カナダの式典は2倍長いの?


 

2014年4月18日 (金曜日)

 

カナダの式典は2倍長いの?

 


(speaker3.jpg)


(commence2.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 カナダの式典は日本と比べて2倍も長いのですか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕はそう思いませんよ。

でも、タイトルには、そう書いてあるじゃありませんかァ!

あのねぇ~、実は夕べ、本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

カスカディア独立という構想


(cascadia2.gif)

カスカディアの人たちと話すと、誰もが「東海岸はもういい。 これから我々は西海岸のゲートウェイとして繁栄を目指していかねばならない」という。

また、カスカディアで講演をする時は、たいがい事前に主催者から「地域国家論の大前さんには、この地域がワシントンにもオタワにも依存せず、地域国家としてアジア諸国との関係を強化していくべきだ、という趣旨の話をしてほしい」と、筋書きまで準備して頼まれる。

イギリス系とフランス系のフォッサマグナ

今日、多くのカナダ人が不便を感じ、「カナダは面倒くさい国だ」と口を揃える。
たとえば、商品の成分や効能、使用方法、取扱説明書などは、アメリカだったら英語表記だけで済むが、カナダでは必ず英語とフランス語の両方で表記しなければならない煩わしさがつきまとう。

また、ブリティッシュ・コロンビア州では、小学校と中学校の義務教育期間はフランス語が必修になっているため、面倒なことが起きている。
すべての学校行事で、英語とフランス語の挨拶が要求されるのだ。
しかも、二つの母国語が話される時間が同じでなければ、クレームをつける住民がいる。
結局、どんな式典も通常の2倍の時間を要するわけだ。


(speaker3.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


180-183 『さらばアメリカ』
著者: 大前研一
2009年2月11日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 小学館

本の著者の大前研一さんはカナダの「どんな式典も通常の2倍の時間を要するわけだ」と書いているのですよ。

それは、ちょっと可笑しいと思いますわ。

ジューンさんも、上の小文を読んだら可笑しいと思うでしょう?

そうですわね。 例えば、卒業式で校長先生が まず英語で30分間式辞を述べて、それが終わってから、同じ内容の式辞をフランス語で再び語るということですよね。 それで、英語だけならば30分で終わるのに、カナダでは英語とフランス語が公用語だから、卒業式の式辞が日本なら30分で終わるのに、1時間かかるということですわね。

上の文章を読めば、おそらく日本人ならば、誰もがそう考えるでしょうね。 ジューンさんだって、そう思うのだから。。。

だってぇ~、大前さんの上の文章を読めば、日本語が解る世界のネット市民の皆様が、そのように受け取りますわよう。

僕もそう思います。

でも、それは違うと思いますわ。 カナダで暮らして、実際に卒業式に参加したり、カナダ国会の開会式などを実際に傍聴してみれば、すぐに解ることですわァ。 同じ内容の式辞や演説を 始めから2度にわたって英語とフランス語で話すということはないのですわ。 例えば、国会議員が30分の演説をするなら、5分毎に英語とフランス語を交互に切り替えて話すのです。 だから、30分の演説は30分で終わるのです。

あのねぇ~、大前さんはカナダでの卒業式にも出席したことがないばかりか、国会演説を聴いたこともないのですよ。 僕はバンクーバーのラジオのローカル放送を毎日聞いているけれど、時には選挙の勝利演説や国会の演説などをやるのです。 大前さんはカナダのラジオやテレビのニュースさえも聞いたことがないのですよ。 だから、平気で「どんな式典も通常の2倍の時間を要するわけだ」と書いてしまうのです。

つまり、大前さんは“ウラ”を取らないのですわね?

