Posts Tagged ‘自遊空間’

国道17号バイパスの奇跡

2017年12月8日

 

国道17号バイパスの奇跡

 


(route17.jpg)

 


(foolw.gif)

件名:

おはようさん!

すっきり、おめざめですか?

きゃははははは。。。

♪┌(・。・)┘♪


(latte01.jpg)

日付: Wed., November 8, 2017 9:16 AM
差出人: “barclay1720@aol.com”
宛先: “dominis912@yahoo.co.jp”

今、「自遊空間」で「抹茶ラテ」を飲みながら このメールを書いてます。
飲み物は、コーヒーでもスープでも紅茶でも、何でも飲み放題ですよ。
今年から、飲み物と食べ物持込がOKになりました!

最近、利用客が減って 客集めに大変なんでしょう!?

今朝は6時20分に目覚めて、
朝食を済ませ
8時に「自遊空間」に着きました。

6時間ネットをやるので午後2時までここにいます。

1時50分には、ここを出て「自遊空間」の玄関の階段で小百合さんのやって来るのを待ちますね。


(jiyufukiage1.jpg)

小百合さんの都合が悪く それ以後になるようだったら、
17号バイパスと県道ルート66号の交わる交差点のところにある セブンイレブンの雑誌の棚の所で待ち合わせようと思います。
そこなら、雑誌を読んで暇をつぶせます。。。
きゃははははは。。。

では、小百合さんの返信を待ちます。。。

時間があったら、次の曲を聴いて心を癒されてね。。。


(paris40.jpg)

どうですか? 癒されましたか?

なお時間があったら

次の懐かしい記事を読んでみてねぇ~。。。


(r66c.jpg)

『ルート66の奇跡』

 

更に、富岡のことで次の記事も書きました。

時間がなかったら、あとで読んでねぇ。


(joushu02.jpg)

『上州散策』

それでは今日もストレス解消のためにルンルン気分で過ごしましょう!

じゃあねぇ~。。。


(denman01.gif)


(byebye.gif)

 


(sayuri5.gif)

件名:

ちょっと ごたごたして

いそいでいます…

♪┌(・。・)┘♪


(neco002.jpg)

日付: Wed, Nov 8, 2017 at 12:21 PM
差出人: “dominis912@yahoo.co.jp”
宛先: “barclay1720@aol.com”

おはようございます

婦人会のバザーの用事が長引いてしまいました

セブンイレブンが分からないので

いつものスポーツの反対の本屋にいます

確か、宮脇書店という名前です

デンマンさんがいつも私を待つ間に立ち読みしていた本屋ですわ。

そこに 2時までに会いましょう

それ以上、遅いとネコが終わってしまう

「自遊空間」から 真っ直ぐ 自転車こいできてね


(sayuri15.gif)

さゆりより

 


(katosmil.gif)

件名:

はい、はい、はい。。。

分かりました。。。

♪┌(・。・)┘♪


(bikeanim.gif)

日付: Wed, Nov 8, 2017 at 1:42 PM
差出人: “barclay1720@aol.com”
宛先: “dominis912@yahoo.co.jp”

 

はい、はい、はい。。。

分かりました。。。

2時少し過ぎるかもしれませんが、急いでゆきます。

じゃあねぇ~・・・

埼玉りそな銀行の記事を書きました! きゃははははは。。。

今さっき、投稿しました。

これから本屋に向かいます。

暇のある時に読んでみてね。


(resona03.jpg)

『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

Necoに間に合うかな?

心配です!

じゃあねぇ~。


(denman01.gif)


(byebye.gif)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 “国道17号バイパスの奇跡”という ずいぶんと大げさなタイトルを付けましたわねぇ~。。。


(kato3.gif)

いけませんかァ~?

どうせまた、最後は冗談に終わるのでしょう!?

いや。。。 僕の目には奇跡としか思えませんでした。。。

いったい、何がそんなに奇跡的だったのですか?

上のメールにも書いたとおり、僕は小百合さんに会うために 自転車をこいでショッピングセンター「ウニクス鴻巣」の2階にある宮脇書店に向かったのですよ。


(gyodamap77.png)

『拡大する』


(unicus01.jpg)


(miyawaki2.jpg)


(miyawaki1.jpg)

僕はルンルン気分で自転車をこいで宮脇書店に向かっていた。。。 そしたら 女性が僕を呼ぶ声が聞こえてくる!。。。 声を聞いただけでも、なんだか魅力的で美しい人だという印象を与えるのですよ。。。


(callyou.jpg)

“デンマンさ~♪~ん”

いつから 日本で声をかけられるほどに人気が出たのだろうか? 確かに僕のブログは日本語が解る世界の134カ国のネット市民の皆様に読まれている!

 

海外からのアクセス@Denman Blog

 


(wp71201map.png)



(wp71201.png+wp71201b.png)

『ルート66の奇跡』@Denman Blog

 

でもねぇ~。。。 僕が地元で、それほど有名になっているとは思えなかった。。。

つまり、デンマンさんのファンの女性が声をかけたと思ったのですか?

そうですよ。。。 だけどねぇ~、よく考えてみたら、僕の写真は一枚もネットで公開してないのです。。。 だから、僕の表情を認めて声をかけてくる女性が居るわけがないのですよ!。。。 ところが、僕の名前を呼ぶ声が確かに聞こえてくる。。。

いったい、どこの女性がデンマンさに声をかけたのですか?

僕は自転車を止めて 声のする方を見たのです。。。 そしたら、国道17号バイパスの車道から歩道によって三菱の軽トラが止まっている。。。 その軽トラの運転席の窓から手を振りながら反対車線側の僕が居る歩道に向かって声を出しているのは、小百合さんじゃありませんかア!


(galhand2.jpg)

そんなことぐらい すぐに判るでしょうに!

あのねぇ~、僕は 小百合さんが宮脇本屋で待っているとばかり思い込んでいましたからねぇ~。。。 まさか小百合さんが三菱の軽トラに乗って国道17号バイパスを走ってるなんて 夢にも思ってなかった! どうして、本屋で待ってなかったのですか?

だってぇ~、デンマンさんは2時になっても現れなかったのですわァ。。。 Neco はいつまでも店を開いてないのです。。。 お昼の時間は決まってますから。。。 だから、私は焦ってデンマンさんを迎いにいったのですわァ。。。

でも。。。、でも。。。、車に乗りながら僕を探すのって大変でしょう!

私には 敏感な第6感があるのですわァ~。。。

うん、うん、うん。。。 言われてみれば 確かに、4年前にも同じような奇跡が起こりましたからねぇ~。。。


(sayuri2.gif)

Subj: 行こうかな。。。?

Date: 2013/10/15 (Tue) 09:52
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

 

おはようございます。

メール見ました。

「自遊空間」で記事を書いているのですね。

お昼ごろ終わるの?

