あたしは、どのように愛せば良かったのでしょうか?


 
2006年1月15日 (日曜日)
 
 
あたしは、どのように愛せば良かったのでしょうか?

あたしは、どのように

愛せば良かったのでしょうか?
  
 

デンマンさんがあたしを愛しているというのは、セックス抜きで愛していると言うことですか?

簡単に言ってしまえばそういうことですよ。僕は“不倫の愛”であなたを愛しているわけではありません。

セックスと一緒ではまずいのですか?

セックスにこだわる事はないと言っているんですよ。

あたしはこだわっていますか?

こだわっていますよ。何度も引用したように次のレンゲさんの手記を読めば、多くの男が誤解して鼻の下を伸ばして、アリが砂糖に群がるようにあなたに寄ってきますよ。

幼児的な

ふれあいへの

あこがれ

わたしのぐずぐず

さびしいよおおおお!

彼氏にあえないからねえ・・・

でも、本当はね、ここがふんばりどころだと気付いてる

遊びだけの男とセックスするのはやめとこう

連絡したら来てくれるヤツもいるけど・・・

ずるずると同じことくり返して学習しないわたしを変える

誰とでもセックスするヤツやったんや!って

あの人を傷つけてしまった。

さびしさでこわれてるけど、きっと直る、この心。

どうしても、幼児的なふれあいへのあこがれが、

この年になると、イコールセックスになるんやわあ。
 
 
Renge 2004-12-27 11:37:24


『愛とセックスは、もちろん、違いますよね?』より
(2005年8月31日)

でも、デンマンさんがおっしゃるように、それ程男の人が寄って来ませんでしたわァ~。

それはあなたがこの手記を大々的に宣伝していないからですよ。この手記をホムペに載せてメル友を募集してみたら分かりますよ。

沢山メールが来ると思いますか?

もう、すごい事になりますよ。レンゲさんが“もう、イヤァ~~!”と言うほどメールが来ますよ。でもね、言っておきますが、人生の伴侶にするような男からは1通も来ませんよ。

どうしてですか?

セックスが目的だからですよ。上の手記はそのような誤解を男に与えてしまいますよ。

やぱりそうでしょうか。。。?

もちろんですよ。

遊びだけの男とセックスするのはやめとこう

連絡したら来てくれるヤツもいるけど・・・

こんな事を書いたら、レンゲさんが遊びでセックスしていたという事がこの部分から読み取れるでしょう?レンゲさんは、そう思いませんか?

でも、あたしはそのつもりで書いていません。

そうだとしても、僕にはそう読み取ることが出来ますよ。レンゲさんのことを僕は今ではかなり理解しているから、今のレンゲさんが遊びだけでセックスするとは思わないけれど、上の手記は次のようなことを言っていますよ。

“あたしは寂しさがつのると、どうしても男の人に抱かれたい気持ちになってしまうんです。”

だから、オツムの弱い男が鼻の下を伸ばして、レンゲさんが遊んでくれると思って、あなたに近づいてくるわけですよォ。んも~~~

デンマンさんは、あたしが、。。。あたしがこれまでに付き合った人わああ。。。すべてそのようにオツムの弱い鼻の下の長~♪~い人だったとおっしゃるのですかあああああ?

へへへへ。。。。すべてとは言いませんよォ~~。でもねぇ、レンゲさんが認めている通り、これまでのあなたの恋愛関係はすべて破綻しているんですよ。本当にレンゲさんのすばらしさを理解して近づいてきた人が居たなら、すでにあなたと家庭をもっていたでしょうね。僕はそう思いますよ。

デンマンさんの目にはあたしがセックスにこだわりすぎると映るのですか?

“こだわりすぎる”というのは語弊(ごへい)があるかもしれません。。。あなたにとって、セックスは大切なものなんですよね。あなたのドクターも言っているとおりですよ。つまり、レンゲさんが言う“幼児的なふれあい”というのは、失われていたお母さんとのスキンシップへの憧れなんですよ。そうでしょう?

男も女も、普通の人はこの絵からセックスを連想する人はまずいないでしょう。でも、レンゲさんの場合には、この絵は“幼児的なふれあい”の象徴のようなものなんですよね。それで手記の中でも書いているわけですよ。

どうしても、幼児的なふれあいへのあこがれが、

この年になると、イコールセックスになるんやわあ。

だから、レンゲさんの頭の中ではこだわっているわけではないんですよね。自然にそうなっている。無意識のうちにそうなっている。でしょう?

