Posts Tagged ‘恋愛’

愛と追憶の謎

2016年8月30日

 

愛と追憶の謎

 


(1stluv01.jpg)


(quest05.jpg)


(manila18.jpg)


(renge00e.gif)


(manila05b.jpg)

デンマンさん。。。、 お久しぶりです。。。 今日は、めれんげさんでなく、あたしを呼び出したのは どういうわけですか?


(kato3.gif)

だから、“愛と追憶の謎”ですよ。。。

でも、その事だったら、めれんげさんでもいいではありませんか!

いや。。。 レンゲさんでないと駄目なんですよ。

それは、また どういうわけですか?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv60826b.png)

『拡大する』

これはアメブロの僕の『徒然ブログ』の8月1日から26日までの約4週間の「リンク元URL」のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 10番に注目してください。

GOOGLEで検索してデンマンさんのブログにやって来て『愛の追憶』を読んだネット市民が16人居たということですわねぇ~。。。

そういうことですよ。。。 次の記事を読んだのですよ。。。


(liv00704e.png)

『実際の記事』

これは2010年7月4日に『徒然ブログ』に投稿した記事ですよ。。。 上の画像を見てレンゲさんは思い出しませんか?

そう言われてみれば、確かデンマンさんと愛の追憶について語り合ったのですよねぇ~。。。

そうですよ。。。 だから、今日は めれんげさんじゃ駄目なのですよ。。。 やっぱり、上の記事の中に登場したレンゲさんでないと、話にならないのですよ。。。

。。。で、なにが謎なのですか?

あのねぇ~、上のリストの10番のURLを調べてみると次のような長いものなのですよ。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=15&ved=0ahUKEwjsvonJn8_OAhXBGZQKHZW_De44ChAWCDQwBA&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fbarclay1720%2Farchives%2F51658451.html&usg=AFQjCNF5vKqLSQy2l6GhLRTtxQ74un6AEg&bvm=bv.129759880,d.dGo

上のリンクをクリックしても、GOOGLEでの検索結果は出てこない。

何が出てくるのですか?

レンゲさんも上のリンクをクリックしてみれば分かるけれど、『徒然ブログ』の記事が表示されるだけです。。。

それで、いいではありませんか?

あのねぇ~、それでは駄目なのですよ。。。

どうしてですか?

記事を読むだけならば それでもいいかもしれないけれど、僕は読者が どのようなキーワードを入れて検索したのか知りたかったわけですよ。。。 上のURL を解読したって、キーワードは解らない! おそらく、キーワードは URL の中には含まれてないはずです。

つまり、キーワードを探すために、あたしを呼び出したのですか?

いけませんか?

そのような単純な事で呼び出されては困りますわァ~。。。

あれっ。。。 レンゲさんは、そんなに忙しいのですかァ~?

だってぇ~、あたしは、これでも小さなソフトウェア会社で働いているのですわァ~。。。 そのようなことで呼び出されると、仕事に差し障りがありますわァ~。。。

いや。。。 ものは考えようですよ。。。 このような不親切なGOOGLEの検索を、もっとユーザーのためになるように変更できれば、レンゲさんはGOOGLE 日本支店に転職することができますよ。

まさかァ~。。。?

いや。。。 僕がもしGOOGLEの日本支店長で、レンゲさんがユーザーのためになる 検索方法を見出したなら、すぐにレンゲさんをプログラマー・アナリストとして採用しますよ。

でも、わざわざ、そんな事をしなくても、デンマンさんのブログのアクセス解析の「人気検索キーワード」のリストを見ればいいではありませんかァ!

見ましたよ。。。 次のようなリストがあるのです。


(liv60829c.png)

『拡大する』

これが上位30位までの人気検索キーワードですよ。。。 でも、一つづつ見ていっても、このキーワードを入れて『愛の追憶』がヒットするとは思えない!

実際に上のリストの検索キーワードを入れて、デンマンさんは検索してみたのですかァ~?

やってみましたよ。。。 15位までの検索キーワードを入れて検索してみたけれど、時間の無駄でしたよ。。。 5ページまで見ていったけれど、どのキーワードを入れて検索しても 『愛の追憶』は結果の中に出てきませんでした。

それはデンマンさんとは思えない失態ですわァ~。。。

どういうことですか?

どういうことですかってぇ~、『愛の追憶』を読んでみれば、あたしが書いた次の手記をデンマンさんは掲載したのですわァ~。。。


(manila07.gif)

 

不倫と呼ばれる恋愛について、

どんなイメージを抱かれますか?

わたしは女性として、

相手の男性にパートナーがいるのに、

自分が彼の一番になれないのに、

それに甘んじている女性の事を

“プライドはないの?”

“先(結婚という意味ではありません)が

ないのにばかげてる”

などと、どちらかというと

軽い軽蔑感を持っていました。

でもわたしの身にも、

それは訪れてしまったのです。

 


(luvaffair.jpg)

 


『不倫の悦びと苦悩』より

確かに、上の手記が記事の中に出てきますよ。。。

それに、奈美さんのコメントもデンマンさんは取り上げているではありませんか!


(cute0015.gif)

 

奈美です。こんにちは。

タイトルを拝見してお邪魔しました。

不倫はやっぱり叶わない恋なんですね。

いつかは終わらせなくてはいけないもの。

奈美は不倫したことはありませんが、

既に家庭のある人が好きなので、

ちょっとどきっとしました。

 

(●‘ー‘)奈美

【2005/08/18 11:50】


『不倫したあなたを差別していませんよ』より
(2005年8月20日)

そうです。。。そうです。。。、確かに上のコメントも記事の中で取り上げましたァ~。。。

だったら、どのような検索キーワードで検索したか、解るではありませんかァ!

あれっ。。。 これだけで解るものですかァ~?

デンマンさんは意外にオツムの回転が鈍いのですわねぇ~。。。 うふふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。 こういう所で、僕を虚仮(コケ)にしないでくださいよゥ。。。 16人の読者が検索した時に使ったキーワードがレンゲさんに解ったのなら、もったいぶらないで言ってくださいよ。。。

『愛の追憶』を読んだ人たちは「不倫 恋愛 追憶」を入れて検索したのですわ。

マジで。。。?

デンマンさんが この場で検索してみたらいいではありませんかァ!

分かりましたァ。。。 じゃあ、やってみますねぇ~。。。


(gog60830b.png)


(gog60830c.png)

『現時点での検索結果』

「不倫 恋愛 追憶」を入れてGOOGLEで検索すると。。。 あれっ。。。 確かに 2ページ目に出てきますね。。。 さすがレンゲさんは独学で情報処理技術者試験に合格しただけのことはありますねぇ~。。。 (微笑)

この程度のことは、検索慣れしている人であれば、すぐに判りますわァ~。。。

いや。。。 おみそれしました。。。 僕はレンゲさんの情報処理能力を見直しましたよ。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

デンマンさんは、ちょっとばかり大袈裟なのですわよゥ。。。

あなただって、簡単に想像がついたでしょう?

ところで、江戸時代には、“大奥”という 極めて不自然な女性の世界がありました。

もちろん、恋愛はおろか、不倫などはもっての外でした。

そのようなわけで 性的に不満な お女中がたくさん居たのです。

ですから、新入りのお女中が“大奥”に加わると

年上のお女中は“性的な不満のはけ口”に新入りのお女中をイジメまくったそうですわァ。


(ooku001.jpg)

そういうわけで、自殺者もたくさん出たそうです。。。

あなたも、もしかして自殺を考えているのではありませんか?

だったら、止めたほうがいいですわァ。。。

ええっ。。。 どうしてかってぇ~。。。?

昔の人は言いましたわ。

“死んで花実が咲くものか”

つまり、死んでしまったら、美味しいものが食べられないということですわ。

うふふふふふふ。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、めれんげさんの熱烈なファンがたくさんいたのでした。

でも、うっかり めれんげさんが会費を滞納したために、
サイトを削除されてしまったのですわ。

けれども、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、5位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『ふたりだけの場所』

『命のともし火』


(sayuri201.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』


(renge62e.jpg)

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』


(rengfire.jpg)

『めれちゃんの人気再び』

『愛はスミレの花よ』

『肥後ずいきで検索』

『加賀の千代』

『千代に再会』

『カフカの銀河鉄道』

『12歳少女の死』

『結婚するの?しないの?』

『浜美枝と宮沢りえ』

『きみのぬくもり』

『壁に耳 障子に目』

『もう一つの世界』

『肥後ずいきブーム?』

『阿部定ブーム?』

『ノルウェイの森』

『大奥女中の淫らな恋』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

思い出の夕顔

2015年12月20日

 

思い出の夕顔

 

(asa12.jpg+renge720.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 どないなわけで あんさんは“思い出の夕顔”というタイトルにしやはったん?


(kato3.gif)

めれちゃん。。。 思い出せへんかァ~?

わたしがどないなわけで“夕顔”を思い出さんといかんのォ~?

めれちゃんも次の小説を読んだことがあるやろう?

天の夕顔


(gyozui6.gif)

私が京都の大学生のころ、はじめてあき子に会いました。 彼女は、下宿先の家の娘で、すでに結婚した身で、子供ももおり、夫は外国にいました。

まもなく、彼女の母親が病気で亡くなりました。 私が通夜や葬儀、さらに四十九日の観音講(かんのんこう)の際、なにくれと手伝ったため、彼女からその礼などを認(したた)めた手紙が送られてきました。 知人の家に移っていた私は、どういうわけか、その通りいっぺんに見える手紙がうれしくてたまらず、思えばそれが、私の運命を左右するきっかけになったのです。

 (中略)

6月の末、私は試験の準備に忙しいころでした。 彼女は結婚生活に悩んでいる様子を話しました。 はじめは姉弟のような気持ちだったが、しだいに私に惹かれるようになり危険を感じ出した、これ以上交際を続けているのは自分の立場が苦しくなるので今日は別れを言うために来た、と言うのです。 私は恋愛の気持ちなどなく、友情だと思っていたのに、「別れに来た」と言う言葉には少なからず狼狽し、意外な気持ちながら、彼女の威厳ある堅い決意に従うほかありませんでした。

これが、彼女から突き放された最初です。 それまで会うこともなかったのに、こんな気持ちになったのが不思議でしたが、これ以来私は今に至る20数年、あの人のことを思い続ける運命に陥ったのです。

(注: イラストはデンマン・ライブラリーから)


92 – 93ページ
『天の夕顔』 中河与一・著
「あらすじで読む日本の名著 No.2」
編著者: 小川義男
2003年11月13日 第2刷発行
発行所: (株)樂書館

なんで わたしが上の小説を読んだと あんさんは思いはったん?


(kato3.gif)

そやかて めれちゃんは“文学少女”やったやないかいなァ!

確かに、わたしは少女の頃から小説を読むのが好きやったけど、どれもこれもと 手当たり次第に小説をかたっぱしから読んでいたのとちゃいますやん。。。

さよかァ~。。。 そやけど、小説家の「中河与一」という人物は知ってるやろう?

いいえ。。。 知りまへん。

けっこう有名らしいのやでぇ~。。。

中河与一 (1897 – 1994)

香川県に生まれる。
1918年に画家をめざして上京。
翌年、早大予科文学部に入学するが、中退。
1935年以降、日本浪漫派に接近し、しだいに民族主義を唱え始める。
1938年、新感覚運動を川端康成、横光利一らと興す。
代表作である『天の夕顔』において東洋的叙情に到達し、戦後に発表された『失楽の庭』『悲劇の季節』とあわせ、三部作と見なされている。

作者は「文藝春秋」の初期の同人として横光利一、川端康成と並んで世に称えられた。
泉鏡花、谷崎潤一郎、佐藤春夫と続いた王朝以来のロマンチシズムの系譜が作者へと継承されている。

『天の夕顔』が1938年に発表された当時は、世俗的、大衆的という理由で文壇からは受け入れられなかったが、永井荷風や徳富蘇峰らは激賞し、また当時の青年子女に愛読された。

あらっ。。。有名な人たちとお仲間やんかァ~。。。 川端康成と横光利一は わたしも知ってるわァ~。。。

そうやろなァ~。。。 わてかて知っておるからなァ~。。。

。。。で、どないなわけで中河与一さんのお名前を持ち出してきやはったん?

あのなァ~、わては調べてみたのやけど、太平洋戦争中の悪い噂のために戦後の文壇で孤立したようなのやァ。

その悪い噂って、どのようなものやのォ~?

