不倫とヌード再訪


 
 
2006年9月17日 (日曜日) 
 
 

不倫とヌード再訪

 
 

ますます寂しさが

つのってくる。

2004-09-03 21:39

わたしは拒否なんてしてない。
でも、わたしの世界の中で、
わたしは拒否されている。

悔やまれることばかり。
でも、自分がやらかしたこと。
ごめんなさい。
わたしが迷惑を
かけてしまった人。
ごめんなさい。

不思議なことに、
希死念慮はわいてきていない。
それだけが不思議。
というよりは、逃げ道がない。
明日が来ませんように。

by レンゲ


『レンゲさん、早く元気になってね』より

シロとクロの世界

2004-09-08 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、
よくあります。

でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる
つらさを味わうくらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で
苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、
多いと思います。

治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、
どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、
今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな迷惑な人間も
いるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、
とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰と
したいとおもいます。

by レンゲ


『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より

デンマンさん、これって9月6日に引用したものでしょう?

レンゲさんは、よく覚えていますね。

気持ちが落ち込むような手記は、なかなか忘れないんですねん。

実はね、9月6日にBIGLOBEのウェブリブログで書いた記事(『不倫とヌード』)にガンダムさんから次のようなコメントをもらったんですよ。

俺も精神障害者です。
気持ちはよくわかります。
頑張って下さい

by ガンダム

2006/09/07 17:12

『不倫とヌード』のコメント欄より

僕はこれを初めて読んだ時にね。。。ん? と思ったんですよ。

どういうことですの?

レンゲさんに対して書いているのだろうか? それともこの記事を書いているデンマンに対して書いているのだろうか?

もちろんデンマンさんに対して書いているのですわ。

しかし、上の手記を書いたのは僕ではありませんよ。レンゲさんですよ。

でも、多くの人がデンマンさんが書いていると思っていますわ。

つまり、なんですか。。。? 僕とレンゲさんは同一人物だと思っている人も居ると言う事ですか?

そう思っている人も中には居るとあたしは思いますわ。 

しかし、これまでの記事を読んでいる人ならば、僕とレンゲさんを同一人物だと思う人はまず居ませんよ。

でも、DEMPA55さんはデンマンさんのことを多重人格者だと書いていましたわ。

それはね、DEMPA55と言う人物は悪意を持っているので、真実をゆがめてまでも僕に対して嫌がらせを書いている。だから、DEMPA55の書いた事をそのまま受け止めてしまう人は、僕の記事を定期的に読んいる人の中には、めったに居ないと思いますよ。

そうでしょうか?

とにかく、“DEMPA55について書かれた記事”を読んでもらえば分かりますが、この人物は精神的に問題がありますよ。

どういうことですか?

ネットでストーカー行為をして僕に嫌がらせのコメントを付けているんですからね。かれこれ2年になりますよ。正常な人であるなら、いつまでもデンマンにこだわっていませんよ。僕に嫌がらせのコメントなど書かずに、自分のブログでもっと有意義な記事を書くものですよ。ところが、DEMPA55はまだ僕に対して嫌がらせのコメントを書くことがある。この人物は社会的自我に、まだ目覚めていない。自分の独自の考え方が持てない。だから、未だに自分のブログを持っていませんよ。2ちゃんねるで落書きのようなコメントを書いているだけですよ。感情的に反応するだけで、理性で物事を考える事ができない。DEMPA55と言う人物は一口で言えば、そのようなタイプですよ。

。。。で、デンマンさんは、ガンダムさんのことをどのように考えているのですか?

ガンダムさんは定期的に僕の記事を読んでいる人ではないと思いましたよ。つまりね、レンゲさんが書いた上の手記を読んだ。その印象が強かったので、9月6日の記事をレンゲさんが書いていると理解したのではないか?僕は、そう考えたんですよ。

そうでしょうか?

でもね、考えてみればレンゲさんに対して書いたとしても、僕に対して書いたとしても、大きな違いはないんですよ。

どういうことですか?

