Posts Tagged ‘大人のおもちゃ’

肥後ズイキが性具になったきっかけは?

2014年8月28日

 

肥後ズイキが性具になったきっかけは?

 


(kato3.gif)

肥後ズイキは保存食としても

利用されていた。

(b16y.jpg)


(zuiki903.jpg)


肥後ズイキは別名、ハス芋と呼ばれるのですが、実は芋の部分を普通食べません。

枝状で堅くてまず食べられません。

どこを食べるのかと言うと、葉柄(ようへい)を食べます。


(zuiki903.jpg)

葉柄(ようへい)

つまり、葉身と茎をつなぐ柄の部分を食べるわけです。

これは独特の風味を生かした自然野菜です。

低カロリーで、食物繊維たっぷりなので、整腸作用を必要とする方におすすめの健康食材です。

この葉柄を乾燥させると、かんぴょうの丸みをおびたようなものになります。

この干した物を湯につけてもどせば、柔らかくなって食べられわけです。

戦国時代には、籠城したときなどの非常食糧として珍重されたという記録が残っています。

西南戦争の時も、熊本城にたてこもった官軍が食べたという話がつたわっています。

それがなぜ性具になったの?

『肥後ずいき』は食べてもなかなかいけます。

「土佐のハス芋寿司」というものがあるほどです。


(hasuimo6.jpg)

食べてまずかったら、まず寿司のネタに使おうとはしないでしょう。

ハス芋の葉柄を乾燥させると保存食にもなりますが、その性質は柔軟にして強靱、軽く且つ美しいというわけで、江戸時代には女性の髪飾、手芸材料等にも用いられました。

また、江戸時代には薬としても用いられました。

大阪では、産後の古血を下すとして、出産のある家へこれを見舞い品として贈る風習があったそうです。

つまり、食べてよし、乾かせば、保存食にもなる。

また、髪飾りとしても重宝する。

それ以外に手工芸品の材料にもなる。また産後の薬にもなるとなれば、当然のことですが、肥後のおみやげ物としてはもってこいということにないます。

そういうわけで、細川の殿様は参勤交代の時に肥後産のズイキを大奥に土産として持って行ったらしい。

しかも、たくさん。しかし、あまりたくさんもらっても処理に困ってしまいます。

知り合いや、家族の者にあげてもまだ残っているとすれば、何か他に使い道がないものか?と考えるのは人の常。

それまで大奥の女性たちの打ち掛けの裾には真綿を使っていたのですね。

しかし、真綿では切れやすく、打ち掛けがすぐに古着になってしまう。


(jbeauty2.jpg)

これをどうにかできないものかと考えた女性が居たわけです。

その時たまたま、肥後ズイキを手にしていたのですね。

「これを真綿の代わりに入れたらどうだろう?」そうしたら、具合がよかったのですね。

長持ちしたと言うわけです。

ところがあまり沢山貰っても彼女たちは持て余してしまいます。

毎日毎日、肥後ズイキを食べるわけにも行かず、打ち掛けの裾だけでは使い切れないほどもらっている。

他に何か使い道はないものか?

よほど暇人が大奥には多かったと見えます。

大奥と言うところはご存知のようにハレムです。

つまり男子禁制です。

大奥は、将軍が政務をつかさどる「表」と、上下2つの御錠口(ごじょうぐち)によって厳重に隔てられていました。

小姓もこの御錠口までしかついて行けなかった。

大奥に出入りできる男性は将軍と奥医師だけです。


(ooku201.jpg)

その大奥には二百数十人の奥女中が女だけの生活を繰り広げているわけです。

しかも、この女性の多くが性体験を持っていますから、中には欲求不満に陥る女性が居るわけです。

相手は将軍だけです。

しかし将軍は一人ですから、仮に60人の女性と夜の営みを持つとしても、順番に一人づつとして、一人の女性は2ヶ月に一度だけ将軍に抱かれることになります。

ところが将軍も人の子ですから、好き嫌いがあります。

やはり気に入った女性と夜を楽しみたいと思うのは、下々の我われと同様でしょう。

そうなると、60人の女性の中でも、お呼びのかからない女性も結構出てくるわけです。

この女性たちは、他に気を紛らわせるようなことがないんですね。

女の園には、当然のことながら隠微な妖気が漂ってきます。

当時、30歳になると夜のお勤めから開放されてお暇がもらえる女性もいたそうです。

つまり、女性としての魅力は、30歳を過ぎたら下り坂になると考えられていたようです。

そういうわけですから、飛び切りの美人でもない限り、将軍は30歳以上の女性には声を掛けません。

しかし、これは女性には酷というものです。

「30歳を過ぎてから体の歓びを覚えた」という女性は結構多いものです。

そういう女性が、将軍から無視されるわけです。

これではたまったものではありません。


(jbeautyx.jpg)

