Posts Tagged ‘医療問題’

行田総合病院と事なかれ主義

2016年11月27日

 

行田総合病院と事なかれ主義

 


(gyoda119b.jpg)


(egg006.jpg)


(kato3.gif)

行田総合病院の理事長の挨拶には次のように書かれています!


(docriji.png)

かけがえのない命を守る

病気の予防から治療、さらには介護や在宅医療の支援まで、
患者さま一人ひとりのニーズに応えられるサービスの提供が、
病院に求められるという考えから、医療・福祉の総合的な支援体制強化に注力。

現在では、介護老人保健施設ハートフル行田、在宅介護支援センター、
訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、複合型介護保険施設心春(こはる)、
社会福祉法人壮幸会特別養護老人ホーム雅(みやび)を開設しています。

お気軽にお問い合わせください

TEL 048-552-1111
FAX :048-552-1116

〒361-0056 埼玉県行田市持田376


『行田総合病院の理事長の挨拶』より

そもそも、僕の母親が行田総合病院に入院したきっかけとなったのは
「介護老人保健施設ハートフル行田」に入所していたときに
風呂場でころんで仙骨を骨折したことでした。


(heartful2.jpg)

老人保健施設ハートフル行田
〒361-0037 埼玉県行田市下忍1157-1
TEL:048-554-9700(問い合わせ)
FAX:048-554-9730

それが原因で、寝たきりのような状態になったのです。

母親の退所に関しての報告書は受け取ったものの
骨折の件に関しての報告は一切なされてない!
この報告書の作成者は担当看護師の瀧澤さんです。

当時、僕が行田にいたなら、当然、ハートフル行田の担当の介護師の責任を追及したと思います。
どう見ても“業務上過失致傷”なのです。

僕が行田に帰省したのは2016年10月19日でしたが
僕に会うのを楽しみにしていた母がハートフル行田から実家に帰ってきたのが10月18日。
しかし、その翌日、僕が成田に着いたときには、すでに行田総合病院に入院したあとでした。

担当の吉田医師は特に悪質な医師だとは思いません。
江戸川病院で医療事故を起こして逃げ回る医者と比べれば
ずいぶんましな医師です。
しかし、“事なかれ主義”に凝り固まっているようです。

日本の医療制度にそって 入院医療報酬が削減されないように
患者を安定状態にして速やかに退院させることに努めている。

高齢者は どうせ、まもなく死ぬだろうという高をくくった医療だけを施しているように見えた。
なぜなら、僕は治療の件で呼び出されたことはない!

カロリーと水分の補給に関して呼び出されたのだけれど、
要は、次の病院はどこにするのか?
話を聞いていると、それを決めるのが最重要の件だと思われた。

しかも、入院中に母は脳梗塞を起こしてしまった。
その時に吉田医師が脳外科の専門医・波多野医師に問い合わせたのです。
t-PAという脳梗塞に効く薬があるのだけれど、
それは高齢者には適さないという。

吉田医師とモニターでカルテを見ながら話したのだけれど、
そのカルテには「患者は高齢者で体力が落ちているので この治療はナンセンス」と書いてある。

この文章はまるで素人が書いたような文章です。
専門の脳外科の医者が説明する文章とは思えない。
カルテの書き方を医学部で勉強してきたのか?

人によっては、66歳は高齢者だと見なす人だっているでしょう!
脳外科の専門医ならば、少なくとも次のように説明すべきです。

患者は満90歳以上であり、会話もできず、

目を瞑ったまま病床についている。

しかも、経口で固形食物を食べることができず

点滴で栄養を補給しており、

かなり体力が落ちているのを認めることができる。

よって t-PAの投与は不適切と思われる。

少なくともこのように書いて欲しい。
吉田医師に尋ねると脳外科の専門医の波多野医師は
患者に直接会って診ていないという!

吉田医師に「不適切」な理由を具体的に訊くと
高齢者の場合、t-PAは副作用があり、
一時的によくなっても他の部位で大出血をして
亡くなる可能性が高い。
それでt-PAを投薬しなかったという。

しかし、ネットで調べると、すぐに次のサイトに出会うことができる。

“おばあさんがよくなった!”


(banzai03.jpg)

2006年のある夜、10時頃のことでした。
その日の仕事がやっと終わった私は、SCU(脳卒中集中治療室)に向かいました。

緊急入院した90歳代のおばあさんが、重症患者用ベッドで治療を受けていました。

目は閉じたままで、名前を呼んでも返事がなく、右手足は全く動きません。
「ご高齢で、これだけ重症だと命を救えるかどうか……。うまくいっても寝たきりだろう」と思いました。

おばあさんは、ある薬の注射中でした。
新薬のt-PAです。
「ご高齢でしたが、発症から病院到着まで1時間と早く、『適正治療指針』(後で説明します)にも適合していたので……」と当直医が説明してくれました。

この患者さんのことが気になった私は、翌朝いつもより早くSCUに出勤しました。
大変驚いたことに、患者さんはベッドに座り、自力で朝食中でした。

担当看護師が「先生が帰られた後で、意識が急速に回復し、手足のまひもなくなりました」と笑顔で報告してくれました。

新薬t-PAの効果を心から実感した瞬間でした。
数日後に患者さんは退院、歩いて自宅へ帰られました。


『脳梗塞の新しい治療法』より

つまり、90歳代のおばあさんであっても回復するのです。
僕の母親も このおばあさんと同じような様態だった。

ところが脳外科の専門医である波多野医師も、内科医の吉田医師もこの事実を知らない。
要するに、二人とも自己啓発をしていない“事なかれ主義”の平凡な医者に過ぎない。

ところで、行田総合病院の理念には次のようにうたわれている。

基本理念と運営方針


(baddocs2.jpg)

患者さまのその苦しい時間、辛い時間を、共に過ごして、その痛みを和らげ、病魔を取り除き、再び元通りの生活に戻ることができるよう、最善の努力を尽くす、それが私たちに与えられた使命です。

その使命を全うすることが、私たちの誇りでもあります。

その使命と誇りを、次代へと”受け継ぎ”、より健やかな地域社会を実現するために、私たちは今日も歩み、今日も患者さまの傍らに佇みます。


『基本理念と運営方針』より

波多野医師も、吉田医師もこの基本理念を十分にかみ締めて
“事なかれ主義”ではなく、「患者さまのその苦しい時間、辛い時間を、共に過ごして、その痛みを和らげ、病魔を取り除き、再び元通りの生活に戻ることができるよう、最善の努力を尽く」して欲しいと思います。

次の記事でも母の入院中の医療について書いています。


(nurse3.jpg)

『行田総合病院 評判』(2016年11月10日)

僕の母親は2012年の12月に入院して奇跡的に命を長らえた。

その時の様子は次の記事で書きました。


(rainbow9.jpg)


『虹のかなたの奇跡』

『奇跡の回復』

要するに、波多野医師も、吉田医師もマンネリ化して、日本の医療システムの中で“事なかれ主義”に陥っている!
患者の苦しい時間、辛い時間を、共に過ごして、その痛みを和らげ、病魔を取り除き、再び元通りの生活に戻ることができるよう、最善の努力を尽くしていないのです!

行田総合病院の中でも 奇跡的に患者を回復させる三宅医者のような人物もいるのです。
同じ病院内でも 医師によって ずいぶんと対応が違うものです。

人の命を預かる医者です。
患者が再び元通りの生活に戻ることができるよう、最善の努力を尽くして欲しい。
それができないならば、人の命とは関わらない職業を選ぶべきです。

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
お医者様も あなたやあたくしと同じような人間でござ~♪~ますわ。
だから、長所もあり短所も兼ね備えております。

つまり、怠け癖があるお医者もいるでしょう。。。
一度 お医者になったら 自己啓発など 目になくて
お金儲けに走るお医者もいるでしょう。。。

でも。。。、人の命を預かるお医者です。
やっぱり、“事なかれ主義”ではなく、「患者さまのその苦しい時間、辛い時間を、共に過ごして、その痛みを和らげ、病魔を取り除き、再び元通りの生活に戻ることができるよう、最善の努力を尽く」して欲しいと思います。

そのような心がまえがないのでしたら、人の命を預かるお医者にならずに 人命には関わりのない職業について金儲けに走ってもらいたいものですわ。
あなただってぇ、そう思うでしょう?

ええっ。。。 お金儲けに走るお医者がいてもいいと、あなたは思うのですか?

