Posts Tagged ‘カナダの誕生日’

カワウソ@スタンレー公園

2016年3月13日

 

カワウソ@スタンレー公園

 


(otter01.jpg)


(otter04.jpg)


(otter03.jpg)


(mayumi40.jpg)

デンマンさん。。。 カワウソってぇ、本当に可愛いですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

真由美ちゃんもそう思いますかァ~。。。

ええ。。。 日本では見たことがありませんでしたわァ~。

バンクーバーへやって来た甲斐がありましたねぇ~。。。 (微笑)

カワウソを見にバンクーバーへやって来たわけではありませんけれど、なんだかペットにしたいと思いましたわァ~。。。

うん、うん、うん。。。 ペットにできるものなら、僕もスタンレーパークから一匹連れて来たいですよ。。。

最近、デンマンさんはスタンレーパークへ行きました?

あのねぇ~、この頃雨が多くて、とてもスタンレーパークへ行くような気分ではないのですよ。。。 でもねぇ~、バンクーバー市立図書館が休館日で、しかも天気がいいときには、決まってスタンレーパークへ行くようにしているのですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)


(stanley134.jpg)

あらっ。。。 スタンレーパークをジョギングで一周したのですかァ~?

最近は、億劫(おっくう)になって、ジョギングすることはないですよ。。。 

じゃあ、スタンレーパークへ行って何をするのですか?

あのねぇ~、Seawall(遊歩道) を歩いて1周しながら、疲れた所で休憩して バンクーバー市立図書館で借りた本を読むのですよ。


(stanmap3b.jpg)

あらっ。。。 デンマンさんは、赤字で書いてある Seawall(遊歩道)を歩いて一周するのですか?

そうです。。。

そうですってぇ~。。。、一周すると約8キロメートルを歩いたことになりますよねぇ~。。。 マジで“手ぬき”じゃなく。。。 “足抜き”しないで 8キロメートルを歩くのですかァ~?

そうです。。。 2時間半から3時間ぐらいかけてゆっくりと歩くのですよ。

上の地図に ”9 o’clock Gun” というのが出てますけれど、これは鉄砲ですか?

午後9時に時報を知らせる大砲(Nine o’clock Gun)ですよ。。。


(stanleygun.jpg)

。。。で、どこで休憩するのですか?

ウェットスーツを着た銅像が見えるところで、たいていお昼のサンドイッチを食べながら本を読むのですよ。


(wetsuit.jpg)
Girl in a Wetsuit

どうしてウェットスーツの少女を見ながらサンドイッチを食べるのですか?

上の像を見ていると、ジューンさんが重なって 僕に微笑(ほほえ)んでくれるのですよ。。。(微笑)


(wetsuit.jpg)

デンマンさんは白日夢を見ながら。。。妄想をたくましくするのですわねぇ~。。。

うへへへへへ。。。 いけませんかァ~。。。? でもそれだけじゃないのですよ。。。 僕になついたカワウソが顔を見せるのですよ。


(otter01.jpg)


(otter04.jpg)

マジで、デンマンさんを覚えているのですか?

僕が時々エサをやるので、またもらえるかと思って近寄ってくるのですよ。


(otter05.jpg)

でも、エサをやってはいけないことになってるのでしょう?

だから、誰にも見られないようにこっそりとエサをやるのですよ。

カワウソと遊んでから どうするのですか?

2時間ばかり本を読んでから、おもむろに歩き出して Coal Harbour の方へ歩いてゆくのです。

私もコール・ハーバーの辺りが気に入りましたわ。。。

ほおォ~。。。、それは、どういうわけで。。。?

デンマンさんに連れて行ってもらった Lift Bar & Cafe がとてもよかったのです。


(lift02.jpg)


(lift01b.jpg)


(lift06.jpg)

のんびりとブランチをいただきながら あたりの景色を眺めて、癒されましたわ。

あの辺りは20年ぐらい前は 昔の“石炭受け入れ港 (Coal Harbour)”の面影が色濃く残っていて、うら寂しい場所だったのですよ。


(coalh0.jpg)

この上の写真のような場所だったのですよ。。。 Coal Harbour の近辺を8年ほど前に再開発していたとは耳にしていたけれど、まだその場所を訪れたことがなかったのです。 それで真由美ちゃんと一緒に辺りをそぞろ歩いたわけなのですよ。

デンマンさんもLift Bar & Cafeに立ち寄ったのは初めてだったのですか?

