迷惑スパマーの面白い話


   
2010年2月14日 日曜日
 
 
迷惑スパマーの面白い話
 
 
武蔵と出会い馬鹿
 
 

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。

by 東京 出会い

【2010/01/13 14:58】


『ロマンポルノ復活』のコメント欄より
(2010年1月12日)

あらっ。。。デンマンさん。。。あんさんは、また上のコメントを持ち出してきやはったのォ~。

そやねん。。。うししししし。。。いけませんか?

あんさんは、次の記事の中で「東京 出会い」さんを充分に批判しやはりましたがなァ~。

■ 『愛のコラボと欺瞞』

(2010年2月12日)

いや。。。わては充分に批判しておらんでぇ~。。。

つまり、今日のタイトルの「武蔵と出会い馬鹿」というのは宮本武蔵と「東京 出会い」さんのことですのォ~?

そうやがなァ~。。。めれちゃんは、よく分かったなァ~。。。

そのくらいの事ならば、すぐに分かりますがなァ。

さよかァ。。。

あんさんの悪い癖がまた始まりましたのやねぇ~。

ん。。。? わての悪い癖。。。?

そうでおますう。。。わたしがすでに絶交状の中で指摘しましたやんかァ!

ん。。。? 絶交状の中で指摘したァ~。。。?

そうですう。。。あんさんは、もう一度じっくりと読みはった方がよろしいおますう。

じいさん、

永久に近づくな。

めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から
苦心して絞り出した言葉を
アンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。

わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。ネタにもするな」
ということだ。

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36


『極私的詩集 永久に近づくな』より

『春を待つ裸女』に掲載
(2010年1月21日)

めれちゃんは、ずいぶんときつい事を遠慮なしに言うたものやなあああァ~

そやかてぇ、あんさんは、また「東京 出会い」さんを“出会い馬鹿”言うてぇ、自分のブログのネタとして使いますのやろう?

ネタとして使うと言うよりも、わては批判しようとしているのやでぇ~。

でも、他人を馬鹿呼ばわりすることは、あきまへんがなァ~。。。あんさんが大好きな小百合さんかてぇ、言うてましたでぇ~。。。

ん。。。小百合さんまでが。。。小百合さんまでが。。。、絶交状を書いたと、めれちゃんは言うのんかァ~?

絶交状やと言うてませんがなァ~。。。そやけどぉ、小百合さんかて次のように、あまり批判したらあかんと言うてましたでぇ~。。。

ブログであまり 批判しなように。
デンマンさんは自分が批判されると、すぐに
ネットで 言い返す癖
やめた方がイイ。

他人は関係ない
人には 冷たく。 強く。 熱くならず。
血が引く位に・・
いやでしょうー

さあ どんな 返信?


『大阪の歴史馬鹿 (2009年9月22日)』より

あのなァ~。。。、わては、もう何度となく言うているのやでぇ~。

何を言うてますのぉ~?

めれちゃんかて、もう耳にタコができるほど聞いてるはずやでぇ~。

さよかァ~?

めれちゃん!。。。惚(とぼ)けたらあかんでぇ~。。。わては次のように口をすっぱくして何度となく言うたのやァ!

人間として間違っていることは間違っていると!
人間としてやってはいけないことはやってはいけないと。。。!
そう言える言論の自由と、表現の自由があることは素晴らしい!

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

批判なき愛は盲目なり”

これが僕ちゃんの座右の銘ですよう!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

今の日本の政治家を見てください!
命を懸けて批判している政治家が居るのか?

居ません!

 板垣退助

昔は“板垣死すとも自由は死せず”と言った政治家が居た。
現在は、何度も何度も漢字を読み間違える首相が居る。

いったい、真面目に批判している政治家が何人居るのか?

批判などどうでもいい!
日本などどうでもいい!
我が身が大切!
自分さえよければそれでいい!
そう思っている政治家が多すぎる!
批判をすっかり忘れて馴れ合いで政治をしている!
だから、年金をごまかすような政治家が今でも国会の中を歩いている!

