Posts Tagged ‘白人女性’

葛飾北斎と太田将宏

2016年11月25日

 

葛飾北斎と太田将宏

 


(hokusai08.jpg)


(fugaku02.jpg)


(hokusai22b.jpg)


(ozashiki3b.jpg)


(ozashiki1c.jpg)


(ohta03.png)

デンマンさん、 どういうわけで葛飾北斎とオイラを並べてタイトルにしたのですかァ~?


(kato3.gif)

オマエはうれしくないのォ~?

葛飾北斎のような有名人と並べてオイラの名前を出してもらって とってもうれしいです。。。

でも、オマエはうれしそうじゃないねぇ~。。。?

だってぇ~、急に呼び出されてオイラと葛飾北斎がタイトルに並んで出てきたのを見たら、うれしいどころかマジでビックリしてしまいますよう。。。 どういうわけで、オイラと葛飾北斎を並べたのですか?

だから、オマエを喜ばせようと思ったからだよ。。。

あのォ~、じゃあ マジでうれしがってもいいのですかァ~?

そうだよ。。。 僕はオマエを喜ばせたいのだよ。。。 だから、充分に喜んでもいいのだよ!

わかりました。。。 それでは、遅ればせながらスキップして喜びたいと思いますゥ。


(smilerol.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

やっぱり“仏のデンマンさん”です!

日本では、相手にされなかったオイラを

デンマンさんは優しく相手にしてくれて

葛飾北斎と並べてオイラの名前を

タイトルに書いてくれました!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

スキップして喜んでしまおう!


(smilejp.gif)

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

も一つおまけに

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

しかも、こうしてデンマンさんの記事に

取り上げられると世界の123ヵ国の

ネット市民の皆様に読まれて

オイラは、ますます世界的に

有名になれるのですゥ。

 

海外からのアクセス

 


(wp61122map.png)


(wp61122.png)

『レモンと孤独な老人』@Denman Blog

 

こうなったら、どんなに馬鹿にされようとも

スキップして喜びたいと思います。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

も一つおまけに

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(smilejp.gif)

オイ!。。。 オイ!。。。 太田将宏!。。。 もうそのへんでスキップして喜ぶのを止めておけよ!。。。 それ以上スキップして喜ぶと、オマエはマジで馬鹿だと思われてしまうから。。。

だってぇ~、デンマンさんがオイラを喜ばせようとしたから、オイラは素直に喜んだのですよ。。。 いけませんかァ?

あのさァ~、僕は半分冗談で言ったのだよ。。。 本気にして喜んだら、この記事を読んでいるネット市民の皆様は、オマエのオツムのネジが かなり緩んでいると思ってしまうのだよ。。。

分かりました。。。 ところで、そもそも、どういうわけで葛飾北斎を持ち出してきたのですかァ~?

その質問に答えるには、まず 次の小文を読んで欲しいのだよ。

富嶽百景


(fugaku03.jpg)

3巻からなる絵本で、初編天保5年(1834年)刊行、二編は天保6年(1835年)、三編は刊行年不明(かなり遅れたらしい)。

75歳のときが初版(北斎改為一筆)。

富士山を画題に102図を描いたスケッチ集であるが、当時の風物や人々の営みを巧みに交えたもの。

しかし、広く世に知られているのはこの作品よりもむしろ、尋常ならざる図画への意欲を著した跋文(後書き)である。


(hokusai09.jpg)

己 六才より物の形状を写の癖ありて

半百の此より数々画図を顕すといえども

七十年前画く所は実に取るに足るものなし

七十三才にして稍(やや)禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり

故に八十六才にしては益々進み

九十才にして猶(なお)其(その)奥意を極め

一百歳にして正に神妙ならんか

百有十歳にしては一点一格にして生るがごとくならん

願わくは長寿の君子

予言の妄ならざるを見たまふべし

私は6歳より物の形状を写し取る癖があり、
50歳の頃から数々の図画を表した。
とは言え、70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。
(そのような私であるが、)73歳になってさまざまな生き物や
草木の生まれと造りをいくらかは知ることができた。

ゆえに、86歳になればますます腕は上達し、
90歳ともなると奥義を極め、

100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。
(そして、)100歳を超えて描く一点は
一つの命を得たかのように生きたものとなろう。

長寿の神には、このような私の言葉が
世迷い言などではないことをご覧いただきたく願いたいものだ。


出典: 「葛飾北斎」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この上の北斎の言葉がどうだと言うのですか?

