オシムと愚かな管理人


   
 
2012年1月9日 (月曜日)
 
 
オシムと愚かな管理人
 
 

 

サッカーでは、全員で問題を解決しなければならない。
しかし、誰のサポートも受けられない状況下で、一人で責任を背負って解決しなければならない場合もある。
そこでミスするかしないかは重要ではない。
日本の教育の問題は、長年にわたって罰を与えてきたシステムにあると私は考えている。
どんな小さなミスでも罰せられると考え始めた瞬間に、人は罰せられないように何もトライしなくなる。
しかし、サッカーはトライとミスなしで進歩することはできないのだ。

(中略)

日本人選手に責任感がないとは言えない。
しかし、問題はその責任感に自分で限界を作ってしまうことだ、というのが私の印象である。
つまり、誰も限界以上のことをやろうとはしないのだ。
これこれが自分のノルマだと考え、そのノルマを満たしただけで、他のことは他の誰かが引き受ければいいと考えている。
例えば、あるフォワードが自分の守備範囲はセンターラインまでだから、そこまでボールを追えばいいと思ってしまうように、だ。
だか、サッカーにおいては、それでは駄目なのだ。
他の誰かが責任を背負っているとしても、それでゴールを奪われてしまったら、チームは負けだからだ。

私は以前はジェフ、今は日本代表に携わっているが、常々感じているのは、どちらも試合中に選手同士がコンタクトを取り合うことが非常に少ないということだ。
プレーが中断しているときにも話し合うことががないし、プレー中にお互いが声を掛けることもしない。
「やめろ! そこは危険だ!」
「いや、その(相手)選手は放っておけ!」
日本において、こうやって怒号を上げているのはゴールキーパー1人だけである。
なぜなら、いざという時、彼が最も危険にさらされる立場だからだ。
ゴールキーパーほど危険にさらされていない他の選手たちは、何かを感じているはずなのに黙り込んでいるが、それは私のチームでは絶対に許されないことだ。
お互いのコンタクトは一見小さなことのように見えるが、実は多くの場面で選手を大いに助けることになるのだ。

 (中略)

ある選手が味方選手に「気をつけろ、背後だ!」と叫ばなかったとする。
その選手は自分の背後に迫る相手選手に気づかずに、それで終わりだ。
敵のゴールになってしまう。

日本人がなぜそうなのかは分からないが、今の私に一つ言えるとすると、単純に、監督へ意見すると言うことは選手の誰一人もすることなく育ってしまったことが、原因として挙げられるかもしれない。
あるいは、「人に何かを言うことを、日本人の誰もが好まない」ということが、コミュニケーション不足の原因ではなかろうか。
要するに誰かが表だって人に命令することを、日本人の誰もが好まないのだ。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。)



44-48ページ 『日本人よ!』
著者: イビチャ・オシム
2007年6月30日
発行所: 株式会社 新潮社

日本サッカー・オシムの考え

デンマンさん。。。、今日はオシム・ジャパンを賛美するためにオイラをお呼びですか?

確かにオシム監督が日本代表チームを率いて素晴らしい試合を見せてくれた。

そうですよ。。。そのオシム監督とオイラを並べてタイトルにしてくれて、オイラはとても嬉しいのですよ。


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラとオシム監督を

並べて認めてくれました!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

オイ!。。。いい加減にしろよ! 喜んでいる場合じゃないだろう!? もうちっと注意してタイトルを見てみろよ! 「愚かな管理人」と書いてあるだろう?

あれっ。。。デンマンさんは、またオイラを馬鹿にしようとするのですか?

何度も言うように僕はオマエを馬鹿にするつもりじゃないのだよ!

つまり。。。、つまり、「愚かな管理人」はオイラじゃなくて他のブログ提供サイトの管理人のことですか?

いや。。。間違いなくオマエのことなんだよ!

