Posts Tagged ‘ヌード’

ジューンさんのヌードを探して

2015年3月20日

 

ジューンさんのヌードを探して

 


(lookanim.gif)


(bikini08.gif)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 またオシモの話題に わたしを呼び出したのですわね。


(kato3.gif)

“ジューンさんのヌード”はオシモの話題なのですか?

少なくとも、女性が喜ぶような話題ではありませんわァ。

“ジューンさんのヌード”が話題になって うれしくないのですかァ~?

男性がエロい気もちに駆られて わたしのヌードを探したということなのでしょう?

そうだとしても、ジューンさんを名指しで探したということなのですよ。

だから、わたしに喜べと デンマンさんは言うのですかァ~?

あのねぇ~、国連の2011年版「世界人口白書」によると、2011年10月31日に世界人口が70億人に到達したのですよ。 2013年には72億人に増えているそうです。 その72億人の中から 特にジューンさんのヌードを探しているネット市民がいるのですよ。

マジで。。。?

このような時に僕は嘘やデマカセを言いませんよ。

いったい どこで探しているのですか?

次のリストを見てください。


(liv50319c.png)

『拡大する』

この上のリストは ライブドアの僕の『徒然ブログ』の3月1日から19日までの約3週間の「人気検索キーワード」のリストなのですよ。 赤枠で囲んだ 25番に注目してください。

あらっ。。。 「無料無修正ジューンアダムス全裸ヘアヌード」を入れてデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民が二人居たのですわねぇ。

そうですよ。

『徒然ブログ』はアダルトブログじゃないでしょう!?

もちろんですよ。

だったら、わたしの全裸ヘアヌードがあるわけないじゃありませんかア!

でも、ジューンさんの全裸ヘアヌードを探してやって来たのですよ。

もしかして。。。、もしかして。。。、デンマンさんが わたしの全裸ヘアヌードをブログに貼り付けてしまったのですかァ~?

ジューンさんに無断で、そのような事をするはずがないでしょう!

だってぇ~、現に、ヤ~らしい二人のネット市民が 「無料無修正ジューンアダムス全裸ヘアヌード」を入れて検索し、デンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たではありませんかア! いったい、どのページを見たのですかァ~?

だから、僕も不思議に思って 「無料無修正ジューンアダムス全裸ヘアヌード」を入れて GOOGLEで検索してみたのですよ。 その結果を見てください。


(gog50317a.png)

『現時点での検索結果』

ライブドアの僕のハンドル名の barclay1720 を付け足して検索すると、6件ヒットするのですよ。 赤枠で囲んだページが『徒然ブログ』のカテゴリーのページなのです。

「ポルノに関する問題」というヤ~らしいカテゴリーのページなのですわねぇ。

いや。。。 別にヤ~らしくないですよ。

。。。で、リンクをクリックすると、どのようなページが出てくるのですか?

次のページが表れます。


(livporn.png)

『実際のカテゴリーのページ』

あらっ。。。 トップに出てくる記事は『外国人SEXデンマン再び』というヤ~らしいタイトルの記事ですわねぇ~。。。

いや。。。 ジューンさんが思うほどヤ~らしくないですよ。

。。。で、このカテゴリーのページを見てゆくと、わたしの全裸ヘアヌードの写真が出てくるのですかァ~?

いや。。。、出てきませんよ! ジューンさんのヌードに最も近い写真は次の写真ですよ。


(bikini08.gif)

これ以上露出したジューンさんの写真は、どこを探してもありません! 記事を書いている僕が保証します!

要するに、 「無料無修正ジューンアダムス全裸ヘアヌード」を入れて探した人は、同姓同名の別人のヌードを探したのですわ。 “ジューンアダムス”という名前の人は、いったい どのぐらい居るのですか?

調べてみましたよ。 その結果を見てください。


(gog50319a.png)

『現時点での検索結果』

例によって barclay1720 を付け加えて検索してみました。

あらっ。。。 9,320件もヒットするのですわねぇ~。。。

同姓同名の人が結構居るようです。 でもねぇ~、上の色の付いた枠で囲んだ 6つの記事は、すべてジューンさんが登場する記事ですよ。 試しに、「ジューンアダムス barclay1720」と入れて画像検索してみたのです。


(gog50319b.png)

『現時点での検索結果』

赤枠で囲んだのがジューンさんで。。。、ジューンさん以外の女性は、すべて僕のブログに登場する女性ですよ。

じゃあ、検索して『徒然ブログ』にやって来た 二人のネット市民が お目当ての“ジューンアダムス”という女性は、どこのどういう人なのですか?

あのねぇ~、僕も知りたくなったので日本語版ウィキペディアで調べてみましたよ。 その結果を見てください。


(wik50318.jpg)

『実際のページ』

あらっ。。。 該当者が一人居るのですわね。

そういうことです。 さらに「ジェイトリップバー」を調べたら、次のように書いてありました。

ジェイトリップバー

ゴルフ場経営を主とした実業家の塚本啓一が率いた通称塚本グループが経営母体。
直接の経営は同グループにおいて飲食店展開を主務とする、株式会社三俱である。
同社代表取締役会長が塚本で、代表取締役社長が塚本の妻であり、かつて元祖バイリンガルとして人気を博したジューンアダムスである。

同社は港区を中心にバー、ダンスホール、レストランを展開し、全盛期にはJ TRIP BRA数店舗をはじめ、焼肉レストラン数店舗、イタリアンレストラン数店舗、スイスレストラン、海の家など10数店を経営していた。
バブル期前後特有の華美で派手ないわゆるゴージャス系のしつらえが流行する中、一貫してアート志向やシックな高級路線を志向し、世代ごとの高感度な層に根強いファンを獲得していた。

バブル崩壊後も、主に欧米人をオーディションにより厳選して採用した、本格的な高級路線の外国人トップレスショーをウリにしたJ FOXX、J MENsなどを大ヒットさせ、ナイトシーンのエポックメイキング的存在であった。


(topless7.jpg)

しかし、勝新太郎と組んだ映画座頭市の失敗や、巨額の投資をした西麻布での大規模店舗展開、さらにはバブル崩壊よる経営母体のゴルフ場も経営がしだいに悪化し、ついには塚本グループごと解散となる。

(写真はデンマンライブラリーより)


出典: 「ジェイトリップバー」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上の説明に出てくるジューンアダムスさんが全裸のヌードを見せるのですか?

おそらく、それは別人でしょう! ジューンアダムスという名前に該当する女性は、『ウィキペディア』や、GOOGLE の検索でヒットしない人が いくらでも居ると思うのですよ。

結局、デンマンさんは その女性を特定できなかったのですか?

残念ながら、特定できませんでした。。。 でもねぇ~、昔、日本で僕が学生時代に “JET STREAM”という深夜のラジオ番組があったのですよ。 平日の0:00 から 0:55 までの55分間の番組ですよ。 1967年に始まって、今でもやっているらしいのですよ。

JET STREAM


(jetstream3.jpg)

1967年7月3日に、東海大学のFM試験放送局FM東海にて放送を開始。
1970年4月からは、FM東海を引き継いで同月に開局したFM東京(TOKYO FM)に移って放送を続け、2004年11月25日に放送1万回、2007年7月3日に放送40周年を迎えた。
同局およびJFNにおける最長寿番組として、現在も記録を更新している。

開始当初から長らく日本航空の一社提供番組であった。
ただし、2010年6月の火曜・木曜・金曜の深夜に限り、流通大手のイオンを加えた二社提供であった。
また、2011年1月 – 4月にかけては、日本医師会およびSONOKOがJALとともに共同で提供を行った。
2012年10月からはJAL・セイコーの共同提供になっている。
そういった経緯から演出面等においてのみならず、後述のとおりJALと深い関わりを持つ番組である。

現在のパーソナリティ(当番組では機長と称する。)は俳優の大沢たかお。
スクリプトは放送作家の堀内茂男。

オープニング曲にフランク・プゥルセル・グランド・オーケストラの『ミスター・ロンリー』を使用していることでも知られる。
エンディング曲は『夢幻飛行』だったが、初代パーソナリティ・城達也の降板と共に使われなくなった
(現在はオープニング、エンディングとも溝口肇編曲・演奏の「ミスター・ロンリー」を使用)。
ただし城達也時代の末期の金曜日版「Midnight Odyssey(ミッドナイト・オデッセイ)」はテーマ曲が異なり、スクリプトも原田宗典が担当していた。

(写真はデンマンライブラリーより)


出典: 「JET STREAM」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

どうして この番組を持ち出してきたのですか?

あのねぇ~、上の『ウィキペディア』には、どこにも書いてないのだけれど、この番組に“ジューンアダムス”さんという女性がパーソナリティとして出演していたことがあったのですよ。 とてもセクシーな声の持ち主で、おそらくバイリンガルだったと思います。 僕にとって、このジューンアダムスさんは、まだ見ぬ夢のアイドル的な存在でしたよ。

もしかして、株式会社三俱の代表取締役社長の元祖バイリンガル、ジューンアダムスさんが出演していたのではありませんか?

