Posts Tagged ‘ランジェリーの美学’

愛と下着の美学

2015年1月10日

 

愛と下着の美学

 


(valent6.gif)


(june802.jpg)


(linger57.jpg)



(june001.gif)

デンマンさん。。。 新春、早々 “下着の美学”ですかァ~? 好きですわねぇ~。。。 うふふふふふ。。。


(kato3.gif)

やだなあああァ~。。。 そのような含みのある笑いを浮かべて僕を見つめないでくださいよゥ。 んもおおおォ~。。。! まるで。。。、まるで。。。、僕が“下着女装”しているとでも言うような目つきじゃありませんかア!?


(joso110b.jpg)

あらっ。。。 だってぇ~、デンマンさんは今朝、下着女装していたではありませんかァ~!

やだなあああァ~。。。 ジューンさんは夕べ、ヤらしい夢を見たのでしょう!? 僕は“下着女装”のような趣味はありませんからねぇ~。 このような格好をさせられたら、僕は恥ずかしくってぇ~、生きてられませんよう!

だったら、どうして“愛と下着の美学”なんてぇ、思わせぶりなタイトルにしたのですかァ~?

あのねぇ~、上のタイトルは僕が付けたわけじゃないのですよ。

でも、タイトルを書くのはデンマンさんだけしか居ないじゃありませんかァ!

ジューンさんは僕の言う事を信用しないのですか?

だってぇ~、デンマンさんは よく言っているじゃありませんか! あまり素直に人の言うことを信用すると、後で馬鹿を見ると。。。

でもねぇ~、この場合は僕を信用してもいいのですよ。

とにかく、どういうわけで“愛と下着の美学”というタイトルにしたのですかァ~?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv50109b.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の2015年1月1日から9日までの9日間の「リンク元URL」のリストですよ。 赤枠で囲んだ 26番に注目してください。

Yahoo!で検索して、デンマンさんの『徒然ブログ』を読んだ人がいたのですわね。

そうです。

。。。で、この二人は どのような検索キーワードを入れて検索したのですか?

僕も興味があったので 26番の URL をクリックしてみました。 そしたら次の画面が出たのですよ。


(yah50109a.png)

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「なぜ女の子の下着はエロチックなのか、考察と下着ファッションの歴史」を入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 

。。。で、上の検索キーワードはライブドアのリストにも載っているのですか?

もちろん、載ってますよ。 次のリストを見てください。


(liv50109c.png)

『拡大する』

赤枠で囲んだ 29番に出ています。 検索ワードが長いので途中で切れてますけれど。。。

。。。で、検索した人は検索結果のトップをクリックして『下着・ランジェリー』という記事を読んだのですか?

いや。。。 『下着・ランジェリー』というのは記事のタイトルじゃなくて、カテゴリーの名前なのですよ。 だから、リンクをクリックすると 下着とランジェリーに関する記事が、ズラズラと出てきます。


(livcat9398.png)

『実際のカテゴリーのページ』

そのカテゴリーのトップに出てくる記事が『ランジェリーの美学』なのですか?

そういうことです。 ジューンさんが書いた次の記事ですよ。


(bare04d.gif)

こんにちは。
ジューンです。

卑弥子さんが言ってましたよね。

贅沢な素材を使った、
ちょっと高めのランジェリーを
身に着けると、
なんとなく自分がいつもよりも
きれいになったような
感じがしませんか?

確かに、そう言われてみると
そんな気がしますよね。

わたしはランジェリーには余りお金をかけないのですけれど、
例えば、2倍も高いランジェリーを買って身に着けると、
その分だけ自分が引き立つような気分になりますよね。

でも、実際には外からでは見えないのだから、
ランジェリーを身に着ける人の気分の問題ですよね。

ところで、私が仲良くしているお友達にパリからやってきたフランス人が居るのです。
カトリーヌさんというのです。
彼女はびっくりするほどランジェリーにお金をかけるのですよね。


(june802.jpg)

カトリーヌさんはミス・フランスのラナーアップになったくらいの人だから、
確かにきれいな人なのですけれど、
それ程の人が、なぜ高価なランジェリーにこだわるのか?

きれいな人だから、普段外では目に見えないランジェリ-などにお金をかけなくても、美人として充分に目立つ人です。
そういう人が高価なランジェリーにこだわるのですよね。
私はカナダ生まれでカナダ育ちですから、生粋のカナダ人です。
だから、外からでは見えないランジェリーにお金を使うのが馬鹿馬鹿しいと思えるのですよね。

パリからやってきたカトリーヌさんから見ると私は田舎者に見えるかもしれません。
でも、聞くは一時の恥だと思って、尋ねてみたのです。
そうしたら、何と答えたと思いますか?

“ファンデーションに高いお金をかけたら、

その上にダサいものは着れないじゃない。”

つまり、カトリーヌさんは美人なのですが、
ファンデーションにお金をかけると、その上に着るものは、みっともないものは着れないと言うのですよね。
つまり、さらに服装で自分を際立(きわだ)たせようとする。
パリジャンヌというのは、そうやって“美しさ”にこだわるようです。

カトリーヌさんに刺激されて、私もいつもよりも高めのランジェリーを買ってみました。


(linger47.jpg)


(linger57.jpg)

どうでしょうか?

少しは際立って見えるでしょうか?

下着とランジェリーは

女の繊細さと美しさを

際立たせる

最後の砦ですわぁ~

卑弥子さんが上のような事を言いましたけれど、
平安時代の女性は、さすがに奥深い事を言うものですわね。

あなたも、たまにはこのような可愛いランジェリーで
勝負してみてはいかがでしょうか?

では、あなたのためにハイセンスなランジェリーを紹介しますね。
もちろん、あなたが身に着けてみたいサンプルをたくさん見ることができますよ。

『あなたのためのセンスある、

ナウい下着を選んでくださいね』

では、あなたも、美しいと感じさせるランジェリーを身に着けて、
あなたの意中の人のハートを射止めてください。
幸運を祈っています。


『ランジェリーの美学』より
(2014年10月1日)

「なぜ女の子の下着はエロチックなのか、考察と下着ファッションの歴史」を入れて検索した人は、上の記事を読んで参考になったかしら?

もちろんですよ。。。 参考どころじゃなくて、“目から鱗(うろこ)”ですよ。

あらっ。。。 デンマンさんが「なぜ女の子の下着はエロチックなのか、考察と下着ファッションの歴史」を入れて 自分で検索したのですか?

いや。。。 そんな暇はありませんでしたよ。

だってぇ~、まるでデンマンさん自身が上の記事を読んで“目から鱗”を実感したような言い方じゃありませんかァ!

