Posts Tagged ‘バレンタインデー’

義理チョコと本命チョコ

2013年1月27日

 
 
義理チョコと本命チョコ


 

義理チョコ

人為的な商業季節の盛衰も見られる。
たとえば「バレンタイン・チョコ」の始まりは昭和33年に東京新宿の伊勢丹デパートで売り出した50円のハートチョコだが、売れたのは3枚だけ。
しかし昭和48年にはチョコレート騒ぎが加熱して話題になった。

もっとも「家計調査年報」では、この年の1年間のチョコレートへの支出金額に対する2月の支出の割合は11%で、特に目立って多くなってはいない。
この数字は昭和54年に13%、昭和60年に20%、平成4年に32%と増えている。
私が初めて「義理チョコ」をもらったのは、札幌気象台の予報課長をしていた昭和54年2月14日、部下の女子職員からだった。
ただし平成12年にはこの数字は23%に減少しており、「義理チョコ」への反省が表れている。

赤字はデンマンが強調のため。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


145ページ 『日本の空をみつめて』
著者: 倉嶋 厚
2009年11月13日 第3刷発行
発行所: 株式会社 岩波書店

『義理チョコと十三夜』に掲載
(2013年1月7日)

デンマンさん。。。 また「義理チョコ」の話を持ち出すのですか?

いけませんか?

だってぇ、1月7日に『義理チョコと十三夜』という記事を書いたばかりではありませんか。 どうしてまた「義理チョコ」の話を持ち出すのですか?

あのねぇ~、夕べ、バンクーバー図書館から借りた本を読んでいたのですよ。


(lib30126.gif)

赤枠で囲んである本ですか?

そうです。

その本に感動的なことが書いてあったのですか?

感動的と言うほどのことではないのだけれど、ちょっと考えさせることが書いてあったのですよ。

どのような。。。?

次のように書いてあったのですよ。 小百合さんも読んでみてください。

思い差し


(maiko19.png)

この人と思って、心をこめてお酒をつぐことを思い差しといいます。
その気持ちに対して、好意を持って差された杯を受けることは「思い取り」です。

忘年会などで、たくさんの人が集まって、お酒を飲む季節になりました。
そのなかで、秘めやかな二人だけの以心伝心。
胸がときめく、すてきなひと時ですね。

でも、もっと軽い気持ちで、「思い差しよ」と言って、ビールやお酒をついであげるのも、いいかもしれません。
それだけでも、和やかな場になるような気がします。

ただ、バレンタインデーの本命チョコと義理チョコの違いのように、「本命思い差し」と「義理思い差し」の違いを男の人はわかるかな。

赤字はデンマンが強調のため。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


12月19日のページ 『美人の日本語』
著者: 山下景子
2005年7月20日 第16刷発行
発行所: 株式会社 幻冬舎

この箇所がデンマンさんには気になったのですか?

そうですよ。 僕に対して投げかけられた質問のように思えたのですよ。

つまり、バレンタインデーの本命チョコと義理チョコの違いのように、「本命思い差し」と「義理思い差し」の違いを男の人はわかるかなと言うところですか?

そうですよ。 小百合さんの次の手紙が改めて僕の脳裏に浮かんできたのですよ。

前略

バレンタインデーに

間に合うように

送ります。

でも、もしかすると

間に合わないかも…

デンマンさんと一緒に食べた

長崎ちゃんぽん

「柚子こしょう」も入れました。

行田の「とんでん」で

茶そばが旨いと言っていた

デンマンさん。

面倒でも5分で茹で上がるので

食べてみてね。

それに今回も

「麺職人」を入れましたよ。

それから、心躍る甘酸っぱさの

フルーティMINTIA!


(mintia10.jpg)

最近、私はカバンに入れて

持ち歩いてます。

デンマンさんの

迷惑そうな顔が

思い浮かびます。

でも、1年に一度ぐらいは

女の子の気持ちになって

ルンルン気分で

スキップしながら

舐めてみてください。

うふふふふ。。。

うららかな春のバンクーバーの

街を歩きながら。。。

また、フードストアに向かう

買いものついでに。。。

それから、思いつくままに

チョコレート、即席うどん

山菜そばを入れました。

日本の味を懐かしみながら

食べてみてくださいね。 

では。。。

早々

小百合より

2011年2月3日


『愛とロマンの小包』から
(2011年2月20日)

あらっ。。。 またこの手紙ですか!? もう一昨年になるのですわね。

そうですよ。 月日の経つのは早いものです。 小百合さんからのメールを読んでねぇ、ルンルン気分になったのでよ。 手紙と共にバレンタイン・チョコも入っていたのですから。。。

デンマンさん。。。 このようなメールは受け取った本人だけが密かに読んで胸に秘めておくものですわ。 こうしてデンマンさんはネットで公開しちゃいますけれど、読まされる人は白けるだけですわ。

いや。。。 「義理チョコ」じゃなく、心のこもったバレンタイン・チョコを送る人もいるのだということを。。。

あらっ。。。 私は「義理チョコ」を送ったつもりですけれど。。。

やだなあああァ~。。。 この期(ご)に及んで、そのようなつれない事を言わないでくださいよ。 せっかく僕は舞い上がったのですから。。。 ついでだから次のメールも読んでみて下さい。

Subj:小百合さん、おはよう!

帰省中の楽しい思い出をありがとう!

きゃはははは。。。

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date:Wed, Oct 27, 2010 2:53 pm
日本時間:10月28日(木)午前6時53分

1ヶ月の帰省だったけれど経ってみれば本当に、あっと言う間に過ぎてしまったという感じがします。
でも、小百合さんとの楽しい思い出がたくさんできました。ありがとう。
Irish cream-flavored coffee beans を栃木の田舎から、わざわざ持ってきて大長寺の大仏様の前の白いテーブルで小百合さんが入れてくれたコーヒーの味は格別でした。

10月25日はインターネット・コミック・カフェ「自遊空間」で待ち合わせ、近くの「印度市場」で食べた本場のカレー。
それから、さきたま古墳公園へ行ったよね。
休息パビリオンのテーブルで小百合さんがコーヒーを入れてくれた時には生八ツ橋まで持ってきてくれた。
僕は思わず菊ちゃんの事を思い出しましたよ。

小百合さんが菊ちゃんのエピソードを感情移入しながら読んでいたのだと、改めて感慨深く振り返ってみたのでした。

急に思いついたと言って買ってきてくれた「柚子こしょう」
なぜ「柚子こしょう」なのか?
思い出しましたよ。
県道ルート66の「長崎ちゃんぽん」の店で小百合さんと一緒に食べた時に「生姜こしょうドレッシング」と「柚子こしょうドレッシング」があったんだよね。
「柚子こしょうドレッシング」を「長崎ちゃんぽん」にかけて食べたら実に旨かった。
僕がそう言ったのを小百合さんは覚えていたに違いない!

これからはラーメンにも「柚子こしょう」を入れてみます。
そのたびに小百合さんと一緒に食べた「長崎ちゃんぽん」を思い出しそうですよ。

今朝は6時半に目覚めました。
気温は13度。晴れ。
急に寒くなったけれど、バンクーバーに戻るにはお誂(あつら)えの晴天。
成田を午後5時55分に出てバンクーバーに着いたのが日付変更線の関係で同じ日の午前10時。

飛行時間は9時間の予定だったけれど、ジェット気流がいつもより強く吹いたので1時間早くバンクーバーに到着したとパイロットが機内放送で言ってたよ。
バンクーバーも快晴で飛行機がタッチダウンした時は11度だったけれど、現在(午後2時半)は13度。
バンクーバーはめっきり秋らしくなりました。

でも、まだきれいな紅葉は見られません。
とにかく、帰省中の楽しい思い出をありがとう!

ところで、軽井沢タリアセン夫人は軽井沢でスキーですか?
まだ早いかな?
札幌では初雪が降ったと言うから、そのうち軽井沢でも降るでしょう。
風邪を引かないようにルンルン気分で楽しんでね。
じゃあ、また。。。


『ボクシングデー』より
(2010年10月31日)

デンマンさん。。。 しつこいと思いますわ。 読まされる人はさらに白けますわよ。

あのねぇ~、小百合さん。。。  バレンタインデーを前にして、こうして「義理チョコと本命チョコ」の事について語るのは意味のあることだと思うのですよ。

そうかしら。。。? 私は「義理チョコ」を送ったつもりなのですけれど。。。うふふふふふ。。。

小百合さんは、かなり無関心な表情を浮かべてますけれど、小百合さんがどうして「義理チョコ」を送るようになったのか。。。?

デンマンさんは、その事を詮索するために「義理チョコと本命チョコ」というタイトルにしたのですか?

いけませんか?

だから、そのような事をデンマンさんが詮索しても、この記事をお読みになるネット市民の皆様は白けるのですわ。

あのねぇ~、決してそのような事はありません。

どうして、デンマンさんは確信を持ってそのような事を言うのですか?

大体、ここまで読んできたネット市民の皆様は小百合さんがどうして僕に「義理チョコ」を送ってよこすようになったのか? 不思議に思っているはずなのですよ。 もし、上の小百合さんの手紙を読んで白けてしまった人は、とっくに他のブログへ飛んでいます。

そうかしら。。。?

そういうものなのですよ。

。。。で、デンマンさんは私が「義理チョコ」を送り始めた理由が分かっているのですか?

もちろんですよ。 だから、僕は「本命思い差し」と「義理思い差し」が気になったのですよ。

それで、私が「義理チョコ」を送り始めた理由とは。。。?

やだなあああァ~。。。 僕に言わせるのですか? 。。。じゃあ、次のメールを読んでください。

Subj: RE: 長い電話お疲れ様でした。
Date: 01/10/2007 1:52:14 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 10月1日 午後5時52分 
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、
デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。

実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は
私の人生にとって良かったと思います。

ではまた。。。

小百合より


『バーナビーと小百合さん』より
(2008年11月18日)

つまり、私が並々ならぬ恩義をデンマンさんに感じているために、毎年のように「義理チョコ」を送っていると。。。?

いや。。。 そればかりじゃありません。

他に何か。。。?

やだなあああァ~。。。 僕と小百合さんは日本から遠く離れた異国で、出会うべくして出会ったのですよ。

どういうことですか?

あのねぇ~。。。 小百合さんの祖先と僕の祖先は遠い昔、手を携(たずさ)えて百済から一緒にやって来たのですよ。

そのような事を信じる人はネット市民の皆様の中にはおりませんわ。

次の記事を読んでもらえばネット市民の皆様にも理解できますよ。

『韓国からようこそ!

デンマンの祖先は百済からやって来た』

つまり、デンマンさんと私は運命の糸で結ばれていたと言いたいのですか?

うへへへへへ。。。 小百合さんにもやっと僕の言いたい事が理解できましたか?