うん、うん、うん。。。 そうかもしれません。。。 どういう人なのか? 一度顔を見たいと思っていたのだけれど、結局、未だに、そのJET STREAM のジューンアダムスさんの顔を見たことがない。 僕にとってミステリアスなアイドルなのですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
でもねぇ~、ちっともミステリアスではないのでござ~♪~ますわァ。

実は、デンマンさんが“セクシーな声のアイドル”だと言うジューンアダムスさんは、
上の検索結果の中に出てきた写真の女性なのですわ。


(june911.png)

人気絶頂の彼女は、昭和46年、時代のスター的存在ともいえるカメラマン・篠山紀信氏と電撃結婚したのでござ~ます。
その後は芸能界から姿を消し、専業主婦におさまっていたのでした。

でも、51年に離婚。
翌年、青年実業家・塚本啓一さんと再婚したのですわ。

そうでござ~ます。
株式会社三俱の代表取締役社長の塚本ジューンさんこそ、デンマンさんが“セクシーな声のアイドル”だと言うジューンアダムスさんなのですわァ。

ところで、この記事に登場するジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

マカオのおかま

2015年3月6日

 

マカオのおかま

 


(macau09b.jpg)


(miya03.jpg)

(rengebk2.gif)



(heartx.gif)

日記とか


(angrygal.gif)

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


お年寄りを手にかけて

at 2006 05/15 18:39 編集

うっぷん晴らし?
人の命を奪わなければ、晴らせないの?
しかも、顔見知りのお年寄りを、
執拗な暴力で。

未成年であっても、
やり口が、あまりにも卑怯。
先生から叱られたのなら、
その先生に、向かっていけばいい。

それができない臆病者。
いらだちを、弱い人へと向ける。
あまりにも卑劣。


悪魔が入ってきた?

at 2006 05/15 18:27 編集

詭弁だ。

あなたは殺人者。
精神鑑定経由で無罪をねらうのか?
そして、同じことを繰り返すのか?

性的嗜好を否定はしないけれど、
他人に手をかけるのは、
別の問題だ。

精神耗弱状態?
そんなことで、遺族の方々が納得できるわけはない。
逃げ口上・逃げ弁護は、たくさんだ。

幼い命。
どれほどの恐怖。
痛み・・・

許せない。


静音タンのひとりごとww

at 2006 05/15 17:33 編集

しずねタンね
牛タンを食べたあいww


(gyutan02.jpg)

うしタンありがとお
しずねタンうしタン大好きい
なんだなあww


アリエナイザー鳥取編

at 2006 05/15 16:07 編集

道を歩いていると、ぎょっとするものが!

キジです。鳥の。
羽がきれいです。

ん?
はく製やーーーーー!
ここ、ごみ収集場やーーーーー!
キジちゃんかわいそうに、捨てられてる。

かわいそうですが、お持ち帰りはしませんでした・・・


謎少女静音タンww

at 2006 05/15 12:12 編集

しずねはねww
バービータン大好きいww
歌のレッスン聴いてもらうんだあ

みんなもしずねのライブ
見に来てえww
日本橋でやってるよお


デンジャラスドライブ

at 2006 05/15 12:03 編集

知り合いの方の話です。

眠ーて眠ーて、たまらんわ。
車運転しながら、
片目づつ寝るねん

・・・それ、居眠り運転やーッ!
こわーッ!


いなりずしはにぎる…

at 2006 05/15 09:51 編集


(inari02.jpg)

おいなり握るで!

男子への、セクハラフレーズです(^_^;)
みなさんも、スケベ上司などに反撃する時は、

「部長。おいなり握りますよ。」
と言ってみましょう。
よろこばれても、責任はとりかねます・・・


めれんげより、感謝です!

at 2006 05/15 07:15 編集


(stars.gif)

詩のランキングをクリックしていただいて、
本当にありがとうございます!

めれんげの詩の世界を応援してくださって、
感謝しています!
これからも、「極私的詩集」と「即興の詩」を、
よろしくお願いいたします(#^.^#)


静音タンのスキなものww

at 2006 05/15 06:25 編集

牛タン塩焼きがダイスキなんだなあww
おいしいんだもんww

バービータンがスキww
お洋服つくっちゃうんだあww

ネットダイスキww
しずねもホムペつくっちゃいたいなあww
でもムズカシソオ
2チャンスキスキスーww

しずねはネ
応援してくれるみんなが
いちばん大好きなんだなあww


静音タンww新曲だよおww

at 2006 05/15 06:03 編集

めれんげタンにつくってもらったんだなあww

あげちゃえネットスキップ

♪しずねはいるよお
いつでもいるよお
ネットにいるんだなあ
みんなあげちゃえ~

♪はっぴい気分
ウツじゃイヤだよお
みんなともだち
しずねのおともだち

♪光へはいっちゃえ
電話へはいっちゃえ
しずねのごあいさつう
なんだなあ

アリガトオ!
しずねの新曲ダヨオ!


分散型睡眠

at 2006 05/14 23:22 編集


(sleepgal.gif)

寝てました。

朝起きて、昼寝、夕寝。
おきる度に、「朝かいな?」と思います。
眠ると気持ちいい!
健康にもよいよい!

よよよい!よよよい!よ!

しめましたあ!(時代劇好き)


おやじシフト

at 2006 05/14 19:13 編集


(ramen03.gif)

近所に、うんまあいラーメン屋さんがあります。
そこでは、サービスでニンニクをトッピングしてくれます。
何も言わなければ、ニンニクは入っていません。

「ニンニク入れてください!(^^)!」
わたしは、注文の時にすかさず言います。

だって、そのほうがおいしいんだもん・・・


静音タンww

at 2006 05/14 18:07 編集

LOVE LOVE デムパLOVE

♪あなたのトコへ~
とんじゃうワタシ~
デムパの中からきちゃうぞお

♪あなたのパソに~
ワタシもいれて~
ラブなんだなあ
しずねタン~

♪スキスキスキスー
みんな大好きい
元気ワキワキ~
デムパのしずね~

アリガトオ!
しずねの歌だよお

なんだなあww


謎少女 静音タンww

at 2006 05/14 17:53 編集

しずねダヨオ♪
毎日はっぴい全開。
なんだなあww

日本橋でライブやってるよ!
しずね歌うんダorg
しずね見に来てホスイ・・・
なんだよおww

イッテキマースpxh


連想思考回路

at 2006 05/14 17:24 編集

中山きんに君

キン肉マン

ゆでたまご

ゆでた孫

おばあちゃーん!わたしをゆでないでー!


うぃー…ヒック(^_^;)

at 2006 05/14 15:31 編集


(chuhai02.jpg)

酒屋さんでビールを買ったら、
チューハイ用のレモンスカッシュを、
サービスしてくれました。

以前には、カレーのルーをサービスしてもらいました。
ありがとうございますう!

で、さっそく、いいちこでチューハイを作って飲みました。
うまあい!

・・・・・・・・・


モンテビデオ

at 2006 05/14 12:17 編集


(macao801.jpg)

珍地名。

マカオのおかま
ハラッパー
エロマンガ島
じゃ、かるた
クリスマス島

地図帳みよう・・・


脱獄の師匠

at 2006 05/14 09:50 編集


(asakura.jpg)

浅倉威の写真を、部屋にかざっています。
気合いを入れるために!

ここはわたしのアジト。
もし、刑務所に入っても、
浅倉のように、脱獄してやるう!
誰もわたしを閉じ込められやしないぜ!

浅倉!カードデッキくれ!


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、どういうわけで “マカオのおかま”を取り上げはったん?


(kato3.gif)

めれちゃんが上の日記に書いてるやんかァ~。。。

ただ、それだけのことで今日の記事のタイトルを“マカオのおかま”にしやはったん?

あきまへんかァ~?

それってぇ~、ちょっと単純やと思わへんのォ~?

実は、“マカオのおかま”が人気あるねん。。。

あんさんはマカオに行って“おかま”と仲良しになりはったん? うふふふふふふ。。。

めれちゃん。。。 何をぬかしてけつかんねん。。。 わては ウソとめれちゃんの尻は突かへん、となんべんも言うてるやないかいなァ~。。。

つまり、あんさんは“おかまを掘る”ことは あらへん と言いたいのォ~?

当たり前やんかァ~。。。!

そやけど“マカオのおかま”が人気あるなんてぇ、聞いたことがおまへんでぇ~。。。

めれちゃんは 知らへんかったん? ちょっと次のリストを見たらええやん。


(ame50304a.png)

『拡大する』

これはアメブロの わてのブログのアクセス解析のリストやがなァ~。。。 赤枠で囲んだタイトルに注目して欲しい。 2015年3月4日の人気記事の4位が なんと 2013年2月28日に わてが投稿した『宮澤理恵@Macao』なのやがなァ~。。。


(miya08.jpg)

『宮澤理恵@Macao』

2年前に投稿した記事が 未だに読まれているというのは 確かに宮沢りえさんは 人気があるのかも知れへん。。。 そやけど、なんで マカオの宮沢りえさんやのォ~?

そやから、わてがマカオを旅行した時に、宮澤理恵さんのヌードをマカオで見たのやがなァ~。。。


(miya03.jpg)

それで、マカオに行く人が増えたのォ~?