オマエは葛飾北斎と比べると孤独で悲しい老人に成り果ててしまったのだよ。。。 しかも、決定的に北斎と違うのは、人生に対して極めて消極的になってしまったということだよ。

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ。。。 オマエが書いた次の文章を読んで欲しい。。。

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

つまり、オマエは次のように書いている。 「長女は、私から去った。 次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。 家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。」 オマエは家族に見放されて孤立した老人になってしまったのだよ。。。

いけませんかァ~?

オマエの人生だから、どのように生きるのも結構だけれど、せっかくオマエと葛飾北斎を並べてタイトルにしたのだよ。。。 孤立して孤独で寂しく、死神に感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておく前に、もう少し北斎を見習って積極的に生きたらどうなのォ~?

やっぱり、北斎を見習うべきでしょうか?

だってぇ、オマエは老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃であるという心境なのだよ。。。 そうだろう?

そうです。。。

確かに、現在のオマエは失うべき何ものも無くなった真の老人なのだよ。。。 だけど、オマエはすぐに死ぬ気はないのだろう?

“憎まれ者世にはばかる!”と、昔の人は言いましたから、たぶん、オイラはまだこの世にのさばって 長生きすると思いますゥ。。。 うしししししし。。。

。。。だろう? そうだとしたら、北斎のように100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。 (そして、)100歳を超えて クラシックについて書く著作は一つの命を得たかのように生きたものとなろうという信念を持ったらどうなのォ~?

デンマンさんは。。。、デンマンさんは。。。、オイラを激励するために わざわざ呼び出してくれたのですか?

いや。。。 それだけじゃないのだよ。。。

あれっ。。。 まだオイラを喜ばせることを言うのですか?

そうだよ。。。 その前に、オマエが去年の12月4日に僕のGOOのブログに書いた 次のコメントを読んで欲しい!

Identity theft をした

デンマンこと加藤明さんについて

コメント記入者: A. I.

2015-12-04 07:11:02

皆様、デンマンこと加藤明さんは以下のような侮蔑笑いをされるような
幼稚な私に応答を返しましたが、如何でしょうか。

A.I.と名乗る愚か者よ!
オマエのIPアドレスは次の通り!

72.140.219.150

ホスト名:
CPE9cd643cf296b-CM0018680ddd68.cpe.net.cable.rogers.com

IPアドレス割当国カナダ: ( ca )

Locator を使って調べると Scarborough と出てくる!
つまり、このような迷惑コメントを書きこむ愚か者で
しかも Scarborough に住んでいる馬鹿者は太田将宏しかいないのだよ!(爆笑)


(oht40918.png)

『拡大する』

オマエ、自分の娘にまで絶交を喰らって寂しいんだろう!?
寂しまぎれに、このような嫌がらせのコメントを書く!
オマエ、ますます家族の者にも嫌われ、孤独を深めてゆくのだなア! 
ばか者! アホ! ボケ!

オマエは改心して まともな人間になっていると思っていたら、
相変わらず孤独な老人のママなんだなア!
オマエ、あの世に逝く前に家族の者にも好かれる真面目な人間いなれよ!
いいな! わかったあああァ~?
じゃあ、いい子だから お利口にするんだよ!じゃあなァ~。。。 
バイバ~♪~イ!

オマエが 相変わらずの孤独な老人だということが判って
僕は、なんだかほっとしているよ!
ギャハハハハハハ。。。


(laugh16.gif)

これは一例でしたが、デンマンこと加藤明さんは、この程度の文しか書けないのですね。
いえ、これは典型的なゴロツキの文ではないですか。

まず、私は、太田さんではありません。
デンマンこと加藤明さんは自分の軽薄な類推や想像、空想をやめることができないのですね。
彼は、私たちのcommentsなんぞは誰も読みやしない、などと息巻いていましたが、では何故commentの fieldなんぞを用意したのでしょうか。

いえ、それ以前に、デンマンこと加藤明さんのwebsitesそのものに入った人自身があまりにもの下らなさに辟易して数秒で出てしまうからではないでしょうか。
それは、デンマンこと加藤明さんに自責の念と共に反省の可能性を差上げようとしているような奇特な私たちのcomments以外が殆ど見当たらないことが証明していませんか。

