キモい検閲


 
2011年9月1日 (木曜日)
 
 
キモい検閲
 
 

デンマンさん。。。またアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんに写真狩りされたのですか?

よく判りましたねぇ~。。。

だってぇ、最近、デンマンさんはムキになってアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の言葉狩りと写真狩りについて書いているではありませんか!

いや。。。僕は別にムキになって書いているわけではありませんよ。

でも、そのように見えますわ。

あのねぇ~、言論の自由と表現の自由は極めて大切なのですよ。 軍国主義だとか、ファシズムだとか、旧ソ連のような共産主義が近づいてくると、必ず言葉狩りや写真狩りが行われるようになるのですよ。

要するに、太平洋戦争時代のような言論統制が始まるとデンマンさんは考えているのですか?

いや。。。日本政府がすぐに始めるとは思わないけれど、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人のような人間が多くなると、日本はますます住みにくく、暮らしにくくなってゆくのですよ。

どうして。。。?

あのねぇ~、本来ならば、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人は先頭に立って言論の自由や表現の自由を守らなければならない立場にある。

そうなのですか?

だってぇ、そうでしょう! ブログ・ホストとしてアメブロ(http://ameblo.jp/)の管理人は言論の自由、表現の自由、報道の自由に関わっているのですよ。 そのような人間が愚かにも先頭に立って言葉狩りや写真狩りをしているのですよ。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。。。僕はこれまでにアメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな言葉狩り・写真狩りについてたくさんの記事を書いたのですよ。 その記事を読んでみればアメブロ(http://ameblo.jp/)の管理人がいかに愚かな人物か!ということが十分に理解できるはずです。


『愚かな言葉狩り(6月7日)』

『アホの言葉狩り(6月10日)』

『また言葉狩り(6月22日)』

『あっ、また言葉狩り(7月12日)』

『またまた言葉狩り(7月21日)』

『言葉狩りと欺瞞(7月24日)』

『蛸と表現の自由(7月29日)』

『言葉狩りと表現の自由(8月3日)』

『写真狩りでワロタ(8月8日)』

『ムカつく写真狩り(8月10日)』

『愚かな写真狩り(8月13日)』

『笑える写真狩り(8月15日)』

『死の写真狩り(8月17日)』

『キモい写真狩り(8月21日)』

『無駄な写真狩り(8月23日)』

『ヌードと写真狩り(8月29日)』

デンマンさん。。。明らかにアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんをつるし上げるように、マジでムキになって書いているではありませんか!

やだなあああァ~。。。僕はムキになってないと言っているでしょう! 大切な言論の自由と表現の自由を守るために僕は真面目に“草の根運動” (Grassroots Net Politics)を展開しているだけですよ。

あらっ。。。デンマンさんは“草の根運動”をしているのですか?

あれっ。。。小百合さんは知らなかったのですか? 次の検索結果を見てくださいよ。

またデンマンさんのお得意の検索結果ですか?

そうですよ。。。根拠のないことは僕は言いたくないですからね。

つまり、言論の自由と表現の自由を守るためにデンマンさんは“草の根運動” (Grassroots Net Politics)を続けるのですか?

その通りですよ。

。。。で、その効果でも表れたのですか?

もちろんですよ。 僕は根拠の無い事は言いたくありませんからね。

その根拠とは。。。?

ちょっと次の検索結果を見てください。

またGOOGLEの検索結果ですか?

小百合さん。。。そのようにうんざりした表情を浮かべないでくださいよ。 小百合さんが根拠を示して欲しいと言うから僕はGOOGLEの検索結果を貼り出したのですよ。

上の検索結果がどうだと言うのですか?

アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人がやっている言葉狩りについて僕が書いた記事が7月11日現在で 1、700件見つけることができたのですよ。

マジで 1、700件も書いたのですか?

全部ではないにしても半分は僕が書いた記事ですよ。 でも、上の結果だけでは正確な記事の数が判らない。 はっきりとした数字を知るために 8月31日に同じようにして検索してみました。 その結果を見てください。

あらっ。。。3、160件に増えていますわね!

そうですよ。 つまり、7月11日から8月31日までに僕の書いた記事が 3,160 - 1,700 = 460件 増えていることが、これではっきりするのですよ。

要するに、デンマンさんはムキになってアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんをこきおろしているのですわね!?

