Posts Tagged ‘俗語’

鼻であくびをする

2017年12月16日

 

鼻であくびをする

 


(yawnnose.jpg)


(yawn12.gif)


(laugh16.gif)

英語で“鼻であくびをする”を何と言うと思いますか?


Judy yawned through her nose.

ジュディーは鼻であくびをした。


『あくびをおさえる (2010年5月11日)』より


(kato3.gif)

ジューンさんが記事の中で上のような言い方を紹介していました。

鼻であくびをするのは、世界共通の言い方なのかも知れませんよね。

面白いですよね。


(foolw.gif)

そういう訳で、今日は“あくびイロイロ”と言うタイトルを付けたのですよ。

あくびのイロイロな言い方を取り上げてみようと思ったわけです。

あくびはうつる。 

あなたにも経験があるでしょう?

不思議ですよね。

あくびしている人を見ると、なぜかあくびが出てしまうものです。

 

オナラの場合、こういうことがないようです。

オナラがうつる、としたら面白い事になりますよね。うへへへへ。。。


(ass350.gif)

このオナラの事で卑弥子さんが楽しい、面白い記事を書いていますので

興味のある人は次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

 


(daibutsu5.gif)

『お奈良の大仏』

 


(kato3.gif)

あなたも笑えますよ!

ところで、あくびはうつるを英語でどのように言うと思いますか?

次のように言うのですよ。

Yawning is catching.

 

では、面白い、意外な言い方を紹介します。

Tom yawned delicately.

トムはそっとあくびをした。


Jphnny yawned discreetly.

ジョニーはこっそりとあくびをした。


Mary yawned in company.

メアリーは人の前であくびをした。


(angrygal.gif)


Nancy yawned loudly.

ナンシーは声を出してあくびをした。


Judy yawned openly.

ジュディーは堂々と大きなあくびをした。


Marilyn yawned uncontrollably.

マリリンは耐え切れずあくびをした。


Betty yawned voraciously.

べティーは大あくびをした。


This is a yawn-inspiring story.

これはあくびが出るような、退屈な話だよ。


Watch out! Here’s a yawning fissure.

気をつけて! ここにパックリ口を開けた割れ目があるからね。


You’d better realize that there is a yawning gap between your perceptions and reality.

君の認識と現実には、大きな隔たりがあると悟るべきだよ。


Have you ever noticed that there are some yawning Internet-use gaps between age groups?

インターネット使用に関する世代間の大きなギャップがある事に気づいた?


(compter.gif)


This country has a yawning trade deficit.

この国は非常に大きな貿易赤字を抱えている。


Let out a yawn.

あくびをしてごらん。


I yawned and stretched.

私はあくびをして、伸びをした。


(golfer3.gif)


That story was a yawner.

あの話はあくびが出るほど退屈だったね。


Drooping eyes and yawning are some of the problems associated with sleep deprivation.

目がショボショボしたりあくびが出るのは、睡眠不足に関連した問題よ。


(beauty5.gif)


Decrease the yawning budget deficit!

非常に大きな財政赤字を縮小せよ!


Take a look at the increasingly yawning gap between rich and poor.

ますます広がる貧富の格差をみてごらんよ。


(heaven3.jpg)


You wouldn’t be able to talk to him for more than five minutes before yawning.

彼と話をすると5分もたたないうちにあくびが出る。


Here is a contagious yawning.

人から人にあくびが移っているよ。


You’ve got a spasmodic yawning, haven’t you?

それって、あくび発作だよね?


You’ve got series of yawns.

立て続けにあくびをしているね。


Hold back a yawn

Kill a yawn.

Smother a yawn.

Stifle a yawn.

Suppress a yawn.

Swallow a yawn.

あくびをかみ殺しなさいよ。


John let out a prodigious yawn.

ジョンは大あくびをした。


Linda replied with a yawn.

リンダはあくびをしながら答えた。


Cathy produced a sleepy yawn.

キャッシーは眠そうなあくびをした。


Karen let out a slight yawn.

カレンは生あくびをした。


Jim stretched his arms and gave a great yawn.

ジムは両腕を伸ばして大きなあくびをした


(laugh16.gif)


Bill sat down with a stretch and a yawn.

ビルは伸びとあくびをしてすわった。


Jimmy threw up a technicolor yawn.

ジミーはゲロを吐いた。


(kato3.gif)

イロイロと面白い言い方があるものですよね。


(foolw.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

少しは面白く英語を勉強できましたか?

では、ついでですから、可愛い動物たちのアクビをお見せしますねぇ~。。。
 

(yawnpup.jpg)

あなたもつられてアクビをしましたか?

では、おやすみなさい。。。

またねぇ~。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』

■ 『上州散策』

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

■ 『ネットリンチ』

■ 『IPアドレス 0.0.0.0』

■ 『現実主義者のコメント』

■ 『寂しい現実主義者』

■ 『引きこもった現実主義者』

■ 『哀れな現実主義者』

■ 『愚かな現実主義者』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

マタハラ

2015年5月25日

 

マタハラ

 


(spy008b.jpg)


(hothot2.jpg)


(crotch02.jpg)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 どうして“マタハラ”を取り上げたのですか?


(kato3.gif)

ジューンさんは“マタハラ”という日本語を聞いたことがありますか?

いいえ。。。 ありませんわ。。。 “マタハラ”じゃなくて“マタハリ”では ありませんか!?

僕も、初めてこの言葉をネットで目にした時には、あの有名な女スパイの“マタハリ”のことだと思ったのですよ。

そうじゃないのですか?。。。 マタハリ以外にも“マタハラ”と呼ばれる女スパイがいたのですか?

いや。。。 僕の知る限り、そういう名前の女スパイはいませんよ。。。 映画『007』 にも出てきたことがありません。

。。。で、どうしてデンマンさんはマタハリの写真の下にヤ~らしい写真を貼り出したのですか?

女スパイの“マタハリ”ではないとしたら、いったいどのような意味なのだろうか? 僕は しばらく考えてみたのですよ。

。。。で、考えた挙句に思いついたのが マタハリの下に貼り出した 2つのヤ~らしい写真なのですか?

そうなのですよ。。。(微笑) “マタ”という言葉から、すぐに思い浮かぶのが英語で言うならば“Crotch”ですよ。 ジューンさんだって、Crotch を想い浮かべたでしょう!?


(hothot2.jpg)

つまり、上の写真では、“マタ(股)”と“ハラ(腹)”を冷たいお水で冷やして暑さをしのぐ。。。 そうする事を“マタハリする”ことだと、デンマンさんは考えたのですか?

そうです。。。 いけませんか? (微笑)

デンマンさんらしい解釈ですわねぇ~? うふふふふふ。。。 で、次の写真は、どういうことなのですか?


(crotch02.jpg)

もし、“マタハラ”の意味が “マタ(股)”と“ハラ(腹)”を冷たい水で冷やすことじゃないとしたら、“マタ”の写真を撮って、本人に送りつけて嫌がらせをする事を“マタハリする”と言うのではないか? つまり、“マタ(股)”の写真を撮って“ハラス(harass)”する。。。 それで“マタハラ”と言うのではないか? そう考えたわけですよ。

。。。で、“マタハラ”ってぇ、どういう意味なのですか?