ええ。。。まあ、そうです。。。そういうことですわァ。

なぜ、そうなってしまったかと言えば、レンゲさんにはお母さんとのスキンシップが欠如していたからですよ。つまり、。。。


わたしは生まれた時から、
必要な愛情をあたえられなかった。

 。。。

わたしはいつも見捨てられてきた。
わたしの胸には、愛情はない。
だって教わってないから。

こういうことなんですよね。要するに、“幼児的なふれあい”への憧れがある。だから、この事を知らない男はあなたを誤解してしまう。

どういうことですか?

この事を説明するには、去年の夏の事を。。。。

また去年の夏の出来事ですかああああ。。。?

聞きたくないのですか?

でも、あたしが聞きたくないと言ったところで、デンマンさんは、どうせ書いてしまいますよねぇ~?

僕のことをかなり理解してきましたねええ。。。へへへ。。。

変わっていると言えば、あなたは長風呂ですねェ~。

そうですかあ?

そうですよ。一時間ぐらい風呂に入っている人は居ないわけじゃないですよ。でも、あなたの場合は2時間ですよ。

2時間も、お風呂に入っているわけではありませんわァ。

だから、僕は心配になったんですよ。

なぜですの?

なぜって、決まっているじゃないですか!1時間たっても出てこない。僕はあなたがのぼせて、ひっくり返っているんじゃないかと思ったんですよ。

ひっくりかえったのなら声を出しますわァ。

だから、どうしているのかなと思うじゃないですか。それで、僕は気になって見に行ったんですよ。そしたら。。。。

あらっ、見たんですの?

見たんですのって、あなたはバスルームのドアを開けっぱなしでしたよ。

湯気が立ちのぼってバスルームに一杯になると私はのぼせてしまうんですよ。だから少し開けておくんです。

だったら、換気扇を使えばいいじゃないですか?

あのブーンという音がイヤなんですのよ。

とにかくあなたは変わっていますよ。風呂に入ったあとで変わった美容体操をするのですね?

あら、見ましたの?

見ましたのって、見えますよ。ドアが開けっ放しなんですからね。

ノックすればいいじゃありませんか?

だって、半分以上開いていたんですよ。だから僕は、てっきりあなたがもう出て、買い物にでも行ったのかと思いましたよ。そしたら、あなたは鏡の前で裸のまま逆立ちしているんですよ。

どうして声をかけてくださらなかったのですかァ~?

かけられませんよ。僕は、もうびっくりしましたよ。見てはならないものを見たと思いましたからね。声をかけると、お互いに気まずい思いをするのではないかと思ってね。

それで、ずっと見ていたのですか?

いや、別に見る気はなかったのですよ。。。

でも、見ていたのですね。。。?

み、。。見る、。。。見る気は、。。。なんと言うかあァ、。。。。でも、そういうことになりますよね。へへへへ。。。。ああいうものはいつでも見られるというものではないですからねェ。

どうして声をかけてくださらなかったのですか?

だから、言ったでしょう。声をかけられませんよ。僕は度肝を抜かれてしまったんですから。。。びっくりして、金縛りにあってしまいましたよ。あなたのようなきれいな人が素っ裸で逆立ちしているのですからね。

イヤですわァ~。。。見せたくないものを見られてしまって。。。んっも~~。

だから、そういうところが、ちぐはぐだと言うんですよ。見られるのがイヤなら、ドアを閉めておけばいいじゃないですか?あなたほどの知性のある人が、あのようなうかつな真似をするのですからねぇ~、僕は半ば呆れてしまいましたよ。

デンマンさんが見るとは思いませんでしたもの。。。。

僕だって、見たくて見たわけじゃないんですから。。。。

それで、どの辺までご覧になったのですか?

どこまでって。。。そうですねェ。へへへ。。。逆立ちして両脚を左右に目一杯に広げるところも見ました。 あなたは良く、あんなことができますねェ~~。体がものすごく柔らかいんですねェ~。僕は驚きましたよ。。。って言うかああああ、感心させられましたよ。

いやですわあああ、ふんとにモォ~~。

それで、どうしてああいう変わった美容体操をするのですか?

