あたしはセックスにこだわりすぎますか?(4度目)


 
2006年2月26日 日曜日
 
 
あたしはセックスに

こだわりすぎますか?(4度目)
 
 

本当はね・・・

2005 03/04 16:15

言えないことがいっぱいあって、
こころの奥のほうに、
詰め込まれている・・・

言えないことには、
トゲがあるから、
こころは、いつだって
チクチクと責められている。

わたしには、こころの中身を
見せられる人がいないから、
痛くてつらくても、
なぐさめも
癒されることもない。

本当は、誰かに話を聞いて欲しい。
せめて、この痛みを知ってほしい。

by レンゲ  


『本当はね。。。』より

レンゲさん、僕はあなたの話を充分に聞いてあげたつもりですよ。少しは気持ちが落ち着きましたか?僕はあなたを悲しませようとして62歳の女性が赤ちゃんを産んだ記事を持ち出したわけではないんですよ。

でも、デンマンさんは、あたしが洋ちゃんと結婚するつもりもないのにイクことにこだわっていると非難しているんですわ。

別に非難しているわけではありませんよ。

デンマンさんはあたしの母と同じですわ。この人とはダメ、あの人とはダメ、。。。どのような人であろうとも、デンマンさんはあたしが新しい関係を持つことを祝福してくれないんです。

そんなことはありませんよ。それはレンゲさんの一方的な決め付けですよ。僕は次のように言ったはずですよ。

つまりね、イッタとかイカナかったという事は、さほど重要なことではないんですよ。その受け止め方は女性によって違うからですよ。ちょうど、“寂しさ”もレンゲさんが感じるものと僕が感じるものとではまるで違っている。長くなるから書かないけれど、詳しくは次のリンクをクリックして読んでください。
『群衆の中の孤独! 寂しくって死んでしまいたい。』

それで、デンマンさんは、何が重要だとおっしゃりたいのですか?

洋子さんは下の手記を書いた時点で、山田さんによって“心が癒され”ていた。そのことが重要なんですよ。そう思いませんか?レンゲさんは去年の暮れ、寂しくて死んでしまいたいほど落ち込んでいた。でも、清水君に愛されることによってその寂しさが癒された。もう、死にたい、死にたいとは言わなくなった。つまり、レンゲさんも清水君によって心が癒されたわけですよ。だから、癒されたと言う点では洋子さんもレンゲさんも変わりがないんですよ。


山田さんには奥さんも子供もいたのですが、
親しく言葉を交わすようになってから6ヶ月程経った頃、私は思い切って別れたボーイフレンドの事を切り出したのです。

それがきっかけで、
山田さんと男女関係のことを話し合うようになり、
それまでに他の人には相談できなかった
セックスの悩みなども彼に打ち明けるようになったのです。
そのようなわけで私たちは急速に近づいていったのです。

ある時別れたボーイフレンドの話をしているうちに
思い余って私は泣きだしてしまいました。
その時アパートまで送ってくれた車の中で
山田さんは私を抱き寄せて慰めてくれたのです。

その次の週私は彼を自分のアパートに招いて
初めて身を任せたのでした。
久しぶりのエッチだったので、
溢れ出る愛液がシーツに滴るほど感じてしまい、
とても恥ずかしい思いをしました。

男性経験は別れたボーイフレンドしか知らない私は、
女の扱いに慣れている山田さんの
至れり尽くせりの愛撫を受けて、
身も心も溶けてしまうようでした。

強烈な快楽に初めて頭が真っ白になり、
悦楽にしびれて我を忘れるような恍惚感にどっぷりと浸ったのです。

山田さんと結婚することはかなわないけれど、
彼の存在は今の私の生活に癒しを与えてくれる大切な人になりました。
別れたボーイフレンドとは味わうことのできなかった官能の歓びを知り、山田さんによって心が癒される以上に
私の身体が彼のことを忘れられなくなってしまったのです。
でも、いつまでこの秘められた関係を続ける事ができるのか、時々不安になります。


『初めてカキコします。これからもよろしくお願いします』より

レンゲさん、分かりますか?清水君とつき合う事によってレンゲさんは心が癒された。つまり、生きる悦びを見つけたわけですよ。だから、この事を踏み台にしてもっと建設的に、家庭を築く方向に二人の関係を向けてゆけばいいじゃないですか?

