Posts Tagged ‘日本語’

や~らしか方言@坊さん

2017年7月17日

 

や~らしか方言@坊さん

 


(maid05.gif)


(yuien12.gif)


(swan98.png)


(shinran12.gif)


(aerobics5.gif)


(lips.gif)


(laugh16.gif)

(beachbg.jpg+balloons2.gif+spacer.png)



(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんはどないなわけでエッチな方言と坊さんを並べやはったん?


(kato3.gif)

あきまへんかァ~。。。

そやかて、坊さんがこれを見たらムカつきますやん。。。

あのなァ~、坊さんかてぇ 人間やでぇ~、ええ坊さんもおれば エッチな坊さんもおるねん。。。

つまり、あんさんはエッチな坊さんのことをしゃべりはるん?

あきまへんかァ~。。。 (モナリザの微笑)

そやかてぇ~、この記事を読みはる真面目な坊さんはムカつきはりますやん。。。

あのなァ~、真面目な坊さんかてぇ 心のどこかにエッチな心が疼(うず)いているものなのやがなァ~。。。

あんさん! 見てきたようなことをぬかしはると、坊さんの総連合会の会長さんに訴えられますでぇ~。。。

この程度のことで坊さんの総連合会の会長さんはムカつきますかいなァ~。。。

。。。で、どないなわけで、急にや~らしか方言@坊さんというタイトルにしやはったん?

あのなァ~、龍谷大学に学んでいる熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君が わての『徒然ブログ』にやって来たのやがなァ~。。。

マジでぇ~。。。?

まず、次のリストを見て欲しいねん。。。


(liv70715a.png)


『拡大する』

『や~らしか方言』

これはライブドアの わての『徒然ブログ』の7月14日の午後7時37分から15日の午前3時10分までの約7時間半の「生ログ」の一部やねん。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。

7月14日の午後8時48分にGOOGLEで検索して『や~らしか方言』を読みはったのねぇ~。。。 で、上のリストに貼り出したイラストが熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君の似顔絵やのォ~?

そういうこっちゃ~。。。 IPアドレスを調べると次のようなことが分かるねん。。。


(ip195111b.png)

『拡大する』

あんさんは いつもIPアドレスを調べるけど プライバシーの保護のためにアクセス者の名前までは よう判らんようになってるねんでぇ~。。。

そないなことぐらい わてにも分かっておるねん。。。 熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君は わてのブログの常連さんやさかいに、「ごっつう 面白かったですう」というメールを書いてくれたのやがなァ~。。。

ホンマかいなァ~? 。。。で、どないして熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君は『や~らしか方言』の記事を探しやはったん?

もちろん、次のようにしてGOOGLEで検索しやはってん。。。


(gog70503a.png)


『拡大する』

『や~らしか方言』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「や~らしか方言」と入れて検索したのやねぇ~。。。

熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君は、かつて わてのブログで『や~らしか方言』という記事を読んだことがあったのやがなァ~。。。

どうしてまた探して読む気になりはったん?

あのなァ~、熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君は埼玉県の熊谷市の出身で、あの有名な熊谷直実は、彼のご先祖さまなのやがなァ~。。。

熊谷直実


(kumagai01.jpg)

 

熊谷 直実(くまがい なおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。
武蔵国熊谷郷(現埼玉県熊谷市)を本拠地とした。
熊谷直貞の次男。

熊谷氏は桓武平氏・平貞盛の孫・維時(これとき)の六代の孫を称するが、武蔵七党の私市党、丹波党の分かれともされ、彰かではない。
直実の祖父・平盛方(もりかた)が勅勘をうけたのち、父直貞の時代から大里郡熊谷郷の領主となり、熊谷を名乗った。

平家に仕えていたが、石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる。
のちに出家して法然上人の門徒となり蓮生(れんしょう / れんせい)と号した。

『平家物語』「敦盛最期」の段における平敦盛との一騎討ちは、直実は敦盛とともにこの故事の主人公として、能の演目『敦盛』、幸若舞の演曲『敦盛』といった作品に取り上げられている。

『平家物語』によれば、この戦いで良き敵を探し求めていた直実は、波際を逃げようとしていた平家の公達らしき騎乗の若武者を呼び止めて一騎討ちを挑む。
直実がむんずと取っ組んで若武者を馬から落とし、首を取ろうとすると、ちょうど我が子・直家ぐらいの齢だった。
直家はこの戦いの直前に矢に射抜かれ深手を負っていたので、直実はその仇討ちとばかりにこの若武者に挑んだのである。

直実が「私は熊谷出身の次郎直実だ、あなたさまはどなたか」と訊くと、敦盛は「名乗ることはない、首実検すれば分かることだ」と健気に答えた。
これを聞いて直実は一瞬この若武者を逃がそうとしたが、背後に味方の手勢が迫る中、「同じことなら直実の手におかけ申して、後世のためのお供養をいたしましょう」といって、泣く泣くその首を切った。

その後、首実検をするとこの公達は清盛の甥・平敦盛と判明、齢十七だった。
討ち死にの折に帯びていた笛「小枝」(さえだ)は、笛の名手として知られた敦盛の祖父・忠盛が鳥羽上皇から賜ったものだという。
これ以後直実には深く思うところがあり、仏門に帰依する思いはいっそう強くなったという。

 


(kumagai02.jpg)


出典: 「熊谷直実」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

熊谷直実は坊さんになりはったのやねぇ~。。。

そういうことやァ~。。。 直実が首を取ったのは、平清盛の甥の17歳の平敦盛やったァ~。 それで後日、深く思うところがあって、坊さんなりはったということやんかァ~。。。

そないな真面目な家系に生まれながら、熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君は どないなわけで、またエッチな『や~らしか方言』という記事を探して読みはったん?

あのなァ~、めれちゃんはタイトルからすぐにエッチな事を連想するようやけど、熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君はエッチな事が読みたくて再び記事を探して読んだわけやあらへん。。。

それやったら、なんのために『や~らしか方言』を読みはったん?

熊谷勅円(くまがい ちょくえん)君は埼玉県出身やさかいに、関西弁がどうも苦手なのやがなァ~、そいで ときたま大阪弁と京都弁が よう分からんときがあるねん。。。 そやから『や~らしか方言』を再度探して読んだのやでぇ~。。。

それは 可笑しいやん。。。 大阪弁と京都弁の違いを知るために、どないなわけで『や~らしか方言』を読みはるのォ~?

めれちゃんは忘れてしもうたらしいけど、記事の中に次のようなことが書いてあるねんでぇ~。。。

京都弁と大阪弁、どう違う?

 

① よく出てくる尊敬の助動詞「はる」。 京都弁では「言わはる」と動詞の未然形に付きますが、大阪弁では「言いはる」と動詞の連用形に付きます。 これ、大きな違い。

② これもよく使う否定の助動詞「へん」には、京都弁だと「言わへん」と未然形の動詞が付きますが、大阪弁では「言えへん」巳然形の動詞が付きます。

③ 「来ない」は、京都では「きいひん」、大阪では「けぇへん」。


(bipedal.gif)

④ 「するのだ」は、京都では「すんにゃ」、大阪では「すんねや」。

これだけでも違いがわかります。

(動画はデンマン・ライブラリーより)


67ページ 『かわいい方言手帖』
編者: ふるさとナマリ研究会
2005年9月30日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

つまり、あんさんが記事の中で遣(つか)いはる関西弁は京都弁と大阪弁をごっちゃにしてますやん。。。

あのなァ~、めれちゃん。。。 わても埼玉県出身なのやでぇ~。。。 関西弁は、わてにとって外国語のようなものやねん。。。 そやから、京都弁と大阪弁の違いを勉強せんとあかんなァ~、と思いながら上の本を読んだのやがなァ~。。。

それやったら、もうちょっと 京都弁と大阪弁の違いをはっきりしながら、ごちゃまぜにせぇ~へんで欲しいねん。。。

めれちゃんも、可笑しな関西弁遣ってるでぇ~。。。

あんさんが、代書してはるから、そういうことになるねん。。。 

あのなァ~、言葉は生き物やさかいに、時代と共に変わってゆくねん。。。 そやから、あまり厳しいことを言わんで欲しいねん。。。

つまり、この事が言いたくて、今日の記事を書きはったん。。。

いや。。。 そればかりではないでぇ~。。。 「かわいい」のいろんな言い方が面白いと思うたのやがなァ~。。。

「かわいい」のいろんな言い方


(bouncy.gif)

え~らしい

「愛らしい」のナマリで、主に小さい子どもなどをほめるときに使います。

《例》 ○○さん家の子は、え~らしいなぁ。 (大分)

えちゃけ

「いちゃけ」とも言い、「いたいけない」が変化した言葉とも。
「かわいらしい」「あどけない」というニュアンスで用います。 (石川)

かいらし

「かわいらしい」が変化したもの。
近畿、四国地方で使われています。

《例》 あのこ、ほんまに、かいらし~なぁ。 (大阪)


(britflag.gif)

みじょか

「みぞか」「みぞ~か」「んじょか」とも言い、「かわいらしい」「美しい」という意味。
ちなみに「かわいがる」は「むじょがる(みぞがる)」。 (長崎) 

むじょか

「かわいらしい」の意味で「むぞか」「むぞらしか」とも。
ちなみに佐賀では「むぞ~か」、宮崎では「むじい」を同じ意味で使います。 (熊本・鹿児島)

めんこい

語源は「めぐし(愛し)」。
福島以北の東北・北海道地域で広く使われ、「めごい」(青森)、「めんけ」(秋田)、「めんげ」(福島)、「めんごい」(山形)と変化する地域もあります。
ちなみに「お気に入りのコ」を北海道では「めんこ」。
「めんこめんこする」は頭をなでなですることです。