あのなァ~、中河さんが戦時中に、左翼的文学者のブラックリストを警察に提出して言論弾圧に手を貸したという噂がだいぶ流れたらしいのやァ。

そのために作品が読まれなかったのォ~?

戦後は左傾する人が多かったから、もしかすると戦中の噂が影響したのかもしれへん。 それで めれちゃんも名前を知らんかったのかも。。。

。。。で、上のお話のどこに あんさんは惹かれはったん?

次の箇所やがなァ~。。。

これ以来私は今に至る20数年、

あの人のことを思い続ける運命に

陥ったのです。

“20数年、あの人のことを思い続ける”というのは、誰にでもできることではあらへん。

そうですやろか?

あのなァ~、 かつてアインシュタインは次のように言うてたのやでぇ~。。。

結婚とは、ひとつの偶然から

永続的なものを作りだそうという、

成功するはずのない試みだ。


(einstein2.jpg)

—アルバート・アインシュタイン

しかもアインシュタインの結婚生活を覗くと次のようなことが分かるねん。

アインシュタインは1897年、スイスのチューリッヒにある連邦工科大学で学んでいたとき、最初の妻になる女性と出会い、恋に落ちた。 その女性はミレーヴァ・マリッチ。


(mileva01.jpg)

ミレーヴァ・マリッチとアインシュタイン

アインシュタインと同じ講座の学生で、生まれつき足が悪かった。 二人に共通していたのは、コーヒーとソーセージが好きということだった。 彼女と知り合ってまもないころ、アインシュタインが書いた手紙には、ミレーヴァを呼ぶ愛称がこれでもかとばかりに登場する。 僕のかわいこちゃん、僕の子猫ちゃん、僕の愛する魔女、僕の小さなすべて……そして愛の告白もあった。 1900年、アインシュタインが21歳のときの手紙にはこう書かれている。 「哀れな人間たちの群れのなかで生きてゆこうと思ったら、君のことを思わずにはいられない」

二人はともに勉強し、音楽を楽しむうちに、友達から恋人へと関係を進んだ。 同級生からミレーヴァの足のことを問われ、僕なら不具の女と結婚などできないと言われたアインシュタインは、「でも彼女はすばらしい声をしている」と答えた。 最後には二人の関係は破局を迎えるのだが、そこにいたる事情は深く複雑なものだった。 自分の心はミレーヴァのものだと言っているときから、アインシュタインはいろいろな意味で遠い存在だった。 離ればなれで暮らした時期も長く、研究のことしか頭にないアインシュタインには、子供のいる雑然とした生活は耐えがたいものだった。 結婚前に生まれた娘ルイーズは養子に出され、その後もアインシュタインとミレーヴァの間には、二人の男の子が生まれている……のちにハンス・アルバートは水力学の専門家になり、次男エドゥワルドは精神分裂病で施設に入った。 そのかたわら、アインシュタインはいとこのエルザに求愛するようになり、二人はやがて結婚する。


(elsa01.jpg)

エルザとアインシュタイン

1913年、ミレーヴァとの離婚が成立する5年以上も前に、アインシュタインはこんな手紙をエルザに書いている。「私にとって妻は、クビにできない雇い人のようなものです。私は寝室も別にして彼女を避けています……私と、私の人生を支配できるのは自分以外の誰でもありません」

エルザは夫の研究にいっさい口出ししなかったし、知性面で夫と張りあおうという気持ちもさらさらなかった。 そんな二番目の妻に対しても、アインシュタインは同じことを繰りかえしてしまう。 夫婦の間から愛もセックスも消えうせ、アインシュタインはほかの女性に盛んに言いよりはじめる。 友人によると、その様子は「磁石が鉄粉に引きよせられるようだった」という。 またしても寝室が別になり、妻は雇い人に等しい存在になりさがった。 ただし海外旅行や映画のプレミアのときは、夫と行動をともにすることが許された。 アインシュタインはエルザに、「きみの話、私の話をするならいい。だが『私たち』のことは一切話題にしないでくれ」と申しわたしている。

年を経るにつれて、アインシュタインは女性を苦々しく思うようになった。 彼にとって、愛は偽りの概念に過ぎないし、生涯の結びつきなどという理屈はもっと始末におえないものだった。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーから)


39 – 41ページ
『アインシュタインをトランクに乗せて』
著者: マイケル・パタニティ(Michael Paterniti)
訳者: 藤井留美
2002年6月20日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社ソニー・マガジンズ

つまり、結婚していても20年連れ添うのは難しいのに、結婚してもいない相手を20数年も思い続けたということが あんさんに感銘を与えはったん?

そうやァ~。。。 上のアインシュタインの結婚生活を覗くと わてが『天の夕顔』に感動したのが めれちゃんにもうなづけるやろう?

そうやねぇ~。。。 あんさんが感銘を受けるのが分かるような気もしますわァ~。。。で、『天の夕顔』は、その後どうなるん?

次のようになるねん。

別れた後、彼女から受け取ったハガキには、別れたことへの葛藤、妻として母として生きようと決心しながらも力が及ばなかったことへの後悔などが綿々と綴られていました。 私はすぐに、自分のことをもっと知ってもらいたい旨の返事を書きましたが、それきり手紙も何も来なくなってしまいました。 私は彼女の決意の堅さを感じながらも、かえってあの人を追いかけていきたい気持ちが強くなっている自分に気がつきました。

8月下旬の夕暮れ、私はじっとしていられなくなり、神戸のあの人の家を訪ね、私の気持ちを伝えましたが、彼女の決意は変わらないようでした。 帰るとき、階段に降りようと二人が向かいあった瞬間、二人の身体に、同時になにか恐ろしいものが走ったのを感じたのです。 そのとき互いに理性を越えて飛びつきたかったに違いありません。 でも、私たちはそれをしませんでした。 そこに私たちの今日までの愛情の形式があったといえます。

 (中略)


(girl122.jpg)

私が23歳の夏の初めでした。 7つ年上のあの人の美しさはもはや私には絶対的なもので、それ以上のものはありませんでした。 深遠で情熱を含んだ静かな強さが私を苦しくするほどに執着させ、話すときは当たり前の口調でしたが、互いの目の中に互いの運命の暗示をいつも読んでいたように思われます。 私の心はどんなことがあっても彼女を失いたくないという切ない願いでいっぱいになりながらも、いつか彼女を見失うのではないかという不安がつきまとい、私は人が不倫のために自殺する気持ちをはじめて理解しました。

 (中略)

そのころ、私の下宿先の隣家に私とあまり年の違わない娘がいました。 私はその娘と親しくなりましたが、あの人との関係に比べればあわあわしいものでした。 あの人は私にとってだれとも比較などできないほど絶対的で永遠の存在だったのです。 しかし、その娘から結婚を迫られ、5年ぶりにその相談のために、あの人に会うことになりました。 私の27歳の夏でした。

私は耐えられないなつかしさで彼女と会いましたが、彼女は案に反して隣の娘との結婚を勧めたのです。 (中略) 

私は結局、隣の娘と結婚しましたが、不運なことに彼女は肋膜(そくまく)を患い、2年間介抱に明け暮れました。 とうとう、私は結婚に対して耐えられない苦痛を感じ、病身の妻と別れる決心をしたのです。 自分の魂の本然(ほんぜん)にかえりたい、それが自分に与えられた運命だと悟り一人で生きていく決心をしました。 私の31歳の春でした。 あき子とはじめて会ってからすでに10年の歳月が流れていました。

(注: イラストはデンマン・ライブラリーから)


93 – 95ページ
『天の夕顔』 中河与一・著
「あらすじで読む日本の名著 No.2」
編著者: 小川義男
2003年11月13日 第2刷発行
発行所: (株)樂書館

なんだか男の人がずるいと思いますわァ~。。。

どないなわけで。。。?

そやかてぇ、隣の家の娘さんと結婚するのに、どうして7つ年上の人に相談しに行くのォ~?

あのなァ~、それは男がその人に会いたいからやがなァ~。。。 きまってるやん。。。 とにかく、7つ年上のあの人の美しさが男にとって絶対的なものやねん。

ただ美人だからということでぇ~。。。?

いや。。。ちゃうねん。。。 見かけも美人なんやろうけど、性格的にも美しい人に違いあらへん。 そうでなければ、男が20数年も思いつめへん。 次の箇所を読むと7つ年上の人の素晴らしさが詩的に分かるのやがなァ~。。。

彼女は5年たったら、もう一度会うことを約束してくれました。 私にとってもはや5年の年月などなんでもありません。 雪の季節にも、しみ通るような寒さにも、私の心はあの人に会える喜びで明るく輝いていました。

あの人と約束した5年目が近づくころ、私はもう45歳になっていました。 あと1日であの人に会えるという日。 私はあの人が末期の思いで書いた悲しい手紙を受け取ったのです。 動かしがたい死の予告を綴った手紙に私は泣いても泣いても、泣ききれないほどの悲しみに突き落とされたました。 あんなに求め続けていた人とついに会えなかったこの哀れな男の運命を想像してください。 すぐあの人の家へ駆けつけましたが、そこでハッキリとあの人の死を確かめただけでした。

 (中略)

天国にいるあの人に消息するたった一つの方法は、夏の夜の花火を打ち上げることでした。 若いころ、あの人が摘んだ夕顔の花を、青く暗い夜空に向かって華やかな花火として打ち上げたいのです。 花火が消えたとき、私は天にいるあの人がそれを摘み取ったのだと考えて、今はそれをさえ自分の喜びとしているのです。


(fireworks.jpg)

(注: 写真はデンマン・ライブラリーから)


96ページ
『天の夕顔』 中河与一・著
「あらすじで読む日本の名著 No.2」
編著者: 小川義男
2003年11月13日 第2刷発行
発行所: (株)樂書館

若いころ、あの人が摘んだ夕顔の花を、

青く暗い夜空に向かって

華やかな花火として

打ち上げたいのです。

この部分を読むとねぇ~、7つ年上の人の面影が わてにも思い浮かんでくるねん。

あらっ。。。なんだか実感が込められているようやけど。。。 あんさんも同じような経験があるのォ~?

あるねん。。。うしししし。。。

マジで。。。?

冗談ではあらへんでぇ~。。。 わても愛(いと)しい人を20数年間思いつめ、慕い続けたのやがなァ~。。。

あんさんも、その年上の女性が摘んだ夕顔の花を、青く暗い夜空に向かって華やかな花火として打ち上げはったん?

いや。。。残念ながら、そこまでやるだけの役者心は わてにはあらへんかった。 うへへへへ。。。

つまり、『天の夕顔』を読んで、あんさんは、その年上の女性を思い出しはったん?

そうやがなァ~。。。わては読みながらジーンと涙が込みあげてきたのやがなァ~。。。

つまり、その事を自慢したいん?

アホやなァ~。。。 そないな事を自慢したいために この記事を書き始めたのではあらへん。

じゃあ。。。なんのために。。。?

あのなァ~、わては『天の夕顔』が作者自身の経験に基づいて書かれたのか? なんとなく気になって調べたのやがなァ~。。。

。。。で、実際、作者の経験に基づいて書かれたものやのォ~?

それがなァ~。。。 この作者は一癖も二癖もありそうな人物なのやァ。

火の無い所に煙は立たず

昔の人はこのように言うたけど、中河さんの悪い噂は、彼の弟子に言わせると事実無根ということなのやがなァ~。。。

つまり、中河さんを恨んでいた人が噂を流したと。。。?

そうやと、中河さんの弟子は言うていたのやァ。 その噂は、プロレタリア文化運動に関係した平野謙氏や戦後の反戦平和運動に関わった中島健蔵氏が意図的に流したデマに過ぎなかったと中河さんの弟子は調査結果を発表したのやァ。

でも、何のためにデマを流しはったん?

平野氏と中島氏は、中河さんに濡れ衣を着せることによって自分たちの戦争協力行為を隠蔽するためやった。。。 中河さんの弟子は、そう言うていたのやァ。

つまり、中河さんはスケープゴートにされたわけやのォ~?

そうらしいねん。

。。。で、『天の夕顔』は作者自身の経験に基づいて書かれたのォ~? 

ところが、これにも問題があったのやがなァ~。。。

どないな問題があったん。。。?

