不倫と境界性人格障害


 

2005年12月18日 (日曜日)

 

不倫と境界性人格障害

 


(mirror06.gif)

韓流ブームにすっかりはまってしまった27歳のOLです。
夏休みをとって韓国旅行に出かけ冬ソナのロケ地巡りをしてきました。
すっかり韓国の風景や素朴な人たちに魅了された私は帰国後ハングル語の語学スクールに入校したのです。
生徒は7割が女性です。そのうちの80%は専業主婦です。ほとんどの人が私と同様で、韓流ブームにどっぷりとハマッている人たちです。

私と親しくなった42歳の奥さんは下敷きや筆箱までヨン様のイラストがあるものを使っています。もちろんその奥さんばかりではありません。
私と机を並べる女性たちの多くがヨン様グッズを大切そうに肌身離さず持っているのです。
そのような光景に当てられて私までがミーハーに思えて恥ずかしくなったほどです。
それでも少しずつ会話ができるようになると勉強が楽しくなって、だんだんやりがいを感じるようになりました。

そんな時、同じ受講生の山田さんと知り合いになりました。
韓国を主な取引先にしている貿易会社の36歳の営業マンです。
仕事でハングル語が必要なため講義に対する取り組み方も韓流ブームにハマッている女性たちとは全く違います。
しきりにメモを取ったり、熱心に質問したり、その一生懸命な様子にすっかり感心してしまいました。
上達も早くて、知らず知らずにそんな山田さんに惹かれ、私は彼をかなり意識するようになりました。

会話のきっかけを作ったのは私の方からでした。使いやすい参考書を教えて欲しいと話しかけたのです。
それをきっかけにして、それ以降も分からない事があると私は山田さんに尋ねるようになりました。
彼はとても親切丁寧に教えてくれました。


(breakup0.gif)

講義は週に3回です。何度も顔を合わせるうちに、自然と会話の数も増えてゆき講義が終えてから、たまには喫茶店でコーヒーを飲んだり、パブでお酒を飲んだりするようになりました。
山田さんはお酒を飲んでもすごく紳士的で決してエロいお話をしませんでした。
食事中でも韓国語の勉強や韓国のお話ばかりするので、極めてまじめな人だという印象を持ちました。
私には彼を惹きつけるだけのお色気が無いのだろうか?とがっかりしたものです。
でも、その時はやってきたのでした。

山田さんには奥さんも子供もいたのですが、親しく言葉を交わすようになってから6ヶ月程経った頃、私は思い切って別れたボーイフレンドの事を切り出したのです。
それがきっかけで、山田さんと男女関係のことを話し合うようになり、それまでに他の人には相談できなかったセックスの悩みなども彼に打ち明けるようになったのです。
そのようなわけで私たちは急速に近づいていったのです。

ある時別れたボーイフレンドの話をしているうちに思い余って私は泣きだしてしまいました。
その時アパートまで送ってくれた車の中で山田さんは私を抱き寄せて慰めてくれたのです。
その次の週私は彼を自分のアパートに招いて初めて身を任せたのでした。
久しぶりのエッチだったので、溢れ出る愛液がシーツに滴るほど感じてしまい、とても恥ずかしい思いをしました。
男性経験は別れたボーイフレンドしか知らない私は、女の扱いに慣れている山田さんの至れり尽くせりの愛撫を受けて、身も心も溶けてしまうようでした。
強烈な快楽に初めて頭が真っ白になり、悦楽にしびれて我を忘れるような恍惚感にどっぷりと浸ったのです。

山田さんと結婚することはかなわないけれど、彼の存在は今の私の生活に癒しを与えてくれる大切な人になりました。
別れたボーイフレンドとは味わうことのできなかった官能の歓びを知り、山田さんによって心が癒される以上に私の身体が彼のことを忘れられなくなってしまったのです。
でも、いつまでこの秘められた関係を続ける事ができるのか、時々不安になります。

『初めてカキコします。これからもよろしくお願いします』より


(kato3.gif)

この手記は水木洋子(仮名)さんが書いたものですよ。典型的な不倫ですよね。独身の女性が妻子ある男性に惹きつけられる。


(manila05b.jpg)

デンマンさん、この洋子さんはその後どうなったのですか?

上のリンクをクリックしてもらえば分かりますが、結末は書いてありません。レンゲさんはどう思いますか?

かなりきわどいところまでが書いてありますわねぇ。なんとなく男性週刊誌に取り上げられるような手記ですわァ。

レンゲさんはこの結末がどうなると思いますか?