その時、近くのファミマから電話ください。

お昼ごろ着くように向かおうかな?

電話待ってます。

では。。。

 

さゆり


(sayuri15.gif)

 

僕は記事を投稿してから すぐ近くのファミマの店の前にある公衆電話で小百合さんに電話しようと思ったのですよ。 

それなのに、どうして電話しなかったのですか?

あのねぇ~、外へ出たら小雨が降っていたのです。 それで、雨にぬれながら話すのが億劫(おっくう)になって、これなら実家に帰ってからかけようと思って、ファミマによるのをやめにしたのですよ。 それで、そのまま国道17号バイパスの歩道を自転車に乗って ルート66に向かったわけですよ。

それで。。。?


(r66gyoda.jpg)

国道17号バイパスから おもむろに県道66号線に入っていったのです。


(r66gyoda2.jpg)

それで白鳥を見ようと用水路に向かったわけですか?

いや。。。 今年の10月は暑い日が多かったでしょう! 異常気象でしたよ。 30度近い日が続きましたからね。。。 だから、白鳥には暑すぎたらしいのですね。 それで行田に滞在している間に一度も白鳥を見ることができませんでしたよ。 たぶん、行田にやって来る白鳥は 暑すぎたので東北か北海道のどこかに降りてしまったのですよう。

それでは“奇跡”は起こらなかったじゃありませんか!

いや。。。 別に奇跡が起こって白鳥が飛んで来る事を期待したわけじゃないのです。

じゃあ、いったい どのような奇跡が起こったというのですか?

あのねぇ~。。。 用水路を越えて上越新幹線のガードをくぐりぬけて 「ものつくり大学」入り口のバス停にさしかかった。 「フライ焼きそばの店 山下」の看板が目の前に見えてきたのですよ。


(yamashita.jpg)

それで行田名物のフライを食べようとして「フライ焼きそばの店」に入った時に奇跡が起きたのですか?

いや。。。違いますよ。 僕は行田名物のフライが食べたかったわけじゃないのですよ。 すでに200円の特製カレーを『自遊空間』で食べました。 だから、店の前の交差点を渡って「フライ焼きそばの店」の駐車場にさしかかって 店の前を通り過ぎようとしていたのですよ。


(yamashita2.jpg)

すると、背後でクラクションの鳴る音がする。 さかんに、プッ、プッ、プッ、プッ、プッ、。。。と鳴らすのですよう。

誰かが事故でも起こしたのですか?

実は、僕もそう思ったのですよ。 でもねぇ、交通事故など日常茶飯事だから、僕には関心がありませんよう。 だから、そのまま店の前を通り過ぎようとしたのです。

それで。。。?

ところがクラクションが鳴り止まない。 一体誰のためにクラクションを鳴らしているのだろうか? 僕はすでに交差点を渡り終えて「フライ焼きそばの店」の前を通り過ぎようとしていたのです。 僕とは全く関係ないはずです! 「うるさいなアアア~ まったく、んもオ~~!」と思いながら、さらに進もうとすると、背後から三菱の軽トラックが僕を目指して突っ込んでくるではありませんかア!


(truck2.jpg)

しかも、歩道に乗り上げてくる! 僕は、“ああああアアアァ~~!” あわや 軽トラに轢(ひ)かれるのではないかと思って一瞬恐怖でしたよ。 そしたら、僕と衝突する前に軽トラが急停車した! 僕は一瞬、殺されるかと思った! なんと、ドアを開けて出てきたのは小百合さんじゃありませんかア!

それが“奇跡”なのですか?

だってぇ、そうでしょう!? 僕がどこを自転車で走っているのか? 小百合さんには見当がつかないはずですよ。 それなのに僕の目の前に1年ぶりに急に小百合さんが現れたのですからね。 これが奇跡でなくて何でしょうか?!


『ルート66の奇跡』より
(2013年11月29日)

デンマンさんは4年も前のことをよく覚えてますわねぇ~。。。

覚えてますよゥ。。。 こうして記事を書いたほどですからねぇ~。。。 小百合さんが忘れているなら、その方が可笑しいのですよ。。。

とにかく、間に合うだろうと思ってNECO に着いたのです。。。 そしたら水曜日は定休日でお休みだったのですわァ。。。

そうでした。。。 そうでした。。。 小百合さんは、奇跡が起こって二人のために店が開いていると思ったのですか?

私は念のために 「お昼は何時までやっているのですか?」とお店に電話して確かめたのですわァ。。。 今日(11月8日)は お休みだとは言ってませんでした。。。

常連の小百合さんは水曜日が定休日だということを知っていると思ったのですよ。。。

そうかしら?。。。 そうだとしても、「今日はお休みです」ぐらいのことは言って欲しいものですわァ~。。。

つまり、そういう事には、小百合さんの第6感は働かないのですねぇ~。。。 僕は小百合さんが、また奇跡を起こして店を開けさせると期待したのだけれど。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

奇跡は起こそうと思って起こるものではないのでござ~ますわァ。

ところで、小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれています。

なぜ。。。?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri201.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

「上を向いて歩こう」がアメリカで人気が出るきっかけは

何だったのでしょうか?

通説によると、1963年の春、

アメリカ西海岸のローカルラジオ局のDJが、

異国情緒を味わってもらおうと、たまたま手元にあった

日本の曲をオンエアーしたところ、

リスナーからリクエストが殺到したために

人気に火がついたと言われています。

果たして、その話はどこまで本当なのでしょうか?

アメリカで「上を向いて歩こう」をシングルとして

最初に発売したレコード会社はキャピトルです。

同じ時期にキャピトルはイギリスの親会社であるEMIが

ビートルズのシングルを出すようにと要請してきたのです。

ところがアメリカでは人気が出ないと断っているのですね。

では、いったい誰が「上を向いて歩こう」をシングルとして

発売したのでしょうか?

その発売を決定した人の名前が

デンマンさんが描いた次のチャートに出ています。


(qchan90.gif)

デイブ・デクスター・ジュニアさんなのです。

「A&Rマン」と言われていた人で、

売れる可能性のあるアーティストを発掘し、契約を結び、

制作を担当する仕事をしていた人です。

ローカルラジオ局のDJからある日電話がかかってきて

「上を向いて歩こう」が人気が出ていると聞いて、

さっそく自分でも聞いてみたそうです。


(qchan03.jpg)

九ちゃんが日本語で歌っているので

詞の内容は理解できなかったけれど、

これならイケそうだと直感して売り出すことに決めたそうです。

つまり、ビートルズの曲はヒットしないと蹴ったけれど、

九ちゃんの「上を向いて歩こう」は直感的に

ヒットすると思ったのだそうです。

ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて

次のサイトを立ち上げました。

時間があったら下のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。

『夢とロマンを持って前向きに生きる

小百合さんの物語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(ebay5.jpg)


(byebye.gif)

上州散策

2017年11月6日

 

上州散策

 


(joushu02.jpg)


(joushu01.jpg)


(joushu03c.jpg)


(foolw.gif)

楽しい思い出ありがとう!