将軍からのお声がすっかり遠のいて、ちょうど欲求不満の時に、たまたま肥後ズイキの乾燥したものをぬるま湯につけた女性が居たのですね。

もう飽き飽きして食べる気にもなれない。

うんざりしながら手でもてあそんでいるうちに程よい弾力があることを発見したわけです。

「必要は発明の母」という諺の通り、彼女には、その瞬間ひらめくものがあったのですね。

「あらっ、そうだわ。このかんぴょうの紐のようになったもので、棒状にぐるぐる巻きにすれば、ちょうどお殿様の一物のようになるかもしれないわ!試してみようかしら?」

この女性は、試してみたんですね。

そしたら、とても具合がよかったのです。


(zuiki902.jpg)

もちろん、そんなことを他の女性に大きな声では言えません。

しかし、このようなことは一人の胸のうちにそっと仕舞って置くことは出来ないんですね。

いつか、バレてしまいます。

夜になると、この女性が、いそいそと肥後ズイキをぬるま湯で温めている。

周りの女性が、この女性に注目し始めるわけです。

「あなた、この頃なんか変よ。夜になると、ご自分のお部屋に閉じこもりっきりで、お励みになっているようね。もしかして、殿方があなたのお部屋に忍んで来るのじゃありません?」

女性はまっ青になって弁解します。

「滅相もない!そんなことしたら、あたくしの首が飛びますわ」

嫌な奴と言うのはどの世界にも居るものです。

そっとしておいてやるのが思いやりと言うもの。

しかし、他の女性が密かにオナニーにふけって日頃の欲求不満を満たしている、と分かっていても、その女性が余りにもいい気持ちで楽しんでいるのを見過ごすことが出来ないのです。

つまり、女の僻みなんですね。

しかも被害妄想まで起こして、男が忍んでやって来るのではないか?と疑ってもいるわけです。


(ooku202.jpg)

「じゃあ、一体どういうことなの?何がそんなによくて毎晩、あられもない声を上げてよがっているの?」

「…」女性は説明にほとほと困ってしまいます。

「はっきり言いなさいよ。さもないとお年寄りにこのこと報告しますよ」

「そ、それだけはどうか…」

というわけで白状させられる羽目になったわけです。

「あなた、本当に肥後ズイキだけで…?」

この、たちの悪い女性は初め半信半疑です。

でも、とにかく試して見なければ分からないと言うわけで試してみたのですね。

こういうたちの悪い女ですから、恥じらいも何もあったものじゃない。

「ねェ、ねェ、ちょっと聞いてよ。あの肥後ズイキねェ、すっご~くイイ使い道あんのよ!教えてあげるゥ」

もう有頂天です。

あたかも自分一人で大発見でもしたかのごとく言いふらしましたから、その次の晩から、肥後ズイキは引っ張りだこになりました。

はっきりとした記録は調べようもありませんが、肥後ズイキが広まったのは大奥からだ、というのが、その筋の研究家の間では常識のようになっています。

これは、いわゆる権威のある史書によって検証したわけではないので、眉唾の咄として読んでくださいね。


(laugh16.gif)


(zuiki900.jpg)

初出: 2005年3月7日

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
なんだか眉唾物のお話でござ~♪~ますわァ。

でも、大奥のお話には あたくしも興味がありますわ。
テレビでも 以前やっていましたよねぇ~。。。
あなたはご覧になりましたか?


(ooku200.jpg)

江戸時代の大奥のお話も面白そうですけれど、
平安時代、それに奈良時代のお話も面白いのですわよう。
あなたのために、面白そうな記事をここに貼り出しますから、
クリックしてぜひ読んでくださいまし。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、ジューンさんとデンマンさんの対話の記事がたくさんありますわァ。
時間があったら、下の記事も読んでみてください。
じゃあねぇ~。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

『プロメテウスの黒い白鳥』

『ジャズ・フェスティバル』

『仲間はずれはどれ?』

『FBI捜査官のツブヤキ・ガイド』

『147歳の誕生日』

『均質的思考は日本人のクセなの?』

『今、おばさん下着がアツイ!』

『きびしい暮しの中のロマン』

『下着女装ブログ』

『BCデーと日本の花火』

『小役人が日本を滅ぼす』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださね。

じゃあ、またァ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

肥後ずいきだよ!

