Posts Tagged ‘訪問者’

常連さん、ありがとね

2012年6月14日

 
 
常連さん、ありがとね

デンマンさん…、また私をお呼びですか?

ジュンコさんは、うれしそうじゃありませんねぇ~。。。

だってぇ~、なんだか、またやらしいお話を聞かされるようで。。。

やだなあああァ~。。。ジュンコさんは僕の顔を見ると、やらしい話しか思い浮かばないのですか?

だってぇ~、今日もやらしい画像が冒頭に貼り出されていますわ。

あのねぇ~、マンガよりもタイトルに注目して欲しいのですよ。

「常連さん、ありがとね」というタイトルですか?

そうですよ。

でも、それだけならば何も私をお呼びにならなくてもいいでしょう?

ジュンコさんを呼んだのは、当然、今日の話題がジュンコさんと関係あるからですよ。

どのように。。。?

ちょっと次のグラフを見てください。


(ame20610e.gif)

6月10日のアクセス数がダントツですわね。 どの記事が読まれたのですか?

次の記事ですよ。

『動詞的になるの?』

(2012年6月7日)

あらっ。。。卑弥子さんのセクシーな写真が注目を集めたのですか?

ジュンコさんも上のリンクをクリックして読んでみてくださいよ。 でもねぇ、今日は6月7日の記事のことではないのですよ。 6月10日の次の記事についてジュンコさんと話したいのですよ。


(ame20610g.gif)

『艶話と結婚できない男』

(2012年6月10日)

あらっ。。。デンマンさんと私が出てくる記事ですわね。

そうですよ。 だからジュンコさんを呼んだのですよ。

この記事が読まれたのですか?

そうです。 僕はこの記事を6月10日の午前8時21分に投稿したのですよ。 上の画像にその時刻が記録されてます。 もう一度見てください。

赤枠で囲んだ所ですか?

そうです。。。僕が投稿するのを待っていたかのようにアメブロ会員の常連さんたちが上の記事を読んだのですよ。

どうして、デンマンさんが投稿したと判るのですか?

次のグラフを見るとはっきり判るのですよ。


(ame20610b.gif)

これは6月10日に時間別にアクセス数を調べたものです。 見れば解るように午前8時から9時までの1時間に、延べ68人が僕の記事を読んだわけですよ。 つまり、僕が投稿したのを知ったからですよ。

でも、デンマンさんが午前8時21分に投稿したと、どうしてその人たちには解ったのですか?

次のリストを見てください。


(ame20610.gif)

このリストは6月10日に僕のブログにやって来る前に訪問者がどのページ(URL)に居たかを記録したものです。 リストのトップを見てください。 187人が「お気に入り」と「ブックマーク」からやって来たのです。 つまり、この人たちは常連さんなのですよ。

つまり、デンマンさんが記事を投稿すると「お気に入り」や「ブックマーク」に表示されるのですか?

そうです。 それに2番を見てください。 この12人はRSSリーダーを見て、僕が投稿したのを知って読みにやって来たのですよ。

RSSリーダーって何ですの?

説明すると長くなるから、次の記事を読んでみてください。

『床上手な女とRSS』

あらっ。。。RSSリーダーって便利なものなのですわね。

そうです。 ジュンコさんも使ってみたらどうですか? ところで、もう一度「リンク元URL」のリストの14番と17番を見てください。


(ame20610.gif)

短縮URLですわね。 このURLが常連さんと関係あるのですか?

常連さんと関係あるのですよ。

どうして常連さんと関係あると判るのですか?

よく見ると2つのURLとも http://amba.to/ で始まっているでしょう! これはアメブロの短縮URLなのですよ。

どういう訳で短縮されているのですか?

アメブロには会員専用のツイッター(Twitter)があるのです。 


(ame20610d.gif)

これがアメブロ会員専用のツイッター(Twitter)ですか?

そうです。 「なう」と呼ばれているのです。 これは僕の「マイページ」です。 これまでに僕が投稿した「なう」のエントリーを表示させたのです。

赤枠で囲んであるのは短縮URLですわね。

そうです。 上の「リンク元URL」リストに表示された2つの短縮URLは、この赤枠で囲んだURLですよ。 記事を投稿する時に一緒に「なう」で更新したことを知らせることができる。 その時のURLは短縮形ではなくてオリジナルのURLが表示される。

短縮URLが表示されるのは、どのような時なのですか?

記事を投稿する時じゃなくて、記事が投稿されてから確認のために記事を読む。 その時、記事の一番下に「なう」のアイコンが表示される。 そのアイコンをクリックして投稿すると短縮URLが表示されるのですよ。

つまり、アメブロ会員の誰かがデンマンさんが「なう」で投稿した短縮URLを見て、そのURLをクリックして『過労死』と『Forest Bathing』を読んだということですか?

その通りですよ。

でも、それ程にデンマンさんの「なう」を注目している会員さんがマジで居るのですか?

ジュンコさんは信用できないのですね。。。だったら、僕のブログの足跡(ペタ)の記録を見てください。



(ame20606.gif+ame20606b.gif)

これは6月6日の記録です。 アメブロ会員が僕の記事を読んで足跡(ペタ)を残してくれたのですよ。

アメブロ会員が1日に足跡を52個も残してくれる。 だから、デンマンさんの「なう」の投稿を見る人が1日に2人居たとしても、ちっとも不思議ではないと言うのですか?

その通りですよ。

「デンマン・シンジケート」の他のブログでも常連さんは多いのですか?


(denmansyn.gif)


(hg20324ce.gif)

ジュンコさんに尋ねられると思ったので、あらかじめ調べておきましたよ。 見てください。


(hg20610.gif)

これは5月9日から6月12日までの35日間の「デンマン・シンジケート」全体のリピーターを調べたものですよ。

あらっ。。。1日1回以上アクセスしている人が 36人居るということですわね。

そうです。。。この人たちはアメブロの会員なのですよ。

どうして、そうだと判るのですか?

アメブロだけの記録を見ることもできるのですよ。 見てください。


(hg20610b.gif)

あらっ。。。リピーターの多くはアメブロ会員の人たちなのですね。

そうなのですよ。 毎日のように僕の記事を読んでくれるのはアメブロの常連さんたちなのですよ。

それで、こうして感謝の気持ちを込めて「常連さん、ありがとね」というタイトルにしたのですか?

そうです。 うへへへへへ。。。

。。。で、ご褒美は。。。?

ほうびですか?。。。う~♪~ん。。。 そこまでは考えていなかったけれど。。。、ジュンコさんがそのように言うのだったら、とりあえず艶話の一つでも常連さんへのご褒美としてここに書きますよ。

下ネタのお話ですか?

あのねぇ~、下ネタとジュンコさんは言うけれど、古代ギリシャ喜劇には下ネタがきわめてあからさまに出てきたのですよ。

あらっ。。。そうなのですか? 知りませんでしたわ。

例えばアリストパネスの『蛙』の冒頭は奴隷が「荷物が重くてウンコが漏れる、とか言っていいか?」から始まり、それに対して主人公が「そういうのは聞き飽きたからやめろ」と返している。

つまり、下ネタを使うのを止めろと言ってるのですわね?

ところが、アリストパネスはそういうのは使わないかと言えば、実は結構よく使っている。 『蛙』でも主人公がビビッて服のまま脱糞をするシーンがちゃんと出てくる。 (微笑) それに、当時の喜劇では役者や合唱隊が股間にペニスの作り物をぶら下げて登場するのが普通だったのですよ。

マジで。。。?

このような時に僕はウソや「でまかせ」を言いません。 信じてください。

。。。で、ご褒美にどのような下ネタの話をするのですか?

では、ジュンコさんも聞いてください。

昔々のお話です。
ある所にお婆さんとお爺さんが住んでいました。
お爺さんが子守をしている様子です。


(baby900.jpg)

「チョウチン、ブラブラ、チョウチン、ブラブラ。。。ああ、いい子だ、いい子だ。。。」

さっきまで火がついたように泣いていた赤ん坊が泣き止んで、キャキャキャ。。。という可愛らしい笑い声まで聞こえる。

「あれっ。。。爺ちゃまは、こないに子守がうまかったんべかァ~?」

お婆さんは不思議に思って障子を開けて見ると、お爺さんが寝ている赤ちゃんの顔の上にしなびた「ふぐり」をぶら下げて揺らせている。

「チョウチン、ブラブラ、チョウチン、ブラブラ。。。ああ、いい子だ、いい子だ。。。」

「じいちゃまァ。。。あんさんは、赤ちゃんが何も知らないことをいいことに、何という事をするだにィ~。 んまああァ~~!」

お婆さんは呆れ果ててお爺さんの背中を叩きました。 「じいちゃま止めれ! 止めれ!」

そのお婆さんの荒々しい声を聞いて赤ちゃんがまた火がついたように泣き出した。

「ほら見ろ! やっと泣き止んだと思ったのに、婆さんが余計なことを言うから、また泣き出したんべやァ。」

「そやけど、じいちゃまァ、“ふぐり”なんぞを赤ちゃんに見せるもんでね~だぞォ!」

「赤ん坊は何もわからせんのじゃ。 せっかく泣き止んで、やれやれと思うていたのにィ~、まったく婆さんは余計な事をしてくれたもんじゃ」

「さよかァ~。。。赤ちゃんは何もわからんかのォ~?。。。じゃあ、今度はオラがやってみるべぇ~。。。じっちゃま、ちょいと脇へどいてくだされやァ」

お爺さんが脇へどくと、今度はお婆さんが着物の裾(すそ)をまくりあげて赤ちゃんの顔の上に尻をむき出しに差し出した。

「お獅子パクパク、お獅子パクパク、。。。」

赤ちゃんは泣き止むどころか更に火に油を注ぐように泣き出した!

「婆さん!そんなものを赤ん坊に見せる奴があるかア! 赤ん坊が怖がってるやないかいなァ! んもお~~!」


(shishi2.jpg)

 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
全くバカバカしいお話ですわ。
こんなのは、ご褒美でも何でもありゃしませんわ。
ええっ。。。あなたは、面白くて笑い転げたのでござ~♪~ますかァ~!?

とにかく、下ネタのお話は古代ギリシャ時代から2500年以上も話し続けられきたのですから、今になってなくなるわけでもないですわよねぇ~♪~。

いずれにしても、興味深い記事が次回も続くと思いますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいましねぇ。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』
  

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

こんにちは。ジューンです。

本当にバカバカしいお話ですよね。

うふふふふふ。。。

でも、人間は性的動物だと思います。

あなたも、そう思いませんか?

