Posts Tagged ‘愛と性’

美学de愛と性

2017年8月13日

 

美学de愛と性

 


(malta019c.jpg)


(june901.jpg)


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 昨日に引き続いて今日もお呼びですか?


(kato3.gif)

そうです。。。 ジュンコさんは何か不満があるのですかァ~。。。

いえ。。。 別に不満があるわけではありませんけれど、卑弥子さんがデンマンさんのお呼びを待ているのではありませんか?

いや。。。 最近、卑弥子さんは学会の発表を控えて忙しいのですよ。。。

昨日は『女性の性欲@ラオス』というタイトルでしたけれど、今日もその記事と関連があるのですか?


(patuxai2b.jpg)

『女性の性欲@ラオス』

全く関連がないというわけでもないのですよ。。。 それで、ジュンコさんを呼び出したわけです。。。

美学de愛と性というタイトルにしたということは、デンマンさんが“女性の性愛”に拘(こだわ)っているということですわねぇ~。。。

いや。。。 僕が拘っているわけではないのですよ。。。 実は、東京都に住んでいる相田 美羽莉(あいだ びばり)さんが“愛と性の美学”に拘っているのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。


(liv70812a.png)


『拡大する』

“愛と性の美学”カテゴリー

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で8月11日の午後6時51分から12日の午前2時16分までの約7時間半の「生ログ」の一部ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。

あらっ。。。 8月11日の午後7時3分にGOOGLEで検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来て“愛と性の美学”カテゴリーのページを読んだのですわねぇ~。。。


(livcat876.png)


『拡大する』

“愛と性の美学”カテゴリー

“愛と性の美学”カテゴリーのトップにジュンコさんが登場する『閨房でのあしらい』が出るのですよ。。。

それで私をお呼びになったのですか?

そういうことです。。。

。。。で、相田 美羽莉(あいだ びばり)さんは、どのようにしてデンマンさんのブログを探し当てたのですか?

次のように検索したのですよ。。。


(gog70812a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「愛と性の美学 徒然」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 赤枠で囲んであるタイトルをクリックしたのです。。。

。。。で、IPアドレスを調べて東京都に住んでいる相田 美羽莉(あいだ びばり)さんが“愛と性の美学”カテゴリーのページを読んだと突き止めたのですか?

その通りです。。。


(ip180215b.png)

『拡大する』

デンマンさんは、いつもIPアドレスを調べますけれど、アクセス者の名前までは分からないのですわァ。

ジュンコさんも きついツッコミを入れるのですねぇ~。。。 相田 美羽莉(あいだ びばり)さんは僕のブログの常連さんなのですよ。。。 だから、わざわざ『徒然ブログ』の“徒然”を検索ワードに加えて検索したのです。。。

それで、“愛と性の美学”カテゴリーのページを読んだあとで、デンマンさんに感想のメールを書いたのですか?

そうなのです。。。 ちょっと読んでみてください。。。


(stars.gif)

From: aida_bibari0376@yahoo.co.jp
To: denman12345@gmail.com
Date: Fri, Aug. 11, 2017 7:55 PM.

 

デンマンさん、こんにちは…

 

いつも興味深く読ませてもらっています。

“愛と性の美学”カテゴリーのページを開いたのですが、
例によってたくさんの記事が出てきたので圧倒されました。

でも、後半の6割ぐらいの記事の
写真やイラストが表示されてません。

これはライブドアのシステムの問題なのですか?
それとも画像格納場所が閉鎖されたのですか?

文章だけでも、趣旨は充分に理解できますけれど、
写真やイラストがあれば、更に興味深く読めます。

ぜひ、写真やイラストが全部の記事に
表示されるようにしてください。
そうすれば、もっと楽しく読めるように思います。

これからも楽しい記事をたくさん書いてください。
期待しています。

では…

 

相田 美羽莉

(sayama09c.png)

相田 美羽莉(あいだ びばり)さんが指摘しているように、ページの後半になって写真やイラストが表示されてませんわねぇ~。。。 どうしてですか?

あのねぇ~。。。 ライブドアのシステムの問題じゃなくて 画像格納場所として使っていた 無料画像保存場所(http://www.fileden.com/files/)が経営不振で閉鎖されてしまったのですよ。

つまり、デンマンさんは現在、新しい画像保存場所に画像を保存して、記事の中に直リンクで貼り付けているのですか?

そうです。。。 僕は同じ記事をたくさんのサイトに投稿しているので、画像をそれぞれのサイトの画像置き場に保存してないのです。。。 手間がかかるし、面倒なので、記事を一つだけ書いて、それを各サイトに投稿するわけです。。。

でも。。。、でも。。。、どういうわけで同じ記事をたくさんのサイトに投稿するのですか?

あのねぇ~、サイトが経営不振で閉鎖になるかもしれないし、 これまでに僕のサイトは削除されてなくなってしまったことが 10数回以上あるのですよ。。。 さらに、不都合が生じてサイトにアクセスできなくなってしまうこともある。。。

それで、一つや二つのサイトが削除されてもいいように、余裕を持って予備のサイトと思って同じ記事をいくつかのサイトに投稿しているのですねぇ~。。。

そういうことです。。。 現在、写真やイラストが表示されえない記事は、ゆくゆく更新してゆくつもりです。。。 その内、すべての記事の写真とイラストが表示されるようになるはずです。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

“愛と性の美学”ってぇ、響きがいいですよねぇ~。。。

実は、わたしも、“愛と性の美学”にハマッているのですわァ~。。。

ええっ。。。? どのようにハマッているのかってぇ~?

では、あなたに、わたしの秘蔵のYouTUbeをお目にかけますわァ~。。。

題して“愛と性の美学のロック”です。

では、じっくりと味わってくださいねぇ~。。。


(bigaku01.jpg)

ところで“愛と性の美学”のお話も面白いですけれど、

日本の古代史にも興味深い不思議な話がたくさんあります。

たまには、日本の古代の話も読んでください。。。

では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

愛と性の秘められた物語

2017年1月23日

 

愛と性の秘められた物語

 


(bond017.gif)

 

萌えた恋の悲しい結末

 


(bond010.gif)

 

当子(まさこ)内親王は
長保3年(1001年)に
生まれました。
なんと、治安3年(1023年)に
22才の若さで亡くなっているのです。

しかし、短い命でしたが
波乱に満ちた愛と性の
悦びと苦悩に、その人生は
彩(いろど)られているのでした。

内親王は第67代三条天皇の
第一皇女でした。
寛弘8年(1011年)に
父親の三条天皇が即位すると、
翌年、内親王が11才の時に
斎宮(いつきのみや)に選ばれたのです。

満11才とはいえ、
既に匂いたつような美貌でした。
父・三条帝は当子内親王を
こよなく愛していたのでした。

それだけに、まだ幼い
内親王との別れが
死別するようにつらい。

三条帝は自らの手で
内親王の前髪に
『別れの小櫛』を挿したのでした。
しかし、帝は内親王との別れに
耐え切れず、
別れの儀式には
決して振り返ってはならない
という禁忌を破って、
振り向いて、内親王の姿を
もう一度見てしまったのです。
それ程別れがつらかったのでした。

このようにして、内親王は
13才で伊勢に旅立ちました。
しかし、彼女が15才の時に
三条天皇は譲位します。
そのため、内親王も慣例によって
斎宮の勤めを辞めて
1016年9月に帰京しました。

三条帝が目に入れても
痛くないほどの可愛い乙女でしたから、
何も無くそのまま平凡な余生が
待っているとも思えません。

やがて京の街に噂が
流れ始めたのです。
藤原道雅(ふじわらのみちまさ)が
前の斎宮・当子内親王と通じている。
人々は口伝に、
そのようにウワサし合ったのです。

道雅は道長の政敵だった
藤原伊周(ふじわらのこれちか)の息子です。
伊周は道長の兄・道隆の息子です。
今は失脚したとはいえ、
常に道長のキャリアを
脅かしてきた相手でした。

伊周の妹・定子は道長の娘・彰子と
一条帝の寵を争った“恋敵”です。
当代一の権力者・藤原道長の
目を恐れるならば、
藤原道雅は内親王にとって
最もふさわしくない相手でした。

運命は当子内親王に不幸の種を
宿したのかもしれません。

噂を聞いて父の三条院は激怒しました。
手引をした内親王の乳母(めのと)は
放逐され、
彼女の身辺の監視は厳しくなりました。

三条院は皇后や親王らの
とりなしも聞きいれずに
内親王を厳しく罰しようとしたのです。
しかし、憎しみは道雅に向かいました。

そのような訳で道雅には天皇から
勅勘が下りました。
つまり、天皇より勘当のお達しが
あったわけです。
すべての縁を切ると。。。

世間では
「伊勢物語の斎宮であればともかく、
この内親王は既に斎宮を
下りているのだから」
と同情する声もありました。

しかし、三条院は内親王を
目に入れても痛くないほど
可愛がっていただけに、
道雅を許す事が出来なかったのです。
内親王と道雅はその仲を
裂かれてしまったのでした。

心頼りにする道雅とは
もはや会う事も
文を通わす術もなく、
内親王はあれこれと心悩ませ
涙で袖を濡らす夜々を過ごしたのでした。

道長との関係も思わしくなく、
心痛が重なり健康が損なわれ、
眼病にも悩み、
やがて三条院は崩御しました。
内親王は16才の若さで
手ずから髪を下ろし、
出家したのです。

父を失い、
二度と道雅に会う事のないまま、
内親王は6年後の22才で
花の命を閉じたのでした。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『愛と性の秘められた歴史』に掲載。
(2007年2月2日)

 

(roses3.jpg+heartx.gif)


(manila05b.jpg)

デンマンさん、お久しぶりです。。。 遅ればせながら、新年おめでとうございます。。。


(kato3.gif)

あれっ。。。 今年になってレンゲさんと、こうして話をするのは初めてですかァ~?

そうですわァ~。。。 独り言では、たびたびデンマンさんの記事に登場していますけれど、こうして対談するのは今年になって初めてですわァ。。。 急に、どういうわけで、お呼びになったのですか?