さっそくネットで調べてみました。。。 次のような意味なのですよ。

マタハラ


(matahara1.jpg)

「マタハラ」とはマタニティー・ハラスメントの略で、
働く女性が妊娠・出産をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、
妊娠・出産を理由とした解雇や雇い止めで
不利益を被ったりするなどの不当な扱いを意味する言葉です。

社会的な認知はまだ十分に進んでいませんが、
マタハラの被害の実態は、よく知られる“セクハラ”(セクシャル・ハラスメント)よりも深刻であるといわれ、
対策が急がれています。

(2013/7/8掲載)


(matahara2.jpg)

【写真とイラストはデンマン・ライブラリーより】


出典|小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

。。。で、そもそも、どう言う訳でデンマンさんは“マタハラ”という言葉に出会ったのですか?

次の画面を見てください。


(ame50518n.png)

『拡大する』

アメブロの僕のブログの“マイページ”を見たのですよ。 赤枠で囲んである箇所に注目してください。

“モラハラ”と書いてあるますね。。。

そうです。。。 僕は初めて“モラハラ”という日本語を見たのですよ。 それで、いったいどういう意味かと思ってリンクをクリックしたのですよ。。。 そしたら次のページが出たのです。


(ame50518p.png)

『拡大する』

上のページの説明の最初に出てきたのが“マタハラ”だったのですよ。

つまり、もともと“モラハラ”の意味をネットで見つけようとしたら、“マタハラ”が目に付いたと言うわけですか?

そうです。。。 いけませんか?

別に、かまいませんけれど。。。 要するに、デンマンさんの関心と興味が“モラハラ”から“マタハラ”に急速に移ってしまったわけですねぇ~。

うへへへへへ。。。 そうなのですよ。。。 いけませんかァ~?

それで、すぐに次の3つの写真がデンマンさんのオツムに想い浮かんだと言うわけですかァ~?


(spy008b.jpg)


(hothot2.jpg)


(crotch02.jpg)

上のような写真を想い浮かべてはいけませんかァ~?

かまいませんわよ。。。 でも、デンマンさんのヤ~らしい性格が よく表れていると思いますわァ。 うふふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。 上の3枚の写真だけで、僕の性格がヤ~らしいと決め付けないでくださいよ。

それで、“モラハラ”というのは、どういう意味なのですか?

だから、上の説明にも書いてある通り、次のような意味なのですよ。

モラハラ


(morahara2.gif)

モラハラとは「モラルハラスメント」の略で、
言葉や態度により相手を精神的に傷つけること。

まずは、心理カウンセラーの小日向るり子さんに、
モラハラをしやすい人の特徴を聞いてみた。

■自分が大好きでプライドの高い人には要注意!

「一言で表すと、自己愛が強く、プライドが高い人です。
自分の行動や考えが認められる環境にいるうちは良いのですが、
仕事で自分の意見が通らなかったり、取引先からのクレームで
プライドを貶められたりするようなことが起こると、
自己愛が傷つき、非常に落ち込みます。

しかし、他人の目を非常に気にする性格であるために、
そういった弱い姿を社会の中では隠すのです。

そしてその反動が、家庭やパートナーといった閉鎖された空間で爆発します」(小日向さん)

見分ける方法としては、まず自分に対する言葉遣いを思い出してみよう。
あなたのことを呼ぶときに、「おまえ」「あんた」などと言う。

「誰のおかげで〇〇できると思ってるんだ」といった発言がある。

「チッ」「はぁ?」「お前バカ?」などの短い言葉を吐き捨てる。
こうした言葉を日常的に使っている人は要注意なのだとか。

続けて小日向さんはこのように話す。

「このような言葉を長い間浴びせられて言いなりになっていると、
次第に自分が本当にバカで至らない人間なのではないかと
暗示をかけられたような心理状態に陥ってしまいます。

相手が常に『自分が絶対』でいられると思い込んでしまうと、
言葉だけではなく、暴力をふるうといった行動も伴うようになり、
モラルハラスメントはエスカレートしてきます」(小日向さん)

モラハラをする人は、「自己愛性パーソナリティ障害」である場合も多いのだという。

「もしかして……」と思った人は、
自己愛性パーソナリティ障害の特徴も調べてみるといいかもしれない。

「付き合い出して最初のうちはこうした内面を見せない人が多いです。
『モラハラされているかも』と思ったら、
暗示にかかる前に抜け出すことが大切です」(小日向さん)

一人で抱え込んでいるうちに、取り返しのつかなくなる可能性も……。
思い当たることの多い人は、早めに誰かに相談を!

●専門家プロフィール:小日向 るり子(こひなた るりこ)
カウンセリングスペース フィールマインド代表。
「感情を否定せず、まずは寄り添うこと」を理念に活動する心理カウンセラー。
心の不安や職場の人間関係、恋愛相談、夫婦関係の悩みなど、
相談件数はこれまでに2000件以上。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

赤字はデンマンが強調のため。。。】


『モラハラする人見分け方』より

つまり、デンマンさんのような人を“モラハラ”する人と言うのですねぇ~。。。?

どうして僕が“モラハラ”する人なのですか?

だってぇ~、次のような対話を読めば、マジでデンマンさんは“モラハラ”しているではありませんか!

世界の不思議バカ発見

 


(lookanim.gif)


(baka50226c.png)


(doctor23.gif)

デンマンさん。。。、オイラをお呼びですか?


(kato3.gif)

そうだよゥ。。。 首を長くして待っていたのだよ。

まさかァ~、オイラのことを“世界の不思議バカ”だと決め付けるのではないでしょうねぇ~?

あのさァ~、オマエが“世界の不思議バカ”じゃないとしたら、どうして僕がオマエを呼びださなければならないのォ~?

オイラに“世界の不思議バカ”を見せるために呼び出したのでしょう! そうですよねぇ~!

あのさァ~、“世界の不思議バカ”に“世界の不思議バカ”を見せて どうするわけぇ~?

仲間が増えて喜ぶとか。。。 うへへへへへへ。。。

そうやってぇ~、笑っている場合じゃないだろう! オマエは“世界の不思議バカ”と言われて 思い当たることがあるから ノコノコと出てきたのだろう?

デンマンさんのお言葉ですが、オイラには思い当たることは何もありません!

オマエは、そうやってぇ~、あくまでも惚(とぼ)けるつもりなのォ~?

惚けてませんてばあああァ~。。。 デンマンさんが オイラを“世界の不思議バカ”だと決め付けるならば、まず、その証拠を見せてくださいよゥ。


『世界の不思議バカ発見』より
(2015年2月28日)

あのねぇ~、僕は上の記事で取り上げたスパマーを言葉で精神的に傷つけようとしているわけではないのですよ!

でも、なんとなく、デンマンさんが精神的に傷つけているように見えますわ。

それは、ジューンさんが そういう部分だけを切り取って、ネット市民の皆様に読ませたからです。。。 記事の後半を読めば、僕が、このスパマーを立ち直らせようと優しく言い聞かせているのが解るはずです。

とにかく、オマエのやっている事は ネットでは最も嫌われていることなのだよ。

でも。。。、でも。。。、たとえ嫌われようとも、オイラにも 言論の自由と表現の自由が日本国憲法で保障されていると思います。

確かに、オマエにも言論の自由と表現の自由が日本国憲法で保障されている。 だから、どのような事を言っても、どのような物を表現しても自由だよ。 でもなァ~、スパムを飛ばして他のネット市民の皆様に迷惑をかける事はネットで最も嫌われているのだよ!

マジで。。。?

あの有名なヒラリーおばさんもオマエが しつこく URLスパム を飛ばすのを見て ムカついているのだよ。


(hillary07.jpg)

なるほどォ~。。。、やっぱり、ヒラリーおばさんをムカつかせては まずいのですかァ~?

