Posts Tagged ‘全蛋麺’

たまご麺@バレンタイン

2016年7月22日

 

たまご麺@バレンタイン

 


(eggnoodle3.jpg)


(valent91.gif)


(eggnoodle2.jpg)


(salon22.jpg)


(foolw.gif)

Subj:仙台辛味噌ラーメンを食べました。

仙台の思い出を食べることができました!

旨かったよ! ありがとう!

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date: Sat., June 18, 2016 5:49 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:6月17日(金)午前9時49分

 

1年ぶりで仙台辛味噌ラーメンを食べました。
麺の中では、やっぱり一番思い出深くて旨かったですよ。
。。。というわけで 6月18日に次の記事を書いたのでした。


(sendai90.jpg)

『仙台からバレンタイン』

仙台辛味噌ラーメンを食べながら、仙台の事をいろいろと思い出しましたよ。
仙台ジャズフェスティバルとか。。。
七夕祭りとか。。。
仙台市内循環バスに乗って小百合さんと久しぶりに仙台市内を見物したくなりました。

そういうわけで、ネットで仙台循環バスのYouTubeを見つけて上の記事の中に貼り出しました。
ビデオのバスの終点は、工学部でしたよ。
懐かしい!
途中の国際センターなんて、僕が学生の頃にはなかったのですよ。
ずいぶん、仙台も変わりました。

ところで、夕べは“ツナとタイのカレー”を食べました。
“タイの辛さ”をしみじみと味わいましたよ。


(inaba01.jpg)


(thai008.jpg)

でも、グリーンカレーということだけれど、緑じゃなかったよ。
褐色でした。
別に腐っていたわけじゃないと思うけれど。。。
きゃははははは。。。

レモングラスの味がしました。
1週間ぐらいしたら、もう一つの缶も開けようと思います。

そのうち“ボンカレー”を食べて、また面白い記事を書こうと思います。
小百合さんも期待して楽しみに待っててねぇ~。。。
きゃははははは。。。

関東地方は梅雨に入って、毎日じめじめとしているでしょうね。


(ajisai02.jpg)


(teruteru02.jpg)

バンクーバーでも、今年の6月は雨が多いのですよ。
やっぱり、地球温暖化の影響かねぇ~。。。?
でも、ムシムシ、ジメジメしないだけましですよ。

とにかく、健康が第一です。
病気は気から。。。
ストレスが溜まると病気になります。
だからストレス解消のために大いに体を動かしてね。
毎日、ルンルン気分で 掃除、洗濯してねぇ~。。。

そして時間ができたら、僕のブログでもじっくりと読んでねぇ~。。。
じゃあねぇ。。。

バイバ~♪~イ。。。


(denman01.gif)

 


(sayuri82.jpg)

Subj:デンマンさんが、意外に

バレンタインの小包を

楽しんでくれたので

うれしいですよ。

From: sayuri@hotmail.com
To: denman@coolmail.jp
Date: Tue, Jun 21, 2016 at 6:07 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:6月20日(月)午前10時7分

 

大した物でもないのに、喜んでくれてありがとう。

仙台辛みそラーメンは昨年のものと、ちょっと違った?

一番初めに送ったものと同じです。

昨年はお店になく

今年おくったのが、手に入らなかったんですよ 

缶詰はREDカレーじゃーなかった?

グリーンを送ってた?

いつもバタバタしてBOXに入れているから

記憶があいまい

また、秋にね。


(sayuri15.gif)


(kato3.gif)

小百合さんが送ってくれた缶詰はREDじゃなくてGREENでしたよ。。。 そのことでは次の記事を書きましたからねぇ~。。。


(thai009.jpg)


(thaigal2.jpg)


(sayuri88.jpg)

『タイからバレンタイン』


(sayuri55.gif)

。。。で、今日は“たまご麺”を話題に取り上げるのですか?

そうです。。。 いけませんか?

つまり、7月だというのに、またバレンタインのお話ですか?

そうです。。。 いけませんか?

デンマンさんは、いったいバレンタインの記事を何度書けば気がすむのですかァ~?