実は、ライブドアの『徒然ブログ』のアクセス解析していたら次のリストに出くわしたのですよ。。。


(liv70117a.png)

『拡大する』

これはライブドアの『徒然ブログ』の1月16日の日本時間で午後12時29分から午後7時58分までの「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。1月16日の午後12時32分に『徒然ブログ』にアクセスして『愛と性の秘められた歴史』を読んだのですわねぇ~。。。

そうです。。。 次の記事を読んだのですよ。。。


(girl912b.jpg)

『愛と性の秘められた歴史』

それで、今日の記事のタイトルを“愛と性の秘められた物語”としたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

でも。。。、でも。。。、マジで“愛と性の秘められた物語”というようなエピソードがあるのですか?

あるのですよ。。。 実は、この記事を1月16日に読んだ桜井恵子さんは、ちょっと焦っていたので、じっくりと記事を読むことができなかったのです。

何で、そういうことがデンマンさんに解るのですかァ~?

簡単なことですよ。。。 桜井恵子さんは、冒頭に引用した当子(まさこ)内親王の物語を読み終わった時に、ちょうど友達が呼びに来たのです。

それで、どうしたのですか?

記事のタイトルを見られるのが、ちょっとばかり恥ずかしかったので、すぐに他のページに飛んでしまったのです。

だから、どうして、そのような事がデンマンさんに解るのですかァ~?

恵子さんは、本当は続きをすぐにでも読みたかったのですよ。。。 だけど、友達が呼びに来たので、仕方なく一緒に お昼の食事に出かけたのです。

そんな事よりも、どうしてデンマンさんがそのような事まで知っているのですかァ~?

あのねぇ~、レンゲさんが、僕をせかせる気持ちは分かるけれど、気持ちを落ち着けて、まず、僕の話を聞いてください。。。

分かりましたわァ。。。 余計な事は言わずに細木数子さんのように、できるだけズバリ!ズバリ!と話してくださいなァ~。。。

実は、桜井恵子さんは、ちょっと気になる男性から言い寄られていたのです。。。

それで。。。?

だから、どうしたらよいのだろうか? 一人で悩んでいても仕方がないので、ネットで調べたわけですよ。。。

それで、いろいろ検索していたら、『愛と性の秘められた歴史』にたどり着いたというわけなのですか?

そういうことです。。。 そして冒頭の当子(まさこ)内親王の物語を読み終えたところで、友達に呼ばれて、仕方なく一緒にお昼の食事に付き合ったのです。。。

要するに、記事を最後まで読むことができなかったのですねぇ~。。。

そういうことです。。。 焦っていたので、記事のURLをメモするのを忘れていた。。。 レンゲさんも、そのような経験があるでしょう? 恵子さんが食事から戻って、一人でじっくりと記事を読もうとした時に、記事のタイトルもおぼろげにしか思い出せなかった。 “愛と性にまつわる歴史”だったろうか? それとも“愛と性にこめられた歴史”だったろうか? 検索して記事を読もうとした時に、はっきりとタイトルが思い出せなかった。。。 結局 その日は、見つけることができなかった。

確かに、そういうことってありますわァ~。。。

。。。でしょう? その晩、気になる彼から電話がかかってきて、どうしても会いたいと言うのですよ。。。 でも、恵子さんは彼に会いたいという気持ちもある一方で、なんとなく不安な気持ちもあった。

つまり、もしかすると、デートしている最中に、その彼から強引にエッチされるかもしれないという心配になったのですか?

そうです。。。 レンゲさんにも似たような経験があるのですかァ~?

あたしのことはどうでもいいですから、恵子さんのその後を話してくださいなァ。。。

レンゲさんには、そのような経験はないのですか?

デンマンさん!! んもおおおォ~。。。 あたしのことは、どうでもいいのです。。。 恵子さんのことを話してくださいなァ。

レンゲさんが、それほどムキになるのだったら、その質問は取り下げます。。。 恵子さんはお母さんが病気で入院したからと嘘を言って、彼とデートするのを引き伸ばしたのですよ。。。 それで、やっとネット検索して、次の日に『愛と性の秘められた歴史』を見つけて、続きを読んだのです。。。

 

不安と焦燥感と寂しさ

 

 


(sadgirl.gif)

 

2004/10/03 18:28

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。

 

by レンゲ


(miroku3.jpg)


『どうして、死にたいの?』より

(classic.gif)

恵子さんはレンゲさんの この上の手記を読んで ちょっとショックを受けたのです。。。

どうしてですか?

どうしてってぇ~、ネットで ここまで赤裸々に死のうということを公開することは、ちょっと普通の女性にはできないと思ったからですよ。。。

それで。。。?

恵子さんは、当子(まさこ)内親王について知りたかったのだけれど、上の手記を読んで、新たにレンゲさんという人物に引き込まれていったのです。。。レンゲさんの“孤独”に共感するところがあった。。。 それで、引き続き次の対話を読んだのです。

北極の原野での孤独

 


(nlight01.jpg)

 

本当に孤独になって寂しくなると、死ぬなんてことは全く頭から消えうせてしまうものですよ。むしろ本能的に生きようとするすさまじいまでの生に対する執着にとらわれるものですよ。

どういうことですか?

北極の原野に一人で置き去りにされた事を考えてみてくださいよ。寂しいなんて言っているどころじゃない。その瞬間から生きなければならない。腹をすかせたハスキー犬が牙をむいて襲い掛かる。グリスリー・ベアに出会えば、命はないと思わなければならない。

デンマンさんは、北極の原野に放り出された事でもあるのですか?

もちろん、ありませんよ。でも、僕の宿舎から5分も歩くと人の姿は見えませんでした。30分も歩いたら、そこは上の写真のような原野ですよ。野生化したハスキー犬が獲物を狙い、牙をむいて近づいてきますよ。

ハスキー犬って何ですか?

狼と犬の混血だと言われています。だから野生化したハスキー犬は人も襲いますよ。

怖いでしょう?

怖いなんてものじゃない。ハスキー犬の群れに襲われたら命がありませんよ。

それでハスキー犬に出会ったことでもあるのですか?

ありますよ。僕は2週間ほど休みをとって夏、北極の原野を歩きましたよ。せっかくイエローナイフに行ったのですからね。もう2度とそういう経験は出来ないと思いましたからね。

それで怖い思いをなさったのですか?

“怖い思い”と言っているうちは本当に怖くはないんですよ。

どういうことですか?

僕は“野生化する”という意味が初めて分かりましたよ。野生化するということは一口で言ってしまえば“死と隣り合わせ”で生きるということなんですよ。常にビクビクしていなければならない。感覚が研ぎ澄まされている。ライフルを背負っていないと安心していられない。

ライフルって、。。あの~。銃、。。。鉄砲のことですかあああ?

そうですよ。カップヌードルじゃないですよ。常に身を守る事を考えていますよ。ハスキー犬でもただの野犬でも、飛びかかって来る前にライフルを構えなければならないから、つねに辺りに気を配っていますよ。あんなに音に敏感になれるとは思ってもみませんでしたよ。葉っぱが擦れ合う音にさへ最初のうちはビクッとしましたよ。

それでどのような怖い思いをしたのですか?

夜でも横になっては寝られなかったですよ。

どのようにして眠るのですか?

座って寝るんです。とても横になって寝る気になれませんでしたよ。リュックを背にしてライフルを抱くようにしながら眠るんですよ。熟睡できない。1時間半から2時間おきに目が覚めますね。

それで。。。?

遠吠(とおぼ)えなんかが聞こえると実に嫌なものですよ。“お~い、獲物が居たぞォ~、みんなで襲おうじゃないかァ~~”そう仲間に呼びかけているように聞こえてくるんですよ。

それで。。。

よく西部劇で獣を寄せ付けないために一晩中火をたきながら眠るシーンがありました。でもね、あんな事は出来ませんでしたよ。

どうしてですか?

燃やす薪(たきぎ)がすぐになくなってしまうんですよ。上の写真で見るように森なんてありませんからね、潅木がチラホラ程度ですよ。燃やすものがなくなって火が消えて真っ暗になります。そういう時にオーロラが頭上を神秘的に踊っている。まさに踊っているようにサラサラ動いている。ゾォ~~とするような美しさですよ。でも、いつまでもボケーと見上げているわけにはゆかない。コソッとでも物音がしようものならすぐにライフルを引き寄せて構えますよ。最初のうちは、珍しいから撃ちたくってバンバン引き金を引きましたが、そのうち弾(たま)が減ってくるから、そうやたらに撃てなくなる。弾が無くなった時が僕の命が無くなる時ですよ。

それで。。。

最初の夜などは、かなりぶっ放しましたが5日ぐらい経つとライフルを撃つ事も面白くなくなる。それよりも弾の数が減ってくる事の方が心配になりますよ。

それで。。。

とにかく、近くにセブンイレブンはないんですよ。自動販売機もないんですよ。公衆電話もないんですよ。人っ子一人居ないんですよ。短波放送を聞く気になれば聞く事が出来ますが、ラジオなんかかけていたら、獣の物音が聞こえなくなる。ハスキーの群れに襲われたら、命は無いんですよ。耳を澄まして物音だけに神経を集中しますよ。そういう時には寂しいなんて気持ちにはならないものですよ。早く夜が終わってくれないか。そればかりを考えている。気を紛らせることができるのはオーロラを見上げる時ぐらいです。

それでどういう怖い事があったのですか?

1週間ぐらい経った頃ですかねぇ~。僕はもうやたらにライフルを撃たなくなりました。ある程度物音にも慣れてきました。“殺気”という言葉を聞いた事があるでしょう? 僕は初めてそういう経験をしましたよ。あれは、野生化した僕が本能的に感じたものだと思うんですよ。理屈ではどうにも説明できないんです。確かに物音を感じた。でも、それが獣だか潅木の葉っぱが擦れ合う音なのか?あまりはっきりしなかった。 とにかく“やばい”という胸騒(むなさわ)ぎがして僕はライフルを引き寄せてテントの入り口から外をソッとうかがった。

何が居たのですか?

目が2つ光って僕を見ているんですよ。ゾォ~としましたね。僕は引き金に手をかけていましたが撃つ気になれない。

それは何だったのですか?

