Posts Tagged ‘スタンレー公園’

5月のロブソン

2017年1月19日

 

5月のロブソン

 


(vagcafe04b.jpg)


(vagcafe01c.jpg)


(vagcafe03b.jpg)


(mayumi40.jpg)

デンマンさん。。。 まだ1月なのに、どうして“5月のロブソン”なのですかァ~?


(kato3.gif)

ちょっと次のリストを見てください。


(ame70104a.png)


『拡大する』

1. 『ロブソンの5月』

2. 『伊藤若冲 ランブータン』

3. 『パンツde大晦日』

4. 『行田のスープカレー』

5. 『田舎者』

上のリストは1月4日に読まれた人気記事のリストなのですよ。。。 見ればわかるように去年の5月14日に投稿した『ロブソンの5月』がなぜかダントツで読まれたのです。。。 いつもならば、その日に投稿した。。。 上のリストで言えば、1月4日に投稿した『行田のスープカレー』がダントツに読まれるのです。

どういうわけで『ロブソンの5月』がダントツで読まれたのですか?

あのねぇ~、バンクーバーに今年の5月に出かけて、ロブソン・ストリートをぶらぶらしたいと思っているネット市民がたくさんいるのですよ。。。

まさかァ~。。。?

いや。。。 決してぇまさかァ~、と言うほど意外なことではないですよ。。。 ちょっと次の検索結果を見てください。


(gog70117a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「5月 ロブソン バンクーバー」と入れてGOOGLEで検索してみたのですよ。。。 すると、31,800件ヒットするのです。。。 赤枠と青枠で囲んだ箇所を見てください。。。

あらっ。。。 「ロブソンの5月」が出てますわねぇ~。。。

。。。でしょう!? 青枠で囲んだ URL をクリックすると次のページが出てくるのですよ。


(gog70118c.png)


『拡大する』

『実際のページ』

これは GOOGLE PLUSのページですよ。。。 赤枠で囲んだリンクをクリックすると『デンマンのブログ』に投稿した「ロブソンの5月」(PART 1)に飛ぶのです。。。

。。。で、検索結果の赤枠で囲んだ URL をクリックすると GOOGLE PLUSのページの 「ロブソンの5月」(PART 2)が表示されるのですか?

そうです。。。次のページが出てきます。


(gog70118b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

そもそも GOOGLE PLUSのページって何ですか?

あのねぇ~、僕のために設定されたページですよ。。。 メインのページは次のような内容です。。。


(gog70118a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

つまり、デンマンさんが投稿した記事をGOOGLEに登録すると、それがそのままGOOGLE PLUSのページに掲載されるのですか?

そういうことです。。。

でも、GOOGLE PLUSのページと アメブロで1月16日に『ロブソンの5月』がダントツで読まれたことが関係あるのですか?

もちろん、関係ありますよ。。。

どのように。。。?

たくさんのネット市民がGOOGLEで検索するのですよ。。。 世界的にはGOOGLEが検索市場を席巻していますからねぇ~。。。 つまり、“ロブソンの5月”が検索結果に出てくると、真由美ちゃんの写真も次のように結果の中に出てくるのですよ。。。


(gog70118d.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

こうして「ロブソンの5月」を入れて画像検索するネット市民も出てくるわけです。。。 すると、ロブソン・ストリートを歩いたことのある人は、赤枠で囲んだ真由美ちゃんがロブソンストリートに立っている写真に興味を持つわけですよ。。。

それで、その写真をクリックするのですか?

そうです。。。 すると次のページが出てきます。


(gog70118e.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『徒然ブログ:バンクーバー生活案内』

でも、この写真が掲載されている記事はライブドアの『徒然ブログ』の「バンクーバー生活案内」のカテゴリー・ページの中に出てくるのではありませんかァ! アメブロのページではありませんわァ~。。。

真由美ちゃんは意外にネットに詳しいんだねぇ~。。。

その程度のことは上のページを見れば分かりますわァ~。。。

でもねぇ~。。。 真由美ちゃんの写真に興味を持ったネット市民は、上の写真ばかりじゃなくて、検索結果に出てきた他の真由美ちゃんの写真もクリックしてゆくのですよ。。。

そうすると、アメブロの『ロブソンの5月』にたどり着くのですか?

そうです。。。

でも、そんな遠回りまでして、アメブロの『ロブソンの5月』を探すでしょうか?

