専門馬鹿にならないように!


  
 
2009年11月24日 火曜日
 
  
専門馬鹿にならないように
 
 
人気のある脳の話
 
 

デンマンさん。。。「人気のある脳の話」ってぇ。。。今日は解剖学のお話ですか?

どうして解剖学なのですか?

だってぇ~。。。理科室に飾ってある解剖学用のドクロの写真をデンマンさんは、このページのトップに貼り付けていますわよう。

ちょうどいい画像がなかったので骸骨の頭を貼り付けたのですよう。でもねぇ、今日は頭の解剖学ではなく、脳の話ですよう。

。。。んで、脳のお話って人気があるのですか?

根強い人気があるのですよう。ちょっと次の統計を見てください。

この統計は、僕の REALOG の「デンマンのブログ」での“検索キーワードトップ10”の推移を示したものですよう。

2007年の9月と10月ですわね。今から2年ほど前の統計ですわね。上のキーワードを検索して、デンマンさんのブログの記事を読みに行ったという事ですか?

そうですよう。「頭がよくなる方法」、「頭を良くする方法」というのは誰だって関心がありますからね。

そうですわね。誰だって頭が良くなりたいと思っていますよね。。。んで、最近ではどうなっているのですか?

2009年の6月に調べた統計がありますよう。見てください。

あらっ。。。「頭がよくなる方法」だけが6位に残って、“おばさんパンツ”が1位から5位までを占めてしまったのですわね。。。ど。。。どうしてですか?

おばさんパンツをはいた卑弥子さんが登場してから“おばさんパンツ”の人気が上昇してきたのですよう。うししししし。。。

あらっ。。。マジで。。。?本当に卑弥子さんが“おばさんパンツ”を穿いてしゃしゃり出てきたのでパンツの人気が上がってしまったのですか?

冗談ですよう。

では。。。一体どうして。。。どうして“おばさんパンツ”の人気がこれほど上昇してしまったのですか?

あのねぇ~、今日は脳の話なのですよう。“おばさんパンツ”の話ではないのですよう。

でも、気になりますわ。

分かりました。“おばさんパンツ”の話もしたいけれど、その話をしたら限(きり)がないし、このページが長くなるだけだから、後で次のリンクをクリックしてじっくりと読んでみてくださいね。

『おばさんパンツ デンマン のGOOGLEでの検索結果』

おばさんパンツ デンマン の検索結果

約 10,900 件中 1 – 10 件目

1) デンマンの書きたい放題 : おばさんパンツの謎 (PART 2) 2009年5月23日 … 2) おばさんパンツ PART 1 :: デンマンのブログデンマンのブログ :: デンマンが日々思ったこと考えたこと感じたことを徒然につづるブログです。 … 5) 海とおばさんパンツ PART 2 OF 4 … デンマンが徒然につづったブログ . …
http://denman705.exblog.jp/10292690/

2) デンマンの書きたい放題 : 愛の形とおばさんパンツ (PART 1 OF 3) それに安子さんまでがデンマンさんは「おばさんパンツ・マニア」だと言っておりましたわア。 マジで。。。? おおマジですわよう!。。。んも~~。 … つまり、おばさんパンツのことを書いた記事が最も少ないとデンマンさんは主張するのですわね? …
http://denman705.exblog.jp/10439635/

3) おばさんパンツが並んだ PART 1 – デンマンのブログ2009年6月11日 … この記事を読んでおられるネット市民の方々がおばさんパンツにこだわっていると。。。そう、デンマンさんはおしゃるのです … これは REALOG の『デンマンのブログ』で調べたものなのだけれど、僕はおばさんパンツに関する記事を …
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/8658f24d6dfe60fe6355df30655f0227

4) おばさんパンツとブログ(PART 3 OF 3) – デンマンのブログ2009年9月15日 … おばさんパンツとブログ(PART 3 OF 3). エログロちゃんねる の検索結果 約 1390000 件中 5 – 43 件目 … 22) デンマンのブログ:エログロとグーグル現象 2008年4月23日 … 上の記事『愛は満天の星のごとく』のリンク元を見る …
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/53e4746ad2ff97ebf59c4be1c934533b

5) 徒然ブログ:おばさんパンツが並んだ2009年6月11日 … この記事を読んでおられるネット市民の方々がおばさんパンツにこだわっていると。。。そう、デンマンさんはおしゃる … で、“おばさんパンツ”が検索キーワードのトップ10にトップから5つも並んだので、デンマンさんはすっご~♪~く …
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51507591.html