そうです。。。 今では、まるで昔の面影はありませんよ。。。 フランスのコートダジュールの港町に来たような印象を持ちましたよ。


(coalh03.jpg)


(coalh04.jpg)


(coalh05.jpg)


(coalh06.jpg)

それに、近くに Convention Centre ができたのですよ。

出来てから、デンマンさんは一度も訪ねたことがなかったのですか?

僕も初めてでした。。。 その奇抜なエコ・デザインに たまげましたよ。


(conven02.jpg)


(conven03.jpg)


(conven04.jpg)

しばらく見ないうちにウォーターフロントがすっかり変わってしまいました。

デンマンさんがマンションと図書館の往復だけに時間を費やしていたので、バンクーバーでも浦島太郎になってしまったのですわ。

うん、うん、うん。。。 その驚くべき変化を見て僕は少し反省したのです。。。 考えてみたら、真由美ちゃんがバンクーバーにやって来たので、改めてバンクーバーの町を散策してみたのですよ。。。 懐かしいメールがあったので、ここに貼り出します。。。 真由美ちゃんも久しぶりに読んでみてね。


(foolw.gif)

2014年07月03日 03:24 AM

真由美ちゃん、おはよう!
昨日、7月1に日はカナダの147歳の誕生日でした。
素晴らしい1日でしたよ。
珍しく31度まで気温が上昇しました。

図書館は閉館だったので、ランチのサンドイッチを作って、カフェオレをTHERMOSに入れて、バナナ2本とピーチ味のヨーグルトを持って、いつものように“出勤”しました。
きゃははははは。。。

それで、図書館の代わりにスタンレーパークを歩いて 8キロメートルの Seawall を1周しました。
今日、7月2日は、“147歳の誕生日”というタイトルで楽しい記事を書くので、ぜひ読んでみてね。
バンクーバーの楽しさが解って、真由美ちゃんが ますますバンクーバーへやって来たくなることでしょう! 

「血の絆」を読んで、私もデンマンさんのように血の繋がり、を深く感じています(*^_^*)


(family02.jpg)

『血の絆』

そうですか。。。そうですか。。。

そうでしょうね。。。 やっぱり、血がつながっているからでしょう!。

今少しずつ準備をしていく中で、徐々に夢に近づいていける事の喜びを感じています。
それはデンマンさんの協力があっての事なので、本当に感謝しています。

実際の所まだ履歴書作成が完成しておりません。。。
デンマンさん、カバーレターというものはレストランやカフェなどの職業などはほとんど必要としない、という情報がありましたが、それは事実でしょうか?

どのような職業にしろ、初めて雇用主に手紙を書くときには カバーレターは必要だと僕は信じていますよ。

“オンサイト就活”というのがあるのですよ。
つまり、工事現場や、工場などへ出向いて、“ここで働きたいのですが。。。”と言って担当者と面接するのです。
そのような時には、カバーレターを書く必要はありません。
履歴書だけを持参すれば、それですみます。

でも、手紙で就職活動をする時には、カバーレターは絶対に必要だと思いますよ。
その方が、雇用主の印象も良いはずです。
もちろん、カバーレターは1枚に限ります。

とにかく、雇用主がカバーレターと履歴書を読んで、真由美ちゃんを雇いたくなるような気持ちにさせることです。
いかに、そうさせることができるか!?
それが勝負の分かれ目です。


(cv02.jpg)

BLOGを書いていることは、本当に強い味方になってくれるはずですよ。
なぜなら、ネットはバンクーバーの個人商店主にも知れ渡っています。
最近では、個人商店が Facebook や TWITTER に登録していることを店のドアなんかに貼り出してますよね。(ステッカーをつけて。。。)

だから、素晴らしいBLOGを書いていることを個人店主が知ったら、真由美ちゃんに対して“素晴らしい印象”を持つはずです。
つまり、内容の充実したBLOGを書くことは、就職の際に、絶対に強力な味方になってくれるはずです。

デンマンさんが載せた「とんでん」 の写真を見てますます食べてみたくなりました。


(tonden9.jpg)


(tonden8.jpg)

何故ですかね。小鉢にいろいろのってくると、ウキウキテンションが上がってしまうんです。笑o(〃^▽^〃)o
きっと 芳江おばさんもそうなんでしょうね(=⌒▽⌒=)笑;;

そうです。。。そうです。。。僕の母親は、とにかく食べることが“人生の楽しみ”ですからね。
「おおぎや」よりも「とんでん」の方が気に入っているのですよ。
品数が多いことと、小鉢にいろいろのってくるので、楽しめるからでしょうね。

