愚かな詭弁を弄する東電


 
 
2012年8月16日 (木曜日)
 
  
愚かな詭弁を弄する東電
 
 

(fuku001.jpg)

放射能は誰のものか?

2011年夏、それが裁判所で争われた。
同年8月、福島第1原発から約45キロ離れた二本松市の「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」が東京電力に、汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てた。
「事故のあと、ゴルフコースからは毎時2~3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出されるようになり、営業に障害が出ている。 責任者の東電が除染をすべきである」

対する東電は、こう主張した。
「原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。 したがって東電は除染に責任をもたない」

答弁書で東電は放射性物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。

無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、誰のものでもない、という意味だ。
つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。
したがって検出された放射性物質は責任者がいない、と主張する。 (略) 飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない。 そんな主張だ。

決定は10月31日に下された。
裁判所は東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けた。

ゴルフ場の代表取締役、山根勉(61)は、東電の「無主物」という言葉に腹がおさまらない。
そんな理屈が世間で通りますか。 無責任きわまりない。 従業員は全員、耳を疑いました」

7月に開催予定だった「福島オープンゴルフ」の予選会もなくなってしまった。
通常は年間3万人のお客でにぎわっているはずだった。
地元の従業員17人全員も9月いっぱいで退職してもらった。
「東北地方でも3本の指に入るコースと言われているんです。 本当に悔しい。 除染さえしてもらえれば、いつでも営業できるのに」
東電は「個別の事業には回答できない」(広報部)と取材に応じていない。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


114-116ページ 『プロメテウスの罠』
著者: 朝日新聞特別報道部
2012年3月26日 第3刷発行
発行所: 株式会社学研パブリッシング

ケイトー。。。この場合放射能が「無主物」と言うのは、どう考えてもおかしいじゃないのォ!。。。ゴルフ場の代表取締役が「そんな理屈が世間で通りますか。 無責任きわまりない」と言ったけれど、おそらく一般の日本人の多くがそう考えるのじゃない?

そうですよ。 僕だってそう思ったのですからね。 それで日本とは全く関係ないシルヴィーに第3者としての意見を聞こうと思ったのですよ。

それで私を呼び出したわけね?

その通りですよ。

しばらく登場させてもらえなかったので、私はケイトーに嫌われてしまったのかと思っていたのよ。 うふふふふふ。。。

いや。。。そんなことはありませんよ。 僕はシルヴィーの熱烈なファンですからね。 うへへへへへ。。。

そんな事よりも日本の裁判所が東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けたというのは、いったいどういうことなの?

シルヴィーも裁判所が出した判決に納得できない?

だってぇ~、どう考えたって東電の責任じゃないの! 例えばよ、アメリカの秘密生物兵器研究所がよ、カリフォルニア州の地震地帯にあったとするじゃない。。。そこで研究するために保管していた炭疽菌が地震のために外部に漏れて、近所の住民に被害が及び死亡者が出たとするでしょう。。。そうなったら、研究所の保管の実態があばかれて、アメリカならば当然、市民団体が大騒ぎするわよ。 どう考えたって研究所の責任が問われてしまうわ。 福島原発だって、危機管理体制、保全体制が不十分だったために地震よって、あのような大事故が起きてしまったのよ。 安全に管理すべき原発が地震によって爆発した。 管理体制が不全だったので放射能が漏れたのよ。

やっぱり、シルヴィーもそう思う?

だって、そうでしょう! そのような事故が起こることは半世紀も前から解っていたことじゃないのォ!

あれっ。。。シルヴィーはそんな事まで知ってるのォ~?

だってぇ、ケイトーが記事の中で次のように引用してたじゃないの!