《例》 この子、めんこいっしょ。 めんこめんこして。 (北海道・東北)

や~らしか

「や~らしか嫁さん」と言われて「エッチな嫁さん」なんて想像してはいけません。
佐賀では、「や~らしか」は「かわいい」という意味です。

《例》 おまえ、や~らしか嫁さんばもろたらしかな。 (佐賀)


(bitegirl2.gif)

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストと動画はデンマン・ライブラリーより)


53-54ページ 『かわいい方言手帖』
編者: ふるさとナマリ研究会
2005年9月30日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

ホンマに笑えますやん。 うふふふふふ。。。 「めんこい」という北海道・東北方言は聞いたことがおますけど、「や~らしか」が「かわいい」という意味の佐賀方言だというのんは初耳でしたわァ~。。。

古い言葉には都(みやこ)から遠く離れた地方ほど残ると言われてるねん。 そやから東北と九州には、今も古い言葉がようけい残っていると言うわけやァ。。。 例えば「とぜん(徒然)」という言葉がある。。。

とぜん

語源は『徒然草』(吉田兼好)でおなじみの「とぜん(徒然)」で、本来は「やることもなく退屈だ」という意味ですが、現代では「さびしい」の意味で使われます。
秋田では「とじぇね」、鹿児島では「とぜんね」と変化。

《例》 ひとりになったら、とぜんになってきた。 (宮城)


(dizzy2.jpg)

とぜんなか

「とぜん」に「なか」をつけて、九州流の形容動詞にしたもの(「とぜん」が「ない」という意味ではありません)。
福岡、佐賀、長崎、熊本などではこちらの言い方が主流です。

《例》 なんや、夢やったとか。 とぜんなか。 (福岡、佐賀、長崎、熊本)

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真と動画はデンマン・ライブラリーより)


50ページ 『かわいい方言手帖』
編者: ふるさとナマリ研究会
2005年9月30日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

徒然は「つれづれ」と読むもんやと思うていたけど、「とぜん」という読み方もあるねんなァ~?

わても「とぜん」なんて初めて聞いたのやァ。 とにかく、昔、京都や大阪で使い古されて化石になってしもうた言葉が九州や東北では未だに生きているということやんかァ。 言葉は生き物やと言うけれど。。。、『徒然草』の作者・吉田兼好が今、生きてたら、京都ではのうて、おそらく九州か東北の田舎に引っ越すやろなァ。

そないなことより、もっとおもろい方言はあらへんのォ~?

あるがなァ~。。。めれちゃんのために見つけたのやァ! 読んでみィ~なァ。

一生懸命のさまを表す表現


(digger1.gif)

一生懸命にも、その状態を表すさまざまな方言があります。

■ いっぺいっぺ (鹿児島)

■ ばくばく (北海道)

■ ね~らんこ~ら (沖縄)

■ ひっしもっし (岡山)

■ ひっせ~がっせ~ (島根)

■ みっちど (岩手)

■ やっさと (福岡)

(動画はデンマン・ライブラリーより)


127ページ 『かわいい方言手帖』
編者: ふるさとナマリ研究会
2005年9月30日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

うふふふふ。。。笑えますやん。 日本語ってぇ、方言を含めると奥の深いものですねんなァ~。

そういうことやがなァ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも知らなかったことがあるでしょう?

ついでに、あなたが知らなかったことをもう一つ。。。

最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ているのですわよう。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないというのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』


(renge62e.jpg)

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』


(rengfire.jpg)

『めれちゃんの人気再び』

『愛はスミレの花よ』

『肥後ずいきで検索』

『加賀の千代』

『千代に再会』

『カフカの銀河鉄道』

『12歳少女の死』

『結婚するの?しないの?』

『浜美枝と宮沢りえ』

『きみのぬくもり』


(babdol6.jpg)

『壁に耳 障子に目』

『もう一つの世界』

『肥後ずいきブーム?』

『阿部定ブーム?』

『ノルウェイの森』

『大奥女中の淫らな恋』

『愛と追憶の謎』

『タンパク質の音楽』

『あげまん女なの』

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』

『夫婦de風呂』

『私を見つけたのね』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

芭蕉と英語

2017年6月26日

 

芭蕉と英語

 


(okuno03.jpg)


(yamadera93b.jpg)


(yamadera96b.jpg)


(yamadera97b.jpg)


(june001.gif)

デンマンさんは、松尾芭蕉が英語をしゃべれたというお話をするのですかァ?


(kato3.gif)

まさかァ~。。。 僕が知る限り、芭蕉は英語を話したことはないと思いますよ。。。

それなのに、どういうわけで芭蕉と英語というタイトルにしたのですかァ~?

実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

尿前の関

 

南部道遥(はるか)にみやりて、岩手の里に泊まる。

小黒崎・みづの小島を過(すぎ)て、なるごの湯より尿前(しとまへ)の関にかかりて、出羽の国に越(こえ)んとす。

 

この路旅人まれなる所なれば、関守(せきもり)にあやしめられて、漸(ようよう)として関をこす。

大山をのぼつて日すでに暮(くれ)ければ、封人(ほうじん)の家を見かけて舎(やどり)を求む。

三日風雨あれて、よしなき山中に逗留す。

 


(uma003b.jpg)

 

蚤虱(のみしらみ)
 

馬の尿(しと)する
 

枕もと

 

あるじの云(いう)、これより出羽の国に、大山を隔(へだ)て、道さだかならざれば、道しるべの人を頼(たのみ)て越(こゆ)べきよしを申す。

さらばと云(いい)て、人を頼み侍(はべ)れば、屈強の若者、そり脇差(わきざし)をよこたえ、樫の杖を携(たずさ)えて、我々が先に立ちて行く。

 

きょうこそ必ずあやうきめにもあうべき日なれと、辛(から)き思いをなして後について行く。

あるじの云(いう)にたがわず、高山森々として一鳥声きかず、木の下闇(したやみ)茂りあいて、夜行くがごとし。

雲端(うんたん)につちふる心地して、篠(しの)の中踏み分け踏み分け、水をわたり岩に躓(つまづ)いて、肌につめたき汗を流して、最上の庄に出(い)ず。

かの案内せしおのこの云うよう、「このみち必ず不要のことあり。恙(つつが)のうおくりまいらせて仕合(しあわせ)したり」と、よろこびてわかれぬ。

後に聞きてさえ胸とどろくのみなり。

 


(uma001b.jpg)

 

Plagued by flears and lice,
 

I hear the horses staling
 

Right by my pillow.

 

Our host told us, “The road from here to Dewa lies through high mountains, ans is so badly marked you had best to get a guide to show you the way.”

“Very well,” I said, and hired one, a strapping young man who wore a scimitar at his side and carried an oaken stick.

He walked ahead of us, and thinking that today we were sure to run into danger, we followed behind.

The road was as our host had described it—through densely overgrown high mountains in which not a single bird-cry could be heard.

It was dark under the trees, so dark that it was like walking at night.

Feeling as though “dust were raining from the edges of the clouds,” we pushed our way through clumps of bamboo-grass, waded across streams, and stumbled against rocks.

At last we reached the town of Mogami, our bodies bathed in a cold sweat.

 

When our guide left us he said happily, “Something unpleasant always happens on this road. I was lucky to have been able to lead you here safely.

To hear such words, even after our safe arrival, made our hearts pound.

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


90-91ページ 『おくのほそ道』
著者: ドナルド・キーン 挿絵(切り絵): 宮田雅之
1997年2月1日 第2刷発行
発行所: 講談社インターナショナル株式会社

この本は芭蕉の『奥の細道』の対訳本ですわねぇ~。。。

そうです。。。 日本語をドナルド・キーンさんが英訳したのですよ。。。

上の箇所のどこにデンマンさんはムカついたのですかァ~?

いや。。。 別にムカついたわけではないのですよ。。。 赤字にした箇所に注目してください。。。


(okuno03b.jpg)

 

このみち必ず不要のことあり。

恙(つつが)のうおくりまいらせて

仕合(しあわせ)したり。

Something unpleasant always

happens on this road.

 

I was lucky to have been able to

lead you here safely.

 

日本語を読んだだけでは、いったいどういうことを言っているのか? 。。。よく解らなかったのですよ。。。

それで英語文を読んで初めて何を言おうとしたのかが理解できたのですか?

そうです。。。 ジューンさんは日本語を読んだだけで意味が解りましたかァ~?

なんとなく解ったつもりでしたけれど、英文を読むまでは私もはっきりとは理解していませんでしたわァ。。。

。。。でしょう? 僕は、こういう経験をこれまでに何度もしたのですよ。。。 はっきり言って江戸時代の日本語と、現代の日本語はずいぶん違ってますよ。。。 でも、江戸時代の頃の英語と、現在の英語は、日本語ほど違ってはいないと思うのです。。。 ジューンさんは、どう思いますか?