だったら、あなたが命に関わる病気になって 江戸川病院に運ばれたとします。
そうすると、次のようなことにもなりかねないのですわ。

医療ミス「認めぬ江戸川病院、

逃げ回る医師」

内部告発で火葬直前に警察解剖

2012/10/25 15:15 J-CASTニュース


(edogawa2.jpg)

「とくダネ!」は1年近くも取材していた。
東京・江戸川区の江戸川病院で、昨年11月(2011年)に死亡した患者が「医療ミスによるもの」と内部通報があったのだが、病院は否定し医師も無言で逃げ回るばかりだ。

カテーテル抜去数分後に倒れ死去―執刀医は「よくあること」

死亡したのは60代の男性で、重度の腎不全で昨年10月29日に妹をドナーに腎移植手術を受けた。
11月3日に医師がカテーテルを抜いた直後に心肺停止状態となり7日に死亡した。
家族によると、手術の経過はよく、男性がベッドに座って家族と話をしていたとき、執刀の医師が来て首についていた透析カテーテルを抜いた。
男性はその数分後に倒れ込み、心臓マッサージなどをしたが回復しなかった。
医師は家族に「よくあること」といっていたという。

死亡診断書には「肺梗塞」とあったが、原因は空欄だった。
遺族は患者の最後の様子から「医療ミスではないか」と主治医に聞いたが、「医療事故なんかじゃありません」と否定され、そのまま解剖もせず火葬に回された。

ところがその直前、匿名で「医療事故です。いますぐ警察に司法解剖を依頼してください」と遺族に通報があって、火葬を中止して警察に知らせた。
解剖の結果は肺動脈空気塞栓症。血管に空気が入って毛細血管に達すると、血流が止まり肺組織が壊死する。
これが「肺梗塞」で病院の死因と同じだったが、解剖では原因は「カテーテルの抜去」とされた。

専門家によると、カテーテルは太いので空気の流入を避けるため、通常は座ったままでは行なわないという。
医療ミスが疑われるケースだが、取材に病院は一切答えなかった。
主治医も答えず、いまは鹿児島にいる執刀の医師(カテーテルを抜いた)も電話に「不適切ではなかった」とだけしかいわない。

「とくダネ!」にも電話「隠蔽体質だ。医療者としてどうかなと思って…」

実は「とくダネ!」には早い時期に別に内部告発があった。
複数の関係者が、「いいたくなるほどずさんだということ。
世間に知ってもらわないと 病院もことの重大さを認識できない」「隠蔽体質だ。医療者としてどうかなと。やることが悪いし遅い。結果に責任を持たない。これでは医療は成り立たない。やっていけない」と話していた。

この1月に病院は事故を受けた新たなマニュアルを作って「患者を臥床させる」「抜去時セキをしないよう説明」などとしていた。
しかし、病院はこうしたことを一切公表せず、逆に院内での密告者探しが行なわれて、電子カルテを開いた記録を洗ったりしたという。

日本移植学会は江戸川病院に対して、原因が判明するまで生体腎臓移植をしないようにと異例の勧告を出している。
病院も9月に事故調査委員会を開いてはいる。

取材にも加わった医療ジャーナリストの伊藤隼也は、「近年珍しいくらいひどい事件だなと思う」

司会の小倉智昭 「カテーテルの抜き方に問題があったわけですよね」

伊藤「重力がありますから寝かして慎重に抜くのが基本。委員会も構成メンバーに問題があったり、当の医師が出て来ていないとか。守秘義務を振りかざしたりもしている」

小倉「しかも(内部告発の)犯人探しをしてる」

伊藤「ミスを認めて改善するという常識がない。告発の電話がなければ、お葬式して終わりだった」

これではやはり病院の名前を覚えておきたくなる。


SOURCE :2012/10/25 15:15 J-CASTニュース

『江戸川病院と医者の卵』に掲載
(2014年2月25日)

とにかく次回も デンマンさんが興味深い記事を書いてくださると思います。

だから、あなたも読みに戻ってきてくださいましね。

じゃあねぇ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)
■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『愛とロマンの小包』


(hara16.jpg)

『虹のかなたの奇跡』

『虹のかなたから生還』

『北本から見る富士』

『愛の進化論』


(hara20.jpg)

『愛の奇跡』

『奇跡の回復』

『母上様@行田』

『逝く者と残る者』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんのお母さんの妹さん、

つまり、デンマンさんの叔母さんは洋画が趣味なのですってぇ。。。

1992年に製作されたアメリカ映画

“クールワールド”をご覧になったらしいですわ。


(world2.jpg)

アニメーション作家のラルフ・バクシが手掛けた、

実写とアニメの合成映画でした。

全年齢対象であった『ロジャー・ラビット』と違い、

お色気シーンもある作品でした。

キム・ベイシンガーがアニメと実写の奔放で

セクシーなヒロインを演じ、

ブレイク前のブラット・ピットも出演して

話題になりました。

交通事故に遭ったフランク(ピットが演じる)は

“クール・ワールド”に迷い込み、

その世界の捜査官となります。

彼は自らを創造した漫画家とセックスし

人間界で現実化しようとする悪人の企みを

阻止しようとするのです。

きめ細かな背景によりアニメの持つ不思議な世界が

奥行き深く見事に表現されています。

観る値打ちがありました。

日本では未公開でしたが

デンマンさんの叔母さんは

DVDを借りて観たのでしょう。

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてくださいね。


(bitegirl2.gif)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(monroe92.jpg)


(byebye.gif)

江戸川病院と2児のママ

2015年6月12日

 

江戸川病院と2児のママ

 


(edogawa2.jpg)


(mama102.jpg)


(nurse3.jpg)


(egg006.jpg)


(doctor13.gif)

デンマンさん。。。 久しぶりですねぇ~。。。 オイラは何も悪い事をしてないのに、どうして呼び出したのですかァ~?


(kato3.gif)

オマエは僕に呼ばれたくないのォ~?

できたら呼んで欲しくないのですけれど。。。

どうして。。。?

だってぇ~、またデンマンさんにアホ扱いされると思うのですよ。 一体いつまでオイラを呼び出してブログのネタにするつもりなのですかァ~?

今日は オマエも きっと関心があるだろうと思って呼び出したのだよ。

どういうことですか?

ちょっと次のコメントを読んで欲しいのだよ。


(liv50610m.png)

あれっ。。。 江戸川病院がまた問題を起こしたのですね。

そうらしいのだよ。。。

つまり、かつてデンマンさんが江戸川病院について書いた記事『江戸川病院と医者の卵』にコメントが付いたので オイラを呼び出したのですか?

そうだよ!。。。 その記事の中に登場してくる重要人物がオマエだからだよ。


(liv30225e.gif)

『実際の記事』

でも。。。、でも。。。、オイラは江戸川病院とは全く関係ありません。

確かに、オマエは江戸川病院とは全く関係がない。。。 でもなァ~。。。 記事の中に書いてある逃げ回っている医者とは関係がある。

いったい。。。、いったい。。。、逃げ回っている医者とオイラがどのように関係しているのですかァ~?

要するに、逃げ回っている医者も、オマエも、もともと医者になるべき人間ではないという点で共通しているのだよ!

オイラは、医者になるべき人間ではないのですか?

当たり前だろう!。。。 僕の記事に次のようなコメントをオマエは書いた。


(death90.gif)

『実際の記事とコメントはここをクリック!』

デンマンさん! んもおおおォ~! 何度も言ってるように オイラが書いた小さなコメントを こうして拡大して貼り出さないでくださいってばあああァ~! みっともないじゃありませんかア!

あれっ。。。 オマエも、みっともないと思うのォ~!? だったら 初めから書くなよゥ。

それで、オイラが書き込んだ上のコメントがどうだと言うのですかァ~?

あのさァ~、このようなコメントを書いた医者の卵が、将来、医者になった時に、オマエに診察を受けたいと思うような患者はいないのだよ!

どうしてっすかあああァ~。。。?

あのさァ~、オマエのように「死ね!」とコメントに書くような医者の卵が、将来、医者になったら、間違いなく診断ミス・診療ミスを起こして患者を殺してしまうのだよう!

つまり、オイラも江戸川病院の医者のように患者を殺して逃げ回ることになる、とデンマンさんは言うのですか?

当然だろう! 医者になろうという人間が、コメントに「死ね!」と軽々しく書くとしたら、その人間は異常な精神を持っているとしか言いようがない!

でも。。。、でも。。。、デンマンさんはいつも言っているじゃありませんかァ~!

僕が、いつも何てぇ言ってるのォ~?

「人間は完璧じゃないから、誰でも間違いを犯す」と。。。

確かに、その通りだよ!。。。 でもなァ~、人の命を預かる医者になろうという人間が 軽々しく「死ね!」というような事をコメントに書くことは許されることじゃないのだよ! そういう人間は、医者になるよりも むしろ屠殺会社か食肉加工会社で働くべきなのだよ。

つまり、オイラが晴れて医者になった暁(あかつき)には、診断ミス・診療ミスを犯して患者を殺してしまうとデンマンさんは言うのですか?

いや。。。 この記事を読むネット市民の皆様の、おそらく、100人のうち95人までが、そう思うよ。

要するに、この事を言うために、オイラを呼び出したのですか?

もちろん、それだけじゃないよ。。。 ちょっと次のリストを見て欲しいのだよ!


(liv50611b.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の6月1日から11日までの「リンク元URL」のリストなのだよ。 赤枠で囲んだ 記事に注目して欲しい。

あれっ。。。GOOGLE と Yahoo! で検索して『江戸川病院と医者の卵』がダントツで読まれているのですねぇ~。。。

その通りだよ。

。。。で、どのような検索ワードを入れて、『江戸川病院と医者の卵』を探し当てたのですか?