それだけのことでマカオに行く人が増えるわけないやろう! 。。。 そやけど、最近、マカオが人気が出ておるねん。


(macao800.jpg)


(macao801.jpg)

なるほどォ~。。。 ちょっと面白そうな町やねぇ~。。。 そやけど、それが どないなわけで“マカオのおかま”の人気と関係ある、と あんさんは言わはるのォ~?

めれっちゃん。。。 マジで知らへんのかァ~。。。? ちょっと次の説明を読んでみィ~なァ。

おかま


(okama90.jpg)

「オカマ」は元々は肛門を意味する江戸時代の俗語であり、転じてアナルセックスをする・される(おカマを掘る・掘られる)こともある女装をする男娼を指し、1980年代頃から女性的な男性全般(非同性愛者含む)への名称になった。
現代では「オカマ」は男性同性愛者の名称として一般化しており、必ずしも男娼という意味で使用されているわけではない。

元来ある炊事用具の おかま(御釜/御竈)は釜の丁寧語であるが、同性愛者の名称としての「カマ」が何なのかについては、底が丸く尻の形と似ている釜とする説、江戸時代に男娼を意味した「陰間(かげま)」がなまったものとする説、それに歌舞伎の「女形(おやま)」を関連づける説、そして梵語で愛欲を意味する「カーマ」を語源とする説など様々なものがある。

広義の男性同性愛者を指すときの「オカマ」は、「(女性的な)男性同性愛者」「オネエ言葉を使う者」「女装趣味の者」「性風俗の職にある者」「水商売や芸能の職にありショーなどを演じている者」「性同一性障害」など、実際には異なる複数の概念が混同されている。

戦後の日本社会においては、「オカマ」である芸能人の活動等を通じて「オカマ」の社会的認知と受容が進み、「オカマ」という名称は必ずしも差別的な意味を持たなくなっている。


出典: 「おかま」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「オカマ」とは、アナルセックスをする・される(おカマを掘る・掘られる)人を意味するのやないかいなァ。 おかま(御釜/御竈)は釜の丁寧語であるが、同性愛者の名称としての「カマ」が何なのかについては、底が丸く尻の形と似ているという説が世間では広まっておるねん。

つまり、Macao の宮沢りえさんのお尻を見て“マカオのおかま”を連想するのかいなァ~。。。?

そういうことやがなァ~。。。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは どう思いますか?
お金と時間があったら、マカオにも行って見たいですよね。

ところで、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、2位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』

『えっちなんです』

『エロマンガ島』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

男心をそそる女の秘密

2014年9月23日

 

男心をそそる女の秘密

 


(dimple01.jpg)


(vinus010.jpg)


(june001.gif)

今日は デンマンさんが“男心をそそる女の秘密”について誰にでも解るように説明してくれるのですか?


(kato3.gif)

ん。。。? ジューンさんは“男心をそそる女の秘密”について誰にでも解るように僕に説明して欲しいのですか?

だってぇ~、タイトルに“男心をそそる女の秘密”と書いてあるじゃありませんかァ~。。。 つまり、デンマンさんが、その話題を取り上げたのですわァ。 だから、当然、“男心をそそる女の秘密”を知っているわけでしょう?

いや。。。 僕は知りません。

じゃあ、どうして“男心をそそる女の秘密”を取り上げたのですか?

あのねぇ~、僕のブログにやって来るネット市民の中には “男心をそそられて”やって来るネットサーファーがかなり居るのですよ。

つまり、デンマンさんの記事の中に“男心をそそる女”が登場するのですか?

そうです。

それで、デンマンさんは“男心をそそる女の秘密”を突き止めたのですか?

いや。。。 まだ突き止めてません。 でも、間違いなく“男心をそそられて”やって来るネットサーファーがかなり居るのですよ。

どうして、そうだと解るのですか?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv40923b.png)

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月1日から23日までの「リンク元URL」のリストなのですよ。 赤枠で囲んだ5番に注目してください。

GOOGLEで検索して『宮澤理恵@Macao』を読んだネット市民の皆様が 35人居たということですわねぇ。

そうなのですよ。 次の記事ですよ。


(liv30228e.png)

『実際の記事』

あらっ。。。 上の写真は 宮沢りえさんの裸の後姿ではありませんかァ!

そうです。。。 よく判りましたねぇ~?

だってぇ~、この写真はネットでも けっう知れ渡っていますわ。 ところで、どうしてタイトルが“宮澤理恵”という難しい字なのですか?

あのねぇ~、上の記事を読んでもらえば解るけれど、マカオの台湾系の漢字新聞には“宮沢りえ”さんは“宮澤理恵”と書かれているのですよ。

その新聞をデンマンさんは見たのですか?

そうです。

つまり、宮沢りえさんは“男心をそそる女”なのですか?

そうだと思いますよ。 ついでだから次のリストも見てください。


(liv40923c.png)

これは同じく僕の『徒然ブログ』の「人気検索キーワード」のリストです。

あらっ。。。 宮沢りえさんは人気リストの 3位ですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 つまり、宮沢りえさんを名指しで検索して読みにやって来るネットサーファーも居るわけですよ。

。。。で、宮沢りえさんの“男心をそそる秘密”ってぇ何ですか?

ちょっと次の写真をもう一度じっくりと眺めてください。


(miya03.jpg)

上の写真に宮沢りえさんの“男心をそそる秘密”が隠されているのですか?

いや。。。 隠されているのではなく、宮沢りえさんは裸になって、その秘密を表現しているのですよ。

どこに。。。?

やだなあああァ~。。。 見れば判るじゃありませんかア! “おしり姿”ですよ。

それを言うなら“うしろ姿”でしょう?

いや。。。 “うしろ”が“男心をそそる”のじゃなくて、形よく引き締まった“おしり”が“男心をそそる”のですよ。

。。。で、他のサイトでも宮沢りえさんは人気があるのですか?

それが ちょっと違うのですよ。 アメブロの次のリストを見てください。


(ame40921g.png)

これはアメブロの僕のブログの8月23日から9月21日までの30日間の「人気記事リスト」ですよ。

あらっ。。。 『下着女装ブログ』がダントツで読まれているのですわね。

そうです。


(ame40802e.png)

『実際の記事』

上の記事がどうしてこれほど人気があるのですか?

ちょっと次のリストを見てください。


(ame40921m.png)

これは同じ30日間の「人気検索キーワード」のリストですよ。

あらっ。。。 リストの中に“おばさん下着”と“おばさんパンツ”が たくさんありますわねぇ~。。。

そうなのですよ。 上の記事『下着女装ブログ』を読むと 次の写真が出てくる。


(bikini07c.gif)


(30june.jpg)


(cute0025.gif)


(linger57.jpg)

あらっ。。。 わたしの下着姿が4つも出てくるのですか?

そうなのですよ。

。。。で、この上の写真の中に“男心をそそる女の秘密”が隠されているのですか?

そうですよ。 つまり、アメブロでは“おばさんパンツ”の似合う女が“男心をそそる”のですよ。

マジで。。。?

もう一度「人気検索キーワード」リストを見てください。


(ame40921m.png)

“おばさんパンツ”、“おばさん下着”、“おばさんのショーツ”。。。 そういうおばさんを探していたら次の写真に出くわしたわけですよ。


(bikini07c.gif)

ジューンさんは“おばさんパンツ”が良く似合うのですよ。

他のサイトでも わたしの“おばさんパンツ”が人気があるのですか?

いや。。。 あのねぇ~、同じ記事を投稿しているのに、サイトによって違うのですよ。 Denman Blog の記録を見てください。


(wp40923a.gif)

これはDenman Blog の9月23日までの30日間の「人気記事リスト」です。 トップの赤枠で囲んだタイトルに注目してください。

あらっ。。。 例によって『床上手な女の7つの見分け方』がダントツで読まれているのですわね。

そうなのですよ。 30日間に 延べ 10,933人ですからね。 1日平均 364人が この記事を読みにやって来るのですよ。


(kiss007.gif)

『実際の記事』

Denman Blog では“床上手な女”が“男心をそそる”ようですわねぇ~。。。

そうです。 「人気検索キーワード」のリストを見てください。


(wp40923b.png)

あらっ。。。 たくさんのネット市民の皆様が“床上手”を含んだキーワードで検索してやって来るのですわねぇ~。。。

そうです。。。

つまり、“床上手”であることも“男心をそそる女の秘密”なのですか?

上のリストを見ると、そうとしか言えないでしょう! “床上手”に“男心をそそられて”僕のブログにやってくるのだから。。。

でも、サイトによって ずいぶんと違うものですわね。

確かに、その通りです。。。 だけどねぇ~、よくよく考えてみると、ジューンさんは“男心をそそる女の秘密”をすべて備えてますよ。

あらっ。。。 そうかしら。。。?