1960年代にDesmond Morris(デズモンド・モリス)

が『Naked Ape (裸のサル)』という本を書きました。

これは日本でも話題になりました。

人間もApe の一種です。

“裸のサル”とは、つまり、人間の事なのです。

純粋に動物学的な立場から

ヒトという生物を記述した本で

当時、中学生などが性の参考書として読んでいた、

と言う事を聞いたことがありますわ。

いろいろと面白い事を書いているのですが、

他のサルと違って

人は発情期が無くなったのです。

つまり、1年中セックスができるようになったのです。

サルは性器を露出し、

発情期にはフェロモンを発散させて、

相手を求めます。

でも、ヒトは性器を露出することもなく

発情期がなくなったので

フェロモンを出す事も無くなりました。

それで、ヒトは相手を求めるために

コミュニケーションが必要になり

言葉を使い始めた、と言うような事が書いてあります。

面白い解釈ですよね。

ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。

卑弥子さん、お友達ですよ

2012年5月28日

  
   
  
卑弥子さん、お友達ですよ
 
 

デンマンさん。。。あたくしの婚活がやっと。。。やっと。。。実を結ぶのでござ~♪~ますわねぇ?!

ん。。。? 卑弥子さんの婚活?

そうですわ。 あたくしはこの5年間一生懸命に婚活に勤(いそ)しんできたのでござ~♪~ますわ。

なんで。。。なんで。。。卑弥子さんは急に婚活の話を持ち出すのですか?

だってぇ~。。。だってぇ~。。。あたくしのボーイフレンドがやっと現れたのでしょう?

ん。。。? 卑弥子さんのボーイフレンド?

そうでござ~♪~ますわ。

なんで。。。なんで。。。卑弥子さんのボーイフレンドが、ここに現れるのですか?

だってぇ~。。。だってぇ~。。。デンマンさんは確かに「卑弥子さん、ボーイフレンドですよ!」と、あたくしをお呼びになりましたわ。

やだなあああァ~。。。勝手に言葉を変えないでくださいよ。

あらっ。。。「お友達」というのは「ボーイフレンド」のことではないのでござ~♪~ますか?

確かに「ボーイフレンド」も、文字通りに日本語に訳せば「男の友達」かもしれないけれど、僕はそのような意味で言ったのではないのですよ。

あらっ。。。だったら、どのような意味で言ったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ、卑弥子さんのお仲間が足跡を残してくれたのですよ。

あたくしのお仲間ですか?

そうですよ。 5月26日の足跡を見てくださいよ。



(ame20526.gif+ame20526b.gif)

あ~♪~らァ~。。。「卑弥呼」さんとゆう女性がアメブロ会員にいるのでござ~♪~ますわね。


(ame20526d.gif)

実は、アメブロには「卑弥子」と名乗る女性がいるのですよ。

あらっ。。。あたくしと同じ名前でござ~♪~ますか?

そうですよ。 ちょっと次の検索結果を見てください。


gog11127.gif

あ~♪~らァ~。。。ホントォ~。。。世間ってぇ狭いものですわね。

去年の11月に調べたものだけれど、卑弥子さんが「卑弥子」と名乗る人物のうちではトップなのですよ。

あらっ。。。うれしいわァ~。

アメブロに「卑弥子」と名乗る人はどれぐらい居るのだろうか? そう思って検索してみましたよ。


(gog20527.gif)

あらっ。。。デンマンさんは、あたくしの婚活を支援するサイトを立ち上げてくださったのですか?

そうですよ。 卑弥子さんができるだけ素晴らしい男性と結婚できるように僕は陰ながら応援していたのですよ。

嬉しいわあああァ~。。。

上の検索結果にはAmebloで「卑弥呼」と名乗る女性も登場している。 この人が足跡を残したのだろうか? 確かめるために僕は「卑弥呼」さんのブログへ飛んで行って、プロフィールをソフトカメラで撮ってきましたよ。 見てください。


(gog20527b.gif)

あらっ。。。上の検索結果に出てくる「卑弥呼」さんとは違う人ですわね。

別人なのですよ。 アメブロには「卑弥呼」と名乗る人がどれほど居るのだろうか? そう思って検索してみましたよ。 その結果を見てください。


(gog20527c.gif)

あらっ。。。けっこう居るのですわね。 足跡をつけてくださった「卑弥呼」さんが最初のページには出ていませんわね。

そうなのですよ。 その前の検索結果に出てきた「卑弥呼」さんは出ているけれど、足跡をつけてくれた卑弥呼さんは出てない。

アメブロには、それだけ「卑弥呼」と名乗る女性が多いということですわね。

そういうことですよ。


(ame20526g.gif)

。。。んで、上の「アメブロを追放された社長」さんというのはアメブロの社長さんですか?

僕も「ファシスト管理人」がアメブロの社長を追い出して自分が社長の椅子に座ったのかと思ったのですよ。


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

副社長になれるかも。。。!

今の愚かな社長をクビにして

オイラが社長になってしまおうかな?!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


『致命的な間違いとファシスト管理人』より
(2012年5月25日)

ファシスト管理人が、このように言っていたのでアメブロの社長をとうとう追い出したのかな? 僕は、そう思ったのですよ。 でも、まだそれだけの勇気がないようです。 まだアメブロの社長を追い出してません。

じゃあ、上の青枠の社長さんは、どこの社長さんでござ~♪~ますか?

メルマガを発行している社長さんらしいですよ。

あらっ。。。そうですのォ。。。アメブロの社長さんが追い出されると面白くなると思うのですけれど。。。うふふふふふ。。。

それは10年先の話ですよ。


(ame20526e.gif)

。。。んで、上のピンクの枠で囲んだアメブロ会員はどのような女性ですの?

実は、「寝ござ 口コミ」さんは5月23日と24日にも足跡を残してくれたのですよ。 



(ame20524x.gif+ame20524y.gif)

あらっ。。。デンマンさんのブログの常連さんなのですわね。

そのようですよ。。。で、たまたま「読者リスト」を覗いたら、なんとリストのトップに「寝ござ 口コミ」さんが座っているのですよ。


(ame20526c.gif)

あらっ。。。5月19日に登録したばかりの新しい読者ですわね。

そうなのですよ。 嬉しい驚きでした。

。。。んで、コメントを書いてきたのですか?

書いてきましたよ。 卑弥子さんも読んでみてください。


(fprints.png)

たびたび足跡を残してくれてありがとうございます。
なにせ記事を書くのに時間がとられて、ゆっくりと他のブロガーの記事を読む暇がありません。
たまたま「読者リスト」を覗いたら、どこかで見覚えのあるアバターがあるな???
そう思って足跡を見てみたら「寝ござ 口コミ」さんでした。

読者ナンバーワンの人は2005年7月に登録してくれました。
ナンバー2の読者は2010年の4月です。
それまでに5年間のブランクがありました。
アメブロでは、しばらく休んでいたのでブランクができたのだと思います。
そう言う訳で、「読者リスト」など、めったに見ないのですよ。
読者が増え始めたのは2012年に入ってからです。

お礼も兼ねて5月28日に足跡をテーマに記事を書きました。
「寝ござ 口コミ」さんも登場しますので、ぜひ読んでみてください。

ところで節電方法ですが、日本と違ってカナダでは節電に気を使う人はあまり居ないですね。
むしろ、オフィスやお店などでは電気は夜でも、つけっぱなしにしています。

どうして。。。?

防犯のためと電気をつけておかないと朝方冷え込みが厳しいからだそうです。
もちろん冬は暖房もつけっぱなしです。

でも、最近エネルギーの無駄遣いを止めようという動きがカナダでも出てきました。
個人的には、できるだけ省エネに心がけています。
日本と比べたら光熱費は“バカ安”だと思いますが、“チリも積もれば山となる”と昔の人は言いました。
だから、僕は無駄な電気はつけないようにしています。
せいぜいその程度ですね。

では、いりえさんも、ブログに頑張ってくださいね。
暇ができたら、時間つぶしにやってきて、また足跡をつけてください。
じゃねぇ。。。

barclay (a.k.a. デンマン)

2012-05-28 03:47:18
(バンクーバー時間: 5月27日午前11時47分)


『節電方法の記事のコメント欄』より

。。。で、他の読者の皆さんにも、お礼のコメントを書いてきたのでござ~♪~ますか?

そこまで手が回りませんでしたよ。 だから、こうして足跡をつけてくれた人。。。僕の読者になってくれた人にお礼のつもりで記事を書いたのですよ。

それは言い訳で、やっぱり皆さん一人一人に、お礼を言わないと駄目ですわよ。

解ってますよ。 僕に1日48時間あれば、そうしたいところです。 でも、時間がないので、これで勘弁してもらいますよ。 うししししし。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
まあ。。。仕方ないですわよね。
「寝ござ 口コミ」さんに代表してもらったようなわけです。
デンマンさんも一生懸命に記事を書いているので、不満な方もご理解してあげてくださいね。

とにかく、興味深い記事が続くと思います。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』
  
『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

こんにちは。ジューンです。

英語には次のような表現があります。

I haven’t done anything to earn his enmity.

【彼の怨(うら)みを買うような事をした覚えはないわ。】

だから、英語圏にも怨霊信仰がないわけではありません。

でも、平安時代のような大掛かりな怨霊信仰は

北米にはありません。

現在の日本にもないと思います。

キリスト教が広まっている国では

怨霊に取りつかれるよりも

悪魔に取りつかれる方が一般的です。

その悪魔祓(はら)いをする人が映画でもおなじみの

エクソシスト(Exorcist)です。

かつてはカトリック教会の役職の一つでした。

日本語では「祓魔師」(ふつまし)と訳されます。

しかし、第2バチカン公会議後の教会制度の

見直しにあたって廃止されました。

1973年に映画『エクソシスト』が公開されると、

当時の人々の間に「悪魔憑き」や「悪魔祓い」が話題に上りました。

そのため、世界各地で悪魔祓いを求める声が起こるようになったのです。

これに対応するため、司教が特別に

悪魔祓いの職務を行う司祭を任命することが

行われるようになったということです。

実際、ローマ司教区には特別に任命されたエクソシストがいます。

あなたは怨霊を信じていますか?