それはね、僕が書いた次の返信を読んでもらえば分かってもらえると思いますよ。

貴重なコメントありがとね。
この世には完璧な人間は居ませんよ。
なぜなら、人間は誰でも不完全だからですよね。
うへへへへ。。。。

つうことわあああ。。。。
完璧な精神の持ち主も居ないと言うわけよね。
だから、あんただけが精神障害者じゃない。
つまり、この地球上のすべての人が、精神を患っているんですよ。
うしししし。。。。

結局、程度問題ですよね。
そういうわけで、僕も頑張らせてもらいます。
あんたも頑張ってね。

でもさ、あんたの場合、やっぱりかなり精神を病んでいるよね。
どうして分かるのか?
正常に近い人は、僕のようにしっかりとURLを書くことができる。
でも、あんたの場合は、かなり精神を病んでいるために(たぶん?)URLを書くことができない。

これからは、正常に近くなるためにも、コメントを書く時にはURLを書いた方がいいよ!
特に、僕の記事を良く読んでいる人ならば、正常に近い人ほどURLを書いてくれます。

あんたも、正常に近い人を見習った方が正常な人に早くなれると思うんだ。
とにかく、コメントありがとね。
また気が向いたらコメントを書いてね。
URLも忘れないように。
じゃね。

Again,
Thanx millions!

by デンマン 2006/09/13 16:23

『不倫とヌード』のコメント欄より

デンマンさんのおっしゃる事は分かりますが、精神異常とURLを書く事とは直接の関係はないと思いますわ。

もちろん、僕だってそれを医学的に実証するつもりはありませんよ。URLを書くことが僕にはネチケットだと思えるから上のように書いたまでですよ。

それでデンマンさんは、どうしてガンダムさんのコメントを持ち出したのですか?

理由は2つあるんですよ。ひとつはね、ガンダムさんがコメントをつけてくれた『不倫とヌード』と言う記事が、ここ1ヶ月では、検索されて最も頻繁に読まれている記事なんですよ。つまり、どこからかこの記事を目当てに読みに来た人が最も多いんですよ。

どうしてですの?

“はてなダイアリー”でこの記事を読みにやって来た人のリンク元を調べたら、次のようなデータだありましたよ。

2 http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=熟女
2 http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=ヌード
2 http://d.hatena.ne.jp/keywordmobile/心の問題
1 http://bst.blogpeople.net/search_result.jsp?keyword=ヌード
1 http://d.hatena.ne.jp/keyword/ワンピース
1 http://d.hatena.ne.jp/keyworddiary/境界性人格障害?date=20060906
1 http://blogimage.livedoor.com/show?query=アダルト
1 http://d.hatena.ne.jp/keyword/洋ちゃん
1 http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=愛のコリーダ+松田英子
1 http://d.hatena.ne.jp/keyworddiary/ウィキペディア?date=20060904
1 http://search.yahoo.co.jp/search?p=投稿ランジェリ
1 http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=インドネシア+エッチ
1 http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=ビキニ
1 http://d.hatena.ne.jp/keywordmobile/ネットサーフィン
1 http://kabocha.org/wangando/diary/2006/01/16/a
1 http://d.hatena.ne.jp/keywordmobile/レンゲ
1 http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=ヌード
1 http://www.pagesupli.com/blog/2/2ちゃんねる/掲示板_020.html
1 http://d.hatena.ne.jp/aestacao_do_man/edit?date=20060907

これはどういうことですか?

検索エンジンやキーワードサーチで調べて、僕が9月6日に「はてなダイアリー」で書いた記事(『不倫とヌード』)を読みにやって来た人たちのリンク元ですよ。つまり、この記事を読む前に上のリンクのページに居たと言う事ですよ。

そこで、キーワードを探した結果、はてなダイアリーの記事が見つかり、読みにやって来たと言う訳ですか?

そうですよ。このようにして読みにやって来た人が一番多いのが9月6日の記事なんですよ。上の表では“ヌード”を調べてやってきた人が最も多いけれど、たとえばWABLOGでは“境界性人格障害”を調べてやってきた人が多かった。

この上の表は今年の1月に調べたものだけれど、今でもWABLOGでは“境界性人格障害”に関連したキーワードを調べて読みにやって来る人が多いですよ。

それで、どうして“不倫とヌード”がそれ程よく読まれているのですか?

“境界性人格障害”を調べてやって来る人の他に“不倫”と“ヌード”という人気キーワードにつられて読みに来る人が多いからですよ。ガンダムさんがどのようにして上の記事にたどり着いたかは正確には分からないけれど、コメントの内容を見る限り“境界性人格障害”を調べてやって来たような印象を持ちますよ。

それで、第二の理由と言うのは何ですの?

