雨降って仲直り?


 
 
2009年4月6日 (月曜日)
 
 
雨降って仲直り?
 
 

愛の世界

僕がエドモントンに居た頃に付き合っていたシングルマザーのことを書きますけれどね、この女性はエミリーさん(仮名)といって3人の子持ちでした。長男が5つぐらいでしたよ。

そのエミリーさんは30歳ぐらいの女性ですか?

そうです。

きれいな方だと言いたいのでしょう?

いや、ブスだとか美人だとかは、この場合関係ないんですよ。

でも、デンマンさんが付き合っていた方ですから気になりますわァ。

こんな感じの人でしたよ。

きれいな方ですわ。デンマンさんがお付き合いする人って、どうしてこのようにォきれいな方ばかりなんですの?

これは実物の写真ではありませんよ。プライバシーを守らなければなりませんからねぇ。

(中略)

。。。それで、そのエミリーさんはどんな躾(しつけ)をしていたのですか?

それが驚いたのなんのって。。。

だから、どのような。。。

そう、せかせないでくださいよ。今から言いますからねぇ。その5歳のマイケル君が食事のあとに皿洗いをするんですよ。5歳ですよ。日本では考えられない事でしょう?僕は危ないのじゃないか?と思いましたよ。ナイフなんかがシンクの中に混ざっていますからね。

しかし、5歳の坊やでは流し台にとどかないでしょう?

そうなんですよ。欧米の台所の流しはかなり高いですからね。そのままではとてもマイケル君には皿洗いができないんですよ。

それでどのようにして?

ビール瓶が1ダース入ったプラスチック製のケースがスーパーマーケットなんかにあるでしょう?あれが台所の隅に置いてあってね、それをマイケル君が流しの所に引きずって行き、ケースをひっくり返してその上に乗るんですよ。

そんなことまでして5歳のマイケル君に皿洗いをさせるのですか?ちょっと可哀想ですわ。

そうなんですよ。見かねて“危ないから僕がやりましょう”と申し出たのだけれどね、“それは躾のひとつだからマイケルにやらせているの”と言って僕の申し出を断固として拒絶しましたよ。

エミリーさんの家が特別なのではありませんか?

いや、そういうわけじゃないんですよ。欧米で僕は他の家でも同様な躾を何度か見ています。僕自身の小さい頃や、その当時友達の家に遊びに行った時などに目にした家庭の様子などを振り返ってみて、日本人の家庭では子供が甘やかされていると、僕はしみじみと感じましたよ。

しかし、躾と家庭崩壊とどのような関係があると言うのですか?

つまり、躾を通して社会的な規則や家族の絆を学んでゆくという姿勢ができてゆくと思いますね。マイケル君のような5歳の男の子に日本で皿洗いをさせたら、児童虐待と言われかねないかもしれません。でもね、もし、上の7人を殺害したカップルが幼い頃しっかりした家庭教育を受けていたら、社会的常識や規則、家族の絆を身に着けていたでしょう。だから、あのような無残な殺人をやってのけるような事にはならなかったと僕には思えるんですよ。

そうでしょうか?

じゃあ、もう一つエピソードを。。。僕はエミリーさんと子供たちと一緒に近くのショッピングセンターへ買い物に付きあった事があるんですよ。その時マイケル君がおもちゃの棚のところでプラモデルの飛行機が欲しいと言って駄々をこねたんです。エミリーさんは“前にも同じようなプラモデルを買ったじゃないの?あのプラモデルを途中で投げ出してしまったでしょう?だからこれは駄目よ!まだ、あのプラモデルがあるのだから、これは元の所に返してきなさい” このように言ってエミリーさんは断固として譲らなかったんですよ。

それで。。。?

マイケル君は泣きだしてしまいましたよ。“泣く子と地頭には勝てぬ”という諺が日本にはありますが、エミリーさんは断固としてマイケル君の言う事を無視し続けました。日本人の母親なら、子供が泣いてまで欲しがるのだから、おもちゃを買い与えてしまうかも知れませんよね。しかもショッピングセンターで子供が泣き出して駄々をこねる様子は日本人なら“みっともない”と考えて、そう高くはないおもちゃを買い与えてしまうかも知れません。

それで、どうしたのですか?