デンマンこと加藤明さんは太田さんの家族のことをあれこれ中傷していますが、余計なお世話という以上に、いえ、以前に、とりわけ娘さんたちのことを事更に如何にも曲解、歪曲して下卑た文で書かれているか、それは彼が引合いに出してゲスの勘繰りをした太田さん自身の著作、<<あれかこれか>>を直接読まれるならば、推察、了解されるのではないでしょうか。

デンマンこと加藤明さんこそが、「孤独な老人」ではないですか。
I. A.も言ったように、白人女性の裸の写真がpin-upされたbachelor用のapartment/condominium のなかで、猥雑卑猥な文や煽情的な絵が満載されたwebsitesを書きながら、一人自慰にふけっているのは、一体、何処の老人の方なのでしょうか。


(bikini08.gif)

また、例えば「ばか者! アホ! ボケ!……ギャハハハハハハ」、などとは低能まるだしの駄文そのものではないですか。


(laughx.gif)

これでもまた、I. A.も言ったように、デンマンこと加藤明さんなどを相手にしていると、自分自身が汚されるような嫌悪感におそわれるのですね。
それで、太田さんのみでなく、私たち三人も当分の間はデンマンこと加藤明さんを相手にしないことに致しますが。

A. I.


『親愛なる将宏ちゃんへ』のコメント欄より
(2006年12月28日)

『レモンと孤独な老人』に掲載
(2016年1月26日)

オマエは A. I.に成りすましてコメントを書いたのだけれど、オマエが書いたということは世界的に知れ渡っているのだよ!

やっぱり、オイラが書いたということがバレているのですか?

当たり前だろう! オマエが他人に成りすましても、IPアドレスを調べると オマエが使っているパソコンのIPアドレスと いつも同じなのだよ!

それで、上のコメントがどうだと言うのですか?

あのさァ~、オマエは上のコメントで次のように書いているのだよ!

白人女性の裸の写真がpin-upされた

bachelor用のapartment/condominium のなかで、

猥雑卑猥な文や煽情的な絵が満載された

websitesを書きながら、

一人自慰にふけっているのは、

一体、何処の老人の方なのでしょうか。


(june500.jpg)


(peel01.jpg)

上の2つの写真は猥雑卑猥で煽情的な絵だと思います。

オマエは、多少クラシックについて知識を持ち合わせているけれど、芸術一般については全くと言うほど理解することができないんだねぇ~。。。

その証拠でもあるのですか?

上の2枚の写真が猥雑卑猥で煽情的な絵だと言うオマエの独断と偏見が、まさしく美術についての理解力が欠如しているということを物語っているのだよ! ちょっと次の小文を読んで欲しい。

映画『北斎漫画』


(hokusai23.jpg)

富士映画(のち、松竹富士)による昭和56年(1981年)製作の日本映画。

矢代静一原作の戯曲『北斎漫画』を映画化した作品。

春画の大家としても知られる北斎とその娘・お栄(応為)の生涯と、刎頸の友・曲亭馬琴との交流を描いている。

監督・脚本:新藤兼人。
演者:緒形拳(鉄蔵〈葛飾北斎〉役)、
西田敏行(左七〈曲亭馬琴〉役)、
田中裕子(お栄〈北斎の娘・応為〉役)、
樋口可南子(お直、春画「蛸と海女」の海女のモデル役)。


(tako05b.jpg)

   春画「蛸と海女」


出典: 「葛飾北斎」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

葛飾北斎は日本を代表する素晴らしい芸術家の一人なのだよ! だから映画にもなっている。。。 おまえだってぇ葛飾北斎の名前ぐらい知っているだろう?

もちろん知ってますよ。。。

その葛飾北斎は、有名な春画「蛸と海女」という作品を残している!

オイラは、この作品も猥雑卑猥で煽情的な絵だと思います。

だから、オマエの芸術に対する理解力がないと僕は言うのだよ!

