脱皮する蛇とサッカー


 
 
2014年2月28日 (金曜日)
 
 
脱皮する蛇とサッカー
 
 

(snake3.gif)


(soccer33.jpg)


(hitler2.gif)


(hitler2.gif)

デンマンさん。。。 またオイラをお呼びですか?


(kato3.gif)

オマエは僕に呼ばれるのが嫌なのォ~?

だってぇ~、またオイラをイジメるのでしょう?

僕はオマエをイジメたことないよ!

ウソだ~♪~い! いつもオイラをイジメてるじゃありませんかア!

あのなァ~、僕はオマエを批判しているのだよ! 昔の人は次のように言ったのだよ!


(uncle006.gif)

批判の無い所に進歩なし!

批判なき愛は盲目にして

愛なき批判は空虚なり

あれっ。。。 これはデンマンさんの座右の銘じゃなかったのですかァ~?

オマエはよく知ってるじゃないかァ!

だってぇ~、オイラはデンマンさんの記事を毎日欠かさず読んでいますから。。。 うへへへへへ。。。

だったら、僕がオマエをイジメてないことがちゃんと分かってるだろう!?

とにかく、今日は、どうして奇妙なタイトルをつけたのですか?

オマエはサッカーが嫌いなのォ~?

いや。。。 オイラは「写真狩り」と「言葉狩り」の次にサッカーが大好きなんですよう。 実は、子供の頃はサッカー少年でしたから。。。

それが、どういうわけで アメブロのファシスト管理人になってしまったのォ~?

実は、オイラはプロのサッカー選手を目指して練習をつんでいたのですよ。 でも、ある時、挫折に落ち込んで オイラにはサッカーの才能がないと思って諦めてしまったのですゥ。

どうして諦めずにサッカーを続けなかったのォ~?

デンマンさんだってぇ~、挫折を経験して自分に才能がないと思って諦めたことがあるでしょう?

ない! 僕は自分に才能がないなんて思って諦めたことないよ!

マジで。。。?

あのさァ~、才能というのは初めからあるもんじゃないと思うんだァ! ダイアモンドと同じだよ! 原石のままじゃダイアモンドにならないのだよ!

マジで。。。?

あれっ。。。 オマエは知らなかったのォ~? 原石を磨(みが)いて初めてダイアモンドになるんだよ! つまり、自分を磨かなければ才能が出てこない! オマエは練習の厳しさについて行けずに、それで「才能がない!」という簡単な言い訳に逃げて、プロのサッカー選手になることを諦めてしまったのだよ! そうだろう?

そうっすう。 マジで才能がないと諦めたのですよ。

むしろ、オマエにはサッカーの才能よりも管理人になる才能がないのだよ!

でも、現在 オイラはアメブロの管理人ですよ。

あのさァ~、客観的に見て オマエには管理人の才能がないのだよ。 。。。つうかあああァ~、オマエは管理人としての才能を磨こうともしない! だから、相変わらず ネット社会で嫌われている「言葉狩り」、「写真狩り」を続けているのだよ! 管理人としての才能も、プロサッカー選手としての才能も、全く同じことなんだよ! つまり、自分で厳しい練習や修行に耐えて才能を磨きだすしかないのだよ。 管理人も、常に自分で才能を磨きだすものだよ!

でも、オイラは自分でプロサッカー選手になる才能がないと見極めたのです。

じゃあ、どうして、オマエは自分に管理人としての才能がないと見極めないのォ~? 今のオマエには管理人としての才能がないんだよ!

デンマンさん! いい加減なことを言わないでくださいよ!

あのさァ~、僕はいい加減な事は言わないように、書かないようにしているのだよ! 何度も言うように、常に根拠に基づいてオマエに、「こうだよ。。。。ああだよ」と言っているのだよ!

でも、オイラに管理人としての才能がないと、デンマンさんは言いますが、どのような根拠の基に、そのような残酷な事を言うのですかァ~?

あのさァ~。。。 ちょっと次のリストを見て欲しいのだよ!


(ame40225a.gif)

これはアメブロの僕のブログの1月27日から2月25日までの30日間のアクセス数のグラフなんだよ。 見てすぐに解るように2月18日に延べ 1,308人のネット市民の皆様が僕のブログにやって来たのだよ。

。。。で、どの記事が読まれたのですか?

次の記事だよ!


(ame40218e.gif)

あれっ。。。 これはデンマンさんが2月18日に投稿した『めれちゃんの悦び』ではありませんかァ!

オマエも読んだのォ~?