そうだと思います。 大前さんは同じ本の186ページで「カナダの唯一の共通項はカエデである。国旗にも描かれているカエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と書いているのですよ。 でもねぇ~、カエデはカナダの国内のどこでも見ることができるわけじゃない! 例えば今朝、僕は自分のマンションから30分かけてバンクーバー市立中央図書館まで歩いてきたのですよ。 その道筋の写真を見てください。


(haro102.jpg)

これは Haro Street です。

わたしも、時たま散歩する通りですわ。

でもねぇ~、カエデの木は一本もないのですよ。 この上のHARO Streetを歩いてゆくと小さな公園が道路の脇にあるのです。


(barclay90.jpg)


(barclay91.jpg)

これは Barclay Heritage Square という公園です。 ジューンさんも知っているでしょう?

もちろんですわ。 時たま、セミナーとか催し物に出かけることがありますわ。

この公園にもカエデの木は一本もないのですよ。 つまり、30分歩いて図書館にやって来る途中には 少なく見積もっても 公園と街路樹を含めて1、000本以上の木が植わっているのです。 でもねぇ、すでに5年近く歩いて通っているのに、カエデの木を一本も見たことがない。 意外にも 桜の木は50本ぐらいありました。 ところで、近くには Stanley Park という、とてつもなく広い公園もある。


(stanley50.jpg)

ジューンさんも知っての通り、この公園は 1,001エーカーもある。 1エーカーは 4,047㎡ ですからね。 つまり、 1,001 X 4,047 = 4,051,047㎡ ですよ。 ざっと 一辺が 2km の正方形を考えてみればいいのです。

あらっ。。。 数字で見ると、すっご~♪~く広いのですわねぇ! これほど広いとは思いませんでしたわ。。。で、スタンレーパークにも カエデの木は一本もないのですかァ?

たぶん、探せば あるかもしれません。 僕は少なくともStanley Parkへは どんなに少なく見積もっても 500回ぐらい 散歩したりジョギングしたり、日本から卑弥子さんや友達がやってくれば 必ず見学に連れて行ったりしているのですよ。 でもねぇ~、これまでに一度もカエデの木を見たことがない。 ジューンさんは見たことがありますか?

カエデのように紅葉する木を見たことはありますけれど、カエデだと確認したことはありませんわ。


(stanley170.jpg)

スタンレー公園(Stanley Park)は 基本的には原生林の森なのですよ。 だから、こういう大木が奥へ行くと何千本と生育している。 圧倒的に松のような針葉樹が多いのです。 つまり、カエデのような広葉樹は少ない。

バンクーバーではカエデの木は成長しないのかしら?

植えれば成長すると思いますよ。 でもねぇ~、僕はバンクーバー市内でカエデの木を見たことがない。 試しにウィキペディアで調べてみました。

メープルシロップ


(syrup100.jpg)

純粋なメープルシロップは、産出する樹種の分布から、カナダ南東部~アメリカ北東部の生産が多く、カナダのケベック州やオンタリオ州、アメリカのニューイングランド地方などで生産されたものがよく知られている。
わずかではあるが、日本でも埼玉県秩父市、山形県金山町などで生産されている。
かつて、アメリカ産のメープルシロップに豚の油が入っているという噂が立ったが、アメリカ・ヴィーガン・ソサエティ(US Vegan Society)が調査した結果、そのような事実は無いことが確認された。

ケベック州は世界最大の産地で、2001年には1,560万リットルの収穫量があった。
ケベックやオンタリオ州のメープルシロップ産地では、シロップ収穫は文化の一部となっており、毎年2月の収穫の時期にはシュガーシャックで祭りが催される。
シロップ収穫期間中、ホットケーキやワッフルを食べさせるシュガーシャックも多く、人気のあるシュガーシャックには行列ができる。
ケベック州やオンタリオ州では、雪の上にメープルシロップを流しかけ、棒に巻きつけたりそのまま棒状で食べたりする「メープルタフィー」が存在する。

地球温暖化が進むとカエデの分布が現在よりも北に移動することが予想されるため、メープルシロップの産地では温暖化の地域経済に与える影響が懸念されている。


出典: 「メープルシロップ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

大前さんが言う「カエデ」というのはメープルシロップが取れる「メープル」のことを言うのですよ。 上の説明にもあるように、カナダのどこでも見られるというほど広範囲に生育している木ではないのです。