最近運動不足ですから。

しかし、何も風呂場で逆立ちすることはないじゃないですか?あぶないですよ。ところで、日本ではああいう体操が、最近はやっているのですか?

別に、はやっているわけではありません。私は高校の時に体操部に居たんですよ。それで、あんな風に。。。。

たれているお尻を引き上げるために逆立ちしていたわけですか?しかし、あんなことをしたって、あまり効果があるとは思いませんけれどね。


『たれてるお尻ってなかなか直りませんよね?』より
(2005年8月11日)

レンゲさん、あなたは、たくさんの思い出を作ってくれましたよ。風呂場の逆立ちは一生忘れられない思い出になりましたよ。

それわああ、楽しい思い出ではありませんてばあああ。。。デンマンさんは、そう言いながら内心ではあたしのことを馬鹿にしているんやわァ。

違いますよ。僕は別にあなたをケナしているのでも、馬鹿にしているのでもありませんよ。実際、僕は、風呂場のドアを開けっ放しにしたまま、あなたが素っ裸で逆立ちしているのを見て、ものすごく感動したんですよ。

どうしてですか?

どうしてって、あんなことをする女性は僕の思い出す限りこれまでに誰も居ませんでしたよ。

つまり、風変わりな女だと言いたいのでしょう?あたしはサーカスの見世物のような女だと言いたいのでしょう?

ほら、そうやって必要以上に、自分が馬鹿にされていると思い込もうとする。あなたの良くない所ですよ。

だってぇ~、そうじゃありませんかァ~、デンマンさんはそう思っているのでしょう?

違いますよ。バスルームのドアを開けたまま、あのようにして逆立ちするということは、僕を信頼しているから出来るのだと僕は感じたんですよ。その信頼を裏切ってはいけない、と僕は何度も自分を戒めたものですよ。僕が言おうとしていることが分かりますか?

いいえ、そのような回りくどい言い方ではあたしには分かりませんわ。

つまりね、あなたはとてもきれいで魅力的な人なんですよ。それに若いし、ピチピチ、ムチムチしているし。。。ジューンさんが豊胸の持ち主だとあなたは言ったけれど、レンゲさんだって、結構大きな形のいいオッパイしているんですよ。しかも、着やせするタイプのあなたは、腰のあたりがむっちりして、あなたが逆立ちして両脚を広げたときなど、僕はもう目が離せませんでしたよ。心臓が張り裂けてしまうかと思うくらいドキドキしてしまって、。。。僕の言いたいことが分かりますかァ~?

いいえ、分かりません、はっきりとおっしゃってください。

僕はあなたが思うほど聖人君子ではないんですよ。だから、きれいな女性の裸を見れば、当たり前に欲情もするのです。しかも、僕はあなたが両脚を広げた時に開いたチューリップまで見てしまったんですよ。僕が10歳若ければ、あなたに飛びついて行ったかも知れませんよ。

どうして飛びついてこなかったのですかァ?

そ、。。それは。。。それは。。。あなたが僕を信頼しているからじゃないですかァ~。。。でもねぇ~、問題はここなんですよ。。。。レンゲさんのことを良く知らない男は、レンゲさんが誘っていると鼻の下を伸ばしてしまうんですよ。

つまり、あたしが男の人に抱かれたいので、無意識のうちに誘っていると。。。?

そのように思われても仕方が無いでしょう?直美ならバスルームのドアをロックして入りますよ。でも、あなたにはそのような警戒心が全く無いんですよ。つまり、性的に自分を守ろうとする気持ちが全くないんですよ。もちろん、僕が信頼できる男だと思ってくれていたんだろうけれど、それにしてもあまりにも無雑作と言うか無警戒ですよ。けれど、レンゲさんの頭の中では、そのことが当たりまえになってしまっている。

当たり前になっているわけではありません。デンマンさんと二人だけだから、あのようにしたんです。

だから、そこが普通ではありませんよ。バスルームのドアを半分以上開けたままで風呂に入った女性はこれまで一人も居ませんでしたよ。

ジューンさんはどうなんですの?

あの人もロックして入りますよ。

どうして、そこまで分かるのですか? 