エミリーさんは全く取り合わなかったですよ。僕は、マイケル君にかなり同情していました。皿洗いまでしていましたからね。ご褒美に、もう一つぐらいプラモデルを買い与えてもいいのじゃないか?僕は、そう思いましたよ。

デンマンさんはどうなさったのですか?

僕が買ってあげると言い出したところで、エミリーさんが拒絶するのが分かっていましたからね。僕は何も言いませんでしたよ。あとでマイケル君にエミリーさんには内緒で買ってあげるつもりでした。そのことよりも、このあとマイケル君がどのような態度を取るのか?そのことの方に興味がありましたね。

マイケル君はどうしたのですか?

マイケル君もお母さんの性格が全く分からないわけじゃない。ひとしきり泣いていたけれど、お母さんが買ってくれないと分かると、泣き止みましたよ。そうなると、お母さんの機嫌を損ねた事が気になるのですね。マイケル君が駄々をこねたのでエミリーさんは無視し続けましたからね。マイケル君はエミリーさんと少し離れながら、買い物のあとに付いて行きましたよ。エミリーさんも気にならないわけじゃない。時々マイケル君の様子を見ていました。レジに着く頃にはマイケル君は駄々をこねた事を少し反省したらしくて、エミリーさんの手をそっと取って、じっと見上げるんですよ。

エミリーさんは何と言ったのですか?

何も言いませんでした。でも、マイケル君が握った手を離さずに、見上げるマイケル君にちょっぴり笑みを浮かべました。“Mommy, I’m sorry.” マイケル君は小さな声でそう言いました。エミリーさんはそんなマイケル君を見て前よりもやさしい笑みを浮かべたものですよ。僕がハッと思ったのはその次にマイケル君が言った言葉です。“Mommy, I love you.” 日本では、絶対にこのような会話は聞く事ができないですよね。

いいお話ですわァ。“小説的人生”を送っているあたしにはうらやましい限りです。

■ 『レンゲさんの小説的人生』

僕はその時、“家庭の絆”を目にしたような気がしましたよ。躾は厳しいだけじゃない。“母親のぬくもり”も充分にマイケル君に伝わっていたんですよね。この厳しさと母親のぬくもりが現在の日本には欠けているのではないか?実の両親と妹夫婦とその子供たちを殺し、死体を切り刻み鍋で煮て、ミキサーにかけてジュースにして捨てる。この死体なき完全犯罪をしようとした43歳の女性は心が壊れているとしか考えられないですよ。実際にこの犯行を考えたのは内縁の夫だったけれど、その夫の言うままに従ったこの女性の心は、決して正常ではなかったでしょう。このようなことが起こらないためにも、日本人はもう一度“家庭の絆”という事を考えてみる必要があるのじゃないか?そうすれば、レンゲさん、あなたが育ったような崩壊した家庭も無くなるような気がするのですよ。ちょっと、言い過ぎましたか?

いいえ、あたしの耳には痛みが残りましたが、デンマンさんの言われた事は理解できますわ。

そうですか。そう言ってもらえると、ちょっと長めに書いた甲斐がありますよ。レンゲさんが、いづれお母さんと仲直りできる事を祈っています。


『不倫と家族の絆 (2005年10月2日) 更新版』より

『不倫と家族の絆 (2005年10月2日)』
 (SO-NET の「デンマンのブログ」のオリジナル版)

デンマンさん!。。。今日もわたしを引っ張り出すのですか?

いけませんか?

いけない!と言ったところで、デンマンさんのことですから、何らかの形でわたしと対話しようとこころみるのでしょうから。。。

めれんげさんとの付き合いも丸5年になりますからねぇ。。。僕の思っていることが分かるようになりましたね。

それは、お褒めの言葉でしょうか?

