萌え萌えでも過激ではないわ


 
2007年7月28日 土曜日
 
 
萌え萌えでも過激ではないわ
  
 


Subj: レンゲさんをよろしくお願いします

Date: 27/07/2007 4:10:32 PM
     Pacific Daylight Time

From: naomi112@chan.co.jp
To: barclay1720@aol.com

前略

連絡が遅れて申し訳ございません。
レンゲさんからお聞きになったと思いますが、8月2日の正午にバンクーバーに着く予定だそうです。

ブティック・フェニックス熊谷店の売り上げは順調に伸びており、仕事に関する限りレンゲさんについて、とやかく言うことは何もありません。
ただし、貴方も良くご存知のように不正アクセスの件を含めて、私生活ではいつものように多難なレンゲさんです。

坂田さんは1週間ほど前に大阪に戻られました。
レンゲさんの個人的な問題については口を刺しはさまない様にしておりましたが、借金の返済が3か月分滞っておりましたので事情を伺いました。
詳しい事はレンゲさんから直接聞いて欲しいと思います。

坂田さんが相変わらずギャンブルを続けているのでレンゲさんは、ついついお金を用立ててしまうという事でした。
貴方がブログで取り上げた『9億円横領事件』に触れて、私からもレンゲさんに自粛するようにお願い致しました。
今回、坂田さんが大阪に戻られた事から、私はレンゲさんに何らかの決意があったためだと思っております。

清水洋一さんは昨日(27日)ニューヨークに発ちました。
3ヶ月の予定でインターナショナル・アパレルの本部へ研修を兼ねた出張と言う名目です。
坂田さんのことでレンゲさんと清水さんとの関係は冷え込んでおり、今回の研修期間が二人にとって再出発の機会になればと思っております。

レンゲさんもこの機会にじっくりと考えてみたいと言うので2週間の夏期休暇を許可しました。
いろいろ問題を抱えながらも、業績を伸ばしているレンゲさんの努力に私も報いたいからです。
つきましては、これまでの行き掛かりから貴方にまたお願いする事になりますが、どうかレンゲさんをよろしくお願い致します。

本来ならば私がバンクーバーへお伺いして貴方のお世話をしなければならないところですが、
現状ではそれも叶いません。
私の我侭をお許しくださいませ。

勝手なお願いで申し訳ございません。
このようにするのが最善の策と思いますのであしからず。
末筆ながら、お体を大切になさってくださいませ。
またの再会を楽しみにしております。

早々

直美

ついさっき、直美からメールをもらいましたよ。バンクーバーは27日でも、日本はすでに28日ですよね。それにしても、レンゲさんは水面下でずいぶんと動いていたようですね?

デンマンさんのおっしゃり方だと、あたしが隠れてコソコソと良からぬ事を画策していたように聞こえますわ。

良からぬ事とまでは言わないけれど、僕はレンゲさんが、改めて頭の良い女の子だと言う事が分かりましたよ。

それはどう言う訳ですか?

転んでもただでは起きず

どうですか、レンゲさん。。。?聞いたことがあるでしょう?

ええ。。。何度も聞いたことがありますわ。

考えてみれば、これまでにレンゲさんは恋愛遍歴でいろいろな失敗を重ねている。不倫もした。その破綻にも耐えた。時には死にたい死にたいと言って、かなり落ち込んだ事もあったけれど、七転び八起きの気概で常に失敗から立ち上がった。ちょっと見た目には童顔で頼りなさそうに見えるレンゲさんも、実はたくましく、したたかに生きてきたのですよ。

なんだか、あたしがおばあさんになっているような話し方ですわね。

レンゲさんは、まだ30才になっていないのですよ。ところが普通の女性が30才までに経験する恋愛の数の少なくとも3倍の恋愛経験を持っている。だから、年齢に換算すればおばあさんと言うこともできるのですよ。

いややわあぁ~ あばあさんだなんてぇ~

たとえば。。。ですよゥ。。。たとえばの話ですよ。。。レンゲさんは弱々しそうに見えても、外見からでは伺えないガッツを持っていますよ。

災い転じて福となせ!

「災い転じて、福となす」でしょう?

うん、うん、うん。。。そういう言い方のほうが普通だろうけれど、レンゲさんの場合にはもっと積極的なんですよ。

それ程、あたしは積極的でしょうか?

もちろんですよ。次のように書いていたじゃないですか。

野心家

 

投稿日時: 2004-9-8 16:55

ずばり!Dを選びます!
レンゲなら、こういう下着で
勝負しますよ。
意外ですか?
思ったとおりですか?