僕の返信の中でも書いているように、人間は神様ではないのだから誰もが不完全なわけですよね。つまり完璧な人など居ないわけですよ。だから、極論を言えば完璧な精神を持っている人も居ない。つまり、誰もが程度の差こそあれ精神を病んでいる。ところが、その事を自覚していない人が多い。

あたしは自覚していますわ。

そうですよ。。。そうなんですよ。レンゲさんやガンダムさんは自覚している。ところが、精神を病んでいるはずのDEMPA55は全く自覚していませんよ。それに9月16日の記事(『愚かなコメントスパマー』)で書いた迷惑スパマーのan_idle君ね。このスパマーがやっている事を冷静に観察したら、ちょっと異常ですよ。だから、ぼく以外にもこの人物が精神を病んでいる、と書いている人は多い。その中から二人だけを取り上げますが、次のように書いていますよ。

創価学会は、公明党を通じて
警察や官僚にまで狂信者を送り込んでいます…ってんなわけねーだろっ!!

読んでて虫唾が走ったわ!!

おまえはなんや?ヒーロー気取りか?やめとけ、
創価学会よりもおまえの方がストーカーやんけ!
精神病院いけや

by [ahoka] 2006/3/22(水) 午前 7:43

『創価学会・公明党の謀略』のコメント欄より


ブログにまったく関係のないコメントは残さないでください。
あなたの前のHPについても私書箱に投函されてましたが(私のブログは楽天です)、
見てみると気分を害しただけで終わってしまいました。
たくさんの人に無作為に投稿しているようですね。

今度見たら訴えますのでよろしくです。
あと精神疾患の気があるので、病院に行ったほうがいいです。

by [yuuki0423] 2006/3/20(月) 午前 10:44

『集団ストーカーの種類』のコメント欄より

とにかく、an_idle君が何千という人に(もし何万でないのなら。。。)書き込んでいる迷惑スパムコメントを見ていると正常な神経を持っている人には見えませんよ。

つまり、ネットでも、かなり精神を病んでいる人が異常な行動にでているとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。迷惑コメントや迷惑トラックバックをやたらに飛ばしている人を見ていると、僕は精神を病んでいるとしか考えられませんよ。受け取る人の迷惑など全く考えないで異常なまでのコメントやトラックバックを飛ばしている。すさまじい迷惑スパムの攻撃を見たかったら、次の2つの僕の掲示板を見るだけでも、その過激さが分かろうと言うものです。(爆笑!)

■ 『プロフェッショナル・スパマー“ヴァイアグラ馬鹿”のスパム攻撃にあった僕の掲示板 その1』

■ 『プロフェッショナル・スパマー“ヴァイアグラ馬鹿”のスパム攻撃にあった僕の掲示板 その2』

このプロフェッショナルのスパマー(ヴァイアグラ馬鹿)については別の記事で書きますが、精神をすっかり病んでいますよ。

デンマンさんが憎まれて被害を受けているのでは。。。?

違うんですよ。僕だけじゃないんですよ。この“ヴァイアグラ馬鹿”の被害にあっている人も何千人と居るんですよ。ちょうどan_idle君のように無闇に矢鱈に書き込む。僕の上の掲示板を見れば一目瞭然ですよ。この事については、また記事を改めて書きます。僕が言いたいのは、最近、精神を病んでいる人物がネットで迷惑を振りまいている、と言う事ですよ。

今日は迷惑スパマーの事を書くのですか?

違いますよ。うへへへへ。。。もちろんレンゲさんのことを書くつもりですよ。どうしてan_idle君やヴァイアグラ馬鹿を取り上げたかと言うと、本来は、こういう人間こそ自分が精神的に病んでいることを自覚して、できるだけ早く専門家の治療を受けるべきなんですよ。つまり、レンゲさんが上で書いたような手記をan_idle君もヴァイアグラ馬鹿も書くべきなんですよ。そして、できるだけ早めに精神科のドクターに診てもらって正常な生活に戻るべきなんですよ。

野放しになっていると言う事ですか?

そういうことですよ。ネットで迷惑ばかりを振りまいている。つまり、病的にコメントを飛ばす事にこだわっていて、他の事が目に入らない。まるでコメントジャンキーですよ。モルヒネにハマッタ人がモルヒネ無しでは生きては行けないように、an_idel君もヴァイアグラ馬鹿もコメントを飛ばさないと生きている実感がつかめないようになってしまっている!つまり、精神を病んでいるんですよね。

その事とあたしと一体どういう関係があるのですか?