だってぇ~、上の絵は春画ですよゥ。。。 青少年の純粋な心を毒するものです。

あのさァ~、オマエは僕よりも浦島太郎になっていると思うのだけれど、最近の日本の青少年の心はすでに毒されているのだよ! テレビのニュースを見ればわかるように、人の命など蚊やハエのように つまらないものだと思い込んでいる。。。 だから、すぐに人を殺したら、自殺してしまう。。。 もし、毒された心を持ている青少年が、葛飾北斎の浮世絵や漫画や春画を見れば、生きるということは本当に巣晴らしいという事実に気づくのだよ。。。 それこそ、美術や音楽が秘めている“芸術力”というものだよ!

そうでしょうか?

オマエは多少のクラシックの知識を持っているけれど、芸術というものを本当には理解していない! だから、オマエは、「(死神に)感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう」と恥ずかしげもなく書いてしまうのだよ!

やっぱり、真の老人になって死に急ぐのはまずいのでしょうか?

だから、僕はオマエを呼び出して、葛飾北斎の“老人力”を示したのだよ。。。

デンマンさんは、オイラにも長生きして世界の有名人としてネットで広く知れ渡ることを期待しているのですか?

その通りだよ!


(smilerol.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

やっぱり“仏のデンマンさん”です!

日本では、相手にされなかったオイラを

デンマンさんは優しく相手にしてくれて

貴重な助言までしてくださるのでした!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

スキップして喜んでしまおう!


(smilejp.gif)

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

も一つおまけに

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、

また手のひらを返したように

忘れた頃になって

他人に成りすまして

僕の記事にコメントを書きますよ。

とにかく、この男は

境界性人格障害の他にも

多重人格障害を患っているようです。

更に躁鬱病も患っているので、

ウツの状態の時には、

かなり落ち込んでしまうのですよ。

そうなると、また 悲観して

以前の状態に戻ってしまいます。

でも、仕方ないから、この孤独な男を

真人間にするために

付き合うことにします。

他に誰も相手にしないのですから。。。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。
でも、娘さんは、二人とも カナダで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri02.jpg)

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』


(hooker08.gif)

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』


(satomi02.jpg)

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

白人女性志向

2013年3月12日

 
  
白人女性志向
 

あらっ。。。 デンマンさんはダイアンさんとわたしを登場させて、またおばさんパンツの話題ですか?

僕のブログにやって来るネット市民の皆様方は、おばさんパンツには飽き飽きしていると思いますよ。

どうして、そうだと分かるのですか?

ちょっと僕のTWILOGのブログを見てくださいよ。


(twi30311u.gif)

『実際のページ』

ハッシュタグ(hashtag)で一番多いのが #おばさんパンツ なのですよ。

上のリストは、ハッシュタグの #おばさんパンツ を付けてデンマンさんが呟(つぶや)いた記事のタイトルをすべてリストアップしたものですか?

そうです。 上のリンクをクリックして ハッシュタグ(hashtag)の 「#おばさんパンツ」 をクリックすると上のリストを見ることができます。 つまり、僕のブログでは「おばさんパンツ」の記事が多いのですよ。

それで常連さんの中には、おばさんパンツの記事は、もう見飽きていると苦情を言っている人もいるのですか?

そういう苦情をコメントに書いた人は居ないけれど、おそらく飽き飽きしている人がかなり居ると思いますよ。 

。。。で、今日はネット市民の男性たちが日本女性じゃなく白人女性を求めているというお話ですか?

いけませんか?

つまり、デンマンさんは日本女性よりも白人の女の子の方がいいのですか?

いや。。。 僕は日本女性が白人女性に対して見劣りがすると言うつもりはありません。

でも、タイトルは「白人女性志向」になっていますわよ。

でも、これは僕が言っているわけではありません。

どなたが言っているのですか?

ネット市民の皆様の一部で、そのように思い込んでいる人たちがいるのですよ。

その証拠でもあるのですか?

もちろんですよ。 たまたま3月8日の足跡(ペタ)の記録を調べていたら次のようなリストをゲットしたのです。 見てください。


(ame30308w.gif)

あらっ。。。 3月8日にアメブロのデンマンさんのブログを見た人の中で、「だい@白人女性と恋愛するため」さんという人が足跡を残していったのですか?

そうですよ。

。。。で、デンマンさんはその人のブログへ行ってきたのですか?

