Posts Tagged ‘初恋の思い出’

初恋の思い出

2017年2月1日

 

初恋の思い出

 


(1stluv101.jpg)


(june901.jpg)

 


(june001.gif)

デンマンさん。。。 今日はデンマンさんの“初恋の思い出”をじっくりと聞かせてくれるのですかァ~?


(kato3.gif)

。。。ん? 僕の“初恋の思い出”をジューンさんは聞きたいのですか?

だってぇ~、タイトルに、そう書いてあるではありませんかァ!

いや。。。 今日は僕の“初恋の思い出”ではないのですよ。。。

じゃあ、どなたの“初恋の思い出”なのですかァ~?

あのねぇ~、スペインのセビリアに住むマリア・ゴンザレスさんが“初恋”に拘(こだわ)っているのです。。。


(maria80.jpg)

セビリア


(sevillamap.jpg)


(sevilla23.jpg)

 

セビリア(Sevilla)は、スペイン・アンダルシア州セビリア県のムニシピオ(基礎自治体)。
アンダルシア州の州都であり、セビリア県の県都である。
自治体人口は約70万人(スペイン第4位)であり、セビリア都市圏の人口は約130万人である。
スペイン南部の政治、経済、文化の中心地であり、観光都市である。

発音・表記

日本では、セビリア(またはセビリヤ)とする表記が一般に定着している(「セビリアの理髪師」、観光ガイドなど)が、スペイン語での発音とは異なっており、よりスペイン語の発音に近い記述への試みから、セビーヤ、セビージャ、セビリャ、セビーリャとも表記される。
この表記の揺れは、スペイン語圏各国・各地域におけるll(エリェ)音の発音の差異に、起因したものである。

英語ではSeville (「セヴィル」)、フランス語ではSéville(セヴィル)、イタリア語ではSiviglia(シヴィッリャ)と発音する。

スペイン語では b と v を区別せず語・文中では[β] で発音し、カタカナで表すときはバ行を使うことが普通である。
しかし、英語などの発音を混在させてセヴィージャ、セヴィリアなどと誤って表記する者もいる。

歴史

古代ローマ時代には「ヒスパリス」(ラテン語: Hispalis)と呼ばれた。
紀元前8世紀か紀元前9世紀にタルテソスにより支配され、のちにフェニキア人やカルタゴ人の植民都市となった。
カルタゴ人は紀元前216年に都市を破壊したが、紀元前206年にスキピオが近郊にイタリカを建設し、ヒスパリスの再建を始めた。

8世紀よりイスラム勢力の支配下に入り、「イスビリヤ」と呼ばれるようになった。
タイファ諸国の分立期には、セビーリャ王国が栄えた。
レコンキスタの進展により、1248年にカスティーリャ王国のフェルナンド3世に征服され、以降はカスティーリャ王国の主要都市として発展した。

イタリアのジェノヴァ商人がセビリアに拠点をおいて積極的な活動を行っており、中世より港湾都市として栄えた。
当初はキリスト教徒とユダヤ教徒の共存がみられたが、14世紀半ばのペスト(黒死病)大流行の原因がユダヤ人に帰されるなど反ユダヤ主義の風潮が強まり、14世紀末にはポグロム(ユダヤ人虐殺)が起こった。
この動きは他の都市にまで波及し、多くのユダヤ人が迫害を受けた。

15世紀後半、カスティーリャ王国とアラゴン王国の合併によって成立したスペイン王国は、同世紀末にレコンキスタを完了させるとともに新大陸へ船を進めた。
イベリア半島西岸と航路で結ばれているセビリアは、新大陸との貿易の独占港となって繁栄を誇った。
16世紀から17世紀には、セビリアはスペインでもっとも人口の多い都市となり、1649年には13万人を数えた。
その年にペストが大流行し、セビリアは重要性を失い始めたが、バロック美術の中心地として重要性を保った。

19世紀のスペイン立憲革命では、セビリアは自由主義者の拠点となった。
20世紀のスペイン内戦では、アフリカに近い位置にあることから早期にフランコ軍に占領された。

1992年にはセビリア万博が開催された。

観光


(sevilla24.jpg)

 