そうですわねぇ~。。。 江戸時代が始まった頃、つまり、1600年頃の英語は“初期近代英語”と呼ばれているのですけれど、シェイクスピアが使っていた英語ですよねぇ~。

初期近代英語


(shakes001.jpg)

 

初期近代英語は中英語時代の末の1450年頃から1650年頃の英語をいう。

代表的な文献として後期に属するジェームズ王欽定訳聖書およびウィリアム・シェイクスピアの著作が挙げられる。

欽定訳聖書は経典という性格から当時の口語と異なる古風な語法が用いられている。

現代英語しか知らない人でも大体理解できる程度に現代英語に近い。

現在の英語では発音と綴りに若干乖離が見られるが、これは現在の綴りが初期近代英語期のまだ大母音推移が完了していない頃に定められたためである。


出典: 「初期近代英語」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ウィキペディア』の上の説明にも書いてありますけれど、シェイクスピアの作品は現代英語しか知らない人でも大体理解できますわァ~。。。 でも、江戸時代の日本語の本を読めと言われても、わたしには何が書いてあるのか全く解りませんわァ~。。。

そうなのですよ。。。 日本で生まれた日本人でも、江戸時代に書かれた本は読めるかもしれないけれど、まず、意味は解らない。。。 ちょうど、上の箇所のように、現代英語に訳された英文を読んで初めて僕も、その意味が理解できたのだから。。。

つまり、江戸時代が終わって明治時代になってから、日本語はずいぶんと変化したのですわねぇ~。。。

そうですよ。。。 子供の頃、江戸時代のチャンバラ映画を見た時、僕は中国か韓国の昔の時代の事をやっているのかと勘違いしたほどですよ。。。 とにかく、明治維新で何もかもがガラッと変わってしまった。。。 武士は刀も捨て、チョンマゲも切って、西洋人の真似をしてズボンを穿いてステッキを持って歩くようになった。

日本語も明治維新でずいぶん変わってしまったのですか?

そうですよ。。。 江戸時代には、文章は話し言葉では書かなかったのです。。。 明治時代になってから、話し言葉で書こうという人たちが出てきた。

日本語における言文一致


(futabetei2.jpg)

 

日本語の古典的な文体である文語は主に平安時代までに完成した。
中世以降、次第に話し言葉との乖離が大きくなっていった。

明治時代には、文学者の中から改革運動(言文一致運動)が起こった。

言文一致小説の嚆矢は、坪内逍遥に刺激を受けた二葉亭四迷の『浮雲』などである。

二葉亭が『浮雲』(1887年)を書く際には、初代円朝師匠の落語を速記法により筆記した、落語家の初代三遊亭圓朝の落語口演筆記を参考にしたという。

また、ツルゲーネフなどロシア文学作品を翻訳した文体も既存の文語からの離脱の試みである。

当時は二葉亭以外にも、多くの作家が言文一致の新文体を模索した。
その中でも、山田美妙における「です・ます」調の試みは、もうひとつの日本語表現の可能性として、小説言語の主流にはならなかったものの、後世へ大きな影響を与えた。
若松賤子が「小公子」の翻訳で試みた「ありませんかった」のような文体も当時の注目を浴びたが、これは受け継ぐものが現れなかった。

しかし、そのころはまだ文語文の作品も多く書かれている。
和歌の塾に通い、古典の教養を持っていた樋口一葉は古文の呼吸をつかった雅文体で「にごりえ」「たけくらべ」などの作品を書いている。

翻訳で言文一致を試みた森鴎外も、「舞姫」や「即興詩人」では文語にもどしている。
評論の分野では北村透谷や幸徳秋水は、漢文書き下しの文体を使って論文を書いていた。
その点では、言文一致の運動がすぐに時代の主流になったわけではなかった。

このような新文体への挑戦は文学の分野で作家たちだけがしていたのではなく、当時の新聞や雑誌記事などでも並行的に行なわれていた。
特に従軍記者による戦地レポートや、速記による裁判の傍聴記録などで、積極的に言文一致の新文体が試みられていた。

その結果、明治末になるとそれらは書き言葉として次第に確立し、一般の文章にも大きな影響を与えるようになった。
自然主義文学の運動も、その普及に一役買った。

しかし、法律の言語は、戦前では文語文を用いて記述されていた。
戦後は口語体となった。


出典: 「言文一致」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

僕のオヤジやお袋が子供の頃は、まだ書き言葉と話し言葉がずいぶんと違っていたのですよ。。。

たとえば。。。?

たとえば、今だったら Butterfly は日本人なら誰もが“蝶々(ちょうちょう、チョウチョ)”と書きますよ。。。 


(chocho2.gif)

てふてふ

 

 

ちょうちょ

 

でも、僕のオヤジが子供の頃は“てふてふ”と書いて“ちょうちょう (チョウチョ)” と読まされた。

じゃあ、オペラの“蝶々夫人”は“てふてふ夫人”と書いたのですわねぇ~。。。 (微笑)


(chocho3.jpg)

そういうことですよ。。。 オペラの“蝶々夫人”は“てふてふ夫人”と書いたのです。。。 じゃ、ジューンさんのために日本語のクイズです。。。 次の生物は口語では何と呼ばれているでしょうか?

どぢやう

 


(question.gif)

 

 

泥鰌

 


(dojo12.jpg)


(yanagaw3.jpg)

柳川鍋

 

ドジョウ


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

では、更に あたたのためのクイズです。。。

次の旧仮名遣いは 現代の口語ではどのような漢字で書くことができるでしょうか?

おやかふかふ

 


(katatataki.jpg)

 

 

親孝行

 

 

ところで、話は変わりますけれど、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ フィーバー”が起こっているのですわよう。。。

ええっ。。。 信じられないというのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

ピンクと桃色@徒然

2017年4月26日

 

ピンクと桃色@徒然

 


(pinkgal3c.jpg)


(bikini50.jpg)


(himiko92.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 今日はおシモのお話でござ~♪~ますか?


(kato3.gif)

「ピンクと桃色」は卑弥子さんにとってぇ、おシモの代名詞なのですか?

だってぇ~、上の写真を見ると、なんとなくポルノのような印象を受けるでわござ~ませんかァ。。。 うふふふふふ。。。 んで、どういうわけで「ピンクと桃色」を取り上げたのでござ~ますか?

よくぞ訊いてくれました。。。実は次のリストを見たのですよ。。。

ライブドア『徒然ブログ』の日本時間で2017年4月21日の午前11時43分から午後5時27分までの約6時間の「生ログ」の一部
(liv70422a.png)


『拡大する』

『ピンクと桃色』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で2017年4月21日の午前11時43分から午後5時27分までの約6時間の「生ログ」の一部ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。

あらっ。。。、4月21日の午後12時9分にGOOGLEで検索して『ピンクと桃色』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 バンクーバーに住む伴久保 桃子(ばんくぼ ももこ)さんが読んでくれたのです。。。

もしかしてデンマンさんが現地でナンパした女性ですか?

僕には、そういう趣味はないのですよ。。。

じゃあ、どのようにして桃子さんをすけこましたのでござ~ますか?

僕には女性をすけこます趣味もありません。。。

まさかデンマンさんの新しいガールフレンドではありませんよねぇ~。。。

あのねぇ~、伴久保 桃子は、僕の知らない女性です。。。

じゃ、どうやって伴久保 桃子さんが『ピンクと桃色』を読んだと判ったのでござ~ますかァ~?

簡単なことですよ。。。 IPアドレスを調べたのです。。。

IPアドレス: 50.68.178.219 バンクーバーに住む伴久保 桃子(ばんくぼ ももこ)さん
(ip178219c.png)

『拡大する』

あらっ。。。、写真まで貼り出して伴久保 桃子さんを紹介していますけれど、アクセスポイントは確定できても プライバシーを守るためにアクセス者の名前までは判別できないのですわァ~。。。

卑弥子さんは、かなり厳しいツッコミを入れるのですねぇ~。。。

いけませんでしたかしら。。。?

あのねぇ~、堅い事を言わずにサラリと僕の話を聞いてくれませんかァ~。。。

でも。。。、でも。。。、もしかしてデンマンさんの自作自演なのではござ~ませんかァ?

。。。ん? 僕の自作自演?

そうですわ。。。 デンマンさんが このIPアドレス (50.68.178.219)からアクセスしたのですわァ~。。。

僕がどうしてそういう事をしなければならないのですか?

だから、この記事を書くためですわよう。。。

あのねぇ~、記事を書くネタならば掃いて捨てるほどあるのですよ。。。 わざわざ自作自演してまで、このような記事を書く暇がありません。。。 卑弥子さんが疑うのであれば次のリストを見てください。。。

Denman Blog 駐米スパマー(192.3.126.80)がスパムを飛ばした記録 デンマンのIPアドレス(192.0.100.104)も載っている
(wp70421a.png)

『拡大する』

これは駐米スパマーDenman Blogにスパムコメントを書き込んだのですよ。。。 この事で、また記事を書くのだけれど、たまたまこのリストには僕のIPアドレスも載っていたので ここに参考のために貼り出します。。。 これで見れば分かるように僕のIPアドレスは 192.0.100.104 なのですよ。。。 桃子さんのIPアドレス(50.68.178.219)とは明らかに違っている!

デンマンのIPアドレス(192.0.100.104)
(ip100104.png)

『拡大する』

分かりましたわ。。。 デンマンさんが そうおっしゃるのであれば、固いことは申しません。。。で、桃子さんは、どのようなキーワードを入れて検索したのでござ~ますかァ?

次のようにして検索したのですよ。

「ピンク 桃色 徒然」を入れてカナダのGOOGLEで検索した結果
(gog70422a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。、「ピンク 桃色 徒然」を入れて検索したのですわねぇ~。。。 でも。。。、でも。。。、どうして「徒然」を付け足したのでござ~ますか?

本人に聞いてみないと はっきりとしたことは分からないけれど、おそらく『徒然ブログ』に投稿された記事が読みたかったのですよ。。。

つまり、桃子さんはデンマンさんのブログのファンだと言いたいのでござ~ますかァ?

いや。。。 卑弥子さんが、“どうして「徒然」を付け足したのでござ~ますか?”と尋ねるから、思いつくままに答えたまでですよ。。。

。。。んで、どういうわけで「ピンク 桃色」といれて検索したのでござ~ますか?

