Posts Tagged ‘生きる’

やる気があれば道は開ける

2015年4月13日

 

やる気があれば道は開ける

 


(lookanim.gif)


(digger1.gif)


(bipedal.gif)


(wondergal.png)

(foolw.gif)

Where there is a will, there is a way.

FROM: barclay1720@aol.com
TO: mayumi2525@yahoo.co.jp
Tues., April 7, 2015 11:06 PM

日曜日の夜から、自宅のパソコンがネットにつながらなくなってしまったのですよ。
だから、Easter Monday には図書館が休みだったので
記事が投稿できなかったのです。

毎日欠かさずに 2つの記事を投稿すると決めて かれこれ10年になります。
でも、これまでに 自宅のパソコンが全く使えなくなったこともあったのです。
半年ぐらい使えなくなったことが3度ぐらいありました。

その期間、祝日でバンクーバー市立中央図書館が休みの時には、記事が投稿できませんでした。

去年の11月に日本から帰ってきてから、また使えるようになったのです。


(pasocon09.jpg)

“機械疲労”だと思うのですよ。 (苦笑)

やはり、毎日 電源を入れっぱなしでパソコンを使っていると、
パソコンの部品も疲れてくるのでしょうね。

1ヶ月から、時には半年ぐらい休ませると、不思議なことにまた使えるようになるのですよ。
信じられないような事が起こるのです。
そういう事が、この10年に 3度ほどあったのです。

新しいパソコンは買わないことに決めたのです。

なぜ?

3年するとまた新しいモデルが出ますからね。
また、OS も新しいものが出てきます。

マイクロソフトの XP が80%ぐらいのシェアを占めていたのに、
現在では XP は マイクロソフトがサポートしてません。
だから、図書館のシステムも XP から Window 7 に OS を変えてしまいました。


(xp01.jpg)


(down11.gif)


(window7.jpg)

それに、自宅でパソコンを使って“仕事”をすると、
パソコンにかじりっぱなしになって、運動をしなくなります。
健康によくないですよね。

とにかく、健康のためにも、経済的にも 図書館のパソコンを使った方がよいのですよ。
タダとは言え、市民が納めている税金で 運営されているのだから、
図書館のパソコンを使わないと損ですよね。

そういう訳で、今夜もパソコンでメールを出せないと思ったので、
閉館前に、真由美ちゃんにメールを出したのです。


(ramen75.jpg)

自宅に戻って、野菜をたくさん入れたラーメンで夕食を済ませてから、
パソコンを起動したのです。
駄目だと思ったけれど、どういうわけか、ネットにつながるようになりました。

つまり、ネットにつながらないと思って 諦めてしまって、
新しいパソコンを買うことも選択肢としてはありますよね。
でも、僕は、買わないと決めているから、
自宅のパソコンがネットにつながるように、
何とか試してみる以外にないのですよ。

過去に、半年間も使えなかったパソコンが動くようになったことが3度もあったから、
僕は、経験で、何度か試していれば、動くにちがいないという信念があります。

それに、自宅のパソコンが使えなくても、図書館に行けば使えるわけです。
何が言いたいかというと、次の諺ですよ。


(digger1.gif)

Where there is a will,

there is a way.

“やる気があれば、

道は開(ひら)ける!”

新しいパソコンは買わないと決めて、ネットにつながらなくなっても、
決して諦めずに、試していれば、つながることもあるということです。

諦めてしまったら、それまでなのですよね。
ネットにまたアクセスできるようになるかも知れないのに、
諦めてしまったら、パソコンはホコリをかぶって見捨てられるだけです。

現在の真由美ちゃんにも、上の諺は当てはまるのですよ。
もう仕事が決まらない、と諦めて、日本へ帰ってしまったら、
仕事が見つかるかもしれないのに、
もう その可能性は絶対にないのです。

カーネギーセンターでボランティアの仕事ができるようになったのも、
もちろん、Vinito が居なかったら、 
真由美ちゃんがカーネギーセンターへ行くことはなかったでしょう!


(vinito02.jpg)

しかし、真由美ちゃんが貼り紙を見つけて、
担当者に連絡して 「ボランティアで働かせてください」、と伝えなかったら、
仕事をさせてもらうことはなかったでしょう!

つまり、真由美ちゃんの“やる気”があったからこそ 可能になったことなのですよ。
だから、Vinito も、そのニュースを聞いたときに、
まさか 真由美ちゃんが一人で 担当者に連絡して
仕事にありついたとは思わなかったのですよね。
真由美ちゃんの英語力では無理だろうと彼女も思っていたのですよ。

要するに “やる気”があれば、道は開けるのです。
でも、お金のこと。。。 英語力のこと。。。 
Kitsilanoのお店が去年の8月から始めたばかりで、
オーナーは良い人かも知れないけれど、
まだオーナーとしての経験が乏しいこと。。。
それでは、スポンサーになってくれても ビザは取れないのではないだろうか?

そういうことを、いろいろと考えると、真由美ちゃんは弱気になってしまって、
もう、日本へ帰った方がいいのではないだろうか?
真由美ちゃんが そう思うのも ごく自然な思考の流れです。

でも、改めて、上の諺をもう一度考えてみてください。
真由美ちゃんの、幸運(カーネギーセンターでの仕事)は、
結局は自分で掴(つか)んだものなのですよ。


(carnegie01.jpg)

“やる気”があったからこそ 掴む事ができたのです。
しかし、真由美ちゃんの英語力を考えて Vinito はビックリしたのです。

つまり、真由美ちゃんも、できる限りの努力をしてきたのです。
それは、僕も見ていますよ。

あんまり考えすぎるのも良くないけれど、
ノイローゼにならない程度に、もう一度 考えてみてね。

では、今夜は、なるべく早めに寝て疲れを取ってください。
何度も言うけれど、健康が第一です!
病気で寝たきりになったら、何もできないのだから。。。

じゃあ、おやすみ。。。


(denman01.gif)


移住ビザをゲットするのに スポンサーになってくれる雇い主が これから見つかるでしょうか?

もちろん、確実に見つかるという保証はないですよ。 ボランティアの仕事だってぇ、ずいぶんと難しかったのだから。。。 覚えているでしょう!?


(foolw.gif)

結局、インタビューが決め手になるでしょう。


(ivniew02.jpg)

FROM: barclay1720@aol.com
TO: mayumi2525@yahoo.co.jp
Monday, March 23, 2015 10:26PM

Union Gospel Missionでのインタビューが駄目だったら、ひとまず日本へ帰った方が良いかもしれません。
出直す時だと思います。

とにかく、それまで時間があるから、インタビューの練習に励んでね。

今日は、5時にリンゴを食べながら休憩するために、下に降りて行ったら、
Vinito に会いました。


(vinito02.jpg)


(oppen02.jpg)

明日、真由美ちゃんと一緒に Oppenheimer Park に行って 日本人の女性に会いに行くのだと言ってました。
彼女は話し好きだから、20分ぐらい話込みましたよ。
いつまででも、話し続けるようなので、“トイレに行くので、これで失礼”と言って、また図書館に戻りました。

Union Gospel Mission で ボランティアとして働けるようになれば、
カナダで働いた経験になるし また あらたな可能性が広がると思います。

とにかく、気持ちが滅入りそうになったら、一つでも、2つでも、Yukon や NorthWest Territories や 北のリゾート地の求人募集に応募して、インタビューにこぎつけるように頑張ってみてください。

毎日、http://vancouver.craigslist.ca を見ていれば、そのうち、良い求人募集が出てくるかも。。。

じゃあ、今夜は、嫌な事も忘れ、心配事も、オツムからはずして、
ぐっすり眠って、明日の朝は すっきりと目覚めてね。
じゃあ、おやすみ。。。


(denman01.gif)

ええ。。。 このメールならば よく覚えていますわ。

Union Gospel Missionでの ボランティアの仕事に就くには まず Orientation に参加しなければならないのだけれど、参加するためには Waiting List に名前を登録して順番を待たねばならないのですよ。 しかも、5月にならないと空きがないほど順番待ちの人がいる。

そうなのですわ。。。 だから、私は 半分諦めかけていたのです。

。。。でしょう?

でも、幸運にも Vinito と出会うことができた。

そうでした。 デンマンさんのメールに書いてあるように 翌日、3月24日に Vinito と一緒にOppenheimer Park に行ったのですわ。


(oppen02.jpg)

公園の中にある集会所で女性グループの談話会に出席したのですけれど、残念ながら予定が変更になったらしくて 日系カナダ人の女性のオーガナイザーに会うことができなかったのです。 それで、時間があったので、近くのUnion Gospel Missionへ食事をしに行ったのです。


(gospel02.jpg)


(gospel03.jpg)

無料の食事を試しに食べに行ったわけぇ~。。。?

そうです。。。 ところが ちょうど昼食と夕食の間の時間帯だったので、閉まっていて、それでVinito が「じゃあ、この近くに安くて旨いカフェテリアがあるので、そこへ行こうよ」ということになったのです。 それがカーネギー・センターだったのです。


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)

このカーネギー・センターのカフェテリアで軽い食事をしたのです。 確かに、Vinitoが言ったように 安くておいしかったですわァ。


(carnegie04.jpg)


(carnegie03.jpg)

このカレーのパスタが 1ドル25セントです。 日本円で約100円ですわァ。

それはメチャ安いねぇ~。。。 普通の食堂で食べたら、少なくとも3ドル50セントから4ドルはするよねぇ~。。。

そうですわ。。。 それで、食べながら、周りを見回したら カフェテリアの壁に「ボランティア募集」の貼紙がしてあったのです。

それで担当者に話をしたわけぇ~。。。?

いえ。。。 その日は電話番号をメモしただけでしたけれど、翌日電話したら、3月29日の日曜日に担当者のおばさんと会うことができて、私の下手な英語でしたけれど、これまでの事情を説明したら何とかボランティアで働くことができるようになったのです。

それはラッキーだったねぇ~。。。 と言うか、これまでの真由美ちゃんの努力が実ったのですよう。。。 あのねぇ~、真由美ちゃんは、努力して英会話の勉強もしているけれど、性格的にと言うか。。。 真由美ちゃんの表情には、人の心を穏やかにして、惹きつけるものがあるのですよ。 だから、英語のしゃべれないオジサンも、真由美ちゃんが“今日は いい天気ですね”と声をかけたら、うきうきしてきて、わざわざバッグからキャラメルを出して真由美ちゃんにあげたのですよ。

そうでしょうか?

そうですよ。。。 だからカーネギー・センターの担当者のオバサンも、真由美ちゃんのこれまでの話を聞いて、同情したというか? 真由美ちゃんの人柄(ひとがら)の良さを感じ取って、ボランティアで働けるように取り計(はか)らってくれたのです。

そうでしょうか?

それで、どういう仕事をするのォ~?

カフェテリアのキッチンで料理の“下ごしらえ”をするのです。 野菜を刻(きざ)んだり、パンの材料を混ぜてこねたり。。。


(carnegie06.jpg)

なるほど。。。なるほど。。。 それは良かったねぇ~。。。 それも間違いなくカナダで働いた経験になるからねぇ~。。。

でも、ボランティアの仕事をしている限り、お給料が出ないので 貯金を切り崩しながら生活してゆかねばならず、ちょっと厳しいですわ。

だから、僕が無利子でお金を貸すから、もう半年間バンクーバーに滞在する許可をもらって ボランティアの仕事をしながらスポンサーになってくれる雇い主を探すのですよ。

でも、私の英語力で インタビューを乗り越えることができるでしょうか?

もちろん、すぐには英語がペラペラしゃべれるようにはなりませんよ。。。でもねぇ~、カーネギーセンターの担当者のカナダ人のおばさんに 真由美ちゃんは英語で事情を説明して ボランティアの仕事をゲットしたのですよ。 だから、真由美ちゃんの英語力も、悲観するほど貧弱なものではないのです。

でも、お給料をもらう仕事に就くためには、英語力も、もっと高いベルが要求されるのではありませんか?

確かに、そうかもしれないけれど。。。、だから、そこですよ。。。 真由美ちゃんは、これまでに いろいろと努力してきた。。。 その努力の結果として、カーネギーセンターでボランテアとして働けるようになったのですよ。

でも。。。

もちろん、真由美ちゃんには、不安や心配があるだろうけれで、これまでのように努力と“やる気”で前向きに進む以外にないです。 何度も言うけれど、


(wondergal.png)

Where there is a will,

there is a way.

“やる気があれば、

道は開(ひら)ける!”

。。。こういうことですよ。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”

“World Family”

“My Name is Mayumi”

“Mayumi’s Bagels”

“Mozzarell & smoked chicken

Bagel Sandwich”

“Bagels@Granville Island”

“Matcha Bagels”

“Scones & Puddings”

“Lox and Bagels”

“Oyster Bagel Sandwich”

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

最大限の本音で…

2015年3月31日

 

最大限の本音で…

 


(honnne03.jpg)


(galinluv.jpg)


(valent6.gif)

(rengebk2.gif)



日記とか


(angrygal.gif)

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


情報収集と情報処理

at 2006 05/23 22:41 編集


(agent3.gif)

情報を処理するには、
情報の収集が必要ですよね。
何事にかんしても。

とくに、相手が人間である場合、
情報処理には、細心の注意が必要だと思います。
普通に顔を見て話せる相手であれば、
情報の収集も、比較的容易だと思うのですが、
物理的、心理的な距離が離れた相手ほど、
その人を判断することには、
よほどの注意力がなければ、
相手の人柄などを見極めるのは、非常にむずかしいです。

インターネットでのみしか情報を得られない、
その他マスコミでしか情報を得られない相手に対して、
いったい何をもって判断することができるでしょう。

判断ではなく、一方的な断罪。

それは、かなしいかな現代には、
とても多いことだと思うのです。

主観的なものの見方が、一般に受け入れられるか。
受け入れられなくても、押し付けることだけは、
避けるべきだと、わたしは思います。


bishasuさん底上げ計画♪

at 2006 05/23 21:42 編集

わたしのお友達で、リンクもしている、
bishasu@gooさんが、動かない・・・
(メールでも、おつきあいしています・・・)
で、かなりかなり親しいので、
わたしが、カキコしまくらせてもらっています。

彼女のホームページは、いまや、めれんげ色?
それは、オッケーなのですが・・・
オッケーなんですよ。
ふふふふ(^^♪ワケアリ・・・
ナイショ・・・

一度、足を運んで見てください。
準管理人よりの、お願いでーす♪


sousou_demiさんの三国志前世うらない♪

at 2006 05/23 18:54 編集


(3gokushi.jpg)

わたしは、司馬懿さんの仲間だったようです!
(あの蜀の天才軍師諸葛亮のよきライバル)
←デミーさんの武将列伝より

そして、あの劉備玄徳にも仕えていたということで、
わたしは前世で、かなりの大物だったかも!

うーん。
デミーさんの影響で、昔、中途半端にかじった三国志に、
再び興味がわいてきたのです!

中国という国が、いかに先進的であったかということを、
あらためて感じさせられます。

わたしたちは、中国の歴史へのリスペクトを、
再認識すべきだと、思います(^^♪


フェロモン????ドバドバ????
at 2006 05/23 16:46 編集

なにわエスネットさんのトラトラ占い。

フェロモンがドバドバでるよ!

・・・え?
・・・マジすか!?
よーし、がんばるでー!
って、何をやねん。
謎。

でも、うれしかったりもするなあ。


やりがい?

at 2006 05/23 15:44 編集

今月にはいって、このサイトを本当の再開まで、
どうにかこぎつけられて以来、
以前の姿勢とは、ちがうスタイルでやってきました。

以前は、見ていただくことを、
あまり意識していなかった・・・というのが実際のところでして、
ホームページ作りが、はじめてなせいもありましたが、
完全な自己満足(今も???)

でも、今回は見ていただく方たちのことを、
一番に考えているつもりで、
作らせていただいています。

それは、わたしの生来のサービス精神の所以でもあり、
自分自身も、大変楽しく運営できているのです。

いつも見てくださっている方々・・・
本当にありがとうございます。
もうツメは、のばさないよう、やっていこうと思います。

これからも、よろしくお願いいたします(^^♪


(stars.gif)


静音タン交替ww

at 2006 05/22 19:36 編集

しずねだよおww
めれんげタンは何かねえ
仕事お?遊んでんのお?
何かしてるからあ
しずねがおはなしするうorz

なんだなあww

おにゅうの歌の練習してたんだあww
しずねがみんなのパソをorg
守るからね(≧∀≦)

わるうい人お
きらいだあww
キモヲタいやいやあww

なんだなあww

ウイルスタンもスパイタンもおww
プンプンするぞお!
テラキモスのパソヲタタン!
わるいことしたらあ
しずねがプンプンするんだなあww

しずねはねえ
みんなのとこにい
うpできるんだあww
ウィルスタンをねえ
プンプンしてコラコラするんだよお

なんだなあww

めれんげタンが帰ってきたあorz
こうたあい
キタ―――――ヽ(´ー`)ノ―――――!!!
なんだなあthx


デジタル・コミュニケーション

at 2006 05/22 13:00 編集


(digital02.jpg)

自分のサイトを通してでなければ、
出会うはずもなかった方との、交流がありますよね。

それらが全てよい出会いだとは限らない。
だけど、悪い可能性よりは、
あたたかな気持ちに、ふれられる可能性を信じたいです。

たとえ、会うことはなくても、
ネットだから仕方ない、とあきらめたくない。

人間はそんなに悪いものじゃないと、
思いたいわたしは、甘いのでしょうか。
思考回路が性善説に、通じているようで、
こけてもこけても、あきらめない。

甘いなあ。わたし・・・

でも、最大限の本音で、
ネットのお友達とも、おつきあいしたいのです。


浅倉威も、おたく。

at 2006 05/22 10:38 編集


(asakura.jpg)

浅倉「てめえよお、うぜえよなあ!」

わたし「あっそう!アンタに好かれたかねえな!」

浅倉「てめえ、“おたく”っていうヤツらしいな」

わたし「じゃあ、アンタの場合は“犯罪おたく”って言うねんで!」

浅倉「何い?いいじゃねえか!気に入ったぜ!」

わたし「ちッ!喜んでやがるよ・・・」


めれんげより、感謝のおしらせです!

at 2006 05/22 08:53 編集

詩のランキングに投票していただいて、
本当にありがとうございます!