でも、その事と「義理チョコ」とは本質的に関わりのないことですわ。

いや。。。 おおいにありますよ。 僕は小百合さんから心温まる手紙とバレンタイン・チョコを受け取って、インスピレーションが湧き出てきて「軽井沢タリアセン夫人」という夢とロマンに目覚めたのですよ。

ただ、それだけのことですか? 夢は儚(はかな)いものですわ。

いや。。。 決して儚いものではありません。

そうでしょうか?

その証拠に「軽井沢タリアセン夫人」はネット上で咲き乱れていますよ。


(gog30107.gif)

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。
それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

とにかく、興味深い話題が続きますう。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『桜のメルヘン』

■ 『愛とロマンとダイエット』

■ 『愛の追憶』

■ 『午前3時のあなた』

■ 『ビミョ~っていうか』

■ 『お股の花々』

■ 『ロマンの追憶』

■ 『ヒシしようよ』

■ 『デンマンと松本清張』

■ 『愛犬と神さま』

■ 『思い出@天の川』

■ 『ばあやと小百合さん』

■ 『座薬と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『東電社員と愛の自転車』

■ 『梅から桜の国へ』

■ 『小百合さん@行田』

■ 『夢をかなえる』

■ 『やっぱり魂あるよね』

■ 『名物先生と斜陽日本』

■ 『言うことは誰でもできるけど…』

■ 『病気を診ずして病人を診よ』

■ 『ネットと行田中央総合病院』

■ 『行田中央総合病院』

■ 『病院の悪い評判』

■ 『どっちが親切?』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『桜と名女優』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

こんにちは。ジューンです。

なんだかデンマンさんが小百合さんに

“殺し文句”を聞かせようとしていますよね。

ところで“殺し文句”を英語で

何と言うのでしょうか?

telling phrase と言います。

macking phrase と言うこともできます。

女性を口説くって、どう言うと思いますか?

次のように言います。

Jim chats up Mary in his apartment.

ジムは彼のアパートでメアリーを口説く。

Jonny makes a move on Sandra.

ジョニーはサンドラを口説く。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

チョコレートと軍産複合体

2012年1月28日

 
 

チョコレートと軍産複合体

ケイトー。。。、なんだか物騒な画像を貼り付けたじゃないの。 チョコレートと軍産複合体がマジで関係あるの?

関係あるから、こうしてチョコレートと軍産複合体を一緒に取り上げたのですよ。

でも、チョコレートが戦争と関係あるなんて、とっても考えられないわ。

僕だって初めは、シルヴィーのような印象を持ったものですよ。 とてもチョコレートが戦争と関係あるようには思えなかった。

でも、関係あるの?

そうなのですよ。 シルヴィーはチョコレートの原料が何であるか知ってる?

その程度のことなら知っているわよ。 カカオでしょう!

そう。。。カカオ豆は、ココアやチョコレートの原料になる。

カカオ


(cacao2.jpg)

樹高は4.5 – 10メートル程度。
生育には、規則的な降雨と排水のよい土壌、湿潤な気候が必要である。
標高約300メートル程度の丘陵地に自生する。
中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とする。
樹齢4年程度で開花し、直径3cm程度の白い(品種によって赤~黄色味を帯びる)幹生花を房状に着ける。
結実率は1%未満。
花期は原産地では周年、栽培地では気温による。
日本では5月以降に開花することが多い。

果実は約6ヶ月で熟し、長さ15~30cm、直径8~10cmで幹から直接ぶら下がる幹生果で、カカオポッドと呼ばれる。
形は卵型が多いが、品種によって長楕円形、偏卵型、三角形などで、外皮の色も赤・黄・緑など多様である。
中に20~60個の種子を持ち、これがカカオ豆 (cacao beans)となる。
種子は40~50%の脂肪分を含む。
果肉はパルプと呼ばれる。

収穫期は産地によって異なるが、概ね年2回で乾期と雨期に行われ、収穫された果実は果皮を除いて一週間ほど発酵させ、取り出されたカカオ豆は、ココアやチョコレートの原料とされる。

歴史

原産地である熱帯アメリカでは紀元前1900年ころから利用され、やがて栽培食物とされていた事が、グアテマラのリオ・アスール遺跡など、マヤ文明、アステカ遺跡の土器、壁画、石碑から判っている。
1502年、コロンブスは第四次航海で現在のホンジュラス付近でカカオの種子を入手し、スペインへ持ち帰っている。
もっとも利用法が不明で、その価値に気付いた者はなかった。

1519年、コンキスタドールエルナン・コルテスがアステカでカカオの利用法を知り、帰国後国王に献上した。
砂糖や香辛料を加えたショコラトル(チョコレート)は上層階級に歓迎され、1526年にはトリニダード島に栽培地が建設された。
フランスにはスペインから嫁いだ王妃アンヌ・ドートリッシュが広めた逸話があり、17世紀にココア飲料が流行し、1660年代にマルティニークでの栽培を開始した。

その後もカカオ栽培は拡大し、1830年頃から西アフリカのポルトガル領サントメ島などで栽培されるようになる。
19世紀半ばに中米のプランテーションが病害により生産量が激減すると、アフリカが替わって生産の主体となった。
さらにイギリスが、スペインから租借中のフェルナンド・ポー島(現在の赤道ギニア)でプランテーション経営を始め、1879年には黄金海岸(現在のガーナ)にテテ・クワシが導入している。
1890年代末、フランスが象牙海岸(現在のコートジボアール)で植民地会社を組織し、生産を奨励した。

インドネシアには、1560年にスペインによってジャワ島に伝わっているが、生産が広まったのは20世紀で、特に1980年の市場暴落後の30年で生産を伸ばしている。


出典: 「カカオ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


(africamap2.gif)

子供の頃育ったインドネシアでカカオ豆を見たことがあったので、私はカカオはインドネシアだけで栽培されているものだとばかり思っていたわ。

僕は中南米で栽培されていると思っていたけれど、生産の主体は現在、アフリカなのですよ。 その中でも問題になっているのがコートジボワール(Côte d’Ivoire)。 かつて、日本では「象牙海岸」と呼ばれていた国なのですよ。

どのような問題が起こっているのよ?

たまたま『チョコレートの真実』という本を読んでいたら次のように書いてあった。


(nestle2.jpg)

2005年7月14日、ILRF(国際労働権利基金)は、ネスレ社(Nestlé S.A.)、カーギル社、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社を相手取って、カリフォルニア連邦地方裁判所に訴訟を起こした。
告発事由は、アメリカに本社をおくこの3社が、アフリカの原料輸入先でカカオ豆の栽培、収穫に当たる子供たちの、人身売買、拷問および強制労働に関与したというものだ。
集団訴訟の申し立ては、マリ(共和国)の子供たちのために行われた。
子供たちはコートジボワールに売られ、「1日12時間から14時間、賃金もなく、食事や睡眠をほとんど与えられず、頻繁にせっかんされながら、強制労働させられた」。
3人の原告はそれぞれ原告1、2、3と呼ばれた。
ILRFは準備書面で、子供たちの安全のため匿名でなければならないと言っている。

赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーより)


256ページ 『チョコレートの真実』
著者: キャロル・オフ (北村陽子・訳)
2007年9月1日 第1版第1刷発行
発行所: 英治出版株式会社

あらっ。。。コートジボワールでマリの子供たちが奴隷のように働かされているの?

この本の著者のキャロルさんは、ユーゴスラビアの崩壊からアフガニスタンにおけるアメリカ主導の「対テロ戦争」まで、世界で数多くの紛争を取材して報道しているジャーナリストとなんですよ。 カナダのCBCテレビ・ドキュメンタリーの制作にもかかわって数多くの賞も受賞している。

信頼できるジャーナリストだとケイトーは言いたいの?

少なくともデタラメを書くような人とは思えない。 だから、上の事実は充分に信用できるものだと僕は本を読んで感じましたよ。

ところで、ILRF(国際労働権利基金)という組織は、どういう団体なのよ?

アメリカで唯一、業界とのパートナーシップという姿勢を拒否したNGOなのですよ。 つまり、業界との金のつながりがない。 だから、これまでにも大企業を訴えている。

たとえば。。。?

エクソン・モービル社、コカ・コーラ社。 2004年にはダイムラークライスラー社を訴えている。 軍事独裁政権のアルゼンチンで、ブエノスアイレス近郊にあるメルセデスベンツ工場の労働組合員9人が行方不明になった。 組合活動を妨害するために抹殺されたのではないか。 ILRFは、その遺族のために訴訟を起こしたのですよ。

外国で起こった事件に対してアメリカの企業を訴えることができるの?

できるのですよ。 このようなところは、とてもアメリカが民主的だと僕は評価しているのだれど、外国人不法行為請求権法(ATCA)という法律があるのです。 この法律によれば、アメリカの市民権がなくてもアメリカ人の国際法違反を問う目的でアメリカ連邦裁判所に訴えることができる。 この法律を使うと多国籍企業を法廷に引っ張り出すことができるのですよ。 グアテマラで起きた5人の労働組合員の事件でも、ILRFは巨大食品企業のデルモンテ社を連邦裁判所に訴えている。

。。。で、チョコレートと軍産複合体がどういうわけで結びつくのよ?

それを説明するにはシモーヌ・ボクボ(Simone Gbagbo)という女性について話さねばならないのですよ。

フランス人なの?

いや。。。コートジボワールで生まれ育った現地人ですよ。 コートジボワールでは「アフリカのヒラリー・クリントン」あるいは「マクベス夫人」とも呼ばれていた。 つまり、2002年当時のコートジボワールのバクボ大統領夫人だったのですよ。


(gbogbo2.jpg)

その夫人が大統領に対して強い影響力を持っていたの?

「マクベス夫人」と呼ばれるほどだから、相当な影響力を持っていたのですよ。

どのように。。。?

あのねぇ~、シモーヌ・ボクボは熱心な福音主義キリスト教徒なのです。 彼女はアメリカに本部を置く教会に属していた。 この会派はジョージ・W・ブッシュ大統領に近い人々の熱烈な支持を受ける会派なのですよ。 そういうこともあって、バクボ大統領夫婦は頻繁にアメリカを訪れていた。 原理主義の信仰を通じて、同じ信仰を持つアメリカの政界・財界の有力者に近づくことができた。

つまり、ブッシュ大統領ともコネがあるとケイトーは言いたいのね?

その通りですよ。 当然、シモーヌを通してボクボ大統領は「マクベス夫人」の影響を受けたのですよ。

だから、どのように。。。?