そうですよう。。。 “おしり姿”もいいし。。。、“おばさんパンツ”も良く似合う。。。、それに“床上手”でもある。。。 更に、“ヴィーナスのえくぼ”もある。。。


(vinus010.jpg)


(gog40923a.png)

『現時点での検索結果』

そのうち、こうして検索する人が現れますよ。


(laugh16.gif)

【平成の紫式部 橘卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
確かに、ジューンさんの下着は人気があるのですわ。
でもねぇ~、ジューンさんばかりではないのですわよう。
あたくしだって、ジューンさんに負けずに アクセス数の記録を伸ばすのに貢献しているのでござ~ますわァ。

ええっ。。。 どのようにしてかってぇ~。。。?
次の検索結果を見てくださいまし。


(gog30505.gif)

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいまし。
じゃあねぇ~。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

『プロメテウスの黒い白鳥』

『ジャズ・フェスティバル』

『仲間はずれはどれ?』

『FBI捜査官のツブヤキ・ガイド』

『147歳の誕生日』

『均質的思考は日本人のクセなの?』

『今、おばさん下着がアツイ!』

『きびしい暮しの中のロマン』

『下着女装ブログ』

『BCデーと日本の花火』

『小役人が日本を滅ぼす』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださね。

じゃあ、またァ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

駅前のヌード

2014年3月13日

 
駅前のヌード


(tocho02.jpg)

(antibes81.jpg+heartx.gif+sayuri78.gif)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 ハルヴァの次にべーグルにハマったと思ったら今度はヌードですかァ~?


(kato3.gif)

いや。。。 別にヌードにハマってしまったわけではないのですよゥ。。。

でも、「駅前のヌード」というタイトルをつけているではありませんかァ!

実は、夕べ本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。
  

なぜ公園などの彫刻には

女性の裸像が多いの?


(yono02.jpg)

駅前広場や公園など、野外の公共スペースに設置された彫刻には、なぜか女性の裸像が多い。
これは、日本独特の傾向といえ、イスラム教文化圏や儒教文化圏では、野外の裸像はまず存在しないといっていい。

欧米では、裸像もみられないことはないが、日本ほどリアルな作品はすくないという。
女性の裸を違和感なく公共のスペースに受け入れているのは、欧米人から見ても理解に苦しむことのようだ。

現在確認できる野外における最初の裸像は、1920年、東京駅前の日本工業倶楽部屋上につくられた無題の男女像だといわれる。

女性の裸像がにわかに増えだしたのは戦後のことで、民主主義で自由を謳歌できる世の中になって、裸像を西洋的で進歩的なイメージでとらえる雰囲気が生まれたことが背景にあったという人もいる。
また、日本の文化の土壌は、性的な要素を豊穣なめでたいものとするところがあり、それを日本に裸像が多い理由だとする説もある。

確かに、まわしひとつで相撲を取ったり、いまでも混浴の露天風呂があったりと、日本という国は、裸や性に関して解放的な国といえるのかもしれない。

(【デンマン注:】
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易いように改行を加えています。
赤字はデンマンが強調。)


43ページ 『日本人の総疑問』
編者: 素朴な疑問探求会
2012年12月31日 初版第1刷発行
発行所: 河出書房新社

上の文章を読んだので、デンマンさんは駅前のヌードにハマってしまったのですか?

いや。。。 別に上の小文を読んだからってぇ、駅前のヌードにハマってしまったわけではありません。 あのねぇ~。。。 読みながら、不意に思い出したのですよ。 「そう言われてみれば、確かに駅前には女性の裸像がけっこう多いなァ~。。。」、と。。。

それほど多いのですか?

実は、上の本には写真はないのだけれど、僕が貼り付けた写真は埼玉県の与野駅前にある裸像ですよ。

でも、なんで私と話をするのに「駅前のヌード」を持ち出してきたのですか?

あれっ。。。 小百合さんは忘れてしまったのでっすかァ~?

何をですか?

何をですか?と訊くところを見るとすっかり忘れてしまったのですね。 僕は以前に次の記事を書いているのですよ。

着いたのが夕方だったので、ぶらっと高崎駅周辺を散歩し、適当に惣菜を買ってホテルでテレビを見ながらの夕食。
楽しい。
店を探したり、かってのわからないところで緊張しながら食べるのが、最近ますます嫌になってきた。
旅先で何を食べたってわたしの勝手だもーん、と開き直りたいが、まだ「これでいいのか?」という思いもある。
わたしは普段から保守的な人間だと思う。
「いつも食べに行く店で、どんどん友達が増えちゃって!」
などというオープンな生活スタイルなど、絶対に考えられない。

知らない客同士がしゃべるなんて、想像しただけで疲れる……。
嫌。
うらやましくない。
いろんな人に会って、人脈を広げ、自分を高めるチャンスをつかむ。
わたしにもやればできるのだろうか?
なんか寿命が縮まりそうだなぁ。
チャンスと寿命だったら、やっぱり寿命のほうが大事だよなぁ。
などと、群馬県と関係ないことばかり書くなっつーの!

 (中略)

去年、栃木県にひとり旅したとき、田楽屋で相席になったおばあさんたちが、
「群馬県の館林のつつじは、とってもきれいですよ」
とわたしに一生懸命、説明してくれたのだ。


(tsutsuji2.jpg)

わたしは、ほんの社交辞令で、
「じゃあ、ぜひ見に行きます!」
と答えていたんだけど、本当に行ってみる気になった。
知らない客同士が店で話すのなんか嫌い、と書いたものの、去年の栃木旅行では、初対面のおばあさんたちとわたしはおしゃべりをしていた。
適当に愛想よくしておけばよいという気持ちだったのだが、わたしは、そのおばあさんたちとの約束を果たすため館林に向かう。


(tateba90.jpg)

高崎から両毛線で伊勢崎まで行き、乗り換えて館林へ。
つつじが岡公園のつつじは、きれいに咲いていた。
人が多くてゆっくり見られなかったけど、おばあさんたちとの約束を守ったと思うと、つつじは、もうどうでもよかった。

赤字はデンマンが強調のため。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


154-156ページ
『47都道府県女ひとりで行ってみよう』
著者: 益田ミリ
2008年6月25日第1刷発行
発行所: 幻冬舎

 

あらっ。。。 益田ミリさんはつつじが岡公園へ行かれたのですわね。

そうですよ。 僕は思い込みで記事の中では「つつじヶ丘公園」と書いていたのですよ。 上の文章を読んで改めて調べてみたらつつじが岡公園が正しいのですよ。

その事を言うために館林の旅を取り上げたのですか。

いや。。。そうじゃありませんよ。 「つつじが岡公園」は僕にとって忘れられない場所だからですよ。

マジで。。。?

やだなあああァ~。。。小百合さんには「つつじが岡公園」の思い出はないのですか?

館林は私が生まれ育った町で、小さい頃からたびたび訪れているので、なんだかあまりにもありふれた風景になってしまって特に心に残る思い出はありませんわ。

そういうものかなァ~。。。? 僕にとって「つつじが岡公園」は小百合さんとの忘れられない思い出の場所なのですよ。 小百合さんも僕の記事を読んだでしょう?

ええ。。。読んだ覚えがありますわ。

もう忘れてしまったのですか?

読んだ覚えがあるから忘れてはいないのですわよ。 うふふふふふ。。。

ぜひもう一度読んでくださいよ。

11月に桜が咲いている!


(cherry21.jpg)

館林駅に着くと小百合さんが迎えに来てくれて「花山」へ行きました。
「花山」と呼ぶのは地元で育った40代の人たちが、そう呼ぶらしい。
館林市のガイドマップを見ると「県立つつじが丘公園」と書いてある場所です。


(tsutsuji2.jpg)

五月ごろ来れば、きれいな“つつじ”がたくさん咲いているのでしょう。
当然のことですが、11月なのでつつじは咲いていなかった。
ところが桜が咲いているのですよね。

11月に桜が咲いている!
ビックリしました。
上の写真ほど見事なものではありませんでした。
でも、間違いなく桜の一種です。
小百合さんもビックリしていました。
名前は分かりません。

バンクーバーやバーナビーの植物園のように名札をつけてくれればいいのに!
小百合さんは、そう言っていましたね。
ごもっともです。


(2awan10.jpg)

旧秋元別邸(最後の館林藩主・秋元家の別邸)の菖蒲園(しょうぶえん)のすぐそばにある橋の近くに白鳥が3羽居ました。
泳ぎ疲れたのか3羽とも岸辺に上がって草原(くさはら)の上で羽を繕(つくろ)って、これから昼寝するところでした。
小百合さんは近寄るのが怖いと言うのですよう。

40代の女性の怖さを持っている小百合さんにも
こういう童女のような繊細さがあるのですよね。
小百合さんの“かわゆい”ところです。

僕は50センチまで近寄りましたが
その白鳥たちも、人に慣れているようで
全くビクビクしませんでした。

旧秋元別邸の近くに田山花袋が9歳から14歳まで住んでいたという旧居が保存されていました。


(tayama.jpg)

田山花袋の『田舎教師』を読んだ事がありますが、僕の記憶では、主人公は羽生の田舎にあるお寺に下宿して僕の母校・熊谷高校(当時の旧制熊谷中学)に毎日、朝4時から5時ごろに起きて4時間歩いて通っていた、というような事を読んだことがあります。
初めて読んだ時、信じがたい事をしていたものだと驚きました。
僕が通ってた頃、校長室の前の廊下にガラス張りのケースがあって、その中に旧熊谷中学校第三回卒業生の写真の中に、小林秀三(林清三のモデル)の少年時代の姿を見たことがあります。

小百合さんが卒業した館林女子高校は田山花袋の旧居から歩いて5分のところにありました。
女子高時代、校門の近くの食べ物屋さんでラーメンだか、うどんだか、あるいはカップヌードルだったか。。。
それを買って戻って来る時に校門のすぐ前で、それをぶちまけてしまい、後片付けをしなければと思ったけれど、結局、何もしないでそのままにして教室に戻ってしまった。
そんな事をいつだったか小百合さんが書いていました。

12月にバンクーバーに戻るまでに
小百合さんの面白いエピソードが、もっともっと聞けるような気がするのです。
楽しみにしていま~♪~す。

では、小百合さんに捧げる短歌を。。。

 
 
館林
 
 
季節外れの
 
 
桜咲き
 
 
かわゆいきみに
 
 
胸ときめかせ

 
 

(cherry81.jpg+sayuri78.gif)


『味噌がビミョーな田楽』より
(2012年1月19日)

館林駅前で小百合さんを待っている時に、手持ち無沙汰のままブラリと広場に向かって歩いて行ったら次の裸婦像に出くわしたのですよ。


(tateba02.jpg)

。。。で、このヌードの像にデンマンさんはハマってしまったのですか?

