Posts Tagged ‘デンマン’

逝く者と残る者

2016年11月8日

 

逝く者と残る者

 


(kyoto85.jpg)

デンマンさん、お元気ですか?
先月末(4月29日)、久しぶりで芳江さん(注:デンマンの母親)を訪ねてきました。
暮に伺った時「春の彼岸頃また来るから」といって…。
数えたら5ヶ月も経っているのですね。

この冬は例年になく寒く私も含めて高齢者に近づいた人には厳しかった。
芳江さんも大変だったのではと行く前に心配が大きく
電話をして様子を確かめたところ張りのある声が聞こえてきました。

会うと顔色も非常によく案じていたよりは、はるかに健康的で、私の方が薬負けしているせいか、ずっと病的だなあと思いました。
4次元の会話もほとんどなく、しっかりと的を得ていました。
(泥棒の話がひとつだけ出てきましたが。。。)

あと半年したらデンマンさんが帰ってくるからと、もう楽しみにしている状態です。
私はこの日も「芳江さん、りっぱだね」と長寿のことを誉めましたが必要以上に誉めそやすと油断するのが怖いので楽な気持ちで今まで通り気張って欲しいと勇気付けてきました。

人は皆 死に行く道を歩んでゆくわけですが、私は最近すんなりと逝ければいいなあと願うようになっています。
デンマンさんの誕生日のすぐあとに私の誕生日で、この好きな桜の季節にまた年を重ねました。


(oshi1.jpg)


(cherry21.jpg)

隠遁生活者の僻(ひが)みでしょうか?
小さいながらも事業を起こし、それが失敗したことが今でもストレスとなって追いかけてきます。
この僻み根性が顔に出ないうちに喘息という病症から抜け出たい。

デンマンさん想像してみてください。
例えば口を塞がれて鼻が詰まりながらも、かすかに息ができる。
こんな状態が続くと、もう肩で呼吸し体で息が苦しいと叫んでいます。
通常薬で抑えていますが薬は麻薬であって切れると前記のような禁断症状となります。
薬を離そうと何度も試みるのですが繰り返すばかりです。
ある程度健康に関する本は読んでいるので今更どうの、こうのということもないので、この喘息とじっくり向き合っていくより方法はないと近頃へこんでいます。

「健康は人が与えるものでなく 自分で創るもの」
中学校3年間を担任だった理系の先生が後日結核になり見舞った時の言葉を思い出します。

デンマンさんが偉いなあという点はたくさんありますが、そのひとつには健康であるということ。
その健康であるという裏打ちとは、格好をつけて言えば倫理を踏まえた自立かなあと。。。

私にはすべてにそれが欠けていた。
私の年齢では遅しですが、今から出発しようと思います。
実家の両親や芳江さんのように90歳の声は望んではいませんが念じることがとおるなら あと20年は生きたいと思います。
そして指折れば3つばかり成就したいものがあります。
今、そのひとつに挑戦しています。

明日は子供の日で休日です。
佐保姫さまの到来なくして若葉になり 冷暖房の要らない過ごしやすい時期にやっとなりました。
台湾の歌手テレサテンさんのようにならないよう私も気張って生きます。
では、お体に気をつけて。。。


(aunt201.jpg)

九条多佳子

2012年5月4日


『テレサテンと叔母』より
(2012年5月11日)


(aunt201b.jpg)

デンマンさん。。。 どういうわけで4年も前の手紙を持ち出してきたのですか?


(kato3.gif)

しばらくぶりで忘れかけている手紙を読むのも懐かしいでしょう?

上の手紙は実際に私が書いたものですか?

そうですよ。。。 僕が創作したものではありません。。。 マジで多佳子さんが2012年5月に書いた手紙ですよ。。。

どうして4年前の上の手紙を貼り出したのですか?

この記事を読む人に、多佳子さんを紹介するつもりで貼り出したのです。。。

でも、どういうわけで私を紹介する気になったのですか?

あのねぇ~、実は、土曜日の11月5日に多佳子さんの家を訪ねて、久しぶりに映画音楽を一緒に聞いて盛り上がったでしょう!


(sunfla02.jpg)

つまり、懐かしいサウンドトラックを聴いて盛り上がったので、その事を言うために わざわざこの記事を書こうと決めたのですか?

いや。。。、1年ぶりに多佳子さんに会って久しぶりに盛り上がったのは、この記事のクスグリのようなものですよ。。。(微笑) それから多佳子さんが作ってくれたエビフライを食べながら、尽きるともない話の途中で、『夢遊伝』という短編小説の原稿を見せてくれたでしょう。。。

自分の作品は人様には見せないのですけれど、ついつい話の流れで取り出してしまったのですわ。。。

実は、その短編小説を僕は何度も読んだのです。。。 ここにその作品全部を書き出したいのは やまやまなのだけれど、ネットで公開すると、多佳子さんが作品を発表する時の妨げになると思ったので、僕はあえてここでは公開したくない。。。

つまり、この記事で私が書いた小作品の批評をするつもりなのですか?

批評と言うほどの大げさなものじゃありません。。。 ただ、多佳子さんの作品を読んで、僕はインスピレーションをもらったのですよ。。。 そして書いたのが次の小文です。。。 ちょっと読んでみてください。

逝く者と残る者


(grave02.jpg)

逝く者は残る者に何を残してくれるというのだろうか?
百歳にあと数歩、母は寿命をまっとうしてあの世へ逝った。
一人残された私は抜け殻同然になった。

脱皮する生き物は身も殻も輝いて美しいが、私には跡形すらもない。
正気を失った顔は垢まみれで人相まで変わってしまった。
延び放題の無精ヒゲがよけいに哀れだ。

母は自由奔放に生きてきた女だ。
私が物心ついた頃には、すでに何人かの男と暮らしてきていた。
新進気鋭の画家としてマスコミにも注目され、美術界にも相当な影響を与えてもいた。
しかし、当時、私が父と思い込んでいた人物は私の実父ではなかった。

もちろん、私はその人物を実父だと信じていたのだけれど中学生になった頃に、ふとしたことで母の女友達から実父の存在を知らされた。
その人物は酒びたりで廃人のようになっており、私には到底彼を実父だと認める心のゆとりなど持ち合わせてはいなかった。
私は、その秘密を封印して心の奥底に仕舞い込んだのだ。

養父は母を師と仰ぎ、また母を愛した年下の画家だった。
私には実父以上に父のごとく接してくれ、むしろ母以上に私に愛情を注いでくれた人だった。

しかし自由奔放で我儘な母にとって、養父はやがて物足りない人物に見え始めたに違いない。
母は別の男を愛人に持つようになった。

それからの波乱に富んだ母の長い歳月は、ここに書き出すこともないだろう。
それは私にとって不快で不幸な記憶でしかなかった。

社会人になった私は母とは一貫して距離を置いた。
出生に問題を持った私は母を誹り、実父を呪い、養父に感謝しながらも、心のどこかで自分を責めた。
母の死をきっかけに一人残された私は会社を辞め四国巡礼の旅に出た。


(iwaya02.jpg)


(shikoku09.png)

『拡大する』

弘法大師ゆかりの88か所の寺院を訪ね歩く旅は、私の心に不思議な平穏をもたらすかのように思えた。
ところが、45番札所の岩屋寺に向かう時に私は不思議な体験を持った。

標高700m。奇峰が天を突き、巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇がたたずむ典型的な山岳霊場である。
神仙境を想わせる境内は、昔から修験者が修行の場としていたようで、さまざまな伝承が残されている。
中腹で私は粗末な僧衣をまとう老人に出くわした。


(bonzu08.jpg)

手には南天竹の瘤杖を持っている。
杖で地面を突っつきながら私を見て言った。
「供人になれ」
だみ声である。

怪訝な様子でたじろいでいる私にさらに脅威のだみ声が響いた。
「ついて来い」
老人の後を追った。

深い森に入ると常緑樹で日差しは遮られ薄暗い。
私は急ぐことも走ることも不慣れだが、仕方なく疾走する老人の背を見ながら転がるようにあとから続いた。
やがて老人は言った。
「儂は、ここからは行けぬ」
遠くに連なる峰を杖で指して続けた。
「あの頂に御堂がある。
その裏手の坂道を下ると一間四方の鏡がある。
それは己のすべてを映す鏡だ。
特と見るがよい」

