桜散る女


  
 
2009年12月24日 (木曜日)
 
 
桜散る女
 
 

16歳で桜の花びら めれんげ デンマン

の検索結果

27 件中 1 – 10 件目

1) 相手にされない成りすまし馬鹿 (PART 3 OF 4) – デンマンのブログ勝手に空想をふくらませて、 登場人物に恋をするんです… わたしのお気に入りはタルーです(*´д`*) by めれんげ …. それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも~~。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ~ …
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/719bd8c0a23f0b84b89ca93b62cb0f52

2) エロい文学少女 PART 2 – デンマンのブログ2007年4月11日 … レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。 まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。 愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心の … ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。 『性と愛の渇き』より. レンゲさんの初体験はかなり詳しく聞かされたのですが、めれんげさんの相手はどのような人だったのですか? 既婚者の方ではありませんでしたわ。 …
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/5072b3f6ed2cb323925e9591957a2529

3) 徒然ブログ:相手にされない成りすまし馬鹿 (PART 2) それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも~~。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ~ …. デンマンさんは、意外に優しいのですね。こうやって愛の手をさしのべて、めれんげさんの最期を美しく飾り、新たな命を吹き込 …
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51581214.html

4) 徒然ブログ:肉体の悪魔 2008年8月13日 … それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも~~。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ …. それ程、映画の印象はデンマンさんにとって薄かったのですか? そうですよう。めれんげさんがそのように書いた …
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51559603.html

5) 肉体の悪魔 PART 1 – デンマンのブログめれんげサバイバルで書いていた「猫小町手習い日記」も全然進まないし… スランプかな? by めれんげ … ところで、めれちゃんも早熟だった。 小学生の頃から「チャタレー夫人の恋人」を読んで、 それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから
http://210.165.9.64/denman/e/43d3556fa27a55dcb51e5c1788f52c2b/prev

6) 2006年1月 – デンマンのブログレンゲさんは16歳当時坂田さんにすべての希望を見出していたはずですからね。 わたしの胸には、愛情はない。 …. あたしが何もかも計算して坂田さんの腕の中で桜の花びらを散らしたと。。。そうでしょう?。。。そう思っているんでしょう? …
http://210.165.9.64/denman/d/20060131

7) 二人きりの世界 (PART 2 OF 3) いつのことってぇ〜、めれちゃんが桜の花びらを散らした花も恥らう16歳のときのことやないかいなァ〜。めれちゃんは、その時の … 次の短歌を詠んでいたやないかいなァ! 夏祭り 夏祭り 見上げる花火 人ごみの 中でふたりは 固く手つなぎ by めれんげ …
http://www.edita.jp/goo705/one/goo7052713.html

8) 肉体の悪魔 ところで、めれちゃんも早熟だった。 小学生の頃から「チャタレー夫人の恋人」を読んで、 それで、16歳で桜の花びらを …. それ程、映画の印象はデンマンさんにとって薄かったのですか? そうですよう。めれんげさんがそのように書いたので、そう言え …
http://www.edita.jp/love705/one/love7057866597.html

9) デンマンのブログ:菊ちゃんを旅する 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19 ….. 前にも書いたけれど、桜の花びらだとかユリの花だとか菊の花を集めて、このような首飾りを器用に作る事ができる。子供っぽいところが多いのだけれど、 … デンマンさんは、悪い子供たちと一緒になって遊んでいたのですわね?。。。んで、それが菊ちゃんの面白いエピソードなのでござ~♪~ますか? …
http://denman.anisen.tv/e39964.html

10) デンマンのブログ:めれちゃんと『ペスト』 それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも~~。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ~ ….. めれんげさんとデンマンさんの やり取りを読んでいたら、 わたしも、ぜひ一度『ペスト』を 読んでみようと思いました。 …
http://denman.anisen.tv/e51344.html

2009年12月17日現在

『16歳で桜の花びら めれんげ デンマン のGOOGLE検索結果』より

タノムさんは上の結果の中に表示されたページを読んでデンマンさんを批判する気になったと言うのですか?

そうですよう。。。それでムカついて、タノムさんは自分のサイトに次の記事を書いたのですよう。

処女・童貞
 
 

 
[コミュニケーション新世紀]

処女にこだわる時代じゃないよ

初めてのセックスとは女性にとっては、

ひとつの通過点であり

それ以上の意味はないとtanomuは考える

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

相手が誰だろうと、過去のどーでもいい話やん

そんなものを、いつまでも大事な思い出に

してるやつってキモイ

by tanomu (タノム)

2009-10-30


『タノムダイアリー 処女・童貞』より

でも、デンマンさんを批判しているようには読めませんわ。
 
あのねぇ、間違いなく、タノムさんは僕を批判しているのですよう。

その根拠でもあるのですか?

