Posts Tagged ‘エチケット’

夫婦de風呂

2017年7月11日

 

夫婦de風呂

 


(fukiage7.jpg)


(furo110.jpg)


(manila05b.jpg)

デンマンさんは夫婦でお風呂に入るべきだと思っているのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? どうして夫婦が一緒に風呂に入るのがいいとレンゲさんは思うのですか?

デンマンさんが上のようなタイトルを選んだので、あたしが尋ねているのですわァ~。。。

僕は別に夫婦が一緒に風呂に入ることにこだわってないのですよ。

でも。。。、わざわざタイトルに夫婦が一緒にお風呂に入るのがいいよ、と言うように書いているではありませんかァ!?

あのねぇ~、実は、名古屋市に住んでいる布路 好子(ふろ よしこ)さんが、風呂に夫婦で一緒に入りたいと思いながら僕の記事を読んだのですよ。

どういうわけで、名古屋市に住んでいる布路 好子(ふろ よしこ)さんが、デンマンさんの記事を読んだと判ったのですか?

次のリストを見てください。。。


(liv70709a.png)


『拡大する』

『夫婦でお風呂』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の7月8日の午後5時16分から9日の午前3時16分までの約10時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。

あらっ。。。 7月8日の午後6時37分に『夫婦でお風呂』を読んだのですわねぇ~。。。 で、上のリストに貼り出してある写真の女性が名古屋市に住んでいる布路 好子(ふろ よしこ)さんなのですか?

そうです。。。 いけませんか?

好子さんがお写真を提供してくれたのですか?

いや。。。 好子さんのプライバシーを保護するために、上の写真はコラージュして身元が解らなくしてあります。。。 本人はもっと美人です。。。 (モナリザの微笑)

でも。。。、でも。。。、布路 好子(ふろ よしこ)さんが読んだと どうして判ったのですか?

IPアドレスを調べたのですよ。。。


(ip21684b.png)

『拡大する』

でも、IPアドレスを調べても アクセスしたネット市民の名前まではゲットできないはずですわァ~。。。

レンゲさんは きついツッコミを入れるのですねぇ~。。。 もちろん、好子さんが 僕の記事を読んでから、「面白かったです」というメールを書いてくれたのですよ。。。

つまり、好子さんはデンマンさんのブログの常連さんの一人だと言いたいのですかァ~?

その通りです。。。

。。。で、好子さんは どうやってデンマンさんの記事を見つけたのですか?

次のように検索したのですよ。。。


(gog70709a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「夫婦でお風呂 徒然」を入れてGOOGLEで検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 183,000件ヒットするのですよ。。。 赤枠で囲んだ 9番目の記事を読んだわけです。。。

でも。。。、でも。。。、夫婦でもないのに、どういうわけでデンマンさんと一緒に露天風呂に入っているのですか?

布路 好子(ふろ よしこ)さんは、僕のブログの常連さんだからですよ!

馬鹿バカしい!。。。 そのような事をこの記事を読んでいるネット市民の皆様が信じると思っているのですかァ~?

あのねぇ~、昔の人は“真実は小説より奇なり!”と言ったのですよ。。。 だから、レンゲさんも信じてくださいねぇ~。。。 それに、もっと昔の人は“信じる者は救われる!”とも言いましたからねぇ~。。。 (微笑)

それでも、あたしは信じられませんわァ~。。。。

分かりました。。。 じゃあ、信じなくてもいいですから、好子(ふろ よしこ)さんが僕の記事を読んでビックリしたけれど、面白かった事を書くので読んでみてください。。。 僕は2008年の9月に好子さんが読んだ記事を書いたのですよ。。。 その当時 僕が検索した結果を好子さんも見たのです。。。

夫婦でお風呂 の検索結果

約 385,000 件中 1 – 11 件目


(furo112.jpg)

1) 夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が …夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が「一緒に入る… ID非公開さん. 夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が「 一緒に入るところなんて、 そんなに無いよ!」と文句を言いつつ仕方なさそうに入っ …
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112117921 – 43k

2) 夫婦でお風呂に入るのはいいこと?悪いこと? 一緒にお風呂に入れば …2008年8月25日 … 夫婦でお風呂に入るのはいいこと?悪いこと? 一緒にお風呂に入れば光熱費の節約にはなりますよね。 でも、毎日入っていると相手の裸も見飽きてなんとも思わなくなりますよね… セックスレスの原因にもなっている気がします… …
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018672565 – 33k

3) 「夫婦でお風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで 洗いっこバス …暮らし・恋愛・結婚 トップ · 生活実用 · 家事 · ライフスタイル · エコ · ペット · 恋愛・結婚 · 受験 · 関西 · All About > 恋愛・結婚 > 結婚生活 > 「夫婦でお風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで 洗いっこバスタイムで夫婦の絆を …
allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20050328K/ – 33k

4) モロッコローズの香りでスキンシップ復活! – [結婚生活]All About「夫婦でお風呂に入るなんて・・と馬鹿にしないで 洗いっこバスタイムで夫婦の絆を」というタイトルです。 … 夫婦でお風呂にはいってリラックスしてください。 モロッコローズの香りに包まれて。疲れたご夫婦は、日常、なんとなくとげとげしくなってきて …
allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20060524U/ – 33k

5) 妻と彼女には言えない事 夫婦でお風呂2005年11月6日 … いいですねえ、夫婦でお風呂。 ほんとなら、いい雰囲気になってそのままって感じなのに、いかにもツマさん … 夫婦でお風呂いいですよね♪ 私は、旦那の悪口はあまり言わないようにしてます。旦那を知ってる人ならなおさらです。 …
libertarian.blog7.fc2.com/blog-entry-307.html – 52k

6) 妻と彼女には言えない事 夫婦でお風呂コメントの編集. Name: Subject: Mail: URL: comment:. 私も彼が2人います。 二人とも愛してます☆ (女性からは反論買うかな) でも,2番目の彼(4年)とイクようになったとたん,1番目の彼とのSEXでイカナクなりました。罰かもしれないなって思って …
libertarian.blog7.fc2.com/?mode=edit&rno=4494 – 32k

7) 50歳未満お断り!海外旅行情報–【STAGE ステージ】シニア向け …私も「夫婦でお風呂に入ろう!」と、お勧めしています。 お風呂の時間を通して、二人だけの会話の時間やスキンシップが確保 … お風呂の秘策も書いています。 「夫婦でお 風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで洗いっこバスタイムで夫婦の絆を …
http://www.stage007.com/love/advice_couple/couple13.html – 28k

8) 夫婦で混浴露天風呂 – 気ママに競艇 – Yahoo!ブログトラックバック先の記事. 練習用 | ♨ 夫婦でお風呂 ♨. この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/redmimichan/14024168.html · 傑作 · 転載. [ 前の記事へ ]; [ 次の記事へ ] . レッドみみちゃん メッセンジャーオフライン. レッドみみちゃん …
blogs.yahoo.co.jp/redmimichan/14024168.html – 61k

9) 金運アップ 金運神社参拝ツアー – サンライズコーチング – 楽天ブログ …最近の 我が家の夫婦円満の 秘訣は、夫婦一緒にお風呂に入ることです。 お風呂の時間の短縮にもなるし、お風呂のガス代の節約になるし、夫婦のスキンシップにもなり 一石三鳥です。 お子さんの手がかからない ご家庭は 夫婦でお風呂もいいかも~♪ …
plaza.rakuten.co.jp/sunrisecoaching/diary/?ctgy=10 – 47k

10) 潤滑ローションで夫婦愛復活たまたま友人の家庭では、家族または夫婦でお風呂に入ることが習慣だったみたいですので このローションを差し上げたところ、、、子供が起きていてもお風呂の中でローションをお互い塗りながら、イチャイチャして夫婦愛を確かめるようになったということ …
http://www.tenpaku.nu/m_roshon.htm – 97k

11) 親のセックス掲示板 (お悩み掲示板@ミクル) 2008年3月13日 … 夫婦でお風呂に入ってて… 父が上がるときたまたま通り掛かってしまい見たら○○○ました あと前犬が何かくわえてきたと思ったら使用済みのゴムでした。 悪いことではないのですがとても切ない気分になりました. このスレを 携帯 …
http://onayamifree.com/dispthrep.cgi?th=507780&disp=1 – 28k

2008年9月18日午後4時現在


『夫婦でお風呂 の検索結果』より

上の検索結果の中に 好子さんがビックリしたけれど、面白かった記事があるのですか?