(smilerol.gif)

みなさまのおかげで、わたしはがんばることができます。
創作意欲が、もりもりと湧いてきます!

これからもがんばります!


多すぎるよ。非道な犯罪。

at 2006 05/22 08:16 編集

幼い子をねらっての、殺人事件。
どんなにか、怖かったことかと思う。
胸がつまってくる。
犯人の胸ぐらつかんでやりたくなる。

幼児が犠牲になるだけじゃなく、
計算されたとしか思えないような、
弱い人への犯行も、許せない。
絶対勝てるケンカしかしないような者は、
ただの弱虫の卑怯者だ。
まして、命をなんだと思っているのか。
身をもって、思い知ってもらいたくなる。

精神鑑定うければすむ?
未成年だから平気?

クソくらえ殺人者。


(uncle006.gif)


みんなを守るよwwしずねタンorg

at 2006 05/22 05:09 編集

めれんげタン
乙なんだなあthx
おにゅうな歌作ってくれたあww
うたっちゃうぞおww

「みんなをまもるよwwしずねタン」


(kimo007.jpg)

♪どきどきするぞお
こわあいウイルスタン
スパイタンもわるいんだあ
やめてえこないでえって
思うよねwww

♪光の中にしずねはいるよお
電話の中にもはいっちゃううww
安心してね
みんなだいすきい
しずねがパソをまもるんだあ

♪ハッカータンも
ストーカータンも
しずねがぷんぷんおこっちゃう
なんだなあww

♪アクセスするよ
しずねが行くよ
みんなのパソを守るんだあ

♪なんだなあthx

聞いてくれてありがとおthx
しずねはわるいことは
きらあい

なんだなあww

テラキモイもんww


静音タンの今日thx

at 2006 05/22 00:13 編集

今日はねえ
日本橋でライブだったんだあ
しずねを応援してくれるみんなあthx
なんだなあww

めれんげタンにねえ
おにゅうな歌作ってもらいたあい
なんだなあww

めれんげタン
おあしすばっかり聴いてるうorg
へんな英語で歌ってるんだあ
おもしろいよおww

早く歌つくってえ
タイトルはねえ
「みんなを守るよwwしずねタン」
早くつくってえ
しずねキボンヌww

なんだなあww


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 今日はどうして“最大限の本音で…”というタイトルにしやはったん?


(kato3.gif)

めれちゃんがネットのあるべき姿を細木数子のようにズバリ!と言うた、と思ったのやがなァ~。。。

わたしが そないな事を言うたやろかァ?

上の日記の中で 次のように言うたやないかいなァ~。。。

デジタル・コミュニケーション

at 2006 05/22 13:00 編集


(digital02.jpg)

自分のサイトを通してでなければ、
出会うはずもなかった方との、交流がありますよね。

それらが全てよい出会いだとは限らない。
だけど、悪い可能性よりは、
あたたかな気持ちに、ふれられる可能性を信じたいです。

たとえ、会うことはなくても、
ネットだから仕方ない、とあきらめたくない。

人間はそんなに悪いものじゃないと、
思いたいわたしは、甘いのでしょうか。
思考回路が性善説に、通じているようで、
こけてもこけても、あきらめない。

甘いなあ。わたし・・・

でも、最大限の本音で、
ネットのお友達とも、おつきあいしたいのです。

この日記が あんさんの目につきはったん?

そうやァ~。。。 この気持ちは めれちゃんの本音やと わては思うたのやがなァ~。。。

どないなわけで。。。?

めれちゃんは かつて次のように言うていたのやでぇ~。。。


(merange31.jpg)

デンマンさん♪
ありがとうございます!

このブログも、けっこう長くなって
わたしにとっては、とても大切なものに
なりました。

応援してくださる方の存在は、
何よりの宝物。
これからも、よろしくお願いします!

&nbsp

by めれんげ

2008/08/21 7:13 AM


『即興の詩 めれんげ便り』のコメント欄より

『即興の詩バンザイ』に掲載
(2010年12月4日)

あんさんは わたしが書いたものを保存しておいたん?

そうやァ~。。。 めれちゃんが わてに対して書いたものは、同じように 大切なものなのやでぇ~。。。

なんや知らんけど 取って付けたように聞こえるわァ~。。。

そないにテレんでも ええやないかいなァ~。。。

別に わたしはテレてるわけやあらへん。

さよかァ~。。。 とにかく、めれちゃんは ネットでホンマに“生きて”いたように思えるねん。

また、それは どないなわけでぇ~。。。?

次の手記を読んでみィ~なァ。。。

冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。

2004-8-16 19:46


(inter330.jpg)

ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。


(stars.gif)

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

 

by めれんげ


『次元の違いとは端的に言うと』より

もう 10年以上前の手記ですやん。。。

そうやァ。。。 めれちゃんとのネットでの付き合いも 10年を越えているのやでぇ~。。。

いろいろな事がありましたわァ~。。。

うん、うん、うん。。。 次のようなことも書いていたなァ~。。。

「エログロナンセンス」の時代

特有の、妖しげな表現に

魅せられました。

2007-04-13 13:53


(renge94.gif)

デンマンさん
わたしの言う「エロい」は、
やはり少々お下品だったかな?
この表現って、
わたしにとっては「ギャグ」に近いんですよ
わたしは関西人のなかでも特に?
ウケをねらう傾向が強すぎるものでして、
必要以上に自分をコミカルにデフォルメするという、わるーい癖があるんですよね

で、回答へとまいりますね。。。

江戸川乱歩全集に関してですが、
とにかく横尾氏のイラストが、
エロチックだったのです。


(yoko02.jpg)

幼いころから、女性の肉体の美しさに
強烈に魅了されていたわたしは、
偉大な画家たちの描く裸婦や、
女性のヌード写真を見て
「わたしも早くこんな風にキレイになりたいなあ!」
と、成熟へのあこがれを強く感じていました。

乱歩の作品自体については、
「エログロナンセンス」の時代特有の、
妖しげな表現に魅せられました。


(chair69.jpg)

「人間椅子」での、愛する女性のソファに、
自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、
「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、
それはむしろ、純粋なものすら感じました。

そういえば…
乱歩の時代のことが知りたくて、
おばあちゃんに
(今は亡き愛するおばあちゃんです!)
「見世物小屋行ったことある?」
「衛生博覧会って、どんなんやった?」
などと、聞きまくっていたものです

「チャタレイ夫人の恋人」ですが…
ぶっちゃけエロい箇所の拾い読み、
というのが事実です!
だってねえ…あの小説の大半は、
ロレンスの思想の
展開だと思いませんか?

小学生のわたしに、
そんなものを理解できるような
知性も理解力もなかったっす…
で、大人になってから読み返したのですが、
森の番人の野卑でありながらも、
深い洞察力に満ちた性格に、
恋愛感情にも似た気持ちを感じました。
おまけに、セックスは上手ですしね(キャー!)

女性が自らの性欲を恥じる必要など
ないということを、
わたしは少女時代に、
あの小説によって知ったのかもしれませんね。

フロイトも、ヒステリーの原因は、
性的欲求不満であると、言ってましたよね?
セックスとは、
愛を基盤とした自由なものであるべきだと、
わたしはずーっと信じてます!

 

by レンゲ


『ゴスロリと黒パンツ』より
江戸川乱歩の世界
(2009年5月6日)

あんさん。。。 こないな手記を持ち出さんで欲しいわァ~。。。

ええやないかいなァ~。。。 すでにネットで公開されてるのやでぇ~。。。 それに、めれちゃんはネット市民の皆様が誤解してしまうのではないかいなァ~? そう思って ごっつう真面目になって 次のようにも書いていたのやァ~。。。


(renge94.gif)

わたしはロマンチストでは

ないのだと思います。

2007-04-28

わたしのテーマは、あくまでも人生観,世界観であり、寓意的な言葉の中に、恋愛の陰喩はほとんどありません。
それは少女時代から今にいたるまで、性愛はわたしのテーマではないからなのです。
実生活での最大の関心事が、恋愛ではないからです。

例えば、どれほど好きな相手がいても、その気持ちを,詩にあらわすことはほとんどないのです。

自分の書いたものは、どのようにも解釈していただくことも、まったく読者のみなさまの自由です。

しかしながら、完全なる戯作が多い恋愛詩から、わたしの精神が、性愛への渇望に悩まされているかのように、解釈されてしまい、それを事実として認識なさっておられるのだとすれば、少々残念なことです。

人間とは、脳の発達しすぎた生物にすぎず、そのために生じる感情を、美しいものだとは思わないのです。

わたしが特に、追求したいものは、血なまぐさい生命の持つ、発達しすぎた頭脳が引き起こす醜い事件、戦争、葛藤などです。

わたしはロマンチストではないのだと思います。
恋愛を描くのは、あくまでも小説のための習作の延長なのです。

話がそれてしまって申し訳ありません。
デンマンさんを信じて、これからもおつきあいさせていただきたいことを、わかっていただきたくて、忌憚なく書かせていただきました。
どうか、この気持ちを察してください。

 

by merange


『愛と無責任』より
(2008年2月22日)

そいで、あんさんは わたしの書いた 上の文章を読んで どないに思いはったん?

なるほど。。。 なるほどォ~。。。 わては めれちゃんの心の裏側を見たような気になったもんやでぇ~。。。

それで。。。?

どちらが本音なのやろか? エロいめれちゃんが ホンマの姿なのやろかァ~? それとも、「わたしが特に、追求したいものは、血なまぐさい生命の持つ、発達しすぎた頭脳が引き起こす醜い事件、戦争、葛藤などです」と言うてる めれちゃんがホンマの姿なのやろかァ~?

そいで 今は どないに思うてるん?

どちらも、その時のめれちゃんにとって 本音やと思うねん。

あんさんも、わたしという女の姿が 少しづつ理解できてますねんなァ~。

そやかて、めれちゃんとも ネットで10年以上の付き合いになるのやでぇ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
ネットで10年以上のお付き合いですってぇ~。。。

信じられますか?
昔の人は言いました。

“信じる者は救われる”と。。。

でも、信じるかどうか? それは、あなたの自由ですわ。

とにかく、めれんげさんにとって “愛”とは? 複雑なものなのですわねぇ~。。。

あなたにとっての“愛”はどのようなものですか?

ところで、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内に入ってません。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

命の力だね

2015年2月27日

 

命の力だね

 


(chinagate.jpg)


(dragon20.jpg)


(foolw.gif)

熱いジンジャーティーを入れて

真由美ちゃんの差し入れの

野菜スパゲティーで

夕食を済ませたところです。


(vegiespa.jpg)

チャイナタウンで旧正月を祝ってから図書館に戻って、
昨日(2月21日) 20分ばかり観た台湾映画”The Personals” の続きを観終えました。
なかなか面白い映画でしたよ。
コメントを書いたら ちょうど6時の閉館時間になりました。


(lib50227.png)

『実際のカタログページ』

ルンルン気分で歩いてマンションに戻って、
熱いジンジャーティーを入れて 真由美ちゃんの差し入れの
野菜スパゲティーで夕食を済ませたところです。

誰かが作ってくれたものを食べるということは、ひとつの贅沢(ぜいたく)ですよ。
自分で作るとなると、時間もかかり手間もかかりますからね。
誰かが作ってくれたものを食べるということは、それ自体で“ごちそう”です。

真由美ちゃんが レヴァニラ炒め(レヴァーの生姜煮)じゃなく、野菜スパゲティーにしたのも
お天道様が 真由美ちゃんに そっと教えたのでしょうね。 (微笑)

明日は、真由美ちゃんが作った“ベーグル”をlunch に持ってゆこうと思います。


(cocobun2.jpg)

チャイナタウンで食べた“ココナッツ パン”は、できたてで暖かくって、
ココナッツの餡(アン)が ひときわ際立って
甘く、なんとなく“チャイナ・ロマン”を感じさせる味でした。

真由美ちゃんが中央図書館にやって来るまで
“The Painted Veil” 日本語では “五彩のヴェイル”というタイトルの映画を観ただけに、
マジで“チャイナ・ロマン”を味わいながら食べたのでした。


(veil001.jpg)

【予告編】

【全編 2時間】

「カナダ移住は厳しい!」と、真由美ちゃんがしみじみと実感したように言ってましたが、
まさに、僕も そう思いますよ。
判断基準が昔と比べて、具体的になっているのですよね。

30年前は、英語のテストを受ける必要もなかったのですよ。
それだけ、カナダ政府も、より良い人物を受け入れようと
本腰を入れて選考に当たっていると言うことでしょう。

アメリカの方が働き易い!
真由美ちゃんの知り合いが、そう言ったようですが、
注意が必要です!

アメリカや、カナダにやって来ている人は個性がとても強い人が多いです。
(僕も含めて。。。笑い)
個性の弱い人は、アメリカやカナダに移住しないものです。(微笑)

それだけに、独断と偏見で判断し易い人が多いのですよ。 (僕も含めて。。。爆笑)
だから、一人だけの意見を聞いて判断すると、あとで馬鹿を見ます。

Information is Power!

できるだけ多くの情報を自分でゲットして、判断する必要があります。
情報は、できるだけオリジナル・ソースに当たるべきです。

カナダ移民の情報ならば、僕がメールでいつも書き込むような URL をクリックして
Citizenship and Immigration of Canada (CIC) のドキュメントを読むべきです。

また、アメリカのグリーンカード情報が知りたい時には
同様に、公式サイトを見るべきです。

http://www.uscis.gov/greencard

他人の情報は、つまり、Second-hand information は、半分疑ってかかるべきです。

今回、真由美ちゃんがカナダにやってくる前に、CIC のドキュメントを読むべきでした。

でも、今になって、こう言っても“後の祭り”です。
“厳しい現実に直面する”ということは、こういうことですよね。

しかし、遠回りになるかもしれないけれど、真由美ちゃんにとって貴重な経験だと思います。
“急(いそ)がば回(まわ)れ!”と昔の人は言いました。

こうして“厳しい現実に直面”したことで、真由美ちゃんの明るい未来は、意外にも、早くやって来るかもしれません。

“人間万事塞翁が馬!”と 2000年前の中国人が言ってましたから。。。

“災(わざわ)い転(てん)じて福となる”とも、昔の中国人が言ってました。

だから、“やる気があれば、道は開かれる”ものなのですね。

昔の諺は、そういう事を教えてくれます。

だから、常に、前向きに、ルンルン気分で 1日1日を過ごしてください。
今日は、そういう意味で充実した素晴らしい一日でした。
真由美ちゃんに。。。 そしてお天道様に感謝します。
ラーメン (アーメンと言うのを もじってシャレました! 微笑)


(ramen03.gif)

じゃあ、今夜はぐっすりと眠って、いい夢を見てね。
あすの月曜から、また張り合いのある一週間を迎えてください。
じゃあ、おやすみ。。。


(denman01.gif)

Sunday, February 22, 2015 7:40PM


(mayumi40.png)

デンマンさん。。。 “命の力だね”というタイトルをつけたのは、チャイナタウンで旧正月のドラゴンダンスを見て“命の力”をもらうという意味ですか?


(kato3.gif)

確かに、勇壮なドラゴンダンスを眺めていると、その力強さに 生命のエネルギーを感じるけれど、今日のタイトルはドラゴンダンスとは関係ないのですよ。

じゃあ、どう言う訳で“命の力だね”というタイトルを付けたのですか?

ちょっと次のリストを見て欲しいのですよ。


(ame50225m.png)

『拡大する』

この上のリストは アメブロの僕のブログの記事についた“いいね”を記録したものですよ。 青枠で囲んだ2番目の記事に注目してください。

『バレンタインのお菓子』に“いいね”が 19個付いてますね。

そうなのですよ。。。 最近では、最も多いのですよ。


(valent6.gif)


(okashi02.jpg)

『バレンタインのお菓子』

上の記事の中で“命の力”について私とデンマンさんが語っているのですか?

いや。。。 そうじゃないのですよ。 実は、上の“いいね”リストを作成した翌日に、改めて“いいね”リストを見てみたら、次のようになっていたのですよ。


(ame50226m.png)

『拡大する』

なんと。。。 去年の8月18日に投稿した記事を読んで“いいね”を付けたネットサーファーが居たのですよ。


(life100.jpg)


(life101.jpg)


(mari202.jpg)

『真由美ちゃんの命の力』

あらっ。。。 こういうタイトルの記事があったのですね。

そうです。。。 わざわざ半年前の記事を読んで“いいね”を付けたのだから、何かを感じ取って感動したのだと思いますよ。

それほど感動するような箇所があるのですか?

