Posts Tagged ‘人生観’

やっぱりどこか狂ってる

2015年11月10日

 

やっぱりどこか狂ってる

 


(lift07b.jpg)


(lift01b.jpg)


(lift09.jpg)


(lift10.jpg)


(coalh03.jpg)


デンマンさん。。。 私は、バンクーバーにやって来て マジで小さい頃の夢を実現したという気分になりましたわ。

ほォ~、マジで。。。?

私は、バンクーバーにやってくる前に、上の“コール・ハーバー (Coal Harbour)”のビデオクリップを見たのです。 いつか、仕事を見つけて、お金を貯めたら、コール・ハーバーのマンションを買って、ぜひ、余裕のある優雅な生活をしてみたいと想ったのですわ。。。

う~~ん。。。 一つの夢が実現したあとで、また、新しい夢を持つことはいいことですよ。。。 生活に張り合いができますからねぇ~。。。、 コール・ハーバーのマンションねぇ~。。。 3年ぐらい働けば、マンションが買える頭金ぐらいはできるでしょう。。。それで、小さい頃の夢が実現したというのは、どういうわけで。。。?

バンクーバーの優雅な生活を垣間(かいま)見たような気がしたのですわ。

ほォ~。。。、また、それはどういうわけで。。。?

ちょっとバンクーバーのダウンタウンとスタンレーパークの地図を見てください。。。


(vanmap02.png)

今年の五月に 念願のコール・ハーバーをデンマンさんと一緒に散歩しながら洒落(しゃれ)た Lift Bar & Grill に寄ってブランチをいただいたのですわァ。


(lift02.jpg)


(lift01b.jpg)


(lift06.jpg)

2時間ほどかけて、爽やかな海の風に当たりながら のんびりとブランチを楽しみ、それから、デンマンさんと一緒にスタンレーパークをそぞろ歩いて、The Teahouse に行きましたァ。

うん、うん、うん。。。 そうでした。。。、そうでした。。。、


(teahouse01c.jpg)


(teahouse02.jpg)


(teahouse07.jpg)


(teahouse06.jpg)

この The Teahouse に 私は初めて訪れたのですけれど 素敵なところでしたわァ。 3時のお茶の時間を きれいな景色を見ながら心ゆくまで楽しみましたァ。 これから、週末には 私一人で、この場所に来て 今後の事など、じっくりと考えてみたいと思ったものです。

なるほど。。。、なるほど。。。、確かに、“優雅な生活”かも知れませんよねぇ~。。。

デンマンさんも、“優雅な生活”を味わっているのでしょう!?

確かに、帰省して行田市の実家でテレビを見ていると、嫌なニュースばかりで、僕はバンクーバーで“優雅な生活”を送っているとしみじみと思いましたよ。

それなのに、どうして“やっぱりどこか狂ってる”というタイトルにしたのですか?

あのねぇ~、“やっぱりどこか狂ってる”というのは、バンクーバーのことではないのですよ。僕は10月31日にバンクーバーから成田に着いたのだけれど、今日まで、実家で夕食の後 テレビを見ていると、いつものことだけれど嫌なニュースが これでもか!これでもか!と言うように流れてくるのですよ。

たとえば。。。?

次のような事件ですよ。


(jpn51110a.jpg)

福島県西郷村の住宅から母親と父親とみられる遺体が見つかった事件で、逮捕された長男は約30年間、仕事をせず、収入は父親の年金だけだったことが分かりました。

西郷村の無職・小磯信幸容疑者(48)は、92歳の母親の遺体を自宅に放置した疑いが持たれています。

小磯容疑者は「遺体をどうしていいか分からなかった」と話していて、容疑を認めています。

また、自宅の小屋からは、白骨化した父親とみられる遺体も見つかりました。

関係者によりますと、小磯容疑者は中学を卒業後、仕事に就いたことがなく、収入は父親の年金のみだったということです。

警察は、年金が振り込まれた銀行の通帳を押収するなどして調べを進めています。


出典:『両親の遺体を放置』(2015/11/07)

でも、この事件ってぇ。。。 たまたまデンマンさんがテレビを見た時に報道された稀な事件だったのでしょう?

いや。。。そう稀な事件じゃないのですよ。。。 上の事件は11月7日にテレビのニュースで報道された。。。2日後の11月9日には次のニュースが画面に出てきましたよ。


(jpn51110b.jpg)

神奈川県横須賀市で、危険ドラッグを吸ったうえ両親を殺害したとして殺人などの罪に問われた次男の裁判で、検察側は懲役30年を求刑しました。

上地真二被告(37)は去年10月、横須賀市の自宅で、父親の盛男さん(当時60)と母親の真理子さん(当時61)を刃物で刺して殺害した殺人罪と、犯行の前後に危険ドラッグを吸引したとする薬事法違反の罪に問われています。

9日、横浜地裁で開かれた論告求刑公判で、検察側は「危険ドラッグの使用を父親に叱責されたことに対する逆恨みの犯行」で、「動機が身勝手で悪質」と指摘し、懲役30年を求刑しました。

一方、弁護側は「責任能力は認められない」などとして、無罪を主張しました。


出典:『危険ドラッグ吸い両親殺害』(2015/11/09)

でも、たまたま11月7日と9日に悲惨なニュースが続いたのではありませんか?

いや。。。たまたまじゃないのですよ。。。 11月8日には次のような可哀想なニュースが流れたのです。

持ち帰り残業で過労自殺

22歳女性の遺族が

英会話大手を損賠提訴へ

自室に2385枚の教材カード


(jpn51110c.jpg)

大手英会話教室の講師だった女性=当時(22)=が平成23年に自殺したのは、長時間の「持ち帰り残業」による過労が原因だったとして大阪府内に住む女性の両親が近く、学校運営会社「アミティー」(岡山市)に慰謝料など約9100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが7日、分かった。

両親側の代理人弁護士によると、残業状況の客観的な立証が難しい自宅などでの持ち帰り残業をめぐり、企業の労務管理責任が問われる訴訟は珍しい。

女性については労働基準監督署が昨年5月、持ち帰り残業による過労と鬱病発症との因果関係を認める判断を下し、すでに労災と認定している。

関係者によると、女性は大学卒業後の23年3月に入社。

配属先の金沢校で講師をしていたが、同年6月に金沢市内の自宅マンションから飛び降り自殺した。

女性は入社後、レッスン用教材カードを自宅に持ち帰って作成し、自室には2385枚のカードが残されていた。

金沢労働基準監督署が実際にカード作りを再現したところ、1枚あたり最大9分26秒の時間を要し、持ち帰り残業時間が月82時間だったと推計。

学校での残業を含めた時間外労働時間が、過労死の労災認定基準を超える月111時間に達しており、女性が長時間労働で鬱病を発症したと労災を認定した。

両親側は大量の持ち帰り残業に加え、上司から「仕事の段取りが悪すぎる」などと繰り返し叱責されたことで心理的負荷が高まったと主張している。


出典:『持ち帰り残業で過労自殺』(2015/11/08)

でも、このニュースで問題にしている自殺は平成23年に起きたものですわ。。。 最近では自殺は少なくなっているのではありませんか?

いや。。。 決してそんなことはありませんよ。。。 例えば、次のニュースは11月2日に起きた自殺ですよ。


(jpn51110d.jpg)

愛知県名古屋市の地下鉄で、中学1年の男子生徒が電車に自ら飛び込み、自殺した。

いじめが多かった。もう耐えられない」との遺書を書いていた。

周囲は変わった様子は全くなかったとし、学校もいじめは把握していなかった。

生徒の異変は見抜けなかったのか。

自殺した男子生徒の父親は報道陣に対し、「息子は本当にあいさつ、きちょうめんで自慢ができる。目に入れても痛くない」

「第二のこういった犠牲者が出ないようにいろいろなことをしていきたい」と訴えた。

男子生徒の葬儀が3日、行われた。

男子生徒と同じ中学校の生徒は、「最初は死んだっていうのが自覚できなくて、すごい悲しいし、やりきれない」と話した。

男子生徒が書いたとみられる小学校の卒業文集には、「一番心に残った学年は六年生です」「なぜなら友達の数が増えて楽しいことが多かったからです」とつづられていた。

それからわずか8か月。自宅からは遺書が見つかった。

遺書には、「僕は学校や部活でいじめが多かった。部活で弱いなとか言われてた。もう耐えられない。だから自殺します」と書かれていた。

男子生徒は、中学生になって一度も欠席したことがなかった。

しかし一方で、同じ中学校に通う生徒の保護者は「いつも4~5人に囲まれて、なにかいじめられてるみたいなのを3~4回」「ズボン脱げとか、そういうことをやっていた(と聞いた)」などという話を耳にしていたという。

男子生徒が通う中学校で2か月ごとに行われるアンケート調査。

そこではいじめの事実は確認できなかったという。


出典:『中学1年の男子生徒が

電車に自ら飛び込み自殺』(2015/11/04)

この自殺はマジで可哀想ですわねぇ~。。。。

。。。でしょう!? 未だにイジメが原因で自殺することが後を絶たないのですよ。

中学1年生で人生を終えるなんて、本当に悲しいことですわ。

そうですよ。。。そうですよ。。。マジで痛ましい事件です。。。 それに、真由美ちゃんにも関係する事件が栃木県で起きたのですよ。

まさかァ~・・・?

ちょっと次のニュースを読んでみてよ。。。

無職の男が母親を殺害


(jpn51110e.jpg)

栃木県宇都宮市松風台で5月3日、20代の無職の男が母親を殺害する殺人事件が起きました。

この事件で栃木県警宇都宮東署は、宇都宮市松風台に住む無職・谷田部峻矢容疑者(28)を殺人未遂の容疑で逮捕。

容疑を殺人に切り替えて調べています。

発表によると谷田部峻矢容疑者は5月3日午前9時半ころ、宇都宮市松風台にある自宅で、同居する母親・谷田部和子さん(53)の首などを、包丁や果物ナイフで刺した疑いが持たれています。

その後、谷田部峻矢容疑者が返り血とみられる血の付いた服を着たまま、近所に住む男性に対して「母親を刺した」と話したことから、男性が午前10時15分ころに「包丁を持った男が、母親を刺したと言っている」などと110番通報し事件が発覚しました。

これを受けて宇都宮東署の警察官らが現場に駆けつけたところ、和子さんが自宅1階で、血を流した状態で倒れているのが見つかったということです。

和子さんは病院に運ばれましたが、まもなく搬送先の病院で死亡が確認されました。

谷田部峻矢容疑者は両親との3人暮らしでしたが、今のところ母親である和子さんをなぜ殺害したのか、その動機など詳しいことは分かっていません。

当時、父親は外出していました。

宇都宮東署は殺人事件として、事件に至った経緯や犯行動機などについて、詳しく捜査を進めています。


出典:『無職の男が母親を殺害』(2015/05/03)

真由美ちゃんは栃木県の宇都宮商業高校を卒業しているから、同郷なのですよ。。。 しかも谷田部容疑者は28歳。。。 真由美ちゃんと同世代です。。。 もしかして、高校で同じクラスメートだったのでは。。。?

谷田部という苗字の生徒は 私のクラスには居ませんでしたわ。

でも、もしかすると真由美ちゃんの近所に住んでいて 顔見知りだったとかァ~。。。?

デンマンさん!。。。 いやですわァ~。。。 私を、なんとかして、この谷田部容疑者に結び付けようとしていますわねぇ~。。。

いや。。。 そういうわけではありません。。。 たまたま真由美ちゃんも栃木県出身で、しかも、宇都宮商業高校を出ていたから、もしかすると。。。、と思ったわけですよ。

私の知り合いや友人には お母さんを殺すような人は居ませんわァ。

もちろん、そうでしょう!。。。 でもねぇ~、この谷田部容疑者だってぇ~、お母さんを殺そうと じっくりと計画を練(ね)ってやったことではないはずですよ。

つまり、お母さんに、「無職でみっともないから、とにかく、どんな仕事でもいいわよう。。。、早く仕事を見つけて働きなさいよ!」と、何度も、何度も言われたので、つい逆上して首を刺した、とデンマンさんは言うのですか?

その可能性が一番高いと思うのですよ。 真由美ちゃんは、どう思いますう?

そうですわねぇ~。。。 考えてみたら、私も現在、無職なのですわァ~。。。 (苦笑) でも、私はCarnegie Centre でボランティアとして、キッチンでお手伝いをしていましたから。。。、


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)


(carnegie06.jpg)

それに、私は実家から離れて、遠いバンクーバーにいるので、父や、母は、私を叱りたくても叱れませんわァ。 うふふふふふ。。。

真由美ちゃんは、お菓子職人、パン職人として 目下、夢を実現するために、奨学金をもらって Vancouver Community College で勉強しているのだから。。。その事を真由美ちゃんの両親は充分に知っているからねぇ~。。。、叱るよりも陰ながら応援してますよ。

でも、たとえ、母親に小言を言われても、逆上して首を刺して殺してしまうのは、どう考えても行き過ぎですわァ。

確かに、そうですよ。。。 でもねぇ~、日本では、最近、青少年が パソコンの殺人ゲーム感覚で人を殺してしまうケースが多いでしょう!? 

そうですわねぇ~。。。 いったい日本は、どうなってしまったのでしょうか?

あのねぇ~、だいたいですよ。 28歳にもなって親と一緒に暮らしているというのが ちょっと親離れしていない、パソコンの殺人ゲームで遊んでいる青少年を感じさせますよ。 だから、精神年齢も低くて、ちょっとしたことで逆上して あらぬ行為に走ってしまうのですよ。

実は、私もバンクーバーにやって来るまでは親元で暮らしていたのですわ。

しかし、真由美ちゃんは、こうして夢を実現するためにバンクーバーへやって来たじゃありませんかァ!

つまり、谷田部容疑者は夢を持っていなかったのですわねぇ~!?