バレンタインの事を何度も書くと警視庁のサイバー犯罪捜査官に逮捕されてしまうのですかァ~。。。

そんな事はありませんけれど、デンマンさんのバレンタインの記事はネットで 嫌と言うほど出回っているのですわ。。。 試しに「バレンタイン 小百合 デンマン」と入れてGOOGLEで検索してみたのです。。。 その結果を見てくださいなァ~。。。


(gog60721a.png)

『現時点での検索結果』

あれっ。。。 3,100件もヒットするのですねぇ~。。。

そうですわ。。。 この記事が投稿されれば、また増えるのですわァ~。。。 中には、この記事の多さにムカついているネット市民もいると思うのですわァ~。。。

でもねぇ~、“たまご麺@バレンタイン”というタイトルに惹かれてこの記事を読み始めたネット市民もいるのですよ。。。 だから、“たまご麺”の話を最後までしないと、この次から僕のブログにやって来なくなってしまうのですよ。

でも。。。、でも。。。、私は“たまご麺”をバレンタインの小包の中には入れませんでしたわ。

そうです。。。 小包の中には入ってなかったのです。。。

それなのに、どういうわけで“たまご麺@バレンタイン”なのですか?

あのねぇ~、バレンタインの小包の中に“焼きそば粉末ソース”が入っていたのです。。。 だから、まず この事から説明するのですよ。。。 (微笑)

それは、前にもお話したように、札幌即席ラーメンを“焼きそば”にして食べるとデンマンさんが言ったので、ラーメンのスープで焼きそばを作っても美味しくはできないだろうと思い、“焼きそば粉末ソース”を入れたのですわァ~。。。


(joe006.jpg) 

うん、うん、うん。。。 そうです。。。そうです。。。 でもねぇ~、すぐそばの安売りスーパーでは、最近、札幌即席ラーメンを売ってないのですよ。。。 せっかく小百合さんがバレンタインの小包の中に入れてくれたのですから “焼きそば粉末ソース”を捨てたりしたら神様のバチがあたりますよう。。。 だから、先日、僕のマンションの近くにある Denman Place Mall へ行ったのです。 


(joe002.jpg) 

このショッピングモールの中に、“Joe’s No Frills”という安売りのスーパー・マーケットがあるのです。


(joe001.jpg) 

小百合さんがバンクーバーに居た頃は “Super Value”という名前でした。 その頃とは経営者が変わったのですよ。

そこで、売れ残りの“焼きそば麺”を安く売っていたのですか?

違いますよ。 あのねぇ~。。。 たまたま即席ラーメンを並べている通路を通ったら”Dried Noodles – Chow Mein” の袋が目に付いた。


(joe003.jpg) 


(joe004.jpg) 

でかい400グラムのパック2袋が。。。、つまり 800グラムの乾燥麺が $1.88 なのですよう。 日本円にして140円から150円ぐらいです。 32食分で、この値段だから安い。 袋の裏を見たら、ベトナムから輸入したと書いてある。

つまり、この乾燥麺を茹でて、焼きそばにするつもりで買ったのですか?

そうですゥ。。。

でも、その話しは前にも聞きましたわ。


(pasta22.jpg) 

『バレンタイン焼きそば』

粉末ソースを まだ使い切ってないのですか?

実は、4食分の乾燥麺を茹でて。。。 それに対して1個の“焼きそば粉末ソース”をかけて、みじん切りにした cilantro (パクチー)、賽(サイ)の目に切ったトマト を入れて、 それに醤油とカノーラオイルをかけて、少し炒めて こってりとした焼きそばを作ったのですよ。


(joe005.jpg)

あらっ。。。 美味しそうに出来上がっているではありませんかァ!

。。。でしょう!? 実に旨かったのですよう。 小百合さんの真心のぬくもりを感じながらじっくりと味わいました。 うしししし。。。

それで 32食分の乾燥麺はすべて食べてしまったのですか?

そうです。。。 でもねぇ、4食分の乾燥麺を茹でて1回分の焼きそばですよう。 それに対して1個の粉末ソースです。 だから、32食分の乾燥麺は 8回分の焼きそばです。

要するに、これまで8個の粉末ソースを使ったので、32食分の乾燥麺を食べきっても、まだ粉末ソースが2個残っていると言いたいのですか?