そうなのです。。。 11番目の記事なのですよ。。。 長くなるけれど引用してみます。 アダルトっぽいところは○○で伏字にしました。 ちょっと読んでみてください。

No.507780 by 悩める人(22♀匿名) 08/03/13 08:49

親がお風呂でセックス?してました…

夫婦でお風呂に入ってて…

父が上がるときたまたま通り掛かってしまい見たら○○○ました。

あと前犬が何かくわえてきたと思ったら使用済みのゴムでした。

悪いことではないのですがとても切ない気分になりました。

 

返信 (レス)


(roten876.jpg)


No.7 by 通行人7(27♀匿名) 189日前 (08/03/13 09:45)

私も親のそんなとこ見たら相当ショックです…。

子供にとってはかなり見たくない現場ですよね。

夫婦だし、やるなというわけではないけど、もう少し子供に気を遣ってほしいですね。


No.8 by 通行人8(♂匿名) 189日前 (08/03/13 09:49)

それが有るから 君がいる


No.9 by 通行人9(匿名) 189日前 (08/03/13 10:01)

主さんも親になれば、解るよ、両親のSEXが現在の主が存在するんだよね、そんなにショックかな?


No.10 by 匿名希望10(25♀匿名) 189日前 (08/03/13 10:13)

うちもありましたよ。

父が風呂に入ると、母も後から一緒に入り…しばらく出て来ませんでした。

両親が出た後、私が風呂に入ると、変なにおいが…。

高校生だった当時は分からなかったけど、今考えると風呂でしてたんだろうなと…。


(mona103.jpg)


No.11 by 悩める人11(匿名) 189日前 (08/03/13 10:23)

うちなんか性に関してはオープンだから…子供の前でエッチするよ


No.12 by 匿名希望12(♂匿名) 189日前 (08/03/13 10:33)

そういえば、夫婦仲良くしている時、うちの犬にお尻をなめられて大笑いをした事がありました。


(tosaken2.jpg)

関係ない話ですが、ふと思い出しました。


No.13 by 通行人13(27♀匿名) 189日前 (08/03/13 10:34)

ウチなんか、ベッドの下にオモチャが隠れてましたよ

使用済みコンドームは灰皿に置かれてるし


No.14 by 匿名希望14(♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:17)

主さん自立して家を出ればいいのに。

仲良き事は良い事です


No.15 お礼 189日前 (08/03/13 11:22)

みなさんありがとうございます!

ショックだけど悪いことではないから…

いいんですけど、そのあと私がお風呂に入るわけですから、

出来たらお風呂でやらないでほしいです。


(back110.jpg)


No.16 by 匿名希望16(22♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:26)

ごもっとも


No.17 by 通行人17(♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:29)

私もまだ子供が風呂に入ってないのに旦那と風呂に入ってエッチすることよくあります

言い訳でしょうが私は浴槽ではしません

寒くても浴槽の外でしてます。

子供が大きくなるとなかなか寝ないから場所探してたらついお風呂になってしまいました


(tatoo90.jpg)


No.18 by 通行人8(♂匿名) 189日前 (08/03/13 12:39)

年齢大幅詐称ですか?


No.19 by 匿名希望19(匿名) 189日前 (08/03/13 15:57)

ちょいと…恥ずかしいネ…でも、仲良くていいじゃないかなぁ

(セックス)レスの方が、怖いょ(笑)


No.20 by 通行人20(♀匿名) 189日前 (08/03/13 16:02)

悩める人11さん、有り得ないし( ̄ω ̄;)

それが事実なら悩みがある人とは思えない(笑)


No.21 by 匿名希望21(♀匿名) 188日前 (08/03/13 16:41)

良い事ですよ夫婦仲良しなんでしょ。


No.22 by 匿名希望22(♀匿名) 188日前 (08/03/13 16:50)

11番のは虐待

主さんの気持ち分かります

両親が仲が良いのはいいですが、なんか複雑な気分になりますよね

私も両親の部屋でコンドーム見つけた時は軽くショックを受けました


No.23 by 通行人23(匿名) 188日前 (08/03/13 17:15)

お互いのために早く自立した方がいいですね

御両親の寝室ってないんですか?


No.24 by 匿名希望24(匿名) 188日前 (08/03/13 19:35)

年齢書いてないから。

落ち着け


No.25 by 匿名希望25(匿名) 188日前 (08/03/13 20:34)

しかし、○○してる親父なんか見たくないよね


No.26 by 通行人26(♂匿名) 188日前 (08/03/13 23:12)


(34rou03.jpg)

主の父親っていったら、けっこうな年齢ですよね?

風呂でしてたとして、出てきた時にまだ○○が持続してたのなら、凄いなぁ

羨ましい持続力 または 回復力ですね

これからは

主が先に入ってしまいましょ


『お悩み掲示板@ミクル』より

まず、僕が驚いたのは22才の悩める女性が悩みのカキコをしたのが9月13日の午前8時49分ですよう。それから午後11時12分までに、つまり、12時間半の間にレスが20も付いているのですよね。

人気のある掲示板なのですわねぇ~。。。

そうなのですよう。 2ちゃんねるであれば、このぐらいの参加者が居ても不思議ではないのだけれど、あまり名前も知られていない個人の掲示板で、これだけのレスがついている事はすごいと思いました。

やはり、話題がセックスの事に関しているからでしょうか?

それも影響していますよう。 僕のブログのキーワードランキングを見ても性的な話題やエロい言葉は上位を占めていますからね。

それで、デンマンさんは、長々と引用して何がおっしゃりたいのですか?

僕は夫婦で一緒にお風呂に入る事は良い事だと思うのですよう。 仲が良い事は素晴しい事ですよう。 スキンシップにもなるし。。。、最近、セックスレスが問題になっているようだからスキンシップを保つ意味でも一緒にお風呂に入る事は良い事だと思いますよう。

つまり、お風呂の中でエッチしても良いとデンマンさんはおっしゃるのですか?

いや、そこまでやれ、とは言いません。 でも、もし洋風の風呂であれば、かまわないと思うのですよう。 次に入る人はお風呂の湯を新しくバスタブに満たしますからね。 でも、日本の風呂は、後から入る人が前の人のお湯を使いますからね。。。 その事を考えれば、洗い場でエッチしても良いけれど、風呂の中では遠慮すべきですよう。

確かに、上のレスの中でも、お風呂の中ではしないけれど、お風呂の外でならすると書いている人が居ますよね。

そうですよう。。。 考えてみると日本の住宅事情にもよると思うのですよう。 日本の部屋は狭いし、壁は薄いし、夫婦のプライバシーが確保できない。 それで、お風呂で事に及ぶ、と言うことも充分に考えられますよね。 上のレスの中でも“子供が大きくなるとなかなか寝ないから場所探してたらついお風呂になってしまいました”と書いている人が居ますよう。

そうですね。 若い夫婦で狭いアパート暮らしだと、子供と同じ部屋に寝ていると言うことも日本でならば充分にあり得ますよね。 カナダではそのような事はないのですか?

ありません。 子供が赤ちゃんであれば、ベビーベッドを夫婦の寝室に持ち込む事はあるだろうけれど、話ができるくらいになれば、どんな小さな子供でも夫婦と一緒に寝ると言うことはカナダでもアメリカでも見たことがないし、話に聞いた事もありません。

夫婦のプライバシーは確保できていると言うことですか?

そうですよう。 だから、プライバシーがなくて仕方なくお風呂でエッチするというケースは、カナダでもアメリカでも考えられないですよう。

ところで、お悩みを相談した22才の女性は、お風呂から出てきたお父さんの体がまだ興奮していた、と書いていますよね。

 

“親しき仲にも礼儀あり”

 

こういう諺もありますよう。 だから、お父さんのエチケット違反だと思いますよう。

 

「うちなんか性に関してはオープンだから…子供の前でエッチするよ」

 

このレスについては、デンマンさんはどう思いますか?