あるのですよ。 次の文章を読んでみてください。

自由について


(granma03.png)

以前、私の所へ数ヵ月に1回通ってきた80代後半のお婆さんの話です。
お婆さんは、長年連れ添った伴侶を亡くされて、精神的にも身体的にも弱っておりました。
それが、徐々に元気を取り戻した頃、お婆さんは、「自由が、こんなに素晴らしいとは、想像もできませんでした」と言うのです。

お婆さんの話では、10代で嫁ぎ、姑と多くの小姑に囲まれて、まったく自由がなかったといいます。
それが、ご主人を亡くされて、一人になったお婆さんは、自分の好きな時間に起きて、好きな時間に朝食を食べて、誰にも気兼ねがありません。
天気のよい日には、庭を散歩し、雨の日には、家の中で読書をして過ごすといいます。
晴耕雨読(せいこううどく)、といったところでしょうか。


(granny32.jpg)

私は、お婆さんに、「それは老子が理想とした『無為自然』の境地ですね」と言いました。
すると、お婆さんは、「今は、本当に自由で幸せなのですが、最近、子供たちがしょっちゅうやって来て、うるさいのです」と、こぼしていました。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


117-118ページ 『いのちの力 気とヨーガの教え』
著者: 望月 勇
2004年11月25日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 平凡社

 

上のエピソードにデンマンさんは感動したのですか?

いや。。。 感動したと言うほどではないのだけれど、上の箇所を読んでいたら真由美ちゃんのおばあちゃんのことを思いだしたのですよ。 僕にとっては叔母さんです。 僕とは血がつながってないけれど、真由美ちゃんにとっては お母さんの実の母親ですからね。。。直系で血がつながっているのですよ。

でも、そのおばあちゃんと私は一緒に暮らしたことがないから、特に印象に残るような思い出は、あまりないのですわ。

そうだろうねぇ~。。。 真由美ちゃんの世代では、ほとんどの家庭が核家族になっているから、「おばちゃんの思い出」というのは、あまりないかもしれないねぇ~。。。

でも、デンマンさんだってぇ~、私のおばあちゃんと一緒に暮らしたことはないでしょう!?

もちろん、ありません。。。でもねぇ~、真由美ちゃんのおばあちゃん。。。、僕には“良子叔母さん”なんだけれど、途切れ途切れだけれど、ずいぶんと たくさんの思い出がありますよ。

どういうわけで。。。?

あのねぇ~、僕が小さい頃、母親に連れられて、よく母の実家に行ったのですよ。 農家でしょう。。。 だから、田植えの時期には、必ず母親が まだ小さい僕を連れて手伝いに実家に行くわけです。 当時は、実家の二階では蚕を飼っていた。 人は誰も住んでなくて、蚕だけが。。。そうだよねぇ~。。。桑の葉がたくさん並べられた竹で編んだ何段もの棚に、500匹から1000匹ぐらいいたはずですよ。 


(kaiko01.jpg)


(kaiko02.jpg)

その蚕が桑の葉を食べる音がカサカサ、ガサガサ。。。、とにかく1000匹近い蚕が一斉に桑の葉を食べる音というのは、マジで すさまじいものですよ。 小さな町で育っている子供の耳には、その音は驚異ですよ。 今でも、僕は その蚕たちが旺盛に桑の葉を食べる音を、はっきりと思い出すことができますよ。

それが、デンマンさんにとっての“良子叔母さん”の思い出なのですか?

いや。。。 蚕の思い出じゃなくて、そのそばには常に“良子叔母さん”が居るのですよ。 つまり、蚕に桑の葉の餌をやるのが良子叔母さんです。 また、その当時は、実家の前庭で納豆も作っていた。 横3メートル、縦5メートルぐらいの 四方を藁(わら)で編(あ)んだ筵(むしろ)の囲いの中に、蒸(ふか)した大豆を藁で包んで並べて納豆菌で発酵させるのですよ。


(natto32.jpg)


(natto30.jpg)

今は納豆といえば、発泡スチロールの小さな包みに入ったものを売っている。


(natto33.jpg)

でもねぇ~、僕が子供の頃は、納豆は、こういう藁で包んだ物を売っていたものですよ。 


(natto31.jpg)

真由美ちゃんは見たことないでしょう?

わずかに記憶はありますわ。。。で、納豆が“良子叔母さん”の思い出なのですか?

だから、その納豆を仕込む時にも、あるいは、納豆を取り出す時にも“良子叔母さん”がその藁の囲いのそばに居るのですよ。

つまり、“良子おばあちゃん”は働き者だったのですわねぇ~。。。!

その通りですよ。

どうしてだか解りますか?

どうしてですか?

真由美ちゃんは“小姑一人は鬼千匹に向かう”という諺を聞いたことがある?

何度か耳にしたことはありますけれど、どういう意味なのですか?

嫁にとって、夫の兄弟姉妹は、たった1人でも、鬼が1000びき居るくらいに、めんどうで、扱いにくい存在だ」という意味ですよ。

“小姑”というのは、それほどタチが悪いのですか?

あのねぇ~、今では、核家族が当たり前だから、20代の人たちは まず目撃したことはないと思うけれど、昭和40年ぐらいまでは お嫁さんが小姑と暮らすことは珍しくなかった。 僕の家には小姑は居なかったけれど、姑が居た。 つまり、僕を可愛がってくれた“おばあちゃん”ですよ。 しかし、僕を可愛がってくれても、自分の嫁に対しては厳しい人だった。 だから、僕の母親は、この“おばあちゃん”がいたために、全く自由がなかった。 一人で映画を見に行くなんて絶対にできない。 昼寝したくても絶対にできない。

どうしてですか?

そんな事をしようものなら、町内中の噂になって、“あの嫁は、どうしようもない悪い女だ!”ということで町中の悪い評判が立つ。

マジで。。。?

このような事は戦前、戦中、戦後の20年ぐらいまでは実例がたくさんあった。 実際、僕の母親は、そういう事を見てきたので、自分は絶対に“悪い嫁”にはなるまいと、一生懸命に働いたので、“あそこの嫁は実によくできる嫁だ!”という評判が立つほどに、働き者だったのですよ。

そう言えばデンマンさんのお母さんは子供の頃から苦労したのですよね。

そうですよ。 真由美ちゃんもメールに書いていたよね。

デンマンさん、こんにちは(*^_^*)
私は仕事を終えて今日はビデオ屋さんによってから今帰宅しました。

昨日デンマンさんが送ってくれたメールの返信をゆっくりしたいと思い、今日になってしまいました。
デンマンさんがくれたメール、昨日の朝読みました。
デンマンさんのお母さんの話を、沢山してくれて、とても嬉しかったです。

そして、なぜですかね。。。
デンマンさんのメールを読んでいたら、お母様の素晴らしい人間性と、デンマンさんの、人生感、本当に感動しました。
デンマンさんのお母様は、本当に素晴らしい方ですね。
人間皆、そんな心の持ち主だったら。。。
なんて思います。
お母様の話を聞いて、もっと会いたい気持ちが膨らみました。

40代の頃から腎臓が悪くて 体に“むくみ”が出ていましたからね。
子供心に、長くは生きられないようだと、悲しい気持ちで見ていたこともありました。
とにかく、よく働き、ぼくら 子供を心からよく面倒見ていましたね。

実は、お袋は小学校だけしか出てないのですよ。
犬塚の実家は、お袋が子供の頃にはお金に困っていた。
その当時は、どこの農家も貧しかったのです。

それで、犬塚の遠い親戚が池袋で寿司屋さんをしていたので、
10代の頃は、僕の母親は その寿司屋さんで女中奉公をしていたのですよ。
店が忙しいときには、店の手伝いもさせられたそうです。
小学生の頃から畑仕事をさせられ、
娘時代は女中奉公。
自分の好きな事は何もできなかったそうですよ。


(taue02.gif)

実家のために、ずっと働き通しだったそうです。
稼いだお金は、ほとんどすべて実家に入れたそうですよ。
僕の祖父(真由美ちゃんには曽祖父)が、寿司屋までお金を取りにいったそうです。

そういうわけですから、“子供には自由に人生を歩んでもらいたい。”
お袋は僕が小学校の頃から よくそう言ってましたね。
僕が、とにかく自分の好きな人生を歩んでこれたのは、そういう経緯(いきさつ)もあるのです。

要するに、「自分の自由な人生を歩む」ということは、母親がやろうとしてできなかったことです。

本当に素晴らしいですね。。。
苦労を沢山分かっているからこその人間性なんでしょうか。
こればかりは真似しようと思ってもきっと真似できないでしょう。
けれどもこんな母親はお手本にしたいばかりです。

母親は実家のために女学校にも行けず、娘時代には女中奉公して働かねばならなかった。
たまに実家に帰って田んぼで田植えなどしていると、
お袋よりも成績が悪かった同級生の女の子が自転車に乗って行田の女学校に通う姿を見ることがある。

”どうして? どうしてなの? どうして自分は、こんな惨めな境遇に生まれなければならなかったの?”
そう思ったことも、あったと言います。
でも、そんなことを思っても、どうにもならないので、とにかく、毎日毎日、”お天道様(てんとうさま)”が見ているので、しっかり働いたと言います。

だから、僕も、母親の分まで自由に生きたいと。。。 (勝手な言い分ですが。。。)

お袋は 苦労しながら働くことに慣れていたのでしょうね。
僕が大学生当時、お袋は東邦生命の保険の外交員をやっていたのですが、
成績が全国で3番になるほどで
社長賞をもらいに、東京の本社まで出かけていったことがありました。


(toho02.jpg)

旧東邦生命ビル


(3galsb.jpg)

3人のうちで、他の二人はファッション雑誌から抜け出てきたようなドレスを着ていたけれど、
“私が一番みすぼらしかったよ!” と苦笑していました。
贅沢する気になれば、ドレスも買えたのですが、そのような事は する気になれない人でした。
家のため。。。子供のため。。。そういう気持ちが身についてしまったのでしょうね。

“お天道様(てんとうさま)”は見ていたのですよ。
あれだけ体が弱かったお袋が 長生きしているのですからね。。。
そして、夕べ 僕に電話をかけてよこしたのです。
涙が出てくるほどうれしいことです。 ホント。。。

デンマンさん…

私はこの記事を読んで朝から泣きました。


(girlcry5.gif)

でもその涙はとっても気持ちのよい涙で。。

心が晴れたように、とても澄んだ気持ちになりました。

お話して下さって、本当にありがとうございます。

お袋が 真由美ちゃんのお母さんに優しい気持ちになれるのも、いろいろと苦労した過去があればこそです。

そういうわけですから、真由美ちゃんも”お天道様(てんとうさま)”が見ていることを忘れずに。。。


(sunwind2.gif)

デンマンさんのこの言葉で、私は朝から頑張ろう!っと気持が漲ってこれました。
デンマンさんのお母様は、お天道様のような人ですね。
本当にお会い出来る事を楽しみに、というより、
逢えるということに感謝です。。。

では、デンマンさんも
お気をつけてウオーキングに読書、楽しんで下さいね(*^_^*)

2014年06月01日 18:26

僕の母親が頑張れたのも、よく言えば“厳しい姑”が居たからなのですよ。 だから、昼寝したいのに、昼寝もできない! 冷たい水で顔を洗って眠気を覚まして、内職をしたと言います。

マジですか?

戦前、戦中、戦後の20年ぐらいまでは、そういうものだったのですよ。。。 そこで“良子叔母さん”の話に戻るけれど、僕の母親は長女で一番上ですよ。 その下に弟や妹が10人近く居た。 つまり、“良子叔母さん”は小姑に囲まれて生活しなければならなかった。 嫁にとって、夫の兄弟姉妹は、たった1人でも、鬼が1000びき居るくらいなのですよ。 それが“良子叔母さん”には小姑が 9人も居る! つまり、鬼が9000びき居た!

あらっ。。。 “良子おばあちゃん”は、それで働き過ぎて、あんなに腰が曲がってしまったのですかァ~!?

そうですよう!


(granny77.jpg)

“良子叔母さん”の腰の曲がりようは尋常じゃない! 新妻の時代から働き尽くめで働いてきたから、あんなに腰が曲がってしまったのですよう。

そうですわねぇ~。。。 私も“良子おばあちゃん”を見るたびに、どうして あんなに腰が曲がってしまったのかと。。。

真由美ちゃんも、この話を聞いたから、今夜はさめざめと泣きそうだねぇ~。。。

なんだか、もう涙がこみ上げてきましたわァ~。。。 でも、それと私の“命の力”がどのように関係しているのですかぁ~?

最近、真由美ちゃんが僕に寄越したメールを ちょっと読み返してみてちょうだい。。。

差出人:真由美

件名:今日はいつもより

涼しかったですよ~☆

デンマンさん、こんにちはv(^-^)v

I just finished work.

It’s cool and comfortable.

今日も仕事が終わり、帰宅してパソコンの前にいます。
今日はデンマンさんに少し嬉しいお知らせがあります。

今日会社に行き、店長に話があるとの事でした。
その内容はほんの少しですが。。。時給を上げさせて頂きました。
との報告でした。

とても嬉しかったです。
店長は本当に少しですが、と言われましたが私は金額よりも
その気持ちと少しでも頑張りを認めてもらえた事がとても嬉しかったです。

そして、時給を聞いた時に思った以上に上げてくれた事にとても感謝しました。

デンマンさんの記事
やっぱり、血のつながりでしょうねぇ。

やっぱり、真由美ちゃんがカナダに住んでいる僕に

関心を持ったということは、

“血のつながり”と共に“生き方”を同じくする者という

共感もあるのでしょうね。

それで、僕も 真由美ちゃんに対して

“身内の話”もしたくなるのですよ。

デンマンさんからのお話を母に少ししました。
母もデンマンさんのお母様が随分昔に、随分な苦労をされた方だ、というのは知っていたようです。
詳しい内容までは母も知らなかったようで、デンマンさんからの話を伝えました。
母も驚いていました。

不思議な血の繋がり。。。
素敵ですね。
私が今回カナダに行きたいという願いは、実は昔まだ私が小学生の頃に
親戚の かよちゃんがとても優しくて、良くしてもらった記憶が強く残っていました。

小学生といっても低学年で、一度ほど?くらいしか会ったことしかないので、
顔も声も全く覚えていないのに、かよちゃんは優しい!!という私の中で記憶として残っていました。

私が かよちゃんの話をすれば母から、かよちゃんはカナダに行っての話や、英語がペラペラという話しをよく聞いていました。
そんなことからわたしもいつしか英語を話してみたい!!という気持ちが
ずっとありました。

しかし、決してわたしの学生時代はまじめなものではありませんでした。
勉強も好きではなく、遊びに夢中になってしまった時期もありました。
父にも母にも沢山沢山、迷惑かけました。
(これはあまり血のつながりはなかったのかな。。。笑)

それでもずっと気持ちの中に、変わらない「夢」として、
ありました。
デンマンさんの存在を知った時には、やっぱり、何かあるんだ!!なんて勝手に
自分の中で、血のつながりを感じていました。

そして、私の夢を、、、長年の夢を一歩一歩かたちに繋いでくれている事に、
デンマンさん、感謝しています。

私がカナダに行く事は昔からの夢だという事は小さいころから知っていますので、
頑張って欲しいという気持ちで応援してくれています。
そしたらたまの休みにはカナダに旅行にいけるかしら。。?
なんて冗談交じりに言っている母を見ていると
やっぱり夢、絶対叶えたいなって、強く思います。

母親は 昔の苦労話や、悲しかった事などは

おくびにも出しませんでした。

初めから、お互いに元気であることを喜び、

声が聞けたことに感謝して、笑い転げながら話しましたよ。

そんな人ほど、本当に強い人間なんだな。。って私は思います。

そんな女性でありたいです。。

真由美ちゃんも、僕のお袋と話せば、

面白い楽しい人だということが すぐに解りますよ。

でも、内面には、ずいぶんと苦労して

耐え抜いてきた悲しみを持っている人です。

お袋が 真由美ちゃんのお母さんに優しい気持ちになれるのも、

いろいろと苦労した過去があればこそです。

いつかいつかそんなお話もデンマンさんに直接、話を聞けたらなp(^-^)qっと思っています。

もっといろんな事が、不思議に繋がる気がして。。

そう。。かよちゃんにも会いたいですね。

向こうで、、

デンマンさんとかよちゃんと3人で会えたらそれも何だか素敵ですね!

デンマンさんも素敵な一日をお過ごしください!!

Have nice day!!

真由美より

2014年06月04日 17:55

この上のメールと私の“命の力”がどのように関係しているのですか?

あのねぇ~、娘は母親の背中を見ながら育つと言うけれど、真由美ちゃんのお母さんは苦労した“良子おばあちゃん”の背中をみながら育ったのですよ。 そして、真由美ちゃんは、そのお母さんの背中を見て育った。

そうでしょうか?

そうですよ。 だから、店長さんが真由美ちゃんの働きぶりを見て、意外なほど時給を上げてくれたのです。

。。。でしょうかァ?

そうです。。。 そうですよ。。。 それに間違いがありません。 それこそ、“良子おばあちゃん”から受け継いだ“命の力”ですよ。


『真由美ちゃんの命の力』より
(2014年8月18日)

上のエピソードの数々を読んで“いいね”を付けたのでしょうか?

それ以外に考えられませんよ。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

あなただってぇ、そう思うでしょう?

ええっ。。。? “いいね”を付けたのは、自分のブログへやって来て欲しいから、誘いのために付けたのだと、あたなは言うのですか?

だったら、何も半年前の記事に“いいね”を付けなくてもいいではありませんか!

ええっ。。。? 他の人と違うことをして、“ドングリの背比べ”にならないように。。。つまり、目立つために、半年前の記事に、その人は“いいね”を付けたと言うのですか?

確かに、そのような可能性はありますよ。
でも、素直に、上のエピソードの数々を読むと、“いいね”を付けたくなると思いませんか?

ええっ。。。? あなたは、別に感動しないのですか?