それは神様のみがご存知だと思いますわァ。

僕はそう思いませんね。結末はおそらく次のようになりますよ。


(sadgirl32.gif)

そのうち、彼から「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」と言われました。その時点ではその言葉は、彼の本音だったと今でも思います。言葉だけでなく、彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。でも、
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。そして、それと同時に彼の奥さんに対する嫉妬は、ますますふくらんでいきました。現在だけでなく、彼らの過去の歴史、これからの生活などにも嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。そんなわたしは彼に対して、自分の妄想をぶつけはじめたのです。不倫であれ、どんな関係であれ、相手から勝手な妄想をぶつけられたら、何を言えばいいのか、どうすればいいのかわからなくなる事でしょう。その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

世間のすべての不倫カップルがそうだとは
限らないとは思いますが、わたしたちの場合は、
おたがいを傷つけあって(傷の質は違いますが)
後々笑顔で思い出せるようなものではありませんでした。

おそらく今、会ったとしても、お互い自分の残した
嫌なものを見ているような気持ちしか、
生まれてこないでしょう。

最初の頃のときめき。
彼のやさしさ。
いきいきとしたわたし。
何もかも、なくしてしまってからの別れ。

本当は、彼と和解したいと考えている自分がいます。
よりを戻すのではなく、ただ、醜い別れを修正したい。
・・・そんな甘い話は、ありませんよね。

『不倫の悦びと苦悩』より

デンマンさん、これはあたしが書いた手記の一部ではありませんか!

やっぱり分かりますか?

もちろんですわ!どうしてあたしの手記をつなげてしまうんですの?んも~。。。

僕はねぇ、レンゲさんと投稿を交わすようになってから、不倫した女性の手記をかなりの数読みました。驚いたことに、たいてい結末が決まっていますよ。

どのように?

ほとんどがハッピーエンドではないんですよ。不倫した女性のほとんどが不幸な結末を迎えることが実に多いんですねえ。全く驚きますよォ。

そうですの?

あの世界的な名作“ボヴァリー夫人”の結末が繰り返されているようです。この洋子さんも多分不幸な結末を迎えると僕は思いますね。

結局、不倫の愛は実らないということですの?

確率的に言って、そういうことになるでしょうね。だから、本当に幸せな恋愛を望むなら、不倫はしない方が身のためだと思いますよ。

デンマンさん、それって、あたしに対するイヤミですわねぇ~?

そういう風にひねくれた受け止め方って、あなたのためにならないと思いますよォ~

また、オトナのイジメですわねぇ?

ほらほらホラ~、またそうやってひがむんだから。。。ひがんでいないのなら被害妄想に陥っていますよォ。

違いますってばああアァ~。。。デンマンさんは、いつだってあたしをダシにして、あたしを非難する方向にお話を持ってゆきますよォ~。あたしはふんとうに泣き出したくなりますよォ~。

洋子さんもそうですが、レンゲさんはどうして妻子ある男性に惹かれるのですか?

あたしは別に妻子ある男性にこだわっているわけではありませんわァ。

僕には、レンゲさんがこだわっているように見えますがね。。。

どうしてですの?

その理由を聞きたいですか?

もちろんですわ。

じゃあ、またあの表を持ち出してもいいですか?

またですかあああ? デンマンさんはちょっとしつこいんですよ。

しかし、説明するにはぜひとも必要なんですよ。

分かりましたわ。それ程に言うのであれば。。。

<< 境界性人格障害の判断基準 >>


(manila92.gif)

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。

この表のどの項目が関係しているのですか?

もちろん下から3番目ですよ。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

誰にだって退屈さというのはあるんですよ。僕にだってある。ただ、境界性人格障害の人はそれが特にひどいんですよね。普通の女性なら、あえて不倫に走るような事は無いんですよ。つまり、結婚に発展する事が極めて少ない。実らない恋だということが薄々分かっている。レンゲさんだって、手記に次のように書いていたんです。

不倫と呼ばれる恋愛について、どんなイメージを抱かれますか?わたしは女性として、相手の男性にパートナーがいるのに、自分が彼の一番になれないのに、それに甘んじている女性の事を

“プライドはないの?”

“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”

などと、どちらかというと軽い軽蔑感を持っていました。

でもわたしの身にも、それは訪れてしまったのです。

レンゲさんは、このように分かっているけれども不倫に走ってしまう。それが境界性人格障害者の定めのようなものなんですよね。

どういうことですの?

つまり、上の表の2番目の項目ですよ。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

レンゲさんは妻子ある男性と関係を結ぶ事を“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”と分かっていた。 でしょう?

そうです。

でも、“先が無い”ということは結婚という意味ではない、とも言っていますよね。

ええ、そうです。

じゃあ、何なんですか?