次の箇所を読んでみてください。

監査によってCCC(一次産品コンサルティング社)のコンサルタントたちは闇の世界へ足を踏み入れることになった。
浮かび上がった裏世界では、私欲に走る人間たちがうごめき、一方多国籍企業はただカカオが港に届きさえすれば、淡々と事を運んでいた。 
かつてはCAISTAB(カカオ価格安定化公庫)の規制の下で安定した価格が保証され、農民は保護されていた。
それがなくなった今、市場や投機による価格の乱高下にさらされている。
ほとんどの場合、対価の不当な安さは深刻だった。

しかし、世界銀行の肝いりで設立された2つの新機構は、事態を少しも改善できているようには見えなかった。
CCCコンサルタントは、カカオ管理機構の再編案を、農民にもっと有利になるように作成した。
世界銀行とIMFはしぶしぶこれを支持した。
自分たちのやり方がコートジボワールであまりうなく行っていないことを認めたのだ。


(gbogbo3.jpg)

少なくとも当初は、バグボ(大統領 Laurent Gbagbo)がコートジボワールのカカオ業界のあり方を本気で変えたがっているかのように見えた。
政府はカカオ取引と官僚制度について、資料の閲覧や関係者の調査を行う許可を、前例がないほど広範にCCCの調査チームに与えた。
しかし、事情が変わる。
CCCが仕事に取りかかる頃、バグボ政権は本当の性格を現し始めていた。
キーフェル(あるジャーナリストの名前)が期待していたような国民への配慮は消し飛んでいた。
大統領が本性を現したのか、それとも腐敗根絶を約束していたミイラ取りがミイラになったのか。
かつて社会主義者を標榜していたバクボは、いまやエリート主義のウルトラナショナリストとしての姿を現した。

赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーより)


284-285ページ 『チョコレートの真実』
著者: キャロル・オフ (北村陽子・訳)
2007年9月1日 第1版第1刷発行
発行所: 英治出版株式会社

つまり、ミイラ取り(バクボ大統領)がミイラになったのは妻のシモーヌの影響だとケイトーは言うの?

その通りですよ。 カカオの生産価格はチョコレート企業の利潤のために最低限に抑える必要があった。 だから、コートジボワールでは児童の奴隷労働が必要不可欠だったのですよ。 しかし、国際的には児童の奴隷労働が許されるはずがない。 いかにこの事実を隠蔽するか? そのことがバクボ大統領にとっては最も重要なことだった。

つまり、バクボ大統領と多国籍チョコレート企業との間に裏取引があったと。。。? 

当然でしょう! バクボ大統領にも金が入る。 しかもコネのおかげで武器も手に入る。 チョコレート企業も低い原料価格によって莫大な儲けになる。 双方にとって Win-Win シチュエーションなのですよ。

でも、これまでの説明では裏付けに乏しいと思うわ。

だったら、次の箇所を読んでください。


いっそう不穏な変化もあった。
北部のイスラム勢力が反乱を起こしたとき、バクボ(大統領)は新たな友人となっていたアメリカ保守派に宣言した。
反乱軍との戦いはイスラム過激派との戦いに貢献するものである。
アメリカに劣らず、「対テロ戦争」に不退転の決意で望むというわけだ。 

赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーより)


285ページ 『チョコレートの真実』
著者: キャロル・オフ (北村陽子・訳)
2007年9月1日 第1版第1刷発行
発行所: 英治出版株式会社

判るでしょう? ここにジョージ・ブッシュ大統領との連携がはっきりと見て取れる。

だからと言ってチョコレートと軍産複合体とが結び付くと言うのも飛躍じゃないの?

飛躍じゃありませんよ。 ジューンさんは次のように言っていたのだから。。。

こんにちは。ジューンです。

第41代および第43代米国大統領を生み出した

ブッシュ家は、軍産複合体を生業としてきました。

第43代米大統領の曽祖父のサミュエル・ブッシュは

オハイオ州で兵器を製造していた

バッキー・スティール・キャスティング社を

経営していました。
 
 

 
東京大空襲で焼け野原になった江東区
 
 
祖父のプレスコット・ブッシュは東京大空襲で

大量に使用された焼夷弾である

集束焼夷弾E46の製造を

行なっていたドレッサー・インダストリーズ社に

関与していたのです。

第41代ブッシュ大統領は

このド社の石油部門で働いていたのです。

その後、第41代ブッシュ大統領はCIA長官、

副大統領、大統領時代において、

海外との兵器貿易を押し進めており、

副大統領時代には

イラン・コントラ事件が起きています。

この事実だけを見ても、

「軍産複合体」の動きが見えてきますよね。


『あなたの平和な日々』より
(2011年9月7日)

 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
チョコレートと軍産複合体が関係あるなんて考えてもみませんでしたわ。
バレンタイン・デーも近づいてきましたけれど、
チョコレートをお口に含んだら、あなたも、その原料のカカオのことを少しは考えてみてくださいね。

カカオ豆を栽培するのにコートジボワールでは隣国のマリ共和国(République du Mali)の子供たちが奴隷として働かされているのですって。。。
明るみに出てはまずいので長い間隠されていたそうですわ。

ところで、シルヴィーさんのことをもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

『レモン戦争(2012年1月16日)』

とにかく次回も面白くなりそうですわ。
あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

こんにちは。ジューンです。

枯葉剤って聞いたことがありますか?

ベトナム戦争中に米軍と南ベトナム軍によって

飛行機からベトナムの林や森に撒かれたものです。

用いられた枯れ葉剤には数種類あり、

それぞれの容器に付けられる縞の色から

オレンジ剤(Agent Orange)、ホワイト剤、

ブルー剤などと呼ばれました。

成分のうちのTCDDは非常に毒性が強く、

動物実験で催奇形性が確認されています。

ベトナム戦争帰還兵の枯葉剤暴露と

その子供の二分脊椎症の増加については

このTCDDとの関連が示唆されています。

枯葉剤の散布は、名目上はマラリアを媒介する

蚊や蛭を退治するためとされましたが、

実際はベトコンの隠れ場となる森林の枯死、

およびゲリラ支配地域の農業基盤である

耕作地域の破壊が目的でした。

枯葉剤は1961年から1975年にかけて

ゲリラの根拠地であったサイゴン周辺や

タイニン省やバクリエウ省のホンダンなどに

大量に散布されました。

アメリカ復員軍人局の資料によれば

確認できるだけで8万3600キロリットルの

枯葉剤が散布されたそうです。

散布強化された1966年以降、

先天性口蓋裂が激増していること、

奇形出産率がサイゴンで1000人中26人、

集中散布地域のタイニンで1000人中64人に

のぼった事が報告されました。

2・4-Dも、ベトナム戦争で

用いられた枯葉剤の主成分です。

これがサンキスト・レモンの

ポストハーベスト農薬として使われたのです。

日本の役人がアメリカとの貿易摩擦を恐れて

このレモンの輸入を認めていたというのは

日本人の健康と生命をないがしろにする

許せない態度だと思います。

あなたは、どう思いますか?

ところで、卑弥子さんにもちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

『平助さんが卑弥子さんに

恋をしたのがウンのつき』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

柚子こしょうとドレッシング

2011年3月9日

 

柚子こしょうとドレッシング

 


(valent2.jpg)


(sayuri2.gif)

前略

バレンタインデーに

間に合うように

送ります。

でも、もしかすると

間に合わないかも…

デンマンさんと一緒に食べた

長崎ちゃんぽん。

「柚子こしょう」も入れました。

行田の「とんでん」で

茶そばが旨いと言っていた

デンマンさん。

面倒でも5分で茹で上がるので

食べてみてね。

それに今回も

「麺職人」を入れましたよ。

それから、心躍る甘酸っぱさの

フルーティMINTIA!

最近、私はカバンに入れて

持ち歩いてます。

デンマンさんの

迷惑そうな顔が

思い浮かびます。


(bouncy.gif)

でも、1年に一度ぐらいは

女の子の気持ちになって

ルンルン気分で

スキップしながら

舐めてみてください。

うふふふふ。。。

うららかな春のバンクーバーの

街を歩きながら。。。

また、フードストアに向かう

買いものついでに。。。

それから、思いつくままに

チョコレート、即席うどん

山菜そばを入れました。

日本の味を懐かしみながら

食べてみてくださいね。 

では。。。

早々


(sayuri15.gif)

小百合より

2011年2月3日


『愛とロマンの小包』より
(2011年2月20日)

(kitty2.jpg)

 


(foolw.gif)

Subj:小百合さん、おはよう!

夕べは小百合さんが送ってくれた

田舎作り「茶そば」を

茹でて食べましたよ。

きゃはははは。。。

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date: Sun, Feb 20, 2011 12:48 pm.
Pacific Standard Time
日本時間:2月21日(月曜日)午前5時48分

 

小百合さん、おはよう!
今日はまるで春を思わせるポカポカした日差しを感じながら歩いてバンクーバー図書館まで歩いてやって来ましたよ。
実にさわやかな、すがすがしい朝でした。
夕べは小百合さんが送ってくれた田舎作り「茶そば」を茹でて食べましたよ。

自然の恵みたっぷりと育ったそばを大切に作った茶そばです。素朴な味をご賞味ください。
…と袋の裏に書いてあったよ。

【茶そばのおいしい茹で方】


(soba12.jpg)

一袋(150グラム)に対して約2リットルの湯を沸騰させ、その中へよくさばきながら落とし込みます。
軽く箸でかき混ぜ沸騰したまま約5分間で茹で上がります。
茹で上がった茶そばをザルに移し冷水をかけてよく冷やしてから調理してください。
茶そばは茹で上がり直後が一番美味です。

だってぇ~。。。
そう言う訳で書いてある通りに茹で上げました。
良質の茶の香りがなんとも言えずに香(こお)ばしく漂ってきましたよ。

そばを冷やしてから“そばつゆ”を作り始めました。
パウエル・ストリートにある日本食料品店へ行けば「そばつゆの素」を売っているけれど
それでは面白くないので自分流の“そばつゆ”を作りましたよ。
きゃはははは。。。


(pizza10.jpg)

僕のマンションから歩いて5分のところにあるジョーのスーパーマーケットでトマトベースの缶入りpizza sauceを買ってきたのですよ。
213mL(ミリリットル)で99セント。日本円で83円。
例によってカナダでは3本の指に入るトロントにある大手の食品販売会社(Loblaws Inc.)が製造して販売しているものです。
3分の1をフライパンにあけ
これに小百合さんが小包みの中に入れてくれたヤマチュウ食通の味「柚子こしょう」を少々加え、
更に、たまねぎを千切りにして炒めたものを加え
それに蜂蜜をちょっとばかり加えたのでした。

そう言う訳で、奇妙な「そばつゆ」が出来上がりましたよ。
でも、これが意外にうまかったよ。
とにかく、茶そばの素材が良かったのですよ!

pizza sauceを使っただけに「イタリア風茶そば」になりましたよ!
きゃははははは。。。
でもねぇ、「柚子こしょう」を入れたおかげで日本風味も引き立ったのでした。

軽井沢タリアセン夫人の心のぬくもりを感じながら、じっくりといただきました。
小百合さん、ありがとう!
バレンタインの小包を充分に楽しませてもらっていますよ。

小百合さんも「茶そば」をたべて、それから行田の大長寺の桜でも見に行ってね。
でも、まだ桜が咲くには早すぎるかな?