私は老人に言われたとおりに御堂に参拝し裏手の坂道を下った。
やがて、ひっそりとした池に出た。
老人の言う鏡とは、この池であり、私を映すのも、この池に違いない。
私は深く透き通った池の水面を見つめた。

その水面に突如老人が出現した。
そして次のように言った。
「生きよ。力強く、強く生きよ」
やがて老人は影もなく消えた。

再び淵に身を乗り出す。
そこには老人よりも更に老いた私がいた。
驚愕のあまり、後ろに退くと尻餅をつき、反射的に手にした石を水面に投げた。
さざ波が輪を広げ、やがて静寂があたりを覆った。


(pond01.jpg)

しかし、私の心は平穏ではなかった。
涙があふれてきた。
私の人生、母の人生、過ぎ去った日々のことが、走馬灯のように私の脳裏を横切ってゆく。
私は夢の中を長い間彷徨していたにすぎないのだろうか?

秘匿した遺骨を母の故郷に納骨したのは、没後13年になろうとする秋だった。


(urn001.jpg)

By デンマン

あらっ。。。 私が書いた『夢遊伝』とは似ているようで、核心の所がだいぶ違ってますわねぇ~。。。

そうです。

でも、どうして上の小文を私に読ませるのォ~?

僕が多佳子さんの作品を批評すると、多佳子さんは表面上はともかく、心の奥でムカつくと思うのですよ。。。

それは、デンマンさんの独断と偏見ですわ。。。 私は批評する方の意見をありがたく受け止めるだけの心のゆとりを持っているつもりです。

そうですか? とにかく、僕は多佳子さんの気持ちを逆なでしたくないので、批評のつもりで上の小文を書いてみたのです。

結局、デンマンさんは何が言いたいのですか?

だから、上の小文を読んでもらえば、聡明で文学の素養がある多佳子さんならば、僕が言おうとしていることを察することができると思うのですよ。

できませんわ。。。 回りくどいことは言わないで細木数子さんのようにズバリ!と言ってくださいなァ。。。

多佳子さんがそのように言うならば一言だけ付け加えたいと思います。

それは何なのォ~?


(sansui07.jpg)

   “枯山水の水”

僕は多佳子さんの『夢遊伝』を読んで主人公の心の悩みが見えてこなかった。。。 つまり、多佳子さんの作品が上の写真だとしたら、僕には水を見ることができなかった。。。要するに、枯山水は枯山水のままだったのですよ。

それは、デンマンさんの想像力が足りなかったからですわ。。。 (モナリザの微笑)

確かに、そう言われてしまうと身も蓋もありません。。。 でもねぇ~、凡人でも解るように、僕の小文には主人公の心の悩み見えていると思うのですよ。。。

デンマンさんが、もっと心を研ぎ澄まして私の作品を読めば、枯山水の中に水の流れを読み取ることができますわよう。(更に微笑)


(smile008.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
九条多佳子さんという人はデンマンさんの叔母さまでござ~♪~ますわ。

デンマンさんのお母様の一番年下の妹さんですってぇ。。。
だから、デンマンさんとは年が6つしか離れていないのですわ。
つまり、デンマンさんにとっては従姉のような存在なのでござ~♪~ますう。

これまでにも、何度かデンマンさんの記事に登場しています。


(beat44.jpg)

“キャ~ 素敵ィ~♪~”

突然 話は変わりますけれど、ビートルズは、あたくしのアイドルですわァ!
未だに あたくしの魂を震わせるのでござ~ますゥ。
うふふふふふ。。。


(bmania22.jpg)


(bmania03.jpg)

でも、日本も含めて世界中にビートルズの熱狂的な嵐が吹き荒れたのは、あたくしが生まれる以前のことでした。

ところが何度も何度もビートルズを夢で見るようになってから、
軽井沢の万平ホテルに行くと
ジョンレノンとあたくしがカフェテラスで会うのでござ~♪~ますう。


(karuman52.jpg)

滞在中のジョン・レノンは朝9時半ごろ、

このカフェテラスに下りてきたのですよ。

わたしたちに「おはようございます」と

日本語であいさつしたものですわ。

いつも庭に面した一番奥の席にすわって、

他のお客様には背を向けるような格好で

腰掛けていました。

ジョン・レノンのお気に入りは

ローヤルミルクティーでしたわ。


(karuman62.jpg)

『幸福の谷』より
(2008年4月6日)

あたくしは万平ホテルのカフェテラスでマジでジョン・レノンとローヤルミルクティーをいただいている記憶が鮮明に甦ることがあるのでござ~♪~ます。

あなたは信じられないでしょう?
あたくしだって信じられないのですから。。。
おほほほほほ。。。

われわれの記憶が、

真実と作りものによって

構成されていることに似ている。

記憶というのは時間とともに

どんどん変化していく。

横尾忠則さんが、このようにおっしゃったのでござ~♪~ますわ。
あなたも、そう思いませんか?

とにかく次回も面白くなりそうですう。
だから、あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあねぇ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)
■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『愛とロマンの小包』


(hara16.jpg)

『虹のかなたの奇跡』

『虹のかなたから生還』

『北本から見る富士』

『愛の進化論』


(hara20.jpg)

『愛の奇跡』

『奇跡の回復』

『母上様@行田』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんの叔母さんは洋画が趣味なのですってぇ。。。

1992年に製作されたアメリカ映画

“クールワールド”をご覧になったらしいですわ。


(world2.jpg)

アニメーション作家のラルフ・バクシが手掛けた、

実写とアニメの合成映画でした。

全年齢対象であった『ロジャー・ラビット』と違い、

お色気シーンもある作品でした。

キム・ベイシンガーがアニメと実写の奔放で

セクシーなヒロインを演じ、

ブレイク前のブラット・ピットも出演して

話題になりました。

交通事故に遭ったフランク(ピットが演じる)は

“クール・ワールド”に迷い込み、

その世界の捜査官となります。

彼は自らを創造した漫画家とセックスし

人間界で現実化しようとする悪人の企みを

阻止しようとするのです。

きめ細かな背景によりアニメの持つ不思議な世界が

奥行き深く見事に表現されています。

観る値打ちがありました。

日本では未公開でしたが

デンマンさんの叔母さんは

DVDを借りて観たのでしょう。

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてくださいね。


(bitegirl2.gif)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(monroe92.jpg)


(byebye.gif)

日本で再会

2015年11月19日

 

日本で再会

 


(arrival2.jpg)


(utsunomiya5.jpg)


(utsunomiya3.jpg)


デンマンさん。。。 太田将宏さんというのはどういう方なのですか?

。。。ん? 太田将宏。。。?

そうですわ。

真由美ちゃんは どうして太田将宏のことを知ってるのォ~?

デンマンさんが11月16に投稿した『きみ待ちわびて』を読んでいたら次のコメントに出くわしたのですわ。

denman705 Says:

2015年11月10日 3:17 PM | 返信 編集


(foolw.gif)

相変わらず愚かな

太田将宏ちゃんへ!

オマエは相変わらず馬鹿だね!
きゃはははは。。。

今、日本へ帰省しているのだよ!
やる事が多すぎて、愚かなオマエに付き合っている暇がないのだよ!

真由美ちゃんがVancouver Community Collegeに通っているけれど、
2週間休暇を取って、日本に帰ってきた。

11月11日、つまり、明日、会うことになっている。
それに、軽井沢タリアセン夫人とも12日会う予定なんだよ!

オマエのような愚か者にこうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
一応、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくったので、
このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!

だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!
オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!
じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
最後に、ぎゃはははははは。。。


『相変わらず馬鹿か?』のコメント欄より


(love126.jpg)

『きみ待ちわびて』にも掲載
(2015年11月16日)

あのねぇ~、めれんげさんの愛の短歌を読むのはいいことですよ。。。 でもねぇ~、太田将宏の事は無視してください。

でも、やっぱり気になりますわ。

あのねぇ~、真由美ちゃんとの再会の話をしたいのに、ここで愚かな太田将宏のことを取り上げると気分が壊れてしまうのですよ。。。 だから、関心があったら次の記事を後で時間があるときに読んでね。


(tora06.gif)

『相変わらず馬鹿か?』

デンマンさんの気分が壊れてしまうほど嫌な相手なのですか?

そうですよ。。。 せっかく日本へ帰省して貴重な時間をこうして真由美ちゃんと会って楽しんでいるのですよ。。。 だから、この時間は太田将宏を無視してね。

分かりましたわ。。。 デンマンさんがそこまで言うのでしたら、後で上の記事を読ませてもらいますわ。

そうしてください。。。 今日は真由美ちゃんの母校の話をしましょう。

私の母校の話なんてデンマンさんには面白くないと思いますわ。

いや。。。 そんなことはありませんよ。。。 宇都宮商業高校は餃子で有名な街にありますからね。。。僕はぜひ宇都宮でも真由美ちゃんに会いたいのです。


(utsunomiya4.jpg)


(utsunomiya6.jpg)


(utsunomiya8.jpg)


(utsunomap.png)

『拡大する』

デンマンさんは餃子が好物なのですか?

餃子が嫌いな人ってぇまだお目にかかったことがありませんよ。

私も餃子が大好きですわ。。。 子供の頃から餃子をたくさん食べていました。

どこが旨いのですか?

宇都宮で有名なのは、「まさしの餃子」や、「餃子のみんみん」です。


(minmin01.jpg)


(minmin02.jpg)

こうして行列ができるほど美味しいのですわ。

真由美ちゃんも よくこの店へ行くのォ~?

いえ。。。 私は、どちらかと言えば、「まさしの餃子」へ食べに行きました。


(masashi01.jpg)


(masashi02.jpg)

「まさしの餃子」の方が旨いのォ~?

それほど違いがないと思います。。。私の実家の近くに「まさしの餃子」があったので、子供の頃から このお店の餃子の方が口に合っているのです。

そうですか。。。 そうですか。。。 とにかく、真由美ちゃんと一緒に食べたら一味旨いですよ。。。 ところで、真由美ちゃんは高校時代はどの部活をやってたのォ~?

バトン部ですわ。

バトン部。。。?

そうです。。。マーチングバンド・バトントワーリングをやってました。


(utsunomiya9.jpg)


(utsunomiya10.jpg)


(mayumi72.jpg)

これは私が栃木県大会に参加した時の写真ですわ。

あれっ。。。 こういうセクシーな踊りをやってたんだァ~。。。

別に セクシーだとは思いませんわ。

冗談です。。。 冗談です。。。 でも、どうして AKB49 のオーディションを受けずにベーグルの道に進もうとしたのォ~?


(vcc02.jpg)


(baker112b.jpg)


(baker111b.jpg)

私はベーグルにハマってしまったのですわ。

そうですか。。。そうですか。。。 じゃあ、事のついでに宇都宮で最も旨いベーグルを売っている店に連れて行ってねぇ。

わかりました。。。 デンマンさんのために見つけておいたお店がありますわ。


(chick02.jpg)


(utsunomap.png)

『拡大する』


(chick01.jpg)


(chick03.jpg)

ほおォ~。。。 たくさんの旨そうなベーグルが並んでますねぇ~・・・ 旨いベーグルを選ぶのが楽しみですよ。

私も、日本のベーグルの味を楽しみにしています。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたも時間があったら宇都宮で餃子とベーグルを楽しんでくださいませ。

ところで、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、Vancouver Community College で、パン職人、ベーグル職人を目指して勉強しています。
いづれはカナダに移住するつもりでござ~ます。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

あたくしが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのですわァ。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。

じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ハマグリの足跡を追って

2015年3月30日

 

ハマグリの足跡を追って

 


(lookanim.gif)


(hama10.jpg)


(bipedal.gif)

(bare02b.gif)

 

こんにちは。ジューンです。

女性器を貝にたとえるのは

世界的な現象のようですね。

貝の種類は国によって違いますけど

英米では「かき」、

フランスは「ほら貝」のようです。

日本では「ハマグリ」とか「赤貝」が

代表的なようです。

以前、デンマンさんが見せてくれた

「青柳」と呼ばれる貝は

確かに女性のアソコに良く似ていました。


(hime02.jpg)

関東地方では「バカガイ」と呼ばれるそうです。

四国や九州では姫貝と言うそうです。

地方によっては「とり貝」とも言うそうです。

アサリやハマグリなどと並んで

日本では食用としてなじみ深い貝だそうです。

どうして「バカガイ」と言うような

可笑しな名前が付いているの?

デンマンさんによると、オレンジ色をした

筋肉による足である斧足(ふそく)が、

あたかも舌のようにだらりと殻の外に出るさまから、

「馬鹿」が口からだらしなく

舌を出しているように見えるので

「馬鹿貝」と呼ばれるようになったそうです。

うふふふふふ。。。

殻の外側は黄褐色の殻皮を被り、

肉色を帯びた灰白色で、

後端部は淡紫色をしています。

「青柳」という呼び名は、昔、バカガイがよく獲れた

千葉県市原市青柳の地名に由来しているそうです。

干物にしたものは珍味として珍重されています。

九州では「姫貝」と呼ばれ、

良質で大きいアオヤギを伸ばして

乾燥させたモノは高級珍味です。

近頃は、とれる量も減り、

まさに希少な珍味だそうです。

お酒をふりかけ、弱火で焦げないように

焙って食べると美味しいのだそうです。


(aoyagi9.jpg)


(laugh16.gif)


『ハマグリ秘話』より
(2010年1月10日)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 どうしてハマグリに拘(こだわ)るのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

いけませんかァ~?

別に あたくしは かまいませんけれど ハマグリの記事が連日続いたら デンマンさんのブログの常連さんも飽き飽きすると思うのですわァ。

でも、なかには ハマグリが何よりも好きだと言うネット市民も居ると思うのですよ。

それは デンマンさんだけですわよう。

そうかなァ~♪~。。。 卑弥子さんはハマグリの話が嫌いなのですかァ~?

あたくしは ハマグリの話よりは婚活の話の方がいいですわ。 今年は、何が何でも結婚のお相手を見つけたいと思っているのですものォ~。。。

だったら、ハマグリの話も卑弥子さんにとって マジで大切じゃありませんかア!

それは、どういうわけでござ~ますか?

だってぇ~、結婚式にはハマグリが欠かせないのですよ。

あらっ。。。 マジで。。。?

やだなあああァ~。。。 これまでにも、何度となく ハマグリと結婚式の関係について僕は話したじゃありませんかァ!

そうでしたかしらァ~?

忘れてしまったのですか? 次の川柳を思い出してくださいよう。

蛤は 初手赤貝は 夜中なり

ジューンさんのお話から、「ハマグリ」と「赤貝」が女性のアソコを象徴する代表的なものであるならば、上の川柳はエロいお話でござ~♪~ますわねぇ。

そのように言ってしまったら身も蓋もないのですよう。 確かに、上の川柳はエロいのですよう。 うししししし。。。 でもねぇ~、ただエロいだけじゃない!

つまり、ミーちゃん、ハーちゃん、八っつァん、熊さんの知らない奥深い意味があるのでござ~♪~ますか?

その通りですよう。 まずねぇ、貝は女性器に似ているから、女の子の祭りである「ひな祭り」にハマグリの吸い物がでます。 当然のことだけれど、結婚式の祝いにも蛤のお吸い物が出る。

上の川柳は結婚式の時のものでござ~♪~ますか?

そうなのですよ。 婚礼の時、新郎は初めに蛤の吸い物をいただくという意味ですよう。 吸い物として蛤は婚礼の一番はじめにでてくるのです。

。。。んで、「赤貝は 夜中なり」とは?