おそらくハスキー犬か野犬でしょうね。瞬(まばた)きもせずに僕の方をジィ~と見ているんですよ。最初の夜だったら、僕は間違いなく、すぐにぶっ放していましたよ。でも、“殺気”はそれまでなんですよ。僕はもう怖さはない。すぐ撃てるからですよ。僕はブルックリンで人間の返り血を浴びた事があるから、結構そのような度胸はついている。“かかってくるなら来い、ぶっ放してやるだけだ!” そう思いながら僕も睨(にら)みつけましたよ。僕の目もおそらくオーロラの光を受けて光っていたでしょうね。僕には5分ぐらいに感じられたけれど、それ程長い間のことじゃなかったでしょう。とにかく、にらみ合いの挙句、その獣は諦めたようにクルッと身を翻(ひるがえ)すと帰っていきましたよ。

デンマンさんは撃たなかったのですか?

“殺気”が消えていたんですよ。喧嘩した後、さっぱりした気持ちになるでしょう。あの気持ちなんですよ。動物同士だって勝ち負けがついたら相手を殺さないものですよ。

それで、その夜はそれ以外には何もなかったのですか?

何もなかった。もうその獣はやって来ませんでしたよ。

それで、デンマンさんの寂しさって何ですか?

つまり、人間が野生に返って生きるなら、寂しさを感じている暇がないんですよ。僕はしみじみとそう感じたものですよ。そしてあの朝を迎えた時のなんとも言えない幸せな気分。僕はお日様に向かって感謝し、祈るような気分になりましたよ。


(pray03.gif)

“あああ。。。お日様さん、ありがとうございます。夕べも無事で命に別状はありませんでした。今夜もよろしくお願いします。どうか僕をお守りください” 朝日を浴びながら、実際そう思ったものですよ。レンゲさんに、この僕の伝えようとしている気持ちが分かりますかあああ?


『群衆の中の孤独!寂しくって死んでしまいたい』より
(2005年12月31日)

桜井恵子さんは、上の対話を読んで“孤独”ということについて、改めて考えさせられたののですよ。。。。

それで。。。?

次に恵子さんはレンゲさんが禁断の園で坂田さんと秘め事をして知った悦びを読んだのです。。。

 

禁断の園でレンゲさんが

坂田さんと秘め事をして知った悦び

 


(renge15.jpg)

 

レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。

まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。

愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心のよりどころがなくて、当時近所に住んでいた坂田さん夫婦の家に時々遊びに行っていた。

坂田さんも、レンゲさんの家庭の事情を良く知っていて、何かとレンゲさんのことを思いやり可愛がっていた。レンゲさんは、いつしか坂田さんに淡い恋を感じるようになっていた。

坂田さんは良い人だけれど、競馬競輪にハマッていて、そのことで妻の幸子さんと別居するようになった。レンゲさんは、そんなある晩、幼な妻のように坂田さんのために夕ご飯を作ってあげた。坂田さんにも何か感じるものがあったのかも知れませんよね。その晩、レンゲさんは坂田さんの腕に抱かれてハラハラ。。。、ワクワク。。。ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。


『性と愛の渇き』より
(2006年6月4日)

しかし、坂田さんとレンゲさんの恋愛事件は、レンゲさんが通っていた高等学校の職員室の中に衝撃を走らせたのですよ。ちょうど業平と斎宮の禁忌の愛が貴族社会に波紋を投げかけ、天皇の後継者争いにまで発展したように。。。レンゲさんの場合には、職員室の先生方に前代未聞の“女学生幼な妻事件”として取り上げられ、蜂の巣をつつくような騒ぎになってしまった。レンゲさんのお母さんにとって一生に一度の大事件だった。娘の不始末として職員室に詫びを入れる。でも、結局、学校は問題を抱えたまま、それがマスコミに漏れるのを恐れた。教育委員会に知れたら大変なことになる。“臭いものには蓋”で、レンゲさんを退学処分にして問題を処理してしまった。レンゲさんは、上の手記の中で“トラブルが起きるたびに、家族の溝は深まっていきました”と書いているけれど、この事件が最初の大きなトラブルだった。。。ですよね?

デンマンさんは、そうやってあたしと坂田さんの愛を非難しているのですわ。

違います。レンゲさんのオツムの中では純粋な愛であっても、職員室の先生方も、レンゲさんのお母さんも、そうは受け止めなかった、と言う事を僕は言っているのですよ。そして、その問題は、高校の職員室では片付いたことになっているけれど、レンゲさんとお母さんの間では、未だに持ち越されている。それ以外のトラブルも含めて、レンゲさんとお母さんの関係はこじれにこじれて、もう8年近くも会ってもいないし、電話で話したことも無い。。。ですよね?

そうやって。。。そうやって。。。また、デンマンさんは、あたしの古傷に塩を擦り込むのですわぁ~。

違いますよ。すでに坂田さんとの恋愛は、これ程の深い傷跡をレンゲさんとお母さんの心に残している。 


『愛と性の密会』より
(2007年1月31日)

レンゲさんは 2004年10月3日に書いた上の手記では“命いりません”と書いている。 午後6時半に書いた。 その後で睡眠薬を多量に飲んで自殺を図っていたら、現在のレンゲさんは居ないと言う事ですよ。 でも、レンゲさんは生きていたからこそ、坂田さんと再会する事が出来た。。。僕が、なぜ当子(まさこ)内親王の話を冒頭に持ち出したのか? 分かりますよねぇ~?

つまり、死んでしまっては愛(いと)しい人に会うことはできない。 生きていれば会えるかもしれない。

そうですよ。 レンゲさんは生きていた。 だから坂田さんに会えた。 そして、次のような愛と性の悦びを包み隠すことなく高らかに謳い上げたのですよ。

お願い、もう一度

抱きしめて


(kiss350.gif)

 

2006/07/14

あなたとわたしは大きな広いベッドで
一日中愛しあった
甘い蓮華の花が咲く
広くて果てしないお花畑
それがあなたとわたしが
愛しあったベッド

ぬけるように青い空が
あなたとわたしが愛しあうのを
微笑を浮かべて見つめていた
祝福するように
うらやましそうに
楽しそうに

蓮華の花びらが敷き詰められた
肌ざわりのいいシーツと
柔らかなダウンが
いっぱい詰まっている
大きなまくら

朝から晩まで
あたなとわたしはベッドの中にいて
いっぱいキスして過ごした

ふたりはずっとわらっている
わたしはしあわせすぎて
時々泣いたりした

あなたはわたしの涙を
優しい唇で拭ってくれた
ああ、あなた…
いとしい人…


(kiss003.gif)

今のわたしの涙は嬉し涙
しあわせなメロディーが
この胸の中にとまらなくて
あなたの胸へと伝わってゆく

そしてわたしは
あなたのくちびるが
わたしのくちびるに
かさなる瞬間まで
じっと見つめていた
まぶたをとじて
じっくりと味わう

わたしの愛を
あなたのくちびるに差しだす
あなたは舌でからめとる
わたしの愛が
甘く透きとおって
あなたの舌のうえで
ゆっくりととけてゆく

あなたの愛は
甘露のようにわたしの心に
広がってゆく
あなたのくちびると
同じ味がする

わたしは全ての感覚で
あなたを愛しているから
わたしの全てが
あなたを恋しく思う
ああ、あなた…
いとしい人…


(wildrose.jpg)

わたしはあなたの腕の中で
生まれかわった
あなたはわたしの殻を破ってくれた
わたしはあなたの女になった…

あなたの愛がこの身体に
沁み透るように伝わってくる
その愛を全身に感じながら
わたしはもがき続けた

あなただけの女に生まれるために
わたしは苦悩する
そして強くなる
わたしは生まれかわった
あなたのために
ああ、あなた…
いとしい人…

あなたの全てがいとおしい
あなたのまぶたをくちびるで愛撫する
くちびるから全身にしびれるような
熱い波がひろがってゆく
狂おしいまでに
わたしはあなたの腕に抱きしめられて
身悶えた

わたしの思考を
空白にする甘美な衝撃
身を焼くようなあの歓喜
全身を打ち震わせるあの悦楽
女の芯をしびれさせる官能の疼き

あの悦びの瞬間を
わたしはあなたの愛の中で
あなたと溶けて一つになって
全身で感じていた

激しい歓喜の波が
押し寄せては引いてゆく
わたしはその悦びの波に
翻弄されながら
あなたの愛に耳を澄ませ
全身であなたの愛を感受して
あなたの腕に抱かれて
長い長い悦楽に酔いしれた

あなたがわたしをつつむやすらぎの光
おだやかな時がいつまでも流れてゆく
あなたにやっと出会い
そして愛し合う


(renge37.gif)

あんなに強く抱きしめた腕
ふたりは確かに結ばれて
身も心もとけあった
ああ、あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

あなただけが与えてくれた
あの至福
あなただけが教えてくれた
あの悦び
あなただけが癒してくれた
あの寂しさ
あなただけが満たしてくれた
あの虚しさ
ああ、あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

初めての出会いから
分かっていた
あの夜のしじまの中で
あなたと交わした愛が
とこしえに続くことを

愛している
あの朝、すべてが澄み切って
誰にもじゃまはできなかった

あなたとわたしは確かに結ばれて
身も心もとけあった
ああ、あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・
お願い、もう一度抱きしめて


(linger62.gif)

by レンゲ


『愛と性の密会』より
(2007年1月31日)

(water02.jpg)

分かるでしょう、レンゲさん。。。? うへへへへ。。。 あの時死んでいたら、このようにして坂田さんと濡れ濡れにイクことは無かったのですよ。

デンマンさんは。。。 デンマンさんは。。。 またヤ~らしい笑いを浮かべて、あたしがエロい女だと。。。 坂田さんとエッチに夢中になる女だと。。。そうやって、またあたしを晒そうとしているのですかぁ~?

違いますよ。。。 レンゲさんが桜井恵子さんの事をいろいろと尋ねるから、こうして僕は詳しく説明してきたのですよ。。。

だから、どうしてデンマンさんは、桜井恵子さんのことを これほど微(び)に入り細(さい)に入り ご存知なのですかァ~?

簡単なことですよ。。。 恵子さんは1月21日に感動のあまり 上の記事にコメントを書き残したのです。。。

マジで。。。?

