プーチンの正教ロシア


 

2013年11月21日 (木曜日)

 

プーチンの正教ロシア

 


(russia99.jpg)


ケイトーはプーチンにムカついているのォ~?


(kato3.gif)

あれっ。。。 シルヴィーはプーチンのファンなのォ~。。。

別にファンじゃないけれど、ムカつくほどでもないと思うわ。

じゃあ、プーチンを応援しているわけ?

別に応援しているわけでもないけれど、毛嫌いする程でもないわ。

あれっ。。。 シルヴィーはプーチンに好感を持っているような話しぶりだよね。

だってぇ~、世界で最も影響力のある人物ということでランク付けがされているのだけれど、2013年になって プーチン大統領がオバマ大統領を抜いて世界で最も影響力のある人物に選ばれたのよ。 ケイトーは知らなかったのォ~?


(100men.jpg)


(putin2.jpg)

そう言えば、そのようなニュースをネットで見たような気がするよ。

でしょう!?。。。 だから、プーチンに対して好感を持っている人も たくさん居るのよ。

でもねぇ~、プーチンに人気が出てきたとしたら、その人気は過去にヒトラーに人気が出てきたようなものなのですよ。

どういうことよ?

あのねぇ~、たまたま冒頭に掲げた本を読んでいたら、著書は次のようなことを書いていたのですよ。

プーチンの、プーチンによる

プーチンのためのロシア


(putinx.jpg)

正教会を監督する帝政時代のような宗務院をロシア政府のなかに開設すれば、プーチンは直接的に正教会を支配できる。
聖職者は官僚と同様にプーチンへの従属を義務づけられ、宗務院は各省と同格に扱われる。
つまり、正教会は、世俗国家につかえる官僚機関に変質する。

いまは国有財産を切りとって正教会に返還しているが、プーチンが正教会の実質的な長に就くやいなや、正教会の財産をふたたび国有化することも十分考えられる。
かれにとって正教会はしょせん、自分の家財道具なのだ。
いまは当面、戦略的に正教会を引きこむために譲歩しているだけかもしれない。

プーチンは巨大化する正教会を利用して、自分の神格化を推しすすめている。
民衆による熱狂的な支持が、自分へのつよい求心力を生みだすと考えている。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


218ページ 
『ろくでなしのロシア プーチンとロシア正教』
著者: 中村逸郎
2013年2月20日 第1版発行
発行所: 株式会社講談社

つまり、プーチンは正教会を利用してヒトラーのように自分を神格化して熱狂的な支持を得ようとしているとケイトーは考えているのォ~?

だってぇ~、プーチンは まさにそうしようとしているでしょう!?

まさかァ~?

まさかじゃなくて、まるでヒトラーがしたように、役所にも、公共の建物の中にも、それに教会内部にも プーチンは自分の写真を貼り出しているのですよ。


(putin5.jpg)

おそらく プーチンはバレていないと思っているようだけれど、マジでヒトラーの真似をしようとしているのですよ。 見ていると滑稽ですよ!

ケイトーは考えすぎじゃないの?

いや。。。 決して考えすぎじゃありませんよ。 ロシアでも、そのように考えている人がたくさんいるのですよ。

マジで。。。? その証拠でもあるのォ~?

ありますよ。 次のYouTubeを見てください。


(pussy90.jpg)

あらっ。。。 このバンドは世界的に悪名をとどろかせた“Pussy Riot”じゃないの!

シルヴィーは この女の子たちに反感を持っているのォ~?

別に反感を持っているわけじゃないけれど、報道のされ方を見ていると、なんとなく“馬鹿騒ぎ”をしているように取り上げられていると思うわァ。

つまり、シルヴィーも単なるパンクロックバンドが馬鹿騒ぎしているとしか見てないのォ~?

だってぇ、ほとんどの人がそう思って見ているんじゃないのォ~?

僕はそう思わないなァ~。。。 勇気ある行動だと思うよ。

どうして。。。?

あのねぇ~、プーチンはKGB(ロシアのCIA)の出身なんですよ。 つまり、スパイ網を自分の手の内に掌握している。 だから、プーチンを批判したい人も、内緒で批判することもできない。 すぐにインフォーマーによって告げ口されて、職を奪われ、下手すると監獄にぶち込まれてしまう。 だから、公然とプーチンを批判することなど 普通の人は考えてもみない。

でも、ロシア人はそれほどプーチンを批判したいと思っているのォ~?