そういう突っ込みは入れないでくださいよ。問題の本質には関係ないんだからァ~。。。

デンマンさんは、ジューンさんのボインのヌードを見ようとしてドアを開けたことがあるのでしょう?

レンゲさん、僕のアキレス腱をチクチクとつつかないでくださいよ。僕だって、聖人君主じゃありませんからねぇ、たまには出来心ということだってありますよ。でもね、女性が見せたくないものを無理に見ようなんてしませんよ。僕はプライバシーは守ります。

それで、バスルームであたしが逆立ちした事を持ち出して。。。一体何がおっしゃりたいのですかあああ?

レンゲさんが、“デンマンさんと二人だけだから、あのようにしたんです。”と言ったように、あなたは、すべての点で誤解を与えるような行動をとっていたんですよ。だから野々宮さんが次のあなたのスナップ写真をとった後で、あなたと関係を結んだ事も理解できるんですよ。

このように憂いを含んだような。。。しっとりと潤んだような目で見つめられた男の気持ちが僕にも分かりますよ。

どうして分かるのですか?

僕の場合には、あなたはもっとインパクトを与えるようなやり方で見つめたんですよ。

そうでしたかあああ?

そうやって、しらばっくれるんですかァ~?。。。あなたには下心はなかったかもしれないけれど、誤解を与えますよ。

どうしてですかあ~?

どうしてですかって、。。。あなたは、このような格好で僕の部屋に入ってきたんですよ。

いけませんか?

ダメだとは言わないけれど、。。。その上にガウンかなんかを羽織ったらどうですか?

夏でした。

それは分かるけれど、確か、。。。午前1時ごろでしたよ。。。。暑くはなかったですよ、むしろ涼しいくらいでしたよ。 

だって、あたし、これでいつも寝ていたんです。

しかし、あなたは自分のアパートではワンピースを着たままで寝ていたと言ったでしょう。。。?

デンマンさんが、こういうベビードルのナイティー(nightie)が好きだと言っていたので買ったんです。

そんな事を言った覚えはないけどなあァ~。。。

おっしゃいましたわああああ!

それで見せに来たというわけですかァ~?

そういうわけではありません。デンマンさんには無様(ぶざま)な姿はお見せしたくありませんでしたから、デンマンさんが好きだとおっしゃっていたナイティーを買って着ていたんです。

とにかく、あなたは僕がびっくりするような事をするからねぇ~。んも~~。。。風呂場の逆立ちの次がこれだったんですよ。

デンマンさんが、お部屋に入ってもよいとおっしゃいましたわ。

そうするより他にないでしょう。あなたは怖い夢を見て眠れなくなったと言って入って来たんですよ。30才になろうとする女性が“怖い夢を見て眠れない。 だから、一緒のお部屋に居させてくれ”。。。そんなことを言われたら、何も知らない男なら“据え膳”だと思いますよ。

デンマンさんも、そう思われたのですか?うふふふ。。。。

うふふ、じゃないですよォ~。僕は内心では、ぶったまげていましたよ。

でも、ポーカーフェースを通していましたわ。

もちろんですよ、冷静にならねばいけない、と自分に言い聞かせていましたからね。その一方で来るものが来たかァ~。。。とも思いましたよ。レンゲさんの“幼児的なふれあい”へのあこがれが、こういう形になって現れたんだと思ったわけですよ。あなたは、僕のベッドの中にもぐりこんで、ニィーと笑ってんですからねぇ~。。。全く、憎めないところがありますよォ~。

デンマンさんは、それから2時間もあたしをかまってくれませんでしたわね。ほったらかしでしたわァ~。

そのうち眠ってくれるだろうと思ったわけですよ。しかし、眠らないんですよねぇ~。そろそろ眠ったかなあァ~と思って、そっと振り返って見てみると、あなたはベッドの中でしっかりと眼を開いて僕の方を見ている。僕がニヤッと笑って見せても、もうあなたは笑わない。。。。潤んでいる目で訴えるように僕を見つめているんですからねぇ~。。。僕は本当に迷いましたよ。あなたを残してリビングのソファーでも眠ろうものなら、また人種差別をしていると言われかねない。。。だから、もう観念して僕もあなたの隣に横になりましたよ。

2時間も待たせたんですよ。

レンゲさんが勝手に眠らずに待っていただけですよ。

あたしだって意地になっていましたわ。

どうして、あのように手の込んだ事をするのですか?