もちろん、本人に訊いてみないと はっきりしたことは分からないけれど。。。“ピンク” と“桃色”の違いはあるのだろうか?。。。 そう思って桃子さんはネットで調べ始めたわけですよ。。。

。。。で、デンマンさんの記事の中に、その違いが書いてあるのでござ~ますかァ?

書いてあるのですよ。。。 読んでみてください。。。

桃色 ピンク

29 桃色(ももいろ)

桃の花のような色。 くすんだ赤。


(momohana.jpg)


32 ピンク (英 pink)

「ピンク」はナデシコ科ナデシコ属植物の総称で、ナデシコ(撫子)、カーネーション、セキチク(石竹)などを言い、色はセキチクなどの花のような色を言う。 うすい赤。
「桃色」と混同して用いられることもある。


(nadeshiko.jpg)

   ナデシコ


(carnation.jpg)

   カーネーション


(sekichiku.jpg)

   セキチク


《参考》

(1) 「桃色」と「ピンク」はごく近い色で、しばしば混同されるが語源を異にする。

(2) 左翼的な傾向を言うのは、西洋の「ピンク」に由来し、


(bmania03.jpg)

   「ピンク映画」「桃色遊戯」などの性的な色事にかかわることを言うのは日本の「桃色」に由来する。


(midori60.jpg)


(momo103.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


17-19ページ 『色の手帖』
編集: 尚学図書
1987年7月20日 第1版第10刷発行
発行所: 株式会社 小学館

あらっ。。。 「ピンク」と「桃色」は同じようでも、だいぶ違うのでござ~ますわねぇ~。。。

そうなのですよ。 意外にも違っていることが多いのですよ。 例えば「ピンク映画」ねぇ。。。 これを英語に直訳すると “pink movies” になるのですよ。 僕もこのままで「ピンク映画」として英語圏でも通用すると思ったのだけれど、違うのですよ。

あらっ。。。 英語ではポルノ映画のことを “pink movies” とは言わないのでござ~ますか?


(porno03.jpg)

あのねぇ、英語圏では日本語の「ピンク映画」のことを“blue movies”と呼ぶのですよ。


(blue002.jpg)

あらっ。。。 どうして「ピンク」ではなくて「ブルー」なのでござ~ますか?

あのねぇ~、昔ポルノ映画を作り始めた頃、セット全体をブルーにしたのですよ。

どうしてでござ~ますか?

そうすることで撮影すると役者の顔が判りにくくなる。 つまり、役者のプライバシーを保護するために、顔がはっきりと映らないようにしたというのですよ。 そういう配慮から、いつしかポルノ映画のことを“blue movies”と呼ぶようになったらしい。

今でも“blue movies”と呼ぶのですか?

いや。。。 僕は20年以上カナダ人やアメリカ人やイギリス人と話していて“blue movies”というのを聞いたことがありませんよ。

じゃあ、何と言うのですか?

“Porno” と言ったり “adult film” とか “stag film” とか。。。 でも、僕が一番耳にするのは “smut” という言葉ですよ。

どういう意味なのでござ~ますか?

卑弥子さんがよく言う「ヤ~らしい映画」という意味ですよ。

カナダやアメリカやヨーロッパでは「ピンク」という言葉は“ヤ~らしい意味”では使わないのですか?

あのねぇ~、昔、ナチスドイツでは「ピンク」は同性愛者を意味した。

どうして「ピンク」が同性愛者を意味したのでござますか?

ヒトラーが同性愛者にピンクの三角マークをつけて強制収容所にぶち込んだからですよ。


(pinkhomo2.jpg)

つまり、ヒトラーが広めたのでござ~ますか?

そういうことですよ。

今ではどうなのでござ~ますか?

むしろ最近では、オランダの同性愛者などは誇りを持って自分たち、同性愛者のニュースグループを “nl.roze”と呼んでいますよ。 rozeはオランダ語ではピンクを意味します。

カナダでは。。。?

同性愛者をピンクというのは聞いたことがありません。

じゃあ、何と言うのですか?

もちろん、 Homosexual と言うか、あるいは、ここでは書くべきでない蔑称を使うのですよ。

つまり、欧米ではポルノよりも、どちらかと言えば政治的な“左翼”を表現するため「ピンク」が使われているのでご~ざますか?

その通りです。。。 例えば、ポルトガルなのでは「社会主義者党(Socialist Party)」は誇りを持ってピンクのロゴを使っていますよ。


(socialist2.gif)

アメリカでは、「ピンク」とは“左翼的”という意味で使われているのですよ。

確か、共産主義者は「red(レッド)」ですよねぇ~?

そうです。。。 共産主義者じゃなくても、どちらかと言えば共産主義や社会主義に賛同するような人たちを罵(ののし)る時に“Pinko”などと言ったのですよ。


(pinko02.jpg)

マジで。。。? いつ頃のことでござ~ますか?

冷戦時代にアメリカでは“pinko” だとか “pinky” がよく使われたのです。 例えば、あの悪名高い元大統領のリチャード・ニクソンが1950年の上院議員の選挙の時に、対立候補のヘレン(Helen Gahagan Douglas)さんのことを次のように言ったのはよく知られているのですよ。


(nixon07.jpg)

“She’s pink right down

to her underwear!”

ヘレンさんは左翼的で

下着までピンクですよ!


(pinku02b.jpg)

ところで、卑弥子さんの今日の下着はピンクですか?

あらっ。。。 デンマンさんは、そのようなことに興味があるのですか? うふふふふふ。。。

いけませんか?

分かりましたわァ。 じゃあ、デンマンさんのためにお見せしますわ。

タラァ~♪~


(curtain5.jpg


(pinklady6.jpg)


(momo004.jpg)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

あなたは どう思いますか?

デンマンさんのように あたくしの下着の色が何色なのか? そのようなヤ~らしいことに興味がありますかァ~?

では、ここで昔 人気があったピンク・レディーに登場してもらいますわァ。。。


(pinkl002.jpg)


(pinkl001.jpg)

いかがでしたか?

話は変わりますけれど、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますわァ。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないってぇ~。。。?

じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ~。。。


(genjiero4.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?

ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?

でも こう見えても 一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。

ただし、なかなか あたくしの魅力を認めてもらえないのでござ~ますう。

つまり、結婚相手が 現れないのですわァ。

この際 高望みはいたしません。

“寅さん”のような人でもいいですわ。

旅に出ていることが多いので 手がかからないと思うのでござ~ますう。

ついでだから、寅さんの映画でも見て、希望をつなごうと思います。

“袖触れ合うも他生の縁”と申します。

あなたも 一緒に寅さんのYouTubeでも見てくださいねぇ~。。。


(tora019.jpg)

ちなみに、紫式部のお話も面白いですけれど、古代のお話も心にしみますわァ。

たまには、日本の古代史の記事も読んでくださいませぇ。

そういうわけで あなたのために平安史、古代史の記事を用意しました。

ぜひ 覗いてみてくださいね。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(miya08.jpg)

『下衆のかんぐり』

『桓武天皇のママがネットで』

『ござが天皇とGOOGLE』

『エロ 建礼門院』

『一敗が三人に!』

『行田の黒い霧をはらう』

『ペルシャ人が飛鳥に』

『小柴垣草子』

『後白河上皇ダントツ』

『ブスと美人』

『エロい話が好き?』

『死んでも生きてる』

『失意の太田将宏』


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』

『ブログ村のマリア様』

『ハヌマーン隊長』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

あなたは敬語?

2015年10月27日

 

あなたは敬語?

 


(ogasa15.jpg)


(june017.jpg)



(june001.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで“あなたは敬語?”というタイトルにしたのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、夕べバンクーバー市立図書館で借りた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

「あなた」は敬語か?


(kusaya02.jpg)

昭和27年、国語審議会が「これからの敬語」の中で敬語として認めた「あなた」が、そう呼ばれた人の怒りを買うという問題が起きてしまった。

事の発端は昭和58年10月20日付の朝日新聞「ひとときレポート」欄に掲載された「あなたに賛否両論」という記事である。
新聞にこんな投書が載った。

「(昭和)56年に主人が国立病院で病死した時のこと、
死線をさまよう主人がだんだん身内の呼びかけにも答えなくなったのに、
主治医と看護婦長の声にだけはかすかに応じることに気づいた私は、
婦長に夢中で“あなた、呼んでみてください”と頼みました。
すると婦長はすごいけんまくで“あなたとは何ですか。 失礼ではありませんか!”と一言。
最後の頼みの綱も断たれ、主人は他界しました」

ちなみに、昭和27年の「これからの敬語」には「あなた」は入っていたのである。
しかし、待遇価値そのものはさほど高いものではなく、地位名、職名等が上向き関係に用いられていた。
したがって社長、部長、親方、関取、マネージャー等の言葉は、いずれも相手に対して敬語を持った呼びかけとして許されていた。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


45ページ
『きれいな敬語 羞(はず)かしい敬語』
著者: 草柳大蔵
2002(平成14)年3月1日 初版第5刷発行
発行所: 株式会社 グラフ社

“あなた”というのは英語ならば YOU ですわよねぇ~。。。

そうです。。。

だったら、敬語ではないのではありませんか?

確かに、ごく普通の呼びかけだと僕も思いますよ。。。 でもねぇ~、上の引用にも書いてある通り 昭和27年、国語審議会が「これからの敬語」の中で「あなた」を敬語として認めていたのですよ。

でも、それはずいぶん昔のことではありませんか。。。 わたしにとって“あなた”という言葉は英語の YOU にあたる言葉だと単純に考えていましたわ。。。 つまり、日本語の2人称代名詞ですわ。。。 だから、特に敬語ではないと。。。

じゃあ、婦長さんが“あなた”と呼ばれて すごいけんまくで“あなたとは何ですか。 失礼ではありませんか!”というムカつきに、ジューンさんは、もっともだと同意するのですか?