闘牛やフラメンコの本場で、スペインを代表する観光都市。

セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館は世界遺産に登録されている。

セビーリャ美術館には スルバラン、ムリージョの作品が所蔵されている。


出典: 「セビリア」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

どうして急にスペインのセビリアに住むマリア・ゴンザレスさんを取り上げるのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv70127a2.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の1月26日の日本時間で午後9時52分から10時19分までの約30分の「生ログ」です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 1月26日の午後10時5分にスペインのGOOGLEで検索して デンマンさんが『徒然ブログ』に投稿した”First Love (初恋)”を読みにやって来たのですわねぇ~。。。


(breakup0.gif)

『First Love』

上の記事をマリアさんは読んだのですよ。。。 言ったでしょう。。。 マリア・ゴンザレスさんは初恋に拘っているのです。。。

でも。。。、でも。。。、マリア・ゴンザレスさんがアクセスしたとはどこにも書いてないではありませんかァ!

あのねぇ~、IPアドレスを調べると書いてあるのですよ。。。


(ip388.png)

『拡大する』

上のページの一番下にアクセスしたネット市民の名前 (Maria Gonzalez) が書いてあるでしょう!

確かに書いてありますけれど、プライバシーの保護のためにアクセスした人の名前までは絶対に表示されないのですわァ~。。。

ジューンさんは意外にネットに詳しいのですねぇ~。。。

そんなことは常識ですわァ~。。。

実は、他に アクセス者の名前をゲットする方法があるのです。。。 この後すぐに説明しますから、まず マリアさんがフラメンコを踊るのを見てください。。。 上のウィキペディアの説明にも書いてある通りマリアさんが住んでいるアンダルシア地方はフラメンコの本場ですからねぇ~。。。 ジューンさんも じっくりと見てください。。。


(maria81.jpg)

上のクリップでフラメンコを踊っているのがマリアさんなのですか?

ジューンさんは信じられないのですかァ~?

信じられませんわァ!

分りました。。。 ジューンさんが信じないのであれば、ちょっと次のコメントを読んでみてください。。。

 

 

I read your “First Love.”

I’ve decided to drop a few lines here.

Well… I also viewed “Summer of ’42” some years ago.

Yes, it is an unforgettable movie that remains in my heart even now.

Word comes to the woman that her husband has been killed in action, and almost wordlessly she takes the adolescent boy to her bed that very same night.

The next day she is gone, leaving behind a note in which she gently declines to comment on the meaning of their experience.

The note, however, suggests that perhaps, with time, it will take on an appropriate meaning of its own for the boy.

Based on my experiences, I really hoped so when I watched the flick.

Anyway, thanx much for reminding me of the fascinating movie.


【デンマン訳】

あなたが投稿した記事(”First Love”)を読ませていただきました。

感じたことを書かせていただきます。

記事の中で紹介された映画”Summer of ’42(おもいでの夏)”を何年か前に私も観ました。

そうですねぇ~。。。 観たあとでも いつまでも心に残る映画でした。

太平洋戦争中に夫が戦死して、その戦死公報が届くのでした。

その晩、未亡人になった女性は悲痛な思いで 親しくなった思春期の少年をベッドに誘うのでした。

翌日、未亡人はノートを残して家を出てゆきます。

そのノートには、昨夜の出来事については特に触れていません。。。

でも、未亡人は、少年が年と共に、やがて二人の間に起こったことを理解してくれるだろうと祈るような思いをこめて書いています。

私にも似たような経験がありますが、映画を観て未亡人の気持ちが伝わってきました。

いづれにしても、久しぶりに映画を思い出させてくれてありがとう。


 

Maria Gonzalez

2017年1月27日 4:29 AM

(maria83.png)

フラメンコを踊ったとは どこにも書いてないじゃありませんかァ!

あのねぇ~、マリアさんはフラメンコが本場のアンダルシア地方に住んでいるのですよ。。。 だから、フラメンコが踊れるのは、いわばスペイン人にとっては常識なのです。。。 日本の盆踊りのようなものですよ。。。

でも。。。、でも。。。、上のコメントにはフラメンコのことは一言も書いてありませんわ。。。

あのねぇ~、確かに、「フラメンコ」という言葉は出てきません。。。 でもねぇ~、“私にも似たような経験があります”と書いてある。。。

つまり、その経験の中でマリアさんはフラメンコを踊ったのですか?