“永続する関係”という意味ですわ。

僕はそこにも問題があると思いますよ。

どういうことですの?

レンゲさんの口から“結婚したい”とか“家庭を持ちたい”とか“子供を生みたい”とか。。。そういう事を僕は聞いたためしがありませんよ。

それはそうですわ。あたしデンマンさんに言った事がありませんもの。

でもね、普通の女性は、あなたぐらいの年齢になると、なんとなく結婚して落ち着くものですよ。それが“女の定め”みたいに考えているものですよ。でも、レンゲさんはそうではありませんよね。 なぜだか分かりますか?

上の表に書いてありますの?

残念ながら書いてありませんよ。

どうしてでしょうか?

それはね、レンゲさんが育った家庭が崩壊した家庭だったからですよ。少なくともレンゲさん自身がそう思ってしまっている。愛の無い家庭だったと思い込んでいる。でしょう?

実際そうでしたから。。。

だから、“自分の家庭を作る”という夢を持っていない。家庭に夢を見出せない。それで、結婚しようということも特に考えない。もちろん子供を作りたいとも思わない。 要するに家庭を持つことに自信が持てないんですよ。家庭を立ち上げる事に意味を見出せない。また見出そうともしない!

確かにそのようなところがありますわ。それで、あたしが不倫をするのだとデンマンさんはおっしゃるのですか?

いや、そう言うつもりはありません。それ程短絡的に話を進めようとは思いませんよ。

では、あたしはどうして不倫するのですか?

だから言ったでしょう。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

つまり、あたしが退屈だから不倫に走るとおっしゃるのですか?

普通、そのような理由を挙げると滑稽なんですよね。 退屈だから映画を見ようとか、退屈したからネットをやろうとか、。。。そういうことなら分かる。しかし、普通、退屈したから不倫しようという発想は常識的には考えられない。

でも、あたしはそうするのだとデンマンさんはおっしゃりたいのですね。

そうです。

なぜですか?

残念ながら、これも上の表には書いてありません。でも、レンゲさんにとっては根本的な問題なんですよね。

だから、何ですの?

“幼児的な触れ合い”ですよ。レンゲさんは次のように書いていましたよ。


(1stkiss2.jpg)

幼児的な

ふれあいへのあこがれ

わたしのぐずぐず

さびしいよおおおお!

彼氏にあえないからねえ・・・

でも、本当はね、ここがふんばりどころだと気付いてる

遊びだけの男とセックスするのはやめとこう

連絡したら来てくれるヤツもいるけど・・・

ずるずると同じことくり返して学習しないわたしを変える

誰とでもセックスするヤツやったんや!って

あの人を傷つけてしまった。

さびしさでこわれてるけど、きっと直る、この心。

どうしても、幼児的なふれあいへのあこがれが、

この年になると、イコールセックスになるんやわあ。

 

Renge 2004-12-27 11:37:24

『あなたにとって愛とセックスとは?』より

デンマンさん、この手記を持ち出してきて、あたしがセックスだけを求めているとおっしゃりたいのですか?

そう言うつもりではありませんよ。

でも、あたしの事をよく理解していない方は、そのように誤解してしまいますわ。

でも、これは元々レンゲさんがブログに書いたものなんですよ。

ええ、そうですわ。その時、あたしはあまりにも誤解されてしまったので削除したんですよ。

分かってます。 でもね、何もレンゲさんは削除する事は無かったんですよ。よく分かるように説明すればよかったんですよ。でも、例によってレンゲさんは衝動的に削除してしまったんですよ。

あたしはずいぶんと非難されたからです。

分かってますよ。でもね、そういう時には反論すべきですよ。

あたしはデンマンさんのような強靭(きょうじん)な精神を持っておりません。反論なんて気持ちが起こりませんでした。頭に来てしまったんですよ。

分かりますよ。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

自分ではコントロールできない強い怒りがこみ上げてきて衝動的にブログを丸ごと削除してしまったんですよ。 でしょう?

そうです。

だから、そのような時には上の表を持ち出してきて、今、僕がやっているように説明すればいいんですよ。

そんなアホな事ようできしませんわあああ。

アホらしいですかアアア?

そうですわァ~。あたしには、ようできしませんわ。

分かりました。とにかくね、これまでのことでレンゲさんが不倫に走るという事がよく分かるんですよ。

いいえ、まだ不倫という事の説明ができていませんわ。どうしてあたしは妻子ある男性に惹かれるのですか?