そうですよ。。。 あのねぇ~、真由美ちゃんのように、小さな頃の夢を実現したいという強い希望があれば、小言を言う母親のそばに、いつまでも居ないで、自分の夢を実現させるために、何とか頑張るものですよ。 真由美ちゃんだってぇ、そのような気持ちで、親元を離れたわけでしょう!?

一言で言ってしまえば、そういうことですわ。

真由美ちゃんも、ちょっと次のリストを見てください。

世界158カ国の幸福度調査

(10点満点) 第3回国連調べ


(engbay02.jpg)

1 Switzerland (7.587)

2 Iceland (7.561)

3 Denmark (7.527)

4 Norway (7.522)

5 Canada (7.427)

6 Finland (7.406)

7 Netherlands (7.378)

8 Sweden (7.364)

9 New Zealand (7.286)

10 Australia (7.284)

11 Israel (7,278)

12 Costa Rica (7.226)

13 Austria (7.200)

14 Mexico (7.187)

15 United States (7.119)


(engbay03.jpg)


『市長選挙とおばさんパンツ』より
(2015年4月26日)

これは国連が調べた世界158カ国の幸福度調査ですよ。

カナダが5番ということは、カナダでは幸福だと思って生活している人が 世界で5番目に多いということですか?

早い話が、そういうことだと思いますよ。 市民が幸福を感じる要素をいろいろと調べ上げて、10点満点で、それぞれの国を評価したわけです。

でも。。。、でも。。。、日本が 15番以内に入ってませんわねぇ~。。。

そうですよ。。。、でもねぇ~、日本は経済大国になったことが過去にあるので、たいていの日本人は、世界の他の国々と比べても、日本人は裕福で、余裕のある生活を送っていると、先入観を持っている人が多いのですよ。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。。。 次の記事を読んでみてください。

海外に目を向ける

2015年03月03日(火) 09時16分31秒

テーマ:ブログ

久しぶりに朝から外出したので、朝の寒さを舐めてました。

寒すぎオワタw

スマートフォンからの更新である。

相変わらず大阪はミナミには中国から多くの観光客が賑わっております。


(minami100.jpg)


(tourbus.jpg)

特に週末は日本人おらんがなってぐらい多いです。

彼らのパワーは半端ないっす。

ドンキやダイコクではこれでもか!って引くほど大量買いされてます。

日本製の商品は人気あります。

なかには大量に買って、向こうの富裕層に売る転売をしてる人もいるみたいです。

日本にある商品=品質が良いという認識

日本の誇れるところです。

一方で日本のリソースが海外へ流出していく危惧もあります。

トヨタでは為替の影響を減らす目的でアメリカに工場を作り生産。

某エアコン製造企業も流通コストの削減を目的にブラジルに工場を設立。

いずれも何百億という投資をして工場を作ってでも、海外に拠点を設ける大企業は増えています。

システム開発でも、オフショア開発で盛んに海外に外注を降っています。

スポーツでもサッカーならヨーロッパ、野球ならアメリカのメジャーリーグへ国内の優秀な選手が海外へ流出しています。

イチローやダルビッシュ、本田や長友など日本人が海外で活躍する姿は日本の誇りだという見方もありますが、日本にスター不在という状況にもなります。

今二刀流で話題の大谷選手もいずれメジャーといってますが、日本のプロ野球人気を考えれば、間違いなくマイナスです。

2020年にはオリンピックもあり日本は元気だ!と楽観的に考えているジジイたちもいますが、そんなものは一時的なドーピングでしかないでしょ。

日本はどんどん高齢化が進み、国の借金も絶賛増え続けており、決して安泰とは思えません。

そう考えるとリスクは多いですね。

何か起こってからでは遅いので、リスク対策は常に考えないとあかんな。

とはいってもやっぱ日本はええ国ですよ。

前にも言いましたが、サイコロでいうと6の目。

産まれた瞬間運がいい。

こんな住みやすい国他にあるのか?笑

海外住んだことないんですけど、そう思います。

日本最高。

ありがとうございました。


赤字はデンマンが強調。
写真はデンマンライブラリーより。
YouTubeはデンマンが貼り付けました。)


『日本最高?』より
(2005年3月7日)

たとえば、カナダとか、スイスとかデンマーク、ノルウェーなどで暮らしてみれば、日本での生活が、昔と比べて経済的には裕福になったようには見えても、実際には、幸せだと感じられないような生活に喘(あえ)いでいることを実感できる。 でも、海外で生活したことがない人がほとんどだから、まだまだ他の国と比べたら。。。、例えば、内戦で苦しんでいるイラクだとか ソマリアだとかと比べたら、まだまだ日本では いい生活をしていると思い込もうとしている。 それで、上の記事を書いている人も、海外で暮らしたことがないのにもかかわらず、次のように書いているわけですよ。

こんな住みやすい国他にあるのか?笑

海外住んだことないんですけど、そう思います。

日本最高。

でも、現実の日本では、青少年が パソコンの殺人ゲーム感覚で人を殺している事件が たくさんある、とデンマンさんは言うのですか?

いや。。。 僕が、そう言ってるのじゃなくて、ニュースを見ていれば、そういう事件が実際に起きているではありませんかァ!

つまり、日本は どこかが狂っているとデンマンさんは言うのですか?

そうですよ。。。 “臭い物には蓋(ふた)”をして、臭い物には、できる限り目を向けないで、多くの日本人が「こんな住みやすい国他にあるのか?笑 海外住んだことないんですけど、そう思います。 日本最高。」と、信じ込もうとしているように見えますよ。

じゃあ、日本はどうしたらよいのでしょうか?

だから、真由美ちゃんのように夢を見ることのできる青少年が多くなるように、日本の駄目な政治家が、心を入れ替えて もっと日本の幸福度を上げるような政策を実行する必要があるのですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
そうですわよねぇ~。。。
最近の政治家は ちょっとダレているようですわよねぇ~。。。
自分のことばかり考えているのではないでしょうか!?

日本国民が幸福感を感じながら生活を送れるように、と考えている政治家が、実際に幾人居るのでござ~ましょうか?
相変わらず、汚職だとか、利権のことばかりを考えて、
いい事を言うのは選挙の時だけで、当選してしまうと、日本国民のことなど忘れてしまいます。
自分の懐と、地盤を固めるだけに、汲々(きゅうきゅう)としているようですわ。
あなただってぇ、そう思うでしょう!

かつて、明治維新の頃には、中国を見て、日本も中国のように、将来、植民地化されてしまうのではないだろうか?
そのような恐れを抱いて、明治維新の志士たちは、命も惜しまずに、日本をより良い国にしようと、頑張ったのでござ~ますわ。

現在の日本は、バブルがはじけて経済大国から転落し、更に、悲惨なニュースがテレビから流れてきています。
政治家が、真面目に政治に取り組まない限り、今の日本は良くならないのですわよ。
あなただってぇ、そう思うでしょう?

早く、夢と希望が持てる日本にして欲しいものでござ~♪~ますわア。

愚痴を言っても始まりませんわァ。
経済大国から転落した日本の現状に目をつぶるのもいいですけれど、
たまには古代の日本の歴史についても 探求してくださいませ。

平安史、古代史の記事を用意しました。
ぜひ お読みくださいまし。

ところで、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

あたくしが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのですわァ。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。

じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

死んでも生きてる

2015年10月26日

死んでも生きてる

 


(death013.jpg)


(angel03.gif)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 なんで急に抹香(まっこう)臭いタイトルを持ち出してきたのでござ~ますか?


(kato3.gif)

。。。ん? 抹香臭い?

そうでござ~ますわ。。。 なんだか お葬式のお線香の匂いがするではござ~ませんか?

あのねぇ~、実は、夕べ バンクーバー市立図書館で借りた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

人は死んだとき、

まわりの声が聞こえている


(death012.jpg)

人間の死には、まずふたつの段階があります。
「個体の死」と「細胞の死」です。
「個体の死」というのは、全体の統合が取れなくなった状態です。

つまり、脳による全体のコントロールが止まるとか、あるいは血液の流れが止まり、脳に酸素が行かなくなって脳死になる、ということ。
人間は、どれかひとつの歯車がなくなると、全体のシステムが壊れてしまう機械のようなものですから、統合性を保つことができなくなると、意識を保って理解をする、ということが困難になります。

しかし、統合性が失われる「個体の死」が訪れても、細胞はしばらく生きています。
細胞というのは、自分の持っている酸素がつづくかぎり、細胞の中で酸素呼吸をしますから、そのあいだはミトコンドリアも発熱するし、しばらく体温も維持できる。
そして、各所にある酸素が全部使い果たされてしまうと、ミトコンドリアも死んで、細胞も死に、だんだん冷たくなっていきます。

それは、「酸素の供給が止まった」ということ。
その酸素を供給していたものが、心臓のポンピング作用と肺におけるガス交換ですから、それら循環器系の機能が停止すると、あらゆる機関の統合性がどんどん失われていきます。

そのため、心臓の動きが止まったときに「ご臨終です」と、人間は死を迎えたとされるわけです。
しかし、このあともまわりの声が聞こえている可能性があります。

細胞内に酸素があるかぎり、脳もおそらくしばらくは働いています。
個体の死、つまり統合性が失われていても、脳にまだ酸素があるうちは最後まで働こうとするのです。

心臓の動きが止まり、お医者さんが「ご臨終です」と告げたあとも、残された家族が悲しむ声が本人に聞こえている可能性は十分にあるのです。
ただ、それを統合的に理解するだけの酸素が脳に残っているかどうかはむずかしい問題です。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


168-170ページ 『脳がしびれる科学の時間』
著者: 長沼毅
2013年1月10日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

つまり、デンマンさんは死をまじかに控えて 心の準備をしているのでござ~ますか?

何で僕が死をまじかに控えているのですか?

だってぇ~、デンマンさんは、まもなく飛行機でバンクーバーから成田に飛び立つのですわ。。。 すると、その飛行機はハイジャックされ デンマンさんが止せばいいのにスーパーマンになったつもりでハイジャッカーに立ち向かうので、ついに悪者たちが爆弾を破裂させて飛行機は北太平洋の上空で木っ端微塵(こっぱみじん)に破裂して、デンマンさんはあの世に逝くのでしょう?


(plane900.jpg)

やだなあああァ~。。。 卑弥子さんは、どうして そのような人の嫌がる不吉な事を言うのですか?

なぜか、あたくしは夕べ そのような夢にうなされたのでござ~ますわァ。

あのねぇ~、そのような悪夢にうなされるような不吉な事は 当事者の前では言わないものですよ。。。 言霊(ことだま)というのを卑弥子さんも聞いたことがあるでしょう?

ありますわ。。。

人によったら、卑弥子さんの悪夢は悪霊のお告げだと思って予定をキャンセルして貨物船か何かで日本へ行くのですよ。

デンマンさんも、そうするのでござ~ますか?

いや。。。 僕は、人の言う事は どちらかというと疑ってかかる性格ですからね。。。 たとえ卑弥子さんが何と言おうと、もう予定は変えないのですよ。

。。。で、もし あたくしの悪夢が本当になったら。。。?

そしてら、卑弥子さんを恨んであの世に逝きますよ。

そして、デンマンさんがあの世に逝ってから あたくしを呪い殺すのでござ~ますか?

たぶん、そうなるでしょうねぇ~。。。。 うへへへへへへ。。。

あのォ~。。。、あのォ~。。。 今の悪夢のお話はウソですわァ。。。 実は、デンマンさんは無事に成田について、それから新幹線で京都に向かい、あたくしとエッチよりも感じるハグをして再会を果たしたのでござ~ますわァ~。。。 そういう夢だったのでござ~ますう。。。 うふふふふふ。。。


(bearhug05.jpg)

あのねぇ~、今更、そのような事を言っても遅いのですよ。

分かりましたわァ~。。。 いつまでも下らない事を言っていると ここまで読んできたネット市民の皆様が他のブログへ飛んでしまいますから、なぜ“死んでも生きてる”のか? その理由を説明してくださいなァ。

だから、すでに僕が読んだ本の重要な箇所を引用したでしょう!

つまり、ただその箇所を引用しただけで、終わりにするのですか?

いや。。。 もちろん、それだけじゃ卑弥子さんを呼んだ意味がないですからねぇ~。。。

だから、もったいぶらないで細木数子のようにズバリ!ズバリ!と核心を突いてくださいなァ~。

あのねぇ~、実は、先月(9月21日) 僕はバンクーバー市立図書館でDVDを借りて次の映画を見たのですよ。


(lib51024a.png)

『実際のカタログページ』

あらっ。。。 日本映画ではござ~ませんかァ!

そうですよ。。。 この映画は、それ以前に僕は見たことがあった。

それなのに、どうしてまた同じ映画を DVD を借りてみたのでござ~ますか?

日本語のタイトルが目につかなかったのですよ。。。 だから初めて観る映画だと思ってDVDを借りたわけです。

そしたら、すでに観た事があると思ったのでござ~ますか?

そうですよ。。。 しかも、僕は、その映画のことで記事まで書いていたのですよ。。。 卑弥子さんは覚えてないでしょう?

どうして。。。、どうして。。。、あたくしが覚えていないといけないのでござ~ますか?

なぜなら、その映画のことで卑弥子さんと対談しているからですよ。

マジで。。。?

だから、僕は卑弥子さんを呼び出したのです。。。 その箇所を引用するから読んでみてください。

卑弥子さんはナウい映画よりも時代劇の方が趣味なのですか?

だってぇ、あたくしは源氏物語を研究している者ですわ。 京都の女子大学では「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~♪~ますう。 当然、時代劇には関心がありますわ。

ローズティーには関心がないのですか?