つまり、大前さんはネットで調べてもみないで「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と書いてしまったのですわね。

たぶん、カナダ人の友達から「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と言われたのを、そのまま“ウラ”を取らずに書いてしまったのですよ。 先日、本を読んでいたら次のようなことが書いてありました。

真の教養がある人


(love900.jpg)

我われだれもが、ごくふつうの人びとと話していて、その心理的洞察力に驚かされることがある。
その人びとがシグモント・フロイトの名もアルフレッド・アドラーの名もカール・ギュスターフ・ユングの名も聞いたことがないはずだとわかっていても、偉大な心理学者だと言いたくなるほどである。

 (中略)

その洞察力で我われを驚かすのがマンションの女性管理人であることも珍しくない。
そういうとき、われわれは驚いて自問する。
心理学も社会学も学んだはずのないこの女性が、人びとの隠れた心の動きをどうして察知できるのだろうか、と。
そして、彼女を観察して、彼女をここまで賢くしたのはその仕事であることに我われは気づかされる。

 (中略)

女性管理人は、これらの人びとを識(し)っていなければならず、わずかなしぐさから、歩き方から、衣服の着こなしから、顔の表情から、声の調子からその人柄を見抜かなければならない。
全部の住人と良好な関係を保つためには、誤ってはならない。
いつ冗談を言い、いつ口をつぐむかも心得ていなければならない。
不愉快な情報をどのように伝え、敏感な両親の気分を損なうことなく、どのようにして子供をたしなめるかもまた。

 (中略)

こういうタイプの人びとは、自分の日常生活の出来事の中から多くのことを学びとる。
あれこれの出来事を観察し、対比し、判断し、辛抱強く関連づけることによって学びとる。 (略)

彼らの行動、彼らのありようは、博識者といわれる人びととは正反対である。
博識者は、人生・生活から学ばず、もっぱら書物から学ぶ。
彼は自分の目で見ることができず、自分の頭で判断することができずに、他人がすでに述べたことをひたすらくり返すだけである。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


134-136ページ 
『他人をほめる人、けなす人』
著者: フランチェスコ・アルベローニ
訳者: 大久保昭男
1998年3月20日 第29刷発行
発行所: 株式会社 草思社

あのねぇ~、僕は思うのだけれど、大前研一さんは上の本で述べている“博識者”タイプの人間だと思うのですよ。

つまり、大前さんは、カナダ人の友達から「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と言われたのを、自分の目で確かめずに、要するに“ウラ”を取らずに書いてしまったのですわねぇ~。

そうですよ。 そういう態度が選挙結果にも表れているのでしょうね。


(ishin2.jpg)

1992年11月、新自由主義を標榜する市民団体・平成維新の会を設立し、同会代表に就任。
翌1993年、文藝春秋3月号で「新・薩長連合結成宣言」を発表。
知事連盟構想を掲げて1995年東京都知事選挙に立候補したが青島幸男に敗れ落選する。
同月の北海道知事選挙では、大前の構想に呼応した友人の三浦雄一郎が出馬したが落選した。1994年マッキンゼー・アンド・カンパニーを退職。

第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選した。

 (中略)

平成維新の会は参院選惨敗後に事実上解散した


出典: 「大前研一」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『落選男の正体?』に掲載。
(2014年4月2日)

つまり、大前さんは人生・生活から学ばず、もっぱら書物から学ぶ。 自分の目で見ることができず、自分の頭で判断することができずに、他人がすでに述べたことをひたすらくり返すだけである。 それで、有権者の“心が読めなかった”ので第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選したのですか?

僕は、そう思いますよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは どのように思いますか?