いや。。。 別にハマったわけではありませんよう。 たまたま上の本を読んで懐かしく思い出したのですよ。

埼玉県にも駅前には裸婦像が多いのですか?

与野駅の裸婦像はすでに貼り出したけれど、東松山市にある、東武東上線高坂駅の西口を出ると歩道の両脇に裸婦像が並んでいるのですよ。


(matsuya2.jpg)


(matsuya3.jpg)


(matsuya1.jpg)

なんと32体の塑像が並んでいるのです。 まるで駅前の野外ギャラリーですよ。

有名な芸術家の作品ですか?

有名かどうか知らないけれど、高田博厚さんという彫刻家が制作したものですよ。 なかなか見ごたえがあります。

つまり、デンマンさんは 上の裸婦像を含めた32体の塑像が駅前の通りに並んでいることに 改めて感動して「駅前のヌード」というタイトルにしたのですか?

いや。。。 そればかりじゃありません。 考えてみたら、確かに アメリカやカナダの駅前には ヌードの像なんてどこにもないですよ。 少なくとも僕の記憶にはない。 バンクーバーの鉄道や地下鉄の駅前にも裸婦像はないですよ。

どうしてですか?

おそらく、ヌードの像は美術館だけで公開するという暗黙の了解事項になっているのかもしれませんよ。

じゃあ、なんで日本では駅前に裸婦像がたくさん展示されているのですか?

もちろん、はっきりとした理由は僕には解らないけれど、日本の場合は前例があると真似をしますからね。 日本人の特性として、隣がテレビを買うと、自分の家でもテレビを買いたくなるでしょう!? 隣が車を買うと、自分の家でも車を買う。 右向け右をすれが、日本人一億人が右向け右をするような。。。 “一億玉砕!” 戦争中は特にそのような傾向があったようですからね。。。

つまり、「1920年、東京駅前の日本工業倶楽部屋上につくられた無題の男女像」を真似て、西洋かぶれした駅長さんの一人が駅前広場に裸婦像を設置した。 そしたら、それを前例として日本各地の駅前広場に、裸婦像が設置されるようになったと言うことですかァ?

たぶんねぇ~。。。 それ以外に考えられないでしょう!?


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
実は、あたくしも裸婦像のモデルになってください、と頼まれたのでござ~ますわよう。
うふふふふふ。。。

でも、一糸もまとわずに男性の前に立つのは恥ずかしかったのですわァ。
だから、パンツとブラをつけたままならいいです、とお答えしたのですう。

「仕方ありません、卑弥子さんが そう言うのであれば、それでもけっこうです」ということでした。
それで、あたくしは次のような姿になって彫刻家の前に立ったのでござ~ますゥ。


(curtain5.jpg)

つまり、あたくしがモデルになって出来上がった裸婦像が、どこかの駅前に立っているのですわよう。


(hakoda02.jpg)

たぶん、こんな感じでしたわァ。
うふふふふふふ。。。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(kinuga25.jpg)

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』

■ 『ポックリゆきたいの?』

■ 『ツナサンド』

■ 『消えたカラスの巣』

■ 『ハルヴァと軽井沢』

■ 『トリュフ、梅毒、ポテト』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のハルヴァ』

■ 『ハルヴァの面白い話』

■ 『松茸と靴下』

■ 『気になる臭い』

■ 『ハルヴァの面白い話再び』

■ 『ベーグルの夢』

■ 『私、食べるの大好き』

■ 『べーグルの面白い話』

■ 『まりちゃんのべーグル』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)
 

ファシスト管理人と芸術

2013年7月14日

   
 
ファシスト管理人と芸術
 


(rafu002b.jpg)


(hitler2.gif)
 

デンマンさん。。。、またオイラをお呼びですか?

オマエ、僕に呼ばれるのが嫌なのかァ~?

できたら呼んで欲しくありません。

どうして。。。?

だってぇ、またイジメられそうな気がするのですよゥ。。。

オマエが喜ぶように、わざわざきれいなビキニの女性を画面に貼り付けたのだよ! もっと嬉しそうな表情を受かべたらどうなのォ~?

デンマンさんは、オイラが女好きだと思い込んでいるのですか?

あれっ。。。 オマエは男好きなのォ~?

違いますよう。。。 やだなあああァ~。。。 オイラは「言葉狩り」と「写真狩り」が好きなのですよう。 うへへへへへへ。。。

うん、うん、うん。。。 確かにその通りだよう。。。 オマエがちゃんと自覚しているならば、僕は余計な事はもう言わないよう。

。。。んで、今日はオイラには芸術が解らないと誹謗中傷するのですか?

僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように常日頃から最善の努力をするように心がけているのだよ。 (微笑)

そのデンマンさんが、どうしてオイラには芸術が理解できないと誹謗中傷するのですか?

あのなァ~、根拠も無くオマエの悪口を言うことが誹謗中傷なのだよ。 オマエには芸術を理解する能力も教養も無いと僕が言うからにはちゃんとした根拠があるのだよ。

だから、余計な事は言わなくても結構ですから、その根拠とやらをさっそく見せてくださいよ。

オマエがそう言うならばまず次のリストを見て欲しいのだよ。


(ame30711d2.gif)

これは7月11日の「人気記事リスト」なのだよ。 赤枠で囲んだ 4番に注目して欲しいのだよ。

あれっ。。。 オイラが未公開にしてますねぇ~。 うへへへへへ。。。

笑ってる場合じゃねぇ~だろう! オマエは懲りも無く「言葉狩り」、「写真狩り」を続けているのだよ。

いけませんか?

あのなァ~、オマエが「言葉狩り」、「写真狩り」を続けているのでアメブロ会員がどんどん他のサイトへ引越ししているのだよ。

そのように言うからにはデンマンさんは証拠を握っているのでしょうね。

もちろんだよ! 根拠も無いのにデタラメを言うことはアメブロのファシスト管理人を誹謗中傷することになるからね。 ちゃんと証拠があるのだよ。 まず次のリストを見て欲しい。


(ame30622f.gif)

緑の枠で囲んだ18番と19番に注目して欲しいのだよ。


18 6月1日  11542276859 『Elephant Cries』

19 6月10日 11548862328 『ホワイトソースの思い出』

アメブロでは投稿するたびに URL が一つづつ増えてゆく。 つまり、6月1日に僕が『Elephant Cries』を投稿してから6月10日に『ホワイトソースの思い出』するまでの10日間に、アメブロのアクティブユーザーがどれだけの記事を投稿したのか?

そんな事が上の数字から計算できるのですか?

オマエには、そのような簡単な事が理解できないのォ~?

解りません。

次のように計算すればアメブロのアクティブユーザー数がすぐに出るのだよ!

11548862328 - 11542276859 = 6585469 記事 (10日間)

6,585,469 ÷ 10日間 = 658,547 記事/1日

つまり、アメブロの一人のアクティブユーザーが1日に1つの記事を投稿すると仮定すると、6月になってからのアメブロのアクティブユーザーは当然のことながら 658,547人になるのだよ。

デンマンさんは算数が天才的に得意なのですね。 うししししし。。。

あのなァ~、このぐらいの計算ができても算数が天才的に得意だとは常識的な日本人ならば、誰も言わないのだよ。

。。。んで、この計算が証拠だというのですか?

いや、証拠をオマエに見せるには、もう一度7月11日の人気記事のリストを見てもらわねばならない。


(ame30711d3.gif)

緑の枠で囲んだ 15番と16番に注目して欲しい。 同じように計算すると次のようになる。


16 7月1日  11564142848 『デジカメ活用術』

15 7月10日 11569788711 『ファシスト管理人の怠慢』

11569788711 - 11564142848 = 5645863 記事 (10日間)

5,645,863 ÷ 10日間 = 564,586 記事/1日

つまり、6月10日から7月10日までの1ヶ月間に 658,547 – 564,586 = 93,961 活動会員/1日 。。。 要するに、93,961人が アメブロを見限って他のサイトへ引っ越ししてしまったとデンマンさんは言いたいのですか?

