不倫 de 純愛


 
2006年10月11日 水曜日
 
 

不倫 de 純愛

 
 

砂漠に生まれた小さな花

 

やっとオアシスを見つけ
咲いているわたし
いつまでもこのまま咲いていたい

たとえまた枯れるとも
最高の一瞬を
最高の一瞬だと
意識しないのはもったいないこと

わたしは砂漠に生まれた小さな花
花をつけることを忘れたまま
ある朝ひっそりと枯れてゆく

だれかが見つけてその花を
きっと枯れ草と呼ぶでしょう
花を咲かせることはできなかったけれど
それは確かに花だったのです

by レンゲ


『不倫と節操』より
(2006年10月3日)

レンゲさんは謙虚で美しいわ

 

世の中レンゲさんみたいに
不倫でも純粋に誰かを愛する
真摯な女性がいるのに、
私の知るブログでは、
恋愛なのか性欲処理なのか
無粋な女性がいて困っております。

レンゲさん
もっと自信持って下さい(`∀´)。

家庭を持って迄不倫して
ブログ公開迄して自身の生活を
赤裸々にして得意に成る女と比べたら
貴女は非常に謙虚で美しいのです。

恋愛に悩みは憑き物ですわ。

応援していますわ。

by ダ・ヴィンチ

2006/10/08 18:30


『まったり愛されたいの? PART 4』のコメント欄より

デンマンの独り言

 

うん、うん、うん。。。。
実に、その通りですよ。
同感ですよ。
僕は涙が出てくるほど
同感していますよ。

“不純”な不倫をする女性が
多くなっているなかで、
確かにレンゲさんの不倫は、
極めて純粋な愛を
追求しているのかもしれません。

でも、それが長い目で見た時に
“幸せ”になっていない。
それが問題ですよね。
レンゲさんも気づいているはずです。

でも、タバコを止めたい人が
止められないのと同じなんですよね。

分かっているのに、
なかなか自分をうまく
コントロールできない。
僕はそのように見ているんですよ。

とにかく、貴重なコメント
ありがとうございました。
さっそく明日の記事に
使わせてもらいますね。

Thanx millions!
じゃあね。

by デンマン

2006/10/08 21:33


『まったり愛されたいの? PART 4』のコメント欄より

10年不倫

 

彼女たちはなぜ、
“不倫しかできない女”に
なってしまったのだろうか?

幸せになりたい。
結婚もしたい。
でも、どうしても不倫が
やめられない。。。

10年以上も家庭ある男と
付き合い続けた結果、
果たして何がもたらされるのか?

出会い、交際方法から
別れまで赤裸々な告白の数々と
自らの体験を下に、
彼女たちの性愛心理の根底に迫る
衝撃のレポート!


『週刊朝日 2006.7.21』
91ページの「十年不倫」の広告より

デンマンの独り言

 

ここだけの話ですけれどね、
レンゲさんは
“まったり愛される”ことに
こだわっていますよね。

僕が不思議に思うのは、
どうして危なっかしい関係に
レンゲさんが進んでしまうのか?
と言う事なんですよ。

退屈な恋愛がイヤだと言うのは、
僕にも分からない事ではないけれど、
スリルとサスペンスとセックスが
あふれた劇的な恋愛をして、
人生を棒に振ったら、
本末転倒ですよね。

今のレンゲさんが
理想の愛を
求めているようにも思えない。
僕には、レンゲさんが坂田さんとの
思い出の愛の中に
逃避しているような気がするんですよ。

by デンマン

ジューンさんもダ・ヴィンチさんのように、レンゲさんが愛の形にとらわれること無く真剣に人を愛するタイプだと見ているんですよ。僕もそう思いますよ。真剣に愛する事はすばらしいことですよ。

それで、デンマンさんは、あたしのどこがいけないとおっしゃるのですか?

坂田さんのことも、これまでの繰り返しだと思うのですよ。レンゲさんは頭のいい女の子だから、僕が言っている事だって分かっていると思いますよ。でも、分かっているのになかなか学習しない。

幼児的なふれあいへのあこがれ

2004-12-27 11:37:24

わたしのぐずぐず

さびしいよおおおお!