デンマンさんは、今でもあたしがシナリオを書いて小説的演技をしていたと思っているのですか?

そうは思っていませんよ。レンゲさんが“幼児的ふれあい”を求めているのだという事が分かりましたからね。僕が言っているのは、狸眠りでもいいから寝たフリをしていれば、僕だって2時間も机に向かって居る必要がなかったんですよ。実際、あのような状況では何も手がつかないんですよ。

でも、ハグしてくれたのであたしうれしかったです。

しかたありませんよ。あなたは7つか8つの女の子になりきっていたんですからね。ああいう時って、女性は幼い時の気持ちになれるのだろうけれど、でもレンゲさんは、すっかりなりきってしまっていたんですからね。僕は驚きましたよ。

Women fall into ‘trance’ during orgasm

The key to female arousal seems rather to be deep relaxation and a lack of anxiety, with direct sensory input from the genitals playing a less critical role.

The parts of the female brain responsible for processing fear, anxiety and emotion start to relax and reduce in activity. 
This reaches a peak at orgasm, when the female brain’s emotion centres are effectively closed down to produce an almost trance-like state.

The male brain was harder to study during orgasm, because of its shorter duration in men, but the scans nonetheless revealed important differences. Emotion centres were deactivated, though apparently less intensely than in women, and men also appear to concentrate more on the sensations transmitted from the genitals to the brain.

This suggests that for men, the physical aspects of sex play a much more significant part in arousal than they do for women, for whom ambience, mood and relaxation are at least as important.

Men find it more important to be stimulated on the penis than women find it to be stimulated on the clitoris.

“What this means is that deactivation, letting go of all fear and anxiety, might be the most important thing, even necessary, to have an orgasm,” Dr. Holstege said.


Times Online June 20, 2005
(ロンドン発行のタイムズ紙 2005年6月20日の記事より)

何ですの、この長い英文の引用わああ?

これを訳すと問題があるので日本語には訳しません。でも、ロンドンのタイムズ紙の記事から抜粋したものですよ。オランダの性科学者の実験に基づいた科学論文についての記事ですよ。

それがあたしの“幼児的なふれあい”と関係があるのですか?

そうなんですよ。僕はこの記事を読んでレンゲさんがイッてしまった理由がすべて納得できましたよ。

イッてしまったって。。。デンマンさんは、。。。知っていたんですのォ?

僕は、レンゲさんがお漏らししたのかと思ったんですよ。セックスしたわけじゃありませんからね。おしっこなら、舐めればツンと沁みるような。。。刺すような味がありますからね。でも、おしっこと比べれば、かすかに甘い味がしましたよ。臭いはほとんどありませんでした。

デンマンさんは舐めたんですの?

シーツがかなり濡れていたんですよ。。。。確かめてみただけですよ。

イヤやわァ~、デンマンさんたらァ~。。。あたし、恥ずかしいわァ。。。

何もあなたが恥ずかしがることではないでしょう。

あたし、他の女性と比べて変わってますかァ?

だから僕もそう思ったんですよ。。。。上の記事を読むまではね。でもね、納得ゆきましたよ。

どういうことですか?

あの時の女性というのはトランス状態になる人も居るんですよね。日本では“失神する”と言うようですよね。そのことは僕も知っていましたよ。でも、僕はレンゲさんをハグして頬擦(ほおず)りしたりキスしたり、。。。レンゲさんは8歳の女の子になりきっていましたからね、僕は妙な気分でしたよ。でも、そういうレンゲさんのことが実に可愛いと思いましたよ。。。だから僕は8歳の時の娘を可愛がるようにあなたを可愛がっていた。。。そんな気持ちでしたよ。。。あなたは、なかなか僕を離さない。20分か、30分か、。。どのくらいあなたをハグしていたか、はっきりとは分からないけれど、気づいたら、あなたはトランス状態なんですよ。

あたしには、良くそういうことってあるんです。

僕はヨガもやるし、禅をやった事もありますがねぇ、精神をよほど“集中”しても“空”にしても肉体的な快楽の極地に到達する事って出来ないですよ。僕の修業が足りないのかもしれません。。。。でも、レンゲさんは僕にハグされて。。。頬擦りされてキスされて。。。可愛がってもらっているだけで。。。イッてしまったんですからね。。。