真由美ちゃんは、僕の言うことが信用できないようだから、もっと分かり易い例をここに示しますよ。。。 実は、『ロブソンの5月』の記事の中には次のメールが出てくるのです。。。


(foolw.gif)

真由美ちゃん、元気でやってますか?。。。 微笑

FROM: denman705@gmail.com
TO: mayumi1720@yahoo.co.jp
DATE: Thurs., March 17, 2016 7:30 PM

今日は、僕のマンションの近くにできたパン屋さんの話です。

ロブソン・ストリート とデンマン・ストリートの角には 
Safeway のスーパーマーケットがあるのだけれど、
その同じブロックに マクドナルドがあります。
その真向かいが 以前は “スタバ”だったのですよ。

それがたぶん半年前ごろだと思うのだけれど、店じまいして
その場所に“Cobs Bread”というチェーン店形式のパン屋さんの支店ができたのです。


(cobs01.jpg)


(cobs03.jpg)

ロブソン・ストリートの店のウェブサイトは次のとおり。

http://www.cobsbread.com/local-bakery/robson-street

店の前からパン職人がパン生地をこねているのが見えるようになっているのです。
店の中には テーブルはないようなので
コーヒーを飲みながらパンを食べるようには なってないようです。

でも、けっこうお客さんが入っているので、人気があるのでしょう!
そのうちクロワッサンか Ciabatta か Baguette を買ってみようと思います。
出来立てのパンを売るのが目玉のようです。

ところで 『真由美物語』は、今でも書き進めていますよ。

3月13日には『カワウソ@スタンレー公園』というタイトルで記事を書きました。


(otter01.jpg)

『カワウソ@スタンレー公園』

可愛いカワウソの写真やビデオクリップを貼り付けたので
真由美ちゃんも 上のリンクをクリックして ぜひ覗いてみてね。
スタンレー公園を散歩した時の事を懐かしみながら読めると思います。 (微笑)

春めいてきたけれど、相変わらず雨が多いねぇ~。。。
でも、今日は、珍しく快晴で素晴らしい天気ですよ。

真由美ちゃんは 英語の勉強をしていますか?
英語の勉強は、毎日少しづつでも 続けると、
うまくなります。

“継続は力なり”と昔の人は言いました。
気晴らしのつもりで英語を勉強してください。

“好きこそ物の上手なれ”とも、昔の人は言いましたからね。。。
英語が好きにならないとだめです。。。

だから、あまり勉強しすぎても、嫌いになってしまうので、
ほどほどに勉強する必要があります。 (微笑)

では、真由美ちゃんも春を迎えて ルンルン気分で 勉強に実習に頑張ってねぇ~。。。
いつも言うように、夜更かし し過ぎて風邪を引かないように。。。
健康が第一ですよ。

じゃあね。


(denman01.gif)

確かに、上のメールが『ロブソンの5月』の中に出てきますわァ~。。。 それと、アメブロの『ロブソンの5月』と関係あるのですか?

大いに関係あります。。。

上の写真を見ると、可愛いカワウソがスタンレー公園に居ることが分かる。。。 


(otter01.jpg)

すると、ロブソン・ストリートだけではつまらないので。。。 ぜひ、可愛いカワウソに会いたいと思う。。。 それでロブソン・ストリートを西に向かって歩いて行って、スタンレー公園にも行こうと思うわけですよ。。。

そのために、スタンレー公園のどこに可愛いカワウソが居るのかを知るために『カワウソ@スタンレー公園』をクリックして読むのですか?

そうですよ。。。 すると次のページが出てきます。


(ame60313e.png)

『実際のページ』

あらっ。。。 上のページの中に『ロブソンの5月』の記事のリンクが出てきるのですね。

そういうことです。。。

それで、そのネット市民はアメブロの『ロブソンの5月』を見ることになるのですか?

もちろんですよ。。。 ブラウザの戻りボタンをクリックするのが面倒になって、アメブロで『ロブソンの5月』を読むことになるのです。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(juneswim.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ルンルンdeサルサ

2016年8月4日

 

ルンルンdeサルサ

 


(salsa024b.jpg)


(salsa023b.jpg)


(salsa022b.jpg)


(salsa005b.jpg)

デンマンさん。。。 まさか日曜日にデンマンさんとサルサを踊ることになるとは思ってもいませんでしたわァ~。。。

いや。。。 そのようなことはないでしょう!。。。 去年、僕は「今度の日曜日に 真由美ちゃんとサルサを踊ろうねぇ」と言ったはずですよ。

そうでしたかァ~。。。?