次のようなコメントです。

 


(girl912b.png)

 

当子(まさこ)内親王の悲恋と、

はかない運命にしばし考えさせられました。

それにしてもレンゲさんの

“不安と焦燥感と寂しさ”には

心の痛みを感じさせられました。

そして、デンマンさんの極北の原野での孤独…

さらに、「お願い、もう一度 抱きしめて」という

レンゲさんの心の叫び…

なんだか、激しい心の動きを

感じさせられた30分でした。

 

愛と性の神秘にとらわれている乙女

2017-01-21


『愛と性の秘められた歴史』のコメント欄より
(2007年2月2日)

あらっ。。。 恵子さんはマジで上のコメントを書いたのですかァ~?

嘘だと思ったら、上のリンクをクリックして レンゲさんが自分で確かめてみればいいではありませんか!

でも。。。、でも。。。、“愛と性の神秘にとらわれている乙女”がどういうわけで桜井恵子さんだと判ったのですかァ~?

IPアドレスを調べればすぐに分かることです。。。


(ip13336b.png)

『拡大する』

でも。。。、でも。。。、アクセスしたネット市民の名前までは書いてないはずですわァ~。。。

あのねぇ~、桜井恵子さんは僕のメールアドレスまで調べて、悩みを打ち明けてくれたのですよ。。。

マジで。。。? それで、結局、気になると彼とは身も心も一つになったのですかァ~?

心の内をレンゲさんほどオープンにネットで公開できない桜井恵子さんは、僕に固く口止めしたのですよ。。。 プライバシーに関することは、一切書かないで欲しいと。。。

つまり、これまでのお話から推測すれば、恵子さんは気になる彼と。。。身も心も一つになったのですわねぇ~。。。

レンゲさんの想像にお任せしますゥ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

デンマンさんは思わせぶりに終わらせてしまいましたわァ~。。。

あなたは、恵子さんがどうなったと思いますか?

実は、あたくしにも燃え尽きぬ炎のような恋心を詠んだ短歌があるのですわよゥ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ~?

では、あたくしが詠んだ熱烈な恋の歌を。。。


(tantra20.jpg)

 

朽ちてなお  

 

燃ゆるをやめぬ  

 

胸のうち  

 

激し夜あれ  

 

消せぬ焔よ

 


(fire910.gif)

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、めれんげさんの熱烈なファンは たくさんいたのでした。

でも、うっかり めれんげさんが会費を滞納したために、

サイトを削除されてしまったのですわ。

けれども、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『ふたりだけの場所』

『命のともし火』


(sayuri201.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』


(renge62e.jpg)

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』


(rengfire.jpg)

『めれちゃんの人気再び』

『愛はスミレの花よ』

『肥後ずいきで検索』

『加賀の千代』

『千代に再会』

『カフカの銀河鉄道』

『12歳少女の死』

『結婚するの?しないの?』

『浜美枝と宮沢りえ』

『きみのぬくもり』

『壁に耳 障子に目』

『もう一つの世界』

『肥後ずいきブーム?』

『阿部定ブーム?』

『ノルウェイの森』

『大奥女中の淫らな恋』

『愛と追憶の謎』

『タンパク質の音楽』

『あげまん女なの』

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

あなたをさがして

2015年6月29日

 

あなたをさがして

 

(heartx.gif)





(renge62c.gif)


(renge807.gif)
(rengebk2.gif)


(mertitle.png)


苦笑い

2006.06.06 Tuesday 22:14


(nigawarai.jpg)

今度ともだちが
あなたの家の近くに引っ越すよ

なつかしいよ

あの頃いつもふたりで通った道

あれからどれくらいたつのかなあ

何もかも苦笑いで思い出すよ

あなたも苦笑いで思い出すのかなあ

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(2) | trackbacks(0)


手をつなごう

2006.06.06 Tuesday 07:23


(hands02.jpg)

ふたりいっしょに

おなじものを見よう

泣いたり笑ったりして

いろんな気持ちをわけあおう

今日から

手をつないでいよう

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(0) | trackbacks(0)


あなたをさがして

2006.06.04 Sunday 11:33


(trek02.jpg)

どこまで行けば

あなたにあえる?

いつまでわたしはさがしつづける?

ただひとりきりの

これは旅なのかもしれない

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(0) | trackbacks(0)


わが思い

2006.06.04 Sunday 10:40


(birds03.jpg)

鳥たちの

鳴きてつどいし

朝は来る

わが思いには

ひかりありしか

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(1) | trackbacks(0)


しあわせなかたち

2006.06.02 Friday 13:12


(dreaming5b.jpg)

しあわせにはかたちがある

すぐそばに目の前にある

あなたがたしかにここにいる

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(0) | trackbacks(0)


あなたにあえる

2006.05.31 Wednesday 16:44


(galinluv.jpg)

明日になれば

あなたにあえる

だけど今夜

きっと夢であえるよね!

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(3) | trackbacks(24)


夜明け

2006.05.30 Tuesday 18:27


(yoake501.jpg)

見えてくる夜明け

光をもとめて

あなたのもとへ走り出す

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(4) | trackbacks(0)


思い出があふれてくる

2006.05.30 Tuesday 12:21


(linger39.gif)

思い出って

つぎつぎとあふれてくるね

ほんの少しのできごとも

あなたへとつながっていく・・・

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(3) | trackbacks(0)


雨に降られても

2006.05.28 Sunday 23:37


(umbrella12.jpg)

ほんとうはね

うれしかったけどね

あなたの傘には入らない

まだ入らないよ

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(4) | trackbacks(0)


からっぽ

2006.05.27 Saturday 04:10


(empty001.jpg)

あなたをもとめて

わたしはからっぽ・・・

あなたに埋めてほしい

このからっぽを・・・

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(4) | trackbacks(0)


旧『即興の詩』より

NOTE:

めれんげさんが会費を滞納したために
削除されてしまいました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、わたしの旧『即興の詩』サイトから失われた詩を掲載してますやん。。。


(kato3.gif)

そやから、以前にも言うたやないかいなァ~。。。 わては、めれちゃんの即興の詩を保存しておいたと。。。

マジで。。。?

証拠を見せるよってに、ちょっと次のページを見て欲しいねん。


(mer61207a.png)

『拡大する』

あらっ。。。 これはマジで わたしの旧『即興の詩』サイトですやん。

そうやァ~。。。 サイトをそっくりコピーして保存しておいたのやがなァ~。。。

それってぇ~、他人の作品を盗んだことになりますのやでぇ~。。。

めれちゃん。。。 堅苦しい事を言わんといてぇ~なァ~。。。 めれちゃんと わては10年以上の付き合いになるのやでぇ~。。。 「サイトを削除されてしもうてぇ~、ホンマに落ち込みましてん。。。即興の詩は即興で詠んだ詩やさかいに、どの詩も保存してまへん」。。。と、言うて めれちゃんが後悔しておったさかいに、わてが保存しておいたファイルを探して、見つけ出してきたのやがなァ~。。。

つまり、あんさんは上のサイトに載っているすべての詩を保存しておいたん?

そういうこっちゃ~。。。 次のリストに載っているすべての詩を保存しておいたのやがなァ~。。。


(mer61207b.png)

つまり、2006年5月27日から12月7日までに めれちゃんが詠んだ即興の詩が保存されているということやんかァ~。。。 それで、とりあえず、今日は 上のリストの青枠で囲んである10篇の詩を書き出したというわけやねん。

それにしても、よう盗みやはったなァ~。。。

めれちゃん!。。。 人聞(ひとぎ)きの悪いことを言うたらあっかァ~ん!。。。 わてが保存しておかへんかったら、めれちゃんの即興の詩は永久に失われてしもうたのやでぇ~。。。

そやけど、あんさんが盗んで保存しておいたということを聞くと、なんや けったいな気持ちですねん。

あのなァ~、めれちゃんは素直に喜べばええねん。

つまり、この事を言うために、旧『即興の詩』を持ち出してきやはったん?

いや。。。 もちろん、そればかりやないでぇ~。。。

他に、何が言いたいねん?

ちょっと次の画像を見て欲しい。


(mer61207c.png)

上の画像の赤枠で囲んである箇所に注目して欲しい。。。 即興の詩 85篇と共に、短歌 146首 も保存してあるねん。

つまり、あんさんは盗みの常習犯やのねぇ~。。。?

めれちゃん。。。 人聞きの悪いことを言いないなァ~。。。 わては、こないな事があるかもしれへん、と思うたさかいに、めれちゃんのサイトの詩と短歌を保存しておいたのやでぇ~。。。

要するに、あんさんは わたしに感謝して欲しいと言いたいのォ~?

いや。。。 別に、めれちゃんから感謝の言葉を聞きたいよってに、即興の詩を持ち出したわけやあらへん。

それやったら、何のために持ち出してきやはったん?

めれちゃんの わてに対する気持ちが よう表れていると思うたさかいに 感心したのやがなァ~。。。

あなたをさがして

2006.06.04 Sunday 11:33


(trek02.jpg)

どこまで行けば

あなたにあえる?

いつまでわたしはさがしつづける?

ただひとりきりの

これは旅なのかもしれない

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(0) | trackbacks(0)

わたしが あんさんのことを想いながら 上の詩を詠んだと思いはったん?

他に考えようがあらへんでぇ~。。。

あんさんは、思い込みが激しいねん。。。 あんさんのことを想いながら詠んだのとちゃいますやん。。。

そうやってぇ~、無理に否定しなくてもええやん。

別に、急に思い立って否定しているのとちゃいますねん。。。 わたしは、かつてデンマンさんに次のように書きましてん。。。


(renge94.gif)

わたしはロマンチストでは

ないのだと思います。

2007-04-28

わたしのテーマは、あくまでも人生観,世界観であり、寓意的な言葉の中に、恋愛の陰喩はほとんどありません。
それは少女時代から今にいたるまで、性愛はわたしのテーマではないからなのです。
実生活での最大の関心事が、恋愛ではないからです。

例えば、どれほど好きな相手がいても、その気持ちを,詩にあらわすことはほとんどないのです。

自分の書いたものは、どのようにも解釈していただくことも、まったく読者のみなさまの自由です。

しかしながら、完全なる戯作が多い恋愛詩から、わたしの精神が、性愛への渇望に悩まされているかのように、解釈されてしまい、それを事実として認識なさっておられるのだとすれば、少々残念なことです。

人間とは、脳の発達しすぎた生物にすぎず、そのために生じる感情を、美しいものだとは思わないのです。

わたしが特に、追求したいものは、血なまぐさい生命の持つ、発達しすぎた頭脳が引き起こす醜い事件、戦争、葛藤などです。

わたしはロマンチストではないのだと思います。
恋愛を描くのは、あくまでも小説のための習作の延長なのです。

話がそれてしまって申し訳ありません。
デンマンさんを信じて、これからもおつきあいさせていただきたいことを、わかっていただきたくて、忌憚なく書かせていただきました。
どうか、この気持ちを察してください。

 

by merange


『愛と無責任』より
(2008年2月22日)

なるほどォ~。。。、なるほどォ~。。。 2007年4月28日に書いたわけやなァ~。。。

そうですう。。。 そやから、あんさん、誤解せんで欲しいねん。。。

そやけどなァ~、例外ちゅうもんがあるねんでぇ~。。。

あんさんは、何が何でも わたしが あんさんのことを想いながら上の詩を詠んだと思いたいん?

