを飲んで軽井沢のことを、いろいろと語り合いました。

楽しい思い出ですわ。

あなたは軽井沢に出かけたことがありますか?

ところで、日本に帰省してから

デンマンさんが小百合さんのことで

次のような記事を書いています。

時間があったら覗いてみてください。

『白鳥はどこに?(2011年10月8日)』

『思い出の軽井沢(2011年10月7日)』

『日本は汚染される(2011年10月4日)』

『おばんざい(2011年10月4日)』

『バーナビーと小百合さん(2011年10月3日)』

『杜の都で食べる PART 1(2011年10月2日)』

『杜の都で食べる PART 2(2011年10月2日)』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。