つまり、デンマンさんはあたしと清水君が結婚すべきだと言いたいんでしょう? 

それだけ愛し合っているのだから結婚したっていいじゃありませんか?

でも、洋ちゃんはあたしより4つ年下です。

レンゲさんは年のことが気になるので結婚しないわけですか?

62歳の米女性、無事男児出産

【2006年2月21日 AP通信】

米カリフォルニア州に住む62歳のジャニス・ウルフさんが
6.9ポンド(約3Kg)の男児を無事出産した。
こうしてジャニスさんは世界最高齢出産の記録保持者の仲間入りをした。

3番目の夫のスコットさん(48)との間に生まれたこの男児は、
ジャニスさんの12番目の子供となった。
彼女にはすでに20人の孫と3人のひ孫がいる。

ジャニスさんが赤ちゃんを産んだのは62歳ですよ。この時の夫のスコットさんは48歳です。ジャニスさんより14歳年下ですよ。清水君はレンゲさんより4才年下なだけですよ。全く問題ないじゃないですか?

あたしはかまいませんけれど、洋ちゃんが。。。。

清水君は年上の女性と結婚するのを嫌っているわけですか?

口には出しませんけれど。。。。

つまり、レンゲさんは清水君が結婚する気がないのを知リつつ身を任せたのですか?

結婚するとかしないとか、。。。そういうことを話し合って関係を結んだわけではありませんわ。

要するに、清水君とそうなった時には、レンゲさんの頭の中には結婚のことなど全くなかったということですか?

だって。。。

だって、。。。何ですか?

結婚するとかしないとかを先に考えて恋愛する人なんて居ますか?

居ますよ。僕はそれが普通だと思っていましたよ。恋愛の先に結婚がある。そして、お嫁さんになる。女の子は漠然と、そう考えていると僕は思っていましたよ。

どうして、そのように考えるのですか?

僕は以前、菊ちゃんの話をしましたよね。

あの、オツムの弱い女性のことですか?

そうですよ。

“菊ちゃん”という女性がいました。
もう亡くなりましたよ。
僕が中学生の頃に26歳ぐらいでした。

この人は本当に精神年齢が7歳なんですよ。
だから小学校も行っていなければ、中学校も行ってないんですよ。
つまり、放置されていましたよ。
でも、面倒見のいい家族がいて、菊ちゃん自身は幸せな人でした。

僕の母親は、とても人に信頼され好かれる人なんですよ。
だから、この「ばか」も僕のお袋になつきましてね。
お袋が手内職の仕事を菊ちゃんに教えました。
だから、よく僕の家に遊びに来ましたよ。

とにかく、人から馬鹿にされることが多い人だから、僕のお袋のように、まともな「女性」として扱い仕事を教えてくれる人に何か感じるのもがあったんでしょうね。
人間の尊厳を認め合う、ということは僕のお袋の「教え」でしたからね、僕も菊ちゃんのことを一人の7歳の「女性」として見ていました。
だから、この菊ちゃんが僕に対しても親近感を覚えましたよ。

僕の家が近所のかみさんたちの溜まり場のようになっていて、時々集まっては「井戸端会議」をするわけですよ。
もちろん、僕のお袋は菊ちゃんも仲間に入れるわけですね。

ある時、5人ぐらいのかみさんの一人が、こういうことを言ってからかったんですよ。
「菊ちゃん、アキラ(僕の名前)さんもそのうちお嫁さんをもらうからね、アキラさんのお嫁さんになりたかったら、今のうちにお母さんに頼んでおきな」
そしたら、菊ちゃん真に受けて、すぐに家へ跳んで帰りましたよ。

かみさんたちは爆笑でした。
僕は中学生でしたからね、爆笑が聞こえましたが、話の内容までは分からない。
後でお袋から聞かされました。

つまり、僕が何が言いたいかというと、
7歳の「女性」でも、お嫁さんになることは「夢」なんですよね。

その時は笑い話でしたが、7歳の「女性」でも「女の夢」を持っていた、ということを今から思い出すと考え深いですよ。


『愛することに目覚めて。。。』より
(2006年2月8日)

この話って、絶対にあたしに対する当てこすりやわ。

レンゲさん、またそうやって必要以上に被害妄想に陥っていますね。僕は菊ちゃんのエピソードが実際ほほえましく感じられるんですよ。最近の7つ、8つの女の子はどうなんでしょうかね?お嫁さになることを夢見ていますか?