『天の夕顔』主人公モデル問題

中河の代表作『天の夕顔』は不二樹浩三郎という按摩の身の上話に基づく作品だったため、不二樹は中河に対してこの作品を自分との共著とすることを要求した。
しかし中河は「話をしてくれただけで、それがあなたに何の関係があるのですか。法廷へ出ても何処へ出ても」とこの要求を退けると共に、主人公のモデルの実名公表を拒み続けたため、不二樹との間に深刻な確執が生じた。

不二樹から中河に脅迫状が届き、その直後に中河家の愛犬が不審な死を遂げたこともある。
一連の経緯について中河が警視庁成城警察署に相談したものの、刑事事件には発展しなかった。

一方、不二樹の側でも中河を訴えようとしたが弁護士費用の問題からこれを果たせず、その代わり『名作「天の夕顔」粉砕の快挙──小説味読精読の規範書』(1976年)と題する書物を自費出版してこの作品が中河の創造力の所産ではないことを世に訴え続けた。

不二樹は1990年に93歳で死去した。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

わては この事情を読む前に『天の夕顔』を読んだのやけど、マジで名作だと思ったでぇ~。。。 その思いは わてにとって今でも変わらへん。

そやけど、なんだか あんさんは不満そうやねぇ~。。。

めれちゃんにも、分かるかァ~。。。、文学作品は芸術として鑑賞したのやけど、こうしてモデル問題でガタガタしたのを知ると、ちょっと興醒(きょうざ)めするねん。

分かりますわ。。。 そやから、文学作品のモデルの詮索などする必要あらへん。

でもなァ~。。。、モデルを知ることによって文学作品がさらに引き立つことだってあるのやでぇ~。。。 例えば堀辰雄の『風立ちぬ』やんかァ。。。 1933(昭和8)年、堀さんは軽井沢で矢野綾子さんと知り合うた。 まず、その頃の軽井沢での体験を書いた『美しい村』を発表したのやがなァ。 1934年、矢野綾子さんと婚約するのやけど、彼女も肺を病んでいた。 そのため、翌年、八ヶ岳山麓の富士見高原療養所にふたりで入院するねん。 そやけど、綾子さんはその冬に死んでしまうのやがなァ。 この体験が、堀さんの代表作として知られる『風立ちぬ』の題材となったのやでぇ~。。。 このようなことを知ると、『風立ちぬ』を読んで、いっそう心を打たれるのやァ。 そういうわけやから、わては野次馬根性を出してモデルを詮索することがあるねん。

。。。で、期待はずれになることもあるのォ~?

そうやがなァ。。。上のモデル問題などは、読んでゲッソリするような現実の醜い面が表れてるねん。 『天の夕顔』の話は按摩さんの身の上話に基づく作品なのやろけど、ずいぶん脚色されているような気がするねん。

あんさんは、どないなわけで、そないに思いはるん?

本当にモデルも素晴らしく、また作品も素晴らしいものなら関係者はそっとしておくと思うねん。 矢野綾子さんの遺族が堀さんを訴えたなんて聞いたことがあらへん。 モデル問題を読んでから『天の夕顔』を読むと、現実の美しい部分だけを拾い上げて書いたような気がするねん。 現実の醜い部分がモデル問題となって顔をのぞかせているのやがなァ~。。。

現実をそのまま作品として書くということは難しいのやろねぇ~。。。?

いや。。。そないなことはあらへん。

事実は小説より奇なり。

昔の人は、このように言うたのやでぇ~。。。 つまり、現実をそのまま書いても、なかなか信じてもらえん。

あらっ。。。 あんさんも、そないに感じはるのォ~?

たとえば「あの人」の旦那さんが手紙を書いてきたとする。

どのような。。。?

次の手紙やがなァ~。。。 めれちゃんは現実の手紙として信じることができるかァ~?

毎年いつも年末に妻の美千代にお便りをお寄せくださり誠に有難うございます。
厚くお礼申し上げます。
実はつらく悲しいことでありますが美千代は去る7月18日に亡くなりました。


(lily2.jpg+yuka03.gif)

昨年の春先に胸が傷むと病院へ行きましたところ、肺のあたりに水がたまっているという奇病で、すぐに入院し水を抜く手術をしました。
手術は成功したのですが若いころ結核をわずらったことがあり原因を調べるため検査設備の整っている東北大学病院へ行くことになり、通院や入院を半年以上、各種いろいろの検査をうけました。
結核の関係はないと判定され、近くの病院から往診していただくことになりました。
しかし、そのことが美千代には不本意だったようで、断って別の病院に通うようになりました。
そのうち段々足腰や体も弱ってきて、たびたび転んだりして車椅子の生活になり、時々は救急車のお世話になるようになりました。
短期入院や点滴してもらって帰るようにもなりました。

それでも、そんなにひどいようには見えず食事は食堂へ出てくるし、家の中を立って伝い歩きもしました。
当日も夕食中、食べ物が喉につかえ呼吸困難となり、救急車を呼んで病院へつれて行き、いろいろ手を尽くしていただきましたがそのまま回復せずに亡くなりました。
診断は「心臓周囲病」ということで心臓も衰弱していたことと思われます。

私が先に逝くものとばかり思っていましたのに、思いもよらぬ逆縁で申し上げる言葉もありません。
元来、頑健丈夫とは言えず、むしろどちらかと言えば病弱なところもありました。
それでも気の強いところもあって新聞社に勤めたり、百貨店の仕事などもやって、退社後も、大学の研究室で秘書などの仕事もしました。
30代で自動車免許を取得したり、一時はスナック経営などもやり、貸家を建てたりもしました。
精一杯生き抜いたと言えましょう。
また、多くの人々から好かれ愛された生涯でありました。

デンマンさんにも永い間ご厚誼をいただき本当に有難うございました。重ねて厚くお礼申し上げます。
どうぞお体を大切に、ますますお元気でご活躍なさいますようお祈り申し上げます。

2010年11月24日

梶尾一郎

福島県会津若松市東栄町
郵便番号: 965-8601


『生きることって愛すること?』より
(2010年12月18日)

『即興の詩バンザイ』にも掲載
(2010年12月4日)

この手紙は、ほとんどそのまま書き出したものやねん。

つまり、あんさんが20年近く思いつめていた「あの人」の旦那さんが あんさんに宛てて書きはった手紙やと あんさんは言わはるのォ~?

そうやァ~。。。

わたしが信じるかどうか? あんさんは気になるのォ~?

もちろんやがなァ~。。。 めれちゃんは信じることができるかァ~?

信じられますゥ~。

マジで。。。?

わたしにも似たような経験がありますねん。

さよかァ~。。。?

あんさんも覚えてますやろう?

何を。。。?

わたしが詠んだ次の短歌ですゥ。

(star4.gif)

(valent6.gif)





(renge62c.gif)


(renge807.gif)

(dokuro3.gif)
(rengebk2.gif)


(mertitle.png)


きみのもとへ

2006.07.13 Thursday 10:14


(dark33.jpg)

その背中

遠くありても

目はとらえ

息はずませて

きみのもとへと

 

めれんげ | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0)


待ちぶせ

2006.07.12 Wednesday 15:36


(love109.jpg)

心満ち

今日と自分を

走らせて

きみの姿を

待つ曲がり角

 

めれんげ | 短歌 | comments(1) | trackbacks(0)


永久を誓いて

2006.07.10 Monday 16:38


(beach02.jpg)

わが望み

ともに果つれと

溺れゆく

いのち無き世で

永久を誓いて

 

めれんげ | 短歌 | comments(3) | trackbacks(0)


恋を思い出し

2006.07.10 Monday 09:51


(diaryluv.jpg)

思い出す

時はきみより

届けられ

忘れし恋は

今かえりきて

 

めれんげ | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0)


きみと永久に

2006.07.08 Saturday 16:17


(kiss822.jpg)

昼も夜も

きみのそばにて

笑みあふれ

瞳かわして

永久とも思う

 

めれんげ | 短歌 | comments(1) | trackbacks(0)


恋する時

2006.07.06 Thursday 16:05


(summer55.jpg)

おどろきて

目覚めし朝の

光さす

きみに恋する

時おとずれて

 

めれんげ | 短歌 | comments(564) | trackbacks(0)


夜ふたり

2006.07.05 Wednesday 11:23


(makeluv9.jpg)

夜ふたり

ほの暗き部屋に

燃ゆる火は

ふたつの身体

焦がして消えず

 

めれんげ | 短歌 | comments(1) | trackbacks(0)


約束の時

2006.07.04 Tuesday 07:56


(valent6.gif)

約束の

時の流れの

遅きにも

胸ははずみて

きみのみ想う

 

めれんげ | 短歌 | comments(457) | trackbacks(0)


誰もいない

2006.06.20 Tuesday 09:02


(girlstar2.jpg)

引き止める

腕さえすでに

失いて

誰かえりみる

ことなきわが身

 

めれんげ | 短歌 | comments(2) | trackbacks(0)


朝の来ぬ国

2006.06.20 Tuesday 07:53


(dokuro3.gif)

もとめしは

朝の来ぬ国

闇の中

この身朽ち果て

戻らぬいのち

 

めれんげ | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0)


旧『即興の詩』より

NOTE:

めれんげさんが会費を滞納したために
削除されてしまいました。


『朝の来ぬ国』より
(2015年11月24日)

あんさんが11月24日に投稿しやはった記事の中にも こうして出てますやん。。。

上の10首の短歌のどのことをめれちゃんは言うてるねん?

次の短歌に決まってますやん。

 

恋を思い出し

2006.07.10 Monday 09:51


(diaryluv.jpg)

思い出す

時はきみより

届けられ

忘れし恋は

今かえりきて

 


(tantra20.jpg)

めれんげ | 短歌

comments(0) | trackbacks(0)


『朝の来ぬ国』より

(2015年11月24日)

わたしにも忘れられない恋というのがありますねん。

なるほど。。。 なるほど。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あなたにも20数年思いつめるような
忘れられない恋というのがありますか?

あなたの人生を振り返ってみてください。。。
きっとあるはずです!

ありませんか?

でも、もう一度 あなたの人生を振り返ってみてください。

話は変わりますけれど、
かつて、めれんげさんの熱烈なファンがたくさんいたのでした。
でも、うっかり会費を滞納したために、
サイトを削除されてしまったのですわ。

けれども、2013年の6月にライブドアで
めれんげさんは『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、7位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』

『最大限の本音で…』

『こわ~い話』

『道鏡伝説の謎』

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『ふたりだけの場所』

『命のともし火』


(sayuri201.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』

『愛はスミレの花のように』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

失楽園のモデル

2015年10月7日

 

失楽園のモデル

 


(paradise.jpg)


(rengfire.jpg)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 “失楽園”というのは、あの映画のことやろう?


(kato3.gif)

そうや。。。 めれちゃんも観たのかァ~。。。?

『失楽園』

渡辺淳一の小説。また、それを原作とした映像作品。
小説は1995年から翌年にかけて『日本経済新聞』に掲載され、1997年2月に講談社から単行本として刊行された。
上下巻を合わせた年間発行部数は267万部、現在は300万部を突破している。

不倫を主題にし、一般向け新聞連載ではあまり例のない性描写を含め、連載当時から話題になる。

映画・テレビドラマ化され、流行語にもなった。

有島武郎の心中事件をモチーフとしており、小説後半の多くは自殺現場調書の引用で占められている。

あらすじ

出版社の敏腕編集者である久木祥一郎は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。
そんな久木の前に、友人・衣川が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子という美しい人妻が現れる。
彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。
そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。

二人の関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。
凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。
やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。

しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦は興信所の調査で妻の不貞を知る。
晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。
家庭や社会からの孤立が深まっていく中、それでも二人は逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、二人だけの性と愛の充足は純度を増していく。

そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。
久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。
凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。

「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、二人でこの世を去ろうと決意する。
雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。
後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。

映画

1997年5月10日公開。
制作は角川書店、東映、エースピクチャーズ、日本出版販売、三井物産。
日本アカデミー賞、報知映画賞、キネマ旬報賞受賞作。

監督:森田芳光
制作総指揮:角川歴彦
脚本:筒井ともみ

キャスト:

久木祥一郎:役所広司
松原凛子:黒木瞳
衣川和記:寺尾聰
松原晴彦:柴俊夫
久木文枝:星野知子
知佳:木村佳乃


出典: 失楽園 (渡辺淳一)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

失楽園 (1997) 予告篇

けっこう話題を振りまいたさかいに、わたしも観てみましてん。。。

さよかァ~。。。 で、どないやったん?