それはそうと、上記の会話には
なかなかリアリティがあると思いました。
かわす言葉もそうですが、
わたしは、寂しがりやのくせに、
束縛やしがらみを
死ぬほど嫌っています。
一匹狼ですよね?

野心家というのも、大当たりです。
ひとたび、野心が芽生えたら、
自分を満足させるために、
異常なほどの努力をします。

なので、これまでの
仕事上での評価は、
おおむね高かったと、感じています。

今は、何もかもが過ぎ去って、
廃人のような生活をしていますが。

結局何事においても、
極端から極端へ走ってしまうんです。
グレーゾーンのない人間なのです。

 
by レンゲ

『お願い、もっと愛して』より
(2006年7月20日)

レンゲさんには、このように野心家の一面があるのですよ。素直で可憐な、かわゆいレンゲさんの外見からでは窺(うかが)い知れないこの野心。。。この野心があるからこそ、レンゲさんは死なずに、これまでやってこれたと僕は思っているのですよ。

でも、あたしだってずいぶんと落ち込みましたわ。

だから、それが境界性人格障害の特徴なんですよ。浮き沈みが激しい。まさに極端から極端に走ってしまう。グレーゾーンのない女なんですよ。

それ程極端でしょうか?

レンゲさんは自分でも認めているでしょう。

でも、デンマンさんがおっしゃるほど劇的ではありませんわ。

時としてそう言うものなんですよ。自分ではなかなか良く分からない。でも僕に言われてみて初めてレンゲさんは客観的に劇的な人生を歩んできた事が分かるんですよ。今回の事だってそうですよ。

あたしが夏休みをとってバンクーバーへ行く事がですか?

そうですよ。普通の神経を持っている女性ならば、直美に言い出せませんよ。

そうでしょうか?

だって。。。そうでしょう。。。普通の女性の神経ならば“あなたのご主人と2週間ほど一緒に過ごしたいのですが許可していただけるでしょうか?”。。。こんな事を尋ねる女性は居ませんよ。

でも、奥様は許可をくださいましたわ。

なぜなら、直美はレンゲさんが過剰で過激な生き方しかできない事を充分に知っているからですよ。もし許可しなければ、あなたは会社を辞めてでもバンクーバーへやって来る。あなたは極端に走るのですよ。それをされると直美は困るのですよ。とにかく、レンゲさんは二人分の店長の売り上げをあげているのですよ。あなたに会社を辞められることはブティック・フェニックスを経営している直美にとって大きな打撃なんですよ。

奥様にとってデンマンさんよりもブティック・フェニックスの方が大切なのですわね?

違いますよ。僕は、どちらが大切かと言う事を問題にしている訳じゃない。女の“したたかさ”を問題にしているのですよ。

女のしたたかさですか?

そうですよ。僕は直美とレンゲさんのやり取りを見ていると、表面では穏やかに受け答えをしているけれど、心の奥では真剣勝負をしているような凄(すご)みを感じますよ。

デンマンさんは、ちょっとオーバーですわ。

僕は決して大げさに言っている訳じゃない。レンゲさんが自分の心に聞けば僕が言っている意味も分かるはずですよ。とぼけないでくださいよ。

とぼけていませんわ。

レンゲさんは知能指数が140もあるんですよ。外見で見るレンゲさんは人に騙され易い素直そうな、かわゆい女の子なんですよ。だから、お客さんはレンゲさんを店長だと見る人は極めて少ない。大人っぽい店長代理の芳子さんが店長だと思い込んでいる人の方が多いのですよ。

良くご存知ですのね?

直美がそのような事を言っていましたよ。とにかく、可愛い女の子にはオツムが弱い子もいるけれど、レンゲさんは頭の良い女の子なんですよ。だから、今回の坂田さんの事だってレンゲさんは借金の関連で直美からいろいろと問いただされた。

良くご存知ですのね?

だって、メールに書いてあるでしょう。。。詳しい事はレンゲさんに聞いてください、と書いてある。とにかく、レンゲさんは転んでもただでは起きない人なんですよ。つまり、これまでの失敗から学んでいる。“災い転じて福となせ!” レンゲさんの心の中には、そう叫んでいる女が居る。

デンマンさんの考えすぎですわ。

実際、レンゲさんは転んでも、ただでは起きなかった。直美に坂田さんの事をいろいろと糺(ただ)されたので、レンゲさんは坂田さんに大阪へ戻ってもらった。坂田さんだってレンゲさんの助けが無ければ借金がどうにもならないのだから、最後にはレンゲさんの言うことを聞きますよ。

奥様に注意されたので坂田さんに大阪に戻ってもらった。デンマンさんはそう思っているのですか?