2012年6月12日

 

肥後ずいきだよ!

 


(hasuimo91.jpg)


(question.gif)

この上の食べ物は何でしょうか?


(foolw.gif)

肥後ずいきだよ!


(merange12.jpg)

あんさんのために一生懸命作りましたのやでぇ~。。。


(kato3.gif)
マジかいなァ。。。?

結婚して熊本に行きはった友達が「肥後ずいき」の茎を送ってくれましてん。


(hasuimo90.jpg)

これがその「肥後ずいき」の茎かいなァ?

そうですう。 「ハスイモ」とも呼ばれてますのやでぇ~。。。茎のなかに気泡のような空洞がありますねん。 それが蓮根に似ているよってに、この名前がついたと聞いてますう。

ほおォ~。。。そういう訳やったのかい。。。

この茎を乾燥させたものがデンマンさんの愛用している「肥後ずいき」という大人のおもちゃの原料になりますねん。 うふふふふふ。。。

わては「肥後ずいき」を愛用してへんでぇ~。 根の部分はどうしたのやァ?

根の部分は食べられへんと言うて、送ってよこしまへんでしたわ。 そないな事よりも、まず一口食べてみてくれへん?

おおおォ~。。。シャキシャキした食感がええやないかいなァ!

そうですねん。 清涼感があるさかいに、夏の食べ物にええと思いますわァ。

そうやなァ~。 それで、この紫色はどないしてつけたん?

水前寺菜の色素を使いましてん。

ほおォ~。。。そないもので、こないな色がつくのんかいなァ~!?

ちょっとアクがあるので皮を手でむいて熱湯を潜らせ冷水に晒し、それから水分を抜いて芥子味噌で「えぐみ」を抜きましてん。

ほおォ~。。。案外、手間、暇がかかるのやなァ~。。。?

そうでおますう。 あんさんのために心を込めて作りましたのやでぇ~。。。

マジかいなァ。。。? 隣からのおすそ分けとちゃうん?

あんさん!。。。わたしの言うことが信用できへんのォ~?

そないにムキにならんでも、ええやんかァ。。。めれちゃんに、こないな料理の才能があるなんて、全く夢にも思わんかったでぇ~。。。知能指数が140もあると、こないな料理まで作れるのやなァ~。。。

知能指数とは関係あらへん。

さよかァ~。。。じゃあ、もう一ついただきまっさァ~。。。


『愛駅を探して』より
(2012年5月24日)

ネット市民の皆様に最もよく

読まれている記事は何でしょうか?

肥後ずいきだよ!


デンマンさん。。。、あんさんはマジで「肥後ずいき」が読まれていると言わはるのォ~?

そうやァ~。。。「肥後ずいき」は食べてよし、読んで面白しなのやがなァ~。。。うへへへへへ。。。

そやけど、ホンマかいなァ~?

肥後ずいきは世界をリードする!

あんさん。。。いい加減な事を言うたらあきまへんでぇ~。。。

わては、いい加減な事を言うてるのではあらへん。 ちょっと次の「検索キーワード」のリストを見てみィ~なァ。


(hg20610b.gif)

これは6月1日から10日までの10日間に「デンマン・シンジケート」のブログとウェブページに、どの検索ワードで検索してやって来たのかを調べたものやねん。

「肥後ずいき」がダントツですやん。

そうやろう。 だから、わてが言うたやないかいなァ。

。。。で、「肥後ずいき」で検索してやって来た人たちは、どの記事を読みはったん?

まず、Denman Blog の人気記事のリストを見て欲しい。


(wp20611c.gif)

「肥後ずいき」を含んでいるタイトルは3つだけですやん。 それもトータルで4人に読まれただけですやん。

あのなァ~、Denman Blog は次の記事でもってるねん。


(june500.jpg)

『床上手な女の7つの見分け方』

そやけど、あんさんは次のように言うてましたでぇ~。。。

肥後ずいきは世界をリードする!

確かに、わてはそのように言うたァ。 Denman Blog では「肥後ずいき」は「床上手」に負けてしもうてるねん。 うへへへへへ。。。 そやけど、世界のネット市民の皆様に読まれてるのやでぇ~。

その証拠でもおますのォ~?