もちろん。。。 「百聞は一見に如かず」ですからね。。。 一体どのようなブログなのか? 見てきましたよ。 その時、ソフトカメラで撮っておいたから、そのスクリーンショットをこの記事でも表示できるように編集したものをここに貼り出します。 ジューンさんもじっくりと見てください。


(ame30308w2.gif)

あらっ。。。 「白人女性と付き合ってきた男が語る、白人女性、外国人女性と付き合う方法!」と書いてあるではありませんか!

その通りですよ。

これってぇ~、もしかしてデンマンさんが立ち上げたブログではないのですか!?

やだなあああァ~、どうして僕がこのような“白人女性かぶれ”のブログを立ち上げなければならないのですか?

だってぇ~、デンマンさんは次のような記事を書いていたではありませんか!

『床上手な女性を見分ける7つの方法』

デンマンさんは上の記事が日本語が解る世界のネット市民の皆様にダントツで読まれていると自慢していたではありませんか!


(wp30116a.gif)
 
 
海外からのアクセス
 
 

(wp30222map.gif)


(wp30222.gif)

つまり、今度は『白人女性と恋愛するため7つの方法』を書いて海外からの読者を増やすために上のサイトを立ち上げたとジューンさんは言うのですか?

そうじゃないのですか?

違いますよう。 んもおォ~♪~! どうして僕が『白人女性と恋愛するため7つの方法』を書かなければならないのですか?

だってぇ~、『床上手な女性を見分ける7つの方法』を書いたではありませんか!

あのねぇ~、『床上手な女性を見分ける7つの方法』は確かにずいぶんと読まれているのですよ。 でもねぇ~、単純にアクセス数を増やしたり、読者を獲得するために記事を書くというのは僕のスタイルではないのですよ。

でも、『床上手な女性を見分ける7つの方法』というのは、まさにアクセス数を増やしたり、読者を獲得するためにデンマンさんは書いたのでしょう?

やだなあああァ~。。。 違いますよう。 たまたまAOLの英語の記事の中に同じようなタイトルがあったのですよ。 それで、その英語の記事を日本語で紹介したのが『床上手な女性を見分ける7つの方法』なのですよ。 僕はアクセス数を増やしたり、読者を獲得するために書いたのではないのですよ。 僕自身が面白いと思ったので書いたのです。

だったら、『白人女性と恋愛するための7つの方法』も面白そうではありませんか!

あのねぇ~、特に「白人女性」と拘っているところが僕には気に喰わないのですよ。 どうして「白人女性」を特別扱いするのですか? ジューンさんは、そのようなタイトルを見るとムカつきませんか?

どうして。。。?

やだなあああァ~。。。 リバース・ディスクリミネーション(Reverse Discrimination)じゃありませんかァ~!

ちょっと違うと思いますわァ。

とにかく、上のサイトは僕が立ち上げたものではないのですよ。 ジューンさんは、僕がわざわざ自作自演して、この記事を書いていると思っているのですか?

だってぇ~、デンマンさんならばやりそうですわ。 うふふふふふ。。。

うふふふふじゃありませんよ! 僕は、そのようなこすい事は絶対にしませんよう!

あらっ。。。 そんなにムキにならなくてもいいじゃありませんかァ。

あのねぇ~、僕がジューンさんの立場なら、上のようなサイトを見たらムカつくと思うのだけれど。。。

どうしてですかァ。。。?

だってぇ~、なんだか白人女性の恋愛相手を紹介しているような、いかがわしい感じがしていると思いませんか?

思いませんわ。

ジューンさんは意外と素直に何でも信じてしまうようなところがありますね。 ちょっと次のエピソードを読んでみてくださいよ。


(manila109.jpg)

首都圏マカティ市から乗り合いタクシーに乗って約40分。
幹線道路沿いで降りて住宅地のゲートを通過し、数百メートル行くと、観葉植物で彩られた古びた一軒家にたどり着く。
電気や水道は通っていない。
榎本はそこでチンさんの友達のフィリピン人女性に水浴びや下の世話などをしてもらい、歩行練習をしつつ半分寝たきりの生活を送っていた。
所持金ゼロという状況は相変わらずだった。
チンさんは毎月この友達の女性に6000ペソ(約1万2000円)程度を渡しているのだという。
榎本の糖尿病と高血圧の薬代はその予算から捻出していた。
チンさんはその一軒家の近くに住んでおり、週1回のペースで榎本の様子を見に来ていた。