確かに、たくさんの人の中には“不感症”と呼ばれる人も居ますからねぇ~。。。
あなたが、ムキになって“感動”を否定するのは、もしかすると、あなたは、その“不感症”なのかもしれません。 (微笑)

ところで、真由美ちゃんは、僕の母親に会ったのですよ。
その時のスナップショットが次の写真です。


(mother002.jpg)

ちなみに 真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのですよ!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。
ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”

“World Family”

“My Name is Mayumi”

“Mayumi’s Bagels”

“Mozzarell & smoked chicken

Bagel Sandwich”

“Bagels@Granville Island”

“Matcha Bagels”

“Scones & Puddings”

“Lox and Bagels”

“Oyster Bagel Sandwich”

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

特別な愛を捧げる人

2015年1月27日

 

特別な愛を捧げる人

 


(galinluv.jpg)

(rengebk2.gif)



(heartx.gif)

日記とか


(angrygal.gif)

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事

ビッグゲームや!

at 2006 05/05 22:49 編集

またまた、なにわエスネットさんに

お世話になりました。

タイガース速報!

13-11やった!!


カート。

at 2006 05/05 21:52 編集


(curt44.jpg)

今、Smells like teen spiritを聴いてます。

この、スタジオ録音された曲を聴くと、
よくここまでまとめたなあと、感心してしまいます。

カート・コバーンは、おそらくわたしと同じ病気を持っていたと思います。
と言うのは、彼の処方がわたしとよくにているし、
歌詞にもとてもシンパシーを抱かせるものがあるからです。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)・・・
これは、諸刃のつるぎなのです。

わたしはこの病気のおかげで、職業的には成功してきました。
異様なまでの集中とその持続が、そうさせるのです。

でも、私生活では大変です。
よく言われるように、片付けられない。
優先順位がつけづらい。

カートも、こんな精神を持っていたのかなと、わたしは想うのです。

なので、彼はわたしにとって、特別な愛をささげる人なのです・・・


(curtdead.jpg)


ひねり

at 2006 05/05 21:30 編集

わたしは何事につけても、
ひねりを加えるクセがあります。

すんなりすませればいいことでも、
少し、飾りをつけてプレゼントにすれば、
なんだかステキだと思いませんか?

なので、文章についても同じでして、
ちょっとおかしく言ってみたりしたくなるのです。

ウケねらいなのは、関西人の習性でしょうが、
わたしはその傾向がはげしいのです。

戯作人生。
なのかもしれません。


メートルがあがる

at 2006 05/05 20:47 編集

酔っ払うことを、メートルがあがるって言うのはなぜなのでしょう?

私は今、メートルがあがってますが、

サイズはかわっていません・・・ウププ


アリエナイザーふたたび

at 2006 05/05 18:42 編集

一件コンプリート!

アリエナイザー・メレザウラーです!
ビールがすすみます!
このままでは、大阪の町がアル中で一杯になります!

ボス!
指令を!


La vie ma maison

at 2006 05/05 17:22 編集

のんびりです。

誰も聞いてないけど、本日の服装!

ブラウンのキャミワンピ!


(camiwan3.jpg)

気が早いよ・・・

すっかり夏気分でごぜえます。

しかも、ビール飲んでます。

うめえ~!

but with coke・・・


防腐剤さん!

at 2006 05/05 16:38 編集

すっごくおせわになってる素材屋さんです!

http://love.pinoko.jp/

こちらへみなさんもGO!


ゴールデンウィーク

at 2006 05/05 15:23 編集

なんだか、ふだん以上にネットに
つながっているような気がするです。

みんなのんびりした感じでいいなあ。

わたしものんびりです♪

人間、絞めるところ、ゆるめるところがあって、
そのバランスで、生きてるって思います。


こんにちわ!

叶美香です。


(mika002.jpg)

at 2006 05/05 13:32 編集

・・・成長してるんですよ。

いまだに。

え?

ここが。

なんでやねん・・・?


ティーバッグとTバック

at 2006 05/05 12:10 編集

ちゃいまんがな!

ちょっと古い話やけど・・・

Tバック(パンツ)とお茶のティーバッグを、

ごちゃごちゃにしてた人!

それにまつわるセクハラ話は、

山盛りありますぜ。

Tバックはパンツ!

茶は、いれられねえぞ!

thong?っていうのか?海外では。

おっちゃん連中が、紅茶を入れるとき、

やらしい妄想に走ったこと数知れず・・・


(tbag02.jpg)


(tback02.jpg)


NEW!コーナー

at 2006 05/05 11:56 編集

ログのあとに、

「即興の詩」ってページを建設!

「極私的詩集」とともに、

かわがいってあげてくださーい㊤


洗濯バサミの餌食…!

at 2006 05/05 11:02 編集

なにわエスネットさんの

トラトラ占いおもしろい!

今日のわたしの運勢。

乳首が洗濯バサミの餌食に・・・やて!

アカン!鉄のブラジャー装備!

ギー!ガシャン!!

オッケー!ラジャー!


好きなひと?

at 2006 05/05 10:52 編集


(asakura.jpg)

浅倉威!!

・・・ハギー(萩野崇さん)

Bruce Dickinson!!

Steve Harris!!

にこ・・・


グラハムボネットmon amour

at 2006 05/05 10:44 編集

ただいま「HIROSHIMA MON AMOUR」鑑賞中・・・

このアルバムでの、グラハムの詩は、

社会問題をとりあげたものが多いのです。

この曲は、広島の原爆投下について詫びる内容になっています。

そのほかにも、若者の酒・ドラッグ使用の問題、過去の奴隷制度についての話など、
新聞の社説のような歌詞が多いのが、
ALCATRAZZのアルバム「NO PAROLE FROM ROCK’N ROLL」であります。

はじめてサンフランシスコへ行ったとき、
アルカトラズ島を見て、
ひとりはしゃいでいたわたしでありました。

しかし、そこは過去の地獄の監獄・・・

このようなバンド名をつけるところが、
グラハムのグラハムらしいところかな?


ねぼけてたよお…

at 2006 05/05 10:20 編集


(sleepgal.gif)

なんでやねん。

暖房かけたまま寝てました・・・

暑いっちゅーねん。
温暖化。

クーラーかけっぱなしよりはマシか。
あれはヤバいですよね。

起きた瞬間、秋の朝ですから・・・


(fanheater8.jpg)


うはあ~!

食った食った!

at 2006 05/04 22:26 編集

ただいま~。
ラーメン食べて帰ってきました。


(ramen05.gif)

近所に、うんまあいラーメン屋さんがあるんです。
ネットでも有名らしいから、店名はナイショ。

そういえば、ここんとこ毎日のように行ってます・・・
あきないのよね。うふ。

で、コンビニによってから、帰ってくるのが定番なのです。
わたくし、コンビニマニアでもあります。

あああ~。おなかいっぱい。
シアワセ~♪


え?誰に似てるかって?

at 2006 05/04 20:01 編集

サルかな!


(saru900.jpg)

・・・すぐにはしゃいで、ウッキッキーなところが、似てると言われます・・・

高いところに上るのが好きで、
そのくせ高所恐怖症。

子供のころは、よく木登りしました!

校庭のポプラの木とか、よく登りましたね。

なので、手はいつもマメだらけでした。

よく動くので、体のキレがいいとも言われます。

体育会系バリバリです!

ん?

似てる人?

妹かな・・・


伝統の一戦!

at 2006 05/04 19:21 編集

T-G戦をTV観戦中!

のおおおおおお!!!!

杉山が一点とられたあああああ!!!!

阪神ファンかつアンチG


ふっふっふっふ。

何をいまさら…

at 2006 05/04 17:27 編集

ゴミの日のたびに、
わが部屋のへんなものを、捨てています。

盗聴・盗撮ですよ・・・
マジで、そのての雑誌におんなじものが、
通販でのってたりして、
うわああ!!です。

盗聴器発見器で調べると、
まだまだあるみたいなので、
さがさないといけないのですが。

ビデオデッキの中が、まるごと盗聴、
盗撮器でいっぱいでビックリしましたよ・・・

ゲーム機もそう。
電話もそう。

ここは賃貸なので、前住人以前のしかけた、
しかけられた、もあるかも。

みなさんも気をつけてください!
爪の先ほどの隠しカメラが売られてる時代なんです。

もう、わたしはハラくくってますから、
今までさんざん見られて聞かれてきたんだろうから、
すっかりひらきなおっていますが・・・


データ救出ファイル復旧

at 2006 05/04 16:36 編集

ええッ!
データさんが遭難したの!!

ファイルがそんなにボロボロなの!!
セロハンテープでくっつけないと!!

データ救出って、HDDの容量によるけど、
1kbいくらで計算するらしいですね。

だから、パソコンがポシャッてしまった時、
業者さんに復旧を頼んで、
ものすごくお金かかったって話を、
聞いたことがあります。

バックアップ・・・
大事やなあ・・・

えッ?誰が支援してくれるの?
誰のバックアップうけてるの?

ってもういいってば。


水枕

at 2006 05/04 15:01 編集

気持ちいいんです。
水と氷をいれて使う枕なのですが、
それまでの羽のはいったまくらよりも、
よく眠れる気がする・・・

なんでも、人間の気の流れを、
スムーズにすると、
マッサージの先生がおっしゃっていたんです。

いえね・・・
実は今までお昼ねしてました!

むはああああ!


IRONMAIDENといえば…

at 2006 05/04 11:31 編集

EDWARD=エディ君がおなじみです。

このバンドのペットキャラクターで、
ガイコッツ君なのです。

わたしが発生当時のIRONMAIDENに惹かれたのは、
なんといっても、ジャケットのエディ君の姿だったのです!

子供のときに、たまたまディープパープルに出会って、
そこから、ヘビメタへと向っていったのですが、
なんか新しいバンド発掘!と思い、
CD屋さんで物色していたところ、
このガイコッツなエディの姿が目に飛び込んできて、
それ以来の、メイデンLOVE人生であります!

わたしとしては、Killersのエディが一番タイプかな!


あな恐ろしや…

at 2006 05/04 11:09 編集

ネットでフリーのウィルス、スパイウェア対策ソフトを、
お試ししてみると・・・
「FREE SCAN NOW!!」ボタンがついてたりして、
そこを、ぽちっとクリックすると、
スキャンして、検出もしてくれるのですが、

検出だけ。

そこから先は製品を買え!とくる・・・

えええええええええ??
退治してくれへんのおお?

そんな経験がありまする。

買えよ。


たいしたもんだよ

屋根屋のふんどし

at 2006 05/04 03:50 編集


(fundoshi5.jpg)

どう意味?これ。

わたしは、キャッチーなフレーズが好きで、
小気味いいテンポの言葉に注目するのです。

自分でも、すぐにキャッチコピーみたいなのを考えて、
ひとりでよろこんでいます。

詩を書くときも、一気呵成に小気味よいテンポで、よめるようなものを、
たまに書いたりします。
それは、おふざけなんですが。

人の頭に残るようなフレーズって大好きです!


アバレンジャー

at 2006 05/04 02:12 編集

♪暴れた数だけやさしさを知る・・・

え?

それはムチャやろ。

アバアバアバアバアバレンジャー!

恐竜好き・特撮好きとしては、
たまらん番組でしたなあ。

恐竜が鳥に進化した・・・
すばらしいやんか!
飛ぶんやで!
なんてロマンやろ!

われら人類も、恐竜たちのように、
今、地球を席捲してるけど、
いつか、絶滅することでしょう。


(collide.jpg)

自然の謎の前には、知性など無力なのです。


おなかいっぱいでねむねむ

at 2006 05/04 01:31 編集

やたらと食欲がわいてきて、
あれこれ食べたら・・・
寝てたよ!

そしてこんな時間におめざめ。
だらけとるなあ。


村上のおっさん

at 2006 05/03 18:44 編集

なんやなんや!
あんたあ!阪急・阪神乗っ取って、
何するつもりなんやあああああ!

村上タイガース。
阪急タイガース。

うああああああああ!!!!
悪夢やああああ!!!!


夕べの夢はこんなのです…

at 2006 05/03 13:41 編集

ハワイへ行って、まいりました。
わたしは州知事といっしょに、
唐辛子のような香辛料の収穫をしました。

わたし「Is it hot?」
州知事「OH!So fine!take it!」

などと言いながら、仲良く収穫・・・

ハワイの農園は暑かった。
州知事はカメハメハでした。


(kameha02.jpg)


うおお!なんと!

at 2006 05/03 13:33 編集

宵越しの銭は持たねえのは江戸っ子ですが、
わたしは、宵越しのOSは持たないのです。

しかし。
なんと。
今日は昨日のまんまで使ってるよ。
珍しい。珍事や!

どうかこのまま、OS入れ替えせずにすみますやうに・・・!


カラオケが好きなんです。

at 2006 05/03 02:13 編集

歌がうまくなりたいなあ。

なんちゅーか、うまいだけじゃなくて、
魅力的な歌が歌いたい。

独特な魅力があるボーカルってあこがれる・・・

UA。
すっげえ、オリジナリティがあって、
声だけじゃなくて、歌い方がステキ!


(utada02.jpg)

宇多田ヒカル。
この人のマネはできます。
似てるって言われた(おせじやんかー!)

マライアキャリー。
クリスマスの歌!
あれ覚えたいよ!!

のりピー。
本人よりわたしのほうがイケてる。
・・・うそです。

カラオケバーみたいなところで、
練習がてらに、バイトしようかと計画中ナリ。


仮面ライダー王蛇episode2

at 2006 05/03 01:34 編集

バキバキバキーーーッ!

凍りついた浅倉が蛇ジャンをまとってあらわれた!
「ふッ・・・」

こうげき
こうげき
こうげき
へんしん
アジト

「変身!」
浅倉が仮面ライダー王蛇に!

モンスターがあらわれた
コマンド?

わたしはやくそうをつかった

・・・っと思ったら、浅倉が。
「おい。オレにくわせろ!」
浅倉は、やくそうをたべている
コマンド?

わたしのこうげき!
かいしんのいちげき!
浅倉に999のダメージ!

てきをたおした!
わたしは99のけいけんち!
わたしはレベルがあがった!
わたしはベホイミをおぼえた!

「ちきしょう!」
浅倉はアジトへ逃げていった・・・

つづく・・・


仮面ライダー王蛇episode1

at 2006 05/02 22:38 編集

「チョロチョロしてんじゃねえよ!」
浅倉威があらわれた!

こうげき
じゅもん
とくぎ
ぼうぎょ
どうぐ
にげる

「ヒャダルコ!!」
わたしはじゅもんをとなえた

「てめえ!今夜は冷え込んでんだよ!」
浅倉は凍りついた。

つづく・・・


愛を考えない女

at 2006 05/02 21:50 編集


(galinluv.jpg)

以前わたしは自分のキャッチフレーズを、
「愛を考える女。めれんげ」
などと書いていました。

それからいろいろな経緯があって、
愛を考えないことにしたのです。

人間愛。自然愛。
自明的なものだと思っていました。

でも、わたしの中のイメージは、どんどん逸れていって、
愛を口にすることもはばかられるような、
そんな気持ちになっていきました。

どうして愛を考えると、言葉にすると、
いろいろな摩擦や感情の行き違いがおこるのでしょうか。

そして、愛を考えないこととは、
愛をあらためて意識させられることだと感じています。

それは、「ない」を意識することは、
実存の認識に他ならないのと似た感じがあります。

今わたしは、ニュートラルな状態にありたいと、思いつつも、
やはり「愛をかんがえないこと」を考える女であります。


詩と死

at 2006 05/02 20:52 編集

わたしの詩には、死のメタファーがしばしば現れます。

それは、太陽神の死と再生にインスパイアされたものだったり、
メメントモリを意識したものであったり、
まさしく、まっさかさまの墜落感であったり。

死は誕生・生と切り離せないもので、
生きている以上、死について意識せずにいることは、
わたしには、とても難しいことであります。


(valent6.gif)


(dokuro3.gif)

性的快楽もまた、死に似たところがあって、
擬似的な死の体験でもあると思うのです。
それもまた、わたしのテーマであります。

興味のある方はぜひ、
「極私的詩集」のページを見てみてください。


MY LOVE FOR…

at 2006 05/02 19:43 編集

MY CAR!

ごめんね!
わたしのかわいい車ちゃん!
バッテリー交換が遅くなって!
オイルも、これからはマメに交換するよー!

長ああああああああいおつきあい。
わたしと自動車。
免許取ってすぐに新車で購入。
その後、○年浮気せずです。
死ぬまで乗るでーーーー!


太宰治・・・

at 2006 05/02 11:44 編集

どうして昔の人は、
モモンガのことを、

「ももんがあ」

と言うんかなあ?


略してGO!

at 2006 05/02 09:27 編集

略してしゃべりますよお!
大阪人ですから。

「無視して=むしって」

コレ、どうですか?
使える?


好きなタイプ?

at 2006 05/02 09:17 編集

・・・やっぱり、アレ、アレですよ!

肉球の柔らかい人かな!


賛成です。

at 2006 05/02 08:17 編集

真面目な話。

大阪姉妹殺人事件。
被害者のご遺族の方々の発言に、
哀悼と賛同の意を表します。

快楽殺人。
そんなの、あっていいわけない!
本人の思考回路とかの問題じゃない!

こういった事件では、すぐに「精神鑑定」と言った経路をたどるけど、
犯行にいたるまでに、すでに計画性を持っているとしか思えないものがほとんどで、
精神耗弱状態の人間が、
そのような事件を起こせるかどうか、
考えればすぐにわかるようなものじゃないのか?

極刑=死刑

快楽的殺人者には、どのような刑がふさわしいのか。
被害者の親になったつもりで、かんがえてみなさい。
犯行者くん!