やだあなあああァ~。。。僕はそのような悪意のある事をしているのではありませんよ。

でも、そのように見えますわ。

あのねぇ、僕の座右の銘を小百合さんは知っているでしょう!?
 
 
批判の無いところに進歩なし。
 
 
愛なき批判は空虚にして
 
 
批判なき愛は盲目なり。

 
 

もう、目にタコができるくらい読まされていますわ。

だったら、僕が悪意でアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人をこき下ろしているのではないと、小百合さんにも理解できるでしょう?

でも、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんは、馬鹿にされているように感じているかもしれませんわ。

あのねぇ~、僕はアメブロ(http://ameblo.jp/)の管理人を馬鹿にしているのではありません! 愚かだ!と言っているのですよ。

同じようなものですわ。

いや。。。決して同じではありません。

その根拠でもあるのですか?

ありますよ。 ちょっと次の画像を見てください。

『ヌードと写真狩り (Denman Blog)』

(2011年8月29日)

ちゃんと表示されているではありませんか!

言葉狩りでは問題なかったのです。 なぜなら自動的にプログラムで禁止語はチェックできる。 だから、こうして表示されたのですよ。 でもねぇ、そのあとでアメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人が自分の目で記事を眺めて写真狩りをした。 それで愚かな管理人の下らない基準で僕の記事が写真狩りされて記事が未公開にされてしまったのですよ。

『ヌードと写真狩り (アメーバ・ブログ)』

(2011年8月29日)

あらっ。。。マジで未公開にされてますわね。

そうでしょう! しかも驚いたことに小百合さんと対話して書いた真面目な記事までが写真狩りに遭って未公開にされてしまった。

『栃木便り (アメーバ・ブログ)』

『栃木便り (Denman Blog)』

(2011年8月28日)

あらっ。。。Denman Blogでは表示されているのに、アメーバ・ブログではマジで未公開にされてますわね。 どうしてですか?

次の記事の中の写真が駄目だったのですよ。
 

Subj:小百合さんも

素晴らしい夏休みを

過ごせるよう祈ってます。

Date: Wed, Aug 3, 2011 10:24 am.
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間: 8月4日 午前2時24分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com

2011年8月1日 月曜日 午後1時頃
イングリッシュ・ベイ(English Bay)の遊歩道のベンチに座ってますよ。
左手にバラードブリッジ(Burrard Bridge)が見え、その下をずっと左手の方にフォールス・クリーク(False Creek)が伸びてます。

対岸にはプラネタリウムの屋根が見えカナダの国旗が風速3メートルぐらいの風になびいてます。
いつもよりも風が強い。

False Creek

Burrard Bridge

雲一つ無い抜けるように青い空が太平洋を越えて日本の方へどこまでも、どこまでも広がってゆくようです。
対岸の空にはパラグライダーが浮かんでいるけれど、上空では風が強すぎるのか?
そのグライダーに乗っている人は見えません。

どうやら地面に固定されて風が収まるのを待ているようです。
パラシュートだけが凧のように浮かんで揺れてます。

気温は天気予報によると24度まで上がるとか。。。
いつになく風が強いので体感温度は18度ぐらい。
でも日差しはかなりきつい。
T-シャツと短パンで、かなり肌が露出しているので、すでに日に晒されて肌が焼ける匂いが仄(ほの)かにしています。

今朝は8時半にマンションを出て、イングリッシュ・ベイの遊歩道をセカンドビーチ(Second Beach)まで歩いて、その側の芝生の上で『ヌナブト』(著者: 磯貝日月)を読み始めました。
昨日(7月31日)の日曜日はGay Pride Paradeでウェストエンド(West End)はかなりの賑わいでした。

パレードが行われた通りには紙くずがかなり散らばっており、市の清掃車が3台ぐらい出てきれいにしていました。

今日、8月1日は BC Day で休日です。 つまり、3連休です。
普通ならば土曜日、日曜日でも図書館のパソコンが使えるのだけれど、3連休ということで7月31日と8月1日は図書館は閉館。
そう言う訳でパソコンもネットも使えない。
それで自由時間がたくさんできたので今日はイングリッシュ・ベイでのんびりと本でも読もうと思い立ったわけ。