そうですよ。。。 マリアさんの情熱的なフラメンコを見て、映画の中の思春期の少年のようにアレクサンドロ少年はマリアさんの魅力の虜(とりこ)になってしまったのです。。。

おもいでの夏


(sumer42a.jpg)

 

おもいでの夏(Summer of ’42)は、脚本家ハーマン・ローチャーの回顧録に基づく1971年のアメリカ映画である。
思春期の少年のひと夏の経験を描いた。

1942年夏、ニューイングランドの沖合いのナンタケット島へハーミーとその家族は、戦火を逃れてやってきた。
彼は、現地でオシー(オスキー)、ベンジーの同年の友人ができた。
思春期の彼らは性への関心が旺盛だった。

ハーミーは丘の上の一軒家に住む美しい人妻ドロシーの魅力に取り付かれた。
ドロシーの夫が出征した後、ハーミーはドロシーに接近する。

ガールハントの結果、ハーミーはアギーと、オシーはミリアムとデートをしたが、ドロシーのことが頭から離れないハーミーはアギーと関係することなく別れた。
ある夜、ドロシーの家を訪ねると、ドロシーの夫の戦死を伝える電報がテーブルの上にあった。

その夜、ハーミーはドロシーと初体験を行った。
翌日、再び訪ねると、既にドロシーは居ず、別れの手紙だけが残されていた。


出典: 「おもいでの夏」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

それで、マリアさんはアレクサンドロ少年と、映画のような体験を持った、とデンマンさんは言うのですかァ~?

そうですよ。。。

でも、そんな事はどこにも書いてないではありませんか!

あのねぇ~、マリアさんが僕のメールアドレスを突き止めて、詳しいことを聞かせてくれたのです。。。

信じられませんわァ。。。

昔の人は“信じる者は救われる!”と言ったのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、いったい、マリアさんは上のコメントをどの記事に書いたのですか?。。。 『徒然ブログ』の記事には、全く関係ない英語のスパムコメントが書いてありますが、マリアさんのコメントはないではありませんかァ~!

マリアさんはDenman Blog の記事にコメントを書いたのですよ。。。 次の記事です。。。 ジューンさんもクリックして確かめてください。。。


(biker412.jpg)

『Biker Babe』

確かに記事の一番下の方にコメントが書いてありますわ。。。 


(wp20412g.png)

『実際のコメント』

でも。。。、でも。。。、マリアさんが書いたという証拠がないじゃありませんか!

ジューンさんは、僕の言う事を いちいち疑るのですねぇ~。。。

だってぇ~、ネットには人を騙すよなスパムメールを飛ばしたり、スパムコメントを飛ばしたりする悪者がたくさんいるのですわ。。。 素直に信じたら、後で馬鹿を見るのですわ。。。

つまり、僕もその悪者のうちの一人だ、とジューンさんは言うのですかァ~?

何事につけても用心した方がいいのですわァ。。。

分りました。。。 ジューンさんがそれほど僕が信用できないのなら証拠を見せますよ。。。 次のリストを見てください。。。


(wp70127m.png)

『拡大する』

上の赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。 マリアさんがDenman Blog の ”Biker Babe”という記事に書き込んだコメントの詳細ですよ。。。

マリアさんは、どうして”First Love”と全く関係ない記事にコメントを書いたのですか?

いや。。。 全く関係ないわけではないのですよ。。。 ”Biker Babe”という記事のリンクは 『徒然ブログ』に掲載された”First Love”の記事の中に出てくるのです。。。


(liv21106e.png)

『実際の記事』

つまり、“初恋の思い出”というのは、マリアさんの“初恋の思い出”ですか?

いや、違います。。。 アレクサンドロ少年の“初恋の思い出”ですよ。。。 いけませんか?


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは“おもいでの夏”を観ましたか?

サウンドトラックが何とも言えず 素晴らしいのでござ~ますわァ~。。。

ええっ。。。 初恋の映画はお嫌いなのでござ~ますかァ~?

だったら、あなたのために1942年に制作された『千夜一夜物語(Arabian NIghts)』全編を貼り出しますわァ~。。。

当時としては 1時間40分の長編です。


(arabian42.jpg)

ただし、英語です。。。

ええっ。。。? 英語は全く聞き取れないのォ~?

だったら、次の検索結果を見て我慢してねぇ~。。。


(gog51230a.png)

『現時点での検索結果』

あなただってぇ、上の検索結果を見てビックリするでしょう!?