とにかく、ポカポカした良い日に行田までドライブしてみたら。。。?
「長崎ちゃんぽん」でも食べてルンルン気分になってね。
じゃあね。

P.S.:


(unagi11.jpg)

小津安二郎のグルメ手帳を読んでいたら「うなぎ 野田岩」(港区東麻布)に出くわしましたよ。
館林で小百合さんと一緒に食べた「うな重」が懐かしく思い出されてきました。
茶そばもいいけれど、たまには「うなぎ」も食べたいなァ。


(denman01.gif)


『茶そばと鰻』より
(2011年2月26日)



(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。マジで奇妙なそばつゆを作ったのですわねぇ。


(kato3.gif)

そうなのですよ。。。パウエル・ストリートにある日本食料品店へ行けば「そばつゆの素」を売っているのだけれど。。。でも、買いに行くのが面倒だったのですよ。

それで近くのスーパーに行ってpizza sauceを買ってきたのですか?

そうです。

でも、もっと「そばつゆ」に合いそうな物がありそうですわ。。。

たとえば。。。?

お醤油をベースにしたスープだとか。。。

そう言う物はジョーのスパーマーケットには無いのですよ。

ピザのソースとおそばでは、ちょっと考えただけでも美味しそうではありませんわ。

だから、小百合さんが送ってくれたヤマチュウ食通の味「柚子こしょう」を少々加えたのですよ。

それで、少しは日本風味になったのですか?

そうですよ。 結構うまかったですよ。 ところで、どうして「ハウスの柚子こしょう」から「ヤマチュウの柚子こしょう」に変えたのですか?


(yuzu80.jpg)

ハウスの柚子こしょう

原材料名:

きざみ柚子、青唐辛子、食塩、加工デンプン、酒精、安定剤(キサンタンガム)、酸味料、香辛料抽出物、香料

製造者: ハウス食品(株)
大阪府東大阪市御厨栄町


ヤマチュウの柚子こしょう

原材料名:

柚子、青唐辛子、食塩、植物油脂、植物繊維(大豆含む)、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、酒精、酸味料、着色料(クチナシ、ベニコウジ、ウコン)、香料、増粘多糖類

製造者: 山忠わさび株式会社
埼玉県上尾市平方

あらっ。。。よく調べましたわねぇ。

いや。。。外箱に書いてありましたよ。 でもねぇ、「柚子こしょう」なのに原材料に胡椒が含まれてないのですよ。 意外に思ったので調べてみました。

柚子こしょう

柚子胡椒は、調味料の一種。
胡椒とは呼ぶものの、実体は柚子風味の唐辛子ペーストで、唐辛子を粗刻みにし、ユズの果皮と塩を入れて磨り潰し、軽く熟成させたものである。
九州では一般的な調味料として知られている。

名称に「胡椒」がついているが、これは九州の一部の地域の方言で、「コショウ」ではなく「トウガラシ」のことを指す。
なお、一般的な「コショウ」は「洋胡椒」と呼んで区別する。
唐辛子は青唐辛子を用いるのが一般的であるが、赤唐辛子が用いられる場合もある。
青唐辛子と青柚子なら緑色、赤唐辛子と黄柚子なら朱色の柚子胡椒に仕上がる。
地元では鍋料理や味噌汁、刺身などの薬味として用いられるが、近年、全国的に知られるようになってからは、より多様な使い方をされるようになっている。

作り方

1.青い柚子の皮を薄くむき、細かくみじん切りにする。実は後ほど使用。

2.種を取り除いた青唐辛子を、細かくみじん切りにする。

3.すり鉢で、みじん切りにした青唐辛子と柚子の皮をすりつぶす。完全にすりつぶさないよう注意。

4.塩を加え、味を調える。また、柚子の実の部分を搾った果汁を適量加える。

5.消毒済みのビンや密閉容器などに移し、冷蔵庫で保存する。

唐辛子については、青唐辛子の代わりに赤唐辛子を使用することもある。
一般に青唐辛子を使う場合は青い柚子の皮を、赤唐辛子を使う場合は黄色い柚子の皮を使用する。
上記の作り方の場合、日持ちは塩加減に依存する。
通常は少量ずつ作り、1週間以内程度で使い尽くした方が望ましい。

利用

もともとは、和風の鍋料理をはじめ、団子汁、饂飩、味噌汁、刺身、天麩羅、焼き鳥などの和風料理の薬味として用いられることが多かったが、近年は、全国的に入手が容易になったこともあり、さまざまな料理に用いられるようになっている。
たとえば、スパゲティ、サラダドレッシング、豚カツ、ラーメン、焼売など、外国由来の料理にも応用が広がりつつある。

加工食品では、鶏肉の燻製、炭火焼などに柚子胡椒を加えているものが九州を中心に製造、販売されている。

スナック菓子ではカルビーがポテトチップスの『堅あげポテト ゆずこしょう味』や『かっぱえびせん 柚子こしょう味』を生産し、地域や販売ルートを限って販売している。
また、江崎グリコは『PRETZ 九州辛味ゆずこしょう味』を、明治製菓はカールスティックを九州限定で販売している。また、亀田製菓の柿の種や、薄焼き煎餅のような米菓を販売している業者もある。
ただし、スナック菓子は水分を減らす必要があるため、ゆずパウダーや唐辛子パウダーを組み合わせて風味を出し、柚子胡椒は使っていないことが多い。
他に変わったものではチョコレート菓子のキットカットに九州限定の柚子こしょう味がある。

出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

九州の一部の地域では、「コショウ」は胡椒ではなく「トウガラシ」のことを指すとは知りませんでしたよ。 小百合さんは知っていましたか?

いいえ。。。、知りませんでしたわ。

でも、小百合さんは、いろいろと調べて「ハウスの柚子こしょう」から「ヤマチュウの柚子こしょう」に変えたのでしょう?

いいえ。。。別にわけがあって変えたのではないの。。。たまには別のブランドを試してみようと思っただけですわ。 でも、どうして変えたと分かったのですか?

小百合さんが去年(2010年)の11月に僕の旅行カバンに入れてくれたのは「ハウスの柚子こしょう」だったのですよ。 その空き箱が僕のキッチンの棚の上に置いてあった。 見たら「ハウス」だった。

味が少し違っているのですか?

いや。。。大きな違いは無かったけれど、「ヤマチュウの柚子こしょう」の方が僕の舌には、より旨く感じられましたよ。 だから、小百合さんが微妙な味の違いに気づいて「ヤマチュウの柚子こしょう」を僕のために小包の中に入れたのかと思ったのですよ。

あらっ。。。だったら、そう言えばよかったわ。。。実は、そうでしたのよ。 うふふふふ。。。

もう、遅いですよ。。。 ただねぇ、産業道路(埼玉県道ルート66)沿いにある「長崎ちゃんぽん」で小百合さんと一緒に食べた時の「柚子こしょうドレッシング」ねぇ。。。あの味がなかなか作れない。。。たぶん、「柚子こしょう」にヴィネガーを加えてドレッシングにしたと思うのだけれど、自分で酢を加えてドレッシングにしてみても、イマイチあの味が作れないのですよ。

それ程印象に強く残った味なのですか?

そうですよ。。。「野菜長崎ちゃんぽん」に「柚子こしょうドレッシング」をかけた時の味がなんとも言えず。。。「柚子こしょう」のチューブを見るたびに小百合さんと一緒に食べた時の「長崎ちゃんぽん」の味を思い出すのですよ。 うししししし。。。

そうなのですか? 私にはそれ程の印象は残りませんでしたけれど。。。

あのォ~。。。小百合さんは、めったに感動しないのですねぇ?

あらっ、そうかしら。。。?

そうですよう。。。「これってぇ、メチャおいしいわ!」と小百合さんが言うのを聞いたことがありませんよ。

でも、デンマンさんのようにお店で大きな声を出すのってぇ、みっともないでしょう!?

でかい声で言わなくとも、さりげなく言うことだってできるでしょう。。。軽井沢タリアセン夫人であることにこだわって小百合さんは感情を抑えているわけですか?

いいえ。。。そういう事ではありませんわ。

もしかすると女子高時代の癖が抜けないのかも知れませんねぇ。

女子高時代の癖ですか?

そうですよう。。。忘れてしまったのですか? 次のように書いていたでしょう!

[793]RE:夢とロマンの女神、万歳!
Name: さゆり
Date: 2008/12/10 15:46
Pacific Standard Time
(バンクーバー時間:
2008年12月9日 午後10時46分)
 

(sayuri2.gif)

小さい頃 小学生時代は
ケンカは負けが多く くやしかった。
菊ちゃんなんて 大人になっても
くやしい事 多かったかも。
高校生 になると ガがつよくなり
ケンカをして 負けても
くやしい などと 顔にも 出さない。
冷たい冷淡な子 に成ろう と思っていた。 

そんな 高校時代を経て 
今 大人。 子供や大切な人に
愛情をそそげる自分になった。


『杜の都と女の学園』より
(2009年3月18日)

あらっ。。。デンマンさんはよく覚えていますわね。

もちろんですよ。 小百合さんの内心に触れたように思いましたからね。 うししししし。。。

でも、デンマンさんは女心を理解していませんわ。

。。。ん? 女心を理解していない?

そうですわ。。。女は感情を抑えていても、めれんげさんのように心のどこかで素直に感情を表現したいという気持ちがあるものですわ。

ほおォ~。。。小百合さんにも、そのような気持ちがあるのですか?