それは『レンゲさんのプロフィール』を見ると分かりますよ。その中で次のように書いています。

【好きな男性のタイプ】 わたしより優れている人

つまりね、独身の男でレンゲさんより優れている人があまり居ないという事なんですよね。何しろレンゲさんの知能指数が140もある。同世代の若い男がアホに見えるんでしょうね。

デンマンさん、そのような事をおっしゃってよろしいのですか?

これは僕が言ったんじゃなくてレンゲさんが言ったんですよ。

あたしに罪をなすりつけるおつもりですかあああ?。。。。あたし、そのような無礼な事は申し上げませんでしたわあああ。

そうやって、またトボケるんですからねえぇ~~

とぼけてませんてばあああ。。。。んも~~

じゃあ、また忘れてしまったんですねぇ~。しょうがないなあああ。。。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

次のような事を言ってましたよ。僕はちゃんと証拠を握ってますからね。へへへ。。。。

でも、最近の独身の男って、見掛け倒しで中身のない人ばっかりですねん。

レンゲさん、そのようなことを言っては駄目ですよ。

どうしてですの?

これを読んでいる若い男が気を悪くするじゃないですかァ~!僕にまでとばっちりが降りかかってきますよォ~。こういうことを書いた、と言うことで、これから僕が書く記事を読みに来なくなってしまうかも知れませんよォ~。

デンマンさん、そこまで気になさることはないですわァ。とにかく、最近の若い男ってだらしがないんですから。。。ふんとにィ~。。。

しかし、レンゲさんがそこまで言ったら、“じゃあ、オマエは何なんだよォ~”と若い駄目な男が突っ込みますよォ~。だからね、もう、これだけにしておきましょうね。

デンマンさんは、ヒヨルんですの?

別に、ヒヨルわかじゃありませんよ。ちょっと横道にそれたから、本題に戻したいだけですよ。

『不倫の悦びに酔いしれているわけではありません』より

分かりましたわ。あたしが言った事にして、それでどうだっておっしゃるのですか?

そういうわけでレンゲさんは妻子のある男に惹かれてしまう。

つまり、あたしがバンクーバーでデンマンさんとお会いしたのは不倫したいためだったとおっしゃるのですわね?

そうは言ってませんよ。


(renge400.jpg)

じゃあ、どういうことですの?

ここでもう一度上の表を見てくださいね。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

デンマンさん、くどいですよ。このことはすでにおっしゃいました。あたしの退屈が不倫とどう関係するのですかあああ?

普通の女性は退屈したからってバンクーバーにはやって来ないものです。とてもそのような発想が浮かばない。例え浮かんだとしても行動が伴いません。

じゃあ、あたしはどうしてバンクーバーへ行ったと言うのですか?

レンゲさん、あなたは劇的な恋愛、危険な恋愛に近づきすぎる傾向がありますよ。あなたがそばにやってくると、僕は時限爆弾を抱(かか)えるような気持ちになるんですよ。

つまり、あたしはデンマンさんと劇的な恋愛、危険な恋愛を実現するためにバンクーバーへ行ったと。。。?

そうです。ここで上の表の2番目の項目が登場します。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

要するに、あたしはデンマンさんと劇的な不倫をするために衝動的にバンクーバーへ行ったと。。。?

そうですよ。。。。へへへ。。。それに加えて上の表のトップの項目が加わったんですよ。

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動く。

あたしがデンマンさんをすっかり理想化したとおっしゃるのですかあああ?

そうですよォ~♪~。レンゲさんの頭の中で僕は次のように理想化されてしまったんですよォ~♪~。


(smile01c.gif)

デンマンさん、このお話はマジですのォ~?

もちろんですよ。冗談でこんな話が出来ると思いますかあああ?


(angry13.gif)

デンマンさん、。。。 あたし、。。。あたし、。。。

どうしたんですか? また怒り出すのですかアアア?

いいえ、。。。

(でも、レンゲさんはかなり我慢しています。)

あたし、アホらしくなって来たから、これで帰らせていただきますわァ~。

ちょっと、。。。ちょっと、。。。レンゲさん、ちょっとォ~。。。。まだこの記事、書き終えてないんですよォ~。。。待ってくださいよォ~。帰ってもらっちゃ困りますよォ~。

今日は、なんと言われようとも、絶対にフラダンスは踊りませんからねぇ~。。。。

ちょっと、。。。レンゲさん、気持ちを落ち着けてくださいよォ~。

じゃあ、さようなら。。。

あ~あ、。。。行ってしまったよォ~。。。つまり、なんですよ。“理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動く”んですよ。 あなたもじっくりとご覧になったでしょう? 見ましたよね。 へへへ。。。


(gyaha.gif)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。