もちろんだよ。

デンマンさん!。。。 もうこれ以上、オイラの事で記事を書くのを止めてくださいよゥ。 オイラの仕事が やりにくくなってしまうじゃないですかア!

あのさァ~。。。 オマエの仕事というのは URLスパムを飛ばすことなんだよ。

でも、日本国憲法で“職業の選択の自由”は保障されているのだから、オイラがどんな仕事をしようが デンマンさんには関わりのないことです!

あのさァ~、同じ事を僕に何度も言わせるなよ! ヒラリーおばさんがスパムを飛ばすのはいけない!と、ムカついているのだよ!

ヒラリーおばさんをムカつかせるような事は やっちゃあ いけないのですかァ~?

止めた方がいいのだよ! それに、オマエがやっていることは無駄な事だろう!

どうして、オイラのやっている事が無駄なことなんですかァ~?

だってぇさァ~、これまで オマエが URLスパムを飛ばし始めると、必ず。。。、一度の例外もなく、必ず、 URL の先のページが1週間も経たない内に 削除されてしまうんだよ! 何度、オマエが URL スパムを飛ばしても、この事実に変わりがない!

でも。。。、でも。。。、デンマンさんが こうしてオイラのことを取り上げて記事を書いてくれます。

あのさァ~、何度も言っているように、オマエは反面教師として悪名を轟かせるだけなんだよ! オマエが悪名高くなったとて、誰もオマエを尊敬しないのだよ!

でも。。。、でも。。。、オイラは日本語が解る世界のネット市民の皆様に知られるようになっているのです。 そうでしょう!?

つまり、なにかァ~、オマエはネットでマジで世界的に有名になりたいのかァ~?

そうです。。。 そうすれば、東京で下着女装ショーを開いても、この記事を見た世界中のネット市民の皆様が東京のオイラのショーを見に来ると思うのですよ。 うしししししし。。。

あのなァ~。。。 そういうのを昔の人は“取らぬ狸の皮算用!”と言ったのだよ! オマエの下着女装のムカつかせるような写真を見たら、誰もオマエのショーを見にゆかないのだよう!

解りました。 デンマンさんが そこまで言うのだったら、オイラは真由美ちゃんのようにバンクーバーに行って仕事を探そうと思います。

あのさァ~、何度も僕に同じことを言わせるなよう! オマエは福岡に居るのだから福岡で仕事を探せばいいのだよ!

でも、真由美ちゃんとデンマンさんが住んでいるバンクーバーに行きたくなってしまいましたァ~。。。 うへへへへへへ。。。

オイ!。。。 オイ!。。。 そのように、ヨダレをたらしながら、ナヨナヨと女の腐ったような格好をして僕の方に近づいてくるなよ! オマエがバンクーバーにやって来るのは、まだ100年早いよ。 第一、オマエと付き合っている暇がない。

でも、デンマンさんは真由美ちゃんの面倒を見てやっているじゃありませんかア! オイラが可愛い女の子じゃないので、デンマンさんはオイラの面倒を見てくれないのですか?

いや。。。 別に、そういうわけじゃないのだよ! 真由美ちゃんだけで手がふさがっているのだよ。

じゃあ、この際、オイラは下着女装をして、顔も整形して マジで次のような女性に生まれ変わります。


(xdress02.jpg)

オイラが、もし こんな風に女装したら、デンマンさんも オイラの面倒を見てくれますか?

あのさァ~。。。 オマエがどのように変身しようが、気持ちわりィ~から、下着女装までして、女になろうとするのだけは止めてくれよなァ!

どうして。。。?

どうしても、こうしても。。。、オマエは誤解しているのだよ! たまたま真由美ちゃんがバンクーバーへやって来て、新しい人生の1ページを歩み始めたからといって、オマエが真似をする必要は無いのだよ! オマエは、URLスパムを飛ばすのを止めて、まともな記事を書けばいいのだよ!

でも。。。、

デモも、スモモも、オシモもないのだよ! オマエは、すぐに人の真似をする悪い癖がある! スパムを飛ばし始めたのも、人の真似をしたからじゃないかァ~!

だから、今度は真由美ちゃんの真似をしたいのですよ!。。。 だから。。。、だから。。。、デンマンさん! お願いですから、オイラを見捨てないでバンクーバーで面倒見てください! お願いしますゥ。

甘えるんじゃないんだよ! 真由美ちゃんは小さい頃からの夢を叶えてバンクーバーにやって来たのだよ! オマエは、つい最近、“URLスパム”を飛ばす合間に、真由美ちゃんの記事を読んで、急に真似をしたくなっただけじゃないかア!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

『真由美ちゃん@バンクーバー』

真由美ちゃんの真似をしてはいけませんかァ~?!

ダメだよ!

じゃあ、下着女装するのはいいですか?

いや。。。 できたら、下着女装するのも止めて欲しいのだよ!

どうして。。。?

オマエの URL スパムを見るたびに、卑弥子さんに成りすましたオマエの女装姿が想い浮かぶのだよ。


(joso022h.jpg)

このイメージが浮かぶと、気持ちが悪くなって、食欲が無くなるどころか、僕は食べた物を吐きそうになるんだよ。


『世界の不思議バカ発見』より
(2015年2月28日)

この上の記事に登場しているスパマーは ヒラリーおばさんまでムカつかせているのですよ。 だから、自然と このスパマーを“オマエ”と呼ぶようになったのです。

でも。。。、“オマエ”と呼び捨てにしているデンマンさんの口調は、この記事を読む人に精神的に相手を傷つけていると感じさせると思うのですわ。

あのねぇ~。。。 僕が“オマエ”という言葉を敢(あ)えて使っているのは、誰が話しているのかをはっきりさせるためです。 要するに、読む人が混乱しないために便宜を図(はか)っているのですよ。 ジューンさんは、上の記事を言葉の問題と捉(とら)えているけれど、言葉の問題じゃない。 記事の内容の問題です。 記事を最後まで読めば、僕がスパマーなる人物を精神的に傷つけようとしているのではなく、この人物が自分の愚かさと 人生を無駄にしている事実に気づいて、まともな人生を歩むように応援していることが理解できるのですよ。 ジューンさんも最後まで読んで、そう思ったでしょう!?

なんだか、デンマンさんが一生懸命に弁解しているように聞こえますわ。

とにかく、今日は、僕が“モラハラ”しているか? いないか? それを問題にしているわけじゃないのです。 だから、ジューンさんも余計な突っ込みを入れないでくださいねぇ~。。。 じゃあ、今日はこれで、僕も帰らせてもらいます。 ジューンさんも帰っていいですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
確かに、デンマンさんの記事を読むと “モラハラ”しているのではないか? 
そう思える記事が結構ありますわよねぇ~。。。
あなたも、そう思うでしょう?

とにかく、あなただけは“モラハラ”しないようにしてくださいね。
もちろん、あたくしも“モラハラ”いたしませんわよ。

だから、最近、あたくしは、人気があるのでござ~ますわよ。
あなたは信じられないでしょう?

実は、あたくしの熱烈なファンが次のようにして検索したのですう。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?

けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? やっぱり、ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』


(june901.jpg)

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』


(june72b.jpg)

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

プーフィードレス

2015年4月14日

 

プーフィードレス

 


(ass350.gif)


(mauve12.jpg)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 今日はちょっとばかり格調の高い話題ですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

ジューンさんは そう思いますかァ~?

