死の写真狩り


 
2011年8月17日 (水曜日)
 
 
死の写真狩り
 
 

厳しい検閲時代

旧ソ連時代、出版界には悪名高い検閲システムがあった。 これはちょっと卑猥な表現がカットされるなどという生易しいものではなく、検閲に引っかかること自体、時に死を意味するほど危険なものであった。
当然、反革命、反ソ的な作品が真っ先に引っかかり、それは第一に作家としての死、第二に強制収容所に送られるなど、人間としての死さえ結びついた。

 (中略)

しかし、真実を訴えようとする人間の口は簡単にふさげるものではなく、検閲を通さない非公式な出版システムが生まれてくる。 この検閲を経ない地下出版物は、「サミズダード」と呼ばれ、これは「自己出版」を意味する新造語である。 … このサミズダードによって知られるようになった人たちに、ソルジェニーツィン、サハロフ博士、詩人のブロツキーなどがいる。

ちなみにソルジェニーツィンの作品を日本語に翻訳した故木村浩氏は、長い間、ソ連への入国ビザが下りなかったという。 それほど旧ソ連政府は、思想統制に気を使っていたといえる。

(平野恵美子)

(注: イラストはデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調)


44 – 45ページ
『ヨーロッパ・カルチャーガイド ロシア』
編集: ECG編集室
2000年6月20日 第2版第1刷発行
発行所: 株式会社 トラベルジャーナル

ケイトー。。。アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんによって、また写真狩りに遭(あ)ったの?

そうなんだよ! んもおお~~。 まったくムカつく!

。。。で、その写真狩りが旧ソ連の検閲と関係があるとケイトーは見ているの?

その通りですよ。

でも、ちょっとオーバーじゃないの?

あのねぇ~、言論統制とか検閲制度を採用している政府は、遅かれ早かれ消滅する運命にあるのですよ。 例えば、旧ソ連のように。。。、また、戦前の大日本国政府のように。。。自滅したり、大日本帝国政府のように愚かな検閲を実行する全体主義、軍国主義の政府は、遅かれ早かれ滅亡するか、崩壊するのですよ。 大日本帝国政府の笑える言論統制を読んでください。

お粗末な言論統制

日本帝国政府と表現の自由

昭和15(1940)年3月、(日本帝国)政府は映画会社やレコード会社に、芸名が「ふまじめ」「不敬」「外国人と間違えやすい」ものを改名するように命じました。 国粋主義で徹底しようというわけですね。

漫才師のミス・ワカナ、歌手のディック・ミネ、東宝映画の藤原釜足(かまたり)、日活の映画の尼(あま)リリスなどがだめで、ディック・ミネはたしか、「三根耕一(みねこういち)」と改名したと思います。 黒澤明監督の『七人の侍』などに出演した藤原釜足も、後に元に戻しましたが、戦争中は藤原鶏太(けいた)と改名したはずです。

また戦争なんかしていないのに、「敵性言葉」を使うな、というのでプラットフォームは「乗車廊(じょうしゃろう)」、ビラは「伝単(でんたん)」、ラグビーは「闘球(とうきゅう)」、パーマネントは「電髪(でんぱつ)」、ペニシリンは「碧素(へきそ)」、カビだから緑なんですね。 またアメリカンフットボールは「鎧球(がいきゅう)」、スキーは「雪艇(せきてい)」、野球のスタルヒン投手は須田博(すだひろし)と変えられました。

ストライクは「よし」、ボールは「だめ」、というのは有名な話ですが、実際そこまでやったかはさだかでないものの、少なくとも横文字は片っ端から禁止と槍玉にあげられた記憶があります。 とにかくすべては国粋主義でいかねばならなくなった。

また時局にあわない不真面目なことはいかん、という命令が出て、落語協会までが、あるまじきことながら「自粛」して、遊郭、妾(めかけ)、不義、好色など53の噺を演じないことにし、浅草本法寺に「はなし塚(づか)」をつくて葬ってしまいました。 いやはや、お粗末な話でした、というしかありません。

(注: イラストはデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調)


276 – 277ページ
『昭和史 (1926-1945)』
著者: 半藤一利
2009年6月11日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 平凡社

あらっ、 うふふふふふ。。。アメブロ(http://ameblo.jp/)の管理人さんも、これを読めば自分が愚かな事をやっているのが分かるでしょうね?