つまり、「苫小牧密室見殺し事件」のヒロインのように、自分だけの事しか考えられない“お坊っちゃん、お嬢ちゃん”のままで大人になってしまった世間知らずな政治家が多すぎる!

だから、せめて、デンマンのような“批判する”人間が、一人でも二人でも多く出て来ることは、
日本の将来にとって、決して悪いことではない!

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

批判なき愛は盲目なり”

とにかく、このようなことを言う機会を作ってくれる小百合さんと、めれんげさんに僕は感謝しているのです。
そして、広いおおらかな愛で小百合さんも、めれんげさんも僕は同様に愛しているのです。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

批判なき愛は盲目なり”

ヽ(´ー`)ノ きゃははははは。。。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

じゃあねぇ~


『大阪の歴史馬鹿 (2009年9月22日)』より

あんさんの座右の銘ならば何度も何度も聞いてますう。。。でも、あんさんが“出会い馬鹿”と呼ぼうが、何と呼ぼうが、「東京 出会い」さんは、あんさんを非難しているのでもなければ、悪口を言うているのでもない。。。あんさんを褒(ほ)めているのやないかいなァ!

あのなァ~。。。出会い馬鹿は心から褒めているのではないねん!。。。第一、わてのブログも読まずに、スパムコメントを残していっただけなのやでぇ!

どうして、そないな事が分かりはるのォ~?

次の検索結果を見れば一目瞭然やがな!

“素晴らしいブログを読ませていただき

ありがとうございます”

“これからも更新頑張ってください”

の検索結果

約 3,880 件中 1 – 57 件目

1) 検索結果 「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これから …2010年1月19日 … きっと、「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これからも更新頑張ってください。」という文字列は、このツールが持つコメントのテンプレートなんでしょうね。 どのブログ記事につけても成り立ちそうなコメント、
claimant.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-8df9.html

2) お寺向け?「ゆらぐ」LED照明: 主張2010年1月17日 … レジ袋いるとかいらないとか、しちめんどくせぇんだよ、と思った話 | トップページ | 「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これからも更新頑張ってください。」というのはスパムコメントです
claimant.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/led-735e.html

3) 「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これから …2010年1月19日 … 「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これからも更新頑張ってください。」というのはスパムコメントです. このブログに、こんなコメントが残されていました。 素晴らしいブログを読ませていただきありがとう
app.m-cocolog.jp/t/typecast/612817/517450/61662428

4) 「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これから …「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これからも更新頑張ってください。」というのはスパムコメントです. てください。」という文字列は、このツールが持つコメントのテンプレートなんでしょうね。
app.m-cocolog.jp/t/typecast/612817/517450/61662428?page…

5) ハローワーク以外の用事。(10/1/21):喜努愛楽 a Yokohama Line User …2010年1月21日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 by 出会いと黒猫 (2010-01-26 16:36). tooshiba. qoo2qooさん、はっこうさん、マロンさん、駅員3さん、よっちゃんさん nice!
tooshiba.blog.so-net.ne.jp/2010-01-21-2

7) ふらんす堂編集日記 By YAMAOKA Kimiko : 火の国の怒れる女?2009年12月17日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Commented by fragie777 at 2010-01-21 12:08. コメントを有り難うございます。 「朝まであいにくの雨」さま。 そうなんです。
fragie.exblog.jp/12507357/

8) 自分磨き -1–まゆみのcoffe・ブログ2010年1月17日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 2010年01月21日(木) 17:16 by mayutti. 出会ってまたサン 始めまして 恥ずかしくなるような お言葉 ありがとうございます
blog.zaq.ne.jp/mayumayu/article/922/

9) ラブサーチを紹介します:つまらない人生:So-netブログ2009年10月16日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 by 東京 出会い (2010-01-09 15:57). コメントを書く. コメント投稿に失敗しました。 未入力の項目があります。
tsukagoshi.blog.so-net.ne.jp/2009-10-16-9