「最初に障害者施設で榎本さんを見たとき、経済的に発展して何でもそろっている日本から来た男性がどうしてこんなところにいるのかと思った。
日本大使館は何も支援をしていないのだと感じた。
私は2008年に観光で東京を訪れたことがあるけれど、日本がどれだけ経済的に発展しているかはこの目で見て知っている。
国民は税金を払い、政府は十分機能しているのに、なぜ自国民を守ることができないんだろう」

初めてチンさんに会った時、そう私に語った。
名門のフィリピン大学卒のためか、米国訛りの流暢な英語を話す。
自身はキリスト教関係の団体で貧困層に対する食糧支援などのボランティアを続けており、困った人を助けるのは自然なことなのだという。

私は榎本さんを日本人としてではなく、一人の人間として見ています。
日本人だって貧困になり得ることが分かったし。
国籍に関係なく、援助を必要としている人はいる。
施設の担当者が榎本さんを追い出すと話していたので、私が引き取ると申し出ました。
それにしても大使館の対応には失望しました。
リッチな日本政府が手助けできないなんて、私にとっては不正義に値することです」

この言葉を真に受ければ、チンさんという人はとんでもなく立派な人間だ。
なぜ榎本を、しかも見ず知らずの日本人を世話するのかについては何度も尋ねても、
「小さい頃から支援活動に携わっていたから」
「困っている人を助けるのは自然なこと」
と答えるだけで、このフィリピン人気質はもはや私の理解の範囲を完全に超えていた。
理屈では解明できない精神が宿っている。
やはりこれも「隣人を愛する」という聖書の教えに基づいているのか。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


218-220ページ
『日本を捨てた男たち』
著者: 水谷竹秀 
2012年1月31日 第4刷発行
発行所: 株式会社 集英社

上のエピソードは『白人女性と恋愛するため7つの方法』とは関係ないと思いますわ。

関係ありますよ。 日本を捨てた男が現在マニラで生活に困っている。 それをチンさんというフィリピン女性は「隣人愛の精神」で手を差し伸べて生活の手助けをしている。 そのチンさんが「私は榎本さんを日本人としてではなく、一人の人間として見ています」と言っている。

つまり、白人だとか、黒人だとか、黄色人とか。。。 そういう事にこだわるべきじゃないとデンマンさんは思うのですか?

その通りですよ。 だいたい、海外で人生の半分以上を過ごしていれば、人間はチンさんのような考え方になってゆくものですよ。

デンマンさんもチンさんの考え方に共鳴するのですか?

もちろんですよ。 だから、『白人女性と恋愛するための7つの方法』なんていうタイトルを見ると、この男の海外経験がたいしたものではないと思えるのですよ。 せいぜい3年から5年の経験でしょう。 その程度だから『白人女性と恋愛するための7つの方法』という発想になるのですよ。

つまり、人生の半分以上を海外で生活していると、『床上手な白人女性を見分ける7つの方法』ではなくて『床上手な女性を見分ける7つの方法』という発想になるとデンマンさんは言うのですか?

そのとおりですよ! 白人だとか、黒人だとか、黄色人とか。。。 そういう事にこだわらなくなるのですよ!

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
つまり、白人女性に拘る男性というのは田舎根性が抜けきらないとデンマンさんは言おうとしているのですわよ!
あなたは、どう思われますか?
異論があったら、ぜひこの記事にコメントを書いてくださいましね。
デンマンさんが必ずや丁寧に返信を書くと思いますから。。。

とにかく、あたくしのかおばさんパンツ姿も白人女性に劣らず素晴らしいと思うのでござ~♪~ますわ。

いかがでござ~ますか?

ええっ。。。? ちょっとどぎついポーズなのでござ~ますか?

そのようなことはござ~ませんわよう。
けっこう、イケてると思うのでござ~ますう。
うふふふふふ。。。

とにかく、ジューンさんの面白いお話がたくさんありますわ。
どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


『エロスのバンクーバー』

『世界を駆け巡る日本人』


(june501.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』


(june913.jpg)

『国際化と英語』

『肥後ずいきと国際化』

『おばさんパンツを旅する』

『カウチポテト』

『やらしくさわるの?』


(newyear13b.jpg)

『下つき肥後ずいき』

『元旦の足跡』

『ジューンさんお呼びですよ』

『おばさんの下着姿』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)