もちろんですよう。めれんげさんも同じ失敗を何度も何度も重ねるつもりはないでしょう?

ええ。。。もちろん、失敗を重ねたくはありませんわ。でも、今回のことでは、わたしは失敗したとは思えないのですけれど。。。

うん、うん、うん。。。めれんげさんが、そのように言うことは僕も充分に理解できますよう。ムカついて次のように書いていましたからね。うしししし。。。

バカバカしい

テーマ: ヲチヲチヲチ~♪

ああ。バカバカしい。

男女の愛が、閉鎖的であるのは当然だ。
それを、狭いなどと、何をぬかしているのか。
人間愛と、男女の愛をいっしょくたにしているアナタは、
本音を語っているのなら、一生誰とも
愛を語れないだろう。

それとも、ただのエロなのか?

もう、バカバカしくて、相手にもしたくない。
そんな低能な方と、かかわっていると、
こちらまで、悪影響をうけてしまいますので。

posted by merange

2009-03-08 18:48:47


『バカバカしい (2009年3月8日)』より

めれんげさんは失敗したつもりではないかもしれん。

デンマンさんは、わたしの書いたことが間違っていると言うの?

男女の愛が、閉鎖的であるのは当然だ。

上の命題が、もし間違っていないとすれば、上の命題は、めれちゃんの極めて個人的な考え方やがなぁ。

そうでっしゃろか?

そうやがなぁ~。それが世界に通用するとは、わては思えんのやぁ。

どうしてぇ。。。?

あのなぁ~、上のエミリーさんとマイケル君のエピソードを読んでみィ~なぁ。。。めれちゃんは気づかなかったんか?

何をですゥ~?

アメリカでもイギリスでもカナダでも、男と女が愛を告白するときには I love you. と言うのやがなぁ。そいで、マイケル君のようにお母はんに対して思いの内を語るときでも I love you. と言うのやがなぁ~。日本では考えられないやろう?

そうですなぁ~、確かに日本では、子供がお母はんに“愛している”とは言いませんわ。

そ~やろう?

つまり、デンマンさんは、“愛”は男女の愛であれ親子の愛であれ、もともと閉鎖的なものではないと言いたいのォ~?

そうやがなぁ。エミリーさんには、3人の子が居たのや。その3人の子供の誰をも、エミリーさんは愛していた。

それは母親が子供を愛する愛ですわ。男女の愛ではありしませんわ。

あのなぁ~。。。愛の本質を考えるときに男女の愛も親子の愛も変わりはあらへん。

変わりがあると思いますわ。男女の愛が、閉鎖的であるのは当然なのですわ。

だから、そう考えるのは、めれちゃんの極めて個人的な意見やがなぁ~。。。愛の本質って、めれちゃんは何やと思ってるのや?

好きになることですゥ~

違うなぁ。

そんなら、何ですか?

大切な人に対する思いやでぇ~。わては大切な人はいつまでも愛している。めれちゃんのようなことは絶対に言わへん。

愛あらば
他の女性と関わるなかれ

そのひとと睦まじきを見て
われはきみより去る

めれんげ


『愛の虚構 (2009年3月23日)』より

大切な人は、大切である以上、常に愛情を持って付き合う必要があるのやがな。それは、母親が我が子を思う気持ちと本質的に変わりがあらへん。めれちゃんも、そう思わんか?

でも、男女の愛は違いますわ。

わては、違うとは思わん。大切な人が、大切ではなくなった時、別れる事はあるかもしれん。しかし、大切である以上、その人に対して愛情をもって付き合うことは当然の事やがなぁ。しかし、そう言う事は、めれちゃんのように男女の愛と親子の愛が本質的に違うものだと信じている人には理解できないのやでぇ~。それに、めれちゃんのような人が日本人には多いのやでぇ~。ジューンさんが言ってた通りやぁ~。