婚礼の食事も終わり、何もかも済んで、新郎は初夜の床で最後に赤貝をいただくという意味なのですよう。 うしししし。。。


(kiss007.gif)

つまり、「赤貝」というのは花嫁さんのアソコでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。 「ハマグリ」も「赤貝」も花嫁さんを象徴している。 だから、「ハマグリ」のお吸い物は汁は飲むけれど、絶対にハマグリの実を食べない。

マジで。。。?

だから次のような川柳もある。

“蛤は吸うばかりだと母教え”

「蛤の吸い物はねぇ、実は食べないでぇ、汁だけを吸うのよォ。。。いいわねぇ~?」と、経験豊富な母親が花婿に教えるのですよう。 うししししし。。。

ホントにマジですか?

僕はウソと花嫁の尻は突きません。 (微笑)

。。。。それで、デンマンさんは 今日 いったい 何をするつもりなのでござ~ますか?

だから、タイトルに書いたように“ハマグリの足跡を追”うのですよ。 ちょっと次の検索結果を見てください。


(gog50328a.png)

『現時点での検索結果』

3月28日に「ハマグリ デンマン」と入れて これまで 僕が どのくらいのハマグリの記事を書いているか調べてみたのですよ。

あらっ。。。 5,800件もヒットするではござ~ませんかア! これだけの。。。、これだけのハマグリの記事を書いたのでござ~ますかア~♪~!?

もちろん、全部 僕が書いたわけじゃありませんよ!

でも。。。、でも。。。、「ハマグリ デンマン」と入れて 5,800件もヒットするということは 例え 10%をデンマンさんが書いたとしても 580の記事を書いたということですわア! それに、上のリストに表れた記事のタイトルを見ただけでも、デンマンさんが書いた記事がほとんどですわァ。

確かに、青枠で囲んだ記事は、僕が書いたものだとすぐに判ったのですよ。 でもねぇ~、 赤枠で囲んだ記事に注目してください。

『もぐり込む』というタイトルでござ~ますわねぇ~。。。

そうです。。。 でもねぇ、このようなタイトルをつけて ハマグリの事を書いた覚えがないので 記事を確かめてみたのですよ。


(spo50328.png)

『拡大する』

ブラウザの 検索窓 に“ハマグリ”を入れて検索してみたら 4つヒットしました。 でもねぇ~、本文の中じゃなくて 右のサイドバーの中の FEEDJIT のリストの中ですよ。

あらっ。。。 このFEEDJIT というのは どのようなリストなのでござ~ますかァ~?

リアルタイムで僕のブログにアクセスした人が どこの国から、どのOS と ブラウザーを使って どのウェブサイトからアクセスしたのか? そういうことが解るリストなのですよ。 リストの一番下の グリーンのバーをクリックすると 次のような詳しいリストが飛び出すのですよ。


(fed50328.png)

『拡大する』

あらっ。。。 とっても面白いリストなのですわねぇ~。。。 でも、ハマグリのお話を読みたくてやって来た人は、記事が読めないのでガッカリしますわねぇ~。。。

いや。。。 ガッカリする必要はないのですよう。。。 なぜなら、上のリストを表示すれば、このリストの中から『ハマグリ裏話』、『ハマグリにハマる』、『ハマグリ笑話』、『ハマグリ秘話』をクリックして読むことができますからねぇ~。。。

あらっ。。。 そうなのでござ~ますかァ?

もう一度、検索結果を見てください。


(gog50328a.png)

『現時点での検索結果』

上の検索結果の一番下の緑で囲んだ箇所に注目してください。

「床上手な女」について-ブログネタ-ライブドアブログ と書いてござ~ますわァ。

これは記事じゃないのですよ。 明らかに「ブログネタ」が書いてあるのですよ。 いったい どのようなことになっているのか? クリックしてみました。 次のページが出てきたのですよ。


(liv50328t.png)

『実際のページ』

このブログネタはデンマンさんが書いたのでござ~ますか?

すっかり忘れてしまったけれど、文章を読んだら、僕が書いたのだと解りましたよ。 5年前に書いたのですよ。

。。。で、その時に このブログネタを使って『ハマグリ笑話』という記事を書いたのでござ~ますかァ?

忘れてしまったけれど、そうらしいのですよ。 (微笑) ついでだから リストの2ページ目も調べてみました。 卑弥子さんも 検索結果を見てください。


(gog50328b.png)

『拡大する』

あらっ。。。 あたくしのお写真が出てきたじゃござ~ませんかア! おほほほほほほほ。。。。

卑弥子さんが ますますネットで有名になりますよう。

じゃあ、今年こそ、あたくしの結婚のお相手が見つかるでしょうかしらァ~?

見つかります。。。見つかります。。。 期待していいですよ。。。 でもねぇ~、今日は卑弥子さんの婚活の話ではないのですよ。

あらっ。。。 デンマンさんは あたくしの結婚のお相手を探すために この記事を書いたのではないのでござ~ますかァ?

そのうち書きます。 上のリストの赤枠で囲んだ記事については昨日の記事で書いたから、これは飛ばします。


(kuwana80.jpg)

『ハマグリの誘惑』

リストの3ページ目を見てください。


(gog50328d.png)

『拡大する』

赤枠で囲んだのは僕のブログじゃないのですよ。

「にほんブログ村」のオヤジ日記 「人気ブログランキング」ですわね。

そうです。 クリックすると次のページが出てきます。


(mur50328a.png)

『拡大する』

あらっ。。。 デンマンさんの『徒然ブログ』は 826位で全然人気がないじゃござ~ませんかア!

あのねぇ~、この人気ランキングに登録している人が 8832人いるのですよ。 だから、826位ということは 1000人だとしたら、100番以内に入っているということですよ。 だから、全然人気がないと言うわけでもないのですよ。

。。。んで、青枠で囲んだ「海外生活ブログ村」のカナダ情報では、どうなっているのでござ~ますかァ?

クリックすると次のページが出てきます。


(mur50328c.png)

『拡大する』

あらっ。。。 カナダ情報人気ランキングでは、50位以内に入ったのでござ~ますか?

いや。。。 残念ながら入ってないのですよ。。。 でもねぇ~、このページに“ハマグリ”が出てくるはずだから、ブラウザの検索窓に“ハマグリ”を入れてクリックしてみました。 そしたら、右のサイドバーの中の「最新投稿記事リスト」に 日本時間の3月28日 午前4時12分に投稿した『ハマグリにハマる』が表示されていたのですよ。

つまり、“ハマグリの足跡を追って”というのは、こうして“ハマグリ”をネットで探すことだったのですか?

そうです。。。 いけませんか?


(artface2.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
つまらないことで、デンマンさんは記事を書いたものですわ。

でも、せっかく、あなたは、ここまで読んでこられたのだから、何かの参考になさってください。

では、取って置きの情報をあなたにお伝えしますわ。
もちろん、ハマグリに関係することでござ~ますわ。

“ハマグリのガソリン焼き”というのを聞いたことはないでしょう!?