ええ。。。 読みました。 おかげで目の保養になりました。 うししししし。。。

実は、この記事を読もうと多くのアメブロ会員が僕のブログにやって来たのだよ。

でも、どうしてアメブロ会員の皆様がやって来たと判るのですか?

次のリストを見てごらんよ。


(ame40218b.gif)

これは2月18日の「リンク元URL」のリストだよ。 緑の枠で囲んだ1番を見れば解るように「お気に入り」と「ブックマーク」のページからやってきたネット市民の皆様、つまり、アメブロ会員が延べ 1,187人やって来たということなんだよ。 そのほとんどの人が『めれちゃんの悦び』を読みたいと思っていたのに、オマエは、この記事を未公開にしてしまったんだよ! んもおおおォ~♪~!

あれっ。。。 オイラが未公開にしたとデンマンさんは言うのですかァ~?

惚(とぼ)けている場合じゃないよ! その証拠に次の画面を見てごらんよ!


(ame40218e2.gif)

『実際のページ』

『公開されているFC2のページ』

『公開されているDenman Blogのページ』

午前9時6分に僕は投稿したのだけれど、オマエはしばらくしてから こうして僕の記事を未公開にしてしまったのだよゥ。 でも、デンマン・シンジケートの他のサイトでは、すべて公開されている。


(hg40207c2.gif)

オマエだけが上の記事を未公開にしてしまった。 つまり、この事だけを考えても、オマエにはアメブロ会員の「どのような記事が読みたいのか?」。。。 その事を予測する能力がない!

アメブロ会員の読みたい記事を予測することができないと、管理人としての能力がないことになるのですか?

当然だろう! 多くのアメブロ会員が読みたいのに読めない! つまり、「言葉狩り」、「写真狩り」で、記事を未公開にして、オマエは これまでに多くのアメブロ会員に不満を与えてきたのだよ! だから、現在 毎日記事を投稿する活動会員が、なんと2011年の1月の 約20,000,000人から、 174,126人に激減してしまった! これがオマエには 管理人としての能力が無い証拠だよ!

デンマンさん! いい加減なことを言わないでください! 上の数字は信用できません!

あのさァ~。。。 何度も何度も僕に同じ事を言わせるなよゥ! 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力を払っているのだよゥ!

だったら、その根拠とやらを見せてくださいよ!

あのなァ~、すでに記事で書いたことだから、同じ事をここでは書かない。 時間の無駄だから、後でゆっくりと次の記事を読んで欲しい。


(hitler009.jpg)

『ファシスト管理人の悦び』

分かりました。 あとでゆっくりと読ませていただきます。 それはそうと、オイラにはアメブロの管理人よりも プロのサッカー選手になれる才能があるとデンマンさんはマジで思っているのですか?

もちろんだよ。 僕はマジだよ。

ホントに、ホントですかあああァ~?

オイ! 。。。 ちょっと冷静になれよ! そんなに僕に近づいて、目玉が飛び出るほど僕を見つめるなよゥ!

オイラは、もしかして、プロのサッカー選手になる才能が無いと、あまりにも早く諦めてしまったのでしょうか?

その通りだよ! オマエは人生を歩む道を間違えてしまったのだよ!

デンマンさん! このようなオイラの人生にかかわる重要問題について、いい加減なことを言わないでくださいってばあああァ~。。。!

あのさァ~。。。 どうして、オマエは僕に何度も何度も同じ事を言わせるのォ~? 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力を払っていると、さっき言ったばかりじゃないかァ!

じゃあ、オイラにはプロのサッカー選手になれる才能があるのですね!?

その通りだよ! オマエはアメブロの管理人でいるよりも プロのサッカー選手になる才能があるはずなんだよ! ただ、オマエは厳しい練習についてゆけずに、「才能が無いんだ」という言い訳をつくってぇ、サッカーを止めてしまったのだよ!

確かに、オイラは才能が無いと諦めて プロになることを止めてしまったのですよ。 それで、仕方なくアメブロのファシスト管理人になっているのです。 とほほほほほォ~。。。 でも。。。、でも。。。、オイラにはマジでプロのサッカー選手になれる可能性があるのでしょうか?

あるのだよ!

マジっすかあああァ~?