デンマンさんが思っているように、
私も何故だか、会った事がまだ一度もないのに、
デンマンさんとはもうずっと小さい頃から会っているかのような感覚がしてならないんです。

それは初めてデンマンさんと電話でお話をした時から思いました。
初めてで、あんなにもいろいろお話が出来た事、
何よりも不思議と次から次へと会話が出てきて、他人とは違う何かを感じました。

その日は嬉しくて私も母にデンマンさんと1時間近く話しをしたんだと伝えた事を思い出しました。笑
母も嬉しそうでした。

はい、はい、はい。。。
そういうものでしょうね。
“血は水より濃い”と昔の人は言いました。
赤の他人には感じられない近親感を覚えるのは当然でしょうね!

また夏8月位にでももう一度会いに行けたらいいなと思っています。
私一人で行ってみようかしら。。♪
なんてのも考えてみたり。。(^ε^)♪


(senko3.gif)

もし、夏、真由美ちゃんに会えるなら、僕の母親も喜ぶでしょう。

今 保険の事もいろいろあってどうしようか考えていました。
保険もたくさんあるんですね。。

まだまだカナダへの準備が整っておりませんで、焦ってはいけないと分かりつつ、
何故だか気持ちが焦ってしまいます。。。


(petticot5.gif)

焦る事はありませんよ。
“せいては事を仕損じる!”と昔の人は言いました。

真由美ちゃんの人生は、これから、まだまだ長いのです。
じっくりとかまえて、あせって、物事を台無しにするよりも、時には回り道をすることも大切です。
どのようなことになろうとも、あくまでも、自分の気持ちを大切にして、マイペースで、ルンルン気分ですごしてください。

また何かあったらご相談に乗って頂けたら嬉しいです。!!

はい、はい、はい。。。
できる限り、真由美ちゃんのために応援いたします。

では
今日もデンマンさんはルンルン~~~♪で
ウォーキングを楽しんでいる事でしょう(^ε^)♪
良い一日でありますように。。。(*^ー^)ノ

ありがとう!
一日、一日を、納得の行くように、ルンルン気分で生きるように僕は心がけています。
きゃははははは。。。
じゃあね。
バイバ~♪~イ。。。


(denman01.gif)

07月03日 03:24 AM

(Vancouver Time: Wednesday, July 2, 2014 11:24AM)

念願がかなって 2014年の11月に私はバンクーバーにやってきたのですわァ~。。。 月日の経つのは本当に早いですねぇ~。。。

うん、うん、うん。。。 確かに“光陰矢のごとし”ですよ! 来年(2017年)のカナダの150歳の誕生日には、バンクーバーでも一大イベントを企画しているようです。。。

私も、楽しみですわ。。。 ちょうど、いい時期に私はバンクーバーにやって来たのですわねぇ~。。。

そうです。。。 そうです。。。 今度 真由美ちゃんとスタンレー公園に行く時には 一緒に可愛いカワウソ見ましょうねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

147歳の誕生日

2014年7月3日

 

147歳の誕生日

 
 

(canada147.jpg)


(canada148.jpg)


(june92d.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 お誕生日おめでとうございま~♪~すゥ。


(kato3.gif)

ジューンさん!。。。 誤解を招くから、僕に面と向かって「お誕生日おめでとうございま~♪~すゥ」と言わないでくださいよう。 僕が147歳の誕生日を迎えたわけじゃないのだから。。。

でも、デンマンさんも147歳を迎えたカナダに住んでいるのですわ。 おめでたいじゃありませんかァ~!

確かに、おめでたいことだけれど。。。

なんだか不満そうですわねぇ。

あのねぇ~、7月1日はカナダの誕生日だから、カナダは全国的に休日なのですよう。 つまり、バンクーバー市立図書館も休館です。

要するに、7月1日には図書館のパソコンが使えないのでブログを更新できなかった。。。 それで、デンマンさんは不満そうな顔をしているのですわねぇ~。。。

そうです。。。

最近、パソコンは安くなったのだから、一つぐらい買えばいいではありませんかァ!

あのねぇ~、パソコンを持つと、パソコンの前に座りっきりになって運動不足になるのですよ。。。 そうなると、太ってしまって、高血圧になったり、糖尿病になって寿命をちじめることになる。

つまり、健康で長生きしたいためにパソコンは買わないことに決めたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

。。。で、7月1日は、ずっとマションに引きこもっていたのですか?