きゃははははは。。。

From: barclay1720@aol.com
To: sayuri12345@yahoo.co.jp
Date: Mon., Nov. 6, 2017 9:40 AM

子供の頃は電車が好きで、小学生の頃でも友達と電車に乗って
羽生から伊勢崎に行こうとしましたが、
切符が羽生までなので、怖くなって途中で引き返しました。
栗橋を渡って館林は過ぎていたはずです。。。

当時は、まだ小百合さんは生まれてなかったでしょう!
きゃははははは。。。

そういうわけで上州電鉄の電車に乗れたことは、
とりわけ思い出に残るものでした。

運転手が切符を集めるのを見て驚きました。
カナダでは考えられないことです!

ところで、宇津救命丸の話をしましたが、
その薬を1500年代に作り始めたのは、栃木県の高根沢町です。


(kyumei01.jpg)


(kyumei02.png)

『拡大する』

あの時に話したテレビ番組はこれ!


(kyumei03.png)

『番組詳細』

宇都宮市の近くなんだねぇ~。。。

佐野からは遠いねぇ。

高根沢町には 旨い蕎麦を食べさせてくれる店もあるようだけれど、

遠いので、また、行田の「忠次郎蔵そば店」 で

旨い蕎麦でも食べますか?


(chuji10.jpg)

『忠次郎蔵そば店』

風呂屋好きの小百合さんは 田山花袋の『田舎教師』に

出てくる「柳の湯」に関心があるようだけれど、

この風呂屋も2012年に解体されたようです!


(yanagiyu31.jpg)

「柳の湯」解体

小百合さんと最初に行田で会った頃にはやっていたのですよねぇ~。。。

残念でした。。。

時代は常に古いものを壊してゆくようです。。。

でもねぇ~、機会があったら、情緒豊な明治を偲ばせる露天風呂にでも浸(つ)かりたいものです。。。


(roten010.jpg)

『関東の温泉』

はい、はい、はい。。。

小百合さんも、ロマンの湯を探してみてねぇ。。。

では、近いうちに電話します。

きゃははははは。。。

今日もストレス解消のためにルンルン気分で過ごしてね。。。

じゃあねぇ~。。。


(denman01.gif)


(hand.gif)

 


(kato3.gif)

みゆきちゃん、元気ですか?

吹上の「自遊空間」で書いてます。


(fukiage99.jpg)

From: barclay1720@aol.com
To: miyuki9876@yahoo.co.jp
Date: Mon., Nov. 6, 2017 10:55 AM

昨日は軽井沢タリアセン夫人とユネスコの国際遺産に

登録された富岡製糸場に行ってきました。


(joushu03c.jpg)

上州電鉄の古い電車に乗って、まるで明治時代にタイムスリップしたようでした。

無人駅がたくさんあって、駅に止まると運転手が車内に出てきて切符を集めるのには驚きました。

カナダでは考えられないことです。。。

富岡町では役所の観光案内所が無料で

自転車を貸し出していて、

それに乗って、タリアセン夫人と一緒に

上州一ノ宮の「貫前神社」まで遠乗りしてきました。


(joushu04.jpg)


(joushu05.jpg)

面白かったですよ!

きゃははははは。。。

 

10月28日の土曜日には北鴻巣の多佳子さんの家にお邪魔しました。

(デンマン注:多佳子さんはデンマンの6歳年上の叔母)


(aunt201.jpg)

本人は癌で治療を受けていると言ってましたが、
外見は元気そのものでした。。。
癌で治療を受けているとは、とても思えませんでした。

多佳子さんは久しぶりに僕に会えたので、気持ちが張っていたのかもしれません。
僕がまだ1歳にもならない頃に、お袋におんぶされて犬塚の実家に帰ると、
7歳の多佳子さんが、赤ちゃんの僕を見て、どうしてもおんぶしたいと言ったそうです。

仕方なく、女児の多佳子さんの言うままに、お袋は 僕を彼女の背中におんぶさせたそうです。。。
うれしくなって、多佳子さんは隣近所に僕を見せて回ったそうです。。。


(komori2.gif)

「この子は赤ちゃんのくせに、若い衆の顔をしてるねぇ~」と言われたそうです。。。
僕は、赤ちゃんの頃からふけて見えたのでしょうか?
きゃははははは・・・

土曜日には 8時間も話し込んでしまったと、多佳子さんが後で言ってましたが、
考えてみると、多佳子さんとは長い長い付き合いになります。

外見では元気そうに見えても、無理して僕と話していたのかも知れません。。。
もっと早めに切り上げて帰るべきだったのでしょう!

みゆきちゃんの話が出て、
「加代子が“卵かけご飯”ってぇ何?・・・て訊いたのよねぇ~」と多佳子さんが話し出しました。。。

(デンマン注:加代子さんは多佳子さんの長女)

何でも、犬塚の実家で一緒になった時に、
みゆきちゃんがお母さん(とも子さん)に「“卵かけご飯”を食べた」とか「“卵かけご飯”を食べたい」とか言ったらしい。。。

(デンマン注:とも子さんはデンマンの従妹)

加代ちゃんは“卵かけご飯”を食べたことがなかったらしいのですよ。。。
“卵かけご飯”など、誰もが知っている常識だと思えるのだけれど、
九条家では“卵かけご飯”を子供たちに食べさせたことがなかったらしい!?


(tamago80.jpg)

不思議というか、面白い話を聞いたように思いました。

ところで、「ダイアン物語」で次の記事を英語で書きました。

 


(shibuya02.jpg)

『Halloween@Shibuya』

記事の最後に行田市の田んぼアートが
ギネスブックに登録されたYouTubeが出てきますよ。
みゆきちゃんも楽しみながら見られると思うから、ぜひ見てね。。。

あと3年で、東京オリンピックです。
これからは、マジで 英語を話せる人が求められると思います。

英語ができると オリンピックに向けて、
みゆきちゃんの人生にも明るい兆(きざ)しが見えてきますよ。

英会話の能力を生かすならば、オリンピックのときに
素晴らしいチャンスが巡ってくるかも知れません。

ボランティアでオリンピックを手助けするのも面白いでしょう!?


(volunteer3.jpg)

そのためにも、暇ができたら英会話の勉強に励んでねぇ~。
きっと、何かいいことがありますよ。

それでは、みゆきちゃんも、現在の幸せをかみ締めながら、
いつまでも健康で元気にいてください。

そして、1日 1日 ルンルン気分で 
後悔のないように ポジティブに暮らしてねぇ~。。。
人間の一生なんて、マジで短いものです!

