Posts Tagged ‘宝石’

小百合さんと幻想のルビー

2013年3月17日

 
 
小百合さんと幻想のルビー


(ruby03.jpg)

デンマンさん。。。 「幻想のルビー」なんてぇ、ロマンチックな言葉をタイトルに使ってますけれど、どういう訳ですか?

あれっ。。。 小百合さんは心当たりがないのですか?

心当たりってぇ、「幻想のルビー」のことですか?

そうですよ。

「幻想のルビー」と言われても。。。、あの宝石のルビー以外には、特に何も思い当たりませんわ。

やだなあああァ~。。。 小百合さんは、もう忘れてしまったのですか?

何を。。。?

何をってぇ~。。。 小百合さんが僕に送ってくれたバレンタインの小包の中に「幻想のルビー」を入れたのですよ。 忘れてしまったのですか?

私が、あのバレンタインの小包の中にルビーを入れたとデンマンさんは言うのですか?

そうですよ。

宝石など入れた覚えはありませんわ。

もちろん、宝石ではありませんよ。

でも、「幻想のルビー」を入れたとデンマンさんは言ったばかりではありませんか!

やだなあああァ~。。。 小百合さんはすっかり忘れてしまったのですね。

だから、私が何を忘れてしまったのですか?

小百合さんは次の物をバレンタインの小包の中に入れたのですよ。 じっくりと見てくださいよ。


(lotte02.jpg)

やだわァ~。。。 私が入れたロッテのチューインガムではありませんか!

そうですよ。

「幻想のルビー」なんてぇ言うから分からないのですわ。 「ロッテのチューインガム」と言えばいいではありませんか。

「ロッテのチューインガム」なんてぇタイトルに書いたら身も蓋もないではありませんか! 「幻想のルビー」と書くからタイトルにするだけの意味があるのですよ。 小百合さんだってぇ、「幻想のルビー」という言葉に駆られて、このガムを選んだのでしょう?

いいえ。。。

やだなあああァ~。。。 そう簡単に否定しないでくださいよう。

だってぇ~、「幻想のルビー」と書いてあったから選んだわけではありませんわ。

やだなあああァ~。。。 小百合さんがバレンタインの小包の中にわざわざチューインガムを入れたのですよ。 当然、バレンタインに因(ちな)んだガムだと受け取る人は思うじゃありませんかァ!

あらっ。。。 でんまんさんは「幻想のルビー」とバレンタインを結びつけたのですか?

もちろんですよ。

どうして。。。?

やだなあああァ~。。。 小百合さんがバレンタインの小包に同封した手紙には次のように書いてあったのですよゥ!

前略

元気ですか?

デンマンさんがロブソン通りを

ルンルン気分で図書館まで

歩いてゆけるように

心躍る甘酸っぱさの

フルーティMINTIA!

を入れました。


(mintia10.jpg)

最近、私もカバンに入れて

持ち歩いてます。

1年に一度ぐらいは

女の子の気持ちになって


(lotte04.jpg)

ルンルン気分で

スキップしながら

舐めてみてください。

うふふふふ。。。

グリコ・アーモンドチョコも

入れました。

うららかな春のバンクーバーの

街を歩きながら。。。

また、フードストアに向かう

買いものついでに舐めてください。

それから、思いつくままに

お煎餅や、即席スープ

即席ラーメン、山菜そばも入れました。

日本の味を懐かしみながら

食べてみてくださいね。 

では。。。

早々

小百合より

2013年1月29日


『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』から引用
(2013年3月7日)

やだわァ~。。。 またこの手紙を公開するのですかァ~?

なにも嫌がることはないじゃありませんかァ!

ネットで公開されるのであれば、もっと違う書き方をしましたわ。

あれっ。。。 小百合さんも本音と建前を使いわけるのですかァ~?