12) あるアッタカサの日常 つっちーって素敵だよね! 「はなまる幼稚園 …東京出会いストリートさん、コメントありがとうございます! 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 当ブログの記事が東京出会いストリートさんに、 気にいっていただけたのならそれだけでうれしいです! これからも更新頑張ってください。
attakasanonitijou.blog41.fc2.com/?mode=m&no=817&m2…

14) A HAPPY NEW YEAR – 社長はロビンソン!!Unknown (出会いの楽園): 2010-01-11 18:14:52: 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 出会いの楽園さんへ (空): 2010-01-12 22:40:05: コメントありがとうございますm(__)m
blog.goo.ne.jp/natty1023/…/33bcd3569c21180419e14ce2dc2cbe62

16) It’s a Small World : Amangiri 5 素晴らしいシェフとの出会い 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Commented by iloveapples at 2010-01-22 01:16. ブログであいさつさん、 ありがとうございます! Commented by ゆき at 2010-01-24 02:24
iloveapple.exblog.jp/11947636/

21) 4代目 日記:このブログが 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by 東海道であいのり at 2010年01月20日 16:42. 【東海道であいのりさん】 初めまして、コメントありがとうございます! ありのままの僕の日常ですが
yondaime.naganoblog.jp/e383293.html

25) 愛知県名古屋市(栄)・三重県(松坂・四日市・伊勢)・岐阜県婚活・恋 …2010年1月8日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 by 山形の出会いが山だ (2010-01-21 15:36). コメントを書く. コメント投稿に失敗しました。 未入力の項目があります。
ashu778.blog.so-net.ne.jp/2010-01-08

26) 埼玉婚活・恋活・友活で料理教室&ゴルフ合コン・お見合い&女子会 …2010年1月13日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 by だいたいであいたい (2010-01-15 15:44). コメントを書く. コメント投稿に失敗しました。 未入力の項目があります。
ashu778.blog.so-net.ne.jp/2010-01-13-2

28) 熊本フランス菓子教室:フランス旅行記’09 変なもの見つけた編!素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by 出会いなら奈良 at 2010年01月19日 16:34. 出会いなら奈良さんコメントありがとうございますo(^-^)oちょっとフランス旅行記ストップしてますが、
cakeschool.otemo-yan.net/e251794.html

35) 横浜中華街の味と物産展: タウンNEWS広島 平和大通り2010年1月24日 … コメント. 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 投稿: 白球との出会い | 2010年1月26日 (火) 16時17分. コメントを書く. 名前:. メールアドレス: (ウェブ上には掲載しません)
hiroshima.moe-nifty.com/blog/2010/01/post-d174.html

36) 癒し人『YuLuli』:『YuLuli cafe』open!素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by メールであいさつ at 2010年01月15日 15:55. メールであいさつ様。 コメントありがとうございます☆。。 がんばってまいります☆ぜひまたのぞいて
iyasibito.hamazo.tv/e2205593.html

37) Road to DoーSuika / ドすいかへの道 | 季刊どすいか …素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 | 私たち出会い | 2010/01/20 4:18 PM |. 私たち出会いさん コメントいただきありがとうございます。 現場をお伝えすることができれば、
blog.dosuika.com/?eid=1341197

40) 天の天てれラビリンス 最終章: ブログ2周年直前!~プロローグ&天 …2010年1月11日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by 出会いと猛毒 at 2010年01月12日 16:03. 出会いと猛毒さん初めまして、コメントありがとうございます。
tentere.shiga-saku.net/e256376.html

41) ストリートパフォーマー(大道芸人)に元気をもらう | ムラウチ社長ブログ2010年1月25日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 投稿者 出会いがあるから : 2010年01月26日 16:06. 出会いがあるからさん コメントありがとうございました。 人生も、世の中も「出会い」が
murauchi.info/weblog/2010/01/performer_tomi.html – キャッシュ