あのねぇ~、僕が初めて上の記事を読んだ時、次の箇所を読んで“目から鱗”でしたよ。



(hot003c.jpg)

つまり、カトリーヌさんは美人なのですが、

ファンデーションにお金をかけると、

その上に着るものは、みっともないものは

着れないと言うのですよね。

つまり、さらに服装で自分を

際立(きわだ)たせようとする。

パリジャンヌというのは、そうやって

“美しさ”にこだわるようです。

じゃあ、「なぜ女の子の下着はエロチックなのか?」。。。 デンマンさんは、どう思いますか?

あのねぇ~、エロチックな下着を身に着ける女の子は、自分をエロチックな女にしようと、演出しているのですよ。 そうすれば、男から“可愛い女”に見られて“愛”をゲットできるのではないかと。。。 そう、思うのでしょうねぇ~。。。

男性は、“エロチックな下着を身に着けている女の子”を見ると、“可愛い”と感じるものなのですか?


(lingerie006.jpg)

だから、“エロい”男は“エロチックな下着を身に着けている女の子”を見て“可愛い”と感じるでしょうねぇ~。。。

じゃあ、デンマンさんも そう感じるのですわねぇ~。。。?

ん。。。? 僕ですか。。。? いや。。。僕はエロい男じゃありませんから、そう感じませんよ。

じゃあ。。。 どのような下着を身に着けていると、デンマンさんは可愛いと感じるのですか?

あのねぇ~、清潔な下着ならば、どのようなタイプの下着でもかまいません。 


(bikini07c.gif)

問題は下着じゃないですよ。 下着を身に着けている女性の中味ですよ。。。 つまり、心の問題です。。。 性格の問題です。。。 性格的に可愛いから可愛いのですよ。 どんなに刺激的なエロチックな下着を身に着けていても、性格的にダサい女は、全く可愛くないものですよ。

あらっ。。。 今日のデンマンさんは意外に学問的に下着を考察したのですわねぇ~。。。

たまには、キザなことも言ってみたいものですよゥ。。。 うへへへへへへ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたはデンマンさんの意見に同意できますかァ~?

デンマンさんの意見には同意できなくても、あたくしの意見には同意できると思うのでござ~ますわ。

下着とランジェリーは

女の繊細さと美しさを

際立たせる

最後の砦ですわぁ~


(curtain5.jpg)

どうですか? 同意できるでしょう?

そういうわけで、あたくしの熱烈なファンは次のようにして検索したのですわ。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? やっぱり、ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

下着女装ブログ

2014年8月2日

 

下着女装ブログ

 


(joso02.jpg)


(laugh16.gif)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 上の写真はデンマンさんが下着女装した写真ですかァ~?


(kato3.gif)

ん。。。? 僕が下着女装したァ~? まさかァ~。。。

だってぇ~、わざわざタイトルに“下着女装ブログ”と書いてあるじゃありませんかァ! ついにデンマンさんも、カミングアウトして『下着女装ブログ』を始めたのでしょう!?

どうして。。。、どうして。。。、僕がカミングアウトして『下着女装ブログ』を始めなければならないのですかァ~?

それほど恥ずかしがらなくてもいいではありませんかァ! 最近は、ニューハーフだとか、同性婚をするとか、トランスジェンダーとしてカミングアウトするとか。。。 そのようなことは珍しくも、なんともないのですわァ。 だから、デンマンさんに“下着女装”の趣味があっても、決して恥ずべきことではないのですわァ。

あのねぇ~、僕は下着女装の趣味はありませんよゥ!

ほらァ~。。。 そのようにムキにならなくてもいいのですわァ~。。。 別に恥ずべきことではないのですから。。。

あのねぇ~、恥ずかしがって否定しているわけじゃなくて、僕には“下着女装”という趣味はないのですゥ。。。 マジで。。。

でも、わたしはデンマンさんが“下着女装”するだろうと、ずいぶん前から それとなく感づいていたのですわァ~。

ん。。。? ジューンさんは 僕が“下着女装”するだろうと、ずいぶん前から うすうす感づいていたァ~。。。?

そうですわァ~。 だってぇ~、デンマンさんがわたしのマンションにやって来ると、必ず わたしの下着がなくなるのですわァ~。

ジューンさん!。。。 いい加減なことを言わないでくださいよう! この記事を読んでいる日本語が解る世界のネット市民の皆さんが誤解してしまうじゃありませんかア!

でも、わたしはデンマンさんが“下着女装”しているという証拠を掴(つか)んでいるのですわァ~。

まさかァ~。。。 僕には全く身に覚えのないことですよゥ。 証拠なんてぇ、あるはずがないのですよゥ!

だったら次の写真を見てくださいなァ。


(joso04.jpg)

あれっ。。。 (ビックリして、デンマン、しばらく声が出ません!) この。。。、この。。。、この“下着女装”した男が僕だと言うのですかァ~?

だってぇ~、わたしの寝室から盗まれた下着を この男が身に着けているのですわァ。 わたしの寝室に こっそりと入って下着をくすねるような人は デンマンさん以外にいませんわァ~。

やだなあああァ~。。。 それこそ“濡れ衣(ぬれぎぬ)”ですよう! 僕がジューンさんの寝室に忍び込んで下着を盗むような動機がありません!

あるじゃありませんかア!。。。 こうして“下着女装”するためですわァ~。

あのねぇ~、ジューンさん! 冷静になって考えてくださいよう! ちょっと次の写真を見てください。


(bikini07c.gif)


(30june.jpg)


(cute0025.gif)


(linger57.jpg)

あのねぇ~、上の写真は僕がジューンさんの表情をモンタージュで創作し、コラージュで作り上げた作品なのですよ。 僕の美的“モノサシ”で評価するならば、上の4枚の作品は完璧に近い。 つまり、100点満点ならば90点から95点だと言えるでしょう! ところが、その上の“下着女装”した男の下着女装姿は、点数をつけるなら 30点以下ですよ! とても美的とは思えない! ジューンさんは、下着女装姿の男が美的で魅力的だと思いますかァ~?

こっけいですわァ~! うふふふふふ。。。

。。。でしょう!! もしですよ、僕に“下着女装”クセがあって、この男のようにピンクの下着を身につけて鏡の前に立ったら、僕はマジで自分の姿をマジマジと見ることができない! まともに見たら、僕は、あまりのショックで ウンコとショーベンをその場でタレ流して ショック死してしまいますよう!

でも。。。、でも。。。、上の男の写真はマーガレットさんが デンマンさんのマンションで見つけたと言って わたしに手渡してくれたのですわァ。

ジューンさんは僕よりもマーガレットさんの言葉を信じるのですか?