お互いに、元気で、楽しく、愉快な面を見つめながら、
この人生を大いに、充実したものにしましょうねぇ~
きゃははははは。。。

では、バンクーバーの思い出にふけりながら
楽しい夢を見てね。

時間があったら電話ください!
じゃあねぇ~。。。


(denman01.gif)


(byebye2.gif)

 

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは上州を散策したことがありますか?

あらっ。。。 まだ、出かけたことがないのですか?

じゃあ、松島はいかがですか?

松島も行ったことがないのですか?

じゃあ、ここで松島の景色をお目にかけますねぇ~。


(matsu3kei2.jpg)

どうですか?

松島にも行きたくなったでしょう!?

時間を作ってぜひ行ってみてくださいね。

では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

夜道のルート66

2016年11月21日

 

夜道のルート66

 


(yoruway2.jpg)


(sayuri201.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 “夜道のルート66”というのは埼玉県道の66号線ですか?


(kato3.gif)

そうです。。。 小百合さんにとっても この県道には思い出が多いでしょう!?

ルート66


(r66map.png)

陸上距離:11,862m
起点:埼玉県行田市 国道125号交差点(桜町交差点)
終点:埼玉県東松山市 国道254号交差点(上野本交差点)

ルート66(埼玉県道66号行田東松山線)は、埼玉県行田市から東松山市に至る県道(主要地方道)である。

江戸時代には千人同心街道と呼ばれ、八王子から日光へ向かう街道として整備された道である。

旧道は行田市忍城跡の交差点から前谷を経由し、鴻巣市吹上本町交差点で中山道と交差する。
その後、富士電機機器制御(富士電機)吹上事業所東側を通り、大芦橋の下流にかかっていた2本の旧橋を渡り、熊谷市(旧大里郡大里町)と東松山市の境付近で現道と合流するルートであった。

行田市下忍交差点 – 吹上駅前交差点間は、行田市街と吹上駅を結ぶ4車線道となっている。
また、高崎線との交差部分は陸橋化されている(榛名陸橋)。
旧道から分岐してこの陸橋へ直結しており、この内、国道17号鎌塚交差点以南も行田東松山線となっており、現在、国道17号 – 高崎線間には2ルート存在していることになる。

東平交差点から上野本交差点までの区間は、かつて国道407号だった。


出典: 「埼玉県道66号行田東松山線」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

別に、この道路に 懐かしい思い出はありませんわァ。。。

そんなことはないでしょう! 小百合さんにとっても 忘れがたい思い出があるはずですよ。。。

いいえ。。。 そのような思い出は浮かんできませんわァ。

じゃあ、ちょっと次の小文を読んでみてください。


(r66.gif)

この上の埼玉県道ルート66号線で奇跡が起こったのですか?

そうですよう。

一体どのような奇跡が起こったというのですか?

あのねぇ~、それを説明する前に まず小百合さんが書いたメールを読んでください。


(sayuri5.gif)

Subj: 行こうかな。。。?

Date: 2013/10/15 (Tue) 09:52
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

おはようございます。

メール見ました。

「自遊空間」で記事を書いているのですね。

お昼ごろ終わるの?

その時、近くのファミマから電話ください。

お昼ごろ着くように向かおうかな?

電話待ってます。

では。。。

 

さゆり


(sayuri15.gif)

僕は記事を投稿してから すぐ近くのファミマの店の前にある公衆電話で小百合さんに電話しようと思ったのですよ。 

それなのに、どうして電話しなかったのですか?

あのねぇ~、外へ出たら小雨が降っていたのです。 それで、雨にぬれながら話すのが億劫(おっくう)になって、これなら実家に帰ってからかけようと思って、ファミマによるのをやめにしたのですよ。 それで、そのまま国道17号バイパスの歩道を自転車に乗って ルート66に向かったわけですよ。

それで。。。?


(r66gyoda.jpg)

国道17号バイパスから おもむろに県道66号線に入っていったのです。


(r66gyoda2.jpg)

それで白鳥を見ようと用水路に向かったわけですか?

いや。。。 今年の10月は暑い日が多かったでしょう! 異常気象でしたよ。 30度近い日が続きましたからね。。。 だから、白鳥には暑すぎたらしいのですね。 それで行田に滞在している間に一度も白鳥を見ることができませんでしたよ。 たぶん、行田にやって来る白鳥は 暑すぎたので東北か北海道のどこかに降りてしまったのですよう。

それでは“奇跡”は起こらなかったじゃありませんか!

いや。。。 別に奇跡が起こって白鳥が飛んで来る事を期待したわけじゃないのです。

じゃあ、いったい どのような奇跡が起こったというのですか?

あのねぇ~。。。 用水路を越えて上越新幹線のガードをくぐりぬけて 「ものつくり大学」入り口のバス停にさしかかった。 「フライ焼きそばの店 山下」の看板が目の前に見えてきたのですよ。


(yamashita.jpg)

それで行田名物のフライを食べようとして「フライ焼きそばの店」に入った時に奇跡が起きたのですか?

いや。。。違いますよ。 僕は行田名物のフライが食べたかったわけじゃないのですよ。 すでに200円の特製カレーを『自遊空間』で食べました。 だから、店の前の交差点を渡って「フライ焼きそばの店」の駐車場にさしかかって 店の前を通り過ぎようとしていたのですよ。


(yamashita2.jpg)

すると、背後でクラクションの鳴る音がする。 さかんに、プッ、プッ、プッ、プッ、プッ、。。。と鳴らすのですよう。

誰かが事故でも起こしたのですか?

実は、僕もそう思ったのですよ。 でもねぇ、交通事故など日常茶飯事だから、僕には関心がありませんよう。 だから、そのまま店の前を通り過ぎようとしたのです。

それで。。。?

ところがクラクションが鳴り止まない。 一体誰のためにクラクションを鳴らしているのだろうか? 僕はすでに交差点を渡り終えて「フライ焼きそばの店」の前を通り過ぎようとしていたのです。 僕とは全く関係ないはずです! 「うるさいなアアア~ まったく、んもオ~~!」と思いながら、さらに進もうとすると、背後から三菱の軽トラックが僕を目指して突っ込んでくるではありませんかア!


(truck2.jpg)

しかも、歩道に乗り上げてくる! 僕は、“ああああアアアァ~~!” あわや 軽トラに轢(ひ)かれるのではないかと思って一瞬恐怖でしたよ。 そしたら、僕と衝突する前に軽トラが急停車した! 僕は一瞬、殺されるかと思った! なんと、ドアを開けて出てきたのは小百合さんじゃありませんかア!

それが“奇跡”なのですか?

だってぇ、そうでしょう!? 僕がどこを自転車で走っているのか? 小百合さんには見当がつかないはずですよ。 それなのに僕の目の前に1年ぶりに急に小百合さんが現れたのですからねぇ~。。。 これが奇跡でなくて何でしょうか?!