思い出してくださいよう。。。 僕は真由美ちゃんに次のようなメールを出したのですよ。


(foolw.gif)

今日はイタリアのベーグルを

食べましたよ! きゃははははは…


(bagelli2.jpg)

FROM: barclay1720@aol.com
TO: mayumi2525@yahoo.co.jp
Sunday, July 19, 2015 9:40 PM

今日も素晴らしい一日でした。
雲一つなく晴れ渡っていました。

朝、ロブソンストリートを歩いていると、
Breka Bakery & Cafe の四つ角のところで
ルンルン気分で踊りを踊っている20歳代のカナダ人の女の子がいるのに
ちょっとギョッとしましたよ。


(girlmz2.jpg)

よく見ると、ケイタイからヘッドフォーンをつけてルンルンな音楽を聴いているのですよ。
天気もいいし、踊りたくなるようなリズムが、耳の中でガンガンと響いていたのでしょうんね。

ヘッドフォーンで音楽を聴いていなかったら、
まるで、精神病院から逃げ出してきたのじゃないか!?
。。。そう思われても仕方がないような踊り方なのですよ。

もう、本人は、周りの人など気にならないらしくて、ルンルン気分で一人で夢中で踊っているのです。
“踊る阿呆に見る阿呆! 同じ阿呆なら踊りゃにゃ損、損。。。”という阿波踊りの歌の文句を思い出して
僕も、彼女のところに行って、一緒に手をつないで踊ったのですよ! (爆笑)

(そんなわけないよねぇ~。。。 それは冗談です。)

でも、踊りを踊っていた女の子がいたのは事実ですよ! (信じてね。)

。。。で、踊りで思い出したけれど、
今日は日曜日で、ロブソン・スクウェアで3時から7時まで“サルサ(salsa)”という踊りを踊るのですよ。
参加無料で誰でも参加できるのです。


(salsa001.jpg)

そばを通ると、音楽がガンガン聞こえてきました。
たくさんの人たちが踊っていました。
気温は29度でした。

僕は大学時代に社交ダンスにハマッたことがあるのです。
だから、ルンバ、ジルバ、ワルツ。。。など、けっこう踊れるのですよ。 (マジで。。。!)

真由美ちゃんが、今度の日曜日にバンクーバー図書館にやって来ることがあったら、
“サルサ(salsa)”を踊りましょうね。 (マジで。。。!)

 (中略)

ところで、話は違いますが、食料が底をついたので、
すぐそこの 安売りのジョーのスーパーマーケットで食料を買い込んだのですよ。

珍しくベーグルが棚に並んでいたのです。
4個で1ドルのベーグルがずらりと並んでいたのですよ。

でも、どれもwholewheat のベーグルのようでした。
その中で一つだけ whitewheat のベーグルがあったのです。
7月19日が賞味期限の最終日だったので半額になってました。
見ると、イタリアのベーグルらしい。

4つで 340グラム。
これは半額で1ドル50セントでした。

ちょっと小ぶりで、真由美ちゃんが作ったのとよく似ているのです。
柔らかめで、決して固い感じではない。
味も、まろやかで甘みがある。

トロントのパン屋さんで作られたものです。
真由美ちゃんのために、URL を貼り出しますねぇ~。。。


(bagelli3.jpg)

『トロントのベーグル屋さん』

上の写真を見てください。
パッケージにイタリアの国旗が貼り付けてあります。

レセピも書いてありますよ。
真由美ちゃんがベーグルを作るときの参考になるでしょう!

今日の記事は『わたしを見つけて』という めれんげさんの即興の愛の詩を紹介したものです。


(deaming5b.jpg)

『わたしを見つけて』

楽しみながら読めると思うので、
真由美ちゃんも是非 リンクをクリックして読んでみてね。

あまり働きすぎにならないように、休日には、骨休みしてください。
そして、時には、ルンルン気分で 命の洗濯をしてね。

そういうわけで、日曜日に時間があったら、“サルサ(salsa)”を踊りましょう。

とにかく、体調管理に気をつけて、
ルンルン気分で、元気に毎日を送ってください。
じゃあねぇ~。。。


(byebye.gif)

バイバ~♪~イ


(denman01.gif)


『イタリアのベーグルとサルサ』より
(2015年7月29日)

このメールを出したのは、もう1年も前ですよ。。。 真由美ちゃんは何かと忙しくて、ロブソン・スクェアで一緒にサルサを踊る機会がなかったのですよ。

そうでしたわ。。。 今年は7月31日の日曜日に、カナダのトルドー首相がオタワからバンクーバーにやって来て、プライド・パレードに参加するというので、私も初めて真近にカナダの首相が見られると思い、パレードを見るのを楽しみにしていたのですわ。


(pridevan16.jpg)

デンマンさんは、私が誘ったのにやって来ませんでしたわねぇ~。。。

僕はトルドー首相を真近に見たいとも思わなかったし、プライド・パレードにも関心がないのですよ。。。 でもねぇ~、日曜日は10時半にマンションを出てロブソン通りを歩いて図書館に行ったので、パレードの準備をしているのを眺めることができましたよ。。。

12時からパレードが始まるので、見ればよかったではありませんかァ~。

あのパレードは僕の趣味に合わないのですよ。。。 これまでに何度も見たので、もうたくさんという感じです。 (苦笑)

デンマンさんと一緒に見たかったですわァ~。。。

ところで、カナダのトルドー首相を真近に見て、どうでしたか?