だってぇ~。。。

だってぇも、あさっても、しあさっても、ありませんよう! 僕とジューンさんの付き合いは10年以上ですよ。 マーガレットさんは、つい3年ほど前に、突然現れて、最近では村八分的な存在なのですよ。 多くの人に嫌われている。 なぜだか解りますか?

なぜですか?

ちょっと次の小文を読んでください。

挑発に乗って得をすることはない


(cat901.jpg)

ビジネスの世界においては、相手を挑発するというのは獲物をいいように操作するための立派な戦略であることがおおいのです。

たとえば次のクリスティアーネさんの場合がそれです。
職場の男性の同僚がなにかにつけ無神経な言葉で彼女を挑発してくるというのです。
彼女はこの同僚のことを「無駄口小僧」と呼んでいるそうです。
彼女とこの同僚は同期に入社しました。
二人のあいだにはライバルとして見えない火花が散っています。

クリスティアーネさんが彼女のプランを会議で発表することになりました。
ところが会議が始まる直前にこの同僚が彼女のところにやって来て、
「おい、どうしたんだい、その顔は?化け物みたいだぜ。馬小屋の干し草にでもくるまって寝たのかい?」とか、
「女なんてな、かわいい足みせてりゃそれで金もらえるんだからなあ、楽なもんだよなあ」などと言うのです。

クリスティアーネさんはそのたびにかっと頭に血が上ります。
なにしろ、これから仕事の打ち合わせで自分のプランを発表しようというときなのですから、ふつうのときの百倍も二百倍も腹が立ちます。
おかげで発表は滅茶苦茶、考えがうまくまとまらず、したがって人々を説得することもできませんでした。

そのたびに、クリスティアーネさんはうまいしっぺ返しを考えて、この同僚を屈伏させてやろうと何度も試みてみました。
けれども、それは二人の対決をますますエスカレートさせることにしかなりませんでした。
彼がしかけてくる、彼女が応じる、そして彼女が傷つき興奮し、彼がざまあみろとばかりに勝ち誇る、こんな具合でした。


(macho03.jpg)


(distress2.jpg)

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


54-55ページ 『アタマにくる一言へのとっさの対応術』
著者: バルバラ・ベルクハン 訳者: 瀬野文教
2003年3月24日 第51刷発行
発行所: 株式会社 草思社

『イジメられたら?』に掲載。
(2014年7月29日)

上のエピソードがマーガレットさんと関係あるのですか?

関係大有りですよ。 上のエピソードでは 職場の男性の同僚が悪者にされて クリスティアーネさんは言わば“被害者”になている。 でもねぇ~、昔から“喧嘩両成敗(けんかりょうせいばい)”と言ってぇ、喧嘩になる場合には、ほとんどの場合、両方に落ち度があるのですよ。 片方が善人で、もう一方が悪人だと簡単に決め付けられない。 なぜなら、人間は誰でも完璧じゃない! 長所もあれば欠点もある。 それは上のエピソードにも当てはまる。

つまり、クリスティアーネさんの一方的な話しか書いてない、とデンマンさんは言うのですか?

その通りですよ。 要するに、ライバルでもある同僚の男がクリスティアーネさんに無神経な言葉を浴びせるのには理由があるのですよ。

クリスティアーネさんも、その同僚の男に無神経な言葉を浴びせていた、とデンマンさんは考えているのですか?

当然でしょう! クリスティアーネさんは意識をしていなかったかもしれない。 そう言う事ってよくあることですよ。 悪気はないのに、ついつい出すぎたことを言ってしまうとか。。。 軽はずみで悪い冗談を言ってしまうとか。。。

確かに、そう言う事ってありますよねぇ~。。。

つまり、本の著者のバルバラ・ベルクハンさんは、クリスティアーネさんの一方的な話しか聞いてないのですよ。 だから、職場の男性の同僚が悪者にされてしまっている。

それと、マーガレットさんがどういう関係にあるのですかァ~?

つまり、ジューンさんはマーガレットさんの一方的な話しか聞いてないのですよ。

つまり、デンマンさんとマーガレットさんの間にも、上のエピソードのような確執(かくしつ)があるのですか?

そうですよ。。。 上のエピソードの同僚の男が僕で、 クリスティアーネさんにあたるのがマーガレットさんだと想って、もう一度読んでみてください。

。。。で、マーガレットさんはデンマンさんにどのような事を言ったのですか?

あのねぇ~、ジューンさんと僕の共通の友達である、トムとかジョンが、「マーガレットとは距離を置いて付き合ったほうがいいよ」と僕に何度か忠告していたのですよ。 理由を聞くと、彼女には性格的な問題があると言うのです。 つまり、本人は気づいてなくて、反省もしていないようなのだけれど、かなり悪質な冗談を平気で言うのです。 確かに、そういう所があるのですよ。

つまり、マーガレットさんはデンマンさんに無神経な言葉を浴びせられたという「被害者意識」を持っているのですか?

そうなのですよ。。。 それで、マーガレットは僕に“しっぺ返し”をしたいと考えている。 僕がマーガレットに無神経な言葉を浴びせ、ジューンさんをチヤホヤしているという事が、彼女には気に喰わない。 それで、何とかして、ジューンさんから僕を遠ざけようと画策した。

つまり、わたしに“下着女装男”の写真をみせて、デンマンさんが“変態男”だという事を植えつけようとしたということですか?

その通りですよ。 そうなれば、ジューンさんが僕から離れてゆくだろうと。。。

まさかァ~。。。?

あのねぇ~、ジューンさんの寝室から下着がなくなるのも、マーガレットの仕業(しわざ)ですよ。

まさかァ~。。。?

ジューンさんは、まさか女性がジューンさんの下着を盗むとは考えないから、当然、マーガレットが帰ってから、下着の枚数を確認するようなことはしない。 だから、下着がなくなれば、当然、僕がクスねたと思い込んでしまう。

しかし、そこまでするでしょうか?

あのねぇ~、日本語に“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”という諺があるのですよ。

聞いたことがありますわ。

トムやジョンが「マーガレットには性格的な問題がある」というのは、そこですよ。 つまり、マーガレットは、上のエピソードのクリスティアーネさんのように なんとかして僕にうまいしっぺ返しを考えて、屈伏させてやろうと何度も試みたのですよ。

つまり、“下着女装男”の写真以外にも、他に何か試みたのですか?

もちろんですよ。 ちょっと次のリストを見てください。


(liv40731a.png)

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の7月中のアクセス数の棒グラフです。

デンマンさんの『徒然ブログ』にマーガレットさんは不正アクセスでもしたのですか?