だから、レンゲさんは境界性人格障害を患っていることを自覚して、この10年余り治療に当たっている。そういう中で人生とは何か、愛とは何か?いろいろ悩みながらも思索して、人生をより豊かなものにしてゆこうと努力している。そのような努力をしながらネットで“愛の正体”を見極めようとして僕の掲示板に投稿を書いてくれた。

すごいテクニシャンですね!

To denman
at 2004-07-15 15:37 編集 返信

おもしろい~

すごいテクニシャンですね!!

by レンゲ

『どうして今、花火を打ち上げていると思う?』より

僕とレンゲさんは、こうして出会ったんですよ。

そうですわねぇ~。。。なんだか遠い昔のようにも思えるし、ついこの間の事のようにも思えますわぁ。

レンゲ本人です(´▽`)ノ

投稿日時: 2004-8-30 4:54

デンマンさん、
わたしの事をアナウンスして下さって、
とてもうれしく思っています。
感謝!です。

blooでは、わたしひとりが
「愛~」「愛~」と言ってるだけで、
真正面から、わたしと「愛についての
ディスカッション」をしてくださる方は、
なかなか現れてくれません。

BLOGの方も
(こっちを恋愛専科にしようかなと思ってます)
なんせ、レスがつかないんですよ・・・
しょぼん・・・
では、ワタクシから・・・

『愛を探して。。。』に、
遊びに来てくださいね!
みなさんと愛について考えたいと思い、
立ち上げました。
心の中が温かくなるような
交流の場にしましょう。

by レンゲ

『心も寒い、「妄想部屋」もさむい、HPも寒い、というレンゲさんへの返信』より

こうして僕はレンゲさんとネットで“愛の正体”を探す旅にでたんですよ。

そうでしたわ。

レンゲさんが意欲に燃えているのが上の投稿からも伝わってきますよね。実際、レンゲさんは引き篭(こ)もっていた自分のことを、これではダメだと思って何とか社会に復帰したいと努力していた。

そうでしたわ。あたしなりに、もがいていたんです。

夢のバンクーバー

2004-8-16 19:46

ご苦労様、
ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は
32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by レンゲ

『次元の違いとは端的に言うと』より

でも、あたしを“心の恋人”として愛している、と言ってくださるにもか変わらず、デンマンさんはあたしを冷たく突き放しましたわ。

突き放していませんよ。僕はレンゲさんを励ましているんですよ。。。レンゲさん、これまでの2年間を考えてくださいよ。レンゲさんは“もう死にたい”とまで言っていたんですよ。

不安と焦燥感と寂しさ

2004/10/03 18:28

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。

by レンゲ

『事故死するみたいなことが書いてあって。。。』より

このどん底からレンゲさんは立ち上がった。そして社会に復帰したんですよ。まだ境界性人格障害が完治したわけではないけれど、レンゲさんは十分に苦しみ、その苦しみの中から生きる悦びを見つけて這い上がった。

でも、デンマンさんはあたしを突き放しました。

突き放していませんよ。僕はレンゲさんをサポートしてきたと思っていますよ。励ましてきたと思っていますよ。

現在のレンゲさんはブティック・フェニックスの熊谷店長として社会的にも責任ある仕事を持っている。直美はレンゲさんを後継者として今後も育ててゆきたいつもりなんですよ。レンゲさんさえその気になるならば、ブテック・フェニックス・コーポレーションの次期社長にだってなれる。

あたしはそのような地位など望んでいません。デンマンさんだって分かっていますよね。

わかっています。。。分かっていますよ。

あたしはデンマンさんが喜んでくれるから一生懸命にやってきたんですわ。

そう言ってもらえると僕もうれしいけれどね。。。

あたしの気持ちをデンマンさんは何もかもご存知なんですわ。。。それなのに、あたしの気持ちを満たしてはくれない。

満たしたでしょう。レンゲさんが怖くて眠れないと言ったから、僕は添い寝してあげたでしょう?

でも、あたしは身も心もデンマンさんに許しているのに、あたしを一人の女としてデンマンさんは愛してくれません。

だから、できる事とできない事がありますよ。長野県のナッチー君も言っていたでしょう?