つまり。。。、つまり。。。、“忘れられない!”というのは。。。、つまり。。、つまり。。。、私が運転していた軽トラに殺されそうになったという思い出ですかァ~?

そうですよゥ。。。 いけませんかァ~?


『忘れられない!』より
(2016年1月12日)

馬鹿バカしい思い出をデンマンさんは こうして記事にまで書いていたのですか?

そうです。。。 いけませんかァ~?。。。 僕にとっては、1年ぶりの危険で、しかも奇跡的な再会でしたからねぇ~。。。 (モナリザの微笑)

それで“夜道のルート66”というのは、どういうことですか?

あのねぇ~、その話をすると長くなるのですよ。。。

じゃあ、なるべく無駄話は省略して細木数子さんのようにズバリ!と話してくださいなァ。

あのねぇ~、僕がトロントに住んでいる頃に同じ家に下宿していた Kさんが11月13日に電話してきたのです。。。 それで、翌日の月曜日に10数年ぶりに会おうということになったのですよ。

Kさんとは、10年以上も会っていなかったのですか?

そうです。。。 でも、毎年 電話では話していたのです。

その方は女性ですのォ~?

いや、男性です。。。 現在、外資系の会社に勤めており 日本支社長の職にあるのですよ。。。

。。。で、どこでお会いしたのですか?

地下鉄日比谷線の神谷町のすぐそばに会社があるので、Kさんのオフィスで会うことになったのです。


(kamiya01.jpg)


(mt01.jpg)


(mt02.jpg)

あらっ。。。 なんだか立派なビルですわねぇ~。。。 外資系の有名な会社なのですか?

いや。。。 会社の名前を言っても小百合さんは知らないと思いますよ。。。 ジェットエンジンを日本に売り込む会社です。。。 5時を目指して出かけたのだけれど、久しぶりに上野で地下鉄に乗ったものだから、モタモタしてしまって、その会社に着いたら6時を過ぎていた。。。 外資系の会社だから6時を過ぎると受付の女性は帰ってしまって居ないのですよ。。。


(mt04.jpg)

。。。で、デンマンさんは、どうなさったのですか?

最近は、日本でもセキュウリティが厳しくなっているのですよ。。。 だから、受付の前がガラス戸で仕切られてロックがかかっている! 要するに入れないのです。。。 インターフォンが外に備え付けてあるけれど、どのボタンにも名前は書かれてない! 僕はケータイを持ってないので、連絡も取れない。。。 しかも、Kさんのケータイ番号を書いた手帳を忘れてきてしまった。。。 うろうろしていたら、同じフロアにある会社から女性社員が出てきたので、「Kさんの事を知ってますか?」と尋ねたら、会社がいくつも入っているフロアなので、名前を聞いても心当たりがないという。

それで、どうしたのですか?

どうにもならないのですよ。。。 「もう一度自宅に戻ってケータイに電話するしかないようですね」と、その女性社員は言ってくれたけれど、実家が埼玉県の行田にあると言ったら、唖然としていましたよ。。。

そうでしょうね。。。 往復に3時間もかかるでしょうからねぇ。。。 それで。。。?

たぶん10分ぐらい、その女性といろいろな方法を考えては、これも駄目あれも駄目と話していたのですよ。。。 そしたら、Kさんが受け付けまで出てきたのですよ。。。 「おそらく、受付の女性が帰ってしまったので、困っているのじゃないだろうか?」。。。 そう思って出て来たと言うのです。

つまり、約束の時間から1時間以上も遅れたのですわねぇ~。。。

そうなのです。。。 自分では、結構 余裕を見て実家を出たつもりだったのだけれど、Kさんのケータイ番号を書いた手帳を忘れてしまうし。。。、全くドジな事をしてしまったと、自分ながら呆れました。。。 しかも、ビルの入り口でも もたついたのですよ。

どうして。。。?

最近、ケータイが普及したので、日本ではビルの入り口に受付デスクを置いてないのです。。。 その代わりにガードマンがエスカレーターの入り口に立っている。。。 「身分証明書を見せてください」と言うのです。。。 そのような事を想定してないから、パスポートも自動車免許証も実家に置いてきた。

それで。。。?

「身分が確認できないので、まずケータイで相手と連絡してください」と言う。。。 ケータイは持ってないし、相手のケータイ番号も、それを記入したノートを実家に忘れてきた、と言ったら信じられないと言う表情を浮かべましたよ。 (苦笑) 「じゃあ、名刺を2枚以上見せてくれませんか?」と言う。。。 2枚見せたら、「あなたのお名前はどこに書いてあるのですか?」と、信じられないような質問をした。

デンマンさんの名前が見えなかったのですか?

僕の名刺には日本語が全く書いてない! そのガードマンは日本語の名刺しか見たことがなかったのでしょうね。

そうでしょうね。。。 外国人でも、名刺の裏に日本語で名前を書いてあるのが普通でしょうからねぇ~。。。

とにかく、いろいろともたついて、諦めかけていたけれど、Kさんに会えてマジでよかったですよ。

それで。。。?

そのビルの地下にある「金沢乃家」という居酒屋に入ったのです。


(mt10.jpg)


(mt11.jpg)

あらっ。。。 けっこう高級そうなお店ではありませんか?

社用族が商談のために使う店構えになっているのですよ。。。 すっかり、ご馳走になってしまいました。

10年以上 Kさんにお会いしてなかったのでは、お話に花が咲いたでしょうね?

そうです。。。 きりも無く話が続いたのですよ。。。 気づいたら、もう吹上駅から行田市に向かう最終バスの時間が過ぎていた。。。 「金沢乃家」を出てから、僕もKさんも酒が飲めないので、さらにコーヒーショップに入ってダベッたあと、上野駅に着いたのが11時20分。。。 高崎線で吹上駅に着いたのが零時20分。。。

タクシーで帰ったのですか?

いや。。。 歩いて実家まで帰ったのです。

吹上駅から行田まで歩いたのですか?

そうです。。。 真夜中のルート66を歩いたのですよ。


(yoruway2.jpg)

なんでタクシーに乗らなかったのですか?

せっかく日本に帰省したのですよ。。。 ルート66の思い出を噛み締めながら、真夜中の散歩を楽しんだのです。。。 1時間かかりました。。。 (モナリザの微笑)

真夜中に県道を1時間かけて散歩するなんて考えられませんわァ~。。。

ルート66の思い出を懐かしく反芻(はんすう)しながら、時間が経つのを忘れましたよ。。。

ルート66の思い出

 


(r66.gif)


(r66c.jpg)


(r66d.jpg)

思い出しましたわ。。。 でも、ルート66ってぇ、ずいぶん昔にはやったアメリカのテレビ番組でしょう!?