43) Fight!!JAL!! ~あの日のCAとの思い出を振り返る~ | 店長祥子のネタ帳 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 | アヌビスの出会い | 2010/01/21 3:49 PM |. はじめまして♪コメントありがとうございます♪ この様なブログですが・・・良かったらご覧下さいませ♪♪♪
feriz.jugem.jp/?eid=1388

44) 「龍馬伝」をゆく(8) 品川 – 【とさあち】いちの土佐/いっちゃんスキ2010年1月21日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 2010年1月21日 15:51. 鍋島 : ありがとうございます。更新がんばります。 2010年1月23日 16:49
blog.kochinews.co.jp/ichan/2010/01/post-689.html
 
47) NO!トラックバックスパム – トラックバック・ピープル「素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。これからも更新頑張ってください。」というのはスパムコメントです [主張 から] このブログに、こんなコメントが残されていました。 素晴らしいブログを読ませていた 続きを読む
tbp.jp/tbp_5071.html

51) 心に響く いにしえの人々からのメッセージ | 軽井沢で野菜とハーブを楽しむ 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by: 写真であいぼうの一言 |at: 2010/01/20 4:29 PM. とっても嬉しいコメントありがとうございます。 そしてブログを読んでいただいてありがとう
blog.longinghouse.jp/?eid=759

52) 佐賀・神埼・吉野ヶ里だより:人吉へ・・・2009年12月20日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by 山口の出会い at 2010年01月19日 16:45. 有り難いコメントをありがとうございます! 時折、頭が固まってまわらない事があります
shi113113k.sagafan.jp/e168674.html

54) 【tigermania】 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by 千葉 出会い at 2010年01月09日 15:44. 千葉 出会いさん こちらこそ、ありがとうございます。 新たにさまざまな「出会い」をしたい方は、
tigermania.dosugoi.net/e9565.html

57) 歯っぴぃ家族:ネットでの出会い 2010年1月13日 … 素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。 これからも更新頑張ってください。 Posted by 街であいのり at 2010年01月15日 15:44. 待であいのりさん 応援ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします
hirokamishikaiin.gunmablog.net/e79286.html

2010年2月10日現在

『上記 語句 のGOOGLE検索結果』より

『愛のコラボと欺瞞 (2010年2月12日)』に掲載

この結果を見れが、めれちゃんかて分かるやろう?「出会い馬鹿」は“出会い”で検索して、引っかかったページに無差別に、心にもない褒め言葉を書きまわっているのやでぇ~。。。つまり、そうやって未熟者のネット市民を騙して悪徳出会い系サイトへ誘導しようとしているのやないかいなァ!

分かりましたわ。。。でも、どうして宮本武蔵はんが出てきやはるのぉ~?

あのなァ~。。。「出会い馬鹿」の IPアドレスを調べたら次のようなことが分かったのやがなァ。

IPアドレス: 122.31.1.139

ホスト名:
p2139-ipbf301obiyama.kumamoto.ocn.ne.jp

ネットワーク名: OCN

組織名: オープンコンピュータネットワーク

Organization: Open Computer Network

上位情報:
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
(NTT COMMUNICATIONS CORPORATION)

出会い馬鹿はBフレッツを使用中

アクセスポイント:
(NTT西日本)帯山ビル 熊本県熊本市帯山2丁目

あらっ。。。こんなことまで分かりはるのぉ~?

そうなのや。。。わてはアクセス解析をしているからな。

。。。で、出会い馬鹿さんは帯山ビルに住んでいやはるのぉ~?

いや。。。出会い馬鹿の住所までは分からへん。。。このアクセスポイントちゅうのんは、出会い馬鹿がパソコンでアクセスしよる場所のことなんや。。。つまり、NTT西日本の熊本支社が帯山ビルに入居しているのやがな。

。。。で、出会い馬鹿さんは熊本市内に住んでいやはるの?

熊本市内と断定はできないけれど、間違いなく熊本県に住んでいる。

あんさんは、どうして分かりはるのぉ~?

OCN は県ごとにアクセスポイントを設けているからや。

それで、どういうわけでタイトルに宮本武蔵が出てきやはったん?