それは決して“オープン”ではないのですよう。 僕ならば、次のように書きますよう。

 

「うちなんか性に関してはオツムがいかれてしまっているから…子供の前でエッチするよ」

 

その夫婦は、そこまでやると精神異常者ですよう。

。。。で、布路 好子(ふろ よしこ)さんは 上の記事を読んで その晩 旦那さんと一緒にお風呂に入ったのですか?

いや。。。 よくよく考えてみたら 旦那と入ってもつからないので、いつかデンマンさんと一緒に露天風呂に入りたいです、とメールに書いてよこしたのですよ。。。


(furo110b.jpg)

信じられませんわ。。。

レンゲさんはマジで疑り深いのですねぇ~。。。

誰も そんなことを信じませんわよう。

あのねぇ~、昔の人は“真実は小説より奇なり!”と言ったのですよ。。。 だから、レンゲさんも信じてくださいねぇ~。。。 それに、もっと昔の人は“信じる者は救われる!”とも言いましたからねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなただってぇ、信じないでしょう?

。。。ですよねぇ~。。。

でも、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ているのですわよう。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないというのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』


(renge62e.jpg)

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』


(rengfire.jpg)

『めれちゃんの人気再び』

『愛はスミレの花よ』

『肥後ずいきで検索』

『加賀の千代』

『千代に再会』

『カフカの銀河鉄道』

『12歳少女の死』

『結婚するの?しないの?』

『浜美枝と宮沢りえ』

『きみのぬくもり』


(babdol6.jpg)

『壁に耳 障子に目』

『もう一つの世界』

『肥後ずいきブーム?』

『阿部定ブーム?』

『ノルウェイの森』

『大奥女中の淫らな恋』

『愛と追憶の謎』

『タンパク質の音楽』

『あげまん女なの』

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

ひねくれた大人

2012年12月14日

 
 
ひねくれた大人
 

「ふるえる手」から

(ローマの)ゴヴェルノ・ヴェッキオ街から、サンタ・マリア・デル・アニマ街に出る。
この道の突きあたりには魂のサンタ・マリアを意味する名の教会があるのだけれど、ここを通るたびに、私は、ちろちろと赤く燃える火の玉に出会いそうな気分になる。
色とりどりの提灯などを吊るしたディスコやアイスクリーム屋があったりして夜は若者たちで賑う。
そもそもどういう由来でこんな名の教会ができたのだったか。
そこからもう一本、路地をぬけると、二千年まえ、ローマ皇帝の競技場だったという高貴なナヴォーナ広場、それを横切って上院の建物がある広小路に出た。
左手を見るともなく見ると、これまでに何度か来ては、運わるく扉が閉まっていてそのまま通りすぎてしまった、サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会の、正面のではない、わきの小さな扉から、旅行者らしいよそおいの人たちが三々五々出入りしている。

サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会
(フランス人たちの聖者ルイ教会)

これもまた長い名の教会だが、フランス人たちの聖者ルイ、すなわち、十字軍をひきいて二度も地中海を渡ったあげく、とうとうチュニジアでペストにかかって死んだ十三世紀のフランス王にささげられている。
そういう名だからここでフランス人が集まるようになったのかどうかは知らないが、この教会はローマにいるフランス人カトリック信者たちの集会所にもなっていて、となりにはフランス語の書籍が買える店もある。
ローマで勉強していたころは、なんどか足を運んだことがあったが、この教会には一度も足を踏み入れたことがなかった。
教会の奥まった祭壇のひとつに、カラヴァッジョの『マッテオの召出し』という有名な絵があることを知ったのも、ごく最近のことだ。
キリストの十二人の使徒のひとりマッテオは、人にいやしまれる収税人だった。
その彼のところに、ある日、イエスがはいってきて、ついてこい、という。
彼はたちどころに「なにもかも」捨ててイエスに従ったと聖書にはある。
その呼びかけの場面をえがいた十六世紀の作品で、一見の価値がありと友人が教えてくれた。

カラヴァッジョという画家の作品をはじめて見たのは、ローマの学生時代から何年もあと、ミラノのアンブロジアーナ美術館で出会った彼の静物画だった。
横長の画布にシンメトリカルな構図で、こぼれるように籠にもられた果実が、黄色の勝った色調で描かれていた。
近代静物画の草分けといってよい作品なのだそうだが、歴史的、あるいは宗教的な画題しか描かれなかった時代に、果実という日常的なものを中央に据えた構図はたしかにめずらしかったのだろう。
でも、当時の私にはごく平凡な静物としか見えなかったし、それ以上の興味をさそわれる絵画というのでもなかった。
彼の本名がミケランジェロ・メリージだというのは、そのとき覚えたし、カラヴァッジョというのは、この画家が生まれた町の名で、ミラノの東、二、三十キロのところにあることも車で走っていてぐうぜん知った。
はてしなく広がるポー河の平野の、なんということはない小さな町だ。

もしもその日、教会の扉がこれまでとおなじように閉ざされていたのだったら、私はそのまま通りすぎていただろう。
二十人ほどの旅行者の群れが出てくるのを見て、気持ちがうごいた。
せっかく開いているのなら、カラヴァッジョを見て行こう、ぐらいの軽い気持ちだった。

入っていくと、『マッテオの召出し』がある左手の祭壇は、窓になっているはずの壁面も二幅の絵でふさがれているために、外光が完全にさえぎられて、まっ暗なものだから、壁にとりつけた鉄製の小箱に二百リラのコインを入れると、ぱっと照明がつく仕掛けになっている。
祭壇を幾重にもとりまいた見学者たちが神妙にガイドの説明に耳を傾けているので、私はうしろで待つことにした。
カラヴァッジョの絵は、祭壇をかこむようにして三点、どれも使徒マッテオの生涯の、とくに劇的な場面を描いたものだ。
三枚の絵をぐるりと見まわしたとき、まるで見えない手にぐいと肩を押されたみたいに、『マッテオの召出し』とよばれる絵だけが、私をひきつけた。

レンブラントを思わせる暗い画面の右手から一条の光が射していて、ほぼ中央にえがかれた少年の顔を照らしている。
一瞬、その少年がマッテオかと思ったほど、光に曝された顔の白さが印象的だった。
もっと近くから見たい。
そう思った途端、照明が消えた。
二百リラ分の観覧が終わったのだ。
観光客がざわめいて、だれかがもう一回コインを小箱に入れる音がした。
そういうことがなんどか繰り返されて、そのたびに、見物人がざわざわと入れかわった。
こんどこそ前に出ようと思うのだが、団体客の壁にはばまれて、私はいつもうしろにとりのこされる。
数回、そういう具合だったので、それ以上そこにとどまるのをあきらめた。
ホテルから遠くないのだから、と私は思った。
ローマを発つまでに、もういちど来ればいい。
できることなら、だれもいない時間に、ひとりで絵のまえに立ちたかった。

教会を出ると、雨はほとんどやんでいた。
ぽっと明るみのもどった歩道に下りたときはじめて、私は、たったいま、深いところでたましいを揺りうごかすような作品に出会ってきたという、まれな感動にひたっている自分に気づいた。
しばらく忘れていた、ほんものに接したときの、あの確かな感触だった。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


(pp.205-208) 『トリエステの坂道』
著者・須賀敦子(すが あつこ)
1996年5月20日 第4刷発行
発行所: みすず書房

デンマンさん。。。 ずいぶん長い引用ですわね。 この部分が「ひねくれた大人」と関係あるのですか?

もちろんですよ。 でもねぇ、この上の文章には「ひねくれた大人」はまだ登場してないのです。

それなのに、どうして長々と引用したのですか?

須賀敦子さんがたったいま、深いところでたましいを揺りうごかすような作品に出会ってきたという、まれな感動にひたっているのですよ。 そしてしばらく忘れていた、ほんものに接したときの、あの確かな感触を味わったのです。

だから。。。?