そないなことより、あんさんは、どないなわけで、急に“失楽園”のモデルを取り上げはったん?

いや。。。 わてが取り上げたわけやあらへん。。。

そやけで、あんさんがタイトルを書きはったのですやろう?

確かに、タイトルを書いたのは わてやけど、書くように仕向けたのは わての『徒然ブログ』を読みはったネット市民なのやがなァ~。。。 ちょっと次のリストを見て欲しいねん。


(liv51006b.png)

『拡大する』

これは、ライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月1日から6日までの6日間の「リンク元URL」のリストやねん。。。 赤枠で囲んだ 6番に注目して欲しい。

あらっ。。。 GOOGLE で検索して『10分間の失楽園(PART 2)』を読みはったネット市民が 9人おったのやねぇ~。。。


(maid12.gif)


『10分間の失楽園(PART 1)』

『10分間の失楽園(PART 2)』

そういうこっちゃがなァ~。。。 『10分間の失楽園(PART 2)』を読みはったネット市民が 9人おったのやでぇ~。。。

。。。で、その人たちは どないな検索ワードを入れて検索しやはったん?

次のリストを見て欲しい。


(liv51006c.png)

『拡大する』

これは、『徒然ブログ』の9月1日から6日までの6日間の「人気キーワードリスト」やねん。。。 赤枠で囲んだ 3番に注目して欲しい。

あらっ。。。 「失楽園 モデル」と入れて検索しやはった人が 13人おりますやん。。。それで、あんさんは今日の記事のタイトルを“失楽園のモデル”にしやはったん?

そういうこっちゃがなァ~。。。

あんさんは意外に単純やのねぇ~。。。

あきまへんかァ~?

かまわんけど、ただ それだけのことで あんさんは『失楽園』を持ち出してきやはったん?

いや。。。 実は、『10分間の失楽園』を読んでいたら ダ・ヴィンチさんの記事が出てきよった。

ダ・ヴィンチさんってぇ、あのレオナルドとちゃいますのやろう?

もちろん、ちゃうがなァ~、現在では、もうなくなってしもうたのやけど、realog.jp というブログ・プロバイダーがあったのやがなァ~、そのサイトで “ダ・ヴィンチ”というハンドル名で http://renaisance.realog.jp/ というブログを書いていたのやァ。。。 この“ダ・ヴィンチ”さんとは、何度かコメントのやり取りをしたのやけれど、やがてハンドル名を“魔女”に変えて次のような記事を書いておったのやがなァ~。。。

1988年から11/22が良い夫婦の日と成ったと記載されていたのだけれど、やはりスポーツ新聞はサブカルチャー的な記事も有りエロでラヴなネタが好きだ。

お金が無くても良い夫婦
ランキング成るモノも有りましたが所得と夫婦のセックス回数に着目。
案外収入多い家庭はセックスが疎からしい。

逆にちょっと少ないかなと言う家庭の夫婦の方がセックスが多いって意外過ぎる統計に驚かされました。

  (中略)

甘い施しや言葉に踊らされる馬鹿で間抜けなタイプだけが損してしまう話も良く聞きますけど。
実際は相性とか有る訳ですから結婚前のプロセスが上手く行っていれば
基本的に良い関係を構築出来ている訳です。
間違っても他人のモノに関心は無いのが御約束ですけどね。

摘み食いの話も多種多様だけど
摘まれる程度に堕ちて酔うって案外恥かしい事ね、
実に沢山聞くけど、結局独り善がりの自己憐憫ばかりで、
都合良い身体と感情を利用されてるだけだし、
末路は本当惨めの一言に尽きるわ。

って言うか
「あっ、そんな自分に酔ってる?」と毒突きたくも成るけど、
先ずそんな後ろめたい行動取る人とは関わらないのが一番ね。

だって
自分まで汚れそうだもん。
厭じゃない。

良い夫婦ってスポーツ紙では今回はセックスとお金で統計を計ってましたが、
実際はもっと精神的、肉体的な繋がりを大事にした夫婦の事でしょうから、
同じ結婚や将来を考えるなら、幸せに成る方向で良い夫婦を目指したいものです。

愛=セックスと考える浅はかさ故の統計データでしたけど、
同じ生きるなら無償で互いを尊重しあえる男女の関係の絆として良い夫婦と言うモノが理想ね。
他人が家族に成り家庭を築く訳だから良い関係で生きて楽しみたいもの。

  (中略)

渡辺淳一文学【失楽園】ブーム辺りから
不倫恋愛を婚外恋愛と美化するのは愚かしくも卑しく醜く感じます。


(paradise.jpg)

失敗談を美談に置き換える計算なのか

大抵ブログで見掛けるのは他人様の夫や妻を摘み食いされる
又はするお馬鹿さん達が得意顔で記事を書いては自己満足か
自慰みたいな自己憐憫であり不自由な状況での欲求不満ばかりが目に付く。

奇妙な世の中よね。

辻褄合わない虚言夫婦話もあれば異常執着する話も有るけど、反面教師。

相変わらずお馬鹿な戯言を抜かすのも目に付いて
こんな日にこんな話題と読んで思わず笑ったわ。
可哀想にとね。
あぁは成りたくないと思うだけですけど。

 

by 魔女


(majo.gif)

2007-11-23 01:44


『良い夫婦の日が過ぎて』より

写真はわてが付け加えました。
改行等ちょっと編集してあります。あしからず。

『楽園と無責任大国日本』に掲載
(2007年11月25日)

。。。で、上の“魔女”さんの記事に あんさんは感動しやはったん?

別に感動したわけやあらへんけど、次の箇所を読んで、なるほどと思ったわけやがなァ~。。。

渡辺淳一文学【失楽園】ブーム辺りから

不倫恋愛を婚外恋愛と美化するのは

愚かしくも卑しく醜く感じます。

失敗談を美談に置き換える計算なのか

つまり、不倫恋愛を婚外恋愛と美化している人たちがたくさんいると、あんさんは言わはるのォ~。。。?

そういうことやがなァ~。。。

それで、あんさんは どうやと言わはるのォ~。。。

それで不倫しようと思う人や、これから不倫しようと思うとる人が『失楽園』のモデルになった人を探し始めたわけやァ~。

どないなわけで。。。?

実際に不倫した人たちは、どうなったのやろか?。。。 モデルになった人たちは実際に心中したのやろか?。。。 そのような疑問を持って探し始めたというわけやァ~。。。

ホンマかいなァ~。。。

だってぇ~、そうやろう!? 現在 不倫している人や これから不倫関係になるかもしれへん。。。 そう思っている人たちには、『失楽園』はただの映画やあらへん。。。 もしかすると、自分も映画のように心中することになるのやろかァ~?。。。 そう思いながら必死でモデルを探したのやがなァ~。。。

それで、検索して『失楽園』のモデルになった人が有島武郎と波多野秋子であると突き止めはったのやねぇ~。。。 それで、どないしやはったん?

でも、この心中事件だけでは、まだ自分の決心がつかへん。。。 それでさらにネットで調べたら、『不倫ネット殺人事件』に出くわしたわけやァ~。。。

『不倫ネット殺人事件』


(murdernet3.png)

インターネット上の犯罪行為などを請け負う“闇サイト”で不倫相手の妻の殺害を依頼したとして、東京消防庁職員の女が14日、警視庁捜査1課と多摩中央署に暴力行為法違反(犯罪の請託)の疑いで逮捕された。

殺人を請け負ったとして、自称探偵業の男も、同容疑で逮捕。事件発覚のきっかけは、計1500万円の事前報酬を払った女が、依頼から約半年が過ぎても殺人が実行されないため、同署に「だまされているのではないか」と相談したことだった。

「浮気相手の妻を殺してくれないんです」…1500万円支払い、半年放置され、殺人は実行されなかった。

逮捕されたのは東京消防庁渋谷署救急隊員、河口絵里子(32才の依頼者)と自称探偵業、田部孝治(40)の両容疑者。

調べでは、河口容疑者は不倫相手だった同僚職員の妻(32)の殺害を計画。

昨年11月ごろ、インターネットのサイトで「殺人を請け負う」と記載した田部容疑者の電話番号を見つけ連絡した。

今年1月中旬、立川市内の駐車場に止めた乗用車内で会い、殺害を依頼して同24日ごろ現金100万円を支払った疑い。

独身の河口容疑者は「不倫相手の妻に子供ができたことを知り、裏切られたような気持ちになった」と供述、田部容疑者も容疑を認めている。

妻に危害は加えられず、その後、無事に出産したという。


『不倫ネット殺人事件』より
(2015年10月3日)


(liv51006b.png)

『拡大する』

緑の枠で囲んだ4番に注目して欲しい。。。 GOOGLE で“不倫”を入れて更に検索して『不倫ネット殺人事件』を読みはったのやがなァ~。。。

つまり、『不倫ネット殺人事件』を読みはった 11人は、マジで不倫しようか? あるいは不倫をやめようか?。。。 そう思い悩んで『不倫ネット殺人事件』を読みはったと、あんさんは言わはるのォ~。。。?

それ以外に考えられへんやんかァ~!

それで、どないしやはったん?

もちろん、不倫しようと思っていたネット市民は不倫に走るのをやめたのやァ。。。 それに現在、不倫している人は、不倫関係を清算しようと決心したのやがなァ~。。。

ホンマかいなァ~?

心中しなくても、もし殺人事件に発展したら大変なことやがなァ~。。。、上のように新聞や週刊誌に書かれるのやでぇ~。。。 生きていても生きている心地がしなくなるのやがなァ~。。。 このような事にならないためには、誰かて不倫を止めようと思うねん。

それで、あんさんの記事を読んだ人たちは、不倫から手をひきよったのォ~?

そういうこっちゃがなァ~。。。

ホンマかいなァ~?

あのなァ~、昔の人は“信じる者は救われる!”と言うたのやがなァ~。。。 そやから、めれちゃんも信じたらええやん。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~。
不倫して殺人事件に発展するようなことにでもなったら、大変ですよねぇ~。

もし、あなたが嫉妬から相手を殺したくなったとしても、あなただけはネットで殺人依頼をしないでくださいね。
必ず犯罪は 暴(あば)かれてしまうものですから。。。

ところで、めれんげさんはボダを克服して
健康も回復して元気になりました。
これからも、『即興の詩』を更新して欲しいですよね。

あなたも、めれんげさんの日記と“即興の詩”に興味があったら、ぜひ読んでみてくださいね。

めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、6位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』

『最大限の本音で…』

『こわ~い話』

『道鏡伝説の謎』


(ebay5.jpg)

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』


(vanc700.jpg)

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『ふたりだけの場所』

『命のともし火』

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

わたしを見つけて

2015年7月20日

 

わたしを見つけて

 


(dreaming5b.jpg)

(net777.gif)





(renge62c.gif)


(renge807.gif)
(rengebk2.gif)


(mertitle.png)


あなたの思うように

2006.07.16 Sunday 15:30


(merange72.gif)

ねえ、どっちがいい?

どっちを先にしたい?

今夜はあなたの思うように

してもいいよ

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(475) | trackbacks(0)

さよかァ~

そんなら お言葉に甘えて

ひとつづつ ゆっくりと

なにもかも しようやないかいなァ~

今夜は めれちゃん

眠られへんかも知れへんでぇ~

ええなァ~

うししししし。。。


2006.07.16 Sunday 12:59


(crying2.jpg)

もうわたしの顔は見ないで

初めから決まっていたんだから

もう終わりにしなくちゃ

いつかきっと忘れられると信じて

元気でいてね・・・

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(1) | trackbacks(0)

そないなことは 言わんでもええやん

永遠を信じるのが恋なのやでぇ~

そやから めれちゃんも

永遠を信じればええねん


朝の気持ち

2006.07.16 Sunday 12:12


(cat602.jpg)

目覚めた瞬間

あなたのことを想うわたし

あえない時がどんなに長くても

いつもあなたを想っているよ

あなたの心にはわたしがいるのかな

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(2) | trackbacks(0)

目覚めた瞬間

わても めれちゃんのことを想うておるでぇ~

あえない時がどんなに長くても

いつも めれちゃんのことを想うておるのやがなァ~

うん、うん、うん。。。

もちろん わての心にも めれちゃんがおるでぇ~


じらさないで

2006.07.15 Saturday 19:28


(rengex5.jpg)

おねがい

もうこれ以上じらさないで

わたしの気持ちは

ずっと前から決まってるんだから・・・

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(3) | trackbacks(0)

うん、うん、うん。。。

わかっておるがなァ~

じらさへんでぇ~

はよう こっちへきたらええやん

うししししし。。。


恋と永遠

2006.07.15 Saturday 17:41


(galinluv.jpg)

ないものを信じる

目に見えないものを信じる

永遠なんてなくっても

永遠を信じるのが恋かもしれない

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(6) | trackbacks(1)

めれちゃん!