6) 徒然ブログ:海とおばさんパンツ (PART 2)読まれるおばさんパンツ これは2007年10月6日にREALOGの『デンマンのブログ』に載った“おばさんパンツ”の記事です。 …. つまり、この記事を読んでいるすべての人がおばさんパンツ・マニアだとデンマンさんは断定するのですか? …
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51478245.html

7) 海とおばさんパンツ (PART 2 OF 4) : デンマンの書きたい放題2009年4月5日 … 4) デンマンの書きたい放題 : ほっかほっかパンツ PART 2 OF 4 – もちろん、僕はおばさんパンツを穿いた菊ちゃんを思い出すのですよ。おばさんパンツだけが菊ちゃんと切り離されて思い出されるはずがないじゃないですか? だって。 …
http://mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=10038769

8) 杜の都のおばさんパンツ (PART 2 OF 3) : デンマンの書きたい放題2009年3月24日 … 4) 禁断の愛 PART 4 :: デンマンのブログ – わたしが穿いているおばさんパンツです。うふふふふ。。。 ええっ?もう、おばさんパンツを見飽きたの? そうよねぇ~ … おばさんパンツを穿いているのかって。。。? お知りになりたいで …
http://mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=9901170

9) おばさんパンツ (2007年10月6日) – 笑う者には福が来る …2007年10月6日 … 『不倫とおばさんパンツ PART 3 (2007年9月8日)』. 5位、7位、8位は同じ記事です。 REALOGの『デンマンのブログ』は携帯向けなので語数制限があり、 一つの記事を3ページから4ページに分割して載せています。 …
http://beaverland.web.fc2.com/smile/20071006.html

10) 読まれるおばさんパンツ (2007年10月9日) – 笑う者には福が …2007年10月9日 … これは2007年10月6日にREALOGの『デンマンのブログ』に載った“おばさんパンツ”の記事です。 … “おばさんパンツ”をYAHOOで検索して上のリストを見て7位か8位のリンクをクリックしてREALOGの『デンマンのブログ』にやって来た …
http://beaverland.web.fc2.com/smile/20071009.html

2009年11月22日現在

『おばさんパンツ デンマン のGOOGLEでの検索結果』より

あらっ。。。デンマンさんは“おばさんパンツ”のことで約 10,900 件も記事を書いてしまったのですか?

僕が全部の記事を書いたわけではありません。

でも、すごいですわあああァ~。。。今日は脳のお話を止めて、“おばさんパンツ”のお話をしませんか?

そう言う訳にはゆきませんよう。脳の話をするつもりで夕べから準備していたのだから。。。

分かりましたわ。。。んで、また脳科学者・茂木健一郎さんの悪口を言うのですか?

いや、悪口を言うつもりではないのですよう。日本帰省中に「まんが喫茶・ネット喫茶ミルミル」で記事を書いたのだけれど、その時「お持ち帰りコーナー」にあった『週間ポスト』を家に持ち帰って読んだらば、次のような記事が目に留まったのですよう。読んでみてください。

目からウロコ

人気脳科学者のサイエンス・エッセイ

惑(まど)うほど脳は若くなる

茂木健一郎

特定の目的に集中する必要がなく、あれこれと惑っている時に脳の中の「ディフォルト・ネットワーク」と呼ばれる回路が活性化することが分かってきたのである。

何かの仕事や作業に集中している時には、ディフォルト・ネットワークの活動はむしろ低下してしまう。
特定の目的から開放されて、脳が「自由」になった時に、ディフォルト・ネットワークが活動し始めるのである。

ディフォルト・ネットワークの機能は、まだ分かっていない。
一つの仮説として、自分の無意識の中にあるものをあれこれと探りながら、意識の中に引き出してくる働きがあると考えられる。
仕事に集中している時には、それと関係のないことに関わっている余裕がない。
脳が「暇」になって初めて、あれこれと無意識を探る余地が出てくるのである。

ディフォルト・ネットワークは、創造性と関連していると考えられる。
創造性とは、一見関係ないものを引き出し、結びつけるプロセスである。
あまりにも目の前の仕事に忙殺されていると、
脈絡のないものを結ぶ余裕がなくなってしまう。