あらっ。。。 もしかして、デンマンさんは、オシモの話題をまた持ち出すのですかァ~。。。

あのねぇ~、今だから、ちょとばかり格調が高いタイトルとは思うのだけれど、“プーフィードレス”という言葉を初めて見た時、僕は その意味がよく解らなかった。 もちろん、ドレスは解りますよ。。。 でもねぇ~、ドレスを修飾する形容詞の“プーフィー”がイマイチ解らない。 日本語的には“プー”という響きから“オナラ臭い”という意味に受け取れるのだけれど、 まさか“オナラ臭いドレス”という意味ではないだろうとは思った。

もちろんですわ。

でもねぇ~、英語的に考えても、格調高い意味がオツムに浮かんでこないのですよ。

どうしてですか?

だってぇ~、poofy (プーフィー) の poo は 英語では“ウンチ”という意味ですよ。 だから、英語的に考えると、poofy dress は“ウンチ臭いドレス”になってしまうのですよ。

それは、デンマンさんの英語の語彙が貧弱だからですわ。。。 でも、どうして poofy dress という言葉を持ち出してきたのですか?

実は、夕べ バンクーバー市立図書館で借りた本を読んでいたのですよ。


(lib50413a.png)

『拡大する』


(wild006.jpg)

上のリストの赤枠で囲んである”The Wild Truth”という本を 夕べ読んだのですか?

そうです。

でも、どうして上の本を読む気になったのですか?

あのねぇ~、本の著者の Carine McCandless さんというのは”Into the Wild”という映画の主人公のモデルになった、 Chris McCamdless さんの実の妹なのですよ。


(wild007.jpg)

左の坊やが小学校に上がったばかりのChris君で ランチボックスを持って、これから小学校に出かけるところです。 右の女の子が 3歳年下の 4歳の頃のCarine ちゃんですよ。 この写真はお母さんの実の妹の Jan叔母さんが撮ったものです。

デンマンさんは”Into the Wild”という映画を見たのですか?

もちろんですよ。 バンクーバー図書館で DVD を借りて観たのです。。。 


(tramp01.jpg)

Into the Wild (Trailer)

映画を見てから、その事で記事を書いたこともあるのですよ。


(tramp02.jpg)

“Roly-Poly in the Wild”

(2012年1月5日)

あらっ。。。 もう3年も前ですわねぇ~。。。 

そうです。。。 Chris君は大学を卒業した後で 放浪の旅に出て アラスカの原野で亡くなってしまうのです。


(trampmap2.jpg)


(wild001.jpg)

この上の写真の古びたバスの車体の中で死体となって見つかったのですよ。

どういうわけで亡くなったのですか?

野生の球根のようなものを食べて、食中毒になって亡くなったらしいのですよ。 上のリンクをクリックして読めば、もう少し詳しいことが解るはずです。

つまり、”The Wild Truth”という本は、実の妹さんが Chris君がアラスカで亡くなった その真の理由について書いたのですか?

一言で言えば、そういう本なのですよ。

。。。で、”poofy dress”というのは ”The Wild Truth”という本の中に出てきたのですか?

そういうことです。 本の145ページに次のように出てくるのですよ。

Jon Krakauer called me often from the road as he discovered new information that led to new questions, all while Mom and I shopped for my dress and chose flowers, cake, and caterer.

I wrestled woth my loyalties: my mom and dad were providing me with a beautiful wedding while I was telling Jon what terrible parents they were.

On the surface, the possibility of reconciliation with my parents seemed promising.

Mom and I laughed together for the first time in years when I tried on dresses that were ridiculously poofy.



(wild005.jpg)

(”Into the Wild”を書くことになる著者の)ジョン・クラカウワーは (私の兄の放浪の旅の足跡を追いながら)新しい情報をゲットするたびに私に電話してきたのです。

そのたびに、また(兄についての)新しい疑問が生まれるのです。 

その当時、私と母といえば、(私の初めての結婚式のために)ドレスや、ケーキ、花束や披露宴の食事を提供してくれる会社選びで忙しかったのです。

でも、私の心境は複雑でした。

なぜなら、私の両親は 素晴らしい結婚式を用意してくれているのに、私はと言えば、ジョンに、「私の両親はなんてひどい両親だったことか!」と、報告していたからです。

表面的には、両親との和解は可能なように思われました。

母と私は 結婚式の時に着るドレスを選びながら、それがバカバカしいほどに poofy だったので、数年ぶりに笑い合っていたのです。

【デンマン意訳】

デンマンさんが訳した上の文章から考えても poofy が“オナラ臭い”とか“ウンチ臭い”には ならないと思いますわ。

こうして読んでみれば、確かに、この時 ドレスを選ぶのに 身に着けたわけだから、新品のドレスが“オナラ臭い”とか“ウンチ臭い”ことはないと思うのですよ。

もちろんですわ。

でも、poofy という単語は 僕が持っている英和辞書にも 英英辞書にも出てないのですよ。

それで諦めてしまったのですか?

もちろんネットで調べてみましたよ。 Wiktionary には次のように出ています。


(wik50406.png)

『拡大する』

poof と puffy を 結びつけて poofy という俗語が誕生したのではないかと書いてあるのですよ。

そうだと思いますわ。 デンマンさんのように poo と puffy を結びつけたわけではないのですわよ。

でも、そういうように解釈すれば “ふわふわしたウンチ”になりますよねぇ~。。。 (微笑)

デンマンさんは すぐにオシモの話題に結びつけるのですねぇ~。。。 そういう解釈の仕方は女性に嫌われますわァ~。。。

そういうものですか? Urban Dictionary には次のように出てますよ。


(urb50406.png)

『拡大する』

Fluffy with fur, hair, shrubbery, etc. つまり、“毛皮や 髪の毛や 藪(やぶ)のようにふわふわした”という意味なのですね。

ふわふわして膨(ふく)らんでいる感じでしょうねぇ~。。。

試しに ”poofy wedding dress”と入れて画像検索してみました。 その結果を見てください。


(poofy02.png)

『拡大する』

なるほどねぇ~。。。 どのウェディング ドレスも ふわふわして膨らんでいる感じですねぇ~。。。 赤枠で囲んだドレスはすごいですよ。


(poofy03.png)

『拡大する』

確かに、このドレスは間違いなく “プーフィー(poofy)” ですよ! つまり、上の文章を訳すと次のようになるのでしょうね。

母と私は 結婚式の時に着るドレスを選びながら、それがバカバカしい程にふわふわして膨らんでいるので、数年ぶりに笑い合ったのでした。


(poofy05.jpg)

デンマンさんは、上のようなドレスが好みなのですか?

いや。。。 ジューンさんが結婚式に着ていたドレスが 僕の好みですよ。


(poofy08.jpg)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あたくしも 今年こそは 素晴らしい結婚相手を見つけて
ウェディング ドレスを着ようと思っているのでござ~ますわァ~♪~。
すでに、ドレスを買って用意してあるのですう。

ええっ。。。 どんなドレスかってぇ~。。。?

あたくしのウェディング ドレスも“プーフィー(poofy)”なのですわよう。

極秘の お写真なのですけれど、あなたのために、ここに貼り出しますわァ。
じっくりとご覧になってくださいまし。。。


(poofy09.jpg)

ジューンさんの真似をして金髪に染めてみましたわァ。
いかがでござ~ましょうかァ?