『千夜一夜物語』に興味を持っているネット市民もたくさんいるのですけれど、

“おばさんパンツ”にも関心がある人が多いのでござ~♪~ますわァ。

実は、「おばさんパンツ」で検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民の皆様は次の写真が気に入ったのですわァ!


(curtain5.jpg

どうでござ~ますかァ?

そうです。。。! あたくしのランジェリー姿なのですわよう!

うふふふふふ。。。

なかなか イカスでしょう!?

それに、最近、デンマンさんのブログにアクセスするネット市民の皆様は あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”に注目しているのですわよう。

ええっ。。。 信用できないのでござ~ますか?

それではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ~。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

あたくしは、ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

思い出ポロポロ

2016年5月3日

 

思い出ポロポロ

 


(poro16.jpg)


(poro17.jpg)


(poro18.jpg)


(poro12b.jpg)


(kato3.gif)

あれっ。。。 真由美ちゃんは『ミュージカル おもいでぽろぽろ』に主役で出演したのォ~?

デンマンさんは、どうして私が『ミュージカル おもいでぽろぽろ』に出演した、と言うのですか?

だってぇ~、上のポスターに真由美ちゃんが出てるじゃありませんかァ~!

デンマンさん!。。。 またコラージュして上のポスターをデッチ上げたのですねぇ~。。。 悪い癖ですわァ~。。。 うふふふふふ。。。

真由美ちゃん!。。。 黙っていれば解らないのですよう。。。 こういう時には、「ふつつか者ですが主演をやらせていただきましたわァ~。。。 うふふふふふふ。。。」と言って、僕と口車を合わせるのですよう。。。 んもおおおォ~。。。

私は根が正直だから、そういう事はできないのですわァ~。。。 ところで、どういうわけで“おもいでぽろぽろ”を取り上げたのですか?

あのねぇ~、2ヶ月ほど前にバンクーバーの無料週間新聞“Georgia Straight”を読んでいたら次のような映画の宣伝に出くわしたのですよ。

VANCITY THEATRE

1181 Seymour Street, Vancouver B.C.
604.683.FILM
http://viff.org/


(poro04b.jpg)

ONLY YESTERDAY

Never released theatrically in North America, this evergreen Studio Ghibli feature from the director of “The Tale of Kaguya” is a real heartbreaker, a wistful, lyrical film about a young woman escaping the city and taking stock of her life at 27.

Visiting relatives in the countryside, Taeko (voiced by Daisy Ridley in the English-language version) is enthusiastic about helping out on the farm, but she’s also preoccupied with emmories of her childhood: the first stirrings of romance, the onset of puberty, and the frustrations of math and boys.

Switching delicately between past and present, the film ponders what becomes of youthful expectations as we become adults, and more importantly, what can be revived.

“It’s both an important part of Ghibli’s history and a gem in its own right.”— Village Voice

English Dubbed Version: March 19, 22, 23.

Japanese with English Subtitles: March 21, 24.



(poro03.jpg)

北米ではまだ公開されていない この映画は、あの『かぐや姫物語』の監督が作った映画で、心をジ~ンとさせるお話です。

主人公の“たえ子”は27才になる女性で田舎に住む農家の親戚を訪ねてゆきます。

英語の吹き替え版ではデイジー・リドレーが主役の声を演じています。

人生の岐路に立ちながら、“たえ子”は都会から離れ、農業の手伝いをすることに情熱を燃やしています。

でも、どういうわけか、子供の頃の思い出が脳裏に甦(よみがえ)ってきます。

初恋の思い出、思春期の迷い、算数で苦労させられたことやクラスの男の子たちとのやり取りが思い出されるのです。

過去と現在を微妙に織り交ぜながら、誰もが大人になるときに経験する期待や、さらに大切なことは、子供の頃の思い出が、大人になってからどのように生かされるのか? そのような事を考えさせてくれる映画です。

「スタジオ・ジブリの歴史上重要な作品であり、また、それ自体素晴らしい作品だ」と“ビレッジ・ボイス誌”は推奨しています。

英語の吹き替え版の上映日: 3月19日、21日、23日

英語の字幕付き日本語版の上映日: 3月21日、24日

(デンマン訳)


SOURCE: Page 24 “The Georgia Straight”
March 17-24, 2016

この広告を見て デンマンさんは映画を観に行ったのですか?