デンマンさん、そんな風に見つめないでくださいな、。。。火照(ほて)ってしまいますわアアア。。。。

あなたと
 
交わした愛

2005/08/19

あなたの全てがいとおしい

そのまぶたをくちびるで愛撫する

くちびるから全身にしびれるような

熱い波がひろがっていく

あなたをつつむやすらぎの光

おだやかな時がいつまでも流れていく

あなたに出会い

そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕

ふたりは確かに結ばれて

身も心もとけあう

あなた ・ ・ ・

いとしいひと ・ ・ ・

あの出会いからわかっていた

夕べのしじまの中で

あなたと交わした愛が

とこしえに続くことを

愛している

今朝はすべてが澄み切って

誰にもじゃまはできない


『愛と性の悦びと苦悩』より
(2006年1月25日)

レンゲさん、これはね、あなたが翌日書いた詩なんですよ。

デンマンさんは、また、こうして何もかもバラしてしまうのですかァ。。。。

何も恥ずかしがることはないじゃないですか?

あたし、この詩をデンマンさんに読まれることが恥ずかしいんですねん。

僕は、レンゲさんが思っているほどうぬぼれてはいませんよ。この詩の中のあなたの相手が僕だとは思っていませんからね。

デンマンさんだとしたら。。。?

もしそうなら、あなたが愚かだと言う事ですよ。

どうしてですの?

“あの出会いからわかっていた / 夕べのしじまの中で / あなたと交わした愛が / とこしえに続くことを” こういう事をあなたは本心で信じていないからですよ。

あたしが信じていたら。。。?

信じていたら、これまでのあなたの恋愛が、すべて破綻には終わっていないでしょうね。。。

だから、どうして破綻するのですか?

レンゲさんの場合、愛とセックスが短絡的に結びついているからですよ。レンゲさんが言っていたように“この年になると愛イコールセックスになるんやわあ”という関係しか知らないから、レンゲさんの男女関係は破綻するんですよ。

どうすればよいのですか?

愛イコールセックスと言うメンタルブロックを壊(こわ)す事でしょうね。

だから、どうすれば壊せるのですか?

レンゲさんにも、すでに分かっているんですよ。なぜなら、上のような詩が書けるんですからね。あなたは知能指数140の頭を持っているんですよ。実は、レンゲさんは頭のいい人なんですよ。下らない男に殺されそうになるような恋愛関係に、いつまでもかかわっているような人ではないんですよ。あなたは、とこしえに続く愛があることを信じたい。しかし、そう思いたい愛が、残念ながらこれまで、すべて破綻している。それでも、なお詩に書くほどに信じたい。その愛こそレンゲさんにとって“愛の正体”でしょう?

そうです。

だったらね、8歳の女の子になったように男に甘えるのではなく、その殻を破って大人の恋をする事でしょうね。

大人の恋ですか?

そうですよ。

どうしたら大人の恋になるのですか?

そのことを話し始めると、また長くなりますからね。

あたし、おトイレだったら、先ほど行ってきましたから。。。。

でも、読んでいる人が行きたくなる頃でしょう。そのことについては、また明後日に書きますよね。レンゲさんもそれまで待っていてくださいね。

【デンマンの独り言】


 
あなたと、ここだけの話しですがねぇ、こうたびたびトイレを持ち出すのは、愚の骨頂ですよね。
でも、この話の続きは、ますます面白くなりますよ。
どうか期待して待っていてくださいね。
もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』

『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水(2009年10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

日本では公立高校でも別学がありますが、

カナダでは公立高校は共学と決まっています。

わたしは幼稚園からずっと共学でしたから、

「女の学園」って、全く経験した事が無いのです。

■ なんかにおう

「女子校育ちの女たち」

この記事を興味深く読ませてもらいました。

女ばかりの学園で育つと

いろいろと面白い経験もするのでしょうね。

あなたはいかがでしたか?

高校は共学でした?

それとも別学?

面白いエピソードがあったら、

ぜひコメントに書いてくださいね。

ところで、卑弥子さんが面白い話をまとめました。

興味があったら読んでみてください。

■ 『あなたも笑って幸せになりませんか?』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。