あのねぇ~、悪名高きプーチン氏の前に大統領になったメドヴェージェフ氏は2008年9月30日に次のように嘆いていたのですよ。


(med001.jpg)
 
わたしたちの国の汚職は、

たんにひろがりや内容の問題ではありません。

汚職は、わたしたちの社会生活をおおう

日常的で、ごくありふれた事象となっています。

この前大統領のメドヴェージェフ氏は自分の写真を正教会の建物の中に飾ったりしなかった。 プーチンと比べると民主的・自由主義的な傾向が強い。 ヒトラーの真似など絶対にできない人ですよ。 ところがプーチンはそうじゃない。 メドヴェージェフ氏を手下にして うまくつるんで“民主的・自由主義的な表面”を見せながら、表面下でヒトラーのような心理作戦を続けている。 

つまり、ロシア正教会を巻き込んでロシア人の心を自分の方に手繰(たぐ)り寄せようとしていると ケイトーは見ているのォ~?

その通りですよ。 ロシア人は役所のやり方、役人のやり方に対して不満を溢れるほど持っている。 その端的な具体例が次のエピソードですよ。


(bus900.jpg)

一人ひとりの表情に日常生活の疲労と人生の苦悩が色濃くにじんでおり、社内はとても静かだ。
そのときである。
エンジン音を消し去るほどの大声で突如、4,5人の乗客が叫びだす。
「止めろ! 止めろ!」
その直前、バス停を告げる自動録音の車内放送が響きわたったばかりだ。
それなのに、バスが停留所に止まらないのだ。
乗客たちはあわてて降車口のうえにそなえられている赤い非常用ボタンを何度も押しながら、運転手に懸命に訴える。
ボタンは運転手に急を告げるためのものだが、故障している。
無残な日常風景だ。

男性の乗客たちはのぶとい大声を車内に響かせながら、乗客をかきわけて運転席に詰め寄る。
運転手は乗客に視線を向けるわけではなく、前方を見つめながら平然と答える。
「バス停は撤去された」
車内放送が流れたのに、停留所は存在していないのだ。
消えた停留所名が告げられたことになる。
運転手の一言に、男性たちは怒り心頭に発して言いかえす。


(judge12.gif)

「それはおかしい。 けさ、停留所はあった。 そこからのった」
どうやらなんの予告の掲示もなく停留所は消えてしまったらしい。

私の想像では道路工事がはじまり、邪魔になるので停留所は閉鎖されたのかもしれない。
男性たちの興奮に呼応して中年の女性たちも、不満で感情が高ぶっている。
だが運転手はかれらの大声を他人事のように聞き流し、さらにもうひとつのバス停も通過してしまった。

 (中略)

けっきょく、バスは本来停車すべき二つの停留所をとばして、ようやく三つめのバス停に止まった。
二キロ近く走ったであろう。
ドアーが開き、乗客10人ほどが降車口になだれこむ。
初老の男性が、開いたドアーのむこうの暗闇にむけて怒鳴った。
冒頭の一喝(「まったく、ろくでなしのロシアめ!」)は、そのときに発せられた。
もちろん、運転手が乗客にわびることはない。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


12-13ページ 
『ろくでなしのロシア プーチンとロシア正教』
著者: 中村逸郎
2013年2月20日 第1版発行
発行所: 株式会社講談社


『お役所仕事ロシア』にも掲載
(2013年11月16日)

これはちょっとひどいわねぇ。 停留所が撤去されたのなら、車内放送でも その事実を放送すべきだし、乗客に説明すべきだわ。

でしょう!? 同じ事が起こったら日本でも乗客は騒ぎ出しますよ。 バンクーバーで同じ事が起こったら、運転手は袋叩きにあいますよ。

あらっ。。。 バンクーバー市民はそれほど暴力的なのォ~?

いや。。。 バンクーバー市民がすべてが暴力的じゃないけれど、この間、無賃乗車をした乗客を運転手が注意したら、乗客が怒って運転手の頭をぶんなぐったのですよ。 全治3ヶ月ほどの傷を与えて新聞沙汰になったほどです。 その運転手はそれからヘルメットをかぶって運転するようになってしまったほどです。 だからねぇ、上のような非常識な事をしたらバンクーバーでは乗客が立ち上がって運転手はただでは済みませんよ。 まず間違いなく停車させられますよ。

マジで。。。?

でもねぇ~、そのような事がバンクーバーで起こるならば 1週間前からバス停に貼り紙がでて、事前に乗客に知らされるのですよ。 どう考えても、上のエピソードはロシアの市役所の交通局の落ち度です。

ロシアでは、役人の仕事は市民の事など考えずに一方的なのかしら?