もちろんですわ。。。だから、私はかつて次のように書いてしまったのですわ。

今、一番居なくなって

困る人

前略

まだ1月、寒さが続きますね。
入院などしないように。

今、一番デンマンさんが居なくなると困ります。
その次が私の髪の毛をストレートにしてくれるパーマ屋の人。
その次が長~い付き合いの歯医者さん。

私の事を良く知って頼っていた人が急に居なくなると困ります。
父のように、もう会えないのは困ったです。
乱筆ですいません。

早々

小百合より

2008年1月7日


『武蔵と卑弥子さん』より
(2009年6月20日)

普通の状態の私ならば、このような事は書かないのですわ。

でも、めれんげさんのように感情を表現したと言うほどの事ではないですよ。 感情を表現するというのは、たとえば次のような歌を詠むと言う事ですよ。


 

やわ肌の

あつき血汐に

ふれも見で

さびしからずや

道を説く君

 

by 与謝野晶子


『熱き肌』に掲載
(2010年3月12日)

(yosa11.jpg+yosa22.jpg)

 

くちづけ

 


(kiss003.gif)

 

罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ

 


(merange52.jpg)

 

by めれんげ

2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

『めれんげさんと六条の御息所』に掲載
(2010年2月12日)

分かるでしょう! 感情を表現するというのは与謝野晶子の愛欲が迸(ほとばし)る和歌とか、めれんげさんの赤裸々な激情の告白のことを言うのですよ。

感情表現は人それぞれによって異なるものですわ。 与謝野晶子さんや、めれんげさんのように情熱を情熱のままに表現する女性が居るかもしれません。 でも、いつも感情を抑えている人にとっては「今、一番デンマンさんが居なくなると困ります」ということを書くことさえ“清水(きよみず)の舞台から飛び降りる”ほどの決断を必要とするのですわ。 もし、デンマンさんがブログで公開すると知っていたら、私は絶対に書きませんでしたわ。

ほおォ~。。。、小百合さんにとって、ただそれだけの事を言うのに“清水の舞台から飛び降りる”ほどの決断を必要としたのですか?

そうですわ。

感情を表現するというのは、それほど女性によって違うものですか?

そうなのですわ。

う~♪~ん。。。なるほどねぇ~。。。

何がなるほどねぇ~なのですか?

あのねぇ~、確かに与謝野晶子の愛欲が迸(ほとばし)る和歌とか、めれんげさんの赤裸々な激情の告白は素晴らしいものですよ。 でもねぇ、考えてみたら小百合さんの感情表現も素晴らしいですよ。

そうでしょうか?

そうですよ。 次の3行に込められた小百合さんの感情表現も、読み返せば読み返すほど味わい深いものだと、しみじみと思いましたよ。

デンマンさんと一緒に食べた

長崎ちゃんぽん。

「柚子こしょう」も入れました。

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
なんだか、デンマンさんはキザな言葉を恥ずかしげもなくおっしゃっていますわ。
このようなエピソードは第三者にとって面白くも何ともないのでござ~♪~ますわ。

ただ、「柚子こしょう」だけは興味がありますわ。
調べてみたら京都府京都市右京区花園八ツ口町に「長崎ちゃんぽん」のお店があるのですわよ。
デンマンさんのエピソードは面白くありませんでしたけれど、
おかげさまで、胃袋の方は空っぽになりましたわ。
うふふふふ。。。

あたくし、これから「長崎ちゃんぽん」へ行って「柚子こしょうドレッシング」を試してみたいと思いますう。

とにかく、また、あさってが面白くなりそうです。
だから、あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあねぇ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(karumika.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(yoko150.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』


(bare04e.gif)

こんにちは。ジューンです。

わたしはバレンタインデーに

デンマンさんにGODIVAの

チョコレートを上げようとしたのです。


(godiva22.jpg)


(godiva21.jpg)

1165 Robson Street, Vancouver

バンクーバーの銀座通り、ロブソン通りに

ゴディバ・チョコレートショップがあったのですわ。

ところが久しぶりに行ってみたら

チョコレートではなく、オモチャを売るような店に

なっていました。

ゴディバチョコは、どこへ移ったのかしら?

仕方ないのでピカチューのお弁当を作って

デンマンさんにプレゼントしたのですわ。


(pikachu12.gif)


(lunch12.jpg)

ええっ。。。デンマンさんはどのようなプレゼントを

くれたのかってぇ~?

それが、次のようなホットパンツだったのですわ。

うふふふふふ。。。


(panty43.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白い記事をまとめました。

ぜひ読んでみてくださいね。

■ 『笑って幸せな気分になれるサイト』


(laugh16.gif)

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(cute0022.jpg)


(girlxx.gif)

真心の小包

2010年3月15日

   
真心の小包

Subj:小百合さんの真心がこもった

プレゼントが届きましたよう!

\(^_^)/キャハハハ。。。

Date: 03/03/2010 1:52:39 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月4日(木曜日)午前6時52分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

小百合さん、おはよう!
午後12時30分にブザーがなって郵便屋さんが僕のマンションの部屋まで小包を届けてくれました。
ブザーが鳴った時、小百合さんの真心がこもったプレゼントだと、すぐに分かりましたよう!
きゃははははは。。。

うん、うん、うん。。。
GODIVAのチョコが何つったってぇ目を引きました。
小百合さんの愛の真心を感じましたよう。

\(^ヮ^)/ギャハハハハ。。。

小包を見ると消印が2月の3日だから1ヶ月かかっているんだね。
今日はバンクーバーは3月3日で雛(ひな)祭りですよう。
もちろん、カナダのカレンダーには「雛(ひな)祭り」なんて書いてないけれど。。。

\(^_-)ノ うしししし。。。

小百合さんのお気に入りの Cadbury のチョコも入っていたよう!
小百合さんの真心の甘さを噛み締めながらいただきま~♪~す。
とことんフルーティ! MINTA シュガーレスのグレープ & グレープ!!
きゃはははは。。。
女の子が口に含む甘い仁丹だよねぇ~。

LOTTE のチェリーミントガムもありました。
小百合さんはチェリー味が好きなんだよね。
チェリーといえばサクラ!
4月になれば行田の大長寺の忍川の畔のサクラも咲くでしょう。

小百合さんがルンルン気分でサクラを眺めているシーンを思い浮かべながらチェリーミントガムをかみたいと思いま~♪~す。
きゃはははは。。。

「郷愁の香 −昔づくり あられ」が二袋入っていました。 
昔懐かしい日本の味をありがとう!

カップヌードルや焼きそば、カレーうどん、それに、どん兵衛鴨だしそば。。。
きゃはははは。。。
また2ヶ月ぐらいかけてじっくりと楽しませてもらいますよう。
ありがとう!

3月7日の小百合物語で記事に書きたいと思います。
その中で僕の心を込めて「小百合さん」と対話をしたいと思います。
小百合さんも楽しみにしていてね。

ヽ(´ー`)ノキャハハハ。。。

とりあえず、小包が無事に着いたお知らせです。
ありがとう!

また、いつか小百合さんと「つつじヶ丘公園」の寒桜を見たいね。
大長寺の桜は4月にならないと咲かないでしょうね。
その頃までには、日本のムカつかせる役人との煩わしい事も、すっかり終わって小百合さんがルンルン気分になって、軽井沢タリアセン夫人になれるでしょう!

面白い話を待ってるね。

\(´・ω・`)/ きゃはははは。。。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

軽井沢タリアセン夫人バンザ~♪~イ !!
楽しく愉快に充実した日々を送ってね。
じゃあねぇ。


『愛と夢のチョコ (2010年3月7日)』より

デンマンさん。。。また上のメールを持ち出してきたのですか?

うしししし。。。いけませんか?

このようなメールを読まされても読者は楽しくありませんわ。

“他人の不幸は蜜の味!”

つまり、僕のブログの読者も「他人の不幸は蜜の味」だと考えているので、僕が小百合さんから心のこもった贈り物をもらうと、読者は頭に来てムカつくと小百合さんは思っているのですね?

私がそう思っているのではありませんわ。昔の人がそう言ったのですわ。うふふふふふ。。。

うふふふふじゃないですよう。。。僕のブログの読者は、心のきれいな愛情の満ち溢れた優しい人ばかりなのですよう。

どうしてデンマンさんは、そのような根拠の無い事をおっしゃるのですか?

やだなあああァ~。。。、根拠はありますよう。

どのような根拠ですか?

あのねぇ~、僕は根拠の無いことは絶対に言いませんよう。

だからァ~、クドクドと言い訳をする前に、その根拠を見せてくださいな。

小百合さんは最近、僕に反抗するようになりましたね?

マジでデンマンさんに反抗するようになったのなら、心のこもった贈り物などしませんわ。

それもそうですよね。うしししし。。。

とにかく、その根拠を見せてくださいな。

分かりました、小百合さんがそれほど言うのならば、まず次の統計を見てください。

この統計がどうだとおっしゃるのですか?

リファラを見てください。訪問者が Denman Blog にやって来るためにクリックした URL です。

それは、どのページなのですか?

僕の『次郎のブログ』のページなのですよう。その長いページの“出だし”をここに再現したから見てくださいね。


 
 
遠い恋・悔恨の涙
 
 

まだ愛している
 
 

 
 
破れた夢が

夢になってあらわれる

遠い恋・・・

悔恨の朝を迎えて

自分の心を知る

どうしてもっと

愛せなかったんだろう

長い年月を

取り戻すすべはない

なのにまだ愛しているなんて

そんな自分の心に

気付きたくなかった
  

 
 
by めれんげ
 
2010.02.16 Tuesday 09:30


『即興の詩 まだ愛している』より

デンマンさん。。。、あんさんにも、このわたしの切ない気持ちが分かりはるゥ~?

よう分かるでぇ~。。。

マジでぇ~?

ホンマやがなァ~。めれちゃんがバンクーバーに居れば、わては優しく抱きしめて、めれちゃんの狂ってしまいたい程の愛の思いをわての欲望で燃やし尽くすのやでぇ~。。。

狂ってしまいたい
 
  

  
 
せつない声をあげて
あなたの背中を抱きしめる

そのくちびるが
その指先が
わたしを狂わせる

この濡れた身体の
一番深い場所で
溶け合うように
あなたとひとつになる

その熱いくちびるで
乱れた呼吸を吸い取って
あなたの欲望で
わたしを燃やしつくして
  

by めれんげ
 
2010.02.12 Friday 12:41


『即興の詩 狂ってしまいたい』より

『愛の涙』に掲載
(2010年2月16日)


『遠い恋・悔恨の涙 (2010年2月20日)』より

どうしてデンマンさんは、これほど長く引用したのですか?

僕の『次郎のブログ』で上のページを読んだ美しくて聡明な女性が、次のリンクをクリックしたのですよう。それを示すために、長々と引用したのですよう。

『愛の涙』

(2010年2月16日)

https://denman705.wordpress.com/collabo/luvtear/

でも。。。、でも。。。、どうして、その女性が美しくて聡明だと分かるのですか?

小百合さんは、僕の一言一言に反抗するようになりましたね?