悪魔祓いを信じている人が居るのですから、

あなたが怨霊を信じても異常ではありませんよ。 (微笑)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

ジュンコさんとSEO秘話

2012年5月20日

 
 
ジュンコさんとSEO秘話

デンマンさん、また今日も私の出番なのですか?

そうですよ。 ジュンコさんにどうしても出てもらわねばならないのですよ。

また、ベッカムさんの話の続きですか?

いや。。。今日はもう、ベッカム君の話はしません。

じゃあ、洋子さんのお話ですか?

いや。。。韓流ブームには僕は食傷気味なので洋子さんの話も遠慮しておきます。

じゃあ、いったい何のために私をお呼びになったのですか?

あのねぇ~、昨日、記事を投稿してからジュンコさんが登場する記事はどれくらいあるだろうか? そう思って検索してみたのですよ。 そうしたら驚いたことに僕が投稿したばかりの記事が検索結果に出てきたのですよ。 ちょっと、その検索結果を見てください。


(gog20519.gif)

あらっ。。。1時間前にGOOGLEがゲットした記事が表示されてますね。

その記事は僕が午前8時半ごろ投稿した次の記事ですよ。

『結婚できない男とジュンコさん』

(2012年5月19日)

デンマンさんがソフトカメラで記録したのが午前10時10分。 GOOGLEが上の記事をゲットしたのが1時間前ということは午前9時10分。 デンマンさんが上の記事を投稿したのが8時半頃と言うと、デンマンさんが投稿してから40分後にGOOGLEの検索ロボット(クローラー)が上の記事をゲットしてデーターセンターにコピーを保存したのですわね?

そうです。

それにしてもゲットするのが早いですねぇ~。

あのねぇ~、GOOGLEのクローラーは僕の「デンマン・シンジケート」の常連さんなのですよ。

どういうことですか?

次のリストを見てください。


(hg20518c.gif)

これは5月9日から18日までの10日間に「デンマン・シンジケート」のブログとウェブページを読みにやって来た人のホスト名。。。、ホスト名が解らない場合には IPアドレスを記録したものです。

「クローラー」と書いてあるのがGOOGLEのクローラーですか?

そうです。 10日間に 56回アクセスしているのですよ。 シルヴィーさんといつもトップを争っているのです。

つまり、「デンマン・シンジケート」にたびたびアクセスするので、デンマンさんの投稿した記事をすぐに見つけるのですか?

そういうことですよ。

。。。で「デンマン・シンジケート」には、いくつのブログとウェブページが含まれているのですか?

次のリストを見てください。


(denmansyn.gif)

3番の Beaverland Web というのがウェブページで、あとはすべてブログです。

でも、これだけ多くのブログやウェブページを立ち上げる意味があるのですか?

ありますよ。 たとえば、次の検索結果を見てください。


(gog20519b.gif)

「結婚できない男とジュンコさん」を入れて10分後に検索したら、上のような結果になったのですよ。 この結果には「ジュンコ デンマン」で検索した時にヒットとしたDenman Blog の記事が表れない。 

でも、トップの赤枠で囲んであるところにタイトルが見えるじゃありませんか!

よく見ると記事ではなくタグ(tag)なのですよ。 もちろん、このタグ(「結婚出来ない男とジュンコさん」)が付いている記事はすべて表示されるのだけれど。。。

つまり、デンマンさんはタイトルをタグとしてDenman Blog で登録したのですか?

そうです。 tagを作ると、こうして検索結果に出てきますからね。。。

それで、多くのブログやウェブページを立ち上げるメリットは。。。?

青枠で囲んだタイトルの URL に注目してください。 これは「デンマン・シンジケート」の中の唯一のウェブ・ページなのですよ。

つまり、多くのブログやウェブページを立ち上げると、それだけ記事のネット上での存在感が増すということですか?

その通りですよ。 「ジュンコ デンマン」で検索した時には、トップに表示されなかったけれど、「結婚できない男とジュンコさん」を入れて検索すると、こうして上位に表示されますからね。 ネットでの存在感が増すのですよ。

「ジュンコ デンマン」で検索した時に、他のブログにも同じ記事が投稿されたのに、Denman Blog の記事が上位に表示されましたよね。 どうしてですか? 

Denman Blog に投稿された『結婚出来ない男とジュンコさん』を見てください。


(wp20519b.gif)

Denman Blog で表示される『結婚出来ない男とジュンコさん』の記事です。 よく見ると右サイドバーに「ジュンコさんのためになる面白い話」が見える。 赤枠で囲んだところです。

これも記事のタイトルですか?

そうです。 しかも、この記事のタイトルがメニューの役目を果たしているのですよ。 文字通りジュンコさんのためになる面白い記事を集めたのです。 だから、「結婚出来ない男とジュンコさん」もこのメニューの中に出てくるわけです。

要するに、Denman Blog に投稿された上のページが他のブログの同じ記事よりも「ジュンコ」をたくさん含んでいるので検索結果の上位に表示されるのですか?

まず間違いなく、そうだと思います。 GOOGLEでは表示順序の評価基準を公開してないから、100%そうだと断定できないけれど、僕の経験からそうだと言えますよ。

Denman Blog は訪問者が多いので GOOGLEのクローラーも、つられて Denman Blog を覗いているようですね?!


(hg20518.gif)

確かに Denman Blog のアクセス・ランキングは「デンマン・シンジケート」の中でトップなのですよ。

でも、ひとつの記事のアクセス状況をクローラーはどのようにして知るのかしら?

簡単なことですよ。 ネットサーファーが検索してページを見る回数をGOOGLEでは数えていますからね。 それでページのアクセス状況を把握しているのですよ。

Denman Blog の記事は、しばしば検索結果に表れますけれど、ライブドアの記事はあまり見かけませんよね。

あのねぇ~、上のランキングでもライブドアの『徒然ブログ』のアクセス数が異常に低いのですよ。 ライブドア独自の記録は次のようになっている。


(liv20519.gif)

これは4月と5月の訪問者数リストです。 このリストの数字も実際よりは少ない。

どのぐらい少ないのですか?

昨日の記事(『結婚出来ない男とジュンコさん』)にも書いたけれど、実際のアクセス数は上の記録の10倍から15倍多いのですよ。 奇妙なことに、第3者の調査会社(Hit Graph)の記録では、さらに少ない。


(hg20518liv.gif)

これはライブドアの「徒然ブログ」の月別アクセス数を表した棒グラフですよ。 去年の11月下旬から記録をとっているのだけれど、4月のアクセス数が 70に達していない。 ライブドア独自の統計も少ないけれど、それでも4月のアクセス数は上のリストで見るように 1日100人のアクセス数があるとしても 1ヶ月に3000人のアクセスがある。 だから、Hit Graph の上の記録では、どの月も異常に少ない。

つまり、Hit Graph の記録のとり方が間違っているのですか?

いや。。。間違っているわけじゃない。 例えば、Denman Blog のアクセス数の記録を見ると次のように全期間のページ表示回数が 74、865回と出ている。


(wp20519.gif)

74、865回という数字は、次の Hit Graph のリストの数字(70,902)とほぼ一致するのですよ。


(hg20518.gif)

誤差は Hit Graph が記録をとり始めたのが Denman Blog を立ち上げた時よりも少し遅かったことで説明が付くのです。

要するに、ライブドアのアクセス数が異常に低いのは、ライブドアが公開している表示回数に問題があるとデンマンさんは考えているのですか?

それ以外に考えられない。 Hit Graph の記録のとり方が問題だと言うよりは、ライブドアが外部に向けてのアクセスの表示の仕方に問題があるようです。 それで、GOOGLEでも、ライブドアの記事のアクセス数が低いと見て、検索結果の表示順位を下げているのかもしれません。 それが僕の推測ですよ。 だから、ライブドアの記事よりも Denman Blog に投稿した記事の方が検索結果の上位に表示されるのだと僕は考えているのです。

ところで、最近、「デンマンシンジケート」のアクセスは増えているのですか?

増えていますよ。 次の棒グラフを見てください。


(hg20518b.gif)

あらっ。。。5月のアクセス数は予想だとダントツになるのですね!?

Hit Graph の推測に従うと、そうらしいのですよ。

どうして急速に増えているのですか?

最近、10日間の人気検索キーワードのリストを見てください。


(hg20518d.gif)

これは5月9日から18日までの10日間の検索キーワードのリストです。

「肥後ずいき」で検索して「デンマン・シンジケート」にやって来るサーファーがダントツですわね。

そうなのです。

。。。で、どうして「下つき」が赤枠で囲んだあるのですか?

ジュンコさんは良い所に目を付けてくれました。 このキーワードとジュンコさんがアクセス数を押し上げている陰の功労者なのですよ。

あらっ。。。「下つき」と私がですか? どういうことォ~。。。?

あのねぇ~、ちょっと次の部分を読んでみてください。

4月9日の記録から計算された最大会員数が 983,885人。 5月11日の記録から算出された最大会員数が 973,971 人。 要するに4月9日から 5月11日までの約一ヶ月間に 983,885 - 973,971 = 9,914 のアクティブ会員が他のサイトへ引越ししてしまったのだよ。 オマエが愚かな「言葉狩り」、「写真狩り」を続けていれば、更にアクティブ会員が他のサイトへ移ってゆくのだよ。

もしかすると、オイラのオツムは異常なのでしょうか?

あのさァ~、このような事はあまり言いたくないけれど、暇があったら、ぜひ精神科のお医者さんに診てもらったほうがいいと僕は思うよ。

オイラのオツムはそれほど深刻に病(や)んでいるとデンマンさんは思うのですか?

あのなァ~。。。それほど深刻に思いつめることもないよ。

でも、デンマンさんの話を聞いていたら、もしかするとオイラのオツムは、どこかヤバイ事になっているのかもしれない、と思えてきたのですよ。

確かに、オマエだけが僕の記事を未公開にするのは、ちょっとオマエのオツムは可笑しいのではないか?。。。と僕はマジで思ったよ。 でもなァ、お前は次の記事を未公開にしなかった。


(ame20404.gif)

『下つき検索』(2012年4月4日)

実は、投稿する時にオマエが上の記事を絶対に未公開にするだろうと僕は思ったのだよ。 ところが、オマエは上の記事を未公開にしなかった。 そう知った時、オマエが少しは反省し始めたのかな? 僕はそう思ったのだよ。

オイラが未公開にすると、デンマンさんはマジで思ったのですか?