Lawn Bowling Green

セカンドビーチの近くのトイレを使ってからローンボーリング(Lawn Bawling)場の脇の芝生に場所を移して直径1メートルぐらいの切り株の上に腰を下ろして『ヌナブト』の続きを読む。

ランチのつもりで持ってきたバナナを2本食べてしばらくしたら、またトイレに行きたくなり、その後で、また場所を移して今居るベンチにやってきた次第。
本を読むのも退屈したので、こうして小百合さんにメールを書き始めたというわけです。(微笑)

今夜には、今年の夏、2回目の花火大会があるらしい。
花火打ち上げ用のバージ(浮き船)が2艘つながって100メートルほど沖合いに浮かんでます。

Gay Pride Paradeは毎年行われているけれど、たいてい見ません。
でも、昨日はパソコンが使えなかったので5年ぶりに、すぐ側のデンマン・ストリート(Denman Street)へ見に行きました。
祭りの少ないバンクーバーでは、現在名物になりつつありますよ。
5年前に比べるとパレードの長さも2倍になり見物人も2倍ぐらいに増えました。
山車(フロート)は、それほど奇抜なモノはなくて、トラックなどに飾りを施した簡単なものです。
でも、日本と違うのは、ロックやポップミュージックをボリュームを上げて流し、パレードをする人も見物人も音楽に合わせて盛り上がり、中には踊りまくる見物人も結構居ます。

変わったところでは、今年は全裸になった60歳ぐらいの爺さんが居ましたよ。 きゃははははは。。。
なぜかナップサックを背負っていた。
なぜ?
でも、60歳のジジイの全裸を見てもウザイだけですよ。(苦笑)

20歳の美女の全裸ならば盛り上がると思うのだけれど、残念ながら女性のヌードは一人も現れなかった。
ただし、トップレスになってみごとなオッパイを披露しながら踊りまくっていた女性が3人居ましたよ。
どの女性も実にみごとでした。 きゃはははは。。。

小百合さんは軽井沢ですか?
それとも伊豆の別荘ですか?
あるいは栃木の田舎の山小屋とか。。。?

森や林の中でミンミンゼミがジージー、ミンミン鳴いていますか?

脂汗をタラタラたらし、セミの鳴き声を聞きながら茹(う)だるような暑さの中で「冷し中華」を食べた子供の頃の日本の夏がマジで懐かしいですよ。
20年以上カナダに居るのにセミの鳴くのを聞いたことが無い。
イマイチ夏らしくない!

暇ができたら、行田の大長寺にでも足を運んでみてね。
ゼリーフライでも食べてから
林で鳴くミンミンゼミの声を僕の分まで聞いてきてください。
小百合さんも素晴らしい夏休みを過ごせるよう祈ってます。
じゃあね。

では。。。

\(^-^)/


『バンクーバー便り』より
(2011年8月4日)

でも、上の記事の中に表示されている写真は実際にバンクーバーで行われたGay Pride Paradeのイベントで撮ったものなのでしょう?

その通りですよ。

バンクーバーの警察官はパレードに参加した上の人たちを「猥褻物陳列罪」で逮捕したのですか?

いや。。。僕の知る限り逮捕された人は一人も居ませんでしたよ。 全裸になったお爺さんが居たけれど、その人も逮捕されませんでしたよ。

それなのにアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんは、上のパレードの写真がダメだと決め付けて『栃木便り』を未公開にしてしまったのですか?

そうですよ。。。明らかに愚劣な写真狩りなのですよ。 しかも、更に愚かなのは、同じ写真が次の記事では表示されている。 当然、記事も公開されている。

『バンクーバー便り(2011年8月4日)』

あらっ。。。本当に問題の写真が表示されたまま記事がアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)で公開されてますわね!

そうでしょう!。。。要するに、そのときの気分しだいで写真狩りしたり、公開したりしているのですよ。 判断基準が定まっていないのですよ。 アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人とその愚かなスタッフは勝手な基準を自分で設けて、その時の気分しだいで写真狩りをしているのですよ。 判るでしょう? これが呆れた愚かな写真狩りでなくて、他に何と言えますか!?