いやですわァ~。。。反抗しているのではありませんわ。ただ、私は、デンマンさんが飛躍したことばかりおっしゃるので、素朴な質問を投げかけているだけですわ。

あのねぇ~、そこまで僕の言葉が信用できないのだったら、『愛の涙』のページの出だしの部分だけを見れば、このページを読んだ女性が美しくて聡明だと言うことが分かりますよう。読んでみてください。

 
愛の涙
 
 

デンマンさん☆
真冬にビキニのめれんげです。

くちづけ
 
 

 
 
罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ
 
  

 
 
by めれんげ
 
2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

この短歌を読んで、
六条の御息所を思われるとは、
さすがデンマンさんですね。

小百合さんは、ビキニでスノボですか…
その度胸は、さすがにありませんね~:p
わたしは部屋でビキニですね。
暖かいです(笑

めれんげ

2009/01/15 10:34 AM


『即興の詩 くちづけ』のコメント欄より

『愛のコラボと欺瞞 (2010年2月12日)』に掲載

六条の御息所は
光源氏の初めての恋人。
年上の教養ある女性です。

気位の高い彼女は
源氏の心が自分から
離れそうになると、
自分の方から身を引きます。

でも、心の中では
光源氏への思いを断ちがたく、生霊(いきすだま)となり、源氏の正妻「葵の上」をとり殺してしまいます。

六条の御息所は
それ程の激しい愛情で
光源氏を愛していたのでしょう。

平安の昔、
家柄が高く、
やんごとなき貴家ともなれば、女児は未通で嫁入りする事が絶対条件でした。
男児は元服が筆おろしの
目安だったようです。

その“筆おろし”ですが、
天皇や将軍などの場合だと、
その介添えをするのは乳母
の場合が多かったと
言われています。

乳母といっても
だいたい24~5歳の
当時としては
女盛りの年増。

元服(男児の成人式)が
12~16歳の間ですから、
互いに理想的な
相手です。

少年の未知への
飽くなき好奇心と
有り余る精力。

女盛りで少年の心を
充分に知っている“熟女”は
勢い教育熱心な余り、
乳母であるよりも女として、
つい愛欲に溺れてしまうのも
自然な成り行き。

その結果、
乳母が妊娠する事も
あったようです。

男にとって最初の女に
特別な思いを抱くのは当然で、こうして乳母がそのまま正室になることも珍しくなかった。

入念に手ほどきを受け、
手練手管を仕込まれたら、
男たるもの、女好きにならないわけがない。

しかも乳母なるがゆえに、
他にさしたる仕事はなく、
男は心置きなく色事に専念できる。

光源氏にとって
六条の御息所は
乳母のような存在だったのでしょう。
それも、乳母と言うより
次第に女として愛してゆく。

六条の御息所も
“乳母”のように
源氏をいつくしみながらも
熟女として
源氏との愛に溺れてゆく。

でも、熟女の思慮と分別に
目覚めて身を引くのです。
しかし、萌え盛った
女の情念は止み難く
生霊(いきすだま)となり、
源氏の正妻「葵の上」を
とり殺してしまう。

光源氏と
六条の御息所の間に萌え盛った情念の激しさが見えるようです。

by デンマン


『エロい女と六条の御息所』より
(2007年1月19日)


『愛の涙 (2010年2月16日)』より

分かるでしょう!?。。。ここまで読んできた女性がブスで愚か者であるはずがない!うしししし。。。

確かに。。。、確かに。。。、源氏物語の六条の御息所(みやすどころ)と光源氏のことが書いてありますけれど、これを読んだからってぇ、その女性が美しくて聡明だと判断できないと思いますわ。それに、読んだ人が女性だとも決め付けることが出来ないと思いますわ。

小百合さんは僕の言う事に、いちいちケチをつけるのですね!?

だってぇ~、デンマンさんのお話は飛躍しすぎるのですわ。デンマンさんは、ご自分の願望をおっしゃっているだけですわ。

つまり。。。、つまり。。。、僕が独断で上のページを読んだ人が美しくて聡明な女性であって欲しいと夢見ている。。。小百合さんは、そのように考えているのですか?

そうですわ。もう少し現実的なお話をしない限り、デンマンさんのブログを読みにやってくる訪問者が減ってしまうと思いますわ。

要するに、小百合さんは僕の言葉が信じられないのですね?

もちろん、私はデンマンさんを信じていますわ。でも、このお話に関するかぎり、デンマンさんはご自分の願望を述べているに過ぎないのですわ。

小百合さんは、なんだか精神分析医のようなことを言いますねぇ~。

だってぇ、根拠が希薄ですわ。

分かりました。小百合さんがそれほど言うのだったら、もう、この際、決定的な証拠を持ち出しますよう。

その決定的な証拠って、いったい何ですか?

次のメールを読んでみてください。

Subj:突然のメールで

失礼いたします。

Date: 10/03/2010 5:48:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月11日(木曜日)午前10時48分
From: ********@***.biglobe.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

デンマンさんにメールを出そうかどうか、ずいぶんと迷いましたが思い切って書くことにしました。
私は小笠原玲子(仮名)と申します。
デンマンさんのブログを3年前より拝見しております。
レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいております。 私自身も BIGLOBE のウェブリブログでブログをやってます。 デンマンさんのブログを拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。

今朝9時半ごろ「次郎のブログ」で『遠い恋・悔恨の涙』を読みました。 文中の『愛の涙』をクリックしたら Denman Blog のページへ誘導されました。 デンマンさんがたくさんのブログをお持ちであることは存じ上げておりましたが Denman Blog を見るのは初めてでした。

源氏物語について書かれていましたが、私も「六条の御息所」には関心を持っております。 東京に住む専業主婦の私にとって、気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、それに買い物ぐらいです。 2児の子供の母親ですが、自分だけの時間を持つことがほとんどありません。 子供を保育園に送って、やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、いつか書こうと思っていた自分の肩を優しく押されたような気がしました。 それで失礼とは思いながらメールさせていただきました。

めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます。

結婚前に撮った写真です。
私のお気に入りの一枚です。
巨乳ブームの昨今、私が誇れるものは、おっぱいが平均よりも大きめなことぐらいです。
「六条の御息所」を読んで勇気が出ました。
また、そのうち、気が向いたらメールを書かせてください。

このメールがいたずらメールや、スパムメールでないことをデンマンさんならば、ご理解していただけますよね。
いづれにしても、失礼を省みず不躾に書いてしまいました。
これも「六条の御息所」の“生霊”のなせる業だと思います。
お笑いくださいませ。

かしこ。

デンマンさん。。。これってぇ、マジですかァ~?

あれっ。。。小百合さんは、やっぱり僕の言葉を信用していないのですね?

もちろん、デンマンさんを信じておりますわ。でも、デンマンさんは、いつでも言っているではありませんか?

ん。。。?僕がいつでも言っている。。。?

そうですわ。デンマンさんは、いつも次のように言ってますわ。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

 批判なき愛は盲目なり”

それで、僕の何を批判しようというのですか? 

“成り済まし馬鹿”さんも言ってましたわ。

何てぇ~。。。?

デンマンさんは自作自演すると。。。うふふふふ。。。

つまり、上のメールは僕が作文したと小百合さんは思っているのですか?

だってぇ~、なんとなく不自然ですわ。

どこが。。。?

初めてのメールで写真を添付するなんて考えられませんわ。

言っておきますが、写真は本物ではありません。玲子さんのアイデンティティーを守らねばならない義務が僕にはありますから。。。それに、名前も仮名にしてあります。

つまり、上の写真はデンマンさんがコラージュして作り変えたものですか?

もちろんですよう。本物の写真を貼り付けるわけにはゆきませんよう。

。。。で、本物の写真は美人なのですか?

マジで美人なのですよう。僕は思わず鼻血が出てくるかと思ったほどですよう。。。うししししし。。。

そういう事を言うから、なおさら信用できないのですわ。

分かりました。では、証拠を見せます。じっくりと見てください。

これは何ですか?

アクセスをグラフにしたものですよう。3月11日の午前9時の時間帯に二人がアクセスしているのですよう。

上のグラフをマジで信用しろと、デンマンさんはおっしゃるのですか?

信用できないのですか?

上の写真をコラージュしてでっち上げるほどですから、上のグラフなどデンマンさんならば、5分もあれば作ってしまうでしょう?

小百合さんは、僕を全く信用していないのですね?

もちろん、信用していますわ。私はデンマンさんを信用して、頼りにしているからこそ、わざわざ日本からバレンタインの贈り物をしたのですわ。

それにしては、僕が何か言うたびに反抗しているじゃありませんか?

反抗しているのではありませんわ。批判しているのですわ。

つまり、上のグラフも自作自演だと小百合さんは言うのですか?

私が言っているのではありませんわ。“成りすまし馬鹿”さんならば、きっとそう言うだろうと思って私が言ったまでですわ。。。うふふふふふ。。。

あのねぇ~。。。、なにも小百合さんが成りすまし馬鹿のために、僕に反抗する必要は無いのですよう。

でも、おそらく、この記事を読んでいる人だって、多くの人が上のメールを信用していないと思いますわ。

要するに、小百合さんもその内の一人だと言いたいのですね?

私はデンマンさんを99%信用していますわ。

つまり、残りの1%で、僕を信じていないと言うことでしょう?

うふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。笑ってごまかさないでくださいよう。。。日本人の悪い癖ですよう。んもお~~。。。分かりました。。。それならば、生のログを持ち出します。しっかりと見てくださいね。

何ですか。。。これは。。。?

何ですかってぇ、生のログですよう。。。小百合さんがグラフは自作自演だろうと言うから、アクセスの記録を持ち出してきたのですよう。

つまり、玲子さんは3月11日の午前9時54分に Denman Blog にアクセスしたのですか?

その通りですよう。IP アドレスを調べたら次のような事が分かりました。

IPアドレス: 122.135.**.***

ホスト名:
 FL1-122-135-**-***.tky.mesh.ad.jp

ドメイン名: MESH.AD.JP

接続回線: 光

都道府県: 東京都

ネットワーク名: BIGLOBE-14

組織名: NECビッグローブ株式会社

組織種別: JPNIC会員ネットワーク

Organization: NEC BIGLOBE Ltd.

Organization Type:
 JPNIC Member’s Network

上位組織: NEC ビッグローブ株式会社

どうですか、小百合さん。。。? まだ僕が自作自演していると疑うのですか?

疑えば限(きり)がありませんわ。。。でも、成りすまし馬鹿さんが、たとえ自作自演していると主張しても。。。、また、この記事を読んでいる読者の皆様方が自作自演だと断定なさっても、私一人はデンマンさんを信用していますわ。

小百合さんは、マジでうれしいことを言ってくれるなあああァ~。涙が出てきそうですよう。

。。。で、その事を言うために、私をお呼びになったのですか?

違いますよう。小百合さんの真心がこもった小包について話そうとしたのですよう。

どうして無駄なことばかりおっしゃったのですか?

やだなあああァ~。。。僕が一言言うたびに小百合さんが疑いの目を向けて余計な事を言い始めるから、結局、小百合さんの真心がこもった小包について話す時間がなくなってしまったのですよう。んもお~~。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いました?
やっぱり、デンマンさんの自作自演だと思いますか?

あたくしは、玲子さんのメールは本物だと思うのでござ~♪~ますわ。
ええっ。。。どうしてかってぇ~。。。?

だってぇ、玲子さんは、やっぱり知性と教養がありますわよう。

ええっ。。。? どうして、そうだと分かるのかってぇ。。。?