小百合さんにも同じような経験があるでしょう?

そうですわね。。。 あるような。。。 ないような。。。

まるで須賀敦子さんと同じような体験が全く無いような言い方ですねぇ~。。。?

だってぇ~。。。

だってぇも、とっても、あさってもないですよう。 実は、小百合さんにも須賀敦子さんのように人生の本質に触れて、深いところでたましいを揺り動かすような感動に浸ったことがあるのです。

あらっ。。。 そんなことがデンマンさんに解るのですか?

やだなあああァ~。。。 小百合さんとの付き合いも10年以上におよぶのですよ。 

あらっ。。。 もう、そんなになりますのォ~。。。?

やだなあああァ~。。。 小百合さんは、まだ、それ程激しく物忘れをするような年ではないでしょう!?

でも、すぐには思い出せませんわ。

じゃあ、次のメールを読んでみてください。

Subj:長い電話お疲れ様でした

Date: 01/10/2007 1:52:14 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 2007年10月1日 午後5時52分 
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。

実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は私の人生にとって良かったと思います。
ではまた。。。

小百合より


『ロマンと悪妻』(2008年7月31日)より

どうですか、小百合さん。。。 こうして人生の本質に触れて、小百合さんも「バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした」と言って、深いところでたましいを揺り動かされて感動に浸っていたのですよ。

それは、あくまでもデンマンさんの個人的な受け留め方ですわ。

でも、「毎年私の支えの時間でした」というのは、深いところでたましいを揺り動かすような言葉ですよ。

デンマンさんがドラマチックに解釈しているのですわ。。。 ところで、「ひねくれた大人」はどうなったのですか?

実は、須賀敦子さんの上の小文には更に続きがあるのですよ。 読んでみてください。

おなじ年の十一月、私は、もういちど、ローマに行く機会にめぐまれた。
一年に二度、ローマを見られるのはなんとも幸運なことだった。
とはいってもなにもかもうまく行ったわけではない。
もういちど、私は雨になやまされた。

 (中略)

雨のなかを、私は、もういちど、カラヴァッジョを見に行くことにした。
あの絵が、萎えた気持ちをなぐさめてくれるかもしれない。
四月の雨の日に訪れて以来、とうとう、サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会を再訪する機会はなかった。
あの日、どうしてあの絵をもっとゆっくり見ておかなかったのかと、心残りでもあった。
あの翌日の午後も、そのつぎの日にも、扉はかたく閉まっていた。

まだ早い時間のせいか教会のなかには旅行者のすがたもなく、がらんとした薄闇だけが沈黙につつまれていた。
用意したコインをつぎつぎと箱に入れて、こんどこそおもいのままに時間がすごせるはずだった。

右手の戸口から入ってきたキリストが、しなやかに手をのばして収税人のマッテオを指さしている。
イエスの顔はほとんど闇のなかにあって、それが彼とわかるのは、糸のように細い光の輪が頭上に描かれているからにすぎない。
収税人マッテオは、私が最初、勘ちがいしたように、光を顔に受けた少年ではなくて、その横に、え、あなたは私に話しかけているのですか、というふうに、自分の胸を指さしている中年の男だ。
マッテオは、「人に好かれなかった」と聖書にあるのだが、それにしては、かなり「ちゃんとした」平凡な人物に描かれていた。

レンブラントやラトゥールに先立って、光ではなく、影で絵を描くことを考え付いたとされるカラヴァッジョの絵を見ていて、私は、キリストの対極である左端に描かれた、すべての光から拒まれたような、ひとりの人物に気づいた。
男は背をまるめ、顔をかくすようにして、上半身をテーブルに投げ出していた。
どういうわけか、そのテーブルにのせた、醜く変形した男の両手だけが克明に描かれ、その手のまえには、まるで銀三十枚でキリストを売ったユダを彷彿とさせるような銀貨が何枚かころがっていて、彼の周囲は、闇に閉ざされている。

カラヴァッジョだ。
とっさに私は思った。
ごく自然に想像されるはずのユダは、あたまになかった。
画家が自分を描いているのだ、そう私は思った。
伝承によると、この画家は一種の性格破綻者というのか、ときにひどく乱暴な行為に出た人であったらしく、作品の高い芸術性はみなに認めながらも、仲間にうとまれ、そのためにしばしば仕事をもらえないで、ついには、人を傷つけたのだったか、殺してしまったのか、まるで即興詩人やスタンダールの物語の登場人物さながら、北イタリアからローマに追放されたのだという。
そのあとも、さらにナポリに、はてはマルタ島からシチリアへと逃げたことが、方々に残された作品から推理されている。
でも、異様に変形した手がすべてのような男を、カラヴァッジョが安易に性格的な自画像としてえがいたはずがないようにも、私には思えた。
もしかしたら、顔に光を集めたような少年も、おなじふうに自画像なのではないか。
二人の人物の間に横たわる奈落の深さを知っているのは、画家自身だけだ。

左端にえがかれた人物は闇にとざされていながら、ふしぎなことに、変形した、醜悪なふたつの手だけが、光のなかに置かれている。
変形はしていても、醜くても、絵をかく手だけが画家に光をもたらすものであることを、カラヴァッジョは痛いほど知っていたにちがいない。

あいかわらず、二百リラ分の照明が切れるたびに、あわただしくつぎのコインを入れなければならない。
ちょうど照明が継目にかかったとき、ぴたぴたとにぎやかな小さい足音がして、小学生の一群が若い男の教師に引率されてはいってきた。
まだ画学生のように見える若い教師が絵の説明をするのを、子供たちは神妙に聴いている。
そのうちに、私は妙なことに気づいた。
照明が消えると、教師は、そっぽを向いたままで、私がコインを入れるのを待っているのだ。
そして照明がもどると、また子供たちに説明をはじめる。
なにやら鼻白んだ気持ちで、私はその場を離れることにした。
すると、もうひとつ、奇妙なことが起こった。
私の近くにいた何人かの子供が、おばさん、ありがとう、と小声でいったのだ。
知らんぷりをしつづける教師と、ていねいにお礼をいう子供たち。

そのとき、とつぜん、直線のヴィア・ジュリアと曲がりくねった中世の道が、それぞれの光につつまれて、記憶のなかでゆらめいた。
どちらもが、人間には必要だし、私たちは、たぶん、いつも両方を求めている。
白い光をまともに受けた少年と、みにくい手の男との両方を見捨てられないように。

教会の外は、あいかわらず雨だった。
雨のなかを歩きながら、私はもうすこし、絵のなかの男について考えてみたかった。
犯した罪の意識と仕事に侵蝕され、変形したあの手は、やはりカラヴァッジョ自身の手にちがいない。
なんともあてずっぽうな推測だったが、私は確実になぐさめられていた。
醜い自分の手を、ミケランジェロの天地創造の手を意識において描いたといわれるキリストの美しい手の対極に置いて描きおおせたとき、彼は、ついに、自己の芸術の極点に立つことができたのではなかったか。

ふと、寒さにこごえたようなカラヴァッジョの手のむこうに、四月、それが最後になった訪問のときにコーヒーを注いでくれたナタリア・ギンズブルグの、疲れたよわよわしい手を見たように思った。
鍋つかみのかわりにした黒いセーターの袖のなかで、老いた彼女の手はどうしようもなくふるえていて、こぼれたコーヒーが、敷き皿にゆっくりとあふれていった。


(pp.215-219) 『トリエステの坂道』
著者・須賀敦子
1996年5月20日 第4刷発行
発行所: みすず書房

なるほどォ~。。。 「ひねくれた大人」というのは子供たちを引率していた先生なのですわね。

そうですよ。。。 須賀敦子さんが深いところでたましいを揺りうごかすような作品に出会ってきたという、まれな感動にひたっているのですよ。 そしてしばらく忘れていた、ほんものに接したときの、あの確かな感触を味わっていたのです。 それなのに、素直な生徒たちとは裏腹に、教師は、そっぽを向いたままで、須賀敦子さんがコインを入れるのを待っているのです。 僕は読みながら、このダサい教師をぶっとばしてやりたくなったほどですよ。

それはデンマンさんの過剰な反応というものですわ。

小百合さんは読んでいてムカつきませんか?