(clam80.jpg)

聞いただけでも、食べられそうにないように思うのですけれど、
これが、なかなかイケルそうなのですわ。

北朝鮮の郷土料理でござ~ますう。
屋外で調理されるもので、日本では「ハマガソ」と呼ばれることもあります。

どのように料理されるのかというと、
生のハマグリの上にガソリンを掛けて 一気に焼き上げるのですわ。
生貝を蒸し焼きにする調理の一種で、意外にもガソリン臭さは無く美味であると言うのです。

一見簡単な調理法でござ~ますが、室内で調理することは禁忌ですってぇ~。。。
現地でも行わないそうです。

燃料を貝の中へ混入させない工夫が必要です。
また、手短に十分加熱するのがコツです。
加熱が十分でないと食中毒の恐れもあります。

引火しやすい燃料を用いるため、火災やヤケドの危険もあります。
さらに、急激な加熱から貝殻が破裂し怪我につながるおそれもあります。

このように、危険がいっぱいなので、調理した後のお味が格別なのかも知れませんわ。
ただし、興味本位でやるのは どうかと思います。
くれぐれも注意して試してくださいまし。

ところで、ハマグリのお話も結構でござ~ますけれど、
たまには古代の日本の歴史についても 探求してくださいませ。

平安史、古代史の記事を用意しました。
ぜひ お読みください。
では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


『外人に乗っ取られた日本?』

『失われたバレンタイン』

『軽井沢夫人@日本王国』

『都知事になれなかった男』

『落選男の正体?』

『カナダはカエデの国なの?』

『海外飛躍遺伝子』

『ふるさとは遠きにありて…』

『芭蕉と遊女の出会い』

『芭蕉と遊女が…あれぇ~!』

『宮沢りえと3723人の観客』

『血のつながり』

『チョー有名な三角関係』

『日本の真ん中』

『デンマンの死@玉淀』

『血の絆』

『イジメられたら?』

『アタマにくる一言をかわすには』

『顔文字がダメなら?』

『日本の一番長い日』

『オルフェと聖徳太子』

『寅さんの本棚』

『平成の紫式部』

『心にしみるウンチ』

『念願のトップページへ』

『愛とロマンの昔話』

『愛とロマンのアクセス解析』

『兄妹の恋のつづき』

『源氏物語エロいの?』

『酒が行って着物目変境』

『日本は外人に乗っ取られたの?』

『ん?ヒトラーはベジタリアン?』

『ふるさとの選挙と黒い霧』

『ハマグリにハマる』

『ハマグリの誘惑』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

わたしの生きる意味

2015年3月12日

 

わたしの生きる意味

 


(renge00c.jpg)


(renge62d.jpg)

(rengebk2.gif)



(heartx.gif)

日記とか


(angrygal.gif)

だれかつっこみいれてー!

新規投稿   過去記事


めれんげより感謝の言葉です。

at 2006 05/17 22:01 編集


(stars.gif)

みなさま、詩のランキングへの投票、
本当にありがとうございます。

これからも、精進いたします。

創造。
これこそが、わたしの生きる意味です。

詩以外のページでは、笑ってもらおうと、
ネタを書いていますが、
ご容赦ください。

両方とも、楽しんでいただけたら幸いです。

めれんげ


静音タンのライブww

at 2006 05/17 20:51 編集

LOVE LOVE デムパLOVE
歌っちゃうんだなあww

♪あなたのトコへ~
とんじゃうワタシ~
(し・ず・ね・トブとぶーーー!)
デムパの中からきちゃうぞお
(キターーーーーーー!)

♪あなたのパソに~
ワタシもいれて~
(パソパソ・しずね!)
ラブなんだなあ
(ラブラブなんだなあーーーー!)
しずねタン~
(プリプリプリティ・し・ず・ね!)


(galinluv.jpg)

♪スキスキスキスー
(スキだあーーーーー!)
みんな大好きい
(しずねタン・LOVEーーー!)
元気ワキワキ~
(ワキ・ワキ・しずねーーーーー!)

♪デムパのしずね~
(ラブリー!デムパのし!ず!ねーーーーー!)

アゲーーー!だよお!
みんな応援ありがとお!
しずねはもおっと、がむばっちゃう!
・・・なんだなあww


らんらんららん♪ショッピング♪

at 2006 05/17 18:59 編集

ひさしぶりに、お洋服を買いました。
夏全開のものばかりです・・・

キャミソール・ワンピ・ランニング。
きゃわいい!プリティ!
わたし、かわいい服に目がないんです。


(camiwan3.jpg)

しかし・・・
似合うかどうか。
それが問題だーーーーー!


愛車でGO!

at 2006 05/17 16:06 編集


(lotus02.jpg)

昨夜、ドライブにでかけました。
わたしは、運転歴はわりと長いのですが、

ド方向音痴!!

府道8号線に迷い込みました。
でも、あの道楽しい!

くら寿司・ドラッグストア・ネットカフェ・ジョリーパスタ・ニトリ・・・
いろんなお店があります。
思わず車を停めて、お食事・ショッピングを、エンジョイ!

大阪近辺にお住まいの方。
府道8号線!超オススメ!


風流な妹とふざけた姉

at 2006 05/16 15:57 編集


(sadgirl32.gif)

以前、妹から誕生日プレゼントに、
竜安寺の石庭のミニチュアをもらいました。

金沢旅行のおみやげに、きれいな落雁をもらいました。

わびさびな妹です。

わたしは、妹の誕生日に3回メールを送りました。

1.京本政樹になりきりメール。

2.謎少女静音タンwwなりきりメール。なんだなあ。

3.吉田義男なんちゃってだっせ。ムッシュちゃいまんがな。

・・・こんな姉妹です・・・


めれんげより。緊急感謝の言葉です!

at 2006 05/16 12:25 編集


(rengfire.jpg)

詩のランキングに投票していただいて、
本当にありがとうございます!!

うそみたい・・・
10位にはいっちゃったよ♪

これからも、クリエイティブなものを、
作っていきます!
本当に感謝します!

これからも、「極私的詩集」と「即興の詩」を、よろしくお願いいたします(^_-)-☆


OASYS

at 2006 05/16 07:33 編集


(morning09.jpg)

「モーニンググローリー」
かっちょいい曲であります!
CD買おうっと!

ヘビメタ一直線だったわたしも、
オルタナ・グランジにも、
惹かれていっているのです!


『GOO めれんげの日記』より

NOTE:

GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、どういうわけで “わたしの生きる意味”を取り上げはったん?


(kato3.gif)

どういうわけってぇ~、めれちゃんの日記に、そう書いてあるやんかァ~。。。

めれんげより感謝の言葉です。

at 2006 05/17 22:01 編集


(stars.gif)

みなさま、詩のランキングへの投票、
本当にありがとうございます。

これからも、精進いたします。

創造。
これこそが、わたしの生きる意味です。

こうして、“創造。。。 これこそが、わたしの生きる意味です”と、宣言しているやないかいなァ~。。。

つまり、この日記を持ち出してきて、わたしに、また“『即興の詩』を更新せんとアッカ~ン!”と言うつもりやのねぇ~。。。

いや。。。 わては、無理強(じ)いするつもりは あらへんでぇ~。。。

そやかて タイトルを見ると あんさんが そのつもりで取り上げたようにしか見えへん。

めれちゃんは、長いこと休息しているさかいに、そう考えてしまうねん。。。 わては たまたま 夕べ『読める年表・日本史』を読んでいて次の箇所に出くわしたのやがなァ。

石川郎女

(いしかわのいらつめ)

二人の皇子に愛された佳人


(yang103.jpg)

石川郎女は名を大名児(おおなこ)ともいい『万葉集』に数首の歌を残している。
皇位をめぐって対立関係にあった草壁(くさかべ)皇子・大津皇子はともに石川郎女に想いをよせて歌を贈った恋仇の間がらでもあった。

「大津皇子のひそかに石川郎女に婚(あ)ひし時、津守連通(つもりのむらじとおる)その事を占ひ露(あら)はしつ。 皇子の御作歌一首」という前書につづいて
「大船の津守の占(うら)に告(の)らむとはまさに知りてし我が二人寝し」という大津の歌があり、結局、石川郎女は大津の方になびいたようである。

大津皇子の死後も郎女は大伴田主(たぬし)、その弟の宿奈麻呂(すくなまろ)にも自ら求愛の歌を贈っている。
「容姿佳絶、風流秀麗」といわれた田主になんとか近づこうとして、老女に変装し夜中に鍋をさげて火を借りるふりをして田主邸に入りこんだが失敗に終わったということが『万葉集』に載せられている。

石川郎女の歌は機智的、諧謔的な点に特色があり、売笑婦的存在ではなかったかという説もある。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


106ページ 『読める年表・日本史』
2012年7月21日 改定11版第1刷発行
発行所: 株式会社 自由国民社

“石川郎女”が二人の皇子に愛された佳人だということに あんさんは感動しやはったん?