デンマンさんは誤解しているのではありませんか?

僕が何を誤解しているのですか?

7つ、8つの女の子は“夫婦”になることを夢見ているわけではないんですよ。

じゃあ、何を夢見ているのですか?

あのきれいなウェディングドレスを着ることを夢見ているのですわ。

そういう女の子も居るでしょうね。でもね、菊ちゃんはそうではありませんでしたよ。

なぜ、そう言い切れるのですか?

なぜなら、それでは、菊ちゃんが家に跳んで帰ったことが説明できないでしょう。かみさんは“菊ちゃん、ウェディングドレスが着たいなら”とは言わなかったんですよ。“アキラさんのお嫁さんになりたかったら”と言ったんですよ。菊ちゃんが特定の名前に反応したから、かみさんたちは笑いころげたんですよ。ウェディングドレスに反応したって何も面白いわけがないでしょう?かみさんたちは菊ちゃんが僕になついていることを知っていたんですよ。

つまり、7歳の女性の菊ちゃんでさえ結婚することを夢見ているのに、あたしにはそういう夢がないとおっしゃるのですね。

レンゲさんに夢がないと言うつもりはないけれど、あなたから結婚したいという話を聞いた事があまりないですよ。ほとんどありませんよ。レンゲさんにとって愛とセックスは密接に結びついている。でもね愛と結婚は図で示すなら次のようになっているんですよ。

あたしが結婚も考えずに洋ちゃんとセックスばかりしていると言うのですか?

結婚を考えてみてもいいのじゃないですか?と言っているんですよ。平均的な女性の結婚と愛とセックスの関係は図で表すなら次のようになっているはずですよ。

分かりますか?レンゲさんの結婚ー愛ーセックスの図式と比べて調和が取れていると思いませんか?

デンマンさんはあたしを非難したいんでしょう?

僕は別にレンゲさんを非難しているわけじゃありませんよ。レンゲさんの心の痛みを聞いているつもりですよ。

でも、デンマンさんは、あたしの心の痛みをこうして図にしてまで見せ付けるんですわ。

僕はレンゲさんの心の痛みを癒してあげたいからこうして図を作ったんですよ。痛みを見せ付けるためではありませんよ。

だって、あたしと洋ちゃんが愛し合うことをデンマンさんは良くは思っていませんわ。心のどこかでデンマンさんはきっとあたしを非難しているんです。

そうではありませんよ。死ぬ死ぬ、とレンゲさんが言っていた去年の暮れの頃を考えれば、清水君と愛し合う事によってレンゲさんは生きる意味を見出したんですよ。そうでしょう?

だったら、デンマンさんはあたしを祝福してくれるはずでしょう?

だから祝福していますよ。

いいえ、こうして図まで作ってあたしが結婚も考えずに洋ちゃんとイクことばかり考えていると非難していますわ。

それもレンゲさんの一方的な思い込みですよ。僕は次のように言っているんですよ。レンゲさんも覚えているでしょう?

レンゲさんの場合には“愛”と言う名のセックスは“幼児的なふれあい”を満たしてくれたばかりではなく、“教育と言う名の虐待”からの開放でもあったんですよ。

どういうことですか?