だってぇ~、日本人ですもの。。。うふふふふふ。。。

あのねぇ~、上の手紙は小百合さんらしい素直ないい手紙なんですよゥ。

でも。。。、たぶん、デンマンさんが自作自演していると思い込んでいるネット市民の皆様が大半だと思いますわ。

小百合さんが送ってくれたバレンタインの小包まで僕が自作自演しているということですか?

そう思っている人だってきっといますわよう。

それはないでしょう! ブログの記事を書くためにバレンタインの小包まで僕が自作自演していると思っている人が居ると、小百合さんは言うのですか?

中には居ると思いますわ。。。 で、上の手紙を持ち出してきてデンマンさんは何が言いたいのですか?

あのねぇ~、上の手紙はバレンタインらしい実に微笑(ほほえ)ましい文面なのですよ。 だから、小包の中に入っている物だって当然バレンタインに因(ちな)んだ物だと受け取る人は思うものですよ。

そうかしら。。。?

あのねぇ~、こう見えても僕は結構ロマンチックなタイプなんですよ。 うへへへへへへ。。。

そのようには見えませんわァ。

やだなあああァ~、お世辞でも「そうでしたわねぇ~」ぐらいのことを言ってくださいよゥ。

それでロマンチックな人は私が入れたロッテのチューインガムをどのように考えるものなのですか?

つまり、小百合さんがわざわざ「幻想のルビー」と書いてあるチューインガムを選んでバレンタインの小包の中に入れたのですよ。

だから。。。?

だから、当然「幻想のルビー」とバレンタインは深い繋(つな)がりがあると僕は思うわけですよ。

どのような。。。?

やだなあああァ~。。。 そこまで僕に言わせるつもりなのですか?

だってぇ~、デンマンさんが何を言いたいのか?私には全く見当がつきませんわ。

マジで。。。?

とにかく説明してくださいな。

あのねぇ~。。。、やだなあああァ~。。。 小百合さんは知っていて知らない振りをしているのではありませんか?

私が何を知っているとデンマンさんは思っているのですか?

小百合さんはマジで何も知らないのですか?

だから、グダグダと余計な事を言わずに細木数子のようにズバリ!と言ってくださいな。

あのねぇ~、小百合さんも知っているでしょう! ルビーというのは日本語で言えば「紅玉」ですよ。 コランダム(鋼玉)の変種です。 赤色が特徴的な宝石ですよ。

ええ。。。 その程度のことは知っておりますわ。

天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないのですよ。 アジアで採れるといっても、宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されている。 3カラットを超える大きな「紅玉」はなかなか採れない。 だから3カラット以上の「紅玉」は非常に貴重なものと考えられている。

あらっ。。。 3カラットを超える大きな「紅玉」は、それほど貴重なのですか?

そうですよ! ダイヤモンドの研磨法が発見されるまでは全宝石中で最も貴重な宝石とみなされていたのですよ。 それ以降でも、「紅玉」は火炎溶融法による人工合成がされるまではダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われていたのですよ。

それは知りませんでしたわ。 デンマンさんは、この事が言いたかったのですか?

違いますよ。 やだなあああァ~。。。 それとバレンタインとは関係ないでしょう?

だから、何が言いたいのですか?

あのねぇ~、ルビーは7月の誕生石なのですよ。

それは知っていますわ。 だったら「石言葉」も知っているでしょう?

あらっ。。。。 「花言葉」ではなくて「石言葉」ですか?

そうですよう。 ルビーだから花言葉じゃなく石言葉なのですよ! ルビーの「石言葉」は「熱情・情熱・純愛」なんです。

あらっ。。。 そうでしたの? うふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。 うふふふじゃありませんよう! 小百合さんは惚(とぼ)けているのでしょう!? ルビーが熱情・情熱・純愛を意味することぐらい知っているでしょう!?

そう言われれば、確かに、そのような事を聞いたことがありますけれど、バレンタインの小包を用意している時には思い浮かびませんでしたわ。

マジで。。。? つまり。。。、つまり。。。、ルビーが熱情・情熱・純愛を意味するとは思わずに「幻想のルビー」の Glamatic チューインガムを小百合さんは選んだのですか?