最近の研究によると、ディフォルト・ネットワークの活動は、脳の若さと関係しているらしいことが分かってきた。
脳が若々しいほど、ディフォルト・ネットワークも活性化する。
年を重ねるにつれて、ディフォルト・ネットワークの活動は低下していってしまうのである。

脳を若く保つためには、ディフォルト・ネットワークを活性化する必要がある。
特定の仕事にだけ目を奪われることなく、あれこれと惑わなければならないのである。

大人になると、次第に仕事や生活に忙しくなって、惑うことが少なくなり、いつも目先の課題にとらわれて、白紙に戻って考えるということがなくなってしまう。
そうなると、ディフォルト・ネットワークの活動も低下し、結果として脳が老化する。

そんなことをしても無駄だなどと思わないで、大いに惑うのが良い。

一体自分は何者なのか、将来どうなってしまうのか、甘美な不安こそが、脳の若さを育む。

あれこれと迷うからこそ、新しい発見がある。
隠された自分と出会うことができる。
時には中学生の気分に戻って、ディフォルト・ネットワークを活性化させてみてはどうだろう。


56ページ 『週間ポスト』 2009年10月16日号

なかなか良い事が書いてありますわ。あたしも脳の若さを保っていつまでも元気でいたいですわ。

そうですよう。上の記事を読んだら、誰だって脳を若々しく保ちたいと思うんでしょうね。

そうですわね。

ところでレンゲさんは次の諺を聞いたことがありますか?

紺屋の白袴

もちろん、聞いたことがありますわ。次のような意味ですよね。

紺屋の白袴 (こうやのしろばかま)

紺屋が、自分は染めていない白袴をはいていることから、

他人のことで忙しく、自分のことには手が回らないこと。

また、いつでもできると思い、何もしないで終わることのたとえにも使われる。

その通りですよう。僕は、茂木健一郎さんも「紺屋の白袴」になってしまったのではないかと思ったのですよう。次の記事を読んでみてください。

脳科学者・茂木健一郎は

NHKの番組を降板すべきではないか

「仕事に追われて」は理由にならない

たまげた人が多かったはずだ。
脳科学者の茂木健一郎(47)が、東京国税局に約4億円の申告漏れを指摘された件だ。

茂木の一般的なイメージは、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で見せる柔和な笑顔か。
NHKで知名度が全国区となり、最近は「世界一受けたい授業」(日テレ)などバラエティーの出演も増えている。

「茂木のギャラはNHKで1本50万円前後です。
民放はゲスト出演で15万円以上、ゴールデンなら50万円程度。
テレビだけで年間5000万円以上稼いでいる計算です」

(マスコミ関係者)

NHKの売れっ子は講演会でも引っ張りダコ。
ある講演会運営会社によると、昨年の茂木のギャラは1回あたり約90分の講演で90万円。
月3回なら年間の稼ぎは3000万円以上になる。

驚くのはまだ早い。
最大の“ドル箱”は出版である。
2007年の「脳を活かす勉強法」、2008年の「脳を活かす仕事術」は、それぞれ100万部を突破し、茂木は2億円以上の印税を手にした計算だ。

「茂木の執筆ペースの速さは西村京太郎や赤川次郎らベストセラー作家も顔負けです。
共著を含めて今年6月、8月、9月にそれぞれ4冊出版しました」

(出版関係者)

勤務先のソニー関連会社の給与の他にこれだけ雑所得があれば、「確定申告しなきゃ」と焦るのが普通の感覚だろう。
しかし、茂木は「日々の仕事に追われて」4億円をほったらかしにしていた
多忙なら税理士に税務処理を依頼すれば済む話で、このルーズさはどういうことか。

茂木は番組のHPで「深くお詫び申し上げます」としているが、手厳しい意見もある。
芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「茂木はNHKで番組を持ち、NHKの受信料の中で育てられた脳科学者で、今やタレントです。
“時間がない”なんて理由で、申告漏れが許されるわけがない。
そもそも納税は国民の義務。
時間があるないの問題ではない。
NHKは即刻、茂木を降板させるか、番組を打ち切るべきです」

脳科学者の頭の中をのぞいてみたいものだ。


出典: 日刊ゲンダイ (2009年11月12日)