もちろんやァ。 次のリストを見てみィ~なァ。


(wp20610.gif)


(wp20610b.gif)

あらっ。。。60ヶ国のネット市民の皆様に読まれてますやん。

そうやろう!? 今年の2月25日から6月10日までの約4ヶ月間に、これだけの国の人に読まれたのやがなァ。

そやけど、「床上手」の記事は日本語で書きましたのやろう?

そうやァ。。。当然、日本語が読める海外に居る駐在員や特派員、商社マン、それに留学生や長期滞在の日本人に読まれたのやがなァ。 日本人は世界をまたに駆けて飛んで歩いてるねん。 うししししし。。。

日本人だけやのォ~?

もちろん、英語で書いた記事も少ないけどあるねん。 「人気記事」のリストの青枠で囲んであるタイトルが英語で書いた記事やァ。

ところで、1週間だと海外から、どのくらいのアクセスがあるん?

ソフトカメラで記録を撮っておいたから、ここに貼り出すよってに、めれちゃんも見たらええやん。


(wp20611.gif)

6月4日から10日までの1週間の記録やねん。 海外からのアクセスは16カ国やァ。

日本国内ではどうなってるん?

都道府県別に調べた記録があるよってに、めれちゃんも見てみィ~なァ。


(hg20610.gif)

上の Denman Blog のリストでは日本国内からのアクセスが1000人あると書いてあるやん。 そやけど、グラフでは980人で20人だけ少ないでぇ~。。。

その少ない20人は、どの県からアクセスしたのか?IPアドレスからでは判らへん。 そやから記録から漏れてるねん。

いずれにしても Denman Blog では「肥後ずいき」の記事は読まれておらん、と言うことやんかァ。 いったい、どのブログで「肥後ずいき」の記事が読まれてはるん?

次の統計を見て欲しい。


(hg20610c.gif)

あらっ。。。このサイトの「検索キーワード」のリストでは「肥後ずいき」が超ダントツですやん。

このブログ(Edita Excite705)で「肥後ずいき」の記事がダントツで読まれてるねん。


(eda20610.gif)

http://www.edita.jp/excite705/

右サイドバーにある「サイト内記事ランキング」を解かり易く書き出すと次のようになるねん。

。。。で、トップの「肥後ずいき」の記事はどのくらい読まれてるん?

残念ながらEdita Excite705のサイトには、Denman Blog のような統計機能があらへん。 そやから推測するしかないねん。 まず、Denman Blog の「人気記事リスト」の上位を見て欲しい。


(wp20611d.gif)

6月4日から10日までの1週間に『床上手な女の7つの見分け方』が 328回読まれたのやがなァ。 

それで。。。?

もう一度「デンマン・シンジケート」全体の「検索キーワード」リストを見て欲しいのやァ。


(hg20610b.gif)

上の統計に表れた「肥後ずいき」と「床上手」の数字を当てはめると『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』が 1週間に読まれた回数が次のように計算で出てきよる。

328 回/週 X 255 ÷ 183 = 457 回/週

。。。で、海外からのアクセスはどうなるん?

同じように計算してみれば、次のようになると思うでぇ~。。。

60 ヶ国 X 255 ÷ 183 = 84 ヶ国

Edita Excite705のサイトに Denman Blog のような統計機能があれば、おそらく 84ヶ国からアクセスがあると思うねん。

あんさんは小学生の頃、算数が得意やったのォ~?

いや。。。それほどでもなかったでぇ~。。。うへへへへへ。。。

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。


(hasuimo91.jpg)

それにしても、この「肥後ずいき」はおいしそうですわねぇ~。
めれんげさんに、このような料理の才能があるなんて、あたしも知りませんでしたわ。
高知では、「肥後ずいき」の茎を寿司のネタにするそうです。
また、炒めて食べることもあるそうですわ。
あなたも試してみたらいかがですか?

とにかく、次回も面白くなりそうです。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


(2ndbeach.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『下つきだねって言われて…』


(hara16.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(june06.jpg)

こんにちは。ジューンです。

人間は性的動物だと思いますよね。

あなたも、そう思いませんか?