イメージしてください…

at 2006 05/02 07:49 編集

彼氏とヨリ(カタカナがポイント)を、
戻したくって・・・

ラーメン食べ歩きしてて・・・

復縁したい・・・

こんな人ってどんな人?!

スポンサーサイトにツッ込み入れるわたしです。

ついでに。

初任給はどう使うべきだったかと、真剣に悩んでて・・・

休日に出かける予定がないから、暇つぶししてる・・・

東京に来て驚いてしまって、更なる活躍が注目されるアーティスト!

さあ、以上のキーワードから、
あなたは、どんな人物を想像しますか!?


脚を縛って。

at 2006 05/02 07:03 編集


(sandal2.jpg)

足首でストラップをくるくるとくくるサンダル。
かわいいですよね!

わたしの妹が好きだったのですが、
あれって、そそりますよね。
乙女心を。

流行りものでも、衰えを知らないものって、
人間の本質を突いている物なのかな?

脚を縛るのも(変か?)
きっと何かがあるんですよ。

乙女心やらなんやらの、
深い所にうったえるものが。


本当の話。

at 2006 05/02 06:53 編集

ありえないんです。

・・・ポリシーいじくったら、
ログインできなくなった!

ありえない・・・
なさけない・・・

セキュリティ意識がアダになりました。
と言うのも、ブロッキングされて初めて、
私用のパソコンのセキュリティが、
甘すぎることに気づいたのです。

バカ。
甘いよ。
甘すぎるっちゅーねん。

ウィルスさえ気をつけていればよかった時代は、
もう遠い昔のことなんですね(涙)

怖いよ。
へんなことする人。
人のパソコンいじくって、何がおもろいねん。
ヒマ人!


アリエナイザー

at 2006 05/02 06:45 編集

24時間営業中!

え?
いつ寝るの?って?

うふふふふふふ・・・
それは、ヒ・ミ・ツ・・・

猿!げっ!チュー!


LOVE TO LOVE

at 2006 05/02 03:15 編集

MSG=マッサージ

じゃなくて、マイケルシェンカーグループ。

CDが全然、売ってないんですー。

ROCK WILL NEVER DIEが聴きたいなあ。

誰かー!CD持ってへん?


(schenker.jpg)


げげげげげげげげーーー!

at 2006 05/02 02:13 編集

わたしは妙に勘が鋭くて、

わからなくていいことまで、

わかっちまうことがあるのです。

Get Away my way!


何が好き?

at 2006 05/02 01:46 編集

特撮
麺類
紅茶
深夜
早朝
残業手当
フレンチ
イタリアン
フランス映画
おすし
アメリカ
コンピューター
音楽
ヘビメタ

以下つづく


ボケツッコミ

at 2006 05/02 01:38 編集

今、気づいたけど、

多いな。


日記と詩

at 2006 05/02 01:37 編集

極私的詩集は、わたしのかけらです。

日記(これ)では、ふざけておりますが、
詩は、シリアスです。
この軽妙な語り口は、ありません。
深海のように、重厚です。

なーーーんて、自分で言うなッ!!

このごろ、詩をアップしてないので、
今から一句、ひねりだしてみます。

うそうそ。
ひねって出るもんじゃないってば。


彼とヨリをもどしたいのですが…?

at 2006 05/02 01:25 編集

ハア?

復縁したいのですが・・・?
・・・ハア?

あるサイトです。

んなこと、業者に頼むかあ??


ドラクエ時代

at 2006 05/02 00:59 編集

スクエニになってから、
ドラゴンクエストには、興味がなくなってしまったわたし。
て言うか、ゲームをしなくなりました。

「とうさん!やったよ!」
「おんせんから○歩あるくと」
「モンスターがあらわれた!」
「コマンド?」
「そんな!ひどい・・・」

こんな言葉でピクリとするのは、
わたしだけかしら。


浅倉威の夏

at 2006 05/02 00:50 編集

あいかわらずの、浅倉マニアです。

暑いよ。
暑苦しいよ。
あんたの蛇ジャン。
て言うか、キモいよ。

浅倉のことを考えると、
とっても暑苦しい。
・・・自分が。

しつこいよ。わたし。
でも、まだまだこんなやつは、
他にもいるし・・・

実は、浅倉の写真をかざってます。

蓮がスキスキスキスキスススススーー!!
って言ってたのに。
影もかけらもみじんもありません。
浅倉オンリーです。

好きなタイプ。
蛇。
好きな芸能人。
ハギー。
好きな変身ポーズ。
蛇が・・・。


そんなこと言っても

at 2006 05/02 00:34 編集

それにしても、昨日は暑かったですね。

クーラーが、故障してるんです。
「緊急用」というボタンを押して、
今、冷房しています。

子供のころ、暑いと食欲がなくなる、
と言うのがわからなかったのですが、
大人になってから、ようやくわかるように、
なりました。

暑い。ソーメン食べよう。
なんで夏は、ソーメンやねん??

今はわかります。


(somen3.jpg)


めぼーーー??

at 2006 05/02 00:26 編集

どうも。
めれんげ(サル)です。

みなさんは、まぶたにできる「できもの」を、
なんと呼びますか?

「めばちこ」ですよね??

あれを「めぼ」と呼ぶ人たちがいます。
その人たちは、おしりにできるできものを、
「でんぼ」と呼びます。


(ass350.gif)

めぼ。
でんぼ。

???


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、また無断で わたしの日記を掲載してますやん。。。 著作権法違反のかどで大阪地方裁判所へ訴えますでぇ~。。。


(kato3.gif)

めれちゃん!。。。 堅苦しいことを言いないなァ~。。。 わてと めれちゃんの仲やないかいなァ~。。。

そやけど、2006年5月の わたしの日記を どないして盗みやはったん?

めれちゃん!。。。 人聞きの悪いことを言うてはあっか~ん! わては めれちゃんのために大切に保存しておいたのやでぇ~。。。

ホンマかいなァ~?

めれちゃんは忘れてしもうたらしいなァ~。。。 わては、次の記事の中で、そのことを書いたのやでぇ~。。。


(love128d.jpg)

『喪失した愛の日記』

そやけど、どないなわけで、2005年の9月から2006年の5月に急に飛びはるのォ~?

あのなァ~、わざと飛んだわけではあらへんでぇ~。。。 めれちゃんが2005年の10月から2006年の4月まで長い冬眠をしていたのやないかいなァ~。。。

マジでぇ~。。。?

もし、その間に めれちゃんが日記を更新していたら わては ちゃんと保存しておいたのやでぇ~。。。 めれちゃんは、とにかく、気まぐれなところがあるねん。 2006年5月の日記はとにかく長い!


(merdiary.png)

『拡大する』

上のリストの青枠で囲んであるのが わてが保存しておいた2006年の5月の日記やねん。 Size を見れば解るように 186KB でダントツ! オレンジで囲んだ 2005年5月の日記 (74KB) も長いのやけど、その倍以上の長さなのやでぇ~。。。 そやから、今日は5月2日から5日までの4日間の日記しか取り上げることができへんかったァ。

そいでぇ、どないせぇ~、と あんさんは言わはるのォ~?

めれちゃんも、書く気になると、常人では及ばんほど書きまくるのやないかいなァ~。。。 そやから、そろそろ冬眠から目覚めて、『即興の詩』と『極私的詩集』を更新したらどうやァ~?

わたしは 今 生活に追われて 忙しいねん。。。 『即興の詩』どころやあらへん。。。

あのなァ~、めれちゃん。。。 誰もが生活に追われておるねんでぇ~。。。

そやけど あんさんは バンクーバーで悠々自適な生活を送っておりますやん。。。毎日 1時間 散歩がてら バンクーバー市立図書館へ歩いて通いながら 暇をもてあまして。。。 退屈しのぎに ブログを更新してますやん。


(ame40908e.png)

『実際のサイト』

赤枠で囲んであるアーカイブを見てみなはれ! あんさんは こうして暇に任せて 2005年の7月から ようけい記事を書きはってますやん。

あのなァ~、めれちゃん。。。 決して暇をもてあましてるわかやあらへん。。。 他にもやる事は たくさんあるねん。 そやけど、めれちゃんと同じように “応援してくださる方の存在は、何よりの宝物”やと思いながら 毎日 更新しておるのやでぇ~。。。

つまり、 あんさんは わたしが怠(なま)けてると 言わはるのォ~?

いや。。。 めれちゃんが怠けているとは思うておらんでぇ~。。。

そんなら どないに思うてはるん?

めれちゃんは性格的に熱し易く冷め易いねん。

熱しやすく冷めやすくて物事が続かない


(catyawn.jpg)

「盛り上がったと思ったらすぐに冷めてしまう」という性質を自分でもトラウマに感じている人は、まず、何をするにも一呼吸おいて考えるという性質をつけるようにするといいでしょう。
感情主体になってしまっていて、理性が働かない状態になっているからです。

けれども、この気質は、よい言い方をしたら「インスピレーション」が冴えているということ。
芸術家肌だったり、直感に優れているという面があるのです。

ただ、何でもかんでもインスピレーションだけで動いていると、「あれ、あのときはこれがいいと思ったんだけど……」と感じることが多くなってしまうかもしれません。
この世にひとりで生きているならそれでもいいのかもしれませんが、社会のなかでは人とかかわって生きていかなければなりませんから、やはり、理性で分析する目もプラスすることが必要でしょう。

 (中略)

要するに、インスピレーションだけに任せないのです。
ですから、ご自身で「私はインスピレーション型だ」と感じる人ほど、慎重に見直すというくせをつけておくといいでしょう。

この傾向があるたましいは、いうなれば憑依(ひょうい)体質なのです。
恋愛などでも、惚れっぽかったりするかもしれません。

自分でも「根気が続かない」と感じることが多いかもしれませんが、それは、何でも途中で止めてしまうから続かないだけ。
熱しやすく冷めやすいという人ほど意識して、ひとつでもいいいから何かを続けてみると良いのです。
途中で投げ出すのではなく、一定の結果が出るまで続ける。
それを第一目標にしてゆくと、理性で感情をうまくコントロールすることもできるようになります。

 (中略)

人生は、自分自身の“素材”をいかに“料理”するかという学びですが、熱しやすく冷めやすい人は、料理を作ろうとしてもメニューが定まらなかったり、いざ出来上がってみても、今度はどれから食べようか迷ってしまっているような状態なのです。
要は、目移りしやすくなっているということ。
こうした人は、計画性を持って生きることを学ぶために生まれてきたのです。

(注: 写真はデンマンが貼り付けました。
読み易いように改行を加えています。
赤字はデンマンが強調のため)


60-63ページ 『トラウマ あなたが生まれてきた理由』
著者: 江原啓之
2009年10月16日 第7刷発行
発行所: 株式会社 講談社

わたしが 上のニャンニャンのように あくびしながら 更新するのを怠けてると あんさんは言わはるのォ~?

いや。。。 わてはただ めれちゃんが熱しやすく冷めやすい気質やと言うてるねん。

その証拠でもあるん?

次のリストを見たらええやん。


(mer40909b.png)

『実際のサイト』

上のページは めれちゃんのアメブロのブログやがなァ~。。。、赤枠で囲んだ月別の投稿数を見て欲しいねん。 2014年の1月がダントツで。。。 この月には 97件の記事を投稿してるゥ~。

あんさん! こないな事まで調べんかてええやん。

めれちゃんが 証拠を見たいというさかいに 上のページを貼り付けたのやがなァ~。。。

それで、あんさんは 何が言いたいねん?

上の小文にも書いてあるけれど、この気質は、よい言い方をしたら「インスピレーション」が冴えているということ。芸術家肌だったり、直感に優れているという面があるのですと書いてあるやん。 しかも恋愛などでも、惚れっぽかったりするかもしれませんとも書いてある。。。 まるで、めれちゃんのことを書いているようなものやでぇ~。。。 うへへへへへへ。。。

下卑(げび)た笑いなど浮かべんで 核心を突いたらどうやねん?

めれちゃんには芸術的な才能があるのやでぇ~。。。 かつて、岩下さんが次のように書いてたやんかァ~。。。

新しい才能を直感


(lonely30.gif)

つまり寂寥感なんですね。
孤独なんですね。
詩は、でも癒してはくれません。
孤独を際立たせるだけです。
他者に訴えるには、それなりのフィクションが必要です。
虚実皮膜の間でしか芸術はありません。

こどくな心情を吐露して、
自分の死にたがっていることを、主張しても、
他人は喜びません。
文学も詩も所詮エンタメですから、
多くの視聴者を得るしかありません。
それ以外は自慰行為です。

孤独な詩は、孤独な死であり、
表現はエンタメ、それほど自分を貶めたくない、
芸人になりたくないのなら、自慰行為をつづけるしかありません。

小説家や詩人にたくさん会いましたが、
彼らは自分を売る芸人でした。
それが悪いとはいいませんが、
それをしたくない人間はブログしかありません。
どこかでだれかが、こころの叫びをきいているかも、

というパーソナルな、しかしみえないつながりしかありません。
でもマスコミのように汚れていない、
ミニコミは、これからの芸術かもしれません。

ネットサーフィンしてたら、
たまたま新しい才能を直感したので、コメントしました。
ブログのタイトルが変わっても、本質はおなじです。
がんばってください。応援します。

 

岩下俊三

July 30, 2009 17:00


『「極私的詩集」 極私的詩集にチェーンジ!』
コメント欄より

『美しい愛のコラボ』に掲載
(2009年11月26日)

わて以外にも、こうして めれちゃの才能を直感して応援している人がいるのやでぇ~。。。

それで わたしに どうしろと あんさんは言わはるのォ~?

別に めれちゃんに こうしろ ああしろと 言いたいわけやあらへん。。。 ただ、めれちゃんは平成の与謝野晶子になるべくして 才能を持って生まれて来たのやでぇ~。。。 


 

やわ肌の

あつき血汐に

ふれも見で

さびしからずや

道を説く君

 

by 与謝野晶子

 

(yosa11.jpg+yosa22.jpg)

あんさんは わたしに“平成の与謝野晶子”になれちゅうねんかあァ~。。。?

あきまへんかァ~?

あっか~♪~ん! そないなこと、日本語が解る世界のネット市民の皆様の前で言えるわけないやろう!?

そやけど めれちゃんは与謝野晶子が詠んだと思えるような メチャ熱い短歌を詠んでるねんでぇ~。。。

くちづけ

 


(kiss003.gif)

 

罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ

 


(merange52.jpg)

 

by めれんげ

2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

旧・【即興の詩】サイトは閉鎖!

『めれんげさんと六条の御息所』に掲載
(2010年2月12日)

すごいなァ~。。。めれちゃんは、こないな強烈な愛欲の短歌を詠んでいたのやがなァ!。。。

あんさん!。。。ちいっとも強烈ではありまへんでぇ~。 晶子さんが詠んだ上の短歌は1901(明治34)年に出版された『みだれ髪』という処女歌集に書いてあるねん。

とにかく、生活に追われて忙しいなんて言わんで、“平成の与謝野晶子”になってぇ、あんじょう“熱い愛の詩”を書くのやがなァ~。。。そうすれば めれちゃんのファンも満ちたりた気持ちになるねんから。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~。。。
問題は、めれんげさんが才能を十分に発揮して、日本の文壇に新たな息吹(いぶき)を吹き込むことだと あたしは信じていますわ。

ところで、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、3位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『めれちゃんと性具』

『めれちゃんの恥じらい』

『めれんげの郎女』

『めれちゃんの不満』

『下着 あそこ』

『花火の愛と小さな赤い花』

『めれちゃん、元気出して!』

『めれちゃんとカフカ』

『めれちゃんと詩と下着』

『めれちゃんの人気』

『めれちゃん、お呼びですやん!』

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

素敵なビキニを買います

2014年12月1日

 

素敵なビキニを買います


(renge62d.jpg)


(lookanim.gif)



(beachbg.jpg)
 

(rengebk2.gif)

日記とか

 

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


アジトへ直行。


(nospy.gif)

at 2005 05/25 02:48 編集

ふん。やっぱりおったな。

おまえ、マジで殺られたいんか?
よくも獲物取り逃がしてくれたな。

わたしは言うたはずや。
あの獲物は何があっても始末するって。

おまえが先にボコったほうが、
あいつビビるから、
わたしの前に、あの獲物つかまえろって
命令したん忘れたんか?

おい。コラ。
何イライラしとんねん。
やるんか?おい。

北岡殺る前に、消されたいんか?
あの弁護士が、いちばんイラつくんやろ?

けど、あの男を殺しやがったら、
ただじゃ、すまさへんからな。
おぼえとけ!

わたしの話、ホンマやってわかったやろ?
おまえ、わたし殺して楽しむつもりで、
のこのこと、ミラーワールドに来たな?

王蛇なんかな、
マルトの相手にもならんってわかったやろ。

まだ血が止まらんみたいやな。おまえ。
自分の血なめるん好きやからなあ?

その血なあ、マルトのソードベントだけで、
いつまでも止まらへんのわかってるやろ。

ソウルクラッシャー食らわそか?
わたしは強いって言うたやろ。
それに速かったやろ?

スチールベント?
あの遅さで、わたしのサーベルとる気やったんかあ?
笑わすな。

イラつくやろ?
こんな女に命令される気分はどうや?
かかって来いや。

ほら、鏡もってるんやで。
ミラーワールド行こか?あ?