あのなァ~。。。この帯山ビルからあまり離れてない所に宮本武蔵の銅像が建っておるのやがなァ。

武蔵塚公園

宮本武蔵の銅像と「新免武蔵居士石塔」と記された墓石があり、剣聖宮本武蔵の墓所の一つ。
武蔵広場ゾーン、日本庭園ゾーンなど5つのゾーンがあり憩いの場として親しまれている。

武蔵は天正12年(1584)美作国(岡山県)宮本村で生まれ、21歳の時の京都の吉岡一門との勝負や、29歳での佐々木小次郎との巌流島の決闘などが知られている。

武蔵が、藩主細川忠利の客分として、熊本に来たのは、寛永17年(1640)、57歳のときだった。
剣を通して人生を探求し続けた武蔵は、晩年の5年を熊本で過ごした。

60数回の勝負に1度も負けたことが無かったという「二天一流(通称二刀流)の偉大な剣豪」は晩年、熊本で、人生の集大成と言うべき「五輪の書」を書き著した。

そやけぇどぉ~、宮本武蔵の銅像は、あんさんが勝手に探しやはったんですやろう?

あのなァ~、確かに熊本には加藤清正の銅像もあるねん。だから、銅像は武蔵の銅像だけやあらへん。そやけどなァ、加藤清正の銅像を取り上げても、今日の話題と関係あるのやでぇ~。

どうして。。。?

わての本名は加藤やがなァ~。

そやかてぇ~、加藤という姓を持つ人は日本には掃いて捨てるほど居ますのやでぇ~。。。あんさんが加藤清正の子孫だという確固とした証拠は無いのですやろう?

あのなァ~、わての祖先のことは次の記事の中で書いたのや。

■ 『夢とロマンと昔話』

(2008年9月11日)

でも、あんさんの祖先は百済から関西経由で関東に下って行ったのですやろう?

そうやねん。めれちゃんはよく覚えているなァ~。

だったら、あんさんの祖先と熊本は関係ありませんがなァ。

実は、百済から一緒にやってきた親戚の家族には病人が居て九州にとどまったのやがなァ~。

。。。で、その人たちが熊本に住み着いたと言わはるのぉ~?

そうなのやァ~。

家系図でも残っていやはるのぉ~?

そんなモノあるかいなァ!

それなのに、あんさんはどうして見て来たようなウソを言わはるのぉ~?

あのなァ~、わてのおばあちゃんが言うてたのやァ。

。。。で、おばあさんの情報の出所は。。。?

おじいちゃんやがなァ。。。、んで、そのおじいちゃんは、ひいおじいちゃんから聞いたと言ったそうやでぇ~、うししししし。。。

千年以上も前のことを加藤家では何十世代にもわたって語り継いできたと、あんさんは言わはるのぉ~?

そうなのやァ。。。めれちゃんは信じられへんやろう?

信じられるかいなア!。。。誰だって信じられへんわァ~。

うん、うん、うん。。。分かってるがなァ~。。。だから、わては、信じてくれとは頼まへんでぇ~。

だったら、この話は続きませんがなァ~。

いや。。。続くのや。。。加藤清正を持ち出さなくても、わての話は、あんじょう続くのやでぇ~。

どないして。。。?

あのなァ~、わてはこれまでに宮本武蔵のことで、たくさんの記事を書いてきたのやがなァ。

『武蔵と小百合さん(2009年6月18日)』

『武蔵と卑弥子さん(2009年6月20日)』

『紫式部と宮本武蔵(2009年6月26日)』

『スカンクと宮本武蔵(2009年7月6日)』

『宮本武蔵と絶望的な馬鹿』

(2009年7月8日)

『宮本武蔵と成りすまし馬鹿』

(2009年8月3日)

だから、どうやとあんさんは言わはるのぉ~?