若いですねぇ~。。。 まだ小さな男の子がいるのですわねぇ~。。。


(pridevan17.jpg)

トルドー首相にベビー・キャリッジを押されながら気持ち良さそうにスヤスヤ眠っていましたわァ。

パレードは大して面白くなかったでしょう?

いいえ。。。 とっても面白かったですわァ~。。。 ずいぶん変わった人たちが参加してました。。。 ちょっと日本では見られないようなヘンな人たちも居ましたわァ。。。 うふふふふふふ。。。

僕はパレードを見る時間があったら ブログの記事を書いている方が性に合っているので、パレードは遠慮したのですよ。。。 で、サルサを踊ってみてどうでしたァ~?

楽しかったですわァ。。。 私は盆踊りぐらいしか踊れなかったのですけれど、デンマンさんにリードされて何とかついてゆくことができましたァ。。。 ずいぶんと冷や汗をかいてしまいましたわァ~。。。

夜は、今年3回目の花火大会でした。。。 真由美ちゃんも久しぶりに花火を見て日本の花火大会が懐かしくなったでしょう。。。?


(firevanc11.jpg)

午後10時に花火を打ち上げ始めたのに、真っ暗にはならないのですねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 西の方を見ると、ほのかにまだ明るいのです。。。 やっぱり、バンクーバーは高緯度にあるのですよ。。。 日本で言うと旭川よりも北にあるからねぇ~。。。

あらっ。。。 バンクーバーってそんなに北にあるのですか?

そうなのですよ。。。 でも、暖流がカリフォルニアから北上しているので、冬でも旭川ほど寒くはならない。。。

それにしても、今年、3回目。。。 最後の花火大会はすごい人でしたねぇ~。。。 

そうです。。。そうです。。。 まるで芋を洗うように混んでいました。。。 お昼にプライド・パレードを見た人たちが、そのままイングリッシュ・ベイに移動して花火大会を見たからですよ。。。 50万人近くの人が花火を見に集まったらしいです。。。

ところで、デンマンさんサルサを踊りすぎて、翌日 筋肉痛で大変だったのではありませんかァ~?

いや。。。 真由美ちゃんのおかげで10歳若返りましたよ。。。 8月1日の BC DAY (ブリティッシュ・コロンビア州の祝日)には久しぶりにルンルン気分で真由美ちゃんと外食しましたからね。。。


(bcday01.jpg)


(teahouse22.jpg)


(teahouse23.jpg)

久しぶりでスタンレー公園の喫茶レストラン(Teahouse)で、のんびりとコーヒーとケーキを楽しみましたわ。


(teahouse07.jpg)


(teahouse06.jpg)

うん、うん、うん。。。 ケーキは見るだけで僕はたくさんでしたよ。。。

それからバラード・インレットに沿った遊歩道を 爽やかな夏の風を感じながら散歩して レストラン・バーの Lift & Grill に向かったのでした。


(seawall812.jpg)


(vancgal11.jpg)

この乙女の像を見ると、コペンハーゲンの人魚を思い出しますわ。

初めて見た時、僕はコペンハーゲンの人魚の複製かと思いましたよ。。。 


(copengal22.jpg)

でもねぇ~、すぐ上の像はコペンハーゲンの人魚像だけれど、スタンレー公園の像はウェットスーツを着た少女像なのですよ。

ちょうど歩き疲れて一休みしたいと思う頃に、Lift & Grill に着きましたわ。


(lift900.jpg)


(lift905b.jpg)


(lift903b.jpg)

久しぶりで Lift & Grill を訪ねて のんびりと食事ができてよかったですわァ~。。。

スタンレー公園とバラード・インレットを眺めながら食べる料理も最高でした。


(lift907.jpg)


(lift906.jpg)


(lift910.jpg)


(lift911.jpg)

僕はアルコールは一滴も飲めないのだけれど、真由美ちゃんは日本酒の“水芭蕉”が飲めてウキウキしてましたねぇ~。。。


(lift908.jpg)

まさか、このレストランで日本酒が飲めるとは思いませんでしたわ。

バンクーバーは8月に入ると、日本と違って、一日一日と 日が短く感じるのですよ。。。

やっぱり、高緯度の影響ですか?