『専門馬鹿の世界 (2009年11月18日)』に掲載

大人になると、次第に仕事や生活に忙しくなって、

惑うことが少なくなり、

いつも目先の課題にとらわれて、

白紙に戻って考えるということがなくなってしまう。

そうなると、ディフォルト・ネットワークの活動も低下し、

結果として脳が老化する。

茂木さんはエッセーで上のように書いていたのだけれど、すっかり「紺屋の白袴」になってしまっているのですよね。

確かに、そうですわね。ご自分のお仕事が忙しくなって、惑うことが少なくなり、いつも目先の講演だとか本を出版することにとらわれて、白紙に戻って考えるということがなくなってしまったのですわよね。

そうなのですよう。それで茂木さんはディフォルト・ネットワークの活動が低下して、結果として脳が老化して、多忙なら税理士に税務処理を依頼すれば済む話なのに、そういう考えも思い浮かばない。結果として4億円をほったらかしにして申告しなかった。

まさに「紺屋の白袴」ですわ。

茂木さんは専門が脳科学ですよう。オツムの科学者が中学生や高校生程度の常識が無いとしたら、呆れる人が出てくるのもうなづけますよう。事実、次のようなコメントが書いてありました。

「学者は世間ばなれしているから,うっかりしていたのだろう」などと好意的に解釈している人もいるようだが,真の科学者は案外そういった点については常識的なものだ。
おまけに彼は似非科学者であって,彼自身が何かを発見したとか,脳科学に貢献したなどということは無い。
あくまでもメディアが好む「科学者像」を演じているだけに過ぎないし,著書は百害あって一利なし。
こういう人間(茂木健一郎)は駆逐されるべきだと思う.


『脳科学者・茂木健一郎はNHKの番組を降板すべきではないか』のコメント欄より

でも、茂木さんが真の科学者ではないと言うのは、ちょっと言い過ぎではありませんか?

でもねぇ、上のコメントに書いてある通り、茂木さんが何かを発見したとか,脳科学に貢献したなどという話を僕も聞いたことがないのですよう。

つまり、茂木さんは人気のある脳の話に付け込んで、ご自分の専門を利用してお金儲けに走っていると、デンマンさんは見ているのですか?

そうですよう。もともと脳の話というのは人気がある話題なのです。だから、ちょっと気の効いた事を書けば、メディアが好む「科学者像」を自分で演じることができる。

茂木さんは忙しすぎて、ご自分を振り返って見る時間がなかったのでしょうか?

たぶんねぇ。でも、茂木さんがキャスターをやっているNHKの『プロフェッショナル』と言う番組は実に素晴らしいのですよう。僕にとって、この番組は日本のテレビ番組の中ではトップ10に入っているのです。

その番組のキャスターである茂木さんが、今回不祥事を起こしたのでデンマンさんはガッカリしたのですか?

そうですよう。『プロフェッショナル』と言う番組を担当しているキャスターならば、その内容にも精通しているはずなんですよう。そのような人が「日々の仕事に追われて」4億円をほったらかしにしていた、と言ったのですからねぇ。

茂木さんが番組の内容をしっかりと理解していれば、そのような専門馬鹿的な事を言わない、とデンマンさんは信じていたのですか?

そうですよう。茂木さんは「紺屋の白袴」になってしまい、4億円をほったらかしにしてしまったのでしょうね。そう思われても仕方が無いのですよう。

つまり、デンマンさんは茂木さんが4億円儲(もう)けたので僻(ひが)んでいるのですか?

いや僻んでいるわけではありません。

でも、4億円にこだわっているように見えますわ。

あのねぇ、僕がどうしてこだわっているのか?

どうしてですか?

実は、この記事を書く気になったのは次の統計を見たからですよう。

貧困率、平成19年は15.7%

日本は世界ワースト4位

厚生労働省は20日、国民の経済格差を表す指標である「相対的貧困率」を初めて発表した。
平成19年は15・7%で、7人に1人が貧困状態という結果。
算出を行った平成10年以降で最悪となった。
18歳未満の子供が低所得家庭で育てられている割合「子供の貧困率」は14・2%だった。
経済協力開発機構(OECD)が昨年に公表した加盟30カ国の比較では、日本は4番目に悪かったが、国はこれまで数値を出しておらず、労働者団体から「現状把握のために調査をすべきだ」との声が上がっていた。

政権交代で就任した長妻昭厚労相が今月上旬に算出を指示、この日の会見で「来年度から支給する『子ども手当』などの政策を実行に移し、数値を改善していきたい」と説明した。