いや。。。分からないのですよ。 文字離れで日本語の文章の読解力がからっきしないのです。

マジで。。。?

あのねぇ~、これまでにも僕は上の小文を何度となく他の記事の中で引用している。 だから、アメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人と、その愚かなスタッフも上の小文を読んでいる。 ところが、どいつもこいつも教養がなくて芸術を理解してない。 しかも愚かな管理人が間違っていると、注意する人物がスタッフの中に居ない。 また、アメブロ(http://ameblo.jp/)の関係者も、よほど愚かな人物がたくさん居ると見えて、愚劣な管理人のやる事を止めさせようとしない。

アメブロ(http://ameblo.jp/)を運営している人物には、それほど愚かな人間がたくさん居るのかしら?

その証拠がありますよ。 見てください。

『あなたが読んでいる現時点での検索結果』
( ↑ ここをクリック!)

僕はこれまでにも何度となく検索結果を記事の中に引用している。 当然、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人も、この検索結果を見ている。 それなのに、未だに分からない。 とにかく、表現の自由を認めず、言葉狩り・写真狩りをしているようなサイトからはメンバーが離れてゆく。

ケイトーがアメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人さんに分かり易く説明してあげたら?

あのねぇ、アメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人は、僕が噛んで含めるように説明したとて理解できない。

なぜ?

理解できるような教養と日本語の読解力があったら、すでに言葉狩りも写真狩りも止めているのですよ。

要するに、未だに言葉狩りも写真狩りも続けているのは、アメブロ(http://ameblo.jp/)の管理人さんと関係者が愚かだという証拠だと、ケイトーは主張するの?

その通りですよ。 つまり、旧ソ連政府や大日本帝国政府の真似をしているのですよ。

まさか。。。?

いや。。。まさかじゃないですよ。 シルヴィーは禅の名言に次のような言葉があるのを知ってる?

頭上に宝冠なし

聞いたことがないわ。

『禅苑蒙求(ぜんえんもうぎゅう)』という本の中に出てくる言葉なのだけれど、人は自分の心のどこかに、宝冠をかぶっていたいという思い上がった欲望を持っている。 つまりねぇ、本来、アメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人こそ、言論の自由や表現の自由を大切にしなければならない。 そのような立場にある者が教養もないのに、芸術が理解できないにもかかわらず、自分が他の人よりも優れていると思い込んで言論統制や厳しい検閲をして自己満足している。 要するに、そのような思い上がった“宝冠”をかぶっているならば、すぐに頭上から取ろうではないか! そんなものに拘っているのは他人が迷惑するばかりではなく、本人のためにもならないということですよ。

要するに、やがては旧ソ連のように崩壊するか、大日本帝国政府のように消滅させられるということなの?

その通りですよ。

だったら、そのような愚かな管理人さんを相手にしなければいいじゃないの! ケイトーが記事を書いても理解できないようなら、アメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人さんを無視すればいいのよ! アメブロ以外のサイトで、ケイトーはたくさんの記事を投稿しているのでしょう!?

あのねぇ~、僕は言論の自由と表現の自由を守りたいのですよ。

アメブロ(http://ameblo.jp/)以外のほとんどのサイトでは、ちゃんと言論の自由と表現の自由を守っているじゃないの!

だけどねぇ、アメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人のようなダサい人間が増えては困るのですよ。 だから僕は批判している。 この愚かな管理人のように歴史を学んでない人物が増えると日本はますます暮らしにくくなる。

歴史を学ばない者は

過去の過ちを繰り返す

歴史を学ばない人間が増えてくると、また過去の過ちを日本人が繰り返すかもしれない。

マジで。。。?