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること

タノムさんは、上のように書いているのですよう。

でも、タノムさんは一般論としておやじ、じじいと書いたまでですわ。

だから、それがレンゲさんの個人的な意見ですよう。。。でもねぇ、客観的にタノムさんの言動を見てみれば、まず間違いなく僕を批判しているのですよう。

その根拠は。。。?

タノムさんのサイトのタイトルを見てみれば、すぐに分かることですよう。

『デンマンさんの生態研究』

タノムさんは僕を批判するためにサイトを立ち上げたのですよう。

あたしは違うと思いますわ。タノムさんはデンマンさんの素晴らしさに興味と関心を寄せたのですわ。

うへへへへへ。。。レンゲさんはマジで、そう思うのですかァ~♪~?

もちろんですわ。。。うふふふふふ。。。

でもねぇ~、ここで喜んで、僕は鼻の下を伸ばす訳にはゆかないのですよう!んも~~。。。

どうしてですか?

タノムさんは、めれんげさんの次の絶交状を間違いなく読んでいるのですよう!

じいさん、

永久に近づくな。

めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉を
アンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。

わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。ネタにもするな」

ということだ。

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36


『極私的詩集 永久に近づくな』より

『相手にされない成りすまし馬鹿』に掲載
(2009年11月22日)

うふふふふ。。。デンマンさんは被害妄想に陥(おちい)っていますわよう。

ん。。。? 被害妄想。。。?

そうですわ。。。この高齢社会の日本に“じいさん”なんてぇ、掃いて捨てるほど居ますわよう。

あれっ。。。まるで“姥捨て山(うばすてやま)”のように、レンゲさんは“じいさん”を日本から掃いて捨てようとするのですか?!

デンマンさん!。。。そのような発想が被害妄想だと、あたしは言っているのですわア。。。あたしは、なにも高齢者に向かって「用無し人間だから消えうせろ!」とか、「役立たずだから、トットとあの世に行け!」なんて言おうとしているのではないのですわ。

あれっ。。。、あれっ。。。、レンゲさんは心の中では、ずいぶんとひどいことを考えているのですねぇ~。

だからァ~。。。、そのような事をあたしは考えていないと言っているのですわ。

“火の無いところに煙は立たず!”

昔の人は、このように言ったのですよう。レンゲさんが心の中で思っているからこそ、口について出てくるのですよう。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいなア!

レンゲさん。。。そんなに感情的になったら、ダメですよう!。。。マジで“じいさん”を日本から掃いて捨てようと思っていることが分かってしまいますよう。。。

分かりましたわ。。。デンマンさんのその手には乗りませんわ。。。あたしが言いたい事は。。。タノムさんがめれんげさんの絶交状を読んだとしても、タノムさんは個人的にデンマンさんを攻撃しているとは思いませんわ。

レンゲさんはタノムさんを庇(かば)おうとしているのですね?

デンマンさんは、何が何でもタノムさんを“悪女”だと決め付けたいのですわねぇ。。。

いや。。。可愛らしいタノムさんを僕が“悪女”だと決め付けるはずがないでしょう!

でも、そのような口ぶりですわア!

あのねぇ~。。。、僕はいつも言っているでしょう。。。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

 批判なき愛は盲目なり”

僕はタノムさんに対して愛を持って批判しているのですよう。反論を試みようとしているのですよう。

でも、デンマンさんは手記の中の次の語句だけを取り上げて、タノムさんがデンマンさんを特定して批判しているように考えていますけれど、その根拠でもあるのですか?

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること

あるのですよう。タノムさんのサイトの名前は『デンマンさんの生態研究』ですよう。つまり、タノムさんは僕の生態を研究しているのですよう。そのために、僕のサイトのページを、ほとんどすべてにわたって目を通しているのですよう。

マジで。。。?

そうですう。。。だから、僕を批判していることは間違いない事実なのですよう。 

分かりましたわ。。。で、いったいタノムさんは上の検索結果の中のどの記事を読んだのですか?