あのねぇ~、不正アクセスはしてないのだけれど、マーガレットはコンピューター・プログラマーだから、ネットにもかなり詳しいのですよ。 だから上の“下着女装男”の写真もネットからダウンロードしてジューンさんに手渡したのですよ。 とにかく、次の7月中の「リンク元URL」のリストを見てください。


(liv40731b.png)

赤枠で囲んだ22番に注目してください。 このURLをクリックすると次のページが表示されます。


(liv40801.png)

『実際のページ』

マーガレットは、こおして、僕の『徒然ブログ』を“下着女装ブログ”のカテゴリーに入るように細工したのですよ。

なぜ。。。?

そうすれば、やがてジューンさんが このページを見て リンクをクリックして記事を確かめる。


(liv00123e.png)

『実際の記事』

上のリンクをクリックすれば、上のページが表れる。 すると、ジューンさんは「あらっ。。。 デンマンさんは こんな写真まででっち上げてしまうのだわ!」と言いながら しみじみと次の写真を見るわけですよ。


(june802.jpg)

上の写真を見ながら、ジューンさんは「やっぱり、デンマンさんは“下着女装”にハマっているのだわァ。。。 “変態男”とは付き合わないようにしよう。。。」 マーガレットは、ジューンさんが そう思って僕から離れてゆくだろうと考えて、こんなことまでするのですよ。

まさかァ~。。。 それは、デンマンさんの考えすぎではありませんかァ~?

あのねぇ~、マーガレットは僕にしっぺ返しをするために、僕が嫌がる事をトコトンやり続けるのですよゥ。 だから、ジョンもトムも、僕に忠告したのですよ。 「マーガレットには性格的な問題がある」と。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、マーガレットさんが、そこまでやると思いますかァ~?
やっぱり、デンマンさんの考えすぎではないでしょうか!?

ところで、“下着女装”のことですけれど、
Crossdresser という人たちがいます。

次の写真は、女性ではなく、女装している男性です。


(xdress02.jpg)

これが女装している男性だとは、ちょっと信じられないですよね。

この上の男性も 次の“Crossdressing Men”のビデオクリップの中に出てきます。

どうですか?
変わった人たちがいるものですわね。
ここまでやると、男性、女性とは何か? ということを、しみじみと考えさせられてしまいますよねぇ~♪~。。。
うふふふふふふ。。。

ところで、わたしとデンマンさんの対話の記事は他にもたくさんあります。
時間があったら、下の記事も読んでみてください。
じゃあねぇ~。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

『プロメテウスの黒い白鳥』

『ジャズ・フェスティバル』

『仲間はずれはどれ?』

『FBI捜査官のツブヤキ・ガイド』

『147歳の誕生日』

『均質的思考は日本人のクセなの?』

『今、おばさん下着がアツイ!』

『きびしい暮しの中のロマン』

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださね。

じゃあ、またァ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

おばさんの下着@リアルタイム

2013年6月14日

 
  
おばさんの下着@リアルタイム


(bipedal.gif)


(lookanim.gif)


(june802.jpg)

(beachbg.jpg+heartx.gif+spacer.png+bikini07c.gif)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 また今日も「おばさんの下着」ですかァ~?


(kato3.gif)

いけませんかァ~?

だってぇ、何度も何度もしつこいですわよう! どうして「おばさんの下着」に拘(こだわ)るのですか?

あのねぇ~、僕が拘っているのではないのですよう。

デンマンさんじゃなくて、またネット市民の皆様が拘っていると言いたいのですかァ~?

その通りですよう。 ちょっと次のリストを見てください。


(liv30610b.gif)

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の記録なのですよ。 5月の「リンク元URL」のリストなのです。 見れば解るようにYahoo!の検索エンジンで「おばさんの下着」を入れて検索して僕の記事を読みにやって来た人が 1、000人近くいるのですよう。

どうして「おばさんの下着」を入れて検索したと判るのですか?

次のリストを見てください。


(liv30610c.gif)

述べ 1、117人のネット市民の皆様が「おばさんの下着」を入れて検索して僕のブログにやって来た事が、こうして5月の「人気検索キーワード」リストに記録されているのですよ。 あのねぇ~、ライブドアだけじゃないのですよ。 アメブロの人気検索キーワードのリストも見てください。


(ame30610n.gif)

これは5月12日から6月10日までの30日間の記録です。 解るでしょう? アメブロでも「おばさんの下着」と「おばさんパンツ」を入れて検索する人が多いのですよ。

ライブドアとアメブロだけでしょう?

いや。。。 WordPress の僕のブログでもすごいのですよ。 Denman Blogの人気検索キーワードのリストを見てください。


(wp30612w.gif)

解りましたわ。 。。。で、「おばさんの下着@リアルタイム」というのは、いったいどういうことなのですか?

良くぞ訊いてくれました。 僕は早くこの話題に移りたくてムズムズしていたのですよう。 

デンマンさんが小百合さんの「おばさんの下着」をリアルタイムでゲットしたということですか?

やだなあああァ~。。。 小百合さんは栃木の「山の家」で暮らしているのですよ。 


(yamagoy3.jpg)


(sayuri31.jpg)

バンクーバーに住んでいる僕がどうして小百合さんの「おばさんの下着」をリアルタイムでゲットできるのですか?

だから、早く「おばさんの下着@リアルタイム」を説明してくださいな。

じゃあ、まず次のリストを見てください。


(ame30611b.gif)

これはアメブロの僕のブログの6月11日の「リンク元URL」のリストですよ。 18番に注目してください。

あらっ。。。 Yahoo!の検索エンジンを使って「リアルタイム」で検索したのですわね。

そうなのですよう。 「おばさんの下着」を入れてリアルタイムで検索した人がいるのですよ。 18番のURLをクリックしたら次の検索結果が表示されたのです。


(yah30611.gif)

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 ほとんどがデンマンさんのツイッターでの呟きではありませんか!

赤枠で囲んだ坂本奈保美さんのフェイスブックでの呟きに注目してください。

6日前に呟いたものですわね。 奈保美さんのお母さんの「おばさんの下着」が盗まれたのですわね。

よくあることですよう。

そう言えば、おととい「おばさんパンツ」を洗濯機の中に入れて、ちょっと目を話している隙になくなっていたのですわ。 あれは、やっぱりデンマンさんが盗んだのですかァ~?

やだなあああァ~。。。 どうして僕がジューンさんの「おばさんパンツ」を盗まねばならないのですか?

だってぇ~、デンマンさん以外には考えられませんわ。

あのねぇ~、僕は、こうして「おばさんの下着」の記事を書くのが忙しくってぇ、ジューンさんの「おばさんパンツ」を盗む暇がありませんよう。

つまり、今日は「おばさんの下着」をリアルタイムで盗む人のお話ですか?