殺りたきゃ、あの獲物にしろ。
おまえの好きなように楽しんだらええわ。

あさって、プレゼント持ってきたろか?
何がええか、考えときや。
わたしもな、いちおう人間やし。


ひとりよがりで悲しくなる


(sadgirl.gif)

at 2005 05/24 14:41 編集

今ひとつの詩?を書いて、

あまりにも、悲しいものになってしまって、

ひとりで勝手に落ち込んでいます。

実際のことにもとづいて

書いたものなので悲しさも倍増です。

ハア…。がっくり。


きつねさんの教えてくれたこと


(kitsune.gif)

at 2005 05/24 13:54 編集

わたしはとても大切なことを
きつねさんから教えてもらった

わたしはきつねさんが言ってたように
あわてないように
気持ちがわたしに
早く、早く、と言っても
どれだけ時間がかかっても
ゆっくり、ゆっくりと
自分に言い聞かせてた

岩のかげで様子を見ながら、
10センチだけ前に行ってみたり

目があってしまって
いそいで気づかなかったふりをしたり

きょろきょろしているから
1センチもうごけなかったり

何日もかかっても
まだまだ遠かったけど
あわてちゃいけないんだって
きつねさんの言ってたことを
いつもおもいだしてた

教えてくれたことを
わすれてしまってたのかな

あわててとびだしてしまったのかな

たいせつなことをおぼえていたのに
うっかりしていそいでしまって
うしろすがたがまた
とおくへいってしまうのがみえるよ


ワルサーP38


(p38.gif)

at 2005 05/24 12:21 編集

♪この手の中にーいー

 抱かれたーものはー

 全てー消え行くー

 さだめーなのさー

 不二子ーちゃんがー

 お宝持ち逃げーーえーーーー♪


すぐに来い

at 2005 05/24 04:22 編集

わたしは、マルトに変身した。
アンタより確実に強い。
サバイブも手に入れた。

ファイナルベントはソウルクラッシャー。
これ食らったら、完全な無になるぞ。

アホな事は考えるなよ!
今回はマジで言うてるんやからな。

ミラーワールドにすぐ来い!
獲物の居所、教えるから殺って来い。

美穂さんのねえちゃんの時とは、
意味が違うのわかるか?

おまえがイラついてようが、なんやろうが、
こっちには関係ないんや。

これは命令や。
じわじわとなぶって、思い知らせて来い。

死ぬ寸前までやれ。
最後は、わたしがとどめ刺す。


(killbil2.jpg)

わかったな?
本気やからな。

おまえを消すぐらい、今のわたしには、
カンタンな事やからな。
生き残りたけりゃ、すぐに来い!


プレゼンテーション

at 2005 05/24 01:37 編集

わたしは、病的妄想病だけど、
妄想だけでは生きていない。

判断力も洞察力も確かに低下している。

だけど、わたしは職業病のおかげで、
精密に、問題をトレースしていくことは、今でもできる。

フローチャートを書いて、
流れをデザインすることだってできる。


(chart01.gif)
『拡大する』

実際、今も全てを洗い出して、
後追いながらでも、書く自信はある。

そして、プレゼンの資料を作ることも、
きっとできる。

人を納得させるプレゼンにする自信もある。

あらゆる資料を集める根気もある。

徹底的な調査も苦になんてならない。

確実に正確な物に仕上げて発表する。

質問などにも、的確に答える準備をする。

mspptで、スライドショーにするのが、
最も良い方法かもしれないと思う。


これ、トランシーバーです。


(transib2.jpg)

at 2005 05/23 23:03 編集

軍曹!緊急事態発生にて、

作戦を一時停止いたします!

ガオーッ!

ピーーーーーーーーー


純粋完全なオリジナリティ

at 2005 05/23 15:56 編集

わたしは、クリエイティブな人間でありたいと、思って来た。
今も。

カン違いかもしれないけれど、
クリエイティブ=オリジナリティ。
そんなふうにも、思ってきた。

「これからもクリエイティブな仕事を期待しています」
と、上司から言われた時は、本当にうれしかった。

サービス残業なんて、気にもならなかった。
休日出勤にも、仕事感覚は感じなかった。

不謹慎だけど、その頃職場は、
創作の場だという意識もあった。

イラストレーター、デザイナー、ライターなどの職種の方とは
全然ちがう事を、していたのに、
なぜか、創作意欲で動いている部分が、かなり大きかった。

前から気づいては、いたけれど、
わたしはこの頃、自分がこれまでに、
いかに多くの、人、作品、思想などから、
影響を受け続けて来ているかということを、
身にしみるほど、感じている。

おそらく、生まれた瞬間から、
外部からのあらゆる刺激が、
わたしの細胞を作り続けているのだと思う。


(sadgirl32.gif)

自分に内在する物だけで、
何かを生み出す事なんてできるはずがない。

わたしの考えていた「オリジナリティ」
それは、不可能…というよりは、
まさに妄想。その言葉を口にすれば妄言。

自分に影響を与えてくれる全ての人、
事物に対して、これからは感謝の念をもって、
生きていこうという決意が、ようやく固まったと思える。


BPDメモつづき( ゚Д゚)イッテヨシ。はい・・・

at 2005 05/22 14:01 編集

見える、見られることへのこだわり
ターゲットに共通する特徴
共依存=純愛は誤解?

ターゲットのありえないような発言によって、
試す、見捨てる(逃げる)、感情をむき出す、脅す、
平静すぎる態度?ごまかし?
(非常に低い確率で「気づき」が始まる)

恋愛方面について
「愛」(言葉)の多用
自分はその男性を愛していると確信
=自己欺瞞?高揚感のみを求めている?

愛を果てしなく要求する
恋人への、常人には不可能な要求


(lost201.gif)

第三者的には、彼女の「恋人」は、
冷たくはない。
愛の足りない人間ではない
むしろやさしすぎる?

→ターゲットの進化方????
彼には彼女が不憫にみえる?

愛という言葉を好むが、
おそらく本人の中での意味は、
他人とは別物の概念を持っている。

愛されているのかどうか、
しつこすぎるほど、聞いて来る。
疑いをほのめかす。

→どうしても理解されたい恋人は、
彼女を愛している理由を懸命に考えて、
真剣に自分の気持ちを語る。

証拠?を示すために、
自分と彼女にまつわる話をして、
思い出してもらう努力をする

彼女が自分を信じていないことを嘆く

…ここから年月?日にち?がたって。

彼が彼女に辟易して去る

疲れすぎて彼自身の精神状態も悪化
→うつ、ノイローゼ、心身症etc

彼女の要求・行動などに異常性を感じて、
あっさり去る。これは冷たい!

彼女がBPDである事に気づき、
自分の無力を知って…

①救おうとする努力を始める

②壁の厚さに自信をなくして苦しみつつ、
去っていってしまう。

③彼女の「あなたへの愛」は、
「わたしへの愛」だと気づく



(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、また無断で わたしの日記を掲載してますやん。。。 著作権法違反のかどで大阪地方裁判所へ訴えますでぇ~。。。


(kato3.gif)

めれちゃん!。。。 堅苦しいことを言いないなァ~。。。 わてと めれちゃんの仲やないかいなァ~。。。

そやけど、2005年の5月の私の日記を どないして盗みやはったん?

めれちゃん!。。。 人聞きの悪いことを言うてはあっか~ん! わては めれちゃんのために大切に保存しておいたのやでぇ~。。。

ホンマかいなァ~?

めれちゃんは忘れてしもうたらしいなァ~。。。 わては、次の記事の中で、そのことを書いたのやでぇ~。。。


(love128d.jpg)

『喪失した愛の日記』

。。。で、どないなわけで、2005年の5月の日記を持ち出してきやはったん?

実は、めれちゃんは 珍しいことに5月中は ウツから抜け出して 驚くほど多くの記事を書いてるねん。 そやから、5月の日記をすべて書き出そうと思ったのやけど、長すぎて その半分だけを書き出すことにしたのやがなァ。。。

。。。で、残りの半分は どないするつもりやのォ~?

また近いうちに、残りの半分いついても書き出そうと思うねん。

。。。んで、どないなわけで、ここで中断して 注釈を書こうと思いはったん?

上の5月22日のエントリーの中で めれちゃんは BPD と書いてるねん。 そやけど、多くのネット市民の皆様は BPD が何を意味するのか知らんと思うねん。

そうやろか。。。?

そういうものやでぇ~、そやから、わては BPD のことを説明しようと思うたのやがなァ~。。。 BPD つうのんは Borderline personality disorder の頭文字をとった略語で、日本語では、「境界性パーソナリティ障害」と訳されておるねん。 そやけど、長すぎるので通称“ボーダーライン パーソナリティ ディスオーダー”をちじめて“ボダ”と呼ぶ人も多い。 そうやろう?

そうらしいですう。

めれちゃんは、この障害に悩まされてきたのやなァ。

でも、わたしはボダを克服しましてん。

わたしはボダを

克服したんですよ!

投稿日時: 2007-04-09 11:29

縁は異なもの妙にして

有難きものですね


(renge94.gif)

それにしても
デンマンさんのおっしゃるように、
長いおつきあいになりましたよねっ!(ニコニコ)
ネットで知り合って、紆余曲折はあったものの、
現在もこうして、きわめて親密なやりとりを
続けることができている、ということに、
あらためて「縁」というものを感じています。

そして、今のわたしはデンマンさんを
信頼しています。
信じていると同時に、頼りに思っている面も
あるんですよ(困りますか??)

わたしがデンマンさんに対してキレること…
今は、自分から一方的に決別するようなことは
考えられないんですよ
互いを人間として尊重しつづければ、
何ら恐れるものはないと、思っています。

それに…
しつこいようですが
わたしはボダを克服したんですよ!
とっても苦しい道のりでしたが、
通院するとともに、自分でも勉強して、
回復のための、あらゆるメソッドの中で、
「気付き」というものを、得ることができました。
かたくなで脆い自我を、育てなおすこと…

それは、死ぬまで続けなければならないことですが、
逆戻りなどしたくはありません。
ボダのマイナス面によって、
自分以外の方に、迷惑をかけることが
如何に幼稚で見苦しいものかということを、
血がでるほど、痛感しています。

 

by めれんげ


『めれちゃん、落ち込んでるの?』より

そないなわけで、めれちゃんの“愛”は、普通の人には なかなか理解できへん。

わたしの“愛”は普通の人の愛とは、そないに ちごうておりますのやろかァ~?

上の めれちゃんの手記を読んで、これを読んでいるネット市民の皆様に判断してもらうより他にないんとちゃうん?


メモです(またか!)

at 2005 05/22 12:56 編集

BPD or BPD?女性について

美への執着

誇大すぎる評価から、こきおろしの対象へと、瞬時に変わる

自己の内面と現実の区別

他者が理解不能な感情?行動?言動?

見捨てられる前に見捨てる


(renge87c.jpg)

うつ的状態の理由

狂気に近いしがみつき

ターゲットを試す言動

万能感、幼児的?

激情型

自閉型

自滅型

理不尽な攻撃、仕返し

肉体と精神の分離

離人症


深夜の再放送でこっそり見た映画


(netgal02.jpg)

at 2005 05/22 12:02 編集

ものすごく久しぶり!
マセエロガキだったわたしを、
さらにレベルアップさせた貴女へ。

わたしは、あの映画の主題歌を、
カラオケで歌ってしまうような大人になりました。

パタヤビーチ。
この言葉に今でも反応してしまいます。

わたしにとって、フランス人のイメージは、
申し訳ないけれど!○○○大好き!です。

そんな影響を、わたしに与えてしまったのは、
すべて貴女です…

驚きました。
貴女のことを、誤解していました。

×××しか考えていない女性だなんて、
思っていたわたしを許してくださいね。

見てしまいました。
熱く語っていましたね。

あれは、お説教なのでしょうか?
何かあったんですか???

いつもとは別の意味で、
感情的になっているような言葉に、
共感してしまいました…。

いきなり、お説教されていたあの人には、
わるいと思いつつも共感しました。

もしかして、わたしと同じ意味での、
「愛を考える女」に?


みゆきタンの占いは当たる。

at 2005 05/22 02:19 編集

「蛇に破滅させられるだろう」
投げたコインは裏やった。

わたしは、アンタに殺されるんだけは、
ヘソ噛むぐらい、アホくさいぞ。
イライラどころとちゃうで~!

でもさあ、キュートなラブリーな、
優衣タンを、危ない目にあわせたら、
そん時だけは、エンドオブワールドや!
カルシウムとりや~。

んじゃね!ばいばーい!
髪の毛黒くそめたらあかんで~!

あ。浅倉さあ、弟いじめるな!


まったく関西人っていうのは・・・

at 2005 05/21 21:21 編集

はい。もちろんわたしも、関西人ですが。

わたしの周りだけでしょうか。

人が、悩んでるのを見て、笑うのです。

なんだか、うけているのです。

はぁ…

全く。

…確かに、今のわたしって、かなり、相当、

衝撃的におもろいわ!

でも、そこまでウケるな!!

某友人へ。


日記、書き物について。


(renge25y.jpg)

at 2005 05/21 14:52 編集

この日記?は、正直なところ、
読者さま(いますように…)に
申し分けない文章が多いと思っています。

自己満足や妄想や、
自分だけウケているような意味不明なものとか、
うっぷん晴らしなどが、ほとんどになっています。

公共の場所。
それを忘れている事もよくあります。

もしも、ですが、
読んでいただいてくださる方がおられれば、
お詫びいたします。
そして、ありがとうございます。

それなのに、きっとこれからもわたしは、
同じことを、くり返してしまうでしょう。
お許しください。

わたしはこっそりと、詩のようなものも、
書いています。

自分の修練のために、書いたものも多くあります。
ありがたいことに、わたしの書いたものを、
評価して下さる方もいます。

ふざけてばかりいますが、文筆に関しては、
未熟者なりに、成長していくことを、
めざしています。

なので、自分の書いた物を読み返して、
始終反省して、向上して行くには、
何が必要で、どこを改善すべきかという事を、考えています。

以下つづけたいですが


わたし的には特別な日のこと。

at 2005 05/20 19:34 編集

フレディー・マーキュリー氏へ。

熱狂的なファンではなかったのですが、
クィーンの曲で、昔から好だった作品はいくつかあります。

初めて聴いたのが、「Bicycle」…
タイトルは合っているか、ちと疑問です。


(freddie2.jpg)

♪バーイセコー、バーイセコー…が、ものすごく耳に残りました。
あ。その続きは、確か…
♪I want to ride my bicycle~
だったと思います。多分。おそらく。??

少し前に、何かのドラマでクィーンの曲が、
使われて、再ブレイクしましたね。

わたしが一番好きなのは、「ボヘミアンラプソディ」です。
あれはすごい!と思います。
ミュージカルか、オペラか、という感じの壮大さは、
他にはないと思います。

「フラッシュゴードン」もイイ!です。
映画も、とても楽しめた記憶があります。

話がかなり逸れてしまいました。

特別な日のことですが、
フレディー・マーキュリー氏の命日は、
わたしの誕生日なのです。

彼が亡くなった時、そういった意味もあって
非常に驚いてしまいました。

ものすごく、わたし的に特別な日です。


龍騎ママさんたちへ、

龍騎バカより。

at 2005 05/19 22:25 編集

もう、手遅れなんですけど、
これを見てくれる方も、いると思います。

きっと結婚されていますよね?
(じゃない方、本当に申し訳ありません)

ご主人も、いらっしゃいますよね?

ひょっとしたら、当時すでに、
お子さんもいらっしゃったでしょう?

ハリケンジャーは、家事などしながら見てましたか?

8時00分からは、テレビに釘付けでしたよね?
そうですよね?

あれから息子さんが、お誕生された方。
おめでとうございます。

その中でも、一部の方にだけ申し上げます。

そんな名前、普通はありませんよ。

ご主人は、息子さんのお名前を
どう思ってらっしゃるのでしょう?

息子さんが成長された時、いいんですか?

後悔しても遅いんですよ。

真司とか秀一などじゃダメですか?

ダメですよね。わかります。

ハッキリ言いますが。

「蓮」ですか。

れん。レン。REN。蓮。

苗字を「秋山」に変えた方は、
さすがにいらっしゃらないでしょうけどね…


メモです。

at 2005 05/19 21:08 編集

立夏ちゃうやん。

夏至やん。


里美さん元気ですか。

at 2005 05/19 20:25 編集

ふと、思い出しました。
バイト先での先輩なのですが、
わたしを、とてもかわいがってくださった方の話です。

初めてコロナ(メキシコビール)を、飲んだのは、
里美さんの連れて行ってくれたバー。

行きつけのお店でも、
いろいろと、ごちそうして下さいました。

「くじら!今はめちゃ高級ですよね!!」

「さすが、さっきまで泳いでたから、新鮮すぎる~!」

「この煮付け、今までで一番おいしいっすよ!!」

わたしは、とても、はしゃいでました。

里美さんはわたしを、
他にも「大人やなあ!」と感じる場所へ、
連れて行ってくれました。

なのに、わたしときたら、
「わたしの行きつけのとこで、昼ごはん食べましょうよ!」
と、里美さんを“ハヤシ食堂という、
ガラスケースの中から、自分でおかずを取り出す方式の、
いわゆる「定食屋」へ連れて行ったことがあります。


(teishoku5.jpg)

お客さんは、おっちゃんばかりです。
その中に、わかい娘がふたり。

里美さんは、おもしろがっていました…
(劇的に庶民的な食堂です)

ある人気ロックスター(変な言葉)と、
友達(彼氏??)だった里美さん。
…別世界の人でした。

まったりとした口調で、おもしろいことを言う里美さん。
よく笑わせても、もらいました。

これを見る可能性は、1%もありえない事とは、
思いますが、メッセージです。

「里美さん~!ありがとうございました~!
わたしは、いまだに相変わらずです~!」


近日公開のラブストーリー。


(love125b.jpg)

at 2005 05/18 01:50 編集

キャスト決まってます。

シナリオ、監督はめれんげです。

意外な恋、美しい心にひそむ復讐への執念。

裏切りを知って恋心が狂気へと変わる。

ってな構想なのですが、

いつ書くのやら、わからねえ!