だってぇ、玲子さんは次のように書いているのでござ~♪~ますわ。

レンゲさん、めれんげさん、

小百合さん、それに

卑弥子さん。。。

それぞれ皆さん個性的で、

いつも楽しみにして

読ませていただいております。

あたくしの名前がしっかりと書いてござ~♪~ますわ。
もう、涙がこみ上げてきて、あたくしはメチャクチャに、うれしくなってしまったのでござ~♪~ますう。
これまで一生懸命にデンマンさんのお手伝いをしてきた甲斐がござ~♪~ましたわ。

ええっ。。。? それがデンマンさんの自作自演の下心だと、あなたは言うのでござ~♪~ますか?
つまり、あなたは、あたくしのことなで屁とも思っていないのですか?マジで。。。?

あなたってぇ~、ヤ~らしい方ねぇ~。。。
あたくしも馬鹿馬鹿しくなってきましたわ。
 
とにかく、あさっても興味深い話題が続くと思いますわ。
あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。(ムカッ。。。)

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

こんにちは。ジューンです。

バレンタインデーにチョコレートを贈る風習は、

19世紀のイギリスで始まったそうです。

小百合さんのお気に入りのチョコレート会社である

キャドバリー社によって始められたそうです。

日本でもバレンタインデーにチョコレートを

贈るようになったことをきっかけに

日本チョコレート・ココア協会が、2月14日を

「チョコレートの日」として記念日に制定し、

1970年代に定着しました。

バレンタインデーに、女性から男性に

チョコレートを渡すという習慣は

日本独自のものであると言われていますが、

チョコレートを贈ること自体は

特に日本だけの風習ではありません。

ただし、欧米ではバレンタインデーに

男性から女性に贈り物をするのが普通です。

女性から男性へチョコレートを贈る日本の習慣は

欧米とは逆になっています。

ちなみに、男性が女性にお返しをする日は

ホワイトデーです。この習慣は世界的には

バレンタインデーほど普及していません。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

愛と夢のチョコ

2010年3月7日

   
愛と夢のチョコ

前略

バレンタインデーに

間に合うように

送るつもりでしたが、

もしかすると

月末に着くかもしれません。

とことんフルーティ!MINTA

LOTTEのチェリーミントガムは

最近、気に入って、

カバンに入れて

持ち歩いてます。

デンマンさんの

迷惑そうな顔が

思い浮かびます。

でも、1年に一度ぐらいは

女の子の気持ちになって

ルンルン気分でスキップしながら

チェリーミントガムでも

かんでみてくださいね。

うふふふふ。。。

うららかな春のバンクーバーの街を

歩きながら。。。

また、フードストアに向かう

買いものついでに。。。

それから、思いつくままに

カップヌードルや、即席うどん

おそば、焼きそばを入れました。

日本の味を懐かしみながら

食べてみてくださいね。 

では。。。

早々

小百合より

2010年2月3日

Subj:小百合さんの真心がこもった

プレゼントが届きましたよう!

\(^_^)/キャハハハ。。。

Date: 03/03/2010 1:52:39 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月4日(木曜日)午前6時52分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

小百合さん、おはよう!
午後12時30分にブザーがなって郵便屋さんが僕のマンションの部屋まで小包を届けてくれました。
ブザーが鳴った時、小百合さんの真心がこもったプレゼントだと、すぐに分かりましたよう!
きゃははははは。。。

うん、うん、うん。。。
GODIVAのチョコが何つったってぇ目を引きました。
小百合さんの愛の真心を感じましたよう。

\(^ヮ^)/ギャハハハハ。。。

小包を見ると消印が2月の3日だから1ヶ月かかっているんだね。
今日はバンクーバーは3月3日で雛(ひな)祭りですよう。
もちろん、カナダのカレンダーには「雛(ひな)祭り」なんて書いてないけれど。。。

\(^_-)ノ うしししし。。。

小百合さんのお気に入りの Cadbury のチョコも入っていたよう!
小百合さんの真心の甘さを噛み締めながらいただきま~♪~す。
とことんフルーティ! MINTA シュガーレスのグレープ & グレープ!!
きゃはははは。。。
女の子が口に含む甘い仁丹だよねぇ~。

LOTTE のチェリーミントガムもありました。
小百合さんはチェリー味が好きなんだよね。
チェリーといえばサクラ!
4月になれば行田の大長寺の忍川の畔のサクラも咲くでしょう。

小百合さんがルンルン気分でサクラを眺めているシーンを思い浮かべながらチェリーミントガムをかみたいと思いま~♪~す。
きゃはははは。。。

「郷愁の香 −昔づくり あられ」が二袋入っていました。 
昔懐かしい日本の味をありがとう!

カップヌードルや焼きそば、カレーうどん、それに、どん兵衛鴨だしそば。。。
きゃはははは。。。
また2ヶ月ぐらいかけてじっくりと楽しませてもらいますよう。
ありがとう!

3月7日の小百合物語で記事に書きたいと思います。
その中で僕の心を込めて「小百合さん」と対話をしたいと思います。
小百合さんも楽しみにしていてね。

ヽ(´ー`)ノキャハハハ。。。

とりあえず、小包が無事に着いたお知らせです。
ありがとう!

また、いつか小百合さんと「つつじヶ丘公園」の寒桜を見たいね。
大長寺の桜は4月にならないと咲かないでしょうね。
その頃までには、日本のムカつかせる役人との煩わしい事も、すっかり終わって小百合さんがルンルン気分になって、軽井沢タリアセン夫人になれるでしょう!

面白い話を待ってるね。

\(´・ω・`)/ きゃはははは。。。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

軽井沢タリアセン夫人バンザ~♪~イ !!
楽しく愉快に充実した日々を送ってね。
じゃあねぇ。

デンマンさん。。。いつものようにオーバーですわね。

そんな事はありませんよう。。。僕はマジでうれしくなってしまったのですから。うししししし。。。

でも、このように私の手紙まで持ち出して欲しくありませんでしたわ。

どうしてですか?

だってぇ~。。。このような事は当事者だけが喜ぶことですわ。

いや。。。僕の幸せは世界のネット市民の幸せですよう。

そのような事はありえませんわ。

どうしてですか?僕の幸せを世界のネット市民の皆様は喜んでくれないのですか?

だってぇ~、デンマンさんだって次の諺を何百回となく記事の中で引用していたではありませんか!

他人の不幸は蜜の味!

小百合さんも僕の記事を読んでいるのですか?

だってぇ~、私の事が書いてあるのですものォ~、読まないわけにはゆきませんわ。

あのねぇ~、上の諺は僕の記事を読まない人のための諺ですよう。

つまり、デンマンさんのブログを読む方は、デンマンさんの幸せを素直に喜んでくださるのですか?

もちろんですよう。僕のブログの読者は素晴らしい人たちばかりですよう。他人の不幸は蜜の味!だと思うような人は、僕のブログを読みません。

私は逆だと思いますわ。

あれっ。。。やだなあああァ~。。。他人の不幸は蜜の味!だと思う人だけが僕のブログを読むと、小百合さんは主張するのですか?

うふふふふ。。。

うふふふじゃないですよう!んもお~~。。。素晴らしいバレンタインのプレゼントを贈ってよこす小百合さんの言葉とも思えませんねぇ~。

デンマンさんは、何かにつけて過剰に反応するのですわ。

つまり、僕が小百合さんのプレゼントをもらって喜びすぎていると言うのですか?

そうですわ。。。喜びすぎているから、私の手紙まで持ち出して、こうして記事にしてしまうのですわ。

あのねぇ~、僕は何も小百合さんからバレンタインのプレゼントをもらったので、日本語が分かる世界のネット市民の皆様に自慢しようとして、この記事を書き始めたわけではないのですよう。

。。。では、いったい何のためなのですか?

やだなあああァ~。。。小百合さんは惚(とぼ)けるのですか?

私が何を惚けているとおっしゃるのですか?

僕にこの記事を書かせるために、小百合さんは、わざわざGODIVAのチョコを小包の中に入れたのでしょう?

いいえ。。。私はただGODIVAのチョコがプレゼント用として、それらしいので入れたまでですわ。

小百合さんは、まだ惚けるのですか?

いいえ。。。私はマジで惚けていませんわ。

なるほどォ~。。。

何がなるほどなのですか?

小百合さんは無意識でGODIVAのチョコを小包の中に入れたのですよう。

私が無意識でデンマンさんに、この記事を書かせようとした、とおっしゃるのですか?

そうですよう。

。。。で、デンマンさんは何を書こうとしているのですか?

だから、小百合さんがゴダイヴァ(GODIVA)夫人と同じように「女の自立」を決意し、「今一つの世界」に目覚めたという事を僕は改めて思い返したのですよう。

私は、そのような事を考えてみたこともありませんわ。

やだなあああァ~。。。小百合さんは、また惚けるのですか?

惚けていませんわ。私はこれまでに、「女の自立」だとか、「今一つの世界」だとか。。。、そのような事をマジで考えてみたことがありませんわ。

あのォ~。。。、小百合さんは、最近、僕に反抗するようになりましたね?

そんな事は絶対にありませんわ。。。もし、私がデンマンさんに反抗するようになったとしたら、バレンタインのプレゼントなど絶対にカナダまで送りませんわ。

それもそうだよねぇ~。。。

。。。で、ゴダイヴァ(GODIVA)夫人は「女の自立」を決意し、「今一つの世界」に目覚めたのですか?

そうですよう。小百合さんだって知っているでしょう?

知りませんわ。初めてデンマンさんから伺いましたわ。

小百合さんは、また惚けるのですか?

いいえ。。。マジで惚けていません。

小百合さんは僕の記事を読んでいるのでしょう?