太平洋戦争中の大日本帝国政府の役人は愚かな過ちを犯したのですよ。 戦前の日本人の3分の2が戦争は避けられると思っていたのにもかかわらず、あの悲惨な戦争に走ってしまったのはアメブロ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人のようなダサい人間が言論統制をしたからですよ。 日本人の多くが知るべき真実を知らされなかった。

不穏(ふおん)表現取締り

その年(昭和15年)の12月頃、雑誌「文藝春秋」が「日米戦争は避けられるか」というアンケートをしました。
掲載は翌年1月号で、回答は「避けられる」412人、「避けられない」262人、「不明」11人。
この時すでに約3分の1の日本国民は、もはや戦争は避けられないと思っていたのですが、逆に3分の2の人はまだ避けられると考えていたわけです。
ただ、雑誌がこんなことをやっていたのもこの頃までで、昭和16年に入りますと統制は厳しさを増します。
治安維持法、国家総動員法、言論出版集会等臨時取締法、軍機保護法、不穏(ふおん)文章臨時取締法、戦時刑事特別法など、マスコミはありとあらゆる法令によってがんじがらめとなり、息もつけないような状態になるのです。

(注: イラストはデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調)


319ページ
『昭和史 (1926-1945)』
著者: 半藤一利
2009年6月11日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 平凡社

分かるでしょう!? 本来ならば、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人のような人物こそ、言論の自由や表現の自由を守らなければならない。 それなのに、教養のない、芸術がどういうものか理解できないアメブロの管理人は太平洋戦争中の日本帝国政府の愚かな役人と同じような愚劣な事をやっている。

そうでしょうか?

そうなのですよ。 だから、そのような愚かな管理人が多くなると、日本はますます悪い方向に進んでゆく。

見れども見えず

昭和10年代の日本人は、世界そして日本の動きがシカと見えていなかったのじゃないか。 そう思わざるをえない。
つまり時代の渦中にいる人間というものは、まったく時代の実像を理解できないのではないか、という嘆きでもあるのです。 とくに一市民としては、疾風怒濤の時代にあっては、現実に適応して一所懸命に生きていくだけで、国家が戦争へ戦争へと坂道を転げ落ちているなんて、ほとんどの人は思ってもいなかった。

これは何もあの時代にかぎらないのかもしれません。 今だってそうなんじゃないか。
なるほど、新聞やテレビや雑誌など、豊富すぎる情報で、われわれは日本の現在をきちんと把握している、国家が今や猛烈な力とスピードによって変わろうとしていることをリアルタイムで実感している、とそう思っている。 
でも、それはそうと思い込んでいるだけで、実は何もわかっていない、何も見えていないのではないですか。
時代の裏側には、何かもっと恐ろしげな大きなものが動いている、が、今は「見れども見えず」で、あと数十年もしたら、それがはっきりする。

歴史とはそういう不気味さを秘めていると、私には考えられてならないんです。 ですから、歴史を学んで歴史を見る眼を磨け、というわけなんですな。 いや、これは駄弁に過ぎたようであります。

(注: イラストはデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調)


267 – 268ページ
『昭和史 (1926-1945)』
著者: 半藤一利
2009年6月11日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 平凡社

つまり、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人さんは「言論の自由」も「表現の自由」も、その大切さが分からないと、ケイトーは主張するの?

その通り。 歴史を学んでないから、「言論の自由」と「表現の自由」を守らなければならない立場にある者が、愚かにも「表現の自由」を自分で統制してる。 自分で自分の首を絞めてることが、愚かだから理解できない。

だったら、ケイトーが直接アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人さんに注意すればいいじゃないの?

あのねぇ~、言っても愚かな管理人には分からない!

でも、考えてみたら、何をするのもアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんの自由じゃない!?

その通り。 でもねぇ、僕が言いたい事は、自分が愚かな事をしていると気づいていれば、写真狩りなどしない。

でも、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんは、それほど愚かな事をしているのかしら?