僕は不倫はしない。したくない。するなら。妻の意見を聞く。

by 長野県のナッチー (2006-09-09 15:23)

『裸でごめんね』のコメント欄より

デンマンさん、。。。んも~~。。。いい加減にしてくださいな。ナッチーさんは少しオツムが可笑しいのですわぁ~。そんな人の言う事をマジで持ち出さないでくださいな。

確かにナッチー君のオツムはネジが2本か3本緩(ゆる)んでいますよ。でもね、彼の言っている事がすべて荒唐無稽で妄想だけかと言うと、決してそうとばかりも言えない。その例が上のコメントですよ。オツムが少しイカレテいるナッチー君でも、“僕は不倫はしない。したくない。”。。。そう言っているんですよ。つまり、不倫よりも家庭の方が大切だと言っているんですよ。だから、馬鹿馬鹿しく聞こえるかもしれないけれど、ナッチー君は、わざわざ“妻の意見を聞く”と書いている。

だから、そう書くところがナッチーさんのオツムが少し可笑しいとあたしは言っているのですわ。

でもね、考え方によったら、わざわざ書くことによって家庭の大切さを強調しているのですよ。そう思いませんか?

デンマンさんは、あたしの言う事よりも、ナッチーさんの言う事の方が大切なのですか? 

いや、そうじゃありませんよ。僕にとってレンゲさんの方がナッチー君とは比べ物にならないほど大切な人ですよ。レンゲさんだって分かりすぎるほど分かっているでしょう?

そのつもりですわ。ですから、もうナッチーさんの書いたものを取り上げないでくださいな。

でもねぇ~、真実はやっぱり真実ですよ。たとえオツムのネジが緩んだナッチー君が言ったとしても、真実は真実なんですよ。

つまり、あたしがどれほどデンマンさんのことを愛していても、デンマンさんはナッチーさんの言った事が正しいと信じているのですね?

いや、ナッチー君が言ったからではありません。オツムの可笑しいナッチー君が言ったとはいえ、その中には真実が込められているからですよ。

つまり、早い話が、デンマンさんは奥様のことが怖いのですよね?

そ。。。そういう。。。そういうわけでは。。。

だって、そうでしょう? デンマンさんは口先だけであたしの事を愛していると言っているだけですわ。

だって。。。それが。。。それが、心の恋人ですよ。

いいえ。。。いつまでも心の恋人ではありませんわ。。。んも~~

でも。。。でも。。。ぼくは。。。、僕はレンゲさんと心の恋人で居たいんですよ。レンゲさんには清水君というれっきとした愛人が居るじゃありませんかぁ~。どうして仲直りしないのですかぁ~?せっかくバンクーバーで心を充電して、日本に戻ってレンゲさんは清水君と初めからやり直すつもりで気持ちを入れ替えて仲直りすると。。。

それはデンマンさんが、ご自分でおっしゃっていることですわ。あたしはそのようなことを言った覚えはありません。

でも、そうする事がレンゲさんにとって一番いいんですよ。

あたしはそう思っていません。

とにかくレンゲさんは、もうバンクーバーに居ないんですよ。生活の基盤は日本の熊谷ですからね。いつまでも“夢のバンクーバー”にこだわらないで、もっと現実を見つめて清水君と仲直りしてくださいね。

だから、その事をあたしは言ったのですわ。デンマンさんが冷たくあたしを突き放したと。。。あたしをバンクーバーに引き止めておかずに、さっさと迷惑払いしてしまったのですわああああ。。。

【ここだけの話しですけれどね、この話はキリがありませんよ。なぜなら、レンゲさんが感情的になってしまっていますから。。。分かるでしょう?詩を書くときとか。。。手記を書くときのレンゲさんは、もう少し冷静になる事ができるんですよ。今のレンゲさんは、感情に押し流されてしまって冷静になれば分かる事も分からない。。。このような会話をだらだらと書いても、面白くありませんからね、レンゲさんが冷静になってくれるのを待つために、ひとまずここで終わりにしますね。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。僕は、ますます複雑な立場に追い込まれそうです。。。本当に頭痛がしています。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』

レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

コメント / トラックバック1件 to “不倫とヌード再訪”

  1. 熟女ヌードとデンマン | Denman Blog Says:

    […] ■『不倫とヌード再訪(2006年9月17日)』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。