そうです。。。 でも、ムシムシした梅雨がないのは最高でした。。。 真由美ちゃんも、9月の卒業式を目指して最後の追い込みに頑張ってねぇ~。。。

はい。。。 そうします。


(laugh16.gif)


(blackcat5.jpg)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

だけど、先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

カナダはカエデの国なの?

2014年4月5日

 
 
 
カナダはカエデの国なの?
 

(canada300.gif)


(question.gif)


(canada301.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 カナダってぇ、マジでカエデの国なのでしょう!?


(kato3.gif)

多分、日本に住んでいる ほとんどの人がカナダにゆくと カエデがどこへ行っても見られると思っているのでしょうねぇ~。。。

そうですわァ。 だってぇ、カナダの国旗にはカエデがあしらってあるではござ~ませんかァ!


(canadafg.gif)

やっぱり、卑弥子さんも そう思うのですかァ~?

当然でござ~ますわァ。。。 あたくしはバンクーバーへ行った時に お土産にメープルシロップと シロップで作られたチョコレートを買ってきたのですもの。。。 おほほほほ。。。


(syrup100.jpg)


(syrup101.jpg)

。。。で、カエデ、つまりメープルの赤い葉っぱが木にヒラヒラしているのを卑弥子さんはバンクーバーで見たことがあるのですか?

う~♪~ん。。。 そうですわねぇ~。。。 思い出してみると、カエデの木を見た記憶がないのですわァ。。。

。。。でしょう! あのねぇ~、実は夕べ、大前研一さんの本を読んでいたら 次の箇所にぶちあったったのですよ。

カナダ人というよりアメリカ人


(canada701.jpg)

ブリティッシュ・コロンビア州ではアメリカのテレビの地上波や衛星放送が受信できる。
カナダにはCBC(カナダ放送協会)というNHKのような公共放送局があるが、日常的に視聴している住民はほとんどいない。
ブリティッシュ・コロンビア州に限らず、カナダ人の大半は、子供の頃から自国の放送よりもアメリカの放送に親しんでいる。
だからアメリカのニュースに詳しく、カナダ国内の出来事には関心が薄い。
いわば「カナダ人というよりアメリカ人」という認識の国民が多いのだ。

とくに若い世代の意識は、限りなくアメリカ人に近い。
20年ぐらい前まではカナダ人としての意識が強かったが、今では「カナダとは何か?」「カナダ人とは何か?」という問いに対して「アメリカではない」「アメリカ人ではない」という答えしか持てなくなっている。

では、東はニューファウンドランド・ラブラドール州や『赤毛のアン』の舞台となったプリンス・エドワード・アイランド州から、西はブリティッシュ・コロンビア州まで、広大なカナダに共通項はあるのか?
私に言わせれば、カナダの唯一の共通項はカエデである。
国旗にも描かれているカエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる。

言い換えれば、それほど“国の顔”が見えにくい国家なのである。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


185-186ページ 『さらばアメリカ』
著者: 大前研一
2009年2月11日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 小学館

あらっ。。。 東京都知事選挙に落選し、 第17回参議院議員通常選挙にも落選した大前研一さんは、「カナダの唯一の共通項はカエデである。 国旗にも描かれているカエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と書いているではござ~ませんかア!

そうなのですよ。 大前さんも卑弥子さんのように カナダはカエデの国だと マジで信じているようなのですよ。


(ishin2.jpg)

1992年11月、新自由主義を標榜する市民団体・平成維新の会を設立し、同会代表に就任。
翌1993年、文藝春秋3月号で「新・薩長連合結成宣言」を発表。
知事連盟構想を掲げて1995年東京都知事選挙に立候補したが青島幸男に敗れ落選する。
同月の北海道知事選挙では、大前の構想に呼応した友人の三浦雄一郎が出馬したが落選した。1994年マッキンゼー・アンド・カンパニーを退職。

第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選した。

 (中略)

平成維新の会は参院選惨敗後に事実上解散した


出典: 「大前研一」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『落選男の正体?』に掲載。
(2014年4月2日)

あらっ。。。 カエデと大前さんが選挙に落選したことが関係あるのでござ~♪~ますか?

実は、マジで関係あるのですよ。

どういうわけで。。。?