僕は検索結果に表示されたすべての記事を読んでみたのですよう。。。その中でタノムさんがムカつくと思われる箇所は次の部分です。

縁日
 
 

 
 
縁日に

歩く人ごみ

笑顔がはじけ

ふと手をつなぐ

胸がさわいだ
 

 
   
by めれんげ
 
2009.08.07 Friday 23:13


『即興の詩 縁日』より

う~♪~ん。。。めれちゃんも覚えていたのかァ~?

覚えていたのかってぇ、何を~?

縁日の夜のことやないかいなァ~。

縁日の夜ってぇ。。。あんさんは、いつのことを言ってるねん?

いつのことってぇ、めれちゃんと初めて結ばれた縁日の夜やないかいなァ~?

あんさんとわたしで初めて結ばれたァ~?

そうやがなァ~。。。7月25日の夜やった。

あんさんは天神祭のことを言うてるのォ~?

そうやでぇ~。忘れようとしても忘れられんがなァ~。。。本宮の夜やがなァ~。大川(旧淀川)に多くの船が行き交って船渡御(ふなとぎょ)が行われたんやでぇ~。

あんさんは船渡御(ふなとぎょ)を見たことがありますのォ~?

ありますがなァ~。。。なにを言うてんねん!。。。わてとめれちゃんと二人して見たやんかァ~。。。奉納花火があがってぇ、大川に映る篝火や提灯あかりで、ごっつうきれいやったがなァ~。。。

それっ。。。いつのことォ~。。。

いつのことってぇ~、めれちゃんが桜の花びらを散らした花も恥らう16歳のときのことやないかいなァ~。めれちゃんは、その時の思い出を短歌に詠んでいたでぇ~

わたしがァ~。。。?

そうやがなァ~。。。もう忘れてしもうたのか?。。。次の短歌を詠んでいたやないかいなァ!

夏祭り

夏祭り

見上げる花火

人ごみの

中でふたりは

固く手つなぎ
  
 

 
 
by めれんげ

2009.07.25 Saturday 10:01


『即興の詩 夏祭り』より

『夏祭り (2009年7月31日)』に掲載

あんさんは、なんでも、よう覚えていますのやなァ~?

もちろんやでぇ~、天神祭の本宮が7月25日やでぇ~。。。めれちゃんが上の短歌を詠んだのも7月25日やでぇ~。。。

でも。。。、でも。。。、わたし。。。、16歳のときに、あんさんと結ばれたのですやろかァ~?

めれちゃん!。。。何を言うてんねん!。。。めれちゃんは初めての男と熱い契りを交わしたことを忘れてしもうたのかァ~?

もちろん、覚えてますがなァ~。。。

そ~やろう!。。。めれちゃんは、忘れるはずないねん。。。あの夜、めれちゃんも、ごっつう萌えあがったからなア~

わたし、それほど萌え上がりましたんかァ~?

めれちゃんは、感動のあまり、涙ながらに次の詩を詠んだのやでぇ~

心から愛を込めて

浪速の空に咲く
大輪の火の花
こんなにあなたを想ってるのに
待ちきれないこの気持ちを
あなたは分かってくれるだろうか

焦がれる心が痛い・・・
でも、わたしには何もできない

わたしの言葉も
わたしのしぐさも
ありのままでいいと
あなたは教えてくれた

夜は日毎に長く
眠れない時間の
思いは過去をまさぐるだけ

幸せであるはずなのに
かわかない涙
しあわせと呼べる時間は
今どこをさまよっているの

終わることなく愛されている
そう思いたい。
でも、思えない。

すべての記憶
あなたの笑顔
あのよろこび
あの感動の涙
楽しくてしあわせだった
天神祭の日々

ずっとあなたに愛されている
それはけっして終わりなど来ない
そう思いたい
でも、思えない。

ああ、この熱い思い
このやるせない気持ち
あなたに分かってほしい

by レンゲ 本宮の夜にて

あんさん!。。。あんさんは、名前を間違えておるやんかア~!

ん。。。名前を間違えとるゥ~?

そうですう。。。レンゲと書いてありますねん。

あれっ。。。ホンマやァ~。。。わてとしたことがァ~。。。うししししィ~。。。

だから、あんさんの広い愛は信用できへん。

あのなァ~。。。レンゲさんにはレンゲさんのすばらしさがある。。。めれちゃんには、めれちゃんのすばらしさがあるねん。。。たまには、わてだって、思い違いということがあるねん。

あんさんは、やっぱり、わたしよりも、レンゲさんの方がいいのですやん!

めれちゃん!。。。どっちがええというもんとちゃゥねん。。。レンゲさんにはレンゲさんのすばらしさがある。。。めれちゃんには、めれちゃんのすばらしさがあるねん。

だから、わたしとレンゲさんの二人を広い愛で愛しているとあんさんは言わはるのォ~?