あのねぇ~、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人がダメだと判断した写真は次の文章中に出てくる。

とんかつの聖地へ

あともどりがきかない味がある。 いったん思い出すと困り果てる。 たとえば、とんかつ、焼き鳥、鮨。
この三つばかりはいったんスイッチがはいってしまうと代替えがきかず、軌道修正がむずかしい。
きょうはとんかつのスイッチがはいった。 いや、予感はあった。

 (中略)

空腹のとき電車に乗っていると、おなじような現象に襲われることがある。
(とんかつ、食べたい……)
三つ四つさきの駅に、好みのとんかつ屋がある。 その味が舌のうえに飛来する。 ぐーっと耐えたのち、辛抱たまらん。

電車が止まった瞬間に腰が浮き、開きかけたドアのあいだをすり抜けて息も荒くホームに降りたつ。

ひとまず動悸をしずめると、つぎつぎやってくる味の記憶。 まず喉の奥のほうに香ばしい匂い、はげしい熱、ちくちく舌を刺す感触。 喉の奥、舌のつけ根、まんなか、舌の先。 歯ぐき、歯の裏側。 いじわるに滲み広がっていき、ひたひた、ひたひた伝染してゆく。 こんがり金いろの衣。 ピンク色の肉。 揚げたてのふくよかな香り……

身をよじりながら責め苦に悦ぶわたしは、巨大な蛸に吸いつかれた北斎漫画の主人公だろうか。

とはいえ、そんな歓喜の渦に巻きこんでくれる味にはおいそれと出合えない。 だからこそ、掃除機片手に喉をかきむしったり、電車からホームに飛び出してみたりする。

 (中略)

「燕楽(えんらく)」のとんかつはラードで揚げる。 それも、内臓のまわり、腸間膜から抽出されたふわふわまっしろの新鮮なラード。 それを鍋いっぱいに溶かしてつくった揚げ油なのだ。
豚肉は山形の三元豚(さんげんぶた)の霜降り。 パン粉は、ホテル仕様の食パンでつくる生パン粉。卵は宮城県栗駒高原の自然卵……

いや、「燕楽」のとんかつにこんなうんちくなどかえって失礼というものだ。 たとえおなじ素材を使っていたとしても、この店のこの揚げかたでなければ、あの味になるはずもない。

カウンターの外から、一部始終を眺める。 ふわりと生パン粉をまぶされた厚い肉が、てらてら光って揺れるラード油のなけへ滑りこむ。 ずん、と爆(は)ぜる重い音。 しかし、あわてず低めの低温のなかでそのまんま。

触らずいじらず、こちらが心配するほど放置する。 3分は経ったろうか、ようやくひっくり返されたその片面は、うっすら優しげなきつね色に染まっている。

(注: 写真はデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調)


57 – 60ページ 『焼き餃子と名画座』
著者: 平松洋子
2009年10月13日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 アスペクト

『蛸と表現の自由』(AMEBLO)に掲載
 (写真狩りで未公開

『蛸と表現の自由』(Denman Blog)に掲載 (公開)
(2011年7月29日)

上の引用の中に出てくる葛飾北斎の有名な絵「蛸と海女」をそのまま載せてはPTAのオバタリアンやオジタリアンから文句が出ると思ったから、僕はピンクのパンツを穿かせたのですよ。

そのピンクのパンツがいけなかったのじゃないかしら? うふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。シルヴィーは余計なことを言わないでくださいよ。 ピンクのパンツで恥毛を隠したのですよ。 つまり、検閲に引っかからないようにしたわけですよ。

それなのに“宝冠”をかぶったアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人さんはダメだと判断してケイトーの記事を未公開にしてしまったの?

その通りですよ。 その証拠を見せますよ。

『笑える写真狩り』(Ameblo)

(2011年8月15日)

あらっ。。。マジで未公開にされてるわね!

そうでしょう!? 投稿した時には言葉狩りに引っかからなくて一度は許可されて公開された。

その証拠でもあるの?