闇に葬られた秘密報告書

この当時(1960年4月)、わが国最初の商業用原子炉として計画が進められていた茨城県の東海発電所で最悪の大事故が起こった場合に、どれほどの被害が発生し、日本政府がその被害を補償できるか、保険会社がそれを引き受けられるかどうかを、真剣に検討したものである。

秘密報告書であるから、沖縄返還における外務省の「核密約」文書と同じように、私たち国民はまったくその内容を知らされずに今日まできたが、私の知る限り一度、この秘密報告書の存在を毎日新聞が報道した。
この1974年の報道では、これを書いた日本原子力産業会議にその存在を確認しても、外務省と同じように「報告書はない」とシラをきったという。

 (中略)


(japan13b.jpg)

「物的損害は、最高では農業制限地域が長さ1000Km以上に及び、損害額は1兆円以上に達しうる」と小さく書かれており、東海村からの半径が同心円で示されていた。
つまり図にやや濃く描いた園内の矢印範囲は、農業できない地域になる。
日本全土で農業ができないのだから、日本人が日本列島に住めないと考えてよいだろう。

 (中略)

三段論法に従ってここまでの説明をまとめると

①原発の大事故は起こりうる。

②大事故が起これば日本はほぼ壊滅する。

③その可能性が最も高く、こわい原因として大地震が考えられる、という結論になる。

原発震災の被害を誰も償えないので、外国の保険会社は日本との契約を放棄した。
それなのに、当の被害者になる日本人がそれを知らずに生きているのは、大変不思議なことであると、読者はお考えにならないか。

 (中略)

いよいよ迫る東海大地震と、

予期される浜岡原発震災

日本列島のちょうど真ん中、静岡県の駿河湾に面した御前崎というところに、トヨタ自動車などの名古屋経済圏のために建設された、中部電力の原子力発電所がある。
この浜岡原発には現在、三基の原子炉が稼動している。
浜岡原発は、今を去る34年前の1976年3月17日に、1号機が営業運転を開始した。

その運転開始からわずか5ヶ月後の8月23日に、当時東京大学理学部助手だった石橋克彦氏が地震予知連絡会で「駿河湾でマグニチュード8クラスの巨大地震が起こる」と、東海地震説にもとづく重大な警告を発した。
マグニチュード8.0とは、10万人を超える死者を出した関東大震災の、さらに1.4倍の破壊力を持った大地震ということになる。

 (中略)

こうして、石橋氏の警告は、後年に確立されるプレート運動の理論によってその正しさが、次々と実証されてきた。
ところが、その警告が発せられて以来34年間にわたって、浜岡原発はこのとてつもない巨大地震の危険性と同居しながら、綱渡りの原子炉運転を続けてきた。
石橋氏は東京大学理学部で地球物理学課を学んだ屈指の地震学者であり、神戸大学の教授として、浜岡原発の危険性を裁判で訴え続けてきた。

(中略)

2004年には、浜岡原発を止めるために起こされた「原発震災を防ぐ全国署名」の賛同人に、京セラ創業者の稲盛和夫氏が名を連ねた。
「東海地震が今後30年間に起こる確率は87%」というのが、政府の地震調査研究推進本部の判断である。
これは、30年後に起こるということではない。
30年後かそれとも明日か、確率は発生時期を教えてくれない。
しかし87%なのだから、必ず起こる、ということは断言できる。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています
写真と地図はデンマン・ライブラリーより)


12-21ページ、28-29ページ
『原子炉時限爆弾』 著者: 広瀬 隆
2011年4月28日 第6刷発行
発行所: ダイヤモンド社

『日本の崩壊』に掲載
(2012年6月17日)

シルヴィーもこれを読んでいたんだァ。

福島の原発事故は、あの大きな津波の被害とともにカナダでも大きく取り上げられたじゃない! 現在はそれ程でもないけれど、当時はかなりセンセーショナルな事故だったわ。

その通りですよ。

だけど、判決を出した日本の裁判官は原発の危険性が昔から問題になっていた事を全く知らないようじゃない! 東電の経営者が無責任ならば、日本の裁判官も無責任なのよ。 つまり、被害を受けた国民のことを全く考えてないのよ。 ケイトーはそう思わないのォ~?

そう思うから、こうして記事で取り上げたのですよ。 でもねぇ~、裁判官が東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けた理由が僕には判るのですよ。

いったい、どういう理由なのよ?