真相がどうであれ、坂田さんが大阪に戻ったのは事実ですよ。その事をレンゲさんはうまく利用して直美に取り入った。つまり、坂田さんとの萌え萌えの関係を清算する。坂田さんは大阪に戻った。だから、川口の競艇や大宮の競輪場に行かなくなる。坂田さんのギャンブルの出費をサポートしなくても良い分だけ、レンゲさんは返済に回すお金のゆとりができる。これ以上借金を滞納をする事はない。坂田さんに大阪へ戻ってもらった事は直美にしてみれば、レンゲさんが充分に誠意を尽くした事に思えるわけですよ。しかも、レンゲさんは売り上げを伸ばしている。これだけの材料を示して2週間の休暇をもらったわけですよね。

あたしがすべて計算していたとデンマンさんはおっしゃるのですか?

計算していた、と言うことが僕の考えすぎならば、事の展開をレンゲさんは見極めて直美がイヤとは言えないような形で2週間の休暇を願い出た訳ですよ。

とにかく、奥様は許可してくださったのですわ。

ところで、レンゲさん。。。「人間万事塞翁が馬」って、知ってますか?

人間万事塞翁が馬

(じんかんばんじさいおうがうま)

中国の北の地方に占いの上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでいました。
国境には城塞がありました。

ある時どういうわけか、その老人の馬が北の胡の国へ逃げていってしまったのです。
老人の住んでいる地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめました。
すると老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

しばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。
近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。

「このことが禍(わざわい)にならないとも限らないよ。」

まさか、と思って近所の人たちは老人の言うことを取り合いませんでした。
でも、しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。
近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行きました。
しかし、老人は平然として言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

1年が経った頃、胡の荒くれ男たちが城塞に攻め入ってきました。
城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。
何とか胡人の襲撃をかわしましたが、若者の多くは戦いで死んでしまいました。
しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。

出典:「淮南子(えなんじ)」

僕はこれまで、「にんげん万事塞翁が馬」と読んでいたんですよ。

それが正しい読み方なのでしょう?

でもね、ネットで調べてみたら「じんかん万事塞翁が馬」と書いてあるのが多いのですよ。どうやら、この諺は人間を「じんかん」と読むようですよ。人と言う意味じゃなく世間と言う意味だってぇ。。。知らなかったなぁ~ こう言う事もあるものなんですよねぇ~。

それで、デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

つまり、城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍へ、また禍から福へと変わってゆく。まったく禍福というのは予測できないものだ、という事ですよ。

あたしにも、その意味は分かりますわ。でも、その事とあたしのバンクーバーの夏休みがどのように関係しているのですか?

レンゲさんが見かけによらず、したたかな女ならば、直美も相当にしたたかな女だと僕は思うのですよ。

あたしは、それ程したたかな女でしょうか?

だって、転んでもただでは起きない女ですよ。しかも、災い転じて福となせ!と思っている。 さらに、レンゲさんは野心家でもある。

野心家というのも、大当たりです。

ひとたび、野心が芽生えたら、

自分を満足させるために、

異常なほどの努力をします。

今回の坂田さんのことでは、直美に一歩譲って坂田さんに大阪へ戻ってもらった。本当はレンゲさんは坂田さんともっと一緒に居たかった。つまり、直美の忠告を聞いてレンゲさんは充分に誠意を見せたのですよ。でも、それを一つの材料としてバンクーバーで2週間休暇を過ごす事に成功した。

あたしがすべて計算尽くめで奥様に休暇を願い出たとデンマンさんは思っているのですか?

坂田さんは大阪へ行ってしまった。清水君はすでにニューヨークで研修を受けている。レンゲさんはアパートで一人暮らし。。。現在のレンゲさんの心境はどんなだろうか?

つまり、またあたしが寂しさに苦しめられていると。。。?

レンゲさんは寂しがり屋なんですよね。

幼児的な触れ合い

への憧れ

2004-12-27 11:37:24

わたしのぐずぐず

さびしいよおおおお!

彼氏にあえないからねえ・・・

でも、本当はね、

ここがふんばりどころだと気付いてる

遊びだけの男と

セックスするのはやめとこう

連絡したら

来てくれるヤツもいるけど・・・

ずるずると同じことくり返して

学習しないわたしを変える

誰とでも

セックスするヤツやったんや!って

あの人を傷つけてしまった。

さびしさでこわれてるけど、

きっと直る、この心。

どうしても、幼児的な

ふれあいへのあこがれが、

この年になると、

イコールセックスになるんやわあ。

by レンゲ


『愛とセックスは、もちろん、違いますよね』より
(2005年8月31日)

これは、もう、ずいぶんと前の事ですわ。

つまり、すでにレンゲさんは学習して、もう一人でも寂しがりません、という事ですか?