いや。。。 僕が言ってるわけじゃない! オマエのサイトが提供しているアクセス解析の記録に基づいて計算すると、オマエが「写真狩り」、「言葉狩り」を続けているので1ヶ月に 93,961人が アメブロを見限って他のサイトへ移ってしまったのだよ。

ウソでしょう!?

ウソじゃないだろう! 上のアクセス解析はアメブロが提供しているサービスなんだよ! オマエが自分で調べて計算してみたらどうなの?

でも。。。、でも。。。、アメブロ会員が 1ヶ月に 93,961人も アメブロを見限って他のサイトへ移ってしまうなんてことがあり得るでしょうか?

あり得るでしょうかってぇ~、僕はアメブロが提供しているアクセス解析の記録に基づいて計算したのだよ。 オマエもじっくりと僕が計算するのを見ていただろう?

もちろん、見ていましたよう。 だけど、1ヶ月に 93,961人も アメブロを見限って他のサイトへ移ってしまうなんて絶対に信じられません。

でもなァ~、1ヶ月に 93,961人が アメブロを見限って他のサイトへ移ってしまったという事は、上の記録に基づいて計算すれば間違いようの無い事実なんだよ。

どうしてでしょうか?

だから、僕は出ばなに言ったじゃないか! オマエが全く芸術を理解していないということがバレて、アメブロ会員はさらに呆れてしまったのだよ。

つまり、オイラが次の記事を未公開にしたことで、全く芸術を理解していないという事がバレてしまったということですか?


(ame30711e.gif)


『即興の詩』(未公開) アメブロ

『即興の詩』(公開) Denman Blog

『即興の詩』(公開) ライブドア

『即興の詩』(公開) FC2 ブログ

『即興の詩』(公開) Blogspot

『即興の詩』(公開) ANISEN ブログ

『即興の詩』(公開)GOOブログ(PART 1)

『即興の詩』(公開)GOOブログ(PART 2)

『即興の詩』(公開) Exblog (PART 1)

『即興の詩』(公開) Exblog (PART 2)

あのさァ~、全く同じ内容の記事を他のサイトにも投稿したのだけれど、全く問題も無く公開されているのだよ。 つまり、オマエだけが僕の記事を未公開にしたのだよ!

だから、オイラには全く芸術を理解する能力が無いとデンマンさんは断定するのですか?

だってぇ~、そうだろう! オマエだけが上の記事を未公開にしたのだよ。 それに、オマエが芸術を理解していないと考えているのは僕がけじゃないよ! これまでオマエが続けてきた「写真狩り」、「言葉狩り」を見てきて 1ヶ月に 93,961人のアメブロ会員がファシスト管理人のオマエの非常識、無責任、無関心、無教養、芸術を理解できない非文化的な態度に呆れて他のサイトに移ってしまったのだよ。

でも、オイラがデンマンさんの記事を未公開にしたって、ほとんどの人はデンマンさんの記事など読まないのでしょう?

オマエは管理人のくせして認識不足なんだね。 僕の記事は読まれているのだよ。 次のリストを見てごらんよ。


(ame30712a.gif)

これは6月13日から7月12日までの30日間のアメブロの読者数の記録なんだよ! 見れば分かるように 1日平均延べ400人ぐらいの人に読まれているのだよ。 7月11日にも延べ405人のネット市民の皆様に読まれたのだよ。

でも、オイラが未公開にした『即興の詩』は読まれなかったのでしょう?

ところが多くのネット市民の皆様に読まれたのだよ。

その証拠でもあるのですか?

もちろんだよ。 次のリストを見てごらんよ。


(ame30711.gif)

これは、オマエが未公開にした『即興の詩』の記事を僕が投稿した7月11日の時間別アクセス数の記録なんだよ。

どうして午前2時から3時までがダントツなんですか?

僕がツイッターでつぶやいたからだよ。


(twi30713b.gif)

僕が日本時間で午前2時から3時までの間に上の記録にあるように何度かつぶやいたのだよ。 バンクーバーは夏時間で16時間遅れているから、日本の午前2時は午前10時なんだよ。

デンマンさんの“つぶやき”を見てネット市民の皆様がアメブロにやって来たのですか?

その通りだよ。 URLを見ればアメブロ(amba.to)と書いてあるだろ。

。。。で、午前8時から10時までに、どうして第2の山があるのですか?

だから、僕は『即興の詩』を午前8時40分に投稿したのだよ!


(ame30711e.gif)

8時40分に投稿したので午前8時から急に読者が増えたのですか?

当然だろう! ファシスト管理人のオマエも知っているように、この人たちは僕のブログを「お気に入り」や「ブックマーク」に登録して、常に更新情報をチェックしているのだよ。


(ame30711b.gif)

分かりました。 でも、オイラが芸術を全く理解できないという証拠を見せてくださいよ。

オマエは女の裸と見ると何が何でもアダルトサイトの内容だと決め付けてしまうのだよ。

だから、余計な事は言わなくてもいいですから、オイラが芸術を全く理解できないという証拠を見せてくださいよ。

それじゃあ、まず次の2つの画像を見てごらんよ。


(rafu002b.jpg)


(rafu011c.jpg)

あれっ。。。 2つともビキニのおねえさんが描いてありますね。 うへへへへへ。。。

笑ってる場合じゃないのだよ! 実は、この2つの絵は芸術作品なのだよ!

マジで。。。?

このような時に冗談やウソやデマカセを僕は言わないのだよ! でもなァ~、もともとの芸術作品の中の女性はビキニを身に着けてないのだよ!

あれっ。。。 何も着ていない。。。 じゃあ、真っ裸ということですか?

そうだよ!

それはアメブロではダメですよう! アメブロでは全裸の女性はエロい、淫らで青少年のために良くない物だということで載せる事ができません。 それはアダルトサイトの内容です! それで、オイラはデンマンさんの記事を未公開にしたのですよ。

だから、そこが問題なんだよ! そのような非常識で、非文化的な判断は時代錯誤だというのだよ!

どうして。。。?

だってぇ、そのような非常識な事を言うのはオマエだけなんだよ! オマエだけが僕の記事を未公開にしてしまった! オマエが教養も無く、文化を鑑賞する能力も無く、芸術を理解する能力も無い事を物語っている何よりの証拠じゃないか! オマエは自分の独断と偏見でアメブロ会員の記事を未公開にする。 しかし、他のサイトの管理人と比べると、オマエのやり方が非常識で、非文化的で、時代錯誤であることが明らかなので、アメブロ会員は呆れてしまって他のサイトへ移っているのだよ!

でも、上のお姉さんがビキニを脱ぐと、どうして芸術作品になるのですか?


(rafu002b.jpg)

あのさァ~、上の絵のお姉さんがビキニを脱ぐと、それは黒田清輝が1893年に描いた『朝妝』という作品になるのだよ。

黒田 清輝 (きよてる)

(1866年8月9日 – 1924年7月15日)


(kuroda02.jpg)

鹿児島県鹿児島市出身。
薩摩藩士黒田清兼の子として生まれ、のちに伯父の子爵黒田清綱(江戸時代の通称は嘉右衛門)の養子となる。
1872年(明治5年)に上京。
小学校卒業後は漢学塾二松學舍(現二松學舍大学)に通う。
1878年、高橋由一の門人・細田季治につき、鉛筆画ならびに水彩画を学ぶ。
上級学校進学を意識し、当時の受験予備校であった共立学校、すぐに築地英学校に転校、その後は東京外国語学校を経て、1884年から1893年まで渡仏。
当初は法律を学ぶことを目的とした留学であったが、パリで画家の山本芳翠や藤雅三、美術商の林忠正に出会い、1886年に画家に転向することを決意し、ラファエル・コランに師事する。

1893年に帰朝すると、美術教育者として活躍する。
1894年には芳翠の生巧館を譲り受け久米桂一郎と共に洋画研究所天心道場を開設し、印象派の影響を取り入れた外光派と呼ばれる作風を確立させ、1896年には明治美術会から独立する形で白馬会を発足させる。
また同年には東京美術学校の西洋画科の発足に際して教員となり、以後の日本洋画の動向を決定付けた。
1898年、東京美術学校教授に就任。
1909年には洋画家として最初の帝室技芸員に選ばれ、また帝国美術院院長などを歴任した。
1917年には養父の死去により子爵を襲爵する。
第5回貴族院子爵議員互選選挙にて当選し、1920年に貴族院議員に就任している。


(kuroda102.jpg)


出典: 「黒田 清輝」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上の作品を描いた黒田清輝という人はこういう人なのだよ。 オマエは知らなかっただろう?

知りませんでした。 でも、ビキニを脱ぐとどうして芸術作品になるのですか?

そう言う事を言うから、オマエは芸術を理解する能力が無いと言われるのだよ。 それでアメブロ会員は呆れてしまって他のサイトへ移ってしまうのだよ。

。。。で、もう一枚のビキニも黒田さんが描いたのですか?