レンゲさんは16才で坂田さんの腕に抱かれて乙女の花びらをワクワク。。。はらはら。。。ドキドキ。。。しながら散らしたんですよ。レンゲさんは、しかも、そのことを期待していた。抱かれたあとも充分に悦びを感じる程にあなたの“愛と性”は一人の女として目覚めていたんですよ。いわば愛のない家庭に息詰まっていたレンゲさんがオアシスを見つけたようなものだった。しかも、“教育と言う名の虐待”からもレンゲさんは逃れたかった。つまり、坂田さんに抱かれた事によって、レンゲさんは“愛”を見つけ、虐待からの“自由”を得たんですよ。その時の体験がレンゲさんの心に刷り込まれている。だから、レンゲさんはセックスにこだわるんですよ。“より良いセックスは、よりすばらしい愛になる” と言う図式がレンゲさんのオツムの中に出来上がっている。そういうわけだから、イクことにもこだわっている。違いますか?

あたし、デンマンさんほど理屈を捏(こ)ね回さないから良く分かりませんけれど、でも坂田さんに抱かれた時は本当にうれしかったんです。

でしょう?その時からレンゲさんは愛と性に目覚めて“本当の愛”を探し求めているんですよ。あなたが初めて作ったホームページのタイトルは“愛を探して。。。”と言うものだったんですよ。


『あたしはセックスにこだわりすぎますか? (3度目)』より
(2006年3月24日)

“より良いセックスは、よりすばらしい愛になる”。。。デンマンさんが、そうおっしゃってくれたので、あたしはとてもうれしかったんです。

だから、分かるでしょう?僕はレンゲさんがイクことにこだわるのを非難しているわけじゃないんですよ。

だったら、デンマンさんもあたしがイケるように助けてくださいな。

でもね、はい、そうですか。。。とはすぐには言えないんですよ。

どうしてですの?

上の洋子さんの手記をもう一度読んでみてくださいよ。“山田さんと結婚することはかなわないけれど、彼の存在は今の私の生活に癒しを与えてくれる大切な人になりました”。。。こう書いているんですよ。つまり、山田さんが独身なら、洋子さんはまず間違いなく山田さんと結婚するでしょう。そう思いませんか?

思いますわ。

だったら、レンゲさんも同じ気持ちになりませんか?“清水君と結婚することはかなわないけれど、彼の存在は今の私の生活に癒しを与えてくれる大切な人になりました。”。。。山田さんを清水君に置き換えたんですよ。でも、山田さんと違って、清水君は独身なんですよ。だから、レンゲさんと清水君を結婚できなくさせるような障害物はどこにもないんですよ。それなのに、今のレンゲさんは結婚よりもイク事にこだわっている。

そうじゃありませんてばあああああ~。。。あたしは、デンマンさんがすぐ上で引用したように“本当の愛”を探し求めているんです。

目の下を黒くしてアクビばかりしているレンゲさんを見ていると、ずいぶん疲れる幸せだと、うらやましいような同情させられるような。。。

ウトウトし始めると洋ちゃんがまたあたしを求めるんですねん。。。寝させてくれへんねん。

眠いからもう止めてくれと言えばいいじゃないですか?

そんな事言えしませんわ。

どうして?

だって、夕べは洋ちゃんが絶対にあたしを寝させへん、って言うたんですねん。

なぜ?。。。喧嘩でもしたんですか?

いいえ、そうじゃありしません。あたしをどれだけ愛しているか証明する言うて。。。

それで一晩中ですか?

(中略)

毎晩愛される事って女にとって幸せな事ですわ。

ん?。。。毎晩?。。。毎晩ですかァ~?

いけませんか?

いけない事はないけれど、毎晩、毎晩一晩中やっていては体が持たないでしょう?

でも、洋ちゃんと一晩じゅうしていたのは夕べだけですわァ。

それで、。。。いつもは、。。。いつもはどうなんですか?

2度です。。。あのォ~。。。寝る前と目覚めたときに。。。

なんだか、歯を磨くように定期的にやってんですねぇ~~。。。それで、。。。あのォ。。。なんですよ、。。。毎日と言うけれど、“旗日”のときは。。。?

洋ちゃんが気にならないと言うので、あたしも気にしていません。あたし、今、毎日がとても充実していますわ。アクビは出ますけれど、幸せです。


『愛しちゃったのよ。。。』より

レンゲさんは清水君のことをこれだけ愛し、また愛されているわけですよね。でも、これは、まだ“本当の愛”ではない、と言うんですか?