そうやァ~。。。 あきまへんかァ~?

やっぱり、あんさんは思い込みが激しいねんなァ~。。。 かないませんわァ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
旧『即興の詩』サイトは閉鎖されてしまいましたけれど、
めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、6位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』

『最大限の本音で…』

『こわ~い話』

『道鏡伝説の謎』

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

喪失して超ショック

2015年4月16日

 

喪失して超ショック

 

(star4.gif)

(lonely30.gif)



(rengebk2.gif)

日記とか


(angrygal.gif)

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


ごめんね。ピアノの先生(^_^;)

at 2006 05/28 18:59 編集

子供のころ、ピアノを習っておりました。
小学校へ入って、すぐくらいからかな?

しかし・・・
バイエルを卒業するのと、小学校の卒業が同じくらい・・・
練習がきらいで、いつも先生に怒られていました。

そして。
中学校へ入って、部活を始めてからは、
つきゆびをして(地獄バスケ部でした)
ますます、ピアノが弾けません。
レッスンの時さえ、弾けません。
先生から、ピアノかバスケか、どちらかを選べ!!
みたいなことを言われました。

バスケをとりました(^_^;)
はははははははは。
根が体育会系なもんですから・・・


(bukatsu20.gif)

しかし。
その後、高校生になってからくらいですが、
ピアノに熱中しました

先生に会うと(近所の方でした・・・)

「レッスンやめてから、
ずいぶん練習してるのね!!」

「なんだか悲しいわ!!」

・・・と、いつも言われてしまいました・・・
ごめんなさい・・・

だって、だって・・・
練習曲とかって、おもしろくないねんもん!!
「乙女の祈り」とか、「エリーゼのために」
やったら、なんぼでも練習するさ・・・

ごめんね。先生・・・


タイガースつながり!

at 2006 05/28 15:42 編集

今テレビの野球中継で、元タイガースの湯舟敏郎氏が解説をしています。

思い出す・・・
その昔、わたしの母が湯舟投手に、妙にこだわっていたことを。


(yubune02.jpg)

湯舟投手入団の年。
「この人、奥さんも子供もいるのに、こんな年やのに、プロ野球なんて大丈夫??」

・・・ぜんぜん大丈夫でしたよね!

そして、ある日。
「ねえ!湯舟ってバッター??」

あのさあ・・・
とりあえず、セ・リーグやし。
それに、ピッチャーかどうかってことを、
気にしたほうがええんちゃうか?
なあ、おかん・・・


キューティーハニー→藤本敦士選手

at 2006 05/27 19:05 編集

昨日、使い捨て(すてないけど・・・)ライターを、買いました。

今、使っているのが、キューティーハニーのライターです。


(cutie02.jpg)

裏面に「かわるわよ」と、書いてあるのがポイントです。

そして、昨日、阪神タイガースの藤本選手のライターを買いました。
「守備の要」と書いてあるところが、イカします。

本当は、ジッポがすきなのですが、重い。
オイル入れるのめんどくさい・・・
で、放置プレイ状態なのです。
ジッポの、何周年記念かのバージョンで、
気に入っているのですが、使っていません・・・。

キューティーハニーのライターは、
見た人から必ず何かのリアクションがあります。
かなり、インパクトあります。

さて、藤本敦士(はぁと)選手への、リアクションやいかに?!
いや・・・
タイガースのライターで、たばこに火をつける時点で、
インパクトあるかもしれません。

うっしっしっしっし・・・・・


ゼロゼロクログロ

at 2006 05/27 10:02 編集

やばかったんですよ。

頭が。
いや、髪の毛が・・・

円脱になってたんです。
円脱です。落語家じゃなくて。


(atama09.jpg)

前回、美容室へ行ったときに発見しました。
ハゲてたんですよ。
はじめての経験でした。
マジびびりました。

で、先日また美容室へ行って、
その後、写真撮影などをしているのですが、
あきらかに、ふえてる!

髪の毛がふえているんです。

はあ~(-.-)y-~よかったあ。
このまま、ハゲていくのかと思った・・・
真剣に心配していました。
わかめ・もずく効果かもしれません。
意識して、食べるようにしていました!

ありがとう!海草さんたち!!


静音タンのライブwwなんだなあwww

at 2006 05/27 09:05 編集

LOVE LOVE デムパLOVEうたっちゃうんだなあww

♪あなたのトコへ~
とんじゃうワタシ~
デムパの中からきちゃうぞお

♪あなたのパソに~
ワタシもいれて~
ラブなんだなあ
しずねタン~

♪スキスキスキスー
みんな大好きい
元気ワキワキ~
デムパのしずね~


(luvluv.jpg)

おはよおwwみんなあthx
しずねだよおww
日本橋のみんなあwww
しずねのライブに来てねえthx
雨タンなんかプンプンするぞおww

いっぱあいww
うたっちゃうんだなあthx
聞いてねえ(≧∀≦)

なんだなあww


THE NUMBER OF THE BEAST?

at 2006 05/27 08:32 編集

キタ―――――ヽ(´ー`)ノ―――――!!!

666ならんだーッ!

・・・ってアンタ(わたし)・・・
自分で自分のキリバンかあ?

そんなん日記に書かない!おもろないっちゅーねん。

ハイ・・・・・(゚Д゚)ヒイイイィィィィ


ガビン!超ショック・・・!わたしのバカ!

at 2006 05/27 03:20 編集


(shock99.jpg)

今さらながら、わたしはマヌケです。
自分が情けないったら、ありゃしない・・・

「即興の詩」のページが、消失しました。
いっぱい短歌詠んだのに!
即興なので、原本などはありません。
全部パー!全部どっかいった!!

画像だけは、別に保管してあるので、
なんとかセーフなので、
また、日の目を見ることができるでしょう。
しかし・・・

一からやりなおします・・・
これを機に、もっとよいものにしていこうと、思っています。
これからまた、よろしくお願いします!

でも、ショック全開!

とほほ・・・


ひさしぶりじゃあ!

at 2006 05/27 03:10 編集

今日は、ひさしぶりに妹と会いました。
姉バカですが、本当にかわいい妹です。
目の中にいれても、かゆくないくらいです。

たぶん、入れたら痛いと思います( ̄Д ̄;)

妹は、背が高くてスリムです。
わたしは、背が低くておでぶです。

しかし。
わたしの知り合いと会ったのですが、
わたしたちを見てその人は、
「美人姉妹」
と、言ってくれたのです!


(sisters07.jpg)

いやいや・・・
おせじを本気にして、ウッキッキーになっていた自分がマヌケです。
ああ。はずかしい。
本気でよろこんでしまったよ・・・

妹は美人です。
妹はね・・・
ははははははははははははははは


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、どないなわけで思わせぶりなタイトルにしやはったん?


(kato3.gif)

めれちゃんは、次のように書いているやんかァ。。。 

ガビン!超ショック・・・!わたしのバカ!

at 2006 05/27 03:20 編集


(shocked03.jpg)

今さらながら、わたしはマヌケです。
自分が情けないったら、ありゃしない・・・

「即興の詩」のページが、消失しました。
いっぱい短歌詠んだのに!
即興なので、原本などはありません。
全部パー!全部どっかいった!!

画像だけは、別に保管してあるので、
なんとかセーフなので、
また、日の目を見ることができるでしょう。
しかし・・・

一からやりなおします・・・
これを機に、もっとよいものにしていこうと、思っています。
これからまた、よろしくお願いします!

でも、ショック全開!

とほほ・・・


(mer50415a.png)
『拡大する』


(down11.gif)


(mer50415.png)

あんさん!。。。 “喪失”やァのうてぇ~、「即興の詩」のサイトを“消失”しましてん。。。

どないなわけで 削除されてしもおたのやァ~?

会費を払うのを忘れてましてん。。。

さよかァ~。。。 とにかく、サイトが削除されてしもうたさかいに、“喪失して超ショック”というタイトルにしたのやがなァ~。。。

ちゃうねん。。。 “喪失”と言うと、“処女喪失”という決まり文句になってしまいますやん。 

そやから、“処女喪失して超ショック”やねん。

そやけど、あんさんは わたしの「即興の詩」サイトが“消失”したことを 問題にしやはるのやろう?

いや。。。 めれちゃんが、突っ込みを入れたさかいに、気が変わってしもうたわァ~。。。 うへへへへへへ。。。

急に話題を変えては困るやんかァ~。。。

あのなァ~、めれちゃんが そないに言うやろうと思うたさかいに わざと“消失”を“喪失”に変えたのやがなァ~。。。

つまり、もともと“処女喪失”を取り上げようと思いはったん?

あきまへんかァ~?

それは あんさんの悪い癖ですねん。

急に話題を変えては あきまへんか?

話題を変えることやのうてぇ~、あんさんが“処女喪失”に拘(こだわ)る事が 悪い癖だと言うてますねん。

わては、“処女喪失”に拘(こだわ)ってへんでぇ~。。。

あんさんは メチャ拘ってますねん。 いつやったか、あんさんは次のようなことを書いてましてん。。。


(maiden04.jpg)

『処女礼賛』

(2013年4月17日)

あれっ。。。 めれちゃんは よう覚えてるなァ~。。。 記憶力が抜群やんかァ~。。。

あんさんには 無意識のうちに 処女礼賛の傾向がありますねんでぇ~。。。

さよかァ~。。。 それは気づかへんかったわァ~。。。

そいで、あんさんは どないなわけで“処女喪失”を取り上げる気になりはったん?