そうだよ。 でもオマエは上の記事を未公開にしなかった。 だから、オマエにもまだ良識が残っているのを知って僕はスキップしたい程うれしくなったのだよ!

デンマンさん!。。。マジでそう思ったのですか?

そうだよ! だからオマエも良識を失わずに今の仕事に励めよ。


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

副社長になれるかも。。。!

今の愚かな社長をクビにして

オイラが社長になってしまおうかな?!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

馬鹿ですよねぇ~。 ちょっとおだてると、すぐに調子に乗って喜んでしまうのですよ! 愚か者がスキップしながら帰ってしまいましたよ。 まだ反省が足りないようです。 もうしばらくの間、アメブロでは言葉狩り・写真狩りが続くようですよ。 だから、あなたも、もし Ameblo で言葉狩り・写真狩りされたら他のサイトへ移る事も考えてくださいね。


『テレサテンとファシスト管理人』より
(2012年5月15日)

上の記事と私が関係あるのですか?

もちろん、関係あります。 上に引用した部分を読むと「下つき検索」を読んでみようという気になるのですよ。

そんな気になるかしら。。。?

男なら関心を持ちますよ。

それで。。。?

その記事の中にジュンコさんが登場するのですよ。 ここに書き出すから読んでください。

下つきと俗説


こんにちは。ジュンコです。
女性の大切なものが上についているか下についているか?
そのことは昔から男性にとっては楽しい話題だったようです。

でも、実際には女性の大切なものと言っても、外陰部のことではなく膣の開口部の位置を問題にしています。
開口部が肛門から遠い場合を「上つき」、肛門に近い場合を「下つき」と呼ぶようです。

上つきは名器、下つきは淫乱などという俗説があります。

そういうわけで、女性がこの事を耳にすると、自分のものが上つきなのか下つきなのか、気になる人も居ると思います。
でも、これは医学的にはまったく根拠のないことだそうです。

ちなみに肛門から膣までの距離は、4cm程度であるのが一般的とされています。
これが5cmだったり3cmだったりしても、ほんの微妙な差です。
極端な違いはありません。

つまり、10cm離れているとか、1cmしか離れていないというようなことはないはずです。
だから、それほど気にすることではないと思います。

上つき、下つきが問題になるとすれば、セックスする時の体位やペ○スの挿入角度を工夫することで問題が解決するはずです。
膣の位置だけで快感が左右されるわけではありませんよね。
体の構造よりも、もっとも感じやすい体位をボーイフレンドと工夫することが大切だと思いますよ。


『下つき検索』より
(2012年4月4日)

どうですか。。。思い出しましたか?

ええ。。。そう言われてみると、かなり前に。。。2005年か2006年頃に書いた覚えがありますわ。。。で、デンマンさんも「下つき」が気になるのですか?

いや。。。僕は気になりませんよ。 ジュンコさんが書いているように微妙な差でしょう? 10センチとか20センチとか。。。そのように大きくずれていれば問題だけれど。。。、

でも、無神経な男性がいて、そのようなことを女性に向かって言うのですわよ。 そう言われたら、女性は気にしますわ。

そうでしょうね。

デンマンさんも20代の頃、無神経に女性に向かって言ったのではありませんか?

いや。。。僕は決してそのような事を口にしませんでしたよ。

でも、卑弥子さんはデンマンさんから酷(ひど)い事を言われて、かなり落ち込んだと言ってましたわ。

あのねぇ~、なにも「下つきじゃないの!?」と女性に向かって言う無神経な男と僕を一緒にすることはないじゃありませんかァ!

でも、卑弥子さんが。。。

あのねぇ~、それは「下つき」とは全く関係ありません。

でも、卑弥子さんが。。。

ジュンコさん。。。! くどいですよ。 このあと卑弥子さんが出てくるのだから、それ以上何も言わないでくださいね。 お願いしますよ。 うししししし。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そうなのですわよ。
あたくしは、デンマンさんに酷(ひど)い事を言われて、とても傷ついたのでござ~♪~ますわ。

ええっ。。。どういうことを言われたのかってぇ~。。。?

ここで書き出すと長くなりますわ。
だから、興味があるのでしたら、ぜひ次のリンクをクリックして読んでくださいましね。

『衝撃の角度』

(2008年6月1日)

とにかく、興味深い記事が続くと思います。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』
  

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

こんにちは。ジューンです。

人間は性的動物だと思いますよね。

あなたも、そう思いませんか?

1960年代にDesmond Morris(デズモンド・モリス)

が『Naked Ape (裸のサル)』という本を書きました。

これは日本でも話題になりました。

人間もApe の一種です。

“裸のサル”とは、つまり、人間の事なのです。

純粋に動物学的な立場から

ヒトという生物を記述した本で

当時、中学生などが性の参考書として読んでいた、

と言う事を聞いたことがありますわ。

いろいろと面白い事を書いているのですが、

他のサルと違って

人は発情期が無くなったのです。

つまり、1年中セックスができるようになったのです。

サルは性器を露出し、

発情期にはフェロモンを発散させて、

相手を求めます。

でも、ヒトは性器を露出することもなく

発情期がなくなったので

フェロモンを出す事も無くなりました。

それで、ヒトは相手を求めるために

コミュニケーションが必要になり

言葉を使い始めた、と言うような事が書いてあります。

面白い解釈ですよね。

ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。

読まれるカラス

2012年5月9日

 
 
 
読まれるカラス

“カアちゃん、アタイも早く大きくなって

本を読みたいよう。”

“何を言ってんのよ。

そんな暇があったら、

早くボーイフレンドを見つて

卵を産むのよ。”

Subj:小百合さん、おはよう!

GWを楽しんでますか?

きゃははははは。。。

Date: 04/05/2010 11:26:20 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 5月5日(水)午前3時26分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

おおおおォ~~、雛が初めて頭をもたげたよう!
小さいけれど、頭と比べたら馬鹿でかい口ばしを広げて母カラスから餌をねだっているのがわずかに見えましたよう!
オレンジ色の口ばしが見えました。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

生まれていたんだよう!
父カラスが忙しそうに餌を運んでいますよう!
本能とは言え、父カラスが餌を頻繁に運んでいる姿は涙ぐましいですよう!

やっぱり野生の命の息吹(いぶき)を感じますよね。

カナダにはバンクーバーのような大都会にも自然があちらこちらに残っていると言う、何よりの証拠だよね。
だから、金メダルが14個も取れるんだよね。

デンマンさん!

それは論理の飛躍ですわよう!

小百合さんが、そういって笑うのが聞こえてくるようですよう。

でもねぇ~、考えてみれば、日本ではトキが絶滅してしまった。
現在居るトキは中国産のトキですよう。
完全な野生のトキではない。
だから、ニュースでも“放鳥のトキ”となっている。
つまり、人間の手がかかっている、いわば「人間に育てられたトキ」ですよう。

要するに、野生のトキが生活できるような自然が日本から消え去ってしまった。
だから、トキが無精卵を抱いて卵を孵そうとしたけれど、結局、口ばしでつまんで巣の外へ捨ててしまった。

野生のトキなら、初めから無精卵など抱えないよう!
やっぱり、野生の本性が失われてしまっているんだろうね。
今の日本を見ていると、正に“野生の本性を忘れてしまった日本人”を見るような気がするのですよう。
だから、バンクーバーオリンピックでも金メダルがひとつも取れない。

人口が日本の4分の一でも、カナダ人は金メダルを14個も取ってしまった!

それに比べて、日本は自殺者を毎年3万人以上も出している!

一日に100人近い人が自殺している。

一時間に4人が自殺している。

かつての経済大国日本は自殺天国になってしまっている!

今になって、ツケを払わされているようなものですよう。

そのツケとは。。。?

無能な政治家がやっている日本の無能な政府が「ゆとり教育」を失敗させてしまった。

あれだけ拍手で迎えられた民主党政府も、今では支持率が20%!!

自民党は、もうガタガタになってしまった!

つまり、放鳥のトキが3つ目の卵を捨てたように、現在の日本は、経済大国も投げ出し、ゆとり教育も投げ出し、ただ自殺者だけを毎年3万人以上も生み出している!

そして、小百合さんまでが、役所のヤラシいおっさんにいじめられ、心にゆとりのない学校の先生にいじめられている!

小百合さん、分かるでしょう!?
小百合さんがバーナビ-に居たら、そのような問題もなく、ルンルンル~♪~ン、ランランラ~♪~ンと言って楽しく陽気に充実した毎日を過ごしてこられたのですよう!

きゃははははは。。。

だから、今は、嫌な事は何もかも忘れてGWを楽しんでねぇ。

では、いつものように小百合さんが軽井沢タリアセン夫人になって、楽しく陽気に愉快に一日を過ごせるように祈ります。

ラーメン。。。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

じゃあ、小百合さんのために書いた楽しい記事を読んでね。

『ロンドンの軽井沢タリアセン夫人』

(2010年5月4日)

じゃあねぇ~♪~。


『トキとカラス (2010年5月10日)』より

『濡れるカラス (2012年5月2日)』に掲載

デンマンさん。。。5月2日に投稿した『濡れるカラス』がたくさんの人に読まれたのですか?

そうなのですよ。 次の日別アクセス数の棒グラフを見てください。


(ame20506.gif)

5月2日に述べ370人のネット市民の皆様がやって来てデンマンさんのブログを読んだのですわね。

そうです。

でも、『濡れるカラス』が読まれたと、どうして判るのですか?

それは5月2日の記事別アクセス数のリストを見ればすぐに判りますよ。


(ame20502.gif)

赤枠で囲んだ 1番、4番、5番のページには、この日の画面のトップに『濡れるカラス』が表示されるのですよ。 だから当然、その記事を読む。 14番はケイタイで読んだ人が5人居たということです。 つまり、合わせて 121人が『濡れるカラス』を読んだことになります。

5月2日に投稿した記事がいつもより多くの人に読まれたので、トータルで 370人に読まれてダントツになったということですか?

そうですよ。

カラスの記事がそれほど人気があるようには思えないのですけれど、どうして他の記事と比べて読まれたのでしょうか?

「濡れる」という言葉に興味を持ったと思うのです。

「濡れる」がどうして読者の興味をそそるのですか?

小百合さんは僕にそこまで言わせるのですか?

そこまでってぇ~。。。、どういう事ですか?