第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選した。

。。。つうことは、大前研一さんが立ち上げた“平成維新の会”にも問題があるということでござ~♪~ますわ。

つまり、選挙民の“心が読めなかった”のですわよね。
どうして“心が読めなかった”のか?

それは、庶民を包み込んでいる“空気が読めなかった”のですわ。
つまり、大前研一さんは KY タイプの人だと あたくしは思うのでござ~ますう。

かつて、ウィンストン・チャーチルのおじ様が民主主義というのは愚民主義のようなものだが、目下 これ以上良い主義がないので従うしかない、というようなことを言ったと聞いたことがござ~ます。
とにかく、愚民であろうが賢民であろうが、選挙民の心が読めないというのは 選挙に勝つためには大きなマイナスですわ。

戦後でも、現在の日本でも、 選挙民は純然たる政治家には失望しているのですわ。
信頼できないからです。

だから、当時の都知事選で青島幸男さんが当選したのはテレビを通じて 庶民に人気があったからです。
また、石原慎太郎さんは 庶民に人気のあった裕次郎さんのお兄さんだから当選したのです。

要するに、日本の選挙では 庶民を包み込んでいる“空気が読めない”とダメなのですわ。
あなたも、 そう思いませんか?

ところで、話は ガラリと変わりますけれど、ジューンさんの下着姿も人気があるようなのでござ~ますわァ。


(bikini08.gif)

あたくしだって負けてはいませんわよう。

ええっ。。。 んで、あたくしの下着姿も人気があるのかってぇ~。。。?

もちろんでござ~ますわ。
あのねぇ~、あたくしも断然興味が湧いてきて検索してみたのでござ~ますわァ。
その結果を見てくださいませ。


(gog30505.gif)

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(june500.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


『エロスのバンクーバー』

『世界を駆け巡る日本人』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』


(newyear14t.jpg)

『国際化と英語』

『肥後ずいきと国際化』

『おばさんパンツを旅する』

『カウチポテト』

『やらしくさわるの?』


(newyear14v.jpg)

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

『鼻血が出るぐらいのエロ漫画』

『処女とおばさんの下着』

『ツイッターと国際語』

『おばさんの下着姿に見るSEO』

『おばさんの下着とポスト資本主義』

『桜と絹とツイッター』

『おばさんバンザイ!』

『おばさんバンザイの第2波』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)
 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

コメント / トラックバック33件 to “カナダの式典は2倍長いの?”

  1. 黒い白鳥 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  2. カスカディアと自己顕示欲 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  3. ハワイからいいね、いいね | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  4. 瓜とジューンさん | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  5. プロメテウスの黒い白鳥 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  6. ジャズ・フェスティバル | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  7. 仲間はずれはどれ | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  8. FBI捜査官のツブヤキ・ガイド | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  9. 147歳の誕生日 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  10. 均質的思考は日本人のクセなの? | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  11. 今、おばさん下着がアツイ! | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  12. きびしい暮しの中のロマン | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  13. 下着女装ブログ | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  14. BCデーと日本の花火 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  15. 小役人が日本を滅ぼす | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  16. マルタ島のロマン | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  17. とっちゃん坊やも日本を滅ぼす | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  18. 混浴人気 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  19. 人間としての誇り | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  20. 肥後ズイキが性具になったきっかけは? | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  21. ヴィーナスのえくぼ | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  22. 動物感動物語 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  23. 最新混浴風景なのね | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  24. 下着にこだわるのね | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  25. 男心をそそる女の秘密 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  26. デンマンさん、おかえり | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  27. なぜヴィーナスのえくぼ | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  28. マドンナと行田の黒い霧 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  29. お○○こ画像 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  30. タイトルの魔術 | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  31. なぜ処女とおばさん? | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  32. やっぱり処女とおばさん | Denman Blog Says:

    […] ■『カナダの式典は2倍長いの?』 […]

  33. 大前研一 奇妙な検索 | Denman Blog Says:

    […] 『カナダの式典は2倍長いの?』より (2014年4月18日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。