いいえ。。。 その状況を考えれば、それ程ムカつくことではないと思いますわ。。。 ご主人が死ぬか生きるか?。。。 そういう状況で その夫人は気持ちが動転していたと思うのですわ。。。 だから、敬語だとか敬語でないとか? そのような事を考える心のゆとりもなくて、とっさに、“あなた、呼んでみてください”と婦長さんい呼びかけたのだと思います。

うん、うん、うん。。。 たぶん、そういう状況だったのでしょうね。

“あんた、ちょっと呼んでみてよ” とか デンマンさんがコメントに書くような“オマエ、呼んでごらんよ”と言ったら婦長さんがムカつくのも分かりますけれど、誰もが気持ちが動転してしまうような状況の時に、“あなた、呼んでみてください”と頼まれてムカつくような婦長さんにも問題があるのではありませんか?

あのねぇ~、その本には次のようにも書いてあるのですよ。

心の言葉を磨く


(thanx02.jpg)

高田敏子さん(故人・詩人)は (略) 煩わしい敬語なんかない方がよほど合理的で言語生活が能率的にゆくのではないかと発言したあと、こう言っている。

「でも私は、心の言葉というふうな形でよくお話をするのですが、
伝達の言葉と心の言葉と、この二つで私たちの会話は成り立つ。
“お茶を飲みなさい”と言われたときの返事は“はい”ぐらい。
でも“どうぞお茶を召し上がれ”と言われれば
“ありがとうございます”と言うふうに
今度は感謝の言葉が出ますね。
何かそういう意味で敬語というものの、ある必要性みたいなものを
私は感じるわけです。 伝達だけだと、伝達の返事だけがもどる」

 (中略)

私は、敬語の出発点は、高田さんの言う「心の言葉」を 敬語を使う人が意識するかどうかにあると思う。

この「心の言葉」を磨いてこそ、人は「意味のある人」になるのではなかろうか。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


20-22ページ
『きれいな敬語 羞(はず)かしい敬語』
著者: 草柳大蔵
2002(平成14)年3月1日 初版第5刷発行
発行所: 株式会社 グラフ社

あのねぇ~、僕は思うのだけれど、あの場合、“あなた、呼んでみてください”じゃなくて“婦長さん、呼んでみてください”と言えば問題がなかったと思うのですよ。

そうですわねぇ~。。。 “社長さん”、“おまわりさん”、“部長さん”、“駅長さん”と言えば相手に対して敬語を持った呼びかけとして社会的に認められていますわよねぇ~。。。

でしょう!?。。。 でもねぇ~、“あなた、呼んでみてください”と言われて なぜ逆上するほどに婦長さんはムカついたのか?

だから、婦長さんは敬語の使い方に神経質な人だったのですわよ。。。 きっと。。。

あのねぇ~、おそらく上の文章だけだと、正確な状況はつかめないと僕は思うのですよ。。。

どういうことですか?

新聞に投稿した女性の一方的な話だけが書かれている。。。 国立病院の看護婦長なのだから、これまでにも末期的症状の患者さんを数多く見てきたはずなのですよ。。。 そのような経験豊富な婦長さんが、たとえ夫人が気持ちが動転して“あなた、呼んでみてください”と言われたぐらいでムカつくとは思えない。

じゃあ、他にどのような理由で婦長さんはムカついたのですか?

あのねぇ~、僕はこれまでの夫人と婦長さんの人間関係に問題があると思ったのですよ。。。 つまり、この夫人というの中小企業の社長夫人で、普段から、人を見下げるような対応の仕方をしていた。

つまり、常日頃から看護婦さんとか婦長さんに対しても会社の従業員に対するような態度で接していたとデンマンさんは言うのですか?

そうですよ。。。 性格的に他人を見下げるような人なのですよ。。。 そう考えれば、常日頃から不満がたまっていた婦長さんが“堪忍袋の緒が切れて”ムカついたのも理解できるでしょう!?。。。 ジューンさんもそう思いませんか?

要するに、その社長夫人は“心の言葉”を磨いてなかったのですわねぇ~。。。

そういう事ですよ。。。 夫人は常日頃から看護婦さんとか婦長さんに感謝の気持ちを持っていなかった。。。 少なくとも、その気持ちが看護婦さんとか婦長さんに伝わっていなかったのですよ。

なるほどォ~。。。 でも、わたしは思うのですけれど、デンマンさんのコメントの書き方は コメントをもらった日本人の相手がムカつくような書き方になっていますわよねぇ~?

。。。ん? 僕のコメントの書き方が相手をムカつかせるような書き方になっているとジューンさんは言うのですか?

そうですわ。。。 例えば次のコメントですわよ。


(judge12.gif)

15. 柏原知美! オマエは、

マジで底抜けの馬鹿だね!(爆笑)

あのさァ~、オマエにも少しは良心という物があるんだね。(微笑)
tomomi-info15のブログにオマエを晒すためのコメントを僕がたくさん書いたので、
愚かなオマエは記事を削除して、
まったく新しい記事を書いたのだよ!

http://ameblo.jp/tomomi-info15/entry-12042483415.html#cbox

ところが、また僕に見つけられて、コメントを書かれてしまった。(爆笑)
オマエは、とことん間抜けで底抜けの馬鹿だね。

いくら馬鹿知恵を働かせて逃げまくっても、オマエは到底逃げられないのだよ!(更に爆笑)
あのなァ~、オマエが自滅するまで、このイタチゴッコは続くのだよ!(もう一度爆笑!)

とにかく、ブログを更新しないで“自動登録ツール”を使って 読みもしないブログに読者登録するのを止めるのだよ!
オマエはtomomi-info15で読者登録したのだよ!
オマエは馬鹿丸出しで、今度はtomomi-info14で読者登録したのだよ!
オマエが悪徳ブロガーなのは、ネットでも広まりつつあるのだよ!
オマエはまだ反省もせずにネットで迷惑行為を続けている!

馬鹿はあの世に逝っても治らない言うけれど、この世でも治らないみたいね。
でも、そういう世界的な馬鹿なオマエでも、3年以内にオマエハ自滅するよ! 
僕ちゃんが予言します。 (爆笑)

オマエガ愚かなのは、止せばいいのに、“自動いいねツールまで使って“いいね”を飛ばしまくっているのだよ!
オマエは、マジで馬鹿な“悪質スパマー”になってしまったのだね。
ついに本性を表したな!
純情でネット未経験なネット市民の皆様を騙して、“いいね”で集客して
メルマガで儲けようとするオマエの下心は見え見えなんだよ!
オマエはどうして、そのような不誠実な性格なの!?
“自動いいねツール”も相変わらず使っている!

tomomi-info12だけでなくtomomi-info15
オマエは、このtomomi-info14でも“自動登録ツール”を使って集客しているのだよ!
更に、tomomi-info101でも、同じような迷惑行為を続けている!
オマエは相変わらず“脱皮していない”のだよ!”
オマエのやり方では絶対に金儲けができない!
3年以内にオマエは自滅するだろうと僕は思うよ!

そうならないうちに反省してまともなブログをやれよな!
オマエはまだ人間的に未熟なのだよ!
今のままでは不幸な人生を歩むだけなんだよ!
悪い事は言わないから不誠実、不純、悪徳なスパム行為は止めた方がいいよ!
老婆心から。。。
袖触れ合うも他生の縁かもしれないから。。。
(微笑)

barclay 2015-09-22 05:42:52


『実際のページ』のコメント欄より

『柏原知美@悪名』に掲載
(2015年10月17日)

このようなコメントをもらったら、わたしだってムカつきますわ。

そうでしょうね。。。 (微笑) だから、上のリンクをクリックしてみれば分かるけれど、柏原知美は上のコメントを削除してしまったのですよ。

削除されることが分かっていながら、デンマンさんは上のコメントを書き込んだのですか?

そうです。。。 上で書いてあるような事をされたら、たいていのネット市民の皆様が、このようにムカつくものですよ!。。。という事を柏原知美に知らせるために、敢えて上のような書き方をしたのです。。。要するに“オマエは、心の言葉を磨いてないのだよ!”と言うつもりだったのですよ。

でも、そもそも知美さんは何をしたのですか?

あのねぇ~、事の発端は柏原知美が僕のブログの読者登録をしたことなのですよ。

だったら、デンマンさんは感謝の気持ちを伝えるべきで、相手をムカつかせるようなコメントを書くべきではないでしょう!?

とにかく、最初に僕が書いたコメントを見てください。

5. 読者登録スパマー止めた方がいいぞ!


(foolx.gif)

出鱈目な事を書いてネット市民の皆様を騙すんじゃないよ!

僕の記事をよく読んで勉強した方がいいぞ!

オマエのやり方では金儲けはできないのだよ!

じっくり反省してまじめな生活を送れよな!

(爆笑)

barclay 2015-08-10 13:09:59 >>このコメントに返信


「ちょっとだけ、お時間下さい」のコメント欄より

初めから柏原知美さんを見下げたような書き方になっているではありませんか!

あのねぇ~、スパムを飛ばすのはネットの世界では最も嫌われている迷惑行為のひとつなのですよ。。。 だから、次期大統領を目指しているヒラリーおばさんもスパマーを見るとムカついているのですよ。


(hillary07.jpg)

だから、当然、僕も このムカついた気持ちを柏原知美に伝えたのです。

要するに、相手をムカつかせるような迷惑行為をした相手に対しては敬語などは使えない、と言うことですか?