彼氏にあえないからねえ・・・

でも、本当はね、

ここがふんばりどころだと気付いてる

遊びだけの男とセックスするのはやめとこう

連絡したら来てくれるヤツもいるけど・・・

ずるずると同じことくり返して

学習しないわたしを変える

誰とでもセックスするヤツやったんや!って

あの人を傷つけてしまった。

さびしさでこわれてるけど、きっと直る、この心。

どうしても、幼児的なふれあいへのあこがれが、

この年になると、イコールセックスになるんやわあ。

by レンゲ


『愛とセックスは、もちろん、違いますよね?』より
(2005年8月31日)

坂田さんのことが、また同じことの繰り返しだとおっしゃるのですか?

そうですよ。

どういうわけで。。。?

16才の花も恥らう乙女だったレンゲさんは坂田さんの腕の中で初めて女として愛にめざめ、生まれて初めて愛されていると言う実感に浸った。10余年ぶりで会ったレンゲさんは清水君と別れてからの寂しさを、僕に突き放されたと思い込んでいる傷心を坂田さんの腕に抱かれて癒されている。乙女の祈りにも似たふれあいへの憧れを、現在のレンゲさんはベッドの中で坂田さんに愛される事で満たしている。正に、レンゲさんが上の手記で書いているように“この年になると、イコールセックスになるんやわあ”。。。と言う事になっているんですよ。

デンマンさんは、そうやってあたしが坂田さんに抱かれてエッチばかりしていると非難しているのですわ。

そうではありませんよ。僕はレンゲさんが坂田さんに抱かれることをとがめているわけではありませんよ。16才の頃を懐かしみながら坂田さんにまったり愛されるている。それがレンゲさんの心の癒しになっているのだから、それは、それですばらしいことですよ。でも、いつまでも昔の思い出に浸ってばかりいてないで、清水君と仲直りする事を考えたらどうですか?それこそレンゲさんにとって前向きな生き方ですよ。現在のレンゲさんは思い出に浸っているだけですよ。

いいえ、思い出に浸っているだけではありませんわ。

だったら、坂田さんと結婚する事を真面目に考えているのですか?

それは。。。それは。。。

やはり不安があるわけでしょう?

僕はレンゲさんが坂田さんからもらったというメールを読んで直感的に危ないものを感じたんですよ。

送信者: fuuraibo@hotmail.com [アドレス帳へ登録][受信拒否]
宛先: renge@chan.co.jp
件名: ほんとうにしばらく!
日時: 2006年09月02日 18:01:18 [ヘッダ表示][テキスト保存]

レンゲ様

レンゲちゃん、久しぶり!
坂田ですよ。
心臓が飛び上がるほどビックリしているかもしれないけれど、坂田ですよ。

俺もビックリしたよ。
何も知らずにレンゲちゃんの記事を読んでいた。
でも、読んでいるうちに、例の“禁断の園でレンゲさんが坂田さんと秘め事をして知った悦び”というのを読んだわけ。

もしかして。。。?
そう思ってレンゲちゃんのプロフを見たら現住所が大阪府東大阪市高井田になっていた。
最後に年賀状をもらった住所が高井田だったように記憶していたんだ。

誕生日が8月10日になっていたので、まず間違いないと思ってメールしたよ。
現在、熊谷のブティック店長さんをしているんだってね。
俺は大宮にいるんだよ。
大阪から流れ流れて関東でフラフラしている。(笑)

ぜひ会いたいね。
幸子とは離婚したよ。
現在チョンガー。

積もる話が山ほどあるけれどレンゲちゃんからの返信を待ってるよ。
本当に懐かしい。
では。。。

このメールの一体どこに危険なものがあるとおっしゃるのですか?

まず、坂田さんのハンドル名ですよ。

それがどうだとおっしゃるのですか?

“風来坊”ですよ。レンゲさんだって、それがどういう意味なのかちゃんと分かっているでしょう?

もちろん知っていますわ。

念のために僕は調べましたよ。僕自身が浦島太郎になっていますからね。うへへへへ。。。。


【風来坊】 ふうらいぼう

1) どこからともなくやって来た人。

2) 定まった居所や仕事もなく
   ぶらぶらしている人。

3) 風来人。

三省堂「大辞林 第二版」より

1) どこからともなくやって来て、
   またどこへともなく去る人。

2) 気まぐれな人。

三省堂 「新明解国語辞典」より

坂田さんが fuuraibo というハンドル名を使っているので、デンマンさんは坂田さんが“風来坊”だと決め付けるのですか?

もちろんそれだけではありませんよ。 fuuraibo と気まぐれにつける人だって居るでしょうからね。でも、坂田さん自身にも、そのような気まぐれなところがあると思いますよ。

どうして、そのようにおっしゃるのですか?