このお写真を見れば、きっと あたくしと結婚したい ハンサムな殿方が
プロポーズしてくれると思うのでござ~♪~ますわァ。
おほほほほほ。。。

ところで、ジューンさんが登場する面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

半分のお尻で…

2015年4月3日

 

半分のお尻で…

 


(lookanim.gif)


(halfass4.jpg)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 どうして オシモの話題の時だけ わたしを呼び出すのですかァ~?


(kato3.gif)

ん。。。? オシモの話題の時だけ 僕がジューンさんを呼び出している、と言うのですか?

そうですわ。。。 昨日はカーネギーホールの話題でしたよねぇ~。。。


(carnegie51.jpg)


(carnegie50.jpg)


(inflight2.jpg)

『カーネギーホールじゃないよ』

たまには真由美ちゃんのように わたしも格調高い話題の時に登場したいのですわァ。

あのねぇ~、確かにタイトルだけを見ると カーネギーホールと比べれば、あまりパッとしない話題ですよ。

パッとしないどころか 冒頭の写真は半分の便器の写真ではありませんかア! 誰が見たってぇ感じのいい話題ではありませんわア。

でもねぇ~、今日の話題は 話が進むにしたがって 格調が高くなるのです。 上の写真を見て幻滅したのかもしれないけれど、今日はジューンさんが登場しなければならない話題なのですよ。

どう言う訳で。。。?

英語が母国語の人でないとまずいのですよ。。。 なぜなら、英語の話題ですから。。。

でも、タイトルを見ると“半分のお尻で…”という日本語ではありませんかア!

だから、日本語に直訳したのですよ。 もともとの英語の単語は“half-assed”と言うものなのです。 たまたまバンクーバーの無料週刊タウン情報紙(“The Georgia Straight”)を見ていたら、次の記事に出くわしたのです。

TU DORS NICOLE (仏語)

You’re sleeping, Nicole (英語)


(nicole01.jpg)

With her short, dark hair and cat-like eyes, the dormant Nicole of the title is played by young TV veteran Julianne Côté, who crafts a character too caught up in finding her own agency to have developed skills that would make it matter.

When we meet her, she’s slipping away from a one-night stand, with an unseen partner asking when he’ll see her again.

“What’s the point?” she answers, without malice.

Nicole sorts clothes at a thrift store, but even that’s half-assed.

And she still lives with her parents, currently away on summer vacation.


二コール、寝ぼけてるんじゃない

猫のような目を持ち ダークヘアで短い髪をした タイトルの寝ぼけたような二コール役を演じているのは ジュリアン・コートだ。

彼女はテレビでは お馴染みの若いカナダ人の女優だ。

自分の夢を持って独自に生きてゆくには まだ未熟で 誰かに頼って生きてゆくような女を演じている。

一晩限りのセックスをしたあとで、朝を迎え、彼女はベッドから抜け出そうとする。

それが最初のシーンだ。

相手の男はスクリーンには顔を出さない。 ただ、“また会える?”と二コールに尋ねる声だけがする。

“そんなこと訊いて どうするつもりなのよ!?” 彼女は、当たり前のように、そう答えるのだった。


(nicole03.jpg)

次のシーンでは 二コールがバーゲンストアで洋服を選んでいる。

しかし、その様子でさえ“half-assed”なのだ。

【デンマン意訳】


SOURCE: Movie Review
Page 29 “The Georgia Straight”
January 1-8, 2015

今年の元旦の週の新聞記事じゃありませんかア!? どうして。。。、どうして、今になって1月の記事を取り上げるのォ~?

いつか”half-assed”について書こう。。。、書こう。。。、と思っていたら、今日になってしまったというわけですよ。

つまり、書くネタが無くなってしまったのねぇ~。。。

いや。。。 ネタなら たくさんありますよ。。。 でもねぇ~、似たような話題だと面白くないので、ちょっと変わった話題にしようと思っていたら、この”half-assed”の新聞の切抜きが僕のバッグに入っていたというわけです。

つまり、上の記事の中の“half-assed”の意味が解らないのォ~?

たぶん、こうだろうなァ~!?。。。 と、なんとなく解るのだけれど。。。、でもねぇ~、僕は活字で この単語を見たこともないし、聞いたこともない。 たぶん、映画で聞いたことがある、と思うのだけれど、記憶に残ってない。

デンマンさんでも、そういう単語があるのねぇ~。。。

それはありますよう。 日本語だって、まだ見たことも聞いたこともない言葉ってぇあるからねぇ~。

マジで。。。?

以前、“キモい”が解らなくて、“アンタ、それでも日本人?”と言われたことがありましたよ。 (微笑)

。。。で、デンマンさんは “half-assed”が どのような意味だと思うのォ~?

だから、仕方ないから、ジューンさんに尋ねる前に 直訳で“半分のお尻で…”と書いたわけですよ。 でもねぇ~、当然のことだけれど これでは全く上の文章の翻訳にならないのですよ。

次のシーンでは 二コールがバーゲンストアで洋服を選んでいる。

しかし、その様子でさえ“半分のお尻で”(選んでいるようなもの)なのだ。


(halfass5.jpg)

これじゃあ、笑い話ですよ。

でも、なんとなく解るでしょう?

なんとなく解るけれどねぇ~。。。、でも“尻”というイメージが強烈なだけに、うまい訳が思い浮かんでこないのですよ。

“尻”というイメージは それほど強烈かしら?

強烈なのですよ。 以前、ジューンさんの女友達のナンシーの結婚式に呼ばれた時に、信じられないような“悪ふざけ”を目にしましたからね。


(halfass1.jpg)

そうねぇ~。。。 この時は わたしも ちょっとビックリしたわァ。

こういう“悪ふざけ”は日本では考えられないですよ。

でも、それは30年以上前の話でしょう!? 最近の日本の腐女子ならば、やりかねないわァ。 (微笑)

そうかもしれないなァ~。。。 卑弥子さんが京都の女子大学で教えている腐女子ならば、確かに やりかねないですよ。 (爆笑)

。。。で、デンマンさんは英和辞書で調べてみたのですか?

half-assed”なんてぇ、僕の辞書には出てませんよ。 とにかく、上のイメージがあるので、僕は混乱したのです。

次のシーンでは 二コールがバーゲンストアで洋服を選んでいる。

しかし、その様子でさえ“悪ふざけをしている”ようなのだ。


(halfass1.jpg)

このように訳してみたのだけれど、これじゃあ、全く文脈に合ったような意味じゃないからねぇ~。。。

それは そうだわァ。。。 “half-assed”というのは、“悪ふざけをしている”という意味ではありませんわ。

だから、僕もいろいろと考えてみたのですよ。

それで、何か思い当たりました?

思い当たりましたよ。。。 ちょっと次の写真を見てください。


(cleanpoop.jpg+cleandog.jpg)


(dogpoop.jpg)

オーナーが犬のウンチを片付けないので、犬が自分でウンチを片付けているのですよ。

この写真ってぇ、マジですかァ~?

この犬は僕の知り合いが飼っているジョンという名前でねぇ~、 よく訓練されているのですよ。 (微笑)

信じられませんわ。 デンマンさんがコラージュして でっち上げた写真ではありませんか?

昔の人は“信じる者は救われる”と言ったのですよ。 だから、ジューンさんも素直に信じてくださいね。

。。。で、この写真を見て、デンマンさんは何か閃(ひらめ)いたのですか?

そうですよ。。。 日本語で“本腰を入れて”という語句があるのですよ。

それは どういう意味なのですか?