小百合さん。。。やだなあああァ~。。。何も知らないような表情を浮かべて僕に言わせようとするのですねぇ~。。。?

うふふふふふ。。。デンマンさんはヤ~らしいことを考えているのですわね?

やだなあああァ~。。。僕は、まだ何も言ってませんよ。 小百合さんが勝手に「ヤ~らしいこと」と言いながら、うふふふふふ。。。と笑ってヤ~らしいことを想像しているのではありませんかア!

あらっ。。。デンマンさんは、今度は私に言わせようとするのですか?

あのねぇ~、こんな事をお互いに言い合っていても時間が無駄に経つだけなのですよ。 「濡れる」という言葉は、例えば、昼ドラのラブシーンに当てられた人妻が、「あらっ。。。いやだわ。。。私まで濡れてきてしまったわ」と言うような使い方をするのですよ。 うへへへへへ。。。

昼ドラ 『愛の天使』 最終回

デンマンさん!。。。どうして人妻の気持ちになって言うのですか? ご自分の経験を語ればいいではありませんか!?

いや。。。あのォ~。。。僕は小百合さんに成り代わって言ったつもりですよ。

私が、いつも「よろめきドラマ」を見ているような言い方ですわね?

あれっ。。。つうことは小百合さんは「よろめきドラマ」を見ていないのですか?

デンマンさん! いい加減にしてくださいな。 だいたいカラスが濡れるぐらいで人妻が濡れることを想像するような人は居ないのですわ。

それは女性が考えることですよ。 男は「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想するものなのですよ。

それはデンマンさんがご自分の経験を言っているだけですわ。

やだなあああァ~。。。小百合さんは僕をヤ~らしい男にしないと気が済まないのですか?

だってぇ~、デンマンさんが「濡れる」話をし始めたのですわ。

小百合さんですよ。

いいえ。。。デンマンさんですわ。

あのねぇ~、また同じような事を言い合っていても無駄に時間が経つだけなのですよ。 男と女の考え方の違いです。

つまり、男性は「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想するのですか?

そうですよ。

それはデンマンさんの個人的な連想の仕方ではないのですか?

やだなあああァ~。。。、小百合さんは、やっぱり僕をヤ~らしい男に仕立てないと気が済まないのですねぇ。

一般的に言って男性が「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想すると言う証拠でもあるのですか?

証拠と言えるかどうか判らないけれど、状況証拠のようなものがありますよ。

だったら、余計な事は言わなくて結構ですから、その状況証拠のようなものを細木数子さんのようにズバリ!と見せてくださいな。

分かりました。 じゃあ、5月2日の検索キーワードのリストを見てください。


(ame20502b.gif)

「熟女ヌード」で検索して僕のブログにやって来た人が二人居るわけですよ。 3番の人は「40歳 女性 裸」で検索してやって来た。 この語句は「熟女ヌード」とほぼ同じです。 6番の人は「夫婦性生活」で検索して僕のブログにやって来た。 男性か女性か?どちらか分からないけれど、この人たちは、おそらく最近、濡れるような経験をしていないので「濡れたい」と思って、いろいろとネットで調べていたのかもしれませんよ。

まさかァ~。。。

小百合さんは、そう言うけれど実際、「夫婦性生活」を改善しようとしてネットサーフィンしていると思うのですよ。 それに、11番の人を見てください。 「不倫恋愛」ですよ。 つまり、「よろめきドラマ」を見たいと思いつつネットをサーフィンしながら、それらしいブログを探していたのかも知れません。

「不倫恋愛」から「よろめきドラマ」という発想は、どうかと思いますわ。

でも、決して不自然ではないでしょう!? 「よろめきドラマ」というのは、本質的に「不倫恋愛」ではありませんか! それに、18番の「レースクウィーン」は、ナイスバディの女性の写真を探しているのですよ。 たぶん、オナペットになるような画像を探しているのでしょう。

それはデンマンさんの個人的な意見でしょう?

そうかもしれません。。。でもねぇ、男は、そういう発想をするものですよ。 それに 19番を見てください。 「遊び人」ですよ。 この人はナンパしようと思いながら女性に近づくような人なのです。 多分、ある女性から、「あなたのような遊び人は嫌いです」と言われたのですよ。 それは「差別語」じゃないか!。。。と、その人は落ち込んで、考え込んでしまったのです。 それで、ネットで調べてみようとして思いつつ、気づいたら僕のブログの記事を読んでいたというわけですよ。 うへへへへへ。。。

つまり、このような人たちは「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想するような人だ、とデンマンさんは主張するのですか?

そうですよ。。。このように説明すれば、小百合さんも「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想する人が居ることを不思議とは思わないでしょう?

でも、そのように連想しない人もたくさん居ると思いますわ。

そうですよ。。。僕も認めますよ。 ただし5月2日に僕のブログを読みにやって来た人は、「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想する人が、たまたま多かったということですよ。 そう考えないと、どうして『濡れるカラス』がダントツで読まれたのか? 理由が他に思いつかない。 小百合さんは、もっと常識的で理解し易い理由を考えることができますか?

カラスが好きな人がデンマンさんのブログに集まったのですわよ。

それはないです。 カラスが好きだという人に僕はこれまでに出会ったことが無いですから。。。 「濡れるワンちゃん」だとか、「濡れるウグイス」だとか、「濡れる孔雀」ならば理解できますよ。 でも、カラスが好きな人なんて10人居れば一人か二人ですよ。 だから、カラスが好きだという理由で、ある記事がダントツに読まれるなんて、まずないはずです。

でも、可能性がまったく無いわけではないでしょう?

僕は可能性が全く無いとは言いません。 ただ、小百合さんの説明よりも、僕の説明の方がネット市民の多くの皆様に理解してもらえると僕は信じますよ。

分かりましたわ。 それで、デンマンさんが見守っているカラスの卵から雛が孵(かえ)ったのですか?

生まれましたよ。。。。生まれました。 引用した冒頭の2年前のメールでは、5月5日には雛が卵から孵っていた。 僕が冒頭のメールを引用して記事を書いたのが5月2日ですよ。 だから、生まれるのなら、今日か明日だと思いながら僕はカラスの巣から目が離せませんでした。 そしたら5月4日の朝、カラスの父親がしきりに餌を巣に運び入れるのですよ。 これまでに、父親があれほど勤勉に餌を巣に運ぶことなんて一度としてなかった。 だから、5月3日に生まれたはずです。

雛の姿は見なかったのですか?

見えないのですよ。 でも、巣の中をきれいにするというか。 雛鳥の周りを居心地のいいように整えてうやるような。。。、母親が巣の中でこまめに世話をやいている姿が見えるのですよ。 卵なら、あれほどこまごまと世話をやきません。 だから、雛が孵ったに違いないと僕は確信したのですよ。

じゃあ、もう少し雛が成長したら餌をねだって小さな頭をもたげる姿が見えるでしょうね?

そうです。。。それを楽しみにしているのですよ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~
あたくしには、もっと常識的で理解し易い説明をすることができますわ。
デンマンさんがカラスの記事を今年になって初めて書いたのは4月12日でしたわ。

『カラスがからす』

(2012年4月12日)

上の記事の中で2年前に卵から孵(かえ)った雛が大人になって戻ってきたとデンマンさんは書いていたのでござ~♪~ます。
だから動物好きの人たちが、その後どうなったのか?と思いながらカラスの記事を楽しみにしていたのですわよ。
あなただって、そう思うでしょう?

ええっ。。。でも、カラスじゃ楽しみに待っているような人は居ないと、あなたは言うの?
それよりも「濡れるカラス」から「濡れる人妻」を連想して、デンマンさんが濡れる熟女の「軽井沢夫人」のことを書くだろうと期待して、読みにやって来たと、あなたは言うの?

動物の話よりも、ヤ~♪~らしい話の方が、ネット市民の皆様はやっぱり興味があるのかしら?
そうかもしれないわよね。
あたくしだって、「濡れる人妻」と聞いたら、なんだか胸騒ぎがしてきて、一体どのようになるものか?と興味津々(しんしん)なのでござ~♪~ますわ。
うふふふふふ。。。

とにかく、次回も、興味深い話題が続きそうでござ~♪~ますう。
だから、どうか、またあなたも読みに戻ってきてくださいましね。
では。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(ingrid.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

■ 『愛と詩のレンゲ物語』

こんにちは。ジューンです。

ズロースという和製英語があります。

もともと英語の drawers から日本語になったものです。

ドロワーズ とか ドロワース と言う方が

英語の読み方に近いのですけれど、

日本では圧倒的に「ズロース」と言う女性が多いようです。

でも、戦後そのように言う女性は少なくなったようですね。

最近では死語のようになっています。

誤って「かぼちゃパンツ」と呼ばれることもありますが、

「ズロース」とはちょっと違います。

かぼちゃパンツはズボンの一種です。

比較的ルーズフィットで横サイドが長めであり、

穿き込みが非常に深いものを指します。

また、かぼちゃパンツ同様、

ブルマーとも混同されがちですが、

ブルマーとはイギリスの貴婦人が考案した

トルコ風ズボンを元にした丈の短いものであり、

ズロースとは別物です。

パンティーとズロースの中間的なものとして

ショートズロース(カットズロース)といった

バリエーションもあります。

戦後、綿のメリヤス製のズロースが

最高級品として日本国中を席巻し、

スタンダードな下着として日本人の間に普及しました。

でも、最近では「おばさんパンツ」として

中高年の世代が着用するだけで、

衰退しつつあるようです。

うふふふふふ。。。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

アプルパイとファシスト管理人

2012年5月8日

 
アプルパイとファシスト管理人


(pie002.jpg)


(hitler2.gif)
 

デンマンさん。。。、オイラにアプルパイを焼いてくれたのですか?

そうだよ。。。よく解(わか)ったね。

だってぇ、写真がオイラの頭の上に貼り付けてあるじゃないっすかア~!

そうだよ。。。オマエのためにアプルパイを焼いたのだよ。

でも、どうして食いかけのものしかくれないのですか?

喰いかけじゃないよ! 僕がひとかけら味見したのだよ。

でも、どうしてオイラのためにアプルパイなどを焼いたのですか?

僕はオマエに感謝しているのだよ。

あれっ。。。デンマンさんから感謝の言葉を聞けるとは思いませんでしたよ。

僕がオマエに感謝することがそれ程不思議なことなの?