あのねぇ~、もし、ゴルフ場の訴えを認めたならば、そのゴルフ場だけじゃなく、我も我もと東電を訴える会社や個人だ出てくる。 そうなったら、ゴルフ場だけじゃなくて、毎時2~3マイクロシーベルトの放射線量が検出されている何万箇所の放射性物質を東電は除去しなければならないことになる。 もう、東電だけでは手に負えない多額な費用になり、最終的には、そのような事態を放置していた国の責任問題にまで発展してしまう。

つまり、ゴルフ場の訴えを認めると、そのような手に負えない事態に発展してしまうので裁判官が「事無かれ主義」で東電側を勝たせたと。。。?

その通りですよ。 裁判官にとっても重大事ですよ。 そのような判決を出したら、政治家や経団連や経済界の重鎮から叩かれる事になる。 その連中と結んだメディアにも叩かれる! つまり、ゴルフ場側を勝たせたら裁判官の出世の妨げになるのですよ。

要するに、裁判官は自分の出世を考えて判決を出したと。。。。?

断定はしないけれど、被害者の側じゃなくて体制側のための判決を出したことは確かなことですよ。 でも、それが平凡な裁判官の心理でと僕は思いますね。 裁判官だって弱い人間なのですよ。 自分の地位が揺らぐことが心配になる。 それで「事なかれ主義」に陥ってしまうのですよ。

でも、日本人の裁判官の中にも良心に従って判決を出す人物も居るのでしょう?

居ますよ。 

被爆者たちの勝利

国から原爆症と認められなかった被爆者たちはまとまって裁判を起こした。
つい9年前のことだ。
肥田舜太郎(ひだしゅんたろう 94歳: 広島で被爆し、被爆者の治療に当たってきた、現在、さいたま市に住む医師)はその裁判で、被爆者側に立って大きな役割を果たした。

内部被爆の因果関係を証明するのは困難だ。
裁判で国は「内部被爆は無視し得る」と切って捨てた。
被爆者たちは論理ではなく、自らの体験を語るしかなかった。
その中で、被爆者の治療に当たってきた肥田の経験は大きかった。

2004年の大阪地裁。
肥田は証言台で、広島で経験したことを話した。
「このような議論をするとき一番大事な発火点は、人間として被害を受けた被爆者なんです。 それは、物理学者の議論でもなく、医学者の議論でもないのです」

2年後、大阪地裁で被爆者たちは勝利する。
国は控訴したが、棄却された。

その大阪地裁で国側の承認だったのが、東大大学院教授の小佐古敏荘(こさことしそう:62歳)だ。
国が決めた年間20ミリシーベルトの被爆基準を「私のヒューマニズムから受け入れがたい」と涙ながらに批判し、内閣官房参与を辞めた、あの人だ。

小佐古は証言後、「原爆放射線による人体への影響の主なものは、初期放射線による外部被曝であり、内部被曝によるものではない」とする報告書をまとめている。
それは肥田に対立するものだ。
しかし裁判所は肥田の考えを受け入れた。

 (中略)

被爆者の病気が放射線によるものなのか。
国の姿勢からは「われわれのほうが科学的に正しい」という考えがにじみ出ている。
肥田は、政府が今回の(福島原発)事故後に「直ちに人体には影響はありません」と何度も強調したことに腹が立っている。
「直ちにはないが、もしかしたら影響が出る人もいるかもしれませんと、ちゃんと付け加えなくてはいけないでしょう。 66年前の原爆の話が今もこじれているんだ。 福島でも、また同じことが繰り返されるかもしれない」

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


124-125ページ 『プロメテウスの罠』
著者: 朝日新聞特別報道部
2012年3月26日 第3刷発行
発行所: 株式会社学研パブリッシング

こうして大阪地裁の裁判官は、「広島で被爆し、被爆者の治療に当たってきた医師の肥田舜太郎氏」の貴重な体験談を聞き入れて被爆者の立場に立って判決を出した。 肥田さんは裁判で次のように言っているのですよ。


(hida02.jpg)

人類がこれからどうするのか議論をするときは、被爆者を大事にし、自分の理解を深める努力をすることが一番大事です。 裁判官の皆さんも、いいか悪いかを裁くという狭い視野ではなく、大きな立場から、被爆者を見て判断願いたい。