例えば次のように使われるのです。


(baseb01.jpg)

企業が社員の士気高揚のために本腰を入れて野球部を創設、補強するようになり、全国に多数の企業チームが誕生した。

軽い気持ちで受けたフジテレビの面接で「君はテレビ現場に向いている」と言われたことがきっかけで、本腰を入れて活動しテレビ東京に採用され、1999年に入社した。

ニクソン政権のベトナミゼーション政策によってアメリカ合衆国が撤退し、これによって勝利を視野に入れ始めた北ベトナムは再び本腰を入れて南を攻撃し始めた。

上の用例を見ればジューンさんにも“本腰を入れて”の意味が解るでしょう?

“一生懸命に”とか“本気で”とか“全力で”という意味ですわね。

その通りですよ。

でも、この“本腰を入れて”と“half-assed”が どのように関連しているのですか?

日本語では“腰”を使っているのですよ。 それに対して英語では“尻(ass)”を使っているのですよ。 つまり、“本腰を入れて”を英訳すれば”full-assed”になるではありませんか!

なるほどォ~。。。

だから、“half-assed”というのは、日本語に訳せば“半腰を入れて”となりますよねぇ~。。。 つまり、全力でやるのじゃなくて半分の力しか出さないでやるということですよ。

デンマンさんは“本腰を入れて” “half-assed”の意味を追求したのですわねぇ~。。。 (微笑)

そうですよ。

。。。すると、上の意味はどうなるのですか?

だから次のような意味になるはずです。

二コール、寝ぼけてるんじゃない


(nicole06.jpg)

猫のような目を持ち ダークヘアで短い髪をした タイトルの寝ぼけたような二コール役を演じているのは ジュリアン・コートだ。

彼女はテレビでは お馴染みの若いカナダ人の女優だ。

自分の夢を持って独自に生きてゆくには まだ未熟で 誰かに頼って生きてゆくような女を演じている。

一晩限りのセックスをしたあとで、朝を迎え、彼女はベッドから抜け出そうとする。

それが最初のシーンだ。


(nicole06.jpg)

相手の男はスクリーンには顔を出さない。 ただ、“また会える?”と二コールに尋ねる声だけがする。

“そんなこと訊いて どうするつもりなのよ!?” 彼女は、当たり前のように、そう答えるのだった。

次のシーンでは 二コールがバーゲンストアで洋服を選んでいる。

しかし、その様子でさえ“中途半端(ちゅうとはんぱ)”なのだ。


(nicole03.jpg)

【デンマン意訳】


(halfass2.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
ジューンさんのお友達には楽しい人が多いのでござ~ますわねぇ~♪~。

確かに、あたくしが京都の女子大学で教えている腐女子たちならば、
きっと、ジューンさんの楽しいお友達のように 記念写真を撮れば 半分 お尻を見せると思いますわァ。
うふふふふふふ。。。

ところで、ジューンさんが登場する面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

お○○こ画像

2014年11月30日

 

お○○こ画像

 


(oshinko2.jpg)


(ochanko2.jpg)


(onyanko2.jpg)



(june001.gif)

デンマンさん、なんだか妙なタイトルを書きましたわねぇ~。。。 うふふふふふ。。。


(kato3.gif)

いけませんか?

この記事を読むネット市民の皆様に 誤解を与えるようなタイトルは書かない方がよいのではありませんかァ~?

ん。。。? 上のタイトルが誤解を与えるのですか?

だってぇ~。。。 うふふふふふ。。。 伏字にしてあれば、誰だって○○に当てる字は、公衆の面前では言えないような名前を思い浮かべますわよう。。。 うふふふふふ。。。

ジューンさんは何を誤解しているのですか? 僕はこの記事を読むネット市民の皆様が誤解しないように、ちゃんと3枚の写真をページのトップに貼り出したのですよ。

つまり、“お○○こ画像”というのは“おしんこ画像”、“おちゃんこ画像”、“おにゃんこ画像”のことなのですか?

ジューンさんは上の3枚の写真を見て、そう思ったのでしょう!?

でも、デンマンさんが “おしんこ画像”、“おちゃんこ画像”、“おにゃんこ画像”のことを話題にするなら、そう書けばいいじゃありませんか!

だけど、“おしんこ画像”、“おちゃんこ画像”、“おにゃんこ画像”という3つの画像をタイトルに並べると長すぎるでしょう!

それで、この記事を読むネット市民の皆様が誤解してしまうような“お○○こ画像”というタイトルにしたのですか?

いけませんか?

いけないことはありませんけれど、やっぱり、“お○○こ画像”というタイトルを見ると、多くのネット市民の皆様が誤解してしまうと思うのですわ。

それは、ジューンさんが先入感を抱いているからですよ。 (苦笑)

つまり、わたしが“お○○こ画像”というタイトルを見ると、公衆の面前では言えないような日本語の俗語を思い浮かべると、デンマンさんは言うのですか?

だってぇ~、それ以外に考えられないじゃありませんか! だから、“お○○こ画像”と書くと、そのタイトルを見る日本語が解るネット市民の皆さんも、公衆の面前では言えないような日本語の俗語を思い浮かべると、ジューンさんは心配になるのでしょう? 違いますかァ~?

そうですわ。 上のタイトルを目にした多くのネット市民の皆様が、特に女性は、わたしと同じように、公衆の面前では言えないような日本語の俗語を思い浮かべると思うのですわァ。

ジューンさんは、ずいぶんと“公衆の面前で言えない日本語の俗語”にこだわりますね。

デンマンさんが、“お○○こ画像”という伏字を含んだタイトルを書くからですわァ。 わたしがこだわっているのじゃなくて、平均的な日本人ならば、“お○○こ画像”という伏字を含んだタイトルを見て、誰だって公衆の面前で言えない日本語の俗語を思い浮かべるものですわああア!

ジューンさん!。。。 そんなにムキにならなくてもいいですよ。 僕にもジューンさんの言おうとしていることが充分に理解できますから。。。

だったら、初めから、誤解を与えるようなタイトルを書かないでくださいなァ~!

でもねぇ~、ジューンさんがムキになったように、実は、僕は むき出しの検索ワードを見て唖然としたのですよ。

つまり、“公衆の面前で言えない日本語の俗語”を入れて検索し、それでデンマンさんのブログにやって来た人がいたのですか?

そうなのですよ。 ちょっと次のリストを見てください。


(hg41128z.png)

『拡大する』

これはHit Graphという第3者のアクセス解析の記録なのですよ。 僕のデンマンシンジケートに加わっているすべてのブログとホームページに11月28日の午前零時から午後3時29分までにアクセスした 334人のネットサーファーの記録です。 56番に注目してください。

iPad を使ってデンマンさんのブログにアクセスしたということですか?

そうです。 FC2のサーチエンジンで検索したのですよ。 URL をクリックしたら次の画面が表示されたのです。


(hg41128z3.png)

『拡大する』

「お○○こ 画像」と入れて検索したのですわね。

もちろん、この記事が削除されないように、僕が伏字にしてますが、ジューンさんが心配する例の俗語をむき出しに入れて この人物は検索したのですよ。

。。。で、赤枠で囲んであるのがデンマンさんのブログの記事ですか?

その通りです。 FC2 の僕の『次郎のブログ』の『感動のコメント』という記事なのですよ。

その記事の中に「お○○こ 画像」が貼り出してあるのですかア!