その通りです。 だから、また安売りの乾燥麺を買いに行ったのですよ。 ところが、売り切れて無いのです。

それで、どうしたのですか?

せっかく、小百合さんがバレンタインの小包に入れてくれた“焼きそばソース”だから、捨てると神様の罰が当たるでしょう。 だから、どうしても食べなければならない。

無理して食べることはないでしょうに。。。?

いや。。。 無理して食べるわけではありません。。。 実際、粉末ソースで焼きそばを作るのも、意外に旨いのですよ。。。 何というか。。。 あの味にハマッてしまったような感じですよう。。。うへへへへへ。。。

でも、安売りの乾燥麺はもうないのでしょう?

仕方ないから、安売りでない乾燥麺の棚を見ていたら、ありましたよう。 結構安いのが。。。 400グラム 6食分の乾燥麺が 98セント。。。 たぶん日本円で90円ぐらいですよ。 見たら、Made in China と書いてあります。 カナダでは3本の指に入る大手の食品会社 LOBLAWS INC.が輸入販売しているのですよ。 


(joe301.jpg)

これなんですよ。 Made in China ですからね。。。 本場の“蛋麺”ですよ。 これを茹でて焼きそばを作ってみたら旨かったので、“蛋麺”とは、元々どういう意味なのか調べたら、日本語のWikipediaには出てない。 GOOGLEで調べたら、次のように出ていた。

全蛋麺(ぜんたんめん)


(joe303.jpg)

かん水をまったく使わずに玉子のみでなめらかに仕上げた中国の極細乾麺。

黄身がかった色が特徴。 ⇒玉子麺

つまり、これが“たまご麺”なのですよ。。。 とにかく、けっこう、太くてコシがある。 前に買った安売りの麺は“極細”というにぴったりするけれど、この麺は決して細くない。。。最低でも4倍太いですよ。。。しかも、作り方には次のように書いてあった。

Instant Noodles Cooking Directios:


(joe304.jpg)

Boil a large pot of water.

Add noodels and cook uncovered on MAX for one minute.

Drain.

1分茹でると書いてあるのだけれど、5分茹でないと柔らかくならない。 それでも、まだわずかに芯がある。 水を切って粉末ソースを振りかけて、さらにカノーラオイルと醤油をかけて炒めて、初めて焼きそばらしい柔らかさになる。


(joe305.jpg)

あらっ。。。 これも美味しそうに出来上がっているではありませんかァ!

でしょう?!。。。 でもねぇ~、今度は、“焼きそば粉末ソース”を2袋使って、全部使い切ったのだけれど、“たまご麺”が余ってしまった。

それで、どうしたのですか?

小百合さんがバレンタインの小包に、“焼津産かつお節”が入っている“元祖生みそタイプ”の合わせ味噌が付いた“粉末味噌汁”を入れてくれていたのですよ。


(namamiso2.jpg)

この味噌汁が意外と旨いのですよ。。。 “焼津産かつお節”の仄(ほの)かな香りが、しばらく忘れていた日本の味噌汁を、しみじみと思い出してくれたのです。。。 このインスタント味噌汁は、もしかして日本では有名になっているのかなァ?。。。 そう思って調べてみたら、鶴瓶さんがテレビで盛んに宣伝していたのですよ!


(tsurube2.jpg)

そうなのですわ。。。 子供たちが小さな頃 この CM を見て食べたいというので、買ってきたのですわァ~。。。 うふふふふふふ。。。

まさか、その時の古いやつじゃないでしょうねぇ~。。。?

もちろん、違いますわよゥ。。。 デンマンさんのために買ってきたのですわァ~。。。 でも、まさかァ~、味噌汁の中に“たまご麺”をぶち込んで食べたわけではないでしょうねぇ~。。。

まさかァ~。。。 そのような愚かな真似はしませんよ。。。 小百合さんに笑われてしまいますからねぇ~。。。 (微笑)

。。。で、“たまご麺”どのようにして食べたのですか?

だから、“焼津産かつお節”が入っている“元祖生みそタイプ”の合わせ味噌が付いた“粉末味噌汁”を“つけ汁”にして茹でた“たまご麺”を“つけ麺”にして食べたのですよ。


(tsukemen01.jpg)

これが、なかなか いけるのですよ!