愛と恋の定義

こんにちはジューンです。

愛と恋の定義は易しいようで

難しいですよね。

日本には“愛(いと)しい”とか

“恋しい”という言葉は昔から

ありましたけれど、

“愛(あい)する”、つまり、

英語圏でしばしば使われる

I love you. という言い方は

明治時代の文明開化の時に

イギリスからその概念“love(愛)”

を輸入したそうです。

だから、今でも愛を告白する時に、

日本人の男性は

次のように言うと思います。

「僕は君が好きだよ」

「僕はきみに惚れてしまったんだ」

「僕はきみに恋してしまったようだよう」

デンマンさんに尋ねたら、日本で暮らしている頃、

女性に対して「好きだ」と言ったことはあるけれど、

「愛している」といった事は一度もなかったそうです。

あなたはどうですか?

ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

『男女の愛は閉鎖的か? (2009年4月4日)』より

めれちゃんは、恋と愛を混同しておるのかもしれん。

デンマンさんにとって、恋って何ですの?

人間が性に目覚める頃、肉体に触発されて感じる本能的な異性に対する憧れのようなモノだと思うでぇ~。大切な人だと思って憧れるわけではない。なぜなら、一目惚れと言う事があるさかいになぁ~。一目見ただけでは、本当に大切は人かどうか分からんがなぁ~

。。。で、愛とは。。。?

まず付き合うことが初めにあるのやでぇ~。。。そうして、相手が大切だと思うようになってから、愛情が湧いて来るのや。愛には、だから、「一目惚れ」っちゅうことは無いのやでぇ~。

デンマンさんが言う「閉鎖的な愛」とは、「肉体に触発されて感じる本能的な感情」ですか?

たぶんなぁ。。。小百合さんや安子さんは、わてにとって大切な人やがなぁ~。初めて会ってから10年以上経つのやでぇ~。。。だからと言って、めれちゃんが大切でない人になったわけでもない。めれちゃんは、わてにとってこれまで以上に大切な人になっているのやでぇ~。

ほんま。。。?

わては、マジやがなぁ~。。。だから、仲直りしような。

でも、わたしはデンマンさんのように、そう簡単に割り切れないのですねん。

あのなぁ~、小百合さんもゆうてるやないかいなぁ~。

なんてぇ~。。。?

私は喜んで ハグします。 会えた 喜びを***
Hより もっと 感じて 受け止めますから

小百合

2008/9/12 13:46

『古池とロマン 2009年2月2日』より

Hより もっと 感じるハグやがなぁ~

。。。で、あんさんとわたしでHより もっと 感じるハグをしながら仲直りをするのですか?

そ~やがなぁ~

マジで。。。?

わては大真面目やでぇ~

でも、あんさんとわたしの間には大きな広い太平洋が横たわっていますのやでぇ~

そんなもの、愛しおうて居る者には関係ないやんかぁ~

じゃあ、明日、あんさんは飛行機に乗って大阪にやって来ますのんか?

いや。。。そんな必要あらへんでぇ~

。。。で、どうしますのォ~?

夢の中でめれちゃんと会うのやでぇ~。。。そいで、Hより もっと 感じるハグをするのやがなぁ~、うへへへへ。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
めれんげさんも、白けていますわよう。
あなただって、めれんげさんが白ける気持ちが分かるでしょう?

とにかく、興味深いお話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『漢字馬鹿さん元気?(2009年3月25日)』

こんにちはジューンです。

“夢で会いましょう”

う~ん。。。分かりますよね。

なんとなくロマンチックです。

でも、めれんげさんのような現実主義の人には

物足りないのでしょうね。

ええっ。。。わたしですか?

そうですね。

実際に会うよりも、夢で出会った方が

素晴しい事だってありますよね。

たとえば。。。?

理想の人は夢の中だけで出会えますわ。

現実には、理想の人なんて居ませんものね。

突き詰めれば、わたしも

現実主義なのかもしれませんわ。

ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “雨降って仲直り?”

  1. 輸入された愛 « Denman Blog Says:

    […] 『雨降って仲直り?』にも掲載 (2009年4月6日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。