くどいよ! その証拠に次のエピソードを読んでごらんよ。


(nagato02.jpg)

名門・東福岡高校では、毎年100人近い新入生がサッカー部に入り、そのうち半分くらいが辞めていく。
そして全学年で150人ほどの部員が切磋琢磨(せっさたくま)することになる。
その人数には正直、圧倒された。

走力とスタミナには自信があったし、それをアピールしていくことは忘れなかった。
それでも、スキルの部分でいえば、僕よりずっと高いレベルに到達している部員は多かった。
先輩たちもそうだし、同級生のなかにもうまい選手はみつかった。

サッカー推薦で入学していた生徒は多く、そのなかには特待生の待遇を受けている部員もいた。
彼らの存在を考えたならば、僕などは「大勢の中の一人」に過ぎなかった。

体も小さかった僕は、そんな中でそのまま埋もれてしまってもおかしくなかった。
実際に1年生のときにはレギュラーチームなんて、はるかに遠い存在になっていた。
2年生になって新チームがつくられたときも、レギュラーといえる立場にはなかった。

 (中略)

毎朝5時半に起きて、朝食前にランニングなどの自主トレをやった。
その後、授業はもちろんしっかりと受けて、放課後に正規の全体練習をしたあとには夜の自主トレも休まなかった。
ボールを使ったトレーニングと筋トレのどちらもやっていて、夜の10時を過ぎるまで練習していた日も多かった。

 (中略)

たいした才能もない自分から「努力」をとったら何も残らない。
そう考えて必死で頑張った。
その結果が形になったのは、3年になる直前の2月のことだった。
レギュラー選手のひとりが体調を崩し、その代役として出場した試合で結果を残せたので、そこからようやく先発出場の機会が増えていったのだ。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーから)


97 – 100ページ 『上昇思考』
著者: 長友佑都
2012年7月15日 第3刷発行
発行所: 株式会社 角川書店

あれっ。。。 これはあの有名な長友選手の手記ではありませんか!

その通りだよ! つまり、長友選手の目から見ても、自分よりも才能のある部員はたくさん居て、「体も小さかった僕は、そんな中でそのまま埋もれてしまってもおかしくなかった」と、言ってるんだよ!

つまり、長友選手は厳しい練習に耐えて 自分の才能を磨いた、とデンマンさんは言うのですね?

上の手記を読めば、そうとしか考えられないじゃないかァ!

分かりました。 でも、タイトルの“脱皮する蛇”は、いったいどのような関係があるのですか?

オマエは忘れてしまったのォ~?

何をですかァ~?

やだなあああァ~。。。 僕はオマエが立派な管理人になるようにと思いつつ、応援しながらニーチェの次の言葉を僕の記事に引用したのだよ。 ちょっと読んでごらんよ。

脱皮して生きてゆく


(nietzsche9.jpg)

脱皮しない蛇は破滅する。
人間もまったく同じだ。
古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、
やがて内側から腐っていき、
成長することなどできないどころか、
死んでしまう。


(snake3.gif)

常に新しく生きてゆくために、
わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。
 
『曙光』 ニーチェ


043 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

『脱皮しない蛇』に掲載。
(2014年1月20日)

でも、突然、「脱皮して生きてゆく」と言われたってぇ、才能とは全く関係ないじゃありませんか!

それが関係あるのだよ! あのなァ~、長友選手も『超訳 ニーチェの言葉』を読んだのだよ。 『上昇思考』の114ページと115ページに次のように書いてある。

心が呼ばないものが自分に近づいてくるはずがない。
稲盛和夫さんの『生き方』という本にはそう書かれていた。

 (中略)

「心が呼ばないものが自分に近づいてくるはずがない」というのはつまり、何かのことを成そうとするなら、まず「こうありたい」「こうあるべきだ」と思わなければならないということ。
《誰よりも強く、身が焦げるほどの熱意をもって、そうありたいと願望することが何より大切》とも書かれている。

京セラ創業者の稲盛さんは、経営の神様である松下幸之助さんが「思わんとあきまへんな」と、ひと言呟いたことからこうした考え方を学んだそうだ。

 (中略)

世界一のサイドバックになる。
そんな目標を掲げたばかりの僕が、こうした言葉からどれだけの勇気を与えてもらったかは計り知れない。

 (中略)

また、ワールドカップで南アフリカに向かう飛行機の中では、長谷部誠さんが『超訳 ニーチェの言葉』という本をよんでいて、それを貸してもらった。

でも、上の文章には「脱皮する蛇」が出てこないじゃありませんかァ!

オマエのオツムにはイマジネーションもインスピレーションもないのだね。 あのさァ~、オマエは「立派なプロのサッカー選手になるんだ!」という身が焦げるほどの熱意をもって、そうありたいと願望する気持ちがなかった。 それに、現在でも、「立派な管理人になるんだ!」という身が焦げるほどの熱意もないし、そうありたいと願望する気持もない。

つまり、「脱皮する蛇」というのは、古い皮を脱ぎ捨てて新しい皮を身に纏(まと)うことですよね!?

確かに、そういうことなんだけれど、それをオマエの人生に応用したければならないのだよ!