だってぇ~、デンマンさんは、これまでにオイラのことを「ファシスト管理人」と喚(わめ)きながら、さんざネットで悪口を言いふらしたじゃありませんか!

ん。。。? 僕がオマエの悪口をネットで喚き散らしたア~。。。?

そうですよ。 しかも「ファシスト管理人」で検索すると、デンマンさんがオイラのことを書いたおびただしい数の記事がネットに撒き散らされているのですよ!


(gog20508.gif)

367,000件もヒットするのですよ。 最初のページから5ページぐらいまではデンマンさんが書いた記事で溢(あふ)れかえっているのですよ。

そうだよ。。。僕はオマエのおかげで、これだけの記事を書くことができたのだよ。 だから、感謝の気持ちを込めて僕はアプルパイをオマエのために焼いたのだよ。

つまり、オイラのことでたくさんの記事が書けたので、アプルパイを焼いてくれたのですか?

いや。。。それだけじゃないよ! オマエのサイトには僕の記事をよく読んでくれる常連さんがたくさんいるのだよ。 ちょっと次のリストを見てごらんよ。


(ame20425.gif)

これわさァ~、3月27日から4月25日までの30日間に、アメブロの僕のブログを訪れた人がどのページ(URL)からやって来たのか調べたものだよ。 1番と8番を見れば判るように「お気に入り」や「ブックマーク」に僕のブログが登録してあって、そこからやって来た人が合わせて 5,394人も居たのだよ。 

それで、うれしくなってデンマンさんはアメブロの管理人であるオイラに感謝の印としてアプルパイを焼いてくれたのですか?

いや。。。それだけじゃないのだよ。

他にオイラのためにアプルパイを焼いてくれた理由があるのですか?

もちろんだよ。 次の足跡の記録を見て欲しいのだよ。


(ame20507.gif)

5月7日は、午後1時45分までに 24人の人が足跡を残してくれたのだよ。 この上のリストに載っているのは、午前10時4分から 午後1時38分までの3時間半に 僕の記事を読んで足跡を残してくれた20人のアメブロ会員なのだよ。

このリストを見てデンマンさんは嬉しくなってアプルパイを焼いてしまったのですか?

そうだよ。。。本来ならば上のリストに載っている一人一人のアメブロ会員にアプルパイを食べてもらいたいのだけれど、住所がわからないし、バンクーバーからは遠いので、アメブロの管理人のオマエに代表してもらって僕の焼いたアプルパイを僕の感謝の印として食べてもらおうと決心したのだよ。

それで、わざわざデンマンさんはアプルパイを焼いたのですか?

もちろん、それだけじゃないのだよ。

あれっ。。。アプルパイを焼いた理由がまだ他にもあるのですか?

もちろんだよ。 上の2つのリストを見たぐらいでアプルパイを焼く気分にはならないのだよ。

余計なことは言わなくてもいいですから、細木数子のようにズバリ!とその理由を言ってくださいよ!

だったら、まず次のリストを見て欲しいのだよ。


(ame20508b.gif)

アメブロの僕のブログの愛読者になってくれた人たちのリストだよ。 2005年7月22日に一番最初に読者になってくれた人には、アップルパイをじかに手渡したいのだけれど、住所は解らないし、バンクーバーからだと遠いので、オマエに来てもらったと言うわけだよ。

つまり、愛読者になってくれる人が居ることを自慢したいのですね。

ちがうよ! 自慢したいわけじゃない! 僕の記事はファシスト管理人のオマエによってたびたび未公開にされてしまうのだよ。 それにもかかわらず、こうして僕の愛読者になってくれる人が居るということは実に嬉しいことなのだよ。

オイラがデンマンさんの記事を未公開にするので不満を言った人でも居るのですか?

もちろんだよ。

その証拠でもあるのですか?

あるよ。 次の「アクセス元URL」のリストを見て欲しい。


(ame20505.gif)

これは5月5日の「アクセス元URL」のリストなのだよ。 赤枠で囲んだ25番を注目して欲しい。 この URL をクリックすると次の検索結果が表れる。


(au20507.gif)


5.■『熟女ヌードとデンマン』 Livedoor 公開

9.■『熟女ヌードとデンマン』 Ameblo 未公開


10.■『熟女ヌードとデンマン』 Edita Denma705 公開

この訪問者は「熟女 ヌード」で検索してわざわざアメブロの僕の記事を読んだのに、Amebloの上のタイトルをクリックすると次の画面が表示されるのだよ。


(ame20306f.gif)

期待して読みにやって来た人は、オマエが未公開にしたメッセージを読んでムカつくのだよ。 同じタイトルなのに5番と10番は公開されている。 それなのにアメブロだけは「写真狩り」している! それで、この人はアメブロのサイトには2度と行かないと心に決めたのだよ!

でも、それはデンマンさんの個人的な意見ですよ。 実際に上の3つの記事を見た人は、たとえオイラがデンマンさんの記事を未公開にしていてもムカつかなかったかもしれませんよ。

オマエはそう言うけれど、それはオマエの希望的意見だよ。 でもなァ、僕は読者が未公開のメッセージを読んでムカついたという確証を握っている。

じゃあ、もったいぶらないで、その証拠とやらを見せてくださいよ。

まず、上の「アクセス元URL」リストの青枠で囲んだ 18番に注目して欲しい。 この人はモスクワにある日本商社の支店で働いているロシア語が解る日本人商社マンなのだよ。 18番は、この人が検索した時に使用したページの URL だよ。 クリックしてみると次の画像検索結果が表示される。


(ame20505b.gif)

せっかくアメブロのブログにたどり着いたのに僕の記事は未公開になっている。 だから見たい画像が見られない。 この人物はムカつく。 でも、他のサイトでは僕の記事が公開されている。 それで、次のお目当ての画像を見ることができたのだよ。

この人物が、もし上の画像をアメブロの僕の記事で見ていたら、他のサイトには行かなかったかもしれない。 でも、この人は上の画像を Denman Blog の次の記事で見たのだよ。

『熟女ヌードとデンマン』

(2011年11月29日)

それ以来、この人物は Denman Blog の読者になった。 オマエが管理人をやっているアメブロには、もう2度と行く気がしないのだよ。

それもデンマンさんの個人的な意見ですよ。

いや違う! ちゃんと統計に表れている。

だから、余計なことを言わずに、細木数子のようにズバリ!とその証拠を見せてくださいと言ってるでしょう! んもお~~!!

じゃあ、その証拠を見せるからじっくりと目の玉をムキムキして見たらいいよ。 アメブロでは未公開の記事に出会っていやな思いをする海外に住んでいる日本人が多いから日本以外の国からの日本語が解る外人を含めて、日本人の訪問者は少ない。 記録を見るとアメブロの国別訪問者数は次のようになっている。


(hg20507y.gif)

判るだろう? さっきのロシアに居る日本人の商社マンも統計の中に出ている。 でも、もう2度とアメブロには行かないのだよ。

。。。んで、その人はどこへ行くのですか?

Denman Blog へ行くのだよ。 オマエのために、ここに国別アクセス数のリストを貼り付けるから、じっくりと見たらいいよ。

オマエが「写真狩り」をやっているために、アメブロで嫌気がさした人が Denman Blog に集まってくるのだよ。 そのような訳で52ヶ国から訪問者がやって来るようになったのだよ。 

マジっすかア~?

上の記録がそのことを物語っているじゃないか!

じゃあ、もうデンマンさんはオイラにアプルパイをくれないのですか?

いや。。。僕はオマエに対する感謝の気持ちを忘れているわけじゃない。 ちょっと次の検索結果を見て欲しい。

(■『無駄な写真狩り(2011年8月23日)』より)

これは、「amebaの健全なサイト運営にふさわしくない表現」を入れて去年の8月7日に検索した結果だよ。

この検索結果がどうだと言うのですか?

つまり、オマエは去年、愚かな写真狩りを狂ったようにやっていた。 僕の記事もこうして写真狩りにあってオマエのサイトでは、いくつも未公開にされてしまった。

もちろんですよ。 デンマンさんのように、健全なサイト運営にふさわしくない表現を続けている人が居るからですよ。。。

オマエは健全なサイト運営をやっているつもりでも、実は、オマエがやっている愚かな写真狩りに嫌気がさして他のサイトへ移ってしまう。 そのような訳で Denman Blog の訪問者が増えるのだよ。 それにもかかわらず、オマエは、さらに狂ったように「言葉狩り」「写真狩り」を続けた。

『あなたが読んでいる現時点での検索結果』
( ↑ ここをクリック!)

8月7日には 614,000件だったものが 4ヶ月後の12月12日には 1、560,000件に増えている。

なるほどォ~。。。こうして検索結果に、しっかりと表れるのですね。

そうだよ。。。ついさっき同じ語句を入れて検索してみたのだよ。 その結果を見て欲しい。


(gog20508x.gif)

オマエが気が狂ったように「言葉狩り」、「写真狩り」をしていた頃と比べたら、未公開にしている記事が少なくなってきたのだよ。

判りますか?

でもなァ~、いつまでも愚かな事を続けてないで、きっぱりと止めたらどうなの?

無条件に止めることはできませんよ。

止めないの?

あのォ~。。。無条件に止めないとアプルパイがもらえないのでしょうか?

オマエ、けっこうアプルパイにこだわるんだね。

だってぇ~、マジで旨そうですよ。。。


(pie002.jpg)

見ているだけで、ヨダレがたれてきそうですよ。 うへへへへへ。。。

オマエは、それほどアプルパイが好きなのォ~?

そうです。 もう、どうしても食べたいのですよ。 もったいぶらないでくださいよ。 お願いします。

オマエがそれほど言うならあげるよ。 実は、僕はオマエが次の記事を未公開にするだろうと思っていたのだよ。


(ame20404.gif)

『下つき検索』(2012年4月4日)

ところが、オマエは上の記事を未公開にしなかった。 そう知った時、オマエが少しは反省し始めたのかな? 僕はそう思ったのだよ。

オイラが未公開にすると、デンマンさんはマジで思ったのですか?

そうだよ。 でもオマエは上の記事を未公開にしなかった。 だから、オマエにもまだ良識が残っているのを知って僕はスキップしたい程うれしくなったのだよ!

デンマンさん!。。。マジでそう思ったのですか?

そうだよ! だからオマエも良識を失わずに今の仕事に励めよ。 オマエが上の記事を未公開にしなかったので、アプルパイをあげることにするよ。


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

副社長になれるかも。。。!