確かに、上の写真を見るとサマになってますけれど。。。 マジで美味しいのですかァ~?

あのねぇ~、小百合さんもビックリすると思いますよ。。。 騙されたつもりで、“たまご麺”を買ってきて試してみてください。。。 きっと病(や)み付きになりますから。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
実は、あたくしも試してみたのでござ~ますわァ。

あたくしは食べ物のことになると、かな~り凝るタイプなのですわァ。

それで、自分で“たまご麺”を作ってしまったのですわ。

その作り方を あなたにも教えますわねぇ~。。。


(eggnoodle5.jpg)


(eggnoodle6.jpg)

。。。で、このようにしていただいたのでござ~ますわァ~。。。

とっても。。。、とっても、おいしかったのですわァ~。。。

でも、あたくしは、“たまご麺”だけでは物足りないのです。

それで、このあとで、具のたくさん入った“あんかけ焼きそば”をいただいたのでした。

あなたのために、作り方を教えますわねぇ~。。。


(joe306.jpg)

どうですか? 美味しそうでしょう?

でも、あたくしは これだけでは、まだ満足できませんのよォ~。。。

デザートに“たいやき”をいただくのでざ~♪~ますわァ。

うふふふふふふ。。。

最近では、餡に替わってクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものもでてきましたわ。

サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースやリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」もあらわれました。


(taiyaki5.jpg)

あなたも 好きなものを“たいやき”に詰めてみませんか?

お腹がすいてきたでしょう!?

でも、この記事を最後まで読んでから台所に走ってくださいね。

ところで、小百合さんがどうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』


(sayuri201.jpg)

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』

■ 『鬼怒川の洪水』

■ 『最後の焼きそばソース@パリ』

■ 『初めてのヌード』

■ 『感じていても分かってない』

■ 『おかえりなさい』

■ 『スープカレー@再会』

■ 『またカレー?』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)

焼きそばソース@バレンタイン

2014年7月15日

 

焼きそばソース@バレンタイン

 


(joe006.jpg)


(valent6.gif)


(yakisoba20.jpg) 


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 もう7月ですわよう。。。 この蒸し暑いさなかに、どうしてバレンタインなのですかァ~?


(kato3.gif)

いけませんかァ?

バレンタイン・デーは、もうとっくの昔ではありませんかァ~!? 2月14日から、かれこれ半年が過ぎようとしているのですわァ。 関東の今年の梅雨明けは7月21日ですってぇ~。。。 もうすぐ真夏ですわ。 


(sayuri88.jpg) 

あれっ。。。 小百合さんは、もう。。。こんな格好をしているのですかァ~? すごいなあああァ~。。。 

そのような事はどうでもいいのですわ。 それよりも、この暑い季節にバレンタインなんてぇ全くの季節はずれですわァ~~。

でもねぇ~、僕は小百合さんが送ってくれたバレンタインの小包がまだ手元にあるのですよう。

どうして。。。? デンマンさんが小包を受け取ってから かれこれ3ヶ月になるでしょう!?

そうです。。。 でもねぇ~、小包をまだ手放せないのですよう。。。 小百合さんが書いた手紙をもう一度読んでみてください。



(sayuri2.gif)

お元気ですか?

バレンタインの小包が

今回は無事についたようですね。

もうずいぶん前のことですが

利根川を渡った所に

本場のインドカレーを

食べさせてくれる

お店がありました。


(curry92.png)


(curry90.jpg)


(curry91.jpg)

先日、そのお店の前を通ったら

閉まっていました。

でも、デンマンさんと一緒に

カレーを食べたことを思い出して

バレンタインの小包の中に

咖喱屋チキンカレーを入れました。

また、デンマンさんの好きそうな

辛口を見つけ

仙台という事も

なつかしく思うだろうと

「仙台辛味噌ラーメン」も

パックしました。


(sendai90.jpg)

今回 チョコの方が おまけ。

朝食には カフェオレと

クロワッサンを

欠かさないようなので

カフェオレのスティッカーを

入れました。


(cafeoula1.jpg)

これならば、すぐにカフェオレが

できあがると思います。

それから 粉末ソース

10個入れました。

サッポロ一番で

焼きそばを作るときに

使ってみてね。


(joe006.jpg)

「かどや」風味に近くなるかも…。

日本の味を十分に

楽しんでください。

では。。。

 

小百合より


(sayuri15.gif)

2014年5月6日


『カフェオレ@バレンタイン』に掲載。
(2014年5月22日)

(kitty2.jpg)

この手紙がどうだと言うのですか?