やっぱり!。。。、やっぱり!オイラを馬鹿にしようとしているではありませんか! んもおォ~♪~

あのさァ~、そんなにムキになって怒るなよ! 僕は事実を事実として冷静になって述べているに過ぎない。 オマエを個人的に恨んでいるとか、オマエの気分をムカつかせるなんて気持ちは、これっぽっちも無いのだよ!

でも、最近、デンマンさんはオイラの事で記事を書きすぎてますよ!

あのなァ~、僕はオマエのためにオシム監督が書いた本の中から上の箇所を引用したのだよ。

オイラのために、わざわざ引用したのですか?

その通りだよ! 判るだろう? 僕がオマエを馬鹿にしているとしたら、これほど手間、暇をかけてオシム監督の本から文章を引用したりしないよ!

つまり、オイラもオシム監督と同じように統率力のある管理人だとデンマンさんは認めているのですね?

馬鹿を言うなよ! オマエは上の箇所をじっくりと読んだの?

いえ。。。オイラは文章を読むのが苦手なんすよォ~。 その代わり YouTube のビデオクリップを楽しく見させてもらいました。

つまり、僕が引用した文章をじっくりと読まなかったのだろう?

うへへへへへへ。。。そう言う事になりますね。

だから、オマエは誤解して喜んでスキップしてしまったんだよ! 上の文章をじっくりと読めばオマエは少しは反省する気持ちになれたんだよ。

どうしてオイラが反省しなければならないんっすか?

ちょっと次のリストを見てごらんよ!

上のリストは12月7日から1月5日までの1ヶ月間に読まれた人気記事をリストアップしたものだよ。

その内の4つの記事をオイラが未公開にしたために、こうしてデンマンさんはムカついてオシム監督まで持ち出してオイラを非難しようとするのですか?

つまり、オマエにも非難に値する事をしたという自覚があるの?

いや。。。自覚というよりも、デンマンさんがまたムカつくだろうとは思いましたよ。 うししししし。。。

あのさァ~。。。もう一度じっくりと上のリストを見てごらんよ!

どこを見るのですか?

次の記事は12月23日に書いたものなのだよ。


 
『島国根性の管理人』

(2011年12月23日)

オマエは、この記事を未公開にしてしまった。

もちろんですよ! 駄目なものはダメです!

あのなァ~、上の記事はオマエが管理人になっているアメブロ(http://ameblo.jp/)だけが未公開にしている。 次の検索結果を見れば判るように、他のサイトでは堂々と公開されているのだよ!

『あなたが読んでいる現時点での検索結果』
( ↑ ここをクリック!)

このように1万件以上の記事『島国根性の管理人』が公開されているのだよ。

つまり、オイラの判断基準が間違っているとデンマンさんは断定するのですか?

もちろんだよ! オマエはファシスト管理人だから何でも自分で決めて、それで自分一人だけで満足している。 上の文章の次の箇所をもう一度読んでごらんよ!


日本人がなぜそうなのかは分からないが、

今の私に一つ言えるとすると、単純に、

監督へ意見すると言うことは選手の誰一人も

することなく育ってしまったことが、

原因として挙げられるかもしれない。

あるいは、「人に何かを言うことを、

日本人の誰もが好まない」ということが、

コミュニケーション不足の原因ではなかろうか。

要するに誰かが表だって人に命令することを、

日本人の誰もが好まないのだ。

つまり、オマエのスタッフには、愚かな管理人のオマエへ意見する奴が誰もいないのだよ。 オシム監督は「人に何かを言うことを、日本人の誰もが好まない」と言っている。 要するに、アメブロのスタッフは、クビにされるのが怖くて、愚かな管理人のオマエに何も言えない。 それで、アメブロでは相変わらず無用な「言葉狩り」、「写真狩り」を続けている。

『あなたが読んでいる現時点での検索結果』
( ↑ ここをクリック!)

1月9日までに、 1,630,000件も 無駄な「言葉狩り」、「写真狩り」をしたのだよ!

その数字の全部が「言葉狩り」、「写真狩り」ではありませんよ!