今の愚かな社長をクビにして

オイラが社長になってしまおうかな?!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

おうちに帰ったらすぐに

このアプルパイを食べま~♪~す。

うれしいなあああァ~~

馬鹿ですよねぇ~。 ちょっとおだてると、すぐに調子に乗って喜んでしまうのですよ! 愚か者がスキップしながら帰ってしまいましたよ。 まだ反省が足りないようです。 もうしばらくの間、アメブロでは言葉狩り・写真狩りが続くようですよ。 だから、あなたも、もし Ameblo で言葉狩り・写真狩りされたら他のサイトへ移る事も考えてくださいね。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
また「言葉狩り」と「写真狩り」ですわよ。
もう、あたくしはウンザリしているのでござ~♪~ますわ。

でも、もし、あなたがアメブロのファシスト管理人について、もっと知りたかったら次の記事を読んでくださいまし。

『ファシスト管理人』

『続・ファシスト管理人』

『オシムとファシスト管理人』

『玲子さんとファシスト管理人』

『冬眠会員とファシスト管理人』

『ファシスト管理人バンザイ!』

『五千の記事とファシスト管理人』

『GOOGLEとファシスト管理人』

『人権宣言とファシスト管理人』

『生理的欲求とファシスト管理人』

『人気者のファシスト管理人』

『未来のファシスト管理人』

『ファシスト管理人がワルを呼ぶ』

『ファシスト管理人と信用』

『不正アクセスとファシスト管理人』

『肥後ズイキとファシスト管理人』

『ファシスト管理人の将来』

『おばさんパンツとファシスト管理人』

『熟女とファシスト管理人』

『肥後ずいきファシスト管理人』

『CIAとファシスト管理人』

『エッチなファシスト管理人』

『エロいファシスト管理人』

『出すぎたファシスト管理人』

『アメブロ会員とファシスト管理人』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

こんにちは。ジューンです。

会員数が多くても実際に活動している会員は

少ないところもあります。

言葉狩りや写真狩りをしているサイトは当然嫌われます。

どうして会員数を誇示しようとするのでしょうか?

会員数が多ければ広告主に対して

広告の効果をアピールすることが出来るからです。

でも、デンマンさんが説明したように

冬眠中の会員が多いところはすぐに判ってしまうのですよね。

アメブロも、会員数にだいぶこだわっているようです。

2000万人どころか、1000万にも居ないということを

次の記事の中で分かり易くデンマンさんが説明しています。

面白いですからぜひ読んでみてくださいね。

『ファシスト管理人』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。


 

なぜ三好栄子?

2012年5月7日

 

なぜ三好栄子?

 


(question.gif)


(kato3.gif)


僕は暇ができるとアクセス解析のグラフやリストを見るのですよ。
どの記事が読まれているのか?
訪問者は最近増えているのだろうか?
どういう画像が好まれているのか?
どのようなキーワードを入れて検索して記事を読みにやって来るのか?

そう言う訳で2,3日前に検索キーワードのリストを見たのですよ。


(hg20504.gif)

4月25日から5月4日までの10日間の記録です。
「デンマン・シンジケート」のブログとウェブページに、どのような検索ワードを使ってアクセスしたのかを調べたものです。
「デンマン・シンジケート」とは、左サイドに書かれている18のブログと 1つのウェブページ(Beaverland Web)をまとめて一つのグループにしたものです。

見れば解るように15位までに個人の名前が使われたのは「三好栄子」だけなのです。
当然ですが。。。なぜ?。。。どうして?。。。という素朴な疑問を僕は持ちました。

個人の名前で検索して「デンマン・シンジケート」にやって来る人は1年とか2年とか長期的に見ると極めて少ないのですよ。
例えば、次のリストは去年の11月から今年の4月までの半年間の記録です。


(hg111-04.gif)

見れば判るように人の名前のような固有名詞は一つもないのです。
時には固有名詞がリストに載ることがあります。
例えば、次のアメブロの記録です。


(ame20114.gif)

これは去年の12月16日から今年の1月14日までの30日間の記録です。
「小笠原玲子」で検索して僕のアメブロの記事を読んだ人が17人居たのです。
なぜ?

理由は簡単です。
僕は次のようなメールを記事の中で引用したのです。

Subj:突然のメールで

失礼いたします。


(bouncy.gif)

Date: 10/03/2010 5:48:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月11日(木曜日)午前10時48分
From: ********@***.biglobe.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

デンマンさんにメールを出そうかどうか、ずいぶんと迷いましたが思い切って書くことにしました。
私は小笠原玲子(仮名)と申します。
デンマンさんのブログを3年前より拝見しております。
レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいております。 私自身も BIGLOBE のウェブリブログでブログをやってます。 デンマンさんのブログを拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。

今朝9時半ごろ「次郎のブログ」で『遠い恋・悔恨の涙』を読みました。 文中の『愛の涙』をクリックしたら Denman Blog のページへ誘導されました。 デンマンさんがたくさんのブログをお持ちであることは存じ上げておりましたが Denman Blog を見るのは初めてでした。

源氏物語について書かれていましたが、私も「六条の御息所」には関心を持っております。 東京に住む専業主婦の私にとって、気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、それに買い物ぐらいです。 2児の子供の母親ですが、自分だけの時間を持つことがほとんどありません。 子供を保育園に送って、やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、いつか書こうと思っていた自分の肩を優しく押されたような気がしました。 それで失礼とは思いながらメールさせていただきました。

めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます。


(ogasa012.jpg)

結婚前に撮った写真です。
私のお気に入りの一枚です。
巨乳ブームの昨今、私が誇れるものは、おっぱいが平均よりも大きめなことぐらいです。
「六条の御息所」を読んで勇気が出ました。
また、そのうち、気が向いたらメールを書かせてください。

このメールがいたずらメールや、スパムメールでないことをデンマンさんならば、ご理解していただけますよね。
いづれにしても、失礼を省みず不躾に書いてしまいました。
これも「六条の御息所」の“生霊”のなせる業だと思います。
お笑いくださいませ。

かしこ。


『中年女性の愛の生活』より
(2010年3月19日)

小笠原玲子という名前は仮名なのですよ。
でも、素直に信じない人が中には居るのです。
たいていの人は、僕が自作自演してメールを書いたと信じ込んで、「くだらない!」と呟(つぶや)いて他のブログへ飛んでしまうのですよ。
でも、複雑なオツムを持っている人は記事の中に出てくる次の写真もじっくりと見るのです。


(ogasa15.jpg)

この写真は僕がコラージュして、でっち上げたものなのだけれど、素直な人は信じますよ。
でも、ひねくれたものの考え方をする人は、「ウソだろう! 手間、暇かけて作るわけがない。 コラージュしたと言いつつ、実は、本物の写真を載せたんだろうよ! その方が簡単でてっとり早い!」
そう思う人が、たぶん「小笠原玲子」で検索して実物の玲子さんを突き止めてやろうと検索エンジンに向かったのですよ。 たぶんね。。。
この時には30日間で「小笠原玲子」で検索した人は17人でした。

ところが、「三好栄子」は10日間に28人がこの名前で検索しているのですよ。
10代から30代ぐらいの人は「三好栄子」の名前を知らないと思うのです。
知っているとしたら、よほど黒澤映画に惚れ込んでいる人です。
脇役として黒澤監督の映画にはよく出てきました。
美人ではありませんが。。。、むしろ、その辺で見かけるおばさんとあまり変わりがない。 でも、地味でいながら個性的ないい演技を見せました。

すでに1963(昭和38)年に亡くなっていますから、亡くなってからすでに半世紀近く経っているのですよ。
それなのに、今更どうして「三好栄子」で検索して僕の記事を読みにやって来たの?
あなただって不思議に思うでしょう?

小笠原玲子のモデルになっている人は、今でも生きていますよ。
それでも30日間で17人です。
ところが、三好栄子さんが亡くなってから約半世紀が過ぎている。
しかも、僕は最近。。。少なくともこの3ヶ月間、「三好栄子」さんの事は書いてない。
それなのに、10日間に 28人が「三好栄子」で検索して僕の記事を読みにやって来たのですよ。

だから、僕も、さっそく「三好栄子」を入れて検索してみました。
まず、僕がこの半年以内に三好さんの事を書いた記事があるだろうか?
それを調べるために「三好栄子 デンマン」と入れて検索してみました。


(gog20506.gif)

この上の検索結果を見ると、僕は今年の1月27日に次の記事を書いたのですよ。

『砦の女(2012年1月27日)』

トップに表示されているのが、この『砦の女』という記事です。
次に「三好栄子」だけを入れて検索してみました。


(gog20506b.gif)

最初のページにはなくても2ページ目には出てくるだろうと思っていたのですが、3ページ目にも、4ページ目にも、5ページ目にも出てこない。 いったい、どこまで見たら出てくるのだろうかと痺れを切らそうとしていたら、12ページ目に出てきましたよ。
12ページの最後です。
やはり 1月27日に投稿した『砦の女』です。

『砦の女 (2012年1月27日)』

http://www.edita.jp/kochiwa705/one/konchiwa7054948.html

これは http://www.edita.jp/konchiwa705/ というブログです。


(denmansyn.gif)

上のリストでは 12番です。
「三好栄子」で検索した28人は上の記事を読んだのかもしれない。
それで、12番のサイトの検索キーワードのリストを覗いてみました。


(hg20505econ.gif)

「三好栄子」が上の検索ワードのリストにはないのですよ。
この http://www.edita.jp/konchiwa705/ というブログには、確かに『砦の女』という三好栄子さんを紹介している文章が載っているのですよ。
でも、「三好栄子」で検索した28人は、このブログでその記事を読んだのではない。
僕は、これぞと思うブログを探してみました。


(hg20505eden.gif)

ここには「波多野秋子」は出てくるけれど、「三好栄子」は出てない。
ちなみに波多野女史は、あの有名な有島武郎と軽井沢の別荘で心中した相手です。
彼女の事は次の記事の中に出てきます。

『10分間の失楽園 (PART 2)』

『タリアセンの思い出』


(hg20505ani.gif)

これはアニセンのブログでの「検索ワード」リストです。 「加藤綾子」は出てきても「三好栄子」は出てきません。


(hg20505ame.gif)

これはアメブロのブログの「検索ワード」リストです。 「小笠原令子」は出てきても「三好栄子」は出てきません。
ところで、この「小笠原令子」さんは実在の人物です。 アメブロの会員でブログを書いてます。
僕がメールをもらった「小笠原玲子」さんとは全くの別人です。
「令子」と「玲子」。。。同じようで文字が違うのです。

目ぼしいブログはすべて調べたのに「三好栄子」が出てこない。
いったいどういうことなのか?