いや。。。 わては その事よりも「石川郎女の歌は機智的、諧謔的な点に特色があり、売笑婦的存在ではなかったかという説もある」という箇所に 引っかかったのやがなァ~。。。

石川郎女は、売笑婦やったと、あんさんは思いはったん?

まさかァ~。。。

そやけど、あんさんは「石川郎女の歌は機智的、諧謔的な点に特色があり、売笑婦的存在ではなかったかという説もある」という点に惹かれはったのやろう?

その箇所を読んでから、わては めれちゃんの詠んだ次の詩を改めて読み返したのやがなァ~。。。

ふたりの未来へ

連れて行って


(renge308.gif)

あなたはわたしの彼氏でしょ!
もっと彼女の気持ちを
わかるようになりなさい!
じゃないとわたしは
どこかに行っちゃうかもよ。

あなたはわたしにとって
たったひとりの
特別な人なんだから
忘れないでいてね。
遠くにいるときも
会えないときにも
わたしのことばっかり考えてほしいな。

そんなこと言わなくたって
わたしの気持ちをわかってるから
不安にさせないようにしてくれてるね。
わたしを泣かせないように
つらい思いをさせないように
あなたはやさしさを全開にして
守ってくれてるね。
わたしに聞かせたくない話は
黙っている分、想像に苦しめられるけど。

あなたを好きになったのは、
泣くためなのかなあと思う時もある。
あなたのくれた指輪にふれれば、
この涙がとまればいいのに。

わたしが泣くたびに
あなたはごめんと言うね。
いっしょにいるのに
泣くなんておかしいよね。
ふたりのせつない場面。
せつないことって
いつまでつづくのかな。

あなたの笑顔を
わたしも笑顔で返すから。
見つめ合うふたりの
笑顔を未来でも見られるように
祈るみたいに恋してる。

現実があなたの言ったとおりに
なる日は、きっと来るよね。
わたしたちは、いっしょに生きて
いっしょに年をとっていけるよね。

わたしの本当の気持ちは、

死ぬ前の一日だけでもいいから、
誰にも邪魔されずに、
あなたといられたら、
それでいい。

 

by めれんげ

2013年07月26日 23:37


『即興の詩』
『ふたりの未来へ連れて行って』

上の詩が どうやと あんさんは 言うつもりやのォ~。。。?

そやから、「死ぬ前の一日だけでもいいから、誰にも邪魔されずに、あなたといられたら、それでいい」という箇所を読んで、わては めれちゃんは ごっつう情熱的やなァ~!。。。と、感動したのやがなァ。。。「石川郎女の歌は機智的、諧謔的な点に特色があり、売笑婦的存在ではなかったかという説もある」と書いてあるのやけど、めれちゃんの詩の方が 石川郎女よりも すっごいなあああァ~。。。、と感心してしもうたわけやんかァ~。。。

つまり、この事が言いたくてぇ、わたしの日記を持ち出してきやはったん?

いや、まだ他にも言いたいことがあるねん。

もったいぶらんで、早(はよ)う言うたら ええやんかァ~。。。

次の詩も読んで欲しいねん。

 

あふれ出すしずく

 



(shizuku02.jpg+rafu011b.jpg)

 

あふれだすしずく
夜に咲くはなびらは濡れる

花園に迷い込んだあなた
どうかわたしを見つけて
あなただけのために
美しく光を放つから

あなただけを呼んでいるの
この声が届いたら
あふれだすしずくを
すくいとってください

そしてまだ知らぬ国へと
わたしを連れ去ってください

 

by めれんげ

2013年07月10日 11:59

カテゴリ詩恋愛詩


『即興の詩』
『あふれ出すしずく』

『即興の詩』に掲載
(2013年7月11日)

これは、もっと情熱的で、衝撃的で、刺激的やなあああァ~。。。、と わては すっかり感心させられて しもうたのやがなァ~。。。

つまり、わたしが情熱的で、衝撃的で、刺激的な詩を書いている、と言いたいわけやねぇ~。。。

いや。。。 そればかりやあらへん。。。

まだ、言いたいことがあるのォ~。。。?

もちろんやがなァ~。。。 わては、それで、考えさせられたのやがなァ~。。。

何を考えはったん?

そやから、めれちゃんは どないなわけで 上のような情熱的で、衝撃的で、刺激的な詩を詠むのやろうかと。。。?

そいで、その答えが解りはったん?

そうや。。。 めれちゃんの上の日記を読んで理解できたのやがなァ~。。。

どないに。。。?

そやから、めれちゃんは 次のように言うてるやんかァ~。。。

めれんげより感謝の言葉です。

at 2006 05/17 22:01 編集


(stars.gif)

みなさま、詩のランキングへの投票、
本当にありがとうございます。

これからも、精進いたします。

創造。
これこそが、わたしの生きる意味です。

つまり、情熱的で、衝撃的で、刺激的な愛の世界。。。 それが めれちゃんの“創造の世界”やと、わては理解できたのやがなァ~。。。

つまり、この事を言うために、わたしの日記を持ち出してきやはったん?

いや。。。 まだ他にも言うたいことがあるねん。

もたいぶらへんで 早(はよ)う言うたら ええやんかァ~!

そやから めれちゃんも言うてるやんかァ。。。

何てぇ~。。。?

これからも、精進いたします」と。。。

結局、『即興の詩』を更新せぇ~!。。。と、言いたいのやろう?

そやけど。。。、そやけどォ~。。。、わては強制せぇ~へんでぇ~。。。 (微笑) 。。。 そいでもなァ~、それが めれちゃんの “生きる意味”やないかいなァ~。。。 そうやろう?


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~、めれんげさんの“生きる意味”は やっぱり、情熱的で、衝撃的で、刺激的な愛の世界。。。 
それが めれんげさんの“創造の世界”やと、あたしも思いますわァ~。。。

ところで、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、2位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』


(vanc700.jpg)

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『かわいい@ネット』

『愛の絆・永久の絆』

『すごいネット』

『表現者 めれちゃん』

『めれちゃんとすごいネット』

『下つき上つき』

『愛の現実@ネット』

『すべてを解き放って』

『みたよの喜びとムカツキ』


(sayuri201.jpg)

『2億年後の愛』

『赤ちょうちんとそば湯』

『猫と裸エプロン』

『肥後ずいき人気』

『愛と夢の即興の詩』

『偶然の愛の出会い』

『AV女優と東日本大震災』

『めれちゃん@GOO』

『めれちゃん@日記』

『わたしは死刑囚』

『素敵なビキニを買います』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!

2015年2月11日

 

風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!

 


(nurse3.jpg)


(foolw.gif)

真由美ちゃん、風邪を

移されないように気をつけてね。

今日は、よく僕を見つけることができましたね。
ちょっと驚きましたよ。


(library9.jpg)

バンクーバー中央図書館は 8階建ての建物で、
パソコンが置いてあるのが
2階、3階、4階、そして 6階。
全部で 350台ぐらいあるから。。。
パソコンをやっている人を探すのは大変ですよ。

真由美ちゃんが僕を見つける20分前に、
Atrium のテーブルで お昼を食べ終えたところでした。
僕がお昼を食べている時に、探していたら、もっと時間がかかっていたかもね。


(library4.jpg)

でも、Atrium を先に探したとしたら、もっと早く見つけていたかも。。。、

久しぶりに風邪を引いてしまったのですが、
それでも、熱は出ていないから、たいした風邪ではありません。

月曜日の夜は、鼻が詰まって、寝苦しくて、よく眠れませんでしたよ。
火曜日は図書館へ行くかどうか迷いました。

しかし、生活習慣は変えないのが僕の生活信条なので、
ちょっと しんどかったけれど、中央図書館に歩いてゆきました。

でも、ちょうど月曜日の夜が峠だったのか?
火曜日の夜からは、問題なく、眠れるようになりました。

今日は、鼻声だったけれど、月曜日の夜から比べれば、だいぶ楽になりました。
だいたい、風邪を引くのは、1年に1度あるかないか。。。

今回の風邪では、寝込むことはなかったけれど、ちょっとしつこいですよ。
でも、カナダの風邪で熱を出したことがないから、日本で風邪を引いた時の頭痛がないだけ、まだ楽です。