どのように。。。?

あのさァ~。。。 オマエはプロのサッカー選手になるつもりで居たのだけれど、練習が厳しくて、結局 自分には才能がないという安易な言い訳をして現実から逃避してしまったのだよ! つまり、古い皮を脱ぎ捨てたまま、新しい皮を身に纏わなかったのだよ!

デンマンさんの言うことがオイラにはまだ理解できません!

分かった。 じゃあ、長谷部誠さんの本の中のエピソードを書き出すから読んでごらんよ。


(okaba02.jpg)

何度も書いたがこのミーティングの3日後、岡田監督が戦術変更という重大な決断を下す。
5月30日のイングランドとの親善試合、日本は1点を先行したが、後半に2点を失い、1対2の敗戦。
変化に対して、結果がともなわず、チームが自信を取り戻すきっかけにはならなかった。

本当にこのやり方でいいのか……。
これまで世界に通用すると思ってやってきたことは無駄だったのか……。
僕は何が正解かわからなくなってしまった。
すでに監督が決めたのだから、選手として受け入れなければいけないのに頭では理解できても、心が拒否反応を起こしていたのである。

しかし、ある本に書かれていた一文が、僕の迷いを吹き飛ばすことになる。
持参していた『超訳 ニーチェの言葉』という本だ。
ドイツの哲学者ニーチェの名言が収められている。
この本をめくっていると、
【脱皮して生きてゆく】
という項目が目に飛び込んできた。
その説明として、
脱皮しない蛇は破滅する。
人間もまったく同じだ。
古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、やがて内側から腐っていき、成長することなどできないどころか、死んでしまう。
常に新しき生きていくために、わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

僕はこの一文を読んでドキッとした。
戦術変更を受け入れられない自分は、まさに「脱皮しない蛇」なのではないか、と。


(hasebe2.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーから)


180 – 181ページ 『心を整える。』
著者: 長谷部誠
2012年2月10日 第34刷発行
発行所: 株式会社 幻冬舎

なるほどォ~。。。 つまり、「古い考え方にとらわれずに、新しい考え方を自分のものとして実行してゆく勇気を持て!」ということですねぇ~!?

そうだよ! その通りだよう! オマエにも、けっこう読解力があるじゃないかァ!

うへへへへへへ。。。 デンマンさんに褒められてしまうなんてぇ。。。 オイラ マジでうれしいっすゥ。

だから、アメブロ会員の苦情や不満をオマエは真摯(しんし)に受け止めて、考え方を改める必要があると、思わないのォ~?

要するに、アメブロ会員の苦情や不満をオイラが真摯(しんし)に受け止めて、考え方を改め、「言葉狩り」や「写真狩り」を止めるべきだ! とデンマンさんは言うのですか?

あのさァ~。。。現在 毎日 記事を投稿する活動会員が、2011年1月の 約20,000,000人から、 174,126人に激減してしまったのだよ! 僕が社長ならば、オマエが考え方を改めない限り 1年前にクビにしていたのだよ!

デンマンさんが社長でなくって良かったですよ! うへへへへへ。。。

笑っている場合じゃないのだよ! オマエの社長のオツムはネジが緩(ゆる)んでいるので、オマエはクビにされなかったけれど、普通の知性を持った社長なら、これほど活動会員が激減したら絶対にオマエをクビにするのだよ!

デンマンさんはオイラには 管理人としての能力が無いと言いたいのですね?

そうだよ! だから、「脱皮する蛇」を持ち出してきたのだよ! でも、オマエは僕が何を言おうと反省しないと思うよ。

だったら、こうして記事を書くだけ無駄ですよ。 それなのに、どうしてオイラを呼び出してまで、しつこく記事を書くのですか?

だから、何度も言ったとおり、ネット市民の皆様の言論の自由・表現の自由を守るためだよ。。。 それに、オマエのような管理人が出てくるのも困るので、こうして何度もファシスト管理人の記事を書いているのだよ。 ネット市民の皆様がオマエを反面教師として、「オマエのようになりたくない!」と肝に銘じていると思うのだよ。

デンマンさん。。。 もしかして。。。、もしかして。。。オイラは平均的な日本人と比べると 異常に独断と偏見を持ちすぎるのでしょうか?

あのなァ~。。。、このような事はあまり言いたくないけれど、暇があったら、ぜひ精神科のお医者さんに診てもらった方がいいと僕は思うよ。

オイラのオツムはそれほど深刻に病(や)んでいるとデンマンさんは思うのですか?