ジューンさん!。。。 そのような軽蔑するような、血走った目で僕を睨(にら)まないでください。 僕はアダルトブログは書いてません! だから、ジューンさんが心配するような画像は一つも貼り付けてないのです。

それなのに。。。、それなのに。。。、どうして 2,410,000件もヒットする内の 2番目にデンマンさんの記事が出てくるのですかア~♪~?

だから、僕も驚いているのですよう! どうしてだろうか? どういうわけだろうか!? そのようにビックリしたので、こうして記事で取り上げる気になったのですよ。

デンマンさんの記事の中には、マジで「お○○こ 画像」がないのですかァ~?!

やだなあああァ~。。。 僕の言う事を信用しないのですかァ~? 絶対にありませんよう! お稲荷さんに誓って、仏様に誓っても、さらに八幡様に誓っても、なんなら、弁天様に誓っても、僕の記事の中には「お○○こ 画像」はありません。 もし見つかったら、僕はスカイツリーの頂上から飛び降りて自殺しますよう。

そのような警視庁に迷惑をかけるようなことは止めてくださいなア。

とにかく、僕の記事には「お○○こ 画像」は一つもありません。 その証拠に、その記事をここに貼り出します。 ジューンさんもじっくりと見てください。


(fc60611e.png)

『実際の記事』

あらっ。。。 たったのこれだけの記事ですか? つまらない記事ではありませんかア!

ジューンさん!。。。 言うに事欠いて、「つまらない記事ではありませんかア!」はないでしょう! 

でも、確かに、マジで「お○○こ 画像」は一枚もありませんわねぇ~。。。

。。。でしょう!? だから、僕は不思議に思って いろいろと考えさせられたのですよ。

それで、どういうわけで、デンマンさんの記事が 2,410,000件ヒットする内の 2番目に表示されたのか? 解ったのですかァ~?

ああでもない。。。こうでもないと。。。いろいろと考えてみました。 でも、やっと解りましたよ。 次の記事の中で書いた理由と全く同じ理由で、僕の記事が間違って 2番になってしまったのですよ。


(vinus010.jpg)

『ヴィーナスのえくぼ』

つまり、「お○○こ 画像」を分解して“お” “○” “○” “こ” “画像”という風に 検索エンジンは個別に検索したのですか?

そうなのです。 たとえば、「おまん」を入れて検索しても、僕の記事には一つも該当するものはない!


(fc2oman.png)

『拡大する』

当然ながら「おま」を入れて検索しても、結果は同じです。 僕の記事には一つも該当するものはない!


(fc2oma.png)

『拡大する』

。。。で、「画像」を入れて検索すると次のような結果になるのです。


(fc2gazo.png)

『拡大する』

そして、人間ならばしないけれど、検索エンジンは、よせばいいのに「お」、「ま」、。。。と分解して検索してしまう。


(fc2o.png)

『拡大する』

当然のことだけれど、「お」を入れて検索すれば たくさん見つかる。 僕の上の記事の中には 19個出てくる。 「ま」、「ん」、それに 「こ」も入れて検索すれば、かなりの数が出てくる。

その検索結果の合計から、デンマンさんの記事が 2番目に選ばれて表示されたのですか?

そうとしか考えられないでしょう!?

。。。で、いったい誰が検索したのですか?

「お○○こ 画像」を入れて検索した人のプライバシーを守るために、画面ではIPアドレスの最後のパートを伏字にしてあるけれど、すべてを入れて検索すると次のような結果になるのですよ。


(ip41128.png)

“IPひろば”で調べると、こういう結果になるのです。

。。。で、この人はどこからデンマンさんのブログにアクセスしたのですか?

次の検索結果を見てください。


(ip41130a.png)

『拡大する』

東京都庁からアクセスしたのですよ。

あらっ。。。 「お○○こ 画像」を入れて検索した人がデンマンさんのブログにアクセスした時刻は。。。確か、11月28日の金曜日の午後1時19分ですよね。

その通りです。


(hg41128z5.png)

だったら、この都庁の職員は、勤務時間中に「お○○こ 画像」を入れて検索したことになりませんか?

うん、うん、うん。。。 そうです。。。 たぶん、お昼を食べすぎて、眠くなったのですよ。 それで、眠気覚ましに刺激的な画像を見て眠気を吹き飛ばそうとしたのでしょう!?

でも。。。、でも。。。、そうだとしても、勤務時間中に、いかがわしい画像を見るなんて許せませんわア!

あのねぇ~、東京都庁からアクセスしてるからって、都庁の職員とは限りませんよ。

じゃあ、他に誰が都庁からデンマンさんのブログにアクセスするのですか?

都庁を見学に行った人が Wifi にアクセスして検索したかもしれないじゃありませんかァ!

都庁を見学に行った人が、見学中に「お○○こ 画像」を入れて検索するなんて考えられませんわァ~。。。

あのねぇ~、中には、いやいや見学に付き合わされた人だってグループの中には居るのですよ。 だから、見学に、もううんざりした人が刺激を求めてネットにアクセスしたのですよう。

そうでしょうか?

とにかく、ネットにアクセスする人の中には、いろいろと変わり者がいますからねぇ~。。。。


(laugh16.gif)

【平成の紫式部 橘卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

でも、「お○○こ 画像」を入れて検索するなんてぇ、あたくしは絶対に許すことができませんわア!

女性を侮辱していますう。

あなただってぇ、そう思うでしょう!?

でも、あたくしの“おばさんパンツ姿”を探すネット市民の男性なら、あたくしは許せますわァ。

うふふふふふふ。。。

そういう人がいるのですわよう。

あなたは信じることができないでしょう?

では、あなたも信じられるように 次の検索結果を見てくださいましなァ。


(gog30505.gif)

『現時点での検索結果』

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。

うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?

けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいまし。
じゃあねぇ~。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

『プロメテウスの黒い白鳥』

『ジャズ・フェスティバル』

『仲間はずれはどれ?』

『FBI捜査官のツブヤキ・ガイド』

『147歳の誕生日』

『均質的思考は日本人のクセなの?』

『今、おばさん下着がアツイ!』

『きびしい暮しの中のロマン』

『下着女装ブログ』

『BCデーと日本の花火』

『小役人が日本を滅ぼす』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださね。

じゃあ、またァ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練』

『軍隊のない国』

『天智天皇は暗殺された』

『アナクロニズム』

めれんげさんの『即興の詩』

めれんげさんの『極私的詩集』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

目が痛いの?

2014年3月17日

 
 
 
目が痛いの?
 

(eye119.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 目が痛いのですか?


(kato3.gif)

いや。。。 ぼくじゃありませんよ。

デンマンさんじゃないとすると。。。 卑弥子さんですかァ?

いや。。。 卑弥子さんでもありません。

じゃあ。。。 軽井沢タリアセン夫人の小百合さんか めれんげさんですわね?

あいにく、小百合さんでも めれんげさんでもありません。

じゃあ、いったい誰が目が痛いのですか?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv40317.gif)

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の 3月1日から17日までの「アクセス数」の棒グラフですよ。

昨日の16日がダントツですわね。 どの記事が読まれたのですか?

次の記事です。


(bnose2.jpg)

(ass350.gif)

『臭いにチョーこだわる人』

あらっ。。。 昨日 わたしとデンマンさんで語り合った記事ではありませんか!

その通りですよ。

でも、わたしは目なんてぇ、ちっとも痛くありませんわ。

もちろん、ジューンさんの目が痛いと言うわけではありません。

だから、どなたの目が痛いのですか?