1960年代にDesmond Morris(デズモンド・モリス)

が『Naked Ape (裸のサル)』という本を書きました。

これは日本でも話題になりました。

人間もApe の一種です。

“裸のサル”とは、つまり、人間の事なのです。

純粋に動物学的な立場から

ヒトという生物を記述した本で

当時、中学生などが性の参考書として読んでいた、

と言う事を聞いたことがありますわ。

いろいろと面白い事を書いているのですが、

他のサルと違って

人は発情期が無くなったのです。

つまり、1年中セックスができるようになったのです。

サルは性器を露出し、

発情期にはフェロモンを発散させて、

相手を求めます。

でも、ヒトは性器を露出することもなく

発情期がなくなったので

フェロモンを出す事も無くなりました。

それで、ヒトは相手を求めるために

コミュニケーションが必要になり

言葉を使い始めた、と言うような事が書いてあります。

面白い解釈ですよね。


(baboon7.jpg)

ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(maid03.gif)

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。


(hakone2.jpg)


(hand.gif)

肥後ずいきファシスト管理人

2012年3月14日

 
 
肥後ずいきファシスト管理人


(zuiki902.gif)


(hitler2.gif)

デンマンさん。。。、どうして“肥後ずいき”を持ち出してきたのですか? 2月25日に次の記事を書いたばかりじゃないですか!

『肥後ズイキとファシスト管理人』

(2012年2月25日)

オマエは記憶力が抜群なんだねぇ~。

デンマンさんが上の記事を投稿してから、まだ3週間も経ってないですよ。

確かにその通りだよ。 だから、僕は気になったのだよ。

何が。。。?

その後どうなっているか? 相変わらず“肥後ずいき”が人気があるのか? あるいはネット市民の皆様の関心が他に移ってしまったのか?

。。。んで、どうなったのですか? “肥後ずいき”は相変わらず人気があるのですか?

まず、次のリストを見て欲しい。


(hg20223.gif)

2月14日から23日までの10日間に、デンマン・シンジケートの 18のブログと 1つのホームページ(Beaverland)で 検索して読まれた時に、最も人気のある検索ワードが“肥後ずいき”だった。

その事は分かっていますよ。 現在どうなっているのかが知りたいのですよ。

では、同じようにして調べた次の結果を見て欲しい。


(hg20310d.gif)

あれっ。。。“とこ上手”がトップに躍り出たのですね。

そうなのだよ。 3月2日から11日までの10日間に“とこ上手”がトップに躍り出た。 “肥後ずいき”は3位に後退してしまった。 しかも、“とこ上手”関連の検索ワードが 5位、6位、9位、10位と上位を占めるようになった。

どうしてっすかァ~?

2月25日の記事で僕は Denman Blog の人気記事を紹介したのだよ。


(wp20128.gif)

1月28日までに延べ 21,151人にダントツで読まれた記事が次の記事なんだよ。

『床上手な女の7つの見分け方』

上のリストを見たら、当然どんな記事なのだろうか? これだけ読まれているのだから、さぞかし面白い記事に違いない!。。。たぶん、上のリストを見たら誰もが、そう思うに違いない。

そうっすねぇ~。 オイラも読みたくなってきましたよ。

あれっ。。。オマエは、まだ読んでないの?

それどころじゃありませんよ。 「言葉狩り」と「写真狩り」に忙しくってブログの記事を読んでいる暇がありません。 うへへへへへへ。。。

あのなァ~。。。言葉や写真だけを取り出して見るのではなく、少しはブログの記事の内容を読んでから判断したらどうなの? だいたい、ブログの記事も満足に読んでない無教養なオマエが「言葉狩り」や「写真狩り」をするのが非常識なんだよ。

でも、オイラにも「言葉狩り」と「写真狩り」をする自由があると思います。

確かに何をしても自由だけれど、オマエの下らない「言葉狩り」と「写真狩り」をするために、多くのネット市民の皆様の言論の自由・表現の自由を奪うことは許されないことなんだよ。

法律で決められているのですか?

日本国憲法で言論の自由・表現の自由は日本国民に保障されている。 もしかして、オマエは知らなかったんじゃないの?

知ってますよ。 でも、オイラの「言葉狩り」と「写真狩り」をする自由の方が大切なのですよ。

そのような太平洋戦争中の言論統制の真似をするから、多くのアメブロ会員がオマエの下らない「言葉狩り」と「写真狩り」に愛想を尽かして他のサイトに移ってしまっているのだよ。 自称 2000万人というアメブロ会員の97%までが「セミの抜け殻会員」か「冬眠会員」で、ブログを残したまま他のサイトに鞍替えしてしまったのだよ。

そんな事はどうでもいいですから、“とこ上手”がトップに躍り出た理由を説明してくださいよ。

だから言ったじゃないか! 『床上手な女の7つの見分け方』がダントツで読まれたことを 2月25日の記事『肥後ズイキとファシスト管理人』で紹介したからだよ。

でも、その記事を読んだネット市民の皆様は、なにも“とこ上手”を入れて検索する必要はないじゃありませんか! 記事の中にリンクが貼ってあるのだから検索しなくてもリンクをクリックすれば『床上手な女の7つの見分け方』を読めるのですよ。

だから、独断と偏見に凝り固まっているオマエのオツムは石頭だというのだよ。 もう少し柔軟な頭を持たないと駄目なのだよ。

オイラの言ったことが間違っているのですか?