次のリストを見て欲しい。


(liv50611c.png)

『拡大する』

あれっ。。。 江戸川病院が問題を起こしているので、圧倒的に“江戸川病院”と入れて検索しているのですね。

そういうことだよ。。。 試しに「江戸川病院 評判」と入れてGOOGLEで検索してみたのだよ。 その結果を見てごらんよ。


(gog50611a.png)

『現時点での検索結果』

あれっ。。。 『江戸川病院と医者の卵』が 327,000件ヒットするうちの 9番目に出てくるのですね。

そう言う事だよ。。。 だから、この記事を読んでコメントを書いた人が 二人いたのだよ。


(liv50610m.png)

なるほどォ~。。。 で、この二人の友人が江戸川病院で医療ミスのために亡くなったというのは事実なのですか?

僕も一応コメントに書いてある URL をクリックして調べてみたのだよ。。。 すると、確かに、そういう事実がある。


(edogawa01.png)


『拡大する』

『実際の記事』

つまり、デンマンさんも江戸川病院の医療ミスで25歳の患者が死亡したと思うのですか?

上のニュースを読む限り その可能性が大いにあると僕も思うよ。。。 インフォームド・コンセントもなかったと言うし。。。 やはり、問題がありそうだよ。。。だから、徹底的に調査する必要があると思うねぇ~。。。

。。。で、“2児のママ”と言うのは、この問題と関係しているのですか?

いや。。。 この“2児のママ”と言うのはスパムコメントを飛ばした愚か者だよ! だから、この愚かなコメント・スパマーの IPアドレス (133.202.138.129) を晒して記事を書いたのだよ。 GOOGLE で検索すると、次のように たくさん記事が出てくる。


(gog50611c.png)

『現時点での検索結果』

「2児のママ 洋子 スパマー デンマン」と入れて検索したのですね。

そうだよ。。。 

つまり、デンマンさんはスパマーを晒して記事のネタにするのが趣味なのですか?

いや。。。 別に趣味と言う訳じゃないよ。。。 スパムを飛ばすことは、ヒラリーおばさんも嫌っているのだよ!


(hillary07.jpg)

つまり、ヒラリーおばさんが嫌っているので、デンマンさんも真似をしているのですかァ~?

いや。。。 僕はヒラリーおばさんの真似をしているわけじゃない! スパムを飛ばすことは、ネットでは最も嫌われている行為なのだよ!

でも、オイラはスパムを飛ばしてません。

だけど、オマエは医者になるつもりで 慈恵大学で勉強している身なのだよ。。。 そういう人間が、要するに、人の命を預かる人間が「死ね!」というようなことをコメントに書く。。。 そういうことは、許されていいことじゃない!

それで、オイラをこうして晒しているのですか?

そうだよ。。。 オマエのような医者が出てきては困るからだよ! 上の江戸川病院の医者だって、オマエと同じように、人の命など どうでもいいように思っているのだよ! だから、上のニュースに書いてあるような問題を起こすのだよ。

でも。。。、でも。。。、オイラはまだ学生で医者になってませんてばあああァ~。。。

ところが なかには、オマエがすでに慈恵大学を卒業して医者になっているのかもしれないと思っているわけだよ。 それで、こうして僕の記事が読まれている。

まさかァ~。。。?

オマエは信じたくないだろうけれど、僕の記事に次のよなコメントを書けば、絶対に注目を浴びてしまうのだよ。


(death90.gif)

たったァ、これだけのコメントを書いたために オイラはこれほど有名になってしまったのですかァ~?

有名になったわけじゃない! 悪名を轟(とどろ)かせるようになったのだよ。 それで、なかには「医者の卵 慈恵大学」と入れて検索して『江戸川病院と医者の卵』を読むネット市民もいるわけなのだよ。


(gog50611b.png)

『現時点での検索結果』

でも、これは単なる局地的な現象だと思うのですけれど。。。

いや。。。 けっして局地的な現象ではないのだよ。

つまり、オイラも将来 江戸川病院の医者のように逃げ回ることになると、デンマンさんは言うのですか?

そうだよゥ。。。 だから、江戸川病院の医者の真似をして逃げ回らないように慈恵大学でしっかりと医学の勉強をしろよなァ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
そうでござ~♪~ますわよねぇ~~。。。
医学の勉強をしっかりして、ヘマをした時に 逃げ回るような無様(ぶざま)な真似をして欲しくありませんわよねぇ~~。
あなただってぇ、そう思うでしょう?

それに、記事にコメントを書くときには、身元がバレる事も考えて、真面目なコメントを書いて欲しいものですわ。


(death90.gif)

結婚適齢期の女性が、上のコメントを見たら、慈恵大学で学んでいる「医者の卵」さんの性格を疑ってしまいますわよねぇ~。。。
あなただってぇ、疑ってしまうでしょう?
それに、この学生さんは いつまで真面目に勉強を続けるのでしょうか?


(ferrari2.jpg)

「フェラリで女の子をナンパして遊びまくる」と、かつて言っていたのですわ。
もし、あなたが女性ならば上のような非常識なコメントを書く人間にナンパされないでくださいね。

ええっ。。。 フェラリを乗っている男なら、どんな男でもいいからナンパされたいのォ~。。。?
どうしてよ。。。?

じゃあ、その理由をこの記事にコメントとして書いてくださいね。
デンマンさんが懇切丁寧に返信を書くだろうと思いますわ。 (微笑)

ところで、デンマンさんの個人的な面白い記事は次のリンクをクリックして読んでみてくださいまし。

『日本女性の愛と美の原点』

『日本女性の愛と情念の原点』

『ん? クラシックと津軽じょんがら節?』

『女の楽園とデンマン』

『テレサテンと叔母』

『母上様@行田』

『母上様@行田 (再度)』

『病院の悪い評判』

『どっちが親切?』

『アルチンボルドと伊藤若冲』

『小百合さんの香り』

『虹のかなたに』

『病院を批判する意味ある?』

『愚かな医者の卵』

『虹のかなたの奇跡』

『結婚できない医者の卵』

『院長の愚かなムスコ』

『医者の卵と評判』

『奇跡の回復』

『悪名高き医者の卵』

『マジっすかァ~♪~』

『江戸川病院と医者の卵』

『医者の卵とおばさんパンツ』

『医者の卵と病院口コミ』

『医者の卵もビックリ!』

『病院繁盛と医者の卵』

『病院の評判と医者の質』

『医者の卵と行田総合病院』

『お医者さんは結婚できないの?』

『ウソの真実』

『病院の良い評判』

『モリグチる』

『医者の卵と発掘捏造』

『医者の卵とあなたの病院』

『おもいやり病院』

『インフォームド・コンセント』

『ドクハラと医者の卵』

『高齢化と病院の評判』

とにかく、興味深い話題が続きますゥ。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。


(hand.gif)


(ski22.jpg)


(stars.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(snowboard.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(snowhous2.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(snow05b.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

インフォームド・コンセント

2014年5月16日

 

インフォームド・コンセント

 


(consent1.jpg)


(nurse3.jpg)


(egg006.jpg)


(doctor13.gif)

デンマンさん。。。 オイラをお呼びですか?


(kato3.gif)

オマエは僕に呼ばれたくないのォ~?

できたら呼んで欲しくないのですけれど。。。

どうして。。。?

だってぇ~、またデンマンさんにアホ扱いされると思うのですよ。 一体いつまでオイラを呼び出してブログのネタにするつもりなのですかァ~?

今日は オマエに尋ねたいことがあって呼び出したのだよ。

改まってぇ、オイラに何を尋ねるつもりなのですか?

あのさァ~、オマエは僕の記事に次のコメントを書いたよなァ~。。。


(death90.gif)

『実際の記事とコメントはここをクリック!』

デンマンさん! んもおおおォ~! 何度も言っているように オイラが書いた小さなコメントを こうして拡大して貼り出さないでくださいってばあああァ~! みっともないじゃありませんかア!

あれっ。。。 オマエも、みっともないと思うのォ~!? だったら 初めから書くなよゥ。

それで、オイラに改まって質問とは、いったい何ですかァ~?

オマエ、“インフォームド コンセント”ってぇ、知ってるよねぇ。

。。。ん? “インフォームド コンセント”。。。?


(consent2.jpg)

上のコンセントに“インフォームド”が付くと どうなるのですか?

やっぱり、オマエは“インフォームド コンセント”の意味を知らないようだなァ~。。。

もちろん、“コンセント”ぐらい知ってますよう。 コンセントがないと パソコンも使えませんから。。。 うへへへへへ。。。

あのなァ~、僕がオマエに訊いてるのは そのコンセントじゃないのだよゥ。

それ以外にも コンセントと呼ばれるものがあるのですかァ~?

あるのだよゥ。 オマエは将来 医者になるつもりなのだろう?