引きこもりは精神的に良くないですからねぇ~、当然 いつものように僕は、サンドイッチを作って、カフェオレをTHERMOSに入れて、バナナ2本とピーチ味のヨーグルトを持って、いつものように“出勤”したのですよう。


(sand102.jpg)


(thermo2.jpg)

閉館しているバンクーバー市立図書館の裏の階段のステップに座って、日向(ひなた)ぼっこして一日過ごしたのですか?


(vpl103.jpg)


(vpl102b.jpg)

やだなあああァ~。。。 日向(ひなた)ぼっこするなんてぇ~、そういう老人趣味は僕にはありませんよう。 閉館している図書館にわざわざ行くわけないでしょう!

じゃあ、サンドイッチとカフェオレのThermosを持って どこへ出かけたのですか?

スタンレーパークですよう。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)


(stanley134.jpg)

あらっ。。。 スタンレーパークをジョギングで一周したのですかァ~?

そう思ったのだけれど、図書館で借りた本があったので、Seawall(遊歩道) を1周しながら、疲れた所で休憩して 本を読もうと考えて出かけたのですよ。


(stanmap3.jpg)

あらっ。。。 デンマンさんは、マンションを出てからスタンレーパークへ向かい、赤字で書いてある Seawall(遊歩道)を歩いて一周したのですかァ~?

そうです。。。

そうですってぇ~。。。、一周すると約8キロメートルを歩いたことになりますよねぇ~。。。 マジで“手ぬき”じゃなく。。。 “足抜き”しないで 8キロメートルを歩いたのですか?

だから、ゆっくりと1時間ほど歩いたら、ちょうどお昼になったのですよ。

腕時計を持たないデンマンさんが、どうしてお昼になったと解ったのですか?

あのねぇ~、いつもなら午後9時に時報の大砲(Nine o’clock Gun)を撃つのだけれど、この日は Canada Day で147歳のカナダの誕生日ですよ。 だから、正午零時に 礼砲を21発打ち始めたのですよ。


(stanleygun.jpg)

あらっ。。。 ちょうど この上の大砲のそばを通りかかったのですか?

いや。。。 僕は上の地図の Lion’s Gate Bridge の下に青丸で囲んだ Parking エリアの印が見えるでしょう。。。 ここのそばを歩いていたのです。 そしたら大砲の音が響き渡った。 それで、急に腹の虫が鳴き始めたのですよ。

。。。で、朝作ったサンドイッチを食べることにしたのですか?

そうです。


(wetsuit.jpg)
Girl in a Wetsuit

近くのベンチに腰を下ろして、この像を眺めながらサンドイッチを食べたのですよ。

どうしてウェットスーツの少女を見ながらサンドイッチを食べる気になったのですか?

ジューンさんがこの女に重なって見えてきたからですよう。。。うししししし。。。


(wetsuit.jpg)

また、デンマンさんは白日夢を見て。。。妄想をたくましくしたのですわねぇ~。。。

うへへへへへ。。。 いけませんかァ~。。。?

それからどうしたのですか?

食後しばらくの間。。。、2時間ばかり本を読んだのですよ。 でもねぇ~、こんな素晴らしい日に、じっと座って本を読んでいる場合じゃないと思って、久しぶりに Coal Harbour の方へ歩いていったのですよう。 ビックリしました。

どうして。。。?

あのねぇ~、Coal Harbour の近辺を5,6年前に再開発していたとは耳にしていたけれど、まだその場所を訪れたことがなかったのですよう。 20年ほど前の Coal Harbour というのは次のような風景だったのですよ。


(coalh0.jpg)

それが全く見違えるようになってしまったではありませんか! まるでフランスは、コートダジュールの港町に来たような印象を持ちましたよ。


(coalh03.jpg)


(coalh04.jpg)


(coalh05.jpg)


(coalh06.jpg)

それに、近くに Convention Centre ができたのですよ。

出来てから、かなりたちますわ。

僕は初めて、目にしたのですよ。 その奇抜なエコ・デザインに たまげましたよ。


(conven02.jpg)


(conven03.jpg)


(conven04.jpg)

しばらく見ないうちにウォーターフロントがすっかり変わってしまいましたよ。

デンマンさんがマンションと図書館の往復だけに時間を費やしていたので、バンクーバーでも浦島太郎になってしまったのですわ。

うん、うん、うん。。。 その驚くべき変化を見て僕は少し反省したのですよう。。。

それで、反省しながらマンションに帰ったのですか?