当然でしょう!。。。 迷惑行為をしていると気づいているので柏原知美は次のような返信を書いたのですよ。

6. Re:読者登録スパマー止めた方がいいぞ!

barclayさん

読者登録申し訳ありません。
気分を害してしまい、
すいませんでした。

ですが
私は情報に責任を持っています。

本当の事しか記事にしていませんし
私が実際に利益を出した方法を
発信しています。

なので

多くの人に読んで貰える様に
これからも、続けていきます。

ご指摘ありがとうございました。

tomomi-info1 2015-08-10 14:27:43 >>このコメントに返信


『ともみさんからのメッセージ』より
(2015年8月12日)

でもねぇ~、このような健気(けなげ)な事を書いているけれど、これは本心ではないのですよ。。。 つまり、心の奥では僕に“アカンベ”をしながら書いているのです。

“アカンベ”をしながら書いているという証拠でもあるのですか?

あるのです。。。 次のリストを見てください。


(ame51021r.png)


『拡大する』

『実際のリスト』

これはアメブロの僕のブログの登録読者一覧表なのですよ。。。 柏原知美は集客するために読みもしないブログに「自動読者登録ツール」を使って“読者登録”するのです。 上のコメントでは tomomi-info1 というハンドル名で読者登録したことが問題になったのですよ。。。 それで、柏原知美は 登録を取り下げた。。。 だけど、うっかりして僕のブログのタイトルを「自動読者登録ツール」の“登録リスト”から消すのを忘れてしまった。 だから、上のリストを見ると、柏原知美は tomomi-info14 と tomomi-info15 でさらに自動登録しているのですよ。。。 つまり、まったく反省してないのですよ。

でも、だからと言って柏原知美さんを呼び捨てにしないで、せめて“柏原知美さん”と書いたらどうなのですか?

あのねぇ~。。。、ジューンさんは、あまりにも純情で素直すぎるのですよ。。。 人を疑うことを少しは覚えてくださいねぇ~。。。 この世は善人ばかりじゃないのですよォ~!。。。柏原知美は女性の名前だけれど、この人物はむさくるしい愚劣な男で、彼は下着女装して女に成りすましているのです。。。 偽善者、詐欺師、悪徳成りすま師ですよ!

あらっ。。。 マジで。。。?

次のページを見てください。


(gog51007c3.png)

『実際のページ』

あらっ。。。 “柏原知美さん”というのは男が成りすましているのですか?

だから、うっかり騙されてはダメなのですよ。。。 コメントで健気(けなげ)な事を書いて気分を害してしまい、すいませんでした。と謝っているけれど、その気持ちは見せかけだけ! その証拠に、更に、うっかりして tomomi-info14 と tomomi-info15 で読者登録しているのですよ。。。 要するに、この男は拝金主義に凝り固まっている杜撰(ずさん)でうっかり者で。。。、早い話が愚か者なのですよ。 

表面だけを見ていると、判らないものですわねぇ~。。。

でしょう!?。。。 だから、僕は婦長さんが中小企業の社長夫人にムカついた気持ちがよ~く分かるのですよ。。。 婦長さんに言わせれば、きっとこの夫人は「“心の言葉”を持っていない自分勝手で、冷たい女性でした。 あたくしはグッと堪(こら)えよとしたのですが、堪忍袋の緒(お)が切れました」と言うはずです。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかネットにはキモい人たちが たくさんいるものですわねぇ~。。。

あなたも、読者登録されたり、“いいね”をもらったりしても単純に喜ばないでくださいまし。。。

「自動読者登録ツール」や「自動いいねツール」を使って、ブログを読みもしないのに、集客のためにスパムを飛ばしている悪徳スパマーがたくさんいます。

デンマンさんのブログの読者登録一覧リストの中のほとんどの読者が、そうした悪徳スパマーなのですわ。

まともな登録読者は20人もいないと思いますわ。

ところで あなたは“万夜一夜物語”ってぇ、聞いたことがござ~ますかァ~♪~。

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

あたくしも、そのお話にあやかってウェディング ドレスを着てみました。

ええっ。。。 どんなドレスかってぇ~。。。?

あたくしのウェディング ドレスは“プーフィー(poofy)”なのですわよう。

つまり、ふわふわと膨らんでいるようなドレスなのですわ。

極秘の お写真なのですけれど、あなたのために、ここに貼り出しますわねぇ~。。。

じっくりとご覧になってくださいまし。。。


(poofy09.jpg)

ジューンさんの真似をして金髪に染めてみましたわァ。

いかがでござ~ましょうかァ?

このお写真を見れば、きっと あたくしと結婚したい ハンサムな殿方が
プロポーズしてくれると思うのでござ~♪~ますわァ。

おほほほほほ。。。

ところで、ジューンさんが登場する面白いお話はたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

『9日間の女王』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

なぜカウチポテト?

2015年6月21日

 

なぜカウチポテト?

 


(couchgal.jpg)


(question.gif)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 “カウチポテト”が人気があるのですか?


(kato3.gif)

そうなのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。


(ame50618d.png)

『拡大する』

これはアメブロの僕のブログの6月12日から18日までの1週間の「人気記事リスト」なのです。 赤枠で囲んだ5番に注目してください。

2013年の1月9日に投稿した『カウチポテト』が この1週間に 79人のネット市民の皆様に読まれたということですか?

そういうことですよ。。。 リストに出てくる記事は、ほとんどすべて6月になってから投稿された記事なのですよ。

どういうわけで 2年以上も前に投稿された“カウチポテト”が人気があるのですか?

だから、それが知りたくて、こうして記事を書き始めたのですよ。

でも、なぜ わたしを呼び出したのですか?

『カウチポテト』の記事にジューンさんが出てくるからですよ。

カウチポテト

Couch potato

 


(couch21.jpg)


(couch20.jpg)


(gog30108.gif)


(june001.gif)

デンマンさん。。。どうして「カウチポテト」を取り上げたのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、夕べ、バンクーバー図書館で借りた『暮らしの年表 流行語100年』という本を読んだのですよ。


(lib30106b.gif)

上のリストの中の赤枠で囲んだ本ですか?

そうです。 その本の中で次のような箇所に出くわしたのですよ。

1988年 昭和63年

この年「カウチポテト族」のことばがはやる。
アメリカのイラストレーターが、カウチ(ソファーより低く、肘掛がひとつの長いす)に寝ころんでポテトチップを食べながらテレビを見る若者を指して言った。


(couch23.jpg)

赤字はデンマンが強調のため。
写真はデンマン・ライブラリーより)


182ページ 『暮らしの年表 流行語100年』
講談社編 2011年5月19日 第1刷発行
発行所: 株式会社 講談社

あらっ。。。 「カウチ」の説明がちょっと変ですわね。

そうなのですよ。 このページの担当者は明らかにアメリカやカナダで暮らしたことがないのですよ。

そうですわね。


(couch22.jpg)

ソファーより低く、肘掛がひとつの長いすも確かに「カウチ」と呼ぶ人もいますけれど、GOOGLEでcouch(カウチ)を入れて検索すれば分かるように圧倒的に「肘掛が二つの長いす」の方が多いのですよね。


(gog30108.gif)

そうなのですよ。 こういうところで実際に本場で暮らしたことがあるか?ないか?がすぐに分かってしまうのですよ。 だからと言って僕は、この担当者を責めるつもりはないけれど、この担当者以外にも校正係が読んでいるはずなのに気づかなかったのだろうかと思ってね。。。

校正係の人もアメリカやカナダで暮らしたことがないのですわよ。

たぶんね。 僕のように人生の半分以上を欧米で暮らしている人間ならば、すぐに変だと気づくのだけれど。。。


『カウチポテト』より
(2013年1月9日)

『カウチポテト』の記事の出だしの部分ですよ。

つまり、“カウチ”か? あるいは“カウチポテト”という言葉が最近、日本で注目を集めているのでしょうか?

僕も そう思ったので GOOGLE で検索してみましたよ。 その結果を見てください。


(gog50620a.png)

『現時点での検索結果』

「カウチポテト」と入れて GOOGLE で検索してみたのだけれど、2013年1月9日に投稿した記事は上の検索結果には出てこないのですよ。

2ページ目に出てくるのではありませんか?

いや。。。 2ページから5ページまで見ていったのだけれど、僕が投稿した記事は出てこないのですよ。

でも、実際、個別の記事では2番目によく読まれているのですから、「人気検索キーワード」のリストを見れば手がかりがつかめるのではありませんか?

ジューンさん。。。 なかなか いいところに気がつきましたねぇ~。。。 さっそく、「人気検索キーワード」のリストを貼り出しますよ。 ジューンさんもじっくりと見てください。


(ame50618c.png)

『拡大する』

これはアメブロの僕のブログの6月12日から18日までの1週間の「人気検索キーワード」のリストです。 赤枠と青枠で囲んだキーワードは“スパマー”の記事を探すために使ったキーワードですよ。

『カウチポテト』の記事を探すために使ったと思われるキーワードは見当たりませんわねぇ~。。。

そうなのです。。。 見当たらないのですよ。

でも、検索して『カウチポテト』の記事を読んでないということは どういうことなのですか?

いや。。。 検索して読んでいるはずです。。。 もう一度、「人気記事リスト」を見てください。


(ame50618d.png)

『拡大する』

上のリストに出てくる記事は、『カウチポテト』を除くと、つい最近 公開された記事ばかりなのですよ。。。 だから、2年以上も前に投稿された記事は、検索して探す以外に見つけようがないのです。

でも、上の「人気検索キーワード」のリストには、『カウチポテト』を探すために使ったようなキーワードが出てないじゃありませんか!

だから、そこですよ。。。 何かを見落としているのですよ。

何を見落としているのですか?