でも。。。、私は忘れっぽいのですわ。。。うふふふふ。。。

そうだよなァ~。。。僕はかつて次のように記事の中で引用したのですよう。。。小百合さんも読んだはずなんですよう。。。もう一度読んでみてくださいね。

ゴダイヴァ夫人

ゴダイヴァ夫人(Lady Godiva、990年頃 – 1067年9月10日?)は11世紀イギリスの女性。
マーシア伯レオフリックの夫人で、自身も後に領主となった。
夫レオフリックの圧政を諌めるためコヴェントリーの街を裸で行進をしたという伝説が残っている。

【伝説】

イングランドに伝わる伝説によると、夫レオフリックの圧政に苦しむコヴェントリーの領民を哀れみ、彼女はことあるごとに夫を諌めたという。
美しい妻の度重なる要請にうんざりしたレオフリックは、彼女を諦めさせるため、「裸で馬に乗り城下を巡回するのであれば言い分を認めよう」と応えた。
しかし夫の思惑に反し、彼女は「当日は外出せず戸や窓を閉めよ」とする布告を発した上で、本当に裸身で馬に乗り城下を練り歩いた。

領民たちは彼女を支持し、布告の通り屋内に引き籠った。
しかし、ひとり仕立て屋のトムという男がこっそり夫人の裸身を覗き見たために、神罰を受けて失明した(ピーピング・トム)。
レオフリックは彼女との約束を守り苛政を改めたといわれる。

なお、この伝説にはいくつかの類型が存在し、それぞれで多少ことなった内容になっている。
13世紀頃の最も古いものでは、裸で騎乗した彼女はコヴェントリーの市場の端から端までを走り抜け、その間人々の注目を集めたとしており、さらに言えば「ピーピング・トム」の逸話が盛り込まれたのは17世紀に下ってからである。

また、「裸で」という言葉の解釈にも諸説あり、「長い髮が効果的に体を隠していた」「下着のようなものは身に着けていた」「貴族の象徴である装飾や宝石類を外した格好だったことを『裸で』と言い表した」など複数の説がある。

ただし、彼女の時代の”naked”という語は「いかなる衣服も身につけず」という文字通りの意味であり、それ以上の比喩的な使い方があったわけではなく、後付がましい解釈である感も否めない。
また、領民のためではなく、自らの懺悔のために行ったという説もある。

【史実】

マーシア伯レオフリック(968年-1057年)の妻。
名前の綴りは一定しない。
アングロサクソン名はGodgifuまたはGodgyfuであり、これは「神の賜物」を意味する。
Godivaはラテン風の綴りである。
12世紀末にまとめられたイーリー(Ely)の年代記 Liber Eliensis に現れる同名の人物と同一人物であるとすれば、ゴダイヴァはレオフリックと結婚する前は未亡人であったことになる。

レオフリックもゴダイヴァも共に信仰活動に熱心で、Roger of Wendoverによって書かれた12世紀の記録によると、1043年にレオフリックがコヴェントリーにベネディクト会修道院を建立した陰には、ゴダイヴァの強い影響があったとされる。

下って1050年代には、ウスターのセントメアリー修道院への土地の寄進状において、またリンカーンシャーのストウセントメアリーにおける教会堂の建立の記録においても、ゴダイヴァの名はレオフリックの名と連記されている。
さらに夫妻の名前はレオミンスター、チェスター、マッチ・ウェンロック、エヴェシャムの教会堂の後援者として記録されている。

1057年にレオフリックと死別した後、未亡人としてノルマン・コンクエスト後まで生き延びた。
ウィリアム1世による検地台帳「ドゥームズデイ・ブック」には、ノルマン人によるイングランド征服後もわずかながら残ったアングロサクソン人領主の一人として、また唯一の女性領主として記されている。

ただし土地調査が行われた1086年には既にゴダイヴァは死去していたとする説もあり、1066年から1086年の間に死去したとする説、1067年9月10日をゴダイヴァの命日とする説など、諸説ある。

また、ゴダイヴァの墓所についても、夫の隣に埋葬されたとする説、すでに現存しないエヴェシャムの教会に埋葬されたとする説など、諸説ある。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ゴダイヴァ夫人と愛の手』に掲載
(2009年2月10日)

デンマンさん。。。どうして私が裸になって白いお馬さんに乗っているのですか?

だから、あのォ~。。。小百合さんが僕のバレンタインのプレゼントに、わざわざGODIVAのチョコを入れてくれたので、僕は感激して小百合さんにゴダイヴァ夫人になってもらったのですよう。うしししし。。。

それでコラージュして私を裸にしてしまったのですか?

うへへへへへ。。。いけませんか?

だから、私は、手紙を持ち出してきて記事を書いて欲しくなかったのですわ。。。なんとなく、そのようなヤ~な予感がしたのですわ。

でもねぇ~、こうなることは小百合さんがGODIVAのチョコを小包の中に入れた時から運命で決まっていたのですよう。

そのような事は、この記事を読んでいるネット市民の皆様は信じませんわ。

いや。。。最後まで読めば、必ず納得しますよう。

分かりましたわ。。。それで、先ほどの件ですけれど、ゴダイヴァ(GODIVA)夫人は、どのように「女の自立」を決意し、「今一つの世界」に目覚めたのですか?

あのねぇ~、ゴダイヴァ夫人の夫であるレオフリックはコヴェントリーの領民を苦しめていた。でも、夫人は心の優しい人だった。だから、領民を哀れみ、ことあるごとに夫を諌めたのですよう。

美しい妻の度重なる要請に

うんざりしたレオフリックは、

彼女を諦めさせるため、

「裸で馬に乗り城下を

巡回するのであれば

言い分を認めよう」と応えた。

しかし夫の思惑に反し、

彼女は「当日は外出せず

戸や窓を閉めよ」という布告をだして、

本当に裸で馬に乗り

城下を練り歩いた。

つまり、ゴダイヴァ夫人は夫に反対して、要するに、女の自立を図(はか)って「今一つの世界」を目指したのですよう。

その「今一つの世界」って何ですか?

だから、領民が苦しまないで暮らせるような「善政が施(ほどこ)された世界」ですよう。

。。。で、この事件と私が関係あるのですか?

関係あります。

どのように。。。?

かつて小百合さんは次のように言った。

デンマンさんは、私がレンゲさんのような

ロマンチックな女だと期待しているようですが、

私は、そのような女っぽい女ではないのですゥ。

主人は私のことを「中性脂肪」だと言います。

つまり、女っぽくない脂肪の塊だと。。。


『ロマンと悪妻 (2008年7月31日)』より

デンマンさんはよく覚えていますわねぇ~。。。

小百合さんの旦那が言った「中性脂肪」という仇名(あだな)が印象的でしたからねぇ~。。。うしししし。。。

つまり、私にピッタリだとデンマンさんも思ったのですか?

いや。。。決してそうは思いませんでした。。。。でもねぇ~、事実ではないにしても、小百合さんの旦那の仇名のつけ方が面白いと思いましたよう。うへへへへへ。。。

。。。で、私が言った事がどうだとデンマンさんはおっしゃるのですか?

小百合さんにも女の自尊心があるから、内心では旦那の言葉に反発していたと僕は思ったのですよう。。。ちょうど、ゴダイヴァ夫人が夫に反対したように。。。

それで。。。?

僕は、小百合さんの旦那の事は、小百合さんのメールと投稿から判断するより仕方がないけれど、小百合さんは行動によって、「自分が女として自他共に認められる存在であること」を実証しようとしたのです。

私がどのように実証したとデンマンさんはおっしゃるのですか?

かつて小百合さんが書いた次の文章を読んでみてください。

(13年間)バーナビーで夏休みを過ごすことは
毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。


『ロマンと悪妻 (2008年7月31日)』より

つまり、「中性脂肪」だと言われた妻が、女として自立し「行動」を起こしている。要するに、夏の期間、夫と離れてバーナビーの“山の家”で過ごしながら、家事をやり、子育てをして自分にだって“女らしいことができる事”を行動して自分で確かめている。。。違いますか?

う~ん。。。そうでしょうか?

小百合さんは“(心の)支えの時間”だったと言っているのですよう。それは旦那に対して小百合さんが“女らしいことができる事”を実証したのですよう。カナダのバーナビーは小百合さんにとって、まさに「今一つの世界」だったのですよう。

今一つの世界

ここにもし、それらのものとは全く違った、また目新しい、「今一つの世界」があって、魔法使いの呪文か何かで、パッと、それがわれわれの目の前に現れたなら、そして、たとえば竜宮へ行った浦島太郎のように、その世界で生活することができたなら、われわれはまあどんなに楽しく生甲斐のあることでしょう。

でも、われわれは浦島太郎にはなれっこない。そんな「今一つの世界」なんてあるはずもなく、そこへ住むなんて思いもよらぬことだ。われわれはやっぱり、このきまりきった、面白くもない日常茶飯事を繰り返して行くほかに生き方はないのだ、とおっしゃるのですか。だって「今一つの世界」を求めるわれわれの欲望の烈しさは、どうして、そんなことをいってあきらめていられるものではないのですよ。

ご覧なさい。子供がどんなにお伽話をすくか、青年がどんなに冒険談をすくか、それから大人のお伽話、冒険談は、たとえばお茶屋の二階、歌い女、幇間(ほうかん)。それぞれ種類は違っても、われわれは一生涯、何か日常茶飯事以上のもの、「今一つの世界」を求めないではいられぬのです。お芝居にしろ、音楽にしろ、絵画にしろ、小説にしろ、それらはみな見方によっては、人間の「今一つの世界」への憧憬から生まれたものではありませんか。

暑中には避暑をする。それは何も暑さを避けるためばかりではないのです。われわれはここでも「今一つの世界」を求めている。飽き果てた家庭を離れて、別の世界へ行きたがっているのです

もろもろの科学にしても、やっぱり人間のこの欲望の現われではないでしょうか。例えば天文学者は星の世界に憧れているのです。歴史家は遠い昔の別世界に思いを寄せているのです。動物や植物の学問はもちろん、生命のない鉱物にだって、薬品にだって、やっぱり「今一つの世界」を見出すことができないでしょうか。

古来のユートピア作者達が、それを夢見ていたことは申すまでもありません。さらにまた宗教ですらも、天上の楽園と言う「今一つの世界」に憧れているではありませんか。

ある型に属する小説家は、誰しも同じ思いでしょうが、わたしもまた、わたしの拙い文字によって、わたし自身の「今一つの世界」を創造することを、一生の願いとするものでございます


(130 - 132ページ)
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行

江戸川乱歩(左)と三島由紀夫

『小百合@謹賀新年』にも引用している。
(2010年1月2日)

 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
なんだか、デンマンさんがムキになってこじつけていますよね?
あなたも、そう思うでしょう!?
うふふふふふ。。。

とにかく、あさっても興味深い話題が続くと思いますわ。
だから、またあさって読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

こんにちは。ジューンです。

バレンタインデーにチョコレートを贈る風習は、

19世紀のイギリスで始まったそうです。

小百合さんのお気に入りのチョコレート会社である

キャドバリー社によって始められたそうです。

日本でもバレンタインデーにチョコレートを

贈るようになったことをきっかけに

日本チョコレート・ココア協会が、2月14日を

「チョコレートの日」として記念日に制定し、

1970年代に定着しました。

バレンタインデーに、女性から男性に

チョコレートを渡すという習慣は

日本独自のものであると言われていますが、

チョコレートを贈ること自体は

特に日本だけの風習ではありません。

ただし、欧米ではバレンタインデーに

男性から女性に贈り物をするのが普通です。

女性から男性へチョコレートを贈る日本の習慣は

欧米とは逆になっています。

ちなみに、男性が女性にお返しをする日は

ホワイトデーです。この習慣は世界的には

バレンタインデーほど普及していません。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。