いや。。。 147歳のカナダの誕生日だけのことはあって、暇人がたくさん繰り出し、Canada Place に近づくにつれて、まるで芋を洗うような混雑ですよ。 日本の満員電車を見慣れている目にも、この日の人ごみはすごかった。


(canplace22.jpg)

。。。で、人ごみに圧倒されてマンションに帰ったのですか?

花火大会があるというので、じゃあ、それを見てから帰ろうかと。。。


(canplace23.jpg)

じゃあ、丸一日カナダの誕生日のために歩き回ったのですわね。

そうですよう。。。 もう、クタクタに疲れきってマンションに戻ったら、何も食べずにベッドにもぐりこみました。

そして今朝を迎えたのですか?

そうです。。。 そしたら、真由美ちゃんからメールが来ていました。


(foolw.gif)

真由美ちゃん、おはよう!
昨日、7月1に日はカナダの147歳の誕生日でした。
素晴らしい1日でしたよ。
珍しく31度まで気温が上昇しました。

図書館は閉館だったので、ランチのサンドイッチを作って、カフェオレをTHERMOSに入れて、バナナ2本とピーチ味のヨーグルトを持って、いつものように“出勤”しました。
きゃははははは。。。

それで、図書館の代わりにスタンレーパークを歩いて 8キロメートルの Seawall を1周しました。
今日、7月2日は、“147歳の誕生日”というタイトルで楽しい記事を書くので、ぜひ読んでみてね。
バンクーバーの楽しさが解って、真由美ちゃんが ますますバンクーバーへやって来たくなることでしょう! 

「血の絆」を読んで、私もデンマンさんのように血の繋がり、を深く感じています(*^_^*)


(family02.jpg)

『血の絆』

そうですか。。。そうですか。。。

そうでしょうね。。。 やっぱり、血がつながっているからでしょう!。

今少しずつ準備をしていく中で、徐々に夢に近づいていける事の喜びを感じています。
それはデンマンさんの協力があっての事なので、本当に感謝しています。

実際の所まだ履歴書作成が完成しておりません。。。
デンマンさん、カバーレターというものはレストランやカフェなどの職業などはほとんど必要としない、という情報がありましたが、それは事実でしょうか?

どのような職業にしろ、初めて雇用主に手紙を書くときには カバーレターは必要だと僕は信じていますよ。

“オンサイト就活”というのがあるのですよ。
つまり、工事現場や、工場などへ出向いて、“ここで働きたいのですが。。。”と言って担当者と面接するのです。
そのような時には、カバーレターを書く必要はありません。
履歴書だけを持参すれば、それですみます。

でも、手紙で就職活動をする時には、カバーレターは絶対に必要だと思いますよ。
その方が、雇用主の印象も良いはずです。
もちろん、カバーレターは1枚に限ります。

とにかく、雇用主がカバーレターと履歴書を読んで、真由美ちゃんを雇いたくなるような気持ちにさせることです。
いかに、そうさせることができるか!?
それが勝負の分かれ目です。


(cv02.jpg)

BLOGを書いていることは、本当に強い味方になってくれるはずですよ。
なぜなら、ネットはバンクーバーの個人商店主にも知れ渡っています。
最近では、個人商店が Facebook や TWITTER に登録していることを店のドアなんかに貼り出してますよね。(ステッカーをつけて。。。)

だから、素晴らしいBLOGを書いていることを個人店主が知ったら、真由美ちゃんに対して“素晴らしい印象”を持つはずです。
つまり、内容の充実したBLOGを書くことは、就職の際に、絶対に強力な味方になってくれるはずです。

デンマンさんが載せた「とんでん」 の写真を見てますます食べてみたくなりました。


(tonden9.jpg)


(tonden8.jpg)

何故ですかね。小鉢にいろいろのってくると、ウキウキテンションが上がってしまうんです。笑o(〃^▽^〃)o
きっと 芳江おばさんもそうなんでしょうね(=⌒▽⌒=)笑;;

そうです。。。そうです。。。僕の母親は、とにかく食べることが“人生の楽しみ”ですからね。
「おおぎや」よりも「とんでん」の方が気に入っているのですよ。
品数が多いことと、小鉢にいろいろのってくるので、楽しめるからでしょうね。

デンマンさんが思っているように、
私も何故だか、会った事がまだ一度もないのに、
デンマンさんとはもうずっと小さい頃から会っているかのような感覚がしてならないんです。

それは初めてデンマンさんと電話でお話をした時から思いました。
初めてで、あんなにもいろいろお話が出来た事、
何よりも不思議と次から次へと会話が出てきて、他人とは違う何かを感じました。

その日は嬉しくて私も母にデンマンさんと1時間近く話しをしたんだと伝えた事を思い出しました。笑
母も嬉しそうでした。

はい、はい、はい。。。
そういうものでしょうね。
“血は水より濃い”と昔の人は言いました。
赤の他人には感じられない近親感を覚えるのは当然でしょうね!