上の最後の記事を書いてから、わてはバンクーバーの市立図書館で宮本武蔵の本を借りてきて読んだのやがなァ~。

分かるやろう。。。8番の本やがなァ。。。「宮本武蔵を歩く」。。。この本は2回更新して9週間も借りていたのや。2月2日に返したのやでぇ~。

だから、どうやとあんさんは言わはるのぉ~?

つまり、わては宮本武蔵にハマッていたのやがなァ。

それで。。。?

そういう時に出会い馬鹿がコメントを書いた。

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。

by 東京 出会い

【2010/01/13 14:58】


『ロマンポルノ復活』のコメント欄より
(2010年1月12日)

それで IPアドレスを調べたら、出会い馬鹿のアクセスポイントから武蔵の銅像まですぐやがな。

アクセスポイント: (NTT西日本)帯山ビル

熊本県熊本市帯山2丁目

だから、どうやとあんさんは言わはるのぉ~?

めれちゃんは、まだ分からんのかァ~?

つまり、偶然にしてはできすぎていると、あんさんは言わはるのぉ~。。。

そうやがなァ。。。ここまで見てくれば、偶然であって、偶然ではあらへん!“出会い馬鹿”が、まるで「オイラのことを記事で書いてくれ」と言っているようなものやんかア!

そうですやろか?

だってぇ、そうやんけぇ~。。。わての記事のタイトルを見てみィ~なァ。

『宮本武蔵と絶望的な馬鹿』

(2009年7月8日)

『宮本武蔵と成りすまし馬鹿』

(2009年8月3日)

この後に続くタイトルは、当然の事ながら次のようになるねん。うへへへへへ。。。

『武蔵と出会い馬鹿』

。。。で、あんさんは何が言いたいねん?

あのなァ、出会い馬鹿は熊本に住んでいながら、これまでに宮本武蔵の本を一度も読んだことがないねん。

あんさんには、どうして分かりはるの?

だってなァ、出会い馬鹿は相手をじっくり見ないで無差別にスパムコメントを撒き散らしている。

だから。。。?

だから、出会い馬鹿は、例えて言えば武蔵に試合に負けて殺されるようなタイプの男なのやがなァ。

その根拠は。。。?

次のエピソードを読めば、めれちゃんにもすぐに分かるはずや。

尾張の城下を歩いていた武蔵は、一人の武士とすれ違いざま、

「久々に、生きた御人にお目にかかるものかな。
其許(そこもと)は、柳生兵庫殿にては在(おわ)さずや」

武蔵の言葉に、武士はにことうなずいて、

「いかにも私は柳生兵庫。そう仰(おっしゃ)るあなたは、
高名な宮本武蔵殿ではおわさぬか」
と答えたと言う。

両士はたちまち、百年の旧知のごとく打ちとけ、兵庫の屋敷に同道して、酒盃を酌(く)み交わし碁を打ち興じて、滞留久しきに及んだが、ついに一度も、剣技を試みることはなかった。

武蔵は後に このときの心境を説明して、なぜ一見して兵庫と認めたかは、心機の妙、理外の理であって、言葉には表現しがたい。
また、二人が、剣を交わさなかったのは、あえてそれに及ばなくても、充分お互いの腕前が暗黙のうちに分かっていたからである、といったそうである。


272ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

『武蔵と小百合さん (2009年6月18日)』に掲載

よう分からへんわァ~。。。あんさんは、いったい何が言いたいねん?

あのなァ~、武蔵は戦う相手の人物を見極めてから試合に挑(いど)んだのやがなァ。だから、60数回の勝負に1度も負けたことが無かった

つまり、勝てる相手、試合しても問題の無い相手とのみ剣を交わしたと。。。あんさんは、そう言わはるのぉ~?

その通りやァ。。。柳生兵庫のような相手とは試合する必要は無い。なぜなら、お互いに相手の腕前を見極めて居る。だから、無用な試合などしないものや。ところが、愚かな者はどこにも居るものやァ。出会い馬鹿もその一人やでぇ。言ってみれば、有馬喜兵衛のような男やァ。

その有馬喜兵衛ってぇ、どないな人なん?