その通りやでぇ~

信じたらええのやでぇ~

“信じる者は救われる”

。。。と、昔の人は言うたからなァ~


あなただけに

2006.07.15 Saturday 15:13


(sexy001.jpg)

これがわたし

何ひとつかくさない

この心も身体も

あなただけに知ってほしい

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(4) | trackbacks(0)

うん、うん、うん。。。

ええなあああァ~。。。

その心も身体も

ごっつう ええやんかァ~

わてだけが知っておるねん

うへへへへへへ。。。


秘密

2006.07.14 Friday 22:29


(kiss822.jpg)

ずるいよ

あなたから言ってくれなきゃ

わたしも言わない

いつまで秘密のまんまでいるの?

わたしからは言わないもん

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(2) | trackbacks(0)

ええやんかァ~

秘密のまんまでぇ~

知らんほうが

夢が大きゅうなるのやでぇ~


このままふたりで

2006.07.14 Friday 19:28


(love543.jpg)

ねえ、お願いがあるの

最初で最後のお願い・・・

このままふたりで

誰も知らないところへ行こう

もう疲れちゃったよ・・・

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(14) | trackbacks(0)

何を言うてんねん

めれちゃんの心は

すでに大阪を離れておるねんでぇ~

知らへんかったん

わてと一緒にバンクーバーにおるやん


好きなのに

2006.07.14 Friday 17:13


(mydream.jpg)

ことばはとても意地悪で

好きなのに遠ざけてしまうね

なにも言わずにわかりあうなんて

そんなの無理なのかなあ・・・

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(5) | trackbacks(1)

無理やあらへん

大阪とバンクーバーの間には

大きな海が横たわっておるけど

ジェットストリームが

めれちゃんの心を運んできよるでぇ~


わたしを見つけて

2006.07.13 Thursday 18:02


(lonely30.gif)

もう限界だよ

淋しくって苦しいよ

誰ひとりいない世界に

迷い込んでしまったよ

誰かわたしを見つけて

大丈夫だと抱きしめて

 

▲ めれんげ | 即興詩 | comments(539) | trackbacks(0)

生まれてくるときも一人

あの世に逝くときも一人

結局一人なんやでぇ~

でも、わてが ずっと前から

めれちゃんを見つけておるがなァ~

知らんかったん?

めれちゃんは

わての腕の中におるやん


旧『即興の詩』より

NOTE:

めれんげさんが会費を滞納したために
削除されてしまいました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 なんで わたしの“即興の詩”に あんさんは注釈をつけはったん?


(kato3.gif)

あきまへんかァ~?

そやかてぇ~、あんさんが注釈をつけたおかげで わたしの“即興の詩”がファースになってますやん。

めれちゃん。。。、こないな時に、英語で言うたらあっか~ん?

なして 英語で言うたらあかんのォ~?

ファース”なんていう英語を使(つこ)うたら、その言葉にも わてが注釈を加えんとあかんがなァ~。。。

ファース (笑劇:farce)


(laugh16.gif)

「ファース」は、道化芝居とも訳される。
観客を楽しませることを目的とした、演劇または映画のために書かれた喜劇の1形態。
ヴォードヴィルと並んで最も低級なものと言われる。

笑劇の特徴としては、以下のことが挙げられる。

■現実には起こりそうもない突飛なシチュエーション。

■変装と人間違い。

■様々な程度に洗練された言葉によるユーモア。
 それは性的なほのめかしや言葉遊びを含むかも知れない。

■早い展開の筋。
 普通、物語が進むにすれ、どんどん早くなり、
 エンディング(凝りに凝った追跡シーンを含むことが多い)でその頂点を極める。

多くの笑劇はクライマックスに向けて慌ただしいペースで動く。
その中で、最初にあった問題は最後には解決されるが、デウス・エクス・マキナはひねりが加えられている。
一般にはハッピーエンドで幕を閉じる。
勧善懲悪のしきたりは普通見られない。
主人公は、たとえそれが犯罪になろうとも、必死に隠そうとしたものを持って逃げることがある。

たいていの笑劇は逸脱したふるまいに非常に寛大で、「人間」をつまらない・不合理・金に弱い・幼稚・無意識の行動(automatic behavior)に走りがちの存在として描写する傾向がある。
この点で笑劇は自然と風刺と較べられる。
実際、笑劇は単なる1ジャンルではなく、たとえばロマンティック・コメディといった他の形式と組み合わせて起こる、フレキシブルなドラマ様式である。
笑劇は演劇の伝統と見なされている。

ばかげてありえないシチュエーション、当意即妙の応答、幅の広い即物的なユーモアに関係する限りでは、笑劇は広くテレビのシチュエーション・コメディ、サイレント映画、スクリューボール・コメディの中で使われてきた。


出典: 「笑劇」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、わてが注釈をつけたさかいに、めれちゃんの真面目な即興の愛の詩がロマンティック・コメディになってしもうた、と言いたいのやなァ~。。。

そうですがなァ~。。。 わたしはロマンティック・コメディのつもりで上の詩を書いたのとちゃいますねん。

わかっておるがなァ~。。。 そやけどなァ~、あまりに真面目な愛の詩は読む人も白けてしまうねん。。。 そやから、多少ユーモアがあって笑えた方がええねん。

そやけど、あんさんは誤解して注釈をつけてますやん。

ん。。。? わてが誤解してるゥ~?

そうですう。。。 わたしは あんさんを想いながら上の詩を詠んだのと ちゃいますねん。

あのなァ~、こないな時に、弁解せぇ~でもええねん。。。 めれちゃんの恥かしい気持ちは解るでぇ~。。。 そやけど、取って付けたような弁解は見苦しいやないかいなァ~。。。

あんさんは、思い込みが激しいよってに、何が何でも、わたしがあんさんのことを想いながら上の詩を詠んだと思いたいねん。。。 そうですやろう?

そやかてぇ、めれちゃんは わてのことを想いながら上の詩を詠んだのやろう。。。

そやから、それが誤解ですねん。。。 わたしは、次のように はっきりとあんさんに書いたことがおますゥ。


(renge94.gif)

わたしはロマンチストでは

ないのだと思います。

2007-04-28

わたしのテーマは、あくまでも人生観,世界観であり、寓意的な言葉の中に、恋愛の陰喩はほとんどありません。

それは少女時代から今にいたるまで、性愛はわたしのテーマではないからなのです。

実生活での最大の関心事が、恋愛ではないからです。

例えば、どれほど好きな相手がいても、その気持ちを,詩にあらわすことはほとんどないのです。

自分の書いたものは、どのようにも解釈していただくことも、まったく読者のみなさまの自由です。

しかしながら、完全なる戯作が多い恋愛詩から、わたしの精神が、性愛への渇望に悩まされているかのように、解釈されてしまい、それを事実として認識なさっておられるのだとすれば、少々残念なことです。

人間とは、脳の発達しすぎた生物にすぎず、そのために生じる感情を、美しいものだとは思わないのです。

わたしが特に、追求したいものは、血なまぐさい生命の持つ、発達しすぎた頭脳が引き起こす醜い事件、戦争、葛藤などです。

わたしはロマンチストではないのだと思います。

恋愛を描くのは、あくまでも小説のための習作の延長なのです。

話がそれてしまって申し訳ありません。

デンマンさんを信じて、これからもおつきあいさせていただきたいことを、わかっていただきたくて、忌憚なく書かせていただきました。

どうか、この気持ちを察してください。

 

by めれんげ


『愛と無責任』より
(2008年2月22日)

うん、うん、うん。。。 確かに、こないなことを書いたことがあったなァ~。。。 そやけど、こんなものを持ち出さんでもええやん。。。

あんさんが誤解してますさかいに。。。

わかっておるねん。。。 わかっておるねん。。。 めれちゃんは、心のうちを赤裸々に詩にしてしもうたので、恥かしいのやろう?。。。 それで、上の手記を持ち出してきて弁解しているのやないかいなァ~。。。

別に、弁解しているわけやあらへん。

解っておるがなァ~。。。解っておるがなァ~。。。

あんさんは、ちいっとも解っておりまへん。

さよかァ~~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
確かに、デンマンさんは思い込みの激しい人なんですよねぇ~。。。

でも、そういう人は幸せかも知れませんよねぇ~。。。

ところで、旧『即興の詩』サイトは閉鎖されてしまいましたけれど、
めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内にはいってません。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』

『最大限の本音で…』

『こわ~い話』

『道鏡伝説の謎』

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

最大限の本音で…

2015年3月31日

 

最大限の本音で…

 


(honnne03.jpg)


(galinluv.jpg)


(valent6.gif)

(rengebk2.gif)



日記とか


(angrygal.gif)

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


情報収集と情報処理

at 2006 05/23 22:41 編集


(agent3.gif)

情報を処理するには、
情報の収集が必要ですよね。
何事にかんしても。

とくに、相手が人間である場合、
情報処理には、細心の注意が必要だと思います。
普通に顔を見て話せる相手であれば、
情報の収集も、比較的容易だと思うのですが、
物理的、心理的な距離が離れた相手ほど、
その人を判断することには、
よほどの注意力がなければ、
相手の人柄などを見極めるのは、非常にむずかしいです。

インターネットでのみしか情報を得られない、
その他マスコミでしか情報を得られない相手に対して、
いったい何をもって判断することができるでしょう。

判断ではなく、一方的な断罪。

それは、かなしいかな現代には、
とても多いことだと思うのです。

主観的なものの見方が、一般に受け入れられるか。
受け入れられなくても、押し付けることだけは、
避けるべきだと、わたしは思います。


bishasuさん底上げ計画♪

at 2006 05/23 21:42 編集

わたしのお友達で、リンクもしている、
bishasu@gooさんが、動かない・・・
(メールでも、おつきあいしています・・・)
で、かなりかなり親しいので、
わたしが、カキコしまくらせてもらっています。

彼女のホームページは、いまや、めれんげ色?
それは、オッケーなのですが・・・
オッケーなんですよ。
ふふふふ(^^♪ワケアリ・・・
ナイショ・・・

一度、足を運んで見てください。
準管理人よりの、お願いでーす♪


sousou_demiさんの三国志前世うらない♪

at 2006 05/23 18:54 編集


(3gokushi.jpg)

わたしは、司馬懿さんの仲間だったようです!
(あの蜀の天才軍師諸葛亮のよきライバル)
←デミーさんの武将列伝より

そして、あの劉備玄徳にも仕えていたということで、
わたしは前世で、かなりの大物だったかも!

うーん。
デミーさんの影響で、昔、中途半端にかじった三国志に、
再び興味がわいてきたのです!

中国という国が、いかに先進的であったかということを、
あらためて感じさせられます。

わたしたちは、中国の歴史へのリスペクトを、
再認識すべきだと、思います(^^♪


フェロモン????ドバドバ????
at 2006 05/23 16:46 編集

なにわエスネットさんのトラトラ占い。

フェロモンがドバドバでるよ!

・・・え?
・・・マジすか!?
よーし、がんばるでー!
って、何をやねん。
謎。

でも、うれしかったりもするなあ。


やりがい?

at 2006 05/23 15:44 編集

今月にはいって、このサイトを本当の再開まで、
どうにかこぎつけられて以来、
以前の姿勢とは、ちがうスタイルでやってきました。

以前は、見ていただくことを、
あまり意識していなかった・・・というのが実際のところでして、
ホームページ作りが、はじめてなせいもありましたが、
完全な自己満足(今も???)