そうっすよう。。。 卒業して国家試験に受かれば オイラも医者になるのですよう。

だったら、“インフォームド コンセント”ぐらい知らないと医者の国家試験にも合格しないと思うよ。

インフォームド・コンセント

informed consent


(consent3.gif)

インフォームド・コンセントとは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。
特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上で、対象者が自らの自由意思に基づいて医療従事者と方針において合意することである。
単なる「同意」だけでなく、説明を受けた上で治療を拒否することもインフォームド・コンセントに含まれる。

説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。
また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。

なお、英語の本来の意味としては「あらゆる」法的契約に適用されうる概念であるが、日本語でこの用語を用いる場合はもっぱら医療行為に対して使用される。


出典: 「インフォームド・コンセント」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うへへへへへ。。。 この事ならば知ってましたよ。

今更、笑いでごまかしても、ここまで読んできた日本語が解る世界のネット市民の皆様は、オマエの言葉を信じないのだよ!

やっぱり、信じてもらえませんか?

とにかく、オマエは将来 命を救う医者になりたいと思っているにもかかわらず、僕の記事に「死ね!」とコメントを書くような異常なオツムを持っている。 だからこそ、将来、「インフォームド・コンセント」はネット市民の皆様にとって極めて重要な意味を持つのだよう!

それほど重要でしょうか?

だってぇ~、オマエのように「死ね!」とコメントを書く異常な精神を持っている奴が医者になるのだよゥ! “お医者様”だと言うだけでは 信用できなくなる世の中になるんだよ!

つまり、オイラのような人間が医者になる時代は 極めて物騒になる、とデンマンさんは言うのですか?

いや。。。 僕が言っているわけじゃない。

じゃあ、誰が言っているのですか?

ちょっと次のリストを見てごらんよ。


(liv40515.gif)

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の5月1日から15日までの「人気検索キーワード」のリストなのだよ。 赤枠で囲んだキーワードに注目して欲しい。

「行田総合病院」がトップで、「江戸川病院」が6位で、「行田中央総合病院」が9位ですね。

そうなのだよ。

どうして、ライブドアのデンマンさんのブログでは 病院が「人気検索キーワード」の上位に出てくるのですか?

オマエが人気があるからだよ。

オイラがライブドアのデンマンさんのブログで人気者になっているのですかァ~!? わああああァ~。。。 うれしいなあああァ~。。。


(smilejp.gif)

わああああァ~。。。 

うれしいなあああァ~。。。

オイ! 喜んでスキップしている場合じゃないのだよ!

オイラが人気者になったので 喜んではいけませんかァ~?

あのなァ~、正確に言うならば、オマエは人気者になったのじゃなくて、悪名高くなったのだよ。

どうしてっすかあああァ~。。。?

ちょっと次の検索結果を見て欲しい。


(gog40515.gif)


『愚かな医者の卵』

『医者の卵だよ!』

『医者の卵と評判』

もしかして“愚かな医者の卵”というのは オイラのことっすかあああァ~。。。?

もしかしなくても オマエのことなんだよ! 上のリストを見れば解るように「行田総合病院」、「江戸川病院」、それに、「行田中央総合病院」が出てくる。

つまり、オイラが慈恵大学を卒業して医者になってぇ この3つの病院のどれかに登場するのではないだろうかと。。。ネット市民の皆さんが気にしているのですか?

その通りだよ。

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ。 ちょっと「人気検索キーワード」の“フレーズ”の部分を見て欲しい。


(liv40515b.gif)

このように 3つの病院の評判を気にしているのだよ。 オマエが この3つの病院の評判を下げているのではないだろうかと。。。

でも、オイラはまだ学生で医者になってませんてばあああァ~。。。

ところが なかには、オマエがすでに慈恵大学を卒業して医者になっているのかもしれないと思っているわけだよ。 それで、こうして検索して調べているのだよゥ。

まさかァ~。。。?

オマエは信じたくないだろうけれど、僕の記事に次のよなコメントを書けば、絶対に注目を浴びてしまうのだよ。


(death90.gif)

たったァ、これだけのコメントを書いたために オイラはこれほど有名になってしまったのですかァ~?

有名になったわけじゃない! 悪名を轟(とどろ)かせるようになったのだよ。

でも、これは単なる局地的な現象だと思うのですけれど。。。

いや。。。 けっして局地的な現象ではないのだよ。

その証拠でもあるのですか?

たまたま夕べ本を読んでいたら次の箇所に出くわした。

自分のことは自分で決める


(nurse3.jpg)

メンタリティの基本的なところはあまり変わっていない。
それは「自分のことは自分で決める」という自己決定権に対する固執です。
自己決定したことであれば、それが結果的に自分に不利益をもたらす決定であっても構わない。

ある種の「自己決定フェティシズム」です。
これの典型は医療現場での「インフォームド・コンセント」だと思います。
いくつかの治療法の選択肢が医者から患者に示され、患者が「この治療法がいい」と納得したものを施術する。

僕はどうしてこんなことが医療現場で推奨されるのかさっぱりわからなかったのです。
医者はプロなんですから、「あなたの症状にはこの治療法がいちばんです」と太鼓判を押してくれればいい。
こちらは何しろ病気でへたばっているわけですから、そんなときに治療法の選択について知恵を絞れといわれても困る。

でも、インフォームド・コンセントが始まったアメリカでは事情が違うということをアメリカ育ちの友人から教えてもらいました。
彼はバイクの事故で肩の骨を折ったのですが、病院で治療法がいくつか示された。
そこで病院の図書館にこもってさまざまな文献を読破して、「この治療法がベスト」というのをみつけだして、それを医者に告げて手術してもらった。
「あんあに真剣に本を読んだのは久しぶりだったよ」と彼は晴れ晴れと語っていました。

なるほどね、と僕は思いました。
彼の場合は、治療法を自己決定したということがもたらすセルフ・エスティームがあきらかに心身のパフォーマンスを向上させている。
ですから、彼が仮にベストでない治療法を選択した場合でも、「決定を下したのは私である」という自尊感情がそのマイナスを補って、おつりがくる。
そういうものだと思うんです。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


119-119 『下流志向』
著者: 内田樹
2007年2月20日 第5刷発行
発行所: 株式会社 講談社

「インフォームド・コンセント」がどうして医療現場で推奨されるのかさっぱりわからない人が日本には多いのだよ。

デンマンさんはマジで そう思うのですか?

もちろんだよ! 次の江戸川病院の例を読んでごらんよ。

医療ミス「認めぬ江戸川病院、

逃げ回る医師」

内部告発で火葬直前に警察解剖

2012/10/25 15:15 J-CASTニュース


(edogawa2.jpg)

「とくダネ!」は1年近くも取材していた。
東京・江戸川区の江戸川病院で、昨年11月(2011年)に死亡した患者が「医療ミスによるもの」と内部通報があったのだが、病院は否定し医師も無言で逃げ回るばかりだ。

カテーテル抜去数分後に倒れ死去―執刀医は「よくあること」

死亡したのは60代の男性で、重度の腎不全で昨年10月29日に妹をドナーに腎移植手術を受けた。
11月3日に医師がカテーテルを抜いた直後に心肺停止状態となり7日に死亡した。
家族によると、手術の経過はよく、男性がベッドに座って家族と話をしていたとき、執刀の医師が来て首についていた透析カテーテルを抜いた。
男性はその数分後に倒れ込み、心臓マッサージなどをしたが回復しなかった。医師は家族に「よくあること」といっていたという。

死亡診断書には「肺梗塞」とあったが、原因は空欄だった。
遺族は患者の最後の様子から「医療ミスではないか」と主治医に聞いたが、「医療事故なんかじゃありません」と否定され、そのまま解剖もせず火葬に回された。

ところがその直前、匿名で「医療事故です。いますぐ警察に司法解剖を依頼してください」と遺族に通報があって、火葬を中止して警察に知らせた。
解剖の結果は肺動脈空気塞栓症。血管に空気が入って毛細血管に達すると、血流が止まり肺組織が壊死する。
これが「肺梗塞」で病院の死因と同じだったが、解剖では原因は「カテーテルの抜去」とされた。

専門家によると、カテーテルは太いので空気の流入を避けるため、通常は座ったままでは行なわないという。
医療ミスが疑われるケースだが、取材に病院は一切答えなかった。
主治医も答えず、いまは鹿児島にいる執刀の医師(カテーテルを抜いた)も電話に「不適切ではなかった」とだけしかいわない。

「とくダネ!」にも電話「隠蔽体質だ。医療者としてどうかなと思って…」

実は「とくダネ!」には早い時期に別に内部告発があった。
複数の関係者が、「いいたくなるほどずさんだということ。
世間に知ってもらわないと 病院もことの重大さを認識できない」「隠蔽体質だ。医療者としてどうかなと。やることが悪いし遅い。結果に責任を持たない。これでは医療は成り立たない。やっていけない」と話していた。

この1月に病院は事故を受けた新たなマニュアルを作って「患者を臥床させる」「抜去時セキをしないよう説明」などとしていた。
しかし、病院はこうしたことを一切公表せず、逆に院内での密告者探しが行なわれて、電子カルテを開いた記録を洗ったりしたという。

日本移植学会は江戸川病院に対して、原因が判明するまで生体腎臓移植をしないようにと異例の勧告を出している。
病院も9月に事故調査委員会を開いてはいる。

取材にも加わった医療ジャーナリストの伊藤隼也は、「近年珍しいくらいひどい事件だなと思う」

司会の小倉智昭 「カテーテルの抜き方に問題があったわけですよね」

伊藤「重力がありますから寝かして慎重に抜くのが基本。委員会も構成メンバーに問題があったり、当の医師が出て来ていないとか。守秘義務を振りかざしたりもしている」

小倉「しかも(内部告発の)犯人探しをしてる」

伊藤「ミスを認めて改善するという常識がない。告発の電話がなければ、お葬式して終わりだった」

これではやはり病院の名前を覚えておきたくなる。


SOURCE :2012/10/25 15:15 J-CASTニュース

『愚かな医者の卵』に掲載
(2012年12月17日)

完璧な医者なんていないのだよ。 オマエを見れば誰だって そう思うに違いない!