ラブレター

at 2005 05/17 17:48 編集

古くてすみません。
ブルーハーツの「ラブレター」です。


(luvlet3.jpg)

男性の女性への想いを歌った曲ですが、
女性であるわたしがこの曲を歌うと、
泣けてきて、歌えなくなることがあります。

…その昔、カラオケで歌って、
人前にもかかわらず、泣きました(恥)

残念ながら?かな?
男性がカラオケ等で、この曲を歌っているのを、
聞いたことはありません。

…というよりは、もちろん誰が歌っても、
というわけではないのですが、
もしも、彼氏や好きな人が、歌ったら…
「そ!それは、歌わないでえ~!」

歌詞が、たまらないんですよ。
「あなたよ、あなたよ、しあわせになれ」
ここが一番弱点かなあ?

あ。その前の、
「ほかの誰にもいえない、ほんとうのこと」
ここから、もうすでにダムが決壊しますね。

まあ、歌い出しからすでに、
ダムの堤防がこわれだしますが…
それでも歌ってしまうわたしでした。


浅倉威殿へ。


(angry13.gif)

at 2005 05/17 14:12 編集

んもお~!何考えてんねん!

あのアジトで、インターネットなんか、
できるわけないのに、わたしの日記見たん?

ちょっと「浅倉威」「イライラ」って、
書きすぎたわたしもマヌケやけどさあ、
別に友達になったつもりちゃうで。

カン違いして、友達の所に来たつもりか?
浅倉、あのさあ、もうヤモリも食べあきたのは、わかるよ。
わかるわかる。

けどな、わるいけど、うちに来てもね、
こっちにも、食べ物ないんや!

しかもさあ、わたしが気をつかって、
「草加せんべい食べる?」
って、言うたらアンタ…

「ざらめはイライラするんだよッ!」
ブチ切れて、わめくなあああああ!!

なんで王蛇に変身して、帰って行ったん?
意味不明なんや!アンタは!

あ~あ。
優衣タンのお兄タンに、カードデッキくれ!
って頼もう。

サバイブのカードも。


Do you・・・?

at 2005 05/15 23:53 編集

Can I ask you about her?


部活のみんな元気かなあ?


(bukatsu20.gif)

at 2005 05/15 09:54 編集

今日のプリキュア、バスケットボールが。

わたしは、バスケ部所属でした。なつかし!
めちゃくちゃきたえられました。

なんで陸上部より、走らせるんだ!
なんで男子と同じメニューなんだ!
3on3とかなら男子といっしょでもいいよ。

腹筋・腕立て・指立てetcは、
男女、別にしてよおおおおおおおお!

顧問先生!わたしたちを、
そんなにキン肉ウーマンにしたいのかあ?

ほかの部活の子が、わたしたちを見て、
かわいそう…って言ってるんやあああああ!

夏休み?んなものあるか!夏地獄です!
永遠に水道水を飲み続けたこと、ありますか?

命にかかわる部活です。
人間は何パーセントの水分で、できているんでしたっけ?

わたしたちって、地獄から解放された時には、
何が残っていたのでしょうか?
とりあえず、水分なんかないわーーーー!

あ。つい、この手がすべってしまいました。

わたし、へったくそ部員だったんですが、
なぜか、シュートだけは命中率高かったです…謎です。

あ。ひとつ言い忘れてた。

あのお、顧問(とは呼んでいませんでした)
試合中、気に入らない場面ありますよね。

見てて、あれこれ言いたいですよね。
でもね。
あのさあ。
これだけは言う。
言わせてもらう。

いすを投げるなああああッ!!!
パイプ命中させて殺す気かあああああッ!!


遠方より友来る

at 2005 05/14 21:08 編集

〆(゚▽゚*)じゃなくて、妹が来るんですが、

おい!いもうと!連絡して来い~!
明日やんかあ!何時やねん!

…自分から来ると言ったのに、連絡をしてきません。

そんな妹です…。


(sisters.jpg)


これ、メモです。(コラ)

at 2005 05/14 14:19 編集

職業病の呪縛

BACK TO THE PAPER AND PENCIL

メレンゲ、ダイアリーをコンピューターにすてないで!

あ。パクリくさい。今の。えびすさんめんご。

腕から先は電算室

人の気持ちも考えず、毒を吐きたる女とは、
夢遊病とぞ云うがごとしや

アクセル氏に泣くなって言われてもさあ…
やっと完全にSEになれたよ!

プロジェクトは自動迷惑自虐システムやねん!

めぐりあひて、見しやそれとは知りながら、
雲のいづこはいざ明くるとは
詫びる我、届かぬ言葉、立夏へと。

これ風流やねえ。はあ?  


すべてを。

at 2005 05/14 13:34 編集

浅倉に八つ当たり。

「無意味にイライラするんだよーーー!」


あー。またやってしまったよ。

at 2005 05/14 13:29 編集

明け方?深夜?
またしても、ここに毒を吐いてるよ。

不快になられた方、もし、いらっしゃったらスミマセンです。
見ていない事にして下さい。

公共の場に、ごみすて禁止!


これやん。

at 2005 05/14 03:18 編集

ラピッドサイクラーか?わたしは。

自分につきあいきれません。

寝たいわ。

起きたくないわ。


(dizzy2.jpg)


冷静に考えたらわかるやん。

at 2005 05/14 02:24 編集

男と女じゃ、ワケがちがうんや。
東京勤務の大阪人。

いきなり、もてるようになったのも、君が男やからやん。
おもしろい。笑える。ウケる。

関東レディと何人つきあったん?
こっちにいる時には、もてない君を自認してたなあ。

ホンマに女の子と縁がなかったね。
でも、今はめちゃめちゃハッピーやん。

彼女とラブラブやん。
世田谷に住んで、鎌倉出身の彼女と、
多分、結婚もするんちゃう?

大阪は大好きやけど、
初めて大阪に裏切られた気分やわ。

さむいわ。自分が情けないわ。
傷つきたくないわ。

尼崎か岸和田の人が、
わたしにはお似合いなんとちゃうんですか?
傷つく勇気?ない。即死したらどーすんのよ。

何?このまっさかさまな落ち方は。
怖いに決まってるよ。

自分に自信もってる人なんて、いるん?
自己嫌悪を知らん人なんかいる?

不安やから、降りてしまいたいのに、
降りるなんてできないねんけど、どうすりゃいいのよ?
恥ずかしいわ。


「いつまでもイライラさせやがるぜ!」

at 2005 05/13 23:31 編集

仮面ライダーイブキ。おもしろいですか?
わたしはただ、ながめています。

555は、いちおう見ていました。
乾巧くんは若き日の、花園しのぶが愛した人へと、変身しましたね。
わたしはあの純愛に、涙を流しました。

さかのぼります。
「浅倉威」「イライラ」
これだけで、ばかうけするわたしって、
やっぱりしつこいですよね。

ついに、デスクトップに浅倉を、
貼り付けてしまいました。

これで、いつでも浅倉を、
おちょくることができます。
イライラ全開です。

龍騎放映時には、
あんなに真剣に見ていたわたしだったのに。

映画版は劇場で、二度も見て、
二度とも泣けて泣けてしかたなかったのに。
(しかも、ひとりで行きました)

最終回、ゴローちゃんの姿に衝撃の涙。
目を閉じたまま、椅子にすわる北岡に涙。

真司くんが車にもたれて動かなくて涙。
その真司くんに呼びかけ続ける蓮の涙に涙。

「しつこいんだよ!イライラするぜ!」

…アンタには、笑いすぎて涙。


鶴橋のおばちゃん・・・


(turuhas2.jpg)

at 2005 05/13 20:43 編集

じゃなくて、先生。

行こうかなあ~とか思っても、
ぐっさぐさに言われるのが怖いなあ。

大阪ローカル、そして身内ローカル。

先生に、わたしが「いい思い」するのは、
いつなんすか?どんないい思いなんすか?って聞きたいわ。

確かに、「いい思いするまでは、死なれへんで」ってのは、
おっしゃるとおりかも知れんけどさあ。

知る人ぞ知る、鶴橋のおばちゃん。
驚異の的中率で、わたしたちはゾクゾク~。
某小学校の前を通って…

誰か知らんかなあ?


Tomorrow never knows その1

at 2005 05/13 15:27 編集

ミスチル(略してごめんなさい。)
桜井氏作詞かな?無知ですみません。

わたしは彼らの作品の、歌詞に対して
強く共感する部分をいくつか持っています。

「Tomorrow never knows」は、
最も感じさせられる言葉が多い曲です。


(tomorrow2.jpg)

「今より前に進むためには、あらそいを避けて通れない」

まず、このフレーズなんですが、
言い争いや、苦しみや、トラブルが待っていることなんて、
わかりきっているのに、

自分の心に嘘をつき続けることや、
身動きできないほど全てが煮詰まってしまった時、
ごまかして、あきらめて、わりきって、
現状維持が安全だと、
そこに留まる事を、どうしても選べない。

ここから去ってしまわなければ、
自分は自分である事を、失ってしまう。

エゴイスト、無責任、先の見えないバカ者などと言われて、
人々に軽蔑され、笑いものに
されている事を知っていても、

今よりも先へ進まなければ、
心はしぼみ続けて行くのだから。

引き止める人、説得しようとする人、感情が
あらわになって、しがみついてでも、懇願を続ける人…

争いなんて、したくない。
でも、先へと、この先へ向かうしか、
自分には、方法がわからない。

たとえ、激しい争いの果てに、
その人と作り上げた物がこわれてしまっても、

想いを口に出すことができずに、
全てが自分の身勝手さで、
優しかった人に、深い傷を与えてしまったとしても、

このままここへ留まれと、説得する人に対して、
自分の強情さのせいで、言い争いが二人を永遠に、
本当の意味での他人にしてしまったとしても…

桜井氏の気持ちは、
わたしにはわかるはずもありませんが、
このフレーズに、自分の心情を重ね合わさずにはいられません。

他にも、もっと思うところがあって、

つづけたいので、「つづく」です…

(ミスチルファンの方、すみませんでした)


病的感情移入の悩み


(lonely30.gif)

at 2005 05/13 03:17 編集

やっぱり困っています。
どうして冷静かつ適切な態度で、
わたしに悩みを打ち明けてくれる人の、
相談相手になって、
気持ちを和らげてあげることができないのでしょうか…

すぐに、その人を悩ませる人への怒りが、
こみあげてきて、キレてしまう。

暗闇で泣いている人の心が、乗り移っってしまって、
精神状態が乱れすぎるので、
相談相手になるどころか、
自分自身がおかしくなってしまう。

テレビドラマなどで、泣いている女優さんをみると、
わけがわからなくても、涙が止まらなくなる。

書き出したらキリがないです…
これは、きっと何かの病気だと思います。

本当に困って困ってます。

心臓とか、脳とか、神経などが、
持ちこたえられなくなって、
死んでしまったらどうしましょう。

死因は「感情移入」だなんて、
情けない。恥ずかしい。笑うしかない。
もう、感情ってやつを削除。


おれの占いは当たる。


(ataru12.jpg)

at 2005 05/12 18:54 編集

手塚海之タン、ありがと♪

「きみはいい思いをするだろう」
さすがやねえ。
当たってたみたいやねん。

わるい思いもあるねんけど。
それって、消えてくれるの?

もう一回うらなってくれへんかなあ?
この悩める子羊、じゃなくて、狛犬を。


王蛇が来る~!


(snake3.gif)

at 2005 05/12 07:03 編集

「イライラしねえのかよ?」

また徹夜したわたしに、浅倉が言ってる…

「不健康なヤツはイライラするぜ!」

あんたには言われたくないよぅ…


またまたニルヴァーナ。

at 2005 05/11 22:37 編集

憶え間違いだったら申し訳ないです…

「俺の死を乗り越えろ」
カート・コバーンは、こう言ったんですよね??

いろんな意味を想像してしまいます。

単純にナルシストなスターの発言なのか?

まず、こう思ってちょっと「え?」って感じたのです。

でも、「俺の死」=「お前たちのタナトス」

タナトスに満ちていた自分を、
彼へのシンパシーで生かされていた人々と、
カートは自分と重ね合わせて、
やがて同化していって、
数え切れないほどの人々の、
死への欲望を自分のものにしていったのではないか?

「俺の死」を乗り越えることは、
エロスって物を思い出せ、ということだったのかも知れない。

…ちがうなあ。

自分の何かを形作っている者たちへ、
俺の魂をくれてやる、と思ったのかなあ?

「生きろ」と言いたかった?

「お前らが死んだら俺は、あの場所へ行けなくなる。」

わからないです…
誰か教えて下さい。


(curtdead.jpg)

彼のリビドーを、わたしは手にいれたい。
苦しんでもかまわないから、
この、くだらない欲望しか持っていないわたしに、
与えてください。


仮面ライダー龍騎「episodeイライラ」


(ryuki31.jpg)

at 2005 05/11 20:59 編集

浅倉「イライラするんだよォ!!」

わたし「イライラするんだよォ!!!」

浅倉「変身!!」(ポーズをとりかける)

わたし「ぷッ!」(笑う)

浅倉「きっ…貴様ぁ、まさか…」(あせる)

わたし「カードデッキはここだよ♪」

浅倉 (イライラ全開!向かって来た!!)

わたし「…変身」(ファム風ポーズ)

—戦闘シーン。浅倉変身不可。---

浅倉「火をつけたのはおれなんだあああ!」

わたし「子供の時の事は、もう忘れようよ」

浅倉「うううううう…」(泣いてる?)

わたし「令子さんも浅倉君はホントは、
    純粋な人だって言ってたよ。」

浅倉「きッ貴様!お、おれはあの女
  なんかイライラするんだよォ!」

(イライラなのか赤面なのか浅倉の謎顔) 

わたし「あー!やっぱり好きなんだ?」

浅倉「てめえ!殺ってやる!」(イライラ)

わたし「殺られるのは浅倉君だよー♪」

浅倉(イライライライライライライライラ)

・・・カチッ!カード装着!!・・・

「ファイナルベント」

浅倉「くッ!!」(イライラ…でも汗。)

わたし「3匹も契約するなってば!」

浅倉「お、おぼえてやがれー!!」

猛ダッシュで逃げてゆく浅倉…

蛇柄のシャツが、朝焼けに走り出してゆく。

♪朝焼けに包ま~れ~て、走り出~した、
ゆくべきアジト~♪ 

・・・続く。


マダムの予言?

at 2005 05/11 08:14 編集

友達の「マダム」が、
わたしに不吉な予言をしたから、
それを思い出して、眠れないのかな?

予言じゃなくて忠告やけど。
ぬけがらみたいな気分。

でも、王蛇が乗り移った気分もする。
あああ。どうしてそこまで出来るの?
わかりきってることやのに。


(snake90.jpg)

あまりにも、ショッキングで、
思い出す。思い出す。思い出す。・・・

人間やのに。
そうまでして、守りたかったんや。

なんて純粋な人・・・
他の人が忘れてても、
わたしは、憶えてる。


ニルヴァーナに行こうかな。

at 2005 05/11 06:38 編集

シアトルで生まれたかった。


(seattle9.jpg)

カート・コバーンと幼なじみで、
いっしょに作詞して、リチウムみたいな曲。

アンフェタミンの曲とか、
いつもにらみつけてくる女の子の曲とか、いっしょに作る。

大人になってから、脳みその中に友達ができて、
カートが喜んで、また曲を作った。

いっしょに階段にすわって、
ケラケラ笑いながら、
あの黒いやつでニルヴァーナへ行きたかったなあ。

カート・コバーン、わたしを呼んでよ。


(curt44.jpg)

そこへ行けば、静かな落ち着いた毎日が、
ずーっと続くって聞いたから、
わたしはそこへ行きたいよ。
カート・コバーン。


めれちゃんは、ずいぶんと カート・コバーン にハマッておるねんなァ~。

どないなわけで、あんさんは そないに思いはったん?

そやかて、めれちゃんは ずっと上の手記で次のように書いておるのやないかいなァ。

「俺の死」=「お前たちのタナトス」

タナトスに満ちていた自分を、
彼へのシンパシーで生かされていた人々と、
カートは自分と重ね合わせて、
やがて同化していって、
数え切れないほどの人々の、
死への欲望を自分のものにしていったのではないか?

「俺の死」を乗り越えることは、
エロスって物を思い出せ、ということだったのかも知れない。

…ちがうなあ。

自分の何かを形作っている者たちへ、
俺の魂をくれてやる、と思ったのかなあ?

「生きろ」と言いたかった?

お前らが死んだら俺は、あの場所へ行けなくなる。

わからないです…
誰か教えて下さい。

 

タナトス


(thanatos3.jpg)

タナトス(古希: Θάνατος, Thanatos)は ギリシア神話に登場する、死そのものを神格化した神である。

ニュクス(夜)の息子でヒュプノス(眠り)の兄弟。
抽象的な存在で、古くはその容姿や性格は希薄であった。
ただ、『神統記』では、鉄の心臓と青銅の心を持つ非情の神で、ヒュプノスと共に大地の遥か下方のタルタロスの領域に館を構えているという。
ヒュプノスと共に背中に翼の生えた姿で描かれる。

しかしホメーロスは、タナトスとヒュプノスの兄弟が英雄サルペードーンの亡骸をトロイアからリュキアへと運ぶ物語を述べ、初めてタナトスは人格神として描かれた。
さらに後世の神話では、臨終を迎えんとする人の魂を奪い去って行く死神として描かれる様になる。
人間に割り当てられた寿命が尽きるとその人間のもとへ赴き、その髪を一房切り取ってハーデースに捧げ、それからその人物の魂を連れていく。
英雄の魂はヘルメースが冥府に運び、凡人の魂はタナトスが冥界へ運ぶともされる。


出典: 「タナトス」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

。。。で、あんさんは カート・コバーンが なぜ自殺したのか わたしに答えてくれはるのォ~?