あのねぇ~。。。 分かりましたよ。。。 分かりました。。。 もう一度検索結果を見てください。


(gog50620a2.png)

『現時点での検索結果』

上のリストの中の画像をクリックしてアメブロの僕のブログに掲載されている『カウチポテト』を読みにやって来たのですよ。

その証拠でもあるのですか?

上のリストの大きな赤枠で囲んであるうちの 右から2番目の赤枠で囲んである漫画をクリックすると次のページが出てくるのですよ。


(gog50620b.png)

『現時点での検索結果』

上のページの赤い楕円で囲んである Visit page をクリックすると次の記事が出てきます。


(ame30109e.png)

『実際の記事』

つまり、“カウチポテト”の漫画をもっと見たいために、デンマンさんの記事を見にやって来たということですか?

おそらく そうだと思いますよ。。。 もっと面白い漫画があるだろうと思ったのでしょうね。。。 とにかく、日本はマンガとアニメの天国ですからね。

じゃあ、デンマンさんの書いた記事を読みにやって来た人は 期待したほど面白い漫画がないのでガッカりしたでしょうね?

いや。。。そんなことはありません。。。 あのねぇ~、上の記事を読んで“カウチ”は、ある一部の人たちが考えているようなものではない、ということが解ってトクをした気分になったのですよ。

 

カウチとは…?

 


(couch22b.jpg)


(couch008b.jpg)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは“カウチ”という言葉に対して、どのようなイメージを持っていましたか?

上のジューンさんが横たわっている画像を見て、納得がゆきましたか?

ところで、もう一度「人気記事リスト」を見てくださいませ。


(ame50618d2.png)

『拡大する』

上の緑の枠で囲んだ記事に注目してくださいな。

『お尻のえくぼ』が個別の記事の中では、4番目によく読まれているのでござ~♪~ますわァ。

『お尻のえくぼ』

実は、あたくしにも“お尻のえくぼ”があるのですわよう。

お見せしますわねぇ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルが良すぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

とにかく、“お尻のえくぼ”のせいではないと思うのでござ~ますけれど、
最近、あたくしは、人気が出てきたようなのでござ~ますゥ。

あなたは信じられないでしょう?

実は、あたくしの熱烈なファンが次のようにして検索したのですわァ~。。。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。

うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?

けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? やっぱり、ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』


(june901.jpg)

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』


(june72b.jpg)

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

マタハラ

2015年5月25日

 

マタハラ

 


(spy008b.jpg)


(hothot2.jpg)


(crotch02.jpg)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 どうして“マタハラ”を取り上げたのですか?


(kato3.gif)

ジューンさんは“マタハラ”という日本語を聞いたことがありますか?

いいえ。。。 ありませんわ。。。 “マタハラ”じゃなくて“マタハリ”では ありませんか!?

僕も、初めてこの言葉をネットで目にした時には、あの有名な女スパイの“マタハリ”のことだと思ったのですよ。

そうじゃないのですか?。。。 マタハリ以外にも“マタハラ”と呼ばれる女スパイがいたのですか?

いや。。。 僕の知る限り、そういう名前の女スパイはいませんよ。。。 映画『007』 にも出てきたことがありません。

。。。で、どうしてデンマンさんはマタハリの写真の下にヤ~らしい写真を貼り出したのですか?

女スパイの“マタハリ”ではないとしたら、いったいどのような意味なのだろうか? 僕は しばらく考えてみたのですよ。

。。。で、考えた挙句に思いついたのが マタハリの下に貼り出した 2つのヤ~らしい写真なのですか?

そうなのですよ。。。(微笑) “マタ”という言葉から、すぐに思い浮かぶのが英語で言うならば“Crotch”ですよ。 ジューンさんだって、Crotch を想い浮かべたでしょう!?


(hothot2.jpg)

つまり、上の写真では、“マタ(股)”と“ハラ(腹)”を冷たいお水で冷やして暑さをしのぐ。。。 そうする事を“マタハリする”ことだと、デンマンさんは考えたのですか?

そうです。。。 いけませんか? (微笑)

デンマンさんらしい解釈ですわねぇ~? うふふふふふ。。。 で、次の写真は、どういうことなのですか?


(crotch02.jpg)

もし、“マタハラ”の意味が “マタ(股)”と“ハラ(腹)”を冷たい水で冷やすことじゃないとしたら、“マタ”の写真を撮って、本人に送りつけて嫌がらせをする事を“マタハリする”と言うのではないか? つまり、“マタ(股)”の写真を撮って“ハラス(harass)”する。。。 それで“マタハラ”と言うのではないか? そう考えたわけですよ。

。。。で、“マタハラ”ってぇ、どういう意味なのですか?

さっそくネットで調べてみました。。。 次のような意味なのですよ。

マタハラ


(matahara1.jpg)

「マタハラ」とはマタニティー・ハラスメントの略で、
働く女性が妊娠・出産をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、
妊娠・出産を理由とした解雇や雇い止めで
不利益を被ったりするなどの不当な扱いを意味する言葉です。

社会的な認知はまだ十分に進んでいませんが、
マタハラの被害の実態は、よく知られる“セクハラ”(セクシャル・ハラスメント)よりも深刻であるといわれ、
対策が急がれています。

(2013/7/8掲載)


(matahara2.jpg)

【写真とイラストはデンマン・ライブラリーより】


出典|小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

。。。で、そもそも、どう言う訳でデンマンさんは“マタハラ”という言葉に出会ったのですか?

次の画面を見てください。


(ame50518n.png)

『拡大する』

アメブロの僕のブログの“マイページ”を見たのですよ。 赤枠で囲んである箇所に注目してください。

“モラハラ”と書いてあるますね。。。

そうです。。。 僕は初めて“モラハラ”という日本語を見たのですよ。 それで、いったいどういう意味かと思ってリンクをクリックしたのですよ。。。 そしたら次のページが出たのです。


(ame50518p.png)

『拡大する』

上のページの説明の最初に出てきたのが“マタハラ”だったのですよ。

つまり、もともと“モラハラ”の意味をネットで見つけようとしたら、“マタハラ”が目に付いたと言うわけですか?

そうです。。。 いけませんか?

別に、かまいませんけれど。。。 要するに、デンマンさんの関心と興味が“モラハラ”から“マタハラ”に急速に移ってしまったわけですねぇ~。

うへへへへへ。。。 そうなのですよ。。。 いけませんかァ~?

それで、すぐに次の3つの写真がデンマンさんのオツムに想い浮かんだと言うわけですかァ~?


(spy008b.jpg)


(hothot2.jpg)


(crotch02.jpg)

上のような写真を想い浮かべてはいけませんかァ~?

かまいませんわよ。。。 でも、デンマンさんのヤ~らしい性格が よく表れていると思いますわァ。 うふふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。 上の3枚の写真だけで、僕の性格がヤ~らしいと決め付けないでくださいよ。

それで、“モラハラ”というのは、どういう意味なのですか?

だから、上の説明にも書いてある通り、次のような意味なのですよ。

モラハラ


(morahara2.gif)

モラハラとは「モラルハラスメント」の略で、
言葉や態度により相手を精神的に傷つけること。

まずは、心理カウンセラーの小日向るり子さんに、
モラハラをしやすい人の特徴を聞いてみた。

■自分が大好きでプライドの高い人には要注意!

「一言で表すと、自己愛が強く、プライドが高い人です。
自分の行動や考えが認められる環境にいるうちは良いのですが、
仕事で自分の意見が通らなかったり、取引先からのクレームで
プライドを貶められたりするようなことが起こると、
自己愛が傷つき、非常に落ち込みます。

しかし、他人の目を非常に気にする性格であるために、
そういった弱い姿を社会の中では隠すのです。

そしてその反動が、家庭やパートナーといった閉鎖された空間で爆発します」(小日向さん)

見分ける方法としては、まず自分に対する言葉遣いを思い出してみよう。
あなたのことを呼ぶときに、「おまえ」「あんた」などと言う。

「誰のおかげで〇〇できると思ってるんだ」といった発言がある。

「チッ」「はぁ?」「お前バカ?」などの短い言葉を吐き捨てる。
こうした言葉を日常的に使っている人は要注意なのだとか。

続けて小日向さんはこのように話す。

「このような言葉を長い間浴びせられて言いなりになっていると、
次第に自分が本当にバカで至らない人間なのではないかと
暗示をかけられたような心理状態に陥ってしまいます。

相手が常に『自分が絶対』でいられると思い込んでしまうと、
言葉だけではなく、暴力をふるうといった行動も伴うようになり、
モラルハラスメントはエスカレートしてきます」(小日向さん)

モラハラをする人は、「自己愛性パーソナリティ障害」である場合も多いのだという。

「もしかして……」と思った人は、
自己愛性パーソナリティ障害の特徴も調べてみるといいかもしれない。

「付き合い出して最初のうちはこうした内面を見せない人が多いです。
『モラハラされているかも』と思ったら、
暗示にかかる前に抜け出すことが大切です」(小日向さん)

一人で抱え込んでいるうちに、取り返しのつかなくなる可能性も……。
思い当たることの多い人は、早めに誰かに相談を!

●専門家プロフィール:小日向 るり子(こひなた るりこ)
カウンセリングスペース フィールマインド代表。
「感情を否定せず、まずは寄り添うこと」を理念に活動する心理カウンセラー。
心の不安や職場の人間関係、恋愛相談、夫婦関係の悩みなど、
相談件数はこれまでに2000件以上。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

赤字はデンマンが強調のため。。。】


『モラハラする人見分け方』より

つまり、デンマンさんのような人を“モラハラ”する人と言うのですねぇ~。。。?

どうして僕が“モラハラ”する人なのですか?

だってぇ~、次のような対話を読めば、マジでデンマンさんは“モラハラ”しているではありませんか!