つまり、オイラも上の医者のように逃げ回ることになると、デンマンさんは言うのですか?

だから、オマエがそうならないように僕は祈っているのだよ。 とにかく、オマエのような人間が医者になることを思えば「インフォームド・コンセント」は、日本でも これからますます重要になってくると思うのだよゥ。

つまり、この事を言うために今日は オイラを呼び出したのですか?

そうだよゥ。。。 オマエも、医者になってから江戸川病院の医者の真似をして逃げ回らないように慈恵大学でしっかりと医学の勉強をしろよなァ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
そうでござ~♪~ますわよねぇ~~。。。
医学の勉強をしっかりして、ヘマをした時に 逃げ回るような無様(ぶざま)な真似をして欲しくありませんわよねぇ~~。
あなただってぇ、そう思うでしょう?

それに、記事にコメントを書くときには、身元がバレる事も考えて、真面目なコメントを書いて欲しいものですわ。


(death90.gif)

結婚適齢期の女性が、上のコメントを見たら、慈恵大学で学んでいる「医者の卵」さんの性格を疑ってしまいますわよねぇ~。。。
あなただってぇ、疑ってしまうでしょう?
それに、この学生さんは いつまで真面目に勉強を続けるでしょうか?


(ferrari2.jpg)

「フェラリで女の子をナンパして遊びまくる」と、かつて言っていたのですわ。
もし、あなたが女性ならば上のような非常識なコメントを書く人間にナンパされないでくださいね。

ええっ。。。 フェラリを乗っている男なら、どんな男でもいいからナンパされたいのォ~。。。?
どうしてよ。。。?

じゃあ、その理由をこの記事にコメントとして書いてくださいね。
デンマンさんが懇切丁寧に返信を書くだろうと思いますわ。 (微笑)

ところで、デンマンさんの個人的な面白い記事は次のリンクをクリックして読んでみてくださいまし。

『日本女性の愛と美の原点』

『日本女性の愛と情念の原点』

『ん? クラシックと津軽じょんがら節?』

『女の楽園とデンマン』

『テレサテンと叔母』

『母上様@行田』

『母上様@行田 (再度)』

『病院の悪い評判』

『どっちが親切?』

『アルチンボルドと伊藤若冲』

『小百合さんの香り』

『虹のかなたに』

『病院を批判する意味ある?』

『愚かな医者の卵』

『虹のかなたの奇跡』

『結婚できない医者の卵』

『院長の愚かなムスコ』

『医者の卵と評判』

『奇跡の回復』

『悪名高き医者の卵』

『マジっすかァ~♪~』

『江戸川病院と医者の卵』

『医者の卵とおばさんパンツ』

『医者の卵と病院口コミ』

『医者の卵もビックリ!』

『病院繁盛と医者の卵』

『病院の評判と医者の質』

『医者の卵と行田総合病院』

『お医者さんは結婚できないの?』

『ウソの真実』

『病院の良い評判』

『モリグチる』

『医者の卵と発掘捏造』

『医者の卵とあなたの病院』

『おもいやり病院』

とにかく、興味深い話題が続きますゥ。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。


(hand.gif)


(ski22.jpg)


(stars.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(snowboard.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(snowhous2.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(snow05b.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

ポックリゆきたいの?

2013年12月28日

 
 
ポックリゆきたいの?
 

(pokkuri.jpg)

 


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 師走も押し迫っているのに どうして縁起でもない話題を選んだのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、実は夕べ本を読んでいたら次の表に出くわしたのですよ。

あなたはポックリ死ねますか?
 
 
下の質問事項に該当したら

クエスチョン・マークを

クリックして“チェック”してください。
 
 
1) “長生きしようと思っている”      

2) “食事のバランスは良い”       

3) “脳卒中の人が家族にいる”     

4) “家族と一緒にすごす時間が多い” 

5) “朝は目覚まし時計で起きる”    

6) “夜は寝つきがわるい”        

7) “若い人に教える技能を持っている”

8) “神経が疲れたらリフレッシュする” 

9) “アルツハイマーの人が家族にいる”

10) “本をよく読む”            

11) “健康診断や癌検診を       
     受ける方だ”

12) “生活習慣病がないか、     
     あっても管理をしている”

13) “体を動かす機会があまりない” 

14) “体が疲れていてもつい      
     無理をしてしまう”

15) “足腰は強い方だ”        

16) “体は柔らかい方だ”       

17) “足が器用に動く方だ”      

この上の17の質問に答えると“ポックリ死ねるかどうか?”が判るのですか?

そうなのですよ。

でも、上の質問が書いてある本は信頼できるのですか?

あのねぇ~、著者の佐藤さんというのは東北大学医学部を卒業した医学博士で、現在も東北大学の加齢医学研究所の准教授を勤めているのです。

世間を騒がせた森口尚史さんのような人ではないのですか?

あのねぇ~、上の本には監修者がいるのですよ。 その監修者は佐々木英忠・博士という人で、1987年に東北大学医学部の老年科教授になり、現在は秋田看護福祉大学の学長をしている人です。 だから、まず信用できる本ですよ。

。。。で、デンマンさんは上の質問に答えた結果、“ポックリ死ねる”と出たのですか?

上の質問に答えた結果が15点以上になると“ポックリ死ねる”そうです。 僕は残念ながら14点でした。

あらっ。。。 あと1点で“ポックリ死ねる”のですわね。 (微笑) 惜しいですわね。

小百合さんも試してみてくださいよう。

。。。で、判断の基準はどうなっているのですか?

次のようになっているのです。

“脳と体どちらが先に衰える?”チェック

                        ポックリ死   脳が先   体が先


1) “長生きしようと思っている”      はい             いいえ

2) “食事のバランスは良い”       はい             いいえ

3) “脳卒中の人が家族にいる”     いいえ             はい

4) “家族と一緒にすごす時間が多い” はい      いいえ

5) “朝は目覚まし時計で起きる”    いいえ     はい

6) “夜は寝つきがわるい”        いいえ     はい

7) “若い人に教える技能を持っている” はい     いいえ

8) “神経が疲れたらリフレッシュする”  はい     いいえ

9) “アルツハイマーの人が家族にいる” いいえ    はい

10) “本をよく読む”            はい      いいえ

11) “健康診断や癌検診を       はい              いいえ
     受ける方だ”

12) “生活習慣病がないか、      はい             いいえ
     あっても管理をしている”

13) “体を動かす機会があまりない”  いいえ             はい

14) “体が疲れていてもつい       いいえ             はい
     無理をしてしまう”

15) “足腰は強い方だ”         はい             いいえ

16) “体は柔らかい方だ”        はい             いいえ

17) “足が器用に動く方だ”       はい             いいえ

“はい”、“いいえ”にかかわらず「ポックリ死」「脳が先」「体が先」の縦の列で見たときに、最も多い回答が入ったパターンがあなたのパターンです。

「ポックリ死」の列で15以上回答したらポックリ死ねる可能性が高いです。


82ページ 『ポックリ死ぬためのコツ』
著者: 佐藤琢磨
2009年8月21日 第1版第4刷発行
発行所: 東京書籍印刷株式会社

質問に“チェック”マークを入れた答えが“はい”に当たって、何も入れずクエスチョンマークのまま残っている箇所が“いいえ”に当たるわけですよ。 その答えを上の基準に合わせれば“ポックリ死ねる”かどうかが判るようになっているのです。

「脳が先」「体が先」というのは、どういうことですか?

あのねぇ~、「ポックリ死ぬ」ということは“脳”と“体”がほぼ同じペースで衰えていって、初めて可能なことらしいのですよ。 脳が先に衰えても、体が先に衰えてのポックリとは死ねないらしい。。。で、小百合さんの結果はどうでした?

私は、こういう質問には答えないようにしているのですわ。

どうして。。。?