こうしてメールを書いたのは、真由美ちゃんと3時間近く話し込みましたからね。。。


(inview02.jpg)

真由美ちゃんも絶対に、僕と話している間に唾(ツバ)の飛沫(ひまつ)を吸い込んでいますよ。
。。。ということは風邪のウィルスも吸い込んだということです。

真由美ちゃんは、若いし、健康そうだから、風邪のウィルスに抵抗力があると思うけれど、
今夜は早めに寝てください。
寝不足は禁物です。
抵抗力が落ちるから。。。


(sleepgal.gif)

明日の朝は、元気がでるような朝食を食べて、抵抗力が下がらないように気をつけてね。

僕の風邪は、鼻から来ました。
鼻がグズグズして来て、鼻水が出始め、
それから、喉に来て、セキが出て、

昨日からセキが収まり、鼻水も、それほど出なくなり。
現在では、快方に向かっていますよ。

でも、熱は出ないし、寝込むことはなかったから、
僕の風邪が移ったとしても、それほどひどいことにはならないでしょう!

とにかく、気をつけてね。
じゃあ、ぐっすり眠ってください。
おやすみ。。。


(denman01.gif)

Thu, Jan 29, 2015 at 11:12 PM

 


(katosmil.gif)

真由美ちゃんが、いろいろと考えながら、

一生懸命に就職に向けて頑張っている様子が

読み取れますよ。

真由美ちゃんも風邪を移されて寝ていると思ったのだけれど、やっぱり若いから、免疫力があるんだね。
安心しました。

今度の風邪は本当にタチが悪くて、今日は9時まで頑張るjことができませんでした。
6時に自宅に帰って、寝ました。
10時10分に起きて、脱水症状にならないように、コーヒーをたくさん飲みましたよ。


(Mayumi40.png)

デンマンさんの風邪も少し良くなったようなので良かったです。
でもあまり無理せずデンマンさんも栄養のあるもの食べてくださいね!


(kato3.gif)

確かに少しづつ良くはなっているけれど、
6時頃になるとしんどいです。


(Mayumi40.png)

おとといは栃木県に住む母親から手紙が届き、
久しぶりに母親と会話をしたような気分になりました。

私も父親とはたまにメールのやり取りをしているのですが
心配をかけたくないので、
あまりこまめには父親にも連絡していませんでした。

母親がメールができないので、この手紙が わたしがバンクーバーにやって来てから初めてのコンタクトみたいな感じでした。
中を開けたら、2回分の手紙が入ってました。
違う日にちに 書かれたのでしょう。

その中には今年明けに埼玉県の実家に里帰りをしていたらしく
ケイジおじさんが私のことを随分の心配をしていて、
たくさん、いろんなことを聞かれたと書かれてありました(笑)

母親の手紙を読んで、
こみ上げる思いでいっぱいになりました。。。

真由美ちゃんは一人暮らしをしたことがないので、関係者は 真由美ちゃんのことを本当に心配していると思いますよ。
しかし、真由美ちゃんは10代ではないのだから、関係者が、それほど心配するのは可笑しなことですよね。

お母さんも久しぶりに 真由美ちゃんに 心の内を語ったのではありませんか?


(Mayumi40.png)

昨日は私の好きな静かなカフェで
ひっそりと母親に返事を書いていました。


(tuc02.jpg)

癒しの場所を確保することはいいことですよ。


(Mayumi40.png)

今日その手紙を出しに先ほど切手が売っている所まで行って送って来ました。
その足で図書館により今デンマンさんにメールを打っています。

今日手紙を出す場所も本当は切手が売っているお店を知っていたのですが
わざとそこに着くまでに通りすがる人に

“Is there a post office around here?”

“Where can I get stamps?”

“Keep going? all the way?”

“left hand side of the street?”

。。。とカタコトで聞いてみたり^^::

そうです。。。そうです。。。 何事も勉強です。

ボランティアのことは、今度,スープキッチンへ行った時にダイアンにじっくりと話を聞いてみたらいいですよ。
僕の風邪が完全に治ったら、スープキッチンへ行って見ましょう。
ダイアンも風邪を引いてしまったようで、そんなことがメールに書いてありました。


(Mayumi40.png)

デンマンさんからのメールを部屋で読んでから、
今はNorth Vancouverの図書館に来ています。

はい、はい、はい。。。 僕も、できるだけ、真由美ちゃんの手助けができれば、幸せな気分になれます。
だから、遠慮せずに、何でも、書いてください。
じゃあね。


(denman01.gif)

Date: 2015/2/4, Wed 11:25PM

 


(foolw.gif)

真由美ちゃんが作ってくれた弁当を食べて

元気が出ました。

真由美ちゃんが帰ってから、すぐにベッドにもぐって寝て、
さっき、午前1時に目が覚めたばかりです。

ジンジャーを千切りにして、ジンジャー・ティーをいれて
弁当を食べました。


(bento102.jpg)

元気が出ました。


(Mayumi40.png)

今日は突然押しかけて、すみませんでした。

僕もビックリしましたよ。
まさか風邪見舞いに、真由美ちゃんがやって来るとは思いませんでした。


(Mayumi40.png)

ほんと、お弁当だけ渡して帰るつもりだったのに、
後々、デンマンさんの体調を考えたら長居してしまった事を申し訳なく思いました。
今日はゆっくり、休んでください。

でも、別に迷惑ではありませんでしたよ。

“メリハリ”のある生活をする。。。これが僕のモットーですから。。。
つまり、病気になっても、できるだけ日常通りに過ごすと言うのが、これまでの僕のやり方です。

だから、これまで、風邪のために休んだということはありませんでした。
やっぱり、“気が張っている”ということは病気回復効果もあるのだと思います。

真由美ちゃんが“風邪”を移されなかったのも、“風邪にかかっている場合じゃない!”という気持ちが多少は影響していると思いますよ。


(Mayumi40.png)

もし、何かわたしにできる事あったら何でも言って下さいね。
わたしもデンマンさんの力になれる事は なりたいと思っています。

でもねぇ~、“あなたまかせ”の生活になってしまったら、マイナスになってしまいます。
真由美ちゃんが 初めて カレンおばさん夫婦に会った日に、カレンおばさんが旦那のことを愚痴っていましたよ。
覚えてますか?


(angry13.gif)

“あんたは、そばに面倒を見てくれる人がいるから

頼ってしまうねん。 それで、風邪がなかなか治らへん”

だから、真由美ちゃんの気持ちは充分にうれしいのですが、
誰にも頼らない生活を確立しないと、いざという時に苦労するのは自分ですからね。
頼れる人が常にそばに居るとは限らないのだから。。。

僕は、そういうつもりで、これまで生きてきましたから。。。
だから、これまでにカナダでは一度も医者にかかったことがなかったのですよ。
すくなくとも、“一匹狼の気持ち”を持っていたからこそ、健康で居られたのだと思います。

でも、今回の風邪だけは、ちょっと油断していました。
簡単な風邪だと思って、往復1時間かかって図書館まで歩いたのが、どうも風邪が長引く原因だったようです。

そう言うわけで、今日は、すぐそこのJoe Fortes Library で記事を投稿するつもりです。
なるべく早めに寝ます。


(Mayumi40.png)

帰りに Joe’s Market に寄って
ココナッツのパンを買いました。


(cocobun2.jpg)

パンをかじりながら帰りました。
やはり、あのパンは美味しいです!^ ^
それでは おやすみなさい。

キャルガリー(Calgary)で作られた、あのcoconut bun (椰子包)は 僕の大好物ですよ。
真由美ちゃんも気に入ったようですね。 (笑い)


(joe002.jpg)


(joe001.jpg)


(joe003.jpg)

あの、マーケットは、僕の知る限りでは、
バンクーバーのウェストエンドでは一番安い店です。

でも、品物も悪くはないです。 品揃えも、まあまあです。
醤油、味噌、豆腐も売ってます。

バナナの値段を見るのが、よい比較になります。
あのマーケットでは 1パウンドで 69セントです。

もっと安いのは、チャイナタウンだけでしょう!?