やだなあああァ~。。。、違いますよう。 そのような低級な事で僕は記事を書きたくありません。

じゃあ、いったいどのような格調高いことを書くのですか?

ちょっと次の海外からのアクセス数の記録を見てください。

  
 
海外からのアクセス
 
 

(wp30612map.gif)


(wp30612.gif)

『Denman Blog』

あらっ。。。 6月12日現在で 85ヵ国からのアクセスがあるのですか? ちょっと信じられませんわ。

これは WordPress の第3者が記録したのですよ。 僕が勝手に記録したものではないのです。 僕の Denman Blog が海外に居る日本語が解るネット市民の皆様に読まれていることがはっきりと記録されているのですよ。

つまり、海外にも「おばさんの下着」を盗むような変態者がたくさん居るとデンマンさんは言いたいのですか?

やだなあああァ~。。。 そのようなエゲツナイ事を僕は言うつもりはありませんよう。 んもおおおォ~。。。 もう一度、Denman Blog の「人気キーワード」のリストを見てください。


(wp30612w.gif)

30日間に500人近い世界のネット市民の皆様が「おばさんの下着」で検索して Denman Blogにやって来たのですよ。 この人たちがすべて「おばさんの下着」を盗むような変態者だとしたら、世界の未来はエログロ・ナンセンスな世界になってしまいますよう。

つまり、未来には、もっとバラ色の世界が待っているとデンマンさんは主張するのですか?

もちろんですよう。 ちょっと次のYouTubeのビデオクリップを見てください。


(june802.jpg)

あらっ。。。 きれいな女性たちが素敵なランジェリーを披露しているではありませんか!

でしょう!? 。。。 そうですよう。 「おばさんの下着」で検索して僕のブログにやって来る訪問者は「おばさんの下着」を盗むような人たちではないのですよう。 このような素晴らしいランジェリーを身に着けようとするおばさんたちも、たくさん僕のブログを見ているのですよう。

その証拠でもあるのですか?

もちろんですよ。 ぼくは根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力をしていますからねぇ~。。。

前置きはいいですから、余計な事は言わずに細木数子のようにズバリ!とその証拠とやらを見せてくださいなァ。

ジューンさんは忘れてしまったのですか?

何をですか?

かつてジューンさんは次のような記事を書いていたのですよう。

ランジェリーの美学
 
 

こんにちは。
ジューンです。

卑弥子さんが言ってましたよね。

“贅沢な素材を使った、
ちょっと高めのランジェリーを
身に着けると、
なんとなく自分がいつもよりも
きれいになったような
感じがしませんか?”

確かに、そう言われてみると
そんな気がしますよね。

わたしはランジェリーには余りお金をかけないのですけれど、
例えば、2倍も高いランジェリーを買って身に着けると、
その分だけ自分が引き立つような気分になりますよね。

でも、実際には外からでは見えないのだから、
ランジェリーを身に着ける人の気分の問題ですよね。

ところで、私が仲良くしているお友達にパリからやってきたフランス人が居るのです。
カトリーヌさんというのです。
彼女はびっくりするほどランジェリーにお金をかけるのですよね。

カトリーヌさんはミス・フランスのラナーアップになったくらいの人だから、
確かにきれいな人なのですけれど、
それ程の人が、なぜ高価なランジェリーにこだわるのか?

きれいな人だから、普段外では目に見えないランジェリ-などにお金をかけなくても、美人として充分に目立つ人です。
そういう人が高価なランジェリーにこだわるのですよね。
私はカナダ生まれでカナダ育ちですから、生粋のカナダ人です。
だから、外からでは見えないランジェリーにお金を使うのが馬鹿馬鹿しいと思えるのですよね。

パリからやってきたカトリーヌさんから見ると私は田舎者に見えるかもしれません。
でも、聞くは一時の恥だと思って、尋ねてみたのです。
そうしたら、何と答えたと思いますか?

“ファンデーションに高いお金をかけたら、その上にダサいものは着れないじゃない。”

つまり、カトリーヌさんは美人なのですが、
ファンデーションにお金をかけると、その上に着るものは、みっともないものは着れないと言うのですよね。
つまり、さらに服装で自分を際立(きわだ)たせようとする。
パリジャンヌというのは、そうやって“美しさ”にこだわるようです。

カトリーヌさんに刺激されて、私もいつもよりも高めのランジェリーを買ってみました。


(linger47.jpg)>


(linger57.jpg)

どうでしょうか?

少しは際立って見えるでしょうか?


(curtain5.jpg)

下着とランジェリーは

女の繊細さと美しさを

際立たせる

最後の砦ですわぁ~

卑弥子さんが上のような事を言いましたけれど、
平安時代の女性は、さすがに奥深い事を言うものですわね。

あなたも、たまにはこのような可愛いランジェリーで
勝負してみてはいかがでしょうか?


『ランジェリーの美学』より
(2006年8月8日)

あらっ。。。 わたしが「おばさんの下着」フィーバーをたきつけたと、デンマンさんは言うのですか?

あのねぇ~、もちろん、『ランジェリーの美学』の記事だけで急に海外からのアクセス数が急上昇したのではありませんよう。 実は、最近、“おばさんパワー”がすごいのですよう。


(sayuri93.gif)


(sayuri52.jpg)

分かるでしょう? 軽井沢タリアセン夫人の小百合さんを含めて40代のおばさんたちが頑張っているのですよう。 しかも、ジューンさんから強力な“おばさんパワー”をもらおうとして海外からのアクセスも増えているのですよ!


(tahiti26c.jpg)

このジューンさんの姿には溌剌(はつらつ)とした“おばさんパワー”がみなぎっているでしょう!?

そうでしょうか?

ジューンさん! 自信を持ってくださいよう! ジューンさんの「おばさんパワー」を目当てに僕のDenman Blog に日本語が解る世界のネット市民の皆様がやって来るのですよう。

でも、自分ではまだ“おばさん”だとは思ってないのですけれど。。。 (苦笑)

あのねぇ~、“おばさん”という言葉は気にしないでください。 とにかく、ジューンさんのビキニ姿を目当てにDenman Blog にやって来る人も多いのですよ。


(bikini08.gif)
 
 
僕はマジですよ。 信じてくださいね。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
ジューンさんのビキニ姿や「おばさんパンツ姿」が人気があるのでござ~♪~ますってぇ~。。。
あなたもジューンさんのおばさんパンツ姿がいいと思いますかァ~?