相対的貧困率は、一家の収入から税金やローンなどを除いた自由に使える「可処分所得」を1人当たりに換算し、高い人から順に並べた場合の中央値の半分に満たない人の割合を出したもの。
子供の相対的貧困率は、全体の中央値の半分に満たない子供の割合を示している。
今回の調査は、3年に1度実施している国民生活基礎調査の結果の数値を使い、10年にさかのぼって3年ごとの値を算出。
OECDが採用している計算方法を用いた。

最悪の水準となった平成19年は、年間所得の中央値が228万円で、相対的貧困率の対象となるのは所得が114万円未満の人。
この比率が15・7%を占めた。

OECDが公表した2000年代半ばの各国の相対的貧困率の比較によれば、日本はメキシコ(18・4%)、トルコ(17・5%)、米国(17・1%)に次いで4番目に高かった。

出典: 2009年10月21日 産経新聞


『ムカついてるの? (2009年10月23日)』より

この統計がどうだとデンマンさんはおっしゃるのですか?

あのねぇ~、かつて経済大国になった日本が貧困率で、平成19年には世界ワースト4位だった。これは、かなりショッキングな事実ですよう。

そうでしょうね。あたしも驚きましたわ。

要するに所得格差が広がっていると言うことなのですよう。はっきり言ってしまえば、茂木さんのようなお金儲けに走る専門馬鹿が多いと言うことです。

つまり、茂木さんの件は氷山の一角だとデンマンさんは信じているのですか?

そうですよう。

そもそも納税は国民の義務。

茂木さんも神様じゃないのだから、50の長所と50の欠点を持っている。だから、取り立てて厳しい事を言うつもりは無いけれど、茂木さんのようなお金儲けに走る専門馬鹿が多くなると日本の所得格差がますます広がってしまう。国民の義務を忘れて欲しくない!格差を広げて欲しくない!日本のためにも。。。

そうならないためにデンマンさんは、この記事を書く気になったのですか?

そうですよう。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
あなたは、国民の義務をはたしていますか?

ええっ?あたしですか?
お給料からバッチし税金を取られていますわよう。
あなただってそうでしょう?

でも、茂木さんのように税金を引かれずに手元に収入を得ている人もたくさん居るのですわよね。
そこがサラリーマンとお金儲けに走る専門馬鹿の違いですわ。

とにかく、興味深いお話がまだ続きますう。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

こんにちは。ジューンです。

「紺屋の白袴」

よく耳にしますよね。

さて、英語で何と言うのでしょうか?

文字通りに訳すと次のようになります。

It’s like the dyer who is so busy dying cloth

for other people that his own clothes go undyed.

でも、これでは長たらしくて諺らしく聞こえません。

英語には、もっと簡単な言い方があります。

Doctors often neglect their own health.

日本語に訳せば「医者の不養生」になります。 

専門の職に就きながら

自分自身は意外にも出来ていないという意味です。

「紺屋の白袴」と同じように使われます。

ところで、話は違いますが、

1999年夏の「東芝事件」は

ネットでも画期的な事件でした。

東芝製ビデオデッキの修理に関し、

その対応に腹を立てた消費者が、

経緯をネットで公開したのです。

東芝側はホームページの一部削減をさせるため

「名誉権と営業権に基づく妨害排除の請求」の

仮処分を申請しました。

しかし、社会的な批判が高まり、

急遽謝罪を表明したのです。

仮処分の申し立ても取り下げました。

やはり、企業と言えども法の下には

個人と平等なのですよね。

「はてなダイアリー」のユーザーとして

デンマンさんが「はてなダイアリー」の問題点について

たくさん記事を書いています。

ユーザーと「はてなダイアリー」との関係も、

もちろん対等であるべきですよね。

ユーザーが不満を表明し、

釈明を求めているのであれば、

「はてなダイアリー」も誠実に対応すべきだと思います。

ネットの世界は単に現実世界の

向こうの虚像ではありません。

東芝事件のように、

ネット上で激しさを増したユーザーの声は、

間違いなく現実社会に戻ってくるからです。

デンマンさんが「はてなダイアリー」を批判しています。

興味があったら次の記事を読んでみてくださいね。

『はてな批判 (2009年5月24日)』
 
ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック2件 to “専門馬鹿にならないように!”

  1. 日本は出遅れた « Denman Blog Says:

    […] ■『専門馬鹿にならないように』 […]

  2. 小百合さんとボヴァリー夫人 « Denman Blog Says:

    […] 『専門馬鹿にならないように』に掲載 (2009年11月24日) […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。