では、真由美ちゃんも、風邪を引かないように、くれぐれも気をつけて。。。
弁当、ありがとね。
おかげで、元気がでました。
じゃあね。


(denman01.gif)

Fri., Feb. 6, 2015 at 2:33 AM


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

たいした風邪でない。。。と軽く見ていたのが、長引く原因だったようです。
風邪で寝込んだことはこれまでにないので、記事で書くこともなかったのですが、
一度だけ、記憶に鮮明に残る“風邪の思い出”があって、
それを昨日、投稿しました。

『図書館deロマンス』

今回の風邪も移されたのはバンクーバー図書館なのですが、
セキをしていた人が、結構たくさんいたので、
移した人を特定するのは困難でした。

これからは、セキをしている人のそばではパソコンをやらないようにしようと思います。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”

“World Family”

“My Name is Mayumi”

“Mayumi’s Bagels”

“Mozzarell & smoked chicken

Bagel Sandwich”

“Bagels@Granville Island”

“Matcha Bagels”

“Scones & Puddings”

“Lox and Bagels”

“Oyster Bagel Sandwich”

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

明けまして

2015年1月1日

 

明けましておめでとうございます

 


(ny2015a.gif)


(roten11.jpg)

 



(kato3.gif)

あれっ。。。新年早々朝風呂ですか? まだ夜が開(あ)けきっていませんよう!


(sayuri55.gif)

うふふふふ。。。いけませんか?

小百合さんは風呂が嫌いだったのではありませんか?

嫌いだけれど、師走の疲れを洗い落とすためですわ。 それで、起きてすぐにお風呂に入ったのです。

。。。で、元旦の今日は、どこに居るのですか? 今年も富士屋ホテルですか?

いいえ、今年は伊香保温泉の森秋旅館ですわ。 久しぶりに のんびりしています。


(sayuri31.jpg)

どうして今年は富士屋ホテルじゃなく伊香保温泉にしたのですか?

たまには気分を変えたいと思いまして。。。

お風呂上りに、ほっかほっかのおばさんパンツを穿いて、暖炉の前でポーズを取るなんて粋(いき)でいいですねぇ~。 うししししし。。。

とってつけたようなお世辞を言わないでくださいなァ。

ところで、小百合さん。。。どこからかフラダンスの音楽が聞こえてきませんか?

フラダンスですか?

そうですよう。。。あららららァ~。。。


(skirtanm.gif)

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

アラぁ~、エッサッサアぁ~♪~

今日は元旦ですよ。

楽しいなァ~。

うれしいなああァ~。

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

もう一つおまけに、

アラぁ~、エッサッサアアア~♪~

おほほほほほ。。。

もう止まりませんわよう。

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

あのねぇ~、卑弥子さん。。。元旦もフラダンスですか?


(himiko22b.gif)

あ~♪~ら。。。デンマンさん! 明けましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いいたします。

クリスマスにもフラダンスを踊ったばかりじゃないですか!

だってぇ、デンマンさんが元旦にも踊ってねぇ~と、言ったではござ~♪~ませんか?

やだなあああァ~。。。冗談で言ったのですよ。

あたくしは本気にしてしまいましたわ。。。とにかく、新年こそ結婚相手を見つけようと思いますわ。 デンマンさんも真剣に応援してくださいませぇ。

あのねぇ~、元旦早々にフラダンスを踊ったら、ますます婚期が延びてしまいますよ。

マジで。。。?

卑弥子さんのフラダンスはネットでは有名になりすぎているのですよ。

だったら、新しいボーイフレンドからファンレターが舞い込んできてもよさそうですわ。

あのねぇ~、あまりにも有名になりすぎて、卑弥子さんのフラダンスには新鮮さがなくなってしまったのです。 だから、ほとんどの男が卑弥子さんのフラダンスを見ても飽き飽きするだけでゲップが出てくるのですよ!

あらっ。。。マジで。。。? どうしたらよろしいのでござ~♪~ましょうか?

あのねぇ~、フラダンスじゃなくて古典バレーを見せたらどうですか?

古典バレーでござ~♪~ますか?

そうですよう。


(swan0023.jpg)

このように格調高い姿を見せるのですよう。

でも、恥ずかしいですわ。

どうして。。。?

だってぇ、パンツが丸見えですもの。。。

何を言ってるんですか! パンツが見えたぐらいで恥ずかしいことはないでしょう! 卑弥子さんは、いつもオッパイ丸出しでフラダンスを踊っているではありませんか!

でも、あたくしは古典バレーよりも裸エプロンのほうがよろしいと思うのですわ。 うふふふふ。。。

卑弥子さん!。。。元旦に“裸エプロン”だけは言わないでくださいね、とあれ程お願いしたではありませんかア!

元旦に“裸エプロン”を口に出すと、どうしていけないのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、“裸エプロン”と言うと、めれんげさんが裸エプロンで出てくるのですよう。。。あらららあああァ~。。。うわさをすれば、何とやら。。。


(apron7.jpg)


(merange12.jpg)

デンマンさん、明けましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いいたします。 うふふふふふ。。。

めれちゃん。。。クリスマスに続いて、元旦も裸エプロンなのかいなァ~?

そやかてぇ~、あんさんは裸エプロンがごっつう よかったと言ったではおまへんかァ~!

そないな事、言わんかったでぇ~。。。

とにかく、裸エプロンを、いまさら着替えるわけにもゆきまへんがなァ。。。このまんま、バンクーバーの寒中水泳に行こうかと思いますねん。


(newyear15p.jpg)

ジューンさん、今年も冷たい水に入ったのですか?


(june001.gif)

いけませんか?


(newyear15q.jpg)


(polar110.jpg)

いけないも何も。。。 白熊がジューンさんの後ろに居るのですよ。 食べられてしまいますよ。 寒さで心臓麻痺を起こすより前に、第一、危ないですよ。

大丈夫ですわ。 わたしと白熊ちゃんは愛し合っているのですから。。。うふふふふふ。。。 デンマンさんもご一緒にどうぞ。


(polar05.jpg)

僕は寒中水泳はヤダよう!

どうしてですか?

心臓麻痺で死んでしまいますよ。

でも、たくさんのきれいな女性が参加していますわァ。


(ny2015p.gif)


(girlani5.gif)


(girlani2.gif)

うわっ。。。 すっげぇ~。。。 これってマジっすかア~♪~。。。?

だから デンまんさんもイングリッシュ・ベイまでやって来て自分の目で確かめたらいいではありませんか!

でもねぇ~。。。 これから、たくさんブログの記事を書かなければならないのです。 心臓麻痺で、あの世に逝くわけにはゆきませんよ。 とにかく、あなたも先を争って、あの世にだけは逝かないようにしてくださいね。

世界平和!

 

戦争反対!

 

言論の自由バンザイ!

 

表現の自由万歳!

 

では、あなたも良い新年を!

【ジューンの独り言】


(bare02b15.png)

ですってぇ~。。。

そう言う訳ですから、あなたもルンルン気分で健(すこ)やかに新年をお迎えください。

今年も、よろしくお願いいたします。

とにかく、興味深い話題が続くと思います。

あなたもどうか、また明日読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』


(linger65.gif)

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』


(curryind.jpg)

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』


(himiko22.gif)

こんにちは卑弥子でござ~ますう。

また出てきてしまいましたわァ。

とにかく、世界的に新年ですわよ。

北半球が新年ならば、

南半球も新年ですう。

でも、南半球は夏ですわ。

そう言う訳で、シドニーでは

夏の花火大会でござ~♪~ます。

ところで、あたくしが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(newyear14b.gif)


(hand.gif)