でも、今回は見ていただく方たちのことを、
一番に考えているつもりで、
作らせていただいています。

それは、わたしの生来のサービス精神の所以でもあり、
自分自身も、大変楽しく運営できているのです。

いつも見てくださっている方々・・・
本当にありがとうございます。
もうツメは、のばさないよう、やっていこうと思います。

これからも、よろしくお願いいたします(^^♪


(stars.gif)


静音タン交替ww

at 2006 05/22 19:36 編集

しずねだよおww
めれんげタンは何かねえ
仕事お?遊んでんのお?
何かしてるからあ
しずねがおはなしするうorz

なんだなあww

おにゅうの歌の練習してたんだあww
しずねがみんなのパソをorg
守るからね(≧∀≦)

わるうい人お
きらいだあww
キモヲタいやいやあww

なんだなあww

ウイルスタンもスパイタンもおww
プンプンするぞお!
テラキモスのパソヲタタン!
わるいことしたらあ
しずねがプンプンするんだなあww

しずねはねえ
みんなのとこにい
うpできるんだあww
ウィルスタンをねえ
プンプンしてコラコラするんだよお

なんだなあww

めれんげタンが帰ってきたあorz
こうたあい
キタ―――――ヽ(´ー`)ノ―――――!!!
なんだなあthx


デジタル・コミュニケーション

at 2006 05/22 13:00 編集


(digital02.jpg)

自分のサイトを通してでなければ、
出会うはずもなかった方との、交流がありますよね。

それらが全てよい出会いだとは限らない。
だけど、悪い可能性よりは、
あたたかな気持ちに、ふれられる可能性を信じたいです。

たとえ、会うことはなくても、
ネットだから仕方ない、とあきらめたくない。

人間はそんなに悪いものじゃないと、
思いたいわたしは、甘いのでしょうか。
思考回路が性善説に、通じているようで、
こけてもこけても、あきらめない。

甘いなあ。わたし・・・

でも、最大限の本音で、
ネットのお友達とも、おつきあいしたいのです。


浅倉威も、おたく。

at 2006 05/22 10:38 編集


(asakura.jpg)

浅倉「てめえよお、うぜえよなあ!」

わたし「あっそう!アンタに好かれたかねえな!」

浅倉「てめえ、“おたく”っていうヤツらしいな」

わたし「じゃあ、アンタの場合は“犯罪おたく”って言うねんで!」

浅倉「何い?いいじゃねえか!気に入ったぜ!」

わたし「ちッ!喜んでやがるよ・・・」


めれんげより、感謝のおしらせです!

at 2006 05/22 08:53 編集

詩のランキングに投票していただいて、
本当にありがとうございます!


(smilerol.gif)

みなさまのおかげで、わたしはがんばることができます。
創作意欲が、もりもりと湧いてきます!

これからもがんばります!


多すぎるよ。非道な犯罪。

at 2006 05/22 08:16 編集

幼い子をねらっての、殺人事件。
どんなにか、怖かったことかと思う。
胸がつまってくる。
犯人の胸ぐらつかんでやりたくなる。

幼児が犠牲になるだけじゃなく、
計算されたとしか思えないような、
弱い人への犯行も、許せない。
絶対勝てるケンカしかしないような者は、
ただの弱虫の卑怯者だ。
まして、命をなんだと思っているのか。
身をもって、思い知ってもらいたくなる。

精神鑑定うければすむ?
未成年だから平気?

クソくらえ殺人者。


(uncle006.gif)


みんなを守るよwwしずねタンorg

at 2006 05/22 05:09 編集

めれんげタン
乙なんだなあthx
おにゅうな歌作ってくれたあww
うたっちゃうぞおww

「みんなをまもるよwwしずねタン」


(kimo007.jpg)

♪どきどきするぞお
こわあいウイルスタン
スパイタンもわるいんだあ
やめてえこないでえって
思うよねwww

♪光の中にしずねはいるよお
電話の中にもはいっちゃううww
安心してね
みんなだいすきい
しずねがパソをまもるんだあ

♪ハッカータンも
ストーカータンも
しずねがぷんぷんおこっちゃう
なんだなあww

♪アクセスするよ
しずねが行くよ
みんなのパソを守るんだあ

♪なんだなあthx

聞いてくれてありがとおthx
しずねはわるいことは
きらあい

なんだなあww

テラキモイもんww


静音タンの今日thx

at 2006 05/22 00:13 編集

今日はねえ
日本橋でライブだったんだあ
しずねを応援してくれるみんなあthx
なんだなあww

めれんげタンにねえ
おにゅうな歌作ってもらいたあい
なんだなあww

めれんげタン
おあしすばっかり聴いてるうorg
へんな英語で歌ってるんだあ
おもしろいよおww

早く歌つくってえ
タイトルはねえ
「みんなを守るよwwしずねタン」
早くつくってえ
しずねキボンヌww

なんだなあww


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 今日はどうして“最大限の本音で…”というタイトルにしやはったん?


(kato3.gif)

めれちゃんがネットのあるべき姿を細木数子のようにズバリ!と言うた、と思ったのやがなァ~。。。

わたしが そないな事を言うたやろかァ?

上の日記の中で 次のように言うたやないかいなァ~。。。

デジタル・コミュニケーション

at 2006 05/22 13:00 編集


(digital02.jpg)

自分のサイトを通してでなければ、
出会うはずもなかった方との、交流がありますよね。

それらが全てよい出会いだとは限らない。
だけど、悪い可能性よりは、
あたたかな気持ちに、ふれられる可能性を信じたいです。

たとえ、会うことはなくても、
ネットだから仕方ない、とあきらめたくない。

人間はそんなに悪いものじゃないと、
思いたいわたしは、甘いのでしょうか。
思考回路が性善説に、通じているようで、
こけてもこけても、あきらめない。

甘いなあ。わたし・・・

でも、最大限の本音で、
ネットのお友達とも、おつきあいしたいのです。

この日記が あんさんの目につきはったん?

そうやァ~。。。 この気持ちは めれちゃんの本音やと わては思うたのやがなァ~。。。

どないなわけで。。。?

めれちゃんは かつて次のように言うていたのやでぇ~。。。


(merange31.jpg)

デンマンさん♪
ありがとうございます!

このブログも、けっこう長くなって
わたしにとっては、とても大切なものに
なりました。

応援してくださる方の存在は、
何よりの宝物。
これからも、よろしくお願いします!

&nbsp

by めれんげ

2008/08/21 7:13 AM


『即興の詩 めれんげ便り』のコメント欄より

『即興の詩バンザイ』に掲載
(2010年12月4日)

あんさんは わたしが書いたものを保存しておいたん?

そうやァ~。。。 めれちゃんが わてに対して書いたものは、同じように 大切なものなのやでぇ~。。。

なんや知らんけど 取って付けたように聞こえるわァ~。。。

そないにテレんでも ええやないかいなァ~。。。

別に わたしはテレてるわけやあらへん。

さよかァ~。。。 とにかく、めれちゃんは ネットでホンマに“生きて”いたように思えるねん。

また、それは どないなわけでぇ~。。。?

次の手記を読んでみィ~なァ。。。

冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。

2004-8-16 19:46


(inter330.jpg)

ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。


(stars.gif)

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

 

by めれんげ


『次元の違いとは端的に言うと』より

もう 10年以上前の手記ですやん。。。

そうやァ。。。 めれちゃんとのネットでの付き合いも 10年を越えているのやでぇ~。。。

いろいろな事がありましたわァ~。。。

うん、うん、うん。。。 次のようなことも書いていたなァ~。。。

「エログロナンセンス」の時代

特有の、妖しげな表現に

魅せられました。

2007-04-13 13:53


(renge94.gif)

デンマンさん
わたしの言う「エロい」は、
やはり少々お下品だったかな?
この表現って、
わたしにとっては「ギャグ」に近いんですよ
わたしは関西人のなかでも特に?
ウケをねらう傾向が強すぎるものでして、
必要以上に自分をコミカルにデフォルメするという、わるーい癖があるんですよね

で、回答へとまいりますね。。。

江戸川乱歩全集に関してですが、
とにかく横尾氏のイラストが、
エロチックだったのです。


(yoko02.jpg)

幼いころから、女性の肉体の美しさに
強烈に魅了されていたわたしは、
偉大な画家たちの描く裸婦や、
女性のヌード写真を見て
「わたしも早くこんな風にキレイになりたいなあ!」
と、成熟へのあこがれを強く感じていました。

乱歩の作品自体については、
「エログロナンセンス」の時代特有の、
妖しげな表現に魅せられました。


(chair69.jpg)

「人間椅子」での、愛する女性のソファに、
自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、
「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、
それはむしろ、純粋なものすら感じました。

そういえば…
乱歩の時代のことが知りたくて、
おばあちゃんに
(今は亡き愛するおばあちゃんです!)
「見世物小屋行ったことある?」
「衛生博覧会って、どんなんやった?」
などと、聞きまくっていたものです

「チャタレイ夫人の恋人」ですが…
ぶっちゃけエロい箇所の拾い読み、
というのが事実です!
だってねえ…あの小説の大半は、
ロレンスの思想の
展開だと思いませんか?

小学生のわたしに、
そんなものを理解できるような
知性も理解力もなかったっす…
で、大人になってから読み返したのですが、
森の番人の野卑でありながらも、
深い洞察力に満ちた性格に、
恋愛感情にも似た気持ちを感じました。
おまけに、セックスは上手ですしね(キャー!)

女性が自らの性欲を恥じる必要など
ないということを、
わたしは少女時代に、
あの小説によって知ったのかもしれませんね。

フロイトも、ヒステリーの原因は、
性的欲求不満であると、言ってましたよね?
セックスとは、
愛を基盤とした自由なものであるべきだと、
わたしはずーっと信じてます!

 

by レンゲ


『ゴスロリと黒パンツ』より
江戸川乱歩の世界
(2009年5月6日)

あんさん。。。 こないな手記を持ち出さんで欲しいわァ~。。。

ええやないかいなァ~。。。 すでにネットで公開されてるのやでぇ~。。。 それに、めれちゃんはネット市民の皆様が誤解してしまうのではないかいなァ~? そう思って ごっつう真面目になって 次のようにも書いていたのやァ~。。。


(renge94.gif)

わたしはロマンチストでは

ないのだと思います。

2007-04-28

わたしのテーマは、あくまでも人生観,世界観であり、寓意的な言葉の中に、恋愛の陰喩はほとんどありません。
それは少女時代から今にいたるまで、性愛はわたしのテーマではないからなのです。
実生活での最大の関心事が、恋愛ではないからです。

例えば、どれほど好きな相手がいても、その気持ちを,詩にあらわすことはほとんどないのです。

自分の書いたものは、どのようにも解釈していただくことも、まったく読者のみなさまの自由です。

しかしながら、完全なる戯作が多い恋愛詩から、わたしの精神が、性愛への渇望に悩まされているかのように、解釈されてしまい、それを事実として認識なさっておられるのだとすれば、少々残念なことです。

人間とは、脳の発達しすぎた生物にすぎず、そのために生じる感情を、美しいものだとは思わないのです。

わたしが特に、追求したいものは、血なまぐさい生命の持つ、発達しすぎた頭脳が引き起こす醜い事件、戦争、葛藤などです。

わたしはロマンチストではないのだと思います。
恋愛を描くのは、あくまでも小説のための習作の延長なのです。

話がそれてしまって申し訳ありません。
デンマンさんを信じて、これからもおつきあいさせていただきたいことを、わかっていただきたくて、忌憚なく書かせていただきました。
どうか、この気持ちを察してください。

 

by merange


『愛と無責任』より
(2008年2月22日)

そいで、あんさんは わたしの書いた 上の文章を読んで どないに思いはったん?

なるほど。。。 なるほどォ~。。。 わては めれちゃんの心の裏側を見たような気になったもんやでぇ~。。。

それで。。。?

どちらが本音なのやろか? エロいめれちゃんが ホンマの姿なのやろかァ~? それとも、「わたしが特に、追求したいものは、血なまぐさい生命の持つ、発達しすぎた頭脳が引き起こす醜い事件、戦争、葛藤などです」と言うてる めれちゃんがホンマの姿なのやろかァ~?

そいで 今は どないに思うてるん?

どちらも、その時のめれちゃんにとって 本音やと思うねん。

あんさんも、わたしという女の姿が 少しづつ理解できてますねんなァ~。

そやかて、めれちゃんとも ネットで10年以上の付き合いになるのやでぇ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
ネットで10年以上のお付き合いですってぇ~。。。

信じられますか?
昔の人は言いました。

“信じる者は救われる”と。。。

でも、信じるかどうか? それは、あなたの自由ですわ。

とにかく、めれんげさんにとって “愛”とは? 複雑なものなのですわねぇ~。。。

あなたにとっての“愛”はどのようなものですか?