ちょっと次の記事を読んでみィ~なァ~。。。

女の子にとっての「処女」の価値

体験を聞かせてくれた女の子のなかには、処女を捨てるためにテレクラに電話したと話してくれたかたがいました。
まさに1990年代前半、彼女が14歳のときのことです。

当時、テレクラで処女を捨てたという女の子は数多くいたと思います。
女の子が処女に何らかの価値を見出すような状況は、その頃すでにありませんでした。

僕が中高生だった1970年代には、性について親の教育が厳しい家庭がいっぱいあった。
そういったなかで、みずから性を遠ざけている女の子もいれば、逆に、処女の価値の重さをとても不自由に感じている女の子もいた。
不自由に感じていた子のなかには行きずりの男性と経験して処女を失う、といった話もよくありました。 (略)

しかし、1980年代後半には、女の子たちにとって「処女」は価値のあるものではなくなりつつあったのではと思います。
性が日常化していくなかで、「処女を失う」ということを服装や化粧、髪形を変えることと近い感覚でとらえ、世界と自分との「当たり」を変えるためにセックスを経験してみる。

「今の私に欠けているのは性の経験で、それを突破すれば、もしかしたら何か変わるのかな?」という心情が女の子のなかに生まれていたのではないかと思いますね。

 (中略)

「同調圧力」とメディアの影響

インタビューでは、「自分を変えたい」という動機以外にも、処女であることに当の女の子たちがもともと引け目を感じていたという空気があるように思いました。
それは同性の仲間関係の圧力によるものだと思います。いわゆるピアプレッシャー、「同調圧力」です。
その圧力に逆らえなくて、まわりのみんなが経験しているのに話に乗れなくなってつらいとか、未経験なのにベテランだと嘘をついてしまって焦っているとか、そういう動機で自分も経験する。

それには、メディアの影響も大きいでしょうね。
現在の「処女」という言葉には、「するべき体験をしていない」というネガティヴなイメージがふくまれているし、そもそも、「処女である自分」を投影できるような存在自体、メディアのなかにみつけるのはむずかしい状況です。

処女とは逆に、価値が上がったのは「童貞」です。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています)


84-85ページ
『だれでも一度は、処女だった』
編者: 千木良悠子・辛酸なめ子
2009年2月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 理論社

めれちゃんが16歳で処女を失った頃というのは、女の子にとって「処女」の価値が低くなっていた頃やと思うでぇ~。。。

そうやろか?。。。 ところで、あんさんも「童貞」の価値が上がったと思いはってるん?

いや。。。わては知らへんかった。 そやけど、その意味するところは解るような気がするでぇ~。。。

どないな訳でぇ~。。。?

つまり、「同調圧力」で焦って「童貞」を捨てようと考えることは、ちょうど14歳の女の子が「強姦で初めてを失ったら最悪だ」っていう不安のために「処女を捨てる」のと同じレベルの話やんかァ。 アホらしい!

つまり、処女も大切にせんとアカン!と、あんさんは考えはるのォ~?

いや。。。必要以上に大切だと思う必要はあらへん。 処女の価値の重さに不自由を感じるようになっては、元も子もなくなる。 めれちゃんの友達のtanomuさんは次のように言うてたのやでぇ~。。。

処女・童貞

 


(renge63.jpg)

[コミュニケーション新世紀]

処女にこだわる時代じゃないよ

初めてのセックスとは女性にとっては、

ひとつの通過点であり

それ以上の意味はないとtanomuは考える

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

相手が誰だろうと、過去のどーでもいい話やん

そんなものを、いつまでも大事な思い出に

してるやつってキモイ

 

by tanomu (タノム)

2009-10-30


『タノムダイアリー 処女・童貞』より

『桜散る女』に掲載
(2009年12月24日)

確かに意味を与えすぎるのも女の子に重圧をかけることになるわなァ~。。。

そやけど、あんさんも 無意識のうちに 処女に意味を与えすぎる おやじ、じじいの一人やと わたしは思うてますねん。

それは、めれちゃんの独断と偏見やでぇ~。。。

アメブロのファシスト管理人に言うようなことを言わんで欲しいわァ~。。。 そいで、まだ処女の女の子に、どうせい、と あんさんは思うてるん?

あのなァ~、上の本のなかに面白い漫画があったのやがなァ~。。。

どないなマンガやのォ~?

次のように描いてあった。

女子は20歳までに焦って

処女喪失を済ませたがります。


(hot002d.gif)

「やらはた」(やらずの20歳)になっちゃうから

この言葉のプレッシャーは大きいですよ。

最初は貞操を守ろうと言い合っていた

女子同士も……


(hooker08.gif)

えっ! 悠子、もう貫通したの?

ヤバイ! 私も早く……

抜けがけずるい!

バタバタと20歳前にかここみSEX

いっぽう全然動じない女子も……


(hot009d.gif)

ど~ん

何でそんなに余裕なの?

だって私前世で何度も

処女喪失経験してるもん


(bond010.gif)

そ。。。そうなんだ……

前世も計算に入れれば

処女率は多分ゼロ%です。

あんさんは結局何が言いたいねん?

結局めれちゃんのように悟りに達することが必要なのやろなァ~?

ではお答えいたします。

 

質問123: 
大人の体になってから、とりわけ“したい”と思わなくなったと書いていたけれど。。。
それは、性欲が衰えたわけじゃないでしょう?
要は、やりがいのある充実した満ち足りたセックスをしたいと言う事だと思うのだけれど。。。、
つうことわあああ。。。10代の頃は好奇心と性の目覚めでセックスのためにセックスをしていた事もあるわけ。。。?

はい!
新しい遊びを知った子供のようでしたね…
恋愛自体には、おくてでしたから、
恋愛とセックスを結びつけて考えてませんでした。
…と書くと、ひどい遊び人のようですが、
若気のいたりと、受け止めてください…

質問124:
最近のめれんげさんは寂しくなってセックスしたい、なんて思うことはないですか?

さすがに学習しましたよ!
寂しさを埋めるためにセックスしたとしても、残るのは、虚しさやらバカバカしさだけ。
そんなセックスは、愚か者の自慰みたいなもの…
というのが、わたしの考えです。

愛のないセックスは、しませんね!

 

by めれんげ


『愛と性と無常』より
(2007年4月27日)

こないに学習することが大切なのやがなァ~。。。 


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
つい最近 ネットをサーフィンしていたら次のような悩みを抱えている女性に出会いました。

18歳女です。
昨年処女を捨てました。
処女・非処女についての質問や回答を見ていると、
「非処女は幸せになれない」
「非処女と結婚したくない」
。。。という意見を多く目にします。

処女を捨ててしまった私が悪いのかもしれませんが、
性行為をしたのも軽い気持ちではありません。

今は相手の彼と恋人関係じゃありませんが、
行為をした時は大好きでずっと一緒にいたいと思い、
当時の自分なりに悩んだ結果身体を許したのです。


(galinluv.jpg)

私の行動や考えは軽率だったのでしょうか…

もう処女ではない私は傷モノで汚くて男性から愛してもらうことはもう出来ないような、
もう女として価値がないような気がして悲しくなります。

将来大好きな彼氏が出来ても私が非処女だと知ったら、
嫌われて振られるんじゃないかと思ってしまいます。

男性から見ると非処女の私には価値がないのでしょうか?
もう女として幸せになれないのでしょうか?

あたしは めれんげさんと同じ意見ですわ。

愛のないセックスは、しませんね!

愛し合っている男性に体を許して処女を喪失したのだとすれば、
それは 処女喪失ではなくて、“大人の女”になったことです。

そのような女性を“傷モノ”と見なすような男性とは 付き合いべきではないと思うのですわ。
あなたは どう思いますか?

ところで、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10番以内に入ってません。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』

『最大限の本音で…』

『こわ~い話』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

大きいことはいいことじゃない

2015年3月8日

 

大きいことはいいことじゃない

 


(lookanim.gif)


(june71b.jpg)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 どうして わたしの写真を持ち出してきて “大きいことはいいことじゃない”というタイトルにしたのですか?


(kato3.gif)

ジューンさんは不満なのですかァ~?

不満と言うよりも、誤解を与えるようなタイトルですわァ。

。。。ん? 誤解を与える?

そうですわァ~。。。 わたしの上の写真を見て、“大きいことはいいことじゃない”というタイトルを改めて見たら わたしのオッパイが大きいので それはいいことじゃない、という風に解釈してしまうじゃありませんかア!

ジューンさんは、マジで そう思ったのですか?

上のタイトルと写真を見たら、たいていのネット市民の皆様が、そう考えると思いますわァ~。。。

それは ジューンさんの個人的な思い込みだと思いますよ。

でも、他に考えようがないじゃありませんか。

あのねぇ~、僕はジューンさんのオッパイとタイトルを結び付けようとしたわけではないのですよ。

でも、わたしの上の写真を見れば、ほとんどの人が そのように結び付けてしまうと思いますわ。

つまり、ジューンさんは 自分のオッパイに自信を持っているので、“大きいことはいいことじゃない”というタイトルに不満を感じるのですね?

だから、そのような誤解を与えるタイトルの下に、わたしの写真を貼り出して欲しくないのですわァ。

分かりました。。。 じゃあ、次の写真と取り替えることにしますよ。


(bikini07c.gif)

どうして わたしがおばさんパンツを穿いている写真と取り替えるのですか?

いけませんか?

だって、この写真を見せて“大きいことはいいことじゃない”というタイトルを見たら、やっぱり 多くのネット市民の皆様が誤解してしまいますわ。

どのように。。。?

“大きなおばさんパンツは良くない!”と。。。

分かりました。。。 じゃあ、つぎの写真と取り替えれば問題ないですよねぇ~。。。


(bikini08.gif)

これならば、“小さいビキニはいいことだ!”となりますからねぇ~。。。 (微笑)

今から、取り替えたってぇ、もう遅いですわよ。。。 で、いったい今日は、どのような大きなものを取り上げるのですか?