もちろん、関心がありますわ。。。でも、今日はおとといの続きですわ。 11月19日には『ローズティーと生ツ八橋』というタイトルでお話して、『必死剣鳥刺し』がローズティーと生八ツ橋に関係あると、デンマンさんはおっしゃったのでござ~♪~ますわ。

よく覚えていますねぇ~?

まだ、おとといのことですもの。。。それで、上の映画のどういう所にデンマンさんは感銘を受けたのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、上の説明にも書いてあるけれど、映画の内容は現代にも通じるのですよう。 時代劇だけれど、人間普遍の物語として描かれている。

だから、具体的には、どういうことなのですか?

要約すれば次のようになるのですよ。

剣豪ゆえに陥る宿命に対し、

最後は己を爆発させる主人公の姿は

「人生のままならなさ」、

「人はいかに命を全うするか」という

永遠の問いを観る者の胸に刻みこむ。

そして文字通り激烈なクライマックスは、

邦画史における新たな神話となるであろう。

デンマンさん!。。。これは上の説明の中に書いてある事をそのまま書き出しただけではござ~♪~ませんか!

いけませんか?

ダメですよう! 引用でごまかさないでくださいなァ。 デンマンさんは実際に(成田からバクーバーまでの)飛行機の中で上の映画を見たのでしょう?

もちろんですよう。

だったら、ご自分の言葉で説明してくださいなァ。

分かりました。 卑弥子さんがそれ程までに言うのならば僕の言葉で説明します。。。まず次のニュース記事を読んでみてください。

ロッキード事件


(lokeed02.jpg)

 

元運輸省事務次官の若狭得治が(全日空の)天下り副社長に就任した。

1972年に社長に就任する。

その後若狭の指導のもとにマクドネルダグラスDC-10の発注は取り消され、代わりにロッキード L-1011 トライスターの発注が決定された。

ロッキード L-1011 トライスターの導入が進んでいた1976年2月4日に行われたアメリカ上院外交委員会の多国籍企業小委員会公聴会において、ロッキード副会長のアーチボルド・カール・コーチャンと元東京駐在事務所代表のジョン・ウイリアム・クラッターが、全日空がマクドネルダグラスDC-10の発注を取り消し、L-1011 トライスターを導入するように働きかけるために、日本においてロッキード社の裏の代理人的役割をしていた児玉誉士夫に対し、1972年10月に「(全日空へL-1011 トライスターを売り込むための)コンサルタント料」として21億円あまりを渡したこと、次いで児玉から、政商の小佐野賢治やロッキード社の日本における販売代理店の丸紅などを通じ、当時の首相である田中角栄に対して5億円が密かに渡されたことを証言した。

この証言は日本国内で大きな波紋を呼び、その後捜査が進められ、マクドネルダグラスDC-10型機の導入を進めた大庭社長を「M資金」に絡むスキャンダルをでっち上げて追い落した若狭社長と複数の全日空幹部が、全日空から政界への贈賄工作を行ったとして逮捕された。

さらに、政界工作の謝礼として、ロッキードから児玉や小佐野を通じて流れ込んだ5億円を受け取った容疑で田中元首相他多数の政財界人が逮捕され、さらに数人の不審死者や自殺者を出すなど、「ロッキード事件」と呼ばれる大疑獄事件となった。


出典: 「ロッキード事件」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ロッキード事件と『必死剣鳥刺し』が関係あるのでござ~♪~ますか?

上の説明の中で数人の不審死者や自殺者を出したと書いてあるでしょう。 この不審死者や自殺者は明らかにされてない。

どうしてでござ~♪~ますか?

明らかにすると、その上司の首が飛ぶからですよう。 つまり、疑獄事件では、たいてい“スケープゴート”と呼ばれる人間が自殺などをして事件がうやむやになって、黒幕が罪から逃れる。

『必死剣鳥刺し』にもスケープゴートが登場するのでござ~♪~ますか?

そのスケープゴートこそが主人公の近習頭取・兼見三佐ェ門ですよう。。。そのような意味で、『必死剣鳥刺し』は現代に通じる人間普遍の物語なのですよう。

三佐ェ門さんは自殺なさるのでござ~♪~ますか?

いや。。。殺されてしまうのですよう。。。でも、ただ殺されるのではない。 利用されつくした挙句、不条理に殺されてしまう。

どういうことですか?

あのねぇ~、三佐ェ門さんは幸せで平凡な人生を歩んでいたのです。


(tori16.jpg)

左が三佐ェ門さん、真ん中が最愛の妻の睦江(むつえ)さん。 右が妻の姪で、里尾(りお)さんですよ。 しかし、幸せな生活は長くは続かなかった。

なぜですの?

妻の睦江(むつえ)さんは病弱だった。 それで子供もないまま若くして亡くなってしまうのです。。。ちょうどその頃、東北の海坂藩(架空の藩)には大問題があった。

どのような。。。?

藩主・右京太夫の愛妾・連子(れんこ)さんが、藩主のお気に入りなのをよいことに勝手気ままな事をして、浪費はするわ、気に喰わない人は切腹させるわで、もう、ニッチもサッチもゆかなくなっていた。 何とかしなければならないと誰もが思っていた。 しかし、連子さんは藩主のお気に入りだから、誰もどうすることもできない。

。。。んで、三佐ェ門さんが連子さんに立ち向かうのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。。。もう、特攻隊員になった気持ちで、能の観劇会の後で廊下で連子さんに追いすがり脇差で胸を一突きにして殺してしまう。

つまり、最愛の妻の睦江(むつえ)さんを病気で亡くし、跡継ぎも居ないので三佐ェ門さんは、藩の皆様のためにと思いながら、死に場所を求めた訳なのですわね。

そうなのですよう。 死を覚悟の悪女天誅(てんちゅう)なのですよう。。。本来ならば、藩主の愛妾を殺してしまったのだから、誰が考えたって即刻の切腹ですよ。

でも、切腹にならなかったのでござ~♪~ますか?

死刑にはならなかった。

どうして。。。?

悪賢い中老・津田民部が三佐ェ門さんをスケープゴートにするために、激怒していた藩主を説得して死刑にしないことにしたのです。

何のためのスケープゴートなのでござ~♪~ますか?

それを説明する前に言っておかなければならない事がある。 三佐ェ門さんは平凡な男なのだけれど、唯一つ非凡な特技を持っていた。

それは何でござ~♪~ますか?

「鳥刺し」という必勝の技です。 三佐ェ門さんは剣の達人なのですよう。 それを見込んで中老・津田民部は彼を生かしておいたのですよ。

悪い奴ですわ。。。つまり、三佐ェ門さんを利用して中老の津田民部様は、誰かを殺そうとしたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。 東北の海坂藩では、お家騒動が持ち上がりそうになっていた。 できの悪い藩主に成り代わって別家の帯屋隼人正が藩主になろうという意欲を持っていた。 しかし、この帯屋隼人正は直心流の剣の達人だった。

要するに、中老の津田民部様は三佐ェ門さんを利用して別家の帯屋隼人正様を殺そうと企(くわだ)てたのでござ~♪~ますわね?

その通りです。 しかし、別家の当主と言えども藩主の実弟。 実弟が殺されれば、もしかすると、お家騒動ということで江戸幕府は海坂藩を取り潰しにしてしまうかもしれない。 そうなったら、元も子も無くなる。 海坂藩の全員が浪人になってしまいますからね。

。。。んで、悪賢い中老・津田民部様は、どのようにしたのでござ~♪~ますか?

三佐ェ門さんは剣の達人だけれど、もともと平凡な男なのですよう。 悪女の連子さんを殺してしまったことでも分かるように直情径行なのですよ。 あまり物事を深く考えるような性格ではない。 だから、悪賢い中老・津田民部の思いのままになってしまった。

結局、三佐ェ門さんは別家の帯屋隼人正様に立ち向かっていったのですか?

そうですよ。 中老・津田民部の命令を受けて藩主の実弟と一対一で対決してしまった。

。。。んで、どうなったのでござ~♪~ますか?

もちろん、負傷はしたけれど三佐ェ門さんが勝った。 別家の帯屋隼人正は、血の海の中に倒れて息を引き取った。

だったら、藩主の実弟が殺されたのを理由にして江戸幕府は海坂藩を取り潰しにしてしまうのではありませんか?

だから、そこが中老・津田民部のあくどい所ですよう。 初めから三佐ェ門さんをスケープゴートにするつもりで生かしておいたのですからね。。。

。。。んで、三佐ェ門さんの結末は。。。?

そこがこの映画の一番の見せ場ですよう。 中老・津田民部は三佐ェ門さんに向かって言った。

「三佐ェ門、良くぞ成し遂げた。殊勝であるぞ」

中老・津田民部様は三佐ェ門様を褒めたのでござ~♪~ますか?

その通りです。 満面に笑顔を浮かべて褒めたのですよう。

三佐ェ門さんは、お家騒動に発展しなくて済むと思って、マジで喜んだのでござ~♪~ますか?

そうです。。。でも、喜びはそこまでだった。。。中老・津田民部は、三佐ェ門さんの加勢にと思って待機させておいた武士に向かって次のように言い放ったのですよう。

「皆の者、良く聞け! 近習頭取・兼見三佐ェ門は、只今、気が触れて(頭がおかしくなって)別家の帯屋隼人正様を殺害した。 このような事は断じて許されることではない! よって、これより兼見三佐ェ門を成敗せよ! 皆の者!かかれ!」

あらっ。。。中老・津田民部様は、今度は加勢の武士たちに向かって三佐ェ門さんを殺すように命令なさったのでござ~♪~ますか?

そうですよう。 近習頭取が発狂して別家の帯屋隼人正を殺害したと江戸幕府に届け出て、海坂藩が取り潰しにならないようにという計略だったのですよう。

それで、三佐ェ門さんは、まんまと殺されてしまったのですか?

確かに殺されてしまうのだけれど、その殺されぶりが凄(すさ)まじいのですよう。

どのように。。。?


(tori16.jpg)

この場面のすぐ後で、子供たちが“鳥モチ”で鳥を取ろうとするシーンが現れる。

“鳥モチ”でござ~♪~ますか?

そうです。 竹竿の先に“鳥モチ”というネバネバした物を巻きつけて、それで空を飛ぶ昆虫や鳥をとるのですよう。 僕が小学生の頃には“鳥モチ”を使ってセミを取るのがはやっていた。 僕も“鳥モチ”で何十匹もセミを取りましたよう。 でもねぇ、“鳥モチ”で鳥を取れるとは思えなかったから、僕は一度も鳥を取ろうとしたことは無かった。

実際、取れるものなんですか?

映画の中では、子供たちは失敗するのですよ。 そこで三佐ェ門さんが子供から“鳥モチ”の付いた竹竿を受け取って、鳥をとって見せるのです。 つまり、三佐ェ門さんは“鳥モチ”で鳥を取ることから「鳥刺し」という必勝の技を編み出した、という事を“伏線”としてこの場面で見せている。 この技は捨て身の技なのですよう。

。。。んで、三佐ェ門さんは、その技を最後に使うのですか?

使います。 


(tori14.jpg)

最後の15分の剣戟(けんげき)は見ものですよ。

15分もチャンバラが繰り広げられるのでござ~♪~ますか?

ただのチャンバラじゃないのですよう。 もう手に汗握るチャンバラです。 卑弥子さんがまだ一度も見たことが無いような、すっごいチャンバラですよう。

。。。んで、三佐ェ門さんは、どうなるのですか?

4度か5度も死んでしまうような刀傷を受けるのだけれど、それでも必死で生きながら相手をバタバタ切るのですよう。。。でも、さすがの剣の達人も、何十人とかかってきたら、どうにもならない。 中老・津田民部に一太刀浴びせようと座敷に上がって必死で詰め寄るのだけれど、三佐ェ門さんは事切れてしまう。

死んでしまうのですか?

「死んでいるのかどうか確かめてみよ」 中老・津田民部が、そう言うと、座ったままで事切れている三佐ェ門さんの首筋に、家来の一人が手を当てて動脈が動いているかどうか確かめてみた。 家来は言うのです、「脈がございません」と。。。

つまり、死んでしまったのですか?

誰もがそう思った。 中老・津田民部も三佐ェ門さんが死んだものと思って、座ったまま事切れている死体に近づいてゆく。 首筋の動脈は動いてなかったけれど、心臓が完全に停止していたわけじゃない。 「三佐ェ門よ、連子様を殺害したときに、お主(ぬし)の命は、すでに無きものに等しかった。。。」 しかし、中老・津田民部が言い終わらぬ内に、閃光のごとくに三佐ェ門さんの右手が刀を抜き、津田民部の心臓を一突きして、刀の切っ先が背中に抜けているのですよう。 それは、誰もが息を呑むような衝撃的なシーンでした。

。。。んで。。。んで。。。その事とローズティーが関係あるのでござ~♪~ますか?

いや。。。直接関係があるわけじゃない。 僕はただ、感銘を語っただけですよう。 現実と違い、映画の中では三佐ェ門さんには、スケープゴートにされた恨みを中老・津田民部を最後に殺す事で晴らす機会が与えられた。

現実には、そのような事は無いのでござ~♪~ますか?

ロッキード事件を見てください。 現実には、スケープゴートにされた人は次の一行で片付けれれている。

田中元首相他多数の政財界人が逮捕され、

さらに数人の不審死者や自殺者を出した。

この名も無い自殺者は本当に無念だったと思いますよう。

分かりましたわ。 いつものようにデンマンさんは関係ない事を長々とお話してきたようでござ~♪~ますけれど、ローズティーと直接関係ある事をお話しくださいなァ。

あのねぇ~、悲惨な運命に翻弄された三佐ェ門さんにも心温まる交流があったのですよう。

その心温まる交流とは、どのようなものでござ~♪~ますか?