(rafu011c.jpg)

いや。。。 それは上の黒田さんの説明の中に出てくるラファエル・コランさんが描いたのだよ。 これは『フロレアル(花月)』という題名で 1886年 に コランさんが描いたものなんだよ。

ラファエル・コラン

(Raphael Collin)

(1850年6月17日 – 1916年10月21日)


(rafael02.gif)

フランスの画家。日本から留学した黒田清輝らを指導した。
パリ出身。
エコール・デ・ボザール(美術学校)に学び、1873年、美術アカデミーのサロン入選作「眠り」でデビュー。
1894年、レジオンドヌール勲章(オフィシエ)受章。画学校を主宰し、1902年エコール・デ・ボザール教授になった。

アカデミーの古典的な骨格を備えながら、印象派や象徴主義の影響を受けた優美な画風の作品を制作し、裸婦像も多い。
印象主義の影響を受けた折衷的な作風は外光派(Pleinairisme)と呼ばれる。

藤雅三の紹介で黒田清輝・久米桂一郎が指導を受け、後に岡田三郎助、和田英作もコランの元で学んだ。

日本ではこれら洋画家の師として知られるが、フランス絵画史では印象派の最盛期にあたるため、折衷的なコランの画風が評価されることは少なく、当のフランスでもほぼ忘れられた作家であるという。
日本では静岡県立美術館などでコランの回顧展(1999年-)が開催された。


(rafael12.jpg)


出典: 「ラファエル・コラン」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラファエル・コランさんというのは、こういう人なのだよ。 日本人の画家がずいぶんとお世話になっているのだよ。

コランさんは日本人が好きなのですか?

コランさんは日本人の画商である林忠正(はやし・ただまさ)さんと親交があって、熱心な日本美術のコレクターだった。 収集品には能面や浮世絵ばかりでなく、屏風(びょうぶ)や茶器などまで幅広く日本のモノを集めていたのだよ。

どうして。。。?

だから、日本のモノに美しさを見出していたのだよ。 制作中でも、時々手を休めてはそれらの品々を眺めていたというのだよ。

つまり、そうやって、自分の美意識を高めていたのですか?

オマエも、たまには解ったような事を言うじゃないか! そうなのだよ! コランさんは日本の美術品の中に、自身の感性と相通じる何かを感じ取っていたのだよ。 その日本の美へのまなざしは、日本人そのものへの興味と愛着につながっていたのかもしれない。

それで、たくさんの日本人画家をお世話したわけなのですね?

そういうことだよ! ところが、僕が黒田さんの作品とコランさんの作品を記事の中に載せると、オマエは無教養を丸出しにして未公開にしてしまった。

うへへへへへ。。。 黒田さんの事もコランさんの事も全く知りませんでした。

だから、オマエはもっと芸術を勉強してから「写真狩り」、「言葉狩り」をするべきなんだよ。

やっぱり、芸術を勉強しないといけませんか?

もちろんだよ!  「写真狩り」、「言葉狩り」をしたいのならば、オマエは少なくとも芸術の基礎を勉強すべきなんだよ!

オイラは芸術の基礎を勉強したつもりですけれど。。。

黒田清輝の『朝妝』を知らなかったという事は、オマエが美術作品について全く勉強しなかったという事実を物語っているのだよ! だから、独断と偏見で「写真狩り」をするオマエに呆れて 1ヶ月に93,961人もの アメブロ会員が他のサイトへ移ってしまったのだよ!

やっぱり、オイラは無教養で非常識で、時代錯誤なのでしょうか? デンマンさんの話を聞いていたら、もしかするとオイラのオツムは時代遅れになっているのかもしれない、と思えてきたのですよ。

確かに、他のサイトではすべて公開されている僕の記事をオマエだけが未公開にするのは、やっぱり、オマエのオツムは、ちょっと可笑しいのではないか?。。。と僕はマジで思ったよう。 でもなァ~、オマエは次の記事を未公開にしなかった。
 

(ame20404.gif)

『下つき検索』(2012年4月4日)

実は、投稿する時にオマエが上の記事を絶対に未公開にするだろうと僕は思ったのだよ。 ところが、オマエは上の記事を未公開にしなかった。 そう知った時、オマエが少しは反省し始めたのかな? 僕はそう思ったのだよ。

オイラが未公開にすると、デンマンさんはマジで思ったのですか?

そうだよ。。。 だけどなァ、オマエが、まず間違いなく未公開にするだろうと思っていた『下つき検索』が今でも公開されている。 オマエにも少しは良識があるのだよ!

デンマンさんはマジでそう思うのですか?

もちろんだよ! 何度も言うけれど、オマエが『下つき検索』を公開した時、オマエにもまだ良識が残っているのを知って僕はスキップしたい程うれしくなったのだよ!

デンマンさん!。。。マジでそう思ったのですか?

そうだよ! だからオマエも良識を失わずに今の仕事に励めよ。


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

副社長になれるかも。。。!

今の愚かな社長をクビにして

オイラが社長になってしまおうかな?!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

も一つおまけに

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


ちょっと救いようがないですよね。 ファシスト管理人は「写真狩り」と「言葉狩り」の中毒症状に陥(おちい)っているのです。 まだ心の底からの反省が足りないようですよう。 もうしばらくの間、アメブロでは言葉狩り・写真狩りが続くようです。 だから、あなたも、もし Ameblo で言葉狩り・写真狩りされたら他のサイトへ移る事も考えてくださいね。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
また「言葉狩り」と「写真狩り」ですわよ。
もう、あたくしはウンザリしているのでござ~♪~ますわ。

でも、もし、あなたがアメブロのファシスト管理人について、もっと知りたかったら次の記事を読んでくださいまし。

『CIAとファシスト管理人』

『エッチなファシスト管理人』

『エロいファシスト管理人』

『出すぎたファシスト管理人』

『アメブロ会員とファシスト管理人』

『アプルパイとファシスト管理人』

『飛べない翼とファシスト管理人』

『テレサテンとファシスト管理人』

『Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現とファシスト管理人』

『致命的な間違いとファシスト管理人』

『会員無視とファシスト管理人』

『胸@ファシスト管理人』

『エロい画像とファシスト管理人』

『オナラ芸人とファシスト管理人』

『オナラdeファシスト管理人』

『アメブロのオナラ管理人』

『おっぱいとファシスト管理人』

『デンマンとファシスト管理人』

『ヤラセとファシスト管理人』

『ガラパゴス現象とファシスト管理人』

『ファシスト管理人@ガラパゴス』

『フェイスブックとファシスト管理人』

『おめでたいファシスト管理人』

『オツムがダメなファシスト管理人』

『きまぐれなファシスト管理人』

『ファシスト管理人の愚考』

『好奇心の足跡』

『なぜアメブロ会員が減少するのか①』

『なぜアメブロ会員が減少するのか②』

『ウザいファシスト管理人』

『足跡を踏んだら…』

『処女とファシスト管理人』

『ファシスト管理人@非常識』

『正義と自由とファシスト管理人』

『石頭のファシスト管理人』

『下つきファシスト管理人』

『首を絞めるファシスト管理人』

『ファシスト管理人の怠慢』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(engbay01.jpg)


(engbay02.jpg)
 

即興の詩

2013年7月11日

 
即興の詩


(ame10204e.gif)

『実際の記事』

デンマンさん…、 なして、あんさんは、2011年の古い記事を持ち出してきやはったん?

上の記事を投稿した頃から、わてはめれちゃんが『即興の詩』サイトを再開することを待ち望んでいたのやでぇ~。。。

わたしも、いろいろと考えることがたくさんあって、そう簡単に『即興の詩』サイトを再開することができへんかったのですう。

うん、うん、うん。。。 そうらしいなァ~。。。 そやけど、その忙しいめれちゃんがどないな訳で『即興の詩』サイトを再開することに決めたのやァ~?

あんさんが次の記事を書きましたさかいに、わたしもじっくりと考えましてん。


(ame30607m.gif)

『実際の記事』

めれちゃんは上の記事を読んで、ついに『即興の詩』サイトを再開しようと思うたのかァ~?

そうですう。。。 かつての『即興の詩』サイトの短歌や詩を読もうと、たくさんの人があんさんの記事から『即興の詩』サイトへ行こうとしているのを知って、この機会に『即興の詩』サイトを再開したみようかと。。。

そうかァ~。。。? わても上の記事を書いた甲斐があったわけやなァ~。。。

思い切って『即興の詩』サイトを再開して良かったと思うてますねん。

さよかァ~。。。

そやけど、あんさんはしょうもないコメントを書きましたなァ~。。。

。。。ん? わてが『即興の詩』サイトにしょうもないコメントを書いたと、めれちゃんは言うのんかァ~?

そうですう。。。 次のように書きましたやんかァ~。。。


(mer30710b.gif)

『実際の記事』

わたしが上の詩を投稿してから、あんさんが一番初めにコメントを書いてくれたのはうれしいのやけど、あんさんは詩など読まずに、わたしが貼り付けた写真の“おいど”ばかりを見てコメント書いてますねん。

あきまへんか? (微笑)

あんさんの目の保養になったのなら、それでかまへんけど、姫ちゃんのように詩の内容にも目を当てたらどうやのォ~?