その前に、ちょっと次のリストを見て欲しいのですよ。


(liv50307d.png)

『拡大する』

この上のリストは ライブドアの僕の『徒然ブログ』の3月にはいってからの「人気検索キーワード」のリストなのですよ。 赤枠で囲んだ 27番に注目してください。

デンマンさん!。。。 このような検索キーワードを持ち出してきたら、もっとひどい誤解を与えてしまうじゃありませんかア! んもおおおォ~。。。!

ジューンさん。。。 そのように感情的にならないでくださいよ。。。 ジューンさんが 自分で勝手に誤解して ムカついているのじゃありませんか!

だってぇ~、“ジャンヌダルクは死後性器をさらされたか”という検索ワードを持ち出してタイトルをみせたら、“ジャンヌダルクのアソコは大きいので良くない!”と ほとんどのネット市民の皆様が誤解してしまいますわよう。

あのねぇ~、ジューンさんが勝手に誤解して、衝撃的な事を口に出して、他のネット市民の皆様も、同じように考えるものだと思い込んでいるのですよ。

じゃあ、何のために上のリストを持ち出してきたのですか?

だから、僕は、そのようにジューンさんに誤解を与えるような事をマジでブログの記事に書いたのだろうか? 僕は、ジューンさんが誤解して不愉快になるような記事を書いた覚えがないのですよ。

でも、ちゃんと上のリストに検索ワードが出ているということは、“ジャンヌダルクは死後性器をさらされたか”という事をデンマンさんが話題にして記事を書いているのですわ。 だから、同じような興味を抱いているヤ~らしい男性が 検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来て、その記事を読んだのですわ。 上のリストがその証拠ですわ。

でもねぇ~、僕はマジで そのような記事を書いた覚えがない。

それで調べてみたのですか?

そうですよ。。。 ちょっと次の検索結果を見てください。


(gog50307a.png)

『現時点での検索結果』

「ジャンヌダルクは死後性器をさらされたか デンマン」と入れて GOOGLE で検索してみたのですよ。 「デンマン」を付け加えれば、たくさんの検索結果を見ずに、僕が書いた記事がすぐに出てくると思ったわけです。 5件ヒットしたのだけれど、残念ながら『徒然ブログ』の記事は、その5件の中に出てこなかった。

それで、どうしたのですか?

赤い矢印で示した ブルーにハイライトされた箇所に注目してください。 これは Denman Blog の 「コミュニケーション・人間関係論」というカテゴリーの中の記事なのですよ。

「そやかてぇ、火あぶりにされた挙句、公衆の面前で裸にされ、性器を晒されるなんてぇ」という語句がブルーでハイライトされてますわね。

だから、この語句を入れて検索すれば、その語句が表れる記事を特定できると思ったわけです。 その検索結果を見てください。


(gog50307b.png)

『現時点での検索結果』

赤枠で囲んだのが、その記事ですか?

そうらしいのですよ。。。 トップに表示されたのは僕が2012年9月17日に投稿した『私の国では火あぶりです』という記事なのです。 タイトルを見ると、確かに、この記事を書いた覚えがある。

でも、ライブドアのデンマンさんの『徒然ブログ』の記事が見当たりませんわね。

残念ながら 66件ヒットした記事の中には『徒然ブログ』の記事は出てこないのですよ。 でも、『徒然ブログ』の管理ページへ飛んで ブログ内で検索したら、次の記事が出てきましたよ。


(liv20917e.png)

『実際の記事』

つまり、デンマンさんは忘れてしまったけれど、やっぱり ヤ~らしい記事を書いていたということじゃありませんかア!

あのねぇ~、ジューンさんはヤ~らしい記事と言うけれど、上のリンクをクリックして読んでみれば解りますよ。。。 ジューンさんが考えているほどヤ~らしくいはないのですよ。

それは、主観の相違だと思います。 検索ワードを見ただけで、多くの人がヤ~らしいと思うはずですわァ。

ジューンさんは上の記事を読んでみたのですか?

読んでみなくても検索ワードを見ただけで、ヤ~らしいと解りますわ。

それは“喰わず嫌い”と同じことですよ。。。 ぜひ、読んでみてください。。。 そうすれば、ジューンさんも 感動して改めて“魂(たましい)”について考えさせられると思うのです。

つまり、この事を言うために、わざわざ“大きいことはいいことじゃない”というタイトルを付けたのですか?

もちろん、それだけじゃありませんよ。

まだ他に言うことがあるのですか?

あるのです。。。 偶然というのは不思議なもので、僕がライブドアの「検索キーワード」のリストを見た日に、たまたまバンクーバーの無料タウン情報紙を手にしたのですよ。 そしたら、次のような記事に出くわしたのです。

Newlywed says she wants divorce

because husband’s penis is too big


(newlywd2.jpg)

A Nigerian woman requested a divorce after just one week of marriage because she says her husband’s penis is too big, a local report says.

Aisha Dannupawa said as per tradition she moved into her husband’s paretnts’ home where the newlyweds had sex for the first time.

“We had sex but the experience was a nightmare. Instead of enjoying the sex, it turned out to be something else because his penis was too big,” she told the court in Gusau, the Nigerian Tribune reported.

Dannupawa said her mother gave her some medication but it didn’t help, the newspaper reported.

“Two days later when he came to visit me, we had sex again, but the experience was too much to bear. It was then I knew that I could not contunue with the marriage because of the size of his penis,” she said, according to the report.

The husband, Ali Maizinari, reportedly told the court he was willing to proceed with the divorce but said his wife should return the dowry along with the money he spent while courting her.

The court told the couple to attempt to reconcile.


新妻は夫のナニが大きすぎるので

離婚したい

ナイジェリアのアイシャ・ダヌパワは伝統に従い夫の両親の家へ行き、夫と初夜を迎えました。

「それはひどいものでした。 悪夢のような経験でした。 初夜を楽しむどころか、夫のナニが大きすぎるために地獄に落ちたような苦しみを耐えねばなりませんでした」

アイシャは裁判所で、そのように訴えました。

彼女の母親から薬をもらったのですが、まったく役に立ちませんでした。

「2日後、夫は私の元にやって来て、もう一度試してみました。 しかし、2度目も地獄のような苦しみを味あわされたのです。 夫のナニが大きすぎるのために、私は、もう これ以上耐えられません。 それで結婚後1週間で、離婚を決意したのです」

夫のアリ・マイジナリは裁判所で離婚の申し出を受け入れました。 ただし、結納金と彼がデイトに使った費用を返してもらうのが条件です。

裁判所は、離婚しないで元の鞘(サヤ)に収まるように努力したらどうですか、と助言しました。

【デンマン意訳】


Page 8 “News 24 hours”
Thursday, March 5, 2015
metronews.ca

つまり、タイトルの“大きいことはいいことじゃない”というのは、この夫のナニのことなのですか?

そうです。。。 いけませんか?


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、信じることができますかァ~?

あたくしは、思うのですけれど、
新妻は心理的に“初夜”に対して恐怖を抱いていたのだと思うのでござ~♪~ますわ。

だから、体が硬直してしまってぇ、新妻のモノが柔軟に拡張しなかったのだと思うのです。
“潤滑油”も当然、心理的な恐怖がありますから、分泌して夫のナニを受け入れるような準備ができません。

そのような状況の中で 夫の一物が 乱暴に侵入してきたものですから、
新妻は地獄のような苦しみと激痛に耐えねばならなかったのだと、あたくしは思うのですわァ。

あなたは、どう思いますか?

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

性愛サイトとめれちゃん

2014年2月20日

 
性愛サイトとめれちゃん
  


(renge62c.gif)


(kiss007.gif)


(renge308.gif)

(star4.gif+spacer.png)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、最近 わたしのことにこだわってますやん。


(kato3.gif)

あきまへんかァ~?

ちょっと しつこいのとちゃうゥ~。。。

あのなァ~、今日 めれちゃんを取り上げたのは 実は、わてではあらへん。。。

あんさんでないということは いったい誰が「性愛サイトとめれちゃん」というタイトルを付けはったん?

めれちゃんのファンになったネット市民の一人やがなァ~。。。

わたしのファンになった人が「性愛サイトとめれちゃん」というタイトルを付けはったん?

そうやァ~。。。 もちろん、タイトルを書いたのは わてやけどなァ~。。。

あんさんの言うてることは ようわからんわァ~。。。 いったい、どういうことやねん?

あのなァ~。。。、めれちゃんにも分かり易く説明するよってに、まず Denman Blogの2月18日のアクセス解析の記録を見て欲しいねん。


(wp40218.gif)

相変わらず「床上手」関連のキーワードで検索して 次の記事を読むネット市民の皆様がダントツやんかァ~!


(kiss007.gif)

『床上手な女の7つの見分け方』

延べ 353人のネット市民の皆様がやって来た内の 294人が『床上手な女の7つの見分け方』を読みはったと 言うことやんかァ~。。。 それで あんさんのサイトが“性愛サイト”と呼ばれるようになったと 言いたいん?

ちゃうねん。。。 確かに そないに言われても仕方がないのやけど、実は、めれちゃんのファンになった人が“性愛サイト”を検索して わてのブログにやって来たのやがなァ。

その証拠でもあるのォ~?

もちろんやがなァ~。。。 それで上のアクセス解析の記録を持ち出してきたのやないかいなァ~。。。 赤枠で囲んだ「リファラ」の一番下の 赤枠で囲んだ URL に注目して欲しいねん。


(wp40218b.gif)

あらっ。。。 これは中国の検索エンジン BAIDU (百度) が日本に進出してきた出先の検索エンジンですやん。

そうやァ。。。 めれちゃんも 情報処理技術者の2級の免許を持っているだけに なかなか詳しいやんかあァ!

そないなことは どうでもええさかいに、その検索結果とやらを見せたらええやん。

めれちゃんが そないに言うなら次の結果を見て欲しい。


(bai40218.gif)

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「性愛サイト」で検索すると 779,000件ヒットするねんなァ~。。。

そういうこっちゃがなァ~。。。 Denman Blog に掲載されている『性愛の未来』がトップに表示されるねん。


(wp10521e.gif)

『実際の記事』

。。。で、「性愛サイト」で検索しやはった人は上の記事を読みはったん?

当然やがなァ! そやから「リファラ」に記録として残っておるねん。 もし、読まへんかったら記録に残らへんかったのやでぇ~。。。

。。。で、その人が わたしのファンになったという証拠でもあるのォ~。。。?