あのねぇ~、本の中に書いてあったのだけれど、市役所の役人を含めてロシアの官僚の専横と腐敗は相当なものらしい。 国際組織の“トランスペアレンシー・インターナショナル”が2008年9月23日にロシア国内で発表した統計によれば、ロシア社会の健全性を示す世界ランキングは147位だったというのですよ。

あらっ。。。 それってぇ、すごいわねぇ~。

もっとすごいのはロシアの教育界ですよ。 “レヴァーダ・センター”が2007年7月に実施した世論調査では、大学に入学するのに必要なものとして“お金”と回答した人が なんと 67%。 “縁故”と答えた人が 13%。 “学力”と答えた人は わずかに 17% だった。 賄賂(わいろ)が蔓延(まんえん)しているのですよ。

ちょっと信じられないわ。。。 つまり、このロシア国民の不満を プーチンはロシア正教会とつるんで 宗教的に逸(そ)らそうとたくらんでいるのォ~?

第二次大戦の前にドイツ国民の不満をヒトラーが上手につかんで 第三帝国をでっち上げたように 現在、プーチンはロシア国民の不満を心理作戦でつかんで 強力な“ロシア帝国”を築こうとしているのですよ。 それに対して“Pussy Riot”は 赤裸々な気持ちを「神様、助けてください。 プーチンを追い出して!」とロックで表現したのですよ。


(pussy91.jpg)

St. Maria, Virgin, Drive away Putin!
Drive away! Drive away Putin!

Black robe, golden epaulettes
All parishioners are crawling and bowing
The ghost of freedom is in heaven
Gay pride sent to Siberia in chains

The head of the KGB is their chief saint
Leads protesters to prison under escort
In order not to offend the Holy
Women have to give birth and to love

Holy shit, shit, Lord’s shit!
Holy shit, shit, Lord’s shit!

St. Maria, Virgin, become a feminist
Become a feminist, Become a feminist

Church praises the rotten dictators
The cross-bearer procession of black limousines
In school you are going to meet with a teacher-preacher
Go to class – bring him money!

Patriarch Gundyaev believes in Putin
Bitch, you better believed in God
Belt of the Virgin is no substitute for mass-meetings
In protest of our Ever-Virgin Mary!

St. Maria, Virgin, Drive away Putin!
Drive away! Drive away Putin!


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。
あなたはどう思いますか?

プーチンさんはそれほど悪い人物なのでしょうか?

KGB出身のプーチンさんの表情には 時には 陰鬱なものが滲(にじ)み出ていて ハッとさせられることがありますよね。
それに、若い人たちの間では不満が時として爆発しています。

若い人たちの間では、確かに不満が渦を巻いているようですわ。
あなたは どう思いますか?

ところで、シルヴィーさんの事をもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。


『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

『レモン戦争(2012年1月16日)』

『常連さん、こんにちは(2012年1月23日)』

『チョコレートと軍産複合体(2012年1月28日)』

『壁に耳あり障子に目あり(2012年2月3日)』

『チョコレートと世界銀行(2012年2月10日)』

『チョコレートと甘い権力(2012年2月22日)』

『CIAの黒い糸(2012年3月6日)』

『CIAの黒い手(2012年3月12日)』

『平和が一番(2012年3月29日)』

『オツムの中の英語(2012年4月17日)』

『誰?あなたなの?(2012年5月5日)』

『ジャンボのエンジンが全部停止!』
(2012年5月15日)

『日本の良心は停止したの?』
(2012年5月17日)

『愚かな詭弁を弄する東電』
(2012年8月16日)

『僕のお父さんは東電社員』
(2012年8月20日)

『小学生でも知っている国のウソ』
(2012年8月25日)

『ん?オバマ大統領暗殺?』
(2012年9月3日)

『なぜ戦争するの?(2012年9月15日)』

『なぜ原発作ったの?(2012年9月19日)』

『国際感覚ダントツ(2012年11月11日)』

『国際化できてる?(2012年11月19日)』

『国際化とアクセスアップ(2012年11月23日)』

『国際化とツイッターと国際語(2012年11月27日)』

『お百度参りも国際化(2012年12月1日)』

『期待される人間像(2012年12月13日)』

『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『フランス人妻不犯(2013年4月4日)』

『ツイッターの国際化(2013年4月25日)』

『アダムとイブはバナナを食べた』
(2013年6月5日)

『塩野七生批判(2013年7月22日)』

『ペンタゴンは何を探したの?』
(2013年8月30日)

『宮沢百恵』(2013年9月14日)

『愛情はふる星のごとく』
(2013年9月21日)

『愛より大切なものってぇ?』
(2013年9月26日)

『世界のネット普及率』
(2013年10月4日)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(2ndbeach.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(ebay5.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

コメント / トラックバック2件 to “プーチンの正教ロシア”

  1. インドネシアの波紋 | Denman Blog Says:

    […] ■『プーチンの正教ロシア』 (2013年11月21日) […]

  2. ジプシーの謎 | Denman Blog Says:

    […] ■『プーチンの正教ロシア』 (2013年11月21日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。