(tori10.jpg)

三佐ェ門さんは最愛の妻の睦江(むつえ)さんを若くして病気で亡くしてしまうのだけれども、亡妻の姪である里尾(りお)さんが同じ屋根の下に住んで面倒を見てあげたのですよう。 悪女の連子を殺害して死刑は免(まぬが)れたといえども三佐ェ門さんは蟄居謹慎(ちっきょきんしん)を命じられた。

里尾(りお)さんは嫁入り前の娘さんですか?

いや。。。一度結婚したのだけれど、訳があって離縁され、実家に戻れず、叔母の睦江(むつえ)さん夫婦と一緒に暮らすようになったのですよう。 そのような訳で睦江(むつえ)さんが亡くなると里尾(りお)さんが三佐ェ門さんの世話をしてあげたのです。

蟄居謹慎中も里尾(りお)さんが三佐ェ門さんの面倒を見てあげたのでござ~♪~ますか?

そうなのです。 里尾(りお)さんのおかげで、一度は死を覚悟した三佐ェ門さんも、再び生きる力を取り戻したのですよ。

なんだか出来過ぎたお話ですわァ。。。そのような事だと、当然、男と女の関係になる事も予測できますよね。うふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。卑弥子さんは、すぐにそちらの方向に妄想をたくましくしてしまうのですね。

だってぇ~、デンマンさんのお話を聞いていれば、誰だってぇそのように考え付くものですわ。うふふふふふ。。。

実は、そのようにになってゆくのですよ。。。あのねぇ~、里尾(りお)さんを演じている池脇千鶴さんのラブシーンに僕はドキドキさせられましたよ。。。恋慕いながらも、それを表に出さない。。。でも、その秘めたものが表に出るときの妖艶な魅力は、一見の価値がありますよう。

デンマンさん!。。。このような時に涎(よだれ)を流さないでくださいなァ。んもお~。。。んで、そのきっかけは、どのようなものでござ~♪~ましたの?


(tonko220.jpg->miso900.jpg)

やっぱり、食べ物でしょうね。

思い出を食べる軽井沢タリアセン夫人を持ち出そうとするおつもりですか?

あのねぇ~、里尾(りお)さんは三佐ェ門さんに心から尽くしている。 その思いは映画を見る人の心にもヒシヒシと伝わってくるのですよう。 味噌汁や、お澄ましや、うどんやそばの味が亡妻の睦江(むつえ)さんの味に似てくる。 三佐ェ門さんも、知ってか知らずか?その味を味わいながらいただいている。 お互いに複雑な気持ちを味わいながらも二人の思いは暖かく溶け合うものがある。

分かりましたわ。。。もう余計な事はよろしいですから、ローズティーとの関係を脱線しないでお話してくださいな。

話しますよ。。。でも、初めて読む人も居るだろうから、まず、次のメールを読んでみてくださいね。


(foolw.gif)

Subj:小百合さん、おはよう!

山の家の秋も深まってるでしょうね!?

きゃはははは…


(maple10.jpg->maple11.jpg)

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date:Mon, 15/11/2010 3:06:24 PM
Pacific Standard Time
日本時間:11月16日(火)午前8時6分

 


(rose22.jpg)

なぜかローズティーが懐かしく思いだされてきましたよ。
10月25日、月曜日、インターネット・コミックカフェ「自遊空間」で待ち合わせてから「印度市場」で本場のインドカレーを食べました。
小百合さんは甘口カレー。僕は激辛カレー。
食べてから「さきたま古墳公園」へ。

広い駐車場に着くと通りを挟んだ向かいに「田舎っぺうどん」の看板があった。
“思い出を食べる”軽井沢タリアセン夫人。

10月16日、テレビ東京(12チャンネル)の「埼玉・行田」グルメ特集で「田舎っぺうどん」を見たという小百合さん。
「あれがそうだわ!!」と叫びました。
小百合さんが思い出を食べる女であることを改めて感じた瞬間でした。

休息パビリオンで食後のデザート。
小百合さんが Irish cream-flavored coffee beans をわざわざ栃木の田舎から持ってきてコーヒーを入れてくれました。
その時に、「ローズティー」と「生八ツ橋」も持って来てくれたよね。


(8hashi6.jpg)

「生八ツ橋」は菊ちゃんのエピソードを小百合さんが覚えていて、ふと思い付いて持って来てくれたのだろうね。
でも、どうして「ローズティー」?
なぜだろう?

うん、うん、うん。。。思い出しましたよ!
10月15日の金曜日、大長寺の大仏を見ながら、その前の白いテーブルでアイリッシュコーヒーを小百合さんと一緒に飲んだのでした。
その朝、空は曇っていたけれど散歩に出て忍川の堤(つつみ)をそぞろ歩いて戻ってくると前庭にピンクのバラがきれいに咲いているのが目に付いた。
バラの木が3メートルも伸びていて、その先に6つほどピンクの花を咲かせていたのです。

そうだ!小学生の頃、足袋の資産家の大邸宅の庭に見た白いテーブルの上には一輪挿しのバラが飾ってあったに違いない!
なぜかそう思えた。
玄関に埃をかぶって空になっていた花瓶を洗って、孔雀のように葉を広げていた棕櫚の葉を切って挿した。
その真ん中に一輪のバラを差し込んでみたのです。


(palm10.jpg)

この花瓶を大長寺の白いテーブルの上に置いて小百合さんと一緒にコーヒーを飲もう!
うしししし。。。

小百合さんが思い出を食べるなら、僕は思い出を飲もうというわけですよ。
きゃはははは。。。

小百合さんが「ローズティー」を持ってきたのは白いテーブルの上のピンクのバラが小百合さんのオツムに印象強く残っていたのではないか!?
そんな風に思えたのでした。

小学生の頃に見た白いテーブルの上に果たしてピンクのバラが飾ってあっただろうか?
はっきりと、あったとは言えないけれど大長寺の白いテーブルの上には一輪のピンクのバラがきれいに咲いていたのでした。

そのバラの花を見ながら小百合さんとコーヒーを飲みつつ、バラの香りとアイリッシュコーヒーの香りをしみじみと味わいながらロマンの香りに浸ったのでした。
きゃはははは。。。

では、小百合さんも山の家でアイリッシュコーヒーを飲みながらロマンの香りを楽しんでね。
じゃあ、バ~♪~イ。


(denman01.gif)

上のメールを改めて読んだ卑弥子さんならば、僕が何を言おうとしているかが良く分かるでしょう?

分かりませんわ。

マジで分からないのですか?

だから、お話してくださいなと、マジでお願いしているではござ~♪~ませんかァ! んもお~~。。。

あのねぇ~、里尾(りお)さんは三佐ェ門さんに心から尽くしている。 その思いは味噌汁や、お澄ましや、うどんやそばの味となって三佐ェ門さんの心に伝わってゆく。そうやって二人の思いは暖かく溶け合うのですよう。

だから。。。?

だから、僕がバラの一輪挿しを白いテーブルの上に置いて小百合さんと一緒にアイリッシュコーヒーを飲むのですよう。


(palm10.jpg)

。。。すると、どうなるのでござ~♪~ますか?

すると、次回に白いテーブルで顔を合わせると、小百合さんはローズティーを入れてくれるのですよう。


(rose22.jpg)

つまり、里尾(りお)さんと三佐ェ門さんのように、何も言わなくても心が通じ合っている。 僕がバラの一輪挿しを白いテーブルの上に置くと、その次には小百合さんがローズティーを入れてくれる。

要するに、ローズティーと『必死剣鳥刺し』の関係を無理して、そのようにこじつけたのでござ~♪~ますわね?

こじつけたように聞こえますか?

聞こえますわ。。。最後に、そのような話を聞かせられると、マジで白けますわよう。 んもお~。。。

そうかなあああァ~。。。僕は素直な気持ちで話しているのだけれどォ。。。

そのようなお話は内緒にしておくものでござ~♪~ますわ。


『ローズティーと必死剣鳥刺し』より
(2010年11月21日)

つまり。。。、つまり。。。、“死んでも生きてる”というタイトルを持ち出してきて 里尾(りお)さんと三佐ェ門さんのエピソードを持ち出しながら、結局は、デンマンさんと軽井沢タリアセン夫人の“ローズティーの思い出”を話したかったのでござ~ますわねぇ~。。。

いけませんか?

白けてしまいましたわァ~。。。


(laugh16.gif)


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなただって白けたでしょう!?

ところで、時代劇も結構でございますけれど
あたくしは格調高い色っぽいお話が好きなのですわァ。
それで『源氏物語』にハマッてしまったのでござ~ますう。

古代にも いろいろな不思議なお話がございますわァ。
お時間があったら、古代の人の不思議なお話も 探求してくださいませぇ。

平安史、古代史の記事を用意しましたわァ。
ぜひ お読みくださいまし。
では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。



(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『寅さんの本棚』

『平成の紫式部』

『心にしみるウンチ』

『念願のトップページへ』

『愛とロマンの昔話』

『愛とロマンのアクセス解析』

『兄妹の恋のつづき』

『源氏物語エロいの?』

『酒が行って着物目変境』

『日本は外人に乗っ取られたの?』

『ん?ヒトラーはベジタリアン?』

『ふるさとの選挙と黒い霧』


(hama10.jpg)

『ハマグリにハマる』

『ハマグリの誘惑』

『ハマグリの足跡を追って』

『芭蕉と遊女』

『光源氏もビックリ』

『エロエロ源氏物語』

『悲痛の紫式部』

『卑弥子のえっち』

『白妙の和歌を探して』

『キーワード診断』

『紅のボート難民』

『ん?ネトウヨ』


(miya08.jpg)

『下衆のかんぐり』

『桓武天皇のママがネットで』

『ござが天皇とGOOGLE』

『エロ 建礼門院』

『一敗が三人に!』

『行田の黒い霧をはらう』

『ペルシャ人が飛鳥に』

『小柴垣草子』

『後白河上皇ダントツ』

『ブスと美人』

『エロい話が好き?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

床上手ブームとムルルン

2014年11月29日

 

床上手ブームとムルルン

 


(bedgal42.jpg)


(smilejp.gif)



(doctor23.gif)

デンマンさん。。。、オイラをお呼びですかァ~?


(kato3.gif)

そうだよゥ。。。 首を長くして待っていたのだよ。

どうして急にオイラを呼び出したのですか?

あのなァ~、ついこの間、次の記事の中でジューンさんと対談したのだよ。


(madona43.jpg)

『マドンナと行田の黒い霧』

オイラがマドンナの熱烈なファンだということがよく判りましたねぇ~。。。

だから、その事でジューンさんと上の記事の中で いろいろと話し合ったのだよ。 読めばすぐに分るけれど、オマエはマドンナに熱中になるあまり、僕の記事に自作自演のコメントを書いてしまったのだよ。

マドンナさんの

記事へのコメント


(madona2.jpg)

マドンナルーイズベロニカチコネ
1958年8月16日生まれ
アメリカ合衆国ミシシッピ州出身
髪の色ブロンド
目の色ブルー
身長164cm
体重56kg
3サイズ
B91W64H89
靴のサイズ
25,0~25,5cm


(doctor23.gif)

以上でした。

「もしかしたら記憶違いかもしれないのでその時は教えて下さい」

Posted by ムルルン

at 2010年02月07日 20:04


ミシシッピではなくてミシガン州ですよ。
あと体重は54kgですよそんなに重くないですよ・・・
あと髪の毛はブロンドがごく一般のイメージですが
本当はダークブラウンです
それに確かに目の色は外人といえばブルーという
感じはしますが本当はブルーグリーンです

それと
3サイズは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B86W61H84です
そんなにケツでかく(あり)ません


(pant23.gif)

とりあえずそんなところです。

では改めてこのプロフィールを見てみて下さい。

マドンナルーイズヴェロニカチッコーネ
1958年8月16日生まれ
アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト郊外出身
髪の色ダークブラウン
目の色ブルーグリーン
身長162cmか164cm
体重54kg
3サイズ
B86W61H84
わかりましたか?

Posted by も気宇湯

at 2010年02月07日 20:20


ありがとうございました。

Posted by ムルルン

at 2010年02月07日 20:22


『いつまでも若く (2010年1月29日)』のコメント欄より
(ライブドアの『徒然ブログ』)

上の3つのコメントは、どれもオマエが書いたものだよ。

うへへへへへへ。。。 もう4年以上も前のことです。 どうして、今更、昔のことを穿(ほじく)り返して、こうしてオイラを呼び出すのですか?

あのさァ~、オマエのIPアドレス (113.156.243.9) から、上のコメントをオマエがどこで書いたのか調べたのだよ。

それで、どこでオイラが上のコメントを書いたのか判ったのですか?

判った。。。 札幌の中島公園の近くにある「北海学園札幌高校」のパソコンを使って オマエは上のコメントを書いたのだよ。


(ip00207a.png)

『拡大する』

あれっ。。。 そんな事まで突き止めたのですか?

そうなのだよ。。。 オマエは2010年の2月には まだ高校生だったけれど、今では札幌でバンドを作って、将来はニューヨークに出て、華々(はなばな)しくデビューしようと考えているようだなァ~。。。

あれっ。。。 デンマンさんは、そんな事まで知っているのですかァ~?

あのさァ~、昔の人は“蛇の道は蛇”と言ったのだよ。

蛇の道を蛇が通るのは決まってるじゃありませんか! デンマンさん!。。。 昔の人は、そのような当たり前のことを さも意味があるように言ったのですか? でも、オイラがニューヨークでデビューする事と“蛇の道は蛇”とは本質的に関係ないでしょう!

本質的に関係があるのだよ。

どのように。。。?

オマエは、読む人には解らないだろうと思って自作自演で“ムルルン”と“も気宇湯”に成りすましてコメントのやり取りをしたけれど、見る人が見れば、そんな「自作自演」はすぐに判ってしまうんだよ。

つまり、自作自演が得意なデンマンさんが見れば すぐに判ってしまうと、言いたいのですか?