そうやァ~。。。 わては、カート・コバーンが「自殺する前の最後の48時間」という上のビデオクリップを見ながら なぜ死んだのか、その理由が解ったような気がしたのやァ。

どないなわけで 自殺しやはったん?

めれちゃんは次のよな手記を書いていたなァ~。。。


(sadgirl.gif)

 

不安と焦燥感と寂しさ

 

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。

 

by メレンゲ

2004/10/03 18:28


(dokuro3.gif)


『自殺の名所』より
(2012年12月19日)

そやから、めれちゃんが死ぬ前に、身代わりになって、ニルヴァーナに逝ったのやがなァ~。。。

そうやろか。。。?

“死人に口なし。。。” 昔の人は“信じる者は救われる”と言うたのやでぇ~。。。 そやから、信じたらええやん。。。


(laugh16.gif)


笑ってみた。


(eatmar.jpg)

at 2005 05/11 06:03 編集

おなかがすいてきたよ。

のんきやなあ、おなかは。

へこんでる仲間がいるのに。

何か食べさせてー!って、

おなかが言うた。

はいはい。

食べさせたろ。


なんで?


(lonely15.jpg)

at 2005 05/11 05:01 編集

ブルー。

BLUE。

青。

なんで?


負けを承知のギャンブル


(female32.jpg)

at 2005 05/10 03:12 編集

わたしのギャンブルは、
お金を賭けるんじゃなくて、自分を賭ける。

しかも、白か黒。どっちかしかない。

でも確率はわからない。
50/50じゃない。

0/100か、100/0か、
せめて30/70くらいなら
安全だと思えるくらい。

負けを怖れながら賭けに出るぐらいなら、
やめておけばいい。

これがわたしの信念だったのに、
負けることばかり考えているくせに、
なぜ賭ける必要があるんだろう。

自分を犠牲にしてでも、賭けるしかない。
勝ち目のないギャンブルの愚かさと、
負けたときの、無念さもわかっているのに、
ついに、射幸心に捕らわれてしまった。


見てくれることを願って。

at 2005 05/09 02:52 編集

わたしは、けっしてあなたのことを、
忘れてはいないからね。

あなたの苦しみと孤独と痛みが、
和らぐ時がくることを、祈っています。

本当は、あなたに送りたいことばがあるのに、
弱いわたしをゆるしてください。

あなたの悲しみに満ちた言葉を目にしただけで、
また、あの苦しみがよみがえってきて、
あなたを癒すための、力が失われてしまうのです。

いつか、わたしがもっと強くなれた時が来るまで、
何もしてあげられないことが悔やまれます。

できることなら、自分のことを愛してあげてください。
ひとり、わたしも戸籍はわたしひとりです。

それは、自由であることだと、
思ってくれればうれしいです。

わたしは、あなたが、少しでも解放されて、
悲しむ時間が少しづつでもいいから、
少なくなっていって、
笑顔をとりもどせることを、願います。


(girlani5.gif)

今年の夏には、すてきなビキニを着て、
楽しい時間をすごせるようになることを、祈っています!

わたしも、やつれてしまった身体を、
立て直して、新しいビキニを買いにいきたいです!


クレイジーです。


(crazygal.jpg)

at 2005 05/07 04:16 編集

もう、降参します。
認めます認めます認めます認めます。

自分をだまそうとするのも、
もう限界です。

認めてしまったら、もっと苦しむって、
わかってるから我慢してきたけど、
もうだめ。無理。

苦しい。苦しい。苦しい。
苦しい。苦しい。くるしい。
くるしい。くるしい。くるしい。

たすけてもらえることがない。
たすけるとか
たすけられるとかって問題じゃない。

あのときのこととは全然話がちがうのに。
でもくるしい。本当にくるしい。

認めちゃったよ。どうすんの。
多分めちゃめちゃになってる。何よ。これは。


不眠の原因


(fanheater8.jpg)

at 2005 05/04 04:25 編集

とりあえず、

ウェルブトリン

調べたら、納得した。

ドーパミン

これもしかたないこと。

交感神経

改善するのを信じるしかない。

例のこと

振り切れ。


Reborn

at 2005 05/03 16:17 編集

ありがとう。

しつこいくらいに、ありがとうって、
何度も何度も言わずにいられなくて、
こんなところにも書いてしまうよ。

もう、ホントしつこいくらいだから、
どうか、見られませんように。

悲しみと苦しみの涙が、
よろこび?の涙に変わった、
あの一瞬を忘れないよ。

ずっとずーっと忘れないって思う。

今もやっぱりわからないけど、
初めて感じた何かは何かなー。

いいものなのはまちがいないけど、
わからんなあ。

わたしにとっては、
奇跡的なタイミングで、
全てのことが起こったって、
しみじみと感謝しています。
本当にありがとう。

今、わたしが生きてて、
こんなことを書いているのは、
全部、あなたのおかげです。

生きててもいいって。。。


(dance.gif)


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、めれんげさんの日記を読んで、どのように思いました?

めれんげさんは だいぶ前に『即興の詩』サイトを再開したのです。

これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめめました!」の『極私的詩集』サイトがトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内に入っていません。

また、更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『めれちゃんと性具』

『めれちゃんの恥じらい』

『めれんげの郎女』

『めれちゃんの不満』

『下着 あそこ』

『花火の愛と小さな赤い花』

『めれちゃん、元気出して!』

『めれちゃんとカフカ』

『めれちゃんと詩と下着』

『めれちゃんの人気』

『めれちゃん、お呼びですやん!』

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

愛と人生の陰で

2014年10月10日

 

愛と人生の陰で

 


(sayuri88.jpg)


(love126.jpg)


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)


(sakitama99.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 今日は どうして“愛と人生の陰で”なのですかァ?


(kato3.gif)

あのねぇ~、僕は、先日次の記事を書いたばかりなのですよ。


(luvspice2.jpg)

『愛と人生のスパイス』


(spheart3.jpg)

上の記事が どうだと言うのですか?

あのねぇ~、ちょっと次のスクリーン・ショットを見てください。


(lib40924a.png)

『実際のカタログページ』

これはバンクーバー市立図書館のDVDを紹介するページです。 実は、9月21日に この上のDVDを借りて ギリシャの映画『A Touch of Spice』を観たのですよ。

あらっ。。。 デンマンさんは英語でコメントまで書き込んでしまったのですかァ~!? ギリシャ映画ということは、もしかして。。。、もしかして。。。、デンマンさんはギリシャ語もペラペラなのですかァ~?

僕がギリシャ語をペラペラしゃべれるわけがないでしょう!

でも、確か デンマンさんは、かつて34カ国を放浪したのではありませんかァ?!

そうです。。。そうですよ。。。 でもねぇ~、外国語は使ってないと忘れてしまうのですよ。 だから、ギリシャ語は忘れました。。。と言うより ギリシャ語は、もともと話すようになるまで学習したことがありません。

それなのに、どういうわけでギリシャの映画を見たのですか?

だから、『愛と人生のスパイス』のためですよ。

つまり、上の映画は“愛と人生のスパイス”についての映画なのですか?

そうです。 本国ギリシャでは大ヒットした感動作品なのですよ。 日本でも上映されたのですよ。 小百合さんは観ましたか?

いえ。。。 知りませんでしたわ。。。で、どういう内容なのですか?

あのねぇ~、隣国トルコとの複雑な歴史を背景に、料理好きなギリシャ人のファニスという少年と“スパイス”を通して人生を教えてくれたおじいさんの話なのですよ。 もちろん、それだけじゃつまらないから、ファニス少年の愛の物語がある。


(spice106.jpg)


(spice102.jpg)

この上の写真が、そのファニス少年とおじいさんですよ。 1960年代、話はトルコのイスタンブールから始まるのです。 このおじいさんはイスタンブールでスパイス店を営んでいるのです。 このファニス君も当時は おじいさんと一緒に住んでいた。 この少年の幼友達が可愛いサイメちゃんです。


(spice104.jpg)


(spice105.jpg)

このサイメちゃんが どうしておじいさんの前で踊っているのですか?

あのねぇ~、サイメちゃんは踊りが好きなのですよ。 ファニス少年も サイメちゃんが踊るのを見るのが好きだった。 暖かい家族、大好きな友達に囲まれてファニス少年は育ってゆく。 特に屋根裏部屋でおじいさんからスパイスの効用や天文学の話を聞くのが好きだった。

それで、どうなるのですか?

そんなある日、戦争の煽(あお)りでギリシャ人強制退去の命を受け、「後で追いかける」と言うおじいさんを残して、一家はアテネへ移住するのですよ。 

しかし、おじいさんとは会えないまま時は過ぎ、ファニス少年は料理の上手な子供から青年へと成長してゆき、大学を卒業すると天文学者になる。

サイメちゃんもアテネへ一緒に移住したのですか?


(spice107.jpg)

いや。。。 サイメちゃんはトルコ人だから 駅で別れて、そのままイスタンブールで大人になってゆくのです。 やがて、おじいさんから移住の連絡が入る。 しかし大人になったファニスさんが歓迎の料理を作り、家族皆でおじいちゃんの到着を待つ席で電話のベルが鳴るのです。


(spice103.jpg)


(spice109.jpg)

何が起こったのですか?

おじいちゃんが重い病で倒れてしまったという連絡ですよ。 それでファニスさんは単身、イスタンブールを訪ねて、昏睡状態のおじいちゃんと再会します。 でも、病状は回復しないまま、亡くなってしまう。 彼は、おじいさんの最期を看取ることになる。

。。。で、大人になったサイメちゃんはどうなるのですか?

ファニスさんは葬儀で幼なじみのサイメちゃんに再会するのです。 


(spice101.jpg)


(spice110.jpg)

。。。で、再会した二人は、めでたく結婚するのですか?

小百合さんも、そのように考えるのですか?

だってぇ~。。。 誰だって、そう思いますわよう。

でも、人生は、なかなか思うようにならないものですよ。 この場合も、そうはならない。 実は、サイメちゃんは、すでに、近所に住んでいたムスタファさんと結婚していたのですよ。 二人の間には幼い娘がいた。

つまり、ファニスさんとサイメさんの愛は実らずに終わるのですか?

でもねぇ~、サイメさんとムスタファさんの結婚生活は破綻しかけていた。 やがてファニスさんもその事実を知る。

つまり、サイメさんとムスタファさんは離婚するのですわねぇ~。。。 そしてサイメさんはファニスさんと再婚する。。。 そうでしょう!?

残念ながら、そうはならないのですよ。 この3人は子供の頃、一緒に遊んだ幼友達だった。 でも、ファニス君とムスタファ君は、それほど親しい仲ではなかった。 現在、ムスタファさんはトルコ軍の軍医になっている。 ムスタファさんは、自分の妻とファニスさんが子供の頃から愛し合っているのを知っている。 ある日、ファニスさんはムスタファさんを誘って 蒸し風呂で男同士の話をする。

ムスタファさんは、「よりによって、どうして蒸し風呂なんかで話をするんだい?」とファニスさんに尋ねる。 

。。。で、ファニスさんは、どう答えるのですか?

「腹を割って男同士の話ができるのは蒸し風呂に限るよ!」。。。 日本でなら“裸の付き合い”というところでしょうね。。。

。。。で、ファニスさんはムスタファさんに離婚を迫らないのですか?

せまらない。

。。。で、どういう話をするのですか?

人生は料理と同じだよ。 深みを出すのは ひとつまみのスパイスさァ」。。。 ファニスさんは そう言うのですよ。。。 なかなか意味シンな話でしょう!?

それで、どうなるのですか?

イスタンブールの駅で、ファニスさんはサイメさんとハグして別れるのですよ。 ムスタファさんは、新しい任地へと妻と子供と共に去ってゆく。 そしてファニスさんは、一番大切な「人生のスパイス」を手に入れようと心に決めるのですよ。


(spice100.jpg)

実に、いい話だと思いませんか?

それで、その事が“愛と人生の陰で”と関係あるのですか?

もちろんですよ。。。 昨日、僕は2つのスパスを持って小百合さんと1年ぶりに「さきたま古墳公園」でピクニックを楽しんだのですよ。


(spheart3.jpg)

この“ロマンの香り”と“愛のスパイス”で 小百合さんとのピクニックを盛り上げたのです!


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)


(sakitama99.jpg)

でも、このようなお話は、読まされている人は白けると思いますわ。

確かに、白ける人も中には居ると思いますよ。。。だから、そういう人は白けてもらってもいいのです。 僕が言いたいのは小百合さんと1年ぶりに「さきたま古墳公園」で会ってピクニックを楽しんだ、と言う事ではないのですよ。

。。。だから、何が言いたいのですか?

僕は気分良く実家に戻ってテレビの前に座った。 そしたら、次のニュースが目に飛び込んできた。

鎖で小2長男監禁

半径1m余しか動けず

10月9日 14時02分


(dog911.jpg)

8日に滋賀県長浜市の住宅で、小学2年生の長男が鎖で柱につながれているのが見つかり、両親が監禁などの疑いで逮捕された事件で、男の子は鎖でつながれた柱から半径1メートル余りの範囲しか動くことができない状態だったことが警察への取材で分かりました。

8日午後4時前、長浜市千草町の住宅で、この家に住む小学2年生の8歳の長男が腹に鎖を巻きつけられて南京錠で柱につながれているのを訪ねてきた友だちが窓越しに見つけ、警察は長男を保護するとともに、近所にいた父親で無職の宮島保名容疑者(32)と母親の茜容疑者(27)を監禁などの疑いで逮捕しました。
長男に大きなけがはありませんでしたが、衰弱していたため病院で点滴を受けたということです。

警察のその後の調べで、長男は鎖でつながれた柱から半径およそ1メートル50センチほどの範囲しか動くことができず、長男の近くにはおにぎりとおまるだけが置かれていたことが分かりました。
逮捕された両親は容疑を認め、「トイレは、鎖につないだままおまるでさせていた」などと供述しているということです。
警察は長男が日常的に虐待を受けていた疑いがあるとみて詳しいいきさつを捜査しています。

男の子の自宅近くに住む70代の男性は次のように話していました。

子どもたちが何人も家の前に自転車を止めていて、『男の子を助けてあげて』と言っていた。
家の中を見ると、男の子のおなかに鎖が頑丈にまかれて柱につながれているのが窓越しに見えてびっくりした。

その後、一緒にいた別の男性が、駆けつけた警察官と鍵のかかっていない窓から家に入り、工具で鎖を切断して男の子は保護されたということです。
その男性は次のように話していました。

妻がパンと牛乳をあげたら喜んですぐにたいらげた。
男の子に『大丈夫か』と声をかけたら、返事はなかったが比較的落ち着いた様子だった。
ただ男の子の顔にはあざのようなものがあった。


SOURCE: 『NHK News WEB』

この夫婦は、自分の子供を完全に犬と間違えているのですよ。

そうでしょうか?

だってぇ、それ以外に考えられないでしょう!? 一番大切な「人生のスパイス」を失うと、夫婦は、こうなってしまうのですよ。


(foolx.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
一番大切な「人生のスパイス」ってぇ、あなたは何だと思いますか?

ところで、上の2つのスパイスの他にも Alfredo Pasta & Sauceをデンマンさんは お土産に小百合さんに持ってきたのですってぇ~。。。

実は、あたくしも Alfredo Pasta が大好物なのですわァ。
じゃあ、あなたのために作り方を教えますわねぇ~。。。

あたくしも バンクーバーに行くために ずいぶんと英会話の勉強をいたしましたので
この際 素顔で あなたのために実演いたしますわァ。
うふふふふふ。。。


(alfredo06.jpg)

いかがでしたか?
あたくしの 英語も けっこう いけるでしょう!?
うふふふふふ。。。

では、小百合さんのお話に戻りますけれど、
どうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』

■ 『ポックリゆきたいの?』

■ 『ツナサンド』

■ 『消えたカラスの巣』

■ 『ハルヴァと軽井沢』

■ 『トリュフ、梅毒、ポテト』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のハルヴァ』

■ 『ハルヴァの面白い話』

■ 『松茸と靴下』

■ 『気になる臭い』

■ 『ハルヴァの面白い話再び』

■ 『ベーグルの夢』

■ 『私、食べるの大好き』

■ 『べーグルの面白い話』

■ 『まりちゃんのべーグル』

■ 『駅前のヌード』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『ベーグルフィーバー』

■ 『別れの朝あなたは…』

■ 『バレンタインの唄声』

■ 『古代蓮と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『宮沢りえと軽井沢タリアセン夫人』

■ 『5月のバレンタイン』

■ 『バレンタインラーメン』

■ 『カレーライス@パリ』

■ 『カフェオレ@バレンタイン』

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『日本の真ん中』

■ 『カフェオレと床上手な女』

■ 『ピーチ味のロマン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』

■ 『焼きそばソース@バレンタイン』

■ 『鶏肉ダメなの?』

■ 『ばァ~の思い出』

■ 『泰国酸辣醤のロマン』

■ 『豆腐がチーズに?』

■ 『猫と柚子とロマン』

■ 『トリュフと軽井沢タリアセン夫人』

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)