私はそれほど感情移入して読みませんでしたから。。。

分かりました。 じゃあ、次の小話はどうですか?

映画を観に行って 混んでたから端の席になりました。
横にいたおばさんの携帯がなって、
あわてておばさんは私の前を通って出て行きました。
その時に、思い切り私の足を踏んで行ったのです。
痛かった。

そのおばさんが帰って来て、私に言いました。
『先ほど、私、おたくの足を踏んづけました?』 
『ええ、』と、私が答えました。 
そしたら、おばさん 
『あ~ら、良かった。 私、この列で間違いないんだわ』
って言いました。

うふふふふふ。。。

笑っている場合じゃないですよ。 このおばさんも「ひねくれた大人」ですよ。 僕の言おうとしていることが分かるでしょう?

確かに、足を踏んづけておいて『あ~ら、良かった。 私、この列で間違いないんだわ』はないですよね。

じゃあ、もっと「ひねくれた大人」の話を。。。

タレント知事のハレンチ行為の考察

「タレント知事って誰のこと?」

「本名を山田勇といい、芸名を横山ノックという、日本では全国的に知られ、お笑いで、一世を風びした漫才トリオのリーダー格の人だった」


(yokoya03.jpg)

「ロナルド・リーガンが芸能界出身でカリフォルニア州知事になったことがあるけれども、そんな、たぐいね」

「まあ、それに近いかな。スケールの違いはあるけれどね。とにかく、圧倒的な庶民の支持を得て大阪府知事に当選したんだ」

「それで、その人がハレンチ行為をしたの?」

「そうなんだ」

「具体的には、どんな行為をしたというの?」

「被害者は、泣き寝入りせずに訴えた。 被害者は次のように、ハレンチ行為を法定で証言している」


(skirtup2.jpg)

■選挙運動中、事務所に帰る際、横山知事(当時)は、別の車から自分の乗っていたワゴン車に移って来て自分の横に坐り、自分と知事の膝に毛布をかけて、その下で自分の下半身に手を延ばして30分ほど猥褻行為をした。

■運転手に助けを求めようか、と思ったが、運転手は事態を黙認しているようで、薄笑いを浮かべていたため、助けてくれそうもない、と断念した。


(sekuhara8.jpg)

■恐怖のあまりすくんでしまい、されるままになっていた。

■身をよじってかわそうとしたが、止めてくれなかった。

■横山知事のこういった行為については、前々から他の運動員の女性に警告を受けていて、「何かされそうになったら、トイレに逃げて」と言われていた。


(yokoya04.jpg)

■ガソリンスタンドの近くに来たとき、「トイレに行きたい」と言って、一旦車を降りた。そのとき知事も一緒に車を降りてトイレに行ったと思う。

■その後また車に乗り込み、さらに猥褻行為を受けた。

「もし、この女性の証言がほんとうならば、これはぜったいに強制ワイセツ行為だわ。それで、この事件が裁判になった経過というのは、どうなっているの?」

「平成11年(1999年)の秋、大阪府知事選挙に再選を目指して立候補した横山ノック氏は、選挙運動中、アルバイトの運動員の女性(21)に強制ワイセツ行為をした、として慰謝料1500万円を要求された」

「それで?」


(yokoya02.jpg)

「横山氏は民事裁判での答弁を拒否、事実無根、と突っぱねたものの、『議会の審議進行に影響する』として、請求された慰謝料を支払うことで訴訟をかわそうとした」

「その辺から、もうおかしいわね。もし、ワイセツなことをしていないのなら、そんなことは決して言わないわ。これでは、ハレンチ行為を認めたのも同然でしょう?」

「ぼくも、これではクサイと思うね。そんなわけで、原告側は『強制猥褻行為』を主張して刑事訴訟を起した。その間横山氏は過労を理由に入院、さらに大坂府知事の座を辞任するなどして裁判を回避しようとする様子が見られた。しかし、相手方の主張は変らず、出廷を余儀なくされることになった。と、こういうわけだ」

「これでは、誰が聞いても、横山氏は初めから、ハレンチ行為を認めて、防戦に回っているようなものじゃないの?」

「確かに、そんなところが見受けられる。横山氏は民事裁判では答弁を一切拒否し、マスコミに対しても『事実無根』『陰謀』等のコメントを押し通してきた。しかし、刑事裁判では『猥褻行為』を認めた」

「この辺の意識なのよのね、あたしがいつも日本人にたいして不信感を持つのは。。。」

「それはまた、ずいぶんと手厳しいね」

「だって、そうでしょう?横山氏はウソをついてたわけでしょう。日本でも言うじゃない?『ウソは泥棒の始まり』だって?」

「それは、確かにその通り」

「しかも大坂府知事という、政治にたずさわる立場になったわけでしょう?そのような人が、公然とウソを言うなんて、これは欧米では、絶対に許される行為ではないわ。ハレンチ行為をしたかどうかの以前に、政治家としての、いいえ、人間としての、品格、人格の問題です」

「それは厳しいねェ」

「ちっとも厳しくなんかないわ。これは、あたりまえな問題よォ」

「ボーダレス社会になってきたんだから、確かにそんな風に受けとめるようにならねばならないんだろうけれど、まだ、日本ではそこまで割り切って物事を考える人がそう、多くはないようだ」

「ヘーェ、そうなの? あたし、そんなこと常識だと思うわ。それで横山氏はどう言っているわけ?」

「彼の主張はあくまでも『合意』によるもの、と主張して、原告である被害者の女性が嫌がっていたとは思わなかった、との見解を通していた」

「それは男の身勝手も、はなはだしいわ!被害者の証言したことをもっと真面目に聴くべきだわ。この女性は前々から他の運動員の女性に警告を受けていたのよ。『なにかされそうになったら、トイレに逃げて』と。もうはっきりしているじゃないの!この人は被害者だけに限らずに、他の女性にも、同様なことをしていたんじゃないの。日本の諺にもあるでしょう?『火のないところに煙は立たず』というのが」

「確かにそういう諺はある」

「この裁判では日本人の男の嫌らしさが、すべてさらけ出されている感じだわ。ウソはつく。女の反応を自分勝手に解釈する。悪いことを指摘されると、なんとかヘリクツをまくしたてて、逃げ惑っている感じ。あたしに言わせてもらえば、大阪という大都市を政治的に取りまとめてゆく人が、こんな考え方で凝り固まっているということが信じがたい」

「ジューンは、ホントに厳しィー見方をするねェ?」

「ちっとも厳しくないわ。あたし、あたりまえな事を言ってるつもりよ」

「まあ、まあ、そんなに興奮することは、ないじゃないか?」

「デンマンさんは、どうして、こういう嫌らしい男の肩を持つの?」

「ちょっと待ってくれ。僕はなにも、この人物をかばっているんじゃない」

「でも、なんとなく、そんな風に聞こえるわ。もしかして、横山氏はデンマンさんの遠い親戚?」

「急に何ということを言い出すんだい? 僕の一族には、ハゲは居ないんだ」

「あらァー、ハゲって、差別用語じゃないの?」

「日本では最近そういうことになっているようだね。僕が子供の頃は、あたりまえの言葉として通用していたんだけれど。しかし、どうしてジューンはそんなことまで知っているんだい?」

「あたし、日本語学校で勉強したのよ。先生がそう言ってました」

「そういうことは、よく覚えているんだね?」

「他のことだって覚えてますよ。それより、裁判はどういうことになったの?」

「翌年、つまり、平成12年(2000年)の6月20日、論告求刑公判で、検察側は、『執ようで、悪質この上ない』として、被告に懲役1年6ヶ月を求刑した」

「そうですよ、それが当然ですよ。それで判決は?」

「8月10日に裁判の判決が出た。判決は有罪、求刑通りの懲役一年六ヶ月、但し執行猶予三年がついた」

「当然といえば、当然だけれど、あたしには、それでも軽いという感じだわ」

「ジューンは厳しい!彼は知事の座を辞職し、民事で慰謝料1100万円を支払い、刑事訴訟で有罪となり、ということは前科者になったわけだ。その上、前回、知事を務めた際の退職金5千数百万円の返還まで求められている。充分、罰を受けたと思うよ」

「庶民の政治家に対する信頼と期待を裏切ったということを考えれば、あたしは当然の報いだと思うわ」


『タレント知事のハレンチ行為の考察』より
(2002年12月27日)

ハレンチ行為をしていたのにやってないとウソをついて、被害者の女性が“陰謀”で嫌がらせをしているなどと言い立てるのは「ひねくれた大人」じゃなくて、『執ようで、悪質この上ない大人』だと思うわ。

小百合さんもジューンさんのように手厳(てきび)しいんですね。

結局、悪事は隠し切れないものなのよ。 「ひねくれた大人」は圧倒的に男の方が多いと思うわ。

いや。。。決して男ばかりというわけじゃない。

その証拠でもあるの?