悪い結果が出たときに精神衛生上良くないからですわ。 (苦笑)

あのねぇ~、そんなに深刻に考えなくてもいいのですよ。 だいたい「ポックリ死」という概念自体が医学的に、まだはっきりとしていないそうですよ。

でも、「ピンピンコロリ」という言葉はよく聞きますわ。 「ポックリ死」というのは、ピンピンしたまま病気などせずに、ある日コロリと逝くことでしょう?

そうらしいですよ。 でも、「ポックリ」というのは、もともと浄土宗の言葉らしいですよ。

どういう意味なのですか?

「保久利(ほくり)」が語源だそうです。 浄土宗では功徳を積んだ人が亡くなると阿弥陀様がお迎えに来て、死後の世界である浄土で永久に御利益(ごりやく)が保たれるという教えがあるそうです。 これが元になり、「保久利と逝く」が「ポックリ死ぬ」になったというのですよ。

つまり、「ポックリ死ぬ」ことは、もともとは功徳を積んだ人だけの死に方だったのですわね。

そういうことですよ。 それが いつの頃からか「長生きして自分も苦しまずに、家族にも迷惑をかけないでピンピンコロリと死ぬ」意味になったようですよ。 小百合さんもピンピンコロリと逝きたいのでしょう?

そうですわね。 寝たきりになって家族に迷惑かけながら 苦しんで死にたくないですわ。

あのねぇ~、面白いことに「ポックリ寺」は人気があるのに「延命地蔵」にお参りに行く人はいないそうですよ。

あらっ。。。 「ポックリ寺」というのがあるのですか?

そのものズバリ!のお寺はないのだけれど、「ポックリ寺」と言われている“風立寺(ふうりゅうじ)”が山形市にあるのですよ。


(pokkuri2.jpg)

 山形市風立寺 安楽地蔵(ぽっくり地蔵)


(pokkuri3.jpg)

  山形市 光禅寺 延命地蔵

どうして延命地蔵にお参りする人が少ないのですか?

あのねぇ~、昔は“延命”という言葉が“長生き”を意味したのだけれど、最近では、“治る見込みのない病人を医療技術で無理矢理生かす”という意味で受け取られるようになったのですよ。

あらっ。。。 そうなのですか?

僕の母親も“延命治療”はして欲しくないというので、家族の前で生前発効の遺言書を書いたほどですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あたくしも逝くときには、ピンピンコロリと逝きたいのでござ~♪~ますわ。
あなたは、いかがでござ~ますか?

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ。
分からない事ではござ~ませんわよね。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』


(kinuga25.jpg)

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』

■ 『季節はずれのバレンタイン』

■ 『ホワイトソースの思い出』

■ 『レモンと胡椒と愛情』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

■ 『国際化の塩を求めて』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の知名度』

■ 『ドコモのタリアセン』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のトマト』

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)
 

お医者さんは結婚できないの?

2013年12月11日

 
  
お医者さんは結婚できないの?


(breakup5.gif)


(nurse3.jpg)


(egg006.jpg)


(doctor13.gif)

デンマンさん。。。 オイラをお呼びですか?


(kato3.gif)

オマエ、呼ばれたくないのォ~?

できたら呼んで欲しくないのですけれど。。。

どうして。。。?

だってぇ~、またデンマンさんにアホ扱いされると思うのですよ。 一体いつまでオイラを呼び出してブログのネタにするつもりなのですかァ~?

オマエは、ブログに書かれることが不満なのォ~。。。?

オイラが慈恵大学の学生だということが最近ネットで知れ渡って、同級生の友達から苦情が出ているのですよ。

どういう苦情が出てるのォ~?

オイラが慈恵大学の評判を落としていると言うのです。 デンマンさんがオイラのことを記事で書くからですよ。 んもおおおォ~♪~!

オマエは僕に責任を擦(なす)り付けるのォ~?

だってぇ~、デンマンさんは、こうしてオイラの事を記事で書いてるじゃありませんかア! しかも、今日の話題はオイラの夢も希望も打ち砕(くだ)くようなタイトルじゃありませんかア!

僕がオマエの夢と希望を打ち砕くと言うのォ~?

だってぇ~、タイトルを見てくださいよう! オイラには結婚できないと書いてあるじゃありませんかア!

そうは書いてないだろう!?

書いてありますよう!

あのなァ~、僕はオマエが結婚できないと断定しているわけじゃないのだよ。 ちゃんとタイトルの最後に疑問符がついているだろう! よく見ろよ!

あれっ。。。 ホントですねぇ~。。。 でも、デンマンさんはオイラには結婚できないと信じ込んでいるのでしょう?

いや。。。 僕は別にオマエの結婚のことには特に関心がないのだよ!

だったら、どうして上のようなタイトルにしたのですか!

それには重要な理由があるのだよ。 その理由を説明するにはまず次の棒グラフを見て欲しいのだよ。


(ame31209a.gif)

これはアメブロの僕のブログの11月10日から12月9日までの30日間のアクセス数の記録なのだよ。

あれっ。。。 12月9日のアクセス数が延べ 984人でダントツですね。

そうなのだよ。

つまり、延べ 984人のネット市民の皆様がデンマンさんのブログにやって来たということを自慢したいのですか?

いや。。。 僕はその程度のことでは自慢しないのだよ。 注目して欲しいのは12月8日なのだよ。

12月8日は真珠湾攻撃の記念日ですね!?

確かに 1941年12月8日に真珠湾攻撃が行われたのだけれど、その事とは全く関係ないんだよ。

関係ないのに、どうして12月8日に注目するのですか?

次のリストを見て欲しいからだよ。


(ame31208.gif)

これは12月8日の時間別アクセス数なんだよ。

あれっ。。。 午前3時から4時までの1時間のアクセスがダントツですねぇ~。 つまり、真珠湾攻撃をするために、当時この時間には日本海軍機動部隊が北太平洋のヒトカップ湾からオアフ島の真珠湾に向けて航行している時刻ですねぇ。

あのなァ~、さっきも言ったように真珠湾攻撃とは関係ないのだよ。

それなのにどうして真夜中の午前3時から4時までの1時間がアクセス数がダントツなのですか?

それに答えるには次のリストを見て欲しい。


(twi31210.gif)

『実際のページ』

これは僕が TWITTER でつぶやいた記録なんだよ。 TWILOG というアプリが僕の呟きを1日ごとに自動的に こうしてブログにしてくれるのだよ。 12月8日の午前3時14分から午前4時3分までつぶやいたわけなんだよ。

つまり、デンマンさんが呟いたのを見てネット市民の皆様が その呟きの中のリンクをクリックしてデンマンさんのブログへ飛んで行ったというのですか?

その通りだよ。

それを信じろ!と言うのですか?

オマエには信じられないの?

第一、デンマンさんが午前3時から4時までに呟くと言うのが可笑しいじゃないですかア! そんな真夜中に起きて呟いていたと言うのですか?

あのなァ~、日本時間の午前3時はバンクーバー時間では前日(7日)の午前10時なんだよ。

でも、日本にいるネット市民の皆様が真夜中の午前3時から5時の2時間にデンマンさんの呟きを 131人が見ているなんて信じられません。

じゃあ、その証拠となるリストを見せてあげるよ。 じっくりと次のリストを見たらいいよ。


(ame31208b.gif)

これは12月8日の「リンク元URL」のリストなんだよ。 ピンクで囲んだ1番に注目して欲しい。 この日には延べ 692人のネット市民の皆様がやって来たのだけれど、その内の 596人の皆様は「お気に入り」と「ブックマーク」のページからやって来たのだよ。

つまり、デンマンさんが呟くと その人たちのページに更新情報が載って、さらに目覚まし時計が鳴って、その人たちは飛び起きて デンマンさんのブログを見ると言うのですか?

あのなァ~、目覚まし時計が鳴るわけねぇ~だろう!! その人たちは夜型人間で午前3時から5時の間は誰にも邪魔されずにルンルン気分でパソコンに向かってネット活動をしていたのだよ!

信じられません!

オマエだって、その時間に徹マンやってただろう? 夜型人間は意外に、たくさんいるんだよう。

あれっ。。。 デンマンさんはよく知ってますねぇ~。。。 その通りですよう。 オイラはマンションで友達を集めて徹マンやってましたァ。 どうして知っているのですかァ~?

監視カメラが僕のパソコンにつながっているのだよう。 うへへへへへ。。。

まさかァ~。。。 悪い冗談は止めてくださいよう! でも、その人たちがTWITTER を見ていたと言うのは信じられません。

だから、その人たちはアメブロの常連さんだから アメブロの呟きを見ていたのだよ。


(ame31211x.gif)

こうしてアメブロの “なう (アメブロのツイッター版)” でも8日の午前3時19分から午前4時4分まで呟いていたのだよ。

その呟きを見て 午前3時から5時の2時間にデンマンさんのブログを 131人の夜型人間が見たと言うのですか?

その通りだよ! オマエだって、この時間に徹マンしていたじゃないかア!

それはそうですけれど。。。 でも、この事と「お医者さんは結婚できないの?」と、一体どのような関係があるのですか?