もちろん、あたしは洋ちゃんに愛されていると思います。けれど、あたし。。。

何ですか?

不安なんです。

これだけ愛され、これだけ愛していて、レンゲさんはまだ不安なんですか?それで結婚する決意がつかないと言うんですか?

だって、。。。だって、あたし。。。。

何ですか?

これを言うとデンマンさんは、絶対イヤ~な顔をなさるんです。

しないから言ってくださいよ。。。。しませんよ。だから言ってくださいよ。

あたし、洋ちゃんとはイケないんです。。。。でも、。。。。でも、デンマンさんに、。。。デンマンさんに抱かれた時にはイケたんです。

だから、それわあああ~~~ちがうんですよォ~~~

ホラ。。。そうやって、イヤ~なお顔をしているではないですかああああああ。。。。。

レンゲさんはねぇ、僕を理想化したり、こき下ろしたりするんですよ。理想化する時には、とことん僕を理想化してしまう。『去年の真夏の夜の出来事』は、そのようにしてレンゲさんがオツムの中で作り上げた僕の理想像なんですよ。つまり、すでに書いたようにレンゲさんは16才で坂田さんの腕に抱かれて乙女の花びらをワクワク。。。はらはら。。。ドキドキ。。。しながら散らしたんですよ。抱かれたあとも充分に悦びを感じる程にあなたの“愛と性”は一人の女として目覚めていたんですよ。いわば愛のない家庭に息詰まっていたレンゲさんがオアシスを見つけたようなものだった。つまり、坂田さんに抱かれた事によって、レンゲさんは“愛”を見つけ、虐待からの“自由”を得たんですよ。その時の体験がレンゲさんの心に刷り込まれている。

あたしは、デンマンさんに坂田さんを見ているとおっしゃるのですか?

その通りですよ。坂田さんに抱かれて救われた思いが今だにレンゲさんの胸の中に大切に秘められている。それを僕に投影しているだけの話ですよ。

あたしはデンマンさんを愛していないと言うのですか?

レンゲさん、あなたはねぇ、問題をごちゃごちゃにしていますよ。僕とレンゲさんは“心の恋人”なんですよ。レンゲさんだって認めていたんですよ。

冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。

2004-8-16 19:46

ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE


『次元の違いとは端的に言うと』より

分かるでしょう?今、レンゲさんに必要な人は“心の恋人”ではないんですよ。“人生の伴侶”なんですよ。上のニュースのジャニスさんにとってのスコットさんなんですよ。その人がレンゲさんにとって清水君なんですよ。違いますか?

。。。(無言)。。。

レンゲさんは、一体何のために毎日2度づつ、きちんきちんと清水君と愛し合っているのですか?

。。。(更に無言)。。。

分かりましたよ。考える時間が必要なようですよね。この記事も長くなったから、また明後日まで待ちますよ。じっくり考えてくださいね。

(ここだけの話しですけれどね、レンゲさんとの話は、このようなわけで、長くなってしまうんですよ。。。とにかくね、この話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。)

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲ物語 愛と性の美学』

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

こんにちはジューンです。

マルウェア(malware)は日本語では

“不正ソフトウェア”と訳されますが、

malicious software を

合成してできた単語です。

これに似たものに

バッドウェア(badware)があります。

これはアメリカの消費者団体、

StopBadware.orgが

提唱した造語です。

信頼できない、無作法なソフトウェアという意味です。

全てのマルウェアとスパイウェア、

一部の強引なアドウェアがこれに該当します。

驚いたことに、上の消費者団体は2006年8月に

AOLの無料版のインターネット接続クライアントソフト

「AOL9.0」をバッドウェアに指定しました。

なぜなの。。。?

AOL9.0 には多数のソフトウェアが

付属しているのです。

これをインストールすることや、自動アップデートが

デフォルトで有効になっていることが

明確にユーザに通知していないこと、

アンインストールが困難であること等を

理由としてあげています。

大手の企業が提供するソフトウェアが

バッドウェアと認定されたのは、これが初めてです。

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。