あのなァ~、2月25日の記事を読んだネット市民の皆様の中には女子高生や女子大生が居るのだよ。 例えば卑弥子さんのような、やかましい女子高生が『肥後ズイキとファシスト管理人』を読んだとすれば友達に次のように言いふらすのだよ。

ねえ、ねえ、ねえ。。。

あたし、すご~♪~い記事を読んだのよ。

肥後ズイキってぇ、あんなものを

食べる人が居るんだってぇ~。。。

その面白い人が

『床上手な女の7つの見分け方』を書いてるのよゥ。

最近、“床上手な女”になるのがナウいようだわ。

ねえ、あんたも読んでみなさいよゥ。

けこう笑えるのよォ~♪~。

ええっ。。。どうしたら読めるのかってぇ~?

「床上手」で検索したらすぐに見つかるわよゥ。

こういう口やかましい女がクラスに一人や二人居るものなんだよ。 そうすると伝染病が広がるように、ミーちゃん、ハーちゃんがパソコンやケイタイから検索エンジンにアクセスして“とこ上手”で検索し始めるというわけだよ。

マジっすかァ~。。。?

だから、3週間も経たない間に人気検索ワードが“肥後ずいき”から“とこ上手”に入れ替わってしまったのだよ。

そうでしょうか?

もう一度、2つのリストを見比べてごらんよ!


(hg20223.gif)


(hg20310d.gif)

う~~ん。。。それにしても、3週間も経たないのに変われば変わるものですねぇ~。。。

そうだろう?!。。。だから、ネットの影響力というのはすごいんだよ。

でも。。。、でも。。。、アメブロでは、“とこ上手”がそれ程検索されているとは思えないのですが。。。

あれっ。。。オマエは、たまには検索キーワードのリストを見ることがあるのォ~?

「言葉狩り」と「写真狩り」に飽きると、たまにはデンマンさんの記事を読んで検索キーワードのリストを見ることがあるのですよ。 うししししし。。。

無教養なオマエでも、たまにはそのような殊勝な気持ちになることがあるんだァ~。

そんな事よりも、どうしてアメブロでは、“とこ上手”がそれ程検索されていないのか?。。。その事を説明してくださいよ。

オマエは良い事に気づいたよ。 実は、僕もその事で説明しようと思っていたところなのだよ。。。まず、次のリストを見て欲しい。


(hg20310b.gif)

デンマン・シンジケートの全体のアクセス数が去年の12月から急に増加していますね。

実は、去年の11月までは Denman Blog だけを記録していた。 11月下旬に 17のブログと 1つのホームページ(Beaverland Web)を記録するようになったので、それで急激にアクセス数が増え始めたというわけなんだよ。

。。。で、個別のアクセス数はどうなっているのですか?

次のリストを見て欲しい。


(hg20310.gif)

Denman Blog (denman word press)がダントツなのは、そういう理由なんだよ。

アメブロのデンマンさんのブログ(http://ameblo.jp/barclay/)は デンマン・シンジケートの中では 5位なのですか?

その通りだよ。 GOOの僕のブログのアクセス数がデンマン・シンジケートの中では 3位。 どちらも同じ記事が掲載されている。 つまり、同じ条件なんだよ。 サイトが違うだけ。 現在、GOOの会員数、つまりブロガーは 166万人。 仮に この166万人のブロガーが、すべて活発に活動しているとして、アクセス数の基づいてアメブロの活動会員数を推定すると 1,810 ÷ 3,512 X 166万人 = 約86万人 なのだよ。 自称 2000万人の会員数のうち活発に活動しているのは 約86万人ということだよ。