あるよ。 僕は証拠をゲットするためにソフトカメラで撮っておいた。 見てください。

『笑える写真狩り』(Denman Blog)

(2011年8月15日)

アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人は教養もなければ、芸術にも関心がない。 文化的な素養もなければ、世間の動きにもネット社会の動向にも関心がない。 しかも僕のようなアメーバ・ブログのメンバーの言葉にも聞く耳を持たない。 独善と妄信に凝り固まった愚かな人物と言う他にない。 更に愚かにも、この管理人の生きがいが言葉狩りと写真狩りなのですよ。

その証拠でもあるの?

ありますよ。 僕は根拠のないことは書きませんからね! その証拠を見てください。

これはねぇ、8月7日の記録ですよ。

つまり、614、000件の記事がアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の言葉狩りと写真狩りに引っかかって未公開にされてしまったのね!?

その通り! もちろん、614、000件の記事やページのすべてではない。 言葉狩りや写真狩りの説明をしているページも含まれている。 しかし、少なくとも600,000件以上の記事が言葉狩りと写真狩りの犠牲になって未公開にされているはずです。

ケイトーの記事もその犠牲になったというわけね?

その通りですよ。 しかも、次の8月13日の記録を見てください。

『あなたが読んでいる現時点での検索結果』
( ↑ ここをクリック!)

あらっ。。。625,000件に増えてるじゃない!

その通りですよ。 要するにアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人は8月7日から13日の6日間に、なんと 625,000 - 614,000 = 11,000件 の記事を自分の目で一つ一つ見て写真狩りをしながら記事を未公開にしているのですよ!

つまり、1日平均 1、833件の記事を未公開にしている。 1日実際に働いている時間が 7時間として 1時間平均 247件の記事を未公開にしているのね?

その通り! 10分当たり約40件の記事を未公開にしているのですよ。

。。。ということは 1分当たり4件だわ。 一人では無理だわよ。 1分当たり 4件の記事を未公開にするには、そのために40件以上の記事を見ていることになるわ。 一人では絶対に不可能だわ。

だから、愚かな管理人の指図(さしず)を受けて同じように愚かなスタッフが、黙々と一つ一つの記事を見ながら、愚かな身勝手な基準で写真狩りをしているのですよ。

マジで。。?

上の記録がアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の管理人の愚かさを証明しているのですよ。

でも、それはケイトー個人的な意見でしょう!?

そうですよ。 でもねぇ、そもそもアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人こそ、個人的な愚かな基準に従って写真狩りをやっているのですよ。

でも、その事がそれほど愚かなことかしら?

シルヴィーはアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人に味方するの?

だってぇ、ケイトーがあまりムキになって“愚かだ!愚かだ!”と言うから、なんだか可哀想になってきたわ。

あのねぇ~、この場合、可哀想だと思うよりも、呆れ果てて言葉を失うのが常識人の反応なのですよ。

私は常識人ではないとケイトーは言うの?

いや。。。シルヴィーは難民としてオランダへ逃げた経験があるから、弱い者の味方をするのは分かるけれど、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人は、決して弱い者ではない。 本人は自分が優れた人物だと自惚(うぬぼ)れて“宝冠”をかぶって写真狩りをしているのですよ。 加害者なのですよ! しかも、自分ではネット市民のためを思ってやっているつもりで居る。 ここまで愚かになると、もう手の施しようがないのですよ。

どうして。。。?

あのねぇ~、GOOGLEで画像検索してみるとアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人がやっている写真狩りが実に無駄な事だとよく分かる。

実はGOOGLEでも写真狩りをやっている。 でもねぇ~、GOOGLEが民主的なのは検索利用者に判断を任せている。 独善的に写真狩りをしているわけじゃない! つまり、検索利用者が見て嫌悪感を催すもの、ネット上に公開されて不快感を与えるような画像を報告できるようにしてある。

画像検索結果の下の方に赤枠で囲んであるところね!?