いや。。。 僕は自作自演しているわけじゃない。 オマエを呼び出して、あくまでも創作をしているのだよ。 僕が言いたいことは、これまでに、僕はオマエのような自作自演をして 得意になって、自己満足している愚か者をたくさん見てきた。 だから、自作自演している奴のやり方がすぐに解る。

それで、デンマンさんは何が言いたいのですか?

オマエが札幌でバンドを作って、将来はニューヨークに出て、華々(はなばな)しくデビューしようと考えていることも、結局は“自作自演”に終わるのだよ。

どういうことですか?

つまり、オマエはニューヨークに行く。 でも、オマエが考えているほどニューヨークの音楽業界は甘くない。 オマエは努力もしないで、軽い気持ちでデビューしようと考えている。 だから、結局、オマエは挫折を味わって日本へ戻ってくるのだよ。

それで。。。?

ところが、オマエは努力もしないくせに、自分には才能があると思い込んでいる。 実は、才能がないのだけれど、その事実をオマエは認めようとしない。 ニューヨークの音楽業界のオエライさんには、オマエの才能を見抜く目がないとオマエは自分に言い聞かせる。

それで。。。?

でも、オマエは友人や知人に、ニューヨークでデビューしたと触れ回る。 挙句の果てに、オマエはニューヨークでマドンナさんに会って演奏を聴いてもらい 褒められたと自作自演の戯言(たわごと)を言い回るのだよ。 しかし、その気になっているのは、オマエだけで、聞かされたオマエの友人や知人は、オマエが“自作自演”で“ニューヨークデビュー”を触れ回って、大法螺(おおぼら)を吹いていると哀れみの目で見つめるのだよ。

なるほどォ~。。。

オマエは“自作自演”で人生を渡ろうとする悪い癖がある。

デンマンさんは、この事を言うために わざわざオイラを呼び出したのですか?

いや。。。 それだけじゃないのだよ。

他に何が言いたいのですか。。。?

ちょっとオマエに面白いものを見せてやろうと思ってねぇ。。。

何がそんなに面白いのですか?

ちょっと次のグラフを見て欲しいのだよ。


(wp00308.gif)

上のアクセス解析の記録は『マドンナと行田の黒い霧』にも出てくる。

上のグラフに“「床上手な女」ブーム”と書いてありますけど、それこそデンマンさんの“自作自演”じゃありませんかア! だいたい、2010年の4月5日と6日に『床上手な女の7つの見分け方』が延べ 25人ぐらいに読まれた程度で“「床上手な女」ブーム”と言うのはオーバーですよ。 我田引水です!

オマエも、結構 昔の人が言った言葉“我田引水”を知っているんだねぇ~。。。 僕が上のグラフを見て言いたいのは、2010年の4月にはDenman Blogの訪問者が多くてもせいぜい 25人ぐらいだったのだよ。

めちゃ少ないじゃありませんかア!

だから、その事をオマエに見てもらおうと思ったのだよ。

そんなモノを わざわざ見せなくてもいいですよ。

でも、オマエに見てもらいたいのはそれだけじゃないのだよ。 次のリストも見て欲しいのだよ。

 

海外からのアクセス

 


(wp21019map.gif)


(wp21019.gif)

2012年の10月19日までに つまり、上のグラフの記録から2年後には 75ヵ国のネット市民の皆様が Denman Blogにやって来るようになったのだよ。 そして現在では、次のようになっている。

 

海外からのアクセス

 


(wp41124map.png)


(wp41124.png)

『Denman Blog』

2010年4月から2014年11月24日までに、訪問者がさらに増えて、109ヵ国からやって来るようになった。 ちなみに2014年11月のアクセス数の記録を見ると次のようになる。


(wp41128a.png)

『拡大する』

見れば解るように、1日平均 約350人のネット市民の皆様がやって来る。 2014年11月28日までの1週間の記録を見ると次のようになる。


(wp41128a.png)

『床上手な女の7つの見分け方』がダントツで読まれている。 1週間で延べ 1,725人。 1日平均246人に読まれている。 つまり、“「床上手な女」ブーム”の兆(きざ)しを僕は2010年4月の段階で見抜いていたことになるのだよ。

要するに、その事を自慢するために、わざわざオイラを呼ぶ出して、こうしてタラタラとしゃべりまくってきたのですか?

いや。。。 そうじゃない! オマエが自作自演でくだらないコメントのやり取りを書いたり、努力もしないでニューヨークデビューを果たそうとするのを見るにつけ、オマエの人生が、その場で線香花火をもやすように、はかなく空しいものに終わってしまう。 僕は、そう思う。

それは、デンマンさんのきわめて個人的な見方です。

とにかく、僕はコツコツとブログの記事を書き溜めてきた。 そして、現在では 109ヵ国のネット市民の皆様が Denman Blog を読みにやって来るようになったのだよ。 だから、オマエもコツコツと努力して、それで、才能を磨いてニューヨークへ行けば、国際的にデビューすることができるのだよ。

でも、コメントで自作自演しているような 今のオイラのやり方では無理だと、デンマンさんは言いたいのですか?

その通りだよ! 自作自演で世渡りはできないのだよ!

つまり、この事を言うために、オイラを呼び出したのですか?

そうだよ。

お言葉ですが、デンマンさんの上のアクセス解析だってぇ、“自作自演”じゃありませんかア!

オマエのコメントのように“自作自演”じゃないんだってばあああああああァ~♪~!!

デンマンさん! そのようにムキにならないでくださいよう! そのように感情的になり過ぎると血圧が急上昇して脳溢血で倒れてしまいますよう! んもおおおォ~!

オマエは“自作自演”と言えば、それですべてが済(す)むと考えているようだけれど、世の中はオマエが考えているような自作自演の世界じゃないのだよう!

解りました。。。 でも、オイラはデンマンさんの助言は聞きたくありません。

じゃあ、誰の助言ならば聞くのォ~?

マドンナの助言です。。。 だから、明日にでも成田を発ってニューヨークに行きマドンナに会ってきます。

それで、また、自作自演をやるつもりなのォ~?

いけませんか?


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
ルンルンさんは、自作自演でコメントのやり取りをして、一人で楽しんで満足しています。

ネットには、このように“めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『プラダスパマー団』

■ 『日中米スパマー団』

■ 『愚かなスパマー団』

■ 『オマエ、タイ人じゃないよね』

■ 『ウザい宣伝スパマー』

■ 『また、オマエか!?』

■ 『スパマー夢太郎』

■ 『モンブランスパマー』

■ 『ほめ殺しスパマー』

■ 『激バカスパマー』

■ 『シャネルスパマー』

■ 『ロレックススパマー』

■ 『つぶやきスパマーの嘆き』

■ 『アドレス収集スパマー』

■ 『出会い系スパマー』

■ 『呆れたスパマー』

■ 『キモいスパマー』

■ 『フランススパマー』

■ 『ウザいスパマー鈴木』

■ 『ルイヴィトンと小百合パンツ』

■ 『デリヘルのキモい女』

■ 『ラッキースパマー』

■ 『しつこいデリヘルの女』

■ 『偽装スパマー鈴木』

■ 『ハルヴァの誘惑』

■ 『ハルヴァは見ていた』

■ 『笑わせるスパマー西元』

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『よいしょバカ』

■ 『西元に騙された』

■ 『ぷるぷるバカ』

■ 『哀れで愚かなミキ』

■ 『下着女装スパマー』

■ 『下着女装はるか』

■ 『下着女装ブーム』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

わたしは死刑囚

2014年11月26日

 

わたしは死刑囚


(renge990.jpg)


(lookanim.gif)




(star4.gif)
 

(rengebk2.gif)

日記とか

 

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


おやすみなさい。


(sleepgal.gif)

at 2005 04/30 22:03 編集

眠れる!眠れる!

夜のメニュー、抗不安薬もプラスした!

べげBは、4錠。頼んだよ!

昼間から、部屋を暗くして、

夜やで!と、自分に言い聞かせた。

ほんの少し、身体が眠りモードに入ってきたような気もする。


落ち着かなければ、と自分に。

at 2005 04/30 10:18 編集

ネットって、今さらなんやけど、

ネットって玉石混交で、もろはのつるぎで、

箱の中には腐ったみかんが隠れてる。

覆面をして、死人にムチ打つ野郎が、


(zoro06.gif)

天井裏のネズミみたいに、

こそこそと安全そうな場所をかじる歯を研いでいる。

挑発にのってしまえば、思うツボ。

わたしには、ともだちがいる。

だから、腐ったみかんなんて、

生ごみでしかない。


楽天ファンじゃないけれど・・・

at 2005 04/30 00:37 編集

田尾っちの笑顔が

見られてよかった♪


(tao02.jpg)


なんとなく整ってます。

at 2005 04/29 18:21 編集

11100番

メレンゲがゲーーーット!

(うれしくないってば)


自己実現からの挫折


(sadgirl.gif)

at 2005 04/28 17:13 編集

わたしは自分が身近な人を思うがままに傷つけ、

わたしの目には、ゆがんだ世界しか映らないということに、

ある人の示唆的な言葉をきっかけに

次第に気付いていきました。

まず、たどりついたのが境界性人格障害でした。

正直、愕然としました。

その頃は、本などからしか情報をえられなくて、

わたしは自分は周囲に害を与えるろくでなしで、

そのことに気付かないままに、

何年も過ごしてきた事を、心から恥じました。


(lonely30.gif)

ウツらしき症状は、小学生の頃からありました。

よくふさぎこみ、大好きだった読書が、

わたしを内面の空虚な苦悩から、

ひとときの間、解放してくれました。

そして、不眠がひどくなり初めて

精神科をおとずれました。

その頃は、外から押し寄せてくるものの重圧で、

とてもまともな生活もできなくなっていました。

先生は、とても親身になって長い時間、

わたしの話を聴いてくださいました。

でも、何年か通院していたある日、

わたしは先生の言葉を「見捨てる」サインだと受け取り、

それ以来通院をやめてしまいました。

そして、おととしにわたしは、栄転という形で、

職場を転勤しました。

そこに落とし穴がありました。

ある中年女性社員の方が、わたしに陰湿で、

仕事の妨げになるような、

いわゆるイジメをしかけてきたのです。

仕事上で一定の評価をいただき、

やりがいというものを、初めて知ったわたしには、

その女性の仕打ちが、

どんどん自己評価を下げていくもとになってしまったのです。

やがてわたしは職場を去りました。

もともとの精神的な弱さが、

かなりの原因を占めていたと思います。

あの手痛い挫折から、よみがえる日がくるとは、

今はとても思えません。

ただ、自分には実力があった。

それだけは信じられるのです。


がんばったけど眠れません(涙)

at 2005 04/28 03:31 編集

もお、こうなったらネットするもんねーだ!


(netgal02.jpg)

明日ていうか今日、眠くなったら寝ればいいや!

開き直る病人!

なんで寝られへんねん!わたし!

何かこーふんしてるんでしょうか?

明日は遠足ちゃうで~。


うひゃー。夜更かしやでー。

at 2005 04/28 00:36 編集

明日から、もう少し何か食べて、

おさんぽもして、生活を立て直していこう。

不摂生とストレスから、

こんな長患いになってしまって、うーん。残念!

早く元気になって、新しいことをはじめたいなあ。

やりたいことがいっぱいある。

それに、詩もいっぱい書きたい。

頭の中には、まだ言葉になってない言葉が、

いっぱいいっぱいあふれてるよ。


(sadgirl32.gif)


負けへんもん!

at 2005 04/27 20:19 編集

しんどいけど、もー寝たきりは終わり!

熱なんか、なんぼでも上げれ!

外へ出たら、すっかり季節が変わってる。

こんなに長い間、寝込んでたなんてーーー!

自律神経失調症は、長年の宿敵!

部活できたえた根性をみせたる!


だめですー。

at 2005 04/26 17:57 編集

書き込みいただいた方、ありがとうございます!

回復したら、お返事書きますね。

おともだち様、早く書き込みたいよぅ・・・

待っててね。

めれんげ


子供の頃から

いつもこうだった。

at 2005 04/23 22:15 編集

わたしは病弱な子供で、そのせいで、

行動を制限されることも多かった。

子供心に、仕方ない、

自分はこういう者なのだと、あきらめていた。

でも、その抑圧を初めてはねのけたのが、

高校生の時。


(renge114.jpg)

クラスのみんなと集まっての飲み会の日、

わたしは例によって、高熱を発してしまった。

わたしはもう、がまんしなかった。

ふらつきながらも外へ出て、

会場の友人宅へ向かう途中、

薬局に立ち寄り、ドリンク剤を買った。

薬局のおじさんが、正体不明の丸薬をサービスしてくれて、

それといっしょにドリンク剤をその場で立ち飲みした。

そして、不思議とスッキリした身体で、飲み会へと向かった。

身体の不都合に楽しみを邪魔されなかったことが、

とてもうれしかった。

そして、高校生らしい悪ふざけをして、

みんなと楽しい時間を過ごせた。

あの時、自分を縛り付けていたものを解き放って、

自我が芽生えたのかもしれない、と今は思う。


おかしいよぅ!イヤだよぅ!

at 2005 04/23 21:55 編集

せっかく元気になったと思ってたのに、

今日、目が覚めて、なんかおかしいな?

と思ったら、発熱やん!

昨日はいっぱい寝たし、栄養もとったよ!

自由に動き回りたいよ~!


(volta02.jpg)

奇跡的にボルタレン(鎮痛解熱剤)を持っていたから、

とりあえず服用。

でも、ダメっす。

プリーズリラックスマイ交感神経!


調子に乗らずに。

at 2005 04/22 19:59 編集

昨日から、ようやくネットもできるくらい体調が戻ってきたけど、

はしゃぎすぎるのが、わたしのわるいクセなのです。

なんせ、来月から就職活動を始めることに決めたので、

体力勝負やで~!