また夏8月位にでももう一度会いに行けたらいいなと思っています。
私一人で行ってみようかしら。。♪
なんてのも考えてみたり。。(^ε^)♪


(senko3.gif)

もし、夏、真由美ちゃんに会えるなら、僕の母親も喜ぶでしょう。

今 保険の事もいろいろあってどうしようか考えていました。
保険もたくさんあるんですね。。

まだまだカナダへの準備が整っておりませんで、焦ってはいけないと分かりつつ、
何故だか気持ちが焦ってしまいます。。。


(petticot5.gif)

焦る事はありませんよ。
“せいては事を仕損じる!”と昔の人は言いました。

真由美ちゃんの人生は、これから、まだまだ長いのです。
じっくりとかまえて、あせって、物事を台無しにするよりも、時には回り道をすることも大切です。
どのようなことになろうとも、あくまでも、自分の気持ちを大切にして、マイペースで、ルンルン気分ですごしてください。

また何かあったらご相談に乗って頂けたら嬉しいです。!!

はい、はい、はい。。。
できる限り、真由美ちゃんのために応援いたします。

では
今日もデンマンさんはルンルン~~~♪で
ウォーキングを楽しんでいる事でしょう(^ε^)♪
良い一日でありますように。。。(*^ー^)ノ

ありがとう!
一日、一日を、納得の行くように、ルンルン気分で生きるように僕は心がけています。
きゃははははは。。。
じゃあね。
バイバ~♪~イ。。。


(denman01.gif)

07月03日 03:24 AM

(Vancouver Time: Wednesday, July 2, 2014 11:24AM)

真由美ちゃんも、バンクーバーに来れるようになるといいですわね。

ジューンさんも、真由美ちゃんを励ましてやってくださいねぇ~。

はい。。。そうしますわ。 真由美ちゃんに会えるのが楽しみです。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

そうですよね。
世界は狭くなりました。
生まれた国だけにとどまっているのは、もったいないですよね。
せっかく この世界に生まれてきたのですから、若い内に いろいろな国を見て回るのも人生勉強になると思いますわ。

あなたも、時間があったら、ぜひ バンクーバーにやってきて下さい。


(vanc700.jpg)

ところで、デンマンさんとわたしが対話した記事は 他にもたくさんあります。

興味のある人は、どうか次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

『プロメテウスの黒い白鳥』

『ジャズ・フェスティバル』

『仲間はずれはどれ?』

『FBI捜査官のツブヤキ・ガイド』

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださね。

じゃあ、またァ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

145歳の誕生日

2012年7月6日

 
 
145歳の誕生日

(canada0.gif)

1867年7月1日


 
 

 
 
145歳の誕生日
 
 
2012年7月1日

デンマンさん。。。今日はカナダの誕生日のお話ですか?

そうですよ。 いけませんか?

「145歳の誕生日」というタイトルを見たら、おそらくほとんどの人は人間の誕生日だと思いますわ。

たぶん、そうでしょう。 でもねぇ、145歳まで人間が生きられるなんてほとんどの人は思いませんよ。

だからわざと「カナダの145歳の誕生日」としなかったのですか?

そうです。 タイトルを見たら、「145歳の誕生日」のほうがインパクトがありますからね。 145歳まで生きている人が居るのだろうか? と誰もが一瞬考えると思うのですよ。 うへへへへへ。。。

誇大広告のようなものですわね。

ジューンさんは今年の7月1日にカナダが145歳の誕生日を迎えたと知っていましたか?

145歳という数字は覚えていませんでしたけれど、140歳ぐらいだとは思っていましたわ。

ジューンさんは7月1日のバンクーバーで行われた「カナダ誕生日パレード」を見ましたか?