でも、上の統計が間違っていることだってありますよ。

もちろんだよ。 でもなァ、統計誤差を考えたって、もし、アメブロの会員数が実際に2000万人居るとすれば、アクセス数は GOOの僕のブログよりも上位になければ可笑しいのだよ。 そうじゃないということは、2000万人登録されていたとしても、96%の会員は冬眠会員なのだよ。 ほとんど活動していない。 要するに、ブログを残したまま、他のサイトで活動しているのだよ。 例えば、めれんげさんのサイト。


(mer20123.gif)

2010年2月を最後に全く活動してない。 ジューンさんも 2010年12月を最後にして全く活動していない。


(jun20123.gif)

要するに、アメブロの会員2000万人というのは、人口を数えるのに墓石の数まで数えている事と同じことをしているのだよ。

デンマンさん!。。。そんな事はどうでもいいですから、最初の質問に戻ってくださいよ。 どうしてアメブロでは、“とこ上手”がそれ程検索されていないのですか?

じゃあ、まず、Denman Blog の最近の人気検索キーワードを見て欲しい。


(wp20310.gif)

3月12日までの7日間では「床上手」がダントツで、「おばさんパンツ」が次に人気がある。 当然、次の記事がダントツに読まれている。

『床上手な女の7つの見分け方』


(wp20310b.gif)

じゃあ、次に デンマン・シンジケート中2位の Edita Excite705 ブログの人気検索ワードのリストを見て欲しい。


(hg20311edaex705.gif)

ここでは相変わらず“肥後ずいき”は人気がある。 でも、“床じょうず”が3位と4位に上昇している。 デンマン・シンジケート中3位の GOO のリストは残念ながら得られない。 お金を払えばゲットできるのだけれど、僕は払うのが嫌なのだよ。 (苦笑) では次。。。デンマン・シンジケート中4位のアニセンの人気検索ワードリストは次のようになっている。


(ani20311b.gif)

ここでは「夫婦投稿写真」がダントツ。 “肥後ずいき”は影も形もない! “床じょうず”も“おばさんパンツ”も影が薄い。 では、デンマン・シンジケート中5位のアメブロでは、どうなっているのか? 検索ワードのリストを見て欲しい。


(ame20311b.gif)

あれっ。。。“おばさんパンツ”がダントツですね。

そうなのだよ。 でもなァ~、人気記事のリストを見ると違ったパターンが見えてくる。


(ame20311.gif)

あれっ。。。相変わらず『海外で信用されたい』がダントツですね。

『海外で信用されたい』

(2012年1月25日)

そうなのだよ。。。2月11日から3月11日までの30日間に『海外で信用されたい』が 2,609人に読まれた。 人気検索キーワードでは“おばさんパンツ”がダントツだけれど、『畳とおばさんパンツ』は同じ期間に 186人に読まれただけ。


(ame00821.gif)

『畳とおばさんパンツ』

(2010年8月21日)

『海外で信用されたい』がアメブロでは、どうしてダントツで読まれるのですか?

もう一度、人気記事リストを見て欲しい。


(ame20311.gif)

「ファシスト管理人」についての記事が読まれているからだよ。

オイラのことが書かれている記事が読まれると、どうして『海外で信用されたい』が読まれるのですか?

なぜなら、上のリストに出てくる「ファシスト管理人」の記事の中に『海外で信用されたい』が紹介されてリンクも貼ってあるからだよ。 検索ワードリストには「海外」も「信用」も出てこない。 つうことは「ファシスト管理人」の記事の中の『海外で信用されたい』のリンクをクリックして読んだということだよ。

。。。で、どうしてオイラの記事が読まれるのですか?

オマエがネットで悪名高くなっているからだよ。。。

どうして。。。?

「ファシスト管理人」がネットでもチョー悪名高くなっているからだよ。 次の検索結果を見てごらんよ。


(gog20312b.gif)

あれっ。。。「ファシスト管理人」で検索すると 389,000件もヒットするのですか? しかも。。、しかも、、、1ページ目に表示される記事は、どれもデンマンさんが書いた記事ではありませんか!

そうなのだよ。。。うししししし。。。

しかし。。。、しかし。。。、どうしてオイラの代名詞でもある「ファシスト管理人」がそれ程有名になってしまったのですか?

それは次の検索結果を見ればオマエにも判るよ。


(gog20312.gif)

“肥後ずいき”がかつてダントツで読まれていたことをオマエも覚えているだろう! 3月12日に“肥後ずいき”で検索すると 33,900件ヒットした。 その最初のページに表示された 10番目の記事が『肥後ズイキとファシスト管理人』なのだよ。

『肥後ズイキとファシスト管理人』

(2012年2月25日)

つまり、“肥後ずいき”が目当てで検索した人が、たまたま上の記事を読んでオイラの名前を知るのですか?