いや。。。 バンクーバー市立図書館にDVDがあると思ったから、調べたのですよ。

あったのですか?

ありました。。。 それで予約して4月30日に観たのですよ。


(lib60502a.png)

『実際のリスト』

あらっ。。。 これまでにバンクーバー市立図書館で DVD を借りて 1,297本の映画を観たのですか?

そうです。。。 いけませんかァ~?

いいえ。。。 別にかまいませんけれど、デンマンさんは映画館では映画を観ないのですか?

だってぇ~、バンクーバー市立図書館で DVD を借りればタダで観られるでしょう!。。。 なにもお金を払って観る必要はないですよ。

でも、映画が公開されて すぐには観られないでしょう?

確かに、公開されてすぐには その映画のDVDは図書館に入ってないですからね。。。、封切られた映画を すぐには観られないけれど、半年ぐらいたつと観れますよ。。。

タダで観るために半年も待つのですか?

あのねぇ~、図書館は普通、いい映画のDVDしか置かないのですよ。。。 だから下らない映画を映画館でお金を払って観て あとで時間とお金を無駄にしたというような、ムカつくような経験をしなくてすみますよ。 (微笑)

。。。で、またデンマンさんはコメントを書き込んだのですか?

そうです。。。 僕の書き込んだコメントを読んでみてください。


(lib60502b.png)

『実際のリスト』

あらっ。。。 やっぱり英語で書くのですか?

日本語でも書けるようになっているけれど、やっぱりバンクーバーでは圧倒的に英語を話している人が多いからねぇ~。。。、日本語で書いたら読む人が 100人のうち2人ぐらいしか居ませんよ。

でも、コメントを読む人がいるのですか?

それが、いるのですよ。。。 バンクーバー市立図書館のカタログにアクセスすると次のページが出てくるのです。


(lib60502c.png)

『実際のページ』

コメントを書き込むと このページに表示される。。。 すると 面白そうなDVDの写真が出てくるのですよ。。。 それをクリックして もっと詳しい情報をゲットするのです。。。 だから中には“おもいでぽろぽろ”をクリックして僕のコメントを読む人もいるのです。。。 その証拠に 僕がちょっと目を話しているうちに、DVD を予約した人がいるのですよ。


(lib60502d.png)

『実際のリスト』

11時42分にソフトカメラで撮った時にはDVDを予約している人が5人だった。。。 それからしばらくして12時30分に見てみたら 予約者が6人になっているのですよ。

つまり、この事を言うために、わざわざ今日の記事を書き始めたのですか?

やだなあああァ~、そのようなつまらない事を書くために“おもいでぽろぽろ”を取り上げたわけではないのですよ。

じゃあ、どういうわけで。。。?

あのねぇ~、広田秀二君という男の子が登場するのですよ。 タエ子の小学生時代、5年生の同級生で隣のクラスなのです。。。 爽やかな性格で、野球がとても上手く、ピッチャーでクラスではエースを務めているのですよ。。。 クラスメートからは“ヒロ”と呼ばれていて、このヒロ君が密かにタエ子のことが好きだった。。。 そのことを同じクラスの女の子が聞きつけて、3人して わざわざ隣のクラスにいるタエ子に知らせるためにやってくる。

小学校5年生の頃には、よくあることですわよねぇ~。。。 うふふふふふふ。。。

そうなのです。。。 それを知ってタエ子も、興味を持ってヒロ君を見るようになった。。。 クラス対抗の試合があった時には、ヒロ君のクラスに負けてしまったのだけれど、タエ子は「ヒロ君ってぇ~、すごいんだなァ~」と感心させられるわけ。。。

ある日、タエ子が学校からの帰りに一人でトボトボと歩いてゆくと、ヒロ君が待ち構えているのですよ。。。 


(poro19.jpg)

タエ子はちょっと恥ずかしくなって、顔を合わせないようにして通りすがろうとするのだけれど、ヒロ君がオドオドしながらタエ子の前に立ちふさがるのです。。。 そして、勇気を出してタエ子に尋ねるのです。。。「晴れの日と、曇りの日と、雨の日で。。。、どれが好き?」 たわいのない質問なんだけれど、話のきっかけとしてヒロ君は勇気を振りしぼって訊いたわけ。。。


(poro11.jpg)

タエ子ちゃんは「曇りの日」と言うのですよねぇ~。。。

あれっ。。。 真由美ちゃんも“おもいでぽろぽろ”を観たことがあるんだァ~。。。

日本では、ずいぶんと話題になったので私も観ましたわ。。。 それで、そのシーンがデンマンさんにとっては感動的だったのですか?