うん、うん、うん。。。 そやけどなァ~、まず写真がわての目に飛び込んできたのやがなァ~。。。 その写真を見てたら、めれちゃんがぴっちりとしたおばさんパンツを穿いてニッコリ笑(わろ)うたイメージが、わての瞼(まぶた)の裏に浮かんできたのやないかいなァ~。。。

あんさんは絶対に「おばさんパンツ」に拘ってますねん。 たまには「おばさんパンツ」を忘れて詩の内容に目を向けて欲しいねん。

めれちゃんが「おばさんパンツ」の写真を貼り付けるさかいに、詩を読む前にパンツに目が奪われてしまうねん。

わたしが穿いているのは、「おばさんパンツ」やのうてぇ“ホットパンツ”ですやん。

さよかァ~。。。 とにかく、ぴっちりと形のええ“おいど”がなんとも言えずにええやんかァ~。。。 そやけど、めれちゃん。。。 上の詩は『即興の詩』サイトではのうてぇ、めれちゃんが『極私的詩集』サイトに投稿したものやでぇ~。。。

分かってますう。 あんさんがしょうもないコメントを書いたさかいに、まずそのコメントを披露しましてん。 そやけど、『即興の詩』サイトに書いてくれたコメントも五十歩百歩ですやん。

さよかァ~。。。?

ここに書き出しますよってに、もう一度読んでみなはれぇ。。。


(mer30710a.gif)

『実際の記事』

わてはめれちゃんの誘惑するような肉体にマジで見とれてしもうたのやでぇ~。。。


(rengex02.jpg)

しばらくは、ただうっとりと上の写真だけを見つめていただけやねん。。。 うししししし。。。

あんさん。。。 ヨダレが出てますでぇ~。。。 さっさとぬぐいなはれぇ~。。。

さよかァ~。。。 とにかく、すごいなあああァ~。。。 かつて黒田清輝が初めて日本にヌードを紹介した時に、観衆が唖然として見とれたというエピソードを思い出したのやァ~。


(rafu002.jpg)

(『朝妝』 1893年 by 黒田清輝)


(rafu03.gif)

この時の観衆の気持ちが手によるように、わてにも分かったような気がしたでぇ~。。。 うへへへへへ。。。 それから詩を読んで、もう一度びっくりしたのやでぇ~。。。 

 
 
あふれ出すしずく
 
 


(shizuku02.jpg+rafu011.jpg)
 
 
あふれだすしずく
夜に咲くはなびらは濡れる

花園に迷い込んだあなた
どうかわたしを見つけて
あなただけのために
美しく光を放つから

あなただけを呼んでいるの
この声が届いたら
あふれだすしずくを
すくいとってください

そしてまだ知らぬ国へと
わたしを連れ去ってください
 
  
by めれんげ
 
2013年07月10日 11:59
 
カテゴリ詩恋愛詩
 


『即興の詩』
『あふれ出すしずく』

それにしても、めれちゃんの情熱というか。。。愛欲というか。。。ごっついなあああァ~。。。

そうですやろか?

そうやでぇ~。。。 そういえば、めれちゃんは7月1日に次のように書いてたなァ~。。。


(rainbow9.jpg)

『めれちゃんの今一つの世界』

こんにちわ。めれんげです。

この極私的詩集って、

2006年に、始めたんですよ。

で、ちょいっと読み返してみて思ったのが、

当初は、わたしの心が荒んでいたのか、

ずいぶん、荒々しい表現が目立ちます・・・

血に餓えているような、

怒りのオーラを身にまとっているような、

今とは、ちょっと感じが違うなあ、

と、われながら思います

これからの投稿は、現在製作した作品と、

ノートに書き溜めた、過去の作品を、

織り交ぜてやっていこうと思います。
 
 
by めれんげ
 


『極私的詩集の過去と現在』より
(2013年7月1日)

つまり、かつては、めれちゃんの心が荒んでいたのか。。。? 血に餓えていたのか。。。? 怒りのオーラを身にまとっているような感じで詩を書いていたのが。。。 今回は与謝野晶子路線でいくのんかァ~。。。?



 
 
 
やわ肌の

あつき血汐に

ふれも見で

さびしからずや

道を説く君
 
 
by 与謝野晶子
 


『熱き肌』に掲載 
(2010年3月12日)

愛欲路線ではあきまへんか?

いや。。。 その方がええでぇ~。。。 そやけど、与謝野晶子も上のめれちゃんの愛欲の詩を読んだら腰を抜かすでぇ~。。。

そやろかァ~。。。?

でもなァ~。。。 わてはやっぱり次のようなめれちゃんのしおらしいような、けなげと言うかァ~。。。ちょっと抑えた感じの愛の詩がええと思うねん。

 
 
小さな赤い花
 
 

 
 
わたしをあなたの庭に咲く

小さな赤い花にしてください

そして、お水を注ぎながら

何かお話を聞かせてください

わたしは何も言えないけれど

あなたの言葉を聞きながら

いろんなことを思うのです

あなたに愛されるように

いつまでも綺麗に

咲いています

だからわたしのことを

忘れずにいてください
 

by merange (めれんげ)

2010.02.19 Friday 10:24


『即興の詩 小さな赤い花』より
デンマン注: 旧『即興の詩』サイト【閉鎖】

『永遠の愛のコラボ』に掲載

あんさんは、どちらかというとロリコン趣味ですねんなァ~。。。

さよかァ~。。。 でもなァ~、わては小さな赤い花に水をやりながら、めれちゃんが『即興の詩』を再開するのをずっと忘れずに待っていたのやでぇ~。。。

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ。。。
そうですよね。
デンマンさんは何度となく、めれんげさんに『即興の詩』サイトを再開するように催促していましたわ。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

それにしても再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

検索エンジン最適化をいつも考えて頑張っている人には
「どうしたら、そんなに上位に掲載されるのォ~?」と不思議に思えたり羨ましく思えるかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

ところで、めれんげさんは可愛い猫を飼っていますが
あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?
ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。
気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『銀幕の愛』

『後白河上皇とポルノ』

『真夜中の甘い電話』

『コーヒー茶漬け』


(2ndbeach.jpg)

『めれちゃん、ホイ』

『めれちゃん、トップですよ』

『めれちゃんにノーベル賞』

『私の国では火あぶりです』

『ひまわりとピアニスト』

『1リットルのお尻流出』

『異邦人と他人』

『処女の値打ち』

『ハロウィン』

『オッパイとアクセス数』

『めれちゃんとなつみさん』

『トイレのないマンション』

『自殺の名所』

『マジで自殺したいの?』

『ブス 家持 本音』

『ビルから飛び降りるの?』

『徳子はエロカワ?』

『花は吹けども山吹の』

『自殺とマスコミ』

『なつみさん、しばらく』

『エロマンガ再訪 (PART 1)』

『エロマンガ再訪 (PART 2)』

『めれちゃんとちび猫』

『自殺したい』

『自殺する人、しない人』

『愛しいペット』

『処女礼賛』

『クオリアふたたび』

『村山たか女』

『松虫鈴虫』

『チエホフとシルク』

『めれちゃんとビクトリア女王』

『めれちゃんの即興の詩』

『五重塔心中事件』

『めれちゃんとツイッター』

『めれちゃんの再開(会)』

『めれちゃんと晶子』

『めれちゃんと今一つの世界』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

かつて、たくさんの人がめれんげさんの“即興の詩”を応援していました。

めれんげさんが『即興の詩』サイトを再開したので、懐かしく思って戻ってくるファンもたくさん居ると思います。

めれんげさんは、言わば望まれる女性です。

でも、最近の日本には望まれない女性も増えていますよね。

ええっ。。。 どんな女性が望まれない女性なのかってぇ~?

例えば、このような女性です。

動物は我が子を殺したりしないものです。

でも、日本人の母親の中には、時に、我が子を見殺しにするような母親がいます。

ええっ。。。 そのような話は聞いたことがないのですか?

でも、実際にあったのですわ。

「苫小牧子殺し事件」ですわよ。

痛ましい事件でしたわ。

情事に浸る女が子供が邪魔になって

殺してしまうという悲惨な事件でした。

北海道・苫小牧で、3歳の長男と1歳の三男の兄弟が

鍵の掛かったアパートに閉じ込められ放置されのですわ。

長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップで

飢えをしのいだのです。

三男は飢餓と低体温症で亡くなってしまいました。

昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が

無残に腐食する横で、お兄ちゃんは

必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、

ママの帰りを待ち続けたというのです。

でも、ママは新しいボーイフレンドの部屋に住み着いて

1ヶ月以上、子供たちの養育を拒み、

ボーイフレンドと遊んで暮らしていたのです。

もう、死んでいるのではないかと思って、

アパートに戻ると、長男は生きていた。

「何で生きてるの?」

冷血女性のママは長男を見て

まず、そう感じたと言うのです。

人間は、それほどまでに非情に

冷血になれるものでしょうか?!

何度読んでみても、亡くなった子供のために

涙が流れてきますわ。(めそめそ。。。)

「苫小牧子殺し事件」のことは

次の記事の中で引用されています。


(kid91.gif)

『愛の進化論』

ところで、卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)