その質問に答えるには、もう一度12月8日の「リンク元URL」のリストを見て欲しいのだよ。


(ame31208b2.gif)

赤枠で囲んだ 27番に注目して欲しいのだよ!

あれっ。。。 BING.COM で「お医者さんってそんなに結婚できないの?」と入れて検索して、その結果の中からデンマンさんの記事のタイトルをクリックしてブログにやって来た人がいたのですか?

その通りだよ。 27番のURLをクリックすると次の結果が表示されるのだよ。


(bin31210.gif)

あれっ。。。 赤枠で囲んである記事はデンマンさんがオイラのことで書いた記事ではありませんかア!

その通りだよ! この人は明らかにアメブロの常連さんではないのだよ! 多分、アメブロの僕のブログに初めてやって来たに違いない!

どうしてですか?

だから、「お医者さんってそんなに結婚できないの?」と言う疑問を解決するために次の記事を読みにやって来たのだよ。


(ame30106e.gif)

『結婚できない医者の卵』

。。。で、上の記事を読んだ人は疑問が解決したのですか?

解決したのだよ。 オマエのような医者の卵がなぜ結婚できないのか? この人は上の記事を読んで充分に納得して満足したのだよ。

ウソだ~♪~い!

ウソじゃないよ!

でも、オイラは結婚しようと思っています。

マジで。。。?

だってぇ、デンマンさんもオイラが結婚できるように応援しているのでしょう?

どうして僕がオマエの結婚を応援しなければならないのォ~?

だってぇ、12月8日には次の記事を書いたじゃありませんか!


(ame31208e.gif)

『実際の記事』

僕が上の記事を書いたことが、どうしてオマエの結婚を応援していることになるのォ~?

だってぇ、オイラはめれちゃんと結婚しようと思っているのですよう。

いい加減なことを言うんじゃないよ! だいたい、“めれちゃん”なんてぇ、なれなれしく呼ぶんじゃないよう!

いけませんか?

だいたい、オマエは まだ めれんげさんにプロポーズもしてないのだろう? 結婚できるわけねぇ~だろう!

ずっと以前。。。 厳密に言えば11月22日に、めれちゃんにプロポーズしました。

マジでぇ~。。。 オマエ、マジでめれちゃんにプロポーズしてしまったのォ~?

うへへへへへ。。。 マジです。 その証拠があります。 デンマンさんも見たいですか?

ホントかよう!? じゃあ、その証拠とやらを見せてくれよ。

じゃあ、じっくり見てください。 コメント欄の赤枠で囲んだところです。


(mer30702.gif)

『実際のページ』

いい加減な事を言うんじゃないよう! これはプラダスパマーが書いたスパムコメントじゃないか!

違いますよう。 オイラがプラダの財布を買って それをめれちゃんにプレゼントしてプロポーズしようと思ったのですよ。

英語で書いたから ほとんどの人に解らないと思っているのだろうけれど、そんなことはコメントに書いてないじゃないかア!

とにかく、オイラはめれちゃんと結婚しようと思っています。

でもなァ~、めれちゃんはオマエとは結婚しない!

どうしてっすかァ~?

大体、オマエが書いた次のようなコメントを見たら、ほとんどの女性が引いてしまうのだよ。


(death90.gif)

『実際の記事とコメントはここをクリック!』

慈恵大学で医学の勉強をしている医者の卵のオマエが、こういうコメントを書いたら絶対に問題になるのだよ!

マジっすかあああァ~。。。?

マジっすかあああァ~じゃねぇ~だろう! だからオマエの同級生が「慈恵大学の評判が落ちている!」とオマエに苦情を言うのだよ!

でも、めれちゃんは気にしないと思うのですけれど。。。

上のコメントを見たら、たいていの女性がオマエの性格を疑ってしまうのだよ。

じゃあ、めれちゃんと結婚するには、オイラはどうしたらよいのでしょうか?

もう2度と上のようなコメントを書かないことだよ! それと、 これから一生懸命に勉強して立派な医者になることだよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
確かに、結婚適齢期の女性が、上のコメントを見たら、慈恵大学で学んでいる「医者の卵」さんの性格を疑ってしまいますわよねぇ~。。。
あなただってぇ、疑ってしまうでしょう?
それに、この学生さんは いつまで真面目に勉強を続けるでしょうか?


(ferrari2.jpg)

「フェラリで女の子をナンパして遊びまくる」と、かつて言っていたのですわ。
もし、あなたが女性ならば上のような非常識なコメントを書く人間にナンパされないでくださいね。

ええっ。。。 フェラリを乗っている男なら、どんな男でもいいからナンパされたいのォ~。。。?
どうしてよ。。。?

じゃあ、その理由をこの記事にコメントとして書いてくださいね。
デンマンさんが懇切丁寧に返信を書くだろうと思いますわ。 (微笑)

ところで、デンマンさんの個人的な面白い記事は次のリンクをクリックして読んでみてくださいまし。

『日本女性の愛と美の原点』

『日本女性の愛と情念の原点』

『ん? クラシックと津軽じょんがら節?』

『女の楽園とデンマン』

『テレサテンと叔母』

『母上様@行田』

『母上様@行田 (再度)』

『病院の悪い評判』

『どっちが親切?』

『アルチンボルドと伊藤若冲』

『小百合さんの香り』

『虹のかなたに』

『病院を批判する意味ある?』

『愚かな医者の卵』

『虹のかなたの奇跡』

『結婚できない医者の卵』

『院長の愚かなムスコ』

『医者の卵と評判』

『奇跡の回復』

『悪名高き医者の卵』

『マジっすかァ~♪~』

『江戸川病院と医者の卵』

『医者の卵とおばさんパンツ』

『医者の卵と病院口コミ』

『医者の卵もビックリ!』

『病院繁盛と医者の卵』

『病院の評判と医者の質』

『医者の卵と行田総合病院』

とにかく、興味深い話題が続きますゥ。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。


(hand.gif)


(ski22.jpg)


(stars.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(snowboard.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(snowhous2.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(snow05b.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

奇跡を呼ぶ女

2013年12月6日

 
 
奇跡を呼ぶ女
 

(rainbow9.jpg)


(banzai03.jpg)


(rainbow99.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさんは「奇跡を呼ぶ女」ってぇ、誰のことですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、それに答えるには、まず次の文章を読んでみてください。


(jbeauty203.jpg)

デンマンさん聞いてください。
文字通り奇跡、不思議な出来事です。
今日12月9日見舞いに行ってきました。
病室の交替もあり、部屋に入るとベットに芳江さん(デンマン注: 僕の母親)がいません。
血流が止まるくらいドキッとしました。

廊下に出て係りに尋ねたところ食堂に行っているとのこと。
気持ちでは走ってゆきました。
まあ、なんと車椅子で食卓に向き合っているではありませんか。
「芳江さんよかったね」と思わず手を握ったら力強く握り返してきました。
そのあと、よかったね、よかったねの連発。百遍も言ったでしょうか。
お互いに涙です。

不謹慎な言い方かも知れませんが芳江さんは死の淵より生還。
まさに奇跡です。
でも私だけが死の淵を考えたのでしょうか?
多分、デンマンさんだって一方ではその想いはあったのではと思います。
何しろ長男としての覚悟もあってか葬儀屋さんまで行かれたのですから。。。

芳江さんの真摯でこのあっぱれな負けず魂に敬意を表し、あとは欲張らず、このくらいの状態でいいから生への記録を大きく延ばして欲しいと心の底から思っています。
病院からの帰り際「デンマンさんに手紙を書くから」と言ったら「私は元気で飛び跳ねているからと書いて」と芳江さん。
車椅子の上で両手を高々に挙げて満面の笑みでした。


(banzai03.jpg)

繰り返しになりますがデンマンさんとの話の中、お互いに絶望を意識していたことを芳江さんにお詫びしましょう。
清司さんや正造さんには「お母さんはきっと良くなるから」といつも元気付けてきました。
芳江さんに対して私とデンマンさんの立ち位置が違うにせよ、デンマンさんにきついことを言ったとしたら、その点申し訳なかったなあとお詫びします。

夜7時まで病室にいました。
帰宅してあの元気な芳江さんの回復振りが私の脳を刺激しっぱなしです。


『虹のかなたの奇跡』より
(2012年12月20日)

あらっ。。。「奇跡を呼ぶ女」ってぇ、デンマンさんのお母さんのことですか?

そうですよ。 

でも、その事については何度も記事に書いたではありませんか! まだ書き足りないことがあるのですか?