そうです。。。


(r66cast2.jpg)

“ROUTE 66 THEME”

Route 66 TV Soundtrack

実際の番組から


(r66map2.gif)

国道66号線(U.S. Route 66)は、1926年に創設されたアメリカ合衆国の国道であった。
単にルート66(Route 66)とも呼ばれていた。
全長は3,755km(2,347マイル)。
イリノイ州シカゴとカリフォルニア州サンタモニカを結んでいた。 
国道66号線は大陸を横断する国道として、アメリカ合衆国南西部の経済・産業の発展に大きく寄与した。
人々はこの国道によって栄え、州間高速道路網の建設が進んでもなお、この国道を守るために立ちあがった。
20世紀中盤の映画や音楽などポップ・カルチャーの中にも多く登場し、多くの人々に愛された道であったことがうかがえる。

Route 66 Bike Ride

しかし、1985年、国道66号線は廃線となり、州間高速道路に取って代わられることになった。
現在では、旧国道66号線(Historic Route 66)として、
国指定景観街道(National Scenic Byway)に指定されている。

1946年、ジャズピアニスト・作曲家のボビー・トゥループは、自ら国道66号線を走ってカリフォルニアへ行き、
「ルート66」という楽曲を書き上げた。楽曲のタイトルはトゥループの最初の妻、シンシアが思いついた。
ナット・キング・コールの歌唱によりこの楽曲は大ヒットした。


(natcole2.jpg)

この後、この楽曲はジャズ・スタンダードの名曲としてローリング・ストーンズを含む数々のアーティストによって演奏される事になった。


(dianatrio.jpg)

Diana Krall Trio


(r66cheeta.jpg)

「ルート66」にちなんだテレビドラマも放送された。
中でも代表的なのは1960年から1964年にかけてCBS系列で放送された「ルート66」である。
ドラマ中、シボレー・コルベットに乗った2人の若者、トッド(Tod)とバズ(Buz)は冒険を求めてアメリカ中のハイウェイを走っていく。


(r66cast.jpg)

。。。で、実際 デンマンさんも このルート66を走ったのですか?

走りましたよ。 愛車のピントに乗って まずトロントからバンクーバーまでカナダの国道1号線を走ったのですよ。 


(pinto2.jpg)

それからロスアンジェルスまだ南下してルート66を走ってシカゴまで行き、そしてニューヨークへ行ったわけです。

ロングアイランドのヌーディスト・ビーチへ行ったのはその時のことですか?

あれっ。。。 小百合さんはよく知ってますねぇ。

だってぇ、次の記事を読みましたわ。


(cute0026.jpg)

『ニューヨークの混浴露天風呂』

。。。で、今日は これからロングアイランドのヌーディスト・ビーチへ行った時のことを話すのですか?

いや、違いますよう。 その話は 上の記事の中に書いたので、ヌーディスト・ビーチに興味のある人は上の記事を読んでもらえばいいのです。

あらっ。。。 デンマンさんのお母さんは奇跡的に生還しましたけれど、もしかして お母さんもルート66をデンマンさんと一緒に走ったのですか?

いや。。。 僕のお袋は海外に出かけたことが一度もないのですよ。

。。。ということは日本にもルート66があるということですか?

あれっ。。。 小百合さんは忘れてしまったのですか? かつて僕は日本のルート66について次の記事を書いたのですよ。


『忘れられない!』より
(2016年1月12日)

県道ルート66を歩きながら、アメリカのルート66を思い浮かべて楽しい散歩でした。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~♪~。。。

あたくしもデンマンさんが帰省している時に行田を訪ねたのですけれど、

県道ルート66号の思い出と言えば、「フライ焼きそばの店」に入って

行田名物のフライを食べたことでござ~♪~ますわァ~。。。

フライも美味しいのですけれど、あたくしの好物は“たまご麺”なのですわァ。

では、その作り方を あなたにも教えますわねぇ~。。。


(eggnoodle5.jpg)


(eggnoodle6.jpg)

。。。で、このようにしていただいたのでござ~ますわァ~。。。

とっても。。。、とっても、おいしかったのですわァ~。。。

でも、あたくしは、“たまご麺”だけでは物足りないのですのよ。

うふふふふふ。。。

それで、このあとで、具のたくさん入った“あんかけ焼きそば”をいただいたのでした。

あなたのために、作り方を教えますわねぇ~。。。


(joe306.jpg)

どうですか? 美味しそうでしょう?

でも、あたくしは これだけでは、まだ満足できませんのよォ~。。。

デザートに“たいやき”をいただくのでざ~♪~ますわァ。

うふふふふふふ。。。

最近では、餡に替わってクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものもでてきましたわ。

サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースやリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」もあらわれました。


(taiyaki5.jpg)

あなたも 好きなものを“たいやき”に詰めてみませんか?

お腹がすいてきたでしょう!?

でも、この記事を最後まで読んでから台所に走ってくださいね。

ところで、小百合さんがどうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』


(sayuri201.jpg)

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』

■ 『鬼怒川の洪水』

■ 『最後の焼きそばソース@パリ』

■ 『初めてのヌード』

■ 『感じていても分かってない』

■ 『おかえりなさい』

■ 『スープカレー@再会』

■ 『またカレー?』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)

日本は汚染される

2011年10月4日

  
日本は汚染される

件名:ワカメとシメジが入っている

味噌汁は「お袋の味」でした

きゃはははは。。。

♪┌(・。・)┘♪

日付: Tue, Oct 4, 2011 8:51 am
(日本時間)
差出人: “denman@coolmail.jp”
宛先: “sayuri@hotmail.com”
CC: “barclay1720@aol.com”

今日、火曜日(10月4日)行田は快晴ですよ。
これ以上素晴らしい秋晴れはないと思えるほどすっきりと晴れ渡った良い日です。
きゃはははは。。。
インターネットカフェ「自遊空間」は、つぶれていると思っていたのだけれど、やっていましたよ。
うれしい驚きでした。

今朝は5時50分に目が覚めてNHKの「おはよう日本」を見ながら朝食を食べました。
お袋が作っておいてくれたワカメとシメジが入っている味噌汁は「お袋の味」でした。
久しぶりに。。。つうかァー、1年ぶりに納豆を食べましたよ。
うまかった!