そうですわね。 常識はずれだとしか言えませんわね。

そうでしょう! だから、僕はこうして“草の根運動” (Grassroots Net Politics)を続けながら、愚かな管理人が増えないように努力しているのですよ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
ばかばかしいわ!
確かに同じ写真がある記事では写真狩りに遭い、別の記事では公開されているのは、どのように考えても可笑しいのでござ~♪~ますわ。
明らかに、勝手気ままな基準を設けて、その時の気分によって写真狩りをしているのですわよ。
さもなければ、検閲担当者が怠けていて見過ごしているのですわよ。
あなただって、そう思うでしょう?

それにしても暑いですわよねぇ~!?
この暑さは、なんとかならないものでしょうか!?
京都は盆地なので夏は茹(う)だるような暑さなのでござ~♪~ますわ。

あまり暑いので、なんだか冷し中華が無性に食べたくなってきたのでざ~♪~ますう。
デンマンさんのお話を聞いていたら、あたくしまでムカついてきたので、オツムを冷やすためと暑さをしのぐために「冷し中華」をいただきに行こうと思います。

「冷し中華」をイメージしたら、マジで汗が噴き出してきましたわ。
もう、やってられません。
十二単を脱ぎ捨てて、すぐ近くの中華料理店へ走ってゆこうと思います。
うふふふふふ。。。

とにかく次回も面白くなりそうですわ。
だから、あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

こんにちは。ジューンです。

暑い夏には「冷し中華」もよいですけれど、

バンクーバーは日本ほどには暑くならないのですわ。

だから、わたしは夏でも、やっぱり

フランス料理やイタリア料理がいいのです。

デンマンさんが久しぶりにご馳走してくれると言うので

イングリッシュベイを散歩しながら

シルビアホテルの近くの

イタリア・フランス料理専門レストランへ行きました。

デンマンさんが、何が食べたいの?ときくので、

ちょっとおねだりして仔牛と

フォアグラのローストをリクエストしました。

う~♪~ん。 期待していた通りですう。

仔牛は、フランス語で「ヴォー」veau、

英語では「ヴィール」vealですよね。

まだ脂肪が少なくて赤い色も薄い感じです。

特徴は香りやクセがなく、

とても柔らかいのですわ。

その分、バターなどコクのある食材と

あわせる場面が多いようです。

今回は春キャベツで包んだ乳飲仔牛と

フォアグラのローストです。

マルサラ酒とリコッタチーズのソースが

とっても合っていました。

2色のアスパラガスが添えてあって、

落ち着いた感じを与えています。

フレッシュでクセの無い乳飲仔牛に合わせるのは

贅沢にも濃厚なフォアグラですう。

やわらかな春キャベツと季節のアスパラは、

お肉とぴったりと相性が合っていましたよ。

ソースはしっかり目に全体をまとめていました。

普段、口にする機会がないヴィールと

フォアグラなので、とっても期待していました。

デンマンさんが特別に注文してくれた

カクテル「楊貴妃」が、まず出てきました。

わたしが首を長くして待っている間

デンマンさんは楊貴妃の大理石像を見るために

わざわざ中国の西安に行ったときの事を、

いろいろと話してくれました。

料理が出てくるのを待ちながら、

わたしは「楊貴妃」をチビリチビリお口に運びました。

いつものようにデンマンさんは、

かなり詳しい歴史のお話をしてくれましたが、

わたしは半分、上の空で聞いていました。

うふふふふ。。。

次に出てきたのはイタリア料理の

バヴェッティーネでした。

焼穴子、あさりと松茸に、たっぷりの

芽葱(ネギのスプラウト)があしらってありました。

食べた瞬間、京都の老舗(しにせ)で味わうような

上質の和食を連想させる優しい味わいでした。

そして、デザートにはクレームエペスでした。

クレームエペスと言うのは、

フランス・ノルマンディー地方の

生クリームの一種です。

乳酸発酵させた爽やかな

酸味と芳醇なコクが特徴です。

クリーミーなヨーグルトといった感じの味わいですわ。

エペス(epaisse)とはフランス語で

「厚い」「濃い」という意味の形容詞で、

その味わいを表現しています。

なぜか、どこか懐かしいキュートなテイストでしたわ。

フレッシュな巨峰との相性が抜群でした。

ところで、卑弥子さんが面白い記事をまとめました。

楽しいですから、ぜひ読んでみてくださいね。

■ 『笑って幸せな気分になれるサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。