そうよねぇ~。。。 政治家のためや自己保全の考えじゃなく良心に従って判決を出すべきよね。 やっぱり、人の命が大切なのよねぇ~。。。 政治家の我が身大切、官僚の身勝手、裁判官の「事なかれ主義」で判決を出されたら、国民はたまったものではないわよねぇ~。。。

【ジューンの独り言】

ですってぇ~。。。
そうですわよねぇ~。。。
本来国民のために働くべき日本の政治家は党や利権のことばかり。。。
官僚は自分の属する組織のためばかりを考えているようですわ。
政治家も官僚も日本国民の健康と幸福など、どうでもよいと思っているようです。

だから、一部の政治家と官僚が電力会社の重役とグルになって危険だと分かっている原発をこれまでに建造してきたわけよね。
原発が危険だという事は半世紀も前から解っていたことなのよ!
あなただって上の記事を読めば解るでしょう?

やっぱり、駄目な政治家を国会から。。。自分勝手な官僚を霞ヶ関から追い出すことが大切だと思うわ。

ええっ。。。そう言うほどうまく行くもんじゃないってぇ。。。?

ところで、あなたは選挙に

行ったことがありますか?

ええっ。。。誰を選んだって日本が良くなるわけじゃない?!
だから、選挙に行かないのだよ!

あなたがそのような考えだから、いつになっても日本が住み良くならないのよ!
幕末に明治維新を起こそうと立ち上がった「改革の志士」の事を考えてくださいな。
皆さん若かったのですわよ。
ほとんどの「改革の志士」が20代から30代でしたわ。


(ryouma2.jpg)

あなたも「改革の志士」になったつもりで、日本をこれ以上駄目な国にしないために立ち上がってくださいね。

ええっ。。。どうするのかってぇ。。。?

まず、あなただけは、私服をこやしたり、権力欲に駆られて組織を私物化するような事がないようにしてください。
それから、そのような人を見かけたら、断固として立ち向かってくださいね。

ええっ。。。そんな事をしたら今の職場を追い出されるって。。。?

あなたは、チキンなのねぇ~。。。だから、日本が良くならないのよ。

幕末に明治維新を起こそうと立ち上がった「改革の志士」の事をもう一度考えてください。


 
ところで、シルヴィーさんの事をもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。


『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

『レモン戦争(2012年1月16日)』

『常連さん、こんにちは(2012年1月23日)』

『チョコレートと軍産複合体(2012年1月28日)』

『壁に耳あり障子に目あり(2012年2月3日)』

『チョコレートと世界銀行(2012年2月10日)』

『チョコレートと甘い権力(2012年2月22日)』

『CIAの黒い糸(2012年3月6日)』

『CIAの黒い手(2012年3月12日)』

『平和が一番(2012年3月29日)』

『オツムの中の英語(2012年4月17日)』

『誰?あなたなの?(2012年5月5日)』

『ジャンボのエンジンが全部停止!』
(2012年5月15日)

『日本の良心は停止したの?』
(2012年5月17日)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

コメント / トラックバック22件 to “愚かな詭弁を弄する東電”

  1. お百度参りも国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  2. 期待される人間像 « Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  3. 角さんと原発と天罰 « Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  4. 真紀子落選 « Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  5. 野火 « Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  6. タイタニックと国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  7. 宮澤理恵@Macao | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  8. 美しい日本語 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  9. フランス人妻不犯 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  10. ツイッターの国際化 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  11. ハワイの読者 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  12. 三丁目の夕日は沈んだ | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  13. アダムとイブはバナナを食べた | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  14. 塩野七生批判 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  15. ペンタゴンは何を探したの? | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  16. 宮沢百恵 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  17. 愛情はふる星のごとく | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  18. 愛より大切なものってぇ? | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  19. 世界のネット普及率 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  20. プーチンの正教ロシア | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  21. インドネシアの波紋 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

  22. ジプシーの謎 | Denman Blog Says:

    […] ■『愚かな詭弁を弄する東電』 (2012年8月16日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。