ユーモアのある人かもしれないけれど、自虐的に自分の事を“風来坊”だと思っているのかも知れませんよ。

それはデンマンさんの根拠のない推測ですわ。

でもね、上のメールの中で坂田さん自身も書いていますよ。

大阪から流れ流れて関東でフラフラしている。(笑)

これだけのことで坂田さんが風来坊だと決め付けてしまうのですか?

じゃあね、憶測ついでに、なぜ坂田さんがレンゲさんに会う必要があったのか?。。。僕の話を聞いてくれますか?

分かりましたわ。おっしゃってくださいな。

坂田さんは離婚したあとも競輪競馬をやめることができなかった。定職はない。なぜなら、給料の前借までして競輪競馬に金をつぎ込んでいた。確かに坂田さん自身は決して悪い人ではない。レンゲさんには優しかった。競輪競馬にハマッテいなかったら、おそらく離婚する事はなかったでしょう。でも、離婚した頃から、その悪い影響が仕事にまで現れた。前借が重なり、結局、仕事もクビになってしまった。しかし、競輪競馬はそれでも止められなかった。坂田さんは友達や知り合いからお金を借りるようになった。賭け事をやる人の常で、ジャックポットをつかめば。。。、大当たりになれば。。。、借金は丸ごと返せるはずだと思い込んでいる。でも、現実は厳しいもので、なかなか坂田さんの思うようには行かなかった。借金はかさむ。もう借りる人が居なくなるまで借りまくった。しかし、返せるアテがない。でも、返済を迫られる。それで、大阪に居られなくなった。。。どうですか?。。。坂田さんもレンゲさんに話したでしょう?

いいえ、借金取りから逃げて来たとは言ってませんでしたわ。

坂田さんが、たまたまブログでレンゲさんの記事を読んだ日は、坂田さんのこれまでの一生を通じて最もラッキーな日だったかも知れませんよ。

どうしてですか?

だってね、坂田さんはこれで借金が返せると思ったからですよ。ブテック・フェニックスの熊谷店長ならば、レンゲさんに、ある程度の金が毎月入ってくる。レンゲさんは独身。そういうことを考えれば、坂田さんは居てもたっても居られないほどレンゲさんに会いたくなったに違いない。しかも、レンゲさんにとって坂田さんは初めての男ですよ。坂田さんにとってもレンゲさんのことでは忘れがたい思い出があるに違いない。レンゲさんが同じ埼玉県に居たという事は坂田さんにとって“棚ボタ”だったに違いない。しかも、レンゲさんに会えたという事は一石二鳥だった。

なんですか、その一石二鳥と言うのは?

だから、借金の返済のメドがついたということですよ。しかも、久しぶりに昔手なずけた女を。。。分かるでしょう?

デンマンさんは、すぐにそのようにイヤらしく考えるのですわ。

男なら、そのぐらいのことは誰だって考え付きますよ。借金取りしか相手にしなかったはずですからね、坂田さんにとっても女性とベッドで愛し合うのは久しぶりだったでしょう。

デンマンさんは、そのようにしか考えられないのですか?

レンゲさん。。。あなたが坂田さんを美化したい気持ちは分かるけれども、レンゲさんは坂田さんに初めて抱かれた頃のようなな16才の女学生ではないんですよ。坂田さんと別れてからだって、両手両足の指では数え切れないほどの恋愛経験を持っている。男がどういうものか?レンゲさんだって分かっているはずですよ。ところが、未だにレンゲさんは坂田さんが特別な人だと思いたい。。。でしょう?