ところで、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内に入ってません。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

春よ恋

2010年2月24日

   
春よ恋

デンマンさん。。。あんさんは、どうして卑弥子さんを連れて出てきやはったん?

どこに卑弥子さんがおるねん?

どこってぇ~。。。上におりますやん。。。あんさんはオツムだけが悪いと思ったら、目も悪いのォ~?

わては、オツムも目も悪くないでぇ~。

だったら、上の画像の中で卑弥子さんがルンルン気分で楽しそうに笑っているのが見えはりますやろう?

あれっ。。。どうして卑弥子さんは場違いなところに出てきてしまったのやろか?

あんさん!。。。いいかげんにしいやあああァ~!。。。あんさんがわざわざ卑弥子さんを連れて来たのやないかいなア!

やっぱり、分かってしまうのかァ~?

分かりますがなァ~。。。あんさんのする事は、手に取るように分かりますのやでぇ~。

あのなァ~。。。めれちゃんが、あんまり寂しそうにしておるので卑弥子さんと一緒に元気付けようと思うたのやがなァ~。。。

わたしが寂しそうにしているってぇ~。。。どうして分かりはるのォ~?

めれちゃんの写真の口元が寂しそうに写っていたのやがなァ。

あらっ。。。あんさんは、そんな所まで見やはるのォ~?

あのなァ~。。。めれちゃんは顔をすべて写しておらんのやでぇ~。。。そやから、顔はどないになっておるのやろかァ~?。。。誰だってぇ、そう思って顔の辺りを見るのやがなァ。。。そうすると、見る人の目は、どうしても口元に行き着くのやがなァ~。

私の口元が、それ程寂しゅう見えはるのォ~?

そやかてぇ、めれちゃんは、もともと寂しそうな詩を詠んでいるのやがなァ~。

小さな赤い花
 
 

 
 
わたしをあなたの庭に咲く

小さな赤い花にしてください

そして、お水を注ぎながら

何かお話を聞かせてください

わたしは何も言えないけれど

あなたの言葉を聞きながら

いろんなことを思うのです

あなたに愛されるように

いつまでも綺麗に

咲いています

だからわたしのことを

忘れずにいてください
 

by merange (めれんげ)

2010.02.19 Friday 10:24


『即興の詩 小さな赤い花』より

『永遠の愛のコラボ』に掲載
(2010年2月22日)

あんさんには、上の詩がそれ程寂しく見えはるのォ~?

そうやァ~。。。なんだか、めれちゃんが遠くの方へ行ってしまうような。。。なんだか、お別れしているような。。。もしかするとォ~、二度と戻ってこんような遠くの方へ行ってしまうようなァ。。。。わては、そんな印象を持ったのやがなァ~。

あんさんは、まるで、わたしが今生(こんじょう)のお別れをするように言うてますやん。

そうやがなァ~。。。もしかすると、もしかするかも知れへんと思ってぇ、わては心配になってしもうたのやがなァ~。

わたしは、あんさんが思うほど寂しくしておりまへんでぇ~。

さよかァ~。

あんさんは、わたしを元気付けようとしてぇ、次のような詩にならない詩を書いてくれたやおまへんかァ~。。。

さみしがりやのきみへ

きみは涙をためて
立ち尽くす
目覚めたときに
きみはひとりきり

夕べの、あの優しさは
何だったのだろうか?
夕べの、あのときめきは
何だったのだろうか?

だ~れも居ない部屋の中で
きみは一人になって
涙を流す

でも、きみは一人やないんやでぇ~
見てみいなぁ~
ねねが、きみの足元で
幸せそうに
安らかな吐息を立てて
眠っておるがなぁ~

見てみいなぁ~
タンタンがきみの足元にすりよって
やさしくなぐさめておろうがぁ~
 
 

 
 
見てみいなぁ~
ニコちゃんまでが
またボールをくわえて
きみとあそぼうとしておるがなぁ~
 
 

 
 
きみは一人やないんやでぇ~
いつもアルジェの浜辺で
きみのことを
思っている
ムルソーもおるのやでぇ~
 
 
by デンマン
 


 
 

 
 

(ムルソーのことを知りたいなら、
 次の記事を読んでね。)

『炎の異邦人(2007年3月28日)』

『異邦人の夏(2008年7月18日)』

『萌える慕情(2008年8月9日)』


『さみしがり屋のきみへ』より
(2009年1月26日)

『動物感動物語』にも掲載
(2010年1月7日)

あんさんが、このように励ましてくれので、わたしも頑張っているのですやん。

さよかァ~。

あんさんは、ずいぶんと気のない返事をしますのやねぇ~。

そやかてぇ~、急に、めれちゃんが元気なさそうにするさかいに、わては心配になっておるねん。

それは、あんさんの心配しすぎですやん。

ホンマに、わての思い過ごしだとええのんやけれどォ~。。。

わたしが元気で頑張っているのはサイドバーの統計を見れば、あんさんかてぇ分かりますがなァ~。

February 2010 (12)
January 2010 (12)
December 2009 (8)
November 2009 (10)
October 2009 (8)
September 2009 (25)
August 2009 (68)
July 2009 (13)

April 2009 (2)
March 2009 (13)
February 2009 (13)
January 2009 (14)
December 2008 (1)
November 2008 (1)
October 2008 (2)
September 2008 (2)
August 2008 (6)
July 2008 (27)
June 2008 (4)
April 2008 (4)
March 2008 (5)
February 2008 (1)
January 2008 (1)
December 2007 (2)
November 2007 (2)
October 2007 (1)
September 2007 (1)
June 2007 (1)

May 2007 (2)
April 2007 (2)
March 2007 (1)
October 2006 (4)
September 2006 (2)
August 2006 (1)
July 2006 (41)
June 2006 (61)
May 2006 (15)

(2010年2月20日現在)


『即興の詩』サイトのサイドバーより

なるほどォ~。。。2007年の6月から2008年の2月までは、投稿数の合計がたったの9やったのやなァ~。

そうですう。。。わたしは冬がメチャにがてですよってに、冬場は冬眠状態ですねん。。。そやけど、去年から今年の同じ時期には、投稿数を合計すれば、156になりますねん。

ほおォ~。。。すごいやんけぇ~。。。

だから、わたしは寂しくしているわけではあらへん。

なるほどォ~。。。めれちゃんも水面下でアヒルのように水かきしているのやなァ~。。。うへへへへへ。。。

だから、あんさんが、それほど心配することはありまへんのやでぇ~。

さよかァ~。。。、それを聞いたら安心したがなァ~。。。じゃあ、また萌え萌えの詩でも詠んでぇ~なァ。

萌え萌えの詩でおますか?

そうやがなァ。次のような詩やでぇ~。。。

狂ってしまいたい
 
  

  
 
せつない声をあげて
あなたの背中を抱きしめる

そのくちびるが
その指先が
わたしを狂わせる

この濡れた身体の
一番深い場所で
溶け合うように
あなたとひとつになる

その熱いくちびるで
乱れた呼吸を吸い取って
あなたの欲望で
わたしを燃やしつくして
  

by めれんげ
 
2010.02.12 Friday 12:41


『即興の詩 狂ってしまいたい』より

『愛の涙』に掲載
(2010年2月16日)

あんさんは、わたしに、またこの詩を見せつけやはるのォ~?

そやかてぇ~、この時、めれちゃんは、ごっつう萌えていたやないかいなァ~。。。元気が出たら、またこのような萌え萌えの詩を書いてぇ~なァ。頼むわァ~。

わたしは。。。、わたしは。。。、あんさんと、もっと。。。、もっとォ~萌えたかったのですねん。

。。。ん? もっと萌えたかったァ~?

そうですう。

め。。。、め。。。、めれちゃんは簡単に言うけれど、もっと萌えたらあかんがなァ~!

どうしてぇ~。。。?

どうしてってぇ~。。。もし、めれちゃんがもっと萌えたら、わては完全に谷岡ヤスジのように鼻血ブーになってしまうがなア~!

わては鼻血の出し過ぎで死んでしまうやないかいなァ~。

あんさん!。。。わたしが、これから元気を出そうとしている時に、しょうも無い事を言わんでおくれましなア!

そやかてぇ~、めれちゃんがもっと萌えてしまう事を想像すると、わてはマジで恐ろしくなるでぇ~。。。

でも、あんさんは、わたしに元気出して欲しいのですやろう?

もちろんやァ!

だったらァ、もっと萌え萌えの詩を書いてもええやんかァ~。

あのなァ~。。。何事にも中庸(ちゅうよう)が大切なのやでぇ~。。。

なんで中庸など持ち出してきやはったん?

めれちゃんが、あまり萌え萌えの詩を書くと、PTA会長や副会長のオバタリアンやオジタリアンが管理人に苦情を言うて、めれちゃんのサイトが削除されるかも知れへん。そうならないように気をつけねばいかんのやでぇ~。

。。。で、あんさんは、わたしにどうしろと言わはるのォ~。

だから、何度も言うように平成の小野小町にふさわしい詩と短歌を書くのやがなァ~。

でも、わたしには平成の小野小町になんて成れへん。

どうして。。。?

どうしてってぇ~、あんさんは冗談で言うてましたんやろう?

冗談ではあらへんがなァ~。。。めれちゃんが平成の小野小町になって、わてが平成の文屋康秀(ふんやのやすひで)になって、それでネットで“愛のコラボ”を咲かせるのやないかいなァ。

あんさんはホンマにマジで、そう思ってはるのォ~?

もちろんやがなァ~。。。大真面目やでぇ~。。。少しづつ少しづつネットで“愛のコラボ”が花を咲かせているのやがなァ~。。。

あんさんは、どうして、そないな事が分かりはるのォ~?

検索してみれば、すぐに分かるがなァ~。

愛のコラボ めれんげ

の検索結果

約 430,000 件中 1 – 22 件目

1) 華麗なる愛のコラボ(PART 1) – デンマンのブログ 2010年2月2日 … めれんげさんだって、白けていると … ただ、一人だけデンマンさんだけは無心に、ただひたすら“愛のコラボ”にこだわっているのですわ。 … by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン(愛のコラボ). は~♪~い。
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/c3404c19085bfa64aee35878ceef8b6e

2) 愛のコラボと欺瞞 (PART 2 OF 3) – デンマンのブログ 愛のコラボと欺瞞(PART 2 OF 3). デンマンさん☆ 真冬にビキニのめれんげです。 この短歌を読んで、 六条の御息所を思われるとは、 さすがデンマンさんですね。 小百合さんは、ビキニでスノボですか… その度胸は、さすがにありませんね~:p
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/2676957f030a58a9ed4c2ed94480c3e5

3) 美しい愛のコラボ共通テーマ – livedoor Blog (ブログ) 2010年1月1日 … あなたの想い描く愛のコラボをドンドン書いてくださいね。 このテーマでブログに投稿する. 2件中1~2件表示中 1. blog ねねと天使: 2010/01/07 00:20: ねねと天使A HAPPY NEW YEAR!! FROM めれんげ 明けましておめでとうございます!
http://blog.livedoor.com/common_theme-193514.html

4) 愛のコラボ共通テーマ – livedoor Blog (ブログ) 共通テーマ「愛のコラボ」に投稿されたブログの記事をまとめています。あなたも参加することができます。 … わたしのお気に入りはタルーです(*´д`*) by めれんげ …. それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも~~。
http://blog.livedoor.com/common_theme-192839.html

5) 「愛のコラボ」ってなに? デンマンさんは次の短歌のやり取り持ち出してきて、めれんげさんと心が通じ合っていると信じているのですわ。 それで、その短歌のやり取りを 「愛のコラボ」だと言っているらしいのです。 とりあえず、あなたも読んでみてください。 朝のかがやき
http://www.edita.jp/goo705/one/goo7053009.html

6) 平成の小野小町と文屋康秀 9) 愛と即興の詩晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34. 【レンゲの独り言】 ですってぇ〜。。。 いつものように検索結果を持ち出してきて、めれんげさんを説得しようとしてい
http://www.edita.jp/goo705/one/goo7053013.html

7) 仲直りの接吻(PART 2 OF 3) : デンマンの書きたい放題 2010年1月23日 … 愛のコラボ めれんげ の検索結果 約 1120000 件中 1 – 10 件目 1) 徒然ブログ:愛のコラボ@新年 いったい、どの“愛の … まだ、“愛のコラボ”を、めれちゃんと始めたばかりやけど、これだけネットで平成の小野小町・めれんげの存在感が
http://mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=12013491