いいえ。。。夜になると花火が打ち上げられることは知っていましたけれど、パレードがあるなんて知りませんでしたわ。

じゃあ、ジューンさんのためにもパレードのビデオをここに貼り付けるから見たらいいですよ。

Canada day 2012 in Vancouver


(canadaday2.jpg)

Canada Day (フランス語: Fête du Canada)

カナダの建国記念日。
カナダで毎年7月1日に制定されており、国民の祝日となっている。
1867年に制定された英領北アメリカ法により、カナダが一つの連邦として自治を開始した1867年7月1日を記念し祝日に制定された。
旧名はドミニオン・デー(英語:Dominion Day、フランス語:Le Jour de la Confédération)と言った。

「カナダの誕生日」といわれることも多いカナダの日は、当時すでにイギリス連合王国の一部であり現在のオンタリオ州とケベック州からなるカナダ州(Province of Canada)と、ノバスコシア植民地、ニューブランズウィック植民地を加えて、ひとつのカナダ連邦が1867年7月1日に誕生したことを記念する日として制定された。

連邦休日法によってカナダの日は毎年7月1日に制定されているが、7月1日が日曜にあたる場合は、7月2日が振替休日となる。
但しカナダの日のイベントはその場合でも7月1日に行われる。
7月1日が土曜にあたる場合は、通常土曜を休日にしている企業などでは翌月曜を休みとすることが一般的である。

オタワの国会議事堂前での式典でのカナダ軍スノーバードカナダの日の祝祭行事は主に各地方自治体が主催し、屋外で行われるものが多い。
パレード、屋外のお祭り、バーベキュー、航空・艦船ショー、野外コンサート、花火などである。
また新移民の公民宣誓式も行われる習わしとなっている。

首都オタワでは国会議事堂前の広場(パーラメント・ヒル)ではカナダ総督と首相が参加する記念式典が行われる。
国王またはその他の王族も出席することがある。
1990年、1992年、1997年、2010年の式典にはカナダ国王であるエリザベス2世が参加した。


出典: 「カナダの日」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ところで、日本は今年で何歳になるの?

あのねぇ、日本は戦前・戦中を通して「皇紀」という年号を使っていたのですよ。 その年号に従うと西暦2012年は皇紀2672年。 つまり、今年で日本は 2672歳になるのですよ。

あらっ。。。カナダと比べると日本はずいぶんと年をとってるのねぇ~。。。で、皇紀元年ってぇ、どのようにして決めたの?

日本の初代の天皇である神武天皇が即位した年を皇紀元年としたのですよ。

その年が西暦元年よりも660年前ということ。。。?

そういうことです。

でも、神武天皇というのは伝説上の人物で、実在しなかったというようなことを歴史の本で読んだことがあるわ。

あれっ。。。ジューンさんは見かけによらず、日本史に詳しいんだね。

別に詳しくないけれど、その程度のことならば初歩の日本史の本を読むと書いてあるわ。

確かにそうなのですよ。 歴史学的には3世紀に即位したとされる応神天皇以前の初期の10代の天皇の実在性は不明とされているのですよ。

それなのに、どうして神武天皇の即位を皇紀元年にしたの?

あのねぇ~、『日本書紀』に次のように書いてある。

神武天皇元年正月朔の条

辛酉年春正月庚辰朔

天皇即帝位於橿原宮

是歳爲天皇元年」


【読み下し文】:

辛酉年の春 正月の庚辰朔に、

天皇、橿原宮に即帝位(あまつひつぎしろしめ)す。

是歳を天皇の元年とす。

明治時代の初期に活躍した歴史学者に那珂通世(なか みちよ)という人がいたのです。

あらっ。。。「みちよ」さんってぇ、女性ですか?

「みちよ」という女性はいますよ。 でも字が違います。 美千代だと確かに女性の名前だけれど、那珂通世は男です。 嘉永4年(1851)に生まれ、明治41年(1908)に亡くなっています。 南部藩出身で明治時代の歴史学者で、東洋史の概念を初めて生みだした人だと言われているのですよ。

。。。で、この人が皇紀元年を決めたわけなの?

いや。。。明治政府が制定したのだけれど、この人の次の説を採用したのです。

『日本書紀』はその紀年を立てるにあたって中国の前漢から後漢に流行した讖緯説を採用しており、干支による年号が開始された西暦604年から逆算される辛酉年の、西暦601年から1260年遡った西洋紀元前660年(辛酉年)を、大革命である神武天皇即位の年として設定した。

つまり、『日本書紀』に書いてある辛酉年をヒントに辻褄(つじつま)を合わせて皇紀元年を紀元前660年(辛酉年)としたわけなのね。

ジューンさんは意外に呑み込みが早いねぇ~。

この程度のことで褒めないでよ。

いやあァ~。。。僕はジューンさんを見直しましたよ。

でも、どうして西暦601年から1260年さかのぼるわけなの?