それが、あるのですよ。 実は、上の叔母の手紙を受け取ってから しばらく経って僕は次のような返事を書いたのです。

2013年2月14日 (木曜日)


(kato3.gif)

今日はバレンタインデーです。
格別バレンタインデーに対する思い入れはありませんが、こうしてバレンタインデーに返信を書くことになったのも、母親の奇跡的な回復と関係があるのかもしれません。
多佳子さん(注:デンマンの叔母)の手紙は2月12日にマンションに帰り着いた時に手にしました。
昨日、返信を書くつもりでしたがブログの記事を書いていたら時間がなくなってしまい、バレンタインデーに雪崩(なだ)れ込んだというわけです。


(valent3.jpg)

母親の回復が予想以上に順調な様子が多佳子さんの手紙から見えるようで、読みながらホッとしています。
帰省を終えて日本から帰る数日前には葬儀屋に出向いて母親の葬式の準備を滞(とどこお)りなく済ませたものでしたが、無駄になって、これほど喜ばしいことはありません。
人間、必ずいつか死がめぐってくるものですが、このような形で喜びを与えてくれる母親の“ありがたみ”も、また格別です。

膀胱にカテーテルを入れて、言葉も発することができなくなったタカ叔母さんを見舞ってから、かれこれ10年近い年月が過ぎようとしていますが、その時も帰省を終えてバンクーバーに戻ってくる数日前のことでした。
それから1週間ほどしてタカさんは亡くなったのでした。

小生がタカさんを見舞った時の様子が、最後に母親を見舞った時の姿と瓜二つでした。
そのようなわけで、母親があと1週間の命だと思ったので葬儀屋に出向いたのです。

それにしても未だに信じることができません。
主治医の三宅医師からも詳しい病状を聞かされ、心臓のレントゲン写真も見ました。
心臓の周りの血管が悪玉コレステロールで詰まって、白くなっているところが少なくとも5箇所ぐらいあるのですよね。
心筋梗塞で、いつあの世に逝っても可笑しくない状態でした。

膝の状態もボロボロで入院前に歩いていたのが信じられないと医者も驚いていました。
しかも腎臓を検査したら検査値が40を越えたら危険なのに、お袋の場合には100をも超えていたのでした。
血圧は高いし、腎不全で、いつあの世に逝っても不思議ではなかった。

とにかく寝たきりで声が出ない。
うっすらと目を開いていました。
それまでに脱水状態で弱りきっていたし、
その後、むくみが出たりで、
“床ずれ”もひどくなるし、
見ていても苦しそうでした。

最後に小生は、母親の手を握り、体温のぬくもりを手のひらで感じながら、これが見納(おさ)めだと思いながら病室を後にしたのでした。
涙は出ませんでした。
すでに母親が逝くものだと心に決めて、数日間イメージトレーニングをしていましたから。。。
その後で葬儀屋に行ったのです。

多佳子さんの手紙を読みながら尿管を外したお袋が、妹の茉莉子さん、多佳子さん、それに弟の泰夫さんと楽しそうに話している様子が目に浮かぶようです。
信じられないけれど、それが事実なのですよね。
全く奇跡だと思います。

(後略)


『奇跡の回復』より
(2013年2月9日)

上の手紙の中の赤字にした箇所に注目してください。

腎臓を検査したら検査値が40を越えたら危険なのに、お袋の場合には100をも超えていたのでしたという箇所ですか?

そうです。 主治医の三宅医師から上の説明を聞いたのだけれど、具体的に詳しい内容までは伺わなかったのですよ。 とにかく、母親の病状が すごく危険な状態だったということだけは十分に理解できた。

それで。。。?

たまたま夕べ本を読んでいたら次の箇所にぶちあたったのですよ。

2005年2月13日 (日)

J医科大学病院 中央棟20階特別室午後1時、8回目の入院。

 (中略)

東京での共同生活も無事に終わり、阿久(悠)さんの腰の痛みも緩和されて何とはなしに春が過ぎた。


(aku02.jpg)

定期検査ではクレアチニンがすっかり高値安定の3台で推移していたが、もう一つ腎臓機能をチェックする尿素窒素の値が今年に入って37,44,45,47,55と上昇してきた。
通常なら10位の値であるのでかなりの危険水準である。
何か不安な兆しを感じ始めた。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


129-130ページ 『勝手にしやがれ』
著者: 河村シゲル
2008年9月25日 初版第1刷発行
発行所: KKベストセラーズ

この有名な作詞家の阿久悠さんは2001年(平成13年)に腎臓癌を患い、同年9月12日に癌の摘出手術を受けたのですよ。 それ以後は癌治療を受けつつ、病身を押して活動を続けていたのです。

それで、その後どうなったのですか?

癌が転移して 2007年(平成19年)8月1日午前5時29分、尿管癌のため東京都港区西新橋の東京慈恵会医科大学附属病院で亡くなってしまったのですよ。 70歳でした。

素晴らしい詞をたくさん書いたのに、70歳で亡くなるなんて残念ですわね。 まだ、まだ書けたでしょうに。。。

NHK追悼番組

阿久悠 名曲メドレー

もっと長生きしてもらって、いい詞をたくさん書いて欲しかったですよね。

デンマンさんは阿久悠のファンなのですか?

いや。。。 ファンと言うほどではないです。 でも、阿久悠の名前はよく耳にしていましたよ。。。で、僕が気になったのは 上の尿素窒素の測定値は阿久さんが亡くなる2年前の値なのですよ。

尿素窒素の値が2005年に入って37,44,45,47,55と上昇していたということですわね。

そうです。 2001年に阿久さんは腎臓癌の摘出手術を受け 2つの腎臓のうち1つを全部とってしまったのです。

。。。で、その片方の腎臓はどうなったのですか?

2006年の1月になって、とうとう完全な腎不全にになってしまって尿毒症の状態だった。 1日遅れれば間違いなく手遅れだったという状態で人工透析を始めたのです。 でも癌が進行して結局、2007年(平成19年)8月1日に帰らぬ人になってしまったのですよ。

デンマンさんのお母さんの尿素窒素の値は 100を越えてしまったというのに回復したのですか?

そうなのですよ。 だから奇跡なのですよ。 僕も気になってネットで調べてみましたよ。

腎不全で、BUN(尿素窒素)が

上昇するのは、どうしてですか?


【回答 1】

単純化してお答えします。
BUNは蛋白代謝の最終産物です。
体内のBUNは主に肝で産生され、そして腎から排泄されます。
腎不全で腎が機能しなくなれば、単純にBUN排泄が減りますから血中濃度は上がります。
単純に言えばそういうことです。

よってBUNの上昇は腎機能の指標になります。
しかし腎機能正常でもBUN産生過多であればBUNは上昇します。
更にBUNは腎機能を鋭敏に示すこともありませんから注意が必要です。


【回答 2】

尿素窒素は尿として排泄されるタンパク質のカスです。
腎不全(腎臓が働かない状態)では、腎臓での尿生成機能が失われるため、尿が出なくなりますので、尿として尿素窒素を排泄出来なくなります。
ですから血液中に尿素窒素は溜まりBUN値が上がります。
原尿は血液から作られますから、尿に出ないものは大抵血液に溜まります。


【回答 3】

基本的に尿素が増える原因としては、排泄させるおしっこが出なくなるときとアンモニアの生成がおおく、尿素がたくさんつくられる時である。
おしっこが出なくなるのは、腎不全である。
なので、腎不全で、尿量がすくなくなるか、尿がまったくでなくなると、尿素窒素は上昇する。

また、タンパク摂取量が増えたときも多少上昇する。
消化管出血では、赤血球、血漿タンパクが腸管で分解され、そのときにアンモニアが生成されて、その結果、尿素窒素が上昇する。

まとめると、

・腎不全
・タンパク摂取量の増加
・タンパク異化亢進
・消化管出血

などにより、尿素窒素は上昇する。
ちなみに、腎不全患者で、尿がまったくでなくなった場合、
2日くらいで、尿素窒素は100mg/dlを越える

■尿素窒素が上昇したらどうなるか?

尿素窒素が上昇すると尿毒症症状として、神経症状や消化管症状などがあらわれる。
また、尿素窒素は血漿浸透圧にも関与しており、尿素窒素が2.5mg/dl上昇ごとに、浸透圧は1mOsm/l上昇する。

例えば、尿素窒素が100mg/dl上昇すれば、浸透圧は、約40mOsm/lも上昇することとなる。


『Yahoo!知恵袋』より

つまり、僕の母親の尿素窒素の測定値が100を越えたということは もう完全な腎不全で尿毒症の状態ですよ。

それなのに助かったのですか?

そうなのですよ。 人工透析もせずに退院して普段の生活に戻ったのですよ。

マジで奇跡ですわね。

そうでしょう!? そうとしか言いようがないのですよ。 回復してからベッドに起き上がって主治医の三宅医師に「おかげさまで助かりました」と言ったら、先生は狐につままれたような表情を浮かべて、無言で立ち去ったと言うのですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
主治医の三宅医師にとっても、デンマンさんのお母様の回復は奇跡にも似て 極めて珍しい症例だったのでござ~♪~ましょうねぇ~。。。
とにかく、デンマンさんのお母様は死の淵から生還したのですから マジで喜ばしいことですわ。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ。
分からない事ではござ~ませんわよね。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』


(kinuga25.jpg)

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』

■ 『季節はずれのバレンタイン』

■ 『ホワイトソースの思い出』

■ 『レモンと胡椒と愛情』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

■ 『国際化の塩を求めて』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の知名度』

■ 『ドコモのタリアセン』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のトマト』

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)