そうですよ。 検索利用者が表示された画像を見て、特定の画像が好ましくないと思ったら報告できるのですよ。 GOOGLEの担当者が報告者の数を調べて、例えば100人を越えたとすれば、その画像を表示されないようにする。 これこそ、民主的だと思いますよ。 ところが、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人は、スタッフを使って個人的な独自の基準を設けて、無駄な人材と無駄な時間を使って独善的な写真狩りをしている。 この愚かさに未だに気づいてない。 僕がアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の総責任者ならば、直ちに、この愚かな管理人をクビにしますよ。

つまり、ケイトーはアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人さんに怨念を抱いているのね?

いや。。。僕はアメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人を個人的に恨んでいるとか、憎んでいるとか、そのような無駄な感情エネルギーを使ってません。

マジで。。。?

あのねぇ~、僕はアメブロの愚かな管理人のためと言うよりも、他のサイトで管理人をしているネット市民の皆様のために書いているのですよ。 表現の自由を認めず、言葉狩り・写真狩りをしているようなサイトの管理人は、その教養が疑われる。 メンバーは離れてゆく!

人の振り見て我が振り直せ!

アメブロの愚かな管理人は、太平洋戦争中の愚かな言葉狩りや、“不真面目統制”をしていることが未だに分からない。 本人は教養がないから芸術的に価値のある、国際的にも認められている葛飾北斎の絵まで記事の中に表示することを禁止してる。

だけど、10年も経ってみれば。。。、いや、3年も経ってみれば、自分がアホな事をやっていたと判るようになる。

そうでしょうか?

それが教養を身につけた大人になるということですよ。 (微笑)

だけど、アメーバ・ブログ(http://ameblo.jp/)の愚かな管理人さんに分かる時がくるでしょうか?

いずれ分かる時がきますよ。。。僕は人間の良識を信じてますからね。。。(苦笑)

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。

“馬鹿は死ななきゃ治らない”

昔の人は、このような事をおっしゃったのでござ~♪~ますわ。

そうですよね。
日本語の読解力のない人に説明しても無駄かもしれませんわ。

あなたも、たまには滑稽な事をしてもよいですけれど、日本の進路をあやまるような言論統制と写真狩りだけはしないでくださいまし。

ところで、シルヴィーさんのことをもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

とにかく次回も面白くなりそうですわ。
だから、あなたも読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

こんにちは。ジューンです。

何をもって言葉狩りとするのでしょうか?

差別そのものと同様、

言葉狩りは、用語が使用された場合ごとの

関係者の主観に基く部分が大きいですよね。

規制が過剰あるいは

不適切な場合が多いようです。

たとえば、かつて、フルーツブログでは

「セックス」が禁止語でした。

「セックス」を禁止用語にするなんて、

ちょっと考えられませんよね。

呆れて開いた口がふさがりませんわ。

葛飾北斎の漫画を表示禁止にするのも

「セックス」を禁止用語に指定するほど

滑稽だと思います。

あなたも、滑稽な事をすることはあっても、

愚かな人間にだけはならないでくださいね。

うふふふふふ。。。

ところで、卑弥子さんにもちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

『平助さんが卑弥子さんに

恋をしたのがウンのつき』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック18件 to “死の写真狩り”

  1. お百度参りも国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  2. 期待される人間像 « Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  3. 角さんと原発と天罰 « Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  4. 真紀子落選 « Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  5. 野火 « Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  6. タイタニックと国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  7. 宮澤理恵@Macao | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  8. 美しい日本語 | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  9. フランス人妻不犯 | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  10. ツイッターの国際化 | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  11. ハワイの読者 | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  12. 三丁目の夕日は沈んだ | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  13. 誰?あなたなの? | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  14. 戦争を知らないの? | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  15. アッシジからの平和 | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  16. バカの歴史 | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  17. ねえ、ねえ、ねえ見て | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

  18. 熟女ヌードとデンマン | Denman Blog Says:

    […] ■『死の写真狩り(2011年8月17日)』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。