(lotte02.jpg)

そうですわ。。。 特にバレンタインと「幻想のルビー」を結び付けたのではありませんわァ。 うふふふふふ。。。

あのねぇ~、こういう時には冗談でもいいから僕と口車を合わせてくださいよ。 せっかく小百合さんのバレンタインらしい手紙を公開しているのに、その辺に置いてあった余り物のチューインガムを入れたじゃァ話にならないでしょう! 身も蓋もありませんよう! んもおォ~。。。!

だから、そういう時には、デンマンさんの都合の言いように書いてしまえばいいではありませんか!

あのねぇ~、僕も小百合さんに負けないくらいに根が素直で正直なのですよゥ。 本当の事実を書くしかできないのですゥ。 これが僕の性格なのですよ。 第一、自作自演でこんな事を書いても全く面白くも可笑しくもないのですよ。 小百合さんだって、そう思うでしょう?

まあ。。。 そうですわねぇ~。。。 私だって、自作自演でこんな長ったらしい記事は、とても書けませんわ。 (微笑)

そうでしょう!? だから、せめて僕に花を咲かせる意味でも「デンマンさんのために熱情・情熱・純愛を意味する『幻想のルビー』を選んで入れたのですわ。 うふふふふ。。。」ぐらいの事を言って欲しかったのですよう。

分かりましたわ。 今度から気をつけますわ。 うふふふふふ。。。

。。。じゃないとねぇ、僕だって、このように長い記事を書く張り合いがないのですよ。 とにかく、小百合さんが今度から熱情・情熱・純愛を意味する物をドンドンバレンタインの小包の中に入れてくれることを期待しますよゥ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
なんだかデンマンさんは、ずいぶんとお仕着せがましいですわよねぇ~。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、興味深い話題が続きますう。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『桜のメルヘン』

■ 『愛とロマンとダイエット』

■ 『愛の追憶』

■ 『午前3時のあなた』

■ 『ビミョ~っていうか』

■ 『お股の花々』

■ 『ロマンの追憶』

■ 『ヒシしようよ』

■ 『デンマンと松本清張』

■ 『愛犬と神さま』

■ 『思い出@天の川』

■ 『ばあやと小百合さん』

■ 『座薬と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『東電社員と愛の自転車』

■ 『梅から桜の国へ』

■ 『小百合さん@行田』

■ 『夢をかなえる』

■ 『やっぱり魂あるよね』

■ 『名物先生と斜陽日本』

■ 『言うことは誰でもできるけど…』

■ 『病気を診ずして病人を診よ』

■ 『ネットと行田中央総合病院』

■ 『行田中央総合病院』

■ 『病院の悪い評判』

■ 『どっちが親切?』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『桜と名女優』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『義理チョコと本命チョコ』

■ 『肥後ずいきと洲浜』

■ 『北本と洲浜』

■ 『小百合さんお呼びですよ』

■ 『ワンワンちゃん』

■ 『熊谷駅中のベーグル』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

こんにちは。ジューンです。

ゴディバは国際的に有名なチョコレートのブランドです。

ゴディバ・ショコラティエ(Godiva Chocolatier)は1926年、ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立しました。

その後、1958年パリに販売店を開いて国外に進出したのです。

1966年にはキャンベル・スープ・カンパニーの支援を受けてアメリカにも進出しました。

1972年にはキャンベル社が買収し、その傘下に入ります。

でも、2007年12月になると、経営戦略の違いなどからキャンベル社は売却を決めました。

トルコの企業であるユルドゥス・ホールディングス(同国最大の食品企業「ウルケル・グループ」の親会社)が買収しました。

現在、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの80ヶ国以上で専門店を持ち、北アメリカだけで1000店舗以上の販売店を展開しています。

日本では、昭和47年(1972年)に日本橋三越に第1号店がオープンしました。

現在では、200店舗以上が日本各地に広まっています。

インターネットでの通信販売も手掛けています。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

タイタニックと国際化

2013年2月1日

 
  
タイタニックと国際化


 

ケイトー。。。 タイタニックと国際化ってぇ、どのように関係しているのォ~?