世界の不思議バカ発見

 


(lookanim.gif)


(baka50226c.png)


(doctor23.gif)

デンマンさん。。。、オイラをお呼びですか?


(kato3.gif)

そうだよゥ。。。 首を長くして待っていたのだよ。

まさかァ~、オイラのことを“世界の不思議バカ”だと決め付けるのではないでしょうねぇ~?

あのさァ~、オマエが“世界の不思議バカ”じゃないとしたら、どうして僕がオマエを呼びださなければならないのォ~?

オイラに“世界の不思議バカ”を見せるために呼び出したのでしょう! そうですよねぇ~!

あのさァ~、“世界の不思議バカ”に“世界の不思議バカ”を見せて どうするわけぇ~?

仲間が増えて喜ぶとか。。。 うへへへへへへ。。。

そうやってぇ~、笑っている場合じゃないだろう! オマエは“世界の不思議バカ”と言われて 思い当たることがあるから ノコノコと出てきたのだろう?

デンマンさんのお言葉ですが、オイラには思い当たることは何もありません!

オマエは、そうやってぇ~、あくまでも惚(とぼ)けるつもりなのォ~?

惚けてませんてばあああァ~。。。 デンマンさんが オイラを“世界の不思議バカ”だと決め付けるならば、まず、その証拠を見せてくださいよゥ。


『世界の不思議バカ発見』より
(2015年2月28日)

あのねぇ~、僕は上の記事で取り上げたスパマーを言葉で精神的に傷つけようとしているわけではないのですよ!

でも、なんとなく、デンマンさんが精神的に傷つけているように見えますわ。

それは、ジューンさんが そういう部分だけを切り取って、ネット市民の皆様に読ませたからです。。。 記事の後半を読めば、僕が、このスパマーを立ち直らせようと優しく言い聞かせているのが解るはずです。

とにかく、オマエのやっている事は ネットでは最も嫌われていることなのだよ。

でも。。。、でも。。。、たとえ嫌われようとも、オイラにも 言論の自由と表現の自由が日本国憲法で保障されていると思います。

確かに、オマエにも言論の自由と表現の自由が日本国憲法で保障されている。 だから、どのような事を言っても、どのような物を表現しても自由だよ。 でもなァ~、スパムを飛ばして他のネット市民の皆様に迷惑をかける事はネットで最も嫌われているのだよ!

マジで。。。?

あの有名なヒラリーおばさんもオマエが しつこく URLスパム を飛ばすのを見て ムカついているのだよ。


(hillary07.jpg)

なるほどォ~。。。、やっぱり、ヒラリーおばさんをムカつかせては まずいのですかァ~?

もちろんだよ。

デンマンさん!。。。 もうこれ以上、オイラの事で記事を書くのを止めてくださいよゥ。 オイラの仕事が やりにくくなってしまうじゃないですかア!

あのさァ~。。。 オマエの仕事というのは URLスパムを飛ばすことなんだよ。

でも、日本国憲法で“職業の選択の自由”は保障されているのだから、オイラがどんな仕事をしようが デンマンさんには関わりのないことです!

あのさァ~、同じ事を僕に何度も言わせるなよ! ヒラリーおばさんがスパムを飛ばすのはいけない!と、ムカついているのだよ!

ヒラリーおばさんをムカつかせるような事は やっちゃあ いけないのですかァ~?

止めた方がいいのだよ! それに、オマエがやっていることは無駄な事だろう!

どうして、オイラのやっている事が無駄なことなんですかァ~?

だってぇさァ~、これまで オマエが URLスパムを飛ばし始めると、必ず。。。、一度の例外もなく、必ず、 URL の先のページが1週間も経たない内に 削除されてしまうんだよ! 何度、オマエが URL スパムを飛ばしても、この事実に変わりがない!

でも。。。、でも。。。、デンマンさんが こうしてオイラのことを取り上げて記事を書いてくれます。

あのさァ~、何度も言っているように、オマエは反面教師として悪名を轟かせるだけなんだよ! オマエが悪名高くなったとて、誰もオマエを尊敬しないのだよ!

でも。。。、でも。。。、オイラは日本語が解る世界のネット市民の皆様に知られるようになっているのです。 そうでしょう!?

つまり、なにかァ~、オマエはネットでマジで世界的に有名になりたいのかァ~?

そうです。。。 そうすれば、東京で下着女装ショーを開いても、この記事を見た世界中のネット市民の皆様が東京のオイラのショーを見に来ると思うのですよ。 うしししししし。。。

あのなァ~。。。 そういうのを昔の人は“取らぬ狸の皮算用!”と言ったのだよ! オマエの下着女装のムカつかせるような写真を見たら、誰もオマエのショーを見にゆかないのだよう!

解りました。 デンマンさんが そこまで言うのだったら、オイラは真由美ちゃんのようにバンクーバーに行って仕事を探そうと思います。

あのさァ~、何度も僕に同じことを言わせるなよう! オマエは福岡に居るのだから福岡で仕事を探せばいいのだよ!

でも、真由美ちゃんとデンマンさんが住んでいるバンクーバーに行きたくなってしまいましたァ~。。。 うへへへへへへ。。。

オイ!。。。 オイ!。。。 そのように、ヨダレをたらしながら、ナヨナヨと女の腐ったような格好をして僕の方に近づいてくるなよ! オマエがバンクーバーにやって来るのは、まだ100年早いよ。 第一、オマエと付き合っている暇がない。

でも、デンマンさんは真由美ちゃんの面倒を見てやっているじゃありませんかア! オイラが可愛い女の子じゃないので、デンマンさんはオイラの面倒を見てくれないのですか?

いや。。。 別に、そういうわけじゃないのだよ! 真由美ちゃんだけで手がふさがっているのだよ。

じゃあ、この際、オイラは下着女装をして、顔も整形して マジで次のような女性に生まれ変わります。


(xdress02.jpg)

オイラが、もし こんな風に女装したら、デンマンさんも オイラの面倒を見てくれますか?

あのさァ~。。。 オマエがどのように変身しようが、気持ちわりィ~から、下着女装までして、女になろうとするのだけは止めてくれよなァ!

どうして。。。?

どうしても、こうしても。。。、オマエは誤解しているのだよ! たまたま真由美ちゃんがバンクーバーへやって来て、新しい人生の1ページを歩み始めたからといって、オマエが真似をする必要は無いのだよ! オマエは、URLスパムを飛ばすのを止めて、まともな記事を書けばいいのだよ!

でも。。。、

デモも、スモモも、オシモもないのだよ! オマエは、すぐに人の真似をする悪い癖がある! スパムを飛ばし始めたのも、人の真似をしたからじゃないかァ~!

だから、今度は真由美ちゃんの真似をしたいのですよ!。。。 だから。。。、だから。。。、デンマンさん! お願いですから、オイラを見捨てないでバンクーバーで面倒見てください! お願いしますゥ。

甘えるんじゃないんだよ! 真由美ちゃんは小さい頃からの夢を叶えてバンクーバーにやって来たのだよ! オマエは、つい最近、“URLスパム”を飛ばす合間に、真由美ちゃんの記事を読んで、急に真似をしたくなっただけじゃないかア!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

『真由美ちゃん@バンクーバー』

真由美ちゃんの真似をしてはいけませんかァ~?!

ダメだよ!

じゃあ、下着女装するのはいいですか?

いや。。。 できたら、下着女装するのも止めて欲しいのだよ!

どうして。。。?

オマエの URL スパムを見るたびに、卑弥子さんに成りすましたオマエの女装姿が想い浮かぶのだよ。


(joso022h.jpg)

このイメージが浮かぶと、気持ちが悪くなって、食欲が無くなるどころか、僕は食べた物を吐きそうになるんだよ。


『世界の不思議バカ発見』より
(2015年2月28日)

この上の記事に登場しているスパマーは ヒラリーおばさんまでムカつかせているのですよ。 だから、自然と このスパマーを“オマエ”と呼ぶようになったのです。

でも。。。、“オマエ”と呼び捨てにしているデンマンさんの口調は、この記事を読む人に精神的に相手を傷つけていると感じさせると思うのですわ。

あのねぇ~。。。 僕が“オマエ”という言葉を敢(あ)えて使っているのは、誰が話しているのかをはっきりさせるためです。 要するに、読む人が混乱しないために便宜を図(はか)っているのですよ。 ジューンさんは、上の記事を言葉の問題と捉(とら)えているけれど、言葉の問題じゃない。 記事の内容の問題です。 記事を最後まで読めば、僕がスパマーなる人物を精神的に傷つけようとしているのではなく、この人物が自分の愚かさと 人生を無駄にしている事実に気づいて、まともな人生を歩むように応援していることが理解できるのですよ。 ジューンさんも最後まで読んで、そう思ったでしょう!?

なんだか、デンマンさんが一生懸命に弁解しているように聞こえますわ。

とにかく、今日は、僕が“モラハラ”しているか? いないか? それを問題にしているわけじゃないのです。 だから、ジューンさんも余計な突っ込みを入れないでくださいねぇ~。。。 じゃあ、今日はこれで、僕も帰らせてもらいます。 ジューンさんも帰っていいですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
確かに、デンマンさんの記事を読むと “モラハラ”しているのではないか? 
そう思える記事が結構ありますわよねぇ~。。。
あなたも、そう思うでしょう?

とにかく、あなただけは“モラハラ”しないようにしてくださいね。
もちろん、あたくしも“モラハラ”いたしませんわよ。

だから、最近、あたくしは、人気があるのでござ~ますわよ。
あなたは信じられないでしょう?

実は、あたくしの熱烈なファンが次のようにして検索したのですう。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?

けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? やっぱり、ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』


(june901.jpg)

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』


(june72b.jpg)

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)