あたしはそのつもりですわ。

でもねぇ、実際には2週間の休暇を取ってレンゲさんはバンクーバーへやって来るのですよ。直美はレンゲさんの寂しがり屋なところも充分に知っている。

幼児的な触れ合いへの憧れをあたしがバンクーバーで満たそうとしている。。。デンマンさんはそう思っているのですか?

上のレンゲさんの心の叫びを読んだら誰だってそう思ってしまいますよ。

でも、奥様はあたしの気持ちを理解してくださっていると思います。

うん、うん、うん。。。もちろん分かっているのですよ。でも、レンゲさんの理解の仕方と直美の理解の仕方が全く違っている。その事をレンゲさんは気づいていないのですよ。

どう違うのですか?

レンゲさんは自分の都合の良いように理解している。でも、直美はそうじゃない。

どういうことですか?

だから、僕は「人間万事塞翁が馬」を持ち出したのですよ。

どう言う事なのか、まだあたしには分かりませんわ。

あのねぇ。。。、まだ女性を欲しがる中年男がバンクーバーで一人暮らしをしている。そこへ若いピチピチした魅力的な女が遊びに行く。その女性は過去に不倫経験を持っている。しかも寂しがり屋で、つい最近まで初めて抱かれた男と萌え萌えに愛し合っていた。でも、忠告を受けてまた別れ別れに暮らすようになった。これまで一緒に暮らしていた男はニューヨークに3ヶ月の研修に出かけてしまった。レンゲさんは一人熊谷に残されて寂しい。そのような女がバンクーバーへやって来て男と一つ屋根の下で2週間も一緒に過ごす。普通の神経を持った女房ならば、絶対に不倫が始まると思って、夫の元にそのような女を送り出しませんよ。

でも、奥様はあたしに2週間の休暇をくださいましたわ。

だから、そこですよ。頭のいいレンゲさんのことです。僕が「人間万事塞翁が馬」を持ち出せば、直美がどのように思っているかが分かるでしょう?

デンマンさん。。。回りくどい言い方は止めてくださいな。はっきりとおっしゃってくださいな。

すでに直美は僕と同じぐらいにレンゲさんを理解していますよ。僕よりも身近に付き合うことが多いのだから。。。

そうですわ。良く理解してくださっていますわ。だからこそ、奥様はあたしがバンクーバーで2週間デンマンさんと過ごすことを許可してくださったのですわ。

でもねぇ、それは捨て身の許可なんですよ。レンゲさんが不倫に懲りたから不倫しないだろうと思っているわけじゃない。

どういうことですの?

つまり、なるようにしかならないとしたら、それを妨(さまた)げれば、火に油を注ぐ結果になる。レンゲさんは過剰で過激な生き方しかできないグレーゾーンのない女なんですよ。シロとクロの世界に居る。しかも、野心家の一面がある。そういうレンゲさんが言い出したことをダメだと言ったら、レンゲさんは極端から極端に走る。まさに火に油を注ぐ事になる。最悪の場合不倫になるかもしれない。でも、その時は「人間万事塞翁が馬」と思うしかない。そういう捨て身な決断ですよ。僕の言おうとしていることが分かりますか?

ええ。。。でも、あたしは奥様が捨て身だとは思いませんわ。

だから、レンゲさんは充分に直美を理解していない、と僕は言うのですよ。レンゲさんは“リサイクルセックス”って聞いたことある?

ええ、あたしライブドア・ニュースで読んだ事がありますわ。

“リサイクルセックス”にハマルとぬけられない

本命の恋人じゃないけど、元カレならなんでも話せて一緒にいてラク。
そんな相手とセックスすることを“リサイクル・セックス”と言うらしい。
ネット上では、「リサイクル」経験アリという人が、ハマルと抜けられない様子を告白している。

6年程前から、元カレや男友達とセックスする女性が増えていると言う。
元カレと関係を再燃させる女性たちの多くは、次のように話す。

「“セックスフレンド”は相手になんの感情も持たずセックスすること。
でも、リサイクルセックスはそうじゃない。
なんでも話せて信頼してる仲だからセックスもする」

メールマガジンを配信する「まぐまぐ」が運営するサイト内で、
“リサイクル・セックス”に関する女性だけのアンケートを行った。
2000人以上の回答があった中で、「リサイクル」する相手がいないと答えたのは6割。
残り約2割でそれぞれ「昔いた」「現在いる」と答えた。
つまり、4割の人が「リサイクル」経験アリと答えている。
そしてこんなコメントを寄せている。