シルヴィーが質問するほどのことでもないでしょう。 タイタニックと言えば映画にもなったし、世界のネット市民の半分以上の人が知っていますよ。

つまり、タイタニックという汽船は国際的に知名度があるとケイトーは言いたいのォ~?

いや。。。 その程度のことならば記事に書くことでもないでしょう。 誰でも知っていることですよ。

じゃあ、どうして「タイタニックと国際化」というタイトルにしたのォ~?

ちょっと次のリストを見てくださいよ。


(ame30130p.gif)

これは元旦から1月30日までのアメブロの僕のブログのアクセス数を記録したものなのですよ。

1月30日のアクセスが 654人で、ダントツじゃないのォ。

そうです。 

どの記事が読まれたの?

1月30日の「人気記事リスト」を見てください。


(ame30130r.gif)

あらっ。。。 ケイトーが1月30日に投稿した”Flu Shot”という英語で書いた記事がダントツで読まれたのねぇ!

あれっ。。。 シルヴィーは僕が英語で書いたとよく判ったね?

だってぇ~、私も”Flu Shot”を読んだのよ。


(ame30130.gif)

『実際のページ』

シルヴィーはマジで上の記事を読んだのォ~。。。?

読んだわよ。

また、どういう訳で読んだん?

まず、ダイアンがケイトーからメールを受け取って読んだのよ。 それで素敵なミュージック・クリップがたくさんあるから「シルヴィーもぜひクリックしてみなさいよ」っていうメールをもらったのよ。

ダイアンがシルヴィーに、そんなメールを書いたのォ~?

そうよ。。。ケイトーはダイアンにメールを出したんでしょう?

出しましたよ。 ちゃんと記録に載ってますよ。


(ame30130c.gif)

22番が僕がダイアンに出したメールですよ。


(ame30130f.gif)

でも、どうしてケイトーがダイアンに書いたメールが「リンク元URL」リストに載ってるのよ?

あのねぇ~、僕は、たまに間違ったリンクを貼ることがあるんだよ。 だから、正しいリンクを書いたことを確かめるために、メールの中のリンクを送信する前にクリックしたわけだよ。 だから「リンク元URL」にその記録が残ったというわけなんだよ。

マジで。。。?

ダイアンが僕のメールを読んでから”Flu Shot”を読んだという証拠がありますよ。 ダイアンが僕のメールを読んで、メールの中のリンクをクリックした記録が 27番です。


(ame30130c.gif)

つまり、27番のURLをクリックするとダイアンのメールボックスにアクセスできるのォ~?

もちろん、27番のURLをクリックすれば理論的にはダイアンのメールボックスにアクセスすることができる。 でもねぇ、セキュウリティ・チェックがあるからダイアンのメールボックスに入ることはできないのですよ。


(ame30130h.gif)

分かるでしょう? 27番のURLをクリックしてもダイアンのYahoo! ID とパスワードを入れないとメールボックスに入れないんだよ。

だけど、ケイトーがダイアンに宛(あ)てたメールアドレス (diane@vancouver.ca) は Yahoo! のメールアドレスじゃないじゃない。

ダイアンのプライバシーを保護するために変えてあるんだよ。 実は、ダイアンはYahoo!のメールアドレスを使っている。

でも、タイタニックはどこにも出てこないじゃないのよう。

もう一度「リンク元URL」のリストを見てよ。


(ame30130c.gif)

29番を見てよ。

“heart of ocean”て書いてあるじゃない。

ロシア人が”heart of ocean”を入れて画像検索したのですよ。 その検索結果を見てください。


(ame30130k.gif)

あらっ。。。 これはタイタニックの金庫の中に保管されていたはずの宝石じゃない。

そうですよ。。。 シルヴィーはよく判ったねぇ~?