オマエがそのように言うのならば、次の検索結果を見て欲しい。

判るだろう?。。。「amebaの健全なサイト運営にふさわしくない表現」を入れて同じように12月12日に検索したら 1、560,000件も引っかかったのだよ。 1,630,000件 – 1、560,000件 = 70,000件 つまり、12月12日から 1月9日までの 29日間に オマエの指導の下に 70,000件の「言葉狩り」、「写真狩り」を行ったということだよ。 約30日として、1日平均 2,333件 の「言葉狩り」、「写真狩り」なのだよ。 1日の労働時間が8時間として、 1時間当たり 290件。 オマエの「言葉狩り」、「写真狩り」チームがサッカーと同じ11人だとすれば、 一人が1時間当たり 26件の「言葉狩り」、「写真狩り」をしたことになる。

デンマンさん! 「皆、よくやった!」と褒めてくださいよ! うへへへへへ。。。

馬鹿だねぇオマエは・・・! 他のサイトではどの記事も公開されているのだよ! つまり、オマエのサイトだけが僕の記事を未公開にしている。 要するに無駄なことをしている。 ところが、オマエのチームの誰もが無駄なことをしていると知っているのに、アメブロでは、オマエにクビにされることを恐れて、誰もが黙ったまま無駄な「言葉狩り」、「写真狩り」を続けている。

オイラの部下はマジでデンマンさんの記事を読んでいるのですか?

読んでいるのだよ!

もう一度統計を見てみろよ!

オマエのサイトのアクセス解析によれば、未公開にされる以前に『島国根性の管理人』がダントツで読まれた。 しかもネットには次の2つの記事が述べ 5、000件以上も掲載されている。

『ファシスト管理人』

(2011年12月13日)

『続・ファシスト管理人』

(2011年12月17日)


 
マジっすかァ~。。。?

ウソだと思うなら次の検索結果を見てみろよ!

つまり、もしかすると社長もデンマンさんの『ファシスト管理人』を読んだと言うのですか?

その通りだよ。

。。。とすると、オイラは無駄な「言葉狩り」、「写真狩り」をしたということでクビにされるかもしませんね?

たぶんねぇ~。。。(微笑)

デンマンさん!。。。デンマンさん!。。。オイラが。。。オイラが、あのォ~。。。クビにされないためには、どうしたらよいのでしょうか?

まず、社長がこの事実を知る前にオマエがGOOGLEのような民主的な写真狩りに変えると提言すべきだよ!

そうすれば、オイラはクビにされないのですか?

僕が社長ならば、オマエの誠実さに免じてクビにしないよ。 しかも、僕がオマエを厳しく批判して書いた記事『ファシスト管理人』をオマエは、まだ削除していない。 僕はオマエの良識を認めるよ!


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの良識を

認めてくれました!

オイラは、もしかすると

クビにされないかもしれない!

マジで褒められたような気分。。。

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

馬鹿ですよねぇ~。 おだてるとすぐに調子に乗って喜んでしまうのですよ! 愚か者がスキップしながら帰ってしまいましたよ。 全く反省してません。 まだしばらくの間、写真狩りが続くようですよ。 だから、あなたも、もし Ameblo で写真狩りされたら他のサイトへ移る事も考えてくださいね。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
いつまでも写真狩りになんて付き合っていられないのでござ~♪~ますわ。
元旦にいただいたお餅が残っていました。
美味しいお雑煮にして、いただこうと思うのでござ~♪~ますう。

あなたも元旦気分にもう一度浸りながら、お雑煮をいただいたらいかがですか?

そしてジューンさんのように、あたくしも雪見をしながら温泉につかりたいと思います。

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんのパソコンが約1年ぶりに立ち上がったそうです。

でも、マウスは動かないままですって。

マウスなしで、どうやってパソコンを使うのかしら?

わたしが尋ねたらキーボードのテンキーをマウスとして使うのですって。

このテンキーをどうやってマウスとして使うのかしら?

あなたも知りたいでしょう?

次の記事を読んでみてくださいね。

『キーボードをマウスとして使う』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。