そうやでぇ~。。。広い愛というのんは、そういうもんなんやでぇ~。。。

でも。。。、でも。。。、あんさんは名前を間違えているのでおますう!

あのなァ~。。。それ程、名前が気になるのなら、レンゲの前に「め」をつければいいやんかア!

あっか~♪~ん!

だ「め」かァ~?

あっか~♪~ん!

分かった。。。分かった。。。じゃあ、今夜も無難に夢で愛し合おうなァ。\(^o^)/ うしししし。。。

by 心の恋人 (デンマン)

2009/08/08 3:10 PM

バンクーバー時間:
8月7日 午後11時5分


『即興の詩 縁日』のコメント欄より

『二人きりの世界 (2009年8月26日)』に掲載

でも、上の面白いお話を読んで、タノムさんがどうしてムカつかねばならないのですか?

あのねぇ~、タノムさんは次のように信じている。

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること

処女にこだわる時代じゃないよ

初めてのセックスとは女性にとっては、

ひとつの通過点であり

それ以上の意味はないとtanomuは考える

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

相手が誰だろうと、過去のどーでもいい話やん

そんなものを、いつまでも

大事な思い出にしてるやつってキモイ

このようなタノムさんの目線から上のエピソードを読めば、ムカつかずには居られない。レンゲさんだって僕が言おうとしていることが良~く分けるでしょう?

つまり、デンマンさんは、めれんげさんが16歳で体験した初めての“愛の交わり”を美化しようとしている。つまり、

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること

タノムさんは、デンマンさんがこのようなじじいの一人だと断定しているのですわね?うふふふふふ。。。

レンゲさん!。。。うふふふふじゃないですよう!んも~~。。。どうして、レンゲさんが喜ぶのですか?

だってぇ~。。。振り返ってみれば、確かに男性は女性の初体験にこだわる傾向がありますわ。。。上のお話も、デンマンさんがめれんげさんの初体験にこだわっているのが実によく表現されていますわ。

あのねぇ~。。。僕は、決して処女に意味を与えすぎてはいません!僕が理想としていることは、初めての“愛の交わり”は男にとっても女にとっても、人生の中で思い出深いロマンチックなものであって欲しい。僕は、そう思っているだけに過ぎないのですよう。処女を礼賛(らいさん)しているわけではない!

つまり、現実には、初めての“愛の交わり”は男にとっても女にとっても「思い出したくないヤ~な思い出」になっている、とデンマンさんは信じているのですか?

そうですよう。。。あのねぇ~、例えば10代で性的な好奇心に駆られて“愛の交わり”ならぬ、“性の交わり”を体験した場合を考えてみてください。まず間違いなく“思い出深い体験”であるはずが無い。

どうしてですか?

あのねぇ~、泳ぎのできない10代の男女が初めて海へ行って泳ぐことを考えてくださいよう。二人とも海は初めてだから、当然のことだけれど、沖へ行くわけにはいかない。溺れて死んでしまうから。。。だから、せいぜい幼稚園児のように水際でバシャバシャと水を掛け合ってオツムの足りない小学生のように遊ぶしかないのですよう。うしししし。。。

でも、それで楽しければいいではありませんか?

あのねぇ~、水遊びの場合は、それでもいいですよう。でもねぇ、10代の男女が初めて“性の交わり”を経験する場合、まさに初めて海に入って泳ぐようなものですよう。初めから、すいすいと泳げるはずが無い。。。水を飲んだりして、吐き気を催したり、咳き込んでしまってぇ。。。、もう。涙は出るわァ、鼻水が出てくるわァ。。。ロマンチックな雰囲気じゃない。。。、初めに思い描いていた気持ちのいいシーンとは、まったく違ってしまって、うんざりして、白けてきますよう。

そうでしょうか?

あのねぇ~、かつてぇ、めれんげさんも16歳で桜の花びらを散らした頃を振り返って次のように反省していたのですよう。

新しい遊びを知った子供のようでしたね…
恋愛自体には、おくてでしたから、
恋愛とセックスを結びつけて考えてませんでした。
…と書くと、ひどい遊び人のようですが、
若気のいたりと、受け止めてください…

 (中略)

寂しさを埋めるためにセックスしたとしても、残るのは、虚しさやらバカバカしさだけ。
そんなセックスは、愚か者の自慰みたいなもの…

by めれんげ

2007-04-22 17:10


『愛と性と脳 (2007年4月23日)』より

つまり、めれんげさんにとって、初体験はロマンチックで愛に満ち溢れた、いい思い出ではなかったのですか?