ありますよ。 上のハレンチ事件で女性たちの多くがムカついた。 次の小文を読んでみてください。

横山ノックに対する抗議運動は、ここを拠点に始まった。
「ノックさんの事件を足掛かりにして、『女性の人権を蹂躙されていく』ということをやりたかったんです。 まさかホントにノックさんが辞めさせられるとは思わなかった」

 (中略)

さあ、みんなで怒りを表現しよう。
ノック事件とは「原告女子大生のくやしさを、怒りをそしてその涙を代理体験してみる機会なのだ」(前出「怒る女たちの会ニュース」)

彼女らは集会を開き、駅前で抗議ビラを配り、裁判を傍聴し、府議たちにセクハラに関するアンケートを実施し、大阪地検に1800枚もの告発ハガキを送った。
これを新聞は連日「府民の怒り」として報道したのであった。
そしてノックは在宅起訴。

 (中略)

それぞれの胸算用にすっかりはまりこんだ67歳の山田勇(ノックの本名)さんは、こうして芸人としても政治家としても生命を絶たれた。
「すぐ謝ってくれればこんなことしなかったのに」
怒る女たちの会のあるメンバーは同情する。
おばさんたちも「やったなら謝らなあかんで」とあきれた様子。
結局、彼は皆が期待する「アホ」を貫けなかったのである。
それだけで知事だったのに。

被害者の女子大生は「心の傷」の代償として1100万円を一括で受け取った。
その内訳は、猥褻行為に対して200万円。
名誉棄損800万円。
弁護士費用100万円、ほとんどはノックの行為というより、「大騒ぎ」によって社会的に受けた傷に対して支払われたものである。

そんなごっつ儲かるんなら、わたしもケツさわらしたる
大阪のおばさんは怒る。
おばさん世論のオチは強烈である。

(注: 赤字はデンマンが強調。
イラストはデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


219-222ページ 『からくり民主主義』
著者: 高橋秀実
2002年8月2日 第5刷発行
発行所: 株式会社 草思社

分かるでしょう、小百合さん。。。!? 「そんなごっつ儲かるんなら、わたしもケツさわらしたる」と言うおばさんがいる。 つまり、女性にも「ひねくれた大人」がいるのですよ。

デンマンさん。。。それは半分冗談ですわよ。

半分冗談としても、あとの半分は本音ですからね。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
あたくしが被害者ならば、ノックさんが手を出した時にパンチを喰らわせますわよ!

ええっ。。。? でも、そうされた時には気が動転して女は体が動かなくなってしまうのですってぇ~。。。?

いいえ。。。 あたくしの場合には、猛烈にムカついて反射条件で手が飛び出すのですわ。
だから、なかなか結婚相手が見つからないのでござ~♪~ますう。
うふふふふふ。。。

とにかく、興味深い話題が続きますわァ。
どうか、あなたもまた読みに戻って来てくださいませ。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『桜のメルヘン』

■ 『愛とロマンとダイエット』

■ 『愛の追憶』

■ 『午前3時のあなた』

■ 『ビミョ~っていうか』

■ 『お股の花々』

■ 『ロマンの追憶』

■ 『ヒシしようよ』

■ 『デンマンと松本清張』

■ 『愛犬と神さま』

■ 『思い出@天の川』

■ 『ばあやと小百合さん』

■ 『座薬と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『東電社員と愛の自転車』

■ 『梅から桜の国へ』

■ 『小百合さん@行田』

■ 『夢をかなえる』

■ 『やっぱり魂あるよね』

■ 『名物先生と斜陽日本』

■ 『言うことは誰でもできるけど…』

■ 『病気を診ずして病人を診よ』

■ 『ネットと行田中央総合病院』

■ 『行田中央総合病院』

■ 『病院の悪い評判』

■ 『どっちが親切?』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『桜と名女優』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

こんにちは。ジューンです。

嫌がらせやセクハラは止めましょう!

小さな親切を始めましょう!

でも、小さな親切は結構ですけれど、

あまり親切にこだわらないでくださいね。

あまり拘(こだ)るとお仕着(しき)せがましくなります。

ええっ。。。お仕着せがましいってどういうことかって。。。?

次のようなことですわ。

電車の優先座席に座って携帯メールを打っていたら、

横にいた子どもづれのおばさんが私に言いました。

『優先座席では携帯の電源を切らないといけないでしょう』

『はい、すみません』

すると、おばさんの携帯がけたたましく鳴りました。

しばらくは、すごく気まずい雰囲気になりました。

運よく、次の駅でおばさんたちは降りました。

でも、降りるとき 一緒の子どもさんが言いました。

『おかあさん、ここ降りる駅じゃないよ』って……

  
ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

床上手な女とアスキー馬鹿

2010年3月3日

   
床上手な女とアスキー馬鹿

床上手の女って!?

男性の皆様に、是非是非教えて頂きたいんです!
床上手の女性って、どのような人のことを言うのですか?
フェラが上手い人ですか? 身体の動かし方が艶かしい人?
それとも名器の持ち主、ってこと? 前から気になって
いました。真剣なので、マジレスお願いします!

現代の女性の対極に位置するのでは?終わった後の優しさとか。
恥じらいと相手に尽くす気持ちがあいまって、床上手といわせるのでは?
知ったかぶりスマソ

オマエら、日本人として恥ずかしくないの?
どうして、こういう下らない事に時間をかけてるの?
ばっかじゃなかろかぁ~!
オイラのようにアスキーアートでもやって
もっと人生を有意義に楽しんだらどう?
ん?


【デンマン注】

上のアスキーアートの作者はこういう事を言っているのだと思いますよ。

 

私も床上手になりた~い
男が手放したくなくなる女になりた~い
Hの時にも可愛くて、色っぽくて思いやりがある女が床上手なのかな?
昼は淑女、夜は娼婦って感じの人の事なのかな?
うむむ

 

結局、名器か否かというよりも、男性をソソル雰囲気なんでしょうね。
明日、思いきり相手を興奮させて参りますね^^!
私が思うに、やはり「マグロ」ではいけない、ということですよね。
女性もある程度、積極的でないと。
う~ん。お勉強になります!
このスレ、伸ばしたいので、皆様、宜しくお願い致します。
更に更に「床上手」になりたいので!
1でした。

 

床上手って、あまりHテクとか名器とかとは関係ないような気がするな。
むしろ精神的なもので、男の言いなりになっているようで
実は上手く男を誘導してるような女を指すのだと思う。
男の征服欲を満たして自信をつけさせるような女。

2ちゃんねるの『床上手の女って!?』スレッドより

デンマンさん。。。あたくしは、どのようなお馬鹿さんが登場するのかマジで楽しみにしていたのでござ~♪~ますわァ。おほほほほほ。。。

どのような愚か者だか?だいたい見当がつくでしょう?

あのォ~。。。冒頭に貼り出した写真には見覚えがござ~♪~ますわ。。。もしかして写真の中に写っている鼻血を出している愚か者がアスキー馬鹿なのですか?

いや。。。そのつもりでコラージュして作ったのではないのですよう。。。でも、似たような者ですよう。

。。。んで、アスキーアートって、厳密にはどのようなアートでござ~♪~ますか?