あのねぇ~、大前さんの選挙民に対する認識や予測が間違っていたように カナダ人に対する認識やカエデに対する認識も、どうやら間違っているようなのですよ。

あらっ。。。 そうなのでござ~ますか? 知りませんでしたわ。

それに、卑弥子さんのカエデに対する認識も間違っているのですよ。

だったら、日本に住んでいる多くの日本人がカナダに対して抱いているイメージや カエデに対する認識も間違っていると デンマンさんは敢(あ)えてネットで主張するのでござ~ますか?

そうなのですよ。 大前さんの本を読んで、カナダに20年近く住んでいる者として 僕は黙ってはいられなくなったのですよ。

。。。んで、「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」というのは事実に反しているのでござ~ますか?

事実に反しているのです。

つまり、その証拠をデンマンさんは これからネット市民の皆様に見せてくれると言うわけなのですわね。

そうなのですよ。 あのねぇ~、マジで分かり易いように、僕が今朝、自分のマンションから30分かけてバンクーバー市立中央図書館まで歩いてきた道筋の写真を見てください。


(haro102.jpg)

これは Haro Street という通りなのですよ。

あらっ。。。 ずいぶんとたくさんの街路樹が植わっているのですわね。

でもねぇ~、カエデの木は一本もないのですよ。 この上のHARO Streetを歩いてゆくと小さな公園が道路の脇にあるのです。


(barclay90.jpg)


(barclay91.jpg)

これは Barclay Heritage Square という公園なのですよ。 この公園にもカエデの木は一本もないのですよ。 つまり、30分歩いて図書館にやって来る途中には 少なく見積もっても 公園と街路樹を含めて1、000本以上の木が植わっているのです。 でもねぇ、すでに5年近く歩いて通っているのに、カエデの木を一本も見たことがない。 意外にも 桜の木は50本ぐらいありました。 ところで、近くには Stanley Park という、とてつもなく広い公園があるのですよ。

どれほど広いのでござ~ますか?


(stanley50.jpg)

この公園は 1,001エーカーあるのです。 1エーカーは 4,047㎡ ですからね。 つまり、 1,001 X 4,047 = 4,051,047㎡ ですよ。 ざっと 一辺が 2km の正方形を考えてみればいいのです。

あらっ。。。 すっご~♪~く広いではあござ~ませんかァ!

卑弥子さんも Stanley Park へ行ったのですよ。

覚えてますわ。 でも、そんなに広い公園だとは思ってもみませんでしたわァ。。。で、その公園にもカエデの木は一本もないのでござ~ますかァ?

たぶん、探せば あるかもしれません。 僕は少なくともStanley Parkへは どんなに少なく見積もっても 500回ぐらい 散歩したりジョギングしたり、日本から卑弥子さんや友達がやってくれば 必ず見学に連れて行ったりしているのですよ。 でもねぇ~、これまでに一度もカエデの木を見たことがない。


(stanley170.jpg)

スタンレー公園(Stanley Park)は 基本的には原生林の森なのですよ。 だから、こういう大木が奥へ行くと何千本と生育している。 圧倒的に松のような針葉樹が多いのです。 つまり、カエデのような広葉樹は少ない。

つまり、バンクーバーではカエデの木が成長しないのでござ~ますか?

植えれば成長すると思いますよ。 でもねぇ~、僕はバンクーバー市内でカエデの木を見たことがないのですよ。 試しにウィキペディアで調べてみました。

メープルシロップ


(syrup100.jpg)

純粋なメープルシロップは、産出する樹種の分布から、カナダ南東部~アメリカ北東部の生産が多く、カナダのケベック州やオンタリオ州、アメリカのニューイングランド地方などで生産されたものがよく知られている。
わずかではあるが、日本でも埼玉県秩父市、山形県金山町などで生産されている。
かつて、アメリカ産のメープルシロップに豚の油が入っているという噂が立ったが、アメリカ・ヴィーガン・ソサエティ(US Vegan Society)が調査した結果、そのような事実は無いことが確認された。

ケベック州は世界最大の産地で、2001年には1,560万リットルの収穫量があった。
ケベックやオンタリオ州のメープルシロップ産地では、シロップ収穫は文化の一部となっており、毎年2月の収穫の時期にはシュガーシャックで祭りが催される。
シロップ収穫期間中、ホットケーキやワッフルを食べさせるシュガーシャックも多く、人気のあるシュガーシャックには行列ができる。
ケベック州やオンタリオ州では、雪の上にメープルシロップを流しかけ、棒に巻きつけたりそのまま棒状で食べたりする「メープルタフィー」が存在する。

地球温暖化が進むとカエデの分布が現在よりも北に移動することが予想されるため、メープルシロップの産地では温暖化の地域経済に与える影響が懸念されている。


出典: 「メープルシロップ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

卑弥子さんや、大前さんが言う「カエデ」というのはメープルシロップが取れる「メープル」のことを言うのですよ。 上の説明にもあるように、カナダのどこでも見られるというほど広範囲に生育している木ではないのですよ。

つまり、大前さんはネットで調べてもみないで「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と書いてしまったのでござ~ますわね。

たぶん、カナダ人の友達から「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と言われたのを、そのまま“ウラ”を取らずに書いてしまったのですよ。 

もしかして、大前さんは「カナダ人というよりアメリカ人」というのも“ウラ”を取らずに書いてしまったのででござ~ますか?