レンゲさんだって、初体験は決してロマンチックではなかったと言っていたでしょう!

そのような事は、デンマンさんはしっかりと覚えているのですわね。

タノムさんの初体験も、おそらくレンゲさんや、めれんげさんと同じように、ロマンチックな素晴らしい思い出ではなかったのですよう。

それで、デンマンさんがめれんげさんの初体験を美化しようとしたのでタノムさんはムカついたのですか?

僕は、そう思いますよう。『二人きりの世界』を読んだ時に、タノムさんがムカついた理由がすぐに分かりました。

初めてのセックスとは女性にとっては、

ひとつの通過点であり

それ以上の意味はないとtanomuは考える

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

つまり、女性がロマンチックで愛に満ち溢れた初体験を持つには、タノムさんのように考えてはいけない、とデンマンさんはおっしゃるのですか?

その通りですよう。

ローティ-ンの女の子が好奇心に駆られて初体験を持つ場合、最悪のケースには次のように後悔することになりますよう。

存在を否定してくれ

みんなわたしを否定してくれ
わたしの存在を否定してくれ

自分ひとりじゃ間に合わないんだ
みんなでわたしを否定してくれ

石ころのように扱ってくれ
虫けらのように踏みつけてくれ

やりきれない喪失感
苛まれて生きるのはもうたくさんだ
自分のすべてを否定したいんだ
自分が存在することに吐き気がするんだ

命を断とうとしたさ
何度も何度も自分を破壊しようとしたさ
マヌケな命はそれでもこの世に
未練がましくのさばってるのさ

存在を消してしまいたい
誰からも見られたくない
 
 
めれんげ

August 28, 2009 15:19


『極私的詩集 存在を否定してくれ』より

『愛のコラボ (2009年9月29日)』に掲載

デンマンさんは、かな~り誤解しているのではありませんか?。。。この詩は、めれんげさんが処女を喪失して詠んだ詩ではありませんわ。

もちろん。。。、もちろん、知ってますよう。。。でもねぇ、例えば15歳の無知な女の子が性的な好奇心に駆られて16歳の少年と“性の交わり”を経験した場合、最悪の場合には妊娠して、さらに最悪の場合には、いかがわしい堕胎医者に引っかかって子供の産めない体になってしまう可能性だってある。

まさかァ。。。?

実は、そのような女性の堕胎医者を主人公にした映画がフランスで作られた。

『主婦マリーがしたこと』


(huppert2.jpg)

Story of Women

(Heroine: Isabelle Huppert)

(Une affaire de femmes)は1988(昭和63)年のフランス映画。
ナチ占領下の北フランス、ノルマンディを舞台に、フランスの女性最後のギロチン処刑になった一女性を描いた映画であり、実話を元にしたシリアスな女性映画である。
監督にクロード・シャブロル、主演はフランスを代表する演技派女優の一人イザベル・ユペール。
夫役はフランソワ・クリュゼ。
彼女と親友になるクールだが気の良い娼婦役にはマリー・トランティニャンが扮している。

物語は、一人の平凡な主婦が収入を得るために始めた仕事が原因で死を宣告され、刑場に引かれていくまでの過程を、当時のフランス社会の描写も織り込みながら展開していく。

ストーリー

第二次世界大戦中、ナチ占領下のノルマンディで、子育てしながら夫の帰りを待っている平凡な主婦マリー(ユペール)。
暮らしは当然裕福とは程遠い生活をしていたが、ある日彼女に転機が訪れる。
隣の奥さんの当時は違法とされていた堕胎を手伝った事からお礼に蓄音機を貰い、マリーは自分の隠れていた、
意外な能力を見出し仕事にしようと決める。
それからしばらくして、戦地から夫(クリュゼ)が戻って来るも夫婦仲は冷え切っていた・・・。

ある日ふとしたきっかけで娼婦であるリュシー”ルル”(トランティニャン)と知り合い、彼女曰く部屋を貸して欲しいという。
その日を境にそれまでの貧乏生活をから一変、マリーの生活は変わり、夫に一切頼ることなく収入を得て、どんどん生活力を付けていき裕福になっていく。
マリーが輝いていく一方で、夫はヒモ状態に陥る・・・。
だが、その家庭内自立がマリーを思わぬ悲劇へと招いていく・・・。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

デンマンさんは、この映画を見たのですか?