がんばるぅーーーー♪

何をするかは、まだ微妙に未定です。


あんまりこだわらへんねんけどさ・・・

at 2005 04/22 08:01 編集

10000人目を踏んでしまった管理人。

ちょっと、さびしいような。

でも、みなさんのおかげで、ここまで来ました!


(stars.gif)

これからもよろしくなのです

ヽ(´-`)丿 バンザーイ


私のアルバム


(myalbum.gif)

at 2005 04/22 06:33 編集

新しいアルバムを追加しました。

画像は三枚のみ。

リアルなわたしの写真です。


ほんとうのやさしさって?

at 2005 04/21 14:28 編集

良い心、悪い心、誰もが持っていると思います。

自然ににじみでてきて、自分を動かす心の動きが、

その人のありのままの姿なのかな?とも思います。

大人になって、世間の事情や、

のっぴきならないしがらみにしばられて、

人は次第に自分らしさを殺さなければならないように

なってきてしまうような気がします。

そして、世間や常識にそめられた心が、

その人らしさになってしまうこともあって、

もう、ありのままには戻れない、

がんじがらめになっていることすら忘れてしまって、

心が固く閉じてしまった人もいるでしょう。

そんななかで、ほんとうのやさしさを見出す事は、

とてもむずかしくて、打算や偽善が鼻についてしまって、

素直にうけいれることができなくなってしまいます。

これも、何かに毒された心の動きだと思いますが、

人間はなぜ、ありのままに生きようとすれば傷つき、

仮面を身に付ければ楽なのでしょう。


健康。

at 2005 04/19 19:40 編集

吐き気がおさまったので、

インスタントおかゆを食べています。

それでも、食べ終わるとクタクタになってしまいます。

ポカリスエットが飲みたい・・・・。


(pocari2.jpg)

かなり切実に飲みたい。

とにかく、消化のよいものしかたべられないのです。

プリンとゼリーも食べたい。

行けるかなあ?コンビニまで。

ぼろぼろなメレンゲでございます・・・。


病気です(;´Д`)ハァハァ

at 2005 04/19 02:16 編集

もう、一週間ほど病床にいます。

こんな時、インスタント食品って大活躍です。

お湯をわかすのも、一苦労なのですが、

あとは洗い物もでないし、助かります。

血圧が死人の近くまで下がっていて、

そのせいで死を連想するのです。

心拍数もすごい勢いです。

そして、困ったことに眠れないのです。


(fanheater8.jpg)

ちょっとここでは言えないような処置?をしてみるのですが、

全然ダメ。

今日はようやく、ゴミだしに行けました。

ヨーグルトで気分をさっぱり?させてみます。


りんごの思い出・・・


(apple03.gif)

at 2005 04/12 12:53 編集

わたしは、りんごを生で食べるのは嫌いでした。

アップルパイとかジャムはもとから好きだったけど。

もう、ずっと前の11月ごろ。

わたしはインフルエンザにかかって、

会社を休んでいました。

ひとり暮らしなので、40℃の熱があっても、

全部ひとりでしなくちゃならなくて、

とってもつらかった・・・

ところが、当時つきあっていた人が、

食べ物飲み物をたくさん持って、

やってきてくれました。

同じ職場だったから、わたしが休んでいるので、

心配してきてくれたのです。

そして、あまり何も食べられないわたしに、

りんごをむいて、食べさせてくれました。

苦手だったりんごだけど、

彼のやさしさが本当にうれしくて、

わたしはりんごが好きになりました。

スーツのままで、りんごの皮をむいてくれていた彼の後ろ姿を、

わたしは忘れることはないでしょう。

今でも、りんごが好きです。


○○したい。

at 2005 04/11 17:46 編集

昨日から、吐き気がおさまらない。

流動食でしのいでいるけど、

体力が回復するわけなんてないと思う。

まるで牢獄にいるみたい。

だとしたら、わたしは死刑囚かな。


(renge41b.png)

もう、生きてることが重荷になりすぎた。

もう嫌なものしか見えない。


こうろうしょう

at 2005 04/10 11:45 編集

厚生労働省。

絶対おかしいと思う!

自分の得・他人の損・弱者いじめ。

どんな人たちに権限があるのか知らんけど、

自分にとってどうでもいい事は、

あとまわしのほったらかし。

だから、経済的に大きな負担を強いられる人や、

無念のうちにに亡くなっていく人が、

この日本にはたくさんいる。

今回、自分自身がこの問題にぶちあたって、

初めてこの問題が見えてきた。


処方。

at 2005 04/10 11:31 編集

大幅に変更になりました。

先生はとても心配してくれています。

でも、これ以上迷惑はかけられない。

だから、今のわたしにとって、

最善?ミニマムマックス?な処方に

してくださったのだと思います。

あと、何日かたたなければ、

結果はわからないと思うけど、

今のところ、助かっています。

なんとか動くことができるし、

こうやって文章もかける。

そろそろお昼の分を服用すれば、

なんとかなると思う。


でも。


(lonely30.gif)

at 2005 04/10 09:39 編集

ひどいウツです。

すごく落ちてます。

ああ。いやだ。

そんな自分が。

どうして。


wake up?

at 2005 04/10 09:27 編集

いつから寝ていたのか忘れたよ。

ずっと寝ていなくて、その後ずっと寝てた。

身体じゅうが痛い。

シャワーしたらマシになるかな?

まずはCG202をしてみます・・・


とどめ

at 2005 04/03 01:01 編集

自分で自分にとどめをさしてしまいました。

わたしは、そういう人間です。

とってもつらい。

何もかもわたしには、理解できない。

大バカ者。

やっぱり生きておくのは、傷を増やすだけ。

もう戻れない。

自業自得。


(lonely15.jpg)


何もできませんでした。

at 2005 04/02 19:54 編集

ここ何日か、糸が切れてしまったように、

ふぬけになってました。

今も非常に苦しいのですが、

書き込んでくれたお返事とか、書きたい

(;´Д`)ハァハァ

つらいです。


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、また無断で わたしの日記を掲載してますやん。。。 著作権法違反のかどで大阪地方裁判所へ訴えますでぇ~。。。


(kato3.gif)

めれちゃん!。。。 堅苦しいことを言いないなァ~。。。 わてと めれちゃんの仲やないかいなァ~。。。

そやけど、2005年の4月の私の日記を どないして盗みやはったん?

めれちゃん!。。。 人聞きの悪いことを言うてはあっか~ん! わては めれちゃんのために大切に保存しておいたのやでぇ~。。。

ホンマかいなァ~?

めれちゃんは忘れてしもうたらしいなァ~。。。 わては、次の記事の中で、そのことを書いたのやでぇ~。。。


(love128d.jpg)

『喪失した愛の日記』

。。。で、どないなわけで、また2005年の4月の日記を持ち出してきやはったん?

めれちゃんの日記を上から順々に読んでくると、なんだか、胸が締め付けられるように。。。気持ちが重くなってくるねん。 マジで病気とウツという監獄の囚人になったような気がしてきたでぇ~。。。

この時期、わたしはホンマにしんどかったのですねん。

うん、うん、うん。。。 上の日記を読みながら、どうしてめれちゃんが次のような手記を書いたのかが理解できるような気がしてきたでぇ~。。。


(sadgirl.gif)

 

不安と焦燥感と寂しさ

 

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。

 

by メレンゲ

2004/10/03 18:28


(dokuro3.gif)


『自殺の名所』より
(2012年12月19日)

わたしの上の日記を読んで、あんさんにも わたしの苦しみが多少は 解りはったん?

うん、うん、うん。。。 よう解ったァ。。。 めれちゃんは、こうして死にたくなった時もあったのやろなァ~。。。 でもなァ~、やっぱり死んだらアッカ~ン!

どうして。。。?

ちょっと次の文章を読んで欲しい。

私は骨の髄まで

文学少女なのです


(sadgirl32.gif)

「文学少女」は普通の小説である。
探偵小説壇には普通の小説に似たものを書く人も多いけれど、その気迫において「文学少女」までいたっている作品は非常に少ないのではないかと思う。
短い短編の中に類型ではあるが、しかし決して通常人ではない一人の文学少女の生涯が、簡潔に、しかし溢れる「情熱」と「自尊心」とをもって描かれている。

 。。。

僕はかつて、「日本探偵小説傑作集」の序文で、探偵作家諸君の作風を紹介したことがあるが、その中で木々高太郎君だけは、少し見誤っていたことを告白しなければならない。
彼の文学執心には医学者の余技以上のものがある。単なる精神分析作家ではない。
文学心に燃ゆること、探偵小説界彼の右に出(い)ずるものもないほどであることが、だんだん分かってきた。

僕は彼の作品に、スリルまでに高められた「情熱」と「自尊心」とを感じる。
それが人を打たぬはずはない。
「文学少女」でいえば、わざと学校の答案を間違って書くというくだり、
「恋愛は二人のことだけれど文学は孤独の業である」というくだり、
大心池(おおころち)博士が具体的表現ということから女主人公の文学素質を看破するくだり、
有名な小説家に自作を剽窃(ひょうせつ)されて怒るよりも喜ぶという心理、
その謝礼金の小切手を夫が費消(ひしょう)したことを知って、突如としてメチルアルコールを買いに行くあたりの描写、
そして、女主人公が獄中で一躍流行作家となる運命。

「先生、痛みなどは何でもありません。私は始めて人生を生きたいという希望に燃えて来ました。

(中略)

文学というものは、なんという、人を苦しめ、引きちぎり、それでも深く生命の中へと入って消すことのできないものでしょう。
でも、私はもう七度(たび)も生まれてきて、文学の悩みを味わいたいのです。
私は骨の隋まで文学少女なのです」

これは女主人公が普通の人には堪えられぬ程の骨の痛みに堪えながら、大心池先生に叫ぶ言葉であるが、僕はそれを作者木々高太郎の絶叫ででもあるように錯覚して、快い戦慄を禁じえなかったのである。

そして…

「お願いが一つあるのです。。。それは私はもう一度生まれてきて、文学をいたします。そしたら、やっぱり先生が見出してくださいますわね」

「。。。ミヤが心の内で、先生に接吻しているのを許してください」

…とやせ細った手を上げたが、それは先生を身近く招くためではなくて、近づこうとする先生を、近づかぬように制するためであった。

…という幕切れの、パッと消えてゆく情熱の花火が、消え行く刹那、たちまちその色彩を一変して見せるかのごとき、すっきりしたあの味。

僕は木々高太郎君が、「情熱」の作家であることを知っていた。
しかし彼のより以上の特徴が自尊心の作家であるということをハッキリ認識したのはつい三四ヶ月以来である。
僕は以前からも、それを漠然と感じて、「気迫」という言葉で言い表わしていたが、「自尊心」というのがもっと適切である。


pp.511-513
「文学少女」より
『江戸川乱歩全集 第25巻 鬼の言葉』
監修: 新保博久・山前譲
2005年2月20日 初版1刷発行
発行所: 株式会社 光文社

『自分の世界を持つ』に掲載
(2009年5月26日)

この小文が どないしたと言うねん。

つまり、めれちゃんも骨の髄まで文学少女やったのやがなァ~。。。 それで めれちゃんの場合には次のようになるねん。


(renge25y.jpg)

「お願いが一つあるのです。。。

それは私はもう一度生まれてきて、

文学をいたします。

そしたら、やっぱりデンマンさんが

見出してくださいますわね」

「。。。めれんげが心の内で、

デンマンさんに接吻しているのを

許してください」

…とやせ細った手を上げたが、

それはデンマンを身近く招くためではなくて、

近づこうとするデンマンを、

近づかぬように制するためであった。

あんさん。。。 また妄想をたくましゅうしやはったん?

いや。。。 決して妄想やないでぇ~。。。 めれちゃんも、運が悪ければ、こないにしてあの世に逝ってしもうたかもしれへん。

確かに、その可能性は無きにしも非(あら)ずやった。

そうやろう。。。 でもなァ~、わては4月28日のめれちゃんの日記を読んで、少し気持ちが楽になったのやァ。

(rengebk2.gif)

うひゃー。夜更かしやでー。

at 2005 04/28 00:36 編集

明日から、もう少し何か食べて、

おさんぽもして、生活を立て直していこう。

不摂生とストレスから、

こんな長患いになってしまって、うーん。残念!

早く元気になって、新しいことをはじめたいなあ。

やりたいことがいっぱいある。

それに、詩もいっぱい書きたい。

頭の中には、まだ言葉になってない言葉が、

いっぱいいっぱいあふれてるよ。


(sadgirl32.gif)

どうやァ~、めれちゃん。。。 今の気持ちも、こないに思うとるんとちゃうかァ~。。。?

そうやねぇ~、言われてみると、わたしも早く元気になって、詩もいっぱい書きたいわァ~。。。

さよかァ~。。。ほんなら、そろそろブログを更新してもいい時期やなァ~。。。

わたしは、それほどブログをサボってますやろかァ~?

ちょっと次のページを見てみィ~なァ。


(mer41113a.png)

『極私的詩集』

11月13日の時点で、最後に更新した記事は 7月11日やでぇ~。。。 もうかれこれ、4ヶ月近く めれちゃんは冬眠しているやないかいなァ!

つまり、あんさんは わたしを無理やり安らかな眠りから起こしはってぇ~、強制的に“極私的詩”を書けぇ!ちゅうようなことをほざきはるのォ~?

いや。。。 わては めれちゃんに これせぇ~、あれせぇ~と命令するつもりはあらへん。。。 そやけど、めれちゃんの熱烈なファンの皆さんは めれちゃんの“極私的詩”を読みたいとウズウズしておるねんでぇ~。。。

その証拠でもあるのォ~。。。?