実家に戻っているのだという思いをしみじみと噛み締めながら朝ごはんを済ませたのでした。
それから散歩がてら、ゆっくりと自転車をこいで「自遊空間」へやって来たのです。

金曜日(9月30日)には1年ぶりに小百合に会えて、また10年若返ったような気がしますよ。
うしししし。。。
それにしても日本は大変ですよね。
東日本大震災と津波の被害、それに福島の原発問題。

ゆうべ鶴瓶の「家族で乾杯」を見たら、ちょうど宮城県の塩釜市で元プロ野球の佐々木選手と鶴瓶が被災者と再会しているエピソードを放送していました。
災害にもめげずに元気で明るく頑張っているのを見ると、ほっとさせられますね。

あの津波災害、それに原発事故はバンクーバーのカナダ人の友人たちもかなりの衝撃を受けていましたよ。
津波のYouTubeを見て僕のカナダ人の友人たちは誰もが衝撃を受けた様子で僕にいろいろと訪ねてきたものです。
他人事とは思えないというような表情を浮かべて心配していたものでした。

もちろん、僕の家族や親戚はほとんどが埼玉県に住んでいるから直接の被害は受けていなかったのだけれど。。。、
それでも、3.11の地震では天井から垂れている蛍光灯がすごく揺れたと言って、今でもお袋が驚きの表情を浮かべて話しますよ。

僕の直接の被害と言うならば、あの福島原発の放射線の汚染です。
行田に帰省した翌日の「おはよう日本」を見ていたら行田市の浄水場の残滓物が規定以上に汚染されていて捨てるに捨てられず青いビニールシートか何か被(かぶ)せられて一時保管されていましたよ。
放射線セシウムが雨水に含まれ、それが行田市の浄水場で飲み水にされる。
でも、その為に浄水された後に残った残滓物には規定以上の放射能が蓄積されている。

考えてみれば、つうかァー、厳密に言えば、行田市の飲料水も汚染されているわけですよ。
危険な基準値以下だから人体に及ぼす影響がないとニュースでは言っているけれど、
これだって、人体内にやがて蓄積されて、数十年すれば人体内に影響が出てくるのは明らかなことですよ。
僕はバンクーバーに戻るから行田市に長年住む人と比べれば放射線セシウムの影響は受けないだろうけれど、行田市に長年住む人には確実に放射線セシウムの影響が出てくる。

この問題はもっと深刻に考える必要があると僕は思いますね。
今後、日本に長年住む人はマジで深刻に考える必要がありますよ。
小百合さんだってそのうちの一人です。

叔母も、その重要性に気づいて心配していたけれど、
「でも、仕方がないわよねぇー」と諦めていました。
日本人の悪い面ですよ。
「仕方がない」「デモなんてしたって日本政府は動かない」「長いものには巻かれろ。。。諦めるしかない。。。」

カナダなら、アメリカなら、市民はもっと深刻に政府や東電に対して抗議しますよ。
ちょうど、ニューヨークで若者たちが、ごく最近、貧富の格差や経済の混乱に対してデモをかけたように。。。
ニューヨークのデモが全米に広がりを見せています!

日本の市民も、もっと草の根運動で政府の施策や態度に対して抗議行動をとるべきだと思いますね。

だいたい、原発などは危険きわまりない!
即刻、日本で稼動している原発をすべて廃止すべきです!

このような事を小百合さんに話したとて、どうせ「でも、仕方がないわよねぇ」と叔母と同様な答えが返ってくるでしょうね。
うへへへへへ。。。

僕も、1ヵ月後にはバンクーバーに戻るから、どうでもよいことなんだけれど、しかし、僕の家族は行田市でこれからも長年にわたって暮らしますからね。
だから、僕はブログでこの問題について考えてゆこうと思っていますよ。

不吉な話はこれぐらいにして。。。
とにかく、日本の自然は巣晴らしい。
この素晴らしい日本の自然を放射能で汚染して欲しくない!

放射能汚染がひどくなる前に、また「さきたま古墳公園」の休息パビリオンで小百合さんと一緒に“アイリッシュ・クリーム・コーヒー”を飲みましょうね!

すでに飲んで見ましたか?
小百合さんも懐かしいでしょう?!
今度はパビリオンの向かいにあるうどん屋で「田舎っぺうどん」を小百合さんと一緒にぜひ食べたいものです。

子供のことで小百合さんは、いろいろと頭を悩ませているようだけれど、たまには息抜きをするつもりで、癒しも兼ねて、のんびりと“アイリッシュ・クリーム・コーヒー”の味をを楽しんでね。
それに、思い出を作る愉快なプランも考えておいてね。
楽しみにしています。
じゃあね。。。

(V__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

デンマンさん。。。また自転車でインターネットカフェ「自遊空間」へ通っているのですか?

そうなのですよ。 毎日と言う訳にはゆかないけれど時間ができた時に散歩のつもりで、ゆっくりと自転車をこいで出かけるのですよ。

去年、もうつぶれるのではないかとデンマンさんは言ってましたわね?

小百合さんは、よく覚えていますねぇ~。。。

もちろんですわ。 デンマンさんとの落ち合い場所がインターネットカフェ「自遊空間」だったのですもの?

そうでしたか?

デンマンさんは忘れてしまったのですか?

言われてみれば確かにそうでしたよ。

デンマンさんは、かなりムカついて店長さんと電話で喧嘩したのでしょう!?

そんな事まで僕は言いましたか?

言いましたわよ。。。忘れはしませんわ。メールにも書いていたではありませんか!

Subj:小百合さん、おはよう!

栃木の田舎も紅葉が盛りだろうね。

きゃはははは…

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date:Wed, Nov 10, 2010 2:29 pm
Pacific Standard Time
日本時間:11月11日(木)午前7時29分

 

千代田町のインドカレーに旧吹上町のインドカレー。
小百合さんがカレーにハマっていたとは。。。?!
振り返れば栃木の「山の家」で僕の創作カレー(ラヴィオリカレー)を作ったことがあったよ!
あれは、もう2年前だね。
8Kg $5.99(500円)のロング・グレインの米をバンクーバーからわざわざ持って行ったものでした。
タイ米に似ているといって「旨いわ。カレーにすごく合うわね」と小百合さんは言ってた。食べ慣れた僕にとって、それ程旨いとは思わなかったけれど。。。

僕がわざわざ作ったので社交辞令かと思っていたけれど今年の10月に帰省した時に2度もインドカレーを食べたことを思えば、あの時のラヴィオリカレーを小百合さんはマジで旨いと思って食べたんだね。
きゃはははは。。。。

思い出を食べる軽井沢タリアセン夫人と食べたインドカレー。
あのでかい“ナン”を懐かしく思い出しています。

ところで旧吹上町の「印度市場」で昼食に印度カレーを食べる前に待ち合わせたインターネットカフェ「自遊空間」ではゴタゴタがあったのですよ!
あの店は全国展開しているネットカフェのチェーン店だという。
本社は東京にあるそうだ。
北海道にも同じ名前の店があるとか。。。
そもそも、この店を見つけたのはJR北鴻巣駅の近くに住んでいる叔母の家へ自転車をこいで行ったときだった。
県道ルート66から左に折れて国道17号をのんびりとこいで行ったら「印度市場」を左に見てから5分程こいだ所に4階建ての薄水色のビルが左側に建っていた。
国道に面しているビルの壁には“インターネット24時間”と書いてある。
しかし、“会員制”とは書いてない。

これまで、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロスアンゼルス、バンクーバー、上海、香港、。。。とネットカフェでパソコンを使ってきたけれど会員制のネットカフェなんて一つもお目にかからなかった。
だから、日本でも、会員などにならずにすぐに使えるものだと思った。
でも、残念ながら、そうではなかった。

自動車免許証も持たずに家を出たので身分証明書になるものがない。
実家に取りに戻ったら往復で一時間もかかる。
フロントの女の子に話しても埒(らち)が開かないので店長と話したいと言ったら、店長は店に居ない。
電話で呼び出してもらって、かなり執拗に説明したのだけれど店長は「規則だから会員手続きをしなければ使えません」と言う。

前日、小百合さんに電話して待ち合わせ場所に指定したものだから仕方なく、もう一度実家に戻ってパスポートと免許証を持参した。
合計2時間のロスタイム!