バレンタインの小包の中で最後に残ったのが“10個の焼きそば粉末ソース”なのですよゥ。

あらっ。。。 まだ焼きそばを作って食べているのですか?

そうですう。。。 せっかく小百合さんがバレンタインの小包の中に入れてくれたのですからねぇ。。。 捨てたりしたら神様のバチがあたりますよう。。。 だから、大切にして小出しに食べているのです。 (微笑) あのねぇ~、先日の日曜日に、僕のマンションの近くにある Denman Place Mall へ行ったのです。


(joe002.jpg) 

このショッピングモールの中に、“Joe’s No Frills”という安売りのスーパー・マーケットがあるのです。


(joe001.jpg) 

小百合さんがバンクーバーに居た頃は “Super Value”という名前でした。 その頃とは経営者が変わったのですよ。

そこで、売れ残りの“焼きそば麺”を安く売っていたのですか?

違いますよ。 あのねぇ~。。。 たまたま即席ラーメンを並べている通路を通ったら”Dried Noodles – Chow Mein” の袋が目に付いた。


(joe003.jpg) 


(joe004.jpg) 

でかい400グラムのパック2袋が。。。、つまり 800グラムの乾燥麺が $1.88 なのですよう。 日本円にして140円から150円ぐらいです。 32食分で、この値段だから安い。 袋の裏を見たら、ベトナムから輸入したと書いてある。

デンマンさんが、よく買う“インスタント 札幌ラーメン”は無かったのですか?

売れきれたみたいですよう。 見当たりませんでした。 

つまり、この乾燥麺を茹でて、焼きそばにするつもりで買ったのですか?

そうですゥ。。。

でも、その話しは前にも聞きましたわ。


(pasta22.jpg) 

『バレンタイン焼きそば』

粉末ソースを まだ使い切ってないのですか?

実は、4食分の乾燥麺を茹でて。。。 それに対して1個の“焼きそば粉末ソース”をかけて、みじん切りにした cilantro (パクチー)、賽(サイ)の目に切ったトマト を入れて、 それに醤油とカノーラオイルをかけて、少し炒めて こってりとした焼きそばを作ったのですよ。


(joe005.jpg)

あらっ。。。 美味しそうに出来上がっているではありませんかァ!

。。。でしょう!? 実に旨かったのですよう。 小百合さんの真心のぬくもりを感じながらじっくりと味わいました。 うしししし。。。

でも、上の記事を書いてからだいぶ経ちますわァ。。。 32食分の乾燥麺はすべて食べてしまったのでしょう?

そうです。。。 でもねぇ、4食分の乾燥麺を茹でて1回分の焼きそばですよう。 それに対して1個の粉末ソースです。 だから、32食分の乾燥麺は 8回分の焼きそばです。

要するに、これまで8個の粉末ソースを使ったので、32食分の乾燥麺を食べきっても、まだ粉末ソースが2個残っていると言いたいのですか?

その通りですよ。 だから、また安売りの乾燥麺を買いに行ったのですよ。 ところが、売り切れて無いのです。

それで、どうしたのですか?

せっかく、小百合さんがバレンタインの小包に入れてくれた“焼きそばソース”だから、捨てると神様の罰が当たるでしょう。 だから、どうしても食べなければならない。

無理して食べることはないでしょうに。。。?

いや。。。 無理して食べるわけではありません。。。 実際、粉末ソースで焼きそばを作るのも、意外に旨いのですよ。。。 何というか。。。 あの味にハマッてしまったような感じですよう。。。うへへへへへ。。。

でも、安売りの乾燥麺はもうないのでしょう?