だってぇ、ケイトーがわざわざ「タイタニックと国際化」というタイトルにしたのだから、この宝石とタイタニックが関係あると、すぐに判るじゃないのォ~。。。で、この宝石を画像検索したロシア人がケイトーのブログのどの記事を読んだのォ~?

もちろん次の記事ですよ。


(ame30130m.gif)

『実際のページ』

あらっ。。。 この記事は、もしかしてケイトーが英語で書いた記事じゃないのォ~?

そうですよ。

それで英語の分るロシア人が上の記事を読んだのォ~?

その通りですよ。

それも記録に出ているのォ~?

出てますよ。 その記録を見てください。
 
 
海外からのアクセス
 
 

(wp30201map.gif)


(wp30201.gif)

あらっ。。。 ロシアから16人のネット市民の皆様がアクセスしたのね。 でも、この記録はアメブロの記録じゃないわ。

あのねぇ~、Word Press の僕のブログにも ”Titanic @ Sendai” が載ってるのですよ。

“Titanic @ Sendai”

on Denman Blog

つまり、タイタニックと共に沈んだダイヤモンド・ネックレスを一目見たいと、いろいろな国のネット市民の民様がその画像を探していると、ケイトーは言うのォ~?

そうですよ。 シルヴィーだって一生のうちに一度でいいから”Heart of the Ocean”と呼ばれるような、すっご~いダイアモンド・ネックレスをしたいと思うでしょう?

そうねぇ~。。。 憧れるわよねぇ~。。。 つまり、”Heart of the Ocean”と呼ばれるダイアモンド・ネックレスをエサにして、たくさんの国からの女性のネット市民の皆様を誘い込んだというわけなのォ~?

そうですよ。。。 いけませんか? これがタイタニックと国際化ですよ。

【ジューンの独り言】

ですってぇ~。。。
1997年の映画『タイタニック』をご覧になりましたか?

タイタニック号が沈没してから85年後の1997年。
トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド・ネックレス「碧洋のハート(”Heart of the Ocean”)」の在り処を探るべく、小型潜水艇を用い深海のタイタニックの調査を行なうのです。

そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋から一つの金庫を発見します。
歓喜に包まれる調査団は金庫の中をこじ開けたものの、あったのは彼らが探していた宝石ではなく、古ぼけた紙切れだったのですね。

その「碧洋のハート」は生存者のおばあちゃんが持っていて、
捜索船の甲板から海に捨ててしまうのですよね。
もったいないですわ。
もちろん、映画のストーリーはフィクションですけれど。。。

シルヴィーさんの事をもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。


『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

『レモン戦争(2012年1月16日)』

『常連さん、こんにちは(2012年1月23日)』

『チョコレートと軍産複合体(2012年1月28日)』

『壁に耳あり障子に目あり(2012年2月3日)』

『チョコレートと世界銀行(2012年2月10日)』

『チョコレートと甘い権力(2012年2月22日)』

『CIAの黒い糸(2012年3月6日)』

『CIAの黒い手(2012年3月12日)』

『平和が一番(2012年3月29日)』

『オツムの中の英語(2012年4月17日)』

『誰?あなたなの?(2012年5月5日)』

『ジャンボのエンジンが全部停止!』
(2012年5月15日)

『日本の良心は停止したの?』
(2012年5月17日)

『愚かな詭弁を弄する東電』
(2012年8月16日)

『僕のお父さんは東電社員』
(2012年8月20日)

『小学生でも知っている国のウソ』
(2012年8月25日)

『ん?オバマ大統領暗殺?』
(2012年9月3日)

『なぜ戦争するの?(2012年9月15日)』

『なぜ原発作ったの?(2012年9月19日)』

『国際感覚ダントツ(2012年11月11日)』

『国際化できてる?(2012年11月19日)』

『国際化とアクセスアップ(2012年11月23日)』

『国際化とツイッターと国際語(2012年11月27日)』

『お百度参りも国際化(2012年12月1日)』

『期待される人間像(2012年12月13日)』

『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』