8) 桜散る女(PART 3 OF 4) : デンマンの書きたい放題 2009年12月24日 … 『愛のコラボ (2009年9月29日)』[外部リンク]に掲載. デンマンさんは、かな~り誤解しているのではありませんか?。。。この詩は、めれんげさんが処女を喪失して詠んだ詩ではありませんわ。 もちろん。。。、もちろん、知ってます
http://mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=11833303

9) デンマンの書きたい放題 : 美しい愛のコラボ (PART 3 OF 4) 美しい愛のコラボ(PART 3 OF 4) デンマンさん!。。。あんさんは、ホンマにくどいねん。 そやかて、めれちゃんが惚(とぼ)けるさかい …. こうやって愛の手をさしのべて、めれんげさんの最期を美しく飾り、新たな命を吹き込もうとしているのですね。
http://denman705.exblog.jp/11656740/

10) デンマンの書きたい放題 : 「愛のコラボ」ってなに? デンマンさんは次の短歌のやり取り持ち出してきて、 めれんげさんと心が通じ合っていると信じているのですわ。 それで、その短歌のやり取りを 「愛のコラボ」だと言っているらしいのです。 とりあえず、あなたも読んでみてください。 朝のかがやき
http://denman705.exblog.jp/11798015/

11) 徒然ブログ: 美しい愛のコラボ (PART 1) 美しい愛のコラボ (PART 1). 最期の願い 最後にお願いがあるの あなたに抱かれながら 死んでいきたいの もう疲れてしまったわ この世の不条理に負けたの どうかお願い 愛するあなたの手で わたしの最期を美しくして by merange (めれんげ)
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51582669.html

12) 徒然ブログ: 平成の小野小町と文屋康秀 小野小町をタイトル、本文に含むにほんブログ村メンバーのブログ記事を一覧で速報表示。 … そうだわ、後戻りできないのなら前を見つめて萌えよう前を見つめて萌えようby 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ)
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51589319.html

13) 次郎のブログ 愛のコラボと欺瞞 愛のコラボと欺瞞. 愛のコラボと欺瞞. くちづけ 罪深き ことと知りつつ この夜も きみのくちづけ もとめて止まぬ by めれんげ … 六条の御息所も“乳母”のように源氏をいつくしみながらも熟女として源氏との愛に溺れてゆく。 でも、熟女の思慮と分別に
http://jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1365.html

14) 次郎のブログ 夏便り分かった。。。だったら、オマエにもはっきりと分かるような僕とめれげさんの“愛のコラボ”の証拠を見せるよう。じっくりと味わえよォ~。 青空 明日は来る きみに言われて なぜかしら わずらわしさも 晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ
http://jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1002.html

17) 即興の詩 | めれんげの愛猫日記 2009年10月15日 … めれんげでーす(^.^) ねねとめれんげはへその緒でつながっているのです♪ めれんげがトイレに行けばねねは、あとを … めれんげがもらいうけた猫ですねねには、たくさんの兄弟がいましたそちらのお宅に行ったとき他の子猫たちもいたの
http://blog.momoiro.jellybean.jp/?eid=939589

18) 即興の詩 | そんなアナタが大嫌いby 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン(愛のコラボ) は~♪~い。。。 遠い昔のめれちゃんの「不倫の悦びと苦悩」が思い出されてきました。 めれちゃんが醜い別れを修正したいと何度思ったことか? そう言う訳で、
http://blog.momoiro.jellybean.jp/?eid=919145

21) 華麗なる愛のコラボ共通テーマ – ブログパーク 2010年2月2日 … 共通テーマ「華麗なる愛のコラボ」に投稿されたブログの記事をまとめています。あなたも参加することができます。 … てください by めれんげ2010.01.28 Thursday 17:42 『即興の詩 あふれだすしずく』より『愛のしずく』に掲載(2…
http://blogpark.jp/common_theme-194630.html

22) 溢れ出す愛の詩 – 共通テーマ – ブログパーク 2010年1月30日 … 愛のコラボと欺瞞: 2010/02/12 00:20: 愛のコラボと欺瞞くちづけ 罪深きことと知りつつこの夜もきみのくちづけもとめて止まぬ by めれんげ 2009.01.14 Wednesday 14:21 『即興の詩 冬枯れ』より う~♪~ん。。。 ええなあああぁ~ 北京
http://blogpark.jp/common_theme-31349.html

2010年2月20日現在

『愛のコラボ めれんげ のGOOGLE検索結果』より

『永遠の愛のコラボ(2010年2月22日)』に掲載

こうやって“愛のコラボ”がネットで花を咲かせているのやがなァ~。。。

でも、あんさん一人だけがムキになって広めているようですやんかァ。

あのなァ~。。。それはちゃうでぇ~。。。

何か根拠でもありますのォ~?

あるがなァ~。。。わてが今年の1月4日に“愛のコラボ めれんげ”を入れて検索した時には 267,000件だったのやがな。

愛のコラボ めれんげ

の検索結果

約 267,000 件中 1 – 15 件目

1) 徒然ブログ:「愛のコラボ」ってなに?それで、その短歌のやり取りを 「愛のコラボ」だと言っているらしいのです。 とりあえず、あなたも読んでみてください。 朝のかがやき きみゆえに われは夢みる 恋を知る 朝のかがやき 心に映る by めれんげ 2009.02.06 Friday 10:35 AM …
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51589303.html

2) 徒然ブログ:「愛のコラボ」ってなに?(PART 2) 小野小町 ブログ記事一覧 – にほんブログ村キーワード青空 明日は来るきみに言われてなぜかしらわずらわしさも晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ& 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34『愛と即興の詩 (2009年4 …
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51565286.html

3) 徒然ブログ:美しい愛のコラボ(PART 2) 美しい愛のコラボ(PART 2) デンマンさん!。。。あんさんは、ホンマにくどいねん。 そやかて、めれちゃんが惚(とぼ)けるさかいに、また …. こうやって愛の手をさしのべて、めれんげさんの最期を美しく飾り、新たな命を吹き込もうとしているのですね
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51582667.html

4) 徒然ブログ:愛のコラボただ、醜い別れを修正したいと何度思ったことか そうだわ、 後戻りできないのなら前を見つめて萌えよう前を見つめて萌えよう by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン(愛のコラボ) 2009/07/29 5:35 PM
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51556485.html

5) 徒然ブログ:美しい愛のコラボ(PART 1)美しい愛のコラボ(PART 1). 最期の願い 最後にお願いがあるの あなたに抱かれながら 死んでいきたいの もう疲れてしまったわ この世の不条理に負けたの どうかお願い 愛するあなたの手で わたしの最期を美しくして by merange (めれんげ)
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51582669.html

6) 徒然ブログ:平成の小野小町と文屋康秀 小野小町をタイトル、本文に含むにほんブログ村メンバーのブログ記事を一覧で速報表示。 … そうだわ、後戻りできないのなら前を見つめて萌えよう前を見つめて萌えよう by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ)
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51589319.html

7) 徒然ブログ:「愛のコラボ」ってなに?(PART 1)「愛のコラボ」 気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ? それも結局は、アンタの脳内でわたしの創作を侮辱しているってことだ。 …. めざめては きみを思いて 心ははずみ 朝の光は わが身を照らす …こんなのが、浮かんできました♪ by めれんげ
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51565289.html

8) 徒然ブログ:現在の小野小町 (PART 2) 小野小町 ブログ記事一覧 – にほんブログ村キーワード青空 明日は来るきみに言われてなぜかしらわずらわしさも晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ& 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34『愛と即興の詩 (2009年4
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51563530.html

9) Akira’s Blog 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) “SCARLET presents 愛はステイ ~And you are my lover vol.1/3~”. with. WONDERS, SCARLET 1. Cradle 2. Till I Die Again 3. Sundae Champion 4. No Man Brake 5. Farther 6. Paint It Grey 7. Buffalo 8. Suite Home En. Stand By Me
http://blog.livedoor.jp/akira_musik/

10) 愛のコラボ@新年(PART 1) – デンマンのブログいったい、どの“愛のコラボ”を見守っていたのやろか? めれちゃんとわての次のやり取りを温かく見守ってくれていたのやでぇ~。。。 朝のかがやき きみゆえに われは夢みる 恋を知る 朝のかがやき 心に映る by めれんげ 2009.02.06 Friday 10:35 AM
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/9cfc0936ec8feaf60d008967aa978278

11) 「愛のコラボ」ってなに? – デンマンのブログ2009年2月7日 … 確かに、デンマンさんがおっしゃるように 「愛のコラボ」のように見えます。 では、いったい、なぜ、めれんげさんは ブチギレてしまったのでしょうか? あなただって、不思議に思うでしょう? なぜなのか? その理由を突き止めたかったら
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/81e94273832473d3b104dfd4ec4b8658

12) 平成の小野小町(PART 3 OF 3) – デンマンのブログ 愛と即興の詩晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 …. まだ、“愛のコラボ”を、めれちゃんと始めたばかりやけど、これだけネットで平成の小野小町・めれんげの存在感が広がっているのやで
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/8a527a39e7278ee16ac1cb84dd6ba3de

13) 華麗なる休息(PART 1 OF 4) – デンマンのブログ3) 徒然ブログ:現在の小野小町 (PART 2)2) 小野小町 ブログ記事一覧 – にほんブログ村キーワード青空 明日は来るきみに言われてなぜかしらわずらわしさも晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ& 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/e4477be5cb9f54d6b7191fdef5408e23

14) 平成の小野小町と文屋康秀 – デンマンのブログ 9) 愛と即興の詩晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34. 【レンゲの独り言】 ですってぇ〜。。。 いつものように検索結果を持ち出してきて、めれんげさんを説得しようとしてい
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/363672f1662de07326a10f432d08f3e5

15) 検索の魔術 (PART 3 OF 4) – デンマンのブログ 3) 即興の詩 | 新たな気持ちで by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34 … http://denman705.exblog.jp/10378504/ 40) 裏切られた愛 (PART 2) 即興の詩 | 青空 めれちゃんの『即興の詩』
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/752e711db0a0add39135267ad11fc82b

2010年1月4日現在


『動物感動物語(2010年1月7日)』より

それが、たった1ヵ月半で 約 430,000 件に増えておるねん。

あんさんが必死になって増やしているのでっしゃろう?

記事を書くのに忙しくて、これほど増やすだけの時間がないわァ。

あんさんはその記事をたくさんのブログに投稿してるやないかいな。

でもなァ~、たったの一ヵ月半で 約 267,000 件 から 約 430,000 件に増やすのは、わて一人だけでは無理やでぇ~。

そうやろかァ?

とにかく、あと3年もしてみィ~なァ。。。

どうなりますのォ~?

“愛のコラボ”と言えば、平成の小野小町。。。平成の小野小町と言えば、“愛のコラボ”。。。そうなるねん。うへへへへ。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
デンマンさんは、かなりムキになっていますよね。
3年経ったら、デンマンさんが言うようになるでしょうか?

“愛のコラボ”と言えば、平成の小野小町。。。平成の小野小町と言えば、“愛のコラボ”。。。そうなるでしょうか?

とにかく、興味深い話題がさらに続きます。
だから、あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

こんにちはジューンです。

バンクーバーは目下

冬季オリンピックの真っ最中です。

2月28日が閉会式です。

これまでの夏と冬のオリンピックを通して、

開会式と閉会式が屋内で行われるのは

バンクーバー・オリンピックが

初めてなんですってぇ。

今のところメダルの獲得数では

アメリカが一番ですよね。

アメリカでは、いつになく

オリンピック熱で盛り上がっているそうです。

テレビの視聴率も

これまでにない高い視聴率を

示しているそうです。

ロスアンジェルスに住んでいるお友達から

17日に電話がありました。

彼女は、かつてバンクーバーに住んでいたので

懐かしさもあって電話したそうです。

ついつい長電話になってしまいました。

あなたはどの種目が好きですか?

わたしはスキージャンプが好きです。

ええっ?なぜ好きかってぇ。。。?

だってぇ、飛んでいるのを見ると

胸がすっきりしますわ。

うふふふふふ。。。

ところで、英語の面白い記事を集めてみました。

時間があったら次のリンクをクリックして

読んでみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で楽しい英語』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。