はは~♪~ん。。。これだけ調べて見つからないということは、画像検索したに違いない。
Hit Graph には「検索サイトとキーワード」のリストがあるはずだ!
僕はそう思って探しはじめました。
しばらくして、次の記録をゲットすることができました。


(hg20505.gif)

思ったとおり、画像検索でした。 ありましたよ。
http://www.google.co.jp/imgres で「三好栄子」を入れて27回画像検索しているのです。

ところで、 僕がバンクーバーからアクセスしているためか?
http://www.google.co.jp/imgres をブラウザに入れて画像検索しようとすると
URLが変換されてしまう。
http://www.google.com/imghp になってしまうのです。
次の検索画面が表示されます。


(gog20506c.gif)

この画像検索画面に「三好栄子」を入れてクリックすると次の画像が表示されます。


(gog20506d.gif)

あなたも、自分で試してみれば解りますが、この画面が表示されて最も目を惹くのは「隠し砦の三悪人」のヒロインですよ。
赤枠で囲んだ上原美佐さんの写真です。
「隠し砦の三悪人」で雪姫役を演じたのです。
この女優さんは彗星のごとく現れて彗星のごとく去ってしまいました。
女優を続けていたら、おそらくいい役者になったと思うのですが、残念ですよね。

知らない人が見たら、もしかすると、三好栄子さんの若い頃の写真なのかな?
。。。と、とんでもないことを考えて、それで事実を確かめるために上の写真をクリックして僕の記事を読んだと思うのですよ。
そのような人が27人居たと僕は思うのです。

ちなみに、赤枠の写真をクリックすると次の画面が表れます。


(gog20506e.gif)

画面の右上の「この画像のサイト」をクリックすると僕の記事が表示されます。


(eda20506.gif)


(toride001.jpg)

鼻息ジャンプ

高橋とよさんが生まれ付いての小津調名脇役なら、三好栄子さんは、欧風の灰汁(あく)の強い名演技者だった。


(taka12.jpg)

  高橋とよ

同じ新劇出身の俳優さんとも思えないが、灰汁の強い演出家であった私の師匠渋谷実監督は三好さんの方を好んだ。
きだみのる原作の映画「気違い部落」(渋谷実 ’57)は題名が災いしてヴィデオ化期待薄の渋谷作品である。

…さて、この作品に脇で出演した三好さんは、素顔と演技の落差の大きさで私をびっくり仰天させた。
待機中の俳優さんを撮影順に呼びに行くのも助監督の仕事のうちである。
ある時、三好さんを迎えに行くと、車の都合で大船到着が遅れたらしく、メイクがまだ終わっていなかった。
しかし、開始時間には余裕があったので、その旨を告げたが、彼女は今にも泣き出さんばかりに、済みません、済みません、本当に間に合いますか、間に合いますかの連続であった。
勿論、撮影時間には十分間に合って、スタジオに入ったときはまだ余裕があった。


(miyoshi2.jpg)
        三好栄子

三好さんは監督に静かに挨拶した後、セットの片隅に控えたが、まるで水を打ったようにひっそりと静かであった。
おとなしい農婦だが、いざとなると怖い女、といった役だったと記憶する。
なにしろ30年以上も昔のこと、台本もないのではっきりしないが、その日は彼女の怒りが大爆発する件(くだり)を撮影したのである。

テストが何回かあって、いよいよ本番である。
それ迄の迫力も大したものだったが、いざ本番は想像を絶して凄く、喚き散らしたあと、鼻息も聞こえんばかりの勢いで周りを睨み回し、最後の目線がカチンコを持ってカメラの脇に立っていた私に当たって動かなくなった時は、そのあまりの迫力に思わず後ろの誰かを睨んでいるのかと振り返ったくらいである。
勿論誰もいない。
怖さのあまりに遂に私は何か悪いことをしたみたいにうなだれてしまった。
本番は1回でOK、渋谷さんは大満足であった。

三好さんは腰が折れるくらいに深い最敬礼をしてセットを出て行き、私は監督の、丁重にお送りしての声を背にこわごわと控え室までお送りしたのである。
途中、三好さんは今にも泣き出さんばかりに、渋谷先生は本当にご満足なさったのでしょうか、と何度も何度も念を押される。
私も負けずに大丈夫です、凄かったです、最高ですと褒め称えながら、水がいきなり沸騰する湯に変化したようなものすごい落差に圧倒されていた。
いま目の前にいる三好さんは偽者で本物はは未だセットにいるのではないかという錯覚に捕らわれかけた。
映画界暮らしも長いが、三好さん以上に激しいジャンプ力の持ち主は未だに知らない。

今は、化けるという演技の原点を失った俳優ばかりだが、怖い、しかし最初の観客としての監督という存在が、すっかり権威を失ったことと無関係ではあるまい。

by 石堂淑朗

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


三好栄子
明治27(1894)年、東京に生まれる。
夫、森田信義が東宝プロデューサーだったことから戦時中から東宝作品に顔を出す。
黒澤組の常連のほか、以後、あのギョロ眼と独特の口跡で各社を押しわたり主役を喰い続ける。
昭和38(1963)年歿。
代表作=「正義派」(渋谷実 ’57)
オススメ作=「或る剣豪の生涯」(稲垣浩 ’59)


85ページ 『キネマの美女』
編者: 文藝春秋 
1999年5月30日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

『砦の女 (2012年1月27日)』

http://www.edita.jp/excite705/one/excite7054954.html

ここまで読んでも赤枠で囲んだ写真が三好さんの若い頃の写真ではないと書いてありませんが、次の箇所を読むとはっきり書いてあります。

三好栄子さんは脇役を演じていたけど、石堂淑朗さんのように見る人によれば忘れがたいようなインパクトを三好さんの演技から受けた。 おそらく黒澤監督も同じようなドラマチックな演技力を三好さんの演技に見ていたに違いない。

そやから、黒澤監督は三好さんを数々の作品の中に使っていたと、あんさんは言わはるの?

そうやァ。。。それと同じように太平と又七は、いわば脇役のような演技を演じていたのやけれど、この2人の演技もジョージ・ルーカスさんにインスピレーションを与えた。 それによってルーカスさんはR2-D2 と C-3POを生み出した。 改めてR2-D2 と C-3POの登場するシーンを見ると、確かに太平と又七のコミカルな対話が思い出されてくるのやがなァ。

あんさんは、この事が言いたかったん?

いや。。。それだけではあらへん。 「砦の女」とは、もちろん雪姫のことや。 雪姫を演じた上原美佐さんはその後どうなったのか?


(toride001.jpg)


(merange12.jpg)

そう言えば、名前を聞いたこともあらへんわァ。

わても、名前を知らへんかったァ。 あれほどのインパクトを見せる演技をしたというのに、その後多くの映画に出ておらんのやァ。

何があったん?

彼女は文化女子短期大学に在学していた時に『隠し砦の三悪人』の黒澤監督にヒロイン役に抜擢されてデビューしたそうや。

黒澤監督が見つけやはったん?

いや、ちゃうねん。。。上原さんが短大在学中の学長が徳川義親さんやったらしい。 上原さんが師事していた徳川さんの家を訪れた時に、たまたま居合わせた東宝の社員の目に留まったと言うねん。 それで映画に出てみないかという話になったそうやァ。 黒澤監督は上原さんの「気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気」に魅せられて雪姫役に抜擢したと言うねん。 きりりとした顔立ちと躍動感溢れる演技で人気を博したにもかかわらず、本人は「私には才能がない」と2年間で引退してしまったそうや。

もったいないやんかァ! わたしにも、そないな人が現れてスカウトしてくれへんやろか?


『砦の女 (2012年1月27日)』より

ちなみに、 http://www.google.co.jp/imgres で画像検索した記録がどこかに残っているはずだと思って探してみると見つかりました。


(hg20505g.gif)

上の画像では URL は部分的にしか表示されていませんが、すべてを表示すると次のように長い URL になります。 あなたがクリックできるように1行に書き直したリンクが、すぐ下に貼ってあります。 試しにクリックしてみてください。

http://www.google.co.jp/imgres?hl=
ja&sa=X&rlz=1C1SKPC_enJP390&biw=
1440&bih=783&tbm=isch&prmd=imvnso&tbnid=
4385pcB3-rjhFM:&imgrefurl=
http://www.edita.jp/excite705/one/excite7054954.html
&docid=P0CfgUcXj_JpJM&imgurl=

&w=389&h=288&ei=SeyfT_WLF-m7iAfl_5XoDw&zoom=1&iact=
hc&vpx=842&vpy=148&dur=90&hovh=193&hovw=261&tx=
122&ty=111&sig=102548349022298910530&page=1&tbnh=
130&tbnw=168&start=0&ndsp=33&ved=1t:429%2Cr:4%2Cs:0%2Ci:74

『上のURLをクリックしてみる』

次のような画面が表示されるはずです。


(gog20506g.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
デンマンさんが珍しく一人でしゃべりまくりました。
ブログをやっているあなたならば、参考になると思うのでござ~♪~ますわ。

とにかく、興味深い記事が次回も続くと思います。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

img width=400 src=http://livedoor.blogimg.jp/barclay1720/imgs/b/9/b938bbd5.jpg>
(house22.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』


(dianesun.jpg)

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』


(jbeauty7.gif)

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』


(eiffel15.jpg)

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』


(fireworks.jpg)

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』


(june09b.jpg)

こんにちはジューンです。

『スター・ウォーズ』(Star Wars)は、

多分、誰もが知っているのではないでしょうか?

ジョージ・ルーカスさんが生み出した壮大な宇宙SF物語です。

最初の映画は1977年5月25日に封切られました。

世界的な評判を生み出して

『スター・ウォーズ』カルチャーとも言える

オタク文化が広まりました。

現在までの、すべての『スター・ウォーズ』映画の興行収入は

約44億ドル($4.41 billion)と言われています。

『ハリーポッター(Harry Potter)』シリーズと

『ジェームズボンド(James Bond)』シリーズに続く

第3位の興行収入記録です。

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(bitegirl2.gif)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)