僕も5年生の時に隣のクラスに気に入った女の子がいたのですよ。。。 で、その子のことで記事を書いたことがあるのです。

どの記事ですか?

ちょっと読んでみてください。

ん? クラシックで片思い?


(violin03.gif)

そうなんですよね。
僕は多分、恵美子さんに片思いしていたと思うんですよ。


(cute0015.gif)

中学校に入学して間もなくだった頃だと思いますが、
全校生徒が体育館に集まった時に
同学年の恵美子さんが“乙女の祈り”をピアノで独奏したのです。

僕はその時初めてこの曲を聴いたのですが、すばらしいと思いました。
感動しました。

曲も良かったけれど、あの恵美子さんが弾いたのだという事も感動的でした。
この恵美子さんは小学校のとき6年間隣のクラスに居た可愛い女の子だったのです。

よく目にした事はあっても口をきいたことが一度もなかったのです。
初恋の人ではなかったのですが、僕の気に入った女の子でした。
遠くから見ていて、可愛い女の子だなぁ~と思っていたのです。

小学校ではクラス替えがなくて6年間同じメンバーだったのですが、
中学校では学年毎にクラス替えがあったので、この恵美子さんと同じクラスになる事を期待していたのです。

しかし、とうとう同じクラスになる事はありませんでした。
(こういう思い通りにならない事って、人生にはずいぶんとあるものですよね?)

とにかく、僕が気に入っていた“乙女”が弾いた“乙女の祈り”が忘れられなくて、僕はどうしてもこの曲が弾きたくなった。
大学に入学して下宿から通うようになった頃、下宿にピアノがあったので楽譜を買ってきて、独習で弾き始めたのです。

とにかく、一生懸命に独習したので、何とか全曲を弾けるようになったのです。
自分では結構マシに弾けると思ったので、ぜひ恵美子さんに聞いてもらいたいなぁ~と思い始めたんですよ。


(piano2.jpg)

そう思ったら、何が何でも恵美子さんに聞いてもらいたいと思うようになった。
それで、夏休みに帰省した時に思いきって恵美子さんに電話したのです。

当時、恵美子さんは音楽大学に通っていました。
恵美子さんはビックリするだろうと思ったのですが、極めて落ち着いて冷静に受け答えしていたので僕のほうがその落ち着き方に内心ビックリしたほどでした。


(breakup0.gif)

これまでに一度も言葉を交わしたことのない女性に初めて電話して僕のピアノの演奏を聞いて欲しいと言ったのですからね。
もちろん、どうしてそういう気持ちになったのか、かいつまんで説明しましたが、
今から思うと“すっご~い心臓”を持っていたものだと、自分ながら呆れる思いです。

その後、恵美子さんがコンサートピアニストになったのかどうか、僕は、もうぷっつり連絡していないから全く分からないのです。
僕は社会人になると間もなく海外へ出てゆきましたから。。。

当時、彼女の家にはグランドピアノがあって、その頃でもピアノ教室が別棟にあって、そこで子供たちに教えていました。
とにかく、恵美子さんに会ったのは前にも後にもそれっきりなんですよね。
電話した事もなければ、手紙を書いたこともない。
本当にその時会ったのが初めで最後!

まず、このように書いても誰も信用してくれないと思いますが、これは実話です。
恵美子さんの名前は本名です。
僕の生まれは行田市です。

もしかして、この記事を恵美子さんが読む事があれば、すぐに僕が誰かと言う事が分かるはずです。
もちろん、僕は恵美子さんにまた会いたくなったから、と言うのでこの記事を書いているわけではありませんよ。

小学生のときに芽生えた“乙女”に対する思いが僕の“乙女の祈り”の演奏を聴いてもらう事によって完結した。
言ってみれば、そのような儚(はかな)くも淡い“恋”ではなかったのか?

もちろん、それは“片思い”にすぎなかったのだけれども、僕はその片思いをあのような形で完結したのだと。。。
今から思い返すと、そう思えるのです。

しかし、ずいぶんと下手くそで間違った演奏を聞かせたものだと、気恥ずかしくなりますよ。
この記事を恵美子さんがもし読む事があったら、夢のような馬鹿ばかしい思い出として、苦笑しながら思い出すことでしょう?