あるねん。。。 まず、その人は わてがめれちゃんに対して用意した質問の答えに圧倒されてしもうたのやんかァ~! 

どないなわけで、その人が わたしの答えに圧倒されたと、あんさんに解りはるのォ~?

そやかて、めれちゃん自身が記事の中で次のように言うてるのやないかいなァ~。。。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。あんさんは、どうしてわたしのプライバシーを守ってくれへんのォ~?


(kato3.gif)

めれちゃんの気持ちも、めれちゃんのプライバシーも、わては尊重しておるねん。

そやったら、わたしの回答を公開せんで欲しかったわ。

うん、うん、うん。。。めれちゃんの、その気持ちもよう分かるねん。 そやけどなァ、すでに公開していることやし、めれちゃんの回答は素晴らしいねん。 そやからなァ、文学と芸術のために。。。それに性愛の未来のために、堪(こら)えて欲しいねん。

その「性愛の未来」ってぇ、どういうことやのォ~?

めれちゃんが上の回答の中で「性愛の未来」を示唆(しさ)してるねん。

まさかァ~。。。?

いや。。。マジで、めれちゃんは「性愛の未来」を先取りしてるねん。

わたしのどの回答が「性愛の未来」を先取りしてるん?

セックスとは、愛する人との

大切なコミュニケーション

この言葉やがなァ。

この言葉が「性愛の未来」やのォ~?

そういうことなのやァ。

誰がそのような事を言うてるん?

この記事を最後まで読むと分かることになってるねん。

あんさん!。。。お預(あず)けせんで早(はよ)う言うて欲しいわア。

あのなァ~、物事には順序があるねん。 順序どおりに進めんでズバリ!ズバリ!と言うてしまうと、細木数子のように番組から降ろされてしまうねん。 うししししし。。。わてはこのブログから降ろされとうないからなァ。。。そやから、順序通りに分かり易く話を進めにゃあっか~ん。

分かりましたわ。。。。で、何から始めるん?

(中略)

次の小文を読んで欲しいねん。

近年日本で、離婚、未婚の母が増えたなどというが、これまではメスが結婚という形でオスと結びつかないと生きていけなかっただけで、人口の減少でメスが働く場所を確保できれば、特定のオスに縛られるのを嫌うのは当たり前である。
ヒト属は本来メスが新しい集団へ移動していくという形で、繁殖のシステムを作り上げていたのだから、メスの方が独立心が強いのは当たり前である。

(中略)

地球の大変革は近づいている。
人類は、地球の歴史に習い、すでに準備を終えた植物を手本にしてその変革に備えるべきであろう。
ただしここから先はすべて、空想の産物であることを断っておく。

まずは、バーナード・ショウと女優との会話のように、ある点で優秀なもの同士が交配しても、その子孫が両者の優秀さをともに持つ保証はないことについて。
人類がもし生物的にはもう進化の余地がないのならば、セックスはコミュニケーションの手段としてだけ、あるいは娯楽としてだけ残し、増殖は自分自身の細胞を培養して、残すべきなのかもしれない。
動物に対するバイオテクノロジー技術はまだ細胞を増やす段階止まりだが、近い未来、ヒトの形を作れるところまで到達するかもしれない。
歴史はくり返すというが、生物は最初は性を持っていなかった。
分裂によって己を二つに分けて、命をつないでいた。
それに戻るのも、一興かもしれない。
実を結ばない花を咲かせながら、根で繁殖している植物が自然界に存在するのだから、それも将来へのひとつの選択である。

 (中略)


(angel03b.jpg)

バイオテクノロジーの技術を使えば、ヒトとすべての生物のDNAは、融合可能なのだから、ヒトが天使になる可能性もある。
ヒトに鳥の遺伝子を組み込んでそれにトライしてみる。
鳥では手がなくなってしまうから、トンボやチョウの遺伝子を組み込む方がよいかもしれない。
エネルギー資源枯渇にそなえ、デンキウナギのような発電能力を持つとか、葉緑体を組み込んで食料の真の自給自足を目指すとか、さまざまな可能性の模索が考えられよう。

(注: 赤字はデンマンが強調
イラストはデンマン・ライブラリーから)


270 – 273ページ
『チョウのフェロモン、キリンの快楽』
著者: 赤池学・田仲義弘
1998年12月16日 第1刷発行
発行所: 株式会社 講談社

分かるやろう、めれちゃん。。。将来的にはセックスはコミュニケーションの手段として残しておくと言うてるねん。

そやけど、それは「人類がもし生物的に、もう進化の余地がないのならば」という前提の上でのことやんかァ! まだ進化の余地はあると、わたしは思うねん。

確かに、そうやァ。。。しかしなァ、進化の余地があっても、セックスが生殖の目的だけに行われるわけではないと思うねん。 やっぱり、将来的には、クローン技術によって人間が増えるようになってからも、めれちゃんが言うたように、セックスは、愛する人との大切なコミュニケーションになるだろうと、わては思うたわけなのやァ。

そやけど、黒澤監督にとっての「性愛の未来」ってぇ、どのようなものやったのやろか?

実は、黒澤監督は『海は見ていた』の中で、「性愛の未来」を描き出そうとしたのやァ。 わては、そう信じてるねん。

どないな訳で、あんさんは、そのように言わはるのォ~?

黒澤監督は『夢』で「死の未来」を描いたのや。 

(中略)

つまり、「水車のある村」の中で黒澤監督は「死の未来」を描いたと、あんさんは言わはるのォ?

その通りやァ。 そやから、最後の作品となるはずやった『海は見ていた』で黒澤監督は「性愛の未来」を描こうとしたと、わては信じてるねん。

その根拠は。。。?

あのなァ~、黒澤監督も山本周五郎作品をすべて読んでいると思うねん。 女性が出てくる山本作品には、たいてい伏線として“性愛”が塗りこめられている。 『どですかでん』、『赤ひげ』、それに『海は見ていた』も例外ではあらへん。 しかも、山本さんは女性を書かせては右に出るものがないと言われるほど女性心理を描くのがうまかったのやァ。 そやから、黒澤監督は『海は見ていた』の中で原作を上回る作品にしようという意欲を持って望もうとしたと、わてには思えるねん。

つまり、「性愛の未来」を原作以上に表現しようとしたと。。。?

そうやァ。。。そやから、黒澤監督が『海は見ていた』を作らずに亡くのうてしもうた事は、返す返すも残念なことや。。。


『性愛の未来』より
(2011年5月21日)

めれちゃんの答えに圧倒された後、この文章を読んで めれちゃんの「性愛」に対する考え方に共感して 熱烈なファンになってしもおうたのやないかいなァ。

それは あんさんが そないに推測しただけやんかァ~。

ちゃうでぇ~。。。 めれちゃんの熱烈なファンになったということは、この人がめれちゃんのサイトへ向かったことから解るねん。

その証拠でもあるのォ~。。。?

もちろんやァ。。。 わては根拠のないことは言わんように、書かんようにしておるねん。 この人は上の記事を読んでから、Denman Blog のホームページを見たのやでぇ~。。。


(wp40218e.gif)

『実際の記事』

2月18日の Denman Blogのホームページには上の記事がトップに表示されていたのやがなァ。

。。。で、上の記事を読みやはってぇ、わたしの『即興の詩』サイトへやって来たと、あんさんは言わはるのォ~?

まさにその通りやん。 ちょっと、めれちゃんのサイトのページを見てみィ~なァ。


(mer40207e.gif)

『実際のページ』

右下の赤枠で囲んであるアクセスカウンターを見て欲しいねん。

36人のネット市民の皆様がやって来たと記録されてますやん。

その通りやァ。 その36人の中の一人が「性愛サイト」で検索して わての Denman Blogにやって来た人やがなァ~!

そやけど、それでは特定したことにならへんでぇ~?

あのなァ~、せっかく めれちゃんの熱烈なファンになったのやでぇ~、ここで その人のIPアドレスを公開して身元をバラしてしまったら、ムカついて絶対にめれちゃんを恨むでぇ~! 東大阪の めれちゃんのアパートまで押しかけてゆくかも知れへんでぇ~。。。

キャッア~~!。。。 あんさん! わたしは殺されたくあらへん。

めれちゃん! ちょっと、オーバーやでぇ~! そこまでせ~へんと思うけど、最近の熱烈なファンは何するか解らへんからなァ~。。。 身元は、やっぱり 公開せんほうがええと思うでぇ~。。。

あんさんが そう言うなら わたしもそのファンの特定にこだわらへんわァ~。

さよかァ~。。。 とにかく、旧・即興の詩サイトの時代には 1日に 2、000人のネット市民の皆様が めれちゃんのサイトにやって来たのやから、めれちゃんもこれからがんばりやァ~。。。

あんさんは わたしにプレッシャーをかけはるのォ~?

いや。。。 なにも それほど真剣に、深刻に考えることはあらへん。。。 マイペースでやってゆけばええねん。

じゃあ、わたしも そうしますう。

わても 応援しているさかいになァ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~。。。めれんげさんには マイペースで更新していって欲しいですよね。
思えば、長い休止期間の後で、めれんげさんは『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もない時の 検索結果では 3,960,000件中の 9位でした。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

でも、現在では トップに躍り出ています。
検索エンジン最適化をいつも考えて頑張っている人には
「どうしたら、そんなに上位に掲載されるのォ~?」と不思議に思えたり羨ましく思えるかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

ところで、デンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。
気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『チエホフとシルク』

『めれちゃんとビクトリア女王』

『めれちゃんの即興の詩』

『五重塔心中事件』

『めれちゃんとツイッター』

『めれちゃんの再開(会)』

『めれちゃんと晶子』

『めれちゃんと今一つの世界』

『即興の詩』

『即興の詩と永遠の愛』

『万葉のめれちゃん』

『狂気の恋と歓喜の愛』

『めれちゃんと性具』

『女子力アップ軍団』

『めれちゃんの恥じらい』

『めれんげの郎女』

『めれちゃんの不満』

『下着 あそこ』

『花火の愛と小さな赤い花』

『めれちゃん、元気出して!』

『めれちゃんとカフカ』

『めれちゃんと詩と下着』

『めれちゃんの人気』

『めれちゃん、お呼びですやん!』

『「即興の詩」と応援アプリ』

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)