あたくしの「おばさんパンツ姿」も捨てたものではござ~ませんのよう。
あのねぇ~、ちなみに、あたくしはGOOGLEで「卑弥子のおばさんパンツ姿」と入れて検索してみたのでござ~ますう。
うふふふふふ。。。

その結果を見てくださいましィ~。 


(gog30505.gif)

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

でも、ジューンさんの面白いお話はたくさんありますわ。
どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


『エロスのバンクーバー』

『世界を駆け巡る日本人』


(june501.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』


(june913.jpg)

『国際化と英語』

『肥後ずいきと国際化』

『おばさんパンツを旅する』

『カウチポテト』

『やらしくさわるの?』


(newyear13b.jpg)

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

『鼻血が出るぐらいのエロ漫画』

『処女とおばさんの下着』

『ツイッターと国際語』

『おばさんの下着姿に見るSEO』

『おばさんの下着とポスト資本主義』

『桜と絹とツイッター』

『おばさんバンザイ!』

『おばさんバンザイの第2波』

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(snowboard.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(snowhous2.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(snow05b.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

おばさんの下着とポスト資本主義

2013年5月14日

 
  
おばさんの下着とポスト資本主義
 





 
(miya08.jpg)

デンマンさん。。。 また「おばさんの下着」ですかァ~?

いけませんか?

いけませんかってぇ~、デンマンさんは「おばさんの下着」に拘(こだわ)りすぎていますわよ!

。。。ん? 僕が「おばさんの下着」に拘りすぎてるう~?

そうですわ。 デンマンさんの記事を毎日読んでいる人はマジでそう思いますわよう。

その根拠は。。。?

だってぇ~、わたしがそう思っているのですもの。。。 (微笑)

あのねぇ~、僕が「おばさんの下着」に拘りすぎているのではないのですよう。

デンマンさんでないなら、じゃあ、いったい誰が「おばさんの下着」に拘っているのですか?

次のリストを見てください。


(ame30511b.gif)

これは5月11日の「リンク元URL」のリストなのですよ。 赤枠とピンクで囲んだURLを見てください。

この人たちは検索エンジンで「おばさんの下着」を入れて検索してやって来たか? あるいは「おばさんの下着」の記事を読んで、アメブロのデンマンさんのブログを読みにやって来たのですか?

その通りですよ。 あのねぇ~、5月11日には延べ 384人のネット市民の皆様がアメブロの僕のブログにやって来たのですよ。 次のアクセス数の棒グラフを見ればわかります。


(ame30511a.gif)

この延べ384人の内の 293人は僕のブログの常連さんなのですよ。 もう一度「リンク元URL」を見てください。


(ame30511b.gif)

この常連さんは僕のブログを「お気に入り」や「ブックマーク」に登録していて、そのページからやって来たのです。 この人たちは「おばさんの下着」に拘ってないのですよ。

どうして常連さんが「おばさんの下着」に拘ってないと判るのですか?

5月11日の時間別アクセス数の記録を見ると判るのですよ。


(ame30511.gif)

あらっ。。。 日本全国の日本人がほとんど眠りをむさぼっている午前4時から午前5時までの時間に 148人の常連さんが起き出してデンマンさんの記事を読んだということですか?

その通りですよ。

信じられませんわ。

「信じる者は救われる」と言うでしょう! 信じてくださいよう! 

第一、夜の夜中に、どう言う訳でデンマンさんのブログを読む必要があるのですか? 理由がないじゃありませんか!

いや。。。 ちゃんと理由があるのですよ。 次のスクリーンショットを見てください。


(ame30511e.gif)

『実際のページ』

どうして、この記事を持ち出してきたのですか?

ページの上の方に赤枠で囲んである投稿時刻に注目してください。

あらっ。。。 5月11日の午前4時9分にデンマンさんがこの記事を投稿したのですか?

そうです。 バンクーバー時間では5月10日の午後0時9分です。 ランチの時間です。 バンクーバーは16時間遅れてますからね。

つまり、デンマンさんが投稿すると常連さんの寝床の目覚まし時計が鳴って、それで飛び起きてデンマンさんの記事を読むのですか?

まさかァ~。。。!

だってぇ、午前4時9分に 148人の常連さんたちがすべて起きてネットをやっていたなんて考えられませんわ。

あのねぇ~、ジューンさんは昼型の人間で、午前4時に起きてネットをやることなどほとんどないから、そう考えてしまうのですよ。 でもねぇ、この世の中には夜型の人間が結構居るのですよ。 特にネットをやっている人間には夜型人間が多いのです。 僕もどちらかと言えば夜型人間で、昼と夜が逆転していた時期がありましたからね。。。 だから、午前4時に 148人の常連さんが僕のブログを読みにやって来たとて、決して驚くことだとは思ってません。

要するに、検索エンジンで「おばさんの下着」を入れて検索してやって来た人。。。 あるいは「おばさんの下着」の記事を読んでデンマンさんのブログを読みにやって来た人たちは常連さんではないと、言いたいのですか?

そうです。 常連さんは5月11日以前にすでに読んでいるから改めて「おばさんの下着」で検索する必要はないのですよ。

分かりましたわ。。。 で、「おばさんの下着」と「ポスト資本主義」がどうだと言うのですか?

もう一度「リンク元URL」のリストを見てください。


(ame30511b.gif)

8番に注目してください。

この人はYahoo!の検索エンジンで「おばさんの下着」を入れて検索して、その検索結果の中からデンマンさんの記事を選んでやって来たのですか?

その通りですよ。 その検索結果を見てください。


(yah30513.gif)

青枠で囲んである記事はデンマンさんが書いた記事ですか?

そうです。 ライブドアの『徒然ブログ』に投稿した記事ですよ。

アメブロの記事がないではありませんか?

検索結果の2ページ目を見てください。


(yah30513b.gif)

2ページ目にもアメブロの記事は見当たらないじゃありませんか。

3ページ目を見てください。


(yah30513d.gif)

3ページ目にもアメブロの記事はないじゃありませんか。

じゃあ、4ページ目を見てください。


(yah30513f.gif)

4ページ目にもありませんわよ! いったい何ページ目に出てくるのですか?

5ページ目にも6ページ目にも出てこないのですよ。 僕も痺(しび)れを切らしたので次のように検索してみました。 アメブロでの僕のハンドル名(barclay)を付け加えて検索してみたのですよ。


(yah30513h.gif)

あらっ。。。 アメブロのデンマンさんの記事がズラズラと出てきましたわね。

5月7日に投稿した次の記事をこの人は読んだのですよ。


(ame30508e.gif)

『実際のページ』

どうして上の記事を読んだと判るのですか?

上の記事が「おばさんの下着 barclay」を入れて検索した結果の最初に出てきたということは、「おばさんの下着」と入れて検索した時にも、アメブロの記事の中では最初に出てきたはずだからですよ。

つまり、この人は「おばさんの下着」と入れてYahoo!で検索して、1ページ目から根気よく探して5ページ、6ページ、7ページ。。。と見ていって『おばさんの下着姿に見るSEO』というタイトルを見て初めて記事のタイトルをクリックして記事を読んだというのですか?