武蔵自身が『五輪の書』の序文に次のように書いているのやァ。

われ若年のむかしより

兵法の道に心をかけ、

十三にして初めて勝負をなす、

その相手新当流の有馬喜兵衛

この事について吉川英治は次のように書いているねん。

十三歳で有馬喜兵衛を殪(たお)したという話も、武芸小伝によると、喜兵衛は、当時の剣道の大家松本備前守の刀系をひいている有馬豊前守の一族の者で、その豊前守は徳川家康の命で紀州家へ移ったという人物である、そういう一族の者で、しかも天真正伝(てんしんしょうでん)の神道流をうけていたという有馬喜兵衛が、いくら何でも、子どもと喧嘩はすまい。

武蔵の生まれた郷里、作州吉野郡讃甘(さぬも)村という村に、有馬喜兵衛なるものが矢来を組み、金箔(きんぱく)の高札(こうさつ)を立てて試合の者を求めたというのである。
武蔵、幼名は弁之助といい、寺子屋がよいの帰途、その高札へ墨を塗ったので喜兵衛が怒った、武蔵の知る辺(べ)の僧侶が聞いて駆けつけ、彼に代わって詫びたが喜兵衛は聞かない、そこで刀をとってかかると、却って十三歳の弁之助に打ち殺されたということになっている。

 (中略)

有馬喜兵衛ともある士が、小児の悪戯(いたずら)ぐらいに赫怒(かくど)して、これとムキになって闘ったとなると、こいつは兵法家として成っていない男だ。
また、あんな山間の地に、金箔の高札や矢来を組んで、悠々と、試合に来る者を迎えて勝負するというのもおかしい。
そういう晴れがましい風習は当時の兵法者にあったとしても、都会でのことであろう。
有馬の一族という素姓があれば、土地の竹山城でも相当な礼儀で迎えるであろうから、野天試合で呼び声をかけるには及ばない沙汰である。


139-140ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

でも、13歳といえば中学1年生ですやん。いくらなんでも、中学1年生が大人を殺すことができるやろか?

あのなァ~、武蔵は大男だったらしいのや。とにかく6尺あったということやでぇ。身長が180センチもあったと言うのやァ。だから、子供の時にも大きかったのや。

でも、今で言えば中学生ですやんかァ。。。相手は兵法者ですえ。つまり、プロの殺し屋のような者ですやろう?

確かに、そうなのや。でもなァ、ここで考えなければならないことが2つあるねん。

その一つは。。。?

まずなァ、武蔵はそこらで遊んでいるミーハーの中学生ではなかったのや。

どう言うこと。。。?

厳しい父親に育てられた。小刀を投げられたり、手裏剣を投げられたりした。もちろん、それが事実だったと、わては思わないけれど、そういう伝説があったということは、武蔵が父親に厳しく鍛(きた)えられたと言う事が十分に分かるのやァ。

そのように厳しく教育されているうちに、武蔵は相手の強さを見抜くことができるようになったと、あんさんは言わはるのぉ~?

その通りやァ。とにかく、手裏剣の使い手である父親の手裏剣をかわすことができたと言うのや。武蔵は幼いうちから、身の動きがすばやかったと言う。それに、父親にさえ“スキ”を見せなかった。。。、リスのように身動きが素早く、サルのように狡猾(こうかつ)だったらしい。そうでもなかったら、父親に小刀を投げられたり、手裏剣を投げられた時に、大怪我をしているか、生きてはいなかったでぇ~。

それで、二つ目とは。。。?

吉川英治は次のように書いていた。

有馬喜兵衛ともある士が、

小児の悪戯(いたずら)ぐらいに

赫怒(かくど)して、

これとムキになって闘ったとなると、

こいつは兵法家として

成っていない男だ。

つまり、武蔵の眼から見ても、これはたいした人物ではないと見極められていたのや。有馬喜兵衛は、兵法者としては失格だったのやでぇ~。おそらく偽者(にせもの)だったのやろう。

そやけど、中学生がマジで大人を殺せるやろか?