「5年ぶりに会った元彼にハマッタ。
考え方・行動が(自分と)同じで、セックスも自然にって感じでした。
居心地が良すぎて新しい恋愛は確実に遠くなります。ご注意を」

「友人がまさにこれです。
新しい人と恋愛して安らげる関係を作るのが面倒で、
ついつい身近で自分を理解してくれてる人に甘えてしまってるようです。
何の生産性もないし、はっきり言って時間の無駄では、と思ってます」

こうした「リサイクル」に対しては否定的な意見が多かった。
恋愛しにくい体質になってしまうこともある。
「Yahoo! 知恵袋」でも、「リサイクル・セックス」に関してQAが交わされている。

「私が元カレを好きなので自分から抜け出せないんです。
こういう関係になった事がある方はいませんか?」

「自分の場合は『都合がいいから』(別れてからも会うの)です。
他の子と何かあっても浮気にもならないし、何よりもお互いのことが分かってるからラク」

「次の相手が出来るまでの都合の良い『つなぎ』」

女性からと思われる意見でも
「都合がいい」「次へのつなぎ」と割り切って考えている人もいた。
しかし、ほどよい関係で「リサイクル」を楽しむ人がいる一方で、
単に気楽で都合がいいだけでは済まない現実もあり、
「居心地のいい元カレとのリサイクル関係を捨てられずに、
恋愛しにくい体質になってしまうこともある。

SOURCE: 『J-CAST ニュース (2007年5月27日)』

坂田さんとレンゲさんは正に“リサイクルセックス”で結ばれているんですよ。

あたしが坂田さんとのエッチにハマっているとおっしゃるのですか?

レンゲさんが本当に家庭を持ちたいと望むならば相手は清水君なんですよ。そのつもりでレンゲさんだって一緒に暮らしてきたはずですよね。違いますか?

あたしはそれ程、家庭にこだわって洋ちゃんと付き合っているわけではありませんわ。

それならば、なおさら納得がゆきますよ。つまり、レンゲさんは坂田さんが現れて、何でも話せて一緒にいてラクな人を見つけることができた。初めて坂田さんに抱かれた思い出はレンゲさんの心の中でずっと暖められていた。だから、セックスも自然にって感じだった。相性が深まって、居心地もいい。レンゲさんはハマッてゆく。清水君との距離が離れてゆく。

デンマンさんは、そうやって話の辻褄(つじつま)を合わせて、あたしがリサイクルセックスにハマってしまったと言いたいのですねん。

とにかく、その坂田さんとは別れ別れになってしまった。だから、当然、レンゲさんは何でも話せて一緒にいてラクな人を探す。

それがデンマンさんだとおっしゃるのですか?

違うのですか?

つまり、あたしがデンマンさんとの“リサイクルセックス”を考えていると。。。?

ボ。。。ボク。。。僕は。。。そう言ってませんよゥ。

見え透いてますわぁ~。 あたしに。。。あたしに。。。言わせようとして、これまで。。。これまで。。。長々と書いてきたのですわあああぁ~~。んもお~~

【ここだけの話しですけれどね、僕はレンゲさんの夏休みが恐怖ですよ。。。清水君と坂田さんのことで手一杯だと思っていたのにィ~、レンゲさんの行動力はたいしたものですよゥ。。。レンゲさんが気まぐれを起こさなければ良いのですが。。。この続きは、ますます複雑になってゆくようですよ。とにかく、レンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

豚インフルエンザに注意してね!

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんは、もしかすると

パンツにこだわっていると思います。

わたしはデンマンさんが書いた記事を

以前に遡(さかのぼ)って読んでみました。

デンマンさんのパンツへのこだわりは、

どうやら菊ちゃんが穿いていた

おばさんパンツを見たことが

影響しているようです。

デンマンさんは消し去りがたい衝撃を

受けたのですわ。

その時の出来事がトラウマになって、

“おばさんパンツ”を初め、

“ひもパン”、“かぼちゃパンツ“、

“ちょうちんブルマー”、果ては“お好みパンツ”までが

記事の中に登場するのですわ。

うふふふふ。。。

関心があったら、菊ちゃんの“おばさんパンツ”が出てくる

次の記事を読んでみてくださいね。

■ 『愛は希薄になっていませんわ。

セックスで埋め合わせてもいませんわ』

 (2006年3月6日)

ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。