デンマンさんが坂田さんを知らないからですわ。。。

知らないからこそ坂田さんを冷静に見つめる事ができるんですよ。ところが、レンゲさんは坂田さんにまったり愛されて、甘い詩の世界でルンルン気分になっている。

なってませんわ。

ルンルン気分でないのなら、レンゲさんは坂田さんに抱かれてすっかり濡れ濡れになっているんですよ。

デンマンさんは、そうやって妄想をたくましくして、あたしと坂田さんのことをヤ~らしく考える事しかできくなっているのですわ。

レンゲさんも自分で認めていることですよ。

洋ちゃんと坂田さんを比較するつもりは無いけれど、
あたしにとって坂田さんは男と女の愛の原点なのよね。
その時からあたしの愛の遍歴が始まったのだから。。。

懐かしいふるさとに戻ったようなものだわ。
懐かしかった。
坂田さんが喜んでくれる女になっていた事がうれしかった。

うん、うん、うん。。。
そうよね。
心が癒されている以上に体が彼の事を忘れなくなってるって事あるわよね?
すっご~く納得。

by レンゲ


『レンゲの独り言。。 (2006年9月28日)』より

デンマンさんは、あたしがヤ~らしく坂田さんに抱かれていることだけを強調しているのですわ。

違いますよ。僕はレンゲさんがどうして坂田さんに抱かれるようになったのか、その経緯(いきさつ)を良く理解しているつもりですよ。

いいえ、あたしが坂田さんとエッチすることだけしか考えていないのですわ。

違いますよ。

デンマンさんは、あたしが坂田さんとエッチばかりしている事を非難しているのですわ。デンマンさんだって次のように書いていましたわ。

素直に喜べない部分がありますよ。
坂田さんにレンゲさんを奪われてしまったような。。。
そんな気持ちがしていますからね。。。
それに、レンゲさんも手のひらを返したように、
今では坂田さんのまったりとした愛に浸って濡れている。


『ん?まったり不倫? (2006年10月5日)』より

こうしてあたしが坂田さんに抱かれて官能に浸りながら濡れ濡れになっているとデンマンさんは妄想しているのですわ。

僕は妄想をたくましくしているわけではないですよ。レンゲさん自身が“あたしの心が癒されている以上に、あたしの体が坂田さんの事を忘れなくなっている”と書いていたから。。。

確かにそのように書きましたわ。でも。。。でも。。。あたしは。。。“官能に浸りながら濡れ濡れになっている”なんて書きませんでしたわ。

僕だって書いてませんよ。

書いていますやんかあああ~。すぐ上で書いていますわあああ。

“愛に浸って濡れている”と書いたんですよ。“官能に浸りながら濡れ濡れになっている”なんて書きませんよ。

同じようなものですわ。デンマンさんはあたしが坂田さんと会えばエッチばかりしていると思っているのですわ。

たとえそうだとしても、僕はその事でレンゲさんを非難しているわけではありませんよ。

非難していますわあああ。

レンゲさんは、なんでもそうやって思い込んでしまう。僕がそうじゃない、と言っているのに、そうだと決め付けている。僕がレンゲさんに対して言いたいことは、真剣に坂田さんを愛しているのなら、もっと前向きに坂田さんと幸せになるように愛し合ったらどうなのか。。。そう言っているんですよ。

あたしだって幸せになろうと思って坂田さんと愛し合っていますわ。

違います。

何が違うのですか?

レンゲさんは坂田さんとの結婚に不安を感じている。結婚を考えていると言うよりも、その不安を忘れるために坂田さんに抱かれているんですよ。 

それこそデンマンさんの思い込みですわ。

だたっらね、僕が根拠をあげて説明しますよ。。。でも、ちょっと、この記事が長くなりすぎたから、あさってにしますね。

ヒヨるのですかぁ~?

本当に記事が長すぎるんですよ。

分かりましたわ。。。じゃあ、あさってまで待ちますわ。

【ここだけの話ですけれどね、レンゲさんは坂田さんの離婚の理由を充分に知っているんですよ。だから坂田さんと結婚する事には迷いがある。でも、現在、レンゲさんはその事を考えないようにして坂田さんと付き合っているんですよ。つまり、僕の目には前向きで建設的な恋愛とは言いがたいんですよね。だから、心配しているんですよ。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます複雑になってゆきますよ。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

メチャ面白い、

ためになる記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

こんにちは。ジューンです。

雨降って地固まる

あなたも聞いた事があるでしょう?

喧嘩した後で自分の落ち度を振り返り、

相手のことを以前にも増して

理解できるようになり、

以前にも増して

親密な関係になる事だってあります。

英語にも、これにあたる諺がありますよ。

次のように言います。

After rain comes fair weather.

雨が降れば、やがて良い天気になる。

そうですよね。

ずっと雨が続くことってありません。

次のように言うこともあります。

After a storm comes a calm.

嵐の後には凪(なぎ)がくる。

その通りですよね。

嵐がずっと続くものでもありません。

ところで、英語の面白いお話を集めてみました。

もし、時間があったら読んでみてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

バレンタインデーは過ぎました。

チョコをもらいましたか?

チョコに関心のある人は

次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『ゴダイヴァ夫人のチョコ (2009年2月14日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “不倫 de 純愛”

  1. 遠い恋・悔恨の涙 « Denman Blog Says:

    […] 『不倫 de 純愛』より (2006年10月11日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。