お恥ずかしい事ですが、クラシックだと言われている“乙女の祈り”を誰が作曲したのか?
この記事を書くまで知らなかったという“おまけ”までがついていますよ。うへへへへ。。。。
ついさっき調べたら次のような事が分かりました。


(girlwell.jpg)

1856年作曲

乙女の祈り (La prière d’une vierge)

テクラ・バダルジェフスカ (Tekla Badarzewska)

(1834年1月1日~1861年9月29日)

生誕地:ワルシャワ、 ポーランド

なんと、この人物は27歳で亡くなっているんですよね。
冥福を祈りたいですね。

とにかく、この人物が“乙女の祈り”を作らなかったら、僕は恵美子さんに会うことはなかったんですよ。

小学生の時に、恵美子さんのことを可愛い女の子だなぁ~と思っていただけで、一生会って言葉を交わす事はなかったはずです。

クラシックの“威力”なのでしょうか???

実は、この片思いの事は2006年6月13日に書いた記事の一部です。全文はもっと長いのですよ。
興味があったら次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。
クラシックに限らず音楽好きの人なら面白く読めると思います。

『ん? クラシック興味ある?』

Realogで書いた、この記事に対してRealogのメンバーの藤守美愛さんから次のようなコメントをもらいました。
ありがとね。 (デンマン注: 残念ながら、Realogは閉鎖・消滅しました。)


(gal06c.jpg)

初です☆
クラシック好きなので、
タイトルに釣られて来てしまいました。
コントラバスしてたんですか?
私はペットとパーカッション&ドラムしてました(^O^)

乙女の祈りはエレクトーンで弾いたので懐かしい~
独学でピアノは大変ですよね。
とても素敵な想い出だと思います=^▽^=

 

by 藤守美愛 2006/06/14 03:45


『ん? クラシックで片思い?』より
(2006年6月19日)

あらっ。。。 ヒロ君のように勇気を出して、デンマンさんも思い切って恵美子さんに電話したのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 でもねぇ~、その時、僕は大学生になっていましたけどねぇ~。。。 小学生の時には、恵美子さんに話しかける勇気はありませんでしたよ。

あらっ。。。 小学生の時のデンマンさんは、意外に おとなしく控えめだったのですわねぇ~。。。

いや。。。 僕は悪ガキだったのです。。。 大してケンカは強くはなかったのだけれど、ずいぶんクラスメートをイジメましたよ。。。 強がって見せたのでしょうねぇ~。。。 そういう点で映画の中に出てくる“アベ君”と同じような性格でしたよ。


(poro21.jpg)

アベ君はタエ子の小学生時代のクラスメイト。

五年生の一学期に転校してきた。

二人は同じ机に並んで座ることになった。

家が貧しく、たびたび不潔な行動をとるため皆から嫌われていた。

タエ子の前ではポケットに手をつっこんで道に唾を吐き捨てるなど不良少年のように振舞っていた。

タエ子は彼のことがずっと心残りだったが、トシオの助言により、彼がタエ子のことが好きだったことが判った。

だから、この映画を観ると 僕はヒロ君にも共感するところがあるし、アベ君にも共感するものがあるのですよ。。。

つまり、この事が言いたかったのですか?

いや。。。そればかりじゃないのですよ。。。 僕が自分のエピソードを書いたら、太田将宏老人が僕の記事を読んで次のようなコメントを書いたのですよ。

Identity theft をした

デンマンこと加藤明へ (Ⅵ)

コメント記入者: V. T.

2015-11-12 05:11:58 その四:

 

以上の加藤氏の狼藉にも拘らず、

心優しい私たち貴族の夫婦は、

彼と一緒にスキーをした事もあった、


(canski02.jpg)

彼が私たちをアルゴンキン パークに

ドライヴしてくれたこともあった、


(algon02.jpg)

とか、まがりなりにも、私を一晩、彼の部屋に泊めて、

ヴァンクーヴァを案内してくれた事もあった、


(mayumi40.jpg)