あのなァ、吉川英治が本の最後の方で、その模様を次のように書いていたのや。ちょっと読んでみィ~なァ。

その夜、有馬喜兵衛の使いが、僧庵を訪れて試合応諾(おうだく)を伝えたので、初めて事の次第を知った庵主は胆を消し、
「小倅(こせがれ)の悪戯ゆえ、なにとぞ深くお咎(とが)めなく容赦(ようしゃ)されたい」 
と百万陳謝した。
が、喜兵衛にしても、高札を塗りつぶされたからには、武芸者としての面目上、黙って引き下がるわけには行かない。
折衝の末、庵主が矢来の前へ弁之助(武蔵)を伴い、衆人の前に無礼を詫びることになった。

明くれば、弁之助挑戦の趣(おもむき)を伝え聞いて、矢来のまわりには盛んな群集であった。
「さっ、早くお侘びするのじゃ」
庵主が命じる。
頑童(がんどう)はしばし黙然としていたが、突如、持ち来たった棒を揮(ふる)って、喜兵衛に襲いかかったのである。
火のような怒りを発した喜兵衛は、太刀を抜き放ってこれに応じる。
と、矢庭に、弁之助は棒を捨てて喜兵衛に組み付き、岩石落(がんせきおと)しに大地に叩きつけた。
起き上がらんともがくところを、ふたたび棒を拾って、滅多撲(めったなぐ)りになぐりつけた。
喜兵衛は、もちろん、血反吐(ちへど)をはいて、絶息してしまった。


270ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

『宮本武蔵と絶望的な馬鹿』に掲載
(2009年7月8日)

これを読むとなァ、喜兵衛に“スキ”があったことがすぐに分かる。子どもだと思って侮(あなど)った。そのスキを狙って、武蔵は棒で撲りつけたのやァ。

つまり、有馬喜兵衛は出会い馬鹿さんのように、相手を見極めずに無差別にスパムコメントをばら撒くようなタイプやったと、あんさんは言いたいん?

その通りやがなァ~。。。もし、出会い馬鹿が真剣勝負で、その当時の武蔵と戦っていたら、まず間違いなく刀を奪われて岩石落(がんせきおと)しに大地に叩きつけられて、血反吐(ちへど)をはいて死んでいたでぇ~。うへへへへへ。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
それにしても出会い馬鹿さんはスパムコメントを書く相手を確かに間違えていますわよねぇ~。
うふふふふふ。。。

やっぱり、相手も見ずに無差別にスパムコメントを撒き散らすと、
デンマンさんのようなうるさい人に出会うこともあるのです。

出会い馬鹿さんは武蔵の『五輪の書』を読むべきだったのですわ。

“灯台下(もと)暗し”

武蔵が住んでいた熊本に住んでいながら出会い馬鹿さんは武蔵の事を知らない。
命を落とすような大きな間違いをする前に、図書館に行って武蔵のことをもう少し勉強した方が良いかもしれませんよね。

とにかく、まだ面白い話題が続くと思いますわ。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

こんにちは。ジューンです。

“転ばぬ先の杖”

あなたもスパマーには気をつけてくださいね。

何とかして出会い系サイトに呼び込もうと

あなたが喜びそうなコメントを書いて

招き寄せようとしています。

人を喜ばせるようなコメントには

注意してくださいね。

落とし穴が待ち構えているかもしれません。

ところで“転ばぬ先の杖”を英語で

何と言うのでしょうか?

考えてみたことがありますか?

次のように言います。

An ounce of prevention is worth

a pound of cure.

1オンスの予防は

1パウンドの治療の価値がある。

もっと簡単な言い方もあります。

Look before you leap!

跳ぶ前にはよく見るのよ!

ところで、英語の面白いお話を集めてみました。

もし、時間があったら読んでみてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

バレンタインデーは、もうすぐですね。

チョコに関心のある人は

次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『ゴダイヴァ夫人のチョコ (2009年2月14日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。