その通りですよ。

でも、どうして、それほど根気よく探したのですか?

あのねぇ~、僕にも経験があるけれど、特に目的がない場合には検索しても2ページ以降は見ないものですよ。 たいてい最初のページに表示されたページの記事を2つか3つぐらい見て、他の事に関心が移るか、他の事をするものですよ。

つまり、この人は、ある目的を持って執拗に根気よく探して、ついに『おばさんの下着姿に見るSEO』というタイトルを探し当ててデンマンさんのブログにやって来たというのですか?

その通りです。

信じられませんわ。

「信じる者は救われる」と言うでしょう! ジューンさんも信じてくださいよう。

つまり、『おばさんの下着姿に見るSEO』を読んだことと「ポスト資本主義」が関係あるのですか?

その通りです。 ジューンさんは「ポスト資本主義」という言葉を聞いたことがあるでしょう?

一応、言葉だけは聞いたことがありますわ。 確か、アメリカの大学で教えていた有名な経営学者のピーター・ドラッカー(Peter Drucker)さんが言ったのではありませんか?

あれっ。。。 ジューンさんは見かけによらずに経営学にも興味を持っているのですか?

ちょっと本で読んだだけですわ。 だから、その言葉を目にしただけですわ。

あのねぇ~、資本主義時代の後にやって来る「ポスト資本主義」時代には。。。 要するに、すでにジューンさんも僕もポスト資本主義の時代に生きているのですよ。

。。。で、「おばさんの下着」が「ポスト資本主義」と、どのように関わっているのですか?

「ポスト資本主義」時代には、価値を生み出すものが「おカネ」よりも、むしろ「知識」になるのですよ。 資本主義時代には、もっぱら同じような安い商品を大量に生産していたのだけれど、ポスト資本主義には、同じような安い商品では消費者は満足しなくなってきた。

つまり、同じよな安い下着には、おばさんも満足しなくなってきて、他の女性とは違った下着。。。 そのおばさんの個性に合ったような下着を買い求めるようになってきたとデンマンさんは言うのですか?

そうですよ。。。 ジューンさんも自分だけの、他の人には真似のできない“勝負の下着”を持っていると自慢していたでしょう?!

わたしは、そのような事を自慢した覚えはありませんわ。

やだなあああァ~。。。 もう忘れてしまったのですか? ジューンさんは次のような“勝負の下着”を僕に見せたでしょう!

デンマンさん! そのような誤解を招く事を言わないでくださいな。

「これがわたしの“勝負の下着”なのォ~。。。うふふふふふ。。。」と言って僕を驚かせたことがありましたよ。 (微笑) 

いい加減な事を言わないでくださいな。 んもおォ~~!  。。。で、『おばさんの下着姿に見るSEO』を読んだ人は「ポスト資本主義」に感化されている人だとデンマンさんは言いたいのですか?

その通りですよ。 あのねぇ~、もしもですよ。 この人が単なる「おばさんの下着」だけに関心を持っていたら『おばさんの下着姿に見るSEO』を読まなかったのですよ。

それを裏付ける根拠でもあるのですか?

もちろんですよ。 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善を尽くしていますからね。。。

余計な事は言わなくてもいいですから、その根拠とやらを見せてくださいなァ。

分かりました。 もう一度「リンク元URL」のリストを見てください。


(ame30511b.gif)

22番に注目してください。 この人はDocomoの検索エンジンで「おばさんの下着」を入れて検索したのですよ。 その結果を見てください。


(doc30513.gif)

この人物は、この検索結果の1ページを見ただけで終わりです。 アメブロの次の記事を読んだのですよ。

『おばさんの下着姿』

(2013年2月24日)

デンマンさん! どうしてわたしのおばさんパンツ姿を持ち出すのですか?

上の記事の中に出てくるのですよ。 思いつきで上の写真を貼り付けたわけではないのですよ。

つまり、検索して1ページしか見てないという事は「ポスト資本主義」的ではないとデンマンさんは言うのですか?

もちろんです。 この人はより良い知識をゲットするために何の努力もしていない。 ジューンさんのおばさんパンツ姿を見て終わりなのですよ。 つまり、ちょっとした“刺激”を求めただけで終わりです。

「ポスト資本主義」的な人はどのように検索するのですか?

21番に注目してください。


(ame30511b.gif)

21番のURLをクリックすると次の検索結果が表示されるのですよ。


(gog30513b.gif)

なんと 7,120,000けんもヒットするのです。 この「ポスト資本主義」的な人物は、より良い知識をゲットするために努力して何ページも探した挙句に次の記事を探し当てたのですよ。


(gog30513.gif)

あらっ。。。 この人もアメブロの『おばさんの下着姿に見るSEO』を読んだのですわね。

そうです。 この「ポスト資本主義」的な人たちは、単なる「おばさんの下着」に興味があるわけじゃない。

何に興味があるのですか?

だから、「おカネ」よりも「知識」ですよ。 同じ安い「おばさんの下着」じゃなくて、個性化、差別化、品質向上された下着のクオリティーを求めているのですよ。

要するに、『おばさんの下着姿に見るSEO』を読んだ人たちは、“覗き趣味”でわたしの“おばさんパンツ姿”を見たエッチな男性ではなく、個性化、差別化、品質向上された下着のクオリティーを求めている女性だとデンマンさんは言うつもりなのですか?

その通りですよ。

でも、今までの説明だけで、それを信じろと言われても素直に信じられませんわ。

ジューンさん。。。 「信じる者は救われる」と言うでしょう! 信じてくださいよ。

SEOに興味があるというだけで、個性化、差別化、品質向上された下着のクオリティーを求めている女性が『おばさんの下着姿に見るSEO』を読んだとは言えないと思いますわ。

分かりました。 ジューンさんがそれほどまでに僕の言う事が信じられないのだったら次のリストも見てください。


(ame30510g.gif)

これは4月11日から5月10日までの30日間の「人気記事リスト」なのですよ。 この期間に最も読まれたのが次の記事ですよ。


(monroe93d.png)

『処女とおばさんの下着』

(2013年4月21日)

上の写真の女性が処女なのですか?

あのねぇ~、上の写真の女性が処女なのかどうか? それはどうでもいいのですよ。 上の記事がなぜ読まれたのか? おそらく“覗き趣味”の男たちが群(むら)がっただけだと思うのですよ。 でもねぇ、7番の次の記事を読んだ 172人は、“覗き趣味”の男たちではない!