そうなのですよ。 上の本を英語で出版したら 大勢のカナダ人から間違いなく苦情や反論の手紙を大前さんはもらうことになりますよ。 それに大前さんは次のようにも書いている。


(cbcvanc.jpg)
CBC Vancouver

カナダにはCBC(カナダ放送協会)というNHKのような公共放送局があるが、日常的に視聴している住民はほとんどいない。

僕はこの20年間テレビを持ったことがないから、アメリカのテレビ番組もカナダのテレビ番組も見たことがないのですよ。 でもねぇ~、ラジオを毎日聞いている。 CBC radio と バンクーバーのローカルの“1130”というラジオ放送局 しか聞いたことがない。

でも、それはデンマンさんが例外的にカナダのラジオしか聴いてないということですわ。 他のカナダ人はアメリカのテレビ番組を見ているのですわよ。

これもネットで調べてみたのですよ。 次の結果を見てください。


(canada700.jpg)

The CBC/Radio-Canada’s multi-platform coverage of the 2014 Sochi Winter Olympics attracted more viewers than any other Games in Canadian history.

During the Games, more than 33.35 million Canadians tuned in to at least some form of Olympic content produced by the CBC/Radio-Canada.

SOURCE: “CBC/Radio-Canada Olympic viewership”


カナダ放送協会の2014年のソチ冬季オリンピックゲームのラジオやテレビの番組は、カナダの歴史上 どのスポーツ番組よりも多くの視聴者を惹きつけた。

ソチオリンピック開催中、 33,350,000以上のカナダ人がカナダ放送協会の制作したオリンピック番組を少なくとも一つは見たことになる。

(デンマン訳)

あらっ。。。 カナダ人は結構カナダの番組を見ているではありませんかァ! 33,350,000以上のカナダ人がカナダ放送協会の制作したオリンピック番組を見たということは すごいじゃござ~ませんかァ!

。。。でしょう! あのねぇ~。。。 大前さんは、どうやらカナダ人の話を聞いて、そのまま“ウラ”を取らずに本に「カナダ放送協会というNHKのような公共放送局があるが、日常的に視聴している住民はほとんどいない」と書いてしまったようですよ。

でも、オリンピックは特別な番組で日常的にはカナダ人の皆様はアメリカの番組を見ているのではござ~ませんか?

それも 大前さんの間違った印象なのですよ。 実は、日常的に CBC の番組を見ている人はたくさんいるのです。 次のビデオクリップを見てください。


(goulg09.jpg)

グレン・グールド

Glenn Herbert Gould


(goulg10.jpg)

(1932年9月25日 – 1982年10月4日)

母親は声楽の教師でピアノも弾き、父親は声楽同様ヴァイオリンの演奏ができた。母親からピアノの手ほどきを3歳から受けたのち、1940年に7歳にしてトロント王立音楽院に合格。
同院で、レオ・スミスより音楽理論を、フレデリック・シルヴェスターよりオルガンを、アルベルト・ゲレロよりピアノを習う。
1944年、地元トロントでのピアノ演奏のコンペティションで優勝。1945年にオルガン奏者としてデビュー。
同年には、カナダ放送協会によりグールドのピアノ演奏が初のオンエア。
1946年5月トロント交響楽団と共演しピアニストとしてベートーヴェン「ピアノ協奏曲第4番」で正式デビューし、同年10月、トロントの王立音楽院を最年少で最優秀の成績で卒業。
その後、1947年に初リサイタルを行って国内での高い評価を得た。

かねてより、演奏の一回性へ疑問を呈し、演奏者と聴衆の平等な関係に志向して、演奏会からの引退を宣言していたグールドは、1964年3月28日のシカゴ・リサイタルを最後にコンサート活動からは一切手を引いた。
これ以降、没年までレコード録音及びラジオ、テレビなどの放送媒体のみを音楽活動の場とする。
同年には、トロント大学法学部より、名誉博士号を授与された。