その通りだよ。 

デンマンさん!。。。もしかしてネット市民の皆様が関心を寄せるようなタイトルを貼りだして記事を書きながら、オイラの名前をネット世界に広めようとしているのですか?

言論の自由・表現の自由を守るためだよ。

しかし。。。、しかし。。。、このような事をクドクド、クドクド書かれたら、この記事を。。。この記事を社長が読んで、管理人のオイラがいい加減な事をしていると思われてクビになってしまいますよ! そうなったらデンマンさんの責任ですよ!

ビビルなよ! 大丈夫だよ! オマエはクビにならない!

どうして。。。どうして。。。社長でもないのに、デンマンさんは、そのような事が言えるのですか?

あのなァ~、社長はオマエよりも愚か者だからだよ! (微笑)

マジで。。。?

2000万人も会員が居るということを疑いもしないでキャンペーンを張るのを許しているなんて国際的な常識では考えられない! しかも管理不行き届き! 部下の仕事の内容も把握してない! おそらく「ファシスト管理人」の記事も読んでないだろうし、『海外で信用されたい』も読んでないよ。 Amebloの社長も間違いなく国際化の波に取り残されているのだよ!

判るだろう? 2000万人も会員が居るなんて信じている社長は、オマエよりも国際的常識が欠如している。 しかも、ネット市民のコメントや意見を尊重する気持ちを持ってない! だから、この記事を読んでも僕の言おうしている事が理解できないよ! (苦笑)

デンマンさん!。。。マジでそう思うのですか?

そうだよ! だからオマエは安心して今の仕事を続けていてもいいのだよ。 でもなァ~、社長がいくらアホだと言っても、遅かれ早かれ判ってしまうことだよ! そう言う訳で、「言葉狩り」も「写真狩り」も止めた方がいい。 そうじゃないと、ますますアメブロの会員が離れて行ってしまう。 アホな社長も、いつか、冬眠中の会員が97%以上も居ることを知ってしまうよ。 とにかく、僕がオマエを厳しく批判して書いた記事『ファシスト管理人』をオマエは、まだ削除してない。 この点に関して僕はオマエの良識を認めるよ!


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

副社長になれるかも。。。!

今の愚かな社長をクビにして

オイラが社長になってしまおうかな?!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

馬鹿ですよねぇ~。 おだてるとすぐに調子に乗って喜んでしまうのですよ! 愚か者がスキップしながら帰ってしまいましたよ。 まだ反省が足りないようです。 もうしばらくの間、アメブロでは写真狩りが続くようですよ。 だから、あなたも、もし Ameblo で写真狩りされたら他のサイトへ移る事も考えてくださいね。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
また「写真狩り」ですわよ。
もう、あたくしはウンザリしているのでござ~♪~ますわ。

でも、もし、あなたがアメブロのファシスト管理人について、もっと知りたかったら次の記事を読んでくださいまし。

『ファシスト管理人』

『続・ファシスト管理人』

『オシムとファシスト管理人』

『玲子さんとファシスト管理人』

『冬眠会員とファシスト管理人』

『ファシスト管理人バンザイ!』

『五千の記事とファシスト管理人』

『GOOGLEとファシスト管理人』

『人権宣言とファシスト管理人』

『生理的欲求とファシスト管理人』

『人気者のファシスト管理人』

『未来のファシスト管理人』

『ファシスト管理人がワルを呼ぶ』

『ファシスト管理人と信用』

『不正アクセスとファシスト管理人』

『肥後ズイキとファシスト管理人』

『ファシスト管理人の将来』

『おばさんパンツとファシスト管理人』

『熟女とファシスト管理人』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

会員数が多くても実際に活動している会員は

少ないところもあります。

言葉狩りや写真狩りをしているサイトは当然嫌われます。

どうして会員数を誇示しようとするのでしょうか?

会員数が多ければ広告主に対して

広告の効果をアピールすることが出来るからです。

でも、デンマンさんが説明したように

冬眠中の会員が多いところはすぐに判ってしまうのですよね。

アメブロも、会員数にだいぶこだわっているようです。

2000万人どころか、1000万にも居ないということを

次の記事の中で分かり易くデンマンさんが説明しています。

面白いですからぜひ読んでみてくださいね。

『ファシスト管理人』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。