「栃木県からやって来られた藤島小百合さんですか?」
フロントの係員が初対面の小百合さんに向かって丁重に尋ねたのには、そのような経緯があったのですよ。
小百合さんに会費200円と最初の30分利用料金280円、合計480円を払わせるのは迷惑をかけるし、無駄なことだと思い事情を話して、小百合さんが来たら僕のブースまで係員に呼びに来てもらったのでした。

「どうして私のことを知っていたのかしら?」
午前中にやって来るお客は2,3人だったから小百合さんを見分けるのに時間がかからなかったのですよう。
それに小百合さんの容姿や容貌などを話していましたからね。。。
きゃはははは。。。

ところで、このメールは、今、バンクーバー市立図書館の無料のパソコンで書いてます。
無料で一日2時間まで使うことができます。
でも、記事を投稿するには不十分。
帰宅してからウェストエンドのコミュニティ・センターの分館で、もう一時間使えるように予約したばかりです。

小百合さんのパソコンはダウンして使えないんだったね。
最近、日本でも図書館で無料でネットを使えるようだから時間があるときにメールボックスを覗いてみてね。
じゃあね。


『不自遊空間』より
(2010年10月14日)

うん、うん、。うん。。。こんな事を書いていたんだねぇ。(微笑)

私は近くのインド人のお店でインドカレーを食べたのが懐かしいですわ。

あのねぇ~、インターネットカフェ「自遊空間」はつぶれてないけれど、本場カレー・レストランの「印度市場」はつぶれていましたよ。

もう、お店はないのですか?

ありません。 今ではオートバイやスクーターかなんかの店になっていますよ。 やっぱり日本は不景気なんだよね。 あのねぇ、午前7時から3時間がたったけれど、お客さんは禁煙席の20のブースには僕一人だけですよ。 これでよく1年間やってきたと不思議ですよ。

「自遊空間」はチェーン店だからでしょう?

そうかもねぇ~。。。独立のお店だとしたらつぶれていたでしょうね。 だから、多分、旧吹上店は確実に赤字だと思いますよ。 

それほどお客さんが少ないのですか?

びっくりするほど少ないですよ。 バンクーバー図書館のパソコンなどはいつ行っても満席ですよ。

只だからですわ。

もちろん無料だから人が集まるのだけれど。。。だからこそ料金を取って営業しているネットカフェは、ますますお客さんが来なくなると思いますよ。 行田市の図書館だってパソコンやネットが無料で使えますからね。

でも、30分。。。最高でも1時間まででしょう?

そうですよ。。。それだけあればたいてい十分でしょう!? それに、最近ではケイタイでもネットにアクセスできますよ。

つまり、ネットカフェの利用価値がなくなってきたのですわね!?

そうですよ。。。

でも、どうして、「自遊空間」は、つぶれずに営業を続けているのですか?

あのねぇ~、これは僕の個人的な意見なのだけれど、ついさっきトイレに行ったらDMM無料動画のパンフレットが目の前にたくさん置いてあった。

なんですの?・・・そのDMM無料動画って。。。?

アダルト映画が無料でダウンロードできるのですよ。 11000本のアダルト映画から好きなものを選んで観ることができる。 それをDVDーR やUSBメモリーに保存して家に持ち帰ることもできるのですよ。

要するにアダルト映画を無料で家に持ち帰るためにネットカフェへゆくのですか?

そういう人も居るようです。

そうかしら。。。?

あのねぇ~。。。会員制にしてある理由の一つは、年齢チェックのためではないか?。。。僕は、そう思って納得したのですよ。

つまり、DMM無料動画を目当てにお客さんがネットカフェ「自遊空間」へゆくのですか?

いや。。。もちろん、そればかりじゃないだろうけれど、パンフレットを読みながら、直感的にそう思ったのですよ。 いずれにしても、すでに4時間近くになるのに、僕の周りの20のブースにはお客さんは僕一人だけですよ。 まったく、これで店をやって行けるのか? 他人事ながら気になりますよ。

。。。で、汚染のことですけれど、水道水までが汚染されてるってマジですか?

いや。。。それは僕の個人的な意見ですよ。 でもねぇ~、報道を見ているだけでも、チェルノブイリの原発事故よりもひどいという点もあるのですよ。

具体的にどういうことですの?

今すぐにはここに詳しく書けないけれど、原発事故の重要な点が未だに隠されているような気がしているのですよ。

だから、具体的にどういう危険な事実が隠されているのですか?

これからちょっと調べてみますよ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
マジで危険な事実が隠されているのでござ~♪~ましょうか?
チェルノブイリの原発事故よりもひどいという点ってぇ、いったい何なのでしょうか?

とにかく、また、次回が面白くなりそうですわ。
あなたも、どうか読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

こんにちは。ジューンです。

チェルノブイリ原発事故は、

1986年4月26日に起きました。

後に決められた国際原子力

事象評価尺度 (INES) において

最悪のレベル7(深刻な事故)

に分類される事故です。

他にレベル7に分類される事故が

2011年の福島第一原発事故です。

ですから、福島第一原発事故は

大変な事故なのですね。

2000年4月26日の14周年追悼式典での発表によれば、

ロシアの事故処理従事者86万人中

5万5000人が既に死亡しているのです。

さらにウクライナ国内(人口約5000万人)の

国内被曝者総数342.7万人の内、

作業員は86.9%が病気に罹っています。

また、周辺住民の幼児・小児などの

甲状腺癌の発生が高くなっているのです。

IAEAの記録によると、

この事故による放射性物質の放出と

それに伴う汚染は広島に投下された

原爆による汚染の約400倍だそうです。

いずれにしても福島原発事故の影響は今後も

関心を持って見守ってゆく必要があると思いますわ。

あなただって、そう思うでしょう?

ところで、卑弥子さんが面白い記事をまとめました。

時間があったらぜひ読んでみてくださいね。

■ 『笑って幸せな気分になれるサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。