1965年、カナダ北部のチャーチルまで旅行する。
1967年、カナダ放送協会(CBC)が、グールドの製作したラジオドキュメンタリー「北の理念(The Idea of North)」を放送する。
その後も、「遅れてきた者たち」、「大地の静かな人々」といったラジオドキュメンタリーが放送された。
1977年、グールド演奏によるバッハの「平均律」第2巻 前奏曲とフーガ第1番ハ長調の録音が、未知の地球外知的生命体への、人類の文化的傑作として宇宙船ボイジャー1号・2号にゴールデン・レコードとして搭載された。

1981年、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」を再録音する。
1982年9月27日、脳卒中によりトロント総合病院に緊急入院。
この後、容態は急速に悪化。10月4日、父親の判断により延命措置の停止が決断され、同日死亡。
遺体はトロントにあるマウント・プレザント墓地に埋葬された。
墓石にはゴルトベルク変奏曲の一節の楽譜が刻まれている。50歳没。
最後のピアノ録音は、リヒャルト・シュトラウス「ピアノ・ソナタOp.5」(録音日時1982年7月2日及び9月1-3日)であり、その後同年9月8日にはリヒャルト・ワーグナーのジークフリート牧歌をトロント交響楽団の指揮によって録音しており、グールドはスタジオ録音においてピアノ奏者としてではなく、指揮者として人生を終えている。


出典: 「グレン・グールド」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Glenn Gould (グレン・グールド) と言えば、世界的に有名な カナダ生まれのピアニスト兼作曲家なのですよ。 大前さんはグールドの名前は聞いたことがあるけれど、おそらく彼のことを詳しく知らないに違いない!

どうして、そのようなことがデンマンさんには判るのでござ~ますか?

あのねぇ~、大前さんがクラシックに興味があるならば、当然 グレン・グールドのことを知らないわけがない! グレン・グールドのことを知っているならば、カナダ人の音楽好きがCBCのグールドの番組を日常的に聴いていたという事実も知っているはずなのですよ。

つまり、大前さんはカナダで生活した経験がないので、実際にはカナダのことを理解していないのですわね。

その通りですよ。 自分の足で歩いて調査することをしないのでしょうねぇ。。。 たぶん、詳しく調べもしないで本を書いているのですよ。

それで解りましたわァ。 大前さんは選挙民の傾向と対策をしっかりと調査しなかったから 2度の選挙でも落選してしまったのですわァ。。。 でしょう?

僕も、恐らくそうだと思うのですよ。


(laugh16.gif)


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは どう思いますか?

あなたが もしブログを書いているならば、根拠や証拠の出所を良く調べて記事を書いてくださいね。
そうじゃないと、デンマンさんのような うるさい人がガタガタと穿(ほじく)り返すように こうして記事を書くことになりますわァ。
おほほほほほ。。。

ところで、現代史も面白うござ~ますけれど たまには、あなたも古代の日本の歴史について 覗いてみませんか?
平安史、古代史の記事を用意しました。
ぜひ お読みくださいまし。
では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。
卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


『曲屁(きょくべ)』

『天神様と東日本大震災』

『日本は良い国か?』

『日本を良い国に…』

『エロい熟女』

『アッと驚くマキアベリ!』

『良寛さんの顔』

『あなたの中の阿修羅』

『蝦夷って悪い意味?』

『伎楽は呉の音楽?』

『呉越の謎』

『紅のボートピープル』

『蕎麦屋と忠臣蔵』

『ピンクと桃色』

『妻の不貞』

『卑弥子さん、ご指名ですよ!』

『カン違い大岡越前』

『ロマンのカシオペア』

『カシオペアの現実』

『エロい徳子を探して』

『紫式部と皇国史観』

『エロい道鏡と薬師如来』

『天平の麗しき淑女』

『元からの饅頭』

『なぜ唐に留まったの?』

『下着美人』

『一所懸命』

『ねぇ、ねぇ、ねぇ効果』

『遊女と三つ子』

『布袋さんの魅力』

『今、エジプトに?』

『鍋かむり祭り』

『日本人はどこから来たの?』

『卑弥子も待ってます』

『卑弥子の源氏物語』

『源氏物語もエッチなのに』

『失意の紫式部』

『めちゃムカつく足枷』

『床上手な女になりたい』

『日本へ、紀元前のメイフラワー号』

『日本の死海文書』

『今さら聞けない、床上手』

『兄妹の恋と大乱』

『えっ、ヒトラーはベジタリアン?』

『外人に乗っ取られた日本?』

『失われたバレンタイン』

『軽井沢夫人@日本王国』

『都知事になれなかった男』

『落選男の正体?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)