でもなァ~。。。それほど深刻に思いつめることもないよ。

だけど、デンマンさんの話を聞いていたら、もしかするとオイラのオツムは、どこかヤバイ事になっているのかもしれない、とちょっとだけ思えてきたのですよ。

確かに、オマエだけが「デンマン・シンジケート」の僕の記事を未公開にするのは、ちょっとオマエのオツムは可笑しいのではないか?。。。と僕はマジで思ったよう。 でもなァ~、オマエは次の記事を未公開にしなかった。


(ame20404.gif)

『下つき検索』(2012年4月4日)

実は、投稿する時にオマエが上の記事を絶対に未公開にするだろうと僕は思ったのだよ。 ところが、オマエは上の記事を未公開にしなかった。 とにかく、オマエがこの記事を未公開にしなかったと知った時、オマエが少しは反省し始めたのかな? 僕はそう思ったのだよ。

オイラが未公開にすると、デンマンさんはマジで思ったのですか?

そうだよ。 でもなァ~、オマエは上の記事を未公開にしなかった。 だから、オマエにもまだ良識が残っているのを知って僕はスキップしたい程うれしくなったのだよ!

デンマンさん!。。。マジでそう思ったのですか?

そうだよ! だからオマエも良識を失わずに今の仕事に励めよ。


(smilejp.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

副社長になれるかも。。。!

今の愚かな社長をクビにして

オイラが社長になってしまおうかな?!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(foolw.gif)

馬鹿ですよねぇ~。 ちょっとおだてると、すぐに調子に乗って喜んでしまうのですよ! 愚か者がスキップしながら帰ってしまいましたよ。 まだ反省が足りないようです。 もうしばらくの間、アメブロでは言葉狩り・写真狩りが続くようですよ。 だから、あなたも、もし Ameblo で言葉狩り・写真狩りされたら他のサイトへ移る事も考えてくださいね。

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
また「言葉狩り」と「写真狩り」ですわよ。
もう、あたくしはウンザリしているのでござ~♪~ますわ。

でも、もし、あなたがアメブロのファシスト管理人について、もっと知りたかったら次の記事を読んでくださいまし。

『Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現とファシスト管理人』

『致命的な間違いとファシスト管理人』

『会員無視とファシスト管理人』

『胸@ファシスト管理人』

『エロい画像とファシスト管理人』

『オナラ芸人とファシスト管理人』

『オナラdeファシスト管理人』

『アメブロのオナラ管理人』

『おっぱいとファシスト管理人』

『ファシスト管理人もビックリ』

『デンマンとファシスト管理人』

『ファシスト管理人と性愛の未来』

『ファシスト管理人とパンツの話』

『悪名高きファシスト管理人』

『ヤラセとファシスト管理人』

『ガラパゴス現象とファシスト管理人』

『ファシスト管理人@ガラパゴス』

『フェイスブックとファシスト管理人』

『おめでたいファシスト管理人』

『オツムがダメなファシスト管理人』

『白鳥とファシスト管理人』

『立ち上がるめれちゃん』

『めれちゃんとファシスト管理人』

『ファシスト管理人の悲痛な叫び』

『またファシスト管理人?』

『即興の詩とファシスト管理人』

『熟女美人がどうしてダメなの?』

『ネット社会は家庭から』

『ネット社会とファシスト管理人』

『悪名高きファシスト管理人』

『レダにキレるファシスト管理人』

『脱皮しない蛇』

『性愛と写真狩り』

『ファシスト管理人の悦び』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(ebay5.jpg)


(surfing9.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(2ndbeach.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

会員数が多くても実際に活動している会員は

少ないところもあります。

言葉狩りや写真狩りをしているサイトは

当然嫌われます。

どうして会員数を誇示しようとするのでしょうか?

会員数が多ければ広告主に対して

広告の効果をアピールすることが出来るからです。

でも、デンマンさんが説明したように

冬眠中の会員が多いところは

すぐに判ってしまうのですよね。

アメブロも、会員数にだいぶこだわっているようです。

2000万人どころか、1000万にも居ないということを

次の記事の中で分かり易く

デンマンさんが説明しています。

面白いですからぜひ読んでみてくださいね。

『ファシスト管理人』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。


(vanc700.jpg)
 

(byebye.gif)

コメント / トラックバック3件 to “脱皮する蛇とサッカー”

  1. ニーチェの悪い友達 | Denman Blog Says:

    […] ■『脱皮する蛇とサッカー』 […]

  2. ネット市民の知る権利 | Denman Blog Says:

    […] ■『脱皮する蛇とサッカー』 […]

  3. 知る権利とファシスト管理人 | Denman Blog Says:

    […] ■『脱皮する蛇とサッカー』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。