『ウィキペディア』には、次のように書いてありますよう。

アスキーアート

コンピュータ上において、アスキーアート(ASCII Art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法をいう。
テキストアートや、文字絵などとも呼ばれる。
AAと略される事もある。

欧米で、アスキー(ASCII)コードの図形文字領域0x20~0x7eに含まれる文字・記号を用いたことからこの名があるが、他のキャラクタを含むものについても、あまり区別せずアスキーアートと呼ばれている。
そもそも、現在ではラテン文字圏でもアスキー以外の文字コードを利用することはごく一般的である。

アスキーアートは、広義には顔文字を含むが、より複雑な図形表現のため複数行を使うものがあり、狭義にはこれをいう。
古くはタイプライターやテレタイプで同様の表現を試みた者もいたが、この語が人口に膾炙するようになったのは、パソコン通信の電子掲示板が知られるようになってからである。

現在、日本語webサイトで見られるものは、一部の顔文字を除いていわゆる全角文字や半角カナのような非アスキー文字を使っているが、「アスキーアート」と呼ばれている。
ただし、とくに海外では日本の”アスキーアート”のうち、ASCIIになくシフトJISにある文字を使うものを、厳密に区別する目的でShift-JIS artなどと呼ぶこともあるので注意を要する。

伝統的には等幅フォントを使用するが、日本語のwebサイトにおいては表示にプロポーショナルフォントである「MS Pゴシック」が指定されていることが多いので、それに最適化されたアスキーアートが普及している。
殊に2ちゃんねるの影響は計り知れない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 
つまり、文字を使って描く絵ですわね?

簡単に言ってしまえば、そう言う事ですよう。

小百合さんも楽しみにしているようでござ~♪~ますわ。

【小百合の独り言】

ですってぇ~。。。
私も楽しみにして待っていますわ。
いったいどのようなアスキーお馬鹿さんなのでしょうか?

そう言えば以前デンマンさんは次のようなアスキーお馬鹿さんを紹介していた事がありましたわ。

デンマンさんは、多分、似たようなアスキーお馬鹿さんを紹介すると思うのですわ。
でも、「床上手な女」を持ち出してきたので、おそらく、同じお馬鹿さんでもエロいアスキーお馬鹿さんだと思いますわ。

とにかく、興味深い話題が続くと思います。
あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいねぇ。
では。。。

あのねぇ~、上の『ウィキペディア』の説明の中にも書いてあるけれど、2ちゃんねるにはアスキーアートにハマッている愚か者がたくさん居るのですよう。

あのォ~。。。アスキーアートにハマッている人たちは、すべて愚か者なのでござ~♪~ますか?

いや。。。アスキーアートにハマッている人のすべてが愚か者だと言うつもりはありません。これまでに出てきたアスキーアートを描いている人は、まあ。。。冗談を言って、ふざけているようなものですよう。

ユーモアが感じられると言う事でござ~♪~ますか?

まあ。。。そう言う事ですよう。ただねぇ~、場所もわきまえずに自分がハマッているアスキーアートの作品を自慢げに貼り出す愚か者が居るのですよう。

たとえば。。。?

あのねぇ~、真面目なやり取りのスレッドも結構たくさんあるのですよう。僕はこれまでに何度となく引用したのだけれど、ちょっと次のやり取りを読んでみてください。

485 名前:利根大堰の野良猫
[2007/04/16(月) 14:47:08 ID:IY8dnVzh]

>>480
>>483
K藤(工藤)陣営の幟の文句「子供につけをまわさない」って思わず笑ってしまった。
今まで大規模なハコものを次々とつくり(VIVAぎょうだ除く)、
市の負債を膨大にしたのは、K藤(工藤)候補の親戚である彼のボスY口(山口)(賄賂ではない。彼自身は賄賂が大好物なようだが)前市長。

K藤(工藤)候補が当選してまず取り掛かるのが、長年のY口(山口)氏の懸案である「ごみ焼却場の建設」。
これがなされれば、Y口(山口)氏とK藤(工藤)候補で賄賂を山分け。
それを皮切りに、再び大型ハコものの建設ラッシュとなるでしょうね。

(ゼリー)フライや焼きそば?の「博物館」とか作りかねないよ。
K藤(工藤)候補、力入れるって言うことだから・・・。
新横浜のラーメン何とかみたいにね。
やるんだったら、既存の施設の一角でやって欲しいね。

Y口(山口)の後継でK藤(工藤)、それに今回の故N川(中川)元市長と今回の息子の立候補。
世襲制にでもしたいんかね?

Y田(横田)市長については、こんなにヘタレな奴だとは思ってもみなかった。
誹謗中傷は、選挙戦においては当たり前のことでしょ?

因果応報って言う言葉を身に沁みて感じているんじゃないのかな?


 (中略)


496 名前:利根大堰の野良猫
[2007/04/17(火) 10:31:22 ID:VdzYzJDW]

>>493
>>494

怪文書、誹謗中傷や「暴」の方々を有効活用する作戦は、
前回選挙でのY田(横田)市長、今やK藤(工藤)氏のボスであり親戚のY口(山口)前市長の常套手段。

Y田(横田)氏は前回選挙でY口(山口)氏の操り人形として、裏のことを何も知らないまま市長になった。
その後、Y田(横田)氏自身が意思を持ち始めたのか、「女帝」の差し金か知らんが、Y口(山口)氏の切望していた「羽生市との合併」「ごみ焼却場の建設」を反故にし、Y口(山口)氏に回るはずだった賄賂が帳消しとなり、対立関係となった。

Y田(横田)氏に付いているとされる「女帝」に関してはよく知らないが、「VIVAぎょうだ」や「茶の湯施設」を除けば、
在任中の教育・子育て・介護予防事業の各施策等の進捗状況を見れば、たった一期の間だけだが善政はしいていたと評価できる。

しかし、行田が抱える最大の問題は、忍城三階櫓(博物館)・総合運動公園・古代蓮の里・商工センター・みらい等、
Y口(山口)前市長がつくりし数々のハコものにかかる維持費が膨大な額となっていること。
建設にあたっての賄賂でY口(山口)は儲けたが、
大きな「つけ」を行田市民に残していった。

K藤(工藤)氏が市長になれば、Y口(山口)時代の再来となり、
「ごみ焼却場」を始めとするハコものが際限なく建設されること間違いなし。
当然、それで生じる賄賂で儲けるのはY口(山口)氏とK藤(工藤)氏の一族のみ。
結果、Y田(横田)時代より膨大な「つけ」が、子どもにどんどんまわるばかり。

「女帝」が付いている候補者の方が、今後も子育て・教育・高齢者施策をY田(横田)氏の時と同様に、充実させてくれると思いますよ。
まあ、K藤(工藤)よりはずっと「まし」と言えると言うことです。


 (中略)


500 名前:利根大堰の野良猫
[2007/04/17(火) 13:08:44 ID:VdzYzJDW]

>>498

>ハコモノのをいくつ作ったかも重要かもしれないが、
>ハコモノが必要と思われていた時代に作ったことと、
>運営費の捻出すら困難になってきた時期に
>作ることの重大さは同じ重みではないと思います。

時代背景でそうなったって言うことで、
かの夕張や歌志内はヤバイ状況になっているわけです。
まだ行田はそれらの市と比して人口が10倍以上あるから、なんとかやっていけるんでしょうけど、無駄な施設の建設が進んでいる現状は変わりません。

Y口(山口)氏が建てたそういった施設の管理・運営をどうして行くのか?ということを、彼の後継者であるK藤(工藤)候補に明らかにしてもらいたいし、
「いきいき財団」への膨大な市の補助金と、市職員の天下り先になっている現状についてもどう考えているのか、

また、新たなハコもの建設ではごみ焼却場の建設と、清掃組合がらみでセットの羽生との合併問題の再燃等、
必ずY口(山口)氏を軸にして利権や賄賂を絡めていた案件についてどうなのか、是非とも聴いてみたい事柄だね。

Y口(山口)・K藤(工藤)の一派が復活すれば、やりかねないことだと思いますよ。
それを反故にした事に関しては(吹上との合併は叶わなかったが)、Y田(横田)市長は評価はできると思います。

あのままY口(山口)氏が推す通り羽生と合併していたら、行田+羽生は「埼玉の夕張」になる日もそう遠い話ではないと思います。
   


『行田市の不思議ばなし』より
【オリジナル】:
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1135922887/l50

『ゼリーフライと黒い霧』に掲載
(2009年12月29日)

あらっ。。。忍城の写真も2ちゃんねるに出てくるのでござ~♪~ますか?