仕方ないから、安売りでない乾燥麺の棚を見ていたら、ありましたよう。 結構安いのが。。。 400グラム 6食分の乾燥麺が 98セント。。。 たぶん日本円で90円ぐらいですよ。 見たら、Made in China と書いてあります。 カナダでは3本の指に入る大手の食品会社 LOBLAWS INC.が輸入販売しているのですよ。 


(joe301.jpg)

これなんですよ。 Made in China ですからね。。。 本場の“蛋麺”ですよ。 これを茹でて焼きそばを作ってみたら旨かったので、“蛋麺”とは、元々どういう意味なのか調べたら、日本語のWikipediaには出てない。 GOOGLEで調べたら、次のように出ていた。

全蛋麺(ぜんたんめん)


(joe303.jpg)

かん水をまったく使わずに玉子のみでなめらかに仕上げた中国の極細乾麺。

黄身がかった色が特徴。 ⇒玉子麺

“全蛋麺”と“蛋麺”は同じようなモノだと思うのだけれど。。。 もし、違っていたら、これを読んでいる人、教えてねぇ。。。 とにかく、けっこう、太くてコシがある。 前に買った安売りの麺は“極細”というにぴったりするけれど、この麺は決して細くない。。。最低でも4倍太いですよ。。。しかも、作り方には次のように書いてあった。

Instant Noodles Cooking Directios:


(joe304.jpg)

Boil a large pot of water.

Add noodels and cook uncovered on MAX for one minute.

Drain.

1分茹でると書いてあるのだけれど、5分茹でないと柔らかくならない。 それでも、まだわずかに芯がある。 水を切って粉末ソースを振りかけて、さらにカノーラオイルと醤油をかけて炒めて、初めて焼きそばらしい柔らかさになる。


(joe305.jpg)

あらっ。。。 これも美味しそうに出来上がっているではありませんかァ!

でしょう?!。。。 あのねぇ~、今度、日本へ帰省した時には、小百合さんの“山の家”で僕が作ってあげますから、楽しみにして待っていてねぇ~。


(yamagoy3.jpg)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あたくしも、なんだか焼きそばが食べたくなってきましたわあああァ~。。
残念ながら、デンマンさんに作ってもらえないので自分で作ることにいたしましたァ。

あたくしの好物は 具のたくさん入った“あんかけ焼きそば”でござ~♪~ますう。
あなたのために、作り方を教えますわねぇ。


(joe306.jpg)

どうですか? 美味しそうでしょう?

でも、あたくしは これだけでは満足できませんのよう。
デザートに“たいやき”をいただくのでざ~♪~ますわよう。
うふふふふふふ。。。

最近では、餡に替わってクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものもでてきましたわ。

サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースやリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」もあらわれました。


(taiyaki5.jpg)

あなたも 好きなものを“たいやき”に詰めてみませんか?

そういう面白い“たいやき選手権”があったのですわよう。
うふふふふふ。。。

では、あなたのためにビデオクリップを貼り付けますので ご覧になってくださいまし。

お腹がすいてきて、“たいやき”が食べたくなってきたでしょう?
でも、この記事を最後まで読んでから台所に走ってくださいね。

では、小百合さんのお話に戻りますけれど、
どうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』

■ 『ポックリゆきたいの?』

■ 『ツナサンド』

■ 『消えたカラスの巣』

■ 『ハルヴァと軽井沢』

■ 『トリュフ、梅毒、ポテト』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のハルヴァ』

■ 『ハルヴァの面白い話』

■ 『松茸と靴下』

■ 『気になる臭い』

■ 『ハルヴァの面白い話再び』

■ 『ベーグルの夢』

■ 『私、食べるの大好き』

■ 『べーグルの面白い話』

■ 『まりちゃんのべーグル』

■ 『駅前のヌード』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『ベーグルフィーバー』

■ 『別れの朝あなたは…』

■ 『バレンタインの唄声』

■ 『古代蓮と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『宮沢りえと軽井沢タリアセン夫人』

■ 『5月のバレンタイン』

■ 『バレンタインラーメン』

■ 『カレーライス@パリ』

■ 『カフェオレ@バレンタイン』

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『日本の真ん中』

■ 『カフェオレと床上手な女』

■ 『ピーチ味のロマン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)