あのねぇ、中国の『易緯』という本の鄭玄の注に、干支が一周する60年を1元(げん)といい、21元を1蔀(ぼう)というと書いてある。。。で、この1蔀(ぼう)の辛酉年に、国家的革命あるいは王朝交代が行われると書いてあるのですよ。 この説に従ったわけです。 要するに神武天皇の即位した年が日本が生まれた年だと見なしたのです。 つまり、大和王朝の誕生ですよ。 それで、1蔀(ぼう)というのは 60 x 21 = 1260 年だから、この数字を持ち出したわけです。

なるほど。。。そうやって辻褄を合わせて紀元前660年(辛酉年)を皇紀元年としたのね。

そういうことですよ。 ところでジューンさんは「ゼロ戦」というのを聞いたことがある?

あるわ。。。太平洋戦争中に活躍した戦闘機でしょう?

よく知ってるねぇ~。。。

だってぇ、ドイツのメッサーシュミットと並ぶ世界的に有名な戦闘機じゃない。


(0sen2.jpg)

あれっ。。。ジューンさんは戦闘機のことまで詳しいんだね。

この程度のことで褒めないでよ。。。で、「ゼロ戦」が日本の誕生日と関係あるの?

あるのですよ。 「ゼロ戦」は通称で、正式には大日本帝国海軍の「零式艦上戦闘機」と呼ばれた。 この「ゼロ」といのは、皇紀2600年(西暦1940年)に採用されたので「零式」と名づけられたのです。 つまり、最後の二桁が00なのでゼロ式戦闘機、「ゼロ戦」と呼ばれたわけですよ。

あらっ。。。そうだったの? そこまでは知らなかったわ。 つまり、日本が2600歳の誕生日を迎えたのを記念して名づけたわけね。

そういうことですよ。

ひとつ頭がよくなったわ。 (微笑)

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そう言えば、あたくしの母がまだ小学生だった時に紀元2600年の記念式典があって国民の歌を歌わせられたと言ってましたわ。

紀元2600年記念行事


(japan009.jpg)

この上のビデオクリップのバックグラウンドで歌われている歌をクラスの皆で歌ったのですってぇ。。。
この歌を学校で歌わされて、記念式典が終わると紅白のお餅をいただいたそうでござ~♪~ますわ。
その紅白のお餅だけが今でも印象に残っているそうですう。
うふふふふふ。。。

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(juneswim.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんはカナダの誕生日を祝ったの?

こう尋ねたら「祝うことにさせられた」と答えたのですわ。

どういうこと。。。?

バンクーバー図書館は年中無休なのですが

祝祭日はお休みになるのです。

そう言う訳で7月1日と2日がお休みになったのですわ。

7月1日は日曜なので2日の月曜日も

お休みになったというわけです。


(ame20705.gif)

そう言う訳でアメブロのデンマンさんの

7月の記事一覧を見ると

7月2日と7月3日が抜けているのですわ。

時差の関係でカナダの7月1日と2日が

日本の7月2日と3日にあたります。

「自宅のパソコンは使えなかったの?」

そう尋ねたら、無料のプロバイダーである

Vancouver Community Networkも

7月1日と2日にはお休みしたようで

ネットにアクセスすることができなかったそうです。

そのようなわけでアクセスにも、

その影響が出ています。


(ame20704.gif)

日本の7月2日と3日にはデンマンさんは

記事を書かなかったのです。

アクセスが少なくなったけれど、

やっぱり常連さんは読みにやってくるのですわね。

でも、大きな違いがあります。


(ame20701.gif)

記事を書いて投稿すると、

その時間帯に急にアクセスが増えます。

7月1日には午前8時から午前9時までに

読者がダントツに集中したのです。

『心を豊かにする笑い』

なぜかというとデンマンさんが上の記事を

午前8時24分に投稿したのです。


(ame20701b.gif)

7月3日はデンマンさんは記事を投稿してません。

その日のアクセス状況を見ると次のようになります。


(ame20703x.gif)

記事が投稿されない時には

読者が特定の時間帯に集中しません。

多くても1時間に7人です。

投稿した場合には、

その読者数が8倍に跳ね上がります。

やっぱり、読者数を維持するには

毎日記事を書くことが必要なようですわ。

話は変わりますが

あなたのメールボックスには、

ジャンクメールがいっぱい入っていますか?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるために

スパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