いや。。。写真は僕が貼り付けたのですよう。2ちゃんねるには、もちろん、写真を貼り付けることはできません。だからアスキーアートが盛んに描かれるのですよう。

上の2ちゃんねるのスレッドは行田市の市長選挙の事で、いろいろとカキコしているのでござ~♪~ますわねぇ。

そうなのですよう。次の新聞記事で取り上げられているスレッドです。

「主戦場」は、2ちゃんねる

2007年4月24日

(2007年4月)22日に投開票された埼玉県行田市長選で、現職の横田昭夫市長(当時)が告示直前に立候補を取りやめる騒ぎがあった。
「誹謗中傷に疲れ果てた」からだという。
「主戦場」は、ネット上の匿名掲示板の2ちゃんねる。
1年以上前から「横田、逮捕だ」「ポーカーフェースの悪代官」などと書かれ、支援者や家族にまで中傷が及んだ。
さらに、ネットを印字した紙を全自治会長に郵送されたという。
横田前市長は「政治家に中傷はつきものかもしれないが、ネット選挙を解禁すれば、ますます悪用する人が出てくるのではないか」と語る。


『ネット選挙、解禁へ機運 政見放送流出…政党も議論本腰』より
asahi.com

『自殺と誹謗中傷』に掲載
(2010年2月13日)

つまり、横田前市長の反対派の人がスレッドを立ち上げて、誹謗中傷を書き始めたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。上に引用した部分では良識を持った行田市民が自論を述べいるのだけれど、横田前市長は、結局、選挙に出馬する事を取りやめ、2008年2月12日に自殺してしまった。

マジで。。。?

詳しくは次の記事を読んでください。

『自殺と誹謗中傷』

(2010年2月13日)

要するに、上のスレッドは、かなり深刻な事が語られているのでござ~♪~ますわね?

そうなのですよう。行田市の前市長が自殺したのですからね。。。

上のスレッドの誹謗中傷が自殺の原因なのでござ~♪~ますか?

直接の原因ではありません。でも、横田さんは上のスレッドを苦々(にがにが)しく思っていたのですよう。

。。。んで、上のスレッドにアスキー馬鹿さんが登場するのでござ~♪~ますか?

正確に言うならば、上のスレッドの続きのスレッドです。僕は横田前市長の自殺の謎を追及していたときだったので、上のスレッドの続きも、隅から隅までじっくりと読んだのですよう。

それで。。。?

そうしたら、次のような馬鹿馬鹿しい、アホらしい、公衆便所の落書きが出てきたのですよう。んもお~~。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 18:46:39 ID:???
>>67
あなた市役所関係者か?


75 :カバ面工藤はきらい[sage]:2007/05/12(土) 18:48:47 ID:???
いやなものはイヤなんだよね。
あの選挙のやり方は正気の沙汰ではないよな。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 19:04:49 ID:???
>>69
あなたは、前スレで話題となった前市長と女帝の関係をどの様に思われる?

私の聞くところでは、役所職員も、かの女帝とつながりのない新市長に期待している
らしいですよ。様子を見ているということですよ。
もし、新市長の動向に不審な点が発覚すれば、誰かが内部告発するでしょう。
内部告発などなくても、噂というかたちで広がるはずです。前市長の時の様に。
身近にいる者からのうわさ話というのは、それなりに信憑性があるのです。


77 :カバ面工藤はきらい[sage]:2007/05/12(土) 20:28:31 ID:???
>>76
 あなた市役所職員ですか?
前市長とか女帝(小倉さんか?)とかいった陰惨な工藤の謀略情報には
いささかの関心もありません。
 前市長さんんも地方政治家ですからスネにコキズの一つもない
という事は多分ないでしょう。
 しかしそれよりも山口、横田、工藤といった行田市の利権屋の内部
抗争は好きではないのです。
 所詮工藤も利権争いの頭領に過ぎない事は市民は良く知っています。
あなたも市役所関係者のようですが、工藤さんを守り切れると思ったら
間違いますよ。
 お天道様はお見通しなんですよねえ。


78 :カバ面工藤はきらい[sage]:2007/05/12(土) 20:32:59 ID:???
>>65
いきいきさんへ。
少し市役所へチクッたら、役所の職員が工藤防衛に早速出て来たみたい。
もう少ししゃべらせましょうか?
--------どうぞ---------------!!カバさん。


79 :カバ面工藤はきらい[sage]:2007/05/12(土) 20:35:48 ID:???
>>76
もし、新市長の動向に不審な点が発覚すれば、誰かが内部告発する
でしょう。
——————

あなたにお願いしておきます。よろしくお願い申し上げます。


80 :カバ面工藤はきらい[sage]:2007/05/12(土) 20:37:45 ID:???
工藤さん、自分の2chであわててるぞ!!!


81 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 20:42:13 ID:???
>>80
天にツバすれば----
自分のカバ面にだわね。
急に市役所の工藤親衛隊が出てきたぞ、面白くなってきたよ。
何かあわててるのがおかしい(笑)。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 21:04:46 ID:???
>>76
新市長の工藤さんの命令ですかねえ?


83 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 21:08:24 ID:???
通りすがりだが、うん面白い!


84 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 21:08:43 ID:???
しかし・・・オマエらみんなアホだなw


85 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 21:10:16 ID:???
>>84
すっこんでろ!おまえさんに用はないんだよ!!!
アホはお前さんだけです。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 21:11:48 ID:???
>>84
もう顔だすんじゃないよ。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/12(土) 21:14:26 ID:???
>>84
大漁だなw


88 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/13(日) 00:17:45 ID:???

じぇり~ふらいスレがあると聞いてVIPよりきますた
記念カキコ


89 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/05/13(日) 00:37:04 ID:???

百姓スレがあると聞いてぱるしーよりきますた


『埼玉県行田市の不思議ばなし 第2章』より

この上のヤ~らしい落書きを書いた人物は、いったい、どういう心理で描いたのでござ~♪~ましょうか?

公衆便所の落書きを描くのと全く同じ心境で描いたと思いますよう。

あのォ~。。。女性のアソコが描いてないようですけれど。。。

僕が修正してツンツルテンにしたのですよう。そのままを載せると苦情を言うオジタリアンかオバタリアンが出てくると思ったので。。。

。。。んで、上の裸の女性を書いた人物がアスキー馬鹿なのでござ~♪~ますか?

そうです。その通りですよう。公衆便所のラクガキストです。

【小百合の独り言】

ですってぇ~。。。
多分、上のような落書きだと私も思っていましたわ。
うふふふふ。。。

おそらく、描いた人は体だけは大きくなったけれどオツムは小学生と余り変わらないのでしょうね。
あなたは、どう思いますか?

ハンドル名を書いて、ホムペやブログの URL を書くようになっていれば、上のようなヤ~らしい落書を描ける人は居ないと思うのですよね。
2ちゃんねるのような“匿名掲示板”だから、身元が分からないと思って公衆便所に描くような落書を描く人が出てくるのだと思います。
あなただけはアスキーお馬鹿さんにならないでくださいね。

とにかく、興味深い話題が続くと思いますわ。
あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいねぇ。
では。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

“アスキー”ってよく聞くでしょう?

これは略語です。

ASCII を“アスキー”と読んでいるのです。

American Standard Code for

Information Interchange

上の語句の頭文字をとって

ASCII という略語を作ったのです。

この“アスキー”は、

現代英語や西ヨーロッパ言語で使われる

ラテン文字を中心とした文字コードです。

コンピュータや通信機器に

最もよく使われているものです。

1963年6月17日に、

American Standards

Association(ASA[後の ANSI])

によって制定されました。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。