僕はバンクーバーで観ました。現在では考えられないことだけれど、戦時下のフランスでは中絶は国家反逆罪となり死刑だった。この考え方は戦後のド・ゴール政権に受け継がれた。かつて、フランス人女性が「日本旅行をする」と言えば暗に堕胎を意味していた。

日本までやってきて子供をおろしたのですか?

そうなのですよう。日本は堕胎天国だったのですよう。そういう時代が実際にフランスにはあった。。。考えてみれば、そういう点では日本は確かに天国かも知れませんよう。いかがわしい堕胎医者に引っかかって死ぬことはまず無い。でも、上の映画では出血多量で死ぬような場面がある。

。。。で、デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

だから、女性は特に気をつけねばならないのですよう。

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

タノムさんは、このように言った。日本では、いかがわしい堕胎医者に引っかかって死ぬことはまず無いけれど、子供が産めないような体になって悲観して自殺することは充分に考えられる。

どうして、そのような暗い話題を持ち出してきたのですか?

実はねぇ、夕べ行田市の市民意識調査の結果を見ていたのですよう。次のような事が書いてあった。

市民意識調査

公開日:2009年11月27日

市では、市民の皆さんが必要としていることなどを把握し、各種行政施策の基礎資料とするため、市民意識調査を実施しました。
調査にご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました。

調査の概要

調査対象 市内に在住する満20歳以上の男女
調査人数 3,000人(無作為抽出)
有効票数 1,675票(55.83%)
調査方法 調査票を郵送のうえ、記入後に返送(郵送法)
調査期間 2009(平成21)年7月8日~7月22日


どのような教育を望むか (複数回答可)

豊かな人間性や個性を育てる心の教育 61.7%
いじめや虐待を防止する道徳教育 46.8%

環境や自然を大切にする教育 30.2%


部署名:総合政策部広報広聴課 広報広聴担当
電話:048-556-1111(内線318)
ファクス:048-550-2116

『行田市 市民意識調査』より

どうしてまた、フランス映画から行田市民の意識調査になるのですか?飛躍していると思いませんか?

あのねぇ~、行田市では、前市長の横田さんが自殺してしまったのですよう。

ええ。。。あたしも次の記事を読みましたわ。

『黒い霧に包まれて(2009年12月21日)』

だから、僕は自殺しない行田市民が育つことを願っているのですよう。

夢と希望を持ち

生き甲斐を感じながら

愛に溢れる行田市民

どうしてこの事と『桜散る女』が関係あるのですか?

だから、好奇心に駆られて10代の女の子が“性の交わり”を体験して妊娠してしまったとか。。。、あるいは、性的虐待を受けて妊娠してしまったとか。。。それで、悲観して自殺でもしたら、目も当てられない。。。そういう意味で、上の市民意識調査の結果を見てねぇ、行田市民の教育に対する考え方を知って、行田市の未来に希望を持つことができましたよう。

でも、それってぇ~、かなり飛躍していると思いませんか?

そんな事はありませんよう。

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

タノムさんは、このように言ったけれど、やっぱり、豊かな人間性や個性を育てる心の教育を受けてからロマンチックな素晴らしい思い出になるような初体験を持って欲しいのですよう。
 

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
なんだかァ、NHK教育テレビの番組を見ているような気がしてきましたわ。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、デンマンさんは一生懸命になって、ご自分の考え方をあなたに伝えようとしているのですわ。
多分、まだ他にあなたにも興味が湧くような話題があると思いますので、
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちはジューンです。

わたしもデンマンさんとご一緒に

Pacific Cinematheque で

『主婦マリーがしたこと』を観ましたわ。

英語では“Story of Women”という

タイトルでした。

編み棒を使って、まったくの素人の女性が

堕胎手術をするのです。

この話は実話で

女性の実名は

Marie-Louise Giraud です。

1943年7月30日に

実際にギロチンにかけられて処刑されたのです。

27人の女性に堕胎手術を施したそうです。

映画の中でも、手術に失敗して

出血多量で大変な場面も出てきます。

アメリカでも、つい最近まで

堕胎はできなかったので

堕胎天国の日本へ子供をおろしに行った

映画女優が居ました。

そういう噂がカナダまで流れてきたものです。

ギロチンにかけられて処刑されるシーンは

映画には出てきませんでしたけれど、

驚いたことに1981年9月までギロチンが

フランスでは死刑に使われていたのですって。

ちょっとビックリですよね。

ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。