(stanley3.jpg)

“Beauty is Heart-deep”

(2013年4月16日)

上の記事を読んだ172人は、ほとんどが個性化、差別化、品質向上された下着のクオリティーを求めている女性だと思うのですよ。 つまり、「ポスト資本主義」的な女性たちです。

どのような根拠があって、デンマンさんはそう言うのですか?

上の記事は英語で書かれている。 だから、“覗き趣味”の男たちはまず読みません。 つまり、“美”について書いた記事なのですよ。 ”Beauty is Heart-deep” というタイトルからジューンさんは何か思い出しませんか?

Beauty is only skin-deep. という格言がありますわね。

そうです。 だから、上の記事では表面的な美しさと内面的な美しさについて書いたのですよ。 要するに“勝負の下着”も“おばさんの下着”も内面的な美を追求するものでなければならないと。。。

あらっ。。。 デンマンさんは解ったような事を言いますけれど、マジで理解しているのですか?

あのねぇ~、資本主義というのは言わば表面的な美を追求するようなものです。 “おカネ”が万能だと考えている。

。。。で、ポスト資本主義は。。。?

内面的な美を追求するのですよ。 “おカネ”よりも“知識”です。 「表面的な美」は“おカネ”を守銭奴のように求めるのに似ていますよ。 「表面的な美」と“おカネ”が砂糖だと思ってください。 どちらも“甘い”。。。 人を魅了する。 でもねぇ、あまりに砂糖を使いすぎると料理は台無しになってしまうのですよ。 でしょう!?

ええ。。。 なんとなくデンマンさんの言おうとしていることが分かりますわ。

「内面的な美」は。。。、 つまり、“知識”、“知性”や“ノウハウ”は求めれば求めるほど洗練されてゆくのですよ。 “勝負の下着”とは、そういう洗練された女性の内面的な優美さを際立たせるものだと思いますよ。 ジューンさんも、そうだと思いませんか?

つまり、「おばさんの下着」を検索してデンマンさんのブログにやって来た女性は、最終的には ”Beauty is Heart-deep” と言う記事を読んで“知性”や“ノウハウ”に裏打ちされた「内面的な美」に気づかされたと、そう言いたいのですか?

その通りですよ。 僕の代わりに言ってくれてありがとう。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いますか?

ところで、ジューンさんの「おばさんパンツ姿」が人気のようでござ~ますけれど、あたくしの「おばさんパンツ姿」も捨てたものではござ~ませんわ。
ちなみに、あたくしはGOOGLEで「卑弥子のおばさんパンツ姿」と入れて検索してみたのでござ~ますう。
その結果を見てくださいまし。


(gog30505.gif)

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

でも、ジューンさんの面白いお話はたくさんありますわ。
どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


『エロスのバンクーバー』

『世界を駆け巡る日本人』


(june501.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』


(june913.jpg)

『国際化と英語』

『肥後ずいきと国際化』

『おばさんパンツを旅する』

『カウチポテト』

『やらしくさわるの?』


(newyear13b.jpg)

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

『鼻血が出るぐらいのエロ漫画』

『処女とおばさんの下着』

『ツイッターと国際語』

『おばさんの下着姿に見るSEO』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)

ランジェリーの美学

2010年1月23日

 
ランジェリーの美学
 

こんにちは。
ジューンです。

卑弥子さんが言ってましたよね。

贅沢な素材を使った、
ちょっと高めのランジェリーを
身に着けると、
なんとなく自分がいつもよりも
きれいになったような
感じがしませんか?

確かに、そう言われてみると
そんな気がしますよね。

わたしはランジェリーには余りお金をかけないのですけれど、
例えば、2倍も高いランジェリーを買って身に着けると、
その分だけ自分が引き立つような気分になりますよね。

でも、実際には外からでは見えないのだから、
ランジェリーを身に着ける人の気分の問題ですよね。

ところで、私が仲良くしているお友達にパリからやってきたフランス人が居るのです。
カトリーヌさんというのです。
彼女はびっくりするほどランジェリーにお金をかけるのですよね。

カトリーヌさんはミス・フランスのラナーアップになったくらいの人だから、
確かにきれいな人なのですけれど、
それ程の人が、なぜ高価なランジェリーにこだわるのか?

きれいな人だから、普段外では目に見えないランジェリ-などにお金をかけなくても、美人として充分に目立つ人です。
そういう人が高価なランジェリーにこだわるのですよね。
私はカナダ生まれでカナダ育ちですから、生粋のカナダ人です。
だから、外からでは見えないランジェリーにお金を使うのが馬鹿馬鹿しいと思えるのですよね。

パリからやってきたカトリーヌさんから見ると私は田舎者に見えるかもしれません。
でも、聞くは一時の恥だと思って、尋ねてみたのです。
そうしたら、何と答えたと思いますか?

“ファンデーションに高いお金をかけたら、

その上にダサいものは着れないじゃない。”

つまり、カトリーヌさんは美人なのですが、
ファンデーションにお金をかけると、その上に着るものは、みっともないものは着れないと言うのですよね。
つまり、さらに服装で自分を際立(きわだ)たせようとする。
パリジャンヌというのは、そうやって“美しさ”にこだわるようです。

カトリーヌさんに刺激されて、私もいつもよりも高めのランジェリーを買ってみました。

どうでしょうか?

少しは際立って見えるでしょうか?

下着とランジェリーは

女の繊細さと美しさを

際立たせる

最後の砦ですわぁ~

卑弥子さんが上のような事を言いましたけれど、
平安時代の女性は、さすがに奥深い事を言うものですわね。

あなたも、たまにはこのような可愛いランジェリーで
勝負してみてはいかがでしょうか?

では、あなたのためにハイセンスなランジェリーを紹介しますね。
もちろん、あなたが身に着けてみたいサンプルをたくさん見ることができますよ。

『あなたのためのセンスある、

ナウい下着を選んでくださいね』

では、あなたも、美しいと感じさせるランジェリーを身に着けて、
あなたの意中の人のハートを射止めてください。
幸運を祈っています。

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ~♪~ますけれど。。。

あたくしも自分が美しく感じるような下着を

探しているのでござ~♪~ますのよ。

どうしてかって。。。?

だって、レンゲさんが

バンクーバーへ行くんですのよ。

多分、あの方の事ですから、

絶対に行くと思いますわ。

あたくしも、こっそりとバンクーバーへ

行こうと思っているのでござ~♪~ますわよ。

つまり、あたくしとレンゲさんで

勝負する事になると思うのですわ。

もちろん、デンマンさんの前ですわ。

うふふふふふふ。。。。

それで、勝負するための下着を

探していると言うわけで

ござ~♪~ますのよォ~。

おほほほほほ。。。。

もちろん、冗談ですわよ。

うふふふふふ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。