とか良かったことだけを憶えていて、嫌な事は最近まで忘れていたので、私は、ついつい、彼に出来立ての私の本を送ってしまった、という次第だったのです。

聞くも涙の物語でしょう(満場、シーンとして声もなし)。

加藤氏は、その私の本の最初の反応として、私への断りも無しに、私の文を、一部ではありますが、このBBSに転載して、さらに彼の<乙女の祈り>にまつわるsentimentalな駄文を付け加えて、彼の言う仮想の<世界>、つまり仲良しクラブに発表したのです。

それでも、心優しい私は、事後処置でありますが、私の作品を引用してもいいよ、と言ってやった次第でした(失笑)。

あの、加藤氏の<乙女の祈り>についての文章は、そんな事は、自分だけの胸だけに秘めておけばいい、という以外の何ものでもないではないですか。

読んでいる方が恥ずかしくなるような駄文ですねぇ(失笑)。

それと、あそこで引き合いにだされた女性、恵美子さんという方は、気の毒ですねぇ。


(cute0015.gif)

戸惑いを通り越して迷惑に思っているのではないか、と同情いたしました(ため息、そして失笑)。

彼を、無神経と言わなければ、無神経な人などは、世界中を捜してもいませんよねぇ(ため息、そして、失笑、又、ため息)。

その加藤さんが、自分史を書いているとか、書くとか、といっているのですよ。<世界>の皆様、身震いしませんか(ついに爆笑)。

それらを思いつつ、私は、また、新たに確認しました。

加藤氏は、無礼とか何とか言う以前の、まだ乳離れの出来ていない幼児が、際限なくダダをこね続けている様なものなのではないか、と。


『親愛なる将宏ちゃんへ』のコメント欄より
(2006年12月28日)

あらっ。。。 デンマンさんが2006年の12月28日に書いた記事に太田老人が去年(2015年)の11月12日に上のコメントを書き込んだのですか?

そうなのです。。。 2006年の6月14日にコメントを書いてくれた藤守美愛さんは“とても素敵な想い出だと思います”と書いているのですよ。。。ところが、70歳を過ぎた太田将宏老人は“共感脳”がすっかり萎縮してしまって、藤守美愛さんのように共感することができなくなってしまったのですよ。 (苦笑、それから爆笑!)

デンマンさん。。。 ちょっと、それは言い過ぎなのではありませんかァ~?

とにかく、この太田将宏老人のことでは、いろいろと記事を書かされてしまいました。。。 関心のある人はGOOGLEで「太田将宏」と入れて検索してみてください。。。 このような人間もいるのか?!。。。 とあなたも、呆れると言うか? 苦笑させられると言うか?。。。 あるいは、爆笑してしまうかもしれません。 (微笑)

つまり、この事が言いたくて、デンマンさんは今日の記事を書き始めたのですか?

違いますよ。。。 太田老人のことは、ついでに書いたまでです。。。

。。。で、いったい何が言いたいので“おもいでぽろぽろ”を持ち出してきたのですか?

もちろん、真由美ちゃんの事ですよ。

あらっ。。。 私のことですかァ~?

そうです。。。 僕も、真由美ちゃんがこの映画を観たという直感があったのですよ。

それは、どういうわけですか?

真由美ちゃんがカナダに移住したくなったということ。。。 それに、結婚しないのは、何かその前に自分がやらなければならないことがあるのではないか?。。。 そう思ったということを かつて真由美ちゃんは僕に話したことがあったからですよ。。。 ちょうどタエ子さんのように、会社の上司に10日間の休暇を申し出て山形の田舎に行くと決めて夜行列車に乗る。。。


(poro10.jpg)

僕は、このシーンを観ながら、真由美ちゃんも きっとこの映画を観たに違いないと思ったのですよ。

あらっ。。。 そうだったのですか?。。。 実は、私もタエ子さんの生き方に共感したのですわ。

そうでしょう!?。。。 僕も、なんとなく、そうじゃないかと思ったのですよ。。。

タエ子さんは、おそらく有機農業に夢と希望を見出して頑張っている2歳年下のトシオ君の生き方に惹かれ、やがて結婚することになるのかもしれないけれど。。。、


(poro05.jpg)


(poro20.jpg)

私はこの映画を観て、ますますカナダに行きたくなったものですわァ。

うん、うん、うん。。。 分かります。。。 分かりますよ。。。 夢が叶って、せっかくバンクーバーにやって来たのだから、その気持ちを忘れずに、今のバンクーバーの生活をエンジョイしてねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)