次のリストを見てください。


(liv40317c.gif)

これは僕の『徒然ブログ』の 3月1日から17日までの「検索キーワード」の棒グラフですよ。 赤枠で囲んだ 27番に注目してください。

あらっ。。。 「目が痛い 英語」と入れて検索した人が 3人いたのですわね。

そうなのですよ。 でもねぇ~、僕は「目が痛い」というタイトルで記事を書いた覚えがないし、ジューンさんが書いた記事にも「目が痛い」というタイトルはなかったと思うのですよ。

そうですわ。 わたしの覚えている限り「目が痛い」というタイトルで記事を書いた覚えはありませんわ。。。で、いったい どの記事が読まれたのですか?

次のリストを見てください。


(liv40317b.gif)

これは僕の『徒然ブログ』の 3月1日から17日までの「リンク元URL」の棒グラフですよ。 赤枠で囲んだ 14番に注目してください。

「目が痛い 英語」を入れてGOOGLEで検索して【徒然ブログ】の中に掲載されている『目が疲れたの。。。?』を読んだということですか?

そうなのですよ。 検索結果を見てください。


(gog40315.gif)

トップから 7番目に確かに【徒然ブログ】の『目が疲れたの。。。?』が出てくるのですよ。

これは、もしかして わたしが書いた記事ですか?

そうですよ。 


(liv80919e.gif)

『実際の記事』

確かに、記事の中に「目が痛い」が出てくるのですよ。

目が疲れたの…?
 

(chiwawa5.gif)

「目が疲れる」
目が痛い
「目がしょぼしょぼする」

あなたにも経験があるでしょう?
でも、たいていはしばらくたつと忘れてしまいますよね。
しかし、ときには症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともありますよ。
医学的にはこのような状態を「眼精〈がんせい〉疲労」と呼ぶのだそうです。
単なる目の疲れである「眼疲労」と区別しているのです。

眼精疲労は、何らかの手を打たなければ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り、自然には治らないのだそうです。
あなた、大丈夫ですか?
不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあるのだそうです。

さらに、目の疲労の背後には、他のからだの病気が隠れている可能性もあるのですって。。。
だから、もしあなたが慢性的に目の疲れを感じていたら、「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、なるべく早く診察を受けましょうね。

残念ながら、眼精疲労でからだに異常が現れる理由は、よくわかっていないのですって。。。
でもね、物が見にくくなるために、よく見ようとして不自然な姿勢をとり、それが肩凝りなどを引き起こすということは容易に考えられますよね。

また、視力が低下すれば、目を凝らしたり、集中力をより高める必要があります。
だから、そのようなことによる緊張の連続が、頭痛やめまい、吐き気を引き起こすことになるのでしょうね。
わたしはそのように考えているのですよ。
また目の疲れがストレスを引き起こすかも知れませんよね。

とにかく、あまりコンピューターの画面ばかり見ていないで、たまには目の保養を考えてみてくださいね。

ところで、目が疲れたわ、と言うのを英語でなんと言うと思いますか?
あなたのために簡単な英語のクイズを作りました。

すぐ下の6つの単語から、最もふさわしいものを選んでくださいね。
 

1) 目が疲れたわ。

   My eyes (     ) tired.

【 sense catch feel move go come 】


2) ずっとコンピューターの画面をじっと見てるから。

   I’ve been (     ) at the computer screen.

【 watching playing staring seeing observing viewing 】



(surprise01.gif)

3) コーヒー休憩にしようっと。

   I’ll take a coffee (     ).

【 stop holiday vacation break lunch supper 】


(coffee3.gif)

どうですか?
分かりましたか?
では、お答えします。

1) My eyes feel tired.

feel を使いますよ。
日本語の感覚では、目が疲れを感じるとは言いませんが英語では良くこのような言い方をします。
もちろん、My eyes are tired. でも意味は通じます。

2) I’ve been staring at the computer screen.

前置詞の at があるのがポイントです。
at を必要とするのは stare です。
play は at を必要とすることもありますが、この場合“じっと見る”意味にはなりまぜん。

3) I’ll take a coffee break.

これは、もう、決まり文句ですよね。
take a coffee break で「休憩してコーヒーを飲む」という意味です。

どうですか?
お分かりになりましたか?


『目が疲れたの…?』より
(2008年9月19日)

でもねぇ~、「目が痛い」をジューンさんは英語では書いてないのですよね。 だから、この記事を読んだ人はがっかりすると思うのですよ。

デンマンさんなら、「目が痛い」を英語でなんと言うのですか?

例えば、片方の目が痛いなら、僕は簡単に、“I’ve got a sore eye.”と言いますよ。

確かに、それでも充分に通じますわ。

他にも言い方があるのですか?

もちろんですわ。 せっかく、“My eyes feel tired.”という言い方を覚えたのですから、 目を主語にして次のように言えますわ。


(eye119.jpg)

My eyes pain me.

(文字通り、目が痛い)

My eyes sting.

(目がチクチクする)

My eyes are burning.

(目がヒリヒリする—まるで火が出るように)

なるほどねぇ~。。。 面白い言い方ですね。

。。。で、誰が「目が痛い」を入れて検索したのですか?

もちろん、英語を話す国に旅行している日本人が目が痛くなって、病院に行かねばならない。 それで、思いついてネットで検索したのですよ。 ちょっと次のリストを見てください。


(hg30416b.gif)

これは2月10日から3月16日までの35日間に デンマンシンジケートの 19のサイトの海外からのアクセスを示したリストなのですよ。

つまり、デンマンシンジケート全体で 35日間に 44ヵ国からネット市民の皆さんのアクセスがあったということですね。

そういうことです。 Denman Blog の海外からのアクセスは次のようになっているのです。


(hg30416b4.gif)

35日間に 29ヵ国ですわね。。。 で、ライブドアのデンマンさんのブログではどうなっているのですか?

次のリストを見てください。


(hg30416b3.gif)

あらっ。。。 イギリスからだけですか?

そうです。 だから、「目が痛い 英語」で検索した人はイギリスで目が痛くなったのですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたが、もしイギリスや、アメリカ、オーストラリアやカナダに旅行して目が痛い時には ぜひ、上の言い方を使ってくださいませ。

ところで食べ過ぎて お腹が痛いと言うのは何と言うのでござ~♪~ましょうかァ?
ジューンさんに尋ねたら次のように言うのですってぇ~。。。


(ache002.jpg)

My stomach hurts.

あるいは

I have a stomach ache

ところで、ジューンさんの下着姿が人気があるようなのでござ~ますわァ。


(bikini08.gif)

あたくしだって負けてはいませんわよう。

ええっ。。。 んで、あたくしの下着姿も人気があるのかってぇ~。。。?

もちろんでござ~ますわ。
あのねぇ~、あたくしも断然興味が湧いてきて検索してみたのでござ~ますわァ。
その結果を見てくださいませ。


(gog30505.gif)

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


『エロスのバンクーバー』

『世界を駆け巡る日本人』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』


(newyear14t.jpg)

『国際化と英語』

『肥後ずいきと国際化』

『おばさんパンツを旅する』

『カウチポテト』

『やらしくさわるの?』


(newyear14v.jpg)

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

『鼻血が出るぐらいのエロ漫画』

『処女とおばさんの下着』

『ツイッターと国際語』

『おばさんの下着姿に見るSEO』

『おばさんの下着とポスト資本主義』

『桜と絹とツイッター』

『おばさんバンザイ!』

『おばさんバンザイの第2波』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)