あるのやがなァ~。。。ちょっと次のリストを見て欲しい。


(wp41113b.png)

これは、わての Denman Blog の 11月13日までの30日間の「人気記事リスト」やねん。 トップの『床上手な女の7つの見分け方』が この1ヶ月間に ダントツで 7,990人のネット市民の皆様に読まれたのやがなァ~。。。

そのことと わたしの熱烈なファンと どないな関係があると、あんさんは言わはるのォ~。。。?

ちょっと、『床上手な女の7つの見分け方』の記事を見て欲しい。


(wp70808g.png)

『実際の記事』

上の記事を読んだ めれちゃんの熱烈なファンが 上のページの『即興の詩』サイトをクリックするねん。 すると、『極私的詩集』と同じように 7月を最後に更新してへんがなァ~。。。 そやさかいに、一番下の『デンマンさんが書いた めれんげの記事』をクリックするねん。 すると次の検索結果が出てくるのやがなァ。


(gog41113a.png)

『現時点での検索結果』

『即興の詩』も『極私的詩集』も、めれちゃんは7月を最後に更新してへん。 そやから、めれちゃんの最近の詩を読みたいとウズウズしておる熱烈なファンは 上の検索結果に出てきよる記事を読むわけやァ。

マジでぇ~。。。?

こないな時に 冗談や嘘をつくかいなァ~! そやから、めれちゃんも冬眠している場合やないでぇ~。。。

分かりましたァ~。。。 あんさんが そないに言わはるなら、そろそろ目を覚まして 机に向かいますわァ~。。。

さよかァ~。。。? めれちゃんのファンもきっと喜ぶでぇ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~。
めれんげさんは せっかく『即興の詩』サイトを再開したのですから。。。
これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめめました!」の『極私的詩集』サイトがトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内に入っていません。

また、更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『めれちゃんと性具』

『めれちゃんの恥じらい』

『めれんげの郎女』

『めれちゃんの不満』

『下着 あそこ』

『花火の愛と小さな赤い花』

『めれちゃん、元気出して!』

『めれちゃんとカフカ』

『めれちゃんと詩と下着』

『めれちゃんの人気』

『めれちゃん、お呼びですやん!』

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

愛と人生の陰で

2014年10月10日

 

愛と人生の陰で

 


(sayuri88.jpg)


(love126.jpg)


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)


(sakitama99.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 今日は どうして“愛と人生の陰で”なのですかァ?


(kato3.gif)

あのねぇ~、僕は、先日次の記事を書いたばかりなのですよ。


(luvspice2.jpg)

『愛と人生のスパイス』


(spheart3.jpg)

上の記事が どうだと言うのですか?

あのねぇ~、ちょっと次のスクリーン・ショットを見てください。


(lib40924a.png)

『実際のカタログページ』

これはバンクーバー市立図書館のDVDを紹介するページです。 実は、9月21日に この上のDVDを借りて ギリシャの映画『A Touch of Spice』を観たのですよ。

あらっ。。。 デンマンさんは英語でコメントまで書き込んでしまったのですかァ~!? ギリシャ映画ということは、もしかして。。。、もしかして。。。、デンマンさんはギリシャ語もペラペラなのですかァ~?

僕がギリシャ語をペラペラしゃべれるわけがないでしょう!

でも、確か デンマンさんは、かつて34カ国を放浪したのではありませんかァ?!

そうです。。。そうですよ。。。 でもねぇ~、外国語は使ってないと忘れてしまうのですよ。 だから、ギリシャ語は忘れました。。。と言うより ギリシャ語は、もともと話すようになるまで学習したことがありません。

それなのに、どういうわけでギリシャの映画を見たのですか?

だから、『愛と人生のスパイス』のためですよ。

つまり、上の映画は“愛と人生のスパイス”についての映画なのですか?

そうです。 本国ギリシャでは大ヒットした感動作品なのですよ。 日本でも上映されたのですよ。 小百合さんは観ましたか?

いえ。。。 知りませんでしたわ。。。で、どういう内容なのですか?

あのねぇ~、隣国トルコとの複雑な歴史を背景に、料理好きなギリシャ人のファニスという少年と“スパイス”を通して人生を教えてくれたおじいさんの話なのですよ。 もちろん、それだけじゃつまらないから、ファニス少年の愛の物語がある。


(spice106.jpg)


(spice102.jpg)

この上の写真が、そのファニス少年とおじいさんですよ。 1960年代、話はトルコのイスタンブールから始まるのです。 このおじいさんはイスタンブールでスパイス店を営んでいるのです。 このファニス君も当時は おじいさんと一緒に住んでいた。 この少年の幼友達が可愛いサイメちゃんです。


(spice104.jpg)


(spice105.jpg)

このサイメちゃんが どうしておじいさんの前で踊っているのですか?

あのねぇ~、サイメちゃんは踊りが好きなのですよ。 ファニス少年も サイメちゃんが踊るのを見るのが好きだった。 暖かい家族、大好きな友達に囲まれてファニス少年は育ってゆく。 特に屋根裏部屋でおじいさんからスパイスの効用や天文学の話を聞くのが好きだった。

それで、どうなるのですか?

そんなある日、戦争の煽(あお)りでギリシャ人強制退去の命を受け、「後で追いかける」と言うおじいさんを残して、一家はアテネへ移住するのですよ。 

しかし、おじいさんとは会えないまま時は過ぎ、ファニス少年は料理の上手な子供から青年へと成長してゆき、大学を卒業すると天文学者になる。

サイメちゃんもアテネへ一緒に移住したのですか?


(spice107.jpg)

いや。。。 サイメちゃんはトルコ人だから 駅で別れて、そのままイスタンブールで大人になってゆくのです。 やがて、おじいさんから移住の連絡が入る。 しかし大人になったファニスさんが歓迎の料理を作り、家族皆でおじいちゃんの到着を待つ席で電話のベルが鳴るのです。


(spice103.jpg)


(spice109.jpg)

何が起こったのですか?

おじいちゃんが重い病で倒れてしまったという連絡ですよ。 それでファニスさんは単身、イスタンブールを訪ねて、昏睡状態のおじいちゃんと再会します。 でも、病状は回復しないまま、亡くなってしまう。 彼は、おじいさんの最期を看取ることになる。

。。。で、大人になったサイメちゃんはどうなるのですか?

ファニスさんは葬儀で幼なじみのサイメちゃんに再会するのです。 


(spice101.jpg)


(spice110.jpg)

。。。で、再会した二人は、めでたく結婚するのですか?

小百合さんも、そのように考えるのですか?

だってぇ~。。。 誰だって、そう思いますわよう。

でも、人生は、なかなか思うようにならないものですよ。 この場合も、そうはならない。 実は、サイメちゃんは、すでに、近所に住んでいたムスタファさんと結婚していたのですよ。 二人の間には幼い娘がいた。

つまり、ファニスさんとサイメさんの愛は実らずに終わるのですか?

でもねぇ~、サイメさんとムスタファさんの結婚生活は破綻しかけていた。 やがてファニスさんもその事実を知る。

つまり、サイメさんとムスタファさんは離婚するのですわねぇ~。。。 そしてサイメさんはファニスさんと再婚する。。。 そうでしょう!?

残念ながら、そうはならないのですよ。 この3人は子供の頃、一緒に遊んだ幼友達だった。 でも、ファニス君とムスタファ君は、それほど親しい仲ではなかった。 現在、ムスタファさんはトルコ軍の軍医になっている。 ムスタファさんは、自分の妻とファニスさんが子供の頃から愛し合っているのを知っている。 ある日、ファニスさんはムスタファさんを誘って 蒸し風呂で男同士の話をする。

ムスタファさんは、「よりによって、どうして蒸し風呂なんかで話をするんだい?」とファニスさんに尋ねる。 

。。。で、ファニスさんは、どう答えるのですか?

「腹を割って男同士の話ができるのは蒸し風呂に限るよ!」。。。 日本でなら“裸の付き合い”というところでしょうね。。。

。。。で、ファニスさんはムスタファさんに離婚を迫らないのですか?

せまらない。

。。。で、どういう話をするのですか?

人生は料理と同じだよ。 深みを出すのは ひとつまみのスパイスさァ」。。。 ファニスさんは そう言うのですよ。。。 なかなか意味シンな話でしょう!?

それで、どうなるのですか?

イスタンブールの駅で、ファニスさんはサイメさんとハグして別れるのですよ。 ムスタファさんは、新しい任地へと妻と子供と共に去ってゆく。 そしてファニスさんは、一番大切な「人生のスパイス」を手に入れようと心に決めるのですよ。


(spice100.jpg)

実に、いい話だと思いませんか?

それで、その事が“愛と人生の陰で”と関係あるのですか?

もちろんですよ。。。 昨日、僕は2つのスパスを持って小百合さんと1年ぶりに「さきたま古墳公園」でピクニックを楽しんだのですよ。


(spheart3.jpg)

この“ロマンの香り”と“愛のスパイス”で 小百合さんとのピクニックを盛り上げたのです!


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)


(sakitama99.jpg)

でも、このようなお話は、読まされている人は白けると思いますわ。

確かに、白ける人も中には居ると思いますよ。。。だから、そういう人は白けてもらってもいいのです。 僕が言いたいのは小百合さんと1年ぶりに「さきたま古墳公園」で会ってピクニックを楽しんだ、と言う事ではないのですよ。

。。。だから、何が言いたいのですか?

僕は気分良く実家に戻ってテレビの前に座った。 そしたら、次のニュースが目に飛び込んできた。

鎖で小2長男監禁

半径1m余しか動けず

10月9日 14時02分


(dog911.jpg)

8日に滋賀県長浜市の住宅で、小学2年生の長男が鎖で柱につながれているのが見つかり、両親が監禁などの疑いで逮捕された事件で、男の子は鎖でつながれた柱から半径1メートル余りの範囲しか動くことができない状態だったことが警察への取材で分かりました。

8日午後4時前、長浜市千草町の住宅で、この家に住む小学2年生の8歳の長男が腹に鎖を巻きつけられて南京錠で柱につながれているのを訪ねてきた友だちが窓越しに見つけ、警察は長男を保護するとともに、近所にいた父親で無職の宮島保名容疑者(32)と母親の茜容疑者(27)を監禁などの疑いで逮捕しました。
長男に大きなけがはありませんでしたが、衰弱していたため病院で点滴を受けたということです。

警察のその後の調べで、長男は鎖でつながれた柱から半径およそ1メートル50センチほどの範囲しか動くことができず、長男の近くにはおにぎりとおまるだけが置かれていたことが分かりました。
逮捕された両親は容疑を認め、「トイレは、鎖につないだままおまるでさせていた」などと供述しているということです。
警察は長男が日常的に虐待を受けていた疑いがあるとみて詳しいいきさつを捜査しています。

男の子の自宅近くに住む70代の男性は次のように話していました。

子どもたちが何人も家の前に自転車を止めていて、『男の子を助けてあげて』と言っていた。
家の中を見ると、男の子のおなかに鎖が頑丈にまかれて柱につながれているのが窓越しに見えてびっくりした。

その後、一緒にいた別の男性が、駆けつけた警察官と鍵のかかっていない窓から家に入り、工具で鎖を切断して男の子は保護されたということです。
その男性は次のように話していました。

妻がパンと牛乳をあげたら喜んですぐにたいらげた。
男の子に『大丈夫か』と声をかけたら、返事はなかったが比較的落ち着いた様子だった。
ただ男の子の顔にはあざのようなものがあった。


SOURCE: 『NHK News WEB』

この夫婦は、自分の子供を完全に犬と間違えているのですよ。

そうでしょうか?

だってぇ、それ以外に考えられないでしょう!? 一番大切な「人生のスパイス」を失うと、夫婦は、こうなってしまうのですよ。


(foolx.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
一番大切な「人生のスパイス」ってぇ、あなたは何だと思いますか?

ところで、上の2つのスパイスの他にも Alfredo Pasta & Sauceをデンマンさんは お土産に小百合さんに持ってきたのですってぇ~。。。

実は、あたくしも Alfredo Pasta が大好物なのですわァ。
じゃあ、あなたのために作り方を教えますわねぇ~。。。

あたくしも バンクーバーに行くために ずいぶんと英会話の勉強をいたしましたので
この際 素顔で あなたのために実演いたしますわァ。
うふふふふふ。。。


(alfredo06.jpg)

いかがでしたか?
あたくしの 英語も けっこう いけるでしょう!?
うふふふふふ。。。

では、小百合さんのお話に戻りますけれど、
どうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』

■ 『ポックリゆきたいの?』

■ 『ツナサンド』

■ 『消えたカラスの巣』

■ 『ハルヴァと軽井沢』

■ 『トリュフ、梅毒、ポテト』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のハルヴァ』

■ 『ハルヴァの面白い話』

■ 『松茸と靴下』

■ 『気になる臭い』

■ 『ハルヴァの面白い話再び』

■ 『ベーグルの夢』

■ 『私、食べるの大好き』

■ 『べーグルの面白い話』

■ 『まりちゃんのべーグル』

■ 『駅前のヌード』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『ベーグルフィーバー』

■ 『別れの朝あなたは…』

■ 『バレンタインの唄声』

■ 『古代蓮と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『宮沢りえと軽井沢タリアセン夫人』

■ 『5月のバレンタイン』

■ 『バレンタインラーメン』

■ 『カレーライス@パリ』

■ 『カフェオレ@バレンタイン』

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『日本の真ん中』

■ 『カフェオレと床上手な女』

■ 『ピーチ味のロマン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』

■ 『焼きそばソース@バレンタイン』

■ 『鶏肉ダメなの?』

■ 『ばァ~の思い出』

■ 『泰国酸辣醤のロマン』

■ 『豆腐がチーズに?』

■ 『猫と柚子とロマン』

■ 『トリュフと軽井沢タリアセン夫人』

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)
 

かしこの母上様

2014年6月12日

 

かしこの母上様

 

ああァ、桜井の別れ

 


(wakare02.jpg)


(rainbow9.jpg)


(banzai03.jpg)


(rainbow99.jpg)


(jbeauty203.jpg)

デンマンさん聞いてください。
文字通り奇跡、不思議な出来事です。
今日12月9日見舞いに行ってきました。
病室の交替もあり、部屋に入るとベットに芳江さん(デンマン注: 僕の母親)がいません。
血流が止まるくらいドキッとしました。

廊下に出て係りに尋ねたところ食堂に行っているとのこと。
気持ちでは走ってゆきました。
まあ、なんと車椅子で食卓に向き合っているではありませんか。
「芳江さんよかったね」と思わず手を握ったら力強く握り返してきました。
そのあと、よかったね、よかったねの連発。百遍も言ったでしょうか。
お互いに涙です。

不謹慎な言い方かも知れませんが芳江さんは死の淵より生還。
まさに奇跡です。
でも私だけが死の淵を考えたのでしょうか?
多分、デンマンさんだって一方ではその想いはあったのではと思います。
何しろ長男としての覚悟もあってか葬儀屋さんまで行かれたのですから。。。

芳江さんの真摯でこのあっぱれな負けず魂に敬意を表し、あとは欲張らず、このくらいの状態でいいから生への記録を大きく延ばして欲しいと心の底から思っています。
病院からの帰り際「デンマンさんに手紙を書くから」と言ったら「私は元気で飛び跳ねているからと書いて」と芳江さん。
車椅子の上で両手を高々に挙げて満面の笑みでした。


(banzai03.jpg)

繰り返しになりますがデンマンさんとの話の中、お互いに絶望を意識していたことを芳江さんにお詫びしましょう。
清司さんや正造さんには「お母さんはきっと良くなるから」といつも元気付けてきました。
芳江さんに対して私とデンマンさんの立ち位置が違うにせよ、デンマンさんにきついことを言ったとしたら、その点申し訳なかったなあとお詫びします。

夜7時まで病室にいました。
帰宅してあの元気な芳江さんの回復振りが私の脳を刺激しっぱなしです。

 

九条多佳子


『虹のかなたの奇跡』より
(2012年12月20日)

 


(banzai03.jpg)

デンマンさん、お元気ですか?
一度は死にました私ですが
暖かく見守ってくれていた家族のおかげで、
そして親戚の方々の励ましによって
生かされています。

また春がめぐってきて、そして夏を迎えようとしています。
生きていることに感謝しないではいられません。

妹の多佳子さんには いろいろとお世話になっております。
デンマンさんからも 宜しくお伝えください。

2週間ほど 行田市にある介護施設「ハートフル行田」で過ごしてきました。
皆さん、気持ちの良い方ばかりで 楽しく過ごさせていただきました。

時には演芸大会ではありませんが
皆で、順番に歌を唄ったりいたします。
私は唄うのは上手ではありませんが、
皆さんが順番に唄うので唄わないわけにはゆきません。

たまたま 思いつくままに「桜井の別れ」を唄いました。
子供の頃の歌というのは、いつまでも覚えているものです。
小さな頃は 意味も良く解らずに唄っていたものですが、
年をとるにしたがって、涙なくしては唄えなくなります。

デンマンさんは知らないと思いますが
次の歌を私が小さな頃はみんなが唄っていたものです。

桜井の別れ


(wakare02.jpg)

青葉茂れる桜井の
里のわたりの夕まぐれ
木の下蔭に駒とめて
世の行く末をつくづくと
忍ぶ鎧の袖の上に
散るは涙かはた露か

正成涙をを打ち払い
我子正行呼び寄せて
父は兵庫に赴かん
彼方の浦にて 討死せん
汝はここ迄来つれども
とくとく帰れ故郷へ

父上いかにのたもうも
見捨てまつりてわれ一人
いかで帰らん 帰られん
此正行は年こそは
未だ若けれ諸共に
御供仕えん死出の旅

汝をここより帰さんは
わが私の為にならず
己が闘死為さんには
世は尊氏の侭ならん
早く生い立ち大君に
仕えまつれよ国の為め

此一刀は往し年
君の賜いし物なるぞ
此世の別れの形見にと
汝にこれを贈りてん
行けよ正行故郷へ
老いたる母の待ちまさん

共に見送り見反りて
別れを惜しむ折からに
復も降り来る五月雨の
誰かと哀と聞かざらん
あわれ血に泣く其声を

この歌のように 昔の人は 命を惜しまなかったのですね。
時代が違うと言えばそれまでですけれど。。。

でも、時代が違うと言えども、命が大切だったことに変わりはないと思います。

正成の息子を思う気持ち。。。
そして妻を思う気持ち。。。

“行けよ正行故郷へ

老いたる母の待ちまさん”

この別れの場面を想うと泣けてきます。

デンマンさんも 命の大切さを改めて考えて、自分のためには もちろん、
カナダのお国のために、
そしてカナダ人のためにも 悔いのないように 毎日を送ってください。

そして デンマンさんの ブログを読んでいる 日本語が解る方々のためにも
生きているということは本当に素晴らしい事だと
お伝えください。

 

かしこ。。。

母より

平成26年5月30日

 

2014年6月10日 (火曜日)


(kato3.gif)

母上様、お元気ですか?
関東地方は暑い日が続いているようですね。
でも、もう梅雨に入っているでしょうか?
ジメジメ、ムシムシした天気にもめげずに元気で楽しく過ごしてくださいね。


(vanc700.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

バンクーバーは とても過ごしやすく清々しい朝を迎えるようになりました。
今朝は、いつになく涼しくて気温が12度ですよ。
昨日は すばらしく晴れ渡っていましたが、今朝はどんよりとした曇り空です。

5月29日には電話をありがとうございました。
久しぶりに母上様の元気なお声が聞けて安心いたしました。
5月30日の消印の手紙は 6月6日に受け取りました。
母上様が予測したとおり 6月6日に手にいたしました。

“桜井の別れ”の歌が書いてありました。
実は、初めて読む歌です。
全く知りませんでした。
『ウィキペディア』という無料百科辞典がコンピューターを使うと利用できるのです。
さっそく調べてみましたよ。

“桜井の別れ”は、西国街道の桜井の駅で楠木正成・正行父子が訣別する逸話なのですね。
桜井の駅で別れた後、正成は湊川の戦いに赴いて戦死し、今生の別れとなりました。
「桜井の駅の別れ」、「桜井の訣別」とも言う。
なるほど。。。

古典文学『太平記』の名場面のひとつで、国語・修身・国史の教科書に必ず載っていた逸話で、いわゆる戦前教育を受けた者には大変有名な話だった、と書いてあります。
なるほど。。。
戦前の教育を受けた母上様だから知っていたのでしょうね。

日本の唱歌の一つですか?
残念ながら小生は聞いたこともありません。

作詞:落合直文 作曲:奥山朝恭


(wakare03.jpg)

桜井の駅まで進軍して来た正成は意を決し、息子・正行を呼び、「兵庫へは討死覚悟で出陣するが、汝は故郷へ帰るように」と告げる。
正行は「いかに父上の命とは言えど、年若くとも死出の旅の供をしたい」と願い出る。
正成は「私の死後は足利尊氏の天下となろう、その日に備え成長し、国の為に天皇に仕えよ」と諭(さと)す。
さらに先年、天皇より賜った刀を差し出し、これを我が形見にせよと言い残し、「老いた母の元に帰れ」と正行に告げ、両者は泣く泣く別れ行く。
なお、史実では、正行の母(南江久子)は正成より年下であり、当時三十代であったと考えられるから、高齢ではない。

『太平記』によると、「桜井の別れ」のあらましは次の通りだそうです。

建武三年五月(1336年6月)、九州で劣勢を挽回して山陽道を怒濤の如く東上してきた足利尊氏の数十万の軍勢に対し、その20分の1ほどの軍勢しか持たない朝廷方は上を下への大騒ぎとなった。

新田義貞を総大将とする朝廷方は兵庫に陣を敷いていたが、正成は義貞の器量を疑い、今の状況で尊氏方の軍勢を迎撃することは困難なので、尊氏と和睦するか、またはいったん都を捨てて比叡山に上り、空になった都に足利軍を誘い込んだ後、これを兵糧攻めにするべきだと後醍醐帝に進言したが、いずれも聞き入れられなかった。

そこで正成は死を覚悟し、湊川の戦場に赴くことになった。

その途中、桜井の駅にさしかかった頃、正成は数え11歳の嫡子・正行を呼び寄せて「お前を故郷の河内へ帰す」と告げた。
「最期まで父上と共に」と懇願する正行に対し、正成は「お前を帰すのは、自分が討死にしたあとのことを考えてのことだ。
帝のために、お前は身命を惜しみ、忠義の心を失わず、一族朗党一人でも生き残るようにして、いつの日か必ず朝敵を滅せ」と諭し、形見にかつて帝より下賜された菊水の紋が入った短刀を授け、今生の別れを告げた。

数えで11歳ということは満で10歳ですよね。
今で言えば、正行は小学校3年生か4年生でしょう!?
とても戦場に出て戦える年齢ではないですよね。

正成が亡くなったのは1336年。
生まれたのは1294年。
つまり、満42歳で亡くなっているのです。

正行は数え年11歳ではなく、すでに20歳になっていたという話もあります。


(yang04.jpg)

正行の母(南江久子)は、当時三十代であったそうですから、36歳とすれば 20歳の息子がいても昔ならば可笑しくないはずです。
室町時代ならば14歳で結婚して 15歳で子供を生んでも不思議ではない。
小生の考えでは、正行は少なくとも戦場に出る年になっていたろうと思います。
つまり、18歳か19歳にはなっていたろうと。。。

では、どうして数え年11歳にしたのか?
修身の教科書に載せて軍国教育、富国強兵政策のために小学生を教育するならば、同じ小学生の年頃に設定した方が教育の効果が上がると当時の文部省のお役人は考えたのでしょうね。
“天皇陛下に万歳して戦死するように教育する”には、20歳前後だった正行を 数え年11歳にした方が効果があると思ったのですよ。
その方が“お涙ちょうだいの物語”になります。

「老いた母の元に帰れ」と正行に告げ、両者は泣く泣く別れ行く。
しかし、この時の正行の母は30代だったのですから「老いた母」にしてしまうのは可哀想と言うものです。
でも、修身の教科書には「老いた母」と書かねばならなかったのでしょう。

母上様も、たぶん、この「老いた母」の気持ちになって“桜井の別れ”を聞いたのでしょうね。
この歌が有名だったということは、小生にも理解できます。
なぜならば、小生の同級生の野原自転車屋の息子の名前が“正行”なのですよ。

恐らく、野原君のお母さんは小学校の修身の時間や唱歌の時間に“桜井の別れ”を何度も何度も聞いて、子供が生まれたら息子に“正行”という名前をつけようと考えたのでしょう!?
それほど“桜井の別れ”を聞いて 野原君のお母さんは感動したのでしょうね。
でも、あの正行君は、面白い奴で 戦争がもし起きたとしても 絶対に戦争など行くような男ではありません。
逃げ回りますよう。 (笑)
たぶん、小生と一緒に外国に脱出します。 (爆笑) 間違いありません!


(ningen99.jpg)

母上様が小生の名前を“正行”ではなく“明”にしたのは正解でした。
小生は絶対に戦争になど行きません。
もし、1960年代、1970年代に日本とアメリカで戦争があったとしても、小生は“明”るい気持ちでカナダに脱出しましたから。。。
母を悲しませてはならないと信じます。。。 (微笑)

そういうわけで、母上様が元気で長寿に恵まれているのは かえすがえすも喜ばしいことです。
正成の妻のような不幸を舐めなかっただけでも 幸せというものです。

これからも母上様は、皆で仲良く楽しい毎日を送ってください。
一生は一度だけです。
悔いのない思いで来世に行けるよう、心置きなく笑って楽しんでください。
お互いに悔(く)いのない人生を送りましょう。

では、母上様も お元気で。。。

デンマン


(denman01.gif)


追伸:

現在、日本語が解る 102ヵ国のネット市民の皆さんが小生のブログを読んでいます。


(wp40612map.png)


(wp40612.png)

母上様の手紙を6月12日の記事に掲載します。

生きていることの素晴らしさがネット市民の皆様にも伝わることと思います。

では。。。

 

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

高齢化社会になっている日本でござ~♪~ますわ。

誰でも、ご家族の中に入院中の患者さんだとか、生きるか死ぬかの手術を待ている家族だとか。。。

あるいは、救急病院に担ぎ込まれた家族だとか。。。

そのような病人がいることは充分に考えられますよね。

あなたのご家族の中にも、そのような方がおりますでしょう?

あなたの身近な病人がデンマンさんのお母様のように奇跡的な回復をなさることを、あたくしも切に願っておりますわ。

ところで、デンマンさんの個人的な面白い記事は次のリンクをクリックして読んでみてくださいまし。

『日本女性の愛と美の原点』

『日本女性の愛と情念の原点』

『ん? クラシックと津軽じょんがら節?』

『女の楽園とデンマン』

『テレサテンと叔母』

『母上様@行田』

『母上様@行田 (再度)』

『病院の悪い評判』

『どっちが親切?』

『アルチンボルドと伊藤若冲』

『小百合さんの香り』

『虹のかなたに』

『病院を批判する意味ある?』

『愚かな医者の卵』

『虹のかなたの奇跡』

『結婚できない医者の卵』

『院長の愚かなムスコ』

『医者の卵と評判』

『奇跡の回復』

『愛の奇跡』

とにかく、興味深い話題が続きますゥ。

どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。

じゃあ、またねぇ。。。


(hand.gif)


(